他言語ニュースを見る
ロゴbackgroundfacebookつぶやくモバイルrss

検索

人気検索ワード:

line

記事一覧

日本閣僚の靖国参拝をけん制「大きな困難招く」=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は10日の定例会見で、A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社の秋季例大祭に合わせ、日本政府の閣僚が参拝するとの見通しについて、「責任ある日本の政治指導者の靖国神社参拝は韓日関係を難しくするだけでなく、地域の国家間の安定的な関係発展に大きな困難を招く」と述べ、閣僚の参拝をけん制した。秋季例大祭は17〜20日に行われる。

 日本政府閣僚の靖国神社参拝をめぐっては、新藤義孝総務相と古屋圭司拉致問題相が参拝を検討していると報じられている。

 趙報道官は韓国歴代政権の外国人への勲章授与のうち、A級戦犯らの受勲資格に問題がある日本人12人が含まれている問題について、「記録上、対象者らが両国の友好増進に寄与したことを踏まえ、勲章が贈られたと考えられる」として、「今後の対応については今回提起された指摘を勘案し、検討する」との方針を示した。

kimchiboxs@yna.co.kr