1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. 今すぐできる!iPhoneに表示される広告をブロックする方法

今すぐできる!iPhoneに表示される広告をブロックする方法

今すぐできる!iPhoneに表示される広告をブロックする方法

 

iPhoneでSafariを使っていると、いろいろな広告が表示されます。興味のある広告ならよいですが、ときには邪魔に感じる広告もあるでしょう。

例えば、ポップアップ表示された広告を誤って踏んでしまい、怪しいサイトに飛ばされたり、画面が広告で埋め尽くされて知りたい情報が見られなかったりなど、「広告がうっとうしい」と感じた経験はありませんか?

 

「広告を非表示にしたい」、「悪質なサイトに誘導されそうで怖い」といったイライラや不安を解消するために、広告を非表示にする方法をご紹介します。より快適にSafariを利用できるようになりますよ。

※iPhoneの操作画面はOSのバージョン等によって異なります。

すぐにできる広告を非表示にする設定方法

広告には大きく分けて、「ポップアップ広告」と「追跡型広告」の2種類があります。自分が非表示にしたい広告がどちらなのか明確にして、それぞれ非表示・表示を設定しましょう。

ポップアップ広告とは、いま開いているウインドウの上に被さるようにして表示されるものです。

例えば、LINEにメッセージが届くと、ほかの操作をしていても画面上にお知らせが表示されますよね?ポップアップ広告は、これと似たような形でウインドウの上に広告が表示されます。

 

ポップアップ広告の中には、嘘のウイルス感染を知らせて、ユーザーの不安をあおるものもあります。不安になってクリックしてしまうと、AppleIDやクレジットカード情報など大事な個人情報が漏えいする危険もあります。

 

まるで画面を乗っ取られたかのように表示されるポップアップ広告。iPhoneには、このポップアップ広告をブロックする機能が搭載されています。以下の手順を参考に、Safariの設定を変更して、ポップアップ広告を非表示にしてみましょう。

 

1.「設定」→「Safari」の順にタップ

2.「ポップアップブロック」を「オン」にする

 

これでポップアップ広告をブロックできます。とても簡単な設定なので、ポップアップがうっとうしい場合は、さっそく設定してみましょう。

追跡型広告を非表示にする手順

追跡型広告とは、ユーザーのアクセス履歴や検索履歴を分析し、ユーザーの興味に沿った広告を表示するものです。「いつも似たような広告が表示される」のでしたら、この追跡型広告の可能性があります。

 

関心がない広告や不快な広告が表示され、非表示にしたいと感じるときは、iPhoneの設定から、追跡型広告の表示を停止させることができます。

「広告の誤クリックを防ぎたい」、「広告を消して、画面を見やすくしたい」と思っている人は、以下の手順に沿って追跡型広告を非表示にしてみましょう。

 

1.「設定」→「プライバシー」の順にタップ

 

2.「広告」→「追跡型広告を制限」を「オン」にする