こんにちは、Bibakoです。


パリに滞在して2日、私達はまさかのミスを犯してしまった!

昨夜は、ムーランルージュで、夜中までショーを観て、ホテルに戻ったのは、夜中の1時半。
そこから、明日の朝、バスでブルッシェル(ベルギー)に行くツアーを申し込んでいた。




朝早くからの集合時間だったので、私も娘もほとんど寝てない状況で、集合時間に間に合うように、早くから起きて支度をしてホテルを出た。

ホテルから集合場所まで、地下鉄で10分ほど。ホテルから地下鉄の乗り場までと、地下鉄を降りてからの歩きの時間をいれても、30分もあれば充分の距離であった。

いつも寝坊する娘も、今回の旅行は、常に普通に朝も起きてくれたので、私としては安心していた。



この日も、娘も私も、朝早くからちゃんと起きて、目的の集合場所に地下鉄で向かう事にしていた。地下鉄の乗り方は、前日、既に乗っていたので学習済みであった。

さぁ、地下鉄の駅まで行き切符を買った。中に入ると昨日と駅構内様子が違う…
なんだか人が少ないし、私達が乗るほうのホームが閉鎖されていた。

慌てて、出口に向かい何が起こったのか?尋ねてみても、英語かわかるスタッフはそこにはおらず、フランス語で何か言ったが、私達にはわからないのでしかたない。

私達は、焦って地上に出た。娘が慌ててツアー会社に電話をしても、全く繋がらない。

こんな時、日本のツアーなら、たぶん、スタッフが電話を取ってくれるはずだ。そこが、海外のツアー会社だと思った。集合時間前に、こちらから連絡しているのに、電話にも出てもらえず、待ってももらえず、お金だけはしっかり取られた事になる…しかも、結構高いツアー代金であった。ひとりシンガポールドルで$150(12000円ほど)... 2人分だと25000円を無駄にした事になる!ガーンえーん



もう、ベルギー行きは諦めて、とりあえず、お金が無駄にならないように、私達は、そのツアーの集合場所に行き、事情を説明して別のツアーに振り替えてもらえるのか?尋ねて見ることにした。

娘はタクシーを呼んだが、そのタクシーの運転手は、指定した場所から随分離れたところで待っていた。娘は、運転手さんと連絡を取りながら、なんとか、タクシーの運転手さんのいるところまで辿り着いた。

タクシーの運転手さんもとてもいい人で、ずっと、私達が来るまで、待っていてくれた。


もうすでに、集合時間時間は過ぎていて、バスの出発時間までも、10分弱しかなかった。完全に間に合わないので、もう、私は頭が真っ白になっていた。




私達は、漸く集合場所についたが、既にベルギー行き🇧🇪のバスは出発していた。

私達のベルギー🇧🇪行きは、自動的にキャンセルになった。




私達は、タクシー代も払い集合場所に行った。それだけでも、想定外のお金が派生した。
更には、25000円ほどのお金を、ドブに捨てた感じになった…。お金持ちでもない私は、顔面蒼白になった。






更には、手持ちのユーロの現金がそこをついてきた。でも、私もそれなりの現金を用意して、更に、クレジットカードやデビットカードを用意して、この旅行に臨んだ。

自分の予定では、たった3週間で、交通費と食事代のみで、シンガポールドルで$2500(約20万円くらい)のお小遣いで充分だと踏んでいた。

でも、ヨーロッパ圏内は、どの国でも観光地であると、物価が大変高い!これは、日本でも同じだが、それよりも高いと感じた。



これは、日々の食事を安く済ませても、移動の際の交通費も高く、自分のお金を食事や交通費に使うだけなのに、お土産1つも買えないような貧乏旅行の感覚であった。

もちろん、コンビニやスーパーで、ホテルに食事を持ち込むのもいい。でも、たかがマクドナルドのチキンナゲットの10ピース入りが、€10.50(約1300円ほど)するので、親子2人でそれでは足りない。そこから考えても、たとえ、コンビニやスーパーで、水1つ買うのも、馬鹿にならない。レストランで、大したものを食べるわけでもなくても、安くても、€60((約7200円)もかかるし、ファミレス程度の物しか食べられない!

