こんにちは。Bibakoです。


今日は、ロンドンの最終日。明日は、いよいよシンガポールに帰れる。娘は名残り惜しげにしていたが、私は、もう、1週間以上前から、家に帰りたくなっていた。お金も底をつき、ここに留まれば留まるだけ、借金(カードの支払い)が増えるだけだった!


まあ、私の人生の中で『お金』は、自分が元気で働けると得る事ができる…と言う感じなので、借金と言っても、私は働いているので、返せる範囲のお金であり、何も怖くはない。でも、気分的に、借金やクレジットカードは、私の好きではないだけである。


私は、やはりおばあちゃんから教わったように、『分相応の生活』をしている方が落ち着くのである。そうしていると、とても、心が幸せで豊かになると感じられる。

本来私は、何も贅沢な人間でないし、人と比べる事はほとんどしない。自分は自分、人は人と思ってシンプルに生きている人間である。お金の興味も少なく、物欲や執着心が薄い人間である。だから、おばあちゃんに教わった通り『分相応の生活』が好きなのである。



**************************



さて、この旅行の最終日は、あいにく、私達のロンドン最終日は、朝、小雨が降っていた。でも、空はそんなに暗くなく、午前中には上がるとの事。この3週間の旅行、初めての雨であった。


ロンドンは、地球上の北の方にあるため、今は夏というシーズンだが、朝晩の寒暖差が、私がロンドンを訪れている間は大きかった。

そのため、私は風邪をひいてしまい、熱はでてないのでつらくないが、咳が止まらず、鼻水と鼻づまりの繰り返しで、正直体調はよくなかった。


そうは言えども、今日一日は、ロンドンを満喫してシンガポール🇸🇬に帰ろうと決めていたので、娘と、朝、予定通り『バッキンガム宮殿』の衛兵の行進練習(日課)を見る事とにしていた。


あいにくのお天気だったので、写真はGoogle検索からお借りした。


10:45amから、毎朝、宮殿の護衛に当たる近衛兵達が、日本人もお馴染みの黒い縦長の帽子と赤の上着、黒のズボン姿の衛兵💂‍♂️達が、馬に乗ったり、一例に並んで歩いたり、衛兵のバンド達のマーチに合わせて行進練習をする。

これは、娘に言わせるとショーではないので、お天気や気候で、練習中止になる事もあるので、見れない時は仕方ないね、と、話を聞いていた。

バッキンガム宮殿は、その前に、スケールの大きなベルサイユ宮殿を見てからやってきたので、お城に関する感動はなく、イギリス🇬🇧衛兵達💂‍♂️に対する興味の方が大きかった。

バッキンガム宮殿(Google検索より)

実際はこちら…下矢印