【ハンズオン】Docker+KubernetesでHelmを使ってみよう

noname.png

本記事ではKubernetesの周辺技術の一つとして使われているHelmを、実際に触って理解をしたい方向けにハンズオンを掲載しています。

やること

  • DockerでKubernetes構築(kubernetes-dashboardのデプロイ)
  • Helmでnginxのデプロイ

対象者

・Kubernetes、Helmの概要を知りたい方
・概要だけでなくKubernetes、Helmを実際に動かして理解したい方
・Kubernetesはなんとなく分かってきたけど、Helmはまだ触ったことがない方

前提(バージョン)

docker desktop 2.2.0.3

スクリーンショット 2020-02-18 0.38.27.png

Kubernetes v1.15.5

スクリーンショット 2020-02-18 0.37.22.png

kubectl

$  kubectl version --short --client
Client Version: v1.17.1

helm

$ helm version
version.BuildInfo{Version:"v3.1.0", GitCommit:"b29d20baf09943e134c2fa5e1e1cab3bf93315fa", GitTreeState:"clean", GoVersion:"go1.13.8"}

本ハンズオンを行う上での注意事項

本ハンズオンでは、Helm3を利用しています。
Helm2で行った場合、本記事で記載している方法と実行方法が異なることがあるためできる限り上記のバージョンに合わせてハンズオンを実施いただくことを推奨します。

Kubernetesを使ってみる

Kubernetesとは、デプロイ、スケーリング、アプリやコンテナの運用自動化を実現するオープンソースのプラットフォームです。
リソースを定義したyaml形式のファイルを利用してアプリやミドルウェアを構築します。
またリソースの使用状態に合わせて安定的にスケーリングさせることが可能です。

1.Docker Desktop for Macをインストールする。

https://hub.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-mac
「Get Docker」を押下する。