科学放射線の専門家が激白シンポ「一部メディアの過剰反応に異議あり!」+(3/3ページ)(2011.8.15 07:00

  • [PR]

[科学]ニュース トピック:放射能漏れ

  • メッセ
  • 印刷

放射線の専門家が激白シンポ「一部メディアの過剰反応に異議あり!」

2011.8.15 07:00 (3/3ページ)
福島の現状は「国による風評被害だ」と訴える高田純教授

クリックして拡大する

福島の現状は「国による風評被害だ」と訴える高田純教授

 原発に対する考え方については、出席者の間でも「脱原発依存で、再生エネルギーに力を入れていきたい」(根本氏)、「私は原発推進派。一流の国を目指す上で原発は必要」(田母神氏)と見解が割れた。それぞれの意見に拍手が起こったが、高田教授が「福島の場合はチェルノブイリのような核の暴走は起きておらず、それは世界が評価しているはず。ピンチとチャンスは裏表で、今こそ日本が最高の原発技術を開発できるチャンス。ピンチだといってへこたれていてはダメだ」と話すと、会場からひときわ大きな拍手が送られた。

 シンポジウムの最後に、会場の参加者が発言を求めた。「福島県二本松市から来たが、きょうのこの話を地元に持ち帰ってもなかなか信じてもらえないと思う。このようなシンポをもう一度、福島県民の前で開催してほしい」。再び、満場の拍手がわき上がった。(溝上健良)

このニュースの写真

福島の現状は「国による風評被害だ」と訴える高田純教授
福島支援シンポジウムで熱弁をふるう田母神俊雄元航空幕僚長(中央)
高田純教授の近著「福島 嘘と真実」(医療科学社)

関連トピックス

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital