チラシの裏SS投稿掲示板




感想掲示板 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[15007] 【ゼロ魔習作】海を讃えよ、だがおまえは大地にしっかり立っていろ(現実→ゼロ魔)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/08/05 01:35
皆様のすばらしい作品に感銘を受けて
勢いで投稿してしまいました。

ゼロ魔の世界を舞台としていますが
実際にその地に流れついたらどうなるか?
という視点で作成していこうと思っています。

なにぶん未熟ではありますがよろしくお願いします。

一応、主人公は架空の人物を使用してはいますが
できる限りちーとをさせないようにしていきたいと思います。

※ブリタニカ百科事典はあんまり使いすぎないようにしたいです。
予定では、「場違いな工芸品」はこれ以上は主人公に使わせる予定はありません。中世の国において機関銃とか零戦とか使ってしまうとあまりもチートだと思われるので。まあ、ブリタニカ百科事典の内容も十分にチートだとは思いますが。ただ、産業基盤のない地域でいきなり活用できるような真似はしないのでご容赦ください。


製造者の成分分析
作者は、塩野七生先生の作品によってローマへの思いとか共和国への愛とかがかなり混入しております。あと、英国海軍の帆船ものが好きでつい勢いでいろいろやってしまうかもしれませんが、お付き合いいただければありがたいです。英国海軍の帆船ものは政治とか社会とか当時の情勢を反映して人物が描写されるのですごく好きだったりします。あと、ギボンとかブローデルとか。カイロで雪を売っていると読んだときから、地中海の多層的な魅力とかいろいろに惚れこんだり。あと、ビスマルクとかの外交政策でさりげなく追い込んでいくのにもすごいなー。と考えているような人間がお送りします。

苦手な方は、ご注意ください。

トマス・アレクサンダー・コクランの子孫という設定で
海軍軍人としての能力を異世界で発揮できればと思っています。



12/26
量が少ないなら数で補えば良いじゃないの精神は
ソ連の物量式で結局質が悪くなってしまいかねないので
やや質・量ともに改善する方向でしっかり書くことに。

12/29
アドバイス・指摘をたくさんいただきました。
ありがとうございます。
少しずつ訂正していきます。
今後も、お付き合いいただければと思います。

12/30
タイトルについて少し悩み中。
もともと、この作品を書き始めたのは自分も書いてみたいと思っていたところに、大学の論文で溜まっていた憤激が直接のきっかけでした。
(ついカッとなってやってしまった。)
で、ちょうど読んでいたのがブローデルの地中海。
そこの一節から引用したので結構好きなのですが、そこが読み手の皆さんに避けらる原因だとご指摘をいただきどうすべきか。
頭の中で整理中です。→開き直ることにしました。(1/4)

あと、原作の前提からかなり社会が変化しているので原作とは全く異なることになると思います。原作のイメージを崩す部分も多々出てくるかと思いますので、苦手な方はご注意ください。 <(_ _)>

1/2
徹夜明けに同輩や先輩と前日初詣に出て風邪か何か貰った模様。
更新を一日抜いてしまいましたorz

1/3
近代医学の力で復活。でもこの時ばかりは水の秘薬が欲しかった。
とりあえず、英国帆船時代の強制徴募とか念頭に置いてみました。
あとは、ちまちまと歴史的なものを混入中。
誤字脱字の指摘がありがたい限りです。

タイトルが若干あれだというのは、何度もご指摘頂いたのですがまあ、何とかなるだろうと思って現状維持を決意します。

今後もよろしくお付き合いください。

1/11
構想を練り直します。
少々お待ちください。

1/26
新規に更新を少しずつ進めながら
過去の部分の加筆・訂正を行っております。
完了次第纏めるつもりです。

1/30
段階的に改訂版に変更中です。

7/25
ちまちまと更新中。
ようやく、纏まった量ができつつあります。
でも、中世世界が分からなすぎて難しい・・・。

7/28
手直しが上手くいかない・・・。
時間がもう少しかかりそう?
どっちも中途半端になりそうで怖いなぁ…

取りあえず更新しました。
随分と、お久しぶりです。
覚えてくださっているでしょうか。(-_-;)

8/5
私用でしばらく忙しくなるため、更新がまた遅れますorz



[15007] プロローグ1
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2009/12/29 16:28
Lauso la mare e tente’n terro
海を讃えよ、だがおまえは大地にしっかり立っていろ
(仏:プロヴァンス地方の諺)

1942年 英国某所 ダーダネルス

親愛なるシシリア・コクラン様

この時ほど、郵便配達人の勤勉さを呪うことはありません。
その職責によって彼らはこの手紙を貴女の元に届けてしまうでありましょうから。

残された者の義務として
ペンをとることが、これほど苦痛な手紙を
あと幾度私は書かなくてはならないのでしょうか?

私は、
貴女のその背の君であるロバート・コクラン海軍中佐の戦死を
彼の上官としてここに報告するものであります。


その高貴な精神によって彼は艦と運命を共にしました。
彼は、最良の船乗りでありました。
ともに、彼の愛した祖国を守るべくともに戦ったことを
彼のクルーは心から誇りに思っております。
祖国への挺身において彼は常に士官としての義務を果たしておりました。その勇気は獅子のごとく気高きものでありました。
常に模範的な士官であり、彼のごとき人物を部下とできたことは至らない私にとって最高の栄誉でありました。


土は土に、灰は灰に、塵は塵に。



軍機につき詳細を申し上げられないことをどうか
ご容赦ください。
彼の遺書を同封しております。
衷心からお悔やみ申し上げることをどうかお許しください。



[15007] 第一話 漂流者ロバート・コクラン (旧第1~第4話を編集してまとめました。)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/02/21 20:49
{ロバート視点}

気がつくと、私はみすぼらしい小屋で横たわり年季の入った天井を眺めていた。私はにわかにはその事実が信じられないでいる。何故私が生きている?被雷し、クルーの退艦もままならないまま私のマタベレは急速に沈んでいった。左舷から辛うじて一部のクルーを救命艇で退艦させた直後に私は波にのまれたはずだ。

1月のバレンツ海である。

まずもって生存は絶望的だ。友軍の船団が忌々しいUボートに付け回されている中私を回収してくれることを期待するのは難しい。Uボートが追跡を断念し私を収容することも同様に考えにくい。狼群が獲物を放り出すはずがないのだから。何故生きているのか、わからない。いや、わからないと言えばそもそも、ここはどこだ?ソ連領ならばまだ良いのだが・・。

この小屋を見る限りではなにもわからない。私の物と思しき防寒コートとバッグ以外にこれといって軍関係の物資は見当たらない。ということは、私は民間人に救助されたのだろうか。見たところ、拘束されていないことを考えるとそこまで敵対的でもないようだ。体を起こし風の吹きこんでくる窓から周囲を見渡すもののこれといった建築物も見当たらない。ごく、平均的な海岸線が見えるのみである。

平均的な海岸線?・・・!?降雪が見られない!?流氷が見られない!?これほど狼狽するのはシシリアに結婚を申し込んだ瞬間以来だ。わからない。ここは煉獄か?主は我をここに召したもうたのか?だが、体の芯からの悪寒は確かなものだ。気が付くと全身が痛みを訴えている。私は生きている。これは不可解だ。だが、実感として生きている。ならば、私は助かったのだろう。

・・・ふむ案外私は図太い精神と肉体を持っていたようだ。部下たちもそうであるならば良いのだが。いずれにせよ、だれかが私をここまで運んでくれたはずだ。彼か彼女かに話をしてみなくてはならないだろう。私がそう思い、いくばくか気を払いつつ起き上がろうとしたとき小屋の外から人の声が聞こえてきた。思ったよりも状況は悪くないようだ。

そう思い直し、状況を見極めるべく小屋に入ってきた男達を観察してみる。彼らはあまり裕福な身なりではないものの潮風に身をさらすもの特有の引き締まった体をしていた。場所柄と合わせると自分は漁船に拾われたのか?自分を見る目に敵意は感じられない。というよりむしろ、こちらと同様に混乱しているのか?彼らは、どこの国家に属するのだろう?容貌からではいまひとつ判断材料に乏しいと言わざるを得ない。

私自身、この地域の詳細な民族構成を理解できていないのは海の勤務とはいえうかつだった。唯一の手掛かりとなる身なりは、古式ゆかしいと言えば聞こえは良いが大学において古典の講義から生まれ出た衣装そのものだ。逆に考えるべきことが多すぎる。オッカムの剃刀は至言だが、難しいものだ。だが、少なくとも彼らには感謝しなくてはならないだろう。合わせて戦時国際法にのっとり私は速やかに所属と声名をその義務の求めるところによって申告しなくてはならない。

「小官は、英国海軍、本国艦隊隷下駆逐艦マタベレ所属ロバート・コクラン大尉。救助に感謝します。」

「海軍?」

・・・男たちの反応が妙だ。彼らの私を見る目線にある混乱の色が強まったように思えるのは何故だ?だが、ここに至って仮定を多くすること程無駄なこともない。言うべきことを言い、事態を解決することが優先だろう。

「ここは、どこでしょうか?また、小官同様に救助された部下の有無をご確認させていただければ幸いです。」

私の問いかけにおずおずとしながら男たちが口を開き答える。

「事情はよくわかりませんが、見つかったのは貴方だけです。」

「ここはカラム伯の治めるシューレ村ですよ。ご存じありませんか?」

・・・部下は見つかっていないのか。カラム伯・・聞き覚えがない。だが、共和制ではないならばスウェーデンかノルウェー。海岸線を考えればノルウェーだろう。鉤十字が進駐しているのは忌々しい限りだが流れ着いた身としては不満の一つを漏らすことも憚られる。この不満は誰にこぼせばよいのだろうか。

「申し訳ないが小官には心当たりがない。最寄りの軍基地か大使館はどちらに?」

「カラム伯領警備隊です。」

「そこに、連絡は可能でしょうか。」

申し訳なさそうに男たちの中で年長者の威厳を見せている老人が頭を下げ謝罪の意思を表してくる。少なくとも、この人々は問答無用で私を拘束するような系統の輩ではないようだ。まあ、これ以上状況が悪くなることはそうそうないだろう。

「失礼かとは思いましたが、あなたを見つけた時に村の若い者を伯爵様の館へやっています。」

警備隊か。自警団のようなものか?まあ共産主義者の近くで暮らしていくにはそのくらいの備えは確かに必要だろう。連絡がいっているならば対応してくれていると考えてよいだろうか。あまり、迷惑をかける訳にはいかないが、助けが得られればありがたい。

「その・・・御不快でないとよいのですが。伯爵様のところへあなたを迎えるために人が派遣されています。その者たちとともに館へ向かっていただけないでしょうか?」

「いえ、適切な処置です。ですが、出来るだけ速やかに大使館に連絡を取りたいのですが。」

「ここからウィンドボナまではかなりの離れております。何かあるのでしたら伯爵様にご相談なさってはいかがでしょうか?」

大使館はウィンドボナとやらまで行かねばないというのは厄介だ。まず、そこがどこなのかという懸念も大きいが。まさか、ウィーンでもあるまいし現地読みの地名なのだろう。名前からするとゲルマン系か?そもそも、英国大使館がおかれた地名を海軍士官が頭の片隅に治めていないというのは上官には知られたくない面倒事に入れておくべきだろう。

・・・うん?私はそこまで語学に堪能ではないはずだ。遠洋航海番での難点は現地での会話のちぐはぐ感だ。無意識に英語を話していたが会話が成立している。彼らの英語は確かに容認発音ではないが、労働者階級のそれとなんら変わりがない。出稼ぎにでも出ていたのだろうか?しかしそれにしては奇妙な齟齬がある会話が成立しているにも関わらず、意思疎通の成立が実現しているような気が全くしないのは何故だろう。疑問ばかりが浮かんできてならない。教官殿の教えによれば、わからないことは許される限りにおいて解消しておくべきだ。ええい、ままよ。疑問は解消すべきだ。

「失礼、あなた方はなぜ英語に堪能なのか?」

「英語? なんですかそれは。」

・・・母国語がわからないと母国語で返される時にどう応じるべきかまでは、さすがに海軍の教育では習っていない。これは、下手なジョークなのだろうか?私は笑えばよいのだろうかということさえ分からない。周辺国の反英感情がここまで高いという事前の情報もないはずなのだが。部族ごとに違う可能性は否定できないが・・。

ええい、状況を整理する必要がある。何か情報が得られないかと、話してみるべきか?だが、いくら話せども状況が整理できなくなる一方だ。正直に言って違和感が多すぎる状況に、私は困惑を隠せないでいる。

メイジ・水の秘薬・ゲルマニア・ウィンドボナ・アルビオン会話に次ぐ会話で私の頭には理解できない専門用語のようなものがいくつも出てきた。メイジ? 確か日本の用語だったはずだ。東洋学のバルフォア教授の講義で独特なものを扱った記憶がある。あの国のメイジ維新とやらはある程度東洋に関心がある人間ならば良く知っている話だ。

水の秘薬とはなんだろう?ジンかラムなのか?確かに、低体温に陥っていたはずであろう私に酒精はありがたいものだ。ゲルマニア・アルビオンとわざわざ言わずとも英独ですむものだ。ウィンドボナはまさか、ウィーンではないだろう。だとすれば、ローマ人の北進した地域かそれに付随するゲルマン系氏族の建設した町か?だが、会話の文脈がついていけない。私の認識したようにとらえることが全くできない。いや、何か悪質な誤解をしているのではないのだろうか。

幼少期から、あれほどまでに感情を抑えよと教育されていたにもかかわらず私は自分が錯乱したのではないかと勘ぐってしまった。どうも周りの男たちも私をそのようにみている気がしてならない。少なくとも視覚野に深刻な損傷が生じていると判断するにたる材料を見つけてしまった。遠くのものがぶれて二つに見える症状は、軍医に即刻相談すべき事態だ。酸素欠乏症を疑うべきだろうか?まったくもって悪夢を見ているかのようだ。

結局、私の混乱具合を錯乱と判断したのだろう。男たちは丁寧ながらもテキパキとした手際で私を館からの迎えに引き渡した。私自身混乱していたので、誰にも話しかけられずに自分の考えをまとめられるのはありがたかった。さしたる考えや解答を見出すには至らなかったものの精神的に落ちついて事態を把握しようとすることが可能になった。

が、それでもだ。私を受け取りに来たという警備隊という連中の奇妙な恰好は何だろうか?剣や槍を実際に使っているのだろうか?いや、火縄銃は実用的なのか?一部の猟師が未だに一部の地域で使っているとは聞いているが、それは伝統猟に限定されたはずだ。その火縄銃にしたところで、もう少しまともなものを使っているはずだが。競技用のものならば、命中精度を重視するために瞬発式を採用しているはずだ。これでは、本当に伝統に忠実で愛好家が使っている程度だと聞いていたのだが。

いやそもそも、なんでこの女性は私に杖をつきつけているのだろうか?仕込み杖でも、ずっと構えるのは困難なはずなのだが。それとも服装を先に悩むべきなのか?ここでは新年を祝う行事でもやっていたのか?妙齢の女性が奇妙な恰好をして奇矯な行動に及ぶ際の対処法はどうすればよいのだろう。現地の文化やマナーなのかもしれないが私はそれに疎い。考えれども、考えれども逆に意味がわかなくなってくる。海軍の任務で様々な奇妙な風習に慣れたつもりであったがこれでは、理解できないことこの上ない。



{ミミ視点}

警備隊というのは概ね、辺境開発に関与する貴族にとってはかかわらざるを得ないものである。ゲルマニアの辺境開発には大きな危険が伴うものだから亜人などから貴重な労働力を守るためにも警備隊にはそれなりの人と物を集めなくてはならない。辛うじて集まった労働者が瞬く間に消えてしまうのがここしばらくの父上の悩みの種らしい。

宮仕えは多くの厄介事があり父上はそれを忌避されていた。だから、鬱憤を亜人討伐で晴らしているだけでは物足りず辺境開発に乗り出したらしいのだが別の悩みが父上を待ち構えていたようだ。宮廷陰謀に辟易した父上らしいといえばそれまでかもしれない。物事を深く判断していながら、小さな落とし穴を見落としているのは、私の一族特有の傾向らしいのだから。

もちろん、様々な困難を開発に際しては覚悟の上で行っているのだが、当然、メイジを遊ばせておく余裕があるはずもなく私、マリア・クリスティーネ・フォン・カラムも父の命ずるところに従って経験を積んできた。うん、積んできたはずよ。魔法学校をでて、気がついたら義務を果たせとか父上に言われて婚約者探しの前に亜人やら盗賊やらと戦わされてきたのだから。

ところが、ある程度の分隊を率いたこともあり、火のトライアングルメイジでもある私は父上に言わせればまだまだ経験不足も甚だしい小娘らしい。本日も兄たちがそれぞれ一隊を任されているのに私の仕事といえば領民から届け出があった不審者を引き取るという、おおよそ気乗りしないものだ。血なまぐさい辺境の討伐任務よりもましというべきかそれとも、こんな雑用に使われることを嘆くべきだろうか?それなりの身なりで、見つけた漁師たちが処遇に困ったのは理解できる。だが、なにも高位のメイジを出す必要はないのではないだろうか?たち振る舞いや、見かけもまあ悪くはない。杖を持っていないことを考えるにおそらくは商人かどこぞの貴族につかえている教育を受けた者だろう。

だが、頭に問題でもあるのではないだろうか?先ほどからブツブツとつぶやいている上にこちらをみて困惑したような表情を浮かべている。メイジに対する礼を知らないのだろうか?私が杖を示しても胡乱な眼を向けて挙動不審なことこの上ない。

「我が名はマリア・クリスティーネ・フォン・カラム」

「問う、そなたは何者だ?」



{ロバート視点}

「英国海軍、ロバート・コクラン大尉であります。このたびは、レディにご足労をおかけして大変申し訳ありません。」

貴婦人に対する礼儀として執拗に教育係のじいやが指導してくれた作法がようやく再起動したようだ。幼少期の教育が無駄にならなかったことを喜ぶべきだろう。そして、彼女の名はマリア・クリスティーネ・フォン・カラム、つまりカラム伯の縁者に当たる方だろう。ゲルマン系の姓名の気がするがどうしてなかなか流暢な名乗りだ。まさか、容認発音で名乗られるとは。これならば話は通じるかもしれない。やはり、何がしかの祭日に飛び込み休日に余計な手間をかけてしまったのではないだろうか?鉤十字どもへの鬱憤がたまっているところに不審者が来たのではまともに相手にしてもらえないのも仕方がなかったのだろう。

「救助していただいたことに感謝を。」

最低限の礼節を保ってくれているということに感謝しなくては。出来る限り迷惑事には巻き込まないようにしたいが私とて部下に対する責任があるのだ。叶うことならば助力を得たいものだ。

「私の部下が同様に漂着しているかもしれません。もし可能であるならば海岸線を捜索していただけないでしょうか?」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき。
1/30に差し替えました。

微妙に修正したり、加筆したりしておりますが
大筋に変更はありません。

今後、段階的に変更していくつもりですが
話数に関しては置き換えるさいにいじる予定です。

全て終わればゼロ魔版に移行するつもりです。



[15007] 第二話 誤解とロバート・コクラン (旧第5話と断章1をまとめました。)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/01/30 22:55
{第三者視点}

英国海軍士官ロバート・コクラン。彼は、軍務中の戦闘で死を覚悟していたが、目覚めると見知らぬ土地に漂着していた。幸いにも、現地の人間に救助されたらしく英語圏の人間でないにもかかわらず会話が成立したこともあり、ロバートは安堵するも彼らとの意思疎通は何故か困難を極めていた。現地の人間に大使館への連絡と戦時国際法の規定による処遇をロバートは求めたものの、彼らは困惑するばかりで、事態はますます混乱の度合いを高めていた。



「英国? 海軍? あなたは何を言っているの?」

若い女性が首をかしげつつ諭すように応じる。彼女の表情には疑問の色と困惑の色が浮かんでいる。

「軍人なの?いったいどこ国の軍に属しているのかしら?」

「ですから、英国海軍であると。私はコクラン家の一員として祖国である英国に海軍軍人として奉職しています。」

「質問に答えて。英国海軍とはどこの軍隊かしら?」

いくばくか強まった困惑といら立ちが込められた回答が繰り返される。双方ともにお互いの言わんとすることが通じるようで通じないもどかしさを感じながら、疑問ばかりが積み上げられる会話が繰り広げられていく。

「あなたはメイジ?」

「メイジ?さきほどから、何のことです?」

質問の意図と解答の意図が食い違うままに議論が進み双方とも誤解が累積していく。

「ですから、自分は連合王国の軍人で、メイジではありません。」

「だからどこの王国の?」

相互に理解を行おうと努力した結果としてそれぞれのパラダイムで解釈が行われ盛大な誤解が再生産されていく。



{ミミ視点}

王国の軍人?どこの軍人なの?トリステイン?それともガリア?王国である以上、ロマリアや大公国ではないのね。確かに、この男はそう主張している。それにメイジでなく軍人であると主張している。それでいて、礼節をある程度持っているということは傭兵ではないと考えるべきかしら。平民、それがある程度の教育を受けられるであろうということはどういうことだろう。

「あなたは、軍人として連合王国に属しているのね?」

「ええ、そうです。大使館を通じてロンドン、あなた方の親しみのある呼び方ではロンディニウムというべきですか、にお問い合わせいただければ私の軍歴は確認できるはずです。」

ロンディニウム?まさかアルビオンの!?・・・落ち着くのよ。アルビオンの大使館を通じて確認するには時間が必要。でも、自己申告でそう宣言している。ここで嘘をつく必要もないし・・、どういうことかしら。艦隊司令部とはアルビオン艦隊の司令部のことよね。まさか、アルビオンでは空軍のことを海軍と称するのかしら?ひょっとして、ゲルマニアとアルビオンでは軍の制度が異なることもあり得るのかしら。いえ、そのことを検討しておくべきだったのね。父上にこのことは黙っておかないと。また、勉強が足りないからだと指摘されてしまう。

「あなたはフネに乗っていたの?」

「ええ、そうです。詳細は申し上げられませんがマタベレというよいフネでありました。」

今度は、ためらいのない肯定。マタベレというのは彼の乗っていた軍艦の名前らしい。良く事情が把握できないものの、これは私の手に余る厄介事であることは間違いないと判断すべきだ。帝政ゲルマニアの北部にアルビオン軍人が漂着するのは普通ではまずありえない。漁師たちによれば、この男を拾ったときはそれなりに負傷しており、居合わせた者たちで小屋に運んだとのこと。アルビオン空軍のフネから偶然転落したとしたらメイジでもない限り生きているはずもない。しかも、確か先ほどは自分と同じように部下もといっている。部下というからには彼の乗っていたフネに何かがあったということだ。

よりにも寄ってアルビオン軍艦がゲルマニア近隣で事故に遭遇?いったい、何をしていたのかしら。まあ、そう簡単に口を割らないでしょう。先ほどからはっきりと答えようとしなかったのはこちらを煙に巻くためかしら?だとすれば、頭の回る軍人ね。どちらにせよ、できるだけはやく父上に引き渡すべきよ。とにかく、早馬を出してこのことを報告しなくては。



{カラム伯視点}

また、亜人と辺境で衝突した。いつものことながら、貴重な労働力である年季奉公人が襲われてしまうのは、辺境開発に乗り出した時に予想した以上に厄介だ。まず、開拓に従事する人間が集まらなくなる。もともと、ゲルマニアが新興国であるだけに働くところなどいくらでもある。奴隷や債務返済者労働者などの値段も年々高くなっていく一方だ。自由民も割のよい職を求めて定着しない。

宮廷貴族や、大貴族のしがらみが忌々しく距離を取ろうと思い立ったのは良いのだが、世の中は案外とうまくいかないものらしい。眼前に積み上げられた報告書の束は見るだけで気が滅入ってくる。警備隊も最近では息子たちに任せてひたすら領内の整備に追われる毎日。経験不足の娘まで領民の嘆願に応じるためにこき使わなくては回っていかないほどの仕事に追われ、人手不足がそれぞれに割り振られる過剰な仕事につながり役人が逃げ出しかねないという面倒な状況になっている。

そもそも、カラム家は新興の伯爵家である。人手はそこまで多くないにもかかわらず北方の開拓ということで侯爵並みの土地を一時的に管轄する契約を結ぶことで開発が認可されたという経緯がある。そして、その契約のために慢性的に厄介事を抱え込んでいるともいえる。だから、厄介事を抱え込んでくる早馬にももう慣れた。血相を変えて飛び込んでくる執事の顔も最早見慣れたものだ。新興の辺境開発に携わる者ならばだれでも一度は耐えなくてはならない時期があると親切な友人から耳に入れておかねば、この苦しい現状にくじけかねない。だが耐えきれば光明も見えてくるのだからとも、励まされている。ここを乗り切れば軌道に乗るのだ。

「ベルディー、今度は何事か」

「ハッ、マリア・クリスティーネ・フォン・カラムお嬢様よりの急報にございます。」

「ミミからのか?」

身分ありげな漂着者を発見したと領民が届け出てきたので一応のことを考慮して貴族である娘を出した。大抵のことならば問題ないはずだが。まさか、出会いがしらに娘が人を焼き払うほど短慮だとも思えない。昔はやりかねなかったかもしれないが、さすがに今はその程度の思慮分別はあるはずだ。

「はい、現地にてアルビオン王国の士官と思しき軍人を拘束。尋問の結果、アルビオン王国本国艦隊所属の軍艦マタベレのクルーであるとのことです」

「・・・間違いないのか?」

「お嬢さまによれば、確実にマタベレに何らかの問題が発生しこの付近でクルーが遭難したようであるとのことです。」

「大抵の難題には慣れ親しんだつもりだったのだがな・・・。」

宮廷陰謀などかわいく思えてくるような難題に思わず頭を抱え込んでしまう。このような問題は政治的な爆弾だ。他国の軍艦がゲルマニア領付近で遭難。もちろん、外交的にそれらが事前に通達されているということもないだろう。無断で侵入して何をしていたのだろうか。あるいは、何をするつもりであったのだろうか?どちらにせよ、問題は起きてしまっている。そしてその場所が、よりにも寄ってここカラム伯領であるとは。ああ、始祖ブリミルよ、我らが何をしたというのでしょうか。

「とにかく、ウィンドボナにグリフォンで急報を届けろ。文面はミミの報告を簡潔にまとめた程度で構わない。」

このような厄介事を一介の伯爵で扱うのは危険すぎる。面倒事はウィンドボナの閣下に押しつけてしまうに限る。他の貴族のように積極的に閣下と争う気にもならないが心中するのはごめんこうむりたい。なにより、他国の事情に首を突っ込むことは避けたいものだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

1/30に改訂しました。
断章の扱いは今後、独立させるものと
纏めて一つにするものとにしようと考えています。
もし、何かあればぜひご指摘ください。



[15007] 第三話 ロバート・コクランの俘虜日記 (旧第6話~第11話+断章2をまとめました。)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/01/30 23:29
{ロバート視点}

・・・主よ。私は、何を見ているのでしょうか?マタベレが被雷してからというもの不可解なことやどうにも奇妙な出来事が起こっているとは思っていました。それでも、最初のうちは時代錯誤的かもしれませんが、善良なる人々に救助されたと思っていたのですが彼らはいったいどこの国のものなのでしょうか?

他国に侵入したとして拘束されて護送されるのは軍人としては致し方ないと納得できるものではありますが護送手段が馬車であるということへの違和感をもう少し早めに持っておくべきであったのかもしれません。未舗装の、街道ともいえないような荒れ道しかなく大量の休耕地が放置されているのはどういうことでしょうか?

・・神にすがらねばならないとは。仕方ないとは言えないこともなくはないのだが。いや、そういった瑣末な事象は捨て置こう。・・・魔法とはなんだ?何故、空を飛ぶ? あの、幻獣は何だ?子供のころから愛読している≪船医から始まり後に複数の船の船長となったレミュエル・ガリヴァーによる、世界の諸僻地への旅行記四篇≫は、現実の出来事をまとめたとものだったとでもいうのだろうか?わからないことが多すぎて、混乱する。だが、どうにも厄介な誤解をされているような深刻な懸念がある。それが、何なのかいまひとつ把握できていないのは事態を正確に把握できていないことと同義だ。まずもってよろしくない。

カラム伯の元へ護送されるはずだったのだがいつの間にか帝都へ護送されるとのことになっているようだ。帝国?いまさら、欧州の主要国に帝政をとっているのは・・などと考えるだけ無駄かもしれないが首脳陣によって事態が解決に向かっていることを祈るばかりだ。護送車とでもいうべき馬車に放り込まれてからはほとんど放置されているために、現状がいまひとつ理解できないのも事態を悪化させている。思索に耽ることのできる利点は軽視できないものの、やはり情報を集めることが出来ないのは歓迎できない。出来ることといえば、周囲を見渡し観察する程度だ。そのことでは馬車を曳いているのが馬でないことには驚愕したが。

護送の要員が変わったわけではないので彼らの服装が日常的なものであることは間違いないはずだ。手織りなのだろうか?私が、ガリヴァーと同様の経験をしているということならばここは産業革命に至っていない異世界と考えるべきなのであろうか?さすがに、ここまで奇怪な幻獣たちが跋扈する地域を我が祖国の探究者たちが見逃すということは考えにくい。彼らの好奇心がこのような地域を見逃すはずがないからだ。祖国の教授陣がこの地のことを知れば、大学の講堂から教授陣が消えかねない。

しかし、やはり世界がことなるからだろうか。産業革命以前にしては奇怪な発展を遂げているような分野も散見される。先ほど、宿泊のためによった宿舎の照明は明らかに私の理解の及ぶものではなかった。護衛の要員にそのことを聞こうにも彼らが口を聞いてくれないのが厄介きわまりなく、もどかしい。

マリア・クリスティーネ・フォン・カラムと名乗りあれほど熱心に私を問い尋ねた女性も今では何か聞きたそうにしながらも口を開こうとはしない。出される食事は質的にはあまり上質とはいえない上に栄養価にも問題がありそうなものだ。遠洋航海の食事と良い勝負かもしれない。とはいえ、さすがに鮮度はある程度確保されている。だが、陸に上がっているのだからせめて紅茶くらいはまともなものを出してほしいのだが。それすらも叶わないとなるといささか気が滅入るというものだ。せめて、熱い湯くらい出してもらってもよいはずだが。

分かったことの中で、複雑なこととしては部下たちが、こちらに流れ着いていないらしいということだ。少なくとも、発見されているとは聞かなかった。バレンツ海を漂流するのと、わけのわからない世界に迷い込むのとではどちらが救いになるのかいまひとつ分からないが・・・。シシリアに手紙でも出せればよいのだがそれも叶うかどうか。ソ連につき次第電信で電報を送るつもりだったのだが心配をさせてしまっているだろうな・・・。

物思いにふけっているうちに少しばかり時間が経過していた。どうやら、ある程度の距離を移動したようだ。気がつくと、それなりに発展していると思われる街に到着していた。我が祖国に比べれば、至らないとはいえなかなかに見事であると言えなくもないこともない。にぎわいや人々の活気があり、商取引もあちらこちらで散見される。服装や人種に多様性がないことはやはり遠距離との通商がまだ発達していないからだろうか?それとも、この地が単純に辺境なのだろうか?

ただ分かる範疇のことは、やはり城壁をもっていることなどからして火砲の発達はそこまで発展してないと思えるということだ。陸戦はブルタニアで主要戦史を扱った程度だがオスマントルコのウィーン包囲時代の城壁に類似しているような気がしてならない。気になっている魔法がどのように使われているのかいまひとつ戦術発展及び形成に組み込まれているかがわからないが画一的に魔法を行使できるのだろうか?戦力として整備していくのが困難であるならば城壁を攻略する手段を持ち合わせている魔法使い(メイジというらしい)はどの程度各国が保有しているのだろうか?

街のつくりは見える限りでと防衛を重視した構造になっている。明らかに経済的な発展よりも都市の防衛を優先しているのだろう。都市国家に近いものがあるのだろうか?そうであるならば、権力構造も複雑で統一された中央政府の存在自体を真剣に懸念する必要もありそうだ。まるで神聖ローマ帝国に飛ばされたような気がしてならないのはどうしたものだろう。あの国の政治構造は極めて複雑というか研究対象としては極めて興味深いと常々考えていた。

とはいえだ。都市での防衛を念頭に置いたとしても本拠地まで攻め込まれる時点でどうかとも思うのだが。バトル・オブ・ブリテンで我が祖国の空軍が忌々しい鉤十字どもを大陸に追い返したのも、祖国の地に連中の汚らしい一歩を刻ませないために他ならないのだ。侵略され、守るべき街で敵を食い止めようという発想はまるでソ連そのものではないか。その、忌々しいソ連への物資を搬送していた船団を護衛していた身としては思うところがないわけではないが。

そのようなことを考えているうちに、私はある程度の装飾と物がそろえられた部屋に軟禁されていた。漏れ聞こえる話から察するにここが目的地で、私の処遇について担当の要員が決まらずに、困惑していると思しきことまでが察せられた。鉤十字どもや共産主義者よりは理性的に私のことを処遇してくれると助かるのだが、何事も悲観的に備えて置くべきだろう。そう考えていると、数人のメイドによって私の部屋の扉が開けられた。

「失礼いたします。」

そう言うと、彼女らは手際よく私の部屋に衣類を持ち込んできた。

「ミスタ、失礼ですがお召物をおかえください」

「こちらに、替えのお召物を用意しております」

差し出された物は、ある程度古典的であるもののそれなりに見慣れた礼装であった。いまさらこの程度に動じるだけ無駄であるが、衣類の質ではなくその意味がわかりかねた。これまで道中で渡されていたものもそれなりに清潔なはずだ。捕虜を着飾らせる意味がいまひとつ想像できない。だが、謁見などの可能性は否定できない。処刑するにしても見栄えが良い方が宣伝性を高めるには良いのだから。まあ、敢えてみすぼらしくする場合も逆にあるのだが。

「ふむ、何かこれからあるのか?」

着替えることにはさして異論もない。だが、状況が理解できないでいるので今後のことを知っておくにこしたことはないだろう。できれば、これから何があるのかといったことが推察できれば最善なのだが。

「申し訳ありません、ミスタ。私どもは、何も知らされておりません。」

「いや、構わない。」

本当に知らされていないのだろう。秘密は知っている人間が少なければ少ないほど守りやすいものだから。この措置は賢明というべきだし、従者に教育が行きとどいていることも称賛すべきことだろう。

「それでは失礼します。」

そういうなりメイドたちは手際良く退室していった。本当に私に着替えさせることを考えているならば見届けるなり、念押しなりをするだろうが・・。価値観や文化の相違なのであろうか?わかるのは、遠洋航海で他国の価値観や風習に戸惑うことも少なくなかったがここでは何もかもが手探りということだ。

だから、状況に応じて最適な行動を取る必要があるのだ。そして、紳士たるもの恥をかくことなくそれらの大半に対応することが出来るように広範な分野に関して懐かしの学びやでは、厳しいマナーを指導された。これでも燕尾服でできない動作はクリケットと、ポロくらいであると自負している。それをやらせる人間に出会いで見しない限り無様な有様を露呈することもないだろう。

もちろん、英国海軍に奉職するもの海軍独特の作法も一通りは習得し、幾人かを自分の艦で食事に招待する光栄にも属してきた。だから、ある意味で作法を使うことは日常を意味するのかもしれない。そう考えると、着替えた後に護衛兼執事と思しき人物に宮中の奥へと案内されるときには私はかなり落ち着いていた。

見知らぬ宮殿に連れ込まれ、いつの間にか身分ありげな男性と面会する事態になったとしても私は落ちついていることを冷静に確認できている。まあ、ここしばらくの事態で驚きという感情が摩耗してしまっているのではないかと疑ってもいるのだが。魔法使いと出会うのと、同族のような貴族と会うのでは後者の方が精神衛生に良いのはいうまでもないことだ。

だが、やはり懸念通り誤解されているようだ。私があった男は私をどこかの別の国の軍人だと誤解していた。私は栄光ある連合王国の海軍軍人である。栄えあるロイヤル・ネイビーの一員であることを誇りに思っていると言ってよいだろう。

「で、ありますから小官は連合王国海軍軍人であり、アルビオン王国なる王国の軍人ではありません。」

“ここの”、“ここの世界の”というべきか、国家のことは分からないが私に端を発する誤解による外交問題を生むのは私の本意とするところではない。私が、ここの世界の住人でないと理解してもらうのは困難だろう。私自身、メイジ達が飛んでいるのを目にしても未だに半信半疑であるのだから論理的に説明できるかどうかはなはだ疑わしい。だが、それでも微力を尽くすことが私の責任である。常に、冷静沈着であらねば海軍士官など勤まる訳がないからだ。

「ふむ、話がだいぶ異なるな。お前の属しているという連合王国とやらはどこに所在するのだ?」

「我が祖国は、この地にはございません。」

このようなことを認めたくないが、それを他人に論理的に説明しなくてはならないというのも何とも言えない葛藤を伴うものだ。余人にはこの苦しみと葛藤が到底理解し得まい。自らでこの世界において自らの祖国の存在を否定するのだ。

「この地にない?」

「気がつけば、貴国の民に救われておりましたが、我が祖国はこのように魔法が存在する世界には存在していませんでした。」

「異世界と申すか?」

与太話と取ったのだろうか?男の声におもしろがるような色が感じられる。無理もない。私とて彼の立場なら同じようにこのような戯言に真剣に耳を傾けるか疑わしい。精神を戦場で病んだと判断するのが妥当なところと考えるだろう。

「小官は軍務によって北方の地に赴き、厳寒期の海域で戦闘の末に波にさらわれたのです。通常、生存は絶望的ですがこちらの小屋で救われていました。」

「ふむ、余にその軍務とやら語ってみよ」

「軍機に抵触しない程度でよろしいでしょうか?」

「お前は、ここが異世界だと言うではないか。そうであるならば、いまさら規則を気にする必要があるのか?」
「小官は、連合王国に海軍軍人として奉職しており、小官はその職務の求めるところに従う義務を有しております。どうぞ、ご了承ください。」

これは、私の誇りと義務に関わることだ。誇りを亡くした貴族など存在する価値はなく、義務を果たさない軍人は、軍人たりえない。私は、ロイヤル・ネイビーに奉職していることを心から誇っている。この誇りを汚すような真似は私が私である限り断じて為すことはありえないだろう。

「ふむ、では話せるところを話すがよい。」

「ありがとうございます。」

さて、どの程度まで話すべきか?産業革命以前の社会に近代的な軍制度について語って理解を得られるであろう。概念としてまったく異なるものであることを前提に配慮する必要があるだろうな・・・。



{カラム伯視点}

厄介事にはもはや、断固として動じない自信があると日記に書いたのはいつのことだったであろうか?そう思いつつ、帝都より駆け込んできた凶報に頭を抱える。思わず目の前が真っ暗になりかける大問題だ。

アルビオン軍人だと娘が報告してきたので、帝都に送った。その判断自体は間違ったものではないにしても、娘の判断にもう少し注意して確認しておくべきだったといまさらながらに後悔する。アルビオン軍人と娘が判断した男は、メイジでもないただの平民でしかもアルビオンとは関係がないことがよりにもよって閣下との会見で発覚したのだから誤魔化しようがない。下手をすると、外交問題に発展しかねないからこそ中央に懸念を回したつもりが悪戯に乱を招くような行動を結果的には取ってしまっている。はっきりというならば虚報で持って他国を誹謗したことになるのだ。

「いったい、何があったらそのような誤解が生まれると言うのだ!?」

一応、気の利いた者が帝都から急報してくれたおかげで問題が発生したことは把握できている。そうでなくては、帝都からの公式な使者の前で無様に動揺することになっていたところだ。帝政ゲルマニアは、潜在的に貴族の力を削ごうとする中央政府とそれに反抗しようとする貴族たちの抗争が他国よりも激しい。自分自身は、積極的に反抗していく意志はない。閣下への忠誠に関してもある程度は高い方だとは評価していただいているはずだが何ごとにも取り返しのつく物とそうでないものがある。おかしいな、昔はもう少し精神に余裕があったはずなのだが。

「伯爵閣下、ウィンドボナより使者が参られました。」

ベルディーはいつも聞きたくない凶報を告げてくる。ヤツの仕業ではないとは言え、最近では顔を見るたびに頭痛がしてくる。水のメイジに秘薬を作らせているが最近は効き具合が心なしか落ちてきている。水のメイジを本格的に増員するべきかもしれない。

「客間にお通しせよ。」

家人に歓迎の指示を出しながら、使者を出迎えるべく玄関へと重い足を引きずってゆく。よほど厳しい案件になるだろうと覚悟し使者に相対した時、使者に見覚えがあることに気が付く。問責の使者ならば私の政敵か少なくとも中立のものを派遣されるはずだが?

「久しいな、カラム卿! やつれたのではないか?」

「貴殿の来訪の要件で心明るくなれるものがいると思うか?ラムド卿?」

中央からやってきた知人と旧交を温めつつ客間へと向かう。思っていたよりも事態は私にとって最悪を避けられるのだろうか?まあ、彼らならば悪いようにはしないだろう。

「それで、私の罪状は?」

「公式には御咎めなしだ。」

「これだけの、事態を引き起こしておいてか?」

下手をすれば文字通りに首が飛びかねないと懸念していたのだが。閣下が私を敵視しておらずラムド伯との友誼があったとしてもこれはさすがに想像外だ。動揺を表に出すつもりはないがさすがにこれは意外だ。

「これだけの問題事をしたからこそだ。勘違いでアルビオンに抗議していたら閣下のメンツなど吹き飛ぶ。発覚すれば旧態然としたアルビオン貴族どもがどんな難癖をつけてくるか想像もつかない。」

実際に、外務に携わるラムド伯の口からはそこはかとない苦笑がこぼれだしてきている。貴族の中でそれなりに忠誠心があり、頭が回り先の見える人物であるだけに厄介事を率先して押し付けられているところは相変わらずのようだ。以前はトリステイン貴族の愚昧さについて激烈な不満を酒の席で漏らしていたがその点についても相変わらずのようだ。愚痴を吐き出す口の友としてタルブ産ワインを片手にしていたので何ともいない光景であったがそれは友人として指摘しないに越したことはないだろう。

「だから、なかったことにしたいと?」

「卿の手配が適切なればこそ、知りえた人間も多くはない。公式の理由もなく貴族を処罰すればいらぬ腹まで探られかねない。卿は自らの賢明さで家を守ったと考えればよいだろう。」

家人が差し出したワインを受け取りつつ、ラムド伯が器用に肩をすくめる。

「とはいえ、こちらもいろいろと込み入った事情がある。」

「面倒事がやや面倒に変わった程度でもありがたい。構わなければ言ってほしい。」

「卿は領民からの申告により、遭難者を拾うも、その男は護送の途中で息途絶えたということにしてもらいたい。尋問する機会もなく身元不明だったと。」

そもそも、存在しなかったことにするつもりか?適切といえば適切な処置である。だが、その程度のことで言い淀む男ではない。本題は何だろうか?

「本題は二つある。」

「伺おう。」

「事情を知っている関係者は、幸いにも多くはない。卿の警備隊で、護送に従事していた者たちと発見した領民の口を封じさせることが免責条件の一つだ。」

「口を封じろとおっしゃるが、それは二度と口を開けないようにとの要請か?」

「卿に一任するとのことだ。漏れた場合はそれ相応の覚悟をされよ」

二度と喋れないように口を封じろと命じられなかっただけましとすべきだろう。貴重な労働力なのだ。悪戯に減らすわけにもいかない。ある程度の情報操作で誤魔化し決着をつければよいだろう。さすがにここで失敗するわけにもいかないが、この問題を解決する目処がついただけでもだいぶ違いがある。

「二点目に、卿の娘を軍に出仕させること。詳細は明かせないが、誤報の責任もこれでとらせる。」

「・・・軍役につくということか?」

「詳細は明かせない。ある程度機密性が高いものの、近いうちに本人の口から説明を行えるはずだ。それまでは、何も明かせない。」

できるだけ、中央と関わりたくなかったのだが、これでは不可避に中央の宮廷陰謀に巻き込まれかねないのが懸念すべき問題だ。この程度の処分ですんだことを僥倖と素直に思えないのは何故だろうか?

「その例の、男については?」

「彼については、卿は何も知らない。そういうことだ。」

比較的、友人として親交が深いつもりであったが取り付く島もなく沈黙を要求されるとは。それほどに、優先されるべき何かがあったのだろうか?

「要件は、以上だ。正直長居できる身ではない。この辺で失礼させて頂く。」

「わざわざ、ご足労いただき申し訳ない。」

客人には罪はないにしても今晩は久々にアルコールでも嗜むとしよう。そうでもしななければ、厄介さにくじけてしまいそうだ。



{ロバート視点}

言葉が通じると言うのに、言わんとするところが相手に通じないというのは想像以上に厄介な問題であった。会話の中に名詞を入れるのは誤解のもとであるということは、学習してはいる。だが、やり難さは下手をすれば言葉の通じない相手と対話するようなものに匹敵するかもしれないだろう。だが、幸いにも私が出会えたのは比較的にせよ知識人といってよい要人であったようだ。

幸いにして思考に柔軟性も持ち合わせていただけに先入観による誤解が解ければかなり話しやすかった。程度問題であるのは否定できないが、それでもかなり意思疎通を図ることが可能だった。このゲルマニアという国家においてどの程度高位かはさすがに推測に留まるにせよそれなりの地位にある人間に理解してもらえたというのは今後に多少なりとも光明が見えたものだろう。私が、異世界から来たのではないかとの奇抜な意見に対して最終的に理解を示しこの世界について学びたければ図書館を解放していただけるとのこと。申し出れば護衛兼監視付きとは言え、この提案はありがたい限りだ。もっとも、無償で援助してくれるはずもないだろう。私に対価として何を求めてくるかが気がかりだが、だからこそ相手の思考を理解するためにも相手の価値観や世界について学んでおく必要がある。さっそく、明日にでも図書館を訪ねさせてもらおう。



{アルブレヒト3世視点}

カラム伯からの急報を耳にしたとき余は、歓喜した。アルビオンへ難題を突きつけられるかと思うとあの忌々しい古いだけの連中がどのような醜態をさらすかが目に見えるようであった。(まあ、空軍力が優れていることを認めるにはやぶさかでもなかったが。)それだけに、カラム伯の報告が誤りであったと知ったとき長年、政争に明け暮れていなければ思わず落胆に顔をしかめそうになったほどである。即座に、糠喜びをさせたカラム伯の勢力を二国間の友好を損ねかけた大罪人であるとして処分することを検討したが連行されてきた男の語る与太話を聞いているうちに思わぬ拾いものをしたことに気がついた。

この男はメイジでないという。そして、貴族であると。我がゲルマニア以外にそのような国家がありえるのだろうか?男は月が一つしかない世界から来たという。月と魔法に気がついたとき、自らの正気を疑ったと語っていた。そして、男は、魔法が存在しない国で軍人であったという。それは、貧弱なものだろうと考えてどのような軍備であったかと尋ねた。男は、いくら尋ねようと任務については頑なに詳細を話そうとはしなかったが、それ以外に関しては実に多くのことを詳細に細部まで語った。

想像もつかなかった。男の世界では鋼鉄の巨艦が海を制覇し、メイジ以外の平民でも空を魔法抜きで自由に飛びまわり、あまつさえ、鉄の馬が大地を走っているという。男の語ったことは荒唐無稽に聞こえるだろう。事実、このロバート・コクランと名乗った男を護送してきたカラム家の令嬢は自らが狂人をアルビオン軍人と誤って護送してきたものと思いつめ、顔色を失っている。ただの狂人であるならば彼女の想像通りに中央政府の集権化を進めるためにカラム伯家はすりつぶすつもりであった。しかし、今はそのようなことは考えていない。

カラム伯家の廃絶を余に思いとどまらせたのはこの男の言にいくつか無視しえない現実味があるからだ。男は、貴族でありながら王室の軍隊に奉職していると称した。土地を持っていないのかとも思ったが先祖の功績により王国から土地を頂いていると誇らしげに語った。それでありながら、男は自前の軍事力を有していなかった。聞けば簡単な自警団のようなものは存在していたが泥棒や酔っ払いどもを押さえる程度の存在であるという。聞けば、王国の軍事力は全て常備軍にあるという。

完成された中央集権について男が知っているように思えてならない。男の言葉にしばしば理解できないものが混じっているだけにやや苛立たしくはあったがその内容は一つの完成をみているようだ。確かに、この男は先ほどから頑なに自分の属している王国と軍隊に忠誠を誓っているようにも見える。貴族であると称しているにも関わらず、だ。

我が、帝政ゲルマニアは始祖ブリミルの血を引いていないがために他国から低く見られているが国力は有数のものがある。もともと、都市国家の連合体であったとはいえ中央権力が強権を発動できないためにいまひとつ力を出し切れていないがこの男はその解決策を提示できるのではないだろうか?

男は、「ふね」に乗っていたと称している。その「ふね」は鋼鉄でできているということまでしか理解できなかったがそこで部下を使っている立場にあったという。であるならば、それなりに経験を積んだ軍人か名門の門閥貴族であったのだろう。この男をただの狂人として切り捨てるのはいささか早計に思えてならない。カラム伯はもともと、中央へ積極的に反抗してくる人物ではない。ここで、秘密裏に処罰するよりも恩を売っておくほうが効果的ではないだろうか?そう判断し、カラム伯の娘を保証にしばらく男を自由にさせることにしてみた。監視につけたものによると、男はこの世界について知りたがっているとのことだ。演技にしては真に迫っているらしいので、様子見を兼ねてこれを許可した。さて、何が出てくるだろうか?



{ロバート視点}

私が希望していた、図書館の利用が叶う日が来た。それ自体は喜ばしいものがあるが若干の経験からの予想通り、どうやら私にはこの世界の文字が読めないらしい。言語がわかっても文字がわからなくては求める知識も知り得ないだろう。この世界には、魔法が存在するのだ。過去に私のような人間が存在していなかったと否定することもできないし、あるいは可能性は少ないにせよ私の部下も一緒にこの世界に流されて来ているかもしれないのだから調べたいことはたくさんある。だが、これでは図がわかる程度だ。幻獣の図などは興味深いものではあるが・・・。

まず、地図の精度が低すぎる。大まかな形も辛うじて分かるといった程度でほとんどわかないのが現実だ。未調査地域が多すぎて信頼性もわかりかねる代物だ。記載されている事項は読めないにしてもこの精度ではさして意味をなさないものだろう。さすがに、実際に使うであろう海図はというと、こちらも沿岸に沿って航海するのでさほど期待していたほどはなかった。

妙に、風向き等が事細かに記載されている空路図はこの世界で「フネ」と称される空を飛ぶ船が使うためにそれなりの精度を誇っているらしい。飛行船のようなものなのだろうか?船が浮くということが私にはいまひとつ想像がつかない。輸送機を大きく拡大したものかとも思ったが手元にある資料から判断する限りにおいては「フネ」とは帆船の形をしている。これをどうやって飛ばすのだろうか?解説と思しき文章が読めないことがもどかしい。恐らく、何らかの魔法の技術が使用されているのだろう。それは、何かに応用できないだろうか?

私についてきた護衛という名の監視役も図書館の中には入ってこない。おそらく、監視は続いているのだろうがここなら護衛は必要ないと判断されているのだろう。出入り口が一つしかないので逃げようにも逃げられないので、それは合理的な判断だ。だが、困った。これでは、図書の持っている価値が私にとってあまり役に立たない。まずは、読み書きから始めなくてはならないのか?

「前途多難か、紅茶でもあればよいのだが。」

図書館で紅茶をたしなめるとも、嗜もうとも思わないが。そう思いつつせめて何か得るものはないかと図書館をくまなく巡り歩きいくつか興味深い絵柄の本は見つけた。しかし、それ以外には午前中はさしたる収穫もなかった。

「やれやれ、ここで得られる情報には限りがありすぎますね。」

出口で待ち構えていた面々に肩をすくめつつ提案してみる。彼らは一日中ここで私の警備と監視を行っているようだが、はたしてその心中はどのようなものなのだろうか?出来れば彼らとは良好な関係を構築したいのだが。

「別館とやらがありましたよね?午後はそちらを覘いてみたいのですが可能ですか?」



{ミミ視点}

閣下は、私の過ちをなかったことにする代わりに私が、自発的に帝都に出仕したという形で相殺してくださった。それ相応の難しい任務が与えられると思っていたが与えられたのは私が帝都まで連れてくることになった男の監視要員手伝いだ。良くわからないものの、男にはできる限り余人を接触させるなとのこと。私は、要員の一員として先回りし、人払いを行わされていた。

「とはいえ、別館までいらっしゃる方もそう多くはないようですね。」

「まあ、別館はよくわからないものが積まれているだけだからな。」

「研究者が好奇心に駆られて通う程度だ。利用者もそう多くはない。」

この程度の人払いが私に与えられた名誉回復の機会とは考えにくいですね。やはり、父上に対する牽制にとどめるという意味合いが強いのでしょうか?



{ロバート視点}

随分とまとまりのない書籍や物品が展示されているというのが最初の感想であった。図書館の別館というが、これは博物館ではないだろうか?祖国のそれに比べると質も量も劣るうえに展示も随分と一貫性を持っていないと言わざるを得ないにしてもだ。ここには、かなり破損している物や、使い道が想像もつかないようなものまである。だが、ここの展示は魔法という概念が発達したこの世界においては若干違和感を醸し出している。ひょっとして宗教上の理由でもあって本館での展示が憚られたのだろうか?

「ミス・カラム、ここに展示されている物品は何でしょうか?」

「申し訳ありません。これら『場違いな工芸品』と呼ばれるもので、私にはこれがなんであるか説明致しかねます。」

『場違いな工芸品』?確かに、珍しい品々かもしれないが製作者の意図するところがそれほどまでに場違いなのだろうか?見る限りあるものについてはそれなりの実用性が感じられるのだが。それに、工芸品というからには誰かが造ったはずだ。帝政ゲルマニアは技術力が相対的に低いのだろうか?それならば、確かに場違いかもしれないが・・・。だとすれば、ここに展示されているのは技術サンプルだろうか?だが、それならばこの世界の技術力に関して私の理解力が及ばないところもあるということだ。もとより、英知をすべて修められるとは思っていない。物事について先達がいるならば教えを請うのが道理だろう。ローマとて先人の英知に多くのことを学んだおかげであれほどの歴史的な偉業を成し遂げることが出来たのだから。

「失礼ながら、これについて詳しい方はいらっしゃらないだろうか?」

「『場違いな工芸品』についてですか?」

「ええ、これらについて詳しく知りたいのですがどなたかご紹介いただけないでしょうか?」

「失礼ながら、このようなものを専門に研究されている方はそれほど多くはないはずです。調べてみますのでお時間をいただいてよろしいでしょうか。」

「もちろんです。お手を煩わせて申し訳ないのですがよろしくお願いします。」

これは、研究対象として一般的でないということか。しかし、何故だろう。ざっと見渡す限りにおいてこれらはそれなりの水準にある工芸品や私にも使い道が想像もつかない工芸品があふれている。これらを研究して、複製するだけでもそれなりに便利なものを作れるはずなのだ。他国の技術を研究する気がないのか、魔法が便利であるからこれらを必要としていないかのどちらかだろうか?確かに、魔法はよくわからないにしても便利であるのは間違いない。この世界にいては文明が魔法を中心として発達してきているようだ。

私が元の世界に戻ることがあれば、最低でも子供たちに良い読み物を一冊増やすことができるに違いない。だが、今はまずこの世界を理解しなくてはならないだろう。ここにある物品はおそらくこの世界においてはそこまで普遍的なものではないようだが、だからと言って侮るわけにはいかない。かつてのボーア戦争でも祖国は敵を侮り、十分に敵情を理解しなかったがために大きな損害を被ったのだ。祖国の陸軍と同じ過ちを海軍軍人が再びするわけにはいかない。なにより、知を深める機会を逃したとあれば、かつてプリフェクトに任じられるという名誉を与えてくださった校長に合わせる顔がないではないか。英知は自ら求めなくては深まらないのだ。だが、ここにある展示や書籍もまったく理解できそうにない言語で書かれているのはどうしたものか。動物学や、植物学と違い歴史学や政治学について調べようと思えばやはり言語を理解しなくては観察すらままならない。未開拓の知の平原を目にしていながら前に進めないとは。

せめて、何かないだろうか?時間は幸いにも予定が何も入っていないのだからこの別館も一通り見て歩くべきだろう。この別館の展示品自体もそれなりに興味深くはある。この世界でも工芸品はある程度の水準にあるのであることはここの展示品からしても察せられる。場所が違えば祖国の博物館に同じような展示室があったかもしれないのだ。そう思いながら、展示されている物品を見て回っていると、ふとホールの端にあった小さな小部屋に妙なものを感じ取った。

うまく、言葉にできないものの何かが引っ掛かっている。

まるで、試験の時に答えを知っているはずなのにそれが引っ掛かっていて出てこないもどかしさ。私は、よくわからない衝動に駆られてその小部屋へと足を向ける。そこで、無造作に置かれているケースに私の眼は釘づけになった!

「Encyclopædia Britannica!?」

「どうされましたか、ミスタ・コクラン?」

私の叫び声に反応して護衛(兼監視)たちが思わず駆け寄ってくる。だが、それすら気にならず信じられないような思いで私はその見覚えのある木製のケースに手をかけ、その中に収められている一冊を震える手でとる。ああ、間違いない。全29巻からなるそれは、私にとってなじみ深いものであった。それは、私と同じく英国のものであった。私と同じ運命をたどったであろうものだった。その名を「ブリタニカ百科事典」という。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あとがき的な何か

どうしても、思いついたままに仕上げると短くなってしまいます。
すみません。m(_ _)m
全然、軍人としての能力を発揮していませんが
もうちょっとするとその機会を与えられるはずです。
場当たり的だと反省中。

1/30に改訂済みに変更しました



[15007] 第四話 ロバート・コクランの出仕  (旧第12話~第16話を編集してまとめました)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/02/21 20:47
{ロバート視点}

ブリタニカ百科事典を見つけてから、一か月が過ぎようとしていた。私は、その間に何とか基本的な文字を習いこの世界の読み書きに習熟しようと努力しているがその進捗の度合いはいまだ遅々たるものであった。

この世界の常識については、ゲルマニア政府から派遣された講師に教わっているのが現状だ。情報源が一つであるということは望ましくないうえに相手の話が真偽を検証できないのが気にかかるところではあるが、少なくともマナーや文化についての理解はある程度確かなものがあるだろう。

この世界において、帝政ゲルマニアは私の世界であった神聖ローマ帝国に類似した地理的要因と都市国家の連合体ゆえの中央公権力の脆弱さを抱えている。実際、話を聞いているだけで面白いものだ。だが、事実かどうかはわからないもののこの世界の宗教は魔女狩りに明け暮れていたころの私の世界に似たところがある。異端者は焼くらしい。スペインの異端査問官ども並みの熱心さと判断できるほどだ。いや、狂信か?

肝心の軍事力や技術水準に関しては今一つ会話に齟齬が大きいため漠然としたことしかわからないものの、メイジを中心として魔法が軍の主力を務めている。また、ゲルマニアの軍事力は動員数こそそれなりの規模が見込めるであろうものの常備軍の規模はささやかなものだった。

落胆すべきことに、この世界において海軍はさして重要な役割を与えられていないらしい。と、いうよりも空軍のそれと混同されているようである。「フネ」と彼らが呼称しているものについて理解するのは困難であったが、やはり図書館で見かけたとおり木造の帆船が浮いているのだ。これらで艦隊を構成しているというのだから、私にしてみれば海軍に近いものを感じざるを得ない。

だが、おもしろかったのはゲルマニアが鉄鋼技術に関してはやや発展の度合いが早いことだ。新興国であるだけに、さまざまな分野に活気があるのも良い作用を生みだしている。そんなことを思いながら、部屋で読み書きの練習用に与えられた絵本を四苦八苦しながら読んでいると以前面会したゲルマニア高官が私の部屋を訪ねてきた。



{アルブレヒト3世視点}

余が、異郷から来たと称している男に会うのはこれが二度目であった。報告では聞いているものの、子供が読むような絵本を苦労して読んでいるのはそう見られるものでもない。

この男が、文字を読めないというのは二つの可能性を意味している。一つは、男が教育を受けていないという真っ当な可能性。もう一つは、男が受けた教育にこの世界の文字が含まれていないといこと。

それと、この男についての報告の中に『場違いな工芸品』に執着していると特記されるものがあった。その分野の専門家を紹介したところ、執拗にこれらの製造者や発見場所などについて尋ねている。その専門家の中から、(可能性の問題ではあるにせよと但し書きがついている)『場違いな工芸品』の中の奇妙な本について理解できているのではないかとの報告も上がっている。それは、その男が『場違いである』ということでもある。

その奇妙な本というのは、紙でできた本であるにもかかわらず極めて画一的な字で記載されており、それが複数冊にわたって続いているという奇妙なものだ。この本を読めたものがいないので内容については全く不明とされてきた。だが、一番の驚きは紙らしい。それが想像もできないほど均質なものであるという。たかが本ではないのかと余は専門家に尋ねたところ、どれほど優秀なメイジをしてもあそこまで均質な紙をあれほど大量に作り出すのは不可能に近いと返された。

それを、理解できる可能性があったと報告を受けた時に余は決断した。

「今日は、卿に話がある」

「何でありましょうか。」

「卿は何が余に提供できる?」

この男は、解答を持っている。余の考えが正しければこの男は本当に異なる世界からきており、その世界は余の悩みを克服しているはずだ。余が求めるものを理解できるのならば、この男の価値は並ぶものがないといってよい。

「私が、提供できるものでありますか。」

男は、少し考え込みやや申し訳なさそうな表情を浮かべた。

「まず、便宜を図っていただいたことに感謝します。そして、申し訳ないことに私は一軍人であったために即戦力に足り得るような物質的な面ではお役にたつのは難しいと思います。」

「軍人としての能力はどうだ?」

「一士官として海軍に奉職していました。しかしながら、この世界においては軍の制度が異なるために再教育が必要な水準かと思います。」

「だが、何も提供できないわけではないのであろう?」

そうでなくては、この男にさしたる価値もないであろうから。そして、余がこの男に期待するのは既存のものでもないのだから。

「はい。いくつかの知識を提供できるかと思っておりました。」

「思っておりましたとは?」

「私は、この世界のことをあまりにも存じておりません。ですので、何がこの世界にとって必要とされているのかや、提供するにあたっての前提知識に関する欠落があまりにも多すぎました。」

ここまで、冷静に分析できるのはそれなりに節度ある分別を持っているからであろう。余は、この地位に就くまでに長い抗争の歴史を戦い抜いてきた。待つことには慣れている。だが、目の前にあるかと思われた果実が空虚なものであるというのはいささかの落胆を伴うものであるのは確かだ。

「すぐには、役に立たないと?」

「その通りです。恐れいりますが私がこの世界を理解してその根底にある概念の齟齬を乗り越えられるまでには有益な知の提言は望みえないかと思われます。」

「『場違いな工芸品』についてはどうだ?あの中の書物を卿は解読できるというではないか。」

正確にはその可能性があるとのことだが、できぬならできぬで構わない。だが、『場違いな工芸品』はこの男と同質のものを感じるのだ。

「Encyclopædia Britannicaについてでありますか?」

「そうだ、それについて余に説明せよ」

やはりか。このものはそれについて語れる。余の見込み通りだ。

「あれは、私の世界で学問や様々な知をまとめた書物であります。」

このものの語る異世界の様相は余には想像もつかないものが多数存在している。それらについての知をまとめた書物があるならばそれらを再現し活用することができれば大いに力となるであろう。それらについては、研究させるべきかもしれぬ。

「卿の世界で知を集めた書籍であるというならば、そこから英知を取り出すこともたやすいのではないか?それならば卿は帝政ゲルマニアのあるべき道筋を余に提言できるではないか。」

「ですが、提言を行うためにもゲルマニアについて詳細を知らねばなりません。そして私にはこの世界についてあまりにも限られた知識しか入ってこないのです。」

「余は、余の顧問の中から優秀なものを卿につけて教えさせたはずだが。」

知識の吸収を貪欲にこの男は行っていると報告されている。一部はゲルマニアの抱えている技術や国の機密までも教えてあるはずである。それにも関らず情報が足りないとはどういうことか?

「私には、あなたがどの程度まで私に機密を教えて下される立場にあるか存じておりませんが、できれば今少し地理と物流に関する詳細をお伺いできないでしょうか?せめて地図だけでも良いものをいただければと・・。」

「何故、そのようなものを欲する?地図ならば軍でもつかっているものを与えたはずだ。」

男はやや躊躇したものの申し訳なさげに告げる。

「言葉を選ばずに申し上げますと、あの程度の地図は私の軍では実用に堪えるものとはみなされません。国家の運営においても同様です。」

軍の使っているような高水準の機密ものを実用に堪えない水準と断じられる。この男の言にはいつも驚かされる。

「ほう?卿の世界の国家運営とはいかなるものか?」

「国家は自らの国土を緻密に把握し、そのうえで対外政策を行うものです。古代の帝国はそのすべての国土の物産を把握し適切な物流網を構築することで強大な国力を誇りました。」

面白い。この口ぶりからするとこの男はすでに方策を有している。だが、おそらく何らかの事情がありそれを言い淀んでいる。

「では、ゲルマニアが何か卿の提言を実現するためにはそれらが不可欠であると?」

「その通りです。ですが、そのためにもまずゲルマニアという国家につて調査しなくてはなりませんが・・・」

「そのような権限を要求することは難しいであろうし余がどの程度でそれを許すかわからないというのであろう?」

「その通りです。」

権限の問題か。その程度ならば弱体とはいえ中央の権限で行える。そして、この男は知らないことであるが余が自国の調査を命じてそれを妨げられるものなどいてたまるものではない。ヴィンドボナを蔑にする貴族どもとてその程度の分別はあるだろう。

「ならばことは簡単だ。帝政ゲルマニア皇帝アルブレヒト三世の名において命じる。汝はゲルマニアの詳細な調査を行え。余の名において汝の権限を保障しよう」

ああ、門閥貴族どもが煩わしいであろう。いくばくかの地位に任じておくべきだ。だが、旧来のものだとまた面倒な騒ぎが出ないとも限らない。で、あるならば適当な役職をつくるべきだろう。

「卿よ。汝をゲルマニア国土調査卿に任ずる。」



{ロバート視点}

地図の重要さは軍務につく者にとっても行政をつかさどる者にとっても言うまでもなく重要なものであると認識が私にとっては常識であった。だから、国土の調査をして、それらをまとめるということについての必要性は理解しているしその役職に任じられたことに対する驚愕はあれども学術的な関心からも、職業上の経験からも引き受けて問題はないと判断した。おそらくこの職務は私にとって良い肩慣らしになるだろう。

私自身もこの調査を通じてゲルマニアとこの世界に関する見識を深められるので今後に活かしたいものだ。だが、何事もうまくいかないものだ。なんでも私に与えられた地位は貴族としての身分を保障するものではあるらしいがさしたる箔にもならないようだ。まずもって選帝侯達の領土は自由に調査できない。せいぜい可能なことが主要な街道を確認する程度か?

それと、人員の問題も大きい。一応、人員は与えていただけるとのことではあるが測量の概念を正確に理解できるものは皆無であった。辛うじて、空軍から派遣されてきた士官たちはかなり有望であったが彼らは数が少なすぎる。彼らはこの世界における経験豊富な面々であるからかなり力になるはずなのでできる限り融通してほしいものであるが。だが、彼らには期待できる。

それとこの手の作業において気球があれば便利なので代わりとなるメイジを幾人か借りることができたるのはありがたい。さすがに「フネ」は貸し出すにはいろいろと差しさわりがあるようだ。申請してはいるがあまり期待もできないだろう。

それとは、別に私の監視を引き続き行うべくマリア・クリスティーネ・フォン・カラム嬢以下数名が監察の名目で付けられた。もっとも実質的には副官として使って構わないとアルブレヒト三世は言っていたがレディを部下として使うというのは経験がないものだ。このやりにくさも頭痛の種である。慣れるしかないのであろうが。

さて、これらの人員でどうするかの手順を考えなくてはいけない。説明された限りでは、求められているのはゲルマニア全土の国勢調査に等しい。だが、この程度の人員で国勢調査を行うのは無理がある。精密な測量に関してもそこまで行うには時間と労力がかかりすぎるだろう。

であるならば主要な街道と都市の地図とインフラ網程度のものを習熟も兼ねて作成し、それらにのちに地域別の物産や人口構成等をつけたしていく形で作るのが最も現実的か。ここで求められているのは組織形成とその育成だ。私自身が全土を巡るよりも有能な専門家集団を形成し一任できる形にするほうが今後のためにも良いだろう。

一つのモデルケースとして帝都近隣の地図作成と村々の概略をまとめることで組織として動くかどうか確かめてみるべきだろう。帝都周辺の地図すらままならないのは軍事的な要因を差し引いても経済的に大きな損失だ。まずは、ヴィンドボナの精密な都市地図を作製することで要員の訓練を行いつつ今後の方策を検討するべきだろう。



{アルブレヒト三世視点}

命じていた作業に関連して拝謁を願いでてきたロバートの報告は意外なものであった。全土を調査し地勢について調べるはずであったのだが。

「帝都付近を測量?」

命じたのは、確かに国土の調査だ。帝都付近は立派な国土である。だが、比較的にせよ中央政府が知悉している帝都付近をより精密に調べる必要があるのか?

「はい。今後、ゲルマニアの地勢を把握する基準としてヴィンドボナを使いたいので、基準は緻密に調べておきたいのです。」


「『すべての道はローマに通じる。』これは、古代の帝国がその首都であるローマを中心とおくことで中央への集権を可能とした制度であります。」

そういうと、古代の帝国に関する諸制度をロバートは話し始めた。いまだにお互いの用語が多少は食い違うものの言わんとするところは明白であった。中央を基軸とした地図や諸制度の確立。そのための基軸作成。

「なるほど、そのローマとやらの前例に倣うためにか。」

ヴィンドボナを中心として置くか。都市国家の集まりであっただけにそのように中心をおくことがこれまでのゲルマニアでは確かになかった。既存の権益を侵すわけでもないので貴族どもの反発も生じようがない。なかなか良い案だ。

「して、いかほどの時が必要か?」

「ひと月ほどもあれば十分であります。ただ、願わくは民間のもので構わないのでフネを借り上げるだけの資金をお与えいただけないでしょうか?」

「ふむ、そのように具体策がまとまっているのであればとり図ろう。」

「ありがとうございます。」

「さっそく取り掛かるがよい。」



※解説

海軍にとって正確な海図は必要不可欠です。
今日でも各国海軍が調査船とかいろいろ使って
海底の深さとか海流とかいろいろ調べているらしいです。

もちろん、陸の地図も重要です。たとえば、良い湾口を探すために測量するのは大航海時代に遠洋航海に出た帆船などではちょくちょくやっていました。

ただ、ハルケギニアにおいてロバートは基準たりえるデータを持っていません。ですので、海軍軍人でありながら天体をうまく活用して緯度経度をはかるなどの方法を使えないようにしてあります。



{ミミ視点}

私は、今すごく不本意な仕事に従事させられている。閣下から命じられ、私にとっての災厄の種をばらまく男の監視に従事していたのが、監察という名目で実質的に副官の任に就かされて酷使される毎日。それも、職務の内容が今一つ何を目的としているか理解しにくいようなものが多いうえにそれらがかなり機密の高い内容であるらしい。

「コクラン卿、ご要望のあった有力な商人たちとの会談ですが先方から応じるとの返事が参りました。」

私も監察の職責上有力な商人との会談には立ち会わなくてはならない。せっかくの虚無の日だというのに休暇を返上し、頭の疲れる職務にまい進することの無粋なこと。

「御苦労。次は、主要な貴族の配置図と可能な限りの資料を集めておいてくれ。基準の観測が終わり次第行動に移れるように用意しておきたい。」

「かしこまりました。それと、先刻お問い合わせになられました空軍からの出向人員ですが午後には到着するとのことです。」

「ああ、了解した。到着次第私のところに出頭させてくれ。」

平然と、メイジでもないのにメイジを顎で使えるような平民がいることも驚きです。何故閣下はこのようなものを貴族に任じあまつさえ私の上に置かれるのでしょうか?外聞が悪いので外に漏らすなとおっしゃるのならばまだしも、理由の説明もなくただ機密を漏らせばお家断絶と言われるのも気の重い所です。



{ロバート視点}

まずもって、ヴィンドボナの測量は基準となるものであるために緻密なものが求められる。だが、同時にそれらはヴィンドボナに滞在している貴族たちに対しては可能な限り隠匿されるか、関心を喚起しない方策で行うことが望ましいだろう。

貴族たちが多い区画に関してはその区画の外郭程度を詳細に調査するにとどめ内部構造に関しては既存の地図を流用することにする。これは、地図が公開された際、貴族の権利意識対策も兼ねられるためにこの程度にとどめておくべきだ。厄介なのは、混在している地域と商人たちの区画だ。そのため、この面々の中で有力者とは渡りをつけておくことで、物事が柔軟に進み良好な結果につなげるべきだろう。できれば隠蔽にも協力させたい。

それと、この世界の主要な物流について詳しいのは商人たちと空軍の軍人たちだ。前者は細かな物流網に至るまで知悉しており、その密度はおそらく国家のそれを凌駕する。空軍の軍人たちは主要な空路を把握していると同時に有力な停泊地についても良く理解しているだろう。

自分がどこにいるかを知らなければ目的地へ向かえないのだから航行能力の高い空軍士官は即戦力になる。一度、顔合わせと引き抜きを兼ねて閣下よりまわされてきた人材の中から有望な面々と話してみたがやはり世界が異なる。帆船への知識は私よりも慣れているだけに豊富だった。私の経験はせいぜいがヨットのようなサイズであるのに対して彼らは現役の軍艦を運用しているのだから当然の帰結である。だが、私も与えられるものの中で最善を尽くすためにもこれらに慣れていかねばならないだろう。

そのまま考え込んでいると、いつ間にか昼食を取り損ねていた。時間外に食事を要求するのも気が引けるので簡単なものをみつくろうべきか考えていると、来客の知らせが入る。そういえば、空軍から出向してくる人員の代表が訪ねてくる時間だった。

「ハインツ・ギュンター、軍命により参上いたしました。」

「御苦労。会うのは二度目になるか。」

「いえ、三度目であります。」

おや、失敗だ。部下となる人間にこのようなことがあっては信頼を損ねるだけだ。しかし、どこで会ったのだろうか?一度は空軍から引き抜く人選の時のはずだ。もう一度は?

「実はコクラン卿が閣下に拝謁されている際、控えの間に控えておりまして。」

「貴官は、侍従武官だったのか?」

「メイジでもない私たちを引き抜こうとする上司を知りたいと思いまして。お偉いさんの従者に紛れ込んで聞いておりました。」

悪びれずに笑う男は、経験豊富なたたき上げを思わせる頼りがいがあふれている。なにより、自ら情報を集めようと決意し、完遂してのけるだけの軍人というのはなかなか多くはない。軍務の手腕は未知数であるが空賊討伐の経験も豊富で、これといった失敗は記載されていない。これほどの優秀な部下を手放すものだろうかと勘ぐっていたが、『メイジではありませんからすぐに手放されるでしょう』と言っていたカラム嬢の判断は正しかったようだ。メイジ偏重は今後改めていくべきかもしれないが現状では私にとって優秀な人材の収集を後押ししてくれている。苦言を呈するべきかどうか少し迷う。

「いや、そういうことならば事情の説明が省けてありがたい。」

しばらく間が空いているうえで出向に応じるのだから私がやらんとすることも十分に理解しここに立っている。有能な良い部下は容易には得難いが彼が信頼に足る人材であってくれると良いのだが。

「単刀直入に頼もう。貴官らには空路に関しての知識の提供と、それらを活用した国土調査の協力を要望する。」

「了解しました。」

「合わせて、急な召集に応じた貴官が昼食に付き合ってくれるならば光栄だ。」

「ハッ、降下するなりの出頭でしたので、喜んでお付き合いさせていただきます。」



{ロバート視点}

虚無の日に私は、ヴィンドボナに滞在している商人たちと席を設けることに成功していた。貴族としての品格を保つためにもカラム嬢が同伴を申し出てくれたのは結果的にはありがたかった。貴族でないとはいえ、裕福な商人たちとの会談はそれなりの品格を必要とする。

その結果は私にとっては成功と言えなくとも失敗とまでいかないというある種、想定内の結果に留まった。ヴィンドボナ在住の商人たちは比較的にせよ、交易機会の拡大に消極的であった。曰く、関税の仕組みが複雑である。曰く、これまで付き合いのあった貴族からにらまれると。物流網に関しては言を左右したものの、商業上の障壁に関して把握できたのはありがたい。

彼らは、ヴィンドボナ周辺にも大規模なフネの停泊地があれば物流が便利になるのではないかとの私の言に対してはおおむね肯定的であった。だがその一方で既存の停泊地との兼ね合いをやや懸念しているようでもある。そのことについては、未だに詳細を調査している最中なのでいくばくか時間が必要になるだろう。そう思い、会談を切り上げようとすると商人たちの従者らがいかにも費用をかけられていると一目でわかるような装飾が施された品々を持ちこんできた。

「コクラン卿、よろしければこちらをお近づきの印に。」

「いや、ミスタ。私が諸君にお会いしたのも職務の一環なれば諸君の誠意とはいえ私個人が受け取るのは心苦しい。」

「とはいえ、我らの心ばかりのものでございまして。」

「ふむ、そこまで申されて謝絶するのも失礼にあたろう。」

いささか、茶番劇ではあるがこの手の贈り物を受け取らないことで逆に商人たちに誤ったメッセージを出すわけにもいかない。だが、役得で懐を潤すのはいつの時代も貴族が失脚させられる遠因であるのだ。少なくとも一つの綻びになりかねない。

「では、諸君から頂いたこれでフネを一隻融通してもらえないだろうか?私が閣下より任されている職務に使うためのものだ。」

「それは、もちろんのことでございます。お役にたてるようで何よりでございます。」

「いや、諸君のゲルマニアへの奉仕に感謝する。」

予想外の収穫だ。フネが二隻になれば予定よりも早く国土を横断し主要な地勢を把握できるだろう。なにより、費用が浮くことはありがたい。運用に関してはギュンターに検討させておかねばならないだろう。

いや、その前にヴィンドボナの調査はどの程度進捗したか確認しておくべきだろう。既に主要な都市図は既存のものの訂正や改修である程度仕上がっているが人口や物産に関しては大まかな推測をまとめている段階だ。その進捗如何ではもう少し人員にテコ入れを図らなくてはならない。ヴィンドボナ在住の商人たちも消極的ながらいくつかの商会が援助を申し出てきた。少なくとも妨害する意図はないようだ。どの程度基準作成ということの重要さを理解しているかは、現状として未知数ではある。だからというわけでもないが、邪魔の入らないうちに物事は可能な限り進めておくべきだろう。


「ヴィンドボナの調査は、どうなっている?」

「おおむね、第二段階は終了しております。既に第三段階の予備調査に取り掛かったとのことです。」

アルブレヒト三世から派遣されてきた属僚にさりげなく事態の進捗度合いを確認し、おおむね満足できる結果を得られた。

「結構。物流の調査についてはギュンターに空路を一任してかまわない。予定通りスラム街に関しても外郭を把握する程度にとどめろ。内部の調査はリスクが大きすぎる」

「かしこまりました。それと、閣下より現状についての報告を求める書状が届いております。」

「召還か?」

「いえ、書状で構わないとのことです。」

予想よりも信頼されているのであろうか?問いかけが書状に留まっているということは現状を把握したいという額面通りに取るべきか、それとも若干の不信感に留まるのでこちらを疑っていることをこちらに察されたくないというべきか。

「分かった。明日までには仕上げる。」

どちらにせよ、この世界において私の利害共有者に疑われるのは望ましくないだろう。目的と現状について再度詳細を報告しておくにはちょうど都合のよい時期でもある。



{アルブレヒト三世視点}

余は、積み上げられた書類の中からロバートの報告書を手に取ると手短にまとめられたそれに目を走らせた。それによれば調査の進捗状況はおおむね順調であるとのこと。ただ、ヴィンドボナの調査でいくつかのスラム街の拡大が事前にこちらが認識していたものよりも拡大しており、可能なれば専門の対策が必要であると提言し来ていた。また、将来的な課題であるとしながらも市街地拡張のために防壁は撤廃すべきであるとそれは主張している。かなり過激なことだ。だが、その視点は歓迎するべきだろう。

本題の調査はおおむね情報収集は完了しており第三段階の予備調査、すなわち製図のできる人材探索と収集した情報の検討が始まると申告してきている。合わせて、次期国土調査計画への移行に備えて商人達からフネの提供を受け専従の調査船にしたい旨が記載されていた。

活動資金をねん出する一環として、そのフネでの交易を希望するものの、汚職や既存権益との衝突が懸念される。そのため、現状では困難であることも察せられるため、『あくまで可能であればそれを希望する』という一節には追加資金を必要としているものの現状の手札で最善を尽くそうとする姿勢がみられて好感を抱けた。だが、フネをどうやって商人たちから調達したかがいささか気にかかるところであった。後ほど、監察にその旨を確認すべきだろう。とはいえ、これならば現状問題はなくそのまま進めさせるべきだ。

「よろしい、問題ない。コクラン卿にはそのまま次の計画に取り掛かるように伝えよ。」



{フッガー視点}

ゲルマニアでも有数の商会であるアウグスブルク商会のハンス・フッガーは先日の会談でであった一人の貴族についての詳細な調査を命じていた。ここしばらくでアルブレヒト三世近辺でいくつか気になる動きがあったのだ。

出入り先の貴族たちによれば皇帝が新しく関税や関所をもうけるために物流に食指を伸ばしたという程度の認識であった。その人事についても平民が任じられることにもとより抵抗が少ないことと徴税などというものは平民風情が似合いであるといった態度をとっている。さして問題視しているようでもなかったがそれが事実であるとすれば商人にとっては頭の痛い問題である。

そのため、そのコクラン卿なる人物から会談の席へ招かれた時はどのような難題を押し付けられるか危惧していたが、嵐の前の静けさのように新しい税制については触れられなかった。その程度であれば腹芸の一つと認識できるが、コクラン卿は想像以上にやり手であると認識せねばならない出来事が二つあった。

一つは物流網への異常な関心だ。通常、貴族たちは関税をかける程度までは思考が及ぶもののどこを流れるかはさして気にしない。せいぜい自らの領地を流れていく商人の荷に課税する程度の関心でしかない。

だが、コクラン卿は主要な物流網とその構成・手段についても詳細に尋ねてくる。こちらでも把握しないでいる込み入った部分にまで踏み込んでだ。今後の交易機会の拡大についても確認してきた。もしも関税制度が変更された場合、この人物相手では定額でごまかすことは今後からは困難にならざるを得ない。

二点目は袖の下をうまくいなしたことである。むしろ、これに関しては逆襲されたといってよい。通常、貴族はこの手の贈答品に対して無頓着に受け取ってきていた。通常は便益を図ってもらうことで見返りもそれなりに期待できるが、コクラン卿はそれを逆手に取って、受け取らないのも失礼にあたると称しておき、こちらがいかにも渡したがっているという茶番劇でフネを受け取るという方式をとられた。

あの場で拒否するのは困難だった。初めにフネをとの要望が出されたならば断ることも容易であったであろうにこちらの失点につけ込まれる形で貴重なフネを提供させられることになったのだ。新興の貴族であるというが、これほどの人物がアルブレヒト三世の下についていることも驚きだった。そして、調査の結果は思わず唸らざるをえないものであった。

「メイジでないのは間違いないのだな?」

「報告によれば、杖を持っておらず、まずメイジではないだろうとのころです。」

ここゲルマニア以外では栄達は見込めないメイジでない貴族。こちら側に引き込もうにもそう簡単にはなびかない。何より、先が見えているのだろう。これがメイジで大貴族であるならば火種になりえるので政争によって失脚も期待できるが、さして利権が生じないような職権に留まるうえに、既存の貴族たちの権益層にはまるで手をつけていない。

「何が目的かわからないのか?」

「未だによくわかりません。提供するフネには手のものを潜ませようと試みているのですがなかなか厳重でして。」

「ヴィンドボナ内での調査はどのようなものを?」

「なんでも収集していると言ったような傾向がありました。」

それは、調査の意味があるのだろうか?何かを調べているのであることは分かりのだが、その目的が皆目見当もつかないというのも気にかかる。

「何か、特定の目的があるのではないのか?」

「不明です。」

密偵を幾人も放っているがその目的が皆目つかめないことがあるとは。かなり用心深い相手であるのだろう。もう少し、慎重に探らせ続けるしかないだろう。



{ロバート視点}

この世界は、私のいた世界とは物事が異なる。故に、物事を進める際に前提となる条件も異なっているがそれらは想像以上に大きな足かせとなっていた。私としては、他国と接しているいくつかの地域は政治的にも軍事的にも詳細な地勢図の把握が必要不可欠であると判断していたが、その前に厄介な問題が横たわっていることを嫌でも気がつかされた。

「つまり、空賊の危険性が大きいために民間のフネで調査行動に出ることが困難というわけか?」

「おっしゃる通りです。ヴィンドボナの外延部に勃発する盗賊等に比べても一段上の悪質な連中が執拗に徘徊する空域であります」

「だが、アルビオンとの交易路なのだろう?何故、これらを討伐しない?」

この目で見たので信じられないが、この世界には浮遊している国家まであるというのだ。その国家との交易路にあたる空路近隣の調査計画に際してギュンターはわたしの当初計画にあった民間船の使用に苦言を呈し今に至っている。

「空路は長大であります。賊を探すためだけにそこへはりつかせるわけにはいきません。フネがあまりにも多く必要になります」

ふむ、ヴェネツィア共和国流の定期船団方式を検討する余地があるな。護送船団方式については開戦以来それなりに研究されてきている。その上にこの世界において想定すべきは正規軍による通商破壊作戦ではないのでそれほど重武装の艦船、つまりフネを割く必要もないだろう。最悪の場合でも、潜水艦がいないだけかなり楽なはずだ。

「そのことについては、後日検討しよう。まずもって危険地域に空軍のフネを使わざるを得ないとするならば、民間船の運用はどうすべきか?使いどころが私には今一つ分からない」

「そうですね。快速を活かして、伝令や調査士の運送に使うのが適任ではないでしょうか?ある程度の地域までならば一応の治安も確保されています」

「専門家の忠告に従うのが道理だろうな。しかし、治安の悪いことよ!」

国内に盗賊はのさばり、忌々しい海賊もどきの空賊が交易路を襲撃している。ことごとく銃殺に処してしまいたい気分だ。曲がりなりにも貴族であるならばこの世界の貴族連中は何故このような無法者どもをのさばらせているのだろうか?高貴なるものの義務を果たさないものに存在する価値があるとでもいうのか。

「ヴィンドボナの調査と並行して賊の討伐要請を上奏することを検討すべきだな。国土の調査をしつつ賊と渡り合うのはかなりの手間だ」

調査をしている最中に襲撃されては堪らない。かつての大航海時代、マゼランや多くの先達たちは調査の最中に襲撃されて命を落としている。言葉の違いや文化的な相違による衝突ならばまだ調査の犠牲としてあきらめもつくが賊に部下を殺められるなど耐えがたい屈辱だ。

「空軍でも、可能な限り賊を討伐するようにはしておりますが・・」

「やり方についても詳細に報告をまとめてほしい。このままでは国土調査以前の問題だ。ようやくヴィンドボナでの前準備が終わったというのにこの手の問題が出てくると計画に大幅な遅れが出かねない」

「機密に抵触する事項もあるのですが」

「そこは、口頭で構わない。文章には残さないので安心してほしい」

「了解しました。可能な限り速やかに報告を提出いたします」

退室したギュンターを見送ると、入れ替わりにカラム嬢が追加の報告書を持って入室してくる。デスクワークは苦手ではないが現場に出てフィールドワークも実践に移したいところなのだがなかなか思うようにいかないものだ。義務を果たさなければならないのは間違いないのだが。

「ヴィンドボナの大まかな概要はまとまりました。現在、細部の検討と修正に入っています」

「細かな詳細は後ほど修正したものに任せるとしよう。現状でまとまっているものを複製し、閣下に提出しておくこと。合わせて、計画に変更を必要とするのでその旨を報告し、善後策の検討を要請する」

「かしこまりました。ですが、そのように計画に大規模な変更を必要とするならば直接報告なさるべきではないでしょうか?」

その通りかもしれない。利害共通者にとって計画の変更を通達するのは直接自分で行った方が意志疎通に誤解が混ざりこまずに円滑に進むはずだ。

「確かに、その通りだな。すまないが、日程を確認し可能な日に目通りがかなうように手配してくれ」

「ただちに取り掛かります」



{ミミ視点}

この仕事についてから、おぼろげながらも目的としているところが見えてきたと言えます。男の言は確かに通りにかなっているところがあるのです。でも、その目的は理解できてもその効果までは・・。

とにかく、この男の下について以来厄介な指示を出されてきているものの、皇帝であるアルブレヒト三世への面会をその場で要請するなどの思考にはついていけないところがります。それでいて、閣下がそれをおもしろがっているように見受けられるのもついていけません。とにかく、今は手配すべきことを手配しなくては。

「ああ、合わせて主要な選帝侯に関して通じている人間はいるだろうか?」

選帝侯について?曲がりなりにも貴族の一員である私を差し置いて、聞くべき質問ではないように思われるのですが。

「選帝侯の皆様に関することでありましたら、私でも一通りは存じておりますが」

「ならば、最も中央に対して協力的な選帝侯と反抗的な選帝侯について教えてもらいたい」



{アルブレヒト三世視点}

「つまり、次期計画への移行は大幅に遅延するということか」

「はい。このままでは調査にかかる費用と時間は当初の見積もりを大幅に超過することが予想されます」

「原因は?」

「要調査地域、すなわちこれまであまり詳細な情報が入ってこない地域の調査に際して賊の存在が厄介な問題となっております。襲撃の危険性が調査の効率を大幅に低下させ結果的に予定外の時間と労力を割かれかねません」

「卿のことだ。すでに対策は考えてあるのだろうな」

「はい。空賊対策を提言いたします。これによって調査が円滑に行えるともに今後のゲルマニア経済の活性化に大幅な貢献が期待できます」

ロバートの言わんとするところはいつも理解するのが困難であるか、想像もつかない視点からの指摘になる。だが、今回の言は最も道理でありながらも実現が難しいものだ。それとも、それを踏まえたうえでの提言なのか。

「空賊討伐?確かに、空賊は煩わしい連中ではあるが軍を動かしたところでさしたる成果も上がらないはずだ。空路は長くすべてを見張るだけのフネはさすがに出せん」

「おっしゃる通り、空路は長大であります。しかし、既にいくつか腹案があり現在部下に詳細を検討させておりますが恐らく基本方針は問題がないと判断しております」

「ほう、その方針とやらを申してみよ」

「根拠地・及び背景の組織討伐であります。同時に、空賊の温床である貧困を解決することで空賊の発生そのものを抑制します」

「その、所以を申してみよ」

「空域を動き回る空賊のフネを補足するのは困難かもしれません。しかしながら、動かないフネの拠点にするにふさわしい地域ならば容易に捜索し補足することが可能です」

それならば、同時にさして多くの軍を動員せずとも可能であるのも魅力的であるな。何しろ軍というものはただ存在するだけでも多くの経費を必要とする上に、空軍と来ては風石の費用もばかにならない。しかし、これまでも少なからず軍を動かし、空賊共を縛り首にしてきたにもかかわらず未だに空賊は減少していない。この方法で、本当に空賊が減るのだろうか?

「それは、道理にかなっているようだがその程度で空賊が抑制できようか?」

「恐らく、空賊の収入がその地域にとっての主要な経済基盤でありましょう。そのため空賊のフネを仮に補足しても効果は薄いものの逆に、根本を絶てばかなりの効果が期待できます。」

「根本を絶つ方策は?」

「三段階によって空賊対策を遂行いたします」

三段階?想像もつかない方策のようでありながらもロバートの提案はその実極めて合理的である。このものが所属していた世界での積み上げがあってこその提言であるのであろうがどれほどの労力がはらわれたのであろう。現状でその助力を得られるのはまさにゲルマニア一国のみである、その恩恵を独占できれば中央の集権以上のことが成し遂げられるだろう。

「まず、すでに公布されている法に基づいて空賊の活動拠点を制圧します。主要な賊共は法によって裁き、襲撃犯の背後にいる者たちをあぶりだします」

「なるほど。支援組織を襲うのだな?」

「はい。これにより、一時的にせよこの地域では深刻な収入源不足に陥ることとなるでしょう。いくら、空賊たちが襲撃を繰り返そうとも、略奪品をさばけなければ彼らの収入は限定的となるのですから」

「道理であるな」

「これを踏まえて、空賊共に対して投降を勧告します。これに従うならば恩赦を検討し、殺人などを除き微罪か軽い刑にとどめることにします。この際に、恩赦を拒否した上役を捕まえて投降してきた者たちに対しては功績に応じて免責をお願いします」

何者かを失脚させる際や、粛清の際にあまり、ほめられたやり方ではないにせよ使い古されてきた政治的な手法である。ゲルマニアにおいてこの手の手法で余に及ぶものはそうはおるまい。その有効性も余ほど知悉しているものも少ない。この提案がある前に余自身でこの問題への転用を発見しておくべきだった。だが、それを思いつける優秀な人材を獲得し制御しているのだからその代替も果たせていると見なせるものではあるが。

「投降してきた者たちは、国立で新しく作る商会か、主要な商会に委託するか現在詳細を検討中ですがそのどちらかで雇用します。同時に、これは空賊の収益に依存している地域に対する雇用を創出するものであります」

「なかなか、うまい手であるな。投降してきたものも活用次第ではよい駒になる」

「その通りです。これによって経済的に活路を提供すると同時に罪を問わないことで空賊を抑制するとともに、ゲルマニアのフネの保有台数を増加させることが見込めます」

「では、最後の手法は?」

「恐怖であります」

やや、気乗りしないようすであるもののロバートは淡々とした口調で余の諮問に応じる。この男は、高貴であろうとすることを好み、どちらかといえばこの手のことにためらいを見せる。もっとも、実行に際して躊躇うことがないので健全な部類の人間ではあるが政治を専門にしているわけではないのであろう。

「恐怖をいかなる方策にして生み出す?」

「空賊を支援するものに対してはこの一定の布告以後の免責、恩赦を一切行わず徹底的に根拠地を襲撃します。かくまった場合、村落ならば村落ごと襲撃し、砲撃し焼き払います。女子供を例外とし、関わった男達は重罪に処します。」

「ふむ、空賊を支援することへの恐怖心と経済的に釣り合わないと思い知らせるのだな」

「その通りです。空賊とその支援者たちに楔を打ち込み、分割し統治すればおのずと空賊の発生自体を抑制することが望めましょう」

「大変よろしい。その方策は極めて現実的に思える。だが、女子供といえども罪人であるならば裁かねばならない」

「過度に厳しくしすぎると徹底的に抵抗されます。逃げ道を与えることも必要です」

甘いがこの男はその甘さを理で埋めようとする。それが理にかなう限りにおいては余もそれを認めるべきであろう。意見は理にかなう限り尊重すべきである。

「良い。卿の提言を踏まえて対策を検討しよう。詳細の出来次第報告せよ。軍と諮る。」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき的な何か。

海賊は結構昔からいる存在です。
有名どころでは地中海に名をとどろかしたバルバロス・ハイレディンとかアルマダの会戦で有名なイギリスのドレーク提督とか。

ドレーク提督など、スペイン嫌いが嵩じてスペインの船舶や植民地を襲撃しまくってなんと、イギリスの年間の国家歳入以上の額を王室に献上するほど。(その額なんと三十万ポンド以上。これによって叙勲されます。)

まあ、海賊の経済的な損失がこれくらい大きいですよという目安と、海賊放置することの厄介さを。

ついでに、ロバートの提案した海賊の根拠地叩きは古代ローマ時代からの手法。ポンペイウスやカエサルも海賊討伐でこういうことやりました。カエサルなんて、一度留学先に行く途中に捕まった海賊全員を法にのっとって討伐し縛り首にしたと聞いたような気がするほど。

まあ、地中海世界の海賊対策を真似してみるといったところです。

2/21 ようやく、推敲が出来ました。意外と時間がかかってしまう・・。



[15007] 第五話 ロバート・コクランと流通改革 (旧第17話~第19話+断章3を編集してまとめました)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/02/25 01:53
{ロバート視点}

一般に賊の根拠地に生活している女子供の処遇には悩まされる。なぜならばそのものたちは非戦闘員であり、潜在的には敵であるのかもしれないが私はそれらを攻撃する意思も能力もないのだから。

だが、忌々しいというべきかこの世界のやり方としては順当とするべきかアルブレヒト三世の修正案によれば、死刑を免れる代わりに辺境開発に送り込むとのこと。流刑植民地に送り込むといえば一つの懲役刑のようであるが99年の奉公契約という段階で、実質的な奴隷制度と変わらない。

気乗りしない方策であるのだが、代案が出せない以上この方針にのっとってことを進めるしかない。せめて、空賊たちが早い段階で抵抗の無益さを悟り帰順しやすい環境を作るようにしよう。また、帰順せずとも討伐対象にされることを恐れてくれるならば効果も期待できる。最悪でも、ゲルマニア内部での略奪行は割に合わないと悟って、他国へと流れるだけで国内の物流は一変する。

彼らの受け入れ先となるのは船倉を貸し出すことで商人たちから運営資金を調達する国立運送会社となる予定である。これは、ヴェネツィア共和国の定期船団方式に習い複数の船舶がきめられた拠点間を定期運航しコストダウンによる通商の活性化を図りつつ、空路の安全を確保するという多方面への影響を併せ持つ政策の一環として提起されている。

実際に、これらが機能するのは国土の調査が完遂し、物流網の要点を把握してからになるであろう。実際の組織形成を今から始めてちょうどこちらの調査が終わるころまでに組織が形成できられていれば良いほうだろう。

だが、この政策には当然ながら商人たちが定期船団を使うということが前提になっているだけに簡単ではない。既存の商人たちの物流に対しては悪影響を及ぼしかねない一面がある。それだけに導入に際しては彼らに便益を図り賛意を取り付けなくてはならないだろう。

だが、それらを考える一方で本命の測量や地勢調査の人員の訓練も確認しなくてはならない。どうも、調子が良くないとの報告もあるだけに仕上がりは徹底的に鍛える必要があるように思える。いっそのことと思い、この件についてはだいぶ経験を積んできたように見えるカラム嬢に任せてことも検討してみた。だがさすがに枠組み作成に私自信が関らなくて良くなるまでにはもう少し時間がかかるだろう。

時間があればブリタニカ百科事典を読み返すなりしたいのだが。ようやく、文章を理解できる程度にこの世界の言語『ハルケギニア語と称する』を読み書きできるようにはなったが高度な学術論文を読むにはやはりこちらのほうが慣れ親しんでいるためにやりやすい。とはいえ私の主観では30年近く昔の時代に出版されたものなのだからまずはその違和感を乗り越えなくては。

だが、惜しむらくはギボンのローマ帝国衰亡史だろう。あるべき帝国の理想像について、その構造を理解する最良の知が詰まっているであろうそれについて私の知識は完全でない。この世界で見つけられた英語の本はブリタニカ百科事典のみというのもさびしいものである。読み物として、他人には理解されない英語で日記をつけ始めているがこれが主要な読み物になっている現状を脱却できる日は来るのだろうか?

