フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる


サントリー ザ・プレミアム・モルツのいい泡、いい時間
今、ビール通の間で当たり前になりつつあるのが“いい泡のビール=丁寧に造られたうまいビール”の法則です。ビギン周辺の七服神(ビール大好き♡)たちも、その法則に気づいたクチ。そして彼らがこぞって挙げる“いい泡”断トツNo.1のうまいビールが、“神泡”のコピーでもお馴染みの『ザ・プレミアム・モルツ』なのです! いい泡はいかにして生まれるのか。泡がいいとなぜビールはうまいのか。『ザ・プレミアム・モルツ』の“神泡”へのこだわりを通じて、うまさのヒミツに迫ります!!

うまさのヒミツを紐解く“神泡”解体新書[ターヘル・アワ(・・)トミア]

いい泡はうまいビールの証といわれますが、注ぎ方だけでは泡のよしあしは決まりません。素材の吟味から醸造に至るまで全てにこだわり抜いて初めて、いい泡は生まれる。いい泡のビール=うまいのはそのため。“神泡”はありとあらゆるこだわりの結晶なのです!!

いい泡がビールを美味しくする

サントリー ザ・プレミアム・モルツと香るエール

WHY? ― いい泡の役割 ―

  • 口当たりのよさ
  • 香り・味の密封
  • 炭酸ガスの保持
  • 酸化の防止
  • 泡がビールのうまさを際立たせ、持続させる

    ビール中に含まれる炭酸ガスによってビールは泡立つが、この泡は口当たりのよさに直結。泡自体にも味や香りが含まれ、これらを際立たせる役割もある。“蓋”の役割も重要。泡が炭酸ガスの抜けや酸化による味や香りの劣化を防ぎ、ビールのうまさが保たれるのだ。