トップページ国際ニュース一覧竜巻で全壊の小学校 当時の状況は
ニュース詳細

竜巻で全壊の小学校 当時の状況は
5月22日 18時8分

竜巻で全壊の小学校 当時の状況は
K10047678411_1305221915_1305221934.mp4

アメリカ南部・オクラホマ州で発生した巨大な竜巻は、広い範囲で建物に壊滅的な被害を与えました。
このうち、7人の児童が犠牲になったプラザタワーズ小学校では、当時の状況が次第に明らかになってきています。

地元の報道によりますと、プラザタワーズ小学校では、竜巻が近づいているという警報を受けて、4年生から6年生までの児童を近くの教会に避難させるとともに、1年生から3年生までの児童は学校内の安全な場所に移動させて、教師が子どもたちと共に学校に残ったということです。
また、保護者の中には竜巻が直撃する前に学校を訪れ、自分や友人の子どもを引き取り、別の場所のシェルターに連れて行ったケースもあったということです。
学校に残った児童は、教師の指示に従ってトイレなどに隠れ、子どもたちを守るために教師が身を寄せ合う子どもたちの上に覆いかぶさるようにしていたということです。
しかし、竜巻によって子どもたちが居た場所の屋根などが吹き飛ばされ、教師や子どもたちはがれきの下敷きになったとみられています。

[関連ニュース]
k10014767841000.html

[関連ニュース]

  自動検索

米巨大竜巻 被災住民は3万人以上 (5月23日 5時9分)

竜巻 「安全な場所の検討を」 (5月22日 18時21分)

竜巻で現地の邦人女性 「心配になった」 (5月22日 18時8分)

米巨大竜巻 懸命の捜索続く (5月22日 12時16分)

米巨大竜巻 被害の全容つかめず (5月22日 7時4分)

このページの先頭へ