(cache)リーダーシップでチームを未来思考へ導いたバックエンド開発の女神に出会った♡【#ギークな女神 vol.29】 | geechs magazine

リーダーシップでチームを未来思考へ導いたバックエンド開発の女神に出会った♡【#ギークな女神 vol.29】

2017/10/25

本日のギークな女神♡

リーダーシップでチームを未来思考へ導いたバックエンド開発の女神石毛 琴恵
●職種:エンジニア
●生年月日:3月9日
●血液型:AB型
●お仕事:開発チームマネージャー

 

女神の生態に迫ります!

―今のお仕事について教えてください。
在宅ワーカーと企業のお仕事マッチングサイト『シュフティ』の開発および開発チームマネージャーをしています。シュフティは弊社のCGS(Crowd Generated Service)事業の土台となるサービスで、私の業務はプロダクト改善とエンジニアのマネジメントです。

入社した当時は、全国の官公庁・自治体・外郭団体の入札情報を一括検索・管理できる「入札情報速報サービス NJSS」というサービスのプログラマーでした。サービス改善・機能追加を担当していましたが、約2年後にシュフティのチームに移り、現在に至ります。

―うるるには中途入社なんですよね。以前はどんなお仕事をしていたのですか?
以前は受託開発の会社のエンジニアでした。組織規模がうるるより大きいというのが一番の違いですね。組織が大きくなるほど、組織内での情報が伝わりづらくなります。また、受託会社だったのでサービスの企画や改善提案はなかなかできない状態でした。

前職に在籍した後半の時期は、クライアント企業へ常駐するプロジェクトにアサインされていたんです。そこでクライアントの社員たちがサービス改善プランを楽しそうに話しているのを見て、「私も自社プロダクトでサービスの企画にも携わりたい」と思うようになり、転職を決めました。

―転職後、カルチャーの違ううるるへ入社して感じたことは?
風通しがよく、意見を発しやすい会社だと思いました。ただ、技術もどんどん新しいものを受け入れ、業務フローもどんどん変えて改善していく、このスピード感に追いつけないこともありました。自分なりに頑張っていたつもりでしたが、今思うと入社したばかりの時期は、模索期間だったなぁと思います。

―シュフティにチームを異動して半年でリーダーを任されたそうですね。
シュフティに異動してからの半年、何か特別なことをしたわけではありません。当時していたのは、システム不具合の管理体制を整備し、不具合を徹底になくすことです。対応できずにいた不具合をひとつひとつ解消し、日々の不具合報告にも即時対応する。その積み重ねです。だから、私自身は、この半年に対する評価よりも今後への期待をこめてリーダーを任せていただいたんだと思っています。

―リーダーに就任したときはどんな心境でしたか?
マネジメントに興味があるかないかでいうと、正直“半々”でした。マネージャーになるなら覚悟が必要だと思っていたんです。マネージャーは、自分自身の成長だけでなく一緒に働くメンバーに対しての責任を持たなくてはいけません。生半可な気持ちで決めれないなと思っていました。

リーダーになっても最初は何をするべきか分からなかったんです。でも、『リーダーというのは“導く人”だ』と教えてくれた人がいました。「リーダーのするべきことは、メンバーにチームのあるべき姿、そこまでのステップを見せることで、更にその目標に向け全員がついてくるように行動することが求められる」と話を聞いたんです。

リーダーになったばかりのときは不具合を潰すという足元の整備に注力していたのですが、このリーダー論を実践するために、長期的な目標をセットし、今は皆で目標に向かって取り組んでいます。

―リーダーとして心がけていることはありますか?
どんな細かいことでも、きちんと背景や理由を添えて伝えるようにしています。リーダーだとメンバーに厳しいことを言わなくてはいけない場面もあります。でも「何のために伝えているのか」を一緒に伝えないと、言われた人にとってはただ不快なだけです。

うるるには“納得して働く”という考え方がありますが、メンバーが納得して働けるかは私にかかっていると感じているので、そのために情報共有の仕方には気をつけています。

-リーダーやマネージャーになってから、最も達成感を瞬間はありますか。
以前はプロダクト改善、いわゆる技術的負債の返済に向き合っていて、それはメンバーにとっても辛い状態でした。しかし、返済をし終えた先にはサービス改善に着手していこうとを新規プロジェクトをスタートさせました。

つまり、マイナスだったものをゼロまで引き上げ、ここからプラスを作っていくというわけです。すると、未来について口にするメンバーがとても増えました。半年後、1年後に「この機能をこんなふうに改善していきたいね」「新しい機能を追加したいね」と、未来の話ができるチームになれたことが嬉しいですね。

-今後のチームや自身のビジョンはありますか?
まず、チームとしては自立したチームを目指したいです。自ら改善に向かって歩みを止めないチームでありたいと思います。それに対してマネージャーとしてビジョンを示しつつ、業務フロー改善や発言しやすい空気づくりなど小さくても改善を続けてサービス改善に貢献したいですね。

個人的なキャリアとしては、部長やCTOなどマネジメントの上の階層を目指す道もあると思いますが、私はまだプレイングマネージャーでいたいですね。他にも改善していきたいサービスがたくさんあるので。

女神のファッションチェック!

そんな女神の今日のファッションは、フリルが可愛らしいベージュのトップスに、ブラックのスカートを合わせた、女性らしくも大人っぽいファッションです。

geekgirl27_14.jpg

女神:私は背が高いので、高身長だから楽しめるファッションを意識しています。お買い物は街に出かけるよりも、ネットで買っちゃうタイプですね。

えりー:色味が秋らしくて素敵!フリルも今年の流行だよね。
はぎー:女神の穏やかな雰囲気に、女性らしいファッションがぴったりですね!

ギークな女神たちに、29人目が仲間入り