ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【海里 乗車記】 日本海の車窓を楽しめる新しい観光列車! 事前予約のお弁当と売店で「食」も充実!


2019年10月にデビューした羽越本線の新しい観光列車「海里」(KAIRI)に乗車してきました。1号車指定席の乗車で食事付きのコースではありませんが、事前予約制のお弁当と車内の売店メニューの充実で、十分に「食」を楽しむこともできました。この記事では「海里」の乗車記を、車内の様子とともに詳しくご紹介します。

f:id:kzlife:20191229183145j:plain

スポンサーリンク

羽越本線の新しい観光列車「海里」(KAIRI)とは?

2019年10月、羽越本線の新潟~酒田間を結ぶ新しい観光列車「海里」がデビューしました。

17年間にわたって「きらきらうえつ」が走っていた区間ですが、その後継として、日本海の車窓だけでなく「食」も楽しめる列車として登場しました。

「海里」の最大の特徴は、4号車に設けられたダイニングです。新潟・庄内の「食」を楽しめる車両で、沿線の料亭やレストランが監修したコース料理が提供されます。いわゆる「レストラン列車」です。食事付きのコースは、乗車券・指定席券などがセットになった旅行商品としての販売のみです。

一方、1号車と2号車は、乗車券+指定席券(840円)だけでカジュアルに乗車できる車両です。4号車のダイニングとは異なり、コース料理の提供はありませんが、事前予約でお弁当を注文することができますし、3号車の売店にはお菓子やおつまみ、新潟や山形のお酒やビールなどが揃っていますので、十分に「食」を満喫することができます。

なお、「海里」のダイヤや運転日、指定席券やお弁当の予約方法については、以下の記事をご覧ください。今回の乗車に際して、指定席券や事前予約のお弁当を予約したときの様子も記載しています。

www.kzlifelog.com

スポンサーリンク


観光列車「海里」車内の様子

それでは、まず「海里」の車内の様子をご紹介しましょう。

リクライニングシートと車端部の展望スペースがある「海里」1号車

f:id:kzlife:20191229183235j:plain
リクライニングシートが並ぶ「海里」の1号車

1号車は二人掛けのリクライニングシートが30席あります。車内は、黒を基調として、床や天井は「海里」のイメージカラーの夕日色になっています。