その他

カナダ列車脱線で5人死亡、警察「犯罪の可能性も排除せず」

2013年 07月 8日 08:14 JST
 
  • Mixiチェック

[ラックメガンティック(カナダ) 7日 ロイター] - カナダ東部ケベック州のラックメガンティックで6日未明、原油を輸送していた列車が脱線し、爆発炎上した。当局によると、7日現在で少なくとも5人が死亡、約40人が行方不明となっている。

列車は米ノースダコタ州からカナダ東部へ原油を輸送しているところで、1両当たり113キロリットルの原油を積載していた。事故当時は停車中で運転士はいなかったが、丘を転がりながらスピードを上げて脱線。列車は町の中心部で爆発した。

事故原因は分かっていないが、警察は「犯罪の可能性も排除していない」と述べた。鉄道業界のコンサルタント経験がある専門家は「私の経験では、列車が勝手に丘を転がっていくことはない」と話した。

米国からも消防士が駆けつけ、150人体制で消火に当たったが、現場では7日も白い煙が立ち上っている。住民は「煙、熱、炎があちこちに上がっていた。世界の終わりのようだった」と語った。

 
写真

ドル/円は新たな方向感模索

来週の外為市場では、FRB議長の議会証言など重要イベントをこなしつつ、新規のポジションがどう構築されるかがポイントに。
  記事の全文 | 特集ページ 

注目の商品

7月7日、 カナダ東部ケベック州のラックメガンティックで6日未明発生した列車の爆発では、は警察は「犯罪の可能性も排除していない」と指摘。写真は爆発の現場(2013年 ロイター/Christinne Muschi)
写真
避難訓練か誤警報か

バーナンキFRB議長発言は市場への警報の役割を果たし、さまざまなリスクに注意を向けさせる。火災警報を耳にすれば、おのずと自問する。間違い警報ではないか、避難訓練か、本物の火事か、そうならどこで起きているのかと。  記事の全文 

写真

企業はどこまで容易に社員をリストラできるのか━━。その答えを示唆する日本IBMでの解雇をめぐる裁判の行方は、労使慣行を変え、再生の歯車にしようという安倍政権にとっても無視できない意味を持つ  記事の全文 

外国為替フォーラム

最新ニュースのほか、ブログやコラム、スライドショーなどの最新情報をお届け