かとさよ、アームズ勢ネットリンチ事件について

差別的構造の中でマイノリティは今も尊厳を踏みにじられています。

マジョリティからの意識の有無に関わりなく、差別を受け、理不尽な差別に怒りを顕にすれば、マジョリティ側からやり玉に挙げられ、マジョリティへの告発は無視されてきました。

今回の対立もそうです。

マジョリティが差別を容認したり、差別者の差別行為と、被差別者の抵抗という非対称な事柄を同列に扱うDD論、トーンポリシングは差別の加担にほかならず、悪意を持ってそれを繰り返すことは、紛れもない差別行為、ヘイトクライムです。


かとさよ、アームズ魂とその賛同者は、反差別を標榜しながらこうした差別行為、ヘイトクライムを繰り返してきました。

この度、ついに彼らを糾弾すべく、DMスクショも添えて時系列を整理して公開します。

〈1〉

かとさよ、アームズ勢ネットリンチ事件のあらましについて〈1〉〜〈16〉に分けて書きます。


〈2〉

昨年12月、「たけたけ」というネトウヨが「N」氏を含む在日コリアンに対して差別ツイートを繰り返した問題に対し、被害を受けた在日コリアンの他に「ヤノキ」氏、「白椎茸」氏、「ネトウヨ狩りのゾロ(sanji)」氏、「かとさよ」氏、「アームズ魂」氏を含むグループで対策を開始。

〈3〉

たけたけを特定し、勤務先に抗議をするか、「N」氏が弁護士同伴で訪問し、たけたけと話をするかを話し合っていたとき、ポッター会長のDD論の影響を強く受けていた「ヤノキ」氏が「たけたけ問題はもう終わった」「あなた達は陰湿だ」と差別被害者に言い放ってグループを退出。