ReライフTOPイベント講座イベント・講座開催リポート

やれば体は楽になる 年とともに衰えやすい6つの筋肉の鍛え方 

Reライフおすすめ講座「筋力の老化を防ぐ 簡単筋トレのすすめ」

更新日:2017年12月19日

 理学療法士の笹川大瑛さんが、腰やひざ、股関節の痛みなど、さまざまな不調で悩んでいる方へおすすめのトレーニング方法を伝授した。

 私が教えている運動は、90歳とか96歳の人にもやってもらっています。結構しんどいですが、ちゃんとできたら体は楽になります。正しく必要なトレーニングをして体が変わった――という体験をした人は少ないと思いますが、やれば、年齢に関係なく姿勢や運動を改善できます。これはスポーツ選手も同じです。


 関節痛のほとんどは筋肉の衰えが原因です。筋肉の一部分が弱くなれば、必ずほかの部位で支えようとするために無理をするようになります。このことが関節痛の発端であり原因となるのです。

 ひざには、関節を支える筋肉があります。この筋肉が弱くなると、わずかながら炎症を起こします。その炎症を起こす物質が筋肉を萎縮させてしまうのです。

 筋肉が萎縮した(=落ちた)ままでは、少し調子が上向いたからとジョギングや仕事を再開すると、またストレスがかかり炎症を起こします。炎症を繰り返すと組織がもろくなり変形していきます。ひざでしたら内側の軟骨がすり減っていきます。

 そうなる(=変形する)前に、しっかり筋肉を鍛えることが大事です。鍛えるような運動をしないと筋力は戻りません。そのためにはどこの筋肉が落ちたのかを知ることです。年齢とともに衰えやすい筋肉は決まっています。その鍛え方をお伝えします。