<p><a href="http://transition-phases.hatenablog.com/">With Their Boots.</a></p>

【前編】ガブリエル・ジェズスとママ(THE PLAYERS' TRIBUNE)

選手やコーチ自らが自身の半生について語るTHE PLAYER TRIBUNEというメディアに掲載されていた、マンチェスターシティのガブリエル・ジェズスの自伝記事をざっくり訳しました。元記事はこちら


 

マンチェスターシティの試合で得点を決めたとき、お母さんはいつでも電話をかけてくれる。ボールがネットを揺らすやいなや、電話は鳴り始める。 ブラジルにいるのかスタジアムで観ているのかは関係ない。彼女は必ず電話する。だから僕はコーナーフラッグまで駆け寄って、手を耳に当てて言うんだ。“Alô Mãe!” 「やあ、ママ!」ってね。

 

f:id:dodonn_0704:20180127103651j:plain

僕がシティに来たばかりの頃は、みんな変なパフォーマンスだと思っていたし、どういう意味なのかを尋ねられた。 簡単な答えとしては、僕がお母さんを愛していて、彼女がいつも電話をくれるって意味がある。

 

でも、もっと深い理由もある。これは僕が一人の夢見る少年だった頃までさかのぼる。ブラジルには将来を夢見る少年が何百万人といる。僕はラッキーだった。何人かのスーパーヒーローと出会うことが出来たからね。

僕はサンパウロ北部のペリ・ジャルディムと呼ばれる地区の近所で育った。そこに住む人々は本当に苦しい生活を送っている。僕の場合は幸運にもお母さんがめちゃくちゃハードに働いてくれたおかけで、食べ物には困らなかった。でも、僕が共に育った他の子供達はもっと大変だった。彼らは一日に一食だけしか食べられないときもあったし、しかもその食事もフットボールピッチで食べていた。正直に言えば、彼らのうちのほとんどはプレイする素振りすら見せなかった。ふらふらとやってきては、無料のハムサンドとソーダを貰うだけ。それも白いパンにモルタデッラが乗せられただけのもので、ソーダも缶一本だった。