PR

 真の成功者は、ひとときの成功に浮かれることなく、常に未来を見据えている。そして将来のさらなる成功に向けて努力を惜しまない。未来の成功が自分自身のためだけでなく、世の中のためであることを理解しているからだ。
 経営、文化、スポーツなど各分野の成功者に仕事や趣味、人生の哲学について話を聞くインタビュー連載企画「語り継がれる未来の創造」。
 5人目のゲストはJPSA(※1)グランドチャンピオンで3連覇を果たしたプロサーファーの加藤嵐さん。彼もまたブライトリングの時計を愛用するアスリートのひとりである。近年、国際大会における日本人選手の活躍などで、スポーツとしてのサーフィンの認知度は高まってきているが、彼自身はあくまでも自然体。海を楽しむことを大切にしながら、真摯にサーフィンと対している。

※1 一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

提供 ブライトリング・ジャパン

プレッシャーとどう向き合うか

「チャンピオンという立場ですから、プレッシャーは少なからずあります。自分では意識していないつもりですが、普段なら問題なくできることでも、ついミスが出てしまう」

 加藤さんの言葉には25歳ながら頂点を極めたアスリートらしい重みがある。

「試合中は誰もが自分をチャンピオンという目で見るし、観客に対しても自分のベストを見せたいという思いが強い。だからこそ、プレッシャーを自分の力に変えていきたいと思っています」

「多くの人に海のパワーを感じてほしい」と語る加藤さん。その手元にはブライトリングの「スーパーオーシャン オートマチック 44」が。詳細はこちら >>

 こう語る加藤さんには自らを変えるきっかけとなった苦い経験がある。

「初めてチャンピオンになった時、プレッシャーとの向き合い方を真剣に考えるようになりました。その年は一度も優勝することなくチャンピオンになったんです。もちろん毎回の試合で上位の成績を取り、ポイントをしっかり積み重ねていった結果でしたが、やはり自分の中では釈然としなかった。周囲から祝福されても素直には喜べませんでした。自分の理想とするチャンピオンではなかったので、かえって自分のやるべきことが明確になったし、気持ちも引き締まりましたね」

ミスは引きずらない

 加藤さんは自分でも納得のいくチャンピオンになることを目指し、コーチとの二人三脚で進む道を選んだ。

「僕が変わったのはコーチの存在が大きかった。技術だけでなく、メンタルケアやスケジュール管理の方法なども学びました。楽しいからサーフィンをやるだけではなく、自分が納得できる試合をするには、どうすればいいかという目線で行動するようになった。自然を相手にする危険なスポーツですから、ケガは避けられない。サーフィンができなくなるだけでも欲求不満になりますが(笑)、そういう時こそ逆に、なぜケガをしたのかをきちんと考えて、心と体にじっくりと向き合う時間にしています」

加藤さん愛用のサーフボードと、ブルーが印象的なダイバーズウオッチ「スーパーオーシャン オートマチック 44」。詳細はこちら >>

 ミスは引きずらない。切り替えのうまさがサーファー独自のメンタルだと語る。

「同じ波は二度と来ない、というじゃないですか。だからミスを悔やんでいてもしょうがない。すぐに気持ちを切り替えないと結果を残すことはできません。ケガをした時も同じことです。落ち込むのではなく、良い方向へと導く。それが大切なんです」

高度な戦略が求められる競技

 サーフィンの試合は、決められた時間内で波に乗って、技を競い、それを審査員が採点する。1回のヒート(試合の組み合わせ)は20分前後。2~3人が同時に海に入って競技を行うため、どのタイミングで波に乗るのかが勝敗を分ける。実は高度な戦略と駆け引きが求められる競技だ。

「まずは海に入る前に、どの場所にどのくらいの間隔で、どういう波が来ているのかを観察し、その日の技のシミュレーションを行います。何分までに1本乗り、残り何分からは相手をブロックするなどの戦略を練る。もちろん実際には自然の変化も関係するので、なかなか想定どおりにはいきませんが、それでも臨機応変に対応しながら、じっと波を待ちます。リードされていても焦りは禁物です。理想の波が来るまでは我慢。波に乗りたいという自分の欲求との闘いでもあるのです」

 白熱するヒートの中で、加藤さんの気持ちを静める存在。それがブライトリングの時計だという。

「試合時間を確認するためにも、腕時計は絶対に必要ですが、僕の場合はクオーツではなく、機械式がいい。ベゼルを回して終了時間に三角マーカーを合わせれば、針の位置をパッと見るだけで『あと3分くらいだな』とアバウトに時間がわかる。特にコンディションが悪い時は、時間を気にしすぎると、気持ちが追い詰められてしまう。平常心でいるためにも、表示はデジタルではなく、シンプルな時計がちょうどいいんです」

写真

ケガで休養を余儀なくされた時には、読書をして心と体にじっくり向き合うと語る加藤さん。落ち込むのではなく、すぐに気持ちを切り替えることが結果を出すためには大切だという。手元の時計はホワイトダイヤルのダイバーズウオッチ「スーパーオーシャン オートマチック 42」。ブレスレットタイプなら海や山などのアウトドアだけでなく街使いにも映える。
撮影協力:波音 [namioto] 海の見えるビーチレストラン&カフェバー
シャツ(14,800円、SPINNER BAIT/DONA)、サングラス(27,000円、Oakley<ルックスオティカジャパン>)

自分にとっての大きな財産

 加藤さんが愛用している時計はブライトリング「スーパーオーシャン Ⅱ 42」。ボリューム感のあるケースのダイバーズウオッチだが、試合中に着用していても違和感はないのだろうか?

「確かに大きくて重たい時計ですが、サイズ感やデザインバランスが良いために、手首へのフィット感に優れているんです。テイクオフする際もリュウズが手首に食い込むこともない。気持ちよく波に乗ることができますね。だから試合だけでなく、練習の時も着けています。海にいると『その時計、イイね』なんて、大人のサーファーから声をかけられることも増えました」

 ブライトリングを身に付けることで起きた変化についても次のように語ってくれた。

「高級ブランドのサポートを受けるアスリートは、サッカーやテニスなどのメジャースポーツが多いですよね。そこにサーフィンが入ってきたことは本当にうれしかった。僕もプロのアスリートである以上、大会で結果を出すだけでなく、人から常に見られていることも強く意識するようになりました。ブライトリングを着けていると、本当に多くの人から注目してもらえます。今まで出会えなかった人たちとも交流できる。それは自分にとって、とても大きな財産になっています」