この世界の文物はある意味で娯楽の対象、好奇心を満足させるにふさわしいものがある。とくに、メイジたちの使う魔法の技術については大いに関心を持っている。ぜひ、機会があれば系統だった研究を行いたいものだ。だが、そのためにも自由に研究につかえる時間を捻出しなくてはならない。とはいえだ、このゲルマニア調査も面白いといえば面白いので知的好奇心は常に充足していると言える。

「コクラン卿、国立運送会社についてでありますが内実はともかく外向けの名前はいかがなさるおつもりですか?」

カラム嬢との会話も、女性を部下に持っていることへの違和感がようやく抜けてきた。この女性は副官としての資質はそれなりのものを持っている。

「ああ、それならば閣下に相談しようともっている。」

「閣下に決めていただくのですか?」

当局に媚びたりするつもりはないが、この手の問題は私よりも国家運営の当事者が判断すべき問題もあるのだ。

「貿易に従事することも念頭に置くならば商会にすべきかもしれない。だが、商人を下にみる風潮が強い現状で国家が商業行為に手を出すことへの外聞はどう思われるか?」

「・・・成り上がりのゲルマニアと他国からまた騒がれるかと。」

「それに、既存の商会と競争することとなるのはあまり望ましくない。やはり、ここは物流網に安価な輸送手段を提供することにとどめるべきだろう。ギルドを通じて各商人に輸送する貨物量を割り当てるのはどうだろうか。」

「問題ないかと思われます。ですが、それだけで収益源になり得ましょうか?」

「そういうことだ。名は実態を表す必要が必ずしもないにせよ現状で外向きの名前にこだわる必要はあまりない。それはゲルマニア政府が決断すべき問題だろう。」

定期的なフネの往来は計画的な事業を可能とし、船団であること・護衛が付いていることなどから空賊への対応も基本的に考えられる。だが、収益については難しいものがある。試算してみなくてはわからないが風石などの諸経費も調査しなくてはならない。

最悪、国家事業として赤字を覚悟で行うべきかもしれない。貿易量の増大による税収増で相殺することも視野に入れれば最終的には収支がつくのかもしれないが初期投資がかなりかさむだろう。東方貿易で高価な交易用の物産品を運べた地中海世界と異なりゲルマニア内部で主要な交易品の利益率はそこまで並みはずれて高いだろうか?

それと、この世界はどの程度まで海洋に対する調査が進展しているのだろう。確かにフネは便利ではある。だが、そのためフネの航続距離に探索領域が限定されているのも気にかかるところだ。まあ、これらは今後の検討課題だろう。現在進めている懸案事項についてはやはり商人たちと協議しなくてはならない。そう思い、私はカラム嬢に以前面会した商人たちの中からヴィンドボナの調査に消極的にせよ協力を申し出た一派と協議する場を設けるように要望した。



{フッガー視点}

近く、ゲルマニア空軍が何らかの行動に出るらしいとの噂が在ヴィンドボナの商人たちの間でまことしやかに囁かれている。通常の買い上げ以上に物資を買い求め、いくつかの傭兵団が招聘されている。だが、奇妙なことに帝政ゲルマニア政府はこれらの動きを隠そうともしていない。政争ではないのだろうがでは何だろうか?

選帝侯らが訝しがっているとの噂があれば、逆に選帝侯らも積極的に居力しているとの評もあり状況はなかなか錯綜している。将来への目利きに優れる商人たちも情報を求めて奔走すれども、混乱が拡大するのみであった。そんな時、私の元に届けられた招待状に私は長年の経験が何かあると核心に迫れるような気がしてならず、指定された日時に会談に応じる旨をすぐに伝えた。


「急な日程に諸君が応じてくれたことに感謝する」

「いえ、私どもでお役にたてることでしたら何なりと。」

ヴィンドボナ近郊のそれなりの館に招かれた同業者たちはコクラン卿の調査活動に消極的にせよ手を貸したものばかりが集められている。このやり手の新興貴族が利権に簡単に釣られる俗物でないことはこれまでの調査でも、私の人物鑑定の経験からも間違いない。ならば、何か別の基準に使われそれに合格した私たちが呼ばれたと考えるべきだろう。

「本日、諸君に集まってもらったのは以前の話に関連してだ。」

集まった者たちの中から促されて、主席格の私が皆を代表して尋ねる。

「物流に関して、でありましょうか?」

「そうだ。諸君に以前訪ねた時、交易の拡大は危険が大きいことをあげていた。そこに安価に商品の輸送を行える商会を設立するとなれば、諸君のような商人たちにとってはどのような影響が出るかということについて意見が聞きたい。」

「恐るべき、競争相手にございましょう。商品の搬送にかかる費用は容易には削減しえないものでありますから。」

「では、逆にその安価に商品を諸君が運べる商会に荷をゆだねるということはどうか?」

「安価に、でありますか?それはどのようにして行われるのでしょうか。」

コクラン卿はこちらを試すような表情をされておられる。まるで、敏腕の同業者とやりあっているような感覚にならねばならないのは何故なのだろうか?貴族などというものは、概ねプライドだけが肥大化している生き物であるはずなのだが、このコクラン卿はしたたかな狐そのものだ。その皮を剥いで高価な商品にできるほどに敏腕な商人がいるとは到底思えないほどに。いや、むしろ我々が剥がれかねない。

「それについて話すには諸君にもそれなりの対価を求めなくてはならない。これは、ゲルマニアの新しい国策の一環であり諸君にはそれに乗るか降りるかが問われている。」

「ゲルマニアの新しい国策、でありますか。」

「そうだ。近く、空軍は空賊討伐を本格化させる。諸君も気が付いているかもしれないがすでに討伐の用意が始められているはずだ。」

安価な輸送手段。空賊の討伐?これを掛け合わせると何かが見えているのだが思考が迷走した螺旋からなかなか抜け出せない。経験からいってこの手の謎かけは愚者か賢者が行うものである。そして、相手は愚者とは思えない以上賢者と想定する方が安全だろう。

「この件については、これ以上語るのは差し控えよう。諸君にもここで決断せよというのは酷な話だ。少し時間を設ける。次の席までに思うところをまとめて決めてもらいたい。」

そう言うなり、コクラン卿は全く別の話題、現在の主要な交易品についていくつかの調達を希望してきた。量自体はさして大口の注文というわけでもないのでその場で持ち合わせのあった商人とコクラン卿の間で即座に契約が交わされ、その契約の締結を持って会談はお開きとなった。

だが、参加者の顔には疑問が張り付いたかのような空気が漂っている。「新しい国策」とコクラン卿は語っていた。その何かをつかみ、理解することができれば莫大な富のにおいがするのだ。長年の経験で培った鼻が、儲け話を嗅ぎつけている。何が何でも、詳細を調べ上げなくては。



{アルブレヒト三世視点}

ロバートの報告は国立運送会社に関する名称の問題とその運営経費、商人層への影響調査と現在段階で完成しているヴィンドボナ周辺の詳細な報告書と先行して調査が行われている地域に関するものであった。

「ふむ、これらは随分と面白い。確かに国家を運営していく際にこれほどのものがあれば計画を立てる上でも大幅に便利であろうな。」

余は提出された近隣の詳細を見つつその可能性に驚かされていた。だが、片方で国立運送会社の経費はあまり望ましくない額に膨れ上がっている。空賊対策は当初の計画通り、軍事費にはさほど影響が出ていないもののそれ以外が膨らんでいるのはあまり歓迎できないことこの上ない。余とて無限の財源を持つ訳ではないのだ。

「しかし、これはどうにかならないのか。」

「現状、あまり他の商人から権益を侵害しない形で進めてまいるにはこうせざるを得ません。選帝侯らの収益源である商人からの税収が減少するとなると選帝侯らの影響力は落ちるかと思われますが、現状では商人たちが潰れていくことのほうが問題です。」

「だが、そうやって育成した商人たちからの利益を選帝侯らにさらわれないか?」

「そのためのヴィンドボナを基軸とした体制構築です。中央を基軸化することで、相対的な設ける場としての選帝侯領を沈下させればおのずと商人たちは税をヴィンドボナに落とすようになるでしょう。」

そこまで見通せるのであれば、もう少し国庫をいたわれと余も思うところであるが、この男も万能ではないのだろう。だが、いくつか検討すべきものに対して道筋は付けられている。この方策によって空賊が沈静化できるのであれば許容範囲内である。ついでではあるが、中央の威光も多少は輝きを増すこととなるだろう。

「わかった。卿の計画を認める。卿はゲルマニアにおいて軍人としての地位を持っていないので、残念ながら今回は朗報を待つがよい。」

「はい。ですが、こちらに出向してきている空軍の軍人たちを一時本職に復帰させることは可能でしょうか?」

「構わん。討伐に合わせて予備調査を行え。」

まったく抜け目のないやつだ。



{フッガー視点}

ここしばらく、私はゲルマニア中枢の枢機に数多くの密偵をはりつかせていた。他方面へも多くのものを派遣し、ここしばらくは一瞬たりとも他者に後れを取らないように心がけていた。その成果である情報は空軍の基地へ出入りしていた物品納入に携わっていたものからもたらされたもので十分に報われた。

「定期航路と船団方式、それらを護衛する護衛のフネ数隻による大規模なもの。それが、コクラン卿の推進する新しい国策の中核を担う商会の運営構想であります。」

「間違いないのか!?それが事実だとすれば、私たちは競争から駆逐されてしまうぞ!」

もともと、ハルケギニアにおいて民間のフネは空賊の襲撃に対してかなり脆弱である。アウグスブルク商会のフネもその例外ではなく多くの商会と同様に快速のフネによる希少性の高い物品の搬送を主軸としてきていた。大規模な交易に適さない希少性の高い品々を快速のフネで扱っているのは快速を活かして空賊から逃げ切るためではあるが同時にそれらは搭載できる貨物の上限を狭めるとともに運送費用全体の上昇に悩まされていた。

だが、陸上のキャラバンのように船団が組まれるとなると護衛がつき、空賊程度の武装では容易に手出しができなくなる。それだけでも大幅にリスクが減少するのだが定期船団となるとコストがさらに切り詰められるとともに商取引上計り知れないメリットがもたらされる。いつ来るかわからない高価な品々よりも来るとわかっている商品を買い求めるにきまっている。だからこそ、大きな商会が小さな商人に有利に商売を進められているのだから。

「ですが、それほどのフネです。いくら利益が見込めるからと言ってそうやすやすと捻出できる額ではないと思うのですが。」

「なるほど、それだけの船団を組むだけのフネを調達するには難があるのだな?」

「私どもがお貸ししなければそれだけのフネを建造することも購入することもできますまい。」

確かに、それは一理ある意見だ。机上の空論をもてあそぶ宮廷貴族どもならうぬぼれた頭でさぞかし得意げに語ることであろう。その背後で我々商会の面々が笑えば良い話だ。だが、今回ばかりは嫌な予感がしてならない。コクラン卿は机上の空論を転がすものとは全く逆の存在だ。むしろ、すでに調達の目処が立っているからこそ商人への接近を始めているのではないだろうか?

「しかし、その情報をどうやって手に入れたのだ?」

「空軍の中で、年を取って軍をやめる平民の中から希望者を募っているところにはち合わせまして。そこで聞き耳を立てていると新しく設立される商会が平民にはお似合いだとメイジの方々がおっしゃっていました。そこから話を得てまいりました。」

「では、空賊討伐もその商会の交易路を切り開くために邪魔な空賊を排除するためか。」

確かに、空賊がいなくなることまで望めなくてもある程度でも抑制されるだけで商会にとっては大きな便益をもたらす。だが、空賊以上に有力で厄介な存在が生まれるとあっては手放しで喜ぶこともできない。

「ご苦労だった。少なくてすまないが、これで酒でも楽しんでくれ。」

コクラン卿との会談前にこれを知れたのが、せめてもの慰めになる。だが、本当になんという厄介な人物を相手としなくてはならないのか。貴族の相手など楽だと言える時代が本当に懐かしい。


{ロバート視点}

これで、三度目となる商人たちとの会合であるが最初のころに比べると随分と商人たちの私を見る目が厳しくなったものだ。たかが貴族といったある種の油断が完全に抜け落ちていて徴税に赴いた役人を迎えるかのように油断一つ見せない体制である。

空軍で流れてしまった噂は予想以上に早く商人たちによって収集されていると見てよい。この世界でも情報の重要さに気が付き、先を見据えられる商人がいるのはこれからのことを考えると信頼してビジネスに取り組めるだろう。それに、物流を商人だけが担えるのではないとその可能性を見据えさせることができたのも今後の交渉を考えると有効なカードになりえる。もはや、彼らの占有物でないのならば交渉も大いに譲歩させられる。

「さて、諸君。お集まりいだいということは、ある種の対価を払う用意があるということと受け止めて良いだろうか?」

沈黙。反論は出ていない。しかし、その参加者も沈痛な表情なのは少々薬が効きすぎたか。今後のことを思うと商人たちとも良好な関係を築いておきたいのだが。彼らとは物流網の情報と交換で、定期船団に荷を積み込ませる権利の配分に参加させることにしよう。双方にとってそれがよい落とし所となるだろう。

「安心してほしい。私は、パイを一人で食べるよりも諸君と食べることを望んでいるのだから。」

パイを人前で独占して食べるのは愚者の愚行に他ならない。特に、飢えた集団の前でパイを見せびらかす真似はその極みである。

「パイを一人で作るのは困難だが、諸君とともに作りそれを共に食したいと私は考えているのだ。」


{ミミ視点}

私は、あの男の代理という極めて遺憾な職分によって空軍の軍艦に搭乗していた。閣下からの指示によれば私は、貴族の一員として空賊討伐に志願したという名分でコクランの部下らを預けられるので予備調査を行っている。

ゲルマニアはその国土の大半が森に追われている。それまでは、そのために根拠地を発見するのが困難であると思われていたが、逆に言うとこちらの監視要員も空賊から発見されないという利点があった。だから、身代金を受け取って帰還していくフネを追跡するのは網を張っていれば大まかな方角がわかり、その方面を虱潰しに調べていけば予想以上にたやすく根拠地を捕捉することができていた。

それから後は一方的だった。夜間に乗じて先行していた傭兵たちが根拠地に火を放ち、そのかがり火と言うには、大きすぎる明かりを頼りに圧倒的に有利な上空から空軍の軍艦で上昇しようと足掻いている空賊のフネを制圧する。混乱しているところへ上空に空軍のフネが砲口を向けてきていれば大抵の空賊とて抵抗の無意味さを悟るところとなる。龍騎士か、メイジでもいれば上空への攻撃も手段がないわけではないが、抵抗を行おうとした瞬間に撃沈される位置にいるのだから当然のことだろう。

仮に、空賊のフネが見当たらない場合はそこに軍が展開しかつて誘拐されていた者たちからの証言と突き合わせて空賊の根拠地と判明次第焼き払われる。同時に少なくない量の風石はことごとく押収され帰還したとしてもそのフネは地面に這いつくばることとなる。その際に根拠地の中で、今後軍の拠点として活用できそうな場所を見つけてそれを記録するとともに、後方へ送るのが私の主要な職務となっている。

「それにしても一方的ね。まるでこれでは狩りだわ。」

「あの方は、狐を燻りだすのだとおっしゃっていました。」

私のそばに現れたギュンターは愉快そうに眼下で旗を降ろしていく空賊のフネを眺めている。空軍の軍人としては、忌々しい空賊があっさりとしとめられてうれしいのだろう。まあ、私も亜人討伐の際に楽であればきっと同じ顔をしているはずだ。

「それにしても、狐とはうまい表現ね。」

「巣穴を封じこみ、猟犬で追い回したあげくに法で裁くのが最終的な目的だそうです。」

「随分と周到に考えていらっしゃるわ。あまり、良い趣味とも思えないのだけれども。」

「理には叶っておりましょう。よほど無駄がない。」

確かに、あっけないくらいに簡単に片が付いているのはあの男の計画に半信半疑であった私としては衝撃的であった。カラム伯領で警備隊に努めているときも賊と戦ったことがあるがこれほど鮮やかに問題の根本を断ち切ることまでは思いいたらなかった。

「さて、拿捕賞金とやらがまた入ってきますな。」

「私としては、そろそろ本末転倒のような気もしてならないのだけど。」

そのような、私の思考を見透かしたか、ともかく良いタイミングでギュンターが空軍の軍人たちが意欲的に働く秘訣に言及した。空賊の根拠地にはたいていの場合いくばくかの財宝が貯蓄されている。それらは身代金として支払われたものが大半であるが、通常、それらはすべて国家の財産に回されることとなっている。だが、今回の討伐任務において仮に空賊のフネを拿捕することに成功するとそのフネの規模に応じて褒賞が任務参加者に与えられる。

なんと、傭兵にまで支払われる拿捕賞金制度の導入によって貴族の一部などからは空賊を襲って身ぐるみはいでいるとまで言われるほどに意欲的に討伐任務が進捗している。フネは手に入り、運営資金となる財宝を手に入れる。それすべてを空賊から調達するというのだから、あの男はメイジの錬金に相当する魔術的な手法を持ち合わせているのだろう。



{アルブレヒト三世視点}

余が、カラム伯より奇妙な男を受け取って一年が立った。カラム伯は誤解があったとはいえ結果的には余によい人材をもたらした。今、そのものから提出された報告書の内容に余は笑いが止まらないのだから。


『帝政ゲルマニア皇帝アルブレヒト三世閣下

ゲルマニア国土調査卿ロバート・コクランより謹んで報告奉る。

一、マリア・クリスティーネ・フォン・カラムより空賊討伐に関連して報告。

損害は、当初の予定内に収まり現在頑なに投降を拒絶する空賊を追討中。獲得せりし戦果はフネ大小合わせて14隻を鹵獲せしものを筆頭にそれらを二年運用するに足るだけの風石と17万エキューの純収入。撃沈せりし空賊のフネは22隻。同時に開放した人質は57名。また恩赦期日を過ぎてから拘束した労働力3000人強を辺境開発に動員可能。これらには技能労働者を含む。

二、ロバート・コクランよりゲルマニア国立運送船団に関連して報告

ヴィンドボナ近郊にある商会等の助力により空軍に編入された三隻を除くフネ11隻によってゲルマニア横断航路の定期便を現在試行中。辺境地域とヴィンドボナとの物流改善に対して概ね成功している模様。

三、同じく、国土調査に関連して報告

国土の主要な街道を把握。選帝侯など一部大貴族領に関しては詳細な調査が行えなかったものの現状でのゲルマニアの理解と行政効率の改善には役立つと判断される。

付記
現状の懸念材料として、ゲルマニア艦隊の追討から逃れようと複数の空賊が活動領域を隣国に移し始める傾向があり、根拠地を根絶することが困難になりつつあり。国境の監視を強めることを提言する。』

あやつめ、空賊からフネを本当に分捕りまんまと船団に必要なフネを調達してのけた。軍事行動が黒字だというのも初めてのことだ。国内の限定的な動員とはいえ数百万エキュー単位の出費が最終的に黒字となるとは予想できなかった。気前よく、拿捕賞金なるものをばらまいていて黒字であるというのだから『素晴らしい』一言に尽きる。味をしめた空軍はこの空賊追討がひと段落したのちも拿捕賞金目当てに折々の任務でこれまでになく空賊を探し求めているという。襲う側と襲われる側が逆転しているといってもよい。

いずれにせよ、思わぬ副産物を得たものの、当初の目的通りゲルマニアの地勢調査は完了した。今後は緩やかながらも確実に中央集権化の流れを強化していけばよいだろう。問題はこれからであるにせよ本格的な改革によって可能な限り他の貴族との相対的な力関係の差を強化し他国と対峙していかなくては。


{ギュンター視点}

コクラン卿の部下たちはコクラン卿のことをボスと最近呼び出した。貴族でありながら平民の引き抜きを行う変わり者かと思っていたが、あのボスについていくと大きな御利益があることがわかったからだ。親愛と、敬意を示すべき相手であるというのが儲けさせていただいた部下一同の総意である。

自分など、メイジでないにもかかわらずフネを一隻任されるまでに出世することができた。その上、空賊討伐という本来の目的とは異なる任務に従事した際の拿捕賞金でそれなりの邸宅をヴィンドボナに買うことまで叶った。拿捕賞金を最も稼いだあるフネなど一番下っ端の水夫連中にすら500エキューは下らない額の報奨金が振舞われている。

軍務を司るハルデンベルグ侯爵には合計で十万エキューが司令官の取り分として振舞われ、軍費の負担を嫌い参加しなかった貴族たちを歯ぎしりさせたという。特に、金策に苦しんでいる貴族たちの落胆は見事なものだったとのことだ。ハイデンベルグ侯爵自身も乗り気でなかったはずが、拿捕賞金が2万エキューを超えたことから、いつの間にか空賊討伐をこよなく愛されたという。これまで空軍に見向きもしなかったメイジたちが方針を一変させたというのが最近の軍内のもっぱらの話題だ。

「しかし、船長。どうしてボスは取り分を断ったのでしょうか?」

「さあな、ボスの考えることは俺にもよくわからん。ボスのことだから何か考えがあるのだろう。」

公式にはコクラン卿は国土調査がその職務であり空賊討伐とは縁もゆかりもない。せいぜいが平民上がりというのがおおよそのコクラン卿に対する認識でありごく限られた範囲でのみ知られた存在であった。

「しかし、ボスが名乗り出ないでいるおかげで貴族たちは疑心暗鬼に駆られていませんか?」

アルブレヒト三世の下に優秀な軍人がついたのだの、誰それがひそかにヴィンドボナについているだの現在の貴族たちはお互いの動向に戦々恐々としている。

「だが、名乗り出たら名乗り出たらで面倒だろう。あの人もメイジではないし何やらわけありらしい。」

「ですかね。まあ、名乗り出たら古いだけの国からろくでもないお客さんがわんさか来そうですし黙っておく方が良いかもしれませんし。」

「ああ、連中自分たちの無能を棚上げしてゲルマニアの陰謀だとか叫んでいるらしい。空賊の裏にはゲルマニアがいると主張してやがる。」

食糧輸入の都合上どうしても空路の安定に本腰を入れなくてならないアルビオンはその強力な艦隊を用いて本気で空賊を追いかけまわしている。内々にではあるが事態の遠因を引き越したことを理解しているならば助力するように求められているらしい。まあ、合同で対処しようと提案してきているため練度の高いアルビオン艦隊から何か学べるのではないかと空軍の一部はこれに好意的に反応している。

ガリアは沈黙を保っているがあの無能王は何を考えているかわからないだけにそれが何を意味するかは不明だ。だが、それらもトリステイン王国に比べればまだましだろう。トリステイン王国はお話にならないほどひどいというのが、衆目の一致するところだ。

「トリステイン王国が、責任者の首を求めてくるかもしれないという噂はシャレにならん。」

「国境沿いの貴族どもでしたっけ?伝統と栄光ある王国貴族とやらの威光は空賊にも通じないほど滑稽な有様でありながらこちらに責任転換してくるとは。」

「半分以上は、もともとトリステイン王国からの出稼ぎ空賊でしたよね?まったく厚顔無恥にもほどがあります。」

「こちらに頭を下げるどころか、下げさせようという鳥頭どもでは恥を理解できないのも無理はないでしょうが。」

部下たちの憤りを聞きながらギュンターは貴族というのは底抜けに最下位争いが得意な人種なのではないだろうかと真剣に考え始めた。いい加減な統治に間の抜けた政策を打ち出す程度ならよほどまともな部類の貴族というのが現状であるならば、自分の上司が本当に貴族かどうか誰かと賭けでもしてみる価値があるかもしれない。

空賊は、富があるところに集まる。当然、食うに困った連中はとってりばやく稼げる空賊に魅力を感じ集まってくる。そのような空賊たちにとってこれまではトリステイン王国はカビの生えた存在でしかなく魅力も乏しかった。

しかしながら、ゲルマニアにおいて大規模な追討が行われ、空賊を軍が猛烈に追い回し始めるようなるとゲルマニアでの略奪行は危険が高まる一方であった。当然、暴れれば根拠地に目をつけられ軍が飛んでくる。それを嫌った結果、空賊の中でそれぞれのゲルマニア外へと根拠地を移動させる集団も現れ始めた。根拠地をゲルマニア外においたそれらの空賊に対してゲルマニアは忌々しく思ったが、越境攻撃をかけることもできず国境を固めるにとどまっていた。

だが、空賊たちにとっても厳重なゲルマニアの哨戒線を突破することは多くの危険を伴うもので割に合わなかった。そこで、当然の帰結として彼らは自分たちの根拠地がある国で仕事をすることとなっていた。その影響を一番受けているのがトリステイン王国の国境地帯である。収益自体はさほど豊かなものではなかったが、危険度が遥かに低いために空賊たちは手数で利益を上げることに成功している。

「トリステイン王国はアルビオンほど差し迫っていないだけに団結もできまい。連中は、本当に救いがたいな。」

「いい、ボスに恵まれたことを素直に喜びましょう。」



{カラム伯}

最近空軍からの年季奉公人や流刑者の割り当てが急激に増大しカラム伯領の開発は急速にピッチを上げていた。特に、空軍からまわされてくる技能労働者は高価であるものの、これまで辺境では容易に調達できなかった部分を補える技師などが含まれているために辺境ではもろ手を挙げて歓迎していた。

「ようやく、亜人を討伐した地域に鍛冶屋ができました。これで、耕作の用具をいちいち運ばずに済みます。」

ここしばらく久しく聞いていなかった望ましい報告をベルディーから矢継ぎ早に聞くことができ、カラム伯は大変心穏やかに毎日を過ごせていた。近年では稀だった心穏やかな日々を過ごせていることを始祖ブリミルに幾度となく感謝している。

ここ、カラム伯領にも多くの技能労働者が割り当てられていた。帝都で出仕していることとなっている娘からはようやく近況報告代わりに軍務に従事している旨を記した手紙が届いている。それによれば、軍務での功績によって年季奉公人5名を特別に贈与されたらしい。だが、実際には軍務が多忙で軍営にいることが常態となっており使い道がないのでそちらで使っていただきたいとのことが記されていた。帝都にいる友人からは、娘が何か厄介事にかかわっている可能性があると忠告されているもののこの調子であるならば特に問題もないだろう。

最近は、ようやく商人たちもこのカラム伯領にまで足を延ばすようになった。このためにこれまではあまり手に入らなかった物品も多少は安く手に入るようになっている。概ね平和。亜人盗伐も最近はひと段落し息子たちもそれぞれ見通しが立ち始めている。カラム家の未来は明るいだろう。

そこまで考えた時、カラム伯は娘だけがまだ残っていることに深いため息をつきたくなった。親の贔屓目を差し引いても美しい子に育ってくれたはずだ。まだ、判断力や先行きの読みは甘かったり経験不足で会ったりはするが十分に優秀な能力も持っている。貴族の娘としてそれなりの教育もしてきたはずなのに、どこで間違えたか帝都に出仕する羽目になり気がつくと一年が経過してしまっている。そろそろ、初めての孫が生まれるだろうがその子が生まれるころまでにはできればミミの婚約相手も考えておかなくては。

好好爺とした穏やかな顔をしながら、カラム伯はゆったりとした一日を過ごしていた。



{ミミ視点}

「ええ、そうです。はい、艦隊の停泊地として新規に建設することを申請してください。民間との兼用になるので維持費は国立運送船団が出しますので初期費用のみ空軍の負担という線で交渉を進めてください。」

書類の山に包囲されつつもマリア・クリスティーネ・フォン・カラムはその同僚たちと懸命に決済に務めていた。

「え?はい、拿捕賞金の申請ですね。今回鹵獲した物品の一覧をこちらに記載して空軍の担当官に提出してください。」

空軍はこれまでになく積極的に任務に従事しているようね。今月に入ったばかりだというのにもうすでに撃破賞金の申請が2件に拿捕賞金の申請が1件。順調なことは結構なことだけれども、こちらの書類仕事が増えているのは正直、手放しに喜べるものでもないわね。

「コクラン卿への面会要望ですね。ミスタ・フッガーのご要望をお伝えし、後ほど日程についてお知らせいたします。」

商会との面会には可能な限り立ち会わねばならないので大変憂鬱です。虚無の日がお休みになったのはいつが最後でしょうか?

「ミス・カラム、フネの改修に関して報告書がまとまってきております。」

「ご苦労様です。ミスタ・ギュンターに確認をとり問題がなければそのまま改修に取り掛かるように指示なさい。」

さすがに、拿捕したままで運用するには問題があるとのことなので元空賊のフネも改修し使う予定なのですがこれまで私が指示すべきことなのでしょうか?空軍の専門家たちが処理すべき案件なのではという気がします。ボスの不在時には、責任者はあなたでしょうとさりげなく仕事をギュンターに押しつけられたような気がしてなりません。

「コクラン卿より、近隣の土系統のメイジについて詳細を調べ上げこちらで雇用が可能なものについては採用を始めよとのことです。」

「わかりました。別途予算等についてコクラン卿にお問い合わせしたい懸案事項についての書類を作成し、明日の定時連絡時に提出するのでその旨ご連絡ください。」

「その件についてなのですが、明日はミス・カラムに閣下より召集がかけられております。出来れば本日中にお願いできないでありましょうか。」

ああ、そうでした。監察の職務から解放されたわけではないのでした。当然ながら、報告義務が。

「わかりました。本日中に纏めますので少々お待ちください。」

そう言うや否や、ミミは目の前に積み上げられた書類に懸命にペンを走らせる。魔法学校の時に友人たちからペン運びが遅いと称されていたが、今ならば同期の誰をも驚かせることができるまでに習熟している。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

2/21 推敲して差し替えました。まだかなり量があるorz

2/25 差し替えの際に誤って抜け落ちていた部分を追加しました。
カザミ様ご指摘いただきありがとうございます。

見落としているとはorz



[15007] 第六話 新領総督ロバート・コクラン (旧第20話~第24話を編集してまとめました)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/03/28 00:14
{ロバート視点}

最近は、それなりに有意義な毎日になっていた。現在の私は、ヴィンドボナを離れ空賊討伐で新たに直轄領に編入された地域に総督として赴任している。この直轄領は暫定的に新領と名付けられて二週間ほど前に任されたばかりだ。

ここに至るまでに、さまざまな紆余曲折があったようだ。メイジでない私が一代限りではあれ貴族として任じられるのはかなり貴族からの反発が予想された。ゲルマニアでは資金さえあれば平民でも貴族になれる上にメイジである必要はないとのことなので、法的には問題がないとのことではあるが、伝統との兼ね合いがあるとのこと。そこで、急激に成り上がり者だと思われ警戒されることや面倒ごとが起きるのを私が嫌ったことと、下手に政治問題化させたくないアルブレヒト三世の利害が一致した。貴族でありながら、領地持ちではないことになっている。

そして、私の総督としての職務はこの地域の統括とされ、いかにも中央から統制されているように外からは見えるようにされている。だが、その内実は統括する領域内においては辺境伯と同等の権限を与えられ大抵の事象ついては自由に裁量することができるようになっている。外聞と内実が一致しないのはいつの世も共通のことだ。国土調査の任は解任され、今はそれなりの時間を自由に使える立場となり、前々からの関心事項をようやく楽しむことができそうだ。

アルブレヒト三世からは新領に関しては自由に開発してかまわないと保証を得ている。近隣の貴族たちには注意することが求められているだが。私の持ち込めるものを持ち込み自由に開発できるのですぐにでも発展するだろうというのがアルブレヒト三世の思惑らしい。ある程度、政治的な手腕を示すことも期待されているのだろう。少なくとも、隣人との折衝もできない人間とはみなされていないようだ。その上で、開発の進捗を見極めるつもりだろう。

しかし、開発についてであるが私はいささか困難が存在するのではないかと思っている。確かに、私の世界であった技術はこの世界のものを大幅に上回る分野が圧倒的である。だが、水の秘薬に代表される医療関係に関してはこちらの世界の水準は私の知る世界のものを大幅に上回っている。厳密には私の専門ではないが、知人の軍医が語っていた我が祖国の発見した新薬は従来では不治だった結核等にも有効とのことだが、このハルケギニアの水の秘薬はあらゆる疾患にかなりの効能がある。金銭的に余裕のある階層は老衰を除けば死因は毒殺か外傷によるものだとすら言う。

土のメイジたちの錬金についてもそうだ。土のメイジたちは物質を変えることができるのだ。私の世界の錬金術師たちが求めて止まなかった金を作れる者までいるという。さらに、物質を自由自在に変化させられるとも。一応、金の錬金は100%の純度を誇るものを作れるわけでもないらしい。だが、これらが国法で通貨偽造に使用した際に厳罰を科すことになっているのは当然の帰結ともいうべきだ。

このハルケギニアにおいては魔法がその他の手法よりも圧倒的に効率的である。そのため魔法に依存しない産業はあまりにも未発展と言わざるを得ない。競争しても勝てないのだ。積極的に投資されるはずもない。確かに、私の世界からその技術とそれを支える基盤を丸ごと持ってくれば魔法に依存するそれらよりもはるかに効率的だろう。

だが、私は技術者ではないのでせいぜい概念の伝授やある程度の模倣しかできない。それだけでも試行錯誤しなくてはならないだろうことは自明であるが、さらにこの世界の技術基盤はあまりにも私には異質で馴染みの無いものだ。自分が異邦者であるとこの上なく理解させられるものでもあるが、とにかく戸惑いが絶えない。むろん、知的好奇心を伴うものではあるのだが。

私にしてみれば当たり前に手に入るべきものが手に入らない。製鉄技術が比較的にせよ整っているとのことなので転炉を希望したところでそれが何なのかと尋ねられるありさまだ。原油などは燃料として入手することもかなわない。そもそも、この世界には蒸気機関がないのだ。動力として採用されているのはすべて魔法由来のものだ。

産業革命は大量生産をもたらし従来の手工業を粉砕した。それらは、圧倒的に早くそして安かったからだ。同時に、機械による生産速度の急激な向上はその材料資源と市場の獲得を巡る植民地獲得競争とその激化をもたらした。その植民地獲得競争や軍務ならば専門事項だが、まず産業革命を引き起こすことができないのだから私の手腕はそこではあまり揮えない。

であるならば、私ができることは産業革命以前の手本に習うことだろう。すなわち、古代ローマやヴェネツィア共和国の政策に。特に古代ローマの政策は驚くべき繁栄を産業革命以前において達成している。鉄道ができて初めて古代ローマ街道を上回る移動速度が部分的に世界で達成された。それ以前において私の世界でこれを上回ることは一度たりとも達成されていないというのは、大きな歴史的な事実であった。

このハルケギニアにおいてはフネが存在するために高速で国内を輸送する手段は鉄道ではなくフネの船団になるだろう。だが、その積載量は限界があり決して多くはない。経費をできるだけ削減しても輸送費用は鉄道に比べれば高い水準にとどまる。鉄道の代替としてフネが担えるものは不十分な範囲に限定される。やはり物流の主軸となりえるものはローマ式街道が一番有望だろう。整備の問題はあるにしてもやはり費用が少なくて済むと思われる。

だが、そういったことを考えるよりも今の私は最大の関心事項である魔法について調べることに没頭したい気持ちである。この分野に関する書籍はヴィンドボナの図書館で読み漁ったが、ベーコン以後の自然科学を厳密に研究しようと心掛けてきた学問に慣れ親しんだ身からすれば到底満足できるものではなかった。

ならばと、興味を持ったことを早速調べてみることを私自身で調べてみることを思い立った。最近ではようやくハルゲニア語でももっともらしい文が書けるようになっている。魔法について研究し、実際にメイジ達の意見を聞いてみるのは面白いだろう。そう判断してメイジから協力を募ろうとしたもののこれらは難航していた。

「魔法も使えない貴族になど仕えたくないということなのか」

ふと、愚痴にも似たつぶやきを漏らして私は届けられた書状を片付ける。

「研究対象にされたくないという矜持なのか。どちらにしても、研究するためには彼らの協力が不可欠なのだが。」

もはや、何度目になるか分からない協力要請への断り状に首をかしげつつ思案にふける。一番の関心事項に携われないのは残念極まりないことではあるが、私の関心事項はまだ複数あるのだ。焦ることもないだろう。幸いにも選択肢はまだ豊富にあるのだ。

さしあたっては、ゲルマニアが強く求めているこの地域の産業育成に絡めて何か興味をひくものがないか調べてみようと思う。現状で用意に取り掛かれる近隣地域はいくばくかの平地とそれなりの山岳地帯だ。探せば未発見の動植物もあるかもしれない。学術的にはそれほど興味あるわけではないが山岳地帯には鉱物資源がある可能性も高いだろう。こちらは土のメイジ達が専門であるというので彼らに任せてしまうつもりである。

いくらメイジが鉱物を作れるとはいえ、採掘の方がこの世界でも圧倒的に効率が良いとされている以上鉱脈の探索と採掘に力を入れておくべきだろう。もっとも産業育成上重要であることは間違いないが、いま一つ自分には興味が持てないのでこの手のものを任せられる専門家がいるならば専門家に任せてしまう。カラム嬢に任せたメイジ達の召集は上手くいっているようなので特に口出しすべきこともない。

だが、この世界において銃があまりにもお粗末であるのには耐えがたい。これでは狩りを楽しむこともできないではないか。そう思い、量産せよとまでは求めないが良い猟銃を作れる鍛冶屋を探したが見つからなかった。装飾銃などいらないのでとにかく実用に耐える猟銃を求めているだけなのだが。

猟犬の訓練もいま一つだ。貴族連中に狩りはさほど人気がないらしく優秀な狩猟犬の育成は行われていなかった。犬がいるからというので、染料程度は手に入るので正装を仕上げ、幾ばくかの期待を込めて狐狩りに出かけてみたものの、狐を追いかけまわすどころか野鳥に気を取られて狐に逃げられるありさまであった。おかげで私は一度狐狩りを試みただけで当分は狐狩りをあきらめる羽目になっている。あと、ひと月はヴィンドボナに出仕しなくとも問題はないらしいが猟犬の訓練が完了するのは随分と時間がかかりそうだ。

平野部の開発も検討しなくてならないがいくつか気になる部分がある。まず疫病だ。比較的この新領は北方に位置し疫病の媒介を行うものがいないと予想されるものの水の問題は深刻だ。きれいな水がなかなか見当たらない。山岳部は湧水が期待できるが、平野部はそうはいかない。人口増加を見据えると、長期的には水の問題は深刻だろう。土地改良事業には多くの時間と費用がかかるだろう。

平野部が発展し工業の中心となる前提を満たしていない現状では開発の重点は山岳地帯におく方が良いかもしれない。なにより、平野部には主要な人口密集地帯が存在しないためにまず人集めから始めなくてはならないのだ。一応将来的な拡張性を想定し、この新領を統括する城館は平野部に作ることにしているがその建築資材や技術者を呼び寄せている段階でしかない。

今のところ、私は山岳地帯のある小規模な城館を拠点にしているが将来的には別館のようにここを拡張するつもりだ。さしあたってはヴィンドボナから人を連れてきたが、統治を進めていくならば現地からも雇用を始めなくてはならないといったところか。



{アルビレヒト三世視点}

「余は常々、ある隣国を古いだけの連中だと思っていたが、腐っているとはついぞ知らなかった。あまりにも腐った言葉を吐くとは思っていたが本当に頭が腐っていたとは。」

余はつい先ほどの退出させたトリステイン貴族からの使者の口上を思いだし、あまりの馬鹿さ加減と配慮の欠如具合に盛大に嘲笑を楽しむことにする。だが一通り笑いが収まると、冗談で言ってきているのではなさそうな雰囲気の書状に思わず頭痛がしてくるのを感じた。救い難い愚か者との意思疎通は極めて難解であるというのが政治経験のもたらした普遍の鉄則のはずだが、意思疎通の存在を疑う羽目になるとは。なかなか斬新な経験だ。

曰く、ゲルマニアと空賊がつながっているのではないか。
曰く、否定するならば空賊をどうにかせよ。
曰く、それらを行わないのであれば空賊とつながっているとみなす。

ゲルマニアが空賊とつながっていると断定しているようなものだ。連中は本気でゲルマニアが空賊とつながっていると信じているらしい。ブリミルの名にかけて謝罪せよなどと言ってよこしている。

曰く、空賊への支援を打ち切れ。
曰く、捕らえた空賊を引きわたせ。
曰く、責任者を引きわたせ。
曰く、損害を補償せよ。

「それにしても貴族たちの連名であるとはいえ、やはり我がゲルマニアを見下した書状であることよ。こんな書状を送ってよこすとは。トリステイン王国には舐められたものだ。」

「まったくです。ですが、王国からの使者でなくあくまでも国境付近の貴族たちからの使者をトリステイン王国が扱いかねてこちらに回したのでしょう。トリステインでの認識はその程度かと。」

曲がりなりにも帝政ゲルマニアは一国の国なのだ。それを、あたかも下に見下し方のように貴族たちが要求を突き付けてくる時点でトリステインの認識が目に見えるようだ。

「戯言にいちいち付き合っておれんな。」

「しかし、あの王国の貴族どもは本気で我が方の仕業であると考えております。いかがなさるおつもりですか。」

トリステイン貴族との交渉を任せてあるラムド伯が同じような感情を味わっているのだろう。頭痛をこらえるような表情を浮かべつつ対応策について指示を求めてきた。何となしに、外務を任せ始めたころからすると急速に老けているようだ。

「連中の泣言など知ったものか。討伐してやるといったところで軍を入れるのは認められないとほざくのであろう?」

「討伐を口実に侵略するつもりかと疑われましょうな。」

「しかも、空賊が暴れるのにつられて農民どもが逃走し賊になったことまでゲルマニアに責任があると断じている。連中は交渉する気があるのか?」

連中、自分で討伐すらできないとはいえこのような理屈に至れるとは頭に問題しかないのではないだろうか。常識的な帰結が出来ないあのような愚者どもが隣人とはわが身の不幸を嘆きたくなる。まあ、愚者ならば料理しやすいとも言えるのだが。

「越境して侵入してくる空賊や山賊の討伐に苦労しているのはむしろゲルマニアなのですがそのような事実は、トリステイン貴族には理解できていないと思われます。」

まったくもってその通りだ。まともに働いていない王国の連中と異なりまともに働いているゲルマニア軍は苦労しているのだ。空軍が拿捕したフネは略奪行動の前であるからさして財源になるわけでもなくむしろ拿捕賞金で出費がかさむ。まさか、見逃せというわけにもいかないので頭が痛いところだ。

辺境伯などからは、山賊が流入してきているとの報告ももたらされているが、討伐しようにも流入数があまりにも多く対応に苦慮している。軍を国境全域に貼りつかせる和敬に行かないのだ。苦慮の策として、適宜間引きしているのが、一度は没落したメイジが混じった大規模な山賊団の越境が確認され、空軍を動員した山賊討伐まで行ったばかりだ。

「とにかく、ゲルマニアとしては関与していないと主張するほかあるまい。」

「わかりました。ですが、マザリーニ枢機卿に事実確認の使者を送っておこうかと思います。どうも、今回の使者についてマザリーニ枢機卿が知らされていないのではないかと私には思えてならないのですが。」

「かもしれぬな。その件については卿に一任する。」


{フッガー視点}

「では、コクラン卿によろしくお伝えください。」

「はい、確かに卿にミスタ・フッガーよりの誠意をお伝えします。」

コクラン卿は今回の功績によって新領を任された。当分の間、同地の統括に従事するのでヴィンドボナには顔を出さないらしい。現地の開発に必要な人間の紹介を求められたので幾人か気の利いたものを紹介しがてら、密偵を送り込んでおいたがやはり油断ならない。

つい先ほども、買付けの使者がやってきたが大量の建築資材と馬車を要望された。城館を築くとのことなので資材はわかるが、それにしては発注量が多かった。馬車の使い道と合わせて尋ねたところ街道網とフネの停泊地整備に使うらしい。即座に進軍路の整備を行うのかと驚いたが、規模が違いすぎる。完全に、流通の改善に傾注するようだ。

それと、表だってコクラン卿は山岳地帯の鉱物資源に興味を示していないようであったが、その部下がいつの間にかそれなりの土のメイジを集めていた。密偵を入れる間もなく、情報も限定されたものしか入らなかったが、かなりの規模で探索を行うようだ。新領の鉱山開発は国が独占的に行う腹積もりだろう。せめて、買付けでも行えればよいが交渉の材料が少ないのはあまり歓迎できない。

コクラン卿はパイを分かち合うと明言してはいるものの、それはこちらが協力することを前提としているものに限定してのことだ。こちらの協力に見合ったものしか差し出す気がないのだろう。難しい関係ではあるが総じて有益なものである以上、こちらからの行動は慎重であるべきだろう。コクラン卿の政策はかなり成功している。その手腕は確かなものがあるのだから利害関係に関してもこちらに一方的に損害だけを無思慮にもたらすとも思えない。

鉱山開発の利権について深入りするのは諦めるべきかもしれない。将来的にそれらを販売するためにはコクラン卿も我々との取引を望むことになるだろう。ならば、そこでお互いに利益をうまく配分できるようにできれば望ましい。

だが、コクラン卿は別方面で起きている事態を想定して名も出さずに新領へと赴任したのであろうか?空賊や山賊がゲルマニア外に流出したことで流出先の商業網はかなり混乱している。密偵たちからは他国の貴族たちがこれはゲルマニアの陰謀だと疑い騒ぎ始めていると報告してきた。このことは、今少し探ってコクラン卿に知らせておくべきだろう。



{ロバート視点}

産業革命以後急速に発展した工業が平野部での展開に適していたために山岳地帯は相対的に衰退したのが私の世界である。しかしながら、この世界においては依然として山岳部のほうが富になりえる物品が多い。初期コストがかさまないということも大きな要因となっているだろう。

なにより、私にとって山岳部での調査のほうが興味深い。プラントハンター達には及ばないにしても興味深い植物が見つかる山岳部を歩くのは楽しいものだ。護衛のために幾人かを連れて歩くのは気乗りしないものだが、私自身の自衛力はこの世界においては低い水準で、彼らに採取した物品を運んでもらうっていることを考えるならば感謝しなくては。

この地に赴任すると同時に、各村落に対しては布告を出し、それぞれ代表を仮の行政府に召集している。この期日まで少しばかり余裕があることを考えれば、遠出してみるのも良いかもしれない。この付近はともかくとして新領の大半はいまだに詳細を把握されてない。空賊たちを制圧する際にある程度の人口密集地域は把握しているもののまだ未調査の区画は広いと言わざるを得ない。早急に改善するべきだろう。

空賊から盗賊や山賊に転職した連中も多いらしく、山狩りを検討すべかもしれないと報告されていことも考慮するとそれなりの人数で出かけるべきだろう。一応、フネが空軍からの出向とムーダと名付けられた国立運送会社からの出向で3隻ある。現状では慣熟を兼ねて地形調査や村落探索は行っているものの、森にさえぎられると視界は限定されてしまう。これほどの材木があるならば燃料や資材として使うには困らないだろうが。とにかく、長期的には治安確保も重要な課題だ。だが、現状ではもう少し大まかでも探索の範囲を広げるべきかもしれない。

「ギュンターを呼んでくれ。申請のあった新領北方地域への探索について相談したいことがある。」

「かしこまりました。お時間はいつごろになさいますか?」

「彼とともに昼食をとろう。たしか、衛兵が訓練で仕留めた猪を持ってきてくれていたはずだ。彼らに感謝を伝えておいてほしい。」

森の恵みは豊かだ。山岳地帯で果樹畑を作り、酒造に乗り出すのもよいかもしれない。水の秘薬があるためにあまり関心が払われていない薬草やハーブ等を見つけられればよい特産品が開発できるだろう。山岳部と平野部を行き来する移牧も選択肢としては有望だ。両者を活用することでかなりの数の家畜が養えるだろう。現在のところ、羊か山羊を想定しているが場合によっては騾馬でも良いかもしれない。どこかの商会と契約し、技術供与を受ける代わりに物品を提供するのが一番実現しやすいだろう。

冷蔵設備はないものの、鮮度の問題は魔法で解決できるために乳製品もかなり期待してよいはずだ。さすがに、家畜の品質改良には長い時間がかかることを覚悟しなくてはならない。だが、それが成功し栄養価のあるこれらをうまく活用できれば栄養環境は大幅に改善できるだろう。

染料や、紙も検討すべきだ。特に北方方面には紙の材料となる針葉樹が豊富であるために大いに期待できる。それと、北方には海に面した地域が複数確認されている。残念ながらカラム伯領のように漁村は確認できていないが、将来的に海に進出するためにもまずは北方領域の調査を強化すべきだろう。湾口施設に適した地形が見つかれば、なお良いだろう。だが、懸念材料が報告されているので少し考えなくてはならない。



私の知識は限定的であるし、ブリタニカ百科事典も詳細な製造工程にまで微細に記述してある訳ではないにしても比較的山岳部で活用できるものは多いだろう。

正直にいって、大規模な投資を必要とする平野部の開発を放棄してしまいたいくらいだ。都市計画の作成を考えているが、ハルゲニアの人口を考えると山岳部の開発に留めたほうが良いのではないかとすら思えてくる。耕作に使える土地が限定されるとはいえ、食糧を必要とする人口が少なければ耕作地の問題はそれほど深刻ではないのだから。

だが、無作為に放置しておくよりはなにがしかの手を打っておくべきだろう。地質の研究や、水路敷設の資金調達について方策を考えておかなくては。そこまで地質が良くないようだが耕作可能地域はそれなりの広さがある。これらを自ら開墾したものに与えるという政策は問題が予想されるにしても、元手がかからず人口を増やせる上に開発も進むので中央と相談する価値があるだろう。

だが、中央に相談するといのはもろ刃の剣だ。土地配分問題化するのは面倒事ともなりかねない。穏便に、それとなくなにがしかの行政上の諸案件に紛れ込ませる形で処理させた方が差しさわりがなくて良いだろう。海軍で備品請求を行うコツでやってみよう。



{ギュンター視点}

「急な呼び出しですまないな。以前から鉱山開発関連で申請されていた新領北方地域への探索についてだが、これについて探索担当者としての意見が聞きたい。」

この新領でとれた産物を中心とした昼食を共にとりつつ、ボスが本日の本題について語り始めた。以前から、鉱脈調査にかかっているメイジたちから北方の探索が要請されていたことが今回の本題らしい。

「北方地域ですか?一応、空軍が哨戒しているのと近隣でアルビオン艦隊が空賊を討伐しているため空路は安全でしょうが山賊が問題です。」

この地域は街道が未整備であり、地形も厳しいために、山賊の獲物となるような隊商などには乏しい。だが、空賊とつながっていた村落の中で空賊からの収入が断たれたために山賊業に傾注し始めた村落がいくつかあると事前の調査では報告されている。また、山賊行に手を染めた村と一定の耕作地を持つ村同士での抗争も不確実ながら疑われている。

「それが懸念材料であることは報告されている。だが、山狩りを行えるほど警備隊や衛兵の数も質も整っていないのが現状なのだ。そこで、フネで何かできないか聞きたい。」

「残念ですが、それほど多くのことはできないと思います。傭兵を雇ったとしてもそれらが山賊になっては本末転倒ですし、地道に警備隊などを強化していくのが良いのではないでしょうか?」

「だが、この地域の調査にもいずれ取り掛からねばならない。それに、この地域が一番有望でありながら鉱脈調査にすら取り掛かれないでいる。」

実際に、この地域での鉱脈調査は危険が高いことと、未知の要素が多いことから鉱脈調査の計画も立てられないでいる。ボスがこの鉱脈探索を任せている土のメイジたちはこの地域が有望であることは間違いないが危険が多いとして調査に乗り気でない。まあ、口には出せないが、傭兵上がりのメイジは貴族どもと違って危険を危険と言えるだけまともではあるのだが。

「ですが、せめて地元から情報を集めてからでよろしいのではないでしょうか?」

「やはり、そうなるか。しかし、できることはやっておこう。今の段階で空から観察してわかることはどうだ。」

「空からわかることは大まかな地形程度でした。」

この方面に赴任するなりボスの指示で新領の大まかな地形は空からの調査で把握されている。せいぜい山や川の位置と海岸線を把握したにとどまるが。しかし、大まかな概観はすでに把握済みだ。

「この北方方面を重点的に私としては調査したいところなのだ。おそらく新領の大規模な開発にはこの地域が必要不可欠だと私は考える。」

「わかりました。現状で何が可能であるかを検討し後ほど報告いたします。」

現状で何が、可能か検討しよう。それと、猪肉に香辛料を使った料理は悪くない。空軍でも銃兵の訓練として猪狩りを検討すべきかもしれない。私としては鹿も考慮すべきだとは思うが。塩漬け肉にでもして、フネの食糧事情の改善にあてるべきだろう。



{フッガー視点}

ゲルマニアにおいて新領と呼ばれる直轄地域の開拓に関連し、ヴィンドボナの商人たちの間でどこどこの商会が何を請け負ったという新領関連の商取引が話題となり始めている。建築資材や労働者の斡旋などですでにひと稼ぎした商会などは早々と現地に店を構えることを申請し始めている。

コクラン卿は平民上がりだという。直轄領の統括を任された経緯を考えても、領地経営の経験があるはずがないと有能な補佐役の存在を疑ってはいるものの、今のところ側近と言えるような部下の中に領地経営の経験をもつ人材は見つかっていない。

一番、経験がありそうなところで辺境開拓に従事しているカラム伯家出身のメイジがいる程度だ。これほど老獪な手法が思いつけるほどの経験を持っているのだろうか?これは、どちらかと言えば、コクラン卿の手腕だと考えておくべきだろう。次の月にまで用意しておくように求められた人材や物品の一覧は密偵によればコクラン卿の強い要望によって決められたという。

一見すると、無駄な買い物が多いように見えるが、大半が将来への投資とみなせる買い物だ。今でこそ、費用がかさむにしても将来的には大きな収益を得られると確信していなくてはこれほどの規模で買い付けを行えるとは思えない。

今は試行錯誤の段階なのだろう。この段階で恩を売っておけば良いお得意様になっていただけるだろうが、そのためにも同業者との競争に打ち勝たなくてはならない。コクラン卿の手腕と将来性に気が付いている同業者はそこまで多くない。だが、逆に言うならばそこまで見通せる同業者なのだからそこまで少なくないだけで十分に厄介な競争相手である。

パイは大きいが、群がるものも多くてはなかなか思うようにいかないものだ。さぞかし、高くパイがお売れ遊ばされていることだろう。



{アルブレヒト三世視点}

「人口が増え、元手が不要で開発が進む方策だと?」

ゲルマニアの土地はいまだに多くの開拓の余地がある。問題は、その土地を開拓するだけの人手が足りないことにある。余としては、辺境開拓をできるだけ直轄領の増大と結び付けたいために積極的に中央も開発に乗り出させてきた。だが、その足を引っ張っている人口問題は長年の悩みのタネである。

元々が、都市国家の連合体として成立したにも関わらず、急激な辺境開拓を行っているゲルマニアは慢性的に人口が不足しがちであるという課題を抱えているといってよい。今でも積極的に新規移住者をゲルマニアが歓迎するのも人口問題に悩まされているからだ。

「はい。ある意味でゲルマニアの得意とする方策です。」

「わからんな。余としてはそれが得意であるなら今すぐにでも行いたいものだ。」

「ゲルマニアでは貴族の位を購入できます。それによって有能な人材を発掘するとともに国家の歳入に充てておりますが私の提言はそれに近いものであります。」

「つまり、どうするというのだ。まさか、ゲルマニアの平民になるために金を積むものもおるまい。」

ロバートは、余の言に心得たとばかりに笑みを浮かべる。こ奴が名乗り出ないために、余の懐刀を血眼になって探っている貴族や他国の探し求めている人物像によれば、悪魔に魂を売った謀略家とこいつはなっている。なんでも、嗤うだけでゲルマニアの悪名をハルケギニア全土に轟かしうるとのことだ。

「新教徒はいかがですか?彼らならば追手のかからない辺境部へ安全に移住できるならば喜んで払うと思われますが。」

「ロマリアの坊主どもが騒ぎすぎるだろうな。魅力的ではあるがその案は毒が強すぎよう。」

「では、新領で特定の区域を開墾しそこに住まうものに対しては土地を無償で与えるというのはいかがでしょうか?開墾に従事する者は税を5年ほど免除するとすれば大勢が集まりましょう。」

土地を無償で与えるとはこ奴は本気だろうか。それも平民に対して無償で土地を開放するとは。税を取らねば本当に収支が合わない。そこに、大貴族でも小作人どもを派遣してきたらそれこそ中央の強化にとって好ましくない事態だ。

「それでは、ゲルマニアの取り分がないではないか。何のための新領開発かわからない。」

「あえて、国有地にする必要もないのではないでしょうか?耕作可能地の地質や開墾にかかる費用等を検討すれば開墾にかかる費用を平民もちにできる上に税収の基盤となり得ます。」

「・・・つまり、費用がかからずに開発ができるというのだな。」

もともと、空賊が巣を張っていた地域を正式に版図に編入しただけだ。人口はさして多くはないが土地だけはある。国有地にしてただ時間を無駄にするよりは開発させ将来的にそこから税収を得たほうが賢い形かもしれない。だが、大貴族にその地域で利権を上げさせることはどうやって防ぐ気なのか?

「それどころか、人口が増大する上に発展し別の形での税収の増大も見込めましょう。」

確かに、人口が増えればさまざまな形で栄えるであろうし税収もふえるであろう。

「しかし、呼び寄せようにもそれでは少ない人口が新領に偏るだけではないのか?中央に反抗的な貴族どもの力を削げるにしても、やりすぎると政情が不安定化しすぎる。」

どこの貴族も人口流出を寛容に受け止められるかと言えば異なるだろう。少なくとも、良い感情は持たないうえに、流出が大規模にもなれば実力行使も辞さないはずだ。

「それに、大貴族どもから小作人が送られてきてその地を実質的に荘園化されても困るのだがな。」

「それらの点は懸念しておりましたが、人口については良い供給源を見つけてあります。そこからの供給に限定することで大部分の問題は解決できるかと。」

「良い供給源?」

「隣国です。それも弱小の割にゲルマニアよりも人口の密度の多い。」

その答えを理解した瞬間、余は笑いが止まらなかった。この提案は面白い。現在のトリステイン王国は空賊に山賊が暴威をふるい、治安が悪化し商人が取引を諦めて撤退していくという。治安の悪化は国土全体に広がりつつあり、資産を持った商人などが一部すでに他国へ移住を始めているという。それだけでもトリステイン貴族どもがうろたえ、余の気が晴れるというのにこの男はそれにさらに油を注ぐという。ゲルマニアは何もせずともよい。ただ、トリステイン王国に近い国境の街などで新領の噂を流すだけで自然と広まっていくだろう。

「一応、受け入れる街は直轄地に所在があるものに限定することで他の貴族らの勢力が伸びることも抑制できます。また、直轄地を結ぶムーダの船団で移住者を運ぶ予定なので、移動中のトラブルも最小限に抑えられる予定です。」

「素晴らしい。カビの生えた愚者どもが油を注がれた火のように怒り狂うのが目に見えている。」

合わせて、外交を担当している者たちが苦労することになるだろうがそれでも実害はゲルマニアにとってはないに等しい。ガリアやアルビオン方面への噂の流出を抑えることは難しいがガリアとて多くの未開地域を抱え、アルビオンは移住自体が困難だ。ロマリアからの移住者が懸念される点を除けば問題はトリステインの暴発が予想される程度か。

「問題は、そこなのです。理性的にじり貧を予想し賭けに出てくるか感情的に暴発するかは不明瞭ながらも戦争になった場合得るものが限られるか最悪、財政が傾きます。」

「戦えば勝てるのであろう?」

「軍の数では絶対的に勝っているので負けることは考えにくいかと。ですが、征服するほどの価値がある土地でもないかと思われますが。」

増強された空軍の艦隊に、元から圧倒的な陸軍の差がある。しかも、こちらは後方の暴動や治安をさほど不安視しなくてよい。辺境開発に際して、かなりの自衛戦力が必要であるために、かなりの規模が後方にも必然的に展開している。だが向こうは遠征そのものが危険を伴うだろう。この状況で負けるのはよほどの無能であっても難しい。最も、ここで負けるから無能と言われるのかもしれないが。

「だろうな。征服したところで賊がうろつく貧しい土地を得るだけだ。そうなると笑うのはガリアであろう。」

ガリアこそが、ゲルマニアの最大の脅威と言ってよい。トリステイン王国と心中する羽目になるのでは釣り合わない。

「収支をつけるため、ロマリアに働きかけることは可能でしょうか?」

「ロマリアから貧困層を買うのか?坊主どもは相当高く恩を売りつけてくるぞ。」

確かに、ロマリアには働き口の無い貧民が多く、ロマリアの坊主どもがいやいや援助していたはずだ。連中ならば厄介払いを喜んで行いつつ盛大に恩を売ってくるだろう。慈悲だとかブリミルの名においてと称して。

「ですが、最終的に収支は合うはずです。ゲルマニアがロマリアから人を受け入れていると知ればトリステインの貧困層は自然とロマリアを目指しましょう。先のものよりも多くの人口を得ることができます。」

「さらには、ロマリアとの関係を強化できるということか。」

「さらに、ロマリアに形式上にせよ援助を求めている形をとれば責任もロマリアに大部分を押しつけることが可能です。」

形式上、ロマリア皇国は特別な地位にありゲルマニアの開発に協力するというもので申請する。向こうは厄介払いと名声に加えて実利をあげられる。乗るとみて間違いない。

「素晴らしい。ゲルマニアは何も汚名を被ることなく利益を得られるであろう。その案を認める。ただちに取り掛かれ。」



{ロバート視点}

懸念していた労働力の問題は案が認められたためにかなり楽に解決できる見通しが立ったと言える。忌々しい、アメリカのまねごとをするのは気に入らないが実利にかなっている以上いたしかたない。移民政策については、祖国も苦々しい経験がある。まあ、厄介払いが出来たと思っていた移民たちがあれほどまでに活力がある国を作っていたということは祖国の失策に数えられる事態だ。まあ、アメリカ人自体は気に入らないにしても特別な関係であるので評価しづらいのだが。

そのことは早めに忘れるとしよう。今は、狐狩りのための猟銃を作成できる人材を筆頭にゲルマニア新領の開発に必要な専門家や技術者を集めなくてはならない。

アウグスブルク商会といくつかの商会に依頼してあったがこちらの要望にかなり応じられたとの返事が来ている。正式な商談を纏めれば、新領の発展は軌道にかなり乗るだろう。そう考えていると、控えの間で待ち構えていたらしいカラム嬢がこちらを見つけるなり声をかけてきた。

「コクラン卿。明日の会合についてですが、私も出席させていただくことは可能でしょうか?」

「ミス・カラムならば構いませんが、どのような理由で?」

「商人との付き合い方や領地経営の勉強になるかと思いまして。御迷惑でないとよいのですが。」

なるほど。確かに、あまり外に漏らしたくないやり方もある。だが、私にしてみれば優秀な副官がその能力を向上させるのは歓迎すべきことであるし、この分野について任せられるという選択肢ができるのであればそちらのメリットが大きい。

「いや、気にしないでほしい。時間があるときで良ければ私に聞いてくれても構わない。」



{ミミ視点}

副総督としての私の職務は、主として雑用係です。なぜかというならば人手不足であるからです。一年ほど前に貴族でもメイジでもない平民の採用に私が異議を唱えたところ、ありがたくも上司は『ミス・カラムが働きやすいようにしてくれて構わない』とおっしゃってくださいました。今となってはあの時の判断を後悔しております。始祖ブリミルよ、我が無知をお許しください。

だいぶ前から平民の採用を始めたのですが、読み書きができて信用できる人材がそう簡単に集まるかというと違うようです。過酷な業務の噂が先行して志望者が減るという悪循環に陥っているような気がします。父上がどうして、あれほど領地経営でお悩みになっておられたかようやく理解できました。

「ミス・カラム。編成の完了した歩兵隊の練兵を兼ねて北方へ長距離行軍を行わせるのでその用意を頼む。」

「かしこまりました。どの程度の行軍を予定されていますか?」

「軽装歩兵だが、街道を敷設しつつ行軍させる。さしあたっては先日報告された鉄鉱山までを想定してほしい。」

ようやく、編成が完了した歩兵100名に建築用資材と食糧を手配し、命令書を作成し、補給の手配を行わなくてはならない。手配と配送だけで、いくばくかの人員を割かなくては。

「それと、ムーダからまわされてきた停泊地拡大の要請だが、最大で標準規模の定期船団が追加で停泊できるように取り計らってほしい。軍団兵を使って構わないので可能な限り早めに完遂してほしい。」

停泊地は現在、フネ三隻に対応。空軍からの出向が1隻とムーダからが2隻。仮設のものとはいえ、これを標準船団の5隻が追加で停泊できるように拡張?平野部に設置しているとはいえ整地に受け入れ設備にと手当てすべきことが少なくない。いくら、軍団兵が仕えるとはいえ、資材等はこちらで用意しなくてはならないのだ。

「最後になるが、予定では来週ヴィンドボナから到着することになっている農業技術者らの受け入れの用意にかかってほしい。」

「わかりました。規模はどの程度でありましょうか?」

「バルフォン商会によれば15人だそうだ。滞在期間は3年の契約だ。延長契約を結べるように、できるだけ好待遇で迎えてほしい。」



{ロバート視点}

朝の定例会議で伝達事項をいつものように優秀な副総督に伝えると、私は以前派遣した歩兵隊から、鉱山まで到着した旨と、仮設道の敷設についての報告を受領し、午後から到着する予定の農業技術者との面会時間を指示したところで、血相を変えた伝令の到着によって次の言葉を遮られた。

「ギュンターからの急使に間違いないのだな。」

部下に確認させつつ私はギュンターからの竜騎士によって差し出された北方の情報収集に関する報告書に目を通す。その予想通りの碌でもない結果に渋面を作らざるを得なかった。もともと、数少ない竜騎士を伝令に使うのは非常時に限定してある。だが、この報告は予想の中でも最悪に等しい。

「ギュンターはいつ帰還するか?」

「ミスタ・ギュンターでしたら今日の午後には帰還されるはずです。」

伝令として派遣されてきた若い竜騎士に労をねぎらい、帰還次第出頭するようにと伝言を託す。

「ネポス、大至急ヴィンドボナへ使者を送る。文面は、『新領北部地域に亜人の南進動向を認む』だ。」

血相を変える文官に、こちらまであわてては事態を悪化させるだけなのでできるだけ冷静に告げるようにする。

「ギュンターの報告によればオーク鬼の群れだ。かなりの北方に位置し今すぐに脅威になるわけではないのが救いだが、南進されると山が時間を稼いでくれるとはいえ一週間以内には開発中の鉱山区画だ。空から叩ければよかったのだが、帰還中で風石が乏しくさして叩けたわけでもなさそうだ。」

「では、警備隊を出しますか?」

「先行させた100名では厳しい。当然増派だ。今後のことを考えると使いたくないが、最悪傭兵団の運用も視野に入れて予算を立案せよ。鉄鉱山は手放すわけにはいかないし、居住地域に亜人を接近させることも論外だ。」

オーク鬼は単独で手だれの戦士5人に相当するという。歩兵隊は100人だが、オーク鬼の群れを相手にするには荷が重いと言わざるを得ない。新領の警備隊には、火砲の配備も計画されてはいるものの計画の段階で難航しておりオーク鬼の相手をできるのは実質的にメイジか兵士の数に頼った方法しかない。防衛側が有利とはいえ、これはかなり負担が大きいだろう。

「コクラン卿、私は実家で亜人盗伐の経験があります。私にお任せ願えませんか。」

「ありがたい。私はフネを率いてせいぜいできることをすることにしよう。オーク鬼と対峙する際に警戒すべきことなど新領の警備隊は不慣れであろうからお任せする。どの程度増派すべきと思われるか?」

「こちらの戦力を惜しまないならば300程度増派し、数で押し包むべきです。メイジの前衛に万全を期せばその程度は必要になります。仮にフネから魔法で攻撃するとしてもその半数は、鉱山防衛のために増派すべきです。」

「わかった。今回は、後者の案を採用するとしよう。ただちに取り掛かってほしい。」



{ギュンター視点}

その集団を見つけたのは海岸線沿いに北上する調査航行の帰路のことだった。より正確を期すために言及するならば、作成した地図に書き込みを加えつつ船長室で報告書を起草している時のことだ。

「船長!南の川沿いのほうです。動く集団を確認しました!」

「今行く!」

すばやく防寒着をまとい、デッキへと飛び出したところで部下の指さす方向をにらみつける。確かに何かが集団でそれなりの速度で動いている。人の集団だろうか?

「高度保ちつつ接近しろ!総員を見張りにつけろ!!」

メイジが含まれる山賊であることを警戒し、一定の高度を保つように指示しつつ確かめるべく接近したその集団は山賊以上に一番会いたくない連中だった。

「亜人だと?それもオーク!まったく面倒な!!」

思わず悪態をつき、一人しか乗っていない竜騎士を呼びつけるとすぐに伝令として派遣する。快速の船なら一日。山岳地帯であることを考えても亜人の足なら一週間もせずに最寄りの進出部にオーク鬼が到着する。連中と遭えばただでは済まない。まして、鉱山の中にはいりこまれた場合、排除は至難を極めるだろう。

「砲撃だ!メイジは魔法攻撃の用意。風石の残量が乏しいが、せめて一撃与えるぞ。」

もともと調査航行用にさして砲弾を搭載しているわけでもない。せめて、散弾か鎖弾でも積んでいれば、対地攻撃で大きな戦果が期待できるのだが航続距離を伸ばすため重量物はおろしているために緊急時に必要な自衛用の分しか積んでいないのだ。メイジも風系統のラインなどが風石を補うために乗っているのが大半で十分な打撃にはなりえないだろう。

この森の深さだ。一度見失うと次に遭遇できるのがいつになるのか全く分からない。上空から一方的に攻撃できる機会を活かせそうにないことに舌打ちしつつも、発見できたことを始祖に感謝した。

「砲撃用意完了!」

「攻撃開始!」

放たれた砲弾と魔法攻撃がオーク鬼集団に叩きこまれる。だが、その火力は万全には程遠く、数体を吹き飛ばしその同数を傷つけるにとどまった。めったにない好機を逃した口惜しさで帰路は苦々しい時間であり、帰路途上で帰還完了直前に合流した竜騎士から即座に討伐隊が編成されたことを告げられるとその思いはさらに強くなる。

「砲弾・火薬と風石の積み込みを急がせろ。補給作業が完了次第討伐に出るぞ!」



{ロバート視点}

亜人討伐は、できるだけ犠牲を払わずに遂行したいと思っていた。貴重な常備軍をオーク鬼と殺し合わせるのは不毛極まりない。しかも得るところが何もないのだ。守るべき鉄鉱山が重要な資源の産出地であり、北方への進出拠点出なければ放棄したいほどだ。

あの地域に展開しているのは、こちらからの歩兵隊に試掘を行っている土のメイジらの調査隊で200人弱だ。いくつか、人の手が加わったものが発見されているため、村落の存在が期待されたが、何度かの探索にも関らずこの周辺には進出している人間は確認されていない。かつては村落だっただろうと推察される廃墟と、白骨化した遺骨の中に亜人のものと思われるものが含まれていることなどから調査隊によって、亜人の南下が活発化する冬季にこの周辺で冬越えをするのは不可能であると断定された。

亜人が食糧を求めて時折南下してくるとなればこの進出部は安全ではないということだろう。このあたりで鉱山部に一番近い村落でさえこれまでは徒歩で二日は必要だったという。主要な村落と城館の建設予定地を仮設の街道を歩兵隊の訓練も兼ねて敷設させていたので、予定では増派の歩兵隊はぎりぎり6日以内には鉱山防衛に取り掛かれるはずだ。

だが、今後の防衛や亜人対策を考えるとこの鉱山地帯よりも北側へ進出するのは相応の軍事力と出費を覚悟しなくてはならない。だが、それでも労力に見合ったものが得られるだろうか?この近隣で防衛線を構築し亜人の浸透を防ぐことのほうがまだ経済的だ。この鉱山の近辺には水源があり要塞を建てれば防衛は容易になるだろう。

「ギュンター、鉱山部周辺に人間が住んでいないのは間違いないのだな?」

「一番近いアグドの村でさえ二日は離れています。それに、アグドの住人は北へは狩りに出ないそうです。」

「結構だ。念のため、竜騎士を出してアグドの村で北側に出ている者がいないか確かめておいてほしい。」

亜人討伐に巻き込み北方の進出拠点付近の貴重な労働供給先に感情的なトラブルが生まれるのは避けておきたい。なにより、武器を持たぬものを守れぬならば高貴な義務を果たせたことにはならない。仮に、彼らが祖国の民でないとしても、私の職制として守るべき民なのだ。

「伝令を出す際に、合わせて樵を何人か借りたいのでその旨も伝えさせること。ただし、協力を求めるときは高圧的にでるなよ。フネが上空を通過する際に拾えるように手配してくれ。」

「わかりました。何か、お考えがあるのですか?」

「なに、消極的で、しかも面白味の全くない方策だ。火なら有効なはずだ。私自信、この程度しか思いつかないというような碌でもない案だが試してみる価値はまああるだろう。」



{ギュンター視点}

「火ですありますか?」

確かに亜人には火が効くだろう。だが森に一度火がつくと抑えるのは困難を極める。短期間に消火するのは困難でかなりの延焼を覚悟しなくてはならない。突拍子の無い案に驚いていては空軍の士官として失格かもしれないが、これは驚きだ。なにしろ、貴重な木を焼き払いうというのだ。

「ああ、鉱山北側一帯をことごとく南進してくる亜人どもと一緒に焼き払う。」

「それはまた豪快な。」

「ああ、針葉樹は惜しいのだが。一応、東部やここまでに来る途中の山にも木材は豊富であるから今回は仕方ないだろう。」

見事な針葉樹はよい木材になる。フネの木材にせよ、日々の燃料にせよ、森は生活に不可分なものなのだ。当然、それらは新領の貴重な産物であり伐採に関する規制を検討していた矢先だった。それを自分自身で焼き払うことになるとはボスも面倒なことに直面するらしい。

「ですか、どうされるのですか?風向きがいつ変わるかわからない状況で火を放った場合最悪、南側まで延焼しかねませんが。」

「それは、考えてある。あらかじめ鉱山近隣の木材を伐採し延焼を防ぐ。アグドの村はもともと山火事対策を行っているはずだが、それをさらに拡張させれば最悪には備えられる。」

「つまり、延焼しても村が燃えないように計らうのですね。」

「当然だ。ことが終わったら、到着した農業技術者たちを呼んでこの辺に適した農作物を調べさせて耕作を拡大する用意に取り掛からせろ。森を焼き払って広大な穀倉地帯を獲得したと思えば、我慢もできる」

「東西への延焼は大丈夫でしょうか?」

だが、北側はともかく近隣の貴族領への配慮は足りているであろうか?亜人の被害よりも延焼の被害のほうが場合によっては高くつきかねず、その場合の処理は厄介を極めかねない。ボスが軽々しくそのような事案を見落とすとも思えないが確認するのが部下の務めだろう。

「新領より西に他の貴族領はない。海に面するのだからな。東側はギュンゼル男爵領だが、その前にこちらの川が三本も都合のよいことに流れている。一応、延焼対策としては十分だ。」

「なるほど。確かに川ならば延焼しようにもかなり難しいでしょうな。」

「それに、今の季節は冬にかかろうとしている。当然、風は大陸から海へだ。ここならば東から西へと吹くだろう。」

確かにそうだ。この時期、アルビオンへの船団は追い風を受けている。経験上この時期は夏とは逆の風が吹く。まだ、肌寒いに留まるがもうすぐ冬だ。風は吹かないか、吹いたとしても問題ないものになるだろう。

「なるほど。それならば確かに問題ないでしょう。問題は火をつけられるかどうかになりますが。」

「火のメイジ達は少数ながらも精鋭だ。火つけに使うのはもったいないほどの実力者だと私は確信している。」

それもまたその通りだ。あとは、延焼を防止するための用意次第だろう。



{ミミ視点}

「火計ですか?」

亜人との戦いを想定し、入念に戦い方を検討していた私は船長室で差し出された地図を見ながらそこに書き込まれている火計の案に思わず呆れてしまった。北方の未開拓で放置されている無人地帯の大半が焼かれることになる。

「確かに、その、有効であるとは思いますが、これほど焼き払ってしまって構わないものなのでしょうか?」

「幸いにもこのあたり焼き払う予定の区画に人間は存在していない。」

「ですが、貴重な木材資源を喪失することにもなります。」

「森が亜人の発見を妨げていたことも考えるとこの区画を焼き払うことはむしろ理にかなっている。延焼の防止もすでに検討済みだ。」

北方のかなりの部分まで延焼するとしても問題がないと書き込みには記されている。だが、これはオーク鬼の群れを相手にするとはいえ大げさすぎるのではないだろうか?貴重な木材を亜人と引き換えに焼き払うのは理解に苦しむ。さらに言うならば、これは亜人討伐ですらない。

「私は、亜人と戦いに来たつもりでした。」

「亜人とまともに殺しあうのは私の趣味とするところではない。幸いにも、最良の地形亜人は侵入しているのだ。ミス・カラムには申し訳ないが、ここは焼き払っていただきたい。」

「ですが、この手の策はもう少し大勢の亜人を相手にするときに取っておくべきではないでしょうか?」

オーク鬼の群れ程度ならば今の戦力でも十分に叩けるのですが、大規模な移動がはじまると本当に苦労することになります。一度、父上が軍にいた時に直面されたのは軍団規模のオークが南進してくるところであったそうです。この策は今後のことを思うと取っておくべきなのでは?

「亜人の生息数自体がこの地域はそう多くはないのだ。幸か不幸かこれまでは、食糧が足りなかったのだからな。予定では、それらの巣まで焼き払えるかどうかは微妙だがあぶりだすことも念頭に置いている」

「つまり、根を張られる前に追い出すとおっしゃるのですね。」

「その通りだ。連中には北に帰ってもらう。一応、追撃をかけて数を減らすつもりでもある。追撃時に全力を揮ってもらうことになるな。」

「わかりました。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

微妙に編集しつつ喉の痛みを紛らわすためにのど飴を投入する生活。
何故か判らないのですが、最近喉が痛くてたまらない・・・。

現在進行形で喉が痛いです。
肝心の編集はまあ、ぼちぼちと行っております。
微修正で済むところとそうでないところがあるので
話の大筋は変わらないのですが細部が変更されていたりします。



[15007] 断章4 ゲルマニア改革案 廃棄済み提言第一号「国教会」
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2009/12/30 15:29
帝政ゲルマニアはその基本を都市国家に置いている。

そこの構造上中央集権の推進には多大な労力を必要とし、必然的に外部からの介入を受けやすい構造を有している。

このため、これらの諸問題を解決するとともに始祖の血をひかない皇帝の地位向上を目的とした方策の一環として権威強化を試みることで中央の影響力を強化することを提言する。

その具体策に関しては以下のとおりである。
一、既存の宗教者の腐敗を活用して、既存宗教組織への不信感を高揚させる。これを悪化させるべく、宗教者に大きな利権を貧民救済のために分け与える。後に、その使い道を糾弾するなどし、その不正をただすことで中央への求心力を貧困層より得る。

二、比較的現状を変革せしめんと努力する宗教家らと接触。現状への改革に手助けを行うとする。可能ならば、彼らには既存組織の改革という問題に対して過激に行動することなく組織内で穏便な改革路線を堅持させること。大規模な宗教戦争は望ましくない。

三、ロマリア本国において腐敗の程度を悪化させること。可能であれば、穏健な改革派を異端であると指弾し、追放または査問することに持ち込めれば最善である。その動きを促進するために、過激な改革派による暴発は一つの選択肢と認識すべきではある。宗教戦争は望ましくないので局地的な暴動が許容の限界であり、それはゲルマニア外であることが必須条件となる。

四、上記の如く事態が推移した段階を持ってゲルマニアに存在する教会の中から比較的改革の必要性を認識しつつもロマリア本国への不信感や異端と指弾され、生命の危機にさらされている者たちを糾合し、分離を促進。ロマリア在住の信徒から一部をこちらに招くことで腐敗の噂を流布することを並行して行う。

五、皇帝によりロマリア本国に対して腐敗を是正するように提言。おそらくこの段階において懸念されるのはガリアの介入のみ。民心を固めておくことが肝要。ガリアよりの介入以外は軍事力によって排除が可能であると思われる。これをロマリア宗教庁が拒絶した段階で新教徒への弾圧の事例を提示。その威信を揺さぶる。

六、混乱に乗じて分離運動を行っている一派と接触し、「信仰の擁護者」として真の信仰を守ると宣言。これをもって、ゲルマニア内における宗教的権威を活用し、中央集権にくみするものとする。この分離独立運動を行っている一派を以後国教会とし政治との距離を保たせる。

これらにより、ゲルマニア内部における外的干渉要因を排除すると共に貴族らに対する影響力の拡大を図るものとする。


追記:当該案は社会変動を過度にもたらすものであり、その影響が予想の範疇にとどめることが極めて困難。アクターが複数に分かれるため実行を開始するとその後の変更も覚束ないため計画は取扱いに極めて慎重を要する。また、ガリアの介入という不安要素を排除しきれないのが重大な懸念材料である。ロマリア宗教庁の腐敗に関しても現状ではロマリア内部で粛清が行われることで逆に権威再構築に活用される可能性が介在するためリスクが大きすぎると判断。

当該提案は廃案とする。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
裏書。

いや、改革するのっていろいろ考えて書類出して検討してと大変なんだよとおもって裏側をちょっと演出してみました。

督戦隊?
今、ちょっとお出かけ中。機能から前々からの予定があったらしい。
平和です。( ̄ノ日 ̄)



[15007] 第七話 巡礼者ロバート・コクラン (旧第25話~第30話+断章5を編集してまとめました。)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/07/25 23:08
{アルブレヒト視点}

「新領総督ロバート・コクラン卿、その統治に際し不手際があると認める。」

余は、一人の参列者として沈痛な表情を浮かべつつ脚本通り劇が進展していることに内心満足している。

ヴィンドボナの宮廷貴族どもが居並ぶ前で壮大にして、無駄極まりない滑稽な茶番劇が繰り広げられていた。
予算の無駄というべきか、時間の浪費というべきか。人生の大半をこういった宮廷陰謀に費やす連中の人生に何と価値の無いことか!
その首魁である余が座る皇帝の席、何と虚飾の栄光に満ちたことか。余は、ただブリミルの血を引いていないがゆえに他の諸王に劣るという。

「亜人討伐においては、辛うじて撃退に成功したことを認める。しかし甚大な被害をもたらし、その備えるべきところを怠り、甚大な火災によってゲルマニアの財貨を喪失至らしめた罪は大きい。」

「もうよい。」

さらに続けようとする者を不機嫌そうに遮り、心にもない沈痛な表情で遺憾をあらわにした口調をとるように努め、悲しみに満ちた声を作る。
まったくもって時間の無駄ということを考えるならば、これほど悲しいこともないので演技に苦労しないのは不幸中の幸いというものだろう。

「余は、汝に新領の調査と開発を命じた。」

居並ぶ貴族どもが余の心痛を察するとばかりに一様に押し黙り、一葉の絵として残せば後世になにがしかを伝えるであろう重い空気が立ち込める。その内心はともかく、この場において余は断罪者として振舞うことが求められている。
可能ならば、ゲルマニアに寄生した狗どもこそ首を刎ね飛ばしたいところであるが、狗は狗で使いようがあるのだから我慢も肝要であるのだろう。自分の安いプライドのために振舞える隣国のアホどもの精神がこの時ばかりは羨ましい。
まあ、知をとるか、連中のようにアホになるかといわれれば前者を選ぶところであるのだから、世界は存外思うようにならないものだ。

「だが、汝は余の命じるところを全うしえず、多くのものを失った。」

さも大げさに噂を流布したおかげで領地経営の経験がない新興貴族が任されていた統治に失敗し、新領では大規模な山火事によって多くの財貨が失われたというのは隣国にまで伝わっている。
メイジでない者に対するある種の排除意識と、宮廷貴族の無聊の慰みとして新興のロバートに対する責任追及の声が上げられ始めるまでにさしたる時間が必要とされなった。なんと、宮廷貴族どもが慰みに飢えていたことよ!

