ニュース写真

文字サイズ変更

尖閣諸島:排他的経済水域内にまた中国海洋調査船

日本の排他的経済水域を航行する中国海洋調査船「科学3号」=海保提供(共同)
日本の排他的経済水域を航行する中国海洋調査船「科学3号」=海保提供(共同)

 26日午後4時50分ごろ、沖縄県・尖閣諸島久場島の北北東約145キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、中国の海洋調査船「科学3号」がワイヤのようなものを垂らして航行しているのを、第11管区海上保安本部(那覇市)の航空機が確認した。事前通報と異なる海域だったため警告したところ、事前通報の海域に向かったという。

 11管によると、航空機が調査船に無線で「事前の同意内容と異なる海域での調査は認められない」と警告したが、応答はなかった。周辺海域では25日も、中国の海洋調査船「北斗」が事前通報と異なる海域で航行。警告を受け、事前通報の海域に移動した。【井本義親】

毎日新聞 2011年9月26日 23時04分(最終更新 9月27日 2時45分)

PR情報

スポンサーサイト検索

ニュース写真 アーカイブ一覧

 

おすすめ情報

特集企画

東海イズム!チャレンジセンターの活動

対談第2回 チャレンジセンターで培う人間