「・・・!?」

今日の株価上昇はどこまで上がるのか?
あるいは、今日の株価の下落はどこで止まるのか?

株価の天底を見極めるのは困難で、通常は不可能といってよいでしょう。
しかし、きわめて高い精度をもって天底がわかるようになれば 、、、、

上のチャート図は、ある株式銘柄のある日の実際の日中チャートです。

上段のローソク足チャートだけでは、その時点が天井なのか、底なのかは全くわかりません。

しかし、下段の2種類の指標と合わせて見ていれば、リアルタイムに その時点が
ほぼ「天井」であろう、あるいは、その時点がほぼ「底」であろうということが、
上のチャート図のように非常にキレイな形見た目で 容易に推測できるのではないでしょうか。

私は、プロのディーラーやトレーダーでも何でもありません。
2005年末から始めた素人の個人トレーダーです。

日経平均の月足チャートをご覧になればわかるように2005年は、
5月以降ずうーーっと右肩上がりの相場でした。

この流れに乗り遅れたくないという思いで12月から始めました。

しかし、今から思えば、株式取引を始めるのにはあまりにも最悪な時期でした。

株式を勉強しながら、恐る恐る取引を始め、
2006年の年が明けたとたんにあの「ライブドアショック!!!」

ビギナーズラックすら味わうことなく、強烈な洗礼を受けてしまいました。

出鼻をくじかれ、それ以来、多くの個人トレーダーがそうであるように、私も負け組みの一人です。

負け組を続ける中、何とかこの状況を打破したい、何か方法がないものかと
チャートを独学で自分なりに研究を続け、試行錯誤を繰り返しながら、
2つのテクニカル指標にたどり着きました。

それらのテクニカル指標にたどり着いたきっかけは、
メタトレーダーというFX(外国為替証拠金取引)の売買取引を行うために用いる
無料の高機能金融トレーディングソフトウェアとの出会いからです。

メタトレーダーのチャートでは、ありとあらゆるテクニカル指標(メタトレーダーの世界では、
テクニカル指標のことをインジケーターと呼びます)が、
しかも自分なりにカスタマイズして使用することができるようになっています。

ネット上にある膨大な数のインジケーターが有料・無料でダウンロードできますが、
そのインジケーターの中から、最強のものはどれかといろいろ探しているうちに、
この2つのテクニカル指標の驚くべき利点に気付いたのです。