福田紀彦オフィシャルサイト

文字サイズ

PROFILE

福田紀彦(ふくだのりひこ)プロフィール

1972年4月20日生まれ
川崎市立長沢小学校・長沢中学校卒業後、渡米
米国アトランタ・マッキントッシュ高校卒業
米国ファーマン大学卒業(政治学専攻)
衆議院議員秘書を務めた後、2003年神奈川県議会最年少で県議会議員(宮前区)に初当選。2007年、県議会議員2期目当選。2009年、川崎市長選挙に挑戦するも惜敗。
早稲田大学マニフェスト研究所・客員研究員、県知事秘書などを経て、2013年10月川崎市長選挙で初当選。第12代川崎市長に就任。

趣味:料理、キャンプ、ボーイスカウト活動
家族:妻、長女、長男、次男の5人家族。宮前区在住

メッセージ

川崎を「最幸のまち」へ!

川崎市は、関東大震災の翌年、復興の中から市制が誕生しました。
先の戦争で中心部は焼けつくされ、しかし力強く立ち上がりました。
公害に苦しみましたが、青空を取り戻し、環境先進都市となりました。
度重なるピンチをチャンスに変え、課題を成長に繋げてきた、しなやかな力強さが、わがまち川崎の誇るスピリットです。
いま社会が抱える大きな課題を成長や豊かさに変えていきたい。
そのことを市民力で乗り越え、創り出していくリーディング都市でありたい。
これからも“市民市長”として、対話と現場主義で全力を尽くします。

生い立ち

  • 1972年(0歳)

    1972年(0歳)

    昭和47年4月20日生まれ。この月に川崎市は政令指定都市になりました。

  • 1977年(5歳)

    1977年(5歳)

    楽しい幼稚園の思い出は甘いオレンジの味がします。

  • 1979年(7歳)

    1979年(7歳)

    ジャイアンツの選手に憧れた時もありました。

  • 1983年(11歳)

    1983年(11歳)

    小学校・中学時代はボーイスカウト活動が何より楽しかったです。(募金箱を持っているのが私)

  • 1985年(13歳)

    1985年(13歳)

    仲間と励まし合い、助け合いの登山は、以降、私の趣味になりました。

  • 1988年(16歳)

    1988年(16歳)

    中学卒業後、父の転勤により米国アトランタへ。大苦手だった中学英語からいきなり現地校へ。大変でした。

  • 1989年(17歳)

    1989年(17歳)

    休みの度に、ひとり車を8時間走らせて政治の都、ワシントンD.C.へ行きました。

  • 1990年(18歳)

    1990年(18歳)

    高校生が当たり前のように地域貢献活動をしたり、政治を議論する姿勢にカルチャーショックを受けました。

  • 1993年(21歳)

    1993年(21歳)

    大学での寮生活。政治学を専攻しました。毎日出される宿題の量にヘロヘロ(笑)それでも、楽しかった。

  • 1995年(23歳)

    1995年(23歳)

    無事卒業しました。