コロナ政策の財源は?

私たちは、財源は2つあると言ってきました。
「税」と「国債発行」です。

※ 「税」だけの財源でやる場合の説明は、
こちらからご覧ください⇒https://reiwa-shinsengumi.com/activity/4798/

財源は「税」と「国債発行」である。

これは、厳密に言えば正確ではありません。

正しくいうならば、
主な財源は「国債発行」です。

一方で、「税」は財源というよりも、
インフレを調整するために必要になります。

「国債発行を無限にやれって話?」

違います。
そんなことをやれば、いつかは酷いインフレになります。

国債発行は無限ではなく、上限があります。
上限はインフレです。

つまりは需要が供給能力を超えるまで、
インフレ目標に達するまでは、国債発行で大胆な政府支出が可能です。

現在の日銀と政府が掲げるインフレ目標は「2%」です。

私たちとしては、インフレ目標は3%〜5%で良いと考えますが、
現在の2%の目標であっても、大胆な政府支出は可能です。

例えばどんなことが可能か→毎月10万円給付動画に飛ぶ

国債発行の「上限」は、需要が供給を上回る状態、
つまりは「インフレ」、と説明しました。

ゆるやかなインフレ、
マイルドなインフレを維持するために必要なのが、「税」です。

私たちは、税制改革で「法人税を累進化」します。
儲かりすぎればその分、税率が上がり、
儲かっていなければ、税率が下がる、という仕組みです。

世の中にお金がまわりすぎる状態を防ぐために、
お金を間引く機能が「税」です。

例えば、世の中にお金がまわらない、
20年以上デフレが続く日本の経済政策とは真逆の政策が行われたとします。

私たち、れいわ新選組が掲げるような
みんなの生活を守るために異次元の財政出動が行われたとします。

景気がかなり良くなり、
需要が供給を上回っても、さらに政府がお金を出し続ければ、
つまりは、世の中にお金がまわりすぎれば、
インフレ率は上がって行きますので、調整する必要があります。

世の中にお金がまわりすぎる状態を防ぐために、
世の中からお金を間引く「税」の出番となる訳です。

主な財源は「国債発行」で。
インフレを調整するために「税」を機能させるのが、
私たちのやり方です。

「でも政府の借金を増やすってことでしょ?それはマズイ!」と、
思われましたか?

つまりは、
「私たちの借金、未来への借金が増える!」ということですよね?

でも、本当に「政府の借金」とは「あなたの借金」なのでしょうか?

その説明を、下のグラフで簡単にさせてください。

日本銀行の資金循環統計というデータです。
1980年から2016年度の間の
日本の政府と民間の収支のバランスを見たものです。

青い線と赤い線があります。
青線は民間、赤線は政府を表しています。

このグラフ、上に行けば行くほど黒字、
下に行けば行くほど赤字です。