パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

アウトドアトレンドを追い風にフリース人気が爆発中! とくに『パタゴニア』は頭ひとつ抜けた支持率を誇ります。そのラインアップと着こなし術を押さえておきましょう。

山崎 サトシ

2018.11.15

パタゴニア(patagonia)
トップス
フリース
冬の着こなし・コーデ

フリースと言えば忘れちゃいけないのが『パタゴニア』

化学繊維のため比較的お値頃ながらしっかり暖も取れるとあり、アウトドアトレンドの後押しもあって人気急上昇中のフリース。現在は大半のアウトドアブランドからリリースされていますが、なかでもリーディングカンパニーというべき存在が他ブランドに先駆けて1985年にフリースジャケットを発表した『パタゴニア』です。さらに、1993年にはアウトドア企業としては初めて廃棄ペットボトルを原料としたリサイクルフリースを作り上げることに成功しています。フリースを製造する際は石油系原料を消費するのが当たり前となっていたところ、廃棄物を衣料へと生まれ変わらせる同社の省エネルギーな取り組みは世界的に評価されました。

そんなサスティナブルな物作り背景に加えて、保温性に優れた作りとシンプルで完成されたデザインも多くの人々から支持を集める要因に。今では『パタゴニア』のフリースは単なるアウトドアウェアというだけではなく、大人の日常着としても重宝されています。

カジュアルモデルから本気系まで幅広く揃う『パタゴニア』のフリース

『パタゴニア』のフリースは大きく分けて2タイプが存在します。機能性に特化し、激しい運動を伴うアウトドアシーンに適した“テクニカルフリース”と、日常的な保温着として開発された“カジュアルフリース”です。前者だとRシリーズ、後者はシンチラシリーズやレトロXシリーズなどが有名ですね。タウンからアウトドアまでフルで着たいならテクニカルフリース、街使いを基本とするならカジュアルフリースから選ぶのが賢い選択と言えるでしょう。どちらも軽くて暖かいのは共通項なので、秋冬コーディネートの主役としては適任です。

『パタゴニア』のフリースの着こなし方

暖かくてトレンド感もプラスできる『パタゴニア』のフリーストップス。その着こなし好例をここでピックアップして紹介していきます。ともすれば野暮ったくも見えがちなアイテムなだけに、自分なりのスタイリングのロジックをしっかりと持って臨みましょう。

着こなし1ジーンズと合わせてアメカジ×アウトドアをMIX