「汝の忠勤は認める。が、汝のもたらした害は見過ごせない。」

こ奴のもたらした害など、ここに居並ぶ貴族のものに比べれば不問に処すべき軽微なものにすぎないのだが。弾劾している連中は、自分が弾劾されうるということを念頭に置いているのだろうか?
狗の心配を余がせねばならないほど頭の無い連中なのか、それとも考え方がまったく我々とは異なるのか。まあ、群れた馬鹿どもはさすがに、愚者だけに何をしでかすかわからないので脅威ではあるのだが。

「汝を解任する。その顔も余は見たくはない気分だ。汝を追放刑に処す。」

「閣下の御慈悲に感謝いたします。」

そういうなり、完璧なしぐさでロバートは衆人環視の中を退出していく。脚本を書いた本人としては、合格点をつけて良い出来だったと自負している。
ここまで良い主演を演じることができたのは、良い助演があればこそだが。筋書きを提案してきただけあって演技も合格点をつけれるといってよい。


{ロバート視点}

宮中の一角にある小部屋で私は、つい先ほどまでの茶番劇を演じていた共犯者たちと共に、今後の計画について再度の確認を行っていた。計画は緻密であるにこしたことはないが、柔軟性が多いに越したことはない。そして、最も重要なのは打ち合わせの徹底による意思疎通の確保である。

「これで自由に他国を視察することが可能になりました。感謝を。」

ゲルマニアの役人、それも広大な直轄領を統括している人間が他国を訪問するのは多くの制約事項に縛られる。だが、それが失敗を犯して追放された貴族崩れとなると国境を超える障壁は大幅に減少する。なにしろ、公式には平民に等しい上に、そのような貴族崩れなど腐るほどいるのだ。貴族ならば縛られるさまざまなこの世の面倒事も、貴族崩れは逆に関係がない。

「かまわぬ。もとより、ロマリアの坊主どもに頭を下げて助けを求める名分が必要だったのだ。これほど派手に噂を煽れば他国にも鳴り響こう。」

すでに、多くの噂が世間には流布されている。大抵の認識はゲルマニアの新領の総督が失政を犯し追放されたというものに留まるが、他国の反応はそれぞれ異なっていた。
浮遊大陸であるがために材木資源が乏しいアルビオンは、今後の材木価格の高騰するのではないかとの危惧を内々に伝えてきた。
ある程度の援助ならば応じられるために、材木の確保とフネの整備を確実なものとし食糧の輸入路を確実にしたいという意思がにじみ出ている。先の見える人間が多いらしい。あるいは常に、その問題に悩まされているからというべきか。

ガリアからは一通りの慰みと大量の密偵が送られてきている。大半は捕えられているはずだが、かなりの腕利きが複数潜り込んできているためすべてを把握できてはいない。
おそらく、あの無能王はこちらの意図にを把握していか、すぐに把握するであろうと予想されている。
トリステインは、ゲルマニアの不幸を公然と喜ぶ有様である。一応、枢機卿からはこの事態を遺憾に思い、ゲルマニアの災害に同情する旨が伝えられたが。
ロマリアは表立っては被災者に同情する旨を告知し、援助するとしているが実態は事前の打ち合わせ通りの取引を行い利益を得るつもりであるようだ。
宗教庁内部でも様々な駆け引きが行われているようだが、少なくともゲルマニアに損になる事態は確認されていない。

「では、私もこのような事態を招いたことを悔いて、巡礼の旅に出ることにいたします。一応、アウグスブルク商会とムーダを連絡先として使う予定ではありますが最悪独断専行もあり得ることをご了承ください。」

誰と交渉するべきか?枢機卿の派閥一つとっても、接触対象を見極め損ねると厄介事を惹き起こしかねない。
その交渉に際して、ロバートは完全な信認を必要としている。交渉の鉄則事項は、交渉する価値がある交渉相手と見なされることだ。
独断専行を認められ、自由に行動できる交渉相手と、本国の意向をいちいち伺う交渉相手は全く意味が異なる。後者ならばわざわざそのような使者と交渉するのではなく、決定権をもった人間と交渉すれば良いからだ。

「構わん。前非を悔い、汝がロマリアで司祭らに救いを求めようとそれは汝の私財で行わる贖罪であるからな。エルフどもへの接触にしたところで聖地への巡礼の一環であるならば不可避と認めてやる。」

また、各種情報収集のための捜索も、国家に属する一個人が行うのと、国家に属していた一個人が行うのでは全く事情が異なる。
ロマリアにお向き、懺悔を行った人間が宗教的情熱から聖地へと旅立つ。途中で、砂漠を越えられずに帰還したところで誰もそれをとがめることはできない。
まして、それが公職を追放されたことにされている人間であるならばその行動の責任は公的にはゲルマニアに帰するものではないのだ。

「しかし、実際にエルフはこちらに接触してくるかどうかが気がかりです。連中はガリア寄りではないかとも危惧されています。」

この巡礼の目的にはエルフとの接触もある。詳細は聞かれていない。何を持ち帰ってくるつもりかと期待はされている。だが、捜査の結果、何もないやもしれないし、あるいはこちらを驚かせるものがあるかも結局こればかりは行ってみなければ判明しない。
だが、専権事項として処理することが認められていることは大きい。

「そこは、最終的にはわからん。だが、汝の調査だ。人の誘致に成功すればそこいらの成果は問わない。」

「ありがとうございます。さっそく、旅支度にかかります。」


{フッガー視点}

フネの停泊地に呼び出された私にコクラン卿は憔悴した表情を浮かべながら疲れ果てた声をかけてきた。まるで、都落ちだ。いや、厳密に解釈するならば確かに追放される身なのだが、いかにもという感じがしすぎる。
大半の貴族は、自身の威儀にかなり偏執的なまでにこだわるものだが。

「すまないが、フネを手配してもらいたい。」

それだけに、フネの手配を頼むときの憔悴した表情が、まるで仮面であるように思えてならない。感情を表しているはずの顔がまるで、のっぺりとしたそう見えるべく演じているように見えてならないのだ。
あえて、類を求めれば同情を集めようとする詐欺師のそれだ。

「それは、構いませんが行先はどちらになされますか?」

つい先ほど、ゲルマニアよりの追放令を浴びたコクラン卿は国法の定めにより国外へと退去しなくてはならない。その一報がもたらされたときいくつかの商会は動揺を見せていた。良くあるように新興貴族が失敗したのか?
だが、私の密偵は新領での亜人盗伐や統治は成果を上げてきていることを報告してきている。
複数の密偵からもたらされるものはコクラン卿が意図的に森を焼き、亜人の南進を妨害するとともに、森からあぶりだされた亜人を一方的に嬲ったという流されている噂とは正反対のものであった。

継続して調べさせていると、焼き払った跡地にバルフォン商会が斡旋した農業技術者達が現地入りして耕作地として開発しているという。
意図的に失敗の噂が流されているのではないか?そもそも北方の事件がヴィンドボナで噂になるまでにあまりタイムラグがない。なさすぎるといってもよい。
情報を意図的に封じ込めようとして失敗し漏れ聞こえてくるという形ではなく、ごく自然に流れてきているのだ。
それが、私の中にある推論として固まったのはコクラン卿の部下たちがおとなしいとの報告がもたらされた時だ。子飼いの部下が黙っているというのは、ありえない。
おそらく、これはアルブレヒト三世とコクラン卿のやらせなのだろう。目的は予想がつかないが、国外で何かを行うことまでは考えられる。

「ロマリアだよ。今回のことは、いささか堪えてね。贖罪を兼ねて巡礼に出ようかと考えている。」

「それは、災難であらせられましたな。もちろん、喜んでお送りいたします。」

この人が罪の意識で贖罪の旅に出るということを信じるとでも思われたのだろうか?これほど、あからさまに国外に出るために演技をされると何を求められているかは考えずとも目の間に答えがぶら下がっているようなものだ。
コクラン卿が敬虔なブリミル教徒であると信じるくらいならば、私の商売敵が聖人と信じる方が容易だ。並みの貴族でさえ、没落したら復権を求めるというのだ。
新興貴族でも特に、総督にまで出世した人間が、そもそもこの程度のことで気落ちするなどあり得ない。メイジの方々は、魔法を使えない貴族は所詮成り上がりと油断されているようだが。

「コクラン卿が傷心のところに心ない言葉も多いかと思います。微力ではりますが、コクラン卿のお心を伝え、皆様の誤解が解けるように致したいと思います。」

「おお、感謝の念をそなたに!」

聞き耳を立てている者たちへ聞こえるように大げさに感激した風に声を上げると、コクラン卿は事情を知る者には白々しく、事情を知らぬ者には単純に見える人物を演じつつ、アウグスブルク商会の用意したフネに護衛と共に乗りこんでいく。
それを見送り、私はこの噂を広めるべくウィンドボナの騒々しい雀たちへそれとなくこのことを漏らす用意に取り掛かった。まあ、私が何を話そうと、コクラン卿が喋ったことは敬虔なブリミル教徒として賞賛されることのみだ。
大多数の人間がそれを目撃している以上、噂はいっきに広がらざるを得ないだろう。肝心なのは、誰の口からどの印象で語られるかだ。
私もこの機会に、付き合うべき人間を見極めることにしよう。



{ロバート視点}

ロマリア連合皇国は「光の国」と呼ばれている。始祖の教えを守り、信仰に満ち溢れた地上の楽園!内実は、貧困層対策に頭を悩ませる裕福な宗教家にとっての楽園であるが。
その、ロマリア連合皇国は海岸に面する地域が多いため、海路を経由して複数の難民が流入していることが確認されている。トリステイン王国からの貧困層がその中にかなりの割合で混ざっていることは間違いない。
一度、ロマリアを経由することでトリステインからの人口引き抜きは極めて容易に行えるであろう。
最も、どの枢機卿の派閥に接触して利害調整を行うかという問題はあるのだが。最近の情勢は、だんだんときな臭くなっているだけに何を選択するか一つとっても、先々のことまで慎重に考えなくてはならない。

まさに急を要するというわけでもないが、最近ではきな臭い動きがアルビオン・トリステインの両国で立ち込め始めているとアウグスブルク商会から忠告されているのが、最も頭の痛い問題だ。
いわく、聖地奪還だの、貴族連合だの。まだ、直接の火種と言うわけではないようだがこの手の運動は明らかに人為的に何者かが火をつけたと考えざるをえない。
特に、アルビオン・トリステインという距離がある国家で同時期に報告されているのは間違いなく人為的なものだ。疑わしいのはガリアであるが、ロマリアの歴史を考えるとロマリアを除外するのも危険すぎる。
ガリアの目的が不明であるため推測を重ねざるを得ないことに対して、ロマリアは聖地奪還の妄執にとらわれているといっても過言ではない。
程度問題ではあるものの、どちらも信用できないことに関してのみは、疑う余地がないのがありがたいというべきか。
どちらにしても、結構なことだ。聖地奪回を支持する意見が広がれば広がるほどロマリア経由での人の流れるルートは不可侵とならざるを得ない。
まあ、その不可侵のルートをどこの派閥が抑えるかという問題はあるのだが、どちらにしても、今回はそれが不都合ではない。

ロマリアに巡礼に行く人間を宗教的情熱に直面した王国政府が阻止するのは暴動か革命の執行書にサインするようなものと言える。
宗教的な情熱を封じ込める先にあるのは、救いのない暴動か宗教戦争だ。さすがに、そこまではいかないにしても、あの鳥とか骨とか言われる切れ者は、それに気がつかないはずもない。
よしんば、気がついても止められなかったとしてもさして問題ない。
少しばかり視点を変えて、聖地回復運動については第四次十字軍のヴェネツィア共和国の役割をこの世界で演じることができればと考えてしまう。
落とすべきコンスタンティノープル程の戦略上の目標が存在しないのが残念極まりないが。ガリアにでも向けるべきだろうか?考えてく価値のある問題だ。

私自身は、さして謀才に恵まれてとは思わないが解答を知っていればそれなりの模倣と改良によってできないこともないわけではない。なにより、純粋にスポーツと戦争には全力で臨みたい。できることはすべからく実行しておくべきだろう。
この世界について知れば知るほど、流れ着いた土地がゲルマニアであることについて神へ感謝したくなる。辛うじて、合理的な思考を可能としている国情がなければ今頃錯乱した人間か異教徒として火あぶりにされていてもおかしくなかった。
そもそも、世に出て才を発揮することも不可能だろう。

宗教改革に直面し対抗宗教改革に乗り出したローマ教会と異なり、このロマリア宗教庁は火あぶりによる問答無用の行為に及んでいる。救いがたい汚物どもと言える。
だが、それでも使えるならば使うことにしよう。現状では聖地奪還を諦めていないように思われる。聖地奪還のため盛大な浪費をしてくれればやがては、衰退してくれるだろう。
しかし、この地にある建築物の壮麗さは見事なものだ。よほど手間暇をかけなければ維持しえないような華麗な庭園と見事な聖堂が立ち並んでいる。「光の国」とはこれに関しては言い得たものだろう。
フランスのマジノ線と同じで外見だけは一級品のようだ。そして歴史的な発見といわざる得ないだろうが、根性はエスカルゴどもにすら劣るかもしれない。
とはいえ、エスカルゴや、共産主義者と同じ空気を吸うことは、耐えがたい苦痛であるが、致死的ではないのだ。この街は、瘴気に満ち溢れている。

「ロバート・コクランと申します。バーレンハルム枢機卿に懺悔をしたく参りました。」

到着するなり、そうそうある程度の目安として仲介能力に優れた枢機卿の根拠とする教会堂へと顔を出すことにする。
誰と接触するかを考えるときに、蝙蝠は役に立つのだ。どことでもある程度の意思交換ができるのだから。

「罪の告白をなさりたいのですか?」

入口の坊主から敬意をもって声をかけられる。一目で高級な衣類とわかる服をまとっているだけで、ここの教会堂ではにこやかに歓迎されるのだ。周りの貧しい身なりに彼が見向きもしないということが雄弁に事態を物語ってくれる。
まわりの貧民が足を踏み入れられないような明確な壁がそこには厳然としてあるのだ。

「はい。私の前非を悔い私財を信仰を同じくする人々のためにお使いいただけるようにお願いに参上いたしました。」

私が、そういうと男は顔に喜色を浮かべて何度もうなずく。ここまで露骨な男が宗教家であるというのだから救われるものも救われまい。

「それは、素晴らしい心がけです。枢機卿もお喜びになられるでしょう。」

「ああ、ありがとうございます。始祖ブリミルに貴方のような方におあいできたことを感謝いたします。お近づきになれた記念にこちらをお納めいただけなでしょうか。」

「いや、私は信仰に身を捧げるもの。俗世のご配慮は無用に願いたいものです。」

ああ、だろうよ。収賄は、この世界において普遍的にみられる現象でありながらも宗教家にとって外聞を憚ることであるのだから言葉上では断るのも良く知られている。
まったく会話するだけで、耐えられない瘴気を吸いこまされているようだ。塹壕戦でガスを流されていた陸軍兵士とも今なら語り合えるかもしれない。

「こ、これは言葉が足りないようで御不快にさせてしまったようで申し訳ない。信仰を同じくする人々のためにご活用いただきたいと願えばこその寄付をお願いしたいだけなのです。」

「おお、そうでしたか。いやはや。信仰に身を捧げるものとしてはこのように厳しいことを言わねばならないこともありますが、ご理解いただけたようだ。」

ここの枢機卿とやらも程度が知れるというものだ。まあ、ほどほどに情報を得られるであろう。お互いに、損得勘定で取引を行えるという意味において蝙蝠のような枢機卿は貴重な価値を持っている。


{トリステイン貴族視点}

「何故、枢機卿はあの成り上がりどもに下手に出ようとするのだ!」

メイジですらない平民に貴族の地位を与える成り上がりどもの集まりであるゲルマニアに対して、我々トリステイン貴族が真の貴族としての精神を教えてやるべきではないのか。

「所詮、やつは鳥の骨だ。誇りも知らぬ腰ぬけだ。」

杖にかけて王家に忠誠を誓っている我らトリステイン貴族を何と心得ることか。高貴な者の精神を理解できない坊主上がりはこれだから、面倒なのだ。

「忌々しいことに、ゲルマニアは糾弾に白々しい解答をよこすばかりだ。そもそも、成り上がりの分際でこちらと対等な気になってつけ上がっている。」

次第に激昂していく若い同輩たちを横目に見つつ、その思いをくみ取らない王家に対して私は憤りを覚えざるを得ない。
誇りを知らない王家との噂が口さがない平民にまで流れていると知らされた時は激昂したものだがこれでは真実を語っているとしか思えない。
我らの杖は、なんのために忠誠を誓ったのかわからないではないか。

「諸卿よ、落ち着かれよ。この問題はまず王家が不甲斐ないからこそゲルマニアに侮られたと言えるのではないか?」

思わず、その言葉に首肯してしまいたくなる自分がいる。王家はその役目を果たしていない。特に、辺境貴族らは王家の無作為にいら立ちを隠せないでいる。
表立っての批判は、ある程度自重してきたが、貴族大半の意向がこちらと同じであるならば、恐れることもさほどない。いや、むしろ声を上げるべき時でさえある。

「その通りだ!」

「貴族の誇りを何と考えている!」

「貴族のことは、貴族で決めるべきだ。腰ぬけの王家などから何故我ら貴族の誇りを持つものが平民のごとく指示を仰がねばならない?」

「このことは、王家に我々の誇りにかけて掛け合うべき問題だ!」

「王家におかれては、恐れ多いことではあるが過ちを認め、過ちを改めるべきだ!」

そう、王家は、我らの誇りを尊重するべきなのだ。忌々しい鳥の骨が実権を握っていることを容認している今の王家は明らかに間違っている。
有為の貴族達が集まり、行動すればトリステインの栄光が再び取り戻される日も近い。今、まさに行動が必要とされている。

「私も、賛成だ!!」


{ミミ視点}

「サー・ヘンリ・ボーウッドがお見えになられました。」

ネポスの言葉で我に返った私は、積み上げられている未決済の書類をさりげなく机の隅に寄せてせめてもの抵抗を試みる。
執務室が整っているかどうかと言われると極めて不本意な現状にあるが、うまいこと自由の身を得た元上司の分まで職務を代行させられているのだから仕方ないはずだ。
貴族令嬢として維持すべき様式からすれば、どのみち軍務に従事しているということや、行政を担っているということはあまりほめられないのだから今さらと開き直る。

「サー・ヘンリ・ボーウッド、ようこそお越しくださいました。お初お目にかかります。マリア・クリスティーネ・フォン・カラムです。」

「これはご丁寧なごあいさつ。恐れ入るばかりです。」

社交的な会話をこなしている時間が私には惜しい。
早く終わらないかしら。

「お忙しい身にわざわざご足労いただき、恐縮の念に堪えません。本日は、なんでも木材についてのお話だと伺いましたが、よろしければさっそく本題をお伺いしたく思うのですが。」

「おお、これはありがたい。フネのマストに適した木材が産出されると聞いて参ったのです。マストに適したものが見つからず、なかなか苦労しておりまして。」

言葉を飾らない軍人と言うのは本当に素晴らしいわ。空軍士官が皆こうだというならば、軍人をすべて空軍士官に取り換えたいくらい。

「お恥ずかしいことに、私はあまりそのことに関して存じておりません。もしも、私の無礼をお許しいただけるのでしたら木材に関して管理させているものをご紹介させていただけないでしょうか?」

「結構です。こちらからお願いしようと思っておりました。」

アルビオン貴族、というよりも空軍士官の評価を心内で上方に修正しつつ、ミミはすばやく面倒事をギュンターのところへ回すように手配する。木材の管理は、当然ながら専門家に一任すべきだ。
大規模な“火災”でそれなりの森が焼失したとはいえ、今ならば亜人も駆逐されている。多少の危険があるとはいえ、良質なフネ用の木材を北方から調達するには適しているだろう。
冬の寒さにサー・ヘンリ・ボーウッドならば慣れているであろうしあとは専門家同士でよろしくやってくださるはず。

ともかく、今は冬越えの支度にかからなくては。


{ロバート視点}

情報は力であり、宗教庁はその存在によって自然と情報を各地から集められる恵まれた情報網を有している。この、情報網は受け身ではあるかもしれないが各地についての情報を得るためには極めて有効なものとなるであろう。
なにより組織的なネットワークだ。しかも、国境に関係なく各地に張り巡らされている。情報収集にしてみれば全くもって理想的な環境と言うしかない。

そして、ロマリア宗教庁は、派閥によって程度の差があるにしても一様に聖地奪回を名目上は悲願としている。
実際に軍を派遣するかどうかというところになるとまったく利害関係の問題になる部分もあるが、少なくとも聖地奪還に向けての功績は派閥の利益となると判断するのは間違いない。
当然、こちらは積極的に聖地を抑えているエルフ達に関する情報を収集しているであろうし、往来にも網を張っているはずだ。
ここまでは、理知的に分析するまでもなく自明のことであるが問題はこれからだ。どうやって、流れている情報を拾うか?それが問題だ。
私の護衛は手だれであれども10名。新領で私が個人的に雇い入れた従者ということになっている。実際には、ギュンターが腕利きを選抜したメイジたちなのだが。実力はともかく、情報収集に努めるにはそれほど多くない。
何より、私は情報収集など専門にしたことがない。与えられたカードの活用ならいざ知らず、カードの収集に乗り出すには経験があまりにも足りない。ここは慎重に行かざるを得ない。実質的に敵地での情報収集と変わらないのだ。

「アヒム、テーオは当分、こちらになじめるように心掛けろ。ネリーは孤児院を廻れ。」

「ミスタ・コクランはいかがされますか?」

護衛の長であるニコラウスが今後の行動について相談に応じてくれたので部下たちの前でも、それなりには振舞えている。彼には感謝せねばならない。

「残りの者と宿に向かい、当分は参拝に努める。まずは歩き回るつもりだ。」

ロマリアには外国からの巡礼者向けにいくつか大きな宿がある。概ね、評価の高い所であれば治安の問題もない。巡礼者を迎えるという名目で、豪華な宿があるのだ。

「わかりました。」



しばらく、ロマリアに滞在していてわかったことがある。孤児が異様に多い。それも、すべからく母親に先立たれるか、捨てられた者たちが。
街を歩いていると、物乞いやすりを働こうとする子供を目にするがそれらは孤児が多いと耳にすることができた。
笑うべきか、嘆くべきか微妙なところであるかもしれないが彼らについては一種の口にできない真実というものがある。公然の秘密というやつだ。
宿で早めの夕食を頼む際に、この街の住人なら何か知っているのではないかと彼らの存在について尋ねようとすると宿の主人がそれとなく口を憚る真相を耳打ちしてくれた。
まあ、こちらも察してたのだから、ある種確認に近い作業だ。

「司祭様たちの私生児であります。外聞が悪いので子を孕むと手の付いた女たちは追い出されその子供たちが路上にあふれているのです。」

あたりをはばかりつつも、重大な機密を漏らしているのではなく、ご政道批判といった程度で、世慣れた店主がこちらの疑問に答えてくれる。

「しかし、それだけであのような多くの孤児がすべてそうだというわけでもないだろう?」

「やもしれませぬ。ですが、捨て子の多くはそのような身の上です。あまり外聞の良くないこと故、この話題に触れるのはお気を付けください。」

だが、今彼からもたらされた情報ついて少しばかり気になるところがある。後ほど、ニコラウスが戻り次第彼の意見を参考にしてみよう。
そう思っていると、この手の忠告を幾度もおこなっているらしい。主人はそれだけ言うとすぐに話題を切り替えお勧めのワインについて語りだした。

「ああ、お客様には当店秘蔵のタルブ産のワインなどいかがでしょうか?トリステイン王国から苦労して手に入れた逸品ですよ。」

そういうと、彼はウェイターが持ってきたワインをこちらに差し出す。確かに、ワインの名産として有名なタルブ産のワインだ。
これ一本でさえ、この宿の近くからは聖堂騎士団によって追い払われた貧者たちにしてみれば一生口にすることもないような代物だ。

「トリステイン王国からか?良く手に入ったものだな。確か、賊が跋扈し買い付けいに行くのも困難だと商人たちが嘆いていたはずだが。」

取りあえず、代金を払いつつ、ワインの風味を楽しむ態を装うことにする。まあ、実際にワイン自体は良い品であるし、嫌いではない。

「その通りなのですが、幸いにも良いつてがありまして。」

「ほお、話のタネに聞いても構わないかね?私も良いワインを得るためにはいろいろと商人達に注文を付けたが、なかなかうまくいかなかったのだ」

というよりも、私個人に限らず大半の人間が、トリステイン産の物産を入手しようとしてもかなりの困難に直面する。流通の悪化は劇的なまで拡大し、かなりの富裕層の嗜好にもある程度の制約を及ぼすほどの影響を持ち始めている。
金で解決しようにも、本当にものが流れないほどなのだ。

「アルビオンへのフネがかなり纏まった数で送られておりまして、当然空賊に備えて武装しているものが多い。その商人達に帰路に調達してもらっているのです」

まとまった数のフネがアルビオンへ行く?ロマリア連合皇国は輸入超過であり、アルビオンが必要とする物資を纏まった数のフネを必要とするほど輸出する余剰はないはずだが。気にかかるのでこれも後で調べてみるべきだろう。
だがさしあたって今は、この世界のワインでも楽しむことにしよう。
ブリミルがこのように華美に奉られることを望んでいたかどうかを考えながら、金さえ払えれば何でも手に入るという「光の国」で主人が進めてくるタルブ産の高級ワインを楽しむのはそのこと自体が滑稽でならない。
シニシズムは知識人のダンディズムである。
大抵の事象には風刺の一つ二つすぐに思いつくつもりであったがだが、存在自体が矛盾したソドムの街には冷笑する気もわき起こらない。素直に腐っていると評すべきかもしれないが、ウィットの聞いた表現ができないのは少しつまらないものだ。


{ロバート視点}

タルブ産のワインを楽しみ、自室に戻った私はある種の疑念をゆっくりと考えてみることにした。何故、この世界はブリミル教に対してこれほどまでに帰依しているのであろうか?聖地奪還運動にしても砂漠のオアシス地帯から得られる収益など限定的に留まるはずだ。
砂漠を越えた先に何があるにしても、それは交易によって利益を生み出さないものなのであろうか?
純粋な信仰であるというが、この現状を見ていると宗教的熱情とは無縁のはずであるの高位のものも聖地奪還を望んでいるという。
採算を度外視して行動する連中ではないはずだが今一つ理解できないでいる。枢機卿らの派閥があるにしても、やはりある程度聖地にこだわるのだ。
この世界について調査していく過程で随分と、大まかな部分に関しては私の飛ばされた世界と似ているような物事がわかっている。人間がいて、多少違うにしても植物も共通している。
月が二つということには少々驚いたが、月という存在が理解できる範疇にあったからこそ驚けたともいえる。
本質的に私は、この世界について類似したものを知っていると前提して行動してきてはいないだろうか?過去から学べるものは強いが、差異に注目すべきでもある。
この世界にいて、信仰は大きな権威を有している。それらに関連していくつか、再構築することも検討したが影響が未知数であるため現段階では行うつもりはない。

この世界の歴史を研究して驚いた。六〇〇〇年の歴史がある世界において技術の進歩は遅々としたものであり魔法が発達するなど独自の進歩があるにしてもいびつである。
だが、一番の問題は六〇〇〇年の歴史を持ちながらも依然として中世の技術基盤にあることではない。六〇〇〇年にも及ぶ伝統を誇っておりながらもブリミル教は始祖ブリミルに関連する情報があまりにも少ないのだ。
中世ヨーロッパにおいてさえ、イエスや聖書の研究がおこなわれていた。
あの忌々しいローマ教会によるものが大半であるが、それでもいくつかの研究がおこなわれ、世紀の偽書が暴露されるなどある種の自浄作用はあるものだった。

ブリミル教会もローマ教会同様にして、弟子によって設立されている。だが、ブリミルの弟子に関しては初代の教皇以外伝承されているのものはあまりにも少ない。
さらに、ロマリア宗教庁はスペインの異端審問官と比較しても後者が色あせるようなことをやってのけているという。詳細は不明だが、異端と認定した村を丸ごと焼き払うなどの所業を現地の軍と行ったようだ。
アルビジョア十字軍に近い性質と言わざるを得ない。その点、我が祖国は距離の壁によってローマ教会からの影響を限定的にとどめられていたがそれでも悪弊はあった。政治に干渉しすぎる教会は望ましくない。
そもそも、聖地奪還という目的に対してそれを成し遂げる必要があるということですべてが解決するのは理解できない。聖地を奪還せよというが、それはそもそも誰の意思だ?
アブラハムのように大切なものを犠牲に捧げよと命じられて、悩まないというのは理解に苦しむものだ。
幼少期の教育か?鉤十字どもや、忌々しい共産主義者のプロパガンダ教育を信じ込んでいれば多少はあり得るが、雄弁で持っても鉛を金にかえることはできないはずだ。
共産主義者や鉤十字どもは、幻想を信奉しているかもしれないが、良い迷惑というものだ。

幾度かの聖地への派兵が行われているが、成果は一度たりとも上げられていない。まだ、十字軍のほうが見込みがあると思えるような実績だ。この世界における宗教の存在理由は何なのだ。
わからないが、この世界が全体としては思考停止になりがちなことは判明している。六〇〇〇年の作り上げた変わりのない世界は大きな影響をもたらしている。その、根幹にあるものを理解し調べてみたいものだ。

だが、思索にふけるのもある程度、一段落してからだろう。すでに、いくつか処理すべき課題ができつつある。
端的に言うと、政治的に中立を指向し、聖地奪還よりも現世での救済を重視するこの瘴気漂う世界における変わり種との交渉である。


{パウロス視点}

「ゲルマニアから参りました。ロバート・コクランと申します。このたびは、施設の見学をお願いしにまいりました。」

「ようこそ、お越しくださいました。当院の院長をロマリア宗教庁より拝命しておりますパウロスと申します。その見学・・ですか?」

「ええ、できれば子供たちの生活や学び舎を拝見させていただきたく思うのですが。」

身なりのいい来訪者が、私が院長を務めさせていただいている孤児院に厄介事以外を持ち込んだことは記憶にない。清貧を旨とすべき理念は、もはや空洞化している。
宗教庁は、迷えるものを救うどころか、私のもとに多くの私生児をもたらしているのが現状だ。
この男は、メイジでも貴族でもないものが着ることのできる最上級のものを身にまとっている。つまりは、経済的な理由ではなく没落した貴族なのだ。なにがしかの問題があったのだろうか?
聖職者としては、それで彼を差別したり、偏見で見るのは避けたいのだが経験則からして、面倒事の気がする。
厄介事を持ち込むか、これから引き起こすのだろう。できることならば、子供たちを巻き込まないでほしいのだが。

「その、失礼ながら理由を伺ってもよろしいでしょうか?」

「純粋に、知りたいと思ったのです。正直に告白しますと、動機の大半は好奇心によるものです。いくばくかの義務感を伴うものであることは否定しませんが。」

うん?この男の言動はこれまでの来訪者のそれとは少し違う。好奇心で孤児院をのぞこうという姿勢は好ましいものではないにせよ、まだましな部類の来訪者らしい。
奴隷や、玩具を探しに孤児院に来る面々に比べれば、格段に良い部類の来訪者といってもよい。

「そうですか、立ち話もなんですのでよろしければ私の部屋にでもどうでしょう。」

「ああ、構いませんか?」

「何のおもてなしもできませんが、それでよろしければ。」

院長室に案内し、一応来客用にと用意してあったの椅子をすすめる。本来ならば、ここでお茶でも出すべきなのだろうが切り詰めて運営している院には茶葉などはおろか、燃料用の薪さえ十分には足りていない。
客を迎える身としては悲しいことだが、子供たちの一食を優先すべき身でもあるのだ。富貴を極めつつある高貴な身分の人間には、嫌われてしまうが。

「申し訳ないのですが、歓待したくともできない事情を察していただけないでしょうか。」

男の反応は、やや申し訳なさげに手にしていた木箱を差し出すことだった。よろしければ、と言われて受け取り開けてみると中にはワインと思しきものが入っている。
気を使ったのか、単純に聖職者という分類で、他のものと同一視されたのかは分からないが、ぶしつけな来訪者の類ではないのだろう。

「ああ、お心はありがたいのですが聖職者としてアルコール類は遠慮させていただけないでしょうか?」

「これは、私がゲルマニアから持ち込んだ果実の飲料です。お酒とは別のものです。手ぶらで参るのもどうかと思いまして。」

果実の飲料。確かに、葡萄酒は、ブドウの飲料であり、ブドウそのものは禁止された食べ物ではない。
全く残念なことに、聖職者の大半はアルコールでないと称しつつワインを愛飲しているのが実態だ。
厄介なのは、出されたワインを拒絶することがどういう印象を相手に持たすかということをさすがに、聖職者として経験を積んでいる以上知らないわけにはいかないということだ。
貴様の出すものなど飲めないというメッセージを発するわけにもいかない。

「それでしたら。」

そう言いつつ、差し出された瓶を受け取ると棚から木製のコップを二つ取り出し、来客の前に差し出す。気乗りしないが、彼の酒を飲まないわけにはいかないのだろう。
そう思っていたが、私の考えは良い意味で裏切られた。

「ああ、失礼。これは、水で割って飲むものでして。」

そう言うと、机の上に置いてある水差しをとると適量と混ぜ合わせ、私の分を差し出す。少し、ワインに近い飲み方かもしれないが確かに果実の匂いがする。
いやいや馴染まされていたアルコールの風味もそこにはない。むしろ、自然な甘さがそこには含まれている気がする。

「おお、なかなか美味ですね。」

思わず、笑みを浮かべてしまう。そう、アルコールが入っていないならば子供たちに飲ませてあげられるのだ。甘いものを彼らに上げられるとは。
今度の祝祭日にでも、できるだけの用意をしてあげよう。虚無の日にでもおやつとして出すのも良いかもしれない。

「いやはや、ロマリアの方にそう言っていただけると自信が出ますな。今度、ゲルマニアのアウグスブルク商会が売りだす予定の商品でして。よその国の人からも評価していただければこれに勝ることはありません。」

うれしそうに笑うと男は周りを見渡して、さりげなく扉に目を何度か向けて私のほうを見る。
まるで、そっちを見てほしいといわんばかりの動作に気がつき、お客の前で失礼かとは思ったが扉のほうに振り返ってみる。

「こら!お客様がいらしているときは勝手に覗いてはいけないとあれほど言ってあるでしょう!」

思わず、私は声をあげてしまった。物珍しさと好奇心につられたのだろう、子供たちが扉の陰からこちらを覗きこんでいるではないか。
まあ、子どもというのは、悪意に敏感だ。近づいてこれるような来客で良かったというべきだろうが、この来客がこれまでのそれと違うからといって、覗き見ることはほめられたことではない。
だがまずは、無礼を詫びなくては、と思ったときにはもう男が立ち上がると手にコップを持ち、子供たちへと歩み寄っていた。
そして、しゃがみこんで一番手じかにいる男の子にそれを差し出し、受け取らせると私のほうを見て気にしていないといわんばかりに子供たちを中に入れるように促した。

「まあ、子供のしたことですから。彼らも一緒にどうですか?」


{ロバート視点}

ニコラウスに相談し、いくつかの孤児院の中から比較的まともな人物が運営していると思しき孤児院に訪問することにした。
予想通り、ロマリアの数多くの腐敗した孤児院の中からまともなものを見つけるのはかなりの労力を必要としたものの、その労力に見合った成果があったと言える。
護衛のうち幾人かは、そのような孤児院が見つからないことに今晩のワインを賭けていたが、どうなることやら。
初老の院長は、理知的であり、かつ身にまとっている服も粗末なものだ。なにより、途中で見かけた子供たちが院長ではなく、私にしか怯える視線を向けてこなかった。
子供と言うものは、なかなか鋭いところがあるとシシリアが私に教えてくれている。まあ、すぐに懐かれたようだが、彼らのお目当ては私ではなく持参したブドウのジュースだろう。
何にしても、孤児院を運営しているこの人物は、その人間性において善良なのだろう。
差し出した、果実の飲料も私が注いだ分以上は口にしようとしない。子供たちのために取っていると考えるべきだろうか。
清貧の中にある心がけとしては素晴らしいモノがある。孤児院にいる子供たちは、程度の差こそあれども影があるのかもしれないが、彼はできることをしようと努力している。
彼ならば、政治に積極的に関与しようと欲するタイプの宗教家と間逆であるといってよい。
そして、ゲルマニアはそのような人材を欲している。そのような人間であるからこそ引き抜くのは困難であるといわざるを得ないが、説得の価値もある。
彼に、案内されて子供たちと共に施設を歩いた。清潔ではあるがやはり貧しいようだ。予算は大量に組まれているはずだが、途中で何重にも抜かれているというのは間違いないらしい。
(少なくとも、しぶしぶゲルマニアが払っている教会税だけで、相当な額なのだ。)
生まれてきた、子供に罪はないと彼は言う。同意しよう。彼は、キリスト教徒とは異なるが尊敬できる宗教家である。善き人であるのだろう。

「ミスタ・パウロス。貴方は、子供たちを救済されている。子供たちは貴方の存在によって救われているでしょう。」

「私は、微力をつくすのみですよ。ミスタ・コクラン」

「ですが、あまりにも現状はひどい。ロマリアにおいて貴方の守るべき子供たちに居場所は与えられない。彼らには多くの支援が必要です。」

私生児や孤児などは、ロマリアの暗部だ。多くの聖職者は彼らの存在を認めたらがらない。建前でこそ平等であっても孤児院の出身であるというだけでロマリアでは働く機会も絶望的に乏しくなるという。
まあ、暗部に引きずり込まれて、どこぞで倒れるかもわからないような仕事ならばあるだろうが。そういう仕事をこなす駒ならば、ロマリアではいくらでも需要があるのだ。
なにせ、生還をさほど期待せずに大量の密偵をエルフの砂漠に突入させたり、ガリアに潜入させようとしているのだから。
供給が追い付かなくなれば、狂信者に加えて、経済的に弱い立場の人間が投入されるのは、時間の問題でしかない。

「何がおっしゃりたいのでしょうか?」

「これは、個人的な願望になりますが、ミスタのような方にはぜひゲルマニアにいらしていただきたいのです。」

宗教家と戦争をする気はない。少なくとも、私は十字軍ではないのだ。蛮族を相当することには良心が耐えられても、信仰を弾圧する勇気はない。
狂信的な連中と、果てしのない宗教戦争をやれるほど愚者ではないのだ。だから、宗教家とやっていかないといけないのであるならば、せめてまともな宗教家と手を握りたいと願って何が悪かろうか。

「ゲルマニアにですか?しかし、私は多くの子達を見捨てることなどできませんよ。」

「子供たちと一緒に移動されればよろしいのです。」

「・・・そこまで援助していただけると?いったい何を考えているのでしょうか。」

子供のことを考えられて、かつ頭の回転も問題はない。うってつけの人材をロマリアは良いところに投げ捨てているものだ。
これほどの人材がこの程度に地位と権限に甘んじているということが、ロマリア宗教庁の人材の豊富さを物語るものか、腐敗を物語るかは興味深い味わいがある。
まあ、貴腐という概念があり、本来の意味からは逸脱するが、ロマリアは腐っても高貴な恵みを私に下さっていると感謝すべきかもしれない。

「詳細は申し上げられませんが、私は帝政ゲルマニアで以前官職にありました。その任地は辺境でありましたが、開発の途上であり多くの人々を受け入れております。今後もその用に発展していくと聞き及んでおります。」

「つまり、その地にならば受け入れることが可能であると?」

「以前の同僚より、ロマリアに向かうならばこちらに良い方を紹介していただきたいとも頼まれておりました。向こうも喜んでお迎えするかと。」

「しかし、それは司祭として求められているということではないでしょうか?」

「私どもとしては、信徒の義務として困窮している同胞を救う施設もまた当然のこととして整備したく思っています。」

なかなか、腰が重たいのは仕方のないことだ。慎重であることは美徳ではあるが説得する際には不便でもある。こちらとしても、説明できる限りの事情は話、双方が納得できるようにしたいものだ。



{アルブレヒト三世視点}

「先立って、余はトリステインに対して事態に関連して釈明の使者を出すように命じたが、その件はその後どうなっておるか?」

呼び出したラムド伯に、余は尋ねる。以前からちらほらとは噂になっている反ゲルマニアを唱えるトリステイン貴族の増加は極めて煩わしい。弱い犬ほど虚勢を張ってよく吠えるものだ。
いちいち、構っておくのも面倒でしかないが、こちらに吠えてくるものだからうるさくて仕方がない。しつけのなっていない犬は喉をつぶしでもしないと黙れないのだろうか?
マザリーニ枢機卿に王国としての意向を確認する使者を出しているが、この様子ではまともな対応は期待できないかもしれないと危惧し始める必要がある。
トリスタニアのアホどもは、部屋の装飾物としては空間の無駄であり、政治家としてはこの上なく優秀な問題作成能力を有している。

「どうも雲行きが怪しいです。入ってくる情報では、なかなか、苦しいようです。」

アホどものアホさ加減に耐えさせるために昇進させらたラムド伯は、情勢の悪化にうんざりした表情を隠そうともしていない。

「枢機卿はロマリア出身で貴族からはうとまれています。冷静な貴族も、この状況下では同様です」

むしろ、ロマリア出身でありながら私心をもたずに王家に忠誠を誓っているような行動を取っている鳥の骨が珍物なのではないだろうか?
よほど人材に恵まれていないトリスタニア中枢にあれほどの宰相格の人間がいることそのものが不思議でならない。
あの鳥の骨がいるためか、辛うじて財政が維持できている上に、曲がりなりも政治を行えているからだ。

「死に体のトリステインは、やはり立ち直れないか。」

しかし、死んだものを生きているように取り繕うにも限度があったということだろう。
もはや、才覚の問題というよりもよって立つ基盤に欠陥があるといわざるを得ない。
まあ、鳥の骨の上司にあたる王族が有能であれば少しは事態も違ったのであろうがこればかりは、ヤツの不幸だろう。

「抑えきれないのか?」

「扱いに苦慮しているようです。一部の貴族がかなり強硬な姿勢を見せているとの報告もあります。」

国力差を知っているのだろうか?連中に破滅願望があるといっても何も、わが国で破滅してくれなくてもよいであろうに。
せいぜい、自分達で杖をつきつけ合って自分たち自身で吹き飛べばいいのに全くはた迷惑な隣国だ。

「ところで、ロマリアで行っている例の交渉はどうなっている?」

「取引相手が恥ずかしがってなかなか出てこずに、こちらから出向かざるを得ないとか。ただ、いろいろと準備不足であることは否めないのでまずは下調べから取り掛かるそうです。」

エルフとの接触を希望していたが、砂漠の壁は大きくロマリアの手も想像以上に長い。諜報網に引っ掛かることは避けたいという報告も以前にゲルマニアの領事経由で届けられている。
あのエルフと交渉が成立するかどうかは未知数であるが、少なくとも会話が可能であるということは、意思疎通を試みるだけの価値もあるだろう。
そう思い、許可したがまず交渉を始めるための相手を見つけることから始めるとなれば難渋するのもいたしかたない。

「本命の取引はうまくいっているのであろうな?」

むしろ、本命である帝室の財源にロマリアの坊主を寄生させない方が重要度は高い。
もちろん、労働力は欲しいが、しかし面倒事がついてくるのは歓迎できないのだ。

「それは、問題なさそうです。ムーダのほうに船団をロマリアに回すよう要望されています。宗教庁からちょっかいを出される前に、掘り出し物の聖職者を見つけたのでこれに教会を与えてしまってほしいとの付記もあります。」

「ロマリアにからまともな坊主を見つけただと?本当ならば、偉業ではないか。」

まったくもって面白い。ロマリアにまともな坊主が存在していたことと、それを発見したことを考えれば、文字通りブリミル教の奇跡ではないか。

「最後になりますが、ハルデンベルグ侯爵がアルビオンとの合同訓練について承認を求められております。」

「目的は?」

「空賊対策のようです。ハルデンベルグ侯爵は練度を向上させるためにもアルビオンとの訓練は有効であると。」

アルビオンとの合同演習。確かに、悪くはないがこの手の行動で同盟とみなされるのはいささか厄介かもしれない。合同演習を行うほど緊密な関係と見なされるのは同盟国かそれに近いと見なされかねない。
アルビオン自体を敵に回すつもりはないが、アルビオンと運命を共にするほどにはなれない。

「卿の見解を聞こう」

「断るよりは、一部でも派遣すべきかと。」

「理由は?」

外交の担当者がこういった事例に賛成するのは珍しいように思えるが、まあ例外がないわけではない。
厄介事を避けたがると思っていたが、ラムド伯はむしろ断るほうが面倒だと考えているようだ。

「やはり、アルビオンの空軍をじかに調べられる機会は逃すべきではないかと。」

ふむ、軍事面で正面から戦ってもアルビオン空軍に敗れるとは思わないが、しかし個別の技量で劣っているだけに質的改善のきっかけとはなるかも知れぬ。
加えて、アルビオン空軍の実力を把握できるならばそれに越したことはないだろう。

「外交上の問題も、空賊対策に近隣国が一致して取り組んでいるとの姿勢を示すことである程度までならば問題はありません。」

確かに、その通りともいえるが近隣国と言えども被害に遭っているトリステイン王国抜きでやるのは対外的に名分が厄介にならないのか?
あの、プライドならばエルフすら越えるような隣国があるので少々気になる。

「また、隣国との関係をアルビオン側も意識していたようで、トリステインを誘ったものの断られているそうです。」

「何故だ?」

ある意味で、軍を精鋭に育てられる上に他国の実力を測る良い機会のはずだが。まして、空の国「アルビオン」の軍だ。
戦時に負けるとは思えないが、しかしその質が他を圧倒するのは認めざるを得ないところなのだ。
それを連中が断るという理由が見つからないが、なにか我々が知らない事実でもあるのだろうか?

「成り上がりのゲルマニアとは共に訓練するに及ばずとのことです。」

「自国に割と好意的に接しているアルビオンに言う理由がそれか?いつものことにせよ、時代錯誤の愚か者どもの集まりだな。」

安定した航路の確保、アルビオンの至上命題である。そのアルビオンにとってみれば地上の友好国や隣国が戦争するよりは、平和であるにこしたことはない。
当然のこととして、トリステインとゲルマニアの関係が安定しているほうが彼らにとってみれば国益に可能のだろうから、一応気を使ってきてくれている。
それを、高慢なプライドで蹴り飛ばせるトリスタニア中枢の神経が余には理解できなかった。

伝統的な友好国が、なぜ友好国でいてくれるか忘れているほどの間抜けがいるとは知らなかった。
裏をかかれている可能性も考慮すべきかもしれないが。まあ、相手はロマリアやガリアの怪物ではなく、トリステインの愚者どもだ。
侮りは危険だが、過大評価するには当たらないだろう。

{ロバート視点}

「まったく、砂漠越えに必要な物資の調達すら見通しが立たないとは。」

テントや馬車はある程度簡単に入手できるようであるものの、駱駝や地図等は到底入手が困難な水準であった。
一応、陸路でなく空路として砂漠を横断する選択肢もあるものの、遮蔽物が何一つとしてない砂漠上空をフネで移動するのは目立ちすぎる。

「商人への監視は異常ですな。場違いな工芸品の流出が懸念されるとしても、ここまで徹底するとは。」

ある程度のところまでエルフの居住地域に関連して情報収集には成功している者の、ロマリア宗教庁の暗部は想像を絶する深さであるようだ。というか、これ以上踏み込むのは危険すぎる。
まだ、浅い部分を軽くなでたような調査でこれだ。どれだけ危ないのかと疑いたくなるが、それほどの規模なのだ。

「むしろ、私としてはロマリア外にある場違いな工芸品がどこから来たのか気になるがね。」

どこから流れてきたのだろうかということを考えるときに二つの可能性がある。
ロマリアから流出したのか、それとも私のようにどこかに偶然流れ着いたのか。
前者ならばそのルートを発見できれば得られる成果は果てしないモノがあるものの、おそらくは後者だろう。

秘蹟探索部という機密の塊のような部署は「場違いな工芸品」を探すためだけに大量の密偵を砂漠へと送り込んでいる。
成功や、生還の確率は果てしなく低いが、物量で問題をねじ伏せている。
「砂漠は、ロマリア密偵で舗装されている」調査していて頭に浮かんだのは死屍累々にも構わず大量に投入されている密偵だ。
砂漠越えは当然陸路を使うしか秘密裏に行えないが、陸路にすら密偵が潜んでいる可能性があると指摘されては慎重にならざるを得ない。
そのように、幾重にも諜報に力を入れている組織が、その成果を流出させるとは、希望的観測にもほどがあるだろう。
忌々しい限りではあるが、現状では種を播くにとどめるしかない。
そろそろ、追放令を金で贖うという形でゲルマニアに帰還する予定日にも近い。成果がない以上、この地に継続的に活動させる人間を残して戻らねばならないだろう。

「ミスタ・ニコラウス。この地に留まってもう少し探ってほしい。任せられるであろうか?」

彼自身は、情報の取りまとめ役としてさほど顔を知られていないということと、要領を得ているために万一の際にもある程度の希望が持てる。
なにより、面倒事を避けつつ情報を収集するという神経を使う仕事だ。余人には代わりが務まりにくい。本当は、本国で活用したい人材ではあるのだが、いたしかたない。

「問題ありませんよ。まあ、面倒事ではありますが、さほどの荒事も必要ありませんし、うまくやって見せます。」

「よろしく頼む。だが、宗教庁の連中にだけはくれぐれも注意してほしい。」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ザ・あとがき

結構他国に留学したりと自由と言えば自由かもしれない世界でも、案外お偉いさんとかが行き来するのは不自由だったりするかもしれないと。

そこで、今回は亜人討伐の際の火計が、ゲルマニアに損害をもたらしたということにして追放された形にしてみました。

言うならば、彼は公務についていないゲルマニアと関係ない人。

最近暗躍してるの誰よ?お前んとこの人間じゃないの?
           ↓
(´・ω・`)@<いやいや、ウチとは関係ありませんよ。誰ですそれ?

ザ・裏工作を目指して頑張ります。


================================
説明的な何か。またの名を補足

ご指摘があったのでちょっと補足をば。

アルビオンの面積には限界があるので、当然自国内の木材獲得にも限界があると想定しております。これが、(広大な未開発の土地を)もつものと(限界がある)持たないものの差です!

戦前の日本海軍と米海軍の油の使い方的な何かをお考えください。
ある種絶望的な差?

今回参考にしたのは、実際の英国海軍が木材供給を東欧やロシア方面にかなり依存していて、造船事情が変化するまで木材獲得に心血を注いでいたという歴史的な現象です。

英国海軍も強大な海軍を維持するために多方面からの木材調達に勤しまなくてはなりませんでした。今でこそ、木材をめぐって深刻な利権対立と言われてもピンと来ないかもしれませんが重要な戦略物資だったのです。

今でいうところのレアメタルとかに匹敵する重要なものです。

たとえば、自国内の木材を可能な限り保護するためにもできるだけ使わない(伐採しないことが)望ましいです。アルビオンが厳密にどの植生に分類されるかはちょっとわからないのですが、すくすくと木が生長するとも思えないので使わないに越さないのです。

たとえば艦船のマストとして30メートルの物を作るためにはそれなりの長さの木を必要とします。そんなに簡単には育たない。メイジ使っても限界はあるので、浪費厳禁は当然のこととしても節約は使用量を減らせるだけで、増やせるわけではないという現実があります。

そして、アルビオンは強力な空軍の編成のために備蓄し保護している木材を簡単に浪費することはできません。予備がなくなってしまうので。

だから、アルビオンとしては代替調達先として期待しているので、木材供給してくれるなら援助するよと申し出てくれるのではないかなと思って表現してみました。


\(-_\)(/_-)/それはともかく。つ小ネタ

うん、新大陸に独立されて本格的に木材涙目の英国海軍の悲哀をアルビオンには経験してほしかった。いくらやりくりしてもどうにもならない絶望的な持つものの差を思い知ってほしい。

たぶん、今の戦力でアルビオン艦隊とゲルマニア艦隊が戦えばアルビオン艦隊が勝てると思うんだ。でも、きっとその時アルビオン艦隊の諸君には文字通り「ピュロスの勝利」というものをかみしめてもらうつもりなんだ。

すまないね。人口と資源が多いので、うちは艦隊再建がその気になればたぶん、そちらの資源が枯渇するまでお付き合いできるんだ。ああ、罵ってくれて構わないよ。

その間に、以前に倍する戦力をぶつける用意をするから。

でも、ちょっと考えてほしいんだ。
お互いに、得るもののない戦争なんてするべきかな?
だから、拳を振り上げる前に冷静に計算してほしい。
僕らはきっと良いお友達になれると思うんだ。

だからさ、得るもののない戦争なんてやめて一緒に他の所から分捕ろうよ?分け前は五分で構わない。近くに良い狩り場があるんだ。ああ、ガリア君ももちろん仲間はずれにはしないよ。

みんなで分割しようよ。
そうすればみんな幸せになれるんだ!

※気がついたらネタに走ってしまっていました。ポーランド分割とか列強の倫理はどこかが壊れていると思います。でもそんなことのできるEU3やvicが大好きだ!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
権力、宗教とか?

( ゚∀゚)o彡°アクトン!アクトン!

Power tends to corrupt, and absolute power corrupts absolutely.(「権力は腐敗する、専制的権力は徹底的に腐敗する」)

貴腐ワインと言うので腐ったものも使いようと腐らせ方次第だと思います。使い道次第ということで、とりあえず腐敗している宗教家とも仲良くなります。

とりあえず、ゲルマニアではお客さまは神様ですの精神で行こうと思います。市場なってくれる限りは良いお付き合いをの精神のことです。
(≒経済的な植民地?or良い商売先)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
地中海は、ローマの物。少なくとも、ローマ教会のものではなかったんだ!
(なにをいまさら。)

異教徒と取引するのは難しいものです。

地中海世界において、イスラム教徒と取引しようとするイタリア都市国家の大半は、ローマ教皇の目を盗んだり偽装したりしなくてはなりませんでした。今回は、ロマリアの目を盗むための下準備に終わったということで。

考えてみると、砂漠に密偵をたくさん送りこんで場違いな工芸品を回収しようとするならば、いっそ普通に貿易すればいいのにと思います。
まあ、ロマリアもいろいろあるのでしょう。





断章5 ネポスの人材狩り紀行

{アルブレヒト三世視点}

「人手が足りない?」

ごく単純に事務的な嘆願を行ってきたのは、北部新領から派遣されてきた行政官である。
言わんとするところが分からなくもないが、だからと言って嘆願書をあちらこちらに提出する暇があるのなら仕事にかかるべきではないのか?
人材の採用に関しては一任してあるものだから、現地で不足している人数を確保すれば良い話だ。
何故ヴィンドボナに嘆願する必要がある?
余が訝しがっているのであろうことを察したのだろう。使者として派遣されてきたネポスと名乗る若い男は言葉を継ぎ足した。

「はい、ゲルマニア新領の開発が進展するにつれて行政府の要処理案件増加に処理能力が追いつかないのであります。」

「余は、現地の人材に関して登用は自由に行ってよいと言っておいたはずだが。」

「無論、現地でも人手を募ってはおりますが、それでも不足しているのであります。どうか、ウィンドボナから応援を頂けないでありましょうか?」

まあ、事務的な仕事を行うためにはある程度の教育を受けたものでないと使い物にならないだけに辺境部で人材を確保するのはある程度の困難が伴うのは理解できる。
だが、それはどこも同じだ。

「希望は理解できなくもないが、そうそう人手に余りがあるわけでもないのだ。軍を退役したものを何人かすでに派遣したばかりでもある。」

「しかし閣下、現状では到底足りないのです。」

はて?予想外にも、この若い嘆願者は引き下がる様子がない。ここまでくらいついてくるほどに人材が不足しているとの報告は派遣してある監察共からは入ってきていないが。
連絡が途絶えがちということと併せて不審なことでもある。さすがに定時連絡は付いているが、詳細な報告が滞っているのは危険な兆候かもしれない。これは調べておくべきか?

「あいわかった。こちらでも善後策を練るとしよう。その方らでも随時手当せよ。」

「ありがとうございます。」


{ネポス視点}

「困った。どこで、人を集めればよいのだろうか。」

頭を抱えつつ、ウィンドボナにある宿へと僕はトボトボと足を向けている。久しぶりの休暇を上司であるミス・カラムより頂いたと思いきや、厄介なおまけが付いていた。

“行政府の人手不足を解消するために、人材を狩り集めてきなさい”

もちろん、あの地獄のような書類の山から解放されるとあらば喜び勇んで人手を募るところだが、ことはそう簡単ではない。新領にかなりの数の役人を引っ張って行ったため、新規に採用するには時間がかかるうえに、どこも余裕がある訳でもない。
当然、乏しいパイを巡って激烈な競争である。負傷し、引退せざるを得ない傭兵などで読み書きができるものをギルドから優先的に引き受ける契約をコクラン卿が結んでくださっていなければ今頃書類に殺されているかもしれない。
業務に卓越して熟練しているはずの役人が沈むほどの業務量など、初めて見た思いだ。

「はあ、商会をめぐってみますか。何人かでも回してもらえればよいのだけれど・・・。」

予算にはある程度の額が用意されているとはいえ、必要量を調達できるだろうか?確保できねば、帰還した時待っている一人当たりの業務量が致死的な量に至りかねない。


{フッガー視点}

「人手不足、でありますか?」

「ええ、そうです。何人かまたご紹介いただけないでしょうか。」

新領の慢性的な人手不足は有名だ。すでに、ウィンドボナにあるほとんどの商会に対して人材がいないかとの問い合わせが行われている。最初のころは気楽にこちらとしても引き受けられていたものの、現在では余所からの依頼もあり簡単にはいかない。
今は、完全に人手が不足しており、有能な人材は囲い込まれる傾向にある。

「そうですね、ご希望はどのようなものでありましょうか?」

「メイジならば大歓迎。読み書きと一通りの計算ができるならば何でも構わないのでご紹介いただきたい。」

と、言われても簡単に紹介できるような者にはいろいろと問題があるか高額すぎるかのどちらかしか残っていないのだが。
さすがに、信頼できないものを大量に紹介したとなると、商売上よろしくない問題に発展しかねない。信頼は重要なのだ。

「はい、ですがさすがに適当なことをして人材をお勧めすることはできません。」

「いや、使えるかどうかの判断はこちらで行う。」

はあ、断りすぎるのも問題か。あまり、使い道がないような人材で無難な選択肢がないわけではないが、そう代替選択肢があるわけでもないのでまた人材を探さねばならないだろう。

「魔法学校を卒業されたばかりの方でよければ何人かはご紹介できるかと。ただ、確実ではありませんが・・・。」

メイジとしてはさほど優秀ではなく、進路を確保できていないようなものでもある程度の教育は受けているので、数には入れられる。とは言え、これらはそれほど多くもない。

「結構です。今すぐにお願いいたします」

うーん、どこかに大量に余っていないものであろうか?読み書きができると言うとそれなりに教育を受けているものか、ギルドに属しているものなどに限定されてしまう。
せっかくこうして多くの買い手がいるのだから何とか見つけられれば大きな利益になるのだが。


{ネポス視点}

数件の商会をめぐって獲得できたのはドットのメイジが三人。目標まではまだ到底およばない。正直なところ、さらってでも働かせたい気分になってきます。
しかし、人材不足はどこも同じようで、何人か同業者に遭遇し、お互いの苦労を理解しつつも譲れない一線を感じるところです。
なぜなら。他の面々はまだ余力があるのに対してこちらは絶望的なまでに追い詰められているからです。

「どこかに、ただで使える人材が落ちていないものですかね・・。」

そう言いつつ、僕は疲れ果てた体でベッドにもぐりこむと明日もウィンドボナの商会をあちらこちらめぐるために早めに休むことにする。
できるだけ人を集めて帰らないとミス・カラムに焼かれるかもしれない。そんな、滑稽なことも本気で不安になってくるような切迫した顔で人材を集めるように命じられたのだから気が重い。
果てしなく、気が重い。少しばかりの休暇につられて引き受けるのではなかった。
ムーダの方に頼み込んで募集の告知を各地で実行していると言うが採用に至るような応募は今一つだ。やはり、何とかしてここで人を集めなくては本当に書類の山に殺されかねない。


{アルブレヒト三世視点}

少し前に、気になったため調査を命じていたことにようやく報告が行われたが余は不覚にも、その報告の内容が一瞬理解できないでいた。

「つまり、あまりにも多忙であったために詳細な報告書を送ることができないでいたと?」

「はい、派遣した監察要員の大半は過労で当分使い物になりそうにもありません」

確認のために派遣した監察官が、妙に面談を強く希望するものだからと目通りをこのような時間に行うことにしたのだが・・。
急ぎの用件ということで妙に緊張したが、叛乱やその類ではないようである。

「では、人手不足は間違いないのか?」

「間違いありません。危うく、同僚に捕まって書類に殺されかけるところでありました。」

「・・・そこまでか?」

一応、密偵たちは中央派遣の人間や、派遣された役人の元同僚や友人というものに偽装して査察を行っている。
当然、名目上とはいえ派遣された役人の、同僚であれば仕事を手伝うのは当然のこととなってしまう。
機密維持や内部の秘密を維持しようと、領主などであれば断ることもあり得るが、直轄領の総督であれば彼もまた皇帝の役人にすぎないのだ。
そういう意味で、融通がきくことが逆に監察官の負担となっているとは驚くべき事態だ。

「辛うじて逃げ出してまいりました。できれば、早めに人を派遣すべきかと」


{ネポス視点}

道を歩いている商人たちをさらって役人にしたいという衝動をこらえつつ僕は、一つの名案を抱えて閣下へと拝謁の申請を行う。正直に言ってこの腹案がなければ手当たり次第に人手を確保していたかもしれない。
あっさりと許可され、驚きつつも幸運に感謝しさっそく中へと向かいます。

「つまり、読み書きができるかメイジである囚人から軽微な犯罪による者をことごとく、新領によこせというわけか。」

「はい。土木作業などの基本的なことでしたらそれらを使うだけでもかなりの進展が期待できます。これでしたら、各所に迷惑をかけることもございません。」

ある程度の能力があれば多少の事務作業を必要とする程度の仕事ならば任せてしまえる上に、メイジであれば大半のことをやれる。土系統であれば完璧なまでに建築に適合する。水系統であるならばさっそく開発に従事させよう。
風系統ならば、野戦に駆り立てて、とにかく亜人と遊んでももらえる。火系統は、土の補助にも討伐の補助にも使える。とにかく、メイジはできることが多い。

「しかし、囚人だぞ?」

もちろん、あまりにも問題がある者を使う気にはなれない。それは結果的に仕事を増やすだけだからだ。後始末と本来の仕事で仕事量が二倍になるのを望むのは本意とするところではないからだ。
おまけに、そんなことをしては、同僚に殺されるか、責任を取ってその仕事を行わされ、結果的に死に至るかの二択しかない。おそらくは後者だと思われるが。

「公金の横領などならばともかく、酒場で騒ぎを起こした程度のものでしたら使い道はあるかと。」

「だが、それらは通常罰金程度で釈放されるではないか。」

「ですので、罰金を払えないで数日拘留されるものをこちらに回していただきたいのです。」

酩酊し、意識が戻る前にこちらで強制拘束してしまえばよいのだ。裕福な貴族のメイジであれば面倒事になるかもしれないが、裕福な貴族のメイジはまず牢屋にいないから問題ない。
むしろ、いればそのことが問題だ。ある程度、貧しい者ならば職を与えられることに対して感謝するか、まあ受け入れるだろう。こちらはなりふり構っていられない。

使えるものならば、何だってかまわない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

新規に獲得した植民地での問題は?
       ↓
人手不足と、合わせて役人不足
       ↓ 
足りないならば人狩りだよね

を背景でやってもらいました。
書類を処理できる人材は中央集権化が進み官僚制が整備されるなかでも貴重なものだったりします。

新領ではもう、役人にメイジかそうでないかの区別なく人を集めております。



[15007] 第八話 辺境伯ロバート・コクラン (旧第31話~第35話+断章6を編集してまとめました。)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/07/27 23:55
{ロバート視点}
貴族としてこの世界を眺めるならば、それは黄金の自由を享受することに等しい。貴族は、貴族であるがゆえに上下があるにしても自由で平等なのだから。

ゲルマニアにおいて貴族たちは皇帝に対して忠誠心が乏しいのも本質をたどれば都市国家に由来するものだからであろう。貴族民主主義が各地で勢いを伸ばしているとの風聞も別段驚くには値しない。
むしろ、王家に忠誠を誓わせることのできる実力が過去にあったことが驚きというべきかもしれない。だからこそ、ゲルマニアにおいては実力が重視されるのかもしれない。
とりあえず、今の自分はゲルマニア辺境伯コクラン卿である。公職から追放されたものが罪を贖うために金を積むという形で辺境開発に再度取り組むように命じられたと外向きには伝えられることとなっている。

貴族として任じられ、旧ゲルマニア新領を領地として与えられたということに対する内外の反発を避けるために、領地として与えられるのは子爵領程度の面積となる。残りの領土は信託統治という形式によってあくまでも形式上は直轄領となる。
まあ、微妙に官吏の運用上の制約等があるため子爵領程度でないと官吏不足するということを考慮すると、さほど深刻な問題でもない。
正直なところとしては、この地域の動植物やメイジの研究さえ行えれば私自身の好奇心は満足するのでそこまで形式ばったことはお断りしたかったのだが、諸般の事情からそれはできないらしい。まったくもって不本意ながらも、ヴィンドボナに参上し、仰々しく任命されなくてはならないというのだから自由のないことこの上ない。

私自身は、叶うことならば魔法学校の蔵書を読み漁ってメイジをつぶさに研究したいのだが、それは幾度も申請しているのだが一度も通らない。
ならばと思い、ロマリアから魔法が使える可能性のある子供たちを孤児院ごと招聘し、魔法の素質がある子供たちを教育しつつ研究する計画を立案したのだがパウロス師は子供たちを実験台にするのには反対らしい。
実験台と言うよりも調査対象であり、人体を対象とした実験は行わないと主張したのだがそれでも受け入れてもらえなかったのは残念と言わざるを得ない。周りの人間からも理解を得られないとあれば本当にどうやって研究したものだろうか?むしろ、まずは諸々の科学的な知識を理解し、協力してくれる助手を探すことから始めるべきなのだろうか?
結局、私にしてみれば不本意ながらも辺境伯として軍務に従事するという形をとりアルビオン方面への旅行を計画するぐらいしか自由がなかった。
自由、まったくもって我らにとって不可欠であり、渇望の対象であることだ。
以前、王立協会かどこかの講演でシュラフタについて極めて高く評価されていた老教授がおられたが、できるならばその見解に不同意である旨を今度お送りしたいものだ。
なるほど、権限があり、政治上の権限もある。だが、貴族による選挙など極論を言えば混乱の原因でしかないのだ。
まあ、シュタラフのもとで貴族が比較的自由であったというのは認めるが、それはそれとしてもだ。さしあたっては、アルビオンとの合同の艦隊訓練を見分しアルビオン散策を楽しむとしよう。

「ハルデンベルグ侯爵、このたび北部を代表しアルビオンとの合同訓練に参加いたします、ロバート・コクラン辺境伯であります。」

軍務といえども、貴族の礼がこの世界ではまだついて回る。そのため、爵位の上位に対する敬意を表し挨拶を交わす必要がある。これは、例え北部方面からの代表であろうとも例外ではない。とはいえ、実質的に北部を代表するとはいえ、派遣されるのは委託されている軽装備のフネ二隻で指揮をとるのはギュンターだ。私自身は精々が観戦武官といったところだろう。面倒な礼節に悩まされる機会は、そこまで多くはないだろうと期待したい。

「御苦労、コクラン卿。いろいろと、面倒事も多いかと思われるが、卿には軍人として期待している。」

気楽にして良いと、手を振りつつハルデンベルク侯爵は一応礼節を維持した程度に答礼する。

「ありがとうございます。ご期待に添えるよう微力を尽くす所存であります。」

「何、以前卿の発案した案によって軍も大いに潤った。卿には感謝している。」

「光栄の極みであります。」

ハルデンベルク侯爵は、私自身について多少知っている上で好意的な部類だ。理由として彼は、私の発案した拿捕賞金で相応の収入があったとも聞いている。まあ、軍務で潤いを与えつつ評価を得られるというのだから不満もでてくるものではないが。
上司としても、割合物事に道理的であり、選帝侯寄りでもない軍人としての思考を維持している人材だ。それであるだけに今回の演習はおおむね楽しめるだろう。
ただ、私の乗艦が旗艦が違うために移動のたびに龍騎士の背中に乗らなくてならないことが気に入らない。あの龍騎士の背中に搭乗し、移動するのだけは好きになれない。
知識としては、空を飛ぶことに納得していてもあまり下を見たくはないものだ。航空支援のありがたみは理解しているが、だからといって空を飛びたいかといえば微妙なのだ。船と運命を共にするという意味なら、フネだろうと対して軍艦と異なるわけではないのだが。

{ギュンター視点}

「前方に艦影を確認!」

「艦隊旗艦より、信号を認む!“予定通りアルビオン艦隊と会合セリ。礼砲用意!”」

「礼砲用意!」

「アイ・サー、礼砲用意!」

部下の見張り員達からの報告に即応する形で、争うようにデッキへ飛び出す。かなり早く飛び出したつもりだったが、どうやら上司には一歩遅れたらしい。既に到着しているコクラン卿がデッキでアルビオン艦隊を油断なく注視していた。
形式だけとはいえ、北部派遣艦隊の指揮官であるコクラン卿は熟練の空軍士官並みに空軍の作法に通じておられる。というか、信号に即応できるだけの軍務を積んだ軍人である以上、生粋の軍人のはずなのだが。どうも、このボスは生粋の軍人というよりも、権謀術策に長けた策略かの側面も持ち合わせている。まあ、ボスであるから何があっても多少のことではボスだからでかたづいてしまうのかもしれないが。

「旗艦に従い礼砲を撃つ。間違っても実包で行うなよ!?」

「アイ・サー!ですが、アルビオン艦隊が臆病風に吹かれて事故を起こしても小官の責任でないと認めていただきたいものであります。」

名にし負うアルビオン艦隊相手にいささか気を張りすぎている部下を和ませるために上司に提言をしてみる。

「構わん、強装で肝を冷やすくらいはやってやろう。」

わずかに笑い声が艦橋をにぎやかにさせるが、まあボスを始めすべてのクルーが冗談だとわかっているからこそこういう笑い話もできる。
トリステイン艦隊ならば、あるいは本当に実包と混乱して、応戦してきかねないくらいにゲルマニアとアルビオンの艦隊は大きな礼砲を鳴らすのだから。

「よし、アルビオン連中の度肝を抜いて見せろ!礼砲撃ち方始め!」

指示を出しつつ艦隊行動に乗っ取りゆっくりとフネを隊列に従わせる。今回の演習はゲルマニア側7隻、アルビオン側9隻が参加する大規模なものになる。
目的は、この周辺に猛威をふるっていた空賊対策に近隣諸国が一致団結するためのものというのが建前であるが、内実はお互いの実力を誇示する場でもある。
率直に言うと、アルビオンがその練度を見せつけて、ゲルマニアがその実力が侮れないものであると知らしめるだけだ。なるほど、確かにアルビオンのフネは優秀だろう。
だが、質で数を圧倒できるほどには我がゲルマニアの練度が劣っているわけではないのだというお互いの実力誇示だろう。まあ、艦隊行動をみる限りではやはりアルビオン側に一日の長があるのは認めなければならないだろうが、それでもこちらの練度もかなり伸びているのは間違いない。艦隊行動とは言え、勇名をとどろかせているアルビオン空軍に及ばんとするならば、まずまずの評価をして良いだろう。
肝心の演習であるが、この場では精々が艦隊行動を見せ合い、標的射撃といったところで終わる予定だ。うちのボスは一応この演習に観戦武官と称して参加している。だが、まあ実際の目的はこの後の相互表敬訪問でアルビオン側に行くことだろう。そんな考え事をしていると、こちらの礼砲が終わりアルビオン側からの答礼が返され始める。

「アルビオン側からの答礼です。」

「御苦労。艦隊旗艦に出頭する用意を整えてくれ。」

無事艦隊が会合に成功し、旗艦よりも指揮官召集の信号旗が掲げられた。それを確認し気乗りしない表情で龍騎士の後ろに乗るボスは、空が苦手らしい。
これほどまでに、空軍のやり方に慣れていながら、空を苦手としているのでは空軍の軍人としてどうかと思わざるを得ない。まあ、あの人は直接戦うよりは指揮を執る側の人間ではあるのだが。

「さて、今のうちに標的をならべておけよ!」

手際良く演習を行い、練度を誇示するという以上、ここで手間取っては仕方がない。さっさとやることをやってしまおう。


{ロバート視点}

「いや、見事です。正直に言って、これほどとは思わなかった。」

アルビオン側の練度はこちらの想像を遥かに上回るものであった。砲撃精度、速射能力、いずれも良く訓練されたそれである。空中を飛びながら標的に砲撃をあてられる能力は、対空防御力が乏しい木製の装甲では大きな脅威だろう。
名目では友好であるが、ある一面の真実としてはアルビオン空軍の精強具合を誇示することでゲルマニアに対抗しようという性格も持っているだろう。練度の誇示を通じてそれらは完全に成し遂げられたと言ってよい。

「悔しいが、我がゲルマニアはまだまだ向上の余地がある。今後も精進に努めるしかあるまい。」

「まあ、いつまでも彼らの空でないと示してやれるように部下を鍛えるとしましょう。」

ハルデンベルグ侯爵が、忌々しげに髭を撫で始めたので話題転換の必要性を思い立ち、気になっていた本題に話題を変えることにする。旗艦への出頭に龍騎士を使わなくてはならないことで一瞬、気づくのが遅れたが、礼砲の変更は急なものであり不可解なところがあった。

「しかし、気になっていたことが一つ。アルビオン側の参加者に王族が入っていないのはなぜでしょうか?」

「ふむ、トリステイン王国を誘う際に、メンツの問題もあって王族が参加すると称すればかの国も参加すると見なしたからではないか?」

事前の予定では明言こそされなかったものの、実質的に礼砲や儀礼等の観点からアルビオン側の指揮官格には王族が参加するとみなされていた。だが、実際の様子ではその気配がみられていない。

「確かに、トリステイン側は拒否しています。それでも、ゲルマニアとの演習を希望したのはアルビオン側です。」

つまり、王族を参加させるかどうかの有無を決定したのはアルビオン側だ。こちらとしてはそれに釣り合う人材として、ハルデンベルグ侯爵が選別されたというのが背景にある。王族に対しては格がやや劣るにしても、軍務を司る長を派遣しているのだ。
まがりなりにも、形式上の問題がないにもかかわらずアルビオン側は予定にない行動を取っている。

「こちら側に合わせたということは考えにくいか?」

「つまり、ゲルマニア単独では逆に格が劣るために出せないと?」

それは、妙な話だ。確かに、トリステイン王国を勧誘する際にアルビオンの王族が参加しているというのは大きな利点だが、ゲルマニア単独での参加に王族を出さないというのはアルビオン側らしくもない外交的な失策だ。
こちらが、先に通達したのならばともかく、アルビオン側が先に通達した上で変更するというのはやはり納得がいかない。通常、対外的に発表した予定を王家が変更するということは政治的な意図か事情が変化しない限りありえないと言ってよい。
アルビオン側は、内々であれども当初の予定では礼砲を21発要請してきた。だが、土壇場で変更があり19発に変えられている。これが、意味するところは少しばかり気になる。アルビオン側がゲルマニアとの関係を軽視する理由は現状では思いつかない。

「それは、確かに考えにくいな。なんぞ、変事でもあったのだろうか?」

不審に思ったのだろ。ハルデンベルグ侯爵の声にも格下に見られたという不快感よりも不可解な事象を怪しむような声になっている。軍人というものは、とにかく予定にない行動や不審な点を見たら疑う方が無難なのだ。
無論、猜疑心にとらわれて自身の行動を束縛してはいけない。だが、生き残れるのは臆病ものだ。

「分かりませんが、お許しを得られれば少々探ってみようと思います。」

常に、注意深く物事を観察せよ。違和感は、原因を突き詰めれば解答に結びついている。ゆえに、如何なる事情も見落とすことなく見張りを行うことが士官には求められる。
総員が、右に関心をひかれているならば左側を注視するほどの用心深さが海軍士官には求められるのだ。故に海軍軍人は、徹底して警戒を怠ることなく軍務に従事するのだ。

「あまり、問題にならない範疇であるならば許可しよう。卿個人の裁量で行うがよい。」

「感謝致します。」

さて、許可は出た。どうやって事態を探るかだが、ことがことであるから簡単にはつつくこともできない。王族がらみの問題に不用意に干渉すると好奇心が猫を殺すことになりかねない。
さらに、微妙なことはこの変事がどのような意味をもっているかどうかだ。人員を即応要員のみ配置するべきだろうか?いや、過敏な対応は不信感をお互いに惹き起こし不用意な事態になりかねない。ということは、警戒を緩めないぐらいしか現状でできる対応はない。まあ、事態が政治的なものであるというのならばアルビオン側の事情を調べてみる必要がある。
だが。アルビオンに滞在できるのは長くても一月だろう。その間に嗅ぎまわれるところを部下と手分けして調べるべきだろうが、どうにも時間が足りない。正直なところ、政治的な問題とアルビオン大陸という不可思議な存在のどちらも疎かにしたくはないのだが。できることならばアルビオン大陸を貫通する井戸か穴を掘ってアルビオン大陸の浮遊する原因を突き詰めてみたい。
せめて、その植生と動物等について調査し高度の高い地域での植物研究の新分野に貢献したいのだが。


{ギュンター視点}

「ギュンター、話がある。」

そう言うと、ボスは艦長室にもぐりこむようにして人払いを行う。機密の含まれた話だろうと察して私も従者をつけずにボスに続く。

「何でしょうか、コクラン卿」

神妙な表情を作り、厄介事を持ち込むであろう上司に尋ねることにする。大抵の場合、上司の持ち込む問題は愉快であるか、厄介極まりないが大きな成果が期待できるだけに安易に引けないシロモノであるかのどちらかである。

「礼砲は19発だった。貴官らには明かされていないが、当初の予定では21発だったのだ。私も確認して初めて分かったのだが、アルビオン側に急な予定の変更がみられた。」

周囲をはばかるように声を落としてボスが告げた内容は、空軍の伝統に通じる人間には一発で理解できる代物であった。格が落とされた。それも王族を使う予定がありながら。
事前の通達も無くに土壇場に変更というのは手落ちというべき事態だろうか?それ以上だろう。だが、それだけにさまざまな解釈が成立し得る。
さすがに、旗艦から迎撃指示が出ていない以上、こちらに直接攻撃等してくるわけではないのだろうが・・・。

「恐らく、アルビオンで大規模な変事が水面下で進展している。」

「まさか!ジェームズ王の統治はこれと言った災禍に直面せず、後継者もウェールズ皇太子に決まっています。王家にも貴族にもさしたる火種はないはずです!」

アルビオンの王家は他の始祖に連なる王家と異なり安定している。後継者問題を抱えることなく、貴族の忠誠もおおむね王家に対して向けられている安定した王国と言える。
火種となりえるような問題を抱えているのだろうか?大抵あり得るお家騒動の要素となるような問題もなく、むしろ当分は安定が約束されているはず。
多少貴族に不審な動向が見られるという程度で、これはむしろ他の王国に比べれば平均的な水準だ。

「分からん。だが、変事もなく王族の予定を変更するとは思えない。」

「急病の可能性等は?」

「それならば、むしろ隠す可能性が乏しい。まあ可能性としては排除できないにしても、アルビオン王家の人間はこちらの使者が拝謁した時は健康そのものだったという。」

確かにそうだ。仮にウェールズ皇太子かジェームズ王が急折したとしてもそれならばその旨を告知し、演習そのものを延期すべきだ。このようなところで演習に興じている余裕などない。
そうでないならば、向こうにとって公表できず、かつ隠しておきたい事情があるのだろう。状況はまあ、何かあるだろうということだ。

「つまり、余程の変事が内々で処理しなくてはならない問題として発生したと?」

対外的にはあまり変事であると察してほしくはない。だから、可能な限り平時を装う。むしろ、内部に対しても平時であると錯覚させたいからこその演習か?
だとすれば、ことは本格的な問題であると言わざるを得ないのも納得できる。どういった問題なのか?それを考えるべきか。

「可能性の問題だが、ありえるだろう。」

「それを、内々に調査するのですね?」

「その通り。我々はよそ者であるために現地で行動する際には慎重であることを求められるが、できる限り情報を収集する。」

アルビオンのように閉鎖的な領域では、外部の人間ほど目立つものはない。何しろ、空中に浮いているのだから湾岸隣接部でもないかぎり外部からの流入は稀としか言えない。
今回の演習で相互に表敬訪問するとはいえ、ゲルマニア艦隊に属する人間が現地で情報を集めるのは厄介だろう。ことが王家に関わることであるならば難易度は跳ね上がると言ってよい。

「この件に関して、参考になるかどうかは不明だが、以前ロマリアからアルビオンに対して大量の物資が輸送されたことを確認している。」

「ロマリアから物資でありますか?」

普通は、ロマリアが何かを輸入するか、高位の聖職者が移動に使う程度で通常は考えにくいルートだ。まして、大量の物資となると輸入するにも相応の資金が必要となる。簡単に出せるものではないはずだ。

「調べてみると、ガリアからロマリア経由で大量の火薬に武器弾薬だ。仕入れ元は、なんとアルビオン王家。それも他国を介して秘密裏に輸入とあるので軍事活動かとも思ったが遠征に回すには種類と量が微妙だ。」

遠征に回すには種類も量も微妙だろう。確かに、火薬に武器弾薬だけでは遠征は行えない。アルビオンは食糧の一部を輸入に依存している。対外戦争を行うならば、食料をあらかじめ備蓄しておく必要があるだろう。
さらに、アルビオンがしばらく戦争を行うことを想定すれば、食料以上に、燃料などの炭や各種魔法具の輸入も行うはずだ。そもそも、アルビオンが戦争を決意する理由が見当たらない。秘密裏に行っている可能性は排除できないにしてもそうであるならば、火薬などの購入ももう少し慎重に行い気づかれないように行えるだろう。
それに、火薬自体も、補給の困難さを考えるならば備蓄を切り崩す必要のないように大量に手当てすべきだ。それほどとなれば、逆に隠しておくこと自体が困難だ。調べるまでもなく、軍人ならば気が付いていなくてはならない。

「つまり、何らかの軍事行動を国内で起こす可能性があると?」

「貴族の反乱の可能性を第一に念頭に置くべきだろうが、王家内部の事情も今回はきな臭い。内部を主眼とするにしては王族の動向が不可解だ。」

王家が貴族の反乱を察知しているかのようにふるまうのは確かに賢明ではないはずだ。となると、王家内部の問題か?しかし、確証はない。他国の情報は伝達手段が限られるうえにその精度も疑わしい。

「だが、何らかの変事があるならばそれを把握しておくべきだ。今後は、もう少し早く事態に気づくことができるように情報網を整備しておくべきだな。」

「今後の課題ですな。それらも合わせて、閣下にこの件について報告しておくべきかと思いますが。」

アルビオン側の情報が途絶しているのは望ましくない。一応、大使や領事館がアルビオンにあるとはいえ、それらとの連絡は取れていないのだから急場の用には立っていない。

「だろうな。伝令を飛ばす。最低でも三騎だ。龍騎士で伝令を送れ。内容は暗号化してしまう。万が一、アルビオン側に漏れるとことは厄介だ。この件に携わる人員を選別しておけ。」

ことがことであるだけに、慎重にならなくては。クルーを信頼しないわけではないが意図せずにことが漏れる可能性も排除しなくてはならないのだ。

「了解致しました。」

「私は、艦隊司令と共に、アルビオン側の旗艦に表敬訪問する予定だ。気のきいた者を従者として選別してくれ。案外、向こうの乗員も異常に感づいているかもしれない。」

確かに、直接相手側の旗艦に乗り込む機会を逃すべきではないな。しかし、ボスといると本当に厄介事に首を突っ込むことになるものだ。
厄介事であるけれどもその先に得るものが大きそうであるだけにボスはこれに喰らいついていくだろう。望ましくないかもしれないが、このボスについていくと退屈だけはしなくて済む。


{ロバート視点}

「ジェームズ陛下、初めてお目にかかります。ゲルマニア艦隊司令長官を拝命しております、フォン・ハルデンベルグ侯爵にございます。」

「同じく、初めて御意を得ますゲルマニア艦隊次席指揮官、フォン・コクラン辺境伯にございます。」

アルビオン王室の不穏な動向を探るべく部下たちは既に王都に散らばらさせてあるが、随行してきている人数の関係上もあってそう大勢で情報収集に勤しむわけにもいかない。
王都の領事館要員との接触も微妙な手掛かりしか得られていない。領事館の報告では、これといった異常が見られずに我々の一報からでようやく疑い始めたという。
人員がある程度借りられるのは助かるが、顔が見知られていることを配慮するとあまり過度に期待するのもどうかと思う。
私自身は、ゲルマアニ貴族として今回の演習に参加するアルビオン側の貴族たちや歓迎式典に参加している。
この手の行事は光栄と受け取るか決められた役割に乗っ取って行動する予定調和の一つとして億劫に思うかだが、どこか心あらずと言った参加者達の表情を見つけられたのでやはり何がしかの異変があったとみるべきだろう。

「大義である。今後は両国で共に事に当たり、もって安寧を保つことを望もう。」

だが、その前にこのことを持って対外的に同盟と見なされることを防いでおかなくては。同盟とは、ある意味で運命共同体足ることの宣言だ。運命共同体が本当であるかどうかは知らないが。
良好な両国の関係は望むところであるが、弱小な他国に運命共同体に引きずり込まれるのは外交政策上度し難い失策である。

「陛下のお言葉に感謝いたします。」

「ただ今のお言葉、大変光栄極まるものであります。今後も、両国が協力して空賊を討伐するなどし、秩序を回復していけるようにゲルマニアと致しましても隣国の一員として努力する所存にございます。」

ハルデンベルグ侯爵は、おおむね外交というよりは武を専門とされる御仁だ。いささか、外交交渉は荷が重いのではないかとも懸念されているため次席指揮官に私が任用された。とはいえ、侯爵とてゲルマニア貴族。
最低限の保身技術くらいは持ち合わせているので、さほどの欠点でもない。私の仕事は他人の心配ではなく、それよりは、無礼にならない程度に外交上の距離を保つことだ。
外交交渉は訓練された専門家に一任すべきなのだ。後ほど、ラムド伯等の専門家が束縛されないように基盤を作っておければよい。

「両国の、関係を今後も良好にするためにも、引き続き緊密な関係を構築できるようゲルマニア側より後ほど使節を派遣しようと考えております。御承諾いただけることを切に望むものであります。」

「あいわかった。今後も良好な関係を望むのはこちらとしても同じところだ。」

そう言い放つと、しばしの歓談を楽しむとよいと称し王が下がっていく。残された貴族たちとしばしの会話を交わすが、気になるのはここにいる貴族達の領地が北部に限定されていることだ。
艦隊構成上、一つの地域に偏ることは珍しくもないので当然の結果ではあるのかもしれない。それ自体はゲルマニアでも一般的であり、私自身ゲルマニアが新規に開拓した方面の部隊を統括しているのだから不審ではないかもしれない。
だが、アルビオンの艦隊構成上、ありえるのだろうか?王族を派遣するとあればその人物が管轄する艦隊を派遣するのが一番自然であり、北部に王族は存在しない。
遠縁の大貴族ならば存在しないわけでもないが、彼らが今回の演習に指揮官として参加しているわけでもない。まして、大貴族で王家に連なるという意味では適任というべき人材がほかにいくらでもいるはずだ。
メイジ達の中でも優秀な部類でもある彼らは、概して王国の騎士団かそれに類する類に属しているはずだ。そうなると、やはり違和感があると言わざるを得ない。何故、北部から貴族たちが出張ってきているのだろうか?
それとなく、会話に事かけて探りを入れてはみる。けれども、あまり露骨にやる訳にもいかないのだ。曲がりなりにも親善と友好をうたっている手前、専門家の足を引っ張るような、独断専行は望ましくない。
しかし、それが義務への怠慢でないか常に自省する必要もある。会場を見渡すと、どうしても違和感が付きまとい、判断に迷いが生じてしまう。
行動すべきか?すべきでないのか?つまるところ、本格的に探りを入れるべきだろうか?
どうも、北部の貴族というのは、誇りが高く家系自慢に興じる余裕がある。だが、正直に言って彼らの家系自慢は少々長すぎる。
貴族の礼節からいえば、お互いに自家紹介をしているときに話を遮るのは最悪のマナーの一つかもしれない。だが、つまりは、長すぎるとそれそのものが別の意味を伺わせてくるのだ。
自慢しかできないでいるおろか者を演じているようで、ゲルマニアからの客というものに対してはやや距離を置こうとしている。会話そのものが、情報の流出を恐れて防衛的なのが原因だ。
つまりは、礼節を守っているとはいえ、終始典礼の範疇で終わらせようとする姿勢が垣間見られる。
一応、隣り合わせとなる貴族達と、簡単に挨拶を交わしてはみるが、どうにも、口を割らせることができないでいる。
ここは一度、アプローチの方向を変えてみるべきか?貴族ではなく、王族についての反応を見るべきか。

「いや、それにしてもウェールズ皇太子殿下は御聡明であらせられる。モード大公殿下もウェールズ皇太子殿下をご支持されていると仄聞します。アルビオンは安泰でうらやましい限りですな。」

「いや、まったくもってその通りであります。」

見事なまでに、公式見解をなぞり、それに応じている。アルビオンが安泰であるということに、少しばかり疑問を彼らが呈するときは、逆に余裕がある時が多い。つまりは、謙遜で危機を語れるほどの安定がないのだろう。
それは、ここの奇妙な違和感とも一致している。では、何が原因か?

「アルビオンに比べ、我がゲルマニアはどうしても、問題やごたごた多くて。安定の秘訣をお教え願いたいものです。」

「これというものはないのですが、平穏で波風が立たねば、おのずと安定しましょう。」

平穏か。つまりは、なにかそうでないことが起きているという仮説が間違いなければ彼らは、この現状に対してなにがしかの状況を抱え込んでいるということか。

「それにしても、モード大公殿下がおうらやましい。私など、後継者に恵まれないでいるのに、殿下は後継ぎどころか優秀な甥にさえ恵まれておられる。」

「いや、私もモード大公殿下にあやかりたいものです。」

「なにをおっしゃいますか。卿とてまだまだお若い。」

「いやいや、お上手ですな。」

やはり、奇妙だ。こちらが触れていることは失礼にならないように言葉を選んでいるにしてもあまりほめられた会話ではない。モード大公は南部に主軸を置く大貴族だ。
これに対して、北部貴族は敵対とまではいかずとも、親愛の情をもつ理由がない。もちろん、口では何とでもいえるが、まるで、そういってほしいかのようにふるまっているのは何故だ?
北部貴族たちが反発を覚えてもしかるべき内容だ。しかし、彼らはニコニコとこの会話を楽しんでいるように見せたがっている。普通は、言葉に出さずとも、不快感を表明してしかるべきにもかかわらずだ。

「いや、本心なのですが・・・。失礼、少しはずします。」

礼を述べて少し距離を取り、給仕からワインを受け取るふりをしてテラスへと向かう。テラスから式典の会場を眺めてみると、どうしてもアルビオン側の貴族たちが何かを隠している様が気になって仕方がない。少なくとも、ゲルマニアとの友好を望んでいるということだけは確実なので遠征の可能性は乏しい。となるとやはり、内乱か?王家の中で叛意を抱いた人間の可能性を想定にすべきかもしれない。だが、それにしては日常といったものが落ちつきすぎている。それこそ、平穏なのだ。
やはり、この手のことに長けた人間を見つけ出して採用しておくべきだった。アルビオン側の腹を探ることが出来て、忠誠心に問題がない人間の発見は難しいかもしれないが。
最近では、ガリアの密偵共の優秀さがうらやましくて仕方がない。メイジでありながら魔法を過信せずに最善を尽くすところなど、よほどの訓練を積んでいるとしか考えられない。
忌々しいが、恐らくガリアはアルビオンにおけるこの問題も既に把握している可能性が高い。情報の不足というつけは、あまりにも高くつくだろう。
隣国に先んじられるということは大いなる失策だ。たまたま気がついたから良いものの、祖国のように他国へとしっかりと関心を払うようにしておかなくては大きな損失と脅威に直面せざるを得なくなる。


{ロバート視点}

事態が急変したのは、一人の密偵からいろいろと役に立つことを親密な友人達が聞き出してからであった。
ギュンターの船室で、周りに誰も近づけないように人を配置した上で私は、集まった情報を整理しため息をつきたくなるのを、辛うじて堪える。

「モード大公は政治感覚が幼児並みだな。」

月並みな表現で、我ながら情けない限りだ。それでも、私としてはそう言わざるを得ないような状況が脳裏に描き出される。
せめて、大公がウィンザー公爵並みに潔く地位を放棄し、その後に引退なり亡命なりを行えば王家の損害はともかくとしてある程度の個人としての幸福も追求できるだろうに。
公的な地位に恋恋としているつもりが本人にないのかもしれないが、現状では問題の悪化を座して見ているとしか思えない。
生まれながらの王族とて、最良の環境に置かれて教育された個人と、このぬるま湯のような義務と権利意識しか発生していない世界では質が違うのもやむを得ないことかもしれないが。

「これらが事実であれば、です。実際のところどうなのでしょうか?」

ギュンターが慎重な意見を述べてくれるが、それは空軍士官としての彼の経験が為したものであろう。彼自身も、私の見解にほぼ同意しているようだ。事実は、よっぽど小説やおとぎ話よりも怪奇きわまる。
とあるきっかけで出会った情報源は大変有意義な情報を残してくれた。その入手方法については単純で偶然によるところが大きく、かなり無粋な方法であったが、情報は情報だ。選り好みをできる立場ではないだろう。

「エルフを匿っているというだけでも宗教上、致命的な失点だ。ところがよりにもよって王族が相思相愛とくれば、王家の一大事だ。風評で流すにしては具体的すぎる。」

「だとすれば、これは大きな外交上のカードになりませんか?」

確かに、大きなカードではあるが大きすぎる。なまじ、小規模な問題であれば干渉しても相互に受ける傷は小さくて済むがこの規模の問題に下手を打つと火傷では済まない。
燃え盛る何かを掴もうとするのは異端査問にかけられた哀れな犠牲者でなければ、ただの愚者か狂人だろう。火に油を注ぐような真似を好んでする気にはなれない。
物事には、知られていても、知っていると名乗りを上げられると都合の悪ことがあり、なかったことにするために事態がさらに悪化することもよくある。

「無理だろうな。この手の問題は王家の威信が絡んでいる。下手な譲歩は望めない。全面対決を覚悟で対峙するにしては得るものが乏しい。」

「となると、今回の一件は秘密裏に処理されるということになるのでしょうか?」

他国が、これを名分としてアルビオンに介入したり宣戦布告するにはやや弱いが、異端であると火種として焚きつけるのにはほどよい問題だ。ロマリアの宗教庁が介入してきて事態をかき回すことはアルビオン貴族たちの望むところでもないだろう。
モード大公と王家の内密の問題とするには厄介な問題である。さらに頭が痛いのはエルフがどこから来たのか?という問題だろう。エルフの居住地域とアルビオンは重ならない。
それどころか、浮遊大陸に対して迷い込むとするにはあまりにも無理があるだろう。下手をすれば、アルビオン内部に意図的にエルフを匿っているという“誤解”が真実として流布されかねない。そうなれば、エルフを目の敵にしているロマリアの坊主たちはアルビオンを討伐することも目に入れかねないのだ。ロマリアの坊主以外誰も望まない戦争だ。
まあ、アルビオン出身系の枢機卿やその派閥以外にとっては、利権獲得という尊い聖戦なのだ。嬉々として邁進しかねない。

「少なくとも、アルビオン貴族ならばそう考えるだろう。彼らにしてみれば、火種が他国に飛び火する前に消し去ってしまいたいだろうからな。」

「では、この事態が収束すると?」

「それが、微妙だ。モード大公はジェームズ一世の実弟で有力な王族だ。彼の下にある貴族たちも南部で大きな力を持っている。有力すぎるといってもよい。」

「容易には処断しかねる、そういうわけですか。」

最悪内戦だ。エルフのために内戦を起すというのは名分としてはこれほど適さないものもないだろうが、政治というものは如何様にでも取り繕うことも可能だ。事実無根の口実によって粛清されようとしたとモード大公が主張すれば、エルフを匿う王族がいるものかという一般的な平民の思考に迎合するものとなり予断を許さない。
モード大公がエルフと心中する気になれば、それこそ面倒事が加速度的に拡散される。
アルビオン王家も警戒を強めており、それなりの戦備が整えられているのは間違いがないだろう。恐らく、内乱になっても南部の貴族全てがモード大公に与するとも思えない。だが、それでも内乱は確実にアルビオンに傷跡を残すであろう。

「では、この状況下での最善手はどのようなものだと思いますか?」

「現状で最適なのはモード大公の地位を保証する代わりに、問題となっているエルフを追放することだ。」

エルフの問題を除けば、モード大公は王弟として問題となるべき人物ではない。人格は比較的穏やかであるとされるし、王位を望んでもいない。皇太子との関係は、未知数であるものの険悪でない以上主たる障害要因とは現状ではならないだろう。南部の統治に関しても、有力であることは懸念材料になるとしても、行政官としては少なくとも腐敗した部類ではない。

「では、そのことをアルビオン側が何故行わないのでしょうか?彼らならばその程度のことはすぐに思いつくはずですが。」

「だから、モード大公の政治感覚が幼児並みなのだ。大方、公がそれに同意しないのだろう。」

モード大公がどのような判断をしたかは情報源も知らないようであった。だが、彼の口を割らせることができた範疇でも、状況証拠と組み合わせればある程度の想像はつく。
王家内部の問題として発覚次第迅速に処理されていないことを考慮すると、何かが問題の解決を妨げているのだろう。当然、それは当事者のどちらかに起因するものだ。
ジェームズ一世としては波風を立てたくないであろうから、問題の解決策は可能な限り穏便にとどめるのが、最も合理的な選択肢となる。それは、当然のことながら、妥協の模索となる。
では、それをモード大公が飲むか飲まないかで考えてみれば事態の理解も容易だ。国王にとって妥協可能なライン。それは、エルフの追放を含めた最低限の要求に留まるはずだ。
おそらく、ジェームズ一世個人の意向としては、事を荒立てたくないからと処罰さえ行われずに、奇妙な噂が流れて調べたけれども何も出てこなかったというところで落とし所を見つけるつもりだろう。
だが、最低限、エルフがいるのは飲めない。個人としての意向ではなく、政治的な意味合いが大きすぎるのだ。すでに、我々のような外部の人間が嗅ぎつけている以上、機密保持もあったものではないのだ。
物証が残されていては、良いのがれすらままならない。だから、最低限の要請としてエルフの追放要求は最大限の譲歩と共に突き付けられる。
恐らく、大公はそれに同意していないのだろう。だから、事態が難航している。

「では、王家はやはり処断するのでしょうか?」

「せざるをえなくなるか、それともロマリアになかったことにしてくれと頭を下げるかだろう。」

「ロマリアに頭を下げられるでしょうか?」

「そして、貴族達をどうやってか抑えられる目処がつくならば、一つの可能性としてはあるがね。」

難しい問いかけだ。王家内部の不和をなかったことにするためにロマリアに事態に目をつぶらせる。あるいは、発覚した時に穏便に済ませるためには相応の代価が必要となる。
そして、それ以上にエルフのためにロマリアに頭を下げたという事実は王家の権威に重大な危機をもたらしかねない。ゲルマニアほどでないにしてもアルビオンとて貴族と王家の関係はある面で牽制しあうものがある。
当然のことながら、ロマリア枢機卿団は、干渉してくるだろうし、利権にも貪欲に介入してくることとなるだろう。国家の趨勢を他国に影響されることを認めるかといわれると、それは認め得ても、統治者としては自殺に等しい。肉親の情として、最大限かばうという選択肢すら、政治家としては時と場合によっては致命的になるのだ。

「最終的にはジェームズ一世の性格次第だろう。王の性格はどのようなものだ?」

ギュンターは、ここしばらくのアルビオン滞在でアルビオンの世情に通じている。本人の語るところによれば、酒場での会話ほど有意義な情報はないとのことだ。
まあ、公開されている情報も大半がある面では真実なのだから、彼の主張も一理あるのだろう。むしろ、学ぶべきところも多いと捉える必要がある。

「良くも悪くも、王たらんとある御仁です。頭は耄碌していないようですから事態を理解した上で、王としての責務を果たそうとするでしょう。」

「この場合、王としての責務が何を指すかを理解すべきだな。王として、国を乱すわけにもいかないだろう。当然、この問題を何としてでも解決したいはずだ。」

「では、やはりモード大公を粛正する方向で動いていると見るべきでしょうか?」

モード大公の粛清。それは、当然の帰結としてアルビオン南部地域の動向が不安定化する。のみならず、アルビオンとの通商関係を強化しているゲルマニアの流通や貿易関係の商人達にも影響が出てくることが避けられない。
なにしろ、風石の使用量を抑えて、寄港するためには距離が短い飛行のほうが望ましく、さらに言うならばアルビオン南部は伝統的にフネの湾口を多く有してきた物流の拠点が多い。純粋な他国の問題であっても、こちらにも影響するのだ。

「そう判断させるのが、例の密偵の目的かもしれない。最後の最後で情報を操作された可能性が排除できない以上、慎重に探る必要もある。」

情報源の口を割らせるのは困難であった。まあ、以前新領でガリアから来た商人の中にいた不審な連中が、アルビオンでギュンターの部下に見つけられたのが運のつきだったのだろう。
比較的早めに啼いてくれたので、聞きたいことがそれなりに聴けた。それそのものはありがたかったが、彼はどうやら啼くには、いささか脆すぎたようだ。
私の好みの手法ではないが、時間がなかったために水のメイジ達による尋問、言葉を選ばないで言うならば自白剤に近いものを使った拷問だろう。これは、それなりに効果があるという。ただ、注意しなくてならないのは自白したことが真実であるとは限らないのだ。彼が、自白したことは彼が真実であると思っていることであるのだから、その事実確認を怠る訳にはいかないだろう。真実だと思いこませた情報を与え、敵に捕らえさせるという選択は、必ずしも珍しくないのだ。

「分かりました。こちらでもできる限り事態を把握できるように再度。事実確認に努めてきます。」

「よろしく頼む。だが、こちらの防諜を優先しろ。情報の確実性を求めるあまり、こちらの動きを掴まれては逆効果だ。」

そう付け加えると、ギュンターを退室させ、私なりに考えをまとめる。現状では、自白が正しいかどうかをまだ判断していない。だが、仮にだ。彼の言が正しかったと仮定して事態を考えてみよう。
ゲルマニア側のプレイヤーとしてこのゲームを把握するならば、何が得られるだろうか?まず、内密理に粛清された場合はその証拠を拾い、後ほどアルビオンかロマリアに恩を売りつけることができるだろう。
ロマリア枢機卿団との腹の探り合いは、腐臭がするので望むとするところではないが、選択肢としては何事も等しく検討される価値がある。
また、粛清の度合いによっては一部の人材が亡命しやすいよう、ゲルマニア側の受け入れ態勢を整備しておけばアルビオン側の内情を掴めるうえに、人口の増加と知識層の流入が期待できる。メイジ層の流入も期待可能だ。
次に、モード大公がおとなしくエルフの処分に同意した場合も同様だ。この場合は、個人的な関心としてはエルフがどうやってアルビオンに入ってきたのかという経路と、エルフたちの情報を得ることが可能だろう。
モード大公と取引することはリスクも大きいが、個人的にはやる価値が皆無ではないはずだ。選択肢の一つとしてエルフの追放先にゲルマニアの広大な森林地帯を提供することもありだろう。あとは、亜人討伐と称して適度に茶番を繰り広げておけばアルビオンに恩を売ることが可能だ。だが、この選択肢は、限りなくありえない選択肢だ。
むしろ、それよりは、内戦の公算が高い。可能性の問題に過ぎないが、内戦に発達した場合は望ましくないと言わざるを得ない。
隣国としては、適度にこちらを脅かさない程度の国力を持って安定した隣国であることが理想であるが、アルビオンはまあ安定していたし、こちらにとって深刻な問題では無かった。だが、内戦となれば当然治安は崩壊せざるを得ないだろうし、市場としての価値も暴落とせざるを得ない。まずもって、この内戦から得るところはないどころか早期の終結を望む立場にならざるを得ない。
それに、空賊を抑え込んでいるのはゲルマアニの艦隊によるところが大きいが、一方でアルビオン艦隊の役割も無視できないのだ。空域の安全を考えるならば、このことはあまり望ましくない。
国外の市場が喪失され、国内の物流が厄介事にさらされるのは正直に言って耐えがたい損失でしかない。浮遊大陸への干渉は、総合的にみても得るところが乏しい。
しかも派兵するならば、空軍に相応の被害を覚悟しなくてはならないところも厄介だ。補給線一つとっても広大な上に、脆弱なのだ。望ましいかどうかで言えば、距離の壁はあまりにも望ましくない。恐らく、アルビオンにもゲルマニアは勝てるだろう。得るもののない戦争を行う覚悟があればだが。占領地は経済的な負担でしかない。事態が加速度的に悪化する前に、介入してみることは可能だろうか?
選択肢として、モード大公の亡命先としてゲルマニアが受け入れるというものは伝統的な選択肢かもしれない。だが、それはエルフの処断が完了していなくては、公式には受け入れかねる。厄介事を抱えたまま来られても困るだけなのだ。何より、王位継承権を持っている王族の亡命を許すかといわれると、アルビオン王家は乗り気ではないだろう。何代にもわたって禍根を残しかねないのだ。
内乱は、避けなくてはならない。この情報を掴んだのだから活かせるものは活用したい。消極的に受け身で事態に対応するべきか?内乱にならないならば痛むものはあまりこちらとしてはないのだから。
さしあたっては、万一のモード大公派の貴族たちが、亡命しやすいように環境を整備する。さしあたっては、ムーダの船団を定期的に南部に寄港させるように手筈を整える程度にとどめるべきだろうか。次の定期報告書と、新領の行政府への指示書にこの旨を記載しておくべきだろう。あまり時間に余裕がないので早めに取り掛かることにしよう。


{ミミ視点}

「強制徴募してきた面々で、公務に志願したものはそちらに回しなさい。それ以外は、開発区画の整備に回し、適性に合わせて再配置するように。」

自業自得というべきかもしれないが、メイジ達も酒に酔えば当然、酔態を晒すことがある。その酔態が多少高くついたと彼らは学習し、メイジとしての誇りを学んでくれるであろうと、私は期待しています。高貴な精神と、高貴な能力をもったものを、教育する。まさしく、始祖ブリミルも我らが行いを賞賛しこそすれども、批判することはまずないという完璧極まりないことです。

「しかし、ミスタ・ネポスの提案がなければ今頃行き詰るところでした。彼には、功に見合った褒賞を用意すべきですね。」

そう部下に指示し、彼に休暇と褒美の手続きを取ろうと考えていたところにネポスが、上からの指示を持って駆け込んでくる。何にしても、行動が素早いというべきか、的を射ているというべきか。

「どうしました、ミスタ・ネポス?」

「コクラン卿より、急な御指示が。他国からの貴族を受け入れる用意を行っておけと。」

“貴族の受け入れですって!?”“他国から、受入!?って、それは!?”

