• 地域:

    東京

    よくご覧になる地域を選択してください。
    選択した地域の「番組表」が自動的に表示されます。

    現在設定中の地域 :東京(首都圏放送センター)

    一括設定

    閉じる

BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

2018年5月14日(月)

“新たな反ユダヤ主義”に揺れるドイツ

塩﨑
「特集・ワールドEYES。
けさは、ドイツで問題となっている“新たな反ユダヤ主義”についてです。
第2次世界大戦中のナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺『ホロコースト』。
犠牲になったユダヤ人は600万人を超えます。
戦後、ドイツではホロコーストという悲劇を許した反省に立ち、外国人の排斥や民族主義を主張するネオナチなど、極右勢力による“反ユダヤ主義”を厳しく取り締まり、差別のない社会づくりを進めてきました。
しかし、そのドイツで“反ユダヤ主義”が違った形で表面化し、波紋を広げています。
先月起きたある事件について、藤田さんからです。」

藤田
「こちらは、先月(4月)17日、ベルリンで撮影された映像です。
イスラエル人の男性が襲われている映像なのですが、暴行しているのは、ドイツに滞在するシリアからの難民です。
この男性が襲われるきっかけとなったのが、こちら。

ユダヤ教徒であることを示す、伝統の帽子「キッパ」です。
実は、襲われた男性自身はユダヤ教徒ではなかったのですが、この「キッパ」をかぶっていたため、信者だと思われて暴行を受けました。
ユダヤ教徒を狙った暴行が街中で公然と行われた事実はドイツ社会に衝撃を与えました。
ドイツでは最近、一部のイスラム教徒の移民や難民の間で“反ユダヤ感情”が高まっており、ユダヤ料理店に対する嫌がらせや脅迫、さらに、小学校でのイスラム教徒の子供によるいじめなど、差別的な行為が相次ぎ、問題となっています。
このため、ユダヤ人の団体は『キッパ』をかぶらないようにという異例の呼びかけまで行っています。」

塩﨑
「先日、この番組のニュースでもお伝えしましたが、ベルリンの事件を受け、“反ユダヤ主義”に抗議する集会が、先月25日にドイツ各地で行われました。
その様子を伝えるドイツZDFのリポートをご覧ください。」

“新たな反ユダヤ主義” ドイツ各地でデモ

ベルリンで、およそ2,000人が抗議デモを行いました。
多くがキッパをかぶり、反ユダヤ主義への反対の態度を示しました。

ユダヤ人中央評議会 会長
「ドイツで暮らすユダヤ人は、常に不安と脅威を感じています。
こうした認識が広まることを期待したいです。」

多くの市民と共に政治家や教会関係者、イスラム団体の代表がベルリンにやってきました。