ここから本文です
弁護士と闘う
弁護士の懲戒処分を公開しています。

書庫全体表示

佐藤功行弁護士【兵庫】へのお手紙

イメージ 1
 
弁護士非行懲戒専門ブログです
兵庫県弁護士会のマスコット「ヒマリオン。センスがあるのかないのか微妙だ?
佐藤功行弁護士【兵庫県】に対して昨年12月に質問状を私が出しています
今日はその続きです
長くなりますがお付き合いください
 
佐藤功行弁護士【兵庫】は兵庫県弁護士会でも人権派として有名です
 
人権擁護委員会の副委員長をされています。社会正義を実現する
正義の弁護士です
佐藤弁護士は離婚問題でも有名な弁護士です。
同じ兵庫の長谷川京子弁護士ともに離婚訴訟に関しての本も出しています
 
佐藤功行弁護士対しては次のようなウワサがあります
離婚事件で妻側の代理人となり虚偽の証拠を出して妻に有利にするというと
いう方法を取るというのです
これは、離婚事件を妻側から依頼された場合。
一番重要なことは子供の親権です
母親として絶対譲れないのは子供の親権です
100%妻側が有利になるにはどうしたらいいか。
佐藤功行弁護士ら人権派と呼ばれる弁護士は次のような方法を考え出しました
夫をDV男にするのです
そうすれば裁判所の調停委員も妻側の味方になります。
そして子供の親権、離婚の慰謝料も取れ100%妻側が勝ちます
DV夫には子供に月1回はあわせてあげるから離婚に同意しなさいと弁護士は
迫ります
夫は離婚を同意します
仕事もしなければならない夫は止むなく自分がDV夫であることを受け入れます
離婚は同意するのだから、子供にさえあえればいい。
そこまで弁護士は追い込みます
そして離婚調停が終了します
しかし約束の子供にあわせることはしません。
なぜなら子供からお父さんは暴力などしていないと子どもの口からバレルからです
実際多くのDV夫にされた元夫から苦情が多くでています
 
逆の目線でみてみましょう。
こんないい弁護士はいません
依頼者のためにガンバる最高の弁護士です
私は弁護士の非行をずっと追っています。今ほとんどの弁護士の非行は
事件放置です
つまらん仕事はやらない。報酬の少ない仕事は後回しにする
こういう弁護士の懲戒処分ばかりです。
最近多いのはお年寄りを「騙して財産を横領する弁護士です
それにくらべて佐藤功行弁護士、長谷川京子弁護士、埼玉で同じような事件を
出した第二東京の樋口弁護士は離婚事件で有名ですが
こんな素晴らしい依頼者、妻側にとって働いてくれる
懲戒を出されるのを覚悟でここまでやってくれる弁護士はいません
もし、私が離婚問題で弁護士を紹介してくれと言われたら絶対に
兵庫の佐藤弁護士長谷川京子弁護士を紹介するでしょう
依頼者のために夫をDVでもないのにDVにして子供の親権も取り離婚の
慰謝料まで取ってくれる
こんないい弁護士はいません
そして絶対にこの方法はバレないのです
なぜなら、依頼した妻から苦情はありません。
DVになった夫は子供にあわせてくれるからと自らDVをみとめたのです
弁護士懲戒請求しても絶対に認められません
なぜなら、自分がDVでないのなら、なぜ調停や裁判で争わなかったのかと
言われます
実際に懲戒処分はありません。日弁連も認めた方法です
DVのアルナシなど家庭の問題はなかなか認めることはできません
佐藤弁護士、長谷川京子弁護士はんとうにいい弁護士です
DVデッチアゲ夫だ言われたら法廷で自分はDVではないと主張すればいいのです
それができなくて子供のために妥協したなど甘いことは言うべきではありません
デッチアゲでも虚偽の証拠をねつ造しようが裁判は勝たねばなりません
そこまでやってくれる弁護士いますか?佐藤功行弁護士、長谷川京子弁護士に文句を言う事はできません。
妻側の依頼者から見れば文句の言うようがない弁護士です。
 
