文科省汚職:私立大学研究ブランディング事業と裏口入学、JAXA

谷口浩司の妻です。
乳癌を患って治療中なので皆様に直接対応が出来ないことを最初にお詫び申し上げます。
病気を患うまでは仕事をしていましたが、今は自宅から出たり出られなかったり体調次第の生活です。癌の療養のため主人は職場に近くに部屋を借り、二人の時間を多く取ることを優先してくれていました。
出来る仕事は自宅でするようにしていたため、仕事のミーティングもマンションにあるラウンジで行っており、私も仕事関係のことを直接見聞きする機会が多くありました。
そのため今回の逮捕・起訴には大変驚いています。
事件の真相が知りたい、というのが私の率直な気持ちです。
そのための第一歩として自分から声をあげるためにホームページを開設しました。

お問い合わせ先:mail@kojitaniguchi.com

更新しました:6.に、義本博司高等教育局長 写真追加

疑問の前提

東京医科大学臼井理事長の前に二人の人物がいます。
一人は、医師で衆議院議員
一人は、胡散臭いブローカー
佐野太官房長には大学のために便宜を図ってもらいたい。
JAXAの川端和明氏には大学の記念講演に宇宙飛行士 を派遣してもらいたい。
あなたが臼井理事長ならちらの人物に頼みますか?
こんな簡単な事実を特捜もマスコミも隠しています。
私は事件は初めから無かったと信じています 。

もし事件が本当にあるなら主犯は国会議員です。

1.吉田統彦 衆議院議員:20180723

報道では、谷口浩司が佐野太局長と臼井理事長を事件のために紹介したとなっていますが、実際の紹介者は立憲民主党の吉田統彦代議士です。それ以降、吉田先生による食事会が定期的にあるのに、2017年5月10日に三人だけで会って受託収賄事件を起こすというのは非常に不自然です。
2017年10月20日の衆議院選挙以降は、吉田先生主催の食事会は頻繁にあり、私立大学研究ブランディング事業採択時期とも重っています。A氏は「この事件に吉田先生の関与が無いのであれば、事件そのものが存在しない」と主張したそうですが特捜には無視されました。
その後、谷口浩司、佐野太、臼井正彦の三人の関係による事件として起訴されました。
また、谷口は羽田雄一郎先生の秘書として活動してきたにも関わらず、「悪徳ブローカー」としか報道されていません。政治家案件だと特捜やマスコミは隠すのですか?

1- 2.吉田統彦先生 飲食接待の主催者:20180801

2015年11月5日、吉田統彦先生と戸谷一夫氏のメールです。この時は7人が会食し、内6名が銀座クラブ活動隊です。メールCCには、谷口浩司、日高正人、川端和明のメアドが入っています。下をクリックするとメールのPDFがを見ることが出来ます。特捜は7月4日にこのメールを押収しています。

NHKは「戸谷一夫事務次官が、贈賄側が設けた飲食接待の場に同席していたことが、関係者への取材でわかりました」と頑なに報道をしていますが、メールを読めば吉田統彦先生が設けた飲食接待の場というのは一目瞭然です。


2.羽田雄一郎先生と佐野さんの逮捕直前ミーティング:20180724

2018年6月下旬、羽田雄一郎先生、佐野太氏、谷口浩司、A氏の四人が赤坂の焼肉屋で会食し、2017年10月から続いていた特捜の捜査について佐野さんから説明を受けました。谷口への捜査は2017年10月26日から始まっています。担当は特捜の田淵検事で、最初から「佐野太」について聞きたいと言われていましたが事件については語らなかったそうです。
事情聴取後、谷口から羽田先生に報告を上げ、佐野さんにも事情説明を求めています。
2018年5月中頃、佐野さんから「松野博一前文科大臣に呼ばれ特捜の捜査が終わったと告げられました。」という報告が急にありました。
羽田先生は、「松野さんが事情を知っているなら直接話しを聞きたいので、会えるようセッティングをして下さい」と佐野さんが同席した上で説明を受けられるように求めました。
このようなやり取りが谷口の逮捕前にあったので、羽田先生は谷口が文科省汚職に関係していないことはよく知っています。

