2019年4月から順次施行されている「働き方改革法」。残業時間の上限が設けられたため、これを超えた残業ができなくなりました(中小企業の適用は2020年4月1日から)。SNS上でも「#働き方改革」のほか、「#働く女性の声」などのハッシュタグを付けた投稿も多く、企業の中においても、とりわけ女性からの注目が高いことがわかります。

しかし、いくら政府や企業が「残業NG」と掛け声をかけても、仕事量は変わりません。残業を減らすためには、働く側の私たち自身も仕事の効率化を考えることが大切ではないでしょうか? そこで、今回はマイナビニュース会員の働く女性500名に実施した「個人からできる働き方改革テク」の結果をご紹介します。

働く女性が取り入れたい「働き方改革テク」とは?

仕事効率化のため、「実際に行っている工夫」について尋ねたところ、最も多い回答は「人間関係を円滑にする」(32.2%)でした。スムーズに仕事を進めるためにも、人間関係を円滑にしておくことは大事ということでしょうか。

以下、「絶対定時で終わらせられるよう、効率よく動く」(31.0%)、「いつまでにやらなければならない作業かを確認した上でタスクを組む」(27.4%) と続いています。

続いて、仕事効率化のために取り入れてみたいと思う工夫について聞きました。 1位は「絶対定時で終わらせられるよう、効率よく動く」(18.6%)という状況からも「働き方改革」では、自分の仕事量は変わらず、精神論になっている状況が読み取れますが、2位は僅差で「人間関係を円滑にする」(18.4%)でした。3位は「朝、手元にある仕事の優先順位を決めて作業の流れを確認する」(11.2%)

今、やるべきことを明確にすることで、必要ではない仕事に時間を割くことがなくなりますね。

30代女性の将来の不安1位は「老後のお金」

一生懸命効率よく仕事をこなし、残業時間の削減にも取り組むワーキングウーマンたち。その結果、生まれた時間やゆとりを、皆、どうやって活かしているのでしょうか。

そこで、働き方改革(業務効率化の工夫)によって、プライベートの時間は増えたか尋ねたところ、76.5%が「増えた」と回答しました。その空いた時間を有効活用できているかについては、80.6%が「はい」と答えています。

空いた時間をどのように有効活用しているか聞くと、「趣味」(50.3%)や、「家事」(44.5%)が多くを占めました。仕事に向かう活力を生み出すために、趣味など自分だけの時間は大切なもの。たまった家事を片付ける時間も必要ですよね。

また、注目したいのは、「習い事」や、「投資や資産運用」という回答がそれぞれ12.3%程度しか見られなかったことです。日常の生活において「家事」やその他のスキマ時間も「趣味」などに時間が割かれてしまい、なかなか手が回っていない状況が伺えます。

実際、マイナビニュース会員の女性に、将来について不安に感じていることはあるか聞くと、80.9%が「はい」と回答。一番不安に思うことは、「仕事」(10.6%)、「病気」(10.4%)を抑えて、「老後のお金(資産形成)」(69.4%)が最も多くなっています。

さらに老後のお金について一番不安に思うことを聞くと、「公的年金への不安」(30.7%)「老後に必要な金額がわからない」(23.0%)「貯蓄がない」(19.0%)でした。まだ若い30代女性が、老後のお金を心配しているのには驚きですが、年金の破綻が不安視され、超低金利時代が続く今、無理のない話かもしれません。

資産形成のための「投資」のススメ
投資は想像以上に簡単にできる!?