佐藤功行弁護士。長谷川京子弁護士の御本
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  戸籍謄本を不正申請
  不正受給
  神戸家裁に出すという名目だが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな依頼者にとって最高の弁護士もミスをしました
DVデッチあげで離婚事件をこなした佐藤功行弁護士
子供の親権も妻に渡し慰謝料も請求した
しかしやりすぎたのか、あろうことか妻が夫の元に戻った
もちろん佐藤弁護士のDVデッチアゲ作戦はバレテしまった
現在、元夫婦二人で佐藤功行弁護士に懲戒請求が2件出されている
しかしDVでっちあげは問えない。なぜなら当時は妻の希望であったから
佐藤弁護士の依頼者のため何でもやりますは妻をも責めることになるのだ
今出されているのは報酬の問題と守秘義務違反fを問われている
しかし、この懲戒請求はこの問題ではない・。佐藤功行弁護士の依頼者のために
やりすぎた行為を一言謝罪してほしいのだ
お金の問題ではない。やりすぎましたと謝罪がほしいだけなのだ
そして
二度と夫をDVデッチアゲして子供の親権を好き勝手にするという手法
をしないでほしいという望みが元夫婦、元依頼者のお二人の希望だ
  
イメージ 3
 
 
 
 
 
  ヒマリオン君と弁護士と闘う 
 
 
 
 
 
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて私の出番は
佐藤功行弁護士は平成19年に事件が終了しているのにも関わらず昨年に
懲戒請求を出されたので元妻の母親に手紙を出した
私はあなたの娘のために頑張った弁護士ですと
しかし住所が分らない、そこで日弁連の照会制度を使って戸籍謄本を上げた
しかも、申請者は元妻で提出先は神戸家裁で裁判で利用するという名目でだ
お気の毒に元依頼者たちは毎週私たちに裁判が提起されていないかと神戸家裁に出向いている
 
そこで私が佐藤功行弁護士に12月10日付で手紙を出した
なぜ戸籍謄本を日弁連の照会制度を利用してデタラメな申請書を出したのか
 
佐藤弁護士の代理の坂本弁護士【兵庫】から返事がきた
戸籍などを申請し取ったのは事実であるが、あなたに説明する義務はない
 
そこで再度私が手紙を出した
私に説明しなくていいか、戸籍を上げた理由を元依頼者と手紙を出した母親に
説明してあげてほしい。
できれば1月11日までにお願いしたいと再度手紙を出した 
 
1月11日を過ぎて佐藤弁護士、代理の坂本弁護士からは何の連絡も説明もない
お二人とも兵庫県弁護士会では人権派の弁護士だ
 
佐藤功行弁護士に再度お願いします
DVデッチアゲして離婚は依頼者の希望通りになったのですが
今回の事件は妻は元に戻ってしまいました
一言、謝罪したらいかがでしょうか
私は依頼者のために何でもやりますという弁護士は認めます
事件放置よりはるかにマシだ
多くの離婚事件を佐藤弁護士はこなしてきたと思います
今回はカラクリがばれたのだから早く謝ったほうが得策だ思いますが
 
佐藤功行弁護士、あなたに対して
次の懲戒請求や告訴されるよりはここは弁護士としてのメンツを捨て
元依頼人さんたちに謝罪したらいかがでしょうか
 
 
 
人権派・佐藤弁護士の代理人坂本文正弁護士のご活躍
 
 
オマケ
兵庫県弁護士会が募集した、親しみやすい兵庫県弁護士会の歌
作りました(2009年) 
 
 
 
 
 
 
 

閉じるコメント(10)※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

  • 顔アイコン

    今後の成り行きを楽しみにしています。

    キーボー

    2011/1/22(土) 午後 1:10

  • 私文書偽造。損害賠償なり何なり請求するのですから、詐欺行為だと思います。
    保険金詐欺と何ら変わらないではないですか。
    弁護士は「依頼されたから」と言うでしょうが、やっていい事か悪い事かの判断くらいつくでしょう。
    弁護士法に「弁護士の資格」なんてありますけど、「弁護士の品格」ってのを追加した方がいいのではないですか?そうすれば、半分以上はいなくなるでしょうから、真面目にやってる弁護士さんに仕事が回りますよ。

    [ 西向く侍 ]

    2011/1/23(日) 午前 0:15

  • 顔アイコン

    BBYさんこんばんわ
    それではあなたに質問です
    違法、不法でもデッチアゲでも依頼者のためにする弁護士と
    いくら依頼者の希望といえども
    違法、不法をしないで負ける弁護士
    あなたはどっちを選びますか?