思わず、叫びそうになるのをこらえネポスから差し出されたコクラン卿の指示書なる厄介物に目を通す。思えば、碌でもないことばかり、この封書から差し出される指示書には書かれている気がする。

「・・・つまり、貴族たちが亡命しやすいように整備しておけと卿はおっしゃる訳か。これはまた厄介な問題ですね。」

貴族とは誇りが高い生き物だ。高すぎるために、目線があまりにも高みに向けられすぎているといってもよい。おかげでメイジでない平民も、決して『使えないこともない』と悟るまでに多くの苦難がなければ、平民の価値を理解し得ない存在でもある。
亡命してくる貴族たちを受け入れるということは、彼らを受け入れるための人員の手当てや設備の用意も必要ということだ。それも至急に。しかし、この手の問題に関わるのは厄介事に関わるのと同義だろう。
そして、貴族位を持っている人材の大半は抱えている仕事が多すぎる。貴族以外に、貴族の相手をさせるのはお断り。自分から仕事を無駄に増やす趣味は、今のところないし、属僚にもそういう趣味は存在しない。
だから、仕事のできる貴族は慢性的に、各所との交渉等があり、簡単には新しい仕事に就けないのが実態。ただし、目の前のこの善良なメイジは別だ。彼は、今回の功績で叙勲されるのだから。
いささか彼には申し訳ないとは思いますが、尊い犠牲になっていただきましょう。

「ミスタ・ネポス。貴方には二つのことを伝えなくてはなりません。」

「私にですか?」

「ええ、まずはおめでとうを言わせてください。貴方のこれまでの。貢献を讃えて、シュヴァリエの地位が与えられることとなるでしょう。」

善良な、彼が喜びを満面に浮かべているうちにもう一つの厄介事を押し付けることにします。まあ、さすがに良心が痛むので、一日くらいは喜びを味わいさせてあげたいとも思いますが。

「そして、その地位にふさわしい仕事が貴方に与えられることになります。詳細は後ほど伝えるので、明日受け取りに来てください。」


{アルブレヒト三世視点}

アルビオンより戻ってきた演習艦隊から報告を聞き終えると、余は別室でつい先ほどまで随員の一員としてかしこまっていた男と話を交わしていた。

「結局、アルビオンに関しては放置か。」

「介入するにはあまりにも事態が中途半端でありました。」

確かに。もう少し、他国の情報を緊密に収集するべきかもしれない。現状では噂に頼る部分がかなり大きいのが問題であるとは思っていたがこれほどとは。

「最低限の利益は期待できるかと思われます。むしろ、問題はガリアでありましょう。あの国の情報収集はこちらを隔絶した水準にあると思われます。」

「あの無能王のやることだ。何を考えているのやら。」

ヤツが無能かどうかということに関して、余は大きな疑義を抱いていたがこの件で完全に認識を固めることができている。粛清の手際は問題を抱えているにしても効果的であったし、ジョゼフは想像以上の手腕と先を見通す目を持っているのかもしれない。

「好奇心で噂を集めるのと、賢明さで情報を収集するのでは事態が全く異なります。完全な憶測にならざるを得ないのですがガリア王が事態の背後にいるのではありませんか?」

それは、さすがに考えすぎだろう。だが、その用に思えるほどガリアの密偵が暗躍しているのは事実なのだ。もう少し、警戒を行うとともに、対抗策を検討しなくてはならないというべきだろう。
この男、ロバートはあまりにも、便利に使えるので多方面に活用してしまうが、そのために本来の目的であった国力増強が遅れているのは少しばかり本末転倒かもしれない。
余が対応策を練っている間に国力増強に勤しませるべきだろう。ともかく、新領は課題が少なくはないのだ。

「それは、いささか買い被りであるにしても警戒を要することは間違いあるまい。今後はその件についてこちらで検討してみよう。卿は、当分統治に勤しみ国力の発展に傾注してほしい。」

「分かりました。」

{ロバート視点}

アルビオンを去った私は、新しく設けられたコクラン辺境伯領の内政に取り掛かっていた。結局、アルビオンに対しては消極的に関わっていき、事態が致命的に悪化した際にのみ介入することをゲルマニアとしては決定している。
忌々しいことではあるが、過去の祖国の薔薇戦争のように泥沼化した内戦にならない限りにおいて、アルビオンはゲルマニアにとってよい穀物の輸出先であり、市場たりえるだろう。
私の直轄領と信託統治領は広大であるために、否応なしに役人の人手不足に直面している。このことを考えると、専門的な教育を受けた人材が不安を感じてアルビオンから亡命してきてくれることはある程度歓迎したい。厄介事を持ち込んでくるような大物については多少考えるべきかもしれないが、カラム嬢とその件に関しては打ち合わせを終わらせている。今後は、熟した果実が地面に落ちるのを眺めておくことが主たるものとなるだろう。
種をまいたならばそれを刈り取らねばならないだろうが、今回の件については私達は種まきを見学した程度にすぎない。貴族の責務として、領地の統治と領民を庇護することは、欠かせない義務である。
私自身としては、新しく設けた孤児院の子供たちの中からメイジなる素質のありそうな子供たちについての調査結果を耳にして、で少しばかり調査してみたい事項が増えたのだが、まずもって取り掛からなくてはならない責務が多すぎる。
個人的な好奇心を充足させうるためにもまずは統治機構の整備と内政の充実を図り、時間に余裕が出来次第に好奇心の赴くままに物事を楽しむことにしよう。残念極まりないにしても、今できる最善を尽くすのみだ。盲目的な快楽の追及は、度が過ぎると身を滅ぼす。
さて、私の職責は新領の信託統治を兼ねつつ、自らの領地を発展させることとなっている。実際には、新領の行政府が私の領地の中に置かれることとなっている等、実質的には自らの領地として扱って構わないとされている。カラム嬢が新領の監督官という役職で名目上の現地の責任者とされているが、辺境伯に従うものとされているために実質はさして変わっていない。
いろいろと、問題が山積している領地の現状であるが、最大の問題は人口の過剰流入だ。ある程度はトリステイン・ロマリアの外部からとゲルマニア内部からの人口の流入を想定し拡張の余地がある制度設計を行っていたにも関わらず、ダンドナルド・シティと命名された都市は既に人口が推定で2万人に匹敵しようという拡大具合だ。
頭痛の種であるのは、ムーダ経由で農民を辺境開発部に送り込む一定数だけを確保する予定だったにもかかわらず、ロマリアを経由しないルートでトリステイン王国からの流入者が都市部に流れ込んできていることである。これでは、都市計画そのものが見直しを必要とする。
ヴィンドボナのような、自然発生的な都市ではなく、明確な都市計画に基づいて効率的な開発拠点としてダンドナルド・シティを開発したいが、現状では都市の設計を行っているうちに、大量のスラム街が自然発生している。
自由農民ならば歓迎すること限りないが、逃亡者を匿うという対外的な印象はまずもってよろしくない。まして、スラム街の形成が急速に進展しかねないのは治安上も衛生上も許容しかねる問題である。国境を越境する際に様々な問題を隣接する領地でも引き起こしており、同格の辺境伯より苦言が呈されている。
その件については、ヴィンドボナ経由でのいくばくかの損害補填と謝罪によってことを鎮静化することに成功しているのもの、トリステイン王国からの流入は想像以上に数が多かった。貧困が一般的な中世とはいえ、多すぎやしないだろうか。
私個人としては、ある程度の貧しくも優秀な農業従事者と、専門的に教育された技術者を受け入れることで段階的に発展させていくつもりであっただけに現状には著しく困惑している。まず、食料流通の確保が頭痛の種だ。私の管轄権が及ぶ地域にどの程度の人口が存在しているかさえ、不明な現状で、都市部に合わせて周辺の人口も組み合わせると最低でも3万人以上の人口を養うだけの食料を確保しなくてはならない。
スラム街が形成されつつあることを考えると、暴動を抑えるためにもパンとサーカスは不可欠であるが、そのパンをどうやって確保するかで頭が痛い。パンを買う資金の工面も問題であるが、肝心のパンをどこから買えばいいのかすら、疑問である。食料は、収穫するまでにしばらくの時間を必要とする。
集団離村で、村がまとまって移住してきたケースは、彼らに自治を行わせる形で土地を与え、一任すれば問題はない。一応は、支援を行わなくてはならないだろう。最初に何を土地で育てるかや、農作の道具など多くの助言や協力が必要となるのは間違いない。
だが、人的なつながりがあり互助意識が高いために翌年からは収穫が十分とはいえずとも期待できる。彼らの食いぶち以上の余剰を買い上げる契約は早めに成立しており輸送コストが極めて安価に獲得できる見通しだ。
問題は、スラム街を形成しつつある面々だ。税がないという一面だけが強調された風説が意図的に流されているような印象を受けるが、課税能力がないような貧困層が急激に肥大化しつつある。当然、生きるためには何でもやらかしかねない。
これは、開発を進めていく上で極めて厄介な重荷と言わざるを得ないだろう。将来的には、豊富な人口を背景として発展する余地が大きいのだろうが現状では治安が悪化するきっかけになりかねない。行きつく先は、武装蜂起か暴動だ。
ロマリアから引き取る厄介者程度の扱いである貧困階級に関しては、ロマリアである程度の教育が施されているものが多かった。まあ、単純な日曜学校水準ではあるが、ある程度容易に仕事を割り振ることができた。この点に関しては、ロマリア内部での腐敗の是非はともかくとして教会での教育に感謝したいところだ。それでも今後はロマリア経由でムーダが搬送してくる人的資源のうちの何割かが教育を受けておらず、特に専門分野を持たない都市住人である可能性が懸念されている。
農民はいくらでも受け入れる余地がある。なぜならば、広大な土地が余っているのだから。技能者も歓迎する余地がある。彼らはその技能でもって富をもたらすのだから。問題は、都市にスラムを形成する面々だ。
労働意欲があるならばまだ鉱山労働や、街道整備等での需要がある。しかしながら、スラムには、どちらが先かわからないにしても大量の犯罪者が潜んでいるために問題が厄介になっている。犯罪者を鉱山や街道におけるか?鉱山で強制労働に使うならばともかくだ。
歩兵隊は、亜人対策の関係上と絶対数の不足から治安を十分に維持するには不足している。慢性的に治安機構が人員不足であることに加えて、犯罪者の多くがメイジである。
大半が傭兵崩れで、何故かここまでの旅費を篤志家によって支援されているようだ。トリステイン貴族たちがここまで慈悲深くも貧しい人々を旅に送り出すべく手を差し伸べていると知らなかった私の責任というべきだろうか。
とにかく治安機構の強化は急務の課題だ。それと並行して、税収が当面は期待できないために物産の開発等によって利益を得ることを考えなくてはならないだろう。予算がなくては、なにもできない。
山岳部の物産は多くの利益をもたらすことが期待されているものの、現状では効率的な収益源にする多面開発が不足している。北部の鉄鉱山は幸か不幸か人手が有り余っていることを背景としてかなりのペースで開発が進められている。
とはいうものの、メイジの不足という問題から加工に関しては手探りの状況だ。転炉でも作成できないかとブリタニカ百科事典を参考にある程度の概念設計図を試作しているが、効率は魔法の方が優れそうだ。蒸気機関も現状では必要かどうか微妙に疑問であるので、最も効果的に活用できるのはメイジ達であるというのが現状での私の結論だ。
メイジ達の固定化の魔法は物産の劣化を完全に防止できるという点において最大の価値を持っている。喜ばしいことに、ある程度の固定化ならば大半のメイジ達がこの作業に従事できる。このことを活用し、高価な山の物産を即座に固定化で鮮度を保ったまま消費地へ送り込めることが可能となっているのだ。
それらを活用し、今後はこれらの物産をアルビオンに輸出しようかと考えている。そこで得た資金で、ガリアから小麦を輸入することを現在検討している。だが、小麦を輸入したとしてもそれを買うことのできない貧民の問題が解決できない。
ともかく救貧策を検討しなくてならない。ギルバート法およびスピーナムランド制度を部分的に導入するべきだろうか?忌々しい共産主義者どもの口車に乗るようでまったく気乗りしないが、貧民問題を軽視すると暴動が続発した社会の経験を積むことになってしまう。
教会が役に立つならば彼らに問題を部分的に任せてしまうところだがこの世界の教会は面倒事があまりにも多すぎる。ロマリアから孤児院を丸ごと引き抜いたおかげで、その系統の比較的まともな聖職者が多数引きぬけたにしても、だ。
教会にあまり大きな財源を与えるとそれだけでロマリア本国の蛆虫が集る誘蛾灯になりかねない。ともかく、貧民対策についてはパウロス師の見解を伺うべきだろう。救済に関して熱心に活動されていると聞く。この件に関してはそれまで保留だ。
破壊工作というか、足を引っ張っている傭兵崩れ共に関しては討伐するしかないだろう。この件に関してはカラム嬢に一任する。悉く火刑に処してかまわないだろう。衛生上磔刑にして放置するのも好ましくないために早めに処理するように要望しておこう。
奇特なトリステイン貴族の面々に関しては、ヴィンドボナのラムド伯経由でマザリーニ枢機卿に話を通すことである程度の解決を図りたい。海に出ていた頃が恋しくなるような毎日だ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがきという名の言い訳編1

Q:礼砲の意味は?
A:1. 国旗、元首(天皇・国王・大統領など)、皇族 21発
2. 副大統領、首相、国賓 19発
3. 閣僚、特命全権大使、大将(統合・陸上・海上・航空幕僚長) 17発
4. 特命全権公使、中将(陸・海・空将) 15発
5. 臨時代理大使、少将(陸・海・空将補) 13発
6. 臨時代理公使、総領事、准将 11発
7. 領事 7発

※ウィキペディアより引用しました。


うん、イギリス海軍は予算にも厳しかったんだとご理解頂けるでしょうか?際限なく撃たれると予算が・・。

あと、礼砲で全部火薬使いましたと申請する艦長対策でもあったりします。訓練用の火薬も海軍の定数で行うのは厳しかったりするので、砲撃を重視した艦長なんかは私物の火薬を使った時代もあったりするそうです。(私物の火薬をつかってでも訓練し、巡航にでて拿捕できれば黒字です。すなわち、案外美味しかったりします。)
追伸
うっかり、入れるつもりだったエドワード8世の故事を入れ忘れていたので慌てて追記しました。

「王冠を賭けた恋」と言われるイギリスの王位を捨てて愛する女性と暮らした公爵は
「もし時計の針を元に戻せても、私は同じ道を選んだでしょう」
と言っていたそうです。

まあ、周りから誉められないにしてもこういう例もあるのだという感じでご参照ください。


福祉について。
一応、このロバートは一九四二年段階での救貧政策を念頭に置いて行動しているので今日のように充実した社会福祉という発想ではなく統治上の必要行為としてこれらを認識しています。

貴族の義務としての庇護も意識はしていますが、パトローネスとして貧民に接するかというと彼らをクリエンテスとは認識していないので弱いとお考えください。


{パウロス視点}

手元の予算と、来月から送られてくる子供たちの人数を考慮し、少しばかり余裕があると判断して、ささやかではあるけれども甘味を用意することにした。子供達の好きな果実の飲料と、少しばかりのパイを日曜日にでも出せるだろう。

「では、来月からはこのようにお願いします。」

「分かりました。」

出入りの商会の取り扱う商品は、ロマリアに比べるとやや劣るところがあるかもしれない。だが、もともと孤児院の予算では手が出せずに子供達には貧しい食事しか用意できなかった。それを思うと、予算が多少増額され、物価が少し下がっているということはかなり助かった。
それを考えると、安価な食糧が提供されているこの地でならば、子供たちの必要とするものもそこまで不足することがないことだろう。

「さて、お昼までにできるだけ早く仕事を終わらせなくては。」

ロマリアにいた頃は報告書を書いても、要望書を出してもそれが読まれているのかすら定かではなかったが、ゲルマニアに来てみれば提出を求められて係りの役人が回収のために飛び込んでくる有様だ。忙しさも、喜ばしい。
思っていた以上に、ゲルマニアは受け入れに際して最善を尽くしてくれている。要望した子供用の教育道具については、追加で20人分の筆記用具と初歩的なテキストが送られてきている。羽ペンにインクだけでも、昔はどうやって用意しようかと悩んだものだ。
いろいろと、考えなくてはいけませんが、不快ではないのでおもしろいものです。

「パウロス師、今よろしいでしょうか?」

物思いにふけりペンが止まっていたようだ。聞き覚えのある声に我に返ると、見覚えのある来訪客が扉からこちらの様子をうかがっている。どうやらノックを聞き逃すほど考え込んでいたらしい。慌てて、椅子を進めると共に、詫びることにする。

「失礼しました。なんの御用でしょうか?」

「教育についてご相談があります。コクラン卿よりパウロス師にダンドナルド・シティの初等教育をお願いしたいとの言伝が。」

「ですが、私は院を預かる身ですが・・・」

子供達とのことを考えつつも、教育に関わる時間はどれほど取れるだろうか?私一人で、院を運営するわけではないが、人手が余っているわけでもない。

「いえ、そのこの孤児院に付属の学舎を用意いたします。同時に、何人かのシスターやブラザーを募っていただき、貧しい子供達も教育を受けさせるために施設の外から少しばかり受け入れていただきたいのです。」

「お話しはごもっともです。ですが、急に人を集めるとなるとどうしても問題が出てきてしまいます。」

聖職者たちもそれぞれに仕事を抱えている。ゲルマニアやガリアといった大国ならば多くの聖職者が奉職しているのは間違いないが彼らを集めるとなるとどうしても時間がかかる。なにより、受け入れる人材はできる限り選びたいという本音もある。

「それよりは、読み書き程度を教える簡単な施設をコクラン卿がおつくりになる方が簡便ではないでしょうか?」

学舎はありがたいかもしれないが、少しばかり大きすぎて不便だろう。多くの子供達を学ばせるならば、出来る者たちから少しずつ協力を求めるのが最善だ。

「分かりました。こちらでも検討してみます。」

「よろしくお願いします。」

「いえ、助言を頂いているのはこちらですのでお気になさらないでください。それと、こちらは別件になりますがコクラン卿よりの私信になります。」

そういうと、若い役人は懐から書状を取り出すと私に手渡し、一礼すると立ち去っていく。若いながらも、優秀な彼らは、多忙なのだろう。

「なんとも、慌ただしいことです。子供達自慢の、ハーブティーをお出しする間もなかった」

ここでは、産物の開発が進められておりハーブや香草といったものが市中でも栽培するために売買されており、比較的安価に手に入るので子供達に手入れをお願いしてある。子供達の貴重なお小遣いになる、皆の自慢の一品だ。
お客に出すつもりで、子供たちが張り切っていたが、これは自分達で楽しむことになりそうだ。まあ、私は飲む専門ですね、と子どもたちに言われているのだが。私も、子供達に交じって土いじりをしているのだが、どうにも手際が悪いらしい。
子供達に先生は下手だと笑われてしまっている。こっそり、見ているとみんな毎日交代でやっているようなので、時たま混じる程度では一番下手になってしまうらしい。

「まあ、何はともあれ、お昼を皆と食べる前にやるべきことをやってしましょう。」

そう、独り言を呟くとパウロスは羽ペンを手に取り、手早く雑務に取り掛かった。



[15007] 歴史事象1 第一次トリステイン膺懲戦
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/01/08 16:30
{トリステイン貴族視点}

我々は、現在有志による国境の警備強化を行っている。成り上がり共の国から賊が複数侵入してくるおかげで麗しきトリステインの栄光をこれ以上にない形で貶められる日々は王家の無為無策で長らく続けられてきた。だが、我々心ある者たちの行動によって、トリステインは貴族とは何かという答えを内外に見せつけることができるだろう。

ラ・ヴァリエール公爵領の一角に陣取り賊の侵攻に備えていた我々に、その一方が飛び込んできたのはかなり日が沈み始めたころ合いであった。

「賊だ!越境してきたぞ!」

「よし、貴族に逆らうことの愚かさを教えてやろう!」

忌々しことに、これまでと同様に賊が越境してくるのは視界が限られる夜分に限られている。おおよその国境沿いに配置してある見張りからの警告が届くころには暗くて見過ごしてしまうことが多かった。だが、今ならばまだ日の光もあり見つけることも可能だろう。

「難しいな。時間が過ぎれば日が暮れてしまうぞ。」

「ウィンプフェン卿は慎重にすぎますぞ!賊ごときに後れを取る我らではないということを今こそ示すべきではありませぬか!」

杖を取り、威勢よく幾人かが出撃を唱和する。確かに、時間がかかれば日は暮れるかもしれない。だが、現状で手を拱くよりは行動すべき時期に来ている。

「備えを怠る訳にも行きますまい。ウィンプフェン卿は、事態をラ・ヴァリエール公爵に急報するとともにこの地で賊に備えていただこう。そうすれば、我らも心おきなく賊を討伐できよう!」

「その通りだ!」

「メイジの力を示す時が来ているのだ!」

大勢は、出戦に傾いている。だが、王都より派遣されてきたグリフォン隊の若い衛士が慎重論を投げかける。

「しかし、慎重を期すべきではないでしょうか?夜間の戦闘は多くの障害が予期されます。」

「だが、やらねばならない時があるということだ!」

まったく、栄光ある魔法衛士隊の精鋭がこのように及び腰になるとは、情けない限りだ。王家の唾棄すべき脆弱さはここまで伝染してしまっているようだ。

メイジの誇りである彼らがこのように堕落してしまうほど今の王家は混迷を極めていると言わざるを得ないのか。まあ、良い。この危機にあってこそ貴族としてのあるべき姿を見せつけることでハルケギニアに対してトリステイン貴族の誇りを見せるときだろう。

一人、また一人と杖を手に立ち上がり、出戦を主張する。今こそ、立ち上がりゲルマニアの成り上がり共とその賊に鉄槌を下すのだ!




{アルブレヒト三世視点}

「トリステイン軍がわが軍に対し攻撃を行っただと!?」

息も絶え絶えに駆けつけた急使がもたらした一報はウィンドボナの中枢に重大な驚きをもたらした。居並ぶ貴族達の顔にも驚きの表情が並んでいる。

「ラムド卿、これはどういうことだ。トリステイン王国はゲルマニアとの関係改善を望んでいるのではなかったのか?」

「確かに、マザリーニ枢機卿からはそのように。」

動揺を隠せずにラムド伯が、弁解を行う。トリステイン側と交渉を行ってきた彼からの報告によれば、トリステイン側も国内でも反ゲルマニアから関係の改善を希望しているとのことである。彼としても、この一報で揺らがざるを得ないだろう。

「連中に一杯食わされたということか?」

「だが、状況はどうなっている?全面的にトリステインが宣戦も布告せずに侵攻してきたというのか?」

「ガリアはどうだ!?側面を衝かれと、ただでは済まない!」

貴族たちは混乱もあらわに議論を行っている。現状では、分かっていることがあまりにも少なすぎる。突然の、急な攻撃を受けたとの報告。それが、過去に何度かぶつかっている相手であるために再度の戦争を予期するものは早くも軍備の懸念に掛っている。

「諸卿よ!落ちつくのだ!カビの生えた連中が攻めてきたというなら焼き払えば済むまでのことではないか!」

ハルデンベルグ侯爵が一喝し、ある程度混乱が収まる。状況は不明であるが、そうであるだけに無為に騒ぐのも無益と悟れるだけの武人が存在したことに余は感謝したくなる。貴族達を一喝するのは厄介な問題を巻き起こしかねないために余としては必要以上に面倒事を起こしたくはない。

「ハイデンベルグ侯爵の言やよし!トリステインがその気であるというならこちらも思い知らせてやればよい!」

幾人かの大貴族達が不快そうな表情を浮かべつつも沈黙を守る。選帝侯らにしてみれば、戦費の負担は気乗りする所ではないにしてもトリステイン側からの侵攻に対してはさすがに無視もできないだけに苦虫をかみつぶしたような心境であるだろう。

幸か不幸か、彼らは近年新規に領地を開発することに失敗しておりトリステイン側に対して領土的な要求を突き付けることに意欲的な面々が含まれている。

恐らく、この報が誤報でなければ間違いなく戦争だ。そして、やや困ったことに余の兵力は2000ほど北方に留まっている。ロバートによると増派が必要とのことで急に引き抜くわけにもいかないだろう。手元に兵を集めるのは時間がかかりそうだ。

「諸卿よ!余は、トリステインの攻撃が事実であるならば、帝政ゲルマニア皇帝としてこれを見過ごすことはできない!」

だが、対外的に弱腰であると内側から批判されることも厄介だ。政治闘争を辛うじて勝ち抜き親族を幽閉してまで得た地位には相応の威厳や役割が求められるものだ。

「ただちに真偽を確かめよ。事実であればトリステインに自らの行いに対して相応の結果をもたらしてやろう。」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
解説(N○Kのその時歴史が・・風)

トリステイン王国は何故、ゲルマニアに対して攻撃を行ったのでしょうか?当時の反ゲルマニア感情は極めて高く、偶発的に戦闘行為がエスカレートしてしまったというのが判明している事実です。

今回資料をあらためて検証したところ、奇妙な点が明らかになってきました。これまでの定説と異なり、資料によれば、当時の王国首脳部はゲルマニアに対して宥和的な政策を望んでいました。さらに、一部の貴族達はアルビオンを交えた三国での同盟を模索していた動きも見られます。

トリステインは必ずしも、ゲルマニアとの衝突を望んでいたわけではなかったのです。

ですが、現実はそうはいきませんでした。

山賊を討伐するとの名目で出陣していた諸侯軍がゲルマニアに越境し付近に駐在していたツェルプストー辺境伯軍の一部を攻撃してしまいます。

この原因については諸説あるものの、夜間での追跡中に誤って越境し付近にいたツェルプストー辺境伯軍を賊だと誤認したというのが有力な定説です。

ここで、大きな悲劇が誤解によって引き起こされてしまいます。トリステイン側と異なり、ゲルマニア側は越境してきた謎の軍隊がトリステイン所属の軍であるとこの段階で把握しており、これをトリステイン王国による軍事行動であると認識していました。

彼らからしてみれば不法に越境し攻撃を加えてきたトリステインの意図は明白でした。敵わぬながらも全力で応戦するとともに、事態を告げる使者を各地へと派遣したのです。

この事態に真っ先に対応したのは友軍を攻撃されたツェルプストー辺境伯軍でした。寄港中であった空軍のフネに乗船した彼らは、トリステイン諸侯軍に対し空からの襲撃を敢行します。

この段階で、トリステイン諸侯軍の認識は空賊と遭遇したというものに留まっていました。当時は地図が整っておらず、夜間であることも災いします。彼らは、トリステイン領を出たことに気が付いていませんでした。トリステイン諸侯軍はこれを空賊を討伐する好機であると錯覚してしまいます。その結果、一撃を当てて帰還するフネを追跡し、救援に来たツェルプストー辺境伯軍と衝突することとなります。

この衝突は双方が誤解したまま行われた遭遇戦でした。
しかし、これによって双方の誤解はこの段階で極めて深刻なものとなってしまいます。

ゲルマニア側はトリステイン王国が本格的な侵攻を行うものであると錯覚し、トリステイン側は帝政ゲルマニアによる不法侵略と遭遇したとの錯覚にとらわれてしまいました。

これが、戦争の始まりになってしまいます。

この一報はウィンドボナが届くと同時にゲルマニアは大規模な軍事行動を決意します。一方、トリステイン側は首脳陣が事態の把握に混乱し、状況が把握できていませんでした。

今日でも議論の対象となるのがゲルマニアの即断です。宣戦布告の有無にもかかわらず報復行動に出たことに対してはいくつかの問題が指摘されています。

この件については、○○学院の××教授に・・・



================================
あとがき

こんな感じでちょっと両国にぶつかってもらいます。
どっちかといえばゲルマニア側が事態を深刻に受け止め、トリステイン側が勢いに任せている感じです。



[15007] 第九話 辺境伯ロバート・コクラン従軍記1 (旧第36話~第39話を編集してまとめました。)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/07/28 00:18
{ロバート視点}

私は、まったくもって望まない戦争に従軍する経験に恵まれているようだ。以前は、騒がしい鉤十字共が祖国に牙を剥けてきたがために剣を取らざるを得なくなった。
今度は、望みもしない戦役に従軍する羽目になるのだ。祖国と女王陛下のために銃を取るのは吝かではないが、ゲルマニアのために報酬以上の労働を強いられるのは不当なものを感じざるを得ない。
まして、敵側の奇襲攻撃から戦争が始まったのかと少しばかり緊張して情報を収集してみれば実態は偶発的な遭遇戦がきっかけ。
しかも、事態の収拾どころか悪化を、何故か弱小戦力側が望んでいるという理解に苦しむ戦局なのである。追い詰められたものが牙をむくということはあり得ないわけではないが、最終的な勝敗は物量が決する。
だが、戦争は経済的に収支が厳しい。

「これは、戦後分割するパイが不足しないかが不安であるな。」

「コクラン卿、勝敗が定かである前にその言は油断大敵ではないでしょうか?」

確かに、フッガーの指摘は正しいものではある。敵を侮り、油断していては勝てる戦いも勝てなくなるだろう。あの忌々しいボーアで祖国は敵を侮り大きな痛手を被った。
栄光ある祖国の陸軍はたびたび敵を侮ったがために大きな損失を被り貴重な戦訓をもたらしている。まあ、最終的には勝利を収め、収支も釣り合ったとはいえ、油断した犠牲が大きかったということを忘れてはならない。
だが、それでもだ。勝敗は大半が、戦う前に決しているのだ。兵員の訓練、戦争計画の策定、補給計画の策定、物量の力。戦術的な失敗は挽回が可能な範疇の失態であるが、戦略的な失策は、戦術で持って贖えるものではない。
今回のトリステイン側の行動は、偶発的な行動に近いと言わざるを得ない。そして、なんら見通しもないままに全力で崖に向かって突撃しているようなものだろう。
トリステイン諸侯軍は戦力としてみた場合、戦術的には脅威たりえるが戦略的には取るに足らない戦力だ。それらが、国境戦である程度の活動を行っているために初動では立ち遅れたものの大局には影響を与えないだろう。

「油断は大敵であるが、仮にこの派遣軍が破られたとしてもゲルマニア側は増派を行えば済むだろう。だが、トリステイン側は一度崩れるとそれを立て直す余裕はない。」

だから、勝敗はそこまで問題でもないのだ。最終的には勝つのだから。むしろ、下手に大勝する方が危険である。敗北を別にすれば、安易な勝利ほど危険なものもないのだから。
従軍貴族という存在は、戦後にこそ厄介になりかねないのだ。我々、大英帝国の正確なビジョンをもって一次大戦後を予言した職業軍人と異なり、感情的な面々が軍権を持っているのだから。

「むしろ、ゲルマニアとしては貴族らの統制が問題なのだ。」

「しかし、褒賞としてトリステイン領を切り取るのでは?」

それを配分すれば褒章は十分ではないだろうか。そう言わんばかりのフッガーの疑問は純粋に彼が有能な商人だからだろうか?切り売りすることにかけては商人に勝るものはいないという点に関しては完全に同意する。
だが、土地を商品とみなすことは今後は政治的に望ましくないのだ。土地の所有権のみならばともかく、土地に付随する裁判権や行政権までもを分配することは簡単には容認できない。
中央集権を進展させるにしても土地を分配することによる権力構造はあまりにも脆弱だ。土地に依存する経済構造である以上、不動産物件は安易に切り売りできない。
そもそも、ゲルマニアでは貴族の力が強い。権威と実力を身につけることができれば中央集権が実現するにしても、仮に貴族たちに実力を伸ばす機会を下手に与えるわけにはいかない。

「無論、切り取ることも視野に入れている。だが、実際は武力で威嚇する程度にとどめたいものだ。」

何より、植民地の統治は得るものがないならば赤字なのだ。インドのように、トリステインが魅力ある土地ならば切り取ることにも同意できるだろう。だ
が、なまじ貧しく、治安が優れない地域を編入しても得るものは乏しく長期的な不安要素になるのみだ。そこが、シンガポールやジブラルタルのように戦略的な要衝であり死守すべきものでもない限りは予算の無駄というしかない。

「今回の目的は、反撃にとどめる程度なのですか?」

「率直に言おう。商会の行動原理と同じで今回の軍事行動は元が取れない。ガリアへの備えが無い状況での出兵はどうしても片手間にならざるを得ない。そうなれば、統治するにしても得るものが乏しい地域を抱え込むのは不採算なのだ。」

問題は、どこで手打ちにかかるかだ。戦争を始めるのは簡単だが、終わらせるのは至難を極める。何より、この戦争に一部とはいえ貴族たちが乗り気であることは頭痛がひどくなる原因だ。
アルブレヒト三世の権力基盤上貴族たちの支持を失うような行動はとれず、戦争で勝った以上領土意欲が肥大化しかねない。かといって負けるわけにもいかない。
そして、下手をすると停戦に至るまでに多くの赤字を重ねることとなるだろうから、処理が難しくもなる。。何よりも、国力向上計画や、メイジの研究を行う時間的な余裕がなくなることもこの軍事行動が気乗りしない要因に入れるべきか。
勝敗をあいまいにすれば究極的には早期の講和も期待できるかもしれない。だが、それでは戦後に火種を抱え込みかねないだけに処理が難しい。こういうことを考えるのは、アルブレヒト3世の仕事であるだろうが。

「ですが、そのようなことを私に漏らしても構わないのでしょうか?」

大変、気を使ってもらうようで申し訳ない。話を漏らしてよいかどうかの伺いをさりげなく行えるあたりにしたたかな商人の本懐が垣間見えるというべきか。したたかで結構。
ともかく、外交的な解決を図りえないにしてもラインをつないでおくに超したことは無い。戦いを終わらせるためには相手との交渉が不可欠なのだから。
私はハンニバルの轍を踏むことは望んでいないのだ。ラムド伯に依頼し、隠密裏に交渉相手を見繕ってもらうしかない。そのためにも交渉する意思がこちらにあることだけでも伝えたい。
そのような意味からすれば、商人達に噂程度にせよこちらの意図を理解してもらえるものを流させるのも一つの手である。

「なに、ゲルマニア側に好戦的でない人間が混じっているということを伝えてくれるであろう?大きな商会にいつもお世話になっているが、今後もよろしくお願いしたい。」


{フッガー視点}

物資納品の契約を結ぶや否や、私はロマリアにある支店に当ててコクラン卿の意向をそれとなくトリステイン王国側に流すように指示する手紙を書き始めた。
戦争が始まって以来、突発的な需要に対応しようと多くの商会が動き回っている中で、どのように戦争が経過するかは重要な情報になるだけに噂そのものは比較的早く流れるだろう

「しかし、領土を目的としないとは。褒美に何を宛がうおつもりやら。」

書き上げた書状を送るように指示しつつ、この戦争の行く末を考える。双方ともに傭兵の募集を始めているが、景気の良いのは間違いなくゲルマニアだ。賃金の払いや、危険性を考慮すれば大半の良質な傭兵はゲルマニア側に着くと見るべきだろう。
事実、自分の商会が扱っている傭兵の仲介業も良質なものはゲルマニア側についている。質・量共にそこそこそろったものの多くがゲルマニアに勝算ありとして、従軍を求めるトリステイン側の要請に応じないか、ゲルマニア入りしている。
勝敗は、まずゲルマニアに分があると見るべきだ。トリステインの味方になりそうであったアルビオンは最近ゲルマニア寄りになりつつあるうえに国内に問題が何かあるらしい。
ガリアの動向はまったく不明だが、軍備を整えているとの報は入っていない上に、ゲルマニアの最大仮想敵であるから、常々防備が考えられている。ロマリアの介入は懸念材料ではあるにしても、動き始めるには時間がかかるだろう。
純粋に二国による戦争となるならば、トリステインの敗北は時間の問題だ。だが、戦後統治を考慮すると支配するのは避けたいとコクラン卿は指摘されている。

「目的がわからない。コクラン卿は何を考えているのだろうか?」

口に出してコクラン卿の目的を考えてみるも目的が皆目わからない。何を望んでいるのだろうか?この戦争から最大限の利益を引き出すつもりならば、征服してしまうに限る。
確かに、費用はかかるだろう。だが、統治に組み込むことは可能なはずだ。長期的な投資ということを厭うような人間ではないはずなのだが。
なによりも戦争馬鹿とまで称される貴族達を下手に押さえ込む理由があるのだろうか。単純な問題として、コクラン卿はメイジでない新興貴族だ。
仮にその新興貴族によって得るべき褒章が妨げられていたとなると政治的にコクラン卿の立場は致命的なものとなりかねない。当然、卿のことであるからその点からのフォローは考えているはずだが、それが思いつかない。

「諸卿の動きはどうだ?」

「現在のところ、選帝侯の一部が消極的な程度で大半の貴族たちは従軍を希望しているようです。」

情報収集に当たっている部下の一人に尋ねてみるもののその返答は予想しているものと異ならない。予想通りという答えに、自分の勘ぐりが外れたのかどうか微妙に判断が難しいところだと結論を保留。

「トリステイン側の反応は?」

「いまひとつ情報が錯綜していて判然としません。可能性の問題かもしれませんが、事態を理解できていない可能性すらあります。」

・・・は?理解できない。事態を理解できていないとはどういうことだ?偶発的な戦闘行為を拡大し、戦争に至らしめた挙句に、どうしてそうなったか理解できていないのか?

「どうも、現地の軍が独断で行動した可能性があります。」

戦争馬鹿の独断で軍事行動を行った可能性があるのだろうか?しかし、ラ・ヴァリエール公爵は比較的にせよ聡明な人間であるとの評価を固めていたはずなのだが。伝統的に関係の良くない両国間の衝突を望んだのか?
無益に戦役を引き起こすほどの愚者であっただろうか?報告によれば、軍事行動を行った部隊はラ・ヴァリエール公爵領から侵攻してきたというが、事実であるならば頭を抱えているのは中央の数少ない良識な面々だろう。
だが、憶測は後回しにしよう。情報が不足しすぎている。

「それと、真偽は不明なのですが先ほどのロマリアからの情報では、ゲルマニアが不法に越境攻撃してきたとして非難する声がトリステイン宮廷で有力なようです。」

「・・・事態を把握できていないな。見事なまでの混乱具合だ。これならば迎え撃つどころではないだろう。」

ここまで周知狼狽するとは、なかなか愉快な混乱具合になっているようだ。

「さらに、激昂した一部の反ゲルマニア貴族が志願して前線に出向いているらしく、国境付近で散発的に衝突が続いています。」

「つまりそのような面々の、士気は旺盛なのだな?」

貴族が志願して前線に出るとは。正直に言ってこれは予想していなかった展開だ。急に義務に目覚めたのでないならば反ゲルマニア感情は鋼の意志なのだろうか。ともかく、今分かっていることをまとめよう。

「貴族たちはゲルマニア・トリステイン共に総じて戦争には乗り気。ただし、上はそれほどでもないということか。」

「そのようですね。ただ、トリステイン王国のそれは事態を把握できていない可能性を考慮すべきかと。」


{オスマン視点}

「やれやれ、厄介ごとになりそうじゃのぉ。」

国境沿いでの緊張が高まっていることは分かっていた。何事も起こらねば良いと願っていたものの、戦争馬鹿が騒いだようじゃ。王家は混乱しているようだし、一部の留学生の中にはガリアやアルビオンに帰国する者たちも現れている。
ゲルマニアからの留学生が途絶え、次にガリアとアルビオンからの留学生が減少し始めている。寂しい限りじゃ。現実的には、少しばかり学生の質も落ちてきているようで嘆かわしいことでもある。

「最近は、賊も多いと聞くし警備を強化しなくてはならないかのう。」

王国に依頼して警備の強化を依頼することも考えてみたが、現状でまともに対応してくれるだろうか?仮にもここまで侵入されることも無いじゃろうが、備えるに越したことも無いはずだ。
自分でできることをやっておくにこしたこともない。

「ミスタ・コル・・、なんじゃったかな。ともかく、警備を固めるようにお願いする。」

抗議してくるミスタ・コル?なんとかの声を聞き流しつつ、状況を考える。風聞が流れているがはっきりとしたことが分からないのは面倒だ。
せいぜい対応をしっかりとしておかなく程度のことでもやっておかなくてはならないだろう。最悪、ロマリアに頭を下げることとなることも視野に入れなくてはなるまい。


{ギュンター視点}

ムーダの運ぶものは基本的に物資である。だが当然、フネにつめる以上ならば人でも乗せるのだ。フネは開けた土地を運用上必要とするもののそれ以外の地理的な制約からは自由な部類だ。
馬車を使うことなく国土から傭兵を募り運送するという点に関してならば見事な役割を果たしている。

「しかし、ツェルプストー辺境伯は災難だったな。」

「確かに。夜襲によってかなりの痛手を受けられたとか。事態を問い合わせる使者にも攻撃があったと聞きました。おそらく、向こう側は相当に本気なのだろうな。」

傭兵団の団長たちの情報交換に耳を立てて情報収集に勤めるが、やはり彼らの耳は早くて正確だ。ほぼ正確な情報をつかめているのは見事というべきだろう。
最低限の状況判断をおこい損害を最小に収めるという点においては彼らの戦術能力はそこそこの水準にある。

「しかし、ラ・ヴァリエール公爵は歴戦のメイジだ。あまり相手にしたくないな。」

「だが、今回はそれを避けるわけにもいかないだろう。なにより、向こうの払いは良くない。全般的にこちらを見下す上に支払いを踏み倒すこともある。」

「そこが納得いかない。なにより、魔法が使えない傭兵は壁にしか見ていないからな。使い潰されるのはごめんこうむりたい。」

確かに、トリステインはメイジ至上主義の弊害が大きい。それはトリステインの欠点だろう。彼らはメイジにはある程度の執着をもっているため、メイジを主軸とする軍備強化に努めているかもしれないが平民の活用は得意ではないはずだ。
空軍においてすらその傾向があったとアルビオンで知り合ったアルビオン軍人が語っていた。それが事実であるならば、彼らの空軍運用は困難に直面するだろう。
なにより、アルビオン艦隊との演習でそれなりの練度にあることが確認できているのはありがたい。あの高名なアルビオン艦隊に比べればトリステイン艦隊は獲物としては少しばかり魅力に劣るかもしれないが。
まあ、ボスの懐から鉛弾を馳走してやる気になる程度には魅力的であるからけちけちする気も無い。
ついでに言うならば、拿捕賞金が期待できるならば喜んでお付き合いしてあげるだろう。大規模な会戦となれば鹵獲も困難かもしれないので、散発的な襲撃計画があると良いのだが。

「それにしても、今回のトリステイン側の募兵は奇妙だったな。」

「というと?」

「何でも、珍しく貴族連中が志願する形で募兵を行っているらしい。王国の募集は遅々としたものらしいぞ。」

「変だな。貴族が乗り気なのか?寝返る工作でも考えているのだろうか?」

残念ながらそうはいかないだろう。ムーダを通じての報告ではトリステインの空気は純度の極めて高い反ゲルマニア一色のはずだが。それはつまり貴族が乗り気であるというのはメイジが戦意旺盛ということだ。
貴族どもは例外なくあの国ではメイジであるのが確かであるだけに厄介だ。珍しいことであるだろうが、貴族が戦意旺盛ということはメイジの精神力が旺盛ということを意味するのだから。
こちらも気を引き締めてかからねばなるまい。


{ニコラ視点}

トリスタニアの一角で財務次卿のニコラ・デマレことメールボワ侯爵は苦虫をかみつぶした表情で報告を持ち込んできた部下と相対していた。
財務を司る部門に配属されて以来、メールボワ侯爵に機嫌のよい時など訪れたことがないが、本日の不機嫌さはいつにもなく深刻である。

「つまり、諸侯軍が交戦に陥ったと。」

「はい。どうも、釣られて追撃したところを待ち伏せされていたようです。」

それはどうかな、と思う。血の気の多い誇りだけで生きているような連中だからな。自分の同類であるとは思いたくないが、いかんせん自分も先の見えないトリステイン貴族としてゲルマニアの連中に嘲笑されていることだろう。
あの卑しいだの成り上がりだの言われているが、ゲルマニアの財務はこちらよりもはるかにまともだ。為政者としてみれば向こうのほうが健全な水準を保っているのは間違いない。

「まあ、それはいい。状況はどうなっている?可能ならば事態は早い段階で収集をつけたい。」

マザリーニ枢機卿ならば話は通じるだろう。問題は、話が通じることと、事態が改善することが直結していないことだ。ここしばらくの反ゲルマニア感情の高まりは異常だと言ってもよい。
こちらの暴発をゲルマニアが期待したのかとも勘ぐっているが、どうにも奇妙だ。ゲルマニアの軍備は戦時に移行しているようでもなく、むしろこちらの行為に当惑しているようでもある。
現地の軍は、こちらに対して奮戦してはいるようだが、どうにも場当たり的な印象だった。

「いえ、その、前線ではゲルマニア軍に対して積極的に攻勢に出ており、戦果報告と増援の要請がきております。」

「はあぁ!?連中、遭遇戦に満足せずに戦争でもやらかすつもりか!?」

思わず、悪態をつきたくなる。ただでさえ予算に余裕がないのだ。ここしばらくの賊の跋扈やら人口の流出やらに真剣に対応したいときである。ただでさえ貧しいというのに、これ以上に浪費できるわけがない。にもかかわらず、大半のアホ共は傭兵を雇って戦争ごっこに備えているようであったが、ごっこで済ます気がないようだ。

「いいか、王国にそんな戦争をやらかす余裕はないのだ。マザリーニ枢機卿にはその旨をよろしく伝えてほしい。さっさと、ゲルマニアにでも頭を下げないと、クルデンホルフ大公国に頭を下げて金を借りることになりかねん。」

曲がりなりにもゲルマニアに頭を下げることになるのも気に入らないが、それよりも格下のクルンデンホルフの連中に頭を下げるのはさらに耐えがたい。最悪の場合、諸侯軍の暴走ということで切り捨てる選択肢も視野に入れるべきかもしれない。

「いっそ、勝ってくれれば楽なんだがね。」

夢想と笑われるくらいにありえないことではあるが、ヴィンドボナまで征服してくれるならば問題は何もない。だが、実際のところそううまくも行くまい。現状では、まず勝利は困難だ。
というよりは、侵攻し遠征をおこなうには少々どころか物資に難点がある。皮肉な問題なのは、諸侯軍は自前の物資を意欲的に調達しており長期にわたり戦う意志を示していることだろう。王国の窮乏にもかかわらず、貴族が戦意旺盛とは。
今の予算の出所は、以前アルビオンから勧誘された艦隊演習用に捻出しておいたものだ。
忌々しいことに、ゲルマニアとアルビオンとは合同演習に参加し友好を深めるべきだと、予算が苛立たしい中で提案したにもかかわらず却下された。
それどころかその予算を、無駄な戦争用に流用された時にはデムリ卿と共に嘆いたものだ。
だが、いろいろと問題があるにしても軍備に関しては、実のところ防衛に関してならば問題はそうない。演習用の予算から曲がりなりにも装備は整えられているのだ。
ゲルマニアの戦力は間違いなく優勢だ。だがそれを全力で動員できるかどうかといわれると微妙にならざるを得ない。どちらにしても時間がかかる。
かの国に対して本格的な動員を完了し、攻勢に転ずる前にそれがあまりに釣り合わないということをヴィンドボナのまともな貴族達に認識させることができれば、講和の可能性がないわけではない。
リッシュモン卿にいくら鼻薬を嗅がせつつ、諸侯軍に責任を押し付ける形で最終的には王家に反抗的な貴族達をすりつぶすことにしよう。
確かに、がっちりとぶつかれば勝てないかもしれないが、局地的に勝利できれば向こうも交渉にははいるだろう。幸いにも、ラ・ヴァリエール公爵家は有力な貴族の中でも有数の軍備を持っている。中央の統制に服していない軍事力をすりつぶすにはよい機会であるし簡単にすりつぶされるほどでもないのでよく使えるだろう。まあ、そうでも考えないとやっていられない。

「なにはともあれ、デムリ卿と相談し、傭兵を雇う資金を捻出しなくては。」

まったく、無能共の後始末ほど気の乗らないうえに面倒な仕事はないものだ。まだむしろ、敵のほうが信頼できるとは。
だれか、予算の範疇で物事をやるということを理解できる政治家がいれば、我が国が誇る歴史ある貴族一ダースと交換してもらいたい気分だ。望むならば、いくつかの鉱山採掘権と湾口管理権をおまけしてもよい。おつりがくるくらい、我が国の財務状況は改善できるはずだ。


{ロバート視点}

私は、戦争におけるメイジの役割を軽視しすぎていたのかもしれない。増派の第一陣として2000名規模の近隣の軍が派遣されていたはずだが、半数以上が使い物にならないでいるという。実に半数が損耗している計算である。
ツェルプストー辺境伯軍の消耗は想像以上だ。聞けば反攻作戦の一環として拠点を獲得しようと前進したところに強力なメイジを擁するラ・ヴァリエール公爵軍が出張ってきたらしい。奮戦したのは事実であっても、反攻攻勢用の拠点構築どころか駆逐されるというありさまだ。ラ・ヴァリエール公爵軍の練度そのものも、かなりのものだという。
強力なメイジを有する敵軍との対峙という情勢は厄介なものだ。

「ギュンター、事前報告と違うぞ。戦力では優勢にあるのではなかったのか?」

事前に耳にしている兵力比率ではほぼ互角かやや優勢のはずだった。そこに増援として2000程度の歩兵とメイジの混成部隊を送りこんだ。小規模な国境紛争ならば十分に優勢を保っていなくてはならないはずだが。
戦力で圧倒できている以上、多少の戦術的な齟齬があったといえどもこれほど壊滅的な損害をこうむりうるものなのだろうか?敵がそれほど戦備を整えているとなれば、こちらの動員速度を圧倒するだけの動員能力を有するか、すでに展開している戦力がこちらの予想を大幅に上回るのか?

「どうやら、かなり有力なメイジがいるようです。風系統のスクウェアメイジが間違いなく暴れているはずです。」

「空から叩けないのか?」

大半のメイジとて対空攻撃力は限定的のはずだ。対空砲にいたっては概念すら存在しないに等しい。この状況下においては余程、高度を落とさない限りにおいては一方的に攻撃し、砲弾で大地を耕せるはずだ。支援攻撃能力としては十分のはずだったのだが。

「叩くも何も、話にならないそうです。空まで攻撃が届くメイジらしいです。」

「本当なのかそれは?まったく、これではフネでの会戦は期待できないではないか。」

既存の問題としては、空と陸の連携がうまくできていない。所属する組織が違う軍である上に諸侯と常備軍であるから連携がうまくいかないにしても、これまではある程度空軍に余力があるために問題がなかった。
問題がないと見なしたのは、制空権が獲得できている以上優勢が確定したと判断したから。そこに空からの攻撃が持つ優位性を否定される可能性を考えていなかった。

「空まで攻撃が届くメイジがいるとは。」

護衛という名の盾に囲まれた強力なメイジ。これは要塞に匹敵する難攻さだ。これでは、地上の要塞対海の戦艦という最悪のタブーを犯すことになる。ダーダネルス作戦の失敗を繰り返すようなものだ。
これだけは絶対に避けなくてはならない。こちらはあまりにも脆弱なのだ。向こうのメイジとて脆弱さはこちら以下だが、厄介にも人間の盾で防備を固めている。
損害比を気にしない共産主義者共の手法を真似するのは、指揮官としてあるべからざる愚行であるし、敵に背を見せて無意味に逃げ出すのもおぞましい。何とかして、優勢を保ちつつ勝たねばならないのだ。

「まったく、予定通りにいく戦争などないということだな。ともかく敵戦力の再評価だ。前線の指揮を取られている諸卿とも合流し、今後の方策を考えていかざるを得ないが、ここはツェルプストー辺境伯の顔を立てておくべきだろう。」

「では、表敬訪問を為されますか?」

・・・部下はなかなかの皮肉精神に充ち溢れているからなかなかに飽きないものだ。この状況下では表敬訪問を喜ぶのは貴族だろうとさすがにいないだろう。まあ、何も知らない後方の間抜けどもならやりかねないだろうが。
まして、当初より前線にあるツェルプストー辺境伯にしてみれば時間を無為に取られるよりは目の前の問題を解決したいに違いない。
下手に表敬訪問などするとこちらの真意が疑われかねないだろう。まともに援軍として戦闘する意思が存在するということを示した方がよほど礼にかなっている。
だが、私の部下はいかにもといった態で貴族全般を皮肉るということを趣味にでもしているのだろうか?
部下の趣味嗜好にはさほど干渉しない主義だが、行き過ぎるならばたしなめるべきだろうか?

「いや、軍議の打ち合わせを希望していることを伝えてほしい。我々は増援の第二派で本格的な増派の先遣隊だ。さしあたっての指示だけでも受領したい。」

「了解しました。合わせて情報を頂いてまいります。」

能力ならば、有能なのだが。まあ、どこにも問題の無い人材など不思議の国にしか存在しないおとぎ話といえば其れまでだが。

「任せる。私は、これから先遣されたフネと合流する。午後には出撃用意を整えておくのでそれまでに帰艦せよ。」

忌々しいことに、この戦争は対して収益がないまったくの赤字だ。全面動員など無意味極まりないが、かといって負け続ける訳にもいかない。まったく手札が限定された状況でこのように面倒極まりない事態になるとは。
戦後の和平交渉においてはこの結果を踏まえて念には念を入れて対応しなくてはならない。二度と騒げないように改善してやらねばなるまい。
どちらにせよ、そのためにも現状を勝ち抜かなくては。最善を尽くし、優勢をもぎ取るしかないだろう。そのためにも情報が必要だ。
沸騰していない湯で淹れられて、冷めきった紅茶を飲むように苦々しいことこの上ないが、私もアフガニスタンに派遣された祖国の陸軍のように敵情を完全に把握せずに情勢を判断していたツケを払わされているらしい。
常々、赤軍の無能共に物資を運んでいたことを嘆いていた身がまさか、同じような立場に立たされるとは何たる皮肉だろうか。共産主義者共と同じように死体の山で勝利を買う真似をしたくはないものだ。

「伝令を出す。次にムーダが補給を持ってきた際に、ヴィンドボナへの伝令を乗せるようにしろ。人選は、任せる。」

同行する部下達に指示を出すと、手際良く処理すべき補給物資の受領指揮に取り掛かる。物量で敵を凌駕できるならば、それに越したことはない。
質のみで戦争ができるわけではないのだから、穏当にできることを堅実に行っていくのみだ。
まあ、帆船の戦隊を預けられることになるとは、神ならぬ身にしてみれば予想もしなかったことだけに多少困惑しているのだが。
ただ、軍人として、出来ることを士官として尽くすのみだ。


{ロバート視点}

さて、状況を整理しよう。受領した情報によれば、こちら側が戦力的には優勢である。
しかしながら、部隊当たりのメイジ比率では、彼我の戦力は逆転している。そのために部隊単位での戦闘力はこちらが劣る。
しかも、陸戦では常軌を逸脱した攻撃力を有するメイジが敵側に存在している。
おそらくメイジ達は防衛に関しては素人だと踏んでいるのだが、無策に射程に飛び込むのも気に入らない。なにより、こちらの歩兵も敵メイジと防御力には大差がない。
赤軍のように人肉でもって大地に肥料をばらまくほど無策に指揮できるほどに、私は恥を知らないわけではない。
率直に言って状況は膠着状態にある。援軍を待つというのは堅実な方策ではある。だが、それではあまりにも消極的にすぎる。戦争とは他の手段をもってする政治の継続であるのだ。
内実はともかく、対外的には優勢にあるかを装わなくては政治的な失策になるだろう。つまり、面倒事が増えることを意味する。
この状況下に適した戦略は二つだ。一つはキツネ狩りだろう。公爵家の物資を貯蓄してある拠点を散発的に襲撃し、後方を潰す。
これによって、安全な後方地域を失い疲弊したところを機動力で翻弄し、疲弊しきったところを撃つ。
もう一つは、ハンニバルのイタリア分離工作の模倣だ。もともと、この世界の貴族は疑心暗鬼の塊が人間の体をしているような面々が多すぎる。
であるならば、疑心暗鬼が駆り立てられるように分断してしまえばよい。
つまり、戦術的に圧倒的に優位とある部隊ならばそれを遊兵にしてしまうに限る。それと、ぶつからずに特定の貴族の部隊のみを攻撃してみたとする。
できれば、強力な敵部隊を指揮する貴族となにがしかの問題を抱えている貴族のほうが、効果的だろう。放っておけば、内部不和で崩壊するのも期待できる。連中は、ローマではないのだ。ハンニバルは実に正しかった。ただ、相手が悪かったにすぎない。
古代以来、敵の最大の主力を遊兵に出来るかどうかが大きな分水嶺であったのだから、この戦術も大いに有効だろう。二つの戦略を組み合わせるべきかもしれない。

「この付近のトリステイン貴族の勢力図は分かるか?」

「こちらになります。」

たたき上げの平民士官は、ゲルマニア空軍の中でも最も優秀な人材の類だ。まあ、一定以上に昇進するには、面倒事も多いようではあるが。
彼らの補佐能力は、参謀として理想的かもしれない。まあ、これは余裕ができてから考えるべきことだろう。
さて、トリステインに関する地図はゲルマニアの地勢図に比較すれば不正確であるにしても、これまでの調査である程度のことは分かっている。大まかな概要を理解する分には問題はない。相手側貴族を捕虜として地図でも獲得できれば通商破壊等で有利なのだが、さすがにそれは高望だろう。現状で最善は尽くされている。

「戦力として、突出しているのは前方に展開している公爵家の軍なのだな?」

「はい、それに付随する形で諸侯軍の主力がこちらの国境沿いに展開しています。」

「では、第二戦線を形成、これらを圧迫、包囲できないか?今ならば、敵の側面が脆弱なのだが。」

敵主力がこちらに終結しているということは、正面戦力に全力を傾注しすぎている傾向があるはずだ。後方の防衛はお粗末にならざるを得ない。
兵站は事前の想定通りこちらが有利だ。国力の違いが、局地戦にも露骨に反映される形で潤沢な物資供給体制がこちらには用意されている。
その上に、空賊対策から護衛船団方式を研究してあるために、長距離浸透通商破壊攻撃対策もある程度は整っている。
この状況下で、敵正面戦力とまともに遊ぶのは、本意とするところではない。
せいぜい、彼らには走り回ってさんざん疲労し尽くしてもらおう。

「側面に展開できる軍の目的は何でありましょうか?」

「ガリアへの牽制、及び第二戦線形成によるトリステイン側の戦力の分散だ。確固撃破を指向せよ」

例えばだ。公爵軍らがこちらとにらみ合いを続けている状況で、他の戦線で激しい戦闘が起きていればトリスタニアでこれをどう判断するだろうか?
もっと言うならば、対峙するということの難しさを理解できる連中が、後方にいるだろうか?
あとは、ヴィンドボナで、公爵家と内々に話がついているとでも流せば、いつの間にやら戦う前に敵は崩壊する。

「恐らく、第二戦線の形成は相当時間がかかるかと思われます。」

「いや、主戦力を割り振るわけではない。あくまでも敵の動揺を誘うための助攻だ。」

「しかし、第二戦線を形成するとなると、距離があるためにどうしても時間が必要です。」

ふむ、たしかに陸を進軍しているのでは時間がかかりすぎる上に、対応の余裕をもたらしてしまうか。
だが、機動力でならば随一の戦力をこちらは持ち合わせているのだ。

「となると、やはりフネの機動力が頼みの綱となる訳だ。よし、主要な人員を集めてくれ。ギュンターが戻り次第方針を説明する。」


{ニコラ視点}

財政改善の必要性を認められて次卿に抜擢された時は喜び勇んだものだ。さっそく改革に乗り出す、とまではいかなくとも相応のことを試みるつもりであった。だが近年の情勢がそれを許さない。もちろん、親愛なる貴族達の予算の浪費癖は知っていた。だが、戦争となるとこれまでのものとは訳が異なってくる。
連中に知性を教育したという教師が存在しないか、あるいは存在したとしても、その教師に知性が存在しなかったことに、私ならば全財産を賭けてもよい。ついでに言うと、そういう面倒事の後始末を自分に押し付けるやつは碌でもないやつらだ。当然、目の前にある手紙の差出人、マザリーニ枢機卿は絶対に清らかな魂の持ち主ではないはずだ。

「艦隊をただちにゲルマニア方面へ進発させる費用を捻出しろと?」

思わず、マザリーニ枢機卿の要請に反発してしまう。この方は優秀であることは否定できないが、どうにも政治の事情を財政に強要してくる傾向があるのだ。
嘆かわしい財政状況のことを念頭に置き書状にため息をつきたくなる。予算があるのならば早々に手当てしたいことがあまりにも多いというのにこの現状ではそうもいかない。
しかも、放置していれば段々と予算が先細っていくことが目に見えている。

「まあ、来年の予算を前倒しで流用すれば不可能ではないが・・・。」

その場合、王家の関連予算は相当数の削減を余儀なくされるとともに、いくつかの主要な収入源を下賜せざるを得なくなる。貴族達が喜び勇んで王家に形だけの忠誠を誓うことになるだろう。
ただでさえ程遠い財政健全化は、自分の後任者の後任者くらいには見当が始められるかもしれない。それくらい、事態が悪化しかねない。
今は、まだ良いものの、アンリエッタ王女の婚姻費用を捻出するなどの措置も行わなければならない時期にこう言った出費は手痛いものだ。

「むしろ、傭兵に多数を出すべきだろうな。メイジに対して壁となりえる連中が少なすぎる。」

一部の貴族達が、前線では支払いを渋っているとも聞く。確かに対峙しているだけでは傭兵に給金を支払いたくはならないだろう。とはいえだ、それはあまり望ましくないのではないだろうか。前線で反乱騒ぎを傭兵に起こされるのも困る。
こちらの弱みを敵前で晒されても困るのだ。そうなれば、交渉に際して露骨に足元を見られることとなる。
トリステインの特徴は、多くのメイジに支えられた強大な魔法の力を活用する軍だ。魔法衛士隊など、一隊が全て実力者で構成されている。
それらに加えて、前衛がしっかりとしているように見せているからこそある程度の戦線の停滞が実現しているだけだ。
壁となる兵さえいれば十分にメイジの力で押し返せるが、その壁が少ない状況での戦争は犠牲が大きくなるだけだろう。
当然、相手は損害を抑えることが可能であるだろうし、そうなれば戦意も高揚するのは間違いない。

「メイジである程度の優位を獲得できることが不幸中の幸いだった。」

普段は多すぎるのではないかと思えてならない貴族達が複数従軍しているために、一応の戦力としてのメイジが確保できているのはありがたい。
個人的には、そのまま祖国のために殉職してくれれば言うことは何もないのだが、面倒事を残したまま死なれても厄介なので現状では放置するしかない。

「必要なのは、戦術的な勝利。交渉のきっかけさえ掴めれば後はどうとでもなるのだが・・。」

まあ、増援とそのための資金を送っておくべきだろう。ある程度護衛を強化しておくべきかもしれないが、今回は増援がそのまま護衛になりえる。気に入らないが追加支出について検討するべきかもしれない。


{ギュンター視点}

「諸君、私の提案するものは空賊討伐と違い拿捕賞金も出なければ、動きもしない獲物である。すなわち、目標は各貴族の城館である。」

ボスの言うとおり、トリステインの城館は動かないだろうし、そもそも拿捕賞金の対象でもないだろ。だから、わざわざそれを襲いに行く理由は何だろうか?
挑発せずともトリステイン諸侯軍は戦意過剰のはずだが。つい先日も、先走った一隊がラ・ヴァリエール公爵軍の進路上に割り込み、見事なまでに吹き飛ばされかけているほどだ。
敵を誘導し罠にでも嵌めるのだろうか?しかし、ここは火計の用意もできていないのだ。どういう意図なのだ?

「友軍の援護ですか?」

「友軍の援護という目的を最大限に発揮するためにも、こちらの方が効率的だ。一度の攻撃で敵の動揺と、分裂を期待できるという点は大きい。」

敵の戦意を対象とする攻撃か。しかし、貴族達が城館を攻撃された程度で戦意を失うだろうか?むしろ、さらにいきり立つとしか思えないのだが。
誇り高い連中だ。我慢どころではないだろう。泥を塗られたら、相手の血を見ないと我慢できないような相手ということをボスにご理解いただけていないのだろうか?

「コクラン卿、それでは敵の戦意が過剰に高まるだけではないでしょうか?」

「その可能性は排除できないが、傭兵や平民たちの動揺は期待できる。」

「しかし、それで釣り合いますか?」

「メイジの割合が高いとはいえ軍の大半を占めているのはメイジではないのだ。彼らの戦意を挫ければ優勢となる」

「確かにそうです。ですがメイジの戦意が高まれば、精神力が爆発的に力を出す可能性を考慮なさってください。」

メイジの力をボスは理屈で判断するが、どうも不安になる。このボスは優秀であるがゆえに時々、こういった視点が欠落している。
ボスの判断はおおむね正しいにしても、理で動かない相手に対しては、もう少し慎重にあるべきだと進言しておかねば。


「なにも、城館を襲撃する必要はないはずですであります。他の目標を破壊するのではどうでしょうか?」

「一理ある。だが、城館を襲撃されたとなれば敵も根拠地を懸念せざるを得ないではないか。」

確かに、自身の領地が襲撃されたと聞けばある程度は動揺するだろう。だが、それは怒りにも帰結しないだろうか?

「怒りに駆られるのでは?」

「・・・だが、何かそれ以上に有効な目標があるだろうか?」

貴族の動揺と従軍している平民や傭兵たちの戦意喪失。これらの両者を狙える目標は確かに難しい。ボスのことだ。自分でも真剣に次の目標を検討しているのだろうが、ここは言い出した手前それなりに意見を考えなくてはならない。
そして今回ばかりは、自信がある。先立つものがなければ、傭兵という連中は見限りをつけるのもはやくなるうえに、付近の平民たちも協力を惜しむようになるというものだ。

「もうすぐ月末です。傭兵たちに支払うべき給金が運ばれてくるとみるべきでしょう。ここは傭兵たちの給金を襲うべきです!」

「それはどの程度の額で、どのルートを通じて搬送されるのだ?」


{ロバート視点}

傭兵・メイジ、これらは私にとって異質な存在だ。知識としては身につけたつもりでもやはり体で理解するのは難しいのだろう。傭兵の給金という視点からのアプローチは、このギュンターの指摘まで気付けなかった。いわれてみれば、スイス傭兵の希少性も、彼らの戦意や忠誠心がずば抜けていたからこそである。
そうでなければ、フランス王室が、自国の兵士ではなく彼らを近衛になど採用しない。まして、それ以外の一般的な傭兵など規律の面では高が知れよう。確かに、傭兵には給金が支払われなくてはならない。彼らは常備軍ではないのだから契約の不履行に直面すれば直ちに不満を表明するだろう。

「では、まず馬車駅を潰そう。逃げ道をなくして追い立てれば、容易に補足できる。」

要領はキツネ狩りと同じだ。少々大げさな砲を使うことになるし、獲物がそこまで俊敏に逃げ回れるかどうか疑問があるにしても、心躍る物がある。追いかけまわし、疲れきったところに砲撃を加える。実に爽快な気分である。

「わかりました。ですが、さすがに護衛が付いていると思われますが。」

「目的を悟られるのはまずい。適当に破壊行動を行っているように偽装せよ。ある程度手当たり次第に攻撃し、こちらの目的を悟らせるな。」

馬車駅を重点的に狙ったのではなく、たまたま攻撃されたと誤解させることができればよいのだが。今回の攻撃は、補給線や城館襲撃といったことよりも深刻な問題をトリステインにもたらすであろう。仮に、給金が支払われたとしても傭兵への支払いのたびに給金を艦隊に奪われていてはいずれ前線の資金が枯渇する。
なにより、護衛にもこれまで以上に、手間をかけなくてはならない上に、兵站への負荷も莫大なものとなる。こちらは、少数のフネで奇襲を随意に行えばよいのだ。しかも、相手に通商破壊をやられる不安はない。なにしろ、敵側のフネではこちらの防御を打ち破って浸透する能力はないのだ。
空賊対策の一環としてこちらの整備した、対空監視網はそうそう容易に突破できるものではない。だからこそ、多数の空賊がこちらから、トリステイン側に亡命しているのだ。

「それと、虚報をこちらの陣地に流しておこう。艦隊がトリステイン艦隊を引き出すために挑発行動に出ると噂を流しておけ。」

「了解しました。出立はいつほどになされますか?」

「噂が広がるのを二日待つ。その間に襲撃計画の策定と斥候の派遣を行っておくことにしよう。」

この戦場では噂が広がってもトリステイン側に届くまでにしばらくの時間がかかるであろう。相手とて多少はこちらに情報を集めようとはするはずだ。そこで、耳にするのは少数のフネが挑発行動を計画しているということ。
そして、実際に少数のフネが破壊活動を行っているとの続報が届けばどうだろうか。向こう側はそれを真実であると見なさねばならない可能性に直面し混乱するはずだ。少なくともこちらの意図を解するにはすこしばかり余計な時間がかかることになる。
小手先の類かもしれないが、敵が錯乱できるならばそれに越したこともないだろう。

「了解しました。さっそく、用意に取りかかります。」

~襲撃航行に発してしばらくたってから~
 {ロバート視点}

思っていた以上に、この衝突は長引きそうである。目的が、軍事的に限定的な勝利でなければこちら側の好戦的な貴族達を巻き込んで戦争を行うことも可能であるが、それでは簡単に収集をつけることがこれまで以上に困難になる。
最悪、疲弊した領土を得る代わりに強力なガリアに相対する羽目なるのは気に入らない。疲弊した占領地など儲からないのだ。赤字以外の何物でもない領地に資源と、軍事力を注ぎ込むのは無益だ。ある程度の戦略的な要衝や、巨大な市場でもない限り、物事は上手くいかない。
植民地自体は、利益を生み出すが、利益が産み出せるところでないならば手を出すだけ無益だという見極めができることが最低条件だ。
現在のところ、戦局は拮抗している。混戦に持ち込めれば兵の数で圧倒しているために優位に戦局を維持できるのだが、魔法を使わせてしまうとかなりの兵が一度に吹き飛ばされてしまう。射程外から攻撃されるのはあまり体験したくはない経験だろう。
このような強力な敵を相手にする際に、教官たちは敵の弱体化を常に主張されていた。敵の弱体化。すなわち、この場合は敵の補給線と後方拠点を襲撃することだ。一次大戦の経験で通商破壊や補給線攻撃の重要性は否応なしに理解している。強力な力を維持するには多くのものが必要であり、それらへの襲撃は極めて友好であるのだ。
さしあたっては、投降勧告を拒絶し眼下を懸命に疾走している馬車の一群にその襲撃を向けることにしよう。

「帆を絞れ!僚艦に通達、“高度保ち単縦陣を維持しつつ並行砲撃戦に移れ。”だ。」

無線がないのは少々慣れないが、注意しておく必要がある。手旗信号やそれ以外の伝達手段は無線封鎖下にあると思えば少しは馴染み易いが、意識しておく必要があることもだ。

「足を止め、護衛の排除を優先する。ブドウ弾用意!以後、鎖弾と交互にそれぞれ三斉射。可能な限り高度を保ちつつ並走砲撃戦用意。」

「アイ・サー。並行砲撃戦に入ります。」

「メイジは優先して敵護衛を排除!龍騎士は降下に備え待機せよ。」

作戦自体は単純だ。距離を保ちつつ高度を活かして一方的に砲撃。敵戦力の排除を持って龍騎士隊と随伴部隊が降下し積荷を確保。そのまま搬送する。やや、当初の計画と異なるのは襲撃回数だ。
様子見を兼ねているために、ある程度の砲弾を搭載してきたが、襲撃航であるため使う砲弾は、ブドウ弾や鎖弾などに限定される。通商破壊を想定し、何度か獲物への攻撃を行う航海を想定していたのだが風石の関係上あまり長距離を探索航海をするのは困難があるようだ。
何度か試してみた結果であるが、今後はやはり弾薬と風石の搭載割合を見直すべきだろう。主として、対地戦闘が基本となるならば、そのように兵装を考慮しておく必要がある。

「砲撃用意!」

ギュンターが指揮所に上り指揮を執っている。彼はよいフネの指揮官だ。上から命じられた任務を最善の手段で持って遂行する能力と意志を有している。彼のように優秀な人間を旗艦に持てたことは私にとっては大いに歓迎すべき事態だ。操鑑に関しては彼に任せてしまえばよいのだから。

「コクラン卿、攻撃用意、完了しました。」

「よろしい。では派手にやろう。」


{ミミ視点}

「では、鉱山区画の周辺にいくつかの商会を進出させる見返りに5年間の減税を認めましょう。」

「カラム卿のご高配に感謝いたします。」

政務を取り行っていく上で最大の課題はいかにして人材を宛がうかだと父上はおっしゃっていた。その意味は十分に理解できている。必要なのは、効率的な運営を行う組織と、柔軟な人材の活用だ。その重要性も理解している。
今回の商談は重要なものだ。鉱山開発の進展を加速させることが期待できるだろう。それに加えて、スラム街の形成を防止するために貧民対策を行う上で、雇用先が増えるのも望ましいことだ。鉱山地区近隣は亜人の脅威が懸念され、商会の進出も遅れがちだっただけにテコ入れを図るという意味において成功したことは大きな一歩と言える。
しかしながら、本来は戦役に私も参加し、メイジとしての実力を披露する最良の機会であったはずであった。にもかかわらず、こうして書類に囲まれ商人たちと商談を交わす日々を私は強いられている。

「次の者を」

私は、傍に控えている従卒を促し待ち構えている来訪客の一人を招き入れるように促し、懸案事項を少しでも減らそうという悪戦苦闘を繰り返している。午前中から既に7人の来訪客と商談かそれに部類することを話している。だが、まだそれでも5人ほど残っているという。
しかも午後の部類の方が時間のかかる大物だというではないか。作業ははかどらない。より、厳密に言うならばなかなか減らない。軍にいくばくか人材を持っていかれてしまっているので、余裕があまりないところに加えて戦費の関係上書類の決裁だ。
戦費関係の決済を遅らせる訳にもいかずに私達はなかなかに余裕のない状況に置かれている。ここしばらくでは、ようやく強制的に徴収した人手で余裕が出来ていただけにこれはまた逆戻りしたと言える。忙しくてまた、口実を設けて労働力を確保すべきでないかとすら最近では思えてきてしまう。
ただ、ここから戦場に行って実力を発揮したいという思いの方が最近は強いのだが。

「お久しぶりです。アウグスブルク商会会長ハンス・フッガーにございます。」

「ああ、久しいわね。頼んでいたものは出来そうかしら?」

上司の発案した商品開発を商会と共同で行うという計画は、なじみの深いアウグスブルク商会に委ねられている。山の産物を使った魅力的な商品開発を商会に行わせることで開発にかかる労力と費用を省いて成果をこちらは得ることができ、商会側はそれらを優先的に売買する権利が与えられる。この試行がうまくゆけばいくつか他の商会とも提携することを検討することになっている。

「ええ、いくつか魅力的な案が用意できました。本日はその報告に参ったとのともに国境の件についていくつか耳にしましたので。」

例え、善意であるにしてもだ。商人たちが来るたびに戦局について情報がもたらされていては、この地から動けないわが身としてどうしようもない憤りを覚えてしまう。北部だからという理由で従軍できないのはまだ理解できるが、身の周りからそれなりの人数が従軍しているのだ。ああ始祖ブリミル、何故私はこのようなところにいるのですか?


{ギュンター視点}

砲撃を散々浴びせられ、かなり弱ってきた敵の護衛が戦意を喪失したらしく四散していく。一度だけブドウ弾で念押しをし、追い払ったところでボスが龍騎兵による降下を指示し、それに合わせて誤射を防ぐために砲撃の中止を指示する。並行して龍騎士たちが甲板にそろうのを待つ。
この目的のためにこの分艦隊で龍騎士が10人乗っている。彼らの任務は、背にメイジを乗せるとそのまま横転している馬車めがけて降下することだ。その後は、戦利品の回収ということになっている。

「目標を確保したようです。」

「よし、受け入れ用意!」

自分自身では油断することなく戦闘するよりも、時間をかけて積み込みを指揮する方がより気が疲れる。襲撃よりも実はこの積み込みが厄介かもしれないとひそかに思っているくらいだ。なにしろ、重量がある上に、時間をかけて敵地で回収作業をやらねばならないのだ。その分、見返りも大きいのだが。

「しかし、やっていることがほとんど賊だな。」

「上官批判ですか、ギュンター艦長?」

「冗談じゃない。ボスを批判するつもりはない。ただ、トリステイン貴族の皆様とトリステインの財務卿に対する申し訳なさで俺の良識的な心は一杯なのだ。」

「おや、艦長もでしたか。私も申し訳なくて、暖かい懐で飲むビター酒が苦くて苦くて仕方がないのです。これも罪の意識に苛まれるからかと泣く泣く飲み干しているのですが。」

拿捕賞金とは異なるがこの分捕り品から何割かがボスのご高配により分配されることになっている。傭兵たちの給金だ。酒に変えて飲み干すだけでも相当な苦労が想像できるほどの額であることは間違いないだろう。なにしろ、前線にいる傭兵たち全員分の給金を、いくら分艦隊の面々で処理するといっても人数が違いすぎる。
一番働くことになっている龍騎士の面々など財務関係者への罪悪感に駆られてワインに溺れて一晩で全員が昏倒したほどだ。まったくボスに従っていくと頭が痛くなって吐き気がしてしょうがない。

「おや、お前もか。」

良識的な部下に恵まれたものだ。自身とて帰還した後に飲むビター酒が苦くてたまらない。まったくもって苦いものだ。このフネにいるクルーはことごとくトリステインへの慙愧の念にとらわれることしばしというべきだろうか。今後は、トリステイン財務卿の健康を祝って乾杯をするべきかもしれない。

「良識的な人間が苦労するのはいつものこととはいえ、帰還するとまた頭が痛くなるのだろうな。今度はどこで飲もうか。」

「いい店を見つけておきます。」

見事な模範ともいうべき敬礼をして部署に戻っていく部下に感心しつつ最初の龍騎士がフネにもどってくるのを注意深く観察する。うっかり、龍の羽と帆がぶつかったりするといろいろと厄介だからこのところで気が抜けない。
そう思っているだけに最後の収容が終わるとほっとした気になる。何ごともなく撤収に成功した。陸に降下した面々は馬車に火を駆け金貨の袋をフネの甲板に山積みにしている。

「収容完了!荷物を金庫に運べ!それと、龍騎士たちに前祝だ。一杯だけ用意しておけ!」

一応、この金貨は王国の戦利品ということになっているが半分は実働部隊で山分けにすることをボスが上に掛け合って認めさせてくれている。近いうちに、家族にまた大きな仕送りが出来るかもしれない。
一族郎党はヴィンドボナの館に住んでいるが、いろいろと物入りのようだ。やはり、ボスを習って教育を受けさせるように指示したために金がかかっているらしい。だが、まあ当分は大丈夫だろう。

「さて、誰かコクラン卿に戦利品の鑑定と概算の算出を行う旨を通達してほしい。」

さて、いかほどのものがあったかゆっくり数えさせる事にしよう。帰還中に大まかな額が判明するだろう。どうも新金貨が混じっているようなので計算に揉めるかもしれないことが気がかりといえば気がかりだが思えば贅沢な悩みだ。
しかし、風石の関係上あまり長々と探索できないのは勿体ない。後方に浸透したのだから今後はもう少し長く動き回れるように方策を検討しておくべきだ。その方が接敵の機会も多くなるだろう。帰還する途中でボスと相談してみるべきかもしれない。



 {ある分艦隊クルーの視点}

そこは、とある酒場であった。どこにでも、従軍している商人達が営業しているといっても過言でないごくごく平凡な酒場である。その、酒場を独占して景気良く注文を出しているのが、自分達コクラン分艦隊のクルーであるということ以外、是といった特徴すらないくらいだ。まあ、居合わせた戦友諸君にも馳走するのもごく普通だ。
まあ、金遣いが少々以上に派手であるのは間違いないが、空軍の軍人なぞ、地上に降りなければ金に使い道もないということからしてもごくごく普通というほかないだろう。フネに乗っているときの金の使い道など限られているのだから。

「諸君、ビター酒は行き渡ったかね?チキンやステーキが足りないということはないかね?」

すでに、楽しげな気配が漂い始める中、ギュンター艦長が手にした杯を掲げて問いかけてくる。

「問題ありません!」

「大変結構。」

そういうなり、ギュンター艦長は手にしたトリステイン国旗を盛大に掲揚するよう、副長に重々しく命ずる。心得たりとばかりに、副長はコクラン卿の旗と、トリステイン王国の旗を掲揚し重々しく重厚な敬礼をしてのける。

「さて、お集まりの我がコクラン分艦隊クルー並びに、ゲルマニア戦友諸君。」

手にした杯を盛大に突き出しながらギュンター艦長が演説を一つぶちあげる。

「本日は、なんとトリステイン王国財務卿の御厚意により我らに振る舞い酒と、豪勢な宴が提供されている。」

「太っ腹ですな!」

「いや、御厚意が沁み渡ります!」

野次を挙げる声も実に楽しげだ。

「いや、かかる戦時にこのように敵方にまで、心遣いをしていただけるとは実にありがたいものです。」

「私など、トリステイン側にこれからは足を向けて寝れませんな!」

「はっはっはっ。部下が騎士道をわきまえていて大変結構。では、トリステイン財務卿の健康祈って乾杯!」

「乾杯!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
補足的な何か

(´・ω・`)
無双ものにするつもりはもともとないのですが、ちょっとご指摘が多かったので補足を。

国力差があるけれども全面動員すれば勝てるよ的な。
            ↓
米国様だって太平洋と大西洋を二正面にしてもなお余裕があったけれども、一応本気になるまでいろいろ面倒事ありましたし。
            ↓
本気になれば週刊護衛空母とか、IC半端ないよねとか。

一応、ゲルマニア側が国力的には優勢で、かつそこそこ物量に物を文字通り言わせるわけですが、フィンランドのように抵抗されることも世の中にはあるのです。誰だってヘイヘがいる前線を攻撃したくないですよね。といった感じです。

今作は、弱小国をぼこるという原則に忠実に行いますが、弱小国が抵抗するという事例も多々反映するつもりです。

原作のキャラであるマザリーニ枢機卿とかの活動を書こうかとも思ったのですが、原作キャラの位置が難しいです。ヾ(´・ω・`)ノ

そこら辺を考えていこうと思っています。

7/28
まあ、ワルド子爵とかどうよと気がつきました!
彼には、活躍してもらう予定です。でも、原作から逸脱しているorz

画一的な対応に見えてしまうかもしれないとのご指摘もあるのですが、事象は全ての人に見えるとしてもその過程で何があったのかは結構他国には伝わらないものです。だから、できるだけこう反応するだろうなという形で対応しております。

全てのご指摘や、アドバイスにお応えできずに申し訳ありません。
m(_ _;)m

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傭兵について
傭兵の忠誠心は伝統的にあまり高くありませんが、お給金が支払われている限りはそこそこに働いてくれます。まともな傭兵団なら。

常備軍以降にはあまり傭兵が正規軍にとってはなじみ深いものではなくなってしまいましたが、給料の支払いをめぐって反乱をおこしたりもするのが傭兵なのです。

常に忠実なのはスイス傭兵くらいです。(給金が支払われている限りにおいて。)

追伸: 帆船なら財宝を積んだ敵国の船を襲撃することはロマンです。英国なら伝統も加わるはずです。船ではなく馬車であってもそれはロマンに違いないと思いたいです。



[15007] 第十話 辺境伯ロバート・コクラン従軍記2 (旧第40話~第43話+断章7を編集してまとめました。)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/07/28 23:24
{ロバート視点}

何度目かの巡航に従事していた時だった。それまでの巡航でもそれなりの戦果が挙がっていたが大規模な戦果というには至らずに、補給線の締め上げは未だ緩やかなものに留まらざるを得ないでいた。そこにトリステインからの急報がもたらされる。
大規模な物資輸送の動きがあるとの噂が囁かれていたがついにしびれを切らして現実となったらしい。調査しいたところ、確かに大規模な物資が流れていた。だが、その輸送方法は予想された中では最悪のものだった。予想以上の大物がかかってしまったというべきだろう。現状逆に喰われかけそうになっている。

「トリステイン艦隊の主力だな。15いや、少なく見積もっても20はいるな。」

こちら側は、偵察を兼ねるための長巡航用の兵装だ。数の上でも武装の質でも砲戦になれば圧倒される。まともにやり合えば敗北するのが目に見ている。
風石の搭載量がやや多めになっているのが強みではあるが、速度に乗るまでに敵艦隊の射程外に離脱できるかだろうか。離脱できるかは微妙なところがある。どちらにせよ、楽観するには程遠い。

「まずいですね。風向きが追い風ですので転進が間に合うかどうか微妙なところです。」

トリステイン艦隊と正対しているため、追い風に乗って分艦隊は加速状態にある。転進するにしても半径が大きくならざるを得ないうえに、相対速度が高いために両艦隊は急速に距離を狭めている。
そして、龍騎士がトリステイン艦隊から飛び出してき始めている。龍騎士に纏わりつかれながら操舵を行うのは厄介極まりないだろう。練度がどの程度かは分からないにしても、数は脅威だ。

「だが、むざむざと沈められるわけにもいくまい。転進だ。戦闘配備!龍騎士がこちらにたどり着く前に少しでも距離を取るぞ!」

龍騎士との戦闘はメイジや銃兵に依存する形になっている。数で飽和攻撃をうけるとあっけなく突破されかねない。距離があるうちにブドウ弾で迎撃すべきだろうか?だが、重量物を放棄し船足を速めたほうが最善であるようにも思える。
なにより、金貨や報酬として用意されている物品などでフネの重量が増大しているのは状況としては望ましくない。戦利品は惜しいが、命に勝るものでもないだろう。

「忌々しいが、戦利品を放棄だ。どの程度、連中の気を引けるかはわからんが黄金をばらまけば少しは気もそれるだろう。」

「もったいないですな。」

「だが、新金貨と心中することもないだろう。ブドウ弾の代わりに金貨でも装填するか?」

最悪、大砲等の重量物も放棄することになる。遠距離砲戦は命中率が期待できない。さらにこちらの砲戦能力を悟らせることにもなりかねない。だがここまで戦力に差があるのでは仕方がない。生き延びるためにも最善を尽くさねばならない。

「御冗談を。砲身が破裂しかねません。」

「なら、やむをえまい。重量物は投棄。大砲も最悪投棄する。」

ギュンターは即座に物申したげな顔になる。彼の言わんとするところは私の懸念する所でもあるが、今回ばかりは大砲を捨ててでも逃げる必要があるだろう。もちろん、無抵抗で逃げる訳ではないが。

「忌々しい追い風だが風上を取っている優位を活用しないこともない。こちらが反転するまで長距離砲撃だ。足止めを狙う。」

「アイサー。ただちに砲戦に入ります。」

「出し惜しみ無用だ。命を賭けるのだ。チップを惜しむなよ。」

状況は難しいところだが、逆にいえばこれ以上の悪化は予想しなくて良いというのが朗報だろう。さしあたってゲルマニア主力も動員を完了し、増派される。戦力面では相変わらずの優位を保てる。局地的な戦術的敗北は許容の範囲内だ。
今は逃げきれば勝利であると言ってもいい。トリステイン艦隊は金食い虫そのものだ。動員するだけで莫大な資金を浪費する。連中には、ボディーブローのようにじわじわと効いてくることだろう。仮にゲルマニアが同数を動員したところで国庫への負担は比較にならない程国力差はある。
まあ、何ら得るところのない戦役であるということが気分を著しく害しているのだが。貴族としての責務である青い血を流すことを厭うつもりはない。だが、消耗戦に陥り泥沼となることはあまり快適ではない。これは得るところがないうえに無駄でしかないのだ。


{ニコラ視点}

マザリーニ枢機卿の方策は常に国庫へ重大な脅威をもたらすものである。だが、マザリーニ枢機卿個人の責任というよりは、国家の失策をぬぐうために国庫に負担がかけられるというべきだろう。結局、財政面に掛る負荷は一向に改善されないのだが。
宮中の一角で私は、試算される費用の捻出に頭を悩ませつつも、要求された額を辛うじて捻出することに成功している。本当に、綱渡りのような方法での捻出になっている上に、これ以上は全くひねり出せないくらいに絞ったが、要求は達成した。

「では、確かに艦隊派遣費用と補給をお願いいたしします。」

「あいわかった。こちらも最善を尽くすと猊下にお伝え願いたい。」

ただ、何度も期待されても答えられるかは微妙だ。今回は、王室の過去の美術品などをさもありがたげに戦役に参加していない貴族どもに売却するとともに、本当に価値があるものや希少品の管理を美なものから実質重視に変えて節約した費用で賄った。
本当に限界寸前まで絞っているのだ。価値の高い美術品や、メイジが錬製したという装飾品は王家の権威を象徴すると貴族たちが建前では思っている。虚栄心の高い連中が購入してくれたためにある程度の予算は捻出できたが、このままでは借り入れることも検討しなくてはならない。
それでは、さらに首が回らなくなるところだ。早期にこの事態を外交的に解決できないだろうか。秘密裏の賠償ならばメンツもつぶれないのでこちらにしてみれば合意も容易だろう。艦隊の動員費用や戦費に比べれば負担は軽い。
仮に吹っ掛けられたとしても、分割払いならば財政に与える束縛も許容範囲は広いものだ。ゲルマニア側にしても、トリステインと対等になったという外交的な姿勢と、こちらの融和姿勢があれば多少は交渉に応じる可能性はあるとみてよい。
彼らは非始祖由来だが、それだけに権威付けが出来るとあれば多少の譲歩も辞さないだろう。今回だけならば。すでに、アルビオンとの友好関係を着実に構築している。ほぼ外交的に対等になりつつある今だからこそトリステインの外交的な価値も保たれているのだ。
ここで、トリステインがゲルマニアを認める。これが出来れば権威という面においてゲルマニアは妥協の可能性を見せるはずだ。おそらく、この戦いに負けてからでは、トリステインの権威など、その辺の瓦礫とさしたる違いがなくなる。
虚飾だろうと、なんだろうと、今ならばまだある程度は有効なのだ。

「ああ、それとすまないがもう一つ伝言を頼みたい。」

「何なりとお申し付けください。」

「私自身も猊下にお目にかかりたいとお伝えしてほしい。」

「かしこまりました。」

おそらく、マザリーニ枢機卿のことだ。ロマリア経由で既に外交交渉を始めているだろう。今回の艦隊派遣もその外交戦略の一翼と私は睨んでいる。あの方は有能であるが、それだけに敵も多い。ロマリア内部における枢機卿団の派閥争いは熾烈を極めるだろう。
意図的な、外交交渉のリークもありうる。ゲルマニアにならば、足元を見られるだけで済むだろうが、トリステイン内部には劇的な反応を惹き起こすことも懸念される。特に、外交交渉が発覚した場合の反マザリーニ派は激烈な反抗を見せるだろう。
前線にいる貴族の多くは、枢機卿を侮る言動が見えるという。彼らそのものはさして優秀ではないかもしれないが群れると脅威度は大きくならざるを得ない。反マザリーニという目的が一致すれば彼らは珍しく団結してことに及べるかもしれない。
どちらにしても、これ以上の混乱は許容できない。いい加減に、国力を回復させるべき時期が来ているのだ。でなければ、ヴィンドボナに忠誠を誓いに行く羽目になりかねない。まあ、必要とされるかは微妙だが。


{ラムド視点}

「いつ来ても、ロマリアは苦手ですな。」

「ああ、卿もでしたか。私もどうにも苦手でして。」

一隻の船が豪壮な船着き場に停泊すべく降下している。ゆったりと降下しているそのフネの船室で外交交渉を行うべくゲルマニアより派遣されたラムド伯は窓から壮麗な建造物を眺めつつも気乗りのしない表情でつぶやいた。

「まず、ロマリアにお世話になる。次にトリステイン貴族と仲良くお話しする。帰りたくなってしまうのは、私の意志の問題だろうか?」

「正使が、そう落ち込まれることもありませんよ。今回はそう難しい交渉ではないと閣下もおっしゃっていたではありませんか。」

そう慰めるようにとりなしてくる副使の言葉に礼を述べつつもラムド伯は、アルブレヒト三世からの難しい注文に先行きを悲観せざるを得ない気になる。まず、簡単な材料はトリステイン王室に対する賠償要求の放棄。代わりに向こうの王家はこちらに賠償要求を行わない。これは簡単に合意できるだろう。
問題は、国境付近の貴族に対する処罰要求だ。国境における貴族達の子弟をゲルマニアに留学させること。これは、末子や庶子があてがわれる可能性が高いが、メンツ以外ならばまあ飲めない条件ではない。相互理解や、融和など友好をうたって飲み易くすることも考えてある。
どちらにせよ、実質的には人質だが。それでも、この問題がまだ手ぬるく思えるほど激烈な要求が用意されているのだ。戦闘のきっかけになった貴族の半数を断絶させ、領地をゲルマニア側に譲渡するか、それに相当の金額をゲルマニアに支払わせよ。
この要求を彼らに求めるのはかなり厳しい。ヴィンドボナが外交解決を望んでいないのではないかと、錯覚しかねない程に激烈な要求なのだ。まず、トリステイン王家がこれを行えるかどうか微妙だ。王家がその気になればこれは不可能ではない条件だが、
その権威と実力は確実にこれまでになく動揺する。弱体化は免れないだろう。だが、これを認めさせることが出来なくては従軍しているゲルマニア軍は納得できないと聞く。取り分け、国境付近の諸侯に対する影響力は、決定的に落ち込むことになるだろう。
いくら、ゲルマニアが泥沼化を望んでいないといっても、トリステインのメンツのために中央集権を放棄することなどはありえない。それくらいならば、覚悟の上で泥沼の戦いに身を投じるだろう。マザリーニ枢機卿もそこを理解しているはずだ。
こちらがある程度の戦果と賠償を必要としていることは、認識した上で最善となる手法を追求してくることが想像に難しくない事態だろう。だが、ここはロマリアだ。第三国経由での交渉といえば聞こえは良いが、枢機卿にとっての第三国と言えるかどうかははなはだ疑わしいと言わざるを得ない。
枢機卿団は、少なくともいくつかの会派があるにしても、マザリーニ自身が属する枢機卿団もあるのだ。ロマリアの坊主が仲介を申し出てくるという事態からして手をまわされているとみて間違いないだろう。これだからロマリアというところが苦手になるのだ。
宗教者を相手にするのは、下手に刺激することもできず、外交交渉においてはなかなかに苦痛でしかない。現実的なマザリーニ枢機卿との交渉ならばまだ耐えようもあるにしてもだ。それを、唯一の慰めにするのは気乗りしないが。ともかく、早めに現地での情報収集と本国との連絡の強化に努めるほかないだろう。


{ロバート視点}

先の遭遇戦では辛うじてトリステイン艦隊を振り切ることに成功した。もっとも、大砲などの重量物も全て投棄した上に、遠距離の砲戦とはいえあれだけの戦力差だ。龍騎士による攻撃も結局防ぎきることは出来なかった。
忌々しいが、さすがにある程度の戦力は有している相手だ。衰えたりといっても、砕くにはある程度の抵抗を排除しなくてはならない。この、抵抗の排除にかかる時間が、手間があまりにも無駄に思えてならないのだが。
逃げ切れたものの、分艦隊の大半のフネはかなりの損傷を受けているために再戦力化にはかなりの時間が必要となるだろう。旗艦は幸いにも帆を少々痛められた程度であったので早期に戦線復帰が可能だ。
しかし、瞬間的にせよ艦隊比率が変動するのは避けねばならないために本隊と合流し、対峙することとなる。可能な限りの消耗回避に努めたいところではあるものの、外交努力次第といったところだろう。

「しかし、トリステインの財務はどうなっているのだろうか。」

出征中とて領土の管理は必要であり、当然のように書類が送られてくる。重要なものの決済は早めに済まさねばならず、それらはことごとく資金を必要する懸案事項で出征の影響を被っている。予算の使い道が、軍務に吸い取られており、最低限の必要を除けば、開発に必要な経費がことごとく不足している。
財務状況は当然のことながら、望ましいものではない。出征に際してある程度の余裕をもって編成した予算でさえ、これ以上の出費がかさむと開発計画に支障をきたしかねない水準にまで落ち込んでいる。ありていに言って予算がない。
まして、軍の維持に加えて、我々の飲食代や諸経費まで負担してくれるほど気前の良いトリステイン財務はどうなっているのだろうか。

「借金漬けなのでは?」

可能性として最も高いものを文官が指摘してくれる。確かに、借金漬けという可能性がないわけではないが、それにしては大規模な資金を市場から借り上げたときの市場における資金の不足や噂話が流れてこない。市場における資金の不足や、過剰な吸い上げは未だ耳にしていない。
そうである以上、金策を借入に依存せずにやってのけるか、あるいは借入を拒否されたかのどちらかということになる。どちらにせよ、相手もある程度の資金をもって戦場に出てきていることになる。借金ができないのであるならば、今後はさほど余裕もないだろうが、油断は禁物となる。

「そうならば、首がいずれ回らなくなるだろう。だが辛うじて踏みとどまっていると聞く。」

問題なのはそこだ。なりふり構わずに、資金調達をしなくて済む程度の財源をまだ有しているということだ。それならば、賠償に充てる資金も捻出できるのではないだろうか。もう、残っていないにしても、今回の分を捻出する余力はあるのだ。
そうであるならば、その経済基盤が残っているうちに早期講和に持ち込むほうが遥かに有益だろう。得るもののない戦争を長々と続行した揚句に、取り立てられるものが何一つとして存在していないよりは、不完全燃焼であっても賠償を得て引き揚げる方が損失も少なくて済む。
赤字ならばせめて最小限にとどめるべきだ。戦争を目的としないかぎり、どこかで落とし所を見つける必要があるというのだ。

「では、こちらの優位は時間の問題なのでは?」

「だが、こちらとて本気で軍を動かすとなると相応の面倒があるぞ。」

「国力差からして恐らく負けることはないはずですが。」

ああ、その通りだ。負けることはない。問題は、それで勝っていると言えるかどうかだろう。戦略的にみればこの戦役は無益極まりない。外交的にはこれそのものが敗北である。する必要がなく、かつする意味のない戦争をだらだらとやっている。
この恩恵を被るのはゲルマニア以外の他国だろう。トリステイン貴族たちの暴発が意図的なものかどうかは不明だが、煽られた可能性は否定できないものだ。勝てる戦争で勝っても自慢にならないが、する必要のない戦争をやらされているとなれば、笑い物になる覚悟が必要だ。
面倒事が多い。そして、考えるだけの時間が余っているだけに気にかかることが多くて仕方がない。取り分け、最近アルビオン方面からの情報流入が極端に減少し始めていることが気がかりだ。情報で後手に回ることは将来高くつきそうだ。
フネの流入は増大しているにもかかわらず王家関連の情報が著しく統制され始めている。恐らく、何らかの動きが近いうちにモード大公をめぐって起こるのだろう。現状で見れば、7:3で王家が有利だが、暴発や内乱の可能性がないわけでもない。
内乱か、そうなれば当然大きな変動が起こることを覚悟しなくてはならない。忌々しいというか、幸いにもというべきか、ゲルマニアは今回トリステイン問題を抱えているためにアルビオン問題に関して悪戯に食指を伸ばす愚者が出てくることはあまり懸念しなくてよい。
だが、それにしても出遅れている感じがあるのは気のせいなのだろうか?かつて有名な謀略家であるフランスのリシュリュー枢機卿の神聖ローマ帝国弱体化策やビスマルク外交の基本は悟れない範囲からの包囲だった。
気がついたころには決着がほとんどついているのだ。違和感を抱いているということは、何かがあるのではないか?その疑念が戦役のさなかにありながら付きまとって仕方がない。きな臭いことを感じ取ることは、生き残るうえで大きな分水嶺になると常に海軍では教えられた。分野が違うとはいえ何か厄介な事態が進展していることくらいは把握できる。ラムド伯は優秀だが、その本分はあくまでも外交交渉に留まる。諜報力、その欠如は対外政策において致命的な遅れをもたらすとともに、何者かの暗躍を容易にしてしまっている。