しかも、観光地には、日本のようにコンビニやスーパーなども、たぶん、地元の人が利用するものより、レートがどれも高く設定されている感じの店も多く、ファミレスの様な食事処が見つからない!

ほんとうに、泣いてしまった…。




更には、パリの最終日までには、私の手持ちの現金は無く、デビットカードで使える範囲のお金も、ほぼそこをつき、後、シンガポールに戻るまでの1週間は、クレジットカードでしのがないとどうしようもない状況であった。



***********************



私は、シンガポールで生活をしているが、普段の生活も、決して、裕福な家庭というわけではなく、一般的なシンガポール人の平均所得の家である。

今のところ、毎月毎月、共稼ぎではあるが、こんなにもお金に危機感を感じるような生活でない。
私の顔つきが、だんだん険しくなって、口調もストレス的な感じになっていたので、娘もちょっと、怒った感じになっていた。

お金のストレスは、親子関係も良くなくなる。娘も、ホテルに帰ってから、私がシンガポールに帰ってから、給料日までに、通常の支払いがある事を知っていたので、とりあえず、私のストレス的な顔を見る方が嫌なので、『パパや私、XXちゃんが、それはヘルプできるから、心配しなくてもいいやん!』って話してくれた。


良く考えると、確かにそうだ!


旅行の最中はお金が無いと困るが、シンガポールでの生活の場合、毎月の私の担当の支払い分については、夫や子供から一時的に借りて支払いはできる。私の給料が入ると、子供達には、お金を返すといいだけだ!

そう考えると、少しは落ち着いたが、私の不安は、あと2日丸々パリにいるので、お金が足りないストレスや不安は、解消されたわけではなかった。でも、今、それを考えるのはやめた。



どの国の観光地でも、物価が高いのは当たり前である。

パリは物価が高いと聞いていたが、普通の水(ミネラルウォーター)が、€2(約250円)で買えるといいほうで、場所によれば、€3-4するところもあり、普通の値段の€1で買えるところを見つける方が、観光客には難しかった。


そこから考えても、ほんとに、こんな私のように、普通の家庭の人間が、ヨーロッパで3週間過ごすのは、自殺行為であったことに、今、気がついた!えーんガーンガーン


でも、既に、ヨーロッパ旅行は決行された!ここまで来ると、あとはどうにでもなれ!的に、最後までやるしかない!
次回は、もうないかも?だが、あったとしても、こんなに長くはヨーロッパにいないようにしようと、心に誓った!


話し戻って…



私達は、タクシーを飛ばして集合場所に着いた。バスの出発時間を10分ほど過ぎただけだったので、少しは待っていてくれるかも?と期待したが、期待は裏切られた!

娘は、そこのツアー会社のカウンターに遅れた事情を話ししたが、ツアー会社は何もできないと言った。また、払い込んだお金も戻らなければ、それと何かのツアーと変更する事もできないという。

ただ、同じツアーを申し込みを別の日に予約することはできるが、これもツアー費用がかかり、もし、それに申し込みをしても、他の人より2倍のお金を払ってベルギーに行くという、最悪の状況であった。


ただ、私達は『海外旅行の保険』に入っていたので、娘が、シンガポールに帰ってから、クレームしてみると言ってくれた。

また、ツアーに遅れたのは不可抗力であり、その日たまたま、朝の6時から、地下鉄のシステムダウンが起こり、復帰に時間がかかったとの事で、地下鉄の駅で延滞届けのような証明書を発行してもらった。

ベルギー🇧🇪に行けなかったのは残念だけど、お金がせめて、半額でも返って来る事を祈るのみだ。



*********************



さて、私達は、その日一日をどうやって過ごそうか?と考えて、お金はかかるが、別のツアーをとることにした。

そのツアーはパリ郊外にある、モネが住んでいたノルマンディー地方の入り口である田舎町『ジヴェル二ー』のモネの家と庭園を訪れるものであった。

そこは、パリ市内から高速に乗って1時間半ほどの時間で到着する山間の小さな村であった。