世界は肥満傾向、日本人は「痩せ型国民」か

(ペイレスイメージズ/アフロ)

世界195カ国における過去25年間の肥満と健康への影響が7月6日、米国の医学雑誌『The New England Journal of Medicine』に発表された(※1)。これは子ども(20歳未満)と大人の肥満(高いBMI値)と有病率を調べるため、1980年から2015年までの世界の6850万人を対象にした大規模疫学調査となる。

肥満関連死亡原因の2/3以上が心血管疾患

調査によれば、2015年の時点の推定で、世界の子どもの1億770万人が、世界の大人の6億370万人が肥満と考えられる、という結果になった。肥満が原因の健康被害は1980年以降70カ国で倍増し、多くの国で子どもの肥満が増えていることがわかった。測定にはBMI(Body Mass Index、体重kg/身長cmの二乗)を使っている。

肥満が大きな原因と考えられる疾患には、虚血性心疾患や脳卒中、高血圧などの循環器系の病気、糖尿病、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、腎臓病、がん(乳がんなど)、出産障害などがある。2015年には、肥満関連死亡数は世界で400万人だったが、そのうちの39%(年齢調整後37%)は、BMIが30未満の人だった。つまり、BMI値がそれほど高くなくても、肥満関連疾患で死亡するリスクがある、ということだ。

また、1990年以降、肥満関連疾患は増加傾向にあり、肥満関連死亡の2/3強が心血管疾患によるものだ。その一方、心血管疾患の死亡率は低下傾向にあるため、全体における心血管疾患の死亡の割合は減少しているらしい。肥満と疾患との関係では、比較対照群コントロール群にこれまで喫煙歴のない人が選ばれている。

この調査では、BMIが20~25の値で死亡リスクが最も低い、とされた。BMIが25を超えると、リスクは比例的に増えていく。肥満による有病率でみると、男性で50歳から54歳、女性で60歳から64歳の間でピークとなる。

WHOの定義によれば、肥満の判定基準はBMIが30以上となる。だが、日本ではBMIが25以上を肥満とする(日本肥満学会による)。なぜなら、日本人はBMIが25を超えると、耐糖能障害、脂質異常症、高血圧といった合併症の発症リスクが高まるからだ。