「盤外で分からないことが、複数存在している。それが我々には把握できていない。最悪の状況だ。つまるところ、忌々しいが笑うのはガリアだよ。ガリアとロマリアの坊主どもを喜ばしているようなものだ。」

「確かに、そうですね。ですが、目の前の敵を放置するわけにもいきません」

「分かっている。ああ、後でギュンターに夕食をともにできればうれしいと伝えてくれ。」

「かしこまりました。」

考えるべきことは多い。だが、それも前線ではあまり価値ある時間ではないだろう。今の戦力で何が出来るか。上の意向は少なくとも終戦か停戦。ただ、ある程度の戦果を望んでいないはずもない。
純粋に勝つためだけならば、損傷艦を火船に仕立てて敵艦隊に火薬を満載した状態で突っ込ませれば密集した艦隊に相応の打撃が与えられるだろう。だが、小手先での戦術的な戦果が求められているわけではない。
むしろ、問題解決のために必要なのは、政治的な戦果である。



{ラムド伯視点}

「ふむ、なかなか良いワインですね」

「お喜び頂けて光栄です。秘蔵のタルブ産ワインを出した甲斐があったというものです」

にこやかな笑顔を浮かべる神官に、こちらもにこやかな笑顔を貼りつかせて答礼とばかりに、ワインを注ぐ。ワインの質事態は素晴らしいものだ。だが、このワインは大方トリステイン側からの回されたものだろう。
どうやってかは分からないが、宿泊先に提供されているワインがことごとく、トリステイン産であれば、よほど愚鈍であっても気がつく。交渉前にワインでどちらに属しているとさりげなく暗示されている。
交渉はあまり歓迎できない状況で行わなくてはならないのかもしれない。マザリーニ枢機卿は基本的には道理が通じる交渉相手であるが、そうであるだけに最大限こちらの譲歩を引き出そうとしてくる交渉相手でもある。

「いや、わざわざ恐れ入ります。つまらないものですが、よろしければこちらも。」

ゲルマニアで新規に開発されている酒類の中から比較的高価なものをいくつか随員がさしだす。聖職者への贈答品は原則としては認められていないが、宗教行事への喜捨や、名目をつけさえすればどうとでもなるものだ。
こちらの国力を示しつつも、相手を尊重している姿勢を保たなくてはならない。自分でいうのも少々億劫だが、こういったことに才があるためにアルブレヒト三世からかなりの激務を委ねられているような気がしてならない。
爵位は先代より一つ昇格した。もともと、ゲルマニアにおける爵位は金銭で売買できるものとはいえ、ある程度の格式や面倒事が昇進の際には付きまとうものであるだけに昇進がすんなりと出来たことはうれしかった。
だが、現在の心境としては厄介事を拾ってしまったのではないかとの思いだ。出世競争は、出世してからが面倒だと、後輩に伝えたくてたまらない。

「おお、これはこれは。信徒と共に祝う祭りが素晴らしいものとなるでしょう。」

信徒にどれだけのものが祝祭日に出されるものか見てみたいものだ。劣悪な保護しか齎していないというのが世間の評価だが。感情とは裏腹に口は丁重さを保ち、その信仰心を擁護しながら本題へ切り込む隙を窺っている。
トリステインとの外交交渉に関して仲介したいことがあるのでぜひご足労願いたいと言われて出向き、示されたのは相手の立ち位置を知らせるためだけのものではないだろう。そろそろ本題に入るか、切り出してくるところのはずなのだが。
藪をつつくか?あまりやりたくはない。だが、どうも相手の様子が穏やかさを装っているだけのようにも見える。僅かにではあるが仮面の隙間から動揺と焦りが垣間見える。
誘いでないとしたらこれは、突くべき問題が生じている可能性も高い。外交官に必要なのは機を見ることだ。この経験を信じるべきだろう。

「しかし、私にお話とは何でございましょうか?」

「おお、その事でしたか。」

如何にも聞いてくれたとばかりにうなずく。間違えたか?いや、それにしては相手に余裕が感じられない。ここは引くべきではない。最悪でもここから深入りしすぎなければ挽回も可能だ。

「はい、極めて重要なものだとお伺いしました。」

「うむ、実は信仰を共にする兄弟との争いについて宗教庁は憂慮しているということをお伝えしなくてはなりません。」

「そのことについては、我々ゲルマニア貴族一同も極めて心を痛めておる次第であります。」

実際、財政や内部の統制でゲルマニアの中央よりの貴族たちは極めて心を痛めている。トリステインやアルビオンと異なり、ゲルマニアは中央の権威が低いために戦時にはことさら行政が困難になる。さらに、一般の貴族達にとっても望ましくない戦費負担や、戦争の余波が及んでいる。
だが、ここでその弱みを見せる訳にはいかない。ここは、貴族たちがそのことを憂慮しているということを示しつつ被害者であると最大限演技をしなくてはならないだろう。

「では、宗教庁に置かれましては、我々の置かれている現状に御助力頂けると認識してよろしいのでしょうか?」

まず、その通りの解答は得られないだろう。少なくとも公的に見た場合先に手を出したのはトリステインであってもここまで事態が拡大すると一方的な肩入れと見られるような和平案ではなく、双方に折衷するように外交交渉でまとめていくことが求められる。
ロマリアの理念は、正義ではない。当然のことであるが、連中も自分の利益を追求しているにすぎない。ロマリアにはいくばくかの恩をゲルマニアが売っているのでこちらに対して一方的な行動が行われていないものの、ロマリアの価値観が恩を金銭よりも重視するとは考えにくい。

「うむ、そのことについては、そもそも、政治のことであってな。」

介入するつもりがないのだと言わんばかりの表情にいら立ちや混乱がみられる。この会話はあくまでも既定路線であるはず。それが、これほどまでの焦燥を生みださせるということはやはり何かあったのだろう。
ふと、気がつけばおかしなことがいくつもある。重大な用件があると言う割には重大な用件とやらに未だ切り込まれていない。何があったのか?こちらの予想では最悪の場合、トリステイン寄りの和平案を突き付けられることまで想定していたのだが。
結局、終始不審な思いに駆られたものの、カラム伯は満足いく情報を収集するには至らずしぶしぶ拠点にしている旅館へと戻ることとなった。ワインすらすべてトリステイン産で整えられるほどの敵地であっても、一応は拠点である。
しかし、その帰路に待ち構えていた部下からの報告に思わずカラム伯は舌打ちを路上で漏らすこととなる。

「トリステイン側の使節が襲撃されただと!?」

急ぎ、情報を整理するべく旅館へと馬車を走らせる。駆けこんだ人払いを済ませた一室思わず疑念を口にして再度確認し、それが事実であることを理解すると直ちに、書状を仕上げるべく羽ペンを手に取る。

「状況は?」

「はい、秘密裏に入っていた使節が襲撃を受けた模様です。」

「こちらはそもそも、トリステイン使節のロマリア入りすら知らされていないのだぞ。」

「マザリーニ枢機卿派が秘密裏に受け入れていた模様です。聖堂騎士団の護衛と、襲撃者が交戦し、双方に死傷者が出ているとの報告がありました。」

何故、襲撃者はその情報を把握していた?ロマリア側の聖堂騎士団にも死傷者が出ていると聞く。有能ではないにしても聖堂騎士団という軍事組織と正対し戦えるだけの実力。
そして張り巡らされた情報網。これらを活用して、トリステインの講和に反対する組織がある。それも、かなりトリステイン内部に巣くう形で。どうやら、よほど過激な連中のようだが、なかなか長い手をもっているようだ。

「これは、交渉以前の問題かもしれないな・・・。」


{アルブレヒト三世視点}

ゲルマニアの皇帝は悩み多き地位にある。まず、非始祖由来であるためにあまり権威がない。ゆえに中央の権力が強くないうえに、対外政策に際して国内の意見をかなり反映させなくてはらない。そして、隣国が強力である。
それだけに仮想敵に対して慎重に対応しなくてはならず皇帝の権威向上と国力強化が急務であった。ところがだ。国力差を弁えずに噛みついてくる国が隣国にあった。もちろん、勝てないかと聞かれればおそらくよっぽどのことがない限りは完勝できるだろう。
しかし、アルブレヒト三世にしてみれば得るものない戦争で大貴族たちに恩を売られた揚句に戦費を浪費する戦争でしかないだけに長引くことは本意ではなかった。無駄を行うことは、本意ではなかったからだ。
だからだ。わざわざロマリアの坊主どもを介しての講和会議に応じる姿勢を見せてやったにもかかわらず、トリステイン側は講和のための会談すらすらまともに行えないらしい。講和以前の問題である。
自国の講和反対派に使節派遣が漏れた挙句に襲撃を受けて、講和会議どころではなくなっている。馬鹿げたことであるが、トリステイン側の交渉条件が漏洩していて各所から反発が挙がっている。
トリステイン側はこれ以上の講和提案は政治的に致命傷になりかねず、ゲルマニア側としてはこれ以上の譲歩は国内に問題が起きかねない。

「それで、マザリーニ枢機卿はなんと?」

「可能な限り停戦に持ち込めないかと・・・。」

使節として折衝を担当しているラムド伯の言葉がはっきりとしないのも無理はない。確かに、一部のトリステイン貴族は現状をはっきりと理解している。それだけに、こちらが譲歩できる限界まで見極めて講話を持ちかけてきた。こちらとしては、厄介ではあるもののまだ事態の収拾の見通しが立っていたが、今後はそうも言ってはおれない。
マザリーニが停戦を希望すると言ってもそれを言い出すのはトリステイン側から正式に申し入れられなくてはならない。曲がり間違っても国土を侵略してきた相手に停戦を申し込むということは国内情勢上不可能に等しいからだ。それが、求められるのは降伏せざるを得ないときに限られる。
古代ローマを思い出すがいい。講和とは、相手にさせるものだと、明確に彼らは認識していた。攻め込まれて、城下で結ばされるものであっては断じてならないのだ。

「アルビオン経由で交渉を持ちかけられないか?」

「難しいかと思われます。現在、アルビオン王家はモード大公粛清を始めようとしているようです。対外政策を行う余裕があるとは思えません」

「ええい、この際ガリアでも使うか?」

友好関係にあるアルビオン王家はいよいよモード大公を切る覚悟を決めたようだ。最近になってアルビオン領内で前哨戦とみられるいくつかの水面下での動きが活性化しているとの報告が入ってきている。
モード大公の動向は今一つ掴めないものの到底こちらの問題を仲介するだけの余力があるようには思えない。何より、むしろ援軍要請が来るのではないかとすら最悪の場合を想定すると頭が痛くなってくる。この件については対外的には中立を保っているガリアに仲介を依頼すべきではないかとさえ思えてくる。
いっそ、政治的に自由な連中になにがしかの束縛をつけたくなる。

「あの無能王に仲介を依頼すると何を押し付けられるか分かりませんぞ。」

「余とてわかっておる。血相を変えるな。」

ラムド伯をなだめつつアルブレヒト三世は前線のロバートからの報告書を手に取り読み上げる。そこには、ラムド伯が言いたそうにしているガリアの動向に不審なものをおぼえるとの文面が事細かに記載され、ガリアへの警告と警戒を促している。
さらに、可能ならば、ガリアのトリステインへの影響力の行使を阻止するために、ガリアとトリステインの取引や援助がないか探るべきだと提言してきた。確かに、分艦隊を使用してのやつの指揮能力は卓越しているから、選択する価値はある。
だが、コクランを使って国境探索を行ったところで、さしたる成果があるかといわれると、どうも期待できない。相手は、無能王なのだ。油断できる相手ではない。

「ガリアの動向がきな臭いと前線にいるコクラン卿すら嗅ぎつける。ガリアが火を煽っているか油を注いでいるのは間違いないはずだ。」

「ではどうするおつもりですか?」

「使えるものなら他にもあるだろう。大公国はどうだ?」

トリステイン近隣には名目上独立している領土がいくつかある。実質はトリステインの属国であるが外交的には独立国であるということが大きなアドバンテージになりえるのだ。名目上であれども、独立と外交権は得難い権利である。
そういった価値を持つからこそそれらの領地は独立していると言ってもよいくらいなのだ。そして、大公国の多くは、金銭的な面でトリステインに大きな融資をしている。連中とて、貸し倒れは避けたいだろう。

「現在、そちらから交渉を試みるところです。」

ラムド伯が現在の進捗状況を報告する。芳しくないが、必ずしも現状で悲観する必要のあるものでもないようだ。まあ、金貸し同士思考が似ているということか。ゲルマニアと大公国の思考方法は似通ったものがある。

「なるべく早く終わらせよ。率直に言ってこのままでは得るもののない赤字だ。」

「いっそのこと、根本から絶たれていかがですか?」

物騒なことをいうヤツだと思いつつも、アルブレヒト三世はそれもまた一つの選択肢としては考えざるを得ないと判断する。ガリア方面のきな臭さがある以上、トリステインの動向は常にこちらの不安定化要素となりえてしまう。
最終解決策は併合か。しかし、貧しい土地を獲得したところで、パイを満足に分配できるものでもない。反ゲルマニアの空気がメイジに強いので軍備の強化に充てることもあまり期待できないのはダメな要素の追加にしかならない。

「それは、本当に最後の手段だな。あまり気乗りせんが。」

「確かにそうです。できれば、今度こそ交渉をまとめたいものです。」



{フッガー視点}

手にした報告書を一読すると、フッガーは報告のためにトリステインからロマリアを経由して飛んできた部下に再度事態を確認する。何事も確認し、徹底してミスを防ぐ。これが、失敗を避ける唯一の努力だと知っているからだ。

「はい、間違いなく微量ではありますがトリステインの新金貨は金の含有率をこれまで以上に低下させています。」

「なるほど、どの程度金の含有率が低下した?」

「僅かなもので、3%程度です。もともと新金貨は従来のものよりも金の含有量が減少しているために全体から見た重量の変化の割合は限定的になります」

ふむ、新金貨はもともと従来のものよりも三分の二程度の金含有量しか有していない。当然のことながら、それを3%程度減らしたということは微々たる額が捻出できるに過ぎないだろう。国家が求める額としては少なすぎるが、個人が求める額にしては大きすぎる。
だが、それは辛うじて市中に悟られるか悟られないかの微妙な金含有量の変化の水準だ。ぎりぎりの水準で最大限の資金を生み出す手段としては合理的なものだ。
代わりに混ざりものとして銀とその他の金属で、金の含有量が減少している分の重量をうまくごまかしているならば、噂として囁かれても必ずしも真実と証明できる訳でもないだろう。

「間違いないのか?」

「御法度の金貨を溶かして調べてみました。まず間違いありません。」

確信を持って断言してくる部下の表情に偽りを申しているそぶりや、自信が欠如している陰も見当たらない。ということはおそらくトリステインのやり手の財務担当者が資金を捻出しようとして何とかひねり出してきた手法だろう。
やはり、追い詰められて金策に励んでいるといったところだろうか。少なからず、同情すべきかもしれないが、そういう立場でもないのだ。ここは、素直に距離を取ることにしよう。

「ふむ、今後は新金貨の取り扱いに注意するように促してくれ。」

言いつけを伝えるべく部下が退出するのを確認すると、フッガーはゲルマニア軍に納入する食料と武器やフネの補修材等の見積もりを改めて確認し、思わずその低調ぶりに嘆きたくなる。
たしかに、戦時需要は湧いている。だが、いずれも長期契約でないうえに利率があまり高くないのだ。特に、資源面で原価を北部の高山地帯が安価に抑えているために加工の際に水増しした額を請求しようものならば、取引が打ち切られかねない。

「うまみのある契約が少なすぎるな、捕虜交換の仲介業とて身代金を豊富に払う相手でもないのでさほど収益が上がる訳でもないし・・。」

なにより、ゲルマニア系の商人よりもガリア系やロマリア系の仲介業者に身代金交渉をトリステイン側が委ねる傾向にある。市場にあまりもぐりこむことが出来ないでいるのが現状だ。
商会側としては今回の戦役は赤字ではないにしてもあまり利益が上がらないうえに苦労が多く気苦労も絶えないものとなってしまっている。低収益の事業が何と多いことか。無論、それでも利益は出せているがだからと言って安穏としているわけにもいかない。

「ああ、アルビオンへの穀物輸出はどうなっている?」

軍の出動や、アルビオンとの共同作業によって空路が安全になったおかげでアルビオンとの貿易状況が一段と改善された。そのため、貿易収支はこれまでのところもアウグスブルク商会の主要な収入源の一つであったが、現在までのところは、順調にさらなる拡大をしてきた。

「それなのですが、当分南部の港への寄港が制限されるそうです。」

秘書の報告に思わずため息をつきたくなる。アルビオンに何かの問題、異変が起きていることは耳ざとい商人ならばある程度勘づいている。その実態が何であるかまでは深入りしていないが、南部に何らかの問題があるのだろう。まったく上手くいかないことが連続するものだ。
そして、厄介なことにアウグスブルク商会の取引先は南部に多い。ムーダの定期輸送便で送る穀物の大半は、前々からの取引先である南部の大手商会に輸出しているだけに、ムーダの船舶が寄港を制限されるとなると輸出先との提携関係で見込める利益が大幅に減少してしまう。
さらにだ、万が一何か事変が起こり、アルビオンの市場に問題が生じるとなるとアルビオンとの貿易も見直すべき事態になってしまう。それでは、フッガーとしてはやりきれないことこの上ない。辛うじて、北部の新領で産出される木材の輸出仲介権を獲得したばかりなのだ。
北部の優秀な木材の一部を委託されて売買することで得られる手数料収入を期待して、かなりの投資を北部新領に行っている。将来的に回収できるとみてはいるが、木材需要が一番高いのはアルビオンなのだ。
コクラン卿は取引相手として油断ならない人物であるが、パイの分配は公平である。公平であるが、それゆえにこちらの失態を補填してくれるかというとそういった手合いではなく公平な取引の結果として対応を求めるならば対価を要求してくると覚悟しなくてはならない。
北部地域における新領の経済発展は著しく、かなりの見返りを得られることが予想されるだけに関係悪化を覚悟するのは難しい。つまりは、自前で事態を乗り切る必要がある。

「それは、新たに北部に取引相手を開拓すべきかもしれないな。」

もともと、大口の取引相手一つに依存することは危険だと思っていた。この機会に、もう少しアルビオン北部の地域に進出することを検討すべき時期になっていると思いなおし、フッガーは対応策を検討することにする。
とにかく、商会というものは楽に儲けているとの世評があるようだが実態はそうはいかないのだ。ため息をつきなおし、フッガーは蓄積している仕事に取り掛かりなおすことにした。



{ミミ視点}

「また、亡命貴族です。どうやら、本格的にアルビオンは粛清を始めたようです。」

「礼をつくしつつそれぞれ用意した受け入れ先に分散して当面存在は極力伏しておきましょう。コクラン卿が帰還なさるまで事態は内密に。」

ミミは、かなりの量の書類を決裁しつつ部下が報告してくる事態に一つ一つ迅速に処理していく。役人が不足しているとはいえある程度は慣れれば効率も改善してくるというものだ。
さらに、一部のアルビオンの役人が身の不安を感じてこちらに流れてきており、メイジでも貴族でもない連中ならば憚りなくこき使えるだけに僅かながら余裕が生じ始めていた。まあ、信用の問題があるのであまり重要なことは任せられないが、それでも人手が増えるのはありがたい。
そのことを喜ばしく思いつつも、彼女にしてみればやはり仕事が多い現状が変わるわけではないだけに全てを投げ出して前線に赴いた連中が妬ましくてたまらない。
少しばかりの手助けがあるとはいえ、それらは本来上司の直接の決裁を必要とするものである。そのために上司が前線にいるようでは、前線でいちいち決済をしていただいて送り返されるのを待たねばならないのだ。むしろ、書類を送って往復させる時間が大いに彼女をいら立たせている。

「コクラン卿にはいかが報告いたしますか?」

「明日のこの時間までに現在把握している亡命貴族とその家族についての報告を口頭で私に行いなさい。私から使者を出すつもりです。」

「分かりました。」

まったく、やらねばならないことが多いというのは厄介なものね。そう一人心中で嘆息するとミミは目の前の書類を一読し、必要な点にいくつかペンを入れてサインをする。書類を処理することに関しては、もはや経験豊富な官吏にも劣らないだろう。
その中にいくつかの孤児院からの要請や、公的な伝達事項等が含まれていたが、それらに関してやや予算が不足しているようだ。何故かと思い、一瞬で答えに思い至る。予算は、人口増加を前提としていないものだった。
移民と、亡命者や何やらの流入で予算が不足しているのは、その帰結として自明の理だった。取り分け、孤児院に関しては貧しい子供がこちらにまで迷い込んでくる例もあるようだ。予算の手当ては必要だろう。
だが、これでは貧しい子供を我々が背負い込むことになりかねないわねと彼女は一瞬嫌な想像に駆られる。大量の孤児が、保護を求めて領内に流入し、費用手当てが必要になる。まさに、財務担当としては悪夢としか形容できない。

「とはいえ、無視できるものでもない、か。」

そう嘆きつつ、彼女はいくばくかの予算の増額を認める書類を作成し関係する各所へと手配し、配送するように段取りをつけるため、執務室に付属している書類提出用のベルを鳴らすと決済が完了した分を属僚に引き渡し、次の書類へと向き直り、作業に戻る。


{ニコラ視点}

財務卿との打ち合わせを終えた直後に、マザリーニ枢機卿より辛うじて捻出した予算に追加の予算支出要請を出されて思わずニコラはめまいを感じた。予算、予算などどこから絞り出せというのだ。金でも錬性しろとでもいうのか。
すでに、打てる手はことごとく打っている。売却しても差し障りのない美術品や過去に手に入れた戦利品などは貴族に押し付ける形で売却し、戦時課税は法で認められている限りで絞り出せるだけ絞り出した。財布はもはや空だ。
戦時であることの重大性を無理やり主張して商会に対して支払いを全て新金貨で行った。相当渋られたが、最終的に従来の古い貨幣5枚に対して新金貨6枚というレートまで譲歩させることが出来た。
その新金貨はすでに、ぎりぎりまで金の含有量を切り詰めさせている。これ以上は、市場に感付かれて弁明しようのない水準にまで、金を切り詰めているのだ。この方面からのアプローチはもう限界となっている。
事態が事態であるためにこれまでに集めてきた貴族たちの犯罪行為の証拠を突き付け、減刑の対価として賠償金という名目で金納させた。取りつぶしの掛っている貴族たちの罪状を金銭で免除することまでやってのけた。
幾人かの貴族らの名誉回復や養子縁組もこの際に、金銭で融通を利かせることも特例として高等法院のリッシュモン卿に一部を握らして認めせた。かなり、きわどい綱渡りをやってのけたという思いはあるが、二度もできるものではない。
これらの方策は、「講和が成立するならば」という前提が成立していたからこそ成し遂げられたものなのだ。講和が成立するならば短期的な支出の増大は辛うじて財政に致命的な損害を与えずに済むだろう。それであるならば、まだ耐えられると判断し、ここまでの無理な金策に奔走したのだ。
講和が、上手くまとまらなかったことは理解している。一部の過激な主戦派が講和を妨害しようと動いているとの警告や、その兆候を掴める程度には貴族という生き物を良く理解しているつもりだった。陰謀が生きがいの、寄生虫も少なくはないことなど百も承知。
だから、それを予見して、マザリーニ枢機卿がかなりの腕利きたちを魔法衛士隊から護衛に回したとも聞いていた。ところがだ。その腕利きたちを遥かに凌駕するメイジによる襲撃を受けたと報告が来ている。
内通者がいたのか、純粋に実力で圧倒されたかは不明だ。だが、これで容易に動くことが出来なくなっている。万が一、再度の交渉で同じような事態が生じてしまってはもはや交渉による終戦は望めなくなってしまう。当然、交渉に入ることも慎重にならざるを得ない。
当然、これで主戦派と戦争の継続を望む連中の希望通りの展開だ。だが、忌々しいことに財政上、トリステインは必ずしも戦争を続行することが可能な経済体制ではないのだ。
メイジが人口の一割以上を占めるトリステインでは人口の流出と、耕作放棄地の拡大が税収にすでに厄介な負荷をかけている。そして、地方ではかろうじて現段階では部分的な範囲に留まっているものの貧困の拡大が確認されており、これ以上の課税は農民の地盤を致命的に破壊しかねない。いや、それ以上に、農民の逃亡や流出を加速度的に悪化させてトリステインの経済そのものが自壊しかねないのだ。税率を上げようにも、納税を行う平民がいなくなっては税など入るはずもない。
商会や、有力市民への協力依頼も既に限界に近い。これ以上は到底望みえないのだ。

「予算をこれ以上徴収するのは困難を極めます!」

「メールボワ侯爵、卿の言い分は分かるが、それでもやらねばならないのだ。」

思わず、財務卿のところに駆け込み苦情を申し立て用にも上司のデムリ卿は諦めた表情で事態を受け入れるように促してくるのみだった。上司は、トリステイン貴族としては珍しく良識派の部類に属するが人柄良いだけに、こういった依頼をはねつけることを得意としていなかった。一応、事情を王国中枢に説明してくれてはいるようだが、どちらかといえば押し切られているように思われる。特に、軍部は極めて強硬に予算の手当てを希望し、一歩も譲ろうとしないと聞いている。幾人かの貴族たちは既に、借財に手をつけ始めているとの風評もささやかれている。

「ですが、これ以上の課税は困難です。来季の予算を宛がっても到底賄いきれません!」

「卿の言い分はわかっている。」

「でしたらば、何故!?」

礼儀が許す範疇をやや踏み越えつつ、ニコラは信じられないと言った表情で抗議の意思を明確に表す。予算を担当する人間にしてみれば、これ以上は財政が許さないのだ。今ならば、まだ時間をかければ、財政は持ち直し、国力回復も可能だが、これ以上ではその回復力すら失ってしまう。

「既に、前線からは次の送金要請が来ているのだ。まさか、送れないとも言えまいだろう。」

苦汁を飲み干せと言わんばかりの上司の主張は正しい。だが、それでは目の前の事態を解決するために泥沼に足を踏み込むようなものであるのだ。分かっていても避けられない事態を何とか回避しなくてはならない。

「ならば、全貴族に諸侯軍か軍役免除税の支払いを求めるしかありません。」

そう、せめて全面戦争の体制をこちらが整えれば、ゲルマニア側とて対応に慎重にならざるを得ないだろう。向こうの戦争指導部は極めて理性的だ。徹底抗戦すると叫ぶトリステインを蹂躙することが可能であってもそれが収支に合わず、外交的に成果をもたらさないならば選択する可能性は低い。
まあ、そういった推測と希望的観測に頼らねばならない時点で彼としてはろくでもない現状であると考えているのだが。なにしろ、全力で組み合っては敗北する相手と分かりきっているのだ。そのような相手に虚勢を張ることの無意味さが、重い現実として横たわっている。

「それは、検討せざるを得ないだろうな。」

「まあ、実質的には税を払ってもらうほかありますまい。」

とはいえだ。実際に、動員したからといって事態が改善するかどうかは微妙なところがある。目の前の対応に追われるあまり大局的に大きな失態をしでかす寸前なのだ。まあ、越境した揚句にゲルマニア軍に盛大に誤射をしでかした間抜け共を前線に送ったこと自体が極めつけの失態であるように思えてならないのだが。祖国はどうなるというのだろうか。



{ロバート視点}

「では、コクラン卿、卿の軍略を語るように。」

「では僭越ながら。」

そう言うと、居並ぶ将官を見渡し、ロバートは語り始めた。

「十中八九、まず間違いなくガリアはトリステインに対して秘密裏に支援を行うはずです。現行でも行っている可能性すらあります。」

前線の軍議で、ロバートはトリステインとガリア間の国境沿いで陸路や、水路でガリアからの物資の流入の可能性を指摘する。あれほどの規模の軍を維持しているのだ。財務的にも、そろそろ限界であるのは自明である。
にもかかわらず、未だ値を上げないというのはなにがしかの援助に期待がかけられているからではないか?その可能性があるのはどこか?我らが隣国であり、仮想敵国であり、なおかつ強国であるガリアが相当するだろう。
ロマリアは、残念ながら、この件に関しては寄生虫的な役割に留まることが予想されているので、ガリア方面からの援助を主として警戒すべきとなる。これを徹底的に阻止し、ガリアによる戦乱への介入を阻止する必要がある。
と、同時にトリステインの継戦能力に余裕を与えないことが何よりも重要だ。そのため、交通の遮断と通商破壊を主眼とする分艦隊と軍の一部の分遣隊派遣を強く主張し、それはゲルマニア軍首脳陣にはおおむね肯定的に受け止められていた。

「なるほど。だが、それでは、こちらの敵を打ち破れるのか?」

「そもそも、敵の頑強な抵抗に正面から付き合う義理もありません。第二戦線の形成は敵の戦力上、分散を余儀なくさせ苦しませることが可能なはずです。」

トリステインは戦争を理解している人間があまりにも少ない。というよりも、声の大きな主戦派や過激派の声に圧倒されてしまっている。前線で抵抗している優秀な指揮官連中とて足を引っ張る友軍で苦労しているのだ。戦略と戦術の区別すら曖昧なようだ。
無能な友軍は優秀な敵よりも悪質であることをその身で体験しているだろう。だが前線の状況は、それゆえに微妙だ。こちら側としては、敵の脆弱部を衝いて全面的に決戦を促すべきか、消耗戦を継続すべきか悩まざるを得ない状況にある。
だから、正面から戦力を引き抜くことの意義を理解しつつもややためらう意見が出てくるのは当然のことだろう。まあ、正面戦力を欠いたからと言って攻勢に対応できない程ではないが、前線指揮官はとにかく兵力を欲するものだ。

「つまり、こちらの敵には捨て置くのか?」

「いえ、振り回し疲弊に至らしめます。」

ならばだ、優秀な連中を振り回すことによって敵失が期待できるだろう。こちらが、別方面に進撃したとなるとそれに対応しなくていけなくなるが、それだけの負荷に耐えられるだろうか?
下手に前線から兵力を引き抜こうとすれば、相対的には依然として優位にあるゲルマニアの圧力が増大し、危機が拡大する。放置すれば、浸透され、喰い破られることとなる。まさに、連中にしてみれば悪夢だろう。

「また、ガリアの介入を防止する意味においてもこの地域を獲得することが急務であると考えられます。」

何より他国からの援助が期待できなくなればトリステインの主戦派の求心力は低下するだろう。そこで国内の穏健派が事態を収拾できればよし。出来ねばできないで本格的な武力侵攻によってトリステインを併合する際の拠点を事前に確保することが出来る。

「なるほど、だが肝心の成功の見込みは?」

抵抗は脆弱になるだろう。鉤十字どもの模倣は唾棄すべきことではあるが、敵から学ばないわけではない。それは、愚か者のすることだから。経験からすら学べないものは、もはや暗闇の中で跪くだけだ。マジノ線に引き籠り、迂回された連合軍の戦訓を活かすべきだろう。前線に有力なメイジや、傭兵隊が集結しているならば、それを無視して別方面から突破してしまえばよい。それを可能とする隙がトリステイン側には垣間見られる。もっとも隙と見るべきか、国力の限界とみなすべきかはあいまいな問題であると言わざるを得ないのだが。

「かなり、高いものが見込めます。」

「ううむ、諸卿の意見はどうだ?」

それに応じるのはおおむね賛成の意向であった。対峙に飽きはじめた兵の気が緩んでいることが昨今では危惧されている。それらの情勢を懸念している将らにとっても今回の作戦は緊張感を取り戻すという意味でも良い時期にあったと考えられているようだ。
結局、やや修正が加えられることにはなったものの、ロバートの提案に準じる形で分艦隊派遣と一部の兵がガリアとトリステインの国境方面に出征することが決定される。これらは、ヴィンドボナに対して報告されることとなり、提案者のロバートが軍情報告と作戦説明のためにヴィンドボナへの使節として赴くということを決定すると散会することとなった。



{ギュンター視点}

与えられた命令は単純なものだった。ボスの命令はいつも複雑怪奇にして珍妙な事態を引き起こすものであっただけにこれは予想外だ。これもそう考えれば普通なのかも知れないが。
そう考えつつ、ギュンターは与えられた命令を忠実にこなすべくトリステイン軍への夜間砲撃を加えていた。ボスは確かに、こういった嫌がらせに長けている。寝込みに砲撃を毎晩加えられてはたまらないだろう。
取り分け、艦隊の練度で劣るトリステインが、夜間にゲルマニア艦隊に奇襲されることを恐れて艦隊を後方に下げている現状で、夜の暗闇に乗じてのお祭り騒ぎを留めるのは困難なはずだ。
当然、こちらとて当たるとは期待していない砲撃だが、陣地をめがけて砲撃している以上、多少の戦果はあげられている。

「よし、適度に砲撃を済ましたな?」

「ええ、こちらの夜襲を警戒している篝火で標的を見つけやすくて助かりました。」

部下の報告に満足げにうなずくと、何ごとにも慎重に行くべきかと思い残弾の装填を指示し、今後の行動についてしばし考えることにする。目的は砲撃による寝込み襲撃。つまるところの嫌がらせだ。
安心して寝ることが出来なければたまったものじゃないだろう。当然、兵の戦意を維持するのは難しいこととなる。そうなれば、平民や傭兵たちの元々さほど高くない戦意はどん底を衝くのではないかとこちら側としては期待している。
一部のメイジや貴族達には必ずしも歓迎されているわけではないのだが、少なくとも空軍にしてみれば無駄な犠牲が出ないということで平民出身の連中を中心にこの作戦を歓迎する向きが少なくない。
なにより、犠牲が出ない一方で実戦であるから、適度な緊張感を保つことも可能と、上は歓迎している。

「ならば、残弾にも余裕があるな?」

「ええ予定よりもまだ残弾が余っております。」

予想外だったのは、視界が確保できずに嫌がらせを効果的に行うことは難しいだろうと覚悟していたところ、こちらの奇襲を警戒したトリステイン諸侯軍が周辺に光源を用意してまで陣地を暗闇の中で照らし出していたことだ。
さすがに、ここまで明るいものに対して砲撃をはずすのはどうかと思わざるを得ない。まあ、相手は陸からの夜襲を警戒しているのだろうが、そこまで本気でこちらが襲いかかると信じ込んでいるのだろうか?

「ならば、隣の陣地にも数斉射お見舞いしておこう。公平な取り扱いが必要だからな。」

まあ、そう心配している相手に、心配のしすぎだと笑って放置しておくのは不公平というものだ。そう、片方にだけ砲撃を打ち込むというのは不公平というものだろう。
もう少し、離れたところにある陣地に対しても砲撃を加えても問題はないはずだ。まだ、部下は不完全燃焼であるだろうしせっかく夜間砲撃の担当が廻ってきたのだ。
戦功をあげることを考えるならばここでもう一働きしておくにこしたことはない。幸いにも予想よりも弾薬の消耗が少なかったならば問題はないだろう。発砲の際にこちらの位置が掴まれるのは時間の問題なので、長居は無用だろうがもう少しばかりならば時間に余裕がある。

「了解いたしました。トリステインの貴族さま方を公平に取り扱いたく思います。」

「丁重にやれよ。一発も外すな!」

「お任せください。ご満足いただけると確信しております。」

そう言うや否や、大砲にとりついた士官たちが一斉に砲撃の指示を出す。命中率はまあ、全弾命中というわけにはいかないだろうが、夜間の暗闇の中であることを考えれば一応の満足もできるものである。アルビオンと合同で訓練した成果があったというものだろう。あの国の砲撃術はかなりのものがあり、機密を漏らしてくれるわけではないにしてもレベルの高い砲撃を見せつけられることでこちらの訓練にも熱が入った。

「よし、もう一度斉射し、帰還だ。斉射後、反転。帰還する。」

「はっ、斉射後反転。帰還します!」

復唱し、任務に取り掛かる士官たちの機敏な動作に及第点を付けつつ、ギュンターはこの砲撃のトリステインに与える効果をおおむね満足いくものになるだろうと予想する。
ボスの予想では寝込みを妨げることが出来れば良いという程度らしいが、これなら実害も敵に出ているだろう。まさか、夜襲の警戒を逆用して空から砲撃されるという発想が欠如しているとは思わなかった。
こちらも同様のことをされないように気をつけるべきだろう。まあ、そうなったらそうなったで、迎撃するだけの話だが。こちらとしては、艦隊決戦は望むところなのだ。
最後の艦砲斉射が完了したのを確認し、念のためにブドウ弾の装填を指示する。何ごとも備えが重要なのだ。それらを確認し、何ごとも所定の位置にあることを確認しギュンターは満足げにうなずいた。

「よし、帰還だ。」

幸いなことに、好きなだけ後方から砲弾と弾薬が送られてくるのだ。拠点に戻ればまた自由に暴れられる。今後も継続的にこの嫌がらせが行えるだろう。ずいぶんと余裕があるように思えるが、補給を安心して行えることがこれほどまで楽になるとは・・。


断章7 ゲルマニア軍行動計画廃案済み提言第二号「トリステイン問題最終解決策」

トリステイン問題は、昨今のゲルマニアにとって頭痛の種と化している。この問題に伴う障害で最大の難点はゲルマニアにとってこれらに関わることで利益が見込めないことにある。この問題に対処する際には、この問題から利益を導き出すことを目的とするのではなく、最大限赤字を最小限にとどめることを目的として行動計画を策定するものとする。
まず、本行動計画の立案背景にはトリステイン王国の統治能力の著しい低下と、有効な交渉相手が存在しないというものがあり、交渉による事態解決が望みえないと判断されたことから本計画は策定された。トリステイン王国の要人の中でも一部の穏健派等は積極的に講和交渉や終戦に向けての動きを示しているものの、主戦派が主流を占めており交渉の使節団が襲撃されるなどの内部紛争が確認された。このような事態において実効性のある交渉が実現できるかどうか極めて疑わしいものがあり、この問題による損害の拡大を最小限にとどめるべく問題の根本的解決としてトリステイン王国併合か、傀儡政権の確立による問題収束を試案として本計画は検討するものである。
第一義的な目標はトリステイン問題による損失の最小化である。そのため、この問題に際しては可能限り迅速な解決が求められる。現行の軍事作戦は、あくまでも国境防衛を主眼としたものであり、局地戦の範疇をこちらとしては超えていない。だが、このままずるずると戦役を継続する場合、従軍貴族への恩賞、北部地域の開発予算への圧迫等いくつかの問題が必然的に生じてくる。さらに、このような問題に長期的に拘束されることで政治的・外交的な柔軟性に深刻な障害をきたしかねない。このような事態は対ガリア政策と、ロマリア宗教庁の影響力増大に対抗するためには極めて憂慮すべき事態となる。

※ただし、第三案においては敢えてこのことを逆用した。

現状として、ゲルマニアは国力に対する局地戦の負荷は限定的であり大規模な動員も財政上の破綻を迎えることなく実現することが可能である。

第一案
トリステイン方面の制圧のみに限定して考えるならば、諸侯の勢力拡大を敢えて容認することが可能でさえあれば、諸侯軍の大規模動員が最も合理的であると考えられる。ガリア方面への備えがいくばくか懸念されるものの、ガリアの動員体制が平時であるならばこの方策が一番得るところが大きいと思われる。前線の戦場分析を参照するに、前線のトリステイン軍の練度はバラツキがあるものの一部の有力な貴族らに率いられた諸侯軍は精鋭でありメイジの比率も極めて高い。これらとこちらの有力貴族らを潰し合わせることが出来れば、中央の求心力はかなりの改善が期待される。権威という面において、ゲルマニア皇帝は戦勝による求心力を高めつつ、ゲルマニアの諸侯に対して領土という飴を与えつつ、長期的には不安定な領土統治に専念せざるをえなくすることで政治的策動を防止することも期待できる。難点は、前述の通り諸侯の領土の拡大という問題と、トリステインの貧民問題である。これらを考慮する場合、長期的には対ガリア政策において柔軟性を阻害される可能性がある。

第二案
拠点後方への襲撃戦術を活用する。これまでの戦闘で確認されたところによれば一般に、トリステインの領土制度は分権的であり即応性に余裕がない。このことを応用し、敵主力を助攻で受け止め主攻は迂回挟撃に置く。これは、基本的にトリステイン諸侯軍の壊滅とそれによる講話もしくは併合・傀儡化を視野に入れて検討すべきものでる。重要なのは、この戦術の実行に際してはあまり貴族の発言力拡大をもたらすような戦功を立てさせることなく皇帝派の部隊によって決着をつける必要がある。そのため成功した際の成果は大きいものの失敗した際に損害の程度によっては皇帝の権威及び中央の権力衰退の可能性を内包している。また、戦後統治にさいして直轄領にくみこむか、従来の国境沿いの貴族たちに分割するかは検討の必要がある。どちらにせよゲルマニアにとってこの方法は長期的に貧しい領土に発展を阻害されることが危惧される。このために可能な限り貧しい地域は傀儡化する方が経済的であると思われる。

第三案
ガリア対策及びロマリア宗教庁対策として一つの試案を提言する。すなわち、三国による分割案である。この問題は、トリステイン王家に統治能力が欠如しているとの批判をロマリア宗教庁より獲得する。これと同時に教徒保護の義務が各国にあることを名分とし分割を行うものである。ガリア側の介入は最小限にとどめるべきであるが、ある程度の譲歩により宥和を演出することが期待できる。提案をガリアが蹴った場合、ガリアとロマリアの関係悪化をこちらとして煽りたてることを検討できる。ただし、ガリアの動向をロマリアによって左右されることは避けたいのでこの方策はあくまでも選択肢の一つであることを付記する。これらの方策は三方面(もしくは二方面)からのトリステインに対する圧力となりえる。また、ロマリアはその地勢上の要因からトリステインの統治に多大な困難が生じることも予想される。ロマリアの行動を阻害しつつ、問題事を一部押し付けつつも恩を売れるということを考えるならば有効性が高いと思われる。なお、この方法は過激であり問題解決が結果的に他の問題を生じさせる可能性があることを付記しておく。最大の問題は、ロマリアに他国を侵略する権威と名分を継続的に与えかねないという問題と、ガリアの動向が把握しきれないという点にある。これらの問題は長期的にみれば大きな脅威となりかねないために第三案の実行に当たっては余程の事態を覚悟する必要がある。

補足
傀儡化の対象としてはいくつかの候補があるものの一番の有力案は現トリステイン有力貴族の中からではなく、トリステイン王族かその一門が望ましい。理想的な交渉相手となりえるのは、不幸にも最前線でこちらと対峙している。逆に考えるならば彼に疑似的な戦功を立てさせることも視野に入れるべきか。


追記:当該行動計画はゲルマニアの負荷があまりにも大きいために主要方針とするには問題が多い。また、当該行動計画の実地に際しては前提条件が変更されることも想定されるために現状で行動方針を明確に固定することは柔軟性を喪失しかねない。当該行動計画は廃案とし、これらを基本とし、より高度に応用性が高い計画案を再編するものとする。



[15007] 第十一話 参事ロバート・コクラン (旧第44話~第49話を編集してまとめました。)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/09/17 21:15
{第三者視点}

ヴィンドボナに赴き、第二戦線の形成を提言したロバートは、同時にRAFが祖国でヒトラーの驕りきった傲慢さを粉砕するべく展開した敵首都空襲による権威への深刻な打撃を与える作戦を提言した。無論、政治的に正しい爆撃ではなく、戦術的に正しい爆撃である。
敵国上空からビラの散布に空軍を使うほどには、彼は政治的に正しいということを将兵の命をチップとして駆けるに値するとは信じていない。まあ、ハルケギニアに戦時国際法の規定がないことも行動の自由を担保していたが。

このことを受けて、ゲルマニアは二つの戦略を決定する。一つは、数の優位を活かしつつ、敵の疲労を狙った第二戦線の形成。これは、ガリアの介入を懸念する観点からも、牽制を兼ねる作戦として大々的に推進されることとなった。
もう一つは、ひそかに分艦隊を派遣しトリスタニアへの空からの奇襲である。後者は、制空権の一時的な確保という戦術的要素以上に、致命的な政治的打撃をトリステインにもたらすと期待された。
これは、同時に進められる第二戦線の形成までもを陽動とする大胆な作戦であると高く評価される。さらに、ロバートは戦後の講和の条件について一つの腹案を提示し、アルブレヒト三世の認めるところとなった。これらの提案を持ってアルブレヒト三世は辺境伯コクラン卿の功に報いて叙勲し、参事に昇進させることを決定する。
無論、戦時であると同時に、ゲルマニア内部の政治的な事情もあり、ロバートは帰還することとなるが、あくまでも一時的な後方帰還であると含んだ上での、一時的な措置ではあった。
その後任としては、現地のツェルプストー家に分艦隊が任されることとなり実際の指揮を執ることとなる。ロバートはこれに対して短い演説を分艦隊に届けるように軍使に依頼し参事として、以後の事態に当面は対処することとなる。

トリステインの横暴さにゲルマニアは長年耐えてきた。
その忍耐も、一方的な越境攻撃によって応じられるのみだ。
だが、我々は平和的な解決を模索した。
あくまでも、我らは武器を取るのを最後にした。
それを拒絶したのはやはりトリステインだ。
我らの忍耐の限度を限界まで試したのは彼の国だ。
一線を越えたのはすべからく彼の国の意思によってである。
ついには、我らの忍耐の限度を超えたと言わざるを得ない。
我々はいまや、諸悪の根源であるトリステインに報復する。
今回の作戦は、本格的な反抗作戦の第一歩である。
トリステインへの圧力増大と、政情不安定化は致命的な効果をもたらすだろう。
だが、より重要なのは我らが、奴らを圧倒しているという事実だ。
本作戦の目標は敵王都に対す示威行動である。
すなわち目的は、敵のその根拠なき主戦論を完膚なきまでに粉砕することにある。
夢の世界に引きこもっている連中を起こしてやろう。
本作戦は、タルブ経由にてトリステイン王都を空襲するものになる。
はっきりと言おう。
我々は巡航によって長距離浸透攻撃の経験が豊富であると。
諸君ならばこの作戦を成し遂げる技量をもっている。
なお、タルブ進駐に際しては、可能な限り近隣の平民に対し宥和的に接すること。
高圧的な王軍と比較すれば、救済者としての我々の宣伝も効果があるだろう。
時間をかければかけるほどガリアの介入の可能性が高まり危険性が拡大する。
速やかに事態を解決することを念頭に置きたい。
この一撃で、トリステイン王家はその威信を徹底的に喪失するだろう。
空が誰のものであるか、連中に現実を教えてやろう。
傲慢極まりない連中に現実を突き付けてやろう。
戦役の終結は時間の問題だ。

~トリスタニア襲撃に赴く分艦隊への激励、ロバート・コクラン辺境伯~



{アルブレヒト三世視点}

「まずは、前線での働き、御苦労であった。」

「ありがとうございます。」

余は限られた近臣が廻りを固めた一室でロバートと席を設けていた。この男は、前線にいるときほど策謀が冴えるらしい。まあ、杖を持って戦うたぐいの男ではないが、軍とは個人の武力で戦うものでないという方針からすれば、まあ優秀だ。
それが、誇らしげに語る歴史の蓄積がもたらしたものなのか、この男本来の力なのかは不明だが少なくとも余にとっては重要な問題ではない。この男の提案は、この不毛な戦争を早く終わらせるという一事において合理的だ。無論、予定通りに進むとも考えにくいが、悪い案ではない。

「それで、汝の提案した案だが採用する所となった。」

この男は前線で指揮官にとどめるには少々勿体ないものがある。さらに、いよいよアルビオンがきな臭いというどころではなくなってきた。細々と流れてきていたモード大公の消息もついに途絶えた。
新しくひそかに流れてくる噂では、王家によって粛清されたのではないかとのこと。対応すべき事態があまりにも多岐にわたる今、使える駒は前線にとどめるべきではない。
正直なところ、講和の条件はあまりトリステイン王家に負担をかけないことと言われた時は理由が分からずに困惑したが、講和の条件に際しては「分割し統治」すべきとの指摘は確かに、的を射たものであった。そう、トリステイン王家には恩を売ろう。トリステイン王家はせいぜい簡単な額の賠償金を払うことになるだろう。建前としてはだ、トリステイン王家が全額この戦争の経費を払う。だが、それではトリステイン王家の財政が破たんする。さらに、実質的には不幸な事故から始まった戦争だ。ならばだ、賠償金代わりに不幸な事故を起こした貴族らの領土を割譲させよう。だが、それではトリステイン王家にとっても不幸なことになる。そういう建前でこの男は、割譲ではなく買い取りを提案した。買い取り?正直なところ理解しがたい概念だが、その額は手元の資金が苦しいトリステイン王家が飛び付くことは間違いないだろう。ゲルマニアにしてみれば払える額だが。
余は少し考え、この視点を他者からどう見えるか考えることにする。そう、トリステイン貴族の視点から物事を分析するのだ。王家のために戦争しているのだと、トリステインの栄光のために戦っているのだと連中は称している。嘘八百極まりないと思うのだが、自己欺瞞や自己陶酔も油断ならない要素ではある。
その思い込みはすがすがしいほどだが、上手く講和を誘導できればその連中にとって戦ったにもかかわらず称賛されるどころか、王家に売られたように感じるだろう。当然、かの国は内戦だ。どちらにしても矛先がゲルマニアに向くことはなくなる。それならば、いっそのこと必要経費だと割り切ることのできる額だ。内乱や、返還要求が高まってくれば傀儡として擁立すれば良い。ある程度、辺境の貴族たちに土地を割譲した後で、ゲルマニアの爵位をくれてやればよいのだ。実に簡単な方法だ。ゲルマニアの爵位は金で贖うものなのだから彼らもそうせざるを得ない。実質的には彼らの私財をまとめて搾り取ることが出来るだろう。

「しかし、汝の戦後構想にはかなり恐れ入ったものだ。余とて外交は得意とするのだがな。あれほど、狡猾な選択はそうないだろう。汝の外交の才覚に今後も期待したい。」

これほどの策謀が出来る男を前線にとどめておくのはむしろ愚策でしかない。特に、アルビオン方面のきな臭さは第二のトリステインの誕生を招きかねないだけに慎重な対応が必要となる。また、この男に功績を立てさせすぎるのも問題なのだ。政治的には英雄や、賢者はあまり望ましくない。そこには虚像が伴い、結果的に本人の意図や意思とは関係の無い問題が噴出する。その意味において、この男を前線から引きはがしたのは、ある種の政治的な配慮があった。

「つまり、その能力を活かせる場に移れということでしょうか?」

察しが良いが、さすがにそこまで露骨な人事であると他の貴族たちにもよろしからぬ影響が出かねない。ゲルマニア皇帝といえども有力貴族どもの意向を無視することは出来ない。そして、有力貴族たちは功績を欲しているが、さすがに他人から譲られることを是とするほど矜持が低くもないのだ。厄介な連中であるが、連中にほどほどの武功を立てさせねば国内の不満が高まるばかりであるし、新興の貴族が大戦果をあげるとなると反発も大きいのだ。まして、建前とはいえ一度失脚した人間なのだ。そう簡単に取り扱うことは出来ない。
問題が、一番厄介であるのは、講和会議はラムド伯が担当するべき事象であり、この男はあくまでも参事として私案を練っているにすぎないとし、功績は貴族たちで分配することを上手く采配することである。余が主導しては、貴族らの功績ではなく、この男が主導しては、功績の独占であり、ラムド伯に独占させるのは、ラムド伯と対立する諸候の神経を逆なでする。
ほどよい落とし所を探し、情勢がある程度明確となるまで、動かしにくい情勢でもあるのだ。

「そうしたいがな。事情が許さん。当分は自領の手当てでもしておくがよい。」

「では、アルビオンからの客人と交流を深めてもよろしいでしょうか?」

そう、この男の領地は亡命貴族どもの受け入れ地となっている。つまるところ、対アルビオンの外交戦略を練るうえでも最良の拠点のひとつなのだ。亡命者の管理は、適切な配慮を欠くと政治的な爆弾になりかねないだけに、手当しておくにこしたことはない。
それに、この男を本来北方に派遣したのは新領の開拓と開発を行わせるためでもあり、トリステインに煩わされていなければ今頃この男が行政改革を自由に行っていたはずでもある。使いどころが多いと、逆にどれを選択するか迷うものがある。
遅れてしまったのが気に入らないが、今後の戦争が物量に物を言わせる戦いであるのは間違いない。実際、我がゲルマニアの敵足りえるのはガリアだけだ。片手間で戦争できるトリステインとの戦争そのものは、実のところ終わらせ方以外はさしたる難題ではない。終わらせるのは困難だが、戦術的に蹂躙するのはそれほど突出した将官でなくとも可能な問題である。
ならばこの男の使いどころは、また別のところにあるだろう。だが、しばらくは限定的な使い方しかできない。そうであるならば、本業であるゲルマニア国土開発でもやらせるべきだ。

「構わん。積極的にせよ。」

「分かりました。では、さしあたり留守にしていた北方開発の陣頭指揮に戻ります。」

「そうするが良い。汝の働きに期待している。」

この男は基本的に使い勝手が良い。今後も適切に遇するならば大きな益をもたらしてくれることであろう。使えるものはことごとく使ってきた。これからもこの男には活躍の場を与え、活躍して貰いたいところだ。まあ、昇進の際には少々周囲に配慮しなくていけないだけに面倒ではあるがそれを補って余りあるものがある。
それにしても、権勢欲でもなく、金銭欲でもなく、この男の行動原理は何なのだろうか?ゲルマニアに忠実である限りは、是と言って問題ではないが、知るにこしたことはない。

「で、汝は何を望む?」

「褒賞でありますか?そうですね、メイジを解剖する許可でもいただければ幸いですが。」

「トリステインのメイジでも、膾切りにしたかったのかね?まあ、それは考えておこう。」

ふむ、前線での活躍を望んでいるということか?まあ、希望にこたえてやりたくはあるが現状では、困難だ。まあ、頭に留めておくことにしよう。

「ほとぼりが冷め次第、昇進だ。参事の職を用意した。だが、それまでは北部の開発に勤しむがよい。」



{ロバート視点}

一言で現状を言い表すならば、失望だ。北部の要として発展しつつあるダンドナルド・シティに到着した私を待ち構えていた報告は、私の望んだものとは全く方向性がことなる物だった。山岳部の開発が進んだのは結構なことだ。これで、大きな金銭収入源として山の産物を加工し輸出できるだろう。亜人対策として歩兵隊の編成や、メイジの雇用が進んでいるのも評価できる。鉱山の開発と、穀物の栽培が順調に拡大しスラム街が解消されて治安が改善しつつある。だが、私個人にとって重要なのは知的好奇心を満たすことだ。まず、魔法の研究は外せない。最大の優先事項の一つだろう。一度、医学的な検証をメイジの解剖という形で検証してみたいが、それは、当分かなえられそうにもないし、さすがに、生きているゲルマニアのメイジを解剖するわけにもいかない。
となれば、魔法の研究としては、戦訓の分析くらいしかできることはない。こちらは前線で運用を見たものをまとめている。まずは、これの整理に取り掛かるべきだろうが、目の前に積み上げられた報告書の山は私にその時間を許さないだろう。にこやかな笑顔で書類を突き付けているカラム嬢がまず許さないはずだ。
そして、私は良い報告と悪い報告ならば先に悪い報告を聞くことにしているが、その悪い報告の筆頭が私の開発を命じていた物が遅々として開発が進んでいないというものであった。さすがに、この方向での最悪の事態など想定もしていなかった。

「つまりだ。キツネ狩り用の銃は出来ていないと?」

良質な鉄と火薬は用意できるように手配した。もちろん、概念として最低でも騎乗したまま使えるようせよ、などといくつかの要求を伝えはしたが基本的に無理難題は要求せず自由に開発するように求めたはずだ。職人たちが実力を遺憾なく発揮できるように最大限環境は整えたはずなのだが。

「その通りです。その、腕の良い職人たちを集めたのは良いのですが・・・。」

そう。高い報酬を提示して商会を通じて多くの熟練した職人を集めたのは、ひとえに彼らが重要な役割を果たしてくれるだろうという政治的・経済的な理由と、私の望むものを作るだけの技量を持ち合わせていると考えたからだ。私は何もライフルを量産しろと求めるつもりはない。ただ、キツネ狩りに使える猟銃が一つあればよいのだ。弾丸も特注で構わないと伝えてあるはずだ。確かに、時間がかかることは理解しているが、少しも開発が進んでいないとはどういうことだ。意図的な妨害かサボタージュでもあったのか?そうでもなければ、納得がいかない。

「続けたまえ。」

部下が言いにくそうにするとき大抵の理由は叱責を恐れるからだが、叱責される原因が自らの失敗にあるときと異なり、別のところにあるようなためらいがちな口調だ。何か事情があるのだろう。だが、それが想像もできない。どのような事情があるというのだ?

「閣下が以前全てのフネの大砲を投棄されたため、現在大砲の製造に追われております。その、戦争中は弾丸やその他の物を作る必要があったために、特注の銃を作る余力がなかったと・・・。」

「・・・そうか。わかった。何も言うまい。だが、出来るだけ急がせよ。」

まったく、忌々しい。トリステインごときに煩わされたことそのものが不快であるが、まさか投棄した大砲の影響がこのようなところに出ているとは。確かに、前線で大砲や弾丸を豊富に使用したことは認めよう。浪費に近い水準で出し惜しみしなかったのは、事実である。弾を惜しんで、戦死するよりは、ましであると思うが。
戦果を逃すことのないように、巡航に際しては、鎖弾やブドウ弾を大量に消費した。さらに、トリステイン本国艦隊と接触した際に重量物は全て投棄した。当然、重量物には大砲も含まれている。
後方に下げて修復させていることと、大砲の補充の申請に許可のサインをしたことも覚えている。だが、まさかこのような形で影響が出ているとは。まったく予期せぬ落とし穴があったものだ。分かっていればもう少し前線でトリステイン軍に憤懣のぶつけようもあったもののここからでは憤ることしかできようがない。せめて、檄文を前線に送り彼らの奮起を期待するのみだ。後任のツェルプストー辺境伯は極めて優秀な指揮官であるという。メイジとしても優秀だと言うが、いつか語り合う機会があれば幸いだ。大規模な会戦におけるメイジの運用方法について研究する際には大きな助けが得られるやもしれない。

「それで、閣下、こちらの書類なのですが。」

「ああ、それらならこれから決裁しよう。何か、留意事項があるか?」

時間があまりないのだから迅速に取り掛かるべきだろう。少なくとも留守にしていた時間の分だけ書類が積み上げらているのだからやらねばならないことがあまりにも多いように思われる。当分は、まずこの書類の処理を終わらせなければ自由に何もできそうにない。

「その、アルビオンからの亡命貴族やその従者について身元特定がすすみつつあります。」

「大変結構。貴族相手で神経を使うが、トラブルに留意し、早急に終わらせるように。」

貴族はプライドが高い。そして、ここはゲルマニア領であるが、貴族の身分を持った他国人は官吏にとっては実に厄介な問題を持ちこんだり、惹き起こしたりする存在だ。なにしろ、法はゲルマニア官吏の味方であるが、メイジにして貴族であるということは、大きな意味があるのだ。

「その件で、厄介な問題を抱えているものも少なからずおりますので早めにご指示を頂きたく思います。」

「分かった。担当者は誰だ?」

「ミスタ・ネポスです。彼に詳細を早めにお尋ねください。」

そう言い、カラム嬢は封がなされた書類の束を差し出すとそれぞれアルビオンにおける階位ごとに整理してある旨を告げると退室していく。とはいえ、彼女だけが報告を持っているわけではない。単純に残留した部下の最高位が彼女だったということであり、他の報告書を持った部下がいまだ大量に控えているのだ。ネポスの報告も早いうちに聞かなくてはならないだろう。

「厄介な問題も山積みになっていのだろうな・・。」

思わず、天を仰ぎ嘆きたくなるのを耐えつつ次の面会者を入れるように促す。未だ大勢の面会希望者が来ているが次の面会希望者は役人ではなく商会の人間だ。なんでも、アウグスブルク商会の北部総括を行っているという。
今回は顔合わせと、山岳地域の物産開発に関して報告と商談があるとのこと。確かに重要な問題でもあるし、優良な商会とのつながりは重要であるとはいえ、やはり気の疲れることとなるだろう。ヴィンドボナで耳にする限り、北部の開発は大きなパイとなっているという。それを否定することは出来ないが、その分配方法について事細かに要求されるのも気乗りがする話ではないだろう。羽ペンが重くなったような錯覚に駆られつつ、ようやく従者に案内されて室内に入ってきた男を歓迎し、話す席を設けることとする。まったくもって、思うに任せないことが多すぎる。

「とにかく、案内してくれ。」

取次に部屋へ案内するように促すと、即座に小奇麗な身なりの商人が部屋に飛び込んでくる。実に手際よく書類を並べると、こちらを尊重しつつもしっかりと自分達の商会の功績を主張しつつ、権益の分配交渉を希望していると暗に何度も示してくる。実に厄介な交渉相手であり、同時に有能な商人だ。

「ふむ、農村の技術指導は順調。山岳部は、染料の商品化に成功か。おおむね堅調だな。」

「はい、しかし私どもの商会といたしましては、もう少し分野を広げることでより大きな貢献ができるかと考えております。」



  {アウグスブルク商会‐ダンドナルド・シティ業務日誌}

本日、北部統括業務の一環として、ロバート・コクラン卿と面会。
卿の健康状態は、一見する限りにおいては良好。会話に際しても、これといった健康状態に異常は見当たらず。壮健と思われる。
本日、確認した限りにおいては、当面北部の人事は既定路線を保つ模様。

本日の面会事項は、北部における我が商会の権益拡大と、開発中の商品について。
コクラン卿は、あくまでも、北部開発は中央、ヴィンドボナの利益になる形で行う模様。
少なからずの賄賂が必要経費として認められているものの、有効性は低く、別経費として計上することを検討する必要あり。

アルビオンからの亡命貴族らが増加中。面会を希望する数組を視認。将来的には、彼らの取り込みと顧客化が望まれる。
望ましくない兆候としては、彼らの一部が北部の権益に関心を示しつつあること。同時に、アルビオンからその伝手でアルビオン系商会の進出が危惧される。



  {ロバート視点}

報告書の束を少しずつ切り崩しながら、私は羽ペンを止めることなく書類に走らせる。黒々としたインクが渇く間もなく、書類に次々とサインを行い、訂正や改善、指示を書き込んでいく。

「だが、ふむ。やはり、これらは猟銃の開発資金に回せないだろうか?」

それでも、忙しい政務の合間を縫って私は、職人たちへの助言と要望をまとめる努力を行っていた。幸いにも資金と原料にはある程度の余裕があり、大抵の物資も用意できる見通しが立っている。
方向性を明確にすることで開発の時間が短縮できるだろう。幾分、職人たちの作品と言えるかどうか微妙なのであまり乗り気がするものではないが、これ以上無為に時間を取られるよりはこちらの方が良いと判断した。概念さえまとまっていれば30日で新しい銃を作ったアメリカの技術者の話もある。おそらく概要でも理解できれば、職人たちが制作に必要とする時間も大幅に削減できるだろう。
まず、連射性は期待しない。だが、せめて騎乗して取り回しできるように軽量化することを求めたい。そこで、騎兵銃としての性能を十分に満たすならばフリントロックを要請したいが、そもそも加工精度に難がある現状では逆効果だろう。やりたくはないが、プロイセンのドライゼ銃もどきでもこの際構わないつもりだ。いや、だがやはりそれは気乗りしない。
現実的な選択肢の中から選択することにして、できるものならば、ボルトアクションと紙薬莢を採用することとしたい。ここから先は職人の裁量に任せることとしよう。理想を言えば金属薬莢を採用したいが、加工精度が上がるまではそこまで求めるのは酷であろう。冶金学や加工に関連する項目はブリタニカ百科事典に載っていなかっただろうか?次回ヴィンドボナに行くときは必ず確認しておく必要があるだろう。騎乗して射撃することと命中率を考えるとライフリングをどうにかして職人たちに理解させ実現したいが、そこまでの加工精度は期待できるだろうか?馬具も少しばかり改良が必要であるように思えてならない。やはり、ネックになるのは加工精度か。実際のところ、この問題に関してはどの程度の加工精度であるかが再現できる限界を決定するようだ。
それらを考慮すると、加工精度について職人の意見を聞いてみたいところだ。物事の問題点を合わせると、解決策はやはり人づてではなく直接話を聞いてみることが最善となるのだがなかなか思うに任せない。ほとぼりが冷めるまでという、いささか不透明な時間が与えられているが、少なくともトリステインとの戦争が終わるまではまだ余裕があるはずだ。だが、結局のところ早めに動かなくては完成までに時間がかかるだろう。猟犬の教育も行いたいが猟犬の教育を行える人材も獲得したい。こちらは商会の人間に依頼してあるのだが未だに見つかっていないようだ。

「ううむ、時間をどこかで作れないものだろうか。」

一人呟いて本日の予定を頭に思い浮かべて何とか時間を捻出できないかと考えてみる。時間を捻出すること。少ない手持ちの物を如何に活用するかが優秀な士官の条件であると教えられている。何が出来て、何をしなくてはならないだろうか。その義務と余剰の確認も慎重にやらなくては。
まず、本日の面会だけで午後まで埋まっている。商会からの人間が5人に、近隣の貴族からの要望が3件。アルビオンからの亡命貴族が2名に、ロマリアからの通常の布施要求に来る坊主が1件。坊主については、招聘したパウロス師にお任せしてしまうべきか?だが、多少は布施を用意しておかなくては謂れのない厄介事を持ち込まれる。まったく、これだから腐敗した聖職者ほど忌々しく厄介なものはないというわけだ。近隣の貴族からの要望については難しいが現実的なものが多い。辺境開発に従事する人間の要望は現実的なものが多いからだ。こちらは、多くの益がこちらにもある場合が多い上に、近隣との関係は開発を進めていく上で大きな助けになるので話を聞くべきだろう。亜人の共同討伐等はこちらにとっても安全に辺境開発を進める上で必要不可欠なので断ることはまず不可能か。アルビオンの亡命貴族との会談はまず、ネポスの報告が優先だ。つまり、こちらは後日に回させていただくことにしよう。よし、ならば商会の人間の要望を確認しよう。

「商会の面々の案件は?」

「開発を任されている商品についてコクラン卿の御意見を伺いたいとのことです。」

ふむ、新規に開発させている商品の優先的な供給がかなり有効であったようだ。どの商会もそれなりの速さで商品を完成させているし、たびたび権益に関する交渉をこちらに持ち込んできている。関心は、上々といったところだ。それらは、こちらの領内でとれる産物をこちらの領内で加工できる範囲でという制約があるにしても悪くはない取引条件であると認識されているようだ。それほどまでに、条件面での問題も領土が広いことと技術者が多数流入しているために無いことが大きく影響しているようだ。今後の税収の増大には大きく期待できるところだ。財務状況に多少なりとも余裕が出来るならばまた人員を雇うことが出来るので労働状況も改善するだろう。

「よろしい。その件については実際に製造現場と現物を見たいと伝えてくれ。」

実際に、製造する現場には多くの職人達が集まっている。現地の視察を行いつつ、商会の面々との会談を並行して行えば余剰時間が捻出できる。その時間で、職人たちと話をする時間も捻出できるだろう。上手く、要点と要望を伝えて開発速度を進めることができれば、冶金技術が高いゲルマニアの熟練工が叶う範疇で望みの品を仕上げてくれるだろう。そうなれば、後は猟犬の育成を行える人材を見つけるだけだ。最悪の場合、こういう方向で猟犬を訓練せよと領地の貧しい開発村に依頼し租税を免除することも選択肢に入れるべきかもしれないが、それでは時間がかかりすぎるのであまりやりたい手法ではない。

「ミスタ・ネポスが至急の報告を行いたいとのことですが。」

「・・ううむ、やむを得ないな。彼を通してほしい。」

アルビオンの亡命貴族を受け入れるということは一つの政治的なリスクを伴うものだ。基本的には現王家はゲルマニアに対してある程度の理解があるので敵対しようとは双方とも考えていない。だが多少こちら側の事情が変化すればその前提も変わりかねない。出来れば自ら敵を招くような愚行は避けたいものだ。

「では、こちらの報告書を合わせてご参照ください。」

差し出される報告書の束はそれぞれ亡命者についての情報と、現在のところまでの報告の抜粋であるが、それだけであっても相当の量を誇っている。家系やそれらの親族関係の調査は未だ続行中であるため空白が目立つにしても、貴族の情報は可能な限り頭に入れる必要がある。時間は、捻出できたものの恐らくここで全て消費しかねないだろう。午後から視察を行うためにもこれを片付けなくてはいけないだろうが、多忙と時間上の制約で短絡的に判断を下してしまうことも失敗の要因となっている。ここで、着実に決裁しておくべきだが、それでは時間が足りない。
思うに任せないことが多いと嘆くよりも、まず目の前の課題を処理するべきだがやや徒労感におわれてしまう。カラム嬢にいっそ一任してしまうべきか?女性が公務につくことも能力があるならばある程度は許容されるのではないか?・・・いや、紳士たるものがそのようなふるまいを積極的に行うことは許されるべきことではないのだ。やはり、毅然として自らで処理しなくてはならないだろう。とはいえ、これは本当に面倒な内容だ。亡命者の中にはアルビオンで罪を犯しているものや、公式にアルビオンによって手配がされたものまで含まれている。一応、アルビオンとゲルマニアは友好国なのだ。曲がり間違っても、亡命者の内実を外に漏らすわけにもいかないが、早めに手を打たなければ時間の問題だろう。秘密は知っている人間が多ければ多いほど露呈することも早まるものであるうえに、亡命してきた貴族たちの全てが大人しくしているわけでもないからだ。

「問題が山積しているな。改めて実感させられる。」

「はい、ですが記載できない程の問題も中にはあるものです。」

頭が痛い。機密扱いの報告書にすら記載が憚られる亡命者だと?モード大公か、その側近の重鎮でも亡命してきたとでもいうのか?さすがに、モード大公の血縁者は受け入れることを拒否するように命じてある上に、それほどの大物がアルビオンから亡命すればこちらの耳に入らないはずもないのだが。耳に入らないということは、想定の範疇ではないのだろうが、最悪の想定は行っているはずだ。仮に、モード大公の情人とやらのエルフが亡命してきたとしても、それほど目立つものならば直ぐに私のもとに報告が入ってこなければならないはずだ。だいたい、それを匿っているとなれば政治的に致命的な爆弾となるはずだ。当然、私に真っ先に報告されているのだからこれは違うのだろう。そうでなければ、今頃は、私自身が事態の収拾に取り組んでいる。

「ほう、それをネポスから聴取する訳か。」

「はっ、その、いささか、奇妙な話でありまして・・・。」

曖昧な報告や見解を聞く必要はないだろう。だが、奇妙な話ということは念頭に置いておかなくては。ネポスが呼び出されてこちらに着くまでに出来る限り事前に把握できることを把握しておく必要がある。



{第三者視点}

第二戦線の形成は、戦力において数の劣るトリステインにとって対応に苦慮するところとなった。

「金払いが悪い、負け戦にはした金で死ぬのはごめんだ。」
~あるシェフの吐き捨てた言葉~

ある傭兵が語ったとされるこの言葉が当時のトリステインの置かれた状況を物語っている。金も人も物も不足した、軍体というのは、悲惨だ。精強なメイジを抱えてはいる。だが、メイジだけでは戦線は維持できない。
まずメイジの盾となる傭兵の召集が遅々として進まない。資金の捻出も困難を極める中、辛うじて動員できた魔法衛士隊と現地の諸侯軍によってゲルマニア軍に対して、辛うじて戦線を維持し対峙することはできた。
だが、それは王都トリスタニアの防備を薄めざるをえないという事態と引き換えであった。当然、その穴埋めとして傭兵と直轄領からの動員によって王都の防衛を固めることを計画していたものの、結果的には有力なメイジや練度の高い兵は前線に送られ、王都には戦力の空白が生じていた。
タルブ経由での王都奇襲作戦でトリスタンは、まさにその動員システムの欠陥を衝かれる形となった。タルブ防衛を担うべき部隊は在郷の貴族の私兵のみでありそれらは本格的な動員を完了する前に四散する。
辛うじて急を知らせるべく急使が派遣されるも、襲撃と同時に潜伏していた伏兵が連絡路を封鎖し、難なく急報を妨害することに成功していた。トリスタニアへの情報の漏えいを防止したゲルマニア艦隊は、トリスタンの空で妨害をうけることもなく悠々と進撃を行い、白昼トリスタニアを直撃することに成功する。ゲルマニア艦隊は、トリスタニアを自由自在に遊弋し、我が物顔でトリスタニアの各所に砲撃を行う。
残留していた数少ない魔法衛士隊は、王家の護衛を行いつつも、辛うじて反撃態勢を整えようとするものの、王家の安全を確保し、反撃を試みられるようになった時点で、ゲルマニア艦隊は後方のタルブまで後退し戦勝を祝うところであった。
戦勝記念として、ゲルマニア艦隊は進駐していたタルブ地域に対して余剰の資金や物資を提供し、タルブ側も名目上はゲルマニアに徴発されたという形でワインやこの地の奇妙な物産などを提供し交換することとなった。両者ともに、良好な関係を構築していたとは後世の歴史家が一致して指示する所である。
この一撃によって、トリステイン王国の権威は致命的な打撃を受けるところとなった。白昼、王都を敵艦隊が縦横に暴れることはそれを阻止しえなかった王家に深刻な影響をもたらさざるを得ず、動員を求められた諸侯軍が王都防衛の名目のもと前線への出征を拒絶する事態に発展。さらに、前線の傭兵たちが給金の払いが滞っていることに加えて後方から聞こえてくるトリステイン王家の現状に負け戦を連想し、士気が低迷し始める事態となる。脱走や、抗命が相次ぎトリステイン王国の前線指揮官たちは超過気味であった作業にさらに負荷を受けることとなる。合わせて、ゲルマニア側の勝利を見越して勝ち馬に乗ろうと多くの傭兵がゲルマニア側に集まり始めた。傭兵は契約が果たされる限りは従うが、当初楽観視し傭兵を集めることを重視したトリステイン貴族らは給金の支払いが大きな財政的負荷となり、支払いが滞る寸前に追い詰められ、ついに前線でも一部の過激な主戦派を除き講和もやむなしかとの議論がひそやかに、しかし確実に語られるようになる。
しかし、並行して不甲斐ない王家の状況が白日の下にさらされ、貴族たちへのトリステイン王家の影響力は致命的な打撃を被るところとなった。取り分け、戦費調達に協力させられていた貴族たちの多くはこれ以後トリステイン王家に対して極めて不誠実な対応を繰り返すこととなり、王家を悩ませることとなる。



{ネポス視点}

私は、ゲルマニアの中でも最も辣腕だとされる策略家に極めて奇妙な報告をしなくてはいけないこの身の状況を極めて嘆きつつ、面倒事から解放されたい一心で報告書を作成した。さすがに、意味がわからないと報告書に記載するわけにもいかず、口頭で至急報告したい奇妙な事態に巻き込まれているとの報告になったが、結果は、至急の会談を認めるという上司からの伝言であり、あまり楽しいとは言えない昼食への招待状が同封されていた。

「つまりだ。亡命者の受け入れ処理をしたにもかかわらず、それらが関係者から悉く記憶に抜け落ちていると卿は主張するのだな?」

報告した際にミス・カラムが浮かべた、呆れたような表情をコクラン卿が浮かべることが目に見える。状況の確認を行わせるべく数名の人物を派遣したが、そのような人物には心当たりがないと報告されるばかりだ。郊外に奇妙な二人組が住み着いたとの報告があったので確認を行おうとしても報告がさっぱり要領を得ないものしか得られない。事態に苛立って何人か気心の知れた同僚と事態を直接確認することを試みたものの、何故かその記憶が部下に指摘されるまでは抜け落ちているありさまだ。自分の日記に、「友人と視察」と記載してなければ到底、そのことを信じられないでいただろう。何かがあるのは間違いないのだ。問題なのは、それが何であるのかさっぱりわからないことであり、それを上司や最高責任者に当たる人物に自分が報告しなくてはならないことだ。

「ああ、貴族に叙勲されたと喜んだ自分が恨めしい・・・」

曲がりなりにも貴族の末席を与えられれば、様々な法的な特権が与えられるとはいえ、その分厄介事を押し付けられるものである。ある程度ならば受容する気にもなるが、この厄介事は果たして見合ったものだろうか?もしも、ミス・カラムが優秀なメイジでありこのところ憤懣をぶつける対象を亜人にしていることを知らなければ思わず辞職する所だった。誰だって、自分が火だるまにされる対象へ積極的に名乗り出たくはないだろう。少なくとも、相手にしたい相手でないのはまず間違いない。
だが、コクラン卿を侮れるかというとそれもまた別問題だ。未だに、知名度はさほど高いわけではないが、その手腕が分からない人物は高い授業料を払わされるところとなるだろう。ダンドナルドの開発に際してコクラン卿が示した手腕は辣腕そのものだ。軍務に関して仄聞する限りにおいてでさえ、歴戦の士官たちが舌を巻く指揮を執っていたという。不興を買いたい相手ではまずない。出来ることならば、誰か別の人間がこの件に関して報告を代行してくれないかとすら思ってしまう始末だ。だが、同僚達とて、この激務で関係者の間では有名な北部の人間だ。当然、このような事態を回避する術にも長けている。結局、この報告を代行しようなどという奇特な同僚は探しえなかった。

ああ、何故このようなことになったのであろうか・・・。




お売りになられますか?この額が限度額になりますが。
~ゲルマニア商人の口癖~

ゲルマニアの商人は強欲であると世間では噂されるが、ゲルマニアの商人に言わせると、彼らが強欲なのではなく、他が怠惰であるに過ぎないと彼らは主張する。
その証拠に、と彼らは続ける。『どことは言わぬが、輝く国や大公国とて、我らと同様に勤勉ではないか』と。



{ロバート視点}

ムーダ経由で運ばれてきたトリステイン方面に関する報告と、最新の伝達事項を記載した書類と共にネポスから提出されたばかりの最新の報告書に目を通し、ロバートは重々しい口調で言葉を紡いだ。

「ミスタ・ネポス、私は卿の物忘れや悔悟について相談に乗れるほど教養があるわけではないのだ。そのような相談ならば、パウロス師のところへ行きたまえ」

緊急の報告だと?私は、憤怒に駆られそうになるのを自省しつつ目の前の文官の評価を心中で債権とするべきかもしれないとの思いに駆られていた。亡命貴族の処理に関して何らかの問題が生じたという報告は確かに重要だ。書類が抹消されていうか、改ざんされている痕跡が発見されたというならば、事態は一刻を争うだろう。それらの事態ならば、急ぎの報告となるのも妥当な処置だと納得できる。
だが、単純に物忘れと?亡命処理をしてその決裁を怠った理由が忘却?健康上の問題ではないか。担当官から外すべきかもしれない。痴呆かそれらに類する症状かもしれない。この手の問題は、完全に教会に任せるに限る。多忙な時間を割くほどの問題ではないではないだろう。誠実にあらんとして自らの失態を報告に来ることは評価すべきかもしれないが、わざわざこのようにする必要はないはずだ。

「いえ、そのそういった問題ではないのです。閣下。」

私の、やや同情するようで不信感を伴った視線に慌てたような表情でネポスは否定の言葉を口にする。この男の発想力は評価している、うん、何がしかの事情がある可能性も考慮すればもう少し話を聞くくらいの価値はあるだろう。

「うん?それはどういうことかね。」

「不審なことは、組織的に記憶が失われているということなのです。関係者が悉く記憶を失い、書面でのみ事実が確認されているのです。」

・・・組織的に記憶を失っている?そのような魔法が存在し得るのだろうか?それは、系統魔法というものの範疇からは明らかに逸脱しているように思える。まあ、水系統は精神にも影響すると言うので必ずしも断言できる訳ではないが・・・。一時的に記憶を阻害させると言ったことならば可能なのだろうか?大変に興味深い。砲弾の衝撃で自失する兵は知っているが、それとはどう違うのだろうか?実に知的好奇心が刺激されてやまない。これは、ますます研究したくなるところだ。それが叶わないのはまったくもって忌々しい時間の制約だ。この時間の制約から解放されるためにも早めに義務を完遂し、可能な限り私的に使える時間を捻出したいのだが。

「それについて、卿の見解はどうなっている?」

「分からないのです。本当に、何が起きているのか不明でしかないのです。」

「ふむ、推察で構わない。亡命してきた際の書類はあるのだろう?それから想像できる範囲で分析してほしい。」

亡命を受け入れると公的にゲルマニアは宣言したわけではない。ただ、ムーダの定期船団が南部に寄港し、そこで乗船した人間の身元を確認していないだけだ。だが、実際はこちら側に到着した際にメイジやディティクト・マジックに反応があった人間には聴取を行っているのだ。当然、拒絶した場合はその場で送還すると明言して行っている。アルビオンからの亡命者は大半が南部貴族だが一部は中央のモード大公派の官僚たちも混ざっており、彼らには簡単な事務仕事をこちらでの生活の糧を提供する対価として行ってもらっている。それらの調査の際の書類がないままこちらに滞在しているアルビオンの客人は問答無用で拘束することになっているが、それらが報告されていないということは何がしかの審査は受けているはずだが。

「はい、私達はそれをモード大公にかなり近いサウスゴーダに関係する貴族だと判断しています。最悪の可能性としては、モード大公の縁者の可能性を考慮すべきかと。」

「その根拠は?さすがにそのような判断を担当官が下すとあれば、簡単には対処を決することが出来ない。判断の根拠が聞きたい。」

「戯言に聞こえるかもしれませんが、アルビオン王家の秘宝があればあるいは記憶を操れるのかもしれません。」

魔法の道具については現在辛うじて文献を集めている段階だが、様々な効能が記載されていた。それらの多様性を考慮すれば、当然排除されるべき可能性でないのは同意できる。だが、いくらなんでもそのような秘宝が簡単に国外に持ち出されることがありえるのだろうか?そもそも、モード大公の縁者ともあれば、アルビオン王家といえども狩りだすことに熱心なはず。それが全く聞こえてこないはずもないと思うが。

「そして、モード大公に正妻とエルフ以外の妾がいないという保証はありません。」

頭が回らなかったようだ。なるほど、エルフが問題になっている以上、注目がそちらに集まっているために取り逃がしもあり得る。確かに、それならばモード大公の関係で何がしかの秘宝が流れてきている可能性自体は否定できない。特に、モード大公の周囲が長らくエルフとの関係を隠匿してきたことを考えるとその可能性は無視できない。別の縁者が存在し、それらがこの粛清劇を逃れてゲルマニアへと亡命してくる可能性は排除しきれないと言える。
しかし、それはあくまでも可能性の問題ではある。そのようなことがありえるだろうという程度に過ぎないのだが。だが、それには何ら保証があるわけではない。しかし、このことが事実であれば容易ならざる政治的な爆弾になりかねない。モード大公の縁者ともなればそれを匿っている国はアルビオンに含むところがあると明言しているも同然だ。いや、そのような風聞が立てられるだけで窮地に追い込まれる。もともと、ある程度の亡命者の受け入れをアルビオンへの牽制と友好関係構築の前提であるアルビオン安定のために行っていたのだ。
反体制派を国外追放することが可能ならば事態の収拾は比較的簡単に行える。これによってアルビオンには恩が売れる上に、反対派の統制もこちらで可能だろうと当初は判断されていた。だが、それは亡命者達が統制可能な範疇に留まる事が大前提だ。処刑された王族の縁者では問題が根本的に別問題になってしまう。本当に現アルビオン体制を転覆しようとしていると、きめつけられても反論できない現実が成立してしまう。アルビオンとは同盟国ではないにしても、利益をある程度妥協して分配できる関係であり、今後もこの関係は維持したいと思うのだが。

「重大な案件だぞ。推測だけで判断するには情報が不足しすぎている。」

問題の本質を見極めなくては。下手に軽挙妄動を犯すと逆に事態を悪化させる恐れもある。状況が許すならば、徹底的な調査こそが望まれる。それは可能か?だが、情報はそれを知りえる人間を制限することこそ機密保全の鉄則だ。簡単に大規模な物量に任せた調査を行うことも簡単にはできない。何がしかの確信がほしい。可能な限り行動を容易にしてくれる決定的な確信。
・・・将校の悪い癖だ。少しでも多くの情報を欲して決断を躊躇してしまう。慎重さは美徳だが機を逃す可能性を同時に考慮して決断するという勇気が必要なのだ。躊躇うだけならばそれは脆弱さの弁明の仕様のない証明であり、無能の照明でしかないではないか。

「ミスタ・ネポス。事態を見極めるまで他の任務はミス・カラムに代行させる。卿は事態を一刻も早く解明せよ。忘却を防止するために毎日私のもとへ直接報告すること。万が一、忘却した際は、それが手掛かりになるはずだ。」

仮に彼が、再度忘却したとしても私が前日に彼が翌日行う調査の内容を把握しておけば名何がしかの手掛かりを得られるだろう。組織的に取り組めるという利点をこちらも使うべきだ。個人のミスを防止するためには艦内のクルーで協力し相互に支援する必要があった。その延長として事態を把握することが事態の解決に有意だろう。経験からすらも学べないならばそれは救い難いとしか表現しようのないことであるのだからせめて教訓を活用することとしよう。

「かしこまりました。ただちに調査に取り掛かります。」

「大変結構。さっそく、明日の調査予定を報告するように。」

状況は不明だ。

・・・これで少しは改善するといいのだが。



王都襲撃、それによってトリステイン王国の受けた衝撃は絶大であった。白昼、易々とゲルマニア艦隊の王都上空侵入を許した揚句に、迎撃すら叶わず我が物顔で砲撃を行われた。
もはや、弁明もしようのない事態である。この報を耳にしたとき、賢者はトリステインに訪れるであろう動乱を予見し、知者はトリステイン王家の崩壊を悟った。無知な大衆でさえも大きな潮流の変化を感じ取っていた。歴史の当事者たちとてこの大きな変化に無関心であったのではない。彼らはその歴史の中で、自らの最善を尽くし歴史を紡いだのである。

フォン・クラウツェル 「~ゲルマニア・トリステイン戦役~考察」



{ニコラ視点}

悪夢だった。

目の前の光景が信じられなかった。

砲弾で崩れ去る塔が、まるで祖国の将来を暗示している・・・

そう思ったところで砲撃の巻き添えを喰らい昏倒していた。そこから気がつけば高官たちが手当てを受けている城内の一角で水の秘薬とメイジ達の治療を受けていた。狙ったのか偶然なのかは不明だが、ゲルマニア艦隊からの攻撃で財務関係の施設が攻撃を受けた。砲弾が私のすぐそばの壁にぶつかり、その破片をまともに浴びたらしい。正直に言って、あの時生き残れたのはまれにみる幸運だったのだろう。
だが、それが同時に可能ならば見たくないものを眼前に突き付けてくることでもある。砲撃による被害事態は急速に修復されている。だが、その影響は尾を引くだろう。私は、トリステイン王家というよりも祖国に忠誠を誓った身だ。身の振り方をそろそろ考えるべきかもしれない。このままでは祖国はゲルマニアの傘下に収まることとなるのが時間の問題だ。現王家の求心力崩壊は避けられない。なんとしてでも、事態をここで納めなくては待っているのは国内の分裂とそれによる祖国のハルケギニアでの狩り場化だ。
祖国はこのままでは、狡猾なガリアとゲルマニアの遊技場となり荒廃してしまう。なんとしてでもここで食い止めなくてはならないのだ。国力を無為に浪費した揚句に、他国の戦乱を持ち込まれるのは絶対に食い止めなくてはならない。先の見えない馬鹿どもが暴れたせいでここまで事態が悪化してしまっている。なにが、貴族の誇りだ。誇りがなんたるかすら理解していない畜群共が誇りを口にするとは。

祖国はどこに行くというのだ・・・。



{フッガー視点}

「では、間違いなく白昼王都を蹂躙したのだな?」

「はい、間違いありません。すでに、ゲルマニアは襲撃した艦隊の凱旋式を用意しているとのことです。」

一方的な国力差からいつかはこのような事態になるだろうと考えていたが、まさか王都の防備すら簡単に抜かれるほど今のトリステインは追いつめられているとは。これでは、先日形成されたという南方での新たな進撃に対応するどころか、前面崩壊も時間の問題だ。

「今のうちに、トリステインの財産を安く買いたたこう。将来を見据えて優良な物件の洗い出しを行っておく様に。」

「かしこまりました。ある程度の案件は検討してあります。後ほどリストを提出いたしますのでご裁可ください。」

トリステインにはさしたる物産はないが、ある程度の富の蓄積は行われている。当然のことながら貴族階級や王家は衰えたりとはいえある程度の財物をため込んでいるものだ。そして、彼らは既に価格交渉を悠長に行っておれるほどの余力がない。ここまで追い詰められているのだから、相場よりも遥かに安価に買い叩けることだろう。
今まで、トリステインでは理不尽な買い上げや税金が課せられて商会の負担となっていたが、これで心おきなく元手が回収できるだろう。ゲルマニア系列と悟られないように商会を進出させるためにわざわざ、別名義で商会を立ち上げてまで、トリスタニアに店を構えておいたのは情報収集と万が一の保険程度の認識だった。しかし、この様子では採算も取れることとなるだろう。なにより、貴重な古宝物が流出してくればそれだけでも大きな商いの好機だ。ヴィンドボナでは帝室の権威高揚と、戦勝誇示の証として極めて高値を付けて買い取ってくれることだろう。

「わかった。一定の範疇で現場の裁量に任せる。今のうちに先行するぞ。」

「かしこまりました。全力で事態に取り掛かります。」

これは、大きなチャンスだ。先の見える商人たちならば、トリステインの没落と現状は把握しているだろうがだからこそ手を引いていた面々も少なくない。ここで、初動を取れば大きな成果を我が商会が得ることが出来る。独占することは叶わないだろうが、少なくとも商いの大きな部分を掴むことは出来るだろう。
コクラン卿は前線から後方へと配置転換になったという。暇があれば、この件について耳に入れると同時に何がしかの話を聞ければ良いだろう。ある意味で、この商いが成立するのもコクラン卿がきっかけとなっているということだ。多少のお礼を申し上げると同時に次回以降のこういった商いの機会を見失わないようにするためにもより深い関係を構築しておくべきだろう。

「いやはや、まったく笑いが止まらないな。」

なにしろ今回のトリステインへの大規模作戦があると感づくことが出来たのは、秘密裏にいくつかの物資やトリステインの大まかな地勢上の案内等を求められたからだ。信頼を得られるということがいかに商いにとって重要であるかということの典型的な契約であったがそれに応じたことよって、遥かに大きな代価を得るところとなっている。
情報を制する者が、商売での栄光を手にすることが出来る。その点において、我がアウグスブルク商会は大きな優位を占めていると言ってよいだろう。他にもいくつか有力な競争相手が存在しているのは事実だが、少なくともそれらを含めてもその将来は大きな栄光が保証されていると言ってよい。
多少の先行投資を懸命に行うことがこれほどまでに大きな成果につながるとは。思わず、笑いが止まらないのではないかと懸念するほど愉快な気持ちになり、トリステインでゲルマニア艦隊が購入したというタルブ産のワインを楽しみながらその奇妙な現象を考えて、物思いにふける。
タルブ産のワインは名ワインとして名高いがこの戦乱以前からトリステインの治安悪化や様々な要因によって輸出が途絶し気味であった。それらが、戦争によってより一層状況が悪化したかに思われたものの、実際にはゲルマニア艦隊が展開することで在庫も含めてかなりの量が出回ってくることとなった。この一本はタルブ到着の際に伝令の龍騎士達が記念にとヴィンドボナに送ってきた内の一つだ。戦勝記念ワインとして極少量であるが、一般にも販売されたものを入手したが、極めて上質のものだった。聞くところによれば、公平な商取引でこれらをゲルマニア軍は入手し現地から大歓迎を受けたという。

「公平な取引でこれほど利益に結びつけるとは・・・」

思わず、その報告を耳にしたときは唸ってしまったものだ。現地の協力を得るというのは商売にせよ軍事にせよかなり重要なことであるが、同時に困難なことでもある。それを成し遂げられるということの意味は大きい。
戦後統治の問題があるにしても、有望な地域が親ゲルマニアとなっているということは今後のトリステイン問題を考える上で大きなカギとなるだろう。まあ、そこから先はゲルマニアの統治の問題であり、商会にとっては注意すべき事象にすぎないのかもしれないが、何が幸運するかわからないのだ。慎重に事態を注視しておくべきだろう。これまでにも、大きな戦争のたびに利益を上げた商会が出てきたが舵取りを誤ると一瞬にして没落していったものだ。その愚を真似たくはないものだ。



{ロバート視点}

参事としての将来的な職務は、ゲルマニアの国力向上が求められることとなるだろうが、まずそのためにも北部開発に傾注しなくてはならない時期であることは理解している。だが、世事は何事も思うに任せないものだ。ボーアの連中のように、物事は我々の思惑通りには進めまいと何がしかの因果が働いているのだろうか?
猟銃の生産は軌道に乗らない。加えて。忌々しいことに、亜人の南下がまた活性化してきた。以前かなりの森林地帯ごと焼き払ったので巣を絶ったと予想していたのだが。想像以上に繁殖力が強いのだろうか?害虫ほど直ぐ沸くものだ。繊維業者が足りないので、多種多様な染料を開発しても需要が不足しがちで山岳地帯の収入増には微妙な効果しかない。山岳地帯での積雪を固定化の魔法で固めて夏に売るというアイディアは悪くないのだが、商会に相談したところ、販売した瞬間他の地方で同様のことをされるだけなので独自性を入れる必要があると助言される始末だ。

「貿易に傾注しようにも問題は山積か・・・。」

財源の確保と、北部の開発は容易ではない。借金をする気にもなれないのでどうにかして資金を捻出しているが状況は難しいモノがある。あと少しすればだいぶ投資が回収できると思われるのだが。ムーダのおかげで物資輸送の費用がかなり削減できているため、比較的に簡単に投資が行えるとはいえ貿易ですべてを賄うにはやはり無理があると言わざるを得ない。フネの数がもう少し多ければかなりの貿易が行えるだろうがそのためには風石や乗員の確保を考えなくてはいけないのだ。
フネの船体部分を構築する木材ならば比較的安価に自領で調達できるが、訓練された乗員となにより風石の調達がネックになっている。アルビオンのように浮遊する大陸にでも行けば風石が埋蔵されているのだろうか?どこからまあ、浮遊大陸のことはともかくとしても輸送コストは可能な限り削減しておきたい。
とすれば、便数の増大と民間への開放によって利潤をもう少し稼ぐしかないだろう。さしたる効果も期待できないかもしれないが、アルビオン方面への貿易路の拡充に努めるとともにいくばくかの鉱山開発の資源を市場に放出すべき時期に来ているかもしれない。だが、厄介なことに一部の鉱山開発が難航している。良質な鉄鉱を期待しているのだが、石炭がないことには効率的に開発し活用することができない。石炭の探索はいくつかの成果を出してはいるが、厄介なことにかなり深度が深いところまで採掘しなくてはならないとのこと。露天掘りなどが簡単にできる地域は存在しないのが現状であり、石炭を活用することはしばらく時間をかける必要がある。

「いっそ火のメイジたちに火をおこさせるか?いや、しかしそれでも望みえる火力ではないだろうな・・・」

魔法が精神力とやらによって顕現しているというが、工業用足りえるだけの水準の火力を一定以上の時間一定量なし得ることが可能だろうか?それを考えるとやはり火のメイジを活用して石炭などの燃料の代替にしようという発想には限界があると言わざるを得ない。瞬間的な火力ではなく持続的な火がなくては鉄鋼業の発展に寄与することは難しいはずだ。そもそも、鉄の質が改善することだけでも多くの試行錯誤が必要になるためこの分野には長期的な時間がかかることを覚悟しなくてはならないだろう。
あと、教育機関の拡充と受け入れ人員用の施設を整備させなくてはいけないのが自明だ。かなりの専門家や労働者が獲得できているのでここでさらに教育を施すことで将来へとつなげたいものだ。将来必要なるという意味では、情報機関のようなものを設立することが出来ればより一層望ましい。だが、それらを担える人材をどこで獲得したものだろうか?さすがに今の衛士に警備を行わせるだけでは密偵対策が十分ではないが、かといってまさか密偵に侵入された情報機関など役に立たないどころか有害でしかないのだ。なさねばならない責務が多いことも考えると信頼できる人材から抜擢するのが一番となるがそう簡単にことを勧めるわけにもいかない。
まず間違いなく、ガリアやアルビオンから密偵が大量に侵入してきているはずだ。この現状では下手に信頼できる人間を探そうにも、とんでもない外れを引かされかねない。風聞にすぎないが、ガリアの諜報機関の手は、あまりにも長すぎる。その点に関しては私も同意せざるをえない。これは、というところでは、必ずと言っていいほど行く先々で連中の残り香がしてならない。アルビオン情勢に関する教訓を活用しなくては永遠に後塵を拝することとなる。
いっそ孤児院から人間を募集するか?ブラザーが同意してくれればとの前提がなかなか困難であるのは間違いないだろう。信頼できる人間を推薦してくれるという点では間違いがないがこの手の諜報を理解してくれても、賛成してくれるかどうかは微妙と言わざるを得ないだろう。人格が高潔であることを見越してわざわざ引き抜いたのだからそれはまあ、当然の論理的な帰結であるのだが。
さすがに、ゲルマニアに心中するつもりはないので利益共同体が繁栄することを望む以上のことはあまり積極的に行わないつもりだが、ガリアはやはり脅威となるとみなくてはならないだろう。聖地のエルフどもとは接触しようと策動しているがなかなか難航しているのが現状だ。何としてでもエルフと接触を持って彼らの技術や思想、またエルフなる生態を観察したいという欲求もあるのだが。純粋に人間に類似しつつも異質の生物と言う点で極めて興味がそそられるものだ。まあ、政治的に大きな争点であることも間違いないのだが。
だが、とりあえずは北部の安定を維持するために亜人の討伐に力を入れざるを得ない。北部開発の脅威となっているのは間違いなく亜人の南下に対する恐怖だ。鉱山地帯に人間が定住し始めているために亜人の獲物としての魅力も格段に上がっているのだろう。頻繁に亜人発見の報が届くようになっている。それなりの亜人が南下する構えを見せている。無視できる脅威ではない。狐が相手ならば、喜び勇んで撃ちに行くが、亜人ではただの討伐戦だ。実に気乗りしないが、軍務を遂行するのみだ。
とはいえ、相手は亜人だ。要領は少々異なるにしても、狐狩りのような方法で討伐することが可能だろう。それが、慰めと言えば慰めである。猟銃の変わりが大砲と言うのは少々優雅さに欠けるとしてもこの際いたしかたない。獲物も気品という点において狐にはるかに及ばないのだが、鹿狩りの獲物よりも手ごわいという点においては評価すべきものがなくもないだろう。何事も最善を追及すべきではあるが最善に拘泥するのは愚か者の専権事項だ。