2014年 長野市にて

2016年 長女誕生にて

3.佐野君の受験戦績(7戦6勝):20180725

佐野家と谷口は私も含め家族ぐるみの付き合いをしています。現在も緊密に連絡を取り合い励ましあっています。羽田家、佐野家、谷口家が参加するバーベキュー大会も去年の今頃、羽田先生の誕生会を兼ねてありました。この事実は羽田先生も報道で認めています。
谷口は貴憲君の高校時代から進学相談を受けていました。貴憲君は高校野球で活躍していましたが、谷口もラグビー選手だったため、スポーツ選手としての進学アドバイスは役立ったようです。

報道では、裏口入学があったとされてますが、貴憲君の医学部受験の一次試験戦績は7戦6勝です。東京医科大学と同じ偏差値レベルの医学部は全て合格しています。
難関クラスの慈恵医大も一次試験合格しています。第一志望の昭和大学医学部だけは落ちました。

以下に受験結果を公表させてもらいます。この結果が真実かどうかは特捜でしたら容易に確認出来たことだと思います。(特捜へ情報提供済)

1次試験合格校(受験日順/学校名/偏差値:医学部予備校プロメディウス参考)

1月25日 帝京大学 医学部(65)  
1月28日 北里大学 医学部(68.5)
1月31日 東邦大学 医学部(69)  
2月 2日 東海大学 医学部(68.5)
2月 3日 東京医科大学  (69)  
2月 5日 東京慈恵医科大 (74)  

2次試験合格

東京医科大学    二次試験合格
東海大学 医学部  二次試験合格
帝京大学 医学部  二次試験合格

※ 事件後数日で佐野貴憲君の顔写真や経歴がインターネットで拡散されてしまったので、あえて本名で書かせていただきました。自分なり簡単な大学から難しい大学に向けて受験日程を組み、難関校への合格を目指していたことが受験生の方なら分かると思います。
貴徳君が東京医科大学に進学を決めた理由は、硬式野球部のある大学に行きたかったからです。

4. 5月10日の録音データ:20180726

5月10日録音データは、谷口浩司が記録や議事録のために仕事中はずっと録音していたものです。
谷口は拘留期間中に録音を何度も聞かされ、間違いなく自分が録音したものであることを確認していたと弁護士から聞きました。
この録音データは検察に任意提出されたと弁護士から聞きましたが、提出者は谷口の実兄又は実兄が勤めるアイシン共聴開発株式会社だと私は考えています。
また、この録音データを谷口元に渡したのは私です。
谷口浩司の録音データは私が毎回チェックをして、チェックの終わったデータから谷口元に渡していました。私の体調が悪化した時には谷口が直接実兄に渡していたこともあります。
そのため、全てのデータ管理は谷口元がしています。
谷口は、「なぜこの録音で逮捕されるのか分からない」と弁護士に伝えていました。
録音データが何者かによってアップされたとニュースでやっていましたが、この録音データを持っているのは、私が知っている限り実兄の谷口元(はじめ)、アイシン共聴開発株式会社、東京特捜の3者だけです。

TBSへの質問(20180804)
あるブログに「どうして音声があるんだろ?しかもTBSに流れるってなんで?」とありました。
文科省汚職密談音声を入手 TBS| 2018/7/26(木) についてのブロガーの疑問です。
私の記憶では、7月26日未明に録音データが何者かにアップされ、同日お昼前のTBS番組S「ひるおび!」ではもう音声が流されていました。音声を流したTBSは、どうやってこの音声が本物だと短時間で確認出来たのですか?
三人の音声データが本物であると数時間で確認出来た理由を教えて下さい。
その後ニュースは削除されています。

5.お金を出したのはアイシン共聴開発株式会社 日高正人社長:20180726

NHK報道で、「前局長は、谷口元役員と家族ぐるみのつきあいがあり、飲食の接待のほか、ゴルフバッグの提供を受けたこともあったということです。」とありましたが、飲食費の接待等がもし本当にあったとしたら、その支払いは全てアイシン共聴開発株式会社によるものです。
私たちのマンションもアイシン共聴開発株式会社で契約しました。社長の日高正人氏も同じマンションに住んでいました。
アイシン共聴開発株式会社での役割分担は、顧問の立場で谷口浩司が新規事業開発を担当し、実務担当として実兄である谷口元が専務取締役に就任しました。
ゴルフバックは、日高正人社長が佐野太氏に誕生日プレゼントとして贈ったものであり、個人的なプレゼントになるので特に問題は無いだろうと谷口が言っていました。