    弁護士と闘う!

    2011/1/23(日) 午前 0:28

  • 究極の選択。難しい質問ですね。後者と言いたいが勝ちたい。しかし、前者の場合、自分の生き方に反する事になりますし、ばれた時には私も犯罪者になります。
    ばれなければ、勝てば何でも有りという考えの人間が堂々と親権をとり、子供には「嘘をついてはいけません。嘘は泥棒のはじまり」などと言っているのですから空いた口が塞がりません。
    ばれそうになったら、弁護士は「依頼されたから」と、アッサリ依頼者に責任転嫁しますから。

    [ 西向く侍 ]

    2011/1/23(日) 午前 10:23

  • 顔アイコン

    違法や非行がバレタ時にあるのが弁護士会ではないですか
    毎月高い弁護士会費を払っているのもこういう時に
    庇ってくれるからです。依頼者のためにしたことなら
    処分はよほどの事がない限りしません
    弁護士が法廷で虚偽の事を出してもそれは虚偽だと
    こちらが主張して崩せばいいのですからと弁護士会はいいます

    弁護士会は一般的な常識がある他の団体のように厳しい処分を
    しますか?だから弁護士はやり放題なのです

    弁護士と闘う!

    2011/1/23(日) 午前 10:26

  • 顔アイコン

    内緒さま
    ゲスブにおこしください
    メールでしましょう

    弁護士と闘う!

    2011/2/15(火) 午前 11:07

  • 顔アイコン

    「弁護士と闘う」さまがどのようなお立場にあるのか、存じ上げませんが、少々度を超した批判だと受け取れます。
    佐藤弁護士、坂本弁護士、樋口弁護士、この三弁護士は個人的に接触がある方もおりますし、その著書などから知っている方もいます。

    日本国の偏った法の中で、何とか弱者を守ろうとしている方ばかりです。審判で勝訴することが勿論弁護士の仕事でしょうけれど、彼らは弁護士というビジネスを、温かみのある人間との関係としてとり上げています。

    また、もしも上記弁護士が不正をしたのならば、それこそ日本国の法が裁きます。「弁護士と闘う」さんのつぶやきには悪意さえ感じられます。

    [ loveinukoorin ]

    2013/3/23(土) 午後 10:14

  • 顔アイコン

    この弁護士のせいでどれだけの人間が泣いているかご存じでしょうか、悪意を感じるそれはそのまま佐藤に返します

    弁護士と闘う!

    2013/3/23(土) 午後 10:21

  • 顔アイコン

    法をゆがめて離婚をビジネス化して弁護士とその仲間が儲かるシステムを構築した。依頼者にはとてもいい弁護士でしょう。しかし相手方はDVをでっち上げされ子どもと会えない状況に追い込む。
    それが弱者の弁護士でしょうか

    まああなたも分かって言ってることでしょうけどね

    弁護士と闘う!

    2013/3/23(土) 午後 10:48

  • DV 離婚ビジネスが日本全国に蔓延してます。彼らが出したマニュアルに乗っ取り、ベルトコンベアに乗せられて、子供に会えない父親と片親の子供が量産されてます。子供が一番の犠牲者です。
    一刻も早く、佐藤を懲戒処分にして、このような非道な事をすると罰せられるという先例にしないといけません。
    アメリカでは、子供の連れ去りは犯罪で、FBI に指名手配されます。
    ハーグ条約が施行されれば、国内でも子供の連れ去りは認められなくなるでしょう。

    [ nag*okh*0*0 ]

    2013/10/9(水) 午後 7:38

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

PR

ブログバナー

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

1
2 3
4
5
6
7
8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
 
今日
全体
訪問者訪問者42529518
ブログリンクブログリンク0228
コメントコメント025486
トラックバックトラックバック0341

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)
本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事