「ミス・カラムをここに。まず懸案となっている亜人を討伐する。」

とにかく、時間をかけることなく懸案事項を一つ一つ処理していくしかないだろう。やりたいことをやれる人生こそが喜びだと言ったのは誰だっただろうか?工業機械なくして目標が達成できないとは全くままならないものだ。正装に使う最良の赤い染料は手に入ったというのに衣装が出来ても肝心の猟銃が出来ないとは。ええい、我ながら埒もないことを。


{ミミ視点}

亜人討伐。それは辺境開発の貴族にとっては必要不可欠な責務の一つである。父上とてそれに追われていたのだから、領主が積極的に亜人討伐に乗り出すことを責めることはどなたにもできないだろう。だが、嬉々としたような表情で出征の指示を出している領主は責められるべきではないだろうか?そんな益体もない妄想に一瞬とらわれかける自分がいます。

「では、艦隊で持って亜人の根拠地を襲撃。巣穴から出てきた所で、主力の待機するこの地点まで誘導し、包囲しせん滅と言うことでよろしいですね?」

作戦自体は、極めて合理的な案であり順当な選択肢である。亜人が南下することが既定事項であるならば、それらを都合のよい地点におびき寄せることができれば、容易に迎撃できると共に被害を最小化できる。
地図の一角には布陣すべき地点が示されている。隠れるところの無い渓谷に誘導し上から艦隊が砲撃を加え、連動してメイジが魔法攻撃を行う。誘導が行えれば、それで決定的に亜人を討伐できるはずだ。誘導と言っても実際は、砲撃を行い亜人たちが激昂するように仕向ける程度だが有効だろう。挑発し、亜人から判断力を奪った上でいくつかの誘導経由地点に肉やその他の物を置き、段階的に進路を誘導するだけだ。

「大変結構だ。ただ、念のため艦隊にもメイジを多少配属させよう。」

妥当な判断。もっとも主力のメイジを引き抜かれることを考えると本当に多少に留めなくては主力が戦力不足になりかねないがその配慮はしていただけるだろう。むしろ、艦隊と主力で合流した際に多方面から包囲できるメリットも大きい。

「わかりました。それと、艦隊の指揮はどなたが?」

「ギュンターに一任する。」

おや、てっきりご自身で指揮を執るものかと思われたが。思わず疑問を顔に浮かべてしまう。確かに、ミスタ・ギュンターは適任ではあるが。

「ああ、私は別動艦隊を指揮する。猟犬役の艦隊は2つだ。相互に連携しつつ亜人を誘導するためには二手に分かれたほうが効率的だろう。」

「なるほど、では私が主力を率いて誘導された亜人たちをせん滅するのですね?」

「ああ、指揮は任せる。存分にやりたまえ。」

久しぶりの実戦だ。いささか、感が鈍っていないかとも危惧するべきかもしれないがまずは喜ぶべきだろう。ここしばらく燻っていた炎を外に盛大に吐き出す機会なのだ。いまだ戦役が続いていることなどから叶うことならば前線に赴きたいところではあるがそれが不可能であるならばせめてこのようなところで憂さ晴らしをするしかない。もちろん、感情に任せて行動するつもりはありませんが。

「ああ、それと、率いてもらう歩兵隊についてだ。現地の部隊とダンドナルドからの増援で数は揃えられるだろうな。」

「はい。展開が完了すれば十分な数が揃います。」

「だが後方の部隊は実戦に耐えられるか?」

「問題ありません。」

幸いなことに後方のダンドナルド駐在歩兵隊の練度は、そこそこのものになっている。文官が労に追われている中で歩兵隊を遊ばせておくなど論外であったのでかなりしごいてあるからだ。前線に相当する鉱山地区での勤務を望むものが続出するほどに過酷な訓練を課してあるので今回の実戦でも相応の戦果を期待できるだろう。
むしろ面倒なのは、メイジのほう。最近は亡命貴族やあちらこちらの貴族から三男や四男と言ったものたちが複数流入してきているものの実際に戦場に立つのは初めてのものが多い。特に、大規模な討伐戦であることを考えるとやや統率が不安。いくばくかの訓練が必要かも。まあ、歩兵隊との連携や訓練を行っておくにこしたことはない。

「ただ、できれば一度演習を行いたいのですが。」

「かまわん。どのみち誘導するまでは相応の時間がかかるだろう。現地に布陣したら訓練にいそしんでほしい。」

現地で魔法を使った演習か。いい機会なのでさまざまな状況を想定した訓練を行っておくべきだろう。艦隊との連携が課題になるかもしれないがそこはさすがにフネがいない以上仕方がない。だが、部下として率いるメイジたちの実力を把握しきれていないので実力把握という点では期待してもよいかもしれない。
現状でできるのは狙いを精密につける訓練くらい。まあ連携が取れないであろう寄せ集めの集団で戦うこととなるならばその程度を行えるようにしておくだけでも大きな成果とすべきやも。歩兵隊に関してもある程度密集隊形の訓練を再度行っておくのは有意義なものとなるはず。どちらにせよ状況が許す限り手を尽くして練度の向上と連携の確実性を確保しておかなくては。



{ダンドナルド行政府 募兵官視点}

いつものように出府し、最近では珍しくなくなったアルビオン訛りのお客を迎える。いつものように私は、来客として訪れてきた若い女性のメイジに今回の亜人討伐戦に関する協力依頼について説明を行う。実のところ、この説明業務というダンドナルド行政府において、極めて楽な部類の職務を遂行するという幸せを味わっていた。

「つまり、ダンドナルド在住のメイジたちに兵役を課すのではなく、任意での従軍を求めるわけです。」

まあ、任意での従軍とはいえそれなりの報酬が提示されている。察するに大人しくさせるため、亡命してきた貴族たちに食いぶちを与えておこうと上は考えているようだ。まあ、察したからと言ってそこまで口にするほど軽率では、ダンドナルド行政府でやっていけない。上司たちは、珍しく貴族にしては優秀な上に割と規律に厳しいが、それでも話せる。だが、それだけに軽率にも意図せずとも機密を漏らした間抜けは相応の対価を求められるものなのだ。

「じゃあ、年齢は問わないのですか?」

「もちろんですミス。もちろんあまりにも幼い子供の従軍を認めることはできませんが、よほどのことがなければどなたのお力添えもお願いしたいところです。」

っと、考えが横に行っていた。この娘も亡命貴族だろうか?まあ、確かに従軍による褒賞は亡命貴族には高めに設定されている。しかしながら亡命してきた貴族たちには一定額の給付金が与えられていたはずだが?もちろん、豪勢に暮らせる金額と言うわけでない。それに、貴族たちの多くは金銭感覚が崩壊している。だから多くの貴族たちが資金不足に苦しんでいるからこそ多くの参加表明もあるのは事実だ。
だが、そこまでこの娘は豪奢な衣装を使っているようにも見えないし、これまでの会話で知性に深刻な問題も見受けられない。いわゆるワケありだろうか?一応後ほど上司に報告しておく必要があるだろう。こまめな報告が奨励され、上司が忙しくなっていくわけだが、しかし仕方ない。

「それで、給金はどれほどいただけるのでしょうか?」

おやおや、割と率直に聞かれる娘さんでしたか。普通の貴族はこういうことをかなり体面に気を使っていらないが寸志ならば、とかのたもうはず。まあ正直なのは善いことだ。効率的なことはもっと素晴らしいことだ。こちらも無駄な時間を使わずに次の書類に取り掛かれる。プライドが高いうえに金欠の傲慢貴族を相手にした日など一日潰れてしまったのだ。それに比べれば何と恵まれたことか。

「メイジとしての実力と、戦場での働きによる評価でだいぶ異なってきますが、参加を表明していただいた皆様には寸志として旧金貨で300エキューが支給されます。」

普通にしてはかなり高額だが、この手の事業の目的の一つは亡命貴族たちを食わせることにあるのだから仕方がない。まあ、行政府の給金よりも払いが良いことに対しては。何も知らない一部からは批判が出ていたりもするのだが。具体的には、強制徴募されてきた面々からだ。実際には手取りで月々1000エキューを超える額をもらっている高級役人が結構いるのは内緒だ。私がその一人であることはとっても重要な秘密だ。仕事が多すぎなければ完璧なのだが。

「もちろん、寸志は即座に登録していただき次第お支払いいたします。当然ながら戦場での働きはそれとは別に評価されますのでそちらは、後ほどの論功褒賞時に。」

「その、登録方法は?」

ああ、身分を知られたくないというワケありで確定かな?まあ、メンツや体面に傷をつけないように配慮されているのでそのところは問題なのだが。正直に言って貴族の思考、特にアルビオン貴族特有の体面重視は厄介なものだ。経済的に苦しいということを知られることだけでも極端に嫌がるのだ。もっとも、これでトリステイン貴族より格段にまともだというのだ。だから、曲がり間違っても外務担当になどなるものではない。同期が体を崩したのは八割がたロマリアとの折衝を担当させられたからだとみてよい。坊主どもの相手をするのも一部の例外的な聖者を除けば大変なのだろう。

「単純に、コモン・スペルを何か詠唱していただくか、あるいはレビテーションを行使していただき、そのまま従軍協力を行う旨を宣誓していただければその場で登録証を発行いたします。」

まあ、金だけもらって逃げられることも想定している。従軍後にまたその登録証で募兵することになっているのだ。新しく亡命してくるものたちには別途証明証として来訪の日が記載された書類があるのでその書類で職を斡旋することになっている。

「それで、それからどうなるのでしょうか?」

「既定の期日までに集合場所に集まっていただければ結構です。」

実際に、従軍するまでには1週間程度の時間があるので身なりを整えることもまあ可能だろう。メイジたちがどの程度の従軍を希望するかは不明だがそれなりに良い待遇だと知れば集まってくるのは間違いない。



{ロバート視点}

亜人討伐を前にしてダンドナルドでは軍の集結作業が急速に整えられていた。主戦力であるメイジの集結状況も順調であり討伐戦に赴く軍の首脳陣をして安心材料とみなせる水準に至っていた。

「ふむ、予想よりメイジが多く集まったな。」

高貴なるものの義務を理解できない面々に軍務をどの程度期待できるかと思っていたがこれは予想外だ。実際に、モード大公派の貴族たちがそれなりに人格が出来ているのか生活の必要性に迫られているかのどちらかは判然としないが傲岸に献上品を要求してくる寄りははるかに好感のもてる実績だろう。

「ですが、練度では少々物足りないところがあります。亜人討伐の経験が不足しているメイジで主力を編成することを考えるならば実際にはこの数でようやく妥当なところかと。」

ミス・カラムの忠言は耳に留めておくべきだろう。亜人討伐の経験は、地方の貴族ならば豊富かもしれない。アルビオンも北部には、亜人の巣があるというが、モード大公派は基本的に南部が基盤であった。加えて、今回の亡命貴族の大半は都市部からの亡命貴族が多く、人格の優劣以前に軍務経験に偏りがあると分析されている。確かに、教育は受けているのだろうが実際に魔法を実戦で使えるかどうかは未知数だ。それだけに数で補わざるを得ないという発想自体は間違ったものではない。

「まあ、予算を除けば特に問題はないな。だが、亡命貴族救済を兼ねてはいるが今後は少々額を考え直すべきかもしれない。」

ダンドナルドの人件費は高騰する一方だ。多少見直しておかなくては今後経済に悪影響を及ぼしかねない。ローマ時代の農民の生活基盤を崩壊に至らしめたのは彼らの産物が価格競争でエジプトの小麦に劣ったからだ。ダンドナルド全体の物価が高騰し、結果的に貿易で赤字が出るようになっては本末転倒もよいところだ。
それ以前に、役人の人件費である程度の支出があるところに纏まった数のメイジを高額で一時的とはいえ雇用するのは長期的にみれば無駄遣いもよいところだ。多くの貴族を傘下に入れたといえば外聞もよいのだろうが今回は亡命貴族たちの体面を保ったままでの救済策にならざるを得ないために持ち出しがはるかに多いのが実情と言わざるを得ない。
多少の人材登用をもくろんでいなければ絶対にこの支出には同意できないところだ。最終的にはアルブレヒト三世にいくばくかを請求するべきかもしれない。教育を受けた有為な人材が一定数発見できなければそうするべきだろう。ネポスの人材リストと照合しつつ使えそうなものはそろそろ粗方把握し始めているが、結果が出るまではもう少しと言ったところか。

「まあ良いではありませんか。空軍としては龍騎士が多いことは歓迎ですよ。」

ギュンターが口にした龍騎士の任用は確かに現状でも歓迎できる数少ない事態である。今後も自らの龍を持って亡命してきた面々は大歓迎したい気分だ。確かに、一時金が高いのは否定できないうえにある意味で傭兵雇用に近い形態で現在は雇用しているが今後は常備軍にぜひとも加入してもらいたいものだ。偵察に伝令、奇襲に警戒と万能の兵科と言っても過言ではないのだ。
航空機と艦船の関係を思い起こさせられるために海軍士官としては不快極まりない部分もなくはないのだが、正当な評価が出来ないほどに落ちぶれているつもりもない。俊敏性に富む龍騎士の実力は様々な局面で極めて有用だ。戦い方次第では十分な装備を持つ艦隊とでさえも龍騎士の襲撃には無力になるかもしれない。これも研究課題だろう。だが、おもしろいのはメイジが魔法を複数並行して使用できないという問題の克服に使えるということだ。メイジが飛行しながら魔法で攻撃することはできない。だが、龍騎士とその背中に随伴させれば艦隊に反復して魔法攻撃を浴びせることができるのではないだろうか?これは今後の検討課題だろう。

「うむ。伝令として今回の作戦にある程度柔軟性を持たせるという意味では大きなものがある。」

密接に連絡を保つという点において多くの龍騎士を活用できるのは今回の亜人討伐戦においてもとても便利だろう。無線には及ばないとしても情報伝達速度が格段に改善することは間違いない事実だ。手旗信号の応用で塔を作り連絡手段とすることも検討してはいるがやはり伝令を活用したほうが柔軟性と即時性に勝るだろう。

「それと、艦隊随伴のメイジですが少数精鋭にこだわった結果です。」

こちらを、と提出された書類を確認しロバートはその記載された内容を吟味し無難な選択に満足する。バランスのよく配慮された編成と言ってよい。

「うん?各艦に3名ずつか。まあ、誘導目的だから土のメイジがいるのはありがたいな。」

「正直に申し上げますと、主力も必要としているのですが。」

実力のありそうなメイジは主力にあれば当然心強いだろうが、だからと言って猟犬役の艦隊に実力の劣るメイジをたくさん載せるだけのスペースなどない。特に罠の設置や地形改善に使える土のメイジは多くの役割が期待されている。仮にゴーレムがつくれるのならばゴーレムを突っ込ませて亜人を挑発したり誘導したりさせること可能だ。フネに搭載している砲弾や甲板からの銃撃である程度の攻撃はできるが罠の設置などはやはりメイジの方が圧倒的に効率的なのだ。

「そちらは、数で補うしかあるまい。どちらにせよ、ある程度の頻度で伝令の龍騎士を送る際に人員の補充を行えるようにしておこう。」

むしろ、猟犬役の艦隊で精神力が疲弊することを考慮すると龍騎士で交代要員を搬送することも想定しておくべきかもしれない。定期的に後方に下がれるということは精神的には大きな救いがある。また、最前線の状況を理解して後方で待ち構えているメイジがいることも大きな視点から見れば十分に望ましいと判断できる。
前線の連携を保つ上で難しいのは感覚だ。だからこそ艦隊は迅速な展開を重視しながらも合同訓練を執拗に繰り返し各艦の実力を相互に把握しあい支援を行いやすくするものだ。今回の亜人討伐戦は臨時編成とはいえ一応核となる部隊があるだけやりやすいだろうがそれでも多くの課題があるのだ。不安要素を限りなく減らせるならば減らしておくことにこしたことはないだろう。

「では、各人が職責を全うすることを期待している。」



{第三者視点}

トリステイン戦線

すでに戦線は崩壊していた。トリステイン側には一部の反ゲルマニア貴族を除いては戦意が乏しく、ゲルマニア側はこれ以上の戦果を必要としていないがために戦線は比較的平穏を保っていたが両陣営の内実は全く異なっていた。ゲルマニア側はすでに戦後の構想を探っており、とどめの一撃を与えるか降伏を促すかを議論する段階であり、トリステイン側は亡国を回避すべく懸命な模索が繰り広げられている状況であった。
実質的にこの戦いが赤字であることはゲルマニア側にとって得るべきものが乏しいとの評会にあらわされるように戦利品が期待できないために早期終結が望まれていることもあり降伏するならばそれを受け入れようという機運がある程度ゲルマニア側では高まっていた。ただ、一部のトリステイン貴族と折衝した経験を持つものたちからはプライドの塊である連中が用意に降伏するはずもないだろうとの諦めにも似た嘆息が漏れている。
この状況下においてトリスタニアでは講和派と交戦派が水面下で主導権を巡って抗争を繰り広げていた。講和派とて無条件降伏ではなく条件降伏を志向してはいたもののそれすら受け入れがたいとする反ゲルマニア感情もあり王宮は伏魔殿と化した。すでに、賢明な貴族の幾人かはこの伏魔殿に見切りをつけ自領に隠遁するか、独自にゲルマニアとの伝手を求め、いくばくかの忠臣は踏みとどまらんと足掻いたものの情勢は混とんとするばかりだった。
状況をさらに悪化させたのはゲルマニア側の一部、特に継承すべき領地をもたない貴族子弟らが功績を求めて積極的に遊撃戦を展開したことにある。当然のことながら、これらに応戦する必要があるものの対応が後手になってしまい、このため主導権で完全に後手に回りトリスタニアどころか各地の軍は統率がかき乱されて軍としての機能に深刻な障害をきたしていた。
ゲルマニア側にしては相応の損害が襲撃部隊に出ようとも、実質的に家督争いが沈静化することと能あるものが発見できればよいと割り切った上での活用であったためにこの襲撃は例外的に収支に会うものとして黙認されていた。しかし、上層部においてはいたずらに和平への障害になっているのではないかとの危惧が提言されており、前線での意見調整ではなく上層部の意向を確認するまでは黙認し、以後は上層部の指示に従うという方針が立てられ使者が後方へと派遣されることとなった。



{バルホルム視点}

ダンドナルド方面派遣艦隊の一員として仰々しい名前と共に数隻の軽コルベットで赴任した北部は概ね上司に理解があることと、空軍上がりの良識ある軍人たちが多かったために比較的に快適な勤務先だった。ただ、どうしても辺境の地とであるために亜人討伐に従事しなくてはならず拿捕報奨金とも無縁の討伐戦に明け暮れなくてはならないのはまあ義務としては仕方がない範疇であるにしても気乗りするものでもなかった。さすがに、軍務にその悪影響を繁栄させるほど素人でもないつもりだったので職責を全うすることには問題がないのだが。

「コクラン卿、今回の航海で我が艦隊に配属されるメイジの一覧です。」

問題があるとすれば、やや細かいところにまで指図しようとするためにこちらの労力をかなり割かなくてはならないということぐらいだが、無能ではないだけに案外的確な意見や指示がもらえると思えばむしろ積極的に指示を仰がなくてはならないのだろう。
まあ、メイジについて研究したいと常々口にされているところをみると、メイジについて事細かに情報を求められるのは趣味ではないかというのが艦隊の賭けであるのだが。

「ありがとう、艦長。・・・やはり、使えるメイジは大半が訳があってということか。」

まあ、それは仕方がないことだろうと思いつつ同意する。何せ、実力があるメイジならば問題がなければわざわざゲルマニアまで亡命するような酔狂な真似をしなくても十分に生活していくことができるのだ。亜人討伐での傭兵としての雇用や、宮廷での任用などいくらでも職が見つかるにもかかわらず亡命しなくてはならないということはやはり相応の理由があるということであり、今回の募集に際してその背後関係を問わないという条件設定を設けたのもそのためだ。

「ミス・ロングビル?まあ、明らかに偽名だろうな。とは言え、実力があるならば構わん。募兵官の所見では人格にさしたる問題もないとのことだ。」

名簿を眺めている上司のご機嫌は良くも悪くもないところからやや、良好にシフトしたようだ。まあ、実力があって人格に問題がないメイジが戦力になるなら指揮官なら誰でも喜ぶものだが。

「ありがたい限りですな。しかし、何故偽名と?」

「トライアングル以上のクラスは亡命者の中にもそう多くない。だが、私の知る限りではロングビルなどという名前は初めて耳にするものだ。」

まあ、そうだろう。何より訳ありと推察されるような実力者が本名で募兵に応じるかどうかという賭けが成立したとすれば、間違いなく自分ならそんなバカなことがありえないに手持ちの全額を賭けることにする自信がある。

「それに、長いくちばしだよ。こちらをひっかけようとでも考えているのか?」

「は?」

「いや、こちらの問題だ。私の私見にすぎんよ。」

そう言うと、コクラン卿は艦隊に人員の収容が済み次第最初の索敵航海に出るように発令すると、駆け込んできたミスタ・ネポスからの報告を聞き始めた。邪魔をするよりは、甲板で出航準備をしておく方が好みに合っているのでまあ、戦準備と洒落こむことにしよう。



{ネポス視点}

以前から、直接口頭で報告せよと命じられているアルビオン亡命貴族に関する疑惑の報告を行いつつ思う。気がつけば厄介事を処理させられている自分は一方で出世していると世間的には評価されているらしいがはたして幸せなのだろうか?だが、まずは目の前の問題を解決しておこう。

「艦隊が航海に出ている間は、以後の報告はいかがされますか?」

亜人討伐は当然ある程度の日程を必要とする。記憶の消失を防止あるいは、影響を最小化するために直接口頭で報告を毎回行うことで確認を行ってきたが、さすがに機密保持との兼ね合いがあるために簡単に判断がつかない。

「事態が事態であるだけに、亡命してきたメイジたちが多く艦隊に搭乗している状況で報告を受けるのは望ましくない。帰還するまでは卿の専権事項とせよ。」

「かしこまりました。しかし、詳細な情報を現在集めているところですが徹底的に消息を探すとなると歩兵隊を動員したいのですが。」

情報を集めて、分析したところある地域での記憶消失が確認されているためにおそらくその一帯に住み着いているのではないかという分析が上がってきている。幸いにも、人口密集地域ではないので、捜索は容易ではないかとみられている。仮に何も発見できなかったとしても記憶いかんではその地域に滞在が確認できるだけにより詳細に調べ上げれば済む問題だ。

「却下だ。露骨すぎる。」

まあ、当然のことながら機密保持をコクラン卿は優先される。確かに、事態を正確に把握できていない段階で不用意に行動することへの危惧があるのは間違いないが、卿の慎重さは筋金入りだ。謀略家として天性のものに恵まれているのではないだろうかと、根が呑気だと評される自分でさえ思いたくなるほどに卿はその方面での才に恵まれておられる。

「ですが、辛うじて潜伏地域と思しき領域を補足しつつあるのです。」

とはいえ、これ以外に解決方法がそう多いわけでもないのだ。少数の探索では判然としないところでもある程度の人員を動員すれば多くの情報が集められるはずなのだ。それに、辛うじて把握した潜伏地帯候補から移動してしまわないという保証もないのだ。

「・・・では包囲線を形成し監視するところまで認める。ただし、名目は治安出動だ。情報収集は能動的に行わせよ。」

つまり、包囲してその周辺を監視しつつ、出入りを確認する程度は認められたということだろう。まあ、確かに行方のめどもつかなくなるよりは賢明だし、案外関係者が網にかかるかもしれないことを考えれば賢明な方策だ。

「ありがとうございます。」



{ロバート視点}

状況を整理しよう。我々は、辺境諸公に特有の亜人との特別なお付き合いの一環として北部に展開中である。まったく、前線が騒がしい時期ではあるが後方に匹敵するこの地域ですら戦力を必要とすることを考えると、ゲルマニアの戦力は全面戦争で総動員を行うと深刻な問題が発生するかもしれないだろう。かといって辺境部に戦力を貼りつかせなくてはならないのも戦略的に大きな束縛を受ける問題だ。だが、今いる部署で最善を尽くさなくては。関心事項はいくらでもあるのだから。


「観測地点を確保。設営が完了次第、周辺に罠を設置せよ。」

「全龍騎士隊の宿営地を確保させろ。」

「宿営地の防備を編成する。当直はただちに任につけ。」

「周辺捜索を行う。歩兵隊の中から志願者を選抜する!志願者は特別手当と、特配があるぞ!」

単調ではあるが、規則正しく動き回る兵士たちや地面を一度に変形させる従軍を志願したメイジたちの活動を士官たちが最適化するべく、指示を出す。戦略思考から喧噪を背景音として現場に思考を戻したロバートはあるメイジに関心を惹かれていた。

「やはり、土のメイジは優秀だな。設営がこれほど効率的に進むとは。」

視線の先には、若い女性のメイジが杖で土を動かし作り出したゴーレムで陣地を設営している。従軍する以上、ある程度の筋力や訓練を受けていたとしても到底生身ではなしえないような速度で設営を行っているすべはまさに驚嘆に値する光景と言うべきだ。ただ、それらはメイジが当たり前の世界にとってはさほど驚くべき事象でもないようだ。大半の兵はそれらに対して心強いものを感じる程度であり、驚きはさほどみられていない。

「ええ、腕の良い土のメイジがいてくれたおかげでかなり時間に余裕が出来ました。」

「しかし、これだけ利便性が高いのだ。討伐戦が終わったら鉱山地区の開発にもっと本格的に土のメイジを動員するべきかもしれないな。」

まあ、すべてはこの討伐戦が完了してからの議論であるのは間違いない。ただ、メイジを活用するという点からすれば土のメイジは建築に関しては極めて有望と言えるだろう。早急に組み込むべき要素に数えておくべきだ。とはいえ、外部からの登用に際しては頭の痛い機密保持の問題が介在しているために慎重にやらなくてはならない問題でもあるのだが。それを補っても効率的であるのは間違いないだろう。

「さすがに、私は専門ではありませんのでなんとも。ただ、開発が速くなるのは間違いないでしょう。とはいえ、単純にメイジを増やすだけではあまり変わらないのでは?」

「いや、これまでは地質調査を任せるだけで、掘削は人手でやっていたのだ。そこを改善できれば冶金術も大幅に改善するだろう。」

そういえば、地質調査はどのようにして行っているのだろうか?ボーリング方式をとっているのかどうか確認してみるべきかもしれない。メイジの感覚が優れていることは否定しないものの、それを科学と組み合わせることでより一層効率化できるならば当然それを実行するべきだろう。掘削技術などいろいろと課題も多いかとは思われるものの、担当の研究にさせれば時間をかけて解決可能だろう。魔法の利便性はやはりかなり高いと言わざるを得ない。
しかし、一方でメイジの大半が進歩の無い愚者どもでもあるのだが。与えられた状況に安穏として進歩を怠る傾向があるのは進化の可能性を絶っているように思える。メイジは確かに力を持っているが種としての発展性について考えるならばどうなのだろうか?進化論の議論に踏み込むことは気が乗らないが、少なくとも将来性という議論については検討しておくべきだろう。
だが、それを見下すということは正当な評価を行えないという軍人にとって戦闘以前の愚行を犯すことにもなりかねない。我々が恐るべきものは慢心であり、常に希望的観測で事態を推測しようとする己の感情であるのだ。自らを律する者こそが海軍軍人であることを許されるのだ。この地においてもその規範はみじんも揺らぐことのない鉄則であるといえる。
頭を振り、思考を切り替える。今は、目前の軍務に集中する必要がある。視野は広く、ただし注意力は常に保っておかねばならない。基本的なことで、当たり前のことであるがその当たり前のことこそが一番肝要なのだ。

「伝令を出す。分艦隊へ定時連絡だ。」

「ただちに。こちらから特記すべき事項はありますか?」

事態は基本的に想定通りだ。現時点では南進してくる亜人の大半が、群れからはぐれたか追放されたと思しき個体だ。群体として南進してくるものはなく、拠点設営時にもさしたる困難は起きていない。ある程度の亜人が南進してきつつあるものの、この一帯までは予見された通り進出してはいないようだ。それらは以前の定時連絡で相互に確認済みである。

「いや、定時連絡事項で構わない。」

しかし、実際に中途半端に前線にいるからこそ埒もない考えにとらわれるものだ。後方のことが常に気にかかってならない。トリステイン方面はそろそろ終結したのだろうか?この問題が片付いた後には中央で仕事が私を待ち構えている。ガリアの動向も気にかかって仕方がない。忌々しいことこの上ないが、矜持だけは一人前どころか肥大化しすぎた貴族どもはこのハルケギニア大陸に船底にこびり付くフジツボのごとくこびり付いている。快適な船旅には手入れが欠かせないだろう。ああ、削ぎ落してしまいたい。

「ああ、伝令として定期連絡とは異なるが、ダンドナルドに使者を。ヴィンドボナの動向を知らせるようにつたえよ。」

後方の情報は極めて重要だ。言うまでもなく、それ相応の手当てをしていないわけではないが、念を入れて後悔したためしはない。慎重さは、許容される場合において常に肯定されるのだ。少なくとも、臆病であるものが最後まで生き残れる確率が高いと教官殿は常に仰せられた。『無謀を勇気と取り違え冷静な判断が出来ないものこそ愚者の極みである』として私どもを強く指導してくださったその教えは軍に入って変わらずに通用する原則の一つだった。
だが、不便だ。本国艦隊にいれば大半の情報は電信で届けられたのだ。まさか、大航海時代に単独行動を強いられた派遣艦艇のように独自で行動を決定し中央の動向は推察することに限らなくてはならないとは。このような現状はあまり効率的ではないだろう。全く音信不通と言うわけではないが、不便だという実感からは逃れられない。
むろん、トリステインとゲルマニアのように国力差が明確に表れている場合、勝敗の行方よりはいかにして戦後処理を行うかが焦点であるのは間違いない。関心事項が勝敗でないだけ心理的に余裕があるのは大きいだろうが、その分逆に先の悩みが絶えないというある意味贅沢な問題だろう。

「ヴィンドボナの動向でありますか?」

「ああ、帝都からの連絡を事細かに維持せよ。可能な限り事態に即応したい。」

即応というべきか、ヴィンドボナで政務につけられる際に予備知識が欠如している事態だけは避けたいものだ。ある程度、戦後を見据えた自身の処理方針を明確にしておかなくてはいざという時に迅速な行動に支障が出かねないものだ。
たとえば、現トリステイン王族は始祖由来の系統だという。その血統は政治的に大きな価値を持つだろう。下手に降嫁させる?政争の種を自ら播いて育てるようなものだ。かといって、現皇帝との婚姻は、政治的に危険極まりない。敗者には相応の分が存在しなくてはならない。少なくとも、中央の威令を轟かせるために、皇紀が敵国出身であるというのは不安要素でしかない。さらに言うならば、皇帝の後継者争いを今から激化させる必要もないだろう。とにかく、さまざまなことを脳裏に入れておかなくてはならないのだ。

「いかんな。前線にありながら後方に気をとられるとは。」

後ろに気を取られて、不覚を取るような無様な真似を晒したくはないものだ。気を取り直してこちらに意識を集中させるとしよう。それにしてもあの土のメイジはやはり気にかかる。報告にあった、例の土のトライアングルのメイジだろうか?トライアングルというには、あまりにも若いように見えるが必ずしも年齢は実力に比例しないことも考慮しておかなくては。

「ああ、それと、あの土のメイジは何と言ったかな?」

「ミス・ロングビル、土のトライアングルです。コクラン卿。」

ふむ、やはり彼女がロングビルか。若い女性で、身元不明。別段、珍しくもない話かもしれないが亡命貴族であることを考えると大きな問題になりかねない。こちらの知らない火種を持ち込まれることは断固として避けたいものだ。接触すべきか?しかし、情報が少なすぎる。それとなく、監視をつけて様子をうかがうに留めるべきだろう。いや、しかしそれでよいだろうか?

「あの若さで、トライアングルか。素晴らしい実力の持ち主だな。」

穏便で、波風を立てずに接触する方法は?彼女は実力があるメイジで討伐戦に従事している。私は、指揮官だ。軍務にことかけて接触するか?いや、このハルケギニアの貴族たちは思考の方法が異なる。軍務を名分と捉えすぎるのではないか。

「ええ、優秀な人材です。ぜひ、軍に欲しい逸材です。」

「確かに、陣地設営の手際を見る分には優秀だ。だが、実戦で見てみないことにはな。」

亜人の挑発に同行させて手腕を見る分には問題ないだろう。それにことかけて、実力を示せば登用もあり得ることを匂わすか?それで反応をみるとともにそれとなく監視をつける目的が実力を見極めさせるためのものと思考を誘導することが出来るだろうか?何もしないよりは有効だろう。少なくとも、相手の判断材料を増やし、錯乱させることは可能だ。

「少し、話を聞いてみたい。彼女を呼んでくれないか。」



{ロングビル視点}

「失礼、ミス・ロングビル。」

近づいてきた男は、討伐軍でそれなりの地位にある指揮官の一人だったはずだ。単純な軍人で、アルビオン貴族のような厄介さを持っているわけでもなく、どちらかと言えば好感のもてるタイプだ。もっとも、一緒に仕事をする際に、であるが。振り返り、ある程度貴族としての教育を受けたものが浮かべる上位者への敬意を込めた表情と、一方で内心を表さない独特の微笑を浮かべる。

「いや、作業中すまない。だが、ミス・ロングビルの実力にはコクラン卿も驚かれていてね。できれば、話がしたいとのことだ。」

コクラン卿、まったくもってわからない人物だ。実績だけを見るならば、アルビオンと合同で空賊討伐を行い、両国間の懸案事項を解決に持っていくと同時に艦隊演習を通じて関係改善を図っている親アルビオン派の筆頭だ。事実、アルビオンへのゲルマニアからの輸出拡大等、両国関係は目覚ましく発展している。
だが、一方でこうしてアルビオン王室が粛清しようとした人間を匿っている。人間としての情?あり得ない。聞き及ぶ限りでの推察でしかないものの、それほど甘いような人間でないのは確かだ。ロマリアから孤児院をこの地に招聘したと聞いたとき、開かれた孤児院を訪ねてみてそれを実感した。

「コクラン卿が?大変光栄なことです。」

「ああ、できれば時間を作っていただきたい。作業が終わり次第顔を出してくれないだろうか。」

確かに、孤児院の質は良かった。アルビオンにあるものよりも良いだろう。だが、真の目的は聖職者だったのだろう。アルビオンでも、サウスゴーダでも、ブリミル教との距離感は為政者にとって懸案事項に入っていた。だが、ここダンドナルドでは事情が異なる。孤児院に敷設して教会を建築中であり、既成事実としてパウロス師がこの地の司祭に任じられようとしている。お会いした限りではパウロス師は聖職者の模範と言うべき人間だ。なんとも、珍しいことに。

「もちろんです。」

外聞だけ聞けばさぞかし慈悲深く聞こえるだろう。自国の孤児たちに思いをはせ、ロマリアに嘆願して孤児院を招聘し、孤児たちの救済に当たっていると。だが、実態はロマリアに頭を下げるように見せて相手のメンツを保ちつつ自領への干渉をそれとなく排除するための施策だ。それを、自領が貧しいと思われている時にやってのけた。
坊主どもにしてみれば、中央の目障りなパウロス師の一派を辺境に追い払ったということになり、満足すれども失うものはないだろう。今日急速に発展しているが、いまさら派遣したパウロス師より上位の司祭を派遣しようにも逆にパウロス師をコクラン卿が重視しているのは明白だ。

『我が領を開拓以来、領民の心の支えとなり、親なき子たちをブリミル教の慈愛で救済されてこられたパウロス師を讃えるとともに、感謝の念を込めて。』
などと、パウロス師を賞賛する手紙を多額の寄付と共にロマリアに送っているようなのだ。
サウスゴーダ領でも相応に寄生されていたことを考えると、この寄付は安いものだろう。何より領地経営に口出しされずに、領民の面倒を見てもらえるのだ。厄介ものの教会をこれほどうまく活用する人間が、情で行動するわけがない。損得計算できる人間ならば、アルビオン王の怒りを恐れるはずなのだ。
王弟でさえ粛清した王だ。当然、他国の貴族など容赦されないだろう。なにより、当然のこととして外交問題に発展しかねないにもかかわらずコクラン卿は南部の諸都市に堂々と交易船団を指揮して派遣し、それとなく亡命者を回収している。初めは、アルビオン王と取引したゲルマニア貴族が、亡命者を誘い出すための罠かと勘ぐったほどコクランという男は損得計算にたけて、親アルビオンのはずなのだ。
何を考えているのかわからない不気味な貴族。なまじ、欲望に忠実な坊主や低俗な野心にあふれた貴族たちの方がよほど付き合いやすい。何故私に目をつける?まさか、ティファのことが露見した!?いや、まだそうときまったわけではない。でも、何となしに疑われているような傾向があった。私たちの存在を特定していないにしても、記憶を不用意にとは言わないが、消してしまったために逆に注目を浴びているらしい。書類不備などどこにでもある話だと思って油断したのがいけなかった。逆に、探し出そうと相手を決意させてしまったようにも思えてならない。
だから、本来ならばこのように長い間離れるような仕事には付きたくなかった。だが、お金が必要だった。私は、子どもたちを守らねばならない。幸い、この職は困窮した貴族の経済的な支援も兼ねているようで報酬は良い。この仕事が終われば、その報酬で遠くへ、少なくとも私たちの身元を探られないところへ。だが、そうやって自分に言い聞かせてきたとはいえ、やはり心配だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

それとなく、改訂したものを・・・。
改訂が終わらないorz



[15007] 断章8 とある貴族の優雅な生活及びそれに付随する諸問題
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/03/28 00:30
{リッシュモン卿}

最悪だ。状況は最悪だ。金はなし。兵はなし。ゲルマニアの侵攻は防ぎようがない。軍の無能どももあれほど日ごろ大言壮語していたが、蓋を開ければ無能そのものだ。鳥の骨など講和を模索しているようだが、実際に講和するとなれば相応の厄介事になるのが目に見えている。

なにより、現在の首脳陣は有形にせよ無形にせよ責任を取らされることが目に見えている。高等法院の長だからこそ私がこれまで富を築き上げることが出来てきたのに、その地位すら危うい。いや、危ういだけならば良い。だが、現状ではすりつぶされかねないのだ。

ゲルマニアの講和案に、高等法院の名において両国間の関係を悪化させた貴族たちの断絶を求めるとの一節があったと密偵から報告が来ている。粛清した後で、地位を追われれば待っているのは一族の断絶だ。仮に、公式な処分がそれですまされたとしても、復讐の手におびえなくてはならない。

「やはり、行うしかないのか。いや、だが。やはり。」

ためらう気持ちと、不安が天秤にかけられる。どちらも、これまでになく重いものだ。政治を専横するのはまだ良い。だが、反逆となると、成算がなければこれも身の破滅だ。

「やるしかない。だがしかし、成算が微妙だ。」

武力蜂起自体は成功が間違いない。私兵は、王都防衛のためと称して前線に送らずにトリスタニアに駐留させてある。その上、厄介な魔法衛士隊は大半が前線に赴くか、奇襲で築かれた別の戦線に送られている。傭兵を雇おうにも、王国には最早財源がないのだ。まして、城下を実質的に制圧可能な私兵団に逆らってまで王国に忠義を尽くす人間はいない。

だが、外交はどうか。ゲルマニアの外交官に話が通じるだろうか?なにより、名分が重要だ。いかようにも国内向けは取りつくろえるものの、相手方がどう応じるかは全くの未知数なのだ。相手が望むものを提供できれば一番だが、そうでなければ買いたたかれる。もちろん、買いたたかれることは覚悟の上ではあるが、大きな危険を冒す以上、高く売りつけなくてはならない。

成功すれば、今まで以上の栄華が期待できる。成功すればだが。はっきりとしていることは、ゲルマニアの成り上がりどもに頭を下げなくてはならないということと、ゲルマニアに縋らなければ蜂起が成功したところでなぶり殺しにされるだけであるということだ。

ゲルマニアにしてみれば、私が蜂起したところで痛くも痒くもないのだ。反乱を鎮定するために、前線から戦力抽出が行われればそれでも最小限の利益を得ることができる。あるいは、傭兵など多少の援助だけ送ってよこし、内戦に近い形でこちらを疲弊させることで講和交渉に際してこちらの足元を見てくるだろう。交渉がまとまれば、私は用済みになる。

どちらにしても、愉快とは言い難い結末につながっているのが目に見えるではないか。

「ええい、小娘め、軍の暴走も止められないとは。」

事実上、軍の暴走を野放しにした責任はあの小娘にあるのではないか。自分の世界に耽溺するのは自由だが、こちらに被害を及ぼすならばそれ相応の償いをしても習いたいものだ。せいぜい、交渉材料として高く売りつけてやる。

だが、問題は蜂起に際してゲルマニアが否応なしにこちらに味方するような方策を探すことだ。交渉相手としてこちらに味方せざるを得ないような良策があればの話だが。

と、そこで彼はふと我に返る。誰も近寄らせていないはずの自室の扉、そこからこちらを覗き込んでいる者がいる?

「そこにおるのは誰だ!」

使用人か?聞かれていたとしたら口を封じなければならない。いや、聞かれている可能性があるのだ。どちらにせよ口を封じてしまうべきだろう。そう判断し、杖を引き寄せたリッシュモンだが、彼の予想に反して不審者は堂々と彼の前に姿を現す。

「お初御意を得ます。リッシュモン卿。私共の主から以前新教徒どもの件でお世話になったと言付かっております。」

新教徒の件。こやつはロマリアの手のものか?しかし、容易に信用するわけにもいかない。まず、その真偽を確かめなくてはならない。仮に、このものが本当にロマリアの手先だとしても、以前の件は利害が一致したからこそ手を結んだのだ。いまさら、ロマリアが私に何を求めるというのだ?

「端的に申し上げましょう。ロマリアは、このブリミル教徒同士の争いを非常に憂慮しております。」

「おお、それは恐れ入る。私どもとしても、信仰を同じくする兄弟と争うのは本意ではなく、ロマリアの皆様にご心労を強いてしまい大変申し訳なく思っておりますとお伝えあれ。」

お題目でよければいくらでも応じてやるが、時間がない上に奴に蜂起の情報をつかまれるくらいならばここで亡き者にしてしまうべきではないのか?死人に口はない。そのような密使がこなかったことにしてしまえば問題はないはずだ。仮にも戦時下なのだ。最悪の場合には誤って補殺してしまったことにすればよい。要は、用件次第だ。

「それです、リッシュモン卿。貴方が正義と信仰を持たれる貴族と見込んでロマリアは貴方にお願いがあるのです。」

「ほう、なんでしょうか。私で皆々様のお役にたてるかどうか。」

「誠に、遺憾ながらこの戦争はトリステイン側が始めたものであるとロマリアは認識しております。」

本題に入ってきおった。しかし、ここでうかつに言質を取られるわけにもいかない。なにより、これがロマリアの密使でないとすれば政治的に窮地に追い込まれかねない。まあ、相手が本当にロマリアからの例の人物が派遣してきた使者ならば最後の符号次第だろう。

「いや、しかし、それは。」

「立場上、口にされにくいかもしれませぬが、これはアンリエッタ王女のゲルマニアへの不当な干渉ではないのでしょうか?」

「失礼ながら、仰っていることの意味がわからぬ。」

まさか、ロマリアはトリステインの現王家を見限った?しかし、何のために?連中がゲルマニアの肩を持つ理由はなんだ。いや、むしろ、ゲルマニアは何故ロマリアを味方につけることに成功したのだ?ここで、言わんとされていることは、トリステイン王家にこそ侵略の原因があり、ロマリアは信仰を同じくする兄弟の争いを招いたという大義名分でアンリエッタの排除に大義名分を与えようとしているということだとすれば、当然ゲルマニアもその意図を了解しているとみるべきなのか?

「リッシュモン卿、貴方は高等法院を司る身であらせられます。当然のこととして、一切の私情を除かれ、正義と信仰の名において行動していただきたいのです」

「このリッシュモン、失礼ながら常にそうあるように努めてまいった身。ことさらに強調されるまでもないこと。」

筋書きは読めた。高等法院の名において戦犯としてアンリエッタを断罪することをロマリアはそのブリミル教の名において許可するということか。つまり、これはゲルマニア側にとっても有利なように筋書きを運べということだ。ゲルマニアの望むもの?

・・・始祖開闢のトリステイン王家の血か。

なるほど。だが、戦犯として裁き、許しを与えるという形でゲルマニア皇帝に嫁がせればよいのか?敗者の捕虜として遇すればまあ、良いだろう。あるいは、トリステイン王家に連なる人間を適当に差し出せばよいということか。いや、穏便な形を取るならばアンリエッタ王女をゲルマニアが保護するという形でも良いだろう。

しかし、これらが私にとって利益を具体的にもたらさなければ意味がない。はっきりと言って、それなりの処遇程度ではこれの対価に見合ったものが得られるとは考えられないからだ。

「おお、なんと心強いお言葉。」

こちらの、考えが読めないほど無能でなければ対価を示すだろう。さて、どの程度の報酬をこちらに提示する?

「私共、ロマリアとしては、これからもリッシュモン卿には信徒を保護していただきたいと願っております。」

「言うまでもない。ブリミルを共に信仰するものとして当然の義務を果たしたまでのこと。」

「ですが、このように不幸なことが往々にして起きてしまうのが現状です。」

不幸な出来事と言うが、実際にどう感じているものやら。確かに、こいつの主が例の件で協力した坊主ならば狂信的な聖地奪還主義者と手を結んでいても不思議ではないが。とは言え、建前としては確かに悲劇なのだ。せいぜいが、悲しげな表情を作っておくことにしよう。痛みをさして伴うわけでもないが、面倒ではある。が、その程度の労力にすぎない。このような努力を惜しんでいては政治で遊ぶなど夢物語だろう。

「そこで、リッシュモン卿、私どもは貴方にひとかどの指導者として信徒を導いていただきたいのです。」

ひとかどの指導者?また、どうとでも解釈しようのある言葉だ。

「むろん、信徒として責務を果たしていくのには異存がないが。」

「ですが、大変失礼ながら高等法院では王家の暴走を止められなかったのです。もちろん、是正できるでしょうがそれでは、信徒が苦しむこととなります。」

「ふむ、一つのご意見ですな。」

「どうでしょう、ひとつ、独立した公国としてこの地域を導いていただけないでしょうか?」

面白い提案ではある。だが、形式として、政治には必要な手順と手続きがどのような形にせよ存在しているのだ。ここで、与えられた目の前の利益に貪りつくのは愚策極まりない上にこちらを侮らせる隙となる。

「いや、ご提案はごもっともだが、私は杖の忠誠を誓った身でして、」

「ああ、お悩みになるお気持ちはよくわかります。ですが、どうか私人としての情ではなく大義のために情を克服してくださいまし。」

悪くない。独立した公国と言うことはこの場合、ゲルマニアの宗主権を認めるなら自治を認められるということだ。実質的にトリステインと大公国の関係に近いと思えばよいだろう。見返りとしては十分満足いく水準だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

何故か知らないけれども今日のアルカディアは重いです・・・。



[15007] 第五十話 参事ロバート・コクラン 謀略戦1
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/03/28 19:58
{ギュンター視点}

「よし、ボスの指示通り誘引を適宜行いつつ主力に合流する。」

目の前を覆い尽くさんばかりに展開している亜人たちだが、実際にはその数はそれほど多くない。比較的中規模な群でも、その亜人群には存在感があり空から見ていても個体として戦士をはるかに凌駕する身体能力が脅威を醸し出している。そのため実数以上に多く見えるのだろう。

とはいえ、行動は単純であり頭に血が上った状態で安易に行動してくるために知恵と戦術をもってすれば容易に御せる相手でもある。だからだ、誘導作戦は恐ろしいくらいに順調に進展している。適当に餌をばらまき、食事時のところに散弾とメイジによるおもてなしを行うだけで順調にかかってくれる。

「しかし、散弾は予想以上に効果が薄いですね。」

「確かに。一応、逓減させる程度は期待したのだが。」

亜人討伐において散弾を斉射する機会が乏しかったために実際に使ってみなくてはどの程度の効果か未知数だった。一応、命中率は上がっているのだが砲撃担当の士官によれば歩兵に向けて撃ったのとでは全く異なる感覚だという。あたっても致命打を与えられていないという。効かないわけではないが、少々頭の痛いところだ。

まあ、実際に問題となりそうなのはそれくらいである。万一に備えて数か所の拠点を構築したものの実際にはほとんど使うこともないようだ。一応将来の前哨基地として使うことも想定しているらしく、かなりしっかりとしたつくりにするように要求されていたが、これならば討伐後もこれと言った損傷がなくて済みそうだ。

伝令の龍騎士に定時連絡を持たせて、フネを立たせる。概ね順調。誘導状況の報告と相互の連絡を維持。主力からは陣地構築完了の報が入ってきている。ミス・カラムが完了と言うのだ。間違っても入り込みたくはないような火力を備えていることだろう。



{ロングビル視点}

貴女は、お若いにもかかわらず大変な実力者だ。ぜひ、これからもダンドナルドの発展に寄与するためにお力添えをお願いしたい。これが、要約すると呼び出されて言われたものだった。

単純に言ってしまえば、コクラン卿の呼び出しはそう言った期待と勧誘の声かけのようなものであった。丁寧な物腰と、ごくごく平凡な勧誘の言葉はこれと言って特徴をもつものではなかったが、まあ貴族にしては物腰が柔らかい部類だろう。

まだ、未熟だといって謙遜し誘いを断ることも考えたが、ここははぐらかしておくことにしようと思う。おいしい話に飛びつかないということは、それだけで相手に警戒させるのでこちらが、相手の申し出を真剣に検討しているか、信じられないでいると思わせる程度に距離を取りつつ礼節にのっとって行動すればさほど注目されないと思っていた。

だからだ、『いや、働きには期待している。まあ、部署で全力を尽くされよ。適切に評価させていただく』などと言われた時には思わず自分のミスで身動きがとりにくくなってしまった。

なにがしかの人間が私の働きを評価しているのだろう。まずいことに、これをかわす術が私にないのだ。暗黙の監視ならば排除するなり、戦場のどさくさにまぎれて処理することも考えられるが、公然と多くの人間が見ているならば可能な限り隙を見せないようにするくらいしかない。まさか、フネの士官を全員と言うわけにはいかない。

すでに、ゴーレムの運用でいくばくかの役割を宛がわれてしまっている。このまま、ずるずると泥沼に陥ってしまうわけにもいかない。だが、私にはそれを回避するためにあまり選択肢がないのだ。

亜人討伐自体も極めて順調に推移している。すでに、誘導は最終段階に入り、渓谷に向けて亜人を誘導するところだ。いくばくかの挑発と少しばかりの食糧で亜人の群れはなだれ込み待ち構えている主力の攻撃と、艦隊による空からの攻撃で挟撃され討伐されることとなるだろう。

これまでに、さんざん亜人の群れを追いまわし、飢えさせてきている。おそらく、さしたる損害もなく順調に討伐作戦は終了することになるだろう。そうなれば、妥当な結果として論功褒賞が行われる。すでに、フネで誘導を行った人員は顕彰するとの公式の宣言が行われている。

褒賞が増えることを純粋に喜ぶクルー達だが、私にとって評価され、有名になることは身元が露呈しかねないという問題を抱えている。できれば、何とか静かに身を隠したいものだ。とはいえ、逆にそれで注目を引いてもどうしようもないのだ。

「まったく、嫌になるね・・・。」



{ロバート視点}

「コクラン卿、北東にギュンター分艦隊です。」

「確認した。向こうも、予定通り誘導を完了したようだな。」

状況は順調だった。艦隊は所定の配置についており、主力はすでに展開を完了し大規模な統制攻撃を行う用意を整えている。信号弾が上がり次第、渓谷を亜人の墓場とする用意は完了しきっていた。問題は、なんらない。

「ギュンター分艦隊より、手旗信号。ワレ、ハイチ、カンリョウ」

「了解した。受信信号を送り返せ。ミス・カラムにもいつでも良いと伝えろ。」

担当の士官が手旗信号で手際よく各隊へ連絡事項を完了したのを見極め、予定の変更がないのを確認すると、この時のために用意された信号弾を装填した砲を指揮する砲術士官に一瞥を与え砲撃を命ずる。

「手際良く済ませよう。」

信号弾が発射され始めるのを眺めつつデッキから指揮を執るべく、望遠鏡を手に取ったとき違和感に気がつく。

「信号弾は、7発では?」

「申し訳ありません。最後のものが、不発でした。現在処理中です。」

よい、この程度のつまずきならばさしたる問題でもないだろう。そう思ったものの、嫌な予感が何となしにする。戦場で勘ほど信頼に値する助言者はいないのだ。気を引き締めることにしよう。



{アルブレヒト三世視点}

「嵌められました!トリステインで反乱です!」

血相を変えて飛び込んできた諜報官の一報は、ヴィンドボナ中枢に激震をもたらした。トリステインの高等法院長が親ゲルマニアの立場を掲げて蜂起。主要な王族を捕捉し、トリスタニアを制圧して、講和を呼び掛けてきている?信仰を同じくする兄弟で争うことの無益さを訴え、武器を捨てよう?すでに交渉と援軍要請の密使がこちらに向かっている?

ロマリア宗教庁は、戦争の終結を求める教書を発表?

ありえない。

誤報ではないのか?

月並みな感想しか漏らせない諸官に交じりアルブレヒト三世は心中で盛大に罵詈雑言を一通りままならない現実に浴びせた。苦虫をかみしめたような表情を浮かべつつ、せいぜい不快感を他人と共有するべく、厄介事を処理できそうな人間に押しつけることにする。

「コクランを参事官として呼び戻せ。やつにこの件を処理させろ。」



{ロバート視点}

「やられた」

勝利の杯を苦くするのは敗北の苦みだ。

随分と、効果的な一手を打たれたものだ。それが、ヴィンドボナからの急使がもたらした一報に対するロバートの感想だった。親ゲルマニアの反乱。正直なところ、外から眺めている分にはトリステイン戦を早期に打ち切りたいゲルマニアが考えつきそうな手ではある。

「至急、帰還用意を。」

だから、世間は驚きつつも、ゲルマニアの所業だと勝手に納得するだろう。まさかと驚きはするだろうが、その思考は比較的理解しやすい筋立てを与えられればおのずとそれが真実であると信じ込むことが予見される。蜂起した連中も、本心からゲルマニアと裏取引している気にでもなっているかもしれない。

「龍騎士でダンドナルドに伝令。帰還次第、最速のフネでヴィンドボナを目指す。用意を。」

状況を整理しよう。腹立たしいことこの上ないが、状況は単純だ。どこぞの愚か者が、親ゲルマニアのつもりで、蜂起した。有名な格言にあるだろう。愚かな味方は有能な敵よりもはるかに悪質だと。しかも、面倒なことにロマリアが介入し、ご丁寧にも、親ゲルマニア姿勢を示している。

はっきりと言ってやりたくもないトリスタニア進軍すら視野に入れなくてはならない。いや、やらねばならないだろう。やらねば蜂起した連中は血眼になって怒り狂っている一部のトリステイン軍に叩き潰されかねない。正直、蜂起した連中の先行きなどどうでもよいのが私的な感想だが、戦略という見地からすれば味方を減らすような政治的自殺に他ならないので見捨てることは難しい。

前線は、状況を有利な状態に持ち込み、敵の前線部隊を拘束することに成功していた。だが、まだ敵の弱体化が完了したわけではないのだ。敵の主力艦隊がまだ残っている。敵艦隊を拘束しているだけで良かったものが、撃滅し進軍するとなると相応の手立てを講じなければ無駄な損害が出かねない。

都市を、空襲するものと占領するのではその労力も後者が段違いに大きくならざるを得ない。それもこちらの戦略的な予定を大幅に繰り上げる形で急激に進軍しなくてはならなくなるのだから予想される損耗は通常の比ではないだろう。

勝てるだけならば、難しくはない。問題は、勝利で何を得るかなのだ。ピュロスの勝利に酔う愚者には愚者にふさわしい末路があるのみだ。

なにより、致命的なのは、まともな交渉相手が根こそぎ駆逐されてしまっているということである。部分講和を希望していたのだが、これでは完全に降さねばならなくなってしまった。戦略資源獲得のために損害を度外視いなくてはならない状況でないにもかかわらずである。

冷静に損得算を行い、ゲルマニアにとっては過度の介入そのものが赤字であると判断する意見は決して多数派にはなりえない。大方、これほど面倒な仕掛けを効果的に行ってくるのはガリアあたりだろう。だがそれが分ったところで仮に、ゲルマニアが関与を否定したうえで真の黒幕はガリアかその一派だと主張したところで受け入れられるかどうかは微妙なところだ。

当然、王族を捕えたと称する以上、その処遇についてもゲルマニアに委ねられる事となるだろう。処断?論外だ。始祖由来の血脈を暗殺ならばともかく、公的に処刑するのはロマリアの介入が面倒になる。では、恭しく保護する?国内貴族どもに恩賞を与えずに保護してみれば愉快な結果になるだろう。

いっそ、皇帝と婚姻政策を行うか?以前却下した理由は後継者問題だ。排除すればよいが、そもそもの問題として、厄介事を抱え込まないほうが賢明だろう。むしろ、いかにしてこの厄介な来訪客を始末するかを考えるべきだろうか?

トリステインの反ゲルマニア貴族らによる襲撃を誘発し、輸送途上で暗殺?リスクが大きすぎる上に、事態をこちらで把握しきれないのは許容しがたい。さらに、反ゲルマニア派に一定の求心力を与えかねないのが問題だ。かといってメンツの問題から、解放するのは論外。こちらの内政事情はそれを許容できるほど中央が安定していない。

まったく、ヴィンドボナにではなくトリスタニアに網を張っておくべきだったのかもしれない。常に後手に回っている印象がぬぐえないが、これでは完全に後れを取っている形だ。いっそ、蜂起した連中が不手際で殺してしまったことにするか?それがうまくいけば将来的な問題は解決するが、一方でまた面倒な事態も予見される。

中央に貴族の私兵団が駐屯する状況を生みだしたのはトリステイン王家の失策と言えば失策だが、逆に言えば状況があまりにも混沌としてしまっている。いくつかのメンツをつぶされた有力貴族が王都へ進撃しようとしているとの報もある。

今回の戦いは、そもそもがトリステイン側からの暴発であった。戦後統治の費用と得られるものの欠如を考慮すれば搾り取ることこそ考慮に入れられるが、それにしてもそれらは現実的な範疇に留めて損失を最小限度に抑えることのみが目的であった。

ところがだ。まともな交渉相手はことごとく蜂起によって駆逐されるか、捕縛されてしまっている。蜂起した連中は、親ゲルマニアのつもりで捕えた王族やらをこちらに嬉々として手土産にしてくるだろう。そうなれば、行きつく先は全面侵攻しかなくなる。赤字もいいところの上に、泥沼化すら懸念される。

愚か者を煽てて、躍らせるだけでこれだけの成果を出せる謀略は忌々しいまでに見事なもとしか言いようがない。あの鉤十字どもの先達に当たる鉄血宰相の手際を見ているような錯覚に一瞬でも駆られるほどだ。敵が有能なのは少しも歓迎できない事象の一つだが、有能な敵から無能な味方を大量に押しつけられるのは、もはや形容しがたい悪夢だ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

ガリアの
ガリアのための
ガリアによる謀略です。

ゲルマニア:不毛な消耗は避けたいよ。

ガリア:消耗してちょ。

というわけで、ガリアがそれとなく蜂起をゲルマニアの手の者風に誘導してみた結果がこれだよ!

「ゲルマニアの方から来ました。」
といっしょですね。消防署“の方”から来ましたのゲルマニア版です。

前回の断章で、それとなくリッシュモン卿にゲルマニアが反乱を肯定しているような意識誘導に近い文脈で書いてみました。

リッシュモン卿はむしろ、だまされた口です。
ロマリアは、まあおまけで付いてきたと。



[15007] 第五十一話 参事ロバート・コクラン 謀略戦2
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/03/30 17:19
{ロバート視点}

ダンドナルドからヴィンドボナへ向かう快速コルベットの船室でロバートは、ヴィンドボナからもたらされた最新の戦況と各種報告に頭を抱え込むこととなった。トリステイン貴族などいちいち覚えていないので、主要貴族の名前のみ頭にあっただけだが、この情勢下では些細なきっかけすら見逃すわけにもいかずに貴族録に齧りつき、士官候補生時代を思い出す勢いで暗記しなくてはならなかった。

だが、それらも頭痛の緩和と言う点においては有効だろうと、認めるに吝かでもないのが現状だ。最新の報告によればロマリアは、完全に善意の第三者と言う形で大幅に介入してくるという紛争当事者にとって最も望ましくない形で干渉し始めている。

「つまり、彼らは何がしたいのですか?」

「確証はありませんが、ガリアから相当の資金が動いています。現在、宗教庁の一部は商人と同じです。」

相当やつれた顔で同乗したラムド伯から、最新の情勢についての分析を聞きつつ目の前の各種報告書に目を通す。想像以上に、事態の進展は急速に悪化している。良くも悪くも利害にさとい貴族と、無駄に矜持の高い英雄願望の愚者どもが壮絶な泥仕合を繰り広げるもの時間の問題だろう。

前線からは、辺境伯を中心として急激な戦線の押し上げに対する懸念の念が伝えられてきている。領地を隣接する宿敵の排除には歓迎の趣がいくばくか含まれているが、それらを放置して敵主力の包囲、せん滅を行いトリスタニアへ進軍することには現状の軍備では二の足を踏まざるを得ないようだ。

「前線では物資の調達状況がよろしくないのです。」

「何故です、ラムド卿。ムーダの船舶を総動員して後方の補給網を稼働させれば辛うじてではあるものの前線に送り込めるはずだ。」

「後方の補給網はようやく整備され始めたばかり。前線では、停泊地が足りないのです。」

これは、整備された停泊地に慣れ切った失態か。前線で通常消耗する物資はある程度余裕を持って備蓄されている上に一定量の消費が続いていたために若干の余剰を持たせる程度の停泊地がようやく整備されている程度であった。書類上は、停泊地とあるものの前線の動向次第で簡単に変更が出来るような簡易仕様なので、設置自体は容易なものの、面積の割に収容数・機能ともに限定的とならざるを得ないでいた。

損害と消耗を度外視すれば、進軍は可能だろう。だが、問題はそれだけの価値がある成果が期待できないにもかかわらず進軍しなくてはならないという問題である。戦後の処理を考慮すれば無益な損耗は論外と言わざるを得ない。だが、戦後の政治戦略を考える際に、進軍は不可避なのだ。

ある程度、纏まった物資に優勢な戦力。これだけの条件がありながら、友軍を救援できなかったとなれば相当の政治的な失策となる。救援できるだけの力がありながら友軍とされる存在を見捨てたとなれば面倒事が追加されるのだ。信じてもいないブリミル教だが、ここで蜂起した間抜けどもが自然死の範疇で急死するならばいつも以上の寄付程度ならば喜んで応じてもよいくらいだ。

「さて、厄介なことに財務担当・外交担当のトリステイン貴族は拘束されており穏健派は完全に勢力を失っています。」

「この状況下で、交渉相手がいないのは悲劇ですな。」

「まったくもって。多少の望みをかけて前線部隊と交渉することも考えたのですが・・・」

話にならないだろうということくらいは容易に想像がつく。いくら士気が低迷し脱走が相次いでいる軍であっても、それだからこそ追いつめられたと感じれば窮鼠猫をかむともなりかねない。逃げ道をある程度用意するのは敵の崩壊を容易にする上で不可欠な方策なのだ。だが、これでは背後から追撃と言う戦果拡張は期待できそうにもない。

難しいのは、ロマリア側からの支援とも横やりとも受け取れる教書は、教皇の意向を体現したものではなく、ロマリア宗教庁の声明であるという点だ。ある程度の、政治的な影響力こそあるものの本格的にトリステイン貴族どもがひれ伏すほどの効能は期待できない。

このような、状況下で信頼すべきはむしろ友好的な第三国による仲介、すなわちアルビオンによる仲介交渉だろう。かの国には、内紛のごたごたをそれとなく支えてやったという貸しがあるのだ。国家にとってこの手の協調関係は持続性こそが重要なので、相互に友好関係を再構築するという点からもアルビオンによる仲介は一定の有効性が期待できる。

「アルビオン側の意向は?」

「もともと、事態を憂慮していたので仲介には喜んでとのことです。」

「それはありがたいですな。」

ここで、なにがしかの法外な対価を請求されるならば友好国としての在り方に疑問をつけることとなるだろうが、これならば比較的良好な良識ある隣国として良い関係を維持することが出来るだろう。

「ですが、その程度ゲルマニアも予想しているのではないかとの懸念がありましてな。」

確かに。第三国の動向を正確に把握するのは極めて困難であるが、ガリアの密偵はアルビオン全土に散らばっていることだろう。状況の大まかな把握程度は容易であろうし、主導的に事態を動かしてきたことを考えれば、アルビオンの仲介を妨害してくることも想定に入れておくべきだろう。あるいは、ぶち壊しを狙ってくるかもしれない。アルビオンの仲介で交渉がまとまり調印式に赴くアルビオン・ゲルマニアの使節団を襲えばアロー号事件が再現できる。

「・・・その通りですな。まったく疑い始めればきりがない。」

アルビオンを巻き込んで、やりたくもない仕事を抱え込むことになるのは、ごめんこうむりたい。ただ、アルビオンと負担を共有すること自体には不満がないのだが。もちろん、負担に相応の対価をこちらが用意することを考えると費用負担で頭が痛いがそれらは、政治的な取引で対応すれば済む話だ。理性的な相手との交渉は、油断がならないものの常識の範疇で交渉が出来るだけにありがたい。

「ところで、蜂起した連中の要求はどの程度厚かましいものでしたか?」

視点を変えることも時には重要だろう。そう判断し、現状で面倒事を持ち込んできた連中が嬉々として手柄だと思っている事柄に対して何を要求してきたか確認する。忌々しいことではあるが、公式には彼らを顕彰するか、ある程度の理解を示さなくてはならないだろう。足を引っ張った愚か者を引き立てるなど、砲弾を転がされる最悪の一歩手前だ。

「それが、はっきりとしません。」

「・・・援軍要請等は来ているのですか?」

はっきりしないということは判断材料が乏しいということだ。当たり前のことであるが、つまりこちらとしては最小限度の配慮で済ませたいが、対外的なものと、相手の要求額がわからないだけに下手に手を打つと面倒事に発展しかねない。

「そちらは、蜂起直後にまっさきに送られてきました。」

「我々の都合を無視していること甚だしいですな。」

「まったく。こちらに恩を売るつもりなら、蜂起前に一言声をかけるべきでしょうが。」

呼応した形で蜂起することにしてくれれば、まだ最小限の損害で進軍できただろう。用意を整えた攻勢が一番攻勢の中で損害を出さなくて済むのだ。まあ、相談されたらただちに自重を促したであろうし、今回はロマリアとガリアの脚本で踊っている道化なので求めること自体が違うのかもしれないが。

「ラムド卿、卿の指摘するとおりでしょうが、経験則からいってトリステイン貴族がそこまでの頭を持っていると判断される材料はおありですか?」

「いや、失礼、確かにおっしゃる通りだ。」

「どうも、お疲れのようですな。」

そう言い、軽口を交わしながら器用に肩をすくめつつ戦況図と援軍の針路を書き込んでいく。戦線は現在二つ。侵攻路は空と海と陸。問題は、破壊でも、敵のせん滅でもなく、敵地後方どころか中央の救援という任務なのだ。

第一案、セオリー通り敵戦力を分散させたまま確固撃破。第二戦線から助攻にでて、第一戦線から主攻?むしろ、逆にして、第一戦線で敵主力を拘束し、第二戦線から攻勢により突破、トリステインを大きく横断し、迂回挟撃で敵艦隊及び正面戦力を包囲せん滅のほうが効率的か。しかし、時間的な制約から当該案を今回は見送らざるを得ない。

第二案、忌々しい鉤十字どもに倣って一点突破、包囲せん滅。この場合は、艦隊を衝撃力として第二戦線の敵前線をぶち抜き、全面侵攻を行うか?だが、地上部隊の進軍速度は、機械化されたそれとは遥かに速度が異なる。艦隊は、打撃力には優れるが、地上を占領するには戦力がやや不足している。補給線の確保と、時間的な制約も懸念材料。

第三案、第二案に修正を加えたもの。艦隊をトリスタニアへ増派し、防衛戦を支援。トリスタニアへの地上部隊の進軍までの時間を稼ぐ。これならば、時間的な制約はある程度逃れられる上に、政治的にも安全ではある。だが、艦隊は万全の支援がなければ戦力を十二分に発揮することはできない。艦隊戦力を分散配置すること上、拠点防衛に艦隊を使うために、遊兵化の懸念も無視できない。派遣した艦隊を蜂起した貴族達からの補給に依存させることも危険である。

第四案、全面侵攻による損害度外視の制圧。可能か不可能かで議論するならば、可能なものの範疇に含めることもできるが、もっとも忌避するべき選択でもある。敵戦力を圧倒できるうえに、上記3案の問題点は解決されるものの、損害が許容範囲を圧倒的に超過することが予想される。

「ラムド卿、純軍事的な解決策は犠牲が多すぎます。絡め手から解決できそうな糸口に心当たりはないものでしょうか?」

「難しいですな、一応、離間策等をもう少し時間があれば効かせることもできるのでしょうが・・・。」

「寝返りを決意させるだけの時間的な余裕がない、ですか。やはり制約事項は時間ですね。」

嘆かわしいことだが、文明人にあるまじきことに、問題の解決に暴力を用意なくてはならないようだ。文明人ならば、初めから殺しあうのではなく、たとえ未開人のところへであっても海軍艦艇でこちらから赴き、程度に応じて説得するくらい度量が大きくなくてはならないのに。まあ、さすがに、やりすぎも問題であるのだが。

「時間で言うならば、現在の最大の問題は、二つの魔法衛士隊がトリスタニアへ急行しつつあるとのことです。」

「第二戦線に貼りついていた二つですか?」

曲がりなりにも、魔法衛士隊は精鋭だ。少なくとも、通常のトリステイン王国軍に比べれば戦力として極めて優れている。それが、前線を放棄しトリスタニアへ急行しているというのは頭が痛い展開となる。第二戦線が追撃をおこないつつ拘束しているが、一部は追撃を振り切りそうだという。

報告の時点で、一部に逃げられかけていたということは快速の部隊は一部離脱に成功し王都へ急行中だろう。そうなると、面倒事がさらに厄介になることが自明の理だ。快速の艦隊で襲撃し、進軍を阻止することも視野に入れなくてはならない。曲がりなりにも、敵戦力と相対している前線で、快速部隊の抽出と戦線投入に耐える指揮系統編成を短時間で行う?

なかなか、重労働にならざるを得ないだろう。指揮官の人選も難しい。いっそヴィンドボナで善後策を議論し次第、前線に飛ぶか?だが、情報は多角的な角度から分析するべきだし、外交情報等はどうしても後方の方が豊かだ。情勢次第で、後方から指揮を執るか前線に赴くかは判断するべきかもしれない。

「参ったな。龍騎士で急使を送り出して、追撃を艦隊に命じていただけませんか。」

「コクラン卿、それは越権では?」

「御忠告には感謝いたします。ですが、機を逃すことなく軍務を果たすのが軍人の責務でありましょう。」

厳密に言えば、艦隊に行動を命じる権利は現時点ではないのだろう。指揮権が追認される公算が高いためにさほど問題とならないで済むかもしれないが、軍権の管理が甘い現状だからこそ可能だとも言える行動になる。さすがに、何度も行いたいとも思わないが事態を収束する方が優先させられても問題ないだろう。

とにかく、事態を少しでも悪化する前に改善させなくてはならない。ここまで、戦略上の後れを取ったならばおそらく戦術での盛り返しは困難だ。勝利ではなく、最小限の敗北に留めなくてはならない。極めて面倒極まりない。

「では、私も裏書きを行いましょう。そうなれば、ある程度は良いでしょう。」

「貴公に感謝を。」

「いえなに、貴方についていけば立身も間違いなさそうですからな。恩を売っておこうかと思いまして。」

まあ、同僚に恵まれたことは数少ない良い点だろう。ここで、無能な人間と共に仕事をしろと言われれば、たまったものではない。面倒事を引き起こすわけではないが、主計官と仲良くやれといわれるくらい難しい問題である。なにしろ、妥協できる問題でもないことがあまりにも多すぎるのだから。

「では、ここはありがたくお世話になっておきましょう。」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき
(≒言い訳)
季節の変わり目なのか、微妙に体調が・・・。
まったり更新中・・・。



[15007] 第五十二話 参事ロバート・コクラン 謀略戦3
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/04/02 14:34
{アルブレヒト三世}

ヴィンドボナで盛大に、諸賢の意見を求めるという名目のもと壮大な舞台が開幕された。

政治と言うものは、表舞台と舞台裏に分けられる。役者は、舞台裏で決められた脚本を壮麗に演じ、失敗すれば失態として退場を迫られる。だが、大抵の役者は表舞台での演技に慣れているものだ。少なくとも、ここ帝政ゲルマニアで最低限の許容を超えてしくじるような人間はそもそも舞台に上がれずに蹴落とされる。

「余は、ここにゲルマニア皇帝として、ブリミル教徒として、この戦争を早期に終わらせるべく行動することを決意する。」

心にもない演技をすることのなんとむなしいことか。無駄だとわかっていることをやらねばならないことのなんと気乗りしないことか。心中に、醒めた自分を認識しつつも脚本を彩るために、感情をあらわにしていかにも苦悩に苦しみつつも行動するといった表情を作る。

「閣下、諸卿を代表しお尋ねする愚をお許しください。」

一刻も早く、前線の状況を把握したいであろう諸官の中からいかにもと言わんばかりに役目に従って一人の侍従が前に出てくる。道化役をコクランに演じさせようかとも思ったが、やつは情勢の把握が必要なのでと逃げおった。

「構わぬ。諸賢の意見は等しく余の求めるところである。」

「何故、かの時期に武器をこれ以上取る必要がありましょうか。」

むしろ、武器を取って、忌々しい坊主の首をはねたいと貴様の顔に書いてあるではないかと正直な感想を持つが、それは演技の題目と違うのだ。

「それが、諸賢の疑義か。確かに、戦争の終結という一つの大きな目的が達成されつつあるときに武器を取るのは余とて本意ではない。」

「ならば、剣を置き、隣人と友人になればよいのです。隣人と、共に歩む道を求めるべきでありましょう。」

貴様らの『友人』は物騒極まりないがな。余が皇帝に上り詰めるまでにどれほどの『友人』と殺しあったことか。どれほど邪魔されたものか。公式の場では和やかに会話する程度の関係でもって友人とするならば彼らは良い『友人』だった。いささか、見栄えが悪い上に知的側面に欠陥があったがその程度の欠陥ならば許容してやろう。

「卿らの慈悲の心は、誠に賞賛するべきである。だが、だからこそ戦争を終えるべく尽力した友人の求めに応じて剣を今一度手に取り、真の平和を求めることこそブリミル教徒の鑑であろう。」



{ロバート視点}

宗教が影響力を持つという意味合いについてかつて祖国は国教会で応じたことがある。廃案になったが、ゲルマニアにおける国教会の有用性も今後検討しておくべきかもしれない。だが、現状では目の前の課題である直近のロマリア宗教庁対策に専念していかなくてはならない。

「教書への対応は?」

厳密に言うならば、聖務を司るロマリアの各行政府が出す教書自体はさほどの拘束力を法的に持つ訳ではない。ただ、かの国の意向が表明されるにすぎないのだ。やや、影響力が強すぎるという問題は過分にあるのだが。教書の影響力は極めて強力であり、その点に関してはハルケギニアの各国も歴史的に対応に苦慮していたようだ。

だが、これらに対処する方策が皆無なわけではない。権威的な文章や声明であるならば、それらの権威を上回るものによって上書きすればよいのである。この場合で言うならば、ロマリア宗教庁と言うロマリア行政機関の最高機関を上回る存在、つまり教皇の勅書、回勅である。

「宗教庁の教書に対して、先ほど閣下の演説とほぼ同じ趣旨で回勅を教皇が出すと密使が。」

戦争をやめよう、この方針は変わらないだろう。だが、現実的な人間ならば、そのために行動することに大義名分を与えて恩を売ることのメリットも理解できるはずだ。そして、今の教皇は忌々しいまでに策謀好きで、聖地奪還に燃える狂信者とのことだ。

「対価に何を?」

「莫大な寄付と様々な恩を売りつけてきました。」

まあ、その程度はある程度予想済みであるので今は苦虫をかみつぶすにとどめておこう。
と、そこに部下と情勢を分析していたラムド伯が最新の情勢を持ってやってくる。ロマリア情勢で最新の情報を龍騎士が運んできたようだ。

「どうやら、いまさらながら、ロマリアで他国への教書のあり方について教皇が検討すると言い出したようです。」

「ほう、今さらですか。気がつかなかったわけでもないのに役者ですな。」

「どのみち、親ガリア派の司教らの動きを掣肘しなかったということは、あぶりだしと害虫駆除を兼ねているのでしょうな。」

教書の出し方について疑義をはさむという名目で粛清を正当化する気だろうか?どちらにしても、自浄能力を誇っているように見せつけられるのはあまり気のよいモノではないし、それで恩が売られるとなれば忌々しいことこの上ない。なにしろ、その程度のネズミのような動きなど把握できない教皇ではないはずだ。そうでなければ、あの汚濁のような中で政治的な地位を確立しえるはずがない。

「いい身分をしている。旨みだけを持っていかれると詐欺師を相手にしている気分だ。」

「まあ、腐敗した教会ほど悪質で厄介なものもありませんからな。」

ラムド伯のつぶやきにまったくもってその通りだと同意しつつ、頭の中を不満から現状の問題解決へ切り替えることにする。強硬な進軍を可能にするためにはある程度前線部隊を発奮させる材料が必要になる。それも、長期的にではなく今すぐに。

「しかし、貴族らはどう判断したものか。」

「大義名分が与えられ、恩賞も目の前にぶら下げられれば従軍を拒絶することもないかと。」

「コクラン卿、その件については、そろそろハイデンベルグ侯爵と協議するべきでしょう。」

恩賞の問題については、貴族の中でも有力な軍人たちの意見を軽視するわけにはいかない。この面においてハイデンベルグ侯爵は武人らしい武人でありある程度の合理性を持った提案を行える上に、軍人の意見を代表するために向こうの意向が把握しやすい。

「だが、貴族の大半は従軍をした結果として中央の影響を排除せんと欲するでしょう。」

有力貴族は恩賞として土地を要求するだろう。下手に力をつけさせるわけにはいかないし、戦功を無視することも危険で戦後処理ほど厄介なものがないと実感させられる。まあ、トリステインには地図から消えてもらった方が戦後処理としては完璧だろう。ドイツのように、搾りとりすぎようと過度に懲罰的な内容にするとフランスの元帥がいみじくもつぶやいたように30年の停戦にすぎなくなる。だが、これらは頭の片隅に留めておくべきことだ。

「それもそうですな。しかし、中央の戦力が減るものいただけませんぞ。」

「代案として比較的、大貴族と利害が対立している小規模な男爵や准爵を大量に動員してはどうでしょうか。」

ラムド伯のように中央寄りで成果を上げられるような人材だけが帝政ゲルマニアの貴族であるはずもない。当然、もともとの爵位が低い上にさして他人よりも秀でている手腕がないモノとて少なくはないのだ。以前、魔法に関する研究のために予備調査としてヴィンドボナ魔法学校の生徒を対象として進路研究を行わせたが、多少意欲的な程度で他の魔法学校の生徒と比較しても優越性が見られなかったことからこれは普遍的な現象なのだろう。

「目的は?」

「もともと、経済的に困窮した厄介な貴族はどこでもいるものです。」

ついでに言うならば、爵位をもちながらもさしたる収入源を持たずに爵位を手放さなくてはならない貴族達は意外に多く、不平不満を持ち合わせていて中央の影響力を及ぼす上で一つの問題となっていた。治安上も不満を持ったメイジや、爵位を手放さざるを得ないメイジの存在は危険と言える。

「で、あるならば一つ盛大につぶし合わせてはいかがですか?恩賞をトリステインの強硬派貴族領地から宛がえば、土地を持たない不平貴族達が間引ける上に恩も売れましょう。」

彼らに活躍の場を与えよう。新興貴族達として軍人としての実力があるものは引き立てよう。無能なものは、この戦役で活躍できずに戦場で倒れるか、戦功不足を理由に爵位を剥奪することをちらつかせればそうそう反抗できるものでもなくなるだろう。大貴族達の実力を伸ばさなくて済むという点を取ってもこれらは大きな成果が期待できる。

さらに、土地持ちになれる希望があれば、小規模貴族達もなけなしの資金で傭兵をかき集めてでも従軍してくることとなるだろう。当然、通常よりも多くの兵が動員される上に、一部は私兵軍に仕官することも考えられる。これまでさしたる動員能力を持たなかった小規模貴族達でトリステインの制圧を行うので計算外の余剰戦力を捻出することが出来る。それに、大半が近隣の大貴族の影響力から距離をとれるだろう。これも大きな利点だ。

なにより、対ガリア及び有力貴族への戦力均衡策と言う点で、ヴィンドボナ管轄の戦力をさほどトリステイン方面に割かなくて済むということのメリットは大きい。言い換えるならば、これまではむやみに戦線の拡大を抑えるために中央の指示を聞きやすい諸隊を前線に貼りつかせていたが、進軍し被害担当を担うだけならば臨時編成の諸公軍で一向に構わないとも言える。

特に、諸公が傭兵で戦力を編成している場合、損害の申告を行おうにも私兵軍でないためにこちらが相手の足元を見て交渉できるというのも大きい。自らの私兵を持って国家に軍務で貢献したとなると相当の評価をしなくてはならないかもしれないが傭兵であれば常備軍でないために、費用を安く見積もって貢献の度合いを計算できる。

まあ、大貴族達の影響を極力排除しつつとならざるを得ないだろうが、現状で取りうる方策としては決して悪いものでもない。大貴族の影響を派以上するという政治闘争はある程度時間的な余裕が現状ではあるのだから。

「やれやれ、とりあえず方針としては諸公軍を主軸として各地の制圧を行わせましょう。戦略上の要衝のみこちらの手のものに抑えさせることは怠らないでください。」

「戦略上の要衝の定義にも寄りますが、どの程度を想定されていますか?」

「トリスタニアは政治的な理由から、トリステインにおける空路の要衝であるタルブは艦隊行動上絶対に直轄地として頂きたい。」

旧王都に諸公を任じるわけにはいかない。それは、将来的に独立をもくろむ素地をこちらで育てるようなものだ。タルブに関しては艦隊行動上、可能な限り速やかに制圧されなければならない。

「むしろ、それらは妥当な水準ですな。」

「さらに、沿岸部と、ラグドリアン湖近隣も抑えられるだけ抑えたいと思います。」

「ラグドリアン湖は対ガリアの観点からも理解できますが、沿岸部の理由はどのようなものでしょうか?」

「交易の統制及び把握です。空路はムーダがある程度抑えています。タルブを抑えれば空路に関しての流通は把握できますが、海路も統制するべきでしょう。」

交易に関してはどのような努力を払おうとも陸路よりも海路の方が大量の物資を運ぶことが可能だ。迅速さと言う点ならば空路がこの世界では鉄道に相当するかもしれないが、いくつかの違いがあることを運用に際しては気をつけなくては思わぬところで足をすくわれることとなるだろう。

「把握しました。一応、こちらも諸官と諮ってみます。」

「ところで、諸外国の動向ですが他に気になるようなものはありませんでしたか?」

あくまでも、戦略的な環境があって初めて戦術上の勝利も意味があることになる。仮に、100万の大軍を10万で打ち破ろうとも、敵に10万が残っていれば全滅してしまっては意味がない。

「むしろ、ガリアの影が見えないのが気になります。まさか、ロマリアの単独の演出と言うことはあり得ないでしょうか?」

「確かに、宮廷陰謀などは彼らの得意とするところでしょうが・・・。」

確かに、それは奇妙ではある。

「いや、しかしガリアの動向がそれだけ緻密であったということではないのか?」

ガリアの手の長さと賢さは嫌というほど認識している。今回の件にしてもガリアの見事な策略ではないかというのが首脳陣の共通認識だったのでは?この情勢下でトリステイン及びゲルマニアが泥沼化して利益を得るのはガリア以外にあり得ない。

「影くらいはさすがに掴めるはずです。なにがしかの偽装があったとしても違和感程度ならばわれらとて見つけられるはずです。」

「確かに一理あり、その通りです。ですが、ではどこが、何のために?」

アルビオンは間接的な被害者だろう。苦労して確保した空路が不安定化する上に、貿易相手国の政情が不安定化するのだから事態を収集することに対してある程度の動機を持っていてもおかしくはないが、悪化を望むとは思えない。ロマリアとて、対ガリアの牽制を担っているゲルマニアの弱体化を望むかと言われれば難しいが・・・。

「最悪の選択肢として、ロマリアが、対ガリアにおいてゲルマニアを制御するための陰謀の可能性を考慮するべきではないでしょうか。」

鎖のつながっていない強大な獣よりは多少劣っても制御しきれる獣の方が戦略的な選択の幅は広がるとも考えることは可能であり、そういった意味で見てみれば確かにこれらは有効な選択肢とも言えなくもない。

「あるいは、意図せぬ共演の可能性も排除しきれませんな。まったく、これだから、暗中を探索するような真似は好きになれない・・・。」

つまり、ガリアの動向をみたうえで、ロマリアがそれに便乗した可能性は否定できない。戦略的にみた場合、ガリアとロマリアは短期的にはそこまで利害が対立しないのかもしれない。だから、本当に意図せずして共演している可能性も排除できないのだ。

「まあ、仮定に仮定を重ねても混乱するだけでしょう。現状、できることで最善を尽くすとしましょう。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

ぼちぼちと話を書いているとどうしても書いては消してとなりますが、それでもぼちぼちとは更新していこうと頑張っていきます。



[15007] 第五十三話 参事ロバート・コクラン 謀略戦4
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/07/29 00:45
  {ロバート視点}

現状での最善とは何か?行動あるのみだろう。いくつかの重要な打ち合わせを行うと、私はヴィンドボナからただちに前線に向かって、移動した。

龍騎士の背に乗って先行していた艦隊と合流したのはそれから間もなくであった。さすがに、先行の指示を出してから、動き出すまでにいくばくかの時間を必要としたことと、敵前で艦隊戦力の抽出を行うのは時間を必要としてしまう。
ヴィンドボナから全速で飛んでくれた、龍騎士に礼を述べると、即座に艦隊司令部に乗り込み、指揮権の確認を行うと、戦略目標の確認を行う。打ち合わせ通り、トリスタニアへ全力で向かい、まずは王都を抑えることとなる。

「全艦最大戦速、目標トリスタニア!」

「アイ・サー!全艦最大戦速にて、トリスタニアへ!」

どうも、ここのところ、この世界の考えたかに馴染みすぎたせいか頭が鈍っている。走らせねば、猟犬や名馬とて駄犬や駄馬となるのだが、自身の事となると不快極まりない。いつもの祖国ならば、鉤十字どもの台頭を許すような失態を犯すわけもなかった。
エスカルゴ共が馬鹿なことをして、敬愛すべき祖国が失策を犯したことも平和に浸かりすぎていたからだろうか?そのように、気の抜けた状態ではこのようなぬるま湯の様な外交情勢すら複雑怪奇に思えてくるものだ。パラダイムは、祖国の方式を維持しなくては。
さて、統治の基本は分割にある。「分割して統治せよ」。この理念を解していなかったのだろうか?ともかく、敵の暗躍を許すことになったのは痛恨の事態だ。

「龍騎士隊の先行偵察に力を注ぎこめ!長距離浸透偵察が可能な練度をもつものはあるか?」

他国との利害を一致されることなく、ただ自陣営の利益を最大化せよ。この状況下において、利益とは何であろうか?取りあえず、ゲルマニアと私の利害は対立しない。であるならば、ゲルマニアの利益を最大化すればよい。
ゲルマニアの利益最大化に際して望ましい国際環境は?アルビオンとの友好を維持しつつガリアに隙を見せないことだ。
そして、ロマリアという嫌な隣人に笑顔で死んでくれと願い続ければ良い。同時に、ガリア、ロマリア、アルビオンの三者がお互いのことを殴りたいけれども自制する程度に嫌悪感をもつように仕向けられれば完璧である。

「数名ですが、精鋭がおります、サー!」

やるべきことが多いが、実務をこなす傍らで必死に頭を回転させる。目の前の敵を撃滅する方策を全力で模索しつつ、いくつもの可能性や、選択肢を考慮する能力は、海軍士官に必須の技能であり、同時に得意事項でもある。

「大変結構だ。前方の索敵に先行させるように。」

「艦長より、コクラン卿へ。交戦規定に関して照会であります。」

では、まずアルビオンとの友好を維持するためにはどうすればよいか?彼らは、確かにゲルマニアとの通商や友好関係の深化を希望してはいるものの、トリステインとの友好国でもある。
友好国に配慮し、戦後処理にある程度の処置を希望している可能性があるが、その思考システムを理解する必要がある。ここで重要なのはアルビオンがなぜ伝統的にトリステインの友好国であったかということ。
速い話が、大陸との交通路の一つとして無視できないからだ。彼らにとって農作物の輸入や、毛織物等の輸出の航路に中継地点が絶対的に不可欠である。ここで、ゲルマニアがトリステイン全土を領有することは両国間にとって対立点となりかねない。

「対空、対地の両方があり得る。敵地なのだ、識別信号に応答がなければ、先制攻撃を認める。混戦中の状況下で敵味方の識別を怠った者の責任だ。」

アルビオンの介入はない。余力も意図もないはずだ。だが、今後のことを考慮するならば、アルビオンとの関係を考慮する必要がある。先の演習で示された連中の、空軍は強力だ。敵に回しても得るところもない。
国家にとって永遠の友好国も同盟国も、まして敵国も存在しないのであるならば、ただ自国の国益があるのみだ。ルートを抑えられる可能性を考慮するのは地政学上不可避の反応とならざるを得ない。
笑顔で、こちらの戦勝を言祝ぎこそすれども、内心では疑心を抱いている可能性のほうが高い。であるならば、いっそ既存のアルビオン―トリステイン間の有力な港はアルビオン信託統治領にでもした方がよい。
こうすることで、アルビオンをトリステイン情勢に拘束することも期待できる。有事に、アルビオンが既得権益を死守するためには我々に味方せざるを得ないだろう。

「全艦に即応体制を命じておけ。」

次に、頭に何か神々の深刻な事情によって欠損を運命づけられた人々及びその他トリステイン貴族の処遇。まず、有能で反攻的な連中は引き続き拘束する。状況いかんでは家門を取りつぶすべきだろう。反抗の可能性及び、団結の種となりえる連中には早々に退場していただかねばならない。誠実で有能な人間を買うことは難しいが、売る程度ならば無能な人間にでも可能だ。
まあ有能な面々は、忠誠が期待できる面々のみ旧トリステイン領から切り離す形で辺境開発に活用。名目は、身の安全を確保するために移住を促すとでもする。せいぜい、亜人と仲良く遊んでもらい、碌でもないことを考える余裕がない程度に活路を用意する。
帝政ゲルマニアに忠実であると判断できれば、待遇をある程度までは改善させることも視野に入れておく。残りの無能どもを何カ国かの大公国にでも再編。そして、楽しく自分達で削り合ってもらう。

「龍騎士隊の準備が完了いたしました。」

「よろしい、何か情報をつかむか、敵影を確認次第、即座に帰還させるように。偵察は可能な限り、ツーマンセルを維持させよ。」

さらに、連中を牽制し、分裂させるためにトリステイン王族を大公国に任ずるという選択肢も検討の余地がある。現王家の直系が王女のみというのは実に望ましくない。始祖の血統になどなんら価値が見出せないとはいえ、他者はそれに価値を見出しているのだ。
ならばこそ、それを逆手にとり名目上の婚姻政策を採用する。それも、外戚がつかないようにと、戦後処理上妾か側室という形式を取るということにしてしまう。そして、名目上ゲルマニア皇帝の側室とでもして、叙爵し、一定の領土を与える。
ここで重要なのは、かの王女の養子認可や婚姻の一切を帝政ゲルマニアが決定するということだ。あの国の面々で、王室派は暴発するのは不可避に等しい。これは恣意的な反乱をおこさせるための火種だ。
鎮圧できる反乱は、政権を強化する。合わせて、投降してきた貴族達の忠誠を確認する最良の機会ともなるだろう。

「やれやれ、これでは、トリスタニアについてからが課題か。」

反乱を惹き起こさせるためには、ある程度の成功の見込みを与えさせることが重要。めでたい頭に、可能性をチラつかせてやればよい。例えば、戦後処理に不満を持っているゲルマニア貴族達が、トリステイン王家こそが始祖の血統をもつ正統な王室なのだと叫んだり、
一部で、はびこっているとの報告が入りつつあるレコンキスタ等のアホどもが唆せば蜂起は確定だ。いや、だが時期が不確定になりかねないのは気に入らない。それに、レコンキスタなる連中の目的や性質がどうも曖昧すぎる。最悪、ガリアのひも付きの可能性すらありえる。
ならば、いっそトリスタニアの駐留ゲルマニア軍司令官が寝返りを約束したと仮定しよう。駐留ゲルマニア司令官とは誰か?情勢次第では私がなることとなるだろう。

「とにかく、政治的な課題か。こちらに寝返りを打った連中の処遇も面倒なことだ。」

あるいは、勝敗が見込める程度に賢明で、無謀を行わない程度に理性的な軍人を任命してもよい。そして、トリステイン王家に同情的であることを最初から匂わせればどうか。おそらく所定の効果を発揮するであろう。
その上で、ゲルマニアの下風に立たせることを条件として、こちらの軍事力を拘束させないためにも、反抗するにはお互いが邪魔であるという程度に分散した領地に配置しよう。こちらのゲルマニア駐留軍は即応可能にしておき、洗い出しが完了した時点で一撃をもって鎮圧する。これで、同地域の不安定化工作をたくらむガリアやロマリアを掣肘できる。
また、ガリア対策は隙を見せないことだ。ガリアはロマリアと関係を改善するために活用できるだろう少なくとも、ある種の利害一致が期待できる。ロマリア一国では、ガリアに対抗できない以上、我々の軍事力は不可欠だ。政治的な影響力や統治上の問題形成能力が大きいだけに、できればガリアにロマリアを地上から昇天させしめてもらっても微塵の問題もない。
いっそ、秘密裏にガリアとゲルマニアが接近しているような工作でも行うべきだろうか?こちらを掣肘しようとすれば、どのような結果を惹き起こすか連中に理解できるように教育の機会を用意するのもよいかもしれない。だが、正直なところ地上から消えてくれた方がよっぽど人類のためなのだが。

「閣下、ムーダより補給について照会がありました。」

さて、肝心のガリアだ。我々の補給線妨害程度は、平然とやりかねない相手だろう。補給線には警戒するといっても、飢えることのないように警戒が不可欠だ。

「まずは、新鮮な水と食料だ。現状では、砲弾よりも食糧のほうが重要となる。」

敵地で出される物品を安心して食するというのは少々気が引ける。貴族連中が、何を思ってか一服持ってくる可能性は皆無ではないのだ。可能であるならば、自前の食糧で事を進めたいと思わざるを得ない。

「閣下、ラムド伯がお見えです。」

「ラムド伯が?よくぞ強行軍で追いつかれたものだ。ただちにお会いしよう。従兵!熱い飲み物を!」

ラムド伯には、我々と共にトリスタニアへ赴任し、状況の把握と外務の交渉に当たる任が与えられていた。だが、事態が事態であるために、出立しても我々の強行軍に追いつけるとは期待していなかったのだが。
まさか、こちらに追いついてこられるとはまさしく、外交官として驚異的なフットワークと評するしかない。この場にまで駆けつけてくれるとは、まさしくありがたいというほかない。事態が、我々の意図せざる方向に動いているのは間違いない。
この状況下、まるでこちらの取りえる選択肢が意図的に狭められているかのような状況なのだ。この策謀の筋書きを描いているのは、稀代の謀略家と賞賛するほかない。なにしろ、我々の取りえる最善手が政治的に限定されているのだ。
そして、その最善手は、多くの問題や課題を否応なくこちらが抱え込まなくてはならないような悪手ともなりかねないものばかりだ。いや、すでに、こちらの選択の自由など皆無に等しい。

「チェックメイト寸前ということか?実に厄介な・・・。」

こちらの合理的な思考が完全に把握されている?いや、分からない。ここまでわかっている人間ならば、何故このような策を弄する必要がある?根本的には、トリステインを滅ぼすことになる紛争を誘発する理由が、どこの国にもない。
ロマリアにしてみても、ガリアにしてみても、ゲルマニアやアルビオンにとってさえ、わざわざトリステインを滅ぼす必要性は皆無だ。アルビオンの国益にとってトリステインは安定が望ましいモノの特に敵対する理由がない。
ロマリアにしてみれば、鳥の骨一派の根拠地となりつつあるのだ。対抗派閥がちょっかいを出す可能性は皆無ではないが、得る物も少ない以上、ゲルマニアやガリアでの利権争いに血眼となるのが、当然のことだ。そうなると、やはりトリステインを使ってゲルマニアの戦略的柔軟性を拘束するのが目的となり、アルビオンかガリアの動向次第となる。だが、アルビオンは内戦寸前までいった混乱が大きい。内乱時の介入を恐れての策謀か?しかし、費用対効果や、成功率に加えて市場への影響を考えると望ましくないだろう。

「ガリア?しかし、意図が分からなすぎる・・・。」

まるで、走らせて、餌を食わせて、肥えたところに鉛玉を撃ち込もうとするようなものだ。意図が分からない。

「思考に囚われているか・・・。今は、なすべきことをなそう。」


  {ワルド視点}

第一報は、王都での反乱だった。第二報は、王都が制圧されたことと、王族や枢機卿等の拘束を知らせてきた。事態は急速に悪化しているようだ、そんな場違いな感想を思わず抱く自分は、やはり祖国への忠義を等に見限っているのだろうか?
そう、思いつつも当面は、魔法衛士隊の副隊長としての職分を全うしようと決意する。とにかく、行動しなくてはならない。聖地への欲求も、真理の探究も生きてこそ可能なのだから。

「子爵!君はマンティコア隊とグリフォン隊の一部を率いてただちに王都へ先行せよ。」

「拝命します。しかし、マンティコア隊も、でありますか?」

王都への帰還、それそのものは望ましいものかもしれないが、事態は切迫している。確かに、純軍事的な観点からすれば快速のグリフォン隊やマンティコア隊で先行することは望ましい選択肢だ。だが、それを、自分が率いるというのはどうなのか?

