トップ > NNNドキュメント

日テレ1

NNNドキュメント

この番組を

7718人が見たい!

みんなの評価

(平均4.15点/60件)

みんなの感想 60

NNNドキュメント「息子の就活取材します!報道記者の父と自閉症児」

2015年3月15日(日)  25時20分~25時50分  の放送内容

Gコード:

リモート録画予約ご利用について
ビエラおよびディーガをお持ちの方が対象です。
ご利用にあたり、ディモーラの会員登録(無料)や機器設定が必要です。
※ディモーラはパナソニック社が提供するサービスです。

今後このメッセージを表示しない

閉じる

  • シェア
  • カレンダーに登録
  • 予約

<前の放送

2015年3月15日(日)

次の放送>

最終更新日:2015年3月9日(月)  11時30分

画像
画像
画像
画像

番組詳細説明(表題)

息子の就活 取材します!
報道記者の父と自閉症児

番組詳細説明(内容)

【内容】
私のひとり息子は重度の知的障がいがある自閉症。今年の4月から就労する「生活介護事業所(旧名称:知的障害授産施設)」を去年の3月から探していた。「生活介護事業所」とは、18歳以上の雇用されることが困難な知的障がい者が通所し、自活に必要な訓練を受けるとともに作業を得て自活を図るという目的の施設で、聞き慣れた言葉では「授産所・作業所」のことである。

去年3月から事業所が決まる11月までの約8か月。中京テレビの報道記者で、それまで息子のことは妻任せだった私が、一念発起して事業所探しの就労活動、いわば息子の「就活」を始めた。どうせなら障がい者の就労の実情を知ってもらおうとカメラを回して取材をしてみた。しかし、そこで知ったのは事業所で得られる月々の工賃(給料)が、全国平均1万4千円ほどだということ。基本的に生活介護事業所での作業は“労働”とは見なされず、「訓練」とされているので、「最低賃金」の適用がされないからだという。果たしてこれで自立できるのか?自分が死んでも子どもは安心して生活を送れるのか?妻任せのツケで父親としての無力さを痛感しながら、父と息子の親子関係をも考えさせられる貴重な経験となったのだ。


多動症と言われて・・・
名古屋市立守山養護学校高等部2年の田中佑季(18)。重度の知的障害のある自閉症の我が息子。
自閉症とは先天的な脳の機能障害で症状は人によって様々だが、コミュニケーションが困難だったり、強いこだわりを持ったりするという特徴がある。息子の場合は「水」への強いこだわり。風呂でペットボトルの水を移し替える 水遊びを放っておいたら2,3時間でもやっている。
去年の3月、養護学校から案内のあった名古屋市守山区の作業所へ実際の現場で働く「実習」をさせてもらった。電気ドリルやレーザー加工の機械も導入し、木工製品作りを中心に30人ほどが通う作業所。しかし、息子は実習どころでは無く、落ち着かずウロウロと動き回る“多動症”もある。初めての実習体験を目の当たりにし、事業所職員からも「機械があるので動くと危ない」と言われてしまった。妻に聞けば「新しい所に行けばそうなるよ。でも落ち着けば座っているよ」。長年息子の面倒を見てきた妻は平然としたものだった。


多動から・・・不動に!
 何とか息子が落ち着いて作業ができる事業所がないかと次に実習体験を受けたのは、名古屋市東区にある事業所。障がい者がお弁当を調理して、近くに住むお年寄りなどに配達し、その売り上げなどで自立した生活を支援しているという。事前面接で多動の息子の様子をニコニコと見守ってくれる事業所の方に期待を膨らませる。
父親がそばにいたら本来の姿が見られないということで、別のカメラマンに撮影を頼み、外で待つことにした。しかしカメラマンが撮った息子の様子にビックリ!下駄箱前に座り込んだり、エレベーターの中に寝転がったりと、あれだけ「多動」を心配していたら、今度は何もしない「不動」に!作業場の環境が気に入らないのか?通所者や職員との相性が合わないのか?この事業所も息子には合わないと私は勝手な判断をしてしまった。

空回りをしてしまう私・・・できるなら子どもの一生を見送ってから死にたい
その後も事業所探しを続けた。名古屋市北区にある事業所での初日。他の通所者の様子を取材していたら、 いつしか息子の姿がない!聞けば職員に無理を言って散歩に出かけたという。これには堪忍袋の緒が切れてしまい、息子を怒鳴ることに。妻に散歩のことを話すと「散歩もコミュニケーションのひとつで長い目で見たら大事なこと」とひと言。頑張っているつもりが、いきみすぎているのか、空回りばかり。
できることなら,子どもの一生を見送ってから死にたい。障がいを持つ子どもの親の共通の思いです。


