個人情報の取り扱いについて

当社のウェブサイトはお客さまにより良いサービスを提供するため、クッキーを使用しています。このウェブサイトをご利用になる場合、クッキーの使用に同意をいただいたものとみなされます。クッキーに関する情報や設定については、当社のプライバシーポリシーをご覧ください。

兵庫県発!人と人をつなげ、守り、進み続ける防災士

画像:神戸の街を背に立つ横山さんの写真

防災士として災害の事前対策の普及や、被災地での支援活動を行なっている横山恭子さん。今回は、横山さんの活動や経験、思いについてお話を伺いました。

まず、横山さんの現在の活動を教えてください。

民間の防災士として活動をしています。防災士というのは、災害を事前に防ぐための活動が主な役割です。災害には、自然災害だけではなく、人災・感染症なども含まれます。防災はこれらすべてに関係があり、時には精神的な心のケアも含まれます。私の主な活動内容は、防災講演・防災訓練・防災教育・防災士の人材育成などです。

防災に関わるようになったきっかけを教えてください。

きっかけは、阪神淡路大震災でした。当時、被災地は明石市で線引きされました。あいにく、私の住んでいる加古川市は被災地外となり、被災区域と同じように支援を受けることができなかったのです。自分たちで半壊した住居を直したり、食べ物を用意する必要があり、辛く、大変な思いをしました。また、結婚して子どもを持ったことが、防災へより深く踏み込むきっかけでした。「子どもを守ること」、「家族を守ること」、「地域を守ること」についての強い気持ちが生まれたのです。それらの経験をもとに、人々にはどうか「命を大事にしてほしい」、「家族や仲間を大事にしてほしい」という願いを持っています。

画像:笑顔で立つ横山さんの写真

活動を通して、何をつないでいると思いますか?

“人と人”です。防災において人同士がつながることは、とても重要だと思っています。1つ目の理由は、人は災害が起こったとき「見ず知らずの人を助けるより、交流のある相手をまず助けたいと思うはず」だからです。日頃からのご近所付き合いや、コミュニティの存在を大切にしてほしいと思います。2つ目の理由は、防災や災害について悩みを持っている方には、その悩みを解決できるスキルを持った人が必要だと思うからです。そういった観点で、私は、人と人をつなげています。

例えば、ある地域では「防災訓練になかなか人が集まらず、どうすればいいか」と相談を受けました。しかし、お話を伺ってみると、その地域には参加人数が100名以上にもなる夏休み恒例のラジオ体操があったのです。そこで、「ラジオ体操の後に、防災訓練や炊き出しの練習をする」という防災企画を考えました。こういったイベントなら、みなさんが自然に集まり楽しんでもらえます。そして楽しいと思うと、お友達を連れて来てくれることもあるのです。それだけではなく、近隣の町内会長が見学に来てくれたり、行政の方が興味を持ってくれたりして、どんどん人のつながりが広がりました。

被災地へ支援に向かった際、困り果てている被災者に災害ボランティアセンターを紹介したり、専門家の方々とつないだりもします。そんな時に、被災した方々が「よかった」と見せてくださる笑顔で、逆にこちらが励まされます。防災士をしている意味を強く感じる瞬間の1 つです。私は防災士になる以前から、人と人が出会う場を作るのが好きでした。つながりができるのを見るとすごく嬉しい気持ちになります。防災士というのは、私の性格にも、経験にも、合った役割なのかもしれません。

人と人がつながるにあたって、大事なことはありますか?

人同士のつながりを広げるためには、“キーマン”となる人が現れるといいと考えています。輪を作るための中心となる人物が、キーマンです。誰でもキーマンにはなれるのですが、特に、子どもたちになってもらえるといいですね。子どもが宿題を持って帰り、親に意見を求めると、そこに会話が生まれます。子どもが「家に缶詰(非常食)がないよ」と言うと、家族は備えが必要だと気付きます。おじいさん、おばあさんも、孫が「これを一緒にしよう」と言って何かに誘ったりすると、嬉しくなります。

子どもの言葉は、みんなを元気にしてくれ且つ、みんなが耳を傾けやすいものではないでしょうか。大人はぜひ、子どもに教えるばかりというより、子どもを通じてつながりを広げていってほしいと思います。また、お互いのことを思いやり、信頼できる関係作りは非常に大事だと感じています。そのためにも、人と人同士で、沢山会話をしてほしいです。