「風系統のスクウェアメイジの卿こそふさわしい。とにかく、事態を把握することが重要でもある。」

確かに、こういった情勢下で、風系統のメイジ、それもスクウェアクラスとなれば大きな働きができるだろう。だが、混乱しているトリスタニアを、精鋭とはいえ、魔法衛士隊だけで奪還できるのだろうか?
状況によっては、単独で、もしくは少数のメイジたちで王都内部から王族や、マザリーニ枢機卿等を救出しなくてはならないだろう。そうであるならば、少数精鋭であることが強みなるが・・・。

「では、可能であれば王族の方々を救出するのも、任に含まれるのでありましょうか?」

王家ならば、何か、聖地に関する秘密を知っているのではないか?何かの伝承があるのではないか?アカデミーは何かを知らないだろうか?そう思い、出世を重ねるたびに見聞を広めようとしてきたが、上手くすればここで解答が得られるかもしれない。
その思いが、祖国に、貴族達の在り方に絶望している自身の心を震わし、今一度祖国への奉仕を決意させることとなる。

「無論だ。卿には期待しているぞ!」

自分は、騎士ではなく、勇者でないのかもしれない。だが、母の求めた聖地への渇望と、腐敗しきった祖国といえども、祖国に対する思いがなにがしかは残っているようなのだ。上手くすれば、聖地に関する見聞を得られるかもしれない。

「はっ。ただちに先行いたします!」


 {???視点}

「報告です。どうやら、トリスタニアに魔法衛士隊と、ゲルマニアの艦隊が良いように急行しております。」

とある、一室で男達は、現状を「どう打開するか?」という一事に全てを注いで議論を行っていた。部屋の周囲には、護衛のメイジや衛兵たちが展開し、それとなく外部を寄せ付けないような雰囲気を形成してある。もっともここも秘密の通路や、隠し扉といった疑心暗鬼の産物を知らねば入れない隠し部屋であるのだが。

「ほう、ならばこのままいけば両者はぶつかるというわけか。」

「しかし、思い通りに動くかはわかりません。」

「魔法衛士隊の先鋒はワルド子爵、風のスクウェアともあれば期待できましょう。」

一瞬、その情報に男達の間にざわめきが広がる。風のスクウェアメイジ。その意味は、ここでは小さくない。さらに言うならば、現状で求められている人材としても、ワルド子爵という人物は、申し分ない役割が果たせるであろうことが期待されている。

「そう言えば、ロマリアからフネが来ておりましたな。」

「ああ、枢機卿団のかね。」

確かに、ロマリアの一部が気を利かせたのだろう。フネを用意している。救貧に回すとの名目で、物資を運んで来ているとの触れ込みだが、中には諜報員が満載されていることだろう。

「検討してみる価値はないでしょうか。」

「ゲルマニアを泥沼に突き落とすのか?」

「他に有望な選択肢はありません。」

男たちは、一様にお互いの表情を見やる。そこにあるのは、賛同の表情。事態は、すでにあまり面白くはない状況になっていることを示唆しているが、出しぬけるという案は決して悪くない。

「アルビオンの動向は?」

「当分は動けますまい。これで、かの国々は望もうと望むまいと・・・」

「それが、最善手か・・・。ここに至ってはやむなしだな。」

「次の機会を待ちましょう。」

「そうだな。では、手はず通りに。」

司会格の男がそういうや、即座に隠し扉に身を投じる。時間に余裕がない中で最大限の行動をするのだ。賽は投げられた。願わくは、始祖ブリミルの加護があらんことを。


{ロバート視点}

嫌な知らせとは、こちらの用意ができていないときに最悪のタイミングをうかがって訪れてくるらしい。思えば、マタベレでの勤務中も、雷撃が来たのは碌でもないタイミングであった。鉤十字どもといい、トリステインといい、とかく最悪の事態で、最悪な事態を惹き起こすことに関しては天賦の才能でもあるのではないだろうか?
あの、頭に深刻な欠損でもある連中のことだ。王族から、捕虜宣誓を取りつけて油断している間に逃げられたと思えば、当然といえば、当然である。そう冷静に思う一方で、確実に憤りを覚える自分もいるのだ。

「亡命されただと!?」

ラムド伯が血相を変えて、トリスタニアからの知らせをもたらした龍騎士に飛びかからんとしている。気持ちは良くわかるところだ。先行偵察の報告が事実であるならば、連中は一目散にロマリアめがけて亡命中だ。我々という盛大な、道化師が到着するのを待っているのは、おそらく混乱しきった貴族どもだけとなる。

「はっ、ロマリアの高位聖職者らが手引きをおこなった模様です」

「腐った坊主と、忌々しいガリアめ!」

怒りのあまり思わず手にしていたグラスを地面にたたきつけて、ロバートは呪詛の言葉を吐き捨てる。例えば、統治者の責任を痛感した王族が、悔いあらためて修道院に入るとしよう。どの程度、悔い改めていることができる?面倒事の雌鶏が一羽増えるだけではないか。

「片手で握手をしつつ、片手で短刀から毒を滴らせるとはいい度胸だ。」

「っ、ではロマリアの政治工作の一環ですな。」

教書に回勅。いずれも、政治的にこちらが対処にある程度の時間を必要とする代物だ。当然ながら、首脳陣の対応はこちらに集中することとなる。だとすればだ。その間に、この亡命劇の小道具が用意され、舞台の幕が上がることになる。

「事態を憂慮する、か。なるほど、確かに事態は憂慮すべき事態だ。」

まして、状況はゲルマニアにとって望ましいどころか、最悪の更新中である。本格的な戦闘を望んでいなかったにもかかわらず、現状では王族を拘束した貴族連中からの増援要請に応じて王都行軍を強行する羽目になり、あまつさえ肝心の王族がいないと来た。脚本は、ガリア。演出はロマリア、おそらくは鳥の骨に連なる枢機卿団。或いは、教皇の意図も入っているのか?

「道化もよいところですな」

「トリステイン貴族も、我々も、今頃ジョゼフにとってみれば笑い物でしょうな。」

事態を告げるべく、飛んできた急使から届けられた報告に、思わずラムド伯と二人して渋面を浮かべることとなる。新ゲルマニア勢力の救援という名目で派遣されている我が軍は、ここで引き返すことはできない。厄介なのは、王族が亡命し、明確な事態の終結方法が消滅してしまったということだけではない。どうやって降伏を認めさせるか一つとっても厄介なことになる。
だれが、どうやって降伏処理を行う?トリステイン貴族どもが、泥をかぶるわけがない。その一事において王家には価値があったのだから。戦後統治の方策すらおぼつかなくなりかねない。まったくどうして私がこのような理不尽な問題に直面しなくてはならんのだ。
正直に言って、私は狐狩りか研究ができればそれで良いのに、どうしてこのように面倒事を処理せねばならないのだ。私の職分は、あくまでも祖国防衛においてのみ高貴な義務を求められるものであり、祖国への奉仕でもないのに、これほど働かされるのは不本意極まりない。

「いや、一撃で解決できましょう。」

「は?コクラン卿、何を?」

機動遊撃戦だ。単純に言って、航続距離の観点からフネといえどもトリスタニアからロマリアまで直行ではいけない。そして、ロマリアには純粋な軍事力としての防空戦力が乏しい。ならば、追撃をかければ捕捉可能なのではないか?

「針路変更!全艦に作戦変更を通達!並行して各艦の艦長を旗艦に召集せよ!」

幸い私の戦隊はトリステイン戦初期から通商破壊作戦に従事している関係で長距離浸透攻撃の経験が豊富である。トリスタニア進軍を見据えて航続距離延長用に風石はかなりの余剰がある。戦隊で索敵線を構築し、追撃を敢行すれば捕捉できる可能性は少なくない。
王女の亡命規模から推察と、龍騎士による高機動の移動は困難だ。さらに言えば、航続距離の観点から一度か二度は、補給を必要とするはず。少なくとも、ムーダからの報告を信じるならば、ロマリアのフネにアルビオンに見られる長距離航行可能な性能をもつものは存在しない。最短路を取るにしても、ガリアを突っ切るならばなにがしかの補給をトリステインで済ましておく必要が高いだろう。
ガリア上空に侵入する前に、捕捉は不可能ではない。情勢如何によっては、ガリア侵犯も含めた全ての処置を選択肢に有しておく必要があるが。

「追撃戦発令用意!全速で針路ロマリア方面だ。索敵用の龍騎士隊出撃用意。」

一日程度の差ならば、挽回可能ではないだろうか?最悪、ガリアへの越境攻撃も辞さない。その場合、空賊に偽装し敢行する。

「二種偽装襲撃戦装備を用意させろ。ラムド伯以下外交官の面々には申し訳ないが、フネを乗り換えていただけ」

「アイ・サー」

「風石の余剰を移送。長距離浸透作戦だ。不要物の移送を。」

「旗はどこの物を掲げますか?」

「当然アルビオンだ。連中も馬鹿正直にロマリアの国旗を掲げて逃亡しているわけでもないだろ。だとすれば、ここで最も中立に近いアルビオンの旗が無難だ。」

「おい、龍騎士は迷彩を施しておけ。そうだ、索敵優先だ」

快速のフネを抽出し、最大戦速でロマリア方面に向かわせる。そして、搭乗させている全龍騎士隊でもって前方を捜索させる。
これだけ見れば極めて容易な作業であるものの、実質的に友軍支配地域とは大凡程遠い地域上空で長距離浸透襲撃を敢行するのと大差はない状況で行うのだ。多くの困難が予見されてならない。
未だ降伏したわけではないので、トリステイン軍との接敵の可能性を完全に排除するわけにもいかない。それだけに、索敵には神経を使わざるを得ない。前方に敵がいつ現れるか、そしてそれがどのような敵であるかは未知数なのだ。
そして、龍騎士隊による捜索は確かに多くの情報を集めることは可能である。しかしながら、こちらの龍騎士から接敵せんとするこちらの意図を第三者に気づかれる可能性も濃厚にある。
一応、保険の意味もかけてアルビオン旗を掲げ、龍騎士に迷彩を施させて捜索を行っているものの、気を抜くには危険が大きい。

「コクラン卿、お待ちいただきたい。どういうおつもりか。」

長距離航続になる可能性が高いため、随伴できるのは巡航能力の高いコルベットのみで、戦列艦等は次席指揮官に一任することになる。この場合、指揮権の関係上、辺境伯の同格者に任せることになる。まあこの混乱を名目としてトリスタニア進軍を取り止められれば良いのだが、そうはいかないだろう。ラムド伯以下、政治向きの専門家らが同伴しているので、トリスタニアでの加減は専門家に一任することにしよう。

「ラムド伯、亡命中のトリステイン王族らですが、追撃をかければ捕捉し得ると判断しました。」

「ですが、追いつけるのですか?」

疑問は尤もだ。もっとも、正確に質問をしていただくならば、トリステイン上空で追いつけるかということになるが。

「最悪、ガリア上空での遭遇戦になりますが、捕捉自体は可能であるかと。」

「ガリアを侵犯するおつもりか!?」

確かに、ガリアの侵犯は厄介な問題を生じさせかねない。だが、越境をどう判断するか、そして、越境可能かどうかという時点で疑問がある。明確な国境線地図が存在しない以上、錯誤を主張することは不可能ではない。無論、相手側の意図次第になるが。
理想を言えば、ガリア上空に侵入される前に、ロマリアのフネを捕捉、捕縛なり撃沈なりしてしまうことだが、現状の速度でそれが可能かどうかは微妙なものがある。ぎりぎり間に合うかどうかというところだろう。発見が遅れれば、ガリア上空で遭遇することになる。

「・・・仮に捕捉できた場合、撃沈ですかな」

「難しいですな。拿捕できればそれが一番だが、抵抗された場合撃沈も選択せざるを得ない。」

事は微妙な問題である。捕捉するのが最優先ではあるものの、捕捉してからも問題が山積している。極論を言うならば、代表格のアンリエッタ王女ごと搭乗したフネを撃沈できれば問題は解決する。だが、政治的には確実性が求められる上に正統性も不可欠だ。
死体の確認という全くもって気乗りしない作業を経ないことには、アンリエッタ王女の亡霊にゲルマニアが悩まされる素地を残してしまう。妖精の悪戯程度ならば、ジョークにもできるが亡霊が徘徊するのは許容の限界を超えてしまう。まして、アンリエッタ王女ほどでないにしても、王族が生き残り、ロマリアにわたっては後々の禍根となりかねない。
だが、ロマリア籍のフネにおそらく宗教関係者が搭乗している状況で撃沈というのは発覚すれば、政治的には致命的な問題を惹き起こしかねない。さながら、スペインの異端査問官の前の新教徒並みに愉快なこととなるだろう。さらに厄介なのは、ガリアの動向だ。ルート上でガリアを通過する場合、ガリア上空での戦闘は政治的に厄介な問題を惹き起こしかねない。それが目的かとすら一瞬勘ぐってしまう。

「拿捕しても、お嬢様を移送するのは気が折れそうですね。」

「確かに。下手に荒事にするわけにもいかない。ですが、最善を尽くすのみです。」

目を艦隊に向ければ、各艦から龍騎士の背に乗って、艦長たちが集合してくる。手早く事態の説明と、今後の方針説明を行い、速やかに行動に移らなくては。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

随分とご無沙汰しております。
ちまちまと、改訂したりしていましたが、一応、この話と纏めて、謀略戦は謀略戦という一つの話に纏めてみようとアイディアだけはもっています・・・。

今回は、まあ「王女様亡命しちゃったよ」ということで。
誰が責任持って降伏するの?
(要するに、降伏文章にサインするのはだーれだ?)
梅津大将みたいに、責任とってサインしてくれる人がいないのです。

7/29
細部を修正
でも、誤字等がまだあるやもorz



[15007] 第五十四話 参事ロバート・コクラン 謀略戦5
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/07/29 13:00
{ギュンター視点}

追撃航行とは、響きこそ勇壮なものがあるが、実行するとなるとかなりの苦難を乗り越えなくてはならないものである。間断なく緊張感を維持し、ただ一つの目標を捕捉するまで、ひたすらに全ての空間を見張るのだ。焦燥感と疲労がミスを誘発し、それがさらなる焦りを招くという悪循環を避けられるだけで、すでに熟練のクルーというしかない。
また、前方を凝視していた、見張り員が不審な何かを発見したようだ。追撃航行が決定されてからすでに、これで8度目である。

「前方に、正体不明の影を視認。」

ただちに、当直中の龍騎士隊が、甲板で飛び立つ用意を整える。相手が、ロマリアのフネならば、そのまま接舷すればよい。だが、トリステインの龍騎士隊や魔法衛士隊の幻獣であれば直ちに叩き落とさねば、こちらの位置情報が露呈する。逆に、何かの錯覚や見間違いであれば、大騒ぎするだけ徒労に終わる。
複数の見張り員が、前方に向けて監視を強める。視認できるぎりぎりのところに、辛うじて何かが存在しているのが窺えるのだ。時刻と位置が良くないのが、判断を難しくさせている。時刻は、ようやく夜が明けようとしているところで、位置はこちらのかなり前方に位置している。
ごくまれにではあるが、この地域を航行している商業目的のフネや、それらを狙う空賊である場合、時間の浪費になることは避けたい。

「艦影を視認!ゲルマニア旗です!」

「ゲルマニア旗?この地域でか!?」

すでに、本艦の位置はガリア・トリステイン・ゲルマニアの隣接地域へと接近している。龍騎士隊は、夜明けとともに先行偵察に派遣させるべく当直を除き、全て休ませているが叩き起こすべきだろうか?いや、ゲルマニア旗ということは、軍艦か?
友軍の第二戦線にある程度位置が近い。行動圏内ではあるだろう。しかし、方角がそれにしてはおかしい。こちらと同一の針路を採っているようでは、ガリア上空にいずれ侵入することになる。あの方面に向かうゲルマニアのフネがこの時期にあるだろうか?

「艦長、艦影の特徴から重コルベットと推察します。」

当直の航海士が、手元の双眼鏡を覗き込みながら報告をよこしてくる。形式にこだわり、流動的な情勢を見逃すやつは、うっかり事故で落下しているだろう。要領が悪い空軍軍人は、フネに乗る資格がないのだ。そして、部下の報告を丸のみにして、確認しない士官は、いる必要がない。
だから、当然のように見張り員を信用しつつも、彼もまた自分の目で確認しようとしているのだ。

「軍艦か?しかし、ならば何故この空域で行動している?」

「見張り員によれば、クヴォールに艦影が類似しているとのこと。」

クヴォール?それならば、確か、第二戦線形成に際して、急派された重コルベットの一隻だ。長距離砲撃用の砲を積んでいるために、重コルベットの快速性を活用し、敵戦列艦を射程外から翻弄するという設計方針で作られた新世代のフネだ。
ガリアの両用艦隊と同様に、純粋な練度のみではアルビオンに劣る各国が技術で対抗しようとする風潮の一つとして、建造されたと記憶している。当然、重コルベットというフネの中では、変わり種であるために見間違うことは少ない。

「ふむ、たしかに特徴的な艦影だ。」

手元の双眼鏡でこちらも確認し、彼の報告に同意する。確かに、砲撃と一撃離脱を意識し帆が増量された艦影はゲルマニアの重コルベットに類似している。よし、ゲルマニア艦だと仮定しよう。ではなぜここにいる?それ以上の判断は、上官の職分だ。自分なりに思うところはあるが、指示を仰ぐ必要がある。

「まあいい、クヴォールならば、まずは艦影だ。コクラン卿をお呼びしろ。」

ボスを起こして、さっさと判断を仰ぐべきだろう。とにかく、友軍かどうかいささか不安があるにしても、こちらのコルベットは3隻。アルビオン旗を掲げていることから向こうも警戒しているだろう。接触を兼ねて龍騎士を出すべきかもしれない。

「龍騎士に信号旗を曳航させろ。所属を誰何する用意だ。」

「アイ・サー!」

こちらの位置情報が露呈する危険性はあるが、あれがゲルマニア艦に類似している以上、行動を起こす必要がある。友軍誤射はばかげているし、友軍に偽装したフネであるならば、それも一大事だ。ともかく、状況を確認。運が良ければなにがしかの情報も得られるかもしれない。とにかく、接触してみよう。全ては、それからだ。



{アルビオン的な視点}

「反乱だと!?トリスタニアで!?」

ロンディニウムの混乱は、ある程度予定調和の範疇であった。情報を集めるべく、特命を帯びた空軍のフネが緊急出港し、何組もの密偵が複数のルートから投入されることとなる。王家、大貴族、それらに加えて在アルビオンの神官ら多くの人間が、さまざまな思惑をもって、この事態を注視していた。
その中でも、アルビオン王家の雰囲気は最悪であった。誰も、口にはしないものの、モード大公の粛清以来漂っているどことなく重い空気が、トリスタニアにいる王族が貴族に反逆されたという事実を否応なく、王家に突き付けていた。

「忠誠が軽くなった時代だ。」

心ある、王の臣下はそういって嘆いたという。心あるものからすれば、王族が、叛乱によって貴族に捕らえられるということは秩序への挑戦であるとみなされていた。貴族とは本来、忠義の存在である。そのように、アルビオンの臣下はあるべきではないのだろうか?
少なくとも、彼らはそう信じているのだ。背信は恥ずべきものであり、忠誠の誓いは崇高なものだと、王の忠臣は信じているのだ。

「私らには、関係の無いこと。」

そう割り切って議論を行えるのは、あくまでも一部の有閑階級や、大多数の臣民の特権であった。まあ、彼らの大半にしてみれば、トリスタニアでの反乱など、せいぜいが貴族と王族の争いでしかない。その意味では、トリスタニアでの反乱も日々の生活に直接かかわってくる問題ではなく、気楽な物とも言える。
それとは、全く異なるのが貴族達である。モード大公派は、大きく勢力を減じたとは言え、ほとんど名分すら明かされずに粛清されたことに含むところがある。北部貴族にしてみれば、モード大公をめぐる一連の抗争で、王家の直轄領が結果的に増えることになったのはあまり歓迎できる事態であるとは認識していない。
どこの貴族も、法衣貴族をのぞけば、中央集権に対しては忌避感を抱かざるを得ないのだ。結果として、巨大な王家の直轄領が南部に形成されたということは、王家が南部の交易路を抑えることも意味していた。むろん、統治機構を組み込むまでの混乱は、予想されるものの、その将来は王家にとっては明るく、北部貴族らにとっては愉快なものではない。
交易路の大半は、南部経由で北部にまで届くのだから。

「南部に恨まれ、王家に使われ、王家に頭を下げる。いくばくか、含むなというのは無理な相談である。」

とある北部の大物貴族が酒席で漏らしたこの一言が、北部貴族達の感情を物語っている。むろん、表面上は変わらぬ忠誠を誓ってはいる。だが、一時的にせよ彼らの動向が不安定化することは避けられない情勢であった。
これに加えて、モード大公派のメイジや役人が逃亡したために、ある程度のポスト争いが生じている。この処理を誤ると、アルビオン内部にさらなる火種が生じることが予見されており、王家は深刻な危機感を抱き、貴族はいつものごとく虎視眈々と機会をうかがっていた。

「忠誠を杖で誓うのは、代わりが効くから」

メイジは杖で忠誠を誓うという。だが、『この杖に』というならば、代わりはいくらでもあるのだろう。こう言って、傭兵は貴族達を嗤う。金のために戦う傭兵と、貴族は何が違うのか?メイジは強力な力をもっている。そう、魔法が全てなのだ。結局、魔法が使えるというだけで、メイジは偉いのだ。
ならば、力なき王家など、力のあるものに組み伏せられるのは、当然のことではないかというのが、傭兵たちの常識である。ゲルマニア統一過程で、複数の王家や、独立国側に付き貧乏くじを引いた経験は今日でも傭兵たちに語り継がれている。
同時に、彼らは金の匂いに敏感だ。正確に表現するならば、傭兵を求める風に応じて、彼らが集まってくる時、そこには豊かな財があり、かつ戦乱の可能性があちらこちらに埋まっている。あとは、戦乱の種が芽を出し、育っていくのを待てばよいというわけだ。

「軍務に専心せよ。我らこそが、アルビオンの誇り。」

ただ、空軍のみがアルビオン王家の刃である。これは世間が一致して認めるところでもある。本国艦隊の司令は、代々皇太子が務め、実質的に王家の近衛軍の役割を担ってきた。無論、そこには王家に使えることによって、活路を見出した平民層や下級貴族の存在も大きい。彼らは、ある意味で王家の本当の私兵に近い存在であり、空軍のフネと人員もあり、アルビオンにおけるもっとも熱烈な王党派でもある。
もっとも、政治的な事柄に対しては沈黙を保つ傾向がある。なぜならば、本質的に彼らは軍人であり、彼らは任務に忠実であることを誇っている。その彼らが、一隻の不審なフネを見つけたことで、アルビオンは再び政治的な混乱の渦に巻き込まれていくことになる。だが、当事者達にとってそれはあまりにもごくありふれた臨検の一環としか受け止められていなかった。


{ロバート視点}

前方に見えたゲルマニア艦、それは確かに僚艦のクヴォールであった。さらに言うならば、クヴォールは哨戒中の龍騎士が発見した不審なロマリア船籍のフネを追跡中であり、大よその位置予測を済ましているところであった。実に、幸運に恵まれたものだ。少なくとも、クヴォールのクルーには一杯奢らねばならないだろう。

「予想より、だいぶゲルマニア寄りだな。」

「トリスタニアからの最短路を採ったようです。おかげで、こちらの哨戒に引っ掛かってくれました。」

哨戒網は完全ではなく、あくまでも、こちらの後方地域への浸透、通商破壊を警戒したものであった。むろん、ある程度前線でも警戒をおこなっているという水準のものだ。斥候目的で龍騎士を散発的に派遣していたものに、引っ掛かってくれたのは僥倖というしかない。

「おそらく、捉えた。あとは、追いかけて、掴むだけだろう。」

航路図を取り出し、予想進路と、最終目撃情報を換算して大よその位置を算出する。だがこの予想が正しいならば、ガリア上空での接敵となる。厳密に言うならば、ガリアが自国の領有を主張している係争地域ということになる。
ガリアの辺境貴族と、トリステインの辺境貴族、そしてゲルマニアの辺境貴族らが複雑な婚姻関係や継承権をお互いに主張し合う、紛争の種にことかかない厄介な領域でもある。法的に、確定しているわけではないので、厳密にとらえれば、越境攻撃の誹りは逃れられる。
だが、厄介事に火種を放り込むべきかどうかということについて、決断しかねる要素があまりにも多すぎる。ぎりぎり最大戦速で予想ルートを進めば、係争空域にかかる寸前で捕捉できる可能性もあるが、その場合は他の方面の索敵が弱くなる。

「問題は、仕掛けられるかどうかだ。」

「はい。現状ではほとんど余裕がありません。」

ギュンターと二人して、得られた情報を分析しつつ頭を抱えることになる。

一つは、火薬庫で火遊びをするような蛮行であり、一つは、子供の頭に乗せたリンゴを狙うようなものだ。後者は成功すれば賛辞の対象になるだろうが、失敗すれば大きな代価を払うことになる。判断は難しいといわざるを得ない。
ほぼ、位置情報は掴んでいる。誤差の範疇がやや大きいために再度索敵を龍騎士でかけたいところだが、帰還を待つ間に本隊が大幅に移動してしまっては、合流に時間のずれが生じてしまう。かといって、各艦が分散して捜索したのでは、最悪の場合確固撃破されかねない。
臨検をする以上、接舷せねばならず、この時がもっとも危険なのだ。数の優位を生かしたいところだが、快速のコルベットで長距離行航行に耐えると判断した3隻に絞ったのは失策だっただろうか?いや、クヴォールは重コルベットといえ、ある程度の速度は出る。合流させれば、分派は可能だが・・・。

「いかがされますか?」

「個人としては、安全策を取りたい。だが、それだけの決断をする権限が今の私にはない。」

任務遂行の観点からのみ議論するならば、決断し、断行するだけの勇気がないわけではない。私自身、軍務上での決断には全責任を負う覚悟はあるし、そのために後悔しないようにも努めている。だが、状況は個人の名誉の範疇を超えたところに問題が介在している。
少なくとも、仮に捕捉に成功し、所定の目的を達成したところでガリアとの交戦に至ったのであるならば、いっそ所定の目標をしくじるほうがまだましだといわざるを得ない。ガリアとの交戦を決断する権限がない。無論、その権能があったところで、ガリアと交戦するだけの必要性が見当たらない。

「では?」

「博打となるが、最短路を最大戦速だ。ロマリアの坊主どもが航海術に長けていないことを願おう。」

どのみち、安全策をとっては、発見し、接触できたとしてもガリア上空では手が出せない。で、あるならば最大戦速でガリア上空寸前まで捜索をし、最悪の場合、潔く諦めることが必要だろう。


{ニコラ視点}

脱出の航海は概ね良好であった。ロマリアから、マザリーニ枢機卿の縁で提供されたフネは、上手い具合に、叛乱貴族の目から我々を包み隠すことに成功している。目に見えるものしか信じられない俗物どもにとってみれば、それが真実なのだろう。そう、安堵できるほどには状況は安定し始めている。

「ふむ、どうやら予想以上に早いおでましだ。」

『停船せよ。しからずんば、撃沈す』

通常のフネの通るルートを避けて航海しているつもりであった。しかしだ、だからこそ隠れて航海しているフネは、専門家にしてみれば目立つということらしい。空賊対策ということだろうか?予想以上に素早く、アルビオン空軍の哨戒網にかかっていた。アルビオン空軍の練度が高いとは耳にしていた。これはあるいは、彼らが極端に優秀だということもあり得るのだろうか?どちらにせよ羨ましい練度と規律である。

「王立空軍の照会です。ご安心を、あれらは敵ではございません。」

こちらの様子をうかがってくるアンリエッタ王女を安心させるようにお付きの者をつうじて、敵でないことを言い伝えておく。

「ワルド子爵に、ひと手間願うとしよう。」

叛乱直後から、ここに至るまでかなりの紆余曲折があったが、自分はどうやら金勘定ができるだけと見なされていたらしい。叛乱直後に追い出されて、その後はこれといった処遇もなされずに、マザリーニ枢機卿とひそかに連絡をとれる有様であった。
魔法衛士隊の動きも俊敏であることが、敵には災いした。特に、マザリーニ枢機卿が脱走に成功した混乱に乗じて、先遣隊のワルド子爵と合流できたのは幸いであった。遍在の使い手であるワルド子爵に、その遍在を囮にひと騒ぎ起こしてもらい、そのすきにこちらも王女殿下を連れてロマリア船籍のフネに駆け込むことができた。
まったく、祖国がもはやだめなのかと思い知らされた時に、祖国に奉職する軍人に彼のような有能な人材がいるのだから、始祖ブリミルも因果なことをなされるものだと思わず、加護にお礼を述べるべきか、言祝ぎの代わりに恨み事をのべるべきか迷うものだ。

「子爵、すまないが、こちらに敵意がないことと、トリステインからの特使が乗っていると伝えてくれないか?」

「おまかせを、メールボワ侯爵。」

そういうと、彼はすばやく遍在を作り出し、その遍在がグリフォンに騎乗する。確かに、何かあっても遍在であれば即座に甲板にいる我々とも相談できるが、このような配慮が指示されずともできる人材が、まだまだいたとは。本当に、祖国は人材の活用を誤ったというしかない。
そう思いつつも眺めていると、ワルド子爵が遍在を見えてくるアルビオン艦に向けて接近させていく。敵意がないことを示すために、杖剣は、手に帯びずに代わりに、使者として白い旗をグリフォンがたなびかせている。アルビオン艦から飛び立ってきた龍騎士たちが、その周りを取り囲み、武装を確認している。

「どうやら、納得してもらえたようです。向こうの艦への乗艦許可が出ました。」

アルビオンは少なくとも、我々の言い分を聞くだけの耳は持っているか、少なくともなにがしかの対話が可能という状況にはあるようだ。モード大公の粛清以来、アルビオン情勢が不透明であったためにここまで、かなり状況が不明確になることを覚悟していたが、思っていたよりは状況が悪くないとの希望が抱ける。
空軍がここまで出てきているということは、アルビオンは空軍が外を向ける程度には、安定しているのだろう。本当に、切羽詰まっている状況下で、実質的に王家の私兵に等しい空軍をここまで、分散して運用するというのは考えにくい。であるならば、ある程度は安定しているに違いなく、自分達の活路もまた期待できる。
亡命ということになるが、少なくともこれからは自分の腕の発揮どころだ。マザリーニ枢機卿という外交の怪物とまで例えられるような辣腕を欠いているとはいえ、自分もひとかどの能力があると自負している。ここが、正念場となるだろう。

次代を担う者達に、少しは楽をさせてあげたいものだ。

「よし、では私も向こうのフネに顔を出すことにしよう。すまないが、龍騎士に乗せてくれるように頼む。」



{ラムド伯}

トリスタニアにて、私は混乱している。
事態が理解できない。
これは、どういうことだ?

「むざむざと嵌められた、そういうわけか。」

導き出される解答は、必然的に、屈辱的な事実を物語る。

これで、ガリアの嘲笑は確定だ。演出したロマリアや、鳥の骨もさぞかし、愉快な笑いを浮かべていることだろう。実に不快だ。見抜けなかった自分が憎たらしい。情報をうのみにせざるを得ないような環境に追い込まれていることを、コクラン卿に忠告するのはあの状況下では私の職分だった。政治やそれに伴う騙し合いは、コクラン卿が熟達しているとはいえ、責任はあそこでは私にあった。

「激昂したのは私が、先だったか?まったく情けないことだ・・。」

油断に、情勢判断ミス。あとは、コクラン卿が致命的な錯誤をしないことを祈るしかない。だから、取りあえず、笑顔を浮かべて、蜂起した連中と相対することとしよう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき
伏線の張り方が難しいです・・。
今後の方針
・ここからは、綺麗なワルドの提供でお送りします。
・国家というキメラではなく、個人プレー!魑魅魍魎の本領発揮?
・狐狩りはジョンブルの嗜み
以上の方針で頑張っていこうと思います。



[15007] 第五十五話 参事ロバート・コクラン 謀略戦6
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/08/02 18:17
{ロバート視点}

「目標を捕捉!間違いありません!クヴォールからもたらされた艦影の特徴とも一致します!」

目標発見!この一報がフネに行き渡るのは一瞬であった。すでに、全てのコルベットが事態に気がついているようだ。全艦の速度が心なしか限界を超えているように思えてならない。この瞬間、目標を追い詰めたこの一時に勝る至福はない。知勇を振り絞り、獲物を追い詰めることこそ、誇るに足る。これが、賢者と英雄の御代から続けられた、由緒正しい貴族の在り方と言える。

「ギュンター!空域は?」

「辛うじてですが、トリステイン圏内です!仕掛けられます!」

パーフェクトだ。状況は、完全にこちらに味方した。目標は完全に捕捉され、我々は任意に砲火を開くことが可能である。煩わしい他国の介入や、面倒事といった制約とも辛うじて縁がなくてすむ最高のタイミングというほかない。まさに、神が祝福したもうた瞬間である。

「龍騎士隊甲板へ!」

「可能ならば拿捕だ。初弾は鎖弾を装填!」

「僚艦がカバーに入ります!」

「接舷用意だ!木板を並べろ!」

慎重に、されど残された襲撃可能な時間を最大限に活用して速やかに目標を料理するべく全艦が行動を開始する。その様は鍛え上げられた猟犬たち同様に、実に有能極まりない。アルビオン艦隊と比較しても我が分艦隊の練度は引けを取るものではないだろう。

「クヴォールの情報通り航続速度よりも、搭載量を重視した、交易船のようです。」

監視にあたっている航海士が、敵影の詳細を記録しながら報告してくる。こちらでも、それを確認しつつ敵戦力を想定し、少しばかり舌打ちしたい思いに駆られつつも部下の手前自重せざるを得ない。交易船ということは、ごく一般のフネを偽装する上では最適な艦種だ。だが、逃走するには、足が遅いという欠点があるはず。つまり、それを承知で交易船を採用しているということだ。
では、それが意味することは?交易船である以上自衛用の火器を積んでいることは自明。おそらく、特殊な目的を想定しているのであれば、サイズからしてかなりの火力を有していることになる。単独では、挑みたくない火力を有している可能性がある。さらに、積載量が多いということは、大勢の人間が乗り込めるということを意味している。王族に忠誠を誓ったメイジが多数搭乗している場合、制圧はかなりの流血沙汰だ。
むろん、普通の衛士が搭乗しているだけでも数の脅威は、接舷した時に発揮されることとなる。抵抗されれば、犠牲はかなりのものになる。では、砲撃戦で撃沈すべきか?その選択肢が許されるならばそうしてしまいたいが、それは望みえない選択肢だ。
万一にせよ、砲弾の流れ弾が、ガリア方面に流れて行った場合これまでの配慮が無に帰すことになる。搭乗している重要人物を確認しなくては、混乱の下だ。さらに、龍騎士が搭乗していない保証がない以上、撃沈されたという擬態で王族が逃亡する可能性もある。で、ある以上拿捕せざるを得ない。

「旗はロマリアのものか。やはり、沈めるわけにはいかないな。」

ハルケギニアに国際法が存在していないのは実に、厄介だ。慣習法が、習わしとして採用されているだけでも感謝すべきかもしれないが。とにかく、交戦区域の船舶を臨検する権利があるかどうかすら微妙なのだ。撃沈など選択し得うるものではない。
せいぜい、強襲制圧し、それがロマリア船籍のフネでないと強弁しなくてはならない程度には、事態が厄介であるということだ。とにかく、フネは主権国家の延長上に存在しているという厄介で愛すべき事態に対して、慎重に配慮しなくてはならない。士官教育の過程に、国際法があるのは必要だからに他ならない。

「アルビオン旗を下せ。ゲルマニア旗掲揚後に停船命令。従わねば、鎖弾による足止めまでは許可する。」

当たり所が悪ければ鎖弾で王族が死にうる。だが、それは甲板で動き回っている船員に限った話だ。木とはいえ、装甲がある以上鎖弾程度で守られている人間を襲うのは無理がある。仮定に、仮定を重ねて負傷したところで水のメイジによって治療しうる範疇の負傷が限界だろう。
停船しない場合の威嚇射撃にうっかり当たったなり、空賊と誤認したなり、いくらでもいいようはある。それにだ、本質的にあれがトリステインの人間を乗せたフネである以上、交戦国の人間に肩入れしてでもいない限り、連中はこちらに引き渡す義務があるのだ。
トリステインに公的に肩入れするのであれば、それは我々の交戦国ということでもある。この局面に限定するならば、事態はさらに分かりやすく対応できるだろう。

「狩りにしては、無粋だな、まあ獲物の品格の問題かもしれないが。」

「始祖由来の王族様ですよ?選り好みのしすぎでは?」

ギュンターが興奮を隠さず、満面の笑みを浮かべながら艦橋でロマリア艦を注視しつつも、反論してくる。その器用さに一瞬感心しつつも素でやっているのだろうと、思うことにする。腕の良い海軍士官も、Uボートを追い回す時はこうである傾向があった。案外、自身も知らず知らずと笑みを浮かべているのかもしれない。

「腐った血には、興味がなくてね。一応、レディへのマナーを弁えるつもりだが、はたしてレディであるかどうかという疑問もある。」

「良くおっしゃる。礼儀正しく拘禁して、処刑台までエスコートなさるおつもりで?」

まあ、それは一面の真実ではある。処刑台までのエスコートであろうと、覚悟を決めた王族であるならばその侍従を務めることも、一つの栄誉であるだろう。最も、大半の王族が覚悟を決められるかどうかということに関しては、必ずしも最後に名を貶めずに済んだものが少ないとのみ語ることに留めよう。

「責任を自覚し、覚悟されていればこそ王族足りえるのだ。かくある王族であるならば、栄誉と喜んでエスコートを務めるがね。その覚悟があるものか疑問に思う次第だ。」

「忠告ですが、そのうちとんでもない忌名を敵からつけられかねませんぞ。」

「結構だ。それこそ、我らが誉とするところだよ。」

敵に恐れられるならば、それは軍人としての宿命だ。真に恐るべきは、自らが、祖国に顔向けできない行動をとることと、一門の名を汚すことのみ。この世界においても、私はコクラン家の名を背負っているのだ。



{ワルド視点}

「諸君、御苦労。このフネの艦長を紹介願えるだろうか?」

アルビオン旗を掲げたフネに乗り込んだところ、極めて礼儀正しいメイジによる包囲とも手厚い歓迎とも受け取れる出迎えを受けたが、内実は当然のごとく武装解除であった。我々、魔法衛士隊も、要人護衛の観点から似たような技術は持っているものの、フネの上での行動に特化しているのはさすがに学ぶところも多い。

「失礼、所属と名前をお伺いしたい。」

「トリステイン王国、魔法衛士隊副隊長、ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルド子爵だ。」

王国か、自分で所属と名乗っていて始めて意識せざるを得ないが、自分は確かにトリステイン王国の人間だ。母が求めた聖地に囚われていて、祖国の現状に絶望していた時は、何ほどの価値もない祖国であった。だが、それがなくなって、なお祖国について語るのはやはりなにがしか思わざるを得ない。
名乗りを上げたことと、こちらの身分を確認していたのだろうか?しばらく待たされたが、最終的には到着したメールボワ侯爵と共に、船長室に案内されることとなった。実のところ、遍在を出している時点で優秀なメイジであることが伝わっているので、この確認は形式的なものだとわかっている。
普段であれば、いや、これまでであればそれを必要な確認事項だと思っていたであろうが、ここしばらくでの経験が華美よりも効率を追求することを考えてしまう。無論、礼儀というものを軽視するわけではないが、軍人の本分は行動することにあるのではないだろうか?

「ミスタ・ワルド。いかがされた?」

「失礼、少々考え事をしておりました。」

情勢が混乱している以上、当事者達が考え込むのは仕方がないのだろうな。そういった納得したような表情を浮かべているクルーに謝辞を述べながら、どうしてもアルビオン王国の臨戦態勢のいびつさに気を揉んでしまう。練度は一流だ。規律も徹底している。だが、戦争というものを彼らは実体験として知らないでいる。
空賊討伐はあくまでも、賊と国家の対峙にすぎない。王立空軍といえども、国家対国家の戦争を想定して訓練されているのだろうか?そこまで考えてから、自分の心配性に首を振る。アルビオンがどこと戦争をするというのだ?ゲルマニアとアルビオンは強固な友好国だ。両者ともにお互いを必要とこそすれども、敵とする理由がない。
ガリアがはるばるアルビオンまで遠征するかと言われれば、その可能性はなくはないにしても、その時は何を考えているのかさっぱり不明だ。無能王がどうするかは、知らないが、アルビオンに遠征する必要があの国あるだろうか?
どうも、前線に身を置いていたためか、戦争に物事をからめて考えてしまう。

「すまないな、どうにも無理をさせているようだ。」

「いえ、メールボワ侯爵。魔法衛士の衛士は、この程度では。」

もっとも、ようやくアルビオンの領空だと思うと、さすがに力を抜くことができる。ゲルマニア艦隊が、トリスタニアへ強行軍で進撃しているとの報が入ってからは、本当に一瞬たりとも気を緩めることができなかった。聞くところによれば、マザリーニ枢機卿が囮の一団を率いて陽動を兼ねてロマリア方面へ向かっているらしい。
なんとか、快速のコルベットがそちらに向かっている間に、遍在でトリスタニア内部の叛乱勢力に対して騒ぎを起こした。その隙をついて本命の王族らを護衛し、潜伏していたトリスタニアの王宮内部から用意してあったグリフォンで、ラ・ローシェまで飛ばしたときは本当に不眠不休だった。
メールボワ侯爵の手配したフネに乗り込み、先行していたマンティコア隊に護衛を引き継ぐとその瞬間に意識が飛びかけた。護衛が醜態をさらすわけにもいかず、取り繕って辛うじて割り当てられた船室までたどり着いたが、その直後にベッドに倒れこんでしまったものだ。

「はっはっは、なかなか豪気だな。ミスタ・ワルド。我々空軍の士官とて、そのような立場に置かれれば弱音くらいは漏らしかねんというのに大した胆力だ。」

「キャプテンにそうおだてていただけるとは。光栄というべきでしょうか?」

「なに、事実を語ったまでだ。」


{ミミ視点}

領内で開発中の産物は多数存在する。とは言え、その大半は商会との提携や、村落との提携によるところが大きい。純粋に手持ちから大量の資金と資材を投入してまで開発が命じられているのは、鉱山地区や街道整備などの建築などを除けば、コクラン卿が執拗に求めている奇妙な銃の開発程度である。
とにかく、湯水のように良質な鉄と、火の秘薬を浪費されているのは開発にとって影響がない範疇であってもあまり気のよいものではない。上司の妙なこだわり一つで、あれほどの資金と資源をつぎ込まれていることを思うと、他に使い道があるのではないかと真剣に検討してしまいたくなる。

「いえ、そうなったら、そうなったで人が足りませんね・・・。」

何かにつけて人手不足。メイジどころか、平民であっても文字が読めて計算ができるならばことごとく強制的に捕まえて、働かせたいほど人手が不足しているからこそ、使いきれない資金と資源があり、それをコクラン卿が趣味に投入しているだけだと自分に言い聞かせる。

「ミス・カラム。コクラン卿の依頼で銃を作っている鍛冶からなのですが、もう少し良質な紙を用意していただけないかとの要望が来ております。」

「え?ごめんなさい。どういうことかしら?」

鍛冶師が紙を欲しがる?無論、報告書やら要望やらを書くために紙は必要でしょう。なにがしかを書き留めるためにも、紙は有用であるのは間違いない。でも、それにしたって良質な紙を要望するほどの、理由になるのかしら?

「その、銃の開発に際して部品として必要とのことです。」

「よくわからないのだけど、銃にそういうものも必要なのかしら?」

一応、部下達が銃を使っているところを見たことがあるのだが、そういうものを必要としているのだろうか。それと、作る過程で紙が必要になるとか?しかし、そういうことは初耳なのだが。いったいどういうことなのか。ただでさえ、紙の需要は高く、報告書を大量に仕上げていくためにも、領内の紙は質よりも量で製造させている。
品質を改善させると、生産量が落ち込むのだ。さすがに、ヴィンドボナへの報告書はある程度の物を使わざるを得ないものの、それらの製造には手間がかかるので、できる限り抑えている。良質な紙をと言われて、提供できるものはそうない。

「いえ、その私もよくわからないのですが・・・。」

「取りあえずは、現状の物でやりくりするようにと申し渡しを。」

これ以上の雑事は処理できない。ない物ねだりをされても困るというほかない。


{ロバート視点}

失敗。

結論だけ、述べよう。小官は所定の任務を達成するも、戦略目標の達成に失敗した。
確かに、逃亡していたロマリアのフネを拿捕することには成功した。
だが、王族の拘束による戦争の終結という戦略目標の達成には失敗している。
包囲し、降伏を勧告させて、接収要員を送り込む。実に単純な作業の結果は失望するべき結果でしかなかったのだ。

「つまりは、囮か。」

王族モドキ発見の報告を耳にして思わず魂が呆ける。いくら、他国の王族といえども外見の特徴程度ならば伝わってくる。発見された少女はピンク髪だと?少なくとも、隠し子がトリステイン王室にいでもしない限り、直系ではありえない。マリアンヌ・アンリエッタ両名の捕捉に失敗した以上状況は解決できなくなった。
直系の王族に逃亡されたのだ。傍系では、正当性が欠落することこの上ない。傀儡にするにせよ、事態の幕引きを図るために処刑するにせよ、処遇をどうしても事態が解決しない。で、あるならば、本心ではない手荒な扱いをしなくてよいことを喜ぶべきだろうか?

「コクラン卿、船内の捜索が完了しました。」

「念のため、再度船内を捜索だ。多少手荒に壁も調べ直せ。」

ギュンターが隠し扉や隠し部屋を徹底して捜索するように指示する。だが、実際にこのフネは囮なのだろう。で、なければフネが比較的容易に拿捕できたはずもない。ガリア上空に逃げ込もうとしてはいたが、それはできれば損はしない程度の見込みであったのだろう。
せいぜい、マザリーニ枢機卿という大物を逃がさずに済んだことを喜ぶべきか?しかし、それであってもこの事態の解決にはつながらない。

「やられたな。意図的な混乱を生じさせて、本命を逃がすとは。」

トリスタニアで混乱が生じている中、蜂起した貴族達は、王族が逃げ出すことを警戒する程度の配慮はできた。そこに、もっともらしくロマリアからフネが来ればそれに集中してしまうのは避けがたい。まして、ゲルマニア側にその情報を精査する余裕はなく、結局不確定な情報に基づき追撃を敢行し、まんまと囮を追いかけることになっている。

「コクラン卿、可能であれば廻航要員を選抜できますか?」

こちらの監視や、警戒がことごとく、逃亡したというロマリアのフネに集まっている間に本命が陸路で逃げだせばよい。あとは、どこからでも好きなルートで亡命できる。おかげで、我々が得たのはロマリアのフネ一隻だ。拿捕したものの、正直なところ得るところは乏しいのだ。

「かまわん。ギュンター、要員の選抜は一任しよう。」

おそらく、トリスタニアに向かった本隊は状況を把握しているだろう。だが呼び戻そうにも、追撃する以上、追撃部隊は囮を全速で追い続ける。そのため後方からの連絡は、大幅な遅延を余儀なくされたというところだろう。今頃は、トリスタニアに到着した友軍から連絡用の龍騎士が急行中と見るべきだろうか。それらが、こちらを発見するのがいつになるかは分からないが。

「取りあえず、拘束した主たる人物はマザリーニ枢機卿と囮となっていた貴族の令嬢のみかね?」

「はい、幾人かの女官と護衛のメイジもおりましたが、それほど抵抗はありませんでした。」

ギュンターが連絡を任されている龍騎士から事態を確認するが、損害がないのは良いことだろう。しかし、この事態が無意味に等しいとなれば、感じる責任感も別のものとなる。事態は泥沼化するに違いない。戦後処理の形式一つとっても、責任者がいないのだ。戦争をいかにして終わらせるかという方策が、最悪の混乱によって無意味に長引くことになる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

現状
トリステイン側
王族の皆様→亡命(アルビオンへ)
+綺麗なワルド
+やり手の財務官メールボワ

追撃したロバートとゆかいな仲間達
マザリーニ枢機卿と、王女の友人を捕捉することに成功。
(でも、あんまり事態の改善には役立たない。)
一応、枢機卿は枢機卿であるという一事をもって身柄の扱いが難しいのです。

戦争の状況
戦後処理→調印してくれる人がいない。
前線→まだ降伏していない部隊いっぱい。
諸候の処理→下手に厳しくすると徹底抗戦される。

ゲルマニア本国の意向
どーすんのよこれ。

アルビオン
え?亡命?→受け入れる?面倒だよね・・・。

ガリア
???(何を考えているのだろうか?)

ロマリア
???(暗躍中?)

現状こんな感じでしょうか?

追伸
次回の方針→綺麗なワルド・恐怖爆殺公女でお送りする予定です。



[15007] 第五十六話 参事ロバート・コクラン 謀略戦7
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/08/03 18:40
{ワルド視点}

アルビオン艦隊との邂逅後、少々事情確認に手間取ったものの、向こう側も情勢の複雑さを理解し、取りあえず、ロンディニウムまで同行するようにと申し出てくれた。
これで、緊急を要する事態は解決したと思い、ようやく肩の重荷が取り除かれたと感じた矢先のことだった。メールボワ侯爵と今後のことを相談していたところ、会話のはずみで姫殿下から、ルイズが姫殿下の影武者を務めていたことを知らされ、私は愕然とした。
遍在というのはある程度の距離があっても偵察に活用できる存在だ。このようなことになるならば、こちらに遍在を一体残して自分はトリスタニアに残るべきではなかったのかと後悔する。

「では、ルイズが囮を務めているのですか!?」

「落ち着きたまえ子爵。しかし、どういうことですかな姫殿下?」

メールボワ侯爵に宥められつつ私は、ある可能性に気がつく。彼女は、姫殿下の学友だ。そろそろ、魔法学校に入学を考えるべき時期が近いが、それだけに姫殿下と会える機会を作ろうとしていても不思議ではない。そして、彼女はトリステインでも有力な公爵家の令嬢だ。蜂起した連中とて、無視して取り逃がすはずもなく、当然捕えられていただろう。
知らぬばかりに、私はこちらの護衛ばかり気にかけていた。だが、考えてみろ、ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルド。もしも、拘束されていた時に、姫殿下から事情を耳にすれば、彼女はどう行動する?ああ、己の思慮と視野の狭さがこれほど憎いとは。

「その、ルイズに相談したら・・・」

「義侠心が厚い彼女が囮を買って出たということですか!?」

ルイズが囮になっている。そして、何かと引き立ててくれたマザリーニ枢機卿もろともゲルマニアの快速部隊に追いかけられているのだ。その事実に思わず、全身に冷や水をかけられたような悪寒を感じてしまう。マザリーニ枢機卿は、有能なお方ではあるが、戦争の専門家ではない。
ルイズは、未だ保護されるべき少女なのだ。無事、ロマリアに逃げ延びてくれればよいのだがと縋るような気持ちになる。だが、戦争以来成長を続けてきた自分でも驚くべき冷静な思考は、可能性は半々だろうと難しさを指摘している。思えば、彼女は親同士が決めた婚約者であったが、彼女のことも決して悪しからず思っていた。無事であってくれればよいのだが。
そう思うしかないのだ。自分は、母の死後、ひたすら栄達を求め、どこか冷めた目でトリステインを見ていた。だが、そこには確かに、私の知己があり、友人がおり、私の祖国であった。失いかけて初めて、自分が祖国を憎み、母を軽蔑しようと努めつつも、どこかで愛着を抱いていることを実感するとは。
ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルドよ、貴様は気づくのが、何もかもが遅すぎるのだ。ひたすらに、一本の道を走っているようで、大切なものを全部失っている嗤うべき愚者ではないか。

「ワルド子爵、確か彼女は君の婚約者ではなかったのかね?」

「いえ、その、正式なものではなく、あくまでも両親の口約束に近いものです。」

ですので、どうか御気になさらず、と口にしようとして、口をつぐんでしまう。そうだ。確かに、口約束にすぎないが、私自身は彼女にも誇れる人間でありたかった。確かに、そう以前の自分ならば考えて行動していたはずだ。それが、今ではどうだ。つい先ほどの思考が頭をよぎる。
気がつくのが遅すぎる愚か者?まだ足りない。それを知ってなお決断できない、救いようのない一面があるではないか。その場を取り繕い、辛うじて礼を失わない範疇で、自室に戻ったが、それからどうすればよいかわからず呆けてしまう。
何もかも投げ出して、行動したくなるが、何をすればよい?ゲルマニア艦隊の所在を探ろうにも、ここはアルビオン付近だ。下手に行動するよりも、ルイズが捕虜交換で返されることを待つべきなのかもしれない。だが、何かあればどうすればよいのだ?


{ギュンター視点}

「コクラン卿、こちらがマザリーニ枢機卿猊下とルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール嬢になります。」

重要な捕虜というのは、大抵の場合捕虜宣誓後、一定の自由を許される。逆に言えば、捕虜宣誓を行う必要があるのだ。貴族としての処遇を要求するならば。問題は、マザリーニ枢機卿は軍人でなく政治家であるため捕虜宣誓がさしたる意味をもたないことと、貴族の令嬢に捕虜宣誓をさせることの無意味さにコクラン卿以下、大半の士官たちがうんざりとしていることだ。
一刻も早く、トリスタニア方面に引き返し、情勢に即応したいにもかかわらず面倒な戦後処理を行わなくてはならないという一事をもって、面倒だと感じることを批判するのはだれにもできないだろう。

「お初お目にかかる。ロバート・コクラン辺境伯だ。」

「マザリーニです。枢機卿をロマリアより拝命しております。」

さりげなく、ロマリアの名を出すか、鳥の骨。まあ、先立って枢機卿を発見したという報告からすでに、厄介事を認識していたが。一介の軍人にすら、教皇候補と称される有力な枢機卿を拘束することの厄介さくらいは想像できる。ロマリアのありがたい泥沼の政争に参加させていただける栄光は、この身には少々過ぎた栄光だと我々は身の程を知っているのだ。

「おお、ご高名な猊下とお会いできるとは。このような、不幸な形での出会いでなければ、光栄であったのですが。」

握手を交わしつつボスが無難な言葉を選んで会話を行っている。ごくごく基本的な事項確認に行い、礼節を保って降伏を受け入れる。実に、貴族的であり、面倒な処遇であるが、いたしかたないことなのか。ボスは必要があれば、こういった礼節を完全に理解して実践できるが、本質は戦場の武人だ。実に面倒だと感じているのだろう。

「さて、残念ながら猊下。一応、捕虜となった以上宣誓をしていただきたいのですが。」

「やむを得ませんか・・・。トリステインの宰相として、確かに宣誓いたしましょう。」

あっさりと、マザリーニが首肯し、驚きかけたが、コクラン卿にとっては納得いく回答ではなかったらしい。この種の連中は、絶対にエルフでも騙してのけるのではないかと常々賭けをしている連中を知っているが、どうも騙せるのではないかに賭けたほうが分が良さそうだ。言葉一つとっても、まったく意味が違う解釈を好き勝手にやっている。

「マザリーニ枢機卿猊下個人でしていただけるとありがたいのですが。」

「はて、どういうことでしょうか?」

首をかしげる枢機卿。その表情は確かに疑問を浮かべているようだが、何かコクラン卿にとって納得いかない何かがあるのだろうか?

「端的に申し上げますと、価値の無いトリステインの宰相としてではなく、猊下個人として宣誓していただきたいのであります。」

さすがに、これには鳥の骨と呼ばれた辣腕家も事態を悟ったようだ。そう、彼は確かにトリステインの宰相として有名だがその権威はブリミル教枢機卿というところにある。彼は、個人としては宣誓したくなかったということか。まったく実に高貴な方々は騙し合いがお好きなようだ。だが、どうもこの会話を御不快に感じる高貴な方というのもおありなようだ。実直であるというべきかな?まあ、若いということだ。

「価値がない!?価値がないですって!?」

「失礼、ミス。」

「黙りなさい!野蛮なゲルマニアの分際でトリステインに価値がないですって!?」

ああ、あれか、彼女は所謂メイジさまだ。そして、伝統と栄光ある貴族さまで、プライドの高いトリステイン貴族の典型例か。面倒な捕虜を捕まえたものだ。あれの管理はさぞかし、面倒だろうなと思いたくなる。世話人一つとっても文句を言いそうな性格をしているに違いない。誰に世話係を申しつけるべきだろうか?下手な人間をつけて、あとでこじれてはボスから面倒事を、とマイナスの印象になるし、なにより厄介だ。

「ヴァリエール嬢!」

鳥の骨が思わず、彼女をたしなめようとする。まあ、捕虜になってあれほど気炎を吐けるのだから、見ている側としては面白くもあるが、少々面倒事が深刻に思えてきてならない。従兵でこの手の世話に慣れている人間はいただろうか?

「ミス!言葉を慎まれよ。少しは礼節というものを持たれるべきでしょう。」

「礼儀?いきなり攻め込んでくる蛮族相手に礼儀ですって!?」

はあ、あれか。本気で、信じ込んでいる目だ。あれは厄介なものだよ。まったく、どうしてこっちから戦争を仕掛ける必要があるのか説明してほしいものだ。できれば、納得できる理由か、宴会で笑い話程度には笑えるものであることを期待したい。もし、次回の艦隊の拿捕賞金宴会で笑い話一位を取れたら、タルブ産のワイン一本でも進呈するのだが。

「事実を認識されるべきですな。失礼ながらヴァリエール領から、越境した貴族達が付近にいたゲルマニア諸候に一方的に攻撃を仕掛けて、撃退されたという事実が開戦の契機であったはずですが。」

ああ、ボスのあの表情は完全に呆れているな。子供を諭すのは面倒であることだといわんばかりの表情だ。

「な、な、な、何ですって?もう一度言ってみなさい!」

ああ、完全に激昂している。

「失礼、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール嬢は少々動揺されているようだ。従兵!」

彼女を部屋にご案内して差し上げたまえ。できるだけさっさと黙らせてくれるとありがたいのだが。そう内心で呟いたときだった。ふと、何かを呟く声が聞こえる。これは、よく聞き覚えのある口調だ。はて、何であったか・・・

めいじの、えいしょうではないの、か、

思考が、辛うじて、追いつく。ぬかっ、

その次の瞬間。

甲板で火が爆ぜた。

「グゥウゥウウ!?」

近距離での爆発。その巻き添えをくらって、したたかに甲板に押し付けられる。
甲板に打ち付けられた際に、ロープで胸を強打し、思わずむせる。

「コクラン卿!?ギュンター艦長!?」

「コクラン卿がやられた。ギュンター艦長もだ!」「僚艦に事態を伝えろ!」「殺すな!捕えろ!」「かかれぇえ!」「水のメイジはどこだ!?さっさと秘薬をもってこい!」「火のメイジだ!詠唱させるな。さっさと取り押さえろ!」「マザリーニ枢機卿まで巻き添え、トリステインの貴族は正気か!?」「杖を取り上げた!そのまま船倉にぶち込め!」「無茶ですよ。こんな状態では!」「治すか、ここで殺されるか選べ!」「やりますよ!やればよいのでしょう!」

「艦長!すぐに船室へお連れ致します。」

「じょ、状況は?」

意識がもうろうとしている。火のメイジ、それもかなり有力なそれがまだ若い少女である可能性を失念していた。仮にも王族の囮を務めるということは、それだけ信頼されているメイジであるということ。完全な油断だ。囮と知って油断しきっていたところに見事な逆襲をくらわされることになる。
捕虜宣誓していない貴族がどう行動しようと、連中は責任を感じないだろう。忌々しい連中だ。


{ネポス視点}

「やれやれ、上司の決裁を仰ぐべき書類が多すぎる・・・。」

仕事は順調に遅延している。何故か?ミス・カラムに焼かれる恐れがある以上、北部新領の役人は真剣に仕事に取り組むが、元締めのコクラン卿が軍務について、遠征しているからである。フネで書類を送ろうにも、重要な案件のそれは簡単には外部に持ち出せない。
つまるところ、やってはいるものの、コクラン卿の御帰還がければ、我らが政務の滞りもさらに悪化するという悪循環なのである。以前から命じられていた不審な亡命者が潜伏していると思しき地域の絞り込みには大凡成功している。

「とはいえ、手詰まりだ。」

だが、どうしても最後の一線で捕まえきれないでいる。貴族である以上、どこかで必ず、地元民らは、なにがしかに気がつくはずなのだが、杖をもったメイジの目撃情報が全くない。記憶を飛ばされているかとも疑うが、そもそも、杖の無い貴族を探し出せと言われるとかなり難しい。

「人手が足りない。人海戦術で探すしかないのかもしれないのだがなぁ。」

直接の部下達や、友人達と取り組んで探してはいる。だが、それでも少しも事態は解決しないのだ。おそらく、包囲網の外には逃していないはず。しかし、捕捉できないでいるのだ。このままでは、いつの間にか取り逃がしてしまうことも懸念されてならない。
モード大公派の有力なメイジや可能性の問題にせよ血族がいるのであるならば、問題は実に厄介極まりない。

「ミスタ・ネポス。スラム街で密偵を拘束。また、どこぞの密偵が探りを入れてきているので警戒せよとのことです。」

「了解した。」

伝令係に了解した旨を告げると、ため息一つつきたくなるのをこらえて、善後策を考える。各国から、あるいはあちこちの貴族から密偵が放たれている。あまり、解決に時間をかけすぎると秘密裏に処理できなくなってしまう。頭が痛い。はやく、コクラン卿に御帰還願いたいものだが。


{ラムド視点}

「リッシュモン卿、このたびのご決断。さぞ困難なものであったことでしょう。」

「ええ、お察し頂けますか?」

貴様の苦悩しているところなど、想像もつかないが、自己保身に悩んだということならばよく理解できる。

「我々としても、貴方に語らせるのは忍びないのです。」

時間の無駄な修辞学に耐える余裕がないのだよ。リッシュモン卿。さっさと貴様の粗を探してそれなりに処理できないかと探したいのだが。無論、現状でも部下がやっているが、貴様は特に面倒事を惹き起こした根本であるから自分で処理したいのだが。
実に、不快なことだが、このリッシュモン卿、自分はゲルマニアに恩を売ったのだという認識でいる。当然ながら、見返りを大量に要求しているのだ。露骨でないにしても水面下で。この手のアホどもは、中途半端に現状を認めてやると、使い捨てにされたと騒ぐ。
後腐れの無いように、処理してしまうのが、一番なのだが何か良い方策があれば完璧なのだが。

「それよりも、今はお国の現状を如何にして取りまとめるかが課題です。」

「そうですな。同じブリミルの信徒が相争う事態はもうこりごりです。」

口では何とでも言えるだろうよ。それよりも、王族を取り逃がした手際の悪さをいい加減、閣下に言い訳する用意がこいつにあるのだろうか?自分のライバルが消えて良かった程度に思ってはいないだろうな?鳥の骨は、ロマリアの枢機卿。リッシュモンはゲルマニア派と世間では見られている以上、降伏を処理させるためには王族が、それに準じる格をもつ人間な必要だ。だが、誰がそのような面倒事を買って出るか?どうやって事態を収拾しろというのだ!

「いや、全くです。ですから、早々とこの嫌な戦争を終えたい。ぜひ、リシュモン卿にもご助力願いたいものです。」

理想を言えば、前線に行ってくれないか。前から魔法をくらって倒れたくないなら、後ろからでも一向にかまなわいのだ。

「もちろん。私なりに、できることを行うつもりですな。」

ええい、コクラン卿が帰還すれば、こいつの相手は任せてしまえるのだが。どうして、外交官の自分が爵位の点で指揮権を行使せねばならんのだ。どうしても、面倒な事ばかりが頭に浮かんでしまう。できないわけではないが、本業と違うことをするよりも、なれた本業を行う方が成果が上がるのだが。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

うん、落ち着いてほしい。この暑さはサービスなので遠慮なく日焼けを楽しんで健康的になってほしい。きっと炎天下での行動は、貴方がうんざりとしてクーラーをつけたまま寝て、うっかり風邪を引いてしまうくらいには、きついものだと思うけれども。

本作は綺麗なワルドと恐怖爆殺公女ルイズでお送りしております。
原作でのワルドの扱いと、主人公(ヒロイン?)補正のかかったルイズの扱いを入れ替えた感じでしょうか?

次回、「会議は踊る。されど、進まず。」
タルブ産のワインでお楽しみください。



[15007] 外伝? ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルド伝 
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/08/04 03:10
ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルド伝 

序文

語れと言われれば、人は彼のことを騎士であると褒め称えた。
彼こそが、最後の騎士であると、人は物語で語った。

彼は、トリステインにある子爵領の嫡子として生まれ、成長するに従い、国を思い魔法衛士隊の門をたたくことになる。賢明な研鑽と、その天賦の才は彼を風のスクウェア・メイジに至らせた。だが、彼はそれでもなお自らを鍛えた。二つ名は「閃光」。皮肉なことに、水の国トリステインで名を轟かせた烈風と閃光は風のメイジであった。
人は語る。それが、トリステインの行く末を暗示していると誰も当時は分からず、ただ風のメイジたちが活躍していると耳にしたと。

しかし、ハルケギニアにおいて、「閃光」はその二つ名が、轟くまでにはしばしの、時間を必要とするメイジでもあった。それは、彼の忠誠と義務が、彼に求めた職分によるところが大だからである。語ることも禁じられたいくつもの責務と、重大な秘密を彼は職責上扱っていた。ゲルマニア・トリステイン戦争のさなか、彼が始めて歴史の表舞台に立った時から、彼ほど忠勇で思慮に溢れる人物を人々が気がつくことに遅れたのもそれが原因である。



{ワルド視点}

「先行した、マンティコア隊の衛士が情報をつかんできました。」

「でかした!良くやり遂げてくれた!」

トリスタニア方面への急進撃。幻獣を駆けさせる我々、魔法衛士隊だからこそやれる無茶な強行軍を行い、トリスタニア付近にまで近付いたところで、部隊はほぼ体力の限界に達していた。しかし、一部の精鋭たちはさすがに余力がないわけではない。
無理をさせているとの実感はあったが、情報収集に彼らを送り込む。この手の任務は、半数でも情報をつかんで帰還できれば成功だ。当然、ある程度の小競り合いや損失は覚悟の上だったが、指揮官としてこのような決断を下すには、少々気が参るものだと実感する。
愛国心や、名誉心といった個人の感情以前に、共に轡を並べて訓練した部下達や、戦列を共にした他の魔法衛士隊の戦友達を危険にさらす決断を行うのは自分なのだ。たとえ、職責がそれを命じるとしてもだ。隊長にのぼりつめれば、大きな権限がある。そのことばかりに、眼が眩んでいたが、副隊長ですらこの責務だ。

「決断。それが、重いものだとは知っているつもりだったのだが。」

疑問を感じる心をことさらに無視して、情報をもって帰還してきたマンティコア隊の衛士へと駆けよる。華麗な礼節も、沈着な動作も無用だ。必要なのは、実利的かつ効率の良い行動。前線で、こちらを圧倒するような数のゲルマニアの圧力に抵抗するためには、それしかなかった。
マンティコア隊から、半数。グリフォン隊からも半数。実質的に前線からは一個の魔法衛士隊が抜けたに等しい穴があいている。これだけの負担を強いておきながら、任務が達成できないとなれば、申し訳が立たないだろう。

「ワルド副隊長。情勢は不明なのですが、叛乱軍で騒ぎが起きています。」

「どういうことだ。」

叛乱軍で騒ぎということは、何か状況が動いているということだ。この状況下で、何が起きているか。それが、今後の行動を決定的に左右しかねない。

「わかりません。ロマリアのフネが絡んでいるというところまでしか把握できておりません。」

「ロマリアのフネ?いや、わかった。本当にご苦労だった。」

贅沢ができる状況ではないが、許されるならば苦難を掻い潜って情報を集めてきてくれた彼らに一杯奢りたいところだ。落ち着いたときに、お互いが生きていたら忘れずに、杯を酌み交わすことにしよう。

「ロマリアのフネということは、マザリーニ枢機卿がなにがしかの手をうたれたのではないでしょうか?」

確かに、それはあり得る。元々、マザリーニ枢機卿はロマリア枢機卿団中でもかなりの有力な一派に属しておられる。だが、マザリーニ枢機卿ご自身ならばともかく、王族の方々を連れてロマリアを目指すことがあり得るのだろうか?ロマリアのお方ならば、聖地について何かご存じではないだろうか?
そう思い、訊ねたことがあるものの、どうも口ぶりからしマザリーニ枢機卿ご自身は聖地への関心がさほど高くはないように思えた。聖地を頑なに求める、現在のロマリア宗教庁とは必ずしも、見解が一致しておられない。さらに言えば、ロマリアの現状に含む心がおありのようでもある。
そのような方が、王族の方々というある意味で、手土産を連れる形でロマリアへと向かうことをよしとされるかといわれると、疑問なのだ。鳥の骨と陰で罵られようとも、誠実なお方ではある。聖地への熱意ないと知った時には、いささか距離を取るべきかと思いもしたが、このような情勢下では最も信頼できる人間でもある。

「いや、そのような断定は危険だ。」

「では、いかがされますか?」

「しばらくここを任せる。夜明けまでに戻らねば、君が指揮を取りたまえ。」

後方で、部下に指示を出しているよりも自身で情報を集める方が良いだろう。トリスタニアは混乱しているともいう。そうであるならば、風のメイジである私ならば遍在を活用し、情報を拾い集めることも可能なはずだ。なによりも、疲れている部下を働かせて、後方で休むよりは、私が彼らを休ませるべきだ。

「ご自身で行かれるのですか!?」

「どちらにせよ、部隊は休養が必要だ。これからは、休養を取る時間もないはずだ。今のうちに休めるだけ休んでおくように。」

そういうと、即座にグリフォンへと飛び乗り、闇夜に紛れてトリスタニアを目指して駐屯地から飛び立つ。演習でこのあたりを飛びまわっているのだ。叛乱軍よりもよほどこのあたりの地理に関してならば知悉していることが、幸いし、哨戒線にかかることもなく、トリスタニア近隣を捜索可能である。
一応、有事に王族の方が避難することになっている場があり、そちらを調べるべきかと、遍在を一体そちらへと向かわせ、残りはトリスタニア内部の情報収集に向かわせる。

「確かに、叛乱軍が動揺している?これは、王族の方々が亡命されたというのは事実か?」

マザリーニ枢機卿が、王族の方々と共にロマリアへ逃げ出した。是が、叛乱軍の貴族たちの間で囁かれている。事実であれば、ただちに今から引き返して、そちらを発見し護衛すべきなのだが、何かが引っ掛かる。
確かに、枢機卿は正式な宰相というよりも国政を壟断しているかに見られることがあった。しかし、どうも自分が見知っている枢機卿らしくないのだ。戦場で生き残れたことは、戦場での噂と実態の乖離をいやというほど自分で経験しているということでもある。
今、叛乱軍の連中が語っているのは、そうであるとされてきた枢機卿像だ。確かに、納得しそうである。だが、知っている人間からすれば、少しかみ合わない。その、少しの違和感が重大な懸念につながっているように思えてならない。

「情報が足りない。っ、どうしたものか。」

決断するにも情報が足りないが、時間も足りない。もしも、ロマリアのフネに乗っておられるのであれば、ただちに馳せ参じるのが解答だが、もしも乗っておられなければまだ敵の手の中におられるかもしれないのだ。ええい、もどかしい!
焦りを何とか抑えようとして、あたりを見回し、ふと王族の方々の避難場所へと向かわせた遍在が、潜んでいる影に気がつく。このような、隠し部屋を知り、なおかつ隠れている?

「動くな!杖を捨てて、ゆっくりと出てこい!」


{ニコラ視点}

「動くな!杖を捨てて、ゆっくりと出てこい!」

鋭い警告が発せられた時、思わず覚悟していた時が来たかと思う。この隠れ場を知るものは、王族の方か、マザリーニ枢機卿、あるいは、魔法衛士隊の副隊長以上に限られる。マザリーニ枢機卿から、連絡を託されでもしなければ自分が、このようなところに潜むことにはならなかった。
だが、叛乱軍とて貴族なのだ。伝承や、伝聞。或いは、密告やかつての文献から、この隠された場を知っている可能性がないわけではない。

「今、出ていく!杖は持っていない!」

辛うじて、声を張り上げ、杖を地面に置きながら、できれば組み伏し、正体を見極めたいと思いながらゆっくりと物陰から顔を出す。ここに隠れていることを察する以上、風のメイジであるのは間違いない。そして、風のメイジは、私の待ち人でもあるはずなのだ。
油断なく、こちらに杖剣を向けている姿を確認し、ようやく安堵する。杖剣を使うのは魔法衛士隊のメイジだ。そして、風となれば、おそらくあたりだろう。我々は、賭けに勝ちつつある。

「ワルド子爵か?」


{ワルド視点}

問いかけられ、その意味を考える。確かに、ワルド子爵かと、確信をもってこちらに確認してきている。ということは、私が駆けつけてくることを知っている?

「確かに、私はワルド子爵だ。そちらも名乗っていただきたい」

「ニコラ・デマレ・メールボワ侯爵だ。良く駆けつけてくれた。」

メールボワ侯爵?財務次卿で、マザリーニ枢機卿の一派であるはずだ。だが、しかし、何故ここにいる?何故隠れている?分からない以上油断はできない。すでに、トリスタニア内部にいる遍在たちと共に、こちらへ向かってはいるものの状況を確認する必要がある。

「状況はどうなっている?」

「失礼。その前に、何故こちらに?」

未だ、杖剣を下げることなく問いただす。無礼は承知だが、ここで油断し、事態を台無しにしてしまうよりは、はるかにましだ。

「っと、すまない。こちらも焦っていたようだ。マザリーニ枢機卿からの手紙と指示だ。君を待っていた。」

差し出された手紙を手に取り、眼を通す。見慣れた署名に、見慣れた書体。様式は完璧。紙質も、触り慣れた枢機卿の指示用に使われる紙に間違いない。偽造防止用のサインもひそかに行われている。つまりは、本物か?

「失礼致しました。メールボワ侯爵。」

「構わんよ。非常時だ。むしろ、君のような有能なメイジが駆けつけてくれることの方がありがたい。」

「して、私への連絡とは?」

枢機卿からの指示は、私に対して、メールボワ侯爵の指示に従うようにと記載されているのみであった。口頭で重要な連絡事項があるということ。つまりは、仮にメールボワ侯爵が捕まっても口をふさぐことが期待されるような情報があるということか?
この情勢下では、当然のこととして、重大極まりない案件に他ならない。

「マザリーニ枢機卿が囮となられた。王族の方々が未だ城内に潜伏されているのだ。今の混乱に乗じて御救い申し上げられないか?」

「城内からでありますか?むろん、困難ではありますが、不可能ではありません。」

曲がりなりにも、魔法衛士隊は、王族の方々の護衛が任である。城内の構造は理解している上に、戦闘にも慣れている以上、お連れするのは不可能ではない。戦闘になり、全滅するとも、目的を達成しうるだろう。全滅するまでの時間に、遠くへ御逃げいただくことは可能だ。
だが、それで、逃げ切れるのだろうか?

「しかし、逃げるにしても、手がありましょうか。」

「それは、大丈夫だ。何とか、ラ・ローシェルまで護衛してほしい。そこにフネを手配したが、我々だけではお連れできないでいたのだ。頼む子爵。」

フネがある。ラ・ローシェルに手配してある。というのは、驚きだ。この混乱下でそれほどの手配ができていることを喜ぶべきか、それほどまでに、追い詰められていることを嘆くべきか。

「分かりました。ただちに取り掛かります。」

そういうや否や、私は遍在の一体を部隊へと向かわせる。彼らには申し訳ないが、休息は打ち切りだ。時間との勝負になるが、ここでトリスタニアから王族の方々を連れて何とか、ラ・ローシェルまで急行することになる。戦力としては、まとまっている方が理想ではあるが、マンティコア隊とグリフォン隊では最大速度が異なる。
無論、ここまでも警戒を兼ねながら進軍してきたために、強行軍といえども纏まった部隊として行動してこられたが、これから先は文字通り速度勝負だ。それと、ラ・ローシェル近隣の確保を考慮すると、マンティコア隊を先行させ、救出後はただちにひた走れるようにしておくべきだろう。

「状況を把握した。ただちに総員出撃用意だ。説明は、進みながら行う。マンティコア隊の代表者に連絡してほしい。急ぎだ!」

遍在を通じて部下に指示を出しつつ、残りの遍在でメールボワ侯爵からもたらされた情報をもとに、トリスタニアの情勢把握に努める。蜂起したのは諸候軍。貴族達本人はともかく、その兵はトリスタニアには不慣れだ。ならば、その間隙をついで混乱を惹き起こせば、その隙に王族の方々を脱出させることは不可能ではない。

「メールボワ侯爵。失礼ですが、マンティコア隊と合流し、ラ・ローシェルにて我らをお待ちください。」

メールボワ侯爵がしぶしぶといった表情を浮かべて、頷き同意を示してくださる。ここで、私も残るだの、爵位を笠に着て功績を求めるタイプの貴族でないことを始祖に感謝したくなる。段取りが取れていて、トントンと処理できるこの素晴らしさ。軍に入り、ひたすら権勢を追い求めていたころにはついぞ実感できなかった快感だ。

「先行して、退路を確保しておけというわけか。しかし、王族の方々は確かにお連れできるのだろうな。」

「お任せを。確実にやり遂げて御覧に入れましょう。」

一人のメイジとして、並みならぬ鍛錬を積んできたという自負はある。二つ名の「閃光」は自身の栄達を望んでのこともあったが、確かな裏付けをもっている二つ名でもあるのだ。メイジとしての実力をもって、トリステインの貴族同士で相撃つのは気の進むことでは本来はない。
だが、叛徒を討つのだ。それも、長年憎悪し抜いてきたような、膿のような連中だ。まさしく、王族の方々、姫殿下を御救いし、悪漢を討つのは本懐である。立派なメイジでありたい。そんな、子供のころの理想を、体現し得るかの機会がこのような形でもたらされるのは不本意だが、心が躍るものでもある。

「状況を説明する。メールボワ侯爵がラ・ローシェルにフネを確保されている。我々の任務は、一、王族の方々の救出。二、ラ・ローシェルの確保、三、ラ・ローシェルまで王族の方々を護衛である。」

遍在を通じて、集結した魔法衛士隊の指揮官たちに状況を説明する。とにかく、王族の救出が成功しないことには意味がない。手だれを投入し、救出を行う必要があるが、しかし脱出できねば意味がない。この手の任務は、全滅すれども王族の方々が脱出できれば成功であるが、退路が確保できなければその全滅の意味がなくなる。

「戦力の分散は避けたいが、退路がなくては脱出も行えない。」

そこで、部隊を二分せざるを得ないが、これは安全策をとって鉄の規律を誇るマンティコア隊に一任する。仮に全滅すれども彼らならば任を全うしようと努めるはずだ。

「そこで、マンティコア隊はメールボワ侯爵と合流しラ・ローシェルへ急行。掃討を行う。」

「了解。しかし、ラ・ローシェルが制圧されていた場合は?」

「強行突破になる。突破できねば脱出行の意味がない。」

「了解しました。」

状況はすでに流動的な部分がある。王族の方々がひそまれている王宮の一角に突入するのは、騎乗し、飛行していけば比較的容易に行えるが、追撃は苛烈を極めるだろう。そうなると、地上から侵入し、離脱を速やかに行った方が理想的ではある。しかし、時間がない。

「我々、グリフォン隊は救出を担当だ。陽動を兼ねて遍在が使えるメイジは、現在トリスタニアを占領している叛徒の軍を襲撃、この混乱と同時に一隊で持って救出を行うものとする。」



{ニコラ視点}

「お急ぎください!」

先頭を駆けるマンティコア隊のメイジが、こちらを襲撃してくる傭兵崩れどもに応戦しつつ、部隊の一部を足止めに残して駆けるように促してくる。

「賊は討ち捨てて構わないのか!?」

退路に賊を残しておくことが懸念されてならない。本当に、先を急ぐばかりでよいのだろうか?

「ご安心を。グリフォン隊ならば、空の上です。我らのようにあえて地上を駆けぬ限り、傭兵崩れ程度では障害足りえません。」

「なるほど、つまり深刻な脅威はフネと龍騎士のみか。」

ラ・ローシェルまで、ひたすらに駆け続けてきたが、理由が理解できた。ある意味で、囮であり、掃討要員なのだ。この夜道をひたすらに駆け続ける存在に気がつくような連中を引きつけ、後続の脅威になるようであれば排除し、そうでなければひたすら無視し続けている。
幸いなことに、未だトリスタニア方面に急行中とされているゲルマニア艦隊は、トリスタニアに到着しておらず、快速のコルベット群さえ未だに確認されていない。運が良ければ、トリスタニアに付いたところで、ロマリア方面に慌てて追いかけていき、ガリア上空で地団太を踏ませることもできるかもしれない。
連中とて、ガリアに戦争を仕掛ける決断はできていないはずだ。あとは、何食わぬ顔で、マザリーニ枢機卿がロマリアに枢機卿として行くためにフネを利用したという全くの事実を公表すれば、全て問題はない。

「問題は、ワルド子爵の方か。いくら、彼が優秀とはいえ、上手くやってくれるだろうか・・・。」

「心配無用でありましょう。グリフォン隊の副隊長にして、『閃光』の二つ名をもつスクウェアです。叛徒どもに後れを取ることはありますまい。」

「全く大したものだ。あのような、人物がいてくれるおかげで、なんとか道が開けるような気がしてくる。」

存在を疑っているが、始祖ブリミルの加護とやらがまだトリステイン王家にあるならば、どうか、彼の者を守りたまえ、彼の者をして、任を全うさせたまえ!



{ラムド視点}

艦隊は、トリスタニアへと順調に航海していた。予想されていた、魔法衛士隊による妨害や、抵抗もなく、龍騎士隊が展開していることもなく、航海は予定よりも順調なほどであった。

「ラムド卿。状況が想定よりも余裕がありますが、トリスタニア方面への偵察部隊派遣を御許可願えないでしょうか?」

「かまわんよ、艦長。専門家の意見には従うものだ。しかし、具体的にはどうするつもりかね?」

確かに、情勢がはっきりとしないよりは、ある程度の情報得ている方が今後の方策も立てようがある。艦隊にしても、最悪想定されていた交戦がなかったために余力があるため、積極的な情報収集も可能となる。コクラン卿が、追撃部隊を指揮している以上、そちらは卿を信頼して待つしかない。
で、あるならば、こちらもこちらで最善を尽くすほかないのだ。

「フネからそれぞれ龍騎士を出そうかと。10騎ほどですが、情報収集は行えるものと思います。」

「結構だ。概略で良いが、情報があると助かる。」

「では、さっそくトリスタニアの偵察に向かわせます。」

「よろしく頼む。」

王族は、現在ロマリア方面に逃亡中。では、現在のトリスタニアはどうなっている?蜂起した連中が、自軍の統制もできない程抜けているとも思いたくはないが、最悪統制が崩壊して混乱している可能性もある。ゲルマニアの艦隊が無駄な損耗を受ける可能性は避けたいのだが。
コクラン卿が、王族を確保。こちら、トリスタニアを制圧で戦争の終結も見えてくる。この情勢下で、できる限りの最善を尽くしたいが、どうだろうか?だとすれば、情報が多いに越したことはない。

「いや、まってくれ艦長。」

「はっ。」

「龍騎士はどれくらいまでなら、偵察に派遣可能だろうか?」

艦長はしばし、こちらの質問の意味を考えてくれたのだろう。情報を最大限集めることを視野に入れた数として、18騎という数を出してくれた。

「すまないが、情報が欲しい。出せるだけ出してもらえないだろうか。」

「分かりました。もとより、問題などありません。ただちに取り掛かります。」



{ワルド視点}

遍在達で、ちょっとした小火をトリスタニア制圧中の叛乱軍テントで起こすと共に、物資集積場に襲撃を仕掛ける。目立つのが目的のそれらに、つられた諸候軍兵士達が注目をそちらに向けている隙を掻い潜り、王宮の中へと侵入。
守るべき対象であった王宮の内部に、騎乗し、侵入する皮肉を味わいながらもグリフォン隊の行動は素早く、満足いく水準であった。

「排除完了しました。」

「制圧完了。退路確保!」

「よし、脱出までここは任せた。」

そう言い残し、王宮の一角にあるちょっとした壁に杖剣を当てて音を調べる。かすかながら、それを知らずに叩けば分からない程度の違いだが、確かにそこに隠し部屋があるのが分かる。以前、伝えられた手順に従い、壁に偽装された扉をこじ開ける。
中にいる人間が、息をひそめる音が、間違いなくここに目的の人物がいることを暗示している。さすがに、救援かどうか分からずに不安なのだろう。かすかに、恐怖があるかもしれない。恐怖で混乱されてはたまらない。それだけに、努めて明るい表情を浮かべると杖剣で光をともしながらその中に入る。

「王女殿下の魔法衛士隊、グリフォン隊副隊長、ワルド子爵です。お助けに参るのが遅くなり、申し訳ありません。」

「グリフォン隊のワルド子爵ですか?ああ!よく来てくれました!」

「マリアンヌ大后、王女殿下、ご無事で何よりです。今、私の部下が脱出の手はずを整えております。時間がありません。身支度があればお急ぎください。」

王家伝来の秘宝や、持ち出すべき物品。このようなときだからこそ、逆に必要となるような品々はすでに隠れる際にまとめられていた。手はずの良いことだが、このようなことを見越していた女官でもいたのだろう。とにかく、時間がかからないことを歓迎すべきだ。
「烈風」が現役であったころならばともかく、魔法衛士に女性はいない。故に、無礼を承知ながら大后殿下と、王女殿下にはグリフォン隊の衛士と同乗していただくことになる。一時ばかりとはいえ、強行軍にお付き合いいただくことになる。

「すでに、ラ・ローシェルを先行したマンティコア隊が確保しております。メールボワ侯爵がフネを手配されておられるので、ひとまずはラ・ローシェルにつければ脱出の目処は立ちます。」

「ミスタ・ワルド。卿に任せます。」

「ありがとうございます。ですが、これは時間との戦いにならざるを得ません。少々、きつい旅になることをご容赦ください。」

鍛え抜かれた魔法衛士隊の隊員ならばいざしらず、特にまだ若いというよりも、幼い王女殿下には少々きついやもしれん。王族の方々の体力がどうなっているかまではさすがに分からないが、人並みという程度だろうか?或いは、もう少し弱いかもしれない。
無茶な行軍で最悪、体調を崩すこともあり得るだろうと、覚悟している。一応、水のメイジが隊にはいるが、全面的には安堵できない。このような、慌ただしい情勢下とはいえ、このような不確実さがあるのは、不手際か?だが、完全など望みえない状況下での最善でもあるのだ。

「副隊長、悪い知らせです。ゲルマニア旗を掲げた龍騎士、約20がトリスタニアに接近中です。」

最悪とは、こういう知らせのことだ。遍在を出して偵察に当たらせていた一人の隊員がもたらす知らせに、思わず顔をしかめそうになるものの、護衛対象を不安がらせてはならない。

「そうか、では、諸君で先行したまえ。大后殿下、王女殿下、恐れ入りますが、この者たちとご同行ください。」

「子爵、まさか。」

「ご安心を。何、『閃光』の二つ名がゲルマニアの龍騎士に通用するか少々試してみたいものでして。」

戦場では実力が全てなのだ。確かに、私は実力あるメイジだ。だが、それ以上に、数をもった軍の実力に個人という実力で贖うのは困難極まりないだろう。だが、この任務は、脱出に成功すれば、いい。魔法衛士隊の犠牲など、脱出に成功すれば全滅しても構わないとすらされる種の任務だ。
だが、マリアンヌ大后の不安を煽っても仕方がない。それに、貴夫人に心配をされるようなメイジでもないつもりだ。

「副隊長、ご武運を。」

「これは光栄な。ぜひとも、勝利をもって追いつきましょうぞ。」

そういうと、グリフォンに跨り、急上昇し、龍騎士隊の上空に回る。メイジの基本として魔法の同時使用ができない以上空を飛ぶと、他の魔法は行使できない。だから、龍騎士は空を飛びながら、魔法を行使できる最強の兵種だ。しかし、同時にさまざまな制約が存在しているのだ。
まず、龍とて飛び続けることは困難だ。ゲルマニアの龍騎士があれほど纏まった数として存在するのは、トリスタニアへ向かってきている艦隊のものだろう。数は、約20。一当てして、距離を稼ぎ、錯乱すればおそらく長距離偵察の龍であるはずだ。追跡を振り切るのも困難ではない。
一撃当てて、挑発し、時間を稼ぐ。それに徹するほかない。そう決断すると、王族の方々を護衛して、離脱するグリフォン隊に気がついた龍騎士隊が、取るであろう針路上に待機。はたして、単騎のこちらには気がつかずに、纏まったグリフォン隊の行動に気を取られたのだろう。
情報収集を目的としているのか、何騎かをトリスタニア上空に残して、残りが追撃に入ってくる。数が減ったことは、素直にありがたい。

遍在を空で作り出し、遍在をそのまま急降下させながら魔法を詠唱。

確実に撃破するよりも、行動を阻害する方を選択し、龍騎士隊に向けて、遍在すべてでライトニング・クラウドの詠唱を行い、その直後にウィンド・ブレイクを本体で詠唱。

完全な奇襲。

しかし、数の差はいかんともしがたい。ライトニング・クラウドの直撃を受けた何騎かがそのまま墜落し、ウィンド・ブレイクを受けた何騎かも行動が怪しくなる。とはいえ、数が減じたとはいえ、相手はまだ7・8は残っている。

「奇襲で全て、片付けられれば良かったのだが、っ、仕方ない!」

飛来する反撃の詠唱をエアシールドでしのぎつつ、急速にこちらに龍騎士隊が鉾を向けてくることにひとまずは安堵する。これで、脱出する方には追撃がこないで済む。あとは、これらを振り切りさえすればよい。厳しいのは間違いない。
だが、やってやれないこともないはずだ。首筋を掠めるファイアーボールを辛うじて回避すると、そのままグリフォンで龍騎士隊を突っ切る角度をフェイントでとり、向こうが防御を取ろうとした瞬間に離脱を図る。

「っ、クソ!存外しぶとい!」

全騎振り切るというわけにも行かず、しつこく3騎ほどに追い立てられる。練度も悪くない。即席だろうが、連携も取れている。だが、条件が悪すぎるのだろう。なにしろ、向こうは長距離偵察・情報収集を前提として長距離を飛んできた龍だ。
本調子というわけにもいかない。当然、動きは全力には程遠くならざるを得ない。で、あるならば、隙を突くのも不可能ではないのだ。そう決断し、包囲するべく旋回している隙を見計らって突破を試みる。結局、連携が取れているにしても、彼らの龍では完全にこちらの動きを封じこむこともできなかった。

「本当に、執念深い龍騎士だ!」

もっとも、完全に無傷というわけにはいかない。致命傷には程遠くとも、いくつもの軽傷をおわされ、激しい疲労にも襲われる。だが、ここで意識を手放すわけにもいかない。幸い、敵の龍騎士隊はある程度私を追いかけまわすことで余力の限界を使い果たしたようだ。
まだ、トリスタニア上空にいる数騎は脅威であるだろうが、その程度であれば、脱出中のグリフォン隊から何騎か抽出し、安全に迎撃できる。

「思ったよりも練度も高い。とにかく、今のうちに距離を稼がなくては・・・。」

長距離偵察中の龍騎士は脆弱とはいえ、しかし今回の敵には粘られた。事実、初撃で全滅させるつもりであったのだが。しぶとく喰いつかれ、結局半数もうち取れていない。まだ、鍛錬の仕方が足りないのか、空戦に不慣れなのだろうか。とはいえ、今は思考よりも行動だ。まずは、合流だ。そう判断し、合流する。結局、合流後は、是といった障害には遭遇しなかった。ただ、気の張り詰めが顔に出ていたのだろう。マンティコア隊と合流した時、引き継ぎを頼んだ瞬間に肩を支えられ、部屋まで案内しようかと促された。
辛うじて、それを断ることができたが、気の張り詰めはこれまでになく私の心身を疲労させた。だからだろうか、普段はほとんど意識しない昔の夢、母がまだ、何かの研究を行っていたころの会話が何故か夢に出てきた。何かを母が語っている?
それが、何かはわからない。だが、それが、気になるのだ。何を伝えようとしているのだ?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき。

綺麗なワルド。
ついカッとなってやってしまった。
勢いで書き上げたことは、遺憾ながら事実であります。
やりたかったというのも事実であります。
反省しているかというと、している方向で前向きに検討することを、次回以降議題にあげる程度には真摯に反省しております。
再発は、防止できるか分かりません。
たぶん、やってしまう。

でも、こういうワルドがいたっていいじゃないと、思うのです。



[15007] 第五十七話 会議は踊る、されど進まず1
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/08/17 05:56
言葉が人間に与えられたのは、考えていることを隠すためである。
シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール

戦後処理ほど面倒なものはない。

勝敗に関係なく、ひたすら面倒であるというほかない。

開戦という政治の延長行為を集結させるためには、政治的な決断が不可欠であるのは間違いない。だが、大抵の場合開戦の決断よりも、終戦の決断のほうが困難である。勝利をもってしてもなお終戦に至るのは容易ではない。

ハンニバルは偉大であった。地中海最強のローマを相手に、文字通り獅子奮迅の奮戦をやってのけ、敵地を我が物顔で蹂躙し得た。しかし、ローマはローマであった。そのローマの崩壊と分裂を目論んだハンニバルの戦略的な意図はついに達成されなかった。

戦争を無事に終わらせて、敗者を撫で斬りにし尽くせば事は別であろうが、たいていの場合はそうもいくものではない。ある政治的な連合体の紐帯を断ち切って、戦争を終わらせるには、どうすればよいか?それは、断ち切られた紐帯に代わって構成要員を再度からめ捕り、再編する長い政治的なからめ捕りが不可欠だ。

{アルブレヒト三世視点}

ヴィンドボナは異例の混乱に包まれていた。後方ゆえに、情報の入りが遅いこともあるが、途切れ途切れにもたらされる知らせは、容易ならざる事態が引き起こされているであろうことを示唆してやまないのだ。

「コクラン卿が負傷、王族はどこぞに亡命されたとか。」
「枢機卿まで巻き添えにする、狂った王党派がいたとか。」
「そういったことを含めると、メイジでもないものを軍務につかせたことが失敗のもとなのでは?」

事態に対する宮廷貴族どもの囀りは、メイジという個人の力量に戦争が委ねられていた事態の名残から解放されない無能さを残すものではあるが、しかし同時に一面の真実でもあった。火のメイジが大規模な魔法を展開し、自爆覚悟でこちらを葬り去るような事態に対しては、メイジ以外に対抗できるものは確かにいない。

「して王党派の動向は?」

ようやく、正式な情勢が理解できたのはこのラムド伯がヴィンドボナに帰参してからであった。トリスタニアでの政治的な情報収集や必要な交渉が、ある程度片付き次第としていたが、さすがに帰参には時間がかかったようだ。それでも、一応の事態はここに至って把握できている。

「ほぼ間違いなくアルビオンに亡命したものかと思われます。」

「引き渡しは要求できそうか?」

「恐れながら、困難かと。」

友好国であっても主権の及ぶところ、つまりはアルビオン大陸に匿われている王族を引き渡せと要求できるかどうかは微妙な問題が存在している。例えば、事前に受け入れを拒むように要請するとなれば、比較的事態は容易だ。両国間の関係に基づき中立を維持するといわせてしまえば、それでよいからだ。だが、一度中に入れられてしまうと、それは別の要求を伴わざるを得ない。

「ゲルマニアの圧力には屈せないと?」

「御意。おそれながら、閣下の要請はゲルマニアからの圧力と受け止められかねません。」

事実がどうであれ、他国の要求に無条件に屈するということは王権の権威に著しく悪影響を及ぼす。まして、始祖由来でないゲルマニアに対して、相手はアルビオン。正当な始祖由来王朝であることを国是として誇っているアルビオンが、圧力に屈するという政治的な形式だけは断じて取りえないのだ。モード大公粛清以来の政治的な緊張は緩和されつつあるといえ、ここでゲルマニアに屈して安定を保ちえるほどのものでは断じてない。

「で、あるならばまったく受け入れねば良いものを。」

政治的な判断を極力行わない王立空軍は、政治的には極めて従順なアルビオン王家の僕であるのかもしれないが、戦時の国境に隣接する軍として受け入れを行ってしまうというのはもう少し政治的に考えて行動できないものか、と苦言を申し入れたくなる。大方、そこいらまで見越しての鳥の骨の陰謀なのだろうが、これだから枢機卿なる生き物の厄介さが分かるというものだ。

「それで?肝心の枢機卿と、捕えたとかいう例の公爵家の小娘はどうした?」

「現在、トリスタニアより艦隊が護送中です。近日中にはヴィンドボナにまで護送される予定です。コクラン卿も同便で帰国を。」

まったく、コクランも小娘にしてやられるとは。油断というよりも、そういった蛮行を想像できなかったというべきか?まあ、身の安全に対して病的なまでに執拗な警戒を施してでも来ない限り、捕虜宣誓を受け入れる相手からの自爆じみた攻撃には対応できないのやもしれないが。

「やれやれ、それで?戦争はどうなっている?本来であれば奴が王族を受け取ってヴィンドボナで降伏の条約にサインさせれば戦争は終わっているはずなのだがな。」

前線からの報告によれば、第一戦線は依然として停滞している。とはいうものの、第二戦線は精鋭の魔法衛士隊が引き抜かれたこともあり、全体としての戦局は堅調である。すでに、湖畔の周辺からトリステイン王国勢力を駆逐しつつあるとのことだ。だが、それらは所詮、戦術的な優位の範疇にとどまる。トリスタニアを制圧した蜂起軍に加えて、領地に多くの未動員兵力を抱える貴族らが残っており、一方である程度の戦力が前線には確かに存在している。動向の定かでない貴族らを慰撫しつつ、降伏に持ち込ませるのは困難が伴うだろう。

「ようやく、停戦の合意を取り付けることができそうではありますが・・・。」

ラムドが言いよどむ。奴は外交に関しては有能であるだけではなく、胆力もあるはずだが?なにをそこまで言いよどむ必要がある?

