北のねこ暮らし

姉妹猫ななかまどとの暮らし。

猫との避難、地震と火災とでは話が違った!

猫とキャリーバッグ

先日、我が家でちょっとした事件が勃発しました。

 

我が家(マンション)で私1人と2にゃんで過ごしていたところ、

突然大音量で火災警報が鳴り響いたのです。Σ(゚Д゚)

避難訓練や消防点検の予定もなし、これはまさしくガチのやつ。

 

結局のところ、火事ではなかったことがあとから判明したのですが、

いやーーーー、色々と反省し、早急に改善しなければならないことがいくつか浮上しました。

【目次】

突然、マンションの火災警報器が鳴った

消防点検のときに聞いたことのある、大音量の警報が鳴りました。

「火事です!火事です!急いで避難してください」

 

警報は鳴りっぱなしで、音量はどんどん増していきます。

いざというときのために、非難グッズは用意していたけれど、警報に驚いた猫たちはどこかに逃げてしまいました。

猫の確保に手こずる

本当に火事ならば、なにはともあれ建物から出ないといけない。

火事なので猫は置いていくわけにはいきません。

 

猫を確保しなければ…

 

ひとまずキャリーバッグを出し、猫たちを探します。

 

ななは、予想通りカーテンの影にいました。(震えてた)

 

ななを抱き上げ、キャリーに入れるのですが、ものすごい力で抵抗し、キャリーのふたを閉めることに失敗してしまった私(-_-;)ナサケナイ

 

そのままベッド(布団)に潜りこみました。

 

布団の中ならすぐ捕まえられるから、先にかまどを捕まえよう

 

かまどはいつも、究極に怖いときはベッド下に潜ります。

いたいた。