日高正人社長と谷口と同じく顧問であった日体大OBの安河内氏はともに一般社団法人スポーツコンプライアンス教育振興機構の社員を兼ねてます。この団体は、NHKが懸命に取材している団体ですが、馳浩元文科大臣のブログ(2016年6月27日)にあるように、羽田事務所の谷口として大臣室に相談に行っており、全て適正な手続きを経て設立した団体です。

川端和明さんが逮捕された事件でも、「2015年8月~17年3月、コンサルタント会社の業務などで便宜を受けたいなどの趣旨であることを知りながら、谷口元役員から複数回にわたり、東京都内の飲食店などで計約140万円相当の接待を受けた」とされていますが、もしこれが本当であるならば、やはり全ての飲食等の費用はアイシン共聴開発株式会社で支払われていると思います。多くの場合、日高正人社長が同行をしていたからです。

日高社長も同じマンションに住んでいたため平日は谷口と一緒にいることが多かったです。

※アイシン共聴開発株式会社はNHKアイテックから資本と役員が入っているNHK関連企業。

6.原子誠一と渡辺克也 総務省総務審議官:20180727

アイシン共聴開発株式会社の顧問には、原子誠一氏がいて月額50万円をもらっています。原子さんの連れてきた有園さんという方も50万円もらっているので、原子さんには合計月額100万円が渡されています。原子誠一さんは渡辺博道衆議院議員の私設秘書をしています。
原子誠一さんは、2011年6月にソフトウエア興行の脱税事件で特捜に逮捕されたことがあり、それ以来は特捜への情報提供者として太いラインがあると自慢をしていました。

原子誠一さんは日高社長と2人だけでも銀座によく飲みに行くのですが、原子さんが総務省総務審議官の渡辺克也氏と懇意にしていた関係から、渡辺さんが同行することも多いと谷口が話していました。谷口も渡辺さんの席には何度かご一緒したことがあるそうです。また、渡辺さんに頼まれて、美酒塾にて羽田先生との会食をセッティングしています。

原子誠一さんは渡辺さんにDOCOMOを紹介してもらい、DOCOMOからの紹介で株式会社ミライト、株式会社協和エクシオ、日本コムシス株式会社に営業に行っていました。数社とアイシン共聴開発株式会社は契約していると聞いています。(特捜に情報提供済)

2017年3月10日 新橋 酒処里味
渡辺克也 + 谷口浩司 = 逮捕されない

新橋 酒処里味
川端和明 + 谷口浩司 = 逮捕

新橋 酒処里味
義本博司高等教育局長

谷口浩司と渡辺克也 現総務省総務審議官の会食記録(2017年)
2月17日 18:30~23:30 四谷 御酒塾
3月10日 18:30~23:30 新橋 酒処 里味
4月12日 19:00~23:00 四谷 御酒塾(羽田雄一郎参加)
5月22日 18:30~23:30 四谷 御酒塾
7月18日 19:00~23:00 新橋 酒処 里味
8月10日 18:30~23:30 四谷 御酒塾
10月23日 19:00~23:00 四谷 御酒塾

谷口浩司と渡辺克也 総務省総務審議官の面談記録(2017年)
1月19日 11:00 総務省電波部長室
2月14日 14:00 総務省電波部長室
3月 2日 15:00 総務省電波部長室
5月25日 11:00 総務省電波部長室
7月 7日 15:00 総務省総合通信基盤局長室
8月 1日 11:00 総務省総合通信基盤局長室
10月 4日 11:00 総務省総合通信基盤局長室
10月18日 10:30 総務省総合通信基盤局長室

7.一番、家族ぐるみで付き合った官僚:20180728

佐野さんとも川端さんとも家族ぐるみの付き合いですが、2016年~2017年に一番仲良く付き合っていた官僚は、経済産業省の伊藤政道さんです。
家族での会食回数は2年で100回を越えており、金額も140万円を越えています。毎週のようにマンションのラウンジで食事をしたので証人もたくさんいます。赤ちゃんの出産時に20万円くらいのベビーカー等もプレゼントしています。写真はバースデーをラウンジで祝った時のものです。