「現状維持を前提として、監視にアルビオンをとの要求が出ております。」

「アルビオンを立会人に指定するだと?」

監視の人間を置こうと提案することそのものは、まあ妥当だ。選択肢としてロマリアは実に不快な相手であるし、ガリアに頭を下げるのは我々の問題となる。いくつかある外交的な自立を持っているクルンデンドルフに代表される大公国もこういった問題になると、トリステイン側との関係で、微妙な問題があるのもわかる。だから、この場合において両国と友好関係にあるとされるアルビオンを立会人に求めるというのもまあ、筋が通らないわけではない。

「是非にとのことですが。」

アルビオンが仲介の労を承諾したということを暗に意味しているのだろう。全く面倒な事態には放っておいても厄介事の種がやってくるようだ。

「遠い親族の助け合いということか?実にすばらしいものだな。」

「王族の亡命受け入れ、停戦の監視。まるで、トリステインの擁護者ですな。」

事実、その通りだろう。アルビオンにとって、トリステインは自国の友好的な勢力であると同時に、陸地への道でもあるのだ。まだ若い王太子ならばともかく、経験豊富なジェームズ一世ならばその事実を冷静に受け止めて策を練ること程度は間違いなくやってのけるに違いない。それが、国益にかなうという判断があるのだろうが、誰かのお膳立てにでも乗ってくるということは、こちらにとって望ましいものではない。

「まあ、トリステインの厄介事もでは同時に片付けてもらうとしよう。」

「擁護する以上責任も、でありますか?」

「仲介を頼むのだ。まして、かの地には亡命した王族とやらもいるのだ。この際、手痛い損害を拡大しないことを主とする。」

これ以上、厄介事に関わりたくない。言外にそう匂わすと、向こうもこちらの言い分を理解したのだろう。はっきりということは憚られるが、アルビオンには仲介の御礼として土地を進呈して差し上げる。もちろん、係争地をだ。好きに料理してくれればよい。その意図を汲み、ラムドも委細承知したという顔をして、おとなしく頷いている。しかし、実に面倒なことだ。落とし所を探すための会議を開くことから、まずもって段取りでもめるのだ。

「それと、早めにコクランを復帰させるように手配せよ。奴が抜けると何かと不便だ。」

「かしこまりました。」



{アルビオン視点}

亡命者というものは、おおむね虚勢を張るか、それとも卑屈になるかだ。だが、それも従者次第では凱旋者にも見えるのだということをアルビオン貴族たちは発見し、思わず自らの頬を人知れず抓ることになった。

「メールボワ侯爵に、ワルド子爵?トリステインの鳥の骨はどうしたのだ?」

「ロマリアにお帰りになったのでは?しかし、彼らは本当にプライドだけのトリステイン貴族か?」

「さてさて、始祖も皮肉なことをなさるものだ。あのような人物を、滅びかける直前にお与えになるとは。」

今少しさかのぼって彼らが国政を左右する立場にあれば、今日この日にこのような亡命劇の使者を彼らが務めることもなく、おおかたトリステインは安泰であったであろうに。そういった皮肉を感じつつも、アルビオン貴族らは陸への進出がこれでかなうのではないかと少々期待に胸を膨らませる。ゲルマニアは未開発の地を豊富に抱え、開拓の余地がいくらでもある。ガリアは砂漠やエルフによって占領されている地とはいえ広大な土地が開けているうえに、国土そのものも広く、開発はいくらでもできるのだ。さすがにゲルマニアほど辺境部が豊かというわけではないが、しかしその国力はハルケギニア最大のものだ。

「我等は、空の王国から陸を統べることも可能となりえる。そのことを考えると、我らアルビオンに始祖が微笑まれているようですな。」

翻ってアルビオンをみると、それらに比較すると貧しいものである。まず、国土の面積は狭い。浮遊大陸と称しても、実態は各国の中でも小さな国土しか持ちえず、交易が主たる産業の基盤となってきた。当然、交易相手である大陸の諸国との関係に汲々とせざるを得ず、アルビオンから、大陸への玄関口を確保することは一つの悲願となっているといってよい。

「アルビオンに不可欠なもの。それは陸である」

伝統的なアルビオンの政治外交方針は大陸との関係を穏便に済ませるというものである。だが、それは必ずしも、大陸に対する意思がないわけでも、領土欲と無縁というわけでもない。それが、国益にかなう以上不可欠な選択だとの理解があったからである。そこに、トリステインの敗北と、それに伴う王族の亡命劇だ。ゲルマニアとの関係は確かに重要ではあるものの、一方で多少はこちらの要求も通すことが可能になるのではないだろうか?講和の仲介というものは、成功すれば少なからずの成功報酬が期待できるものだ。

「たしか、アンリエッタ王女は年頃でしたな。」

「さよう。時に、ウェールズ王太子殿下にはいまだ婚約者がおいでにならないとか。」

「頃合い、やもしれませぬな。」

王国にとって有力な外戚というものは不要極まりない。まして、王族以外の貴族にとってみれば、自信は外戚になりたいとしても、他の有力な貴族が外戚になることは断じて首肯できない事態でもある。だが、亡命者は権力などない。そして、一定以上の血の尊さがそこには存在している以上、王族の婚姻相手としてはなんら、差しさわりがない。どころか、始祖ブリミルの贈り物とでもいうべきトリステインの土地を得る大義名分も婚姻のおまけとして付いてくる。

「お似合いでしょうな。」

誰ともなしに、つぶやかれたその言葉が、アルビオン内部において一定の理解を占めるに至るまでにさほどの時間も必要とされなかった。あくまでも政略を優先とした婚約などハルケギニアにおいて珍しくもなんともない。それでいて、これほど誰にとっても損の見当たらない取引ならば、行わない方が厄介な面倒事を引き起こしかねないのだ。後日、あの取引をまとめておけばよかったと後悔するくらいならば、どうしてこのような取引に応じてしまったのだと、後悔をしておく方がまだ、ましだろうと彼らは判断する。

「国王陛下への根回しは?」

「議会での多数派工作は・・・」

「付き人はどの家から?」

各貴族たちにはそれぞれの思惑がある。とはいえ、一つの意思と意図をもって濁流のように加速していくその中における思惑とは、どの程度までその思惑を達成するかといった個々の要素よりも、それら全体が混じり合って複雑怪奇な人間模様をごく濃縮された短い期間に描くこととなる。その政治的な喜劇に、否応なく巻き込まれていく当事者たちは、自らの運命をそこにある者は見つけ出そうと欲し、ある者は他者を出し抜こうとあがきつつも、総体としてはおおよそ混沌以外の何物でもなかった。



{ワルド視点}

「このたびはお招きいただきありがたい。」

隣でメールボワ侯爵がこの宴席に招待されたことへの謝辞を述べておられる。一応、招待という形ではある。しかしながら、『実質的には来ていただきたいという召喚状に等しい』とメールボワ侯爵は漏らされていた。まあ、有力な貴族の招待状など概ねそのような物であるのかもしれないが。講和会議についての話があるといわれれば、我々が拒絶できないのも当然のことだ。

「いやいや、名高いお二人をお招きで来て光栄ですぞ。」
「さよう、ワルド卿のような有能なメイジがおれば、アンリエッタ殿下もご安心でしょう。」
「いやいや、しかしここはアルビオンです。ご安心あれ。」
「我らが、王太子殿下とて、貴婦人を遇する礼も、メイジとしての実力もなかなかのものです。」
「おお、そう言われれば、お似合いのおふた方やもしれませぬな!」
「確かに!これは、ぬかりましたな。」
「いやいや、ここで我らが先走ってもいかがなものかと。どうですかな、ワルド卿?」

私は、亡命を受け入れられたことに感謝するべきだろう。だが、貴族という生き物の厄介さをもう少し、考えると、亡命を受け入れることにともなう、利害計算を完全にやってのけた損得を考慮の上での判断なのだろう。自然とこちらの礼を述べる声も、尻すぼみになりそうなものである。加えて、講和会議についてこちらの意向を確認するというよりも、別の話題について話だ。

「はっ、小官は一介の護衛でありますのでそのことについて、言を述べることは・・・」

戦争の終結どころか、王族の婚姻についての意見を求められる態でそれとなく、要求を伝えるように求められることが続けば、さすがに不愉快極まりない。つい先日まで立っていた戦場では泥にまみれていたが、やはり王宮ではどの国も悪意が汚泥のように全身にまとわりついてくる。吹き飛ばし、駆け出したい衝動に駆られるのも若さ故のみではないはずだ。アルビオンが仲介をしてくれることはありがたい。だが、我々の意向を汲み取ることはなされないということだろうか?敗戦の悲哀を肴にワインを傾けるのは実に苦々しいものでしかない。

「いえ、ウェールズ王太子殿下はご立派な方だとは承っております。ですが、そのような方のご婚姻に関しては、まず国王陛下の御意向も重要でありましょうな。」

隣のメールボワ侯爵が、それとなく王族の動向に関して、貴族といえども自由に行動すべきではないのではないかという意味合いを含めて腹の探り合いを始められる。むろん、個人としての侯爵はご立派なお方ではあるものの、やはりどうもそういった腹の探り合いは好きになれないものだ。

「いや、小官のような軍人には少々、過ぎたお話です。」

高みに登り、力を得たいと思わなかったわけではなかった。だからこそ、スクウェアのメイジにまで登りつめた。魔法衛士隊で栄達をした。だが、その成果は実に虚しいものだ。祖国はすでに、ゲルマニアの蹂躙にまかされている。そして、自身は祖国から貴族によって追われる形でアルビオンに亡命し、その地でも政治に巻き込まれている。かつては、忌々しいだけであった軍人としての分が、これほど心地よいことになるとは。

「軍人は、軍人同士親交を深めることといたしましょう。少々失礼いたします。」

幸いというべきか?サー・ヘンリー・ボーウッドがこの宴席にはおられた。失礼ではあるが、あちらの軍人たちが集まっている一角で飲むことにしよう。軍人というか、王立空軍の面々はなかなか付き合っていて芯のある人物が多く、付き合いたいと思えるような人間が多い。どこの国でも、人間には付き合いたいものと、そうでないものがいるものだ。どこも、同じであるものだろうか?


{フッガー視点}

「王家が亡命?では、大公国は借金を踏み倒されるのではないのか?」

トリスタニアからもたらされた情報は、一つの興味深い情報を含んでいた。借金まみれの王国が崩壊して困るのは、実は王国の当事者ではなく、金貸しの大公国ではないかというものだ。もちろん、表向きは、宗主国の不運に泣いているようであるが、実態は金が返ってこないことを泣いているのだろう。つまりは、彼らの涙が本物であるということでもあるのだが。

「それが、微妙な情勢でして、書類の上ではトリステインはいまだに健在なのであります。」

そこである。誰の目から見ても敗北しているのであるが、降伏しているわけではなく、ゲルマニアにしても全土を文字通りに制圧しているわけではないことが大きな問題となっている。トリステインという当事者が曲がりなりにも存在している状況なのだ。

「なるほど。つまり、戦後処理に際しては面倒なことになるだろうな。」

担保として何を抑えていたのか微妙であるが、少なくともなにがしかの利権を獲得する可能性があったのだ。そして、いくつかの金貸したちからしてみれば、トリステインが宗主国であっとしても自身はこの戦争において中立であったのだから、権利が侵害されることは遺憾であると抗議するだろう。

「しかし、彼らの債権は紙くずになるのではないのか?」

「はい、徴税代行権や様々な行政上の特権はおそらく無意味になるかと思われます。」

行政能力の末端が、有効に機能しない国家にとって、債権者による代行は二重の意味で首根っこを押さえられることになる。返済のための原資調達が困難になる一方で、さらに国内情勢に口を突っ込まれやすくなるのである。だが、それはヤドリギに近いものでもある。寄生すべき老木が朽ちてしまえば、ヤドリギもまた朽ちざるを得ない。

「はい。可能性にすぎませんが、講和会議に口を挿むこともあり得るかと。」

「それは、可能性ではないだろうな。というか、うちも可能ならばそうしたい。」

「はっ、そうでありました。」

大した額ではないのかもしれないが、アウグスブルク商会とて、いくつかの提携先と共にトリステイン貴族に融資を行っている。借り手が間抜けで、借金漬けになることは知ったことではないが、間抜けすぎて破滅的な戦争に行って貸し倒れにされるのはたまったものではないのだ。貸し手からしてみれば。まして、この問題の厄介さは、取引相手の商会らが負債を抱え込んでいる可能性があるということで膨れ上がる。

「とりあえずは、どこの商会が債権を抱え込んでいるかだ。早急に調べてほしい。」

「かしこまりました。」

ありがたきかな!トリステインはゲルマニアを野蛮な国家だと罵り、市場から締め出そうと懸命に、今となっては実にゲルマニアにとって賢明な措置を取ってくれている。おかげでゲルマニアの商会にはさほど損害の可能性はないであるだろう。ここは、ライバルである他国の商会の動向を把握しておくべきではある。もし可能であれば、開発中のゲルマニア利権から手を引くように促すことも有効な選択肢であるに違いない。ただ、気になる問題として、問題の規模がまだ分からないということが大きい。できれば、大公国が傾くことは避けてほしい。大きすぎる金貸しの倒産は、逆に問題を生じさせることもあるのだから。

「とにかく情報だ。今は、首を長く、聞き耳を立てることを怠るな。」

「了解です。」

配下の者に指示を事細かに行いつつ、気に留めるのはすなわち、自らの商会にどの程度利得が獲得できるかということと、トリステインとの関係が深かったアルビオンの商会との関係を見直すべきだろうかということである。貿易相手として提携している相手が不渡りをだそうものなら、こちらにまで代金が未納になりえる。そうなったら、少なからずの損害をこちらとて受けざるを得ないだろう。

「今回の戦争は、そこそこ、儲けた。だが、あまり満足できるものでもない。早々と利益を獲得して、危険な可能性からは降りたいものだよ。」

一人そうつぶやくと、いくつかの報告書に目を止めつつ、最近の情勢を注視する作業に没頭することになる。まったく、商会長になって以来、すこしも自由がないではないか。まあ、望んでそうしているのだが。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

しばし、ご無沙汰してました。

ちまちまと更新を続行していこうと思う次第であります。

8/17微妙に更新



[15007] 第五十八話 会議は踊る、されど進まず2
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/08/19 03:05
{ゲルマニア視点}

例えばの話だ。そう、あくまでも私の親族の知り合いに起きた出来事なのだがね。金を借りた遊び人が、金を散々浪費した揚句に遊び呆けて精神を病んだ隣人に悩んでいたらしいんだ。まあ、狂った隣人だからね。何を言い出すのかわからないでいたのだけれど、うちの庭にはいりこんで散々迷惑をかけた挙句、転んでポックリ逝ったとしようか。

「やれやれ」

そうつぶやくだけで私の親族の知り合いは、事態が治まるかと思ったんだがね。どうも、面倒事というものは拡大していくらしくて、その狂人の保護者がどっかに行ってしまってね。だれが、後始末をする必要があるのかということになっているのだよ。まあ、仕方ないから、壊されたり、汚されたりした庭の片付けに必要な費用をどこからか回収しようと相談をしていたのだ。そうしたら、突然その迷惑な隣人の財産を債権者たちが差し押さえようとしてくるのだよ。まったく、こっちの損害をどうしてくれようかと思って頭が痛くなったんだ。まあ、ここまでは仕方のないことだ。ある程度は我慢しよう。

「まあ、落ち着こう。我々は、交渉するべきではないだろうか。」

とにかく、我々は、理性的に関係者でお話をしようと決意するとこにまでは至ることができた。ところが、どうにも運がなく、我々は望んでいない介入を受けることとなってしまった。

「いや、待ってほしい。あなた方は、まず我々の意見を聞くべきだろうね。」

『「どちらさまで?」』

「君たちが財産を差し押さえようとした憐れなわが子の保護者です。あれは、私たちのものですよ。」

「失礼ながら、ご婦人。貴女にその資格が御有りなのでしょうか?」

今さら帰って来てそういうことを口にするなら、そもそもこういう面倒事を惹き起こさないでくれないかね?そう言おうと思ったのだが、知った顔がそこにあってね。うん、付き合いのある人物が、付添できていて追い返すわけにもいかなかったのだ。

「まあ、とにかく、お話しする必要がありますね。」

「・・・・そう、ですね。」

ま、こんな感じだね。ずうずうしいというしかないけれども、とにかく口をはさんでくる人間が多すぎてだね。話し合いを始めるだけで一苦労なんだと耳にしたんだよ。ああ、恥知らずと仰る方々に鏡の存在を誰か思い起こさせてくれれば、いくらでも支払ってやるのだが。


うん?この話のオチかね?

そんなものはどこにもないのだ。よろしければ、そこのワインをとっていただけるかね?飲んでしばしの間忘れたいのでね。



{ワルド視点}

「全戦線で攻勢、でありますか。」

アルビオンの外務省で耳にしたのは、ゲルマニアが全戦線で総力を挙げて攻勢に出たという知らせであった。時期からして、停戦交渉に入る前なのだ。前線を押し上げて、それらの既成事実で持って交渉に臨む気だろう。

「そうだ。なんといったか、そうタルブ経由で、トリスタニアを確実なものとし、トリステイン残存主力を包囲し、追い詰めようとしている。」

アルビオンの外務官僚たちが頭を抱えながら、交渉の諸方針を決めようと奔走しているのを見やりつつ、祖国の情勢に思いをはせる。戦線はこれまで2つであった。それゆえに、メイジの練度でかろうじて、戦線は維持できていた。そう、辛うじて。しかしながら、トリスタニア陥落後は、王都を起点として戦線が加速度的に拡大された。その結果、トリスタニア陥落後情勢は急激に悪化しつつある。トリスタニアを分岐点にゲルマニア寄りの地域は強大な圧力によって危機に瀕しているというほかない。

「停戦の合意はいつごろになるのでしょうか?」

「ヴィンドボナの意向は微妙だ。無益な戦争はさっさと終えたいと考えてはいるが、取れるものを放棄するほど無欲でもない。」

つまり、ゲルマニアにとってみれば意味のない戦争ではあるものの、そうであるからこそ回収できるものは回収しておくということだ。アルビオンが外交上の介入を行ってくれるとはいえ、それが停戦の合意に至るまでは無意味であるとすれば期限付きの戦争となる。そうであるならば、全力を投入しておく気にもなるのだろう。事後処理のことを考えると、発言力は少しでも大きいほうが望ましい。そして、おそらくは、ゲルマニアとアルビオンによる勢力交渉で、トリステインの今後は決定されることとなるだろう。

祖国は、もはや切り取られるのみなのか。

「一応、領地に残っている貴族達の兵を動員すれば対抗できなくもないだろう。戦線を押し返すことの可能性は?」

つまり、交渉を行うアルビオンとしては、ゲルマニアにトリステインが全面的に制圧されるよりは、ある程度拮抗した状態で仲介する方が、交渉そのものが容易であるとの認識がある。逆に、ゲルマニアにしてみれば戦後処理を重視する観点から、できるだけ主導権を獲得しようと行動する。ここで、トリステインが後日のためにできることは、戦線を支えることで一定の発言権を確保することなのだろうが・・・。

「難しいでしょうな。日和見の貴族達がここで出兵を決意するのは難しい。」

まずもって、先立つものがない貴族すら多い。動員を完了できるのはいつになることか。それどころか、統一的な指揮系統すらまとめられずに確固撃破されるのが目に見えている。よほど、大規模な領地を有する名門貴族が陣頭指揮を執るならばともかく、そのような人材はほぼ国内にはもはや存在しない。ラ・ヴァリエール公爵のように、後方の貴族達を纏めるだけの格をもちえる大貴族が前線から動けない以上、こちらは絶望的だ。

「では、卿には方策が何かおありか?」

現状の対抗策?確かに、求められているのはそのような対抗策であるが、しかしそう容易に思いつくものでもない。講和会議の前までに用意できて、対抗できる選択肢。そのように画期的な方策は容易に思いつくものではない。国土に侵入され、我々はもはや敗北寸前なのだ。このような目に遭うとは想像だにしていなかった。フネで存分に空が制圧され、我々は、自由にトリステインに帰還することも困難なのだ。敵の主力はこちらに向かいつつあり、逆転は困難を極める。・・・、敵艦隊を含めた主力がトリスタニア方面に向かいつつある?

「失礼、ゲルマニアの主力はトリスタニアへの途上にあるのでしょうか?」

「ああ、それは間違いない。だが、通商破壊は無意味。いつもと変わらず護衛付きの船団ばかりだ。」

「いや、問題はありません。」

やられたらやり返せばよい。国土を守るべきではあるのだろうが、できないならば次善の策を採用するほかない。

「失礼、少数でよいので我々をヴィンドボナに潜入させる手助けをお願いできないでしょうか?」

アルビオンに到着した魔法衛士隊の隊員は決して多くはないが少数精鋭だ。この作戦はできないものではないだろう。少数精鋭は時として、大きな成果をあげうるものであるのだ。これは、一つの小手先の抵抗に過ぎないのかもしれない。だが、しかし、それでも何もしないよりははるかにましだろうと思う。無力を嘆く前に、まずは行動あるのみだ。それが、できなければ、任を辞して速やかに引退するほかないだろう。

「破壊工作かね?却下だ。リスクが多すぎるし、発覚すればアルビオンにとって致命的だ。」

「いえ、異なります。それでは、今のゲルマニア中央が重視している地域は?」

「北部の開発に傾注している。我々も一枚かもうとしているがね。まあ、そこになら入口がないわけでもない」

そうか、そうなるとそこで行動するほかないだろう。だが、どこであろうとも全力を尽くすのみだ。


{フッガー視点}

「・・・講和会議の用意ですと?」

「間違いないでしょう。アルビオンから特使が派遣されたという情報があります。」

「では、やはり停戦交渉というのは確実ですか。」

ヴィンドボナの一角にある高級料理店で、料理を楽しむ態で集まった商会の主要な人間達が頭を抱えながら、情報の交換をそれとなくお互いをけん制しながら行っている。講和会議が本格化するのは時間の問題であるにしても、情勢が混沌としすぎているのだ。

「時間の問題でしょう。そこで、我々も考えなくてはいけません。」

トリステインとの関係はごくごく比率としては小さな部類になるが、それでもいくばくかの貸しがある商会は少なくない。それに、取引相手であるガリアやロマリアの商会がトリステインにかなりの貸し付けをもっていることも頭痛を酷くする。貸し倒れが連鎖されてはたまらないし、手形の決済が滞るのもご免こうむりたいの一言に尽きる。

「クルデンホルフ大公国の介入は?」

「水面下でアルビオンとゲルマニアの両方に交渉している気配があるとはいえ、根っこが同業者に近い。掴むのは困難だ。」

この情勢下で最も影響力があり、かつ重要な動向を握る大公国の動向は、秘密が徹底して守られている。彼らも自身の金のために泣き寝入りすることは、間違いなくありえない。それ故に、その行動は熾烈を極めることとなるだろう。問題は、その矛先がどこを向き、何を目指しているかが一切我々にとっては不明であるということだ。在ヴィンドボナの商会らをしても、その秘密は容易にはつかめえないでいる。

「やれやれ。ならば、最悪を想定するほかにないでしょうな。」

「その、最悪が分かれば苦労しない!」

そう、その最悪が想定できないのだ。情報不足ということもあるが、要素があまりにも多い上に行動が明確でない。はっきりとした予想を行うには、情報があまりにも少なすぎる。判断を下す上で、適度な量の情報が手元にあることは少ない。処理できない程に多すぎても、逆に判断できない程少なすぎても、判断の正確性は確保されない。

「状況をまとめましょう。クルデンホルフ大公国の目的は?」

「利権の確保と、政治的な地位の確立では?」

「いや、最低ラインは政治的な独自性の維持であると思うが。」

大公国は、独立国家である。曲がりなりにも、トリステインから独立した独自の国家という体裁をもっているのである。無論、トリステインを宗主国として持つ形をとってはいるので、明確には今回の戦役でトリステインが崩壊すると、その政治的な地位も揺らぐことになる。しかし、ゲルマニアにとって、大公国の保有する空中戦力や資金力は、戦争の早期終結を考慮すると敵に回すべきものではない。多少の妥協を両者が見出すことは可能であるやもしれない。

「微妙ですな。経済力を背景とした政治的自立性である以上、多少の利権は保持しておかねば国家として成立しませんぞ。」

一国が、一国として発言力をもつためには、自国のことを最低限決定できることが重要である。外交権をトリステインに大幅に制限された大公国が曲がりなりにも一国として行動することができるは、その経済力を背景とした影響力があってこそである。当然、その権力の源泉である経済力を手放すようなことは、緩慢な政治的な自殺に等しく、クルデンホルフ大公国が、ただのクルデンホルフ領になり下がるきっかけだろう。

「では、経済的な権益をどこかに求めてくると。」

「まさに、我々と利害がぶつかるわけですか。」

住み分けはおそらく困難だろう。なにしろ、向こうの泉は枯れかけており、どこからか新しい泉を見つけなければ干上がるのは彼らだ。そして、こちらは新しい泉を見つけており、たっぷりと湧いてきているのだ。干上がりかけている者にとっては、まさしく待望の泉である。これに目をつけないわけがない。つまりは、権益の衝突が予想されてしまう。それは、実質的には不可避に等しい。

「北部にはアルビオンの介入もある。我々も競争する仲ではありますが、国家が介入してくるとなる少々考えなくてはいけません。」

連絡を取り合って集まり、情報を交換する。少なくとも、その程度には繋がりがヴィンドボナの商会にはあり、外部にパイを分配することを忌避する程度には、一体感がある。正確には、国家規模での介入によって、不利な競争を強いられることには、対抗する程度の信頼関係とも言う。むろん、金銭的な利害のみで形成される極めて即物的な同盟であり、それゆえに情よりはある意味において確実なものだ。個々人の人格や善意は重要であるが、同時に感情を除いての判断も重要極まりない。信頼あってこそであるが、その信頼もまた計算が皆無なのではない。

「ふむ、しかし過度な連合は逆に上を刺激するのでは?」

中央集権的な傾向を強めている閣下の意向に真っ向から対立するのは望むところではないし、望ましくない。確かに、我々は自分の庭を外部の侵入者から守りたいとは思う。だが、そのために庭の主を怒らせてしまっては、目的の達成以前の問題だ。自らいる庭から追い出されては、本末転倒もよいところだろう。

「今は、そこまでは考えなくてもよいと思う。とにかく、意思疎通ができただけでも大きい。」

「とにかく、情報に耳を立てることと、密接な連絡が欠かせませんな。」

方向性としては、取りあえず国家規模で商会に干渉してくるならば、ある程度対抗することに決定。無論、クルデンホルフ大公国がそのように行動するかどうかは、実際のところ分からないので気休めに過ぎないのだが。むろん、政治的な自立性を維持するためにいろいろと策動しているのは理解できるが、その手段が分からない以上、現状では是以上は無意味な議論でしかないだろう。

「では、これにてお開きに。」



{リッシュモン視点}

貴族の中でも、高位の者は自己保存能力に賭けては天性のものが少なからず備わっている。少なくとも、トリステイン高等法院も権力闘争とは無縁ではないのだから。それ故に、リッシュモン卿は状況を理解し、焦っていた。表面では、戦勝を言祝ぐようにしつつも、自分の置かれた立場のまずさが、理解できる程度には、熟達した政治家である。

「王族の亡命を許したのは失態だった・・・。」

状況を一変させるために蜂起したが、どうにも冷静になって考えると、何物かに都合のよい筋書きを押し付けられた気が濃厚だ。確かに、ブリミル教を共に信じる教徒同士での戦いを憂いてということは一つの名目としては問題がない。だが、蜂起の結果として保身が見込めなくなっている。保身のために行動したつもりが、失策だ。誰かの筋書きに踊らされているような気配すらある。なにより、ゲルマニアから派遣されてきたラムド伯は、怒り心頭であった。まずもって、あの調子ではこちらの蜂起を望んでいたとは思えない。おそらく王族を拘束していれば、まずまずの処遇を否応なしにこちらにしなくてはならないために、ゲルマニアからある程度の処遇を引き出すことも期待できるだろうが、現状では絶望的だ。

「ええい、どうしたものか。」

ゲルマニアは、私を切り捨てる気が濃厚だろう。アルビオンは、王党派の根拠地になっている。この情勢下では、アルビオンにすり寄ろうにも、先に亡命された面々が私を許さないだろう。大義名分があるとはいえ、その名分に今となっては逆に拘束されてしまっている。

「アルビオン、トリステイン、ゲルマニア、どこも望ましくない。」

ここに至っては、多少の面子は耐えて、他の選択肢を検討するべきだろう。生きていれば、また上り詰めることも可能だ。そうなると、ロマリアか、格は劣るものの実質のあるクルデンホルフ大公国となる。ロマリアは、マザリーニ枢機卿一派とは異なる枢機卿団と接触できればよい。だが、いつもの伝手は今回に至って私を助けてくれるだろうか?そのことを考慮するならば、むしろクルデンホルフ大公国のほうが信頼できるかもしれん。純粋に逃げることだけを考慮すればガリアも望ましい選択肢にも見えるが、あの無能王の思考が分からずに、むしろ危険が感じられる。その点、大公国はしたたかな相手ではあるが理解できない相手ではない。

「リッシュモン卿、ラムド伯が面会を求めておられますが。」

「お断りせよ。少々、体調が望ましくない。」

ゲルマニアから派遣されてきたラムドという人間は有能だ。あの顔に一瞬だけ浮かべてしまったであろう、こちらへの軽蔑を見せたのは一瞬のミスだろうが、それだけにまだこちらにも運がある。あちらの本心を垣間見ることが一瞬足りといえどもできたのだから、こちらとしては、かなり優位に事を運べるだろう。まったく、疲れを隠して仕事をするからあのような失態を犯すのだろう。まあ、いい。これも始祖は、今だ私に微笑んでいると思うことにする。では、始祖がらみのロマリアにするか?

「いや、いや、逆だな。」

始祖の恩寵輝かしいであろうトリステインは、この様だ。光輝溢れるロマリアもいうに及ばないだろう。そうであるならば、むしろ信じるべきは現世のクルデンホルフ大公国となる。そうなると、手土産が必要になる。彼らが望んでいるものをある程度把握し、それに対応する必要がある。取りあえずは、先立つものが必要になるだろう。その意味において、高等法院の長であるということは大きな権限をもたらす。

「解任されていないとはな。」

思わず自分でも嗤いたくなるが、これでもトリステインの高等法院の長を解任されていないのだ。戦時の混乱や、蜂起直後に逃げ出している以上、そのような手続きを取るだけの時間の余裕がなかったとはいえ、これは面白いことである。追い出した王族の名において任命された職をもってことを行うのだ。当然、法的な裏付けがある以上、国内の財産やそれに伴う様々な書類も管理できる立場にある。このことをもって、大公国に売り込むのが一番無難だろう。領地の温存が一番の理想ではあるが、まずは保身第一で行くつもりである。情勢次第ではあるが、できるだけ堅実に行く必要がある。ひそかに。そして確実に、大公国に接触し、ゲルマニアからの人員に感付かれる前に事を成し遂げなくてはならない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

暑いというどころじゃないと思います。
そんな、毎日ですがどうも頭の回転が遅くなり、行動ものんびりしてしまいます。

今回は、教科書とかだとXXX年開戦~XXZ年終戦くらいにあっさり書かれるところにもいろいろな動きがあるのだ!というベクトルで書いております。(視点くるくる変わって申し訳ないですorz)

傭兵将軍の方は、なんか勢いで書いてしまっているので、勢いが出れば・・・でご容赦くださいm(_ _;)m

追伸
誤字修正(8/19にも追加で修正)
集中力緩慢なのだろうかorz



[15007] 第五十九話 会議は踊る、されど進まず3
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/08/19 12:59
{ロバート視点}

船上で爆発に巻き込まれた後の記憶は、見覚えのあるヴィンドボナ宮廷の一角で横臥しているところからだ。武装解除しようとし、抵抗されただけだが、降伏を潔しとせずに徹底して抗戦するとは。事前の分析と全く異なる。貴族子弟らが、あれほど戦意旺盛ということならば戦後の抵抗も激甚を極めかねない。民衆と貴族の分離は容易だろうが、それにしてもメイジの戦術的な脅威はやはり侮れないものがある。そう考えていると、見舞いがてら、ハルデンベルグ侯爵が訪れてきた。従兵によれば、ある程度の頻度で様子をうかがいに来ていたらしい。すでにある程度の情勢は耳にしているが、最新のそれが聞けるのは、やはりありがたい。

「コクラン卿、今回はしてやられたな。」

私が負傷退場している間の軍務は、ハルデンベルグ侯爵が担われていた。軍の代表として、前線全般の統括を行う地位にあられたのだから、分遣部隊指揮官が負傷退場した際の代理は義務ではあっても、その厚意には感謝せざるを得ない。唐突な指揮系統の切り替えに伴う諸混乱もあったのだろうが、恨み事一つはかないのは尊敬に値する。

「ハルデンベルグ侯爵には、ご迷惑をおかけしました。申し訳ない。」

「よい。戦場の習いだ。しかし、卿も油断したのか?」

「左様ですな。トリステインの女性は慎み深いと、自称しているようですが、どうしてなかなかゲルマニア並みに情熱的な炎をお持ちだ。」

しかし、実際にあの爆炎はきつかった。痛みを感じる前に、意識が飛んでからこそ、直後は痛みがなかった。しかし、水の秘薬を大量に使用する治療を受けた今ですら、微妙に腕から先にかけて痺れが残り、全身が軋むように痛みを訴えている。常にユーモアを。とりわけ、海軍士官でユーモアもないような人間は、戦場で自己を落ち着かせることもできないのだから。

「はっはっは。おおかた、ツェルプストー辺境伯に対抗したのだろう。」

「ああ、なるほど。そう言えば、そういう御家柄でしたな。」

まあ、冗談の種にはなるという程度のことであるが、あの小公女のご一家は、辺境伯の一家と並々ならぬ関係にあるらしい。なんでも、恋人をたびたび奪われ、思い人をかっさらわれたということがあったということだ。そういうわけで、あの小公女のご一家は、辺境伯に対抗して情熱の炎を高らかに燃やしているのだろうと。そう笑うしかないのが、今の自分の状態だ。

「それで、肝心のご用件は?」

「卿は北部の防衛に自信があるか?」

笑いをひっこめたハルデンベルグ侯爵は、唐突に軍務に関する話題を切り出してくる。北部、つまりこの場においては私の管轄下にあることにされている北部新領一帯はこれといった脅威は亜人程度だが。無論、一定数の戦力は残してある。メイジはアルビオンからの亡命組を組み込む形で増強されているし、歩兵隊にしても練度向上に余念がない。

「亜人の南下程度でありましたら、即座に対応可能です。さすがに、エルフでも来れば別でしょうが。」

幸いかな、あるいは不幸かな。エルフは砂漠越しに探しに行かねば纏まっては存在していないのだ。故に、私の防衛義務は実に容易なものとなっているが、それだけに知識欲は満たされない。

「うむ、その北部だが、トリステインの遊撃部隊に荒らされている。」

「トリステインの!?」

はっきりと言って、戦線のはるか後方。そこに、トリステインの遊撃部隊?何より理解に苦しむのは、荒らされているということだ。少ない戦力でならば、あるいは前線を突破して後方に浸透することも、可能やもしれない。或いは、海路もしくは空路を使用することで、警戒線を突破も可能だ。しかし、その程度の戦力ならば、守備に当たっている残存部隊で容易に対処可能なはずなのだ。

「まさか、アルビオンの支援が?」

可能性として考えられるのは、亡命先のアルビオンからなにがしかの支援を受けていること。しかし、これほど露骨に肩入れしてくるとも思えないのだが・・・。

「情勢はどの程度理解しているのかね?」

「アルビオンが仲介。大陸領有には意欲的。なれどもこちらとの友好関係を損なうことまでは望んでいないと。」

そこに大公国とトリステイン亡命王族とその一派、通称王党派が口を突っ込み、ロマリアがそれを外から眺めているというところが、現在のトリステイン戦後処理問題の構図だ。戦場では、依然として戦闘が継続しているものの、それらは基本的にはトリステイン軍主力の包囲せん滅と、戦後処理での発言権確保の一環としての攻勢である。

「そのはずなのだが。しかし、少数精鋭のトリステイン部隊が北部を荒らしているのも事実なのだ。」

「私の留守部隊はそれほど、無能ではないはずなのでありますが。」

練度は最高とまでは言い難いにしても、編成直後の部隊としては高い士気と練度を誇っている。メイジは寄せ集めに近い形となってはいるが、それにしても一定数を確保していることもあり、相応の戦力として見なせるはずだ。その防備を掻い潜って荒らすとなれば、相当の戦力のはずだが。

「まあ、良くはやっているのだろう。」

「と、申しますと?」

「相手は魔法衛士隊の一隊だ。さすがに、辺境防衛の部隊だけでは、荷が重いだろう。」

「魔法衛士隊!それは、相手にとって不足はありませんな。」

しかし、トリステインにそれほど残存の余剰戦力はあるのだろうか?投入して規模いかんによっては、こちらの前線を押し返しうるだけの技能をもつ部隊をそこに投入し得るだけの余剰戦力が捻出できるとは考えにくいのだが。可能性としては、前線に埋め合わせとして傭兵等を急募し、それによって余剰戦力を捻出することはありえる。しかし、現実にそれほどの戦力をもつ傭兵となると容易に雇用できるとも思えない。

「アルビオンに、つまり卿が取り逃がした王族の護衛についていたらしき部隊だ。」

「晴れがましくもお会いできるとは。」

「トリスタニア派遣艦隊の龍騎士が、かなり手酷く叩かれている。練度はあの不抜けた国の軍とは思えないほど高い。」

なんともはや。国家という規模でみれば、碌でもない国家であるにもかかわらず、崩壊間際になって、国家という束縛から解放された瞬間に、活力ある抵抗を行ってくるとは。この様子では、戦後の統治如何では、さらに赤字を垂れ流すことになりかねない。ある意味で、それを示唆するための抵抗であるようにも思えて仕方がないが。

「つまり、私は療養を兼ねて帰還し、講和会議の足を引っ張るような抵抗を排除せよということでしょうか?」

「しかり。アルビオンからの特使もこちらに向かいつつある。講和会議をどこで開催するかの下準備だが、あまり時間がないと思ってほしい。」

講和会議をどこでおこなうか。それすらも、交渉においては重要な意味づけを持ってくる。このことを考えるならば、交渉はある程度の時間を必要とすることになるだろう。だが、逆に言えばある程度の時間しか捻出できないともいう。速やかに帰還し、できるだけ早めに敵戦力の排除を行うべきだ。

「了解です。すぐに行動に取り掛かりましょう。」

「よろしく頼む。」

まだ仕事があるのだろう。侯爵はそれを機にすぐに立ち去ってゆく。仕事が多いのはどこも同じらしい。それにしても頭が痛い。現在の北部は、政治的にある種の火薬庫なのだ。アルビオンからの亡命貴族達に、各種利権をめぐって暗闘が各勢力の中でひそかに繰り広げられようとしている。無論、あくまでも北部ゲルマニア新領という枠組みにおいてであるが。しかし、だからこそそのような枠組みを揺るがすような脅威は、排除しなくてはならない。そのことを視野に入れあえて、それなりの戦力を北部に残していたのだが。

「戦闘規範が異なることを視野に入れておくべきなのだろうな。」

少数の後方錯乱は、危険性が高い。さらに付け加えれば、敵後方地域で警戒厳重な拠点を錯乱するのは、支援があっても不可能に等しい。兵站一つとっても補給が容易ではなく、戦力としてもせいぜい重火器は軽機関銃が限界だ。さすがに、潜水艦のように通商破壊作戦を行うならば、かなり深入りも可能だろうが、それにしても限界があるはず。まして、陸戦ならば、戦力としては脆弱すぎる。そう判断したつもりだった。陸戦については専門ではないとはいえ、ある程度は判断に自信があったが、魔法についての理解が不十分であったらしい。メイジならば、少数でも戦術的な脅威足りえる。そして、状況によっては、戦略にすら悪影響を及ぼす可能性があるということだ。投入方法にもよるが、大局に影響を与えないとはいえ、揺さぶることはできるという潜在的脅威だけで十分すぎる。



{ミミ視点}

「だめです。突破されました!」

これで何度目になるかわからない部下の報告に思わず、苦虫を噛み潰した表情を浮かべてしまう。ごく少数の、そうそれこそ分隊か、小隊規模の部隊に良いように錯乱されているのだ。

「索敵急げ!」

指示を出しつつも、この損害に思いをはせると頭が重くなる。少数の敵戦力出現と聞いた時、鬱憤を纏めてぶつけられるかと思いきや、この様。思わず自分自身を嘲笑したくなるほどだ。貴女はそれほど無能なのかと、自分自身に問いかけたいほどだ。

「損害報告。」

「やられました。南東区画の風石集積場は全壊。船着き場の損害は軽いものの、これでは運行に支障が。」

トリスタニアの残存部隊?どこに隠していたのかと問いかけたいほどの精鋭よ!思わず、叫びたくなる衝動に耐えつつ彼女は、自分の思考を冷却するように努める。敵の遊撃部隊はすでに散々こちらの重要な施設を破壊しているものの、決してそこに留まろうとはしない。おかげで、こちらは兵の大半を遊兵とさせてしまっている上に、捕捉してもすぐに包囲を突破されてしまう。メイジの質がほとんど信じられない水準だ。包囲し、せん滅するという基本的な作戦が有効に機能しない。

「北西区画のものを切り崩して運用。何とか、調達し確保を。」

ムーダの船団は、大量の運送により物流と人的移動を容易にする。だが、それは根幹となる船団が移動できることによって成り立っている。そう。船団なのだ。確かに、リスクは激減する。船団を組み、護衛がつくことによって安全性は確実なものとなる。だが、そのためにはそれ相応の風石を必要とするのだ。このままでは、北部での物流に深刻な影響が出かねない。このまま風石の備蓄場を痛打されると、フネが飛べなくなるのだ。

「すでに、調達額が高騰しております!すぐには困難です!」

「国外向けの切り崩しは、認められておりません!」

忌々しいことに。そう、誠に遺憾ながら南東区画の備蓄分はゲルマニア国内航路用の風石であり、北西区画のそれはアルビオン航路の物なのだ。戦時中であり、対外的に弱みを見せられない。とはいえ、この状況はいかんともしがたいものがある。このままでは、北部開発の遅延は深刻な段階までに悪化する上に、費用が高騰し、おまけで書類が信じられないような水準にまで増大し、官吏はすでに超過労働も良いところだ。人手がいくらあっても足りない状況で、討伐任務などこれでは、何から手をつけていいのかすら分からなくなる。

「ミス・カラム、複数の商会から面会の申し入れが。」

「思ったよりも速いわね。仕方ないわ。一段落ついたら予定に入れて。」

実に面倒というほかないが、商会からの苦情申し入れにも対応しなくてはいけない。なにしろ、私はこの地における最高位の現地責任者なのだ。遺憾ながら。コクラン卿が帰還されるまでの辛抱と自分を宥めるが、実際にこの面会の処理をしなくてはいけないのは自分なのだ。ロマリアから上司が引っ張ってきた、ロマリアからの干渉を極力排除してくれる善良な司祭さまという奇跡に習って、自分も面倒事を処理してくれる代理人を見つけるべきかもしれない。いや、そうすべきなのだろう。

「とにかく、捜索線の再構築と捕捉を急ぐこと。」

突破されねば、戦力差で圧倒できる自信がある。だが、そこまで包囲するのが困難なのだ。全力で追いかけて、ようやく捕捉したかと一度は思ったものの、それが遍在であったというのが現在の最大の成果なのだ。本隊を完全に捕捉するに至ってはいない。敵はかなり有力なメイジであるというほかないが、だからと言ってこれほどまでにかき乱されてよいものではない。重要なのは、私たちが後手に回っているということと、それによって無様な姿をアルビオン・ゲルマニアの商会が噂として運んで行くということだ。そう、後手に回るのを何とかすればよい、それができていないのだ。

「再度、おとり作戦でも考えるべきかしら。」

「上手くかかると思われますか?」

「厳しいと思うわ。」

すでに何度か実行はしているが、成果が出ていない。出ていれば、これほどまでに討伐作戦に追い回されてはいないのだから。状況は、依然として相手に主導権を握られたままである。囮にした物資も、そこから自然に出てくるわけではないので、成果に見合った結果とは言い難いのが実態である。主導権の奪還。それができなければ、このまま翻弄されてしまう。それこそが、課題なのだ。コクラン卿が帰還されるまで、手をこまねいているという印象は、面子以前に、対外的にもよろしくない。ゲルマニア北部の防衛能力に疑問符が、露骨に付けられるのは避けなければならないのだ。

「とにかく、戦力を出せるだけ出すしかないわ。予備としていた歩兵隊に、アルビオン亡命貴族達も出せる?」

練度、規律、さまざまな課題があるとはいえ、メイジは戦力としてはずば抜けている。アルビオンからの亡命貴族達の中でもましなものを選んで運用すれば、ある程度の戦力足り得るに違いないだろう。運用を考えると、実に頭が痛い限りだが。



{クルデンホルフ大公国視点}

良い顧客とは、ひたすら利息を支払ってくれる顧客のことを意味している。逆に言うならば、どれだけ借りてくれようとも、貸し倒れになるようなお客はお断りということである。普通、傾きすぎた国家に融資をすることは、善意ではありえない。そこにはたいていなにがしかの理由があるが、大公国の場合は外交上の独立を維持するためであった。

「貸し倒れは確実でしょうな。」

会議に参列する人物達は実に不愉快と言わんばかりの表情を浮かべつつも、冷静に事態を捉えている。少なくとも、金を貸す人間というものは情と理性をどこかで分離しなければ、失敗しかねないのだ。情を完全に排除しても、なお躓くこともある世界で、甘いことは言ってはいられない。

「ゲルマニアにつくか?」

「今さら遅きに過ぎよう。我々の金は微々たる額しか戻ってこんよ。」

「では、今更トリステインに味方して立ち上がるかね?それこそ論外だ。」

選択肢は概ね3つである。ゲルマニアにつくか、トリステインにつくか、アルビオンと協力しての中立かだ。だが、トリステインに付くのは自殺行為だ。なるほど、確かに大公国の戦力はそろっている。だが、得る物がない戦争に積極的に参加し、物量が圧倒的なゲルマニア相手に摩耗するならば、国家としての独自性は危ういだろうし、自殺行為に等しい。かといって、ゲルマニアについても得られるところは乏しい。政治的自立性を支えるためには、一定以上の経済的な基盤が必要になる。だが、それは利権だ。それは容易には譲渡されないことは間違いない。

「かといって、中立ではむざむざと金が捨てられるのを見過ごすのみですぞ。」

アルビオンと合同でゲルマニアを牽制すれば交渉力は付く。それは間違いないが、それにしても得られるものは微々たるものに留まるだろう。なにしろ、分配するパイは小さく、ゲルマニアはたくさん食べなくては飢えてしまうのだから。そして、我々はパイに多くの投資をしているのだ。食べなければ飢えるのはこちらも同じようなものだ。すぐに、飢え死にする心配こそなくても、将来は楽しくないことになるとわかっていれば状況は別だ。

「諸君、実はトリスタニアの大使より第四の道が提示された。」

「ほう、第四の道とは?」

「ゲルマニアとアルビオンに恩を売る方向だ。詳細は伏せるが、有望な方策である。」

有望な方策?参加者の顔に想像もできないというような色が、軒並み浮かぶ。この情勢下でアルビオンとゲルマニアに恩を売る方策がないわけではないだろう。それこそ、我々が、握っているトリステインの利権を放棄すると宣言するだけでも感謝はされるに違いない。だが、はたして恩を売りつつこちらに利益がある方策など有るのだろうか?

「なに、戦後交渉のことを見据えての方策だ。私も同意する良い策だ。」

「秘密にされるには理由があるのでしょうな。」

「肯定する。実に、興味深い事象である。ことが上手く行けば、諸君にも披露するだろう。」

そう言われると、もはやここで論ずべき事象は別のものとなる。なにしろ、秘密とされる方策だ。ここでこのように明言されている以上、方策を予想して賭けを行うくらいしかやることが一般にはないのだ。まあ、大公国の処理すべき案件は多いのでそれは私的な場でワインを嗜みながらなされるべきだろう。

「では、関連して次の案件を処理しよう。ゲルマニア北部の開発に参入すべきか?」

「すべきでしょう。将来性が高い。」

「賛成します。ですが、ヴィンドボナの商会らとは協調すべきです。」

北部の開発は魅力的だ。未開発の鉱山や、木材。さらに山岳地帯の開発。大きな見返りが予想できる。だが、一方でそれだけ大きな泉には多くの利権を見込んで現地の商会が介入している。そこに、割り込むようなことは外国勢としては得策でない場合も多々ある。協調できるならば、それによって無用な対立を避けられる。

「だが、それは無理とまではいかずとも、困難極まりない。」

「介入への反発は相当なものがある。」

すでに、少数のアルビオン系の商会が進出しているが、かなりの妨害を受けているという。目に見える形での実力行使は受けていないが、いくつかのゲルマニア系商会は団結して対抗する意思を示し始めている。そこに、大規模な割り込みを平和裏に行うのはかなり難しいといわざるを得ない。なにしろ、大規模な北方開発は、莫大な利権が見込める。ゲルマニアの選帝侯らも乗り遅れないよう、密かに開発に参入するか、開拓に乗り出しているという北部はかなり活性化しているのだ。

「見過ごしては、地盤沈下につながります。」

「しかし、その分はロマリア市場へのてこ入れで代替可能では?」

「ガリア市場も依然として有望ではありますが。」

金の集まる、ロマリア。最大の大国であるガリア。どちらも市場としては有望で大きいが、すでに成熟してしまっているという欠点がある。急激な成長が見込めないのだ。だが、一方で、依然として新規開拓の余地があり、安定しているため収益源としては一つの形として期待できるというのも事実ではある。どちらにしても、現在においてはかなり有望な市場であり、なおかつゲルマニア北部が急激成長しているとはいえ、これらには及ばないのだ。

「だが、ムーダ絡みの利権に手をつけたい。あれは、大きいぞ。」

「国営で運送業を始めるとは盲点であった。確かに、あれは将来の交易に影響する。」

ゲルマニア北部はムーダと連中が称している大規模船団の拠点の一つであり、アルビオンとの交易拠点でもある。国内の拠点網としては、ヴィンドボナに次ぐ規模を誇り、なおかつ対外交易拠点としての発展しつつあるのだ。金融業が盛んといえども、大公国も交易には力を注いでいるのは間違いない。なにしろ、交易によって大規模な利益を上げて、それを原資に金融を行うのだから。

「では、北部に干渉すると?」

「するほかにない。さすがに、ムーダに対抗する規模の船団をそろえるのは手間だ。」

「他に反論は?では、程度の打ち合わせは必要にしても介入する方向で動くことにしよう。」

その彼らからして、ムーダというのは魅力的な交易手段なのだ。大規模船団は、これまでにない安全な輸送を可能とする。当然、商品の積み荷にかける保険一つとっても随分と楽になる。それらの意味において、交易国としてはなにがしかの行動を起こさなくては大公国の独自性はすぐに消失してしまうのだ。

大公国。

それは、独立性を認められているということであるが、その基盤は経済力だ。人口にしても、軍事力にしても、諸候としてはずば抜けている。軍事力は、人口や領地に比較すれば強大な方だろう。だが、それでもガリアやゲルマニアといった強国からすればすりつぶし得る範疇だ。大きな、損害を与えることはできる。だが、勝利は望めないだろう。そして、その力を維持する経済力なくしては、即座にどこかに併合されてしまうのだ。

「力なきものは、喰われる世界だ。」

誰ともなしに呟かれたその言葉が、大公国の置かれたハルケギニアという世界の現実を物語っている。法は、強制的にそれを執行する機関があって初めて有効なのだ。世界にいては、国力と実力のみが雄弁にものを主張し、自らの欲するところを追求し得る。大公国とてその中で生き延びてきたプレイヤーなのだ。ゲームのルールは、嫌というほどに熟知している。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき

ワルド無双?そういう方向でやろうとおもっております。
りっしゅもんがうるのはなんだろう。
と、ご期待ください。
彼は、生き残ることにかけては天才だと思います。(うっかり、アニエスにでも会わなければ。)

でも、一週間から二週間にかけて更新が滞るかもしれません(-_-;)



[15007] 外伝? ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルド伝2(会議は踊る、されど進まず異聞)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/08/28 00:18
ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルド伝

トリステイン戦役、それはジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルドが初めてハルケギニアに躍り出た戦争であった。だが、彼が舞台に上がった時、彼が直面したのは、一人のメイジがどうにかできる戦争ではなかった。すでに、如何に負けるかのみが問われていたのだから。だが現実の圧力に屈せず、忠義を全うするという意味において、ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルドは真の騎士であった。同時に、彼は真のメイジでもあった。メイジとは、貴族とは何かとの問いに対して、その理想像として彼が今日でも語られる所以は、そのトリステイン戦役末期の活躍にあるとされている。

参考
(アルビオン:サウスゴーダ)
当時、ゲルマニアの国営商会ともすべきムーダの船団が主として南部の寄港地としていた都市。北部のダンドナルド・シティとの定期航路が運航されていた。このため、モード大公に関する政変を受けたアルビオン貴族らが、多数ゲルマニアに亡命する際の足となった。また、その一連の動きによって、極めて政治的に緊張をはらんだところであり、以後のアルビオン王家にとって気の抜けない地域として記憶されている。



{ワルド視点}

「はっきりと申し上げましょう。ゲルマニアの策を模倣ですな。」

「ゲルマニアの策を?」

アルビオン外務省は、実に有能な外交官という怪物を有している。だが、彼らは政治の怪物であって、軍事に関しては知識でしか知らない。故に、多少の解説を必要とする。だが、多少で理解できるあたりが、恐ろしい所以でもあるのだが。

「トリスタニア襲撃は、主として後方錯乱を目的とした奇襲でした。後方錯乱の模倣で少しでも前線の動きを留めようかと。」

ゲルマニアの軍人には有能なのがいたとしか思えない。あのトリスタニア襲撃がだれの発案かは聞き及んでいないものの、あの襲撃の着眼点は実に優れていた。戦争は、メイジが対峙しあって魔法を唱えている前線だけではなかった。すべからく、全ての場所で戦うしかないのだ。

「では、つまり、北部で錯乱工作を行われるおつもりだと?」

「ええ、そのつもりです。」

「しかし、軍用のフネは提供できませんぞ。」

それは、考えてある。さすがに、アルビオンの空軍が出張ってくることは無理がありすぎるだろう。それでは、講和の仲介どころか、新たな戦争だ。

「心配ご無用。私と部下を運んでいただきさえすればよいのです。」

後方錯乱ということを行われた。これは、確かにトリスタニアに対してゲルマニア艦隊による襲撃ということでインパクトが大きく、結果的に混乱を招くと共に事態を悪化させた。その効果が大きいところは、なによりも前線にいたからこそ知っている。それは極めて有効なのだ。で、ある以上その先例に倣って後方錯乱を行い、講和会議に向けて事態を改善できるように取り組むことは有効だろう。それを、手持ちの戦力で可能な策に心当たりがある。

「ふむ、それでしたら、ムーダの定期船団があるのでそちらでどうですかな?」

「定期船団?」

「サウスゴーダとダンドナルドのものが。」

ならば、アルビオン外務省に求めるのは、単純に通行許可証のみ。それも、面倒事を避けようと向こうが考えているならば、サウスゴーダまでのものでも構わない。少々手荒になるものの、アルビオンがゲルマニアに最接近するところまでまち、ゲルマニアとアルビオンの領空ぎりぎりまでフネで近付き、後は騎乗して降下するのもありだろう。ただ、定期船団というからには、護衛のフネがついているだろう。振り切るのが厄介かもしれないないが、それにしてもどうにかなる。艦隊の龍騎士隊を振り切ることに比べれば、容易なものだろう。やってやれないものではない。

「だが、実際のところ上手くいくのかが。」

懸念される材料であると。暗に、そう伝えてくるアルビオンの意向は単純だ。後方錯乱で足止めができることには期待しているが、一方で失敗されることで面倒事が拡大することを懸念してもいる。できれば、大きな損害を出すことなく、解決策を欲しているということだ。だからこそ、私の提案には賛同してもらえるだろう。

「少数の精鋭で、大いに暴れ回ってごらんにいれましょう。」

戦役全般で痛感したことは、数に抵抗するのは困難だということである。だが、逆に言えば、抵抗せずに逃げるだけならばそう難しくはない。前線で、数の圧力をひしひしと痛感していたとしても、部隊抽出は可能だったのだ。まして、トリスタニアから脱出するのも蜂起軍とゲルマニア先遣隊を振り切ってだ。無論、かなりの困難を伴うものであるのは確かだが、優秀なメイジが本気で逃げに徹すると、拘束するのは手間だろう。当然、追跡部隊として多数の部隊を必要とする上に、労力と物資を浪費することとなる。それは、間接的に前線部隊の圧力緩和につながるに違いない。

「なに、魔法衛士隊の精鋭です。さんざんゲルマニアを悩ませてご覧にいれましょう。」

「成算についての貴公の言を信じるのは容易。しかし、政治的に場所が悪いのを承知で?」

「場所、でありますか?」

言われてから、はたと気がつく。この国は、ついこの前政変があったばかりだ。そして、その政変に敗れたアルビオン貴族達が多数亡命していると、トリステインでも噂されたものであった。他国のことゆえさほど詳細が伝わってくることはなかったが、それでも南部の有力な貴族らが国外、つまりゲルマニアに亡命したとは耳にしている。ゲルマニアが、アルビオンとの関係に配慮し、ヴィンドボナではなく北部に場所を提供したとも。

「さよう。亡命貴族達という問題に火をつけるわけには、行きませぬな。」

過度に締め付け上げると、叛乱の火種をさらに招くことになる。かといって、放置していると示しがつかずに、王家にとっても望ましくない。であるならば、友好的な他国で、何もしないでいてくれるのがアルビオンにとっては理想的である。逆に、その付近に新たな火種をたてられることは本意ではない。むしろ、状況次第では積極的に鎮定に努めても不思議ではないのだ。

「ですが、逆にそれだけ重要な地点であるかと。」

「それは確かに。」

しかし、この講和会議における政治的意味合いを鑑みるとその政治的な複雑さは決して無意味ではないのだ。アルビオンからのお客人達が多い地域で火種が燻っているということは、アルビオンとの関係に決定的な亀裂をきたしかねない要素であると共に、客人の面倒すら見ることができないという意味において、ゲルマニアのマイナス要素足りえ、結果的にトリステインにとっては利益となる。同時に、それはゲルマニアに対するアルビオンのアドヴァンテージにもなるのだ。

「しかし、わがアルビオンが敢えて同意するに足るかは、明言しかねるものがあるか・・」

だが、それはあくまでも一つの側面にすぎない。アルビオンにとって得る物もあるが、同時に多くのものを危険にさらす選択肢なのだ。確かに、この仲介で利益を得ることは期待しているが、それはなにも無益な犠牲を払っても得なくてはならない性質のものでは断じてないのだ。故に、このアルビオン人は利害計算を持ってある程度の利益が見込めることを確信しつつも、躊躇いも覚えている。

「ですが、代替案は他に現状では持ち合わせが。」

「むう・・・」

「はっきりお聞きしたいのですが、最大の懸念材料は何でありますか。」

効果的である可能性が高く、かつリスクも大きいことは承知している。だが、アルビオン最大の懸念は、どこにあるのだろうか?それ次第で、行動するかどうかを決断することにもなる。アルビオンを、仲介者として信じてよいか。それもかかっているといってよい。我々は、確かに仲介者を必要としているが、必ずしもアルビオンである必要はない。より言葉に正確さを求めるのならば、ガリアやロマリアよりもアルビオンがまともな仲介者としてほどほどの利益を追求するだろうと判断しているのだ。それが、トリステインを完全に貪るだけであるならば、他に当たるほかない。

「卿の暴走。つまり、高度に政治的な判断が求められる作戦を行えるかということに尽きる。」

「私の政治的な判断力に疑問があると?」

「卿、というよりもトリステイン貴族全般だ。」

「それは、侮辱と捉えざるを得ませんが。」

小国とはいえ、貴族全般の判断力を疑われるとあっては、物申さずにはおれない。確かに、不手際が多かったのは事実だ。祖国の舵取りを誤ってしまったとの貴族としての自覚もある。だが、それをそのように侮辱されて甘んじられるほどには、ないのだ。全ての貴族が、そのように自身に誇りを持たないわけではない。リッシュモン卿のような叛徒は、誇りはなくとも生き残る才覚があるだろう。どちらにしても、判断力が皆無と断じられるのは異論がある。

「無論、暴言であることは理解する。」

「では、あえてそれを言われる理由をお伺いしたい。」

「未確認情報だが。徹底抗戦を主張し、降伏しようとしたロマリアの坊主ごと敵を吹き飛ばしたとの情報がある。」

一瞬頭が凍る。降伏、そう、降伏しようとした教会関係者ごと攻撃?貴族が、メイジが、そのようなことを?

「なんですって!?」

どこの馬鹿ものがそのようなことをしでかした!?思わず、叫びたくなる。政治的な汚点だ。外交的には大失態だ。徹底抗戦はよい。まだ、良いのだ。日和見に走るわけでもなく、貴族として国に準じるのは美点だろう。だが、貴族としての誇りや、メイジとしての善悪すらわきまえない程の愚か者がいたことに、目の前が真っ暗になる。

「あくまでも、裏付けが取れていない情報に過ぎない。だが、そういう噂が流れるほど、貴国の統制には疑問がつくのだ。」

「一部の暴走でありましょう。魔法衛士隊は精鋭、それに我々は誇りを持ったメイジであります。」

そのような、愚か者と同一視されることは耐えられない。私は、私の部下と属僚たちは、貴族として、メイジとしての誇りを持っているのだ。私自身、私の小さな婚約者に恥じないメイジであろうと志している。我々は、賊ではないのだ。誇りあるトリステイン貴族にして、思慮深いメイジであるのだ。

「貴公の人格は信ずるに足る。だが、それは私という一介の私見に過ぎない。全体での保証がないのだ。」

「ふむ、では、こういうのはいかがですかな。」

「なにか。」

聞き返してくる相手の顔を見詰めつつ、言葉を口で紡ぐことに一瞬ためらう。だが、他に方策はない。どのみち、遅かろうと速かろうと相手から要求されるかもしれない提案なのだ。ここで、提案しておくことで、祖国に利があるならば、やむを得ない。これならば、無碍にもされずに済むであろうし、アルビオンに対する我がトリステインの誠意の表明にもなる。

「我々が、アルビオンを離れる間のアンリエッタ姫殿下の護衛を、貴国の王太子殿下にお願いするというのはどうでしょうか。」

「・・・よろしいのか?」

さすがに、相手もこちらの意図を窺うように問いかけてくる。その意味するところを理解すれば当然だろう。実質的に人質か、よく言えば、王太子の婚約者候補としてこちらから差し出すというに等しいのだ。アルビオン貴族達がそれを望んでいると知っているからこその提案。あまり、愉快なものではない。祖国を、王女殿下をお守りするという魔法衛士隊の副隊長としてはあるまじき提案。だが、それすら祖国に、王族の方々に忠義を尽くす提案となるとは。

「王族の方々の護衛にあたる魔法衛士が抜けるのですから、当然の処置でありましょう。」

「それは、独断では?」

これは、最終確認だろう。さすがに、この手の提案を手放しで受け入れることのできる貴族はいないはず。なにしろ、事が大きすぎる上に、一歩間違えばどうしようもない没落につながりかねない程の懸案事項なのだ。逆に言えば、成功すればとてつもない成果となるわけであるが。

「護衛任務に関しては、小官に一切が任されており、問題はありません。」

トリスタニア脱出以来、メールボワ侯爵は政治的な問題を、私が護衛等軍務を管轄してきた。確かに、政治的な要素が大きすぎるのは事実だ。だが、代替案が軍人として私には他にない。そして、メールボワ侯爵にこの旨を提案しても同意を得られるだろうとの確信が私にはある。

「政治的な意味合いを理解してなお、行えると?」

「理解し、提案しております。」

最悪の責任は、一切を自分が引き受けよう。それで、部下やメールボワ侯爵には申し訳が立つ。

「そこまでの覚悟があるならばこちらからも一つ。」

「なんでしょうかな。」

「数名ほど、腕を発揮してほしいものがおります。」

「それは、どういうことですかな。」

「アルビオンを守る免罪符とお思い頂きたい。それをやっていただけるなら、支援できる。」

「・・・わかりました。」



ムーダ サウスゴーダ・ダンドナルド定期航路船団
護衛艦隊旗艦、リュツァー 航海士日誌

サウスゴーダ入港。道中の総評を兼ねて、艦隊司令部が会食を開催。4人の船長達からは、船団の規模が小さすぎるために各フネが過積載気味であるとの意見が出される。特に、木材需要が高いアルビオンに対する輸出が活発化していることと、ヴィンドボナ向けの毛織物の需要が高いために船団規模の拡張も必要かもしれない。帰国後、上申する必要あり。本航海が処女航海となる新造のグルッツァーは、最近の対空賊戦闘の戦訓や、トリステイン戦役での長距離航行の必要性が反映されたという売り込みの新造であるが、単一のフネとしては優れた物であるというのが、艦隊一同の認識。定期航路の護衛が本艦とグルッツァーのみであることは、当初は不安要素であったが、現状ではその問題に関しては解決できたと言える。快速性に優れ、小回りのきくグルッツァーは、運動性に関しては理想的なフネであるだろう。ただ、あまりにも風石を必要とする点が課題。船体の規模に対して風石の使用量と搭載量が従来のフネをあまりにも上回る。

「主力にはできないでしょうな。」

グルッツァーの艦長自身の言葉であるが、その通りだろう。風石の浮力を最大限に活用する設計の上に、長距離航行を念頭に置いたために、軽武装の上に風石の搭載量が多すぎる。大量の積載風石によって、航続距離は長距離を保ちつつ、風石の力で機動性を獲得するという設計自体は優れているものの、主力として運用するには絶望的だ。フネの足が速くなったとはいえ、龍騎士を振り切れるほどではないのだ。使い勝手は良いかもしれないが、対龍騎士戦闘を考慮すると軍用としては疑問が残る。軽武装ということは、打撃力も乏しい。重コルベットの速度改善を図るほうが実用的かもしれない。空軍で常に議論されている快足と火力の問題はいつまでも改善できないでいる。



サウスゴーダで積み込み作業監督中に、二件の政治的な要因がある乗客があるとの報告あり。ムーダの船団にアルビオン貴族が乗船。状況から見て、亡命貴族と思われるとの報告あり。同日、市街地で衛士とメイジが争ったとの報告が入ってくる。おそらく、厄介事を持ちこんできたのだろう。とにかく、何事もなくさっさとダンドナルドの当事者に引き継げることを望むのみ。そのほかに、酩酊した水夫がアルビオン当局に保護されたとの知らせがあり、引き取りに行く。喧嘩に発展していないことを始祖に感謝。入港許可証の更新時に、担当者と顔を合わせる際に気が重くならないのは何よりも重要だろう。積み込み作業の進捗状況も順調。すでに、小型の2隻は積み込みを完了し、水夫が他の手伝いに駆り出されている。会食後、アルビオンで収集した情報をオフィサーで整理。やはり、ガリアの手が長いのではないかと囁かれる結果になる。ヴィンドボナの商会支店経由で現地の情報を入手。どうも、北方でオークの行動が活発化しており、羊の飼育に影響が出ている模様。これは、帰国後に報告し、注意しておく必要あり。



{ワルド視点}

ゲルマニアのムーダ船団への潜伏は驚くほど容易であった。元々、訳ありの乗客、本来はアルビオンからの亡命貴族を受け入れるために、アルビオン領内での身分確認を意図的に行わないでいることがこのような形を可能にした。私と、数名の部下が使い魔として騎獣を連れてフネに乗り込んでいるが、大凡疑われてすらいない。

「配置を把握しました。武装したクルーは少数。いずれもただの平民です。」

「我々は、フネの内部に不慣れだ。荒事は避けた方がよい。」

アルビオン軍人ならば、フネの内部で戦闘する経験も豊富だろうが我々にはその経験が不足している。空軍の軍人ならばともかく、魔法衛士隊では、さすがにそこまでの訓練はできていない。故に、いざとなったら騎乗し、各人陸地に降下することを想定したが、それほどの必要もなかったようだ。

「幸い、浮遊大陸はかなり大陸に接近している。数日中には始められるだろう。」

「では、せいぜい英気を養うことにいたしましょう。」

そう言い、何食わぬ顔でフネの食堂へ向かう部下に、それとなく距離をとって続くことにする。元々、厳しいフネの労働を想定し、この食堂で出される食事は量がある。アルビオンの食事よりは、まだゲルマニアの食事の方が微妙に口に合う上に、これからの作戦行動を考えるならば、食べられるときに食べておくにこしたことはないのだ。平時では、手づかみで食事をかきこむということは、蛮族の仕業であると信じていた。確かに今でも、指揮官は最低限の威容を保つべきであるのは間違いないと信じているが、しかし、無駄な作法に拘泥して前線で飢えるよりはどこかで妥協する方を選ぶ。

「ふむ、良いワインだ。すまないが一本いただけるだろうか?」

「おや、お分かりになりますか?最近、ガリア産のワインが流れていまして。」

ガリアのワイン?ふむ、確かに悪くない。だが、アルビオンまで運びこまれることを考えると、かなりの距離を運ばれているのだろう。そう言えば、耳にするのはガリアの密偵が各国に出没しているという事実だ。案外、そう言った連中が表の顔として売りさばいているのがこのワインなのかもしれない。まあ、純粋にワインとしてこれは楽しむことにしよう。決してものそのものは劣悪ではないのだ。秀逸であるといってもよい。

「ああ、構いませんよ。」

白いパンに、新鮮なサラダとチーズと火の通った肉、加えてワインだ。前線では到底望みえない食事というほかない。せいぜい薄い野菜スープに固いパンを浸していた前線からすれば、到底望みえないものがいとも容易に、他の地で手に入っている。改めて、祖国の置かれている厳しさがひしひしと実感されるというものだ。まあ、諸候軍の貴族達は何故か知らないが、豊富な食料とワインがあったようだが。

「考えすぎだな。ふむ、馳走になった。」

礼を述べて船室に戻ると、アルビオンで調達した本に目を通すことにする。読書の習慣は、戦争が始まってからは暫く絶えていた。おそらく、後方錯乱の任務が始まると、すぐにその暇もなくなるだろうが、現状ではこれに最適な環境がもたらされている。アルビオンはさすがに歴史ある国家の一つだけあり、普通眼にするようなものとは異なり、いくつかの貴重な古書を目にすることができていた。むろん、それらを買うことはできなかったが、タイトルを確認することができただけでも成果だろう。今手にしている一冊にしても、これはトリステインではアルビオンからわずかに流れてくる程度の代物だったが、アルビオンでは纏まった数が出版されている。アルビオンの古典や資料を使った一冊であるだけに、これはこれで面白い。



{アルビオン視点}

ウェールズ殿下、アンリエッタ王女の護衛に。その一事は、大貴族達にとって待ち望んでいた状況にまた一歩近づいていることを確信させた。トリステインの数少ない王党派、そのうるさい連中が譲ったのだ。名目上は、縁戚関係にあるアンリエッタ王女の護衛に万全を期したいと、アルビオン王家の好意という形をとっている。だが、それは結局実質的には、アルビオンにトリステインが頭を下げる形を最終的には意味していると見られていた。

「恐れながら陛下、ウェールズ殿下の婚約者としてアンリエッタ王女は理想的ではないのでありますが。」

しかし、少なくともアルビオン外務省はこの事態をあからさまに歓迎する風潮とは無縁であった。確かに、陸地は欲しい。だが、それは親戚として継承するということも選択肢として有望なのだ。少なくとも、トリステインとアルビオンの血のつながりは決して薄くないのだから。むしろ、これ以上トリステインの血を取り込むよりもガリアやゲルマニアとの関係を考慮すべきではないか。その種の議論が、アルビオン外務省では密かに繰り広げられている。ゲルマニアが格下であるとしてでもだ、実力はすでに十分な脅威に発展しているのだ。これ以上のトリステイン接近は危険すぎる。

「良い。今はあれの好きにさせておけ。」

「陛下!ことは、アルビオンの将来がかかっております!」

「わかっておる。だが、余にはガリアが今一つ信じられん。」

思わず、声を荒げて詰め寄りたくなるが、彼もまたガリアのことを心底信用しているわけではない。例えば、ガリアのイザベラ王女などを王妃にお招きすれば、堂々と北花壇騎士団が従者としてアルビオンを併合するためにやってくるだろう。案外、結婚初日にウェールズ殿下が急死することすら、ありえると勘ぐっている。

「陛下、せめて諸貴族の動きを掣肘していただけませぬか。これでは、既成事実が先行してしまいます。」

とはいえ、だからと言ってここで選択肢を望まぬままに選ばされるのは、外交当事者としては望ましい、望ましくない以前に論外なのだ。選択すらできないとなると、行動の余地は極限までそりおとされる上に、行動が他国に容易に予想されてしまうのだ。行動を予想された外交は、あまりにも無力だ。むろん、示威的に行う選択肢はある。だが、示威とて示威するという意図が決定するまでは隠蔽しなくてはいけないのだ。

「難しいであろうな。卿も分かっておろう。」

「はっ、出すぎたことを申しました。陛下、これにて失礼いたします。」

北部の貴族達は必ずしも現状の王家に対して不満や含むところが皆無ではない。そして、行動の掣肘を彼らは望まないだろう。王家としても、徒な行動は王家の威信失墜や実際の威令を徹底することの困難さを招きかねない以上、不用意には行動し得ないでいる。先の政変は未だに、アルビオンに対して痛々しい傷痕を残している。対外的には、傷はほぼない。だが、内部を蝕んだ傷は、アルビオンを確実に痛めている。故に、アルビオン外務省の基本方針は、20年の安定であった。だが、眼先に大陸領という巨大な利権が転がって来てしまっている。これが目の前に転がっているのを見過ごすことも、いまのアルビオンでは難しい。難しい外交交渉がアルビオン外務省には課せられているというほかない。無論、本懐であるが、しかし、厳しいものがあるのは事実なのだ。



{ワルド視点}

結局、船団は平穏無事に航海を完了し、ダンドナルドを視野に収めつつあった。すでに、フネは高度を下げつつ着陸に入っている。我々はここから二手に分かれて行動することになっている。私の遍在が指揮する一団が、入国する時点である審査場で我々ごと襲撃。その混乱に乗じて侵入を行う。

「手はずが整いました。」

「気取られるなよ。では、行こう。」

そういうと、ごく自然な態に偽装しつつ、騎獣を連れて入国の審査を行っている方向にゆっくりと歩き出す。状況は実に予想通りだ。一応、犯罪者の密航を警戒しているとの情報通り、衛兵が立っているものの、杖は所持している気配がない。メイジが圧倒的に不足しているとの情報も正しい可能性がある。そうであるならば、活動はより容易になる。予断を持って判断を行うのは危険だが、頭に留めておくべき情報かもしれない。

「ようこそ、ダンドナルドへ!当シティは帝政ゲルマニア領、ロバート・コクラン辺境伯管轄下の地域となります。アルビオンとゲルマニアの許可証をご提示願います。」

「おや、アルビオンのもかね?まあ、仕方ない。」

そう呟き、如何にもといった態で騎獣の背嚢に手を伸ばす。これが、合図であった。この瞬間に、遍在が一斉に詠唱を開始。ゲルマニアの国境側から一斉に攻撃魔法を放ち、初弾が盛大に審査場へ直撃する。

「何事だ!?」

「魔法攻撃?クソッ、我々を売り飛ばす気か!」

「王家からの追手か!?ええい、ゲルマニアめ!図ったな!」

アルビオンからの亡命貴族達が、ゲルマニアから攻撃されたらどうなるだろうか?当然、亡命先に売られたと判断するだろう。そして、自らの安全をはかろうとして何とか、活路を求めて脱出を図る。一方、ゲルマニアの動きは低調ならざるを得ない。アルビオンからの亡命貴族を、誤って攻撃するわけにもいかず、結果的にどうしても事態の収拾には手間取るだろう。当初は、メイジ等が展開されている厳重な警備を想定したためにこのように、段取りをつけたが、しかし、メイジがほとんどいないとは。これでは、教皇突破したほうが効率は良かったやもしれない。

「ええい、散れ!散れ!」

如何にも、誤解したという態で、一気に部下達があちらこちらに散らばっていく。合流場所まで一気に駆け抜けたいところだが、まずは私自身もここから立ち去らなくてはならない。そういうわけで、盛大に杖を引き抜き、煙幕を張り巡らすと、騎乗し一気に国境を超える。ここを越えれば、後は広大な森が、丘陵地が姿を隠してくれるだろう。地理に不慣れということもあり、当分はこの地域を探索することになるが、ある程度の事前情報は収集に成功している。今は、まずできる範疇での情報収集と、地理把握だ。集合場所は、ダンドナルドの北方にある鉱山地区。まずは、その近隣で属僚と合流しなくては。



{ミミ視点}

「ミス・カラム!至急です!」

書類の海で、広大な海の広さを否応なく実感させられる執務室に歩兵隊の伝令が駆けこんできたのは、日がそろそろ沈み始めようとするときであった。うんざりするほどの、職務をこなしてきただけに、いい加減追加の職務に辟易としつつも儀礼的に笑顔を浮かべ、責任者として落ち着いた対応を取るように心掛けて、応じる。

「何事ですか?」

「船着き場で戦闘です!詳細不明!アルビオンからの亡命貴族が襲撃されたとの未確認情報もあります!」

「は?・・・船着き場で戦闘!?」

思わず椅子を倒して立ち上がり、詰め寄って問いかける。船着き場、つまり空からの玄関口で戦闘?アルビオン亡命貴族が襲撃された?しかし、誰によって!?アルビオン?ガリア?いや、ロマリア?まさか、本当にゲルマニアから?いや、誤報や欺瞞情報の可能性もなくはない。とにかく、情報。それを集めないことには始まらない。

「臨時召集を!今すぐに動かせる兵をすぐに呼び出しなさい!」

兵力自体は決して不足してはいない。しかし、それは動員が完了してからの話。現状では、手元にある兵力は乏しく、広く薄く展開している以上、集結させるだけでも時間を必要としてしまう。一応、城館の警備要員や、最低限の訓練中の部隊も合わせれば最低限の部隊は形成できるものの、それを投入すべき対象が多すぎる。そして、主力のメイジは対トリステイン方面を意識した配置となっている。破れかぶれになったトリステイン空軍の強襲を警戒し、いくつかの哨戒地点に分散されている以上、集結させるべきかどうか迷うところというほかない。一応、ここまで侵入された場合を警戒し、虎の子の龍騎士隊が展開しているものの、これも一個中隊しかない。下手に動かせる余力が全くないのは、失策であった。

「はっ、ただちに!」

「ミスタ・ネポス!アルビオンからのご客人たちの警備強化を!」

担当している、ミスタ・ネポスも事態を理解している。ただ、問題なのは兵力なのだ。アルビオンからのお客人、つまり亡命してきた面々にはさほど護衛が用意されていない。まず、こちらの兵力に囲まれることをそもそも嫌われたこと。次に、アルビオンとの一種の政治的合意から、護衛戦力がさほど必要とは想定されていなかったこと。最後に、余剰戦力にそれほどこちらの余力がなかったということがある。それらが重なり合った結果、実質的には彼らの自衛に任せるしかないのが現状なのだ。

「兵はどの程度いただけるのでしょうか?」

「動員の完了次第、2個歩兵中隊をそちらに回すが、それ以上は無理!」

無茶を言っている自覚はある。一応、アルビオン亡命貴族が一定の地域に集まる傾向があるとはいえ、さすがに護衛対象は分散している。その上に、そもそも2個歩兵中隊ではメイジが相手では、襲撃してきた際に分散配置では対応できない。

「しかし、それでは、十全な警備どころか、地区の維持すら・・・」

「それ以上は、ないわ。」

とは言え、手札は全て使ってしまっている。動員が完了するまで、約3日間。手持ちの戦力でやりくりするしかない。一応、事態が把握できれば龍騎士隊を投入することも可能であるが、同時に龍騎士隊は貴重な伝令でもある。下手に飛ばすわけにもいかないという問題が厄介な問題としてある。

「わかりました。できる限りで、最善を尽くします。」

「まったく、手持ちの兵力が、足りなすぎるわ・・。もう少し、常備兵を次からは配置しておきましょう。」



{ワルド視点}

集合地点には全員がほぼ完全な装備で集合できた。とは言え、人数が二桁にも呼ばないような少数精鋭主義なのだから、脱落者がいないことを喜ぶよりも、集結に手間取ったことを嘆くべきかもしれない。同時に、この地のゲルマニア軍は良く整えられているというほかない。すでに、数回哨兵が鉱山付近を警戒しているのに接触しかけた。だが、事前情報通り、メイジは別方面に展開中とみてよいだろう。

「まず、当面は根拠地を獲得する。情報によれば、亜人対策用の拠点がいくつか設置されているとのことだ。」

「では、そこを確保し、仮設拠点に?」

「その通りだ。運が良ければ、備蓄物資も確保できよう。」

物の本で読んだ限りでは、辺境開拓の任に当たる諸候は必ず亜人に悩まされているという。実際、アルビオンでも北部の亜人は完全に討伐するには至っていないことを考慮すると、広大なゲルマニアの辺境部で亜人に悩まされるのはある意味自然な事。それに対して、諸候軍が備えを行っていない方がおかしいのだ。そして、鉱山地区近隣にはすでに放棄された仮設拠点がいくつも途中で散見された。もう少し北方寄りに移動すれば、今も使用可能な状態にあるものが見つかってもおかしくない。

「また、亜人との交戦は極力慎め。下手に騒ぎを起こさないことを徹底。」

「了解であります。」

杖剣を手に各人が、北方への探索と、情報の確認に走る。その中で、遍在を連絡要員に貼りつけると、私も森の影に潜みながら、探索に加わる。騎乗し、空から探索する方が容易ではあるが、それは目立ちすぎるとして却下した。哨兵の探索が想定以上に頻繁であり、発見されるのがほぼ確実である以上いたしかたないが、時間がかかりすぎるのではということが不安要因として湧いてきた。諸候軍の動員が完了するまでに、時間があまりないとみている。早めに行動を行わなくてはならないのだが。

「諸君、予定と異なり空からの探索は困難だ。遅延しているが、行動を繰り上げられるように、最善を尽くしてほしい。」

本作戦の最大の目的は、我々の存在感の誇示と、威圧でしかない。だが、それだけに、虚勢であって、局地的な有意に過ぎないとしてもゲルマニア軍を翻弄しなくてはならないのだ。



{ネポス視点}

「つまり、アルビオン貴族を狙ったものではないと?」

動員に忙しい中で、開かれた緊急の会議。そこで、提示した案は予想通り、盛大な疑念の提示で迎えられることとなった。無論、自分自身でこの結論に至るまでには念には念を入れて確認を行ったが、どうしても結論はそうならざるを得ない。

「はい。収集した情報を分析すると、トリステイン軍かと。」

トリスタニアから逃げている一隊が、アルビオン経由でゲルマニアの北部入り。ご丁寧に我々のムーダを使用して、浮遊大陸からこちらまで訪れるという念の入れようである。

「ミスタ・ネポス。トリステイン軍はここにはいないが。」

「少数の精鋭かと思われます。」

とはいえ、文官の自分達にとってみれば、侵攻してくる軍と言えば、絶対的にきらびやかな軍体という印象があった。それだけに、少数精鋭で破壊工作をというトリステインの方策には少々、対応がまごつかざるを得ないことも理解している。事態が把握できずに、徒に兵力を分散していたために、捕捉もより困難になっている。

「少数の精鋭だと?」

「では、まさか。」

「手当たり次第に荒らされるということか!?」

事態の理解が広がるにつれて、出席者達の表情が青ざめることとなっていく。優秀なメイジは、それだけの脅威になりえる。もちろん、軍という圧倒的な集団で蹂躙することは不可能ではない。だが、少数が逃げ回ってこちらの弱点を重点的に叩いてくることとなれば、まったく対処するすべがないのだ。

「ミスタ・ネポス。では、今後も襲撃があると?」

出席者を代表してミス・カラムが嫌な事実を噛みしめるように確認を行ってくる。そう、一過性の襲撃であれば、その後始末に頭を悩ませればよいが、さらに問題が連続して発生するとなると、それはとてつもなく厄介なことである。

「間違いないかと。」

「大変結構。ゲルマニアの炎をご覧にいれましょう!」

そう言い放つと、カラム嬢は手に杖を持ち、立ち上がる。

「お相手仕りましょう。ただちに軍を!」



{ワルド視点}

拠点構築、警戒線突破。言葉にすると、これだけであるが、敵地で行うにはかなり手間と難易度が高い。だが、私の部下はやり遂げてくれた。亜人の大規模南下に備えて設置してある拠点を発見し、そこの付近に隠蔽された拠点を構築。拝借した物資を活用し、積極的な行動を行い、遂に警戒線の突破に成功。初の攻撃目標は、伝令用の騎獣が集められている駅舎である。広大な北部の連絡線を維持するために、莫大な努力が投入されているが、それらを支えているのは、こういった駅舎の騎獣である。同時に、こういった騎獣がいなくては、軍を動かすことも大きな困難を伴うだろう。

「よし、始めるぞ!」

杖剣を引き抜くと、騎乗し振りかざす。

「かかれぇええ!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき
(;・ェ・)更新が遅い・・・orz

これが、ワルドさんがゲルマニアに来るまでの感じです。
あと、地理関係がはっきりしないとのご指摘があったのですが、ハルケギニア大陸がヨーロッパに類似しているという前提と、wikiの地図を念頭に置いております。

次回も、ワルド視点で、ロバートが帰還し、対峙するところをやろうかなーと思っております。次回、綺麗なワルド伝。騎士対軍人でお送りする予定です。



[15007] 外伝? ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルド伝3(会議は踊る、されど進まず異聞)
Name: カルロ・ゼン◆ae1c9415 ID:ed47b356
Date: 2010/09/01 23:42
ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルド伝


最後の騎士、ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルドにとっての最悪の敵とはなにであったか?それは、彼自身の言葉を借りれば、魔法であった。晩年に、魔法学校で行った講演において、ある生徒がその人生での教訓を尋ねたところ、「魔法という巨大な力に魅せられ、全てが見えなくなるなかれ。」と語った。曰く、“メイジは力を持つ。個人としては破格の力だ。が、諸君。我々はエルフとすら戦う。その力は我々よりも大きいのだ。さて、エルフに勝つには知恵を使い倒すしかない。知恵なくして勇を振るうものは、無能という。そして、メイジの力量におぼれる愚者があまりにも多い。故に、私にとってみれば魔法の力こそが敵ですらある。”と。

今日でもなお議論を醸すのは、後には親しい友人に向けて魔法を呪いとすら言いきった手紙が発見され、その真偽が激しく議論されている反魔法思想とでもいうべき独特の魔法観である。少なくとも、ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルドにとって、その手にした力は、諦めるには大きすぎ、何かを変えるには小さすぎたのだと本人は信じていたという。だが、彼自身は紛れもない真の騎士として人々に記憶されている。後に、彼の親しい友人が書き残した彼の一言がある。『友が、今日逝った。私は気がつくのがいつも遅すぎるが、彼の口癖であったが私も彼を失い、初めてその喪失感に気がつき、愕然とする思いだ。』と。

ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルドは一つの時代を生きていた。或いは、それがメイジと貴族が花形であった時代の残り火であったのかもしれない。



{ミミ視点}

「発見しました。間違いありません。わずか、一個分隊です!」

その度胸は認めなくては。なるほど、魔法衛士隊の練度は、人口に占めるメイジの多いトリステインの中から、選りすぐっただけあって少数精鋭の練度としては悪くないどころか、卓越している。だが、いかんせん、少数のメイジにすぎないのだ。盾となる兵もなく、ただメイジだけで戦うというのは賢明とは大凡表現しがたい。

「それで全て?」

「周囲には敵影なし。龍騎士隊が展開済みですので、逃がすことはあり得ません。」

包囲が完了次第、攻勢にでることになっているものの、敵の規模が分隊であれば包囲の手間が少々惜しまれた。まあ、徹底しておくにこしたことはないのだろうが。むしろ、この情勢下では、攻撃時の同士討ちのほうが厄介かもしれない。

「結構。では、敵味方の確認を徹底するように。錯乱されて、同士打ちはごめんよ。」

「もちろんです。」

敵情を把握するまでに時間を浪費したものの、発見してしまえば戦力差は圧倒的にこちらが優位を確保している。積もり積もった仕事の鬱憤を詠唱に宿し、戦場に向けて放つことができるのは一興であるだろう。トリステインの着眼点は恐るべきものであったが、投入する戦力不足という失敗は高くつくことになる。包囲された少数部隊がとりえる戦術など、一点突破か徹底抗戦だが、この分隊では、包囲を突破しようにもそもそも困難だ。包囲の薄いところとて分隊以下の戦力ではない上に、即応用に龍騎士の中隊を持って来てある。

「龍騎士隊を、いつでも上げられるように。」

始まるまで今しばらくの時間はある。だが、それだけに、少々もどかしくもあるものだ。鉱山部の駅舎が破壊されたせいで、業務が山積している上に、連絡網のやりくりに手間取っている。部隊運用にしても、本来ならば、軽装の猟兵で狩りたてるつもりであったのが、召集が間に合わず、この手の任務は不得手の重装歩兵を一部使う羽目になっている。無論、その分だけ、包囲形成に遅延が生じてしまっている。そのために、即応用の龍騎士を用意してあるが、これらは伝令にも使えるだけに長々と待機させておくわけにもいかない。駅舎が連続して襲撃されている今、連絡手段の確保が難しいのだ。

「包囲網の形成状況は?」

「すでに、北方は完全に閉ざしました。西方、東方はメイジの展開が遅れていますが、歩兵による封鎖は完了しております。」

「では、敵は逃れようと思えば、私達のいるここを突破しないことには先に行けないと。」

「そういうことになります。」

包囲網は四方から形成される。そして、唯一包囲が意図的に薄めてあるのが南方のここだ。数で言えば、歩兵隊が少ない。ただ、メイジが集中的に配置されているために、戦力としては十分に、伏撃可能であるといえる。若干個人的な鬱憤晴らしが入っていることは否定しないが、戦力としては十分であると認識できる。

「よろしい。迎撃準備に抜かりがないように。」



{ワルド視点}

「副隊長、やはり、南方のみが手薄です。」

偵察に従事していた若い魔法衛士隊員が、やや上気した表情で報告に戻ってくる。なるほど、若いころに何か手柄をあげたと思うと、初めのころの自分もあのような表情を浮かべたものだ。良くも悪くも、トリステインの魔法衛士隊は政争に巻き込まれることが多いだけに、自分自身のそのような純朴さは消え失せてしまっているが。

「では、君は南方を突破することを進言するかね?」

「はい、それが一番かと思います。」

どうしたものか、と思う。単純に包囲に不手際があるとは考えにくい。あちこちの駅舎をつぶし、連絡線を散々かき乱したつもりであったが、残留部隊の指揮官はよほど優秀らしい。通常であれば、これだけ混乱した状況下では、明らかに処理できる能力が落ちるにもかかわらず、対応は迅速を極めるとしか言いようがない。よほどの組織力と、事務能力をもった官僚集団がなくてはこれほど迅速な対応はあり得ない。それらを考慮すると、手薄な包囲網の一角は、まず罠の可能性を疑うべきだ。それに、これまでは隠してきたものの、こちらはグリフォン隊。空駆けることも、可能なのだ。

「だが、おそらくそれは罠だ。これほど手際よく我々を包囲できる相手が、そうそう隙を見せるとは思えない。」

ゲルマニアのことを野蛮と批判する我々の祖国では、敵情の理解があまり進んでいない。なまじ、大国意識がそれほど強くないというか、中央集権が進んでいないゲルマニアは有事にもそれほど国力をすべて戦争に投入できないだろうと油断していたことも大きな失敗だ。たとえ、ゲルマニアが全力を投じなくても、ゲルマニアは圧倒的にトリステインよりも強大であったのだ。ゲルマニアが全力を出さなくてはならない相手はせいぜいガリアくらいで、消耗覚悟ならばアルビオンとも片手間で戦えるだろう。そういう相手に、我々が抵抗するには知恵あるのみだ。

「それに、グリフォンならば、どこの方角でも空から悠々と突破できる。」

「しかし、それでは我々の素情が明らかになりませんか?」

確かに、一応正体は隠してきたが、それはあくまでも目立つことで、敵にこちらの詳細案情報を掴まれて行動が束縛されることを懸念してのことだ。こちらが、空路を使って移動していることを知られなければ、敵の警戒は陸路に限定され、こちらの移動が容易になると共に、地上から空を飛ぶ我々が万一目撃されても知らなければどこかの龍騎士隊と誤解を期待することもできた。だが、逆に言えば、錯乱作戦は戦略目標である示威行動に発展することが不可欠なのだ。トリスタニア襲撃で、ゲルマニア艦隊はタルブまではその存在をひた隠しにしていた。そして、トリスタニアに堂々と現れたのだ。あれから学ばなくてはならないだろう。

「今のところは隠し通しているが、置いていくわけにもいかない以上、ここで隠し札をきることにしよう。」

「では、どちらを突破されるおつもりですか?」

「無論、南方だ。」

「南方、でありますか?」

釈然としないといった表情を浮かべる部下を見て思わず、自分の入隊当初を思い出す。上官の思わせぶりな態度に困惑していたのは自分もだ。そういう余裕を持っている態度を維持することで、部下の緊張を解きほぐし、あるいは頭を使わせるようにするなどの目的がある。いろいろと苦労してそういう態度であるということを長ずるにつれて彼も理解できるとよいのだが。

「良いかね。敵は確かに優秀だ。成り上がりどもの国家とみて侮る危険性は理解しているな。」
「はっ」

アルビオンへ渡った魔法衛士隊では、その点を徹底して教え込んである。敵を侮ってはならない。自らの力量におぼれてはならない。皮肉なことに、私自身が前線で気がついたそれは、部隊に教えることができたのはアルビオンに亡命してからである。前線で侮っていた敵が恐るべき敵であることを理解したのは、あまりにも遅すぎた。それは、敵情をあまりにも理解していなかったからだ。

「だが、敵は我々がグリフォン隊であることを考慮に入れていない。」

「では、罠も陸だけであると?」

ならば、容易に突破できるのではないかと期待する彼にはすまないが、下手な希望的観測は打ち砕いておかねば、いざという時動揺されて使い物にならなくなる。最悪に備えなくてはならないのだ。

「いや、あれだけ用意周到な相手だ。確かに、罠は陸路に用意していても、フネや龍騎士隊がいないとは考えにくい。」

純粋にフネならば、簡単に振り切れる。快速のフネであっても、グリフォンほどの速度は望むべくもない。接近した時の火力は脅威であるが、振り切ればさほどの物でもない。だが、龍騎士隊は大きな脅威だ。なにしろ、長距離を追撃してくる上に、騎乗したメイジの攻撃にも耐えなくてはならない。我々は、精鋭の魔法衛士隊であるが、無限の敵に無傷で勝つことは叶うわけがないのだ。

「では、何故あえて南方に?」

「相手の