工賃は月平均1万4千円・・・最低賃金は適用されない現実
 障がいをもった息子の面倒を見ている96歳の母親・磯部ぎんさんに出会った。息子の和明さん(62)は軽い知的障害があるものの日常生活や作業には支障はない。平日、毎日働いても月々の工賃は1万1千円という。
作業所で働く障がい者の賃金は「工賃」と呼ばれ、平成24年度の全国平均は月1万4千円ほど。なぜこんなに  安いのか。それは「生活介護事業所」での作業は「労働」と見なされず、「訓練」とされている。それによって最低  賃金の適用がされないのだ。極端な話、月数百円でも違法ではない。さらに仕事内容も内職などの軽作業が多く、そのため、工賃は安くなってしまうのだ。平日、月曜日から金曜日まで朝9時から夕方4時近くまで働いても、わずかな工賃。名古屋市健康福祉局障害者支援課の担当者へ問い合わせてみると、名古屋市ではトントンか少しだけマイナス(負担)だという。さらに障がい者には20歳になると国から「障害基礎年金」を支給されるが、障がいの重い1級で年間約97万円。月割りにすると8万円ほどで、工賃と合わせても10万円にも届かない。どうしても自立した生活ができない障がい者に対しては「生活保護」も支給され、それで何とか“生きていける”のだというが・・・。
障がい者福祉に詳しい日本福祉大学の木全和巳教授は「スウェーデンやノルウェーなどと比べると日本の障がい者にかける社会保険給付費のしめる割合は0.8%という低さで、先進国では下から3番目という結果」だという。
和明さん(62)は、平日、親元を離れ、「グループホーム(障がい者が自立し、地域社会で生活するための共同住居)」で暮らしている。家賃、光熱費、食費などの費用は合わせて約5万円。ここから昼食代などの生活費を引くと障害基礎年金と工賃で贅沢はできないが何とか生活できているという。母親のぎんさん(96)はそんな我が子を気遣い、「1日でも一緒にいてあげたい」と語る。
障害児は18歳になる前に福祉サービスのための「障害程度区分」の認定調査を受ける。7月が誕生日の息子は 6月、その調査を受け、結果は軽い1から重い6までの程度区分で一番手のかかる「6」の判定を受けた。それまで体験実習を受けてきた事業所でも工賃が高いところで1万5千円。安いところだと月4千円というところもあった。真面目に働いているのに赤字とは、国の政策が根本で、どこかで間違っているとしか思えないが、その現実を知っても工賃より息子がしっかりと“就労”できる事業所を探し続けていた。


事業所の決まらない息子に最後のチャンスが!しかし・・・
去年10月、まだ事業所が決まっていない息子にもう一度、体験実習をやってみないかと声をかけてもらった。それは5月に落ち着きの無い「多動」から一転して「不動」になってしまった事業所。祈る気持ちで息子を送り出す。
4日間の実習を終えると事業所から1枚のDVDを受け取った。そこには生き生きと洗い場で働く姿があった。水に強いこだわりを持つ息子にはぴったりの作業。しかし・・・5月に体験実習を受けた時に不動になり、ここは合わないと勝手に決めつけてしまったことで事業所との信頼関係を損ねてしまっていた。もう何ともらないのか・・・。


妻が動く!母は強し!!
落ちこんでいた私を見て、妻が動いた。事業所へ行き、色々と話を聞いて申込書をもらってきて、申し込んだ。 そこに添えた手紙には「どこもいくところがないからじゃなくて、ここだからお願いしたい」という強い母親の思いが したためられていたらしい。
そして、11月の半ば、事業所から内定通知をもらうことができた。約8か月にわたる息子の就活が終わった。
妻は最後に語った。「作業部屋に入らなかっただけで、この子には向いていないと判断してしまうのは親として浅はかだったのではないか」。
息子のため、と頑張ったつもりが結果的には全て空回り。
しかし、真剣に息子と向き合った月日は親子の関係を考える貴重な経験を私に残してくれた。

子育ては妻任せ…そんな報道記者が、重い知的障がいのある自閉症の息子の就労活動に奔走する。障がい者が働く現場から、そして息子の就活から見えたのは意外なことだった。

出演者

  • ナレーター
  • 杉山裕子、田中穂積記者

番組内容

子育ては妻に任せて、仕事に没頭。そんな報道記者がある日、重い知的障がいのある自閉症の息子の就労活動に奔走することになった。そこで目にしたのは障がい者が働くことの厳しさ。福祉施設での作業は労働と見なされないため「最低賃金」が適用されず、朝から夕方まで作業しても平均月1万数千円にしかならない。果たして息子は自立できるのか…。自閉症の息子と向き合った8か月間。そこから見えてきたものは、意外なことだった。

制作

中京テレビ 

その他

<前の放送

2015年3月15日(日)

次の放送>

[ 放送スケジュールみんなの感想番組の流れお役立ち情報 ]

番組概要

NNNドキュメント

レギュラー放送:月曜 0時50分~1時20分

公式サイト(外部サイト)

番組公式サイト

動画情報(外部サイト)

子育ては妻任せ。そんな報道記者がある日、重い知的障がいのある自閉症の息子の就労活動に奔走することになった。障がい者が働く現場から見えてきたこと…さらに、息子の就活から見えてきたのは意外なことだった。

動画情報(外部サイト)

NNNドキュメント'15 オープニングCGです。

近隣地域の番組表