2018/12/27

最新デザインケータイ「INFOBAR xv」 気になる機能や料金など疑問にすべて答えます

  • 71
  • Pocket
 INFOBAR xv

いよいよ発売となったau Design project(以下、aDp)の最新モデル「INFOBAR xv(インフォバー エックスブイ)」。INFOBARの新作を待ち望んでいたファンのみなさんはもちろん、フィーチャーフォン(ガラケー・ガラホ)からの買い換えを検討している人や、スマホとの2台持ち派からの期待も大きい機種だ。

このINFOBARの最新作には、いったいどんな機能が搭載されているのか? 気になる料金プランは? 発売以前より、みなさんから寄せられていた質問に答えるかたちで徹底的に解説していこうと思う。

INFOBAR xvの機能について集まった質問は?

今回、TIME&SPACEの特設ページ、またはaDpの公式ツイッター、『INFOBARファンミーティング』といった各イベント会場では、多くの期待とともに、さまざまな質問が寄せられた。そこで、みなさんからの具体的な質問から、スペック表だけではわからない「使い勝手」を INFOBAR xv開発担当者の美田が紹介する。

Q.同梱アイテムの内容は?

同梱物は本体に加えて、専用の「卓上ホルダ」「SIM取り出しピン」「取扱説明書」「設定ガイド」となっています。INFOBAR xv本体と同じく、プロダクトデザイナー深澤直人さんのオリジナルデザインです。

 卓上ホルダに置かれた3色のINFOBAR xv INFOBAR xvの同梱内容

充電中は「置き時計モード」にすることもでき、横置きにすると時計も横表示になる仕掛けも備えています。FMラジオチューナーを搭載しているので、テーブル周りやデスク映えする置き時計兼ラジオとしてお使いいただけます

 卓上ホルダに置かれた3色のINFOBAR xv 充電時は置き時計やラジオとしての用途も楽しめる

 INFOBAR xvに同梱されている、SIMカードを取り出すためのピン SIMカードスロットを引き出すためのオリジナルのピンは、INFOBARの形状にデザインされ、INFOBARのロゴがレーザー刻印されている

Q. サイズや重さは?

サイズは高さ138×幅48×厚さ14mm、重量は約114gです。初代INFOBAR(高さ138×幅42×厚さ11mm)、INFOBAR 2(高さ138×幅47×厚さ15.5mm)を意識して、同程度の体積を維持し、女性の手にもすっぽりと収まるサイズ感になっています。

片手だけで完結する操作性はフィーチャーホンならでは

Q. どんな画面構成? タッチパネルなの?

待ち受け画面は、購入時にはシックなアナログ時計が設定されています。メニュー画面は、2007年に発売された「INFOBAR 2」を踏襲したデザインになっています。なお、タッチパネルには非対応です。タッチパネルについては、理想のデザインを追求するなかで、残念ながら搭載を見送った機能のひとつでした。

メニューアイコンを選択すると、選択されたアイコンがカラーに変化してアニメ表示になったりと、遊び心があふれる演出も面白い