徳島など瀬戸内海沿岸7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」が、2019年2月13日に発売する2枚目シングル「風を待つ」のミュージックビデオ(MV)を公開した。「坂の街」広島県尾道市を舞台に、メンバーが100段以上ある石段を駆け上がりながら初挑戦となるコンテンポラリーダンスを踊る様子を、ドローンを使って空中から全編1カットで撮影した意欲作となっている。

写真を拡大 ©STU/KING RECORDS

 MVの監督は、乃木坂46の「太陽ノック」のMVなどを手掛け、情緒や空気感のある映像美と劇的な演出を持ち味としている三石直和さんが担当した。4分25秒の全編をノーカットで撮りきるという試みについて、三石監督は「これからのSTU48への期待を込めた今の彼女たちにしかできない企画。青春の1ページとなるMVを目指しました」と狙いを話している。

写真を拡大 ©STU/KING RECORDS