いやー、久しぶりに胸アツなニュースが飛び込んできました。個人的には平成の間に耳にしたニュースの中で、ぶっちぎりにロマンを感じるニュースです。皆さん、また人類が月に立つそうですよ!

マイク・ペンス米副大統領が、「5年以内」という超短い期限つきで宣言しました。その時の様子は、NASAの公式Twitterや副大統領ご本人のTwitterで見ることができます。しかも、しかもですよ……史上初の女性宇宙飛行士による月面着陸も予定しているそうです。

・月面に着陸します

NASAの公式Twitterに掲載されている動画での副大統領の宣言はこんな感じ。


ペンス副大統領 “America will once again astonish the world with the heights we reach, the wonders we achieve and we will lead the world in human space exploration once again. Now let’s get to work. ”
(アメリカは再び、その到達する高度と、成し遂げる成功によって世界を驚がくさせ、再び人類の宇宙開発をリードするだろう。さあ取り掛かろう。)


この宣言の動画だけだと着陸するのかはちょっと不明瞭ですが、NASA Astronautsの公式Twitterの方にはしっかりと「surface of the Moon(月の表面へ)」という言葉と共に、アポロ計画時の月面歩行中の写真をアップしています。

また、副大統領のTwitterには以下のような投稿も。


ペンス副大統領 “The first woman & the next man on the Moon will both be American astronauts, launched by American rockets, from American soil!”
(月面に立つ最初の女性、そして次の(アポロ以来の)男性はアメリカ人になるだろう。アメリカ製のロケットで、アメリカから打ち上げるのだ!)


ということで、間違いなく彼らは着陸する予定。


・アポロ計画以来

ちなみに、前に人類が月面に着陸したのはアポロ計画でのこと。発着陸は1969年7月16日のアポロ11号によるもので、ニール・アームストロング氏による「1人の人間にとっては小さな一歩だが~」という発言は有名です。

実をいうと、アポロ計画は11号のあとも、わりと続きました。例えば失敗から奇跡的な生還を果たした13号は、トム・ハンクス主演の映画『アポロ13』のヒットもあり有名でしょう。当初は20号まで予定されていたようですが、予算的にキャンセルとなり17号で打ち止めに。

結果的に、13号を除く11号~17号全てで着陸を成功させ、飛行士たちは月面を歩いていたり、あるいはバギー的な月面車でドライブをキメたりしました。最後の17号は1972年のことなので、仮に5年後の2024年に再び月面着陸を果たした場合、52年ぶりということになります。


・ZOZOの前澤社長とはレベルが違う

シンプルに「月に行く」なんていうと、「ZOZOの社長だって月に行くじゃん?」みたいな感じ、ありません? いやいや、今回のは前澤社長のプランとはちょっとレベルが違います。前澤社長が予定しているのは、月周回旅行。