踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

アフィリエイトはオワコンか?今までアフィリエイトに取り組んできてわかったことを紹介する


アフィリエイトはオワコンか?今までアフィリエイトに取り組んできてわかったことを紹介する

 

アフィリエイトのにおけるオワコン化は注いだ労力、金銭的なコストに対して、良いパフォーマンスがでなくなった時に始まる。それなりに経験のある人でも時給45円しか稼げないなら、間違いなくアフィリエイトはオワコンである。

今まで真剣にアフィリエイトへ取り組んで来た人間の個人的な見解で言えば

アフィリエイトはオワコンではない。

個人、組織でもまだ、それなりに良いコストパフォーマンスは出せる。また、アフィリエイトに費やした時間も将来、ムダにはならないと思っている。

 

これからアフィリエイトを始める人に言えるのは「ノウハウに期待し、インプット偏重になってはいけない」という点である。アフィリエイトにおいて、画期的なノウハウはもはや存在しない。今後もアウトプットの量で稼げるかどうかは決まるだろう。

 

ちなみに、この記事は付利意雷布亜として行ってきたアフィリエイトの集大成にしたいと思って書いた。

 

 

付利意雷布亜として行ったアフィリエイトについて

freelifer.jpのドメインは2012年年末に取得し、サイトは2013年1月にスタートした。付利意雷布亜が生まれてから現在(2019年11月)まで約6年と11ヶ月が経ったことになる。

付利意雷布亜はリアルだけでなく、ネット上でも全く繋がりがない所から突如として誕生した。もちろん、当初はブログの内容も信頼されないし、アクセスも集めることは出来なかった。しかし、付利意雷布亜関連サイトは確定額で最高月300万円強を記録している。PVも全てのサイトを合計すると月100万PV以上あった時期が2年程度続いていた。

収入源としては、月数万円稼ぐクエリを多く獲得していたのと、月数百万発生するクエリで上位表示していたのが大きい。ネット回線系のクエリでは月500万円以上発生した月もあった。付利意雷布亜の収益がこっち系メインだったことはあまり知られていないだろう。年で言うと2017年がピークだった。

その後の2018年は、2016年は上回ったものの2017年には及ばなかった。付利意雷布亜関連サイトで収益が減った理由として、グーグルのアルゴリズムを除いて考えれば、類似(リライト)サイトが増えたのと、ナレッジグラフでGoogleにユーザーを奪われたのが大きかったように思う。

 

 

運営コストの増加

運営してからしばらくは検索エンジン上に表示される「ナレッジグラフ」が無かった。また、当時は著者運営サイトの記事をマネしたり、構成がそのまま、写真だけ自分で揃えたようなパクリサイト、類似サイトも殆ど無かった。

パクリサイト、類似サイトが無かったため、コストもほどんどかからず検索上位に表示された。また、ナレッジグラフへユーザーを奪われることも無く、直接的にサイトへ訪問してくれた。

ナレッジグラフが登場する前は検索順位に対する収益性も高かった。同じ順位のクエリでも、当時と今とでは3分の1以下になっている。特に旅行系のクエリはこのナレッジグラフに奪われたトラフィックが多かった。