チラシの裏SS投稿掲示板




感想掲示板 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[13978] ヤンデルイズ(ルイズヤンデレ逆行?もの)
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/05/07 17:52
これはゼロの使い魔の二次創作です。
ルイズ×サイトものであり、ルイズヤンデレものであり、珍しい?ルイズ逆行もの?です。
ルイズはサイト命です。
苦手な方はご注意下さい。

※一部残酷だと思われる描写があります。

※一部魔法に独自解釈やオリジナルに近いと思われる描写があります。

※微エロ、R15抵触程度の表現があります。
万一、これはアウトだろ、と思われる描写がありましたら、お手数ですが感想欄にてご指摘頂ければ修正、場合によっては移行も考えます。



H22.5/7 チラシの裏より移動



[13978] エピローグにしてプロローグ
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2009/11/15 02:05
エピローグにしてプロローグ


晩年の頃、彼女は思いを諦めきれないでいた。

寿命というには明らかに早いその晩年は、彼女の齢三十二歳の時に訪れた。

それでも、『こうなる当時』の年齢になるまでと同じ時間生きたのだから、持ったほうだと彼女は思う。

彼女はある時を境に食事を殆ど摂らなくなった。

生きる事を諦めたかのように、人が生命活動を行うに必要なあらゆる行動を放棄していた。

彼女がそれでもこの年齢に至れたのは偏に彼女が貴族だったからだ。

彼女の家は公爵家だった。

公爵家の娘ともなれば、たとえどんな状態になろうと無碍にすることなど許されない。

彼女は三女だったが、だからといってそこらへんの貴族の家の長男よりも好待遇だった。

一切の世話を任された侍従達によって、彼女は食事を食べさせらせ、着替えさせられ、ありとあらゆる方法で彼女は生かされた。

彼女はそんな彼らを視界に入れることなく、ずっと虚空を見据え、本の虫にでもなったかのようにとある調べ物を続けた。

彼女がそうなってから最初の一年はまだ彼女も気迫があった。

しかし、二年、三年と経つにつれ彼女の気勢は削がれ、意思の抜けた作業をこなすだけの時間の昇華になっていた。

それでも彼女は調べ物を止めなかった。

家が裕福なのも幸いし、調べものをするための資金は潤沢だった。

自分の願いを叶える為に近しいことならどんな些細な事でも調べた。

最初はただ願いを叶えるという一点に絞った。

願いを叶える万能の釜。

七つ集めれば願いが叶う珠。

果ては神などという曖昧な伝承を漁りもした。

しかし得られた結果と成果は皆無だった。

どれもこれも真実味が無く、作り話かと思わせるような文献ばかり。

結局、彼女は望みのものを見つけられなかった。

彼女は大きい天蓋付きシングルベッドで一人、横になりながら天蓋を見つめる。

シングルベッドと言っても、小柄な人間なら二人は十分に寝られるほどにおおきなそれは、固定化という魔法でこの十数年朽ちることなく彼女の寝所としてあり続けた。

彼女は思う。

もう声を思い出すことさえ出来ない『彼』はかつて、このベッドで一緒に眠ったな、と。

年と共に磨耗していく記憶は彼女の心を蝕み、その命を削る。

彼女にとって、『彼』が自分の中から消えていくのは自分の体が朽ちるよりも耐えられないことだった。

最初に記憶から彼の履いていた靴が無くなった時、彼の覚えている全てを形にしておかなかったことを後悔した。

すぐにその他の衣服で似た物を揃えさせ、記憶の固定化を図ったかが、彼女のかつての魔法行使と同じく、それは意味をあまりなさなかった。

記憶が、年月を重ねるごとに薄れていってしまう。

肌の触感。

仕草。

表情。

目や鼻の大きさ。

肌の色。

匂い。

どれも形で残せぬものが色褪せ、磨耗していく。

そしてとうとう『彼』の自分を呼ぶ声を思い出せなくなった時、彼女は声を殺して泣いた。

それはくしくも、彼女がこうなって初めてみせた感情の表れだった。

彼女がこうなって十余年。

こうなる前、当時の彼女はもっと明るく活発で奔放だった。

しかしそれも「戦争」という二文字の為にあっけなく壊される。

彼女は元々はトリステイン魔法学院の首席で、しかし魔法成功確率ゼロパーセントで、魔法が使えないのに特別な魔法使いだった。

気位が高いのは自認していたし、自分の力量を見誤る程馬鹿では無いつもりだった。

ただ、浅はかだった。

幼い頃からの友人で国の宝物でもある王女、アンリエッタ姫の頼みを受けられるのは自分だけだと思い、幾度と無くその身を危険に晒してきた。

それは別に今でも恨んではいない。

恨むべきは浅はかな自分自身。

戦争というのは殺し合いだ。

周りや『彼』がそれを諭そうともわかっていると言って聞かなかった。

でも、わかっているつもりでわかっていなかった。

姫の頼みなら例え死でさえ覚悟するつもりでいた。

それが貴族だという矜持が当時の彼女には根強かった。

そんな彼女は、幾度と無く自身の使い魔、『彼』と衝突した。

普通、使い魔とは幻獣や動物の類だが、彼女は何故かそのどれでもない、動物界・脊索動物門・脊椎動物亜門・哺乳綱・サル目(霊長目)・真猿亜目・峡鼻下目・ヒト上科・ヒト科・ヒト属・ヒト種、学名でいうホモ・サピエンス・サピエンスの雄だった。

早い話が自分達と同じ人間の男、それも平民だったのだ。

当初こそ衝突の多かった二人だが、時間と共に絆を深め、唯一無二の存在にまで互いはお互いを認め合った。

だからこそ、彼女は彼を失い難く、彼の為にも命を投げ出す覚悟だった。

結果、彼は彼女の為に命を投げ出した。

戦時中、戦局の流れでこちらが撤退をやむなくされた時、国の宰相であり姫の側近である者からしんがり役を彼女は頼まれた。

当然『彼』は止めた。

しかし、当時の彼女は『彼』のそれを受け入れるほど聞き分けが良くなかった。

結果、彼女は知らぬうちに眠らされ、撤退用の船に乗せられ、彼は彼女の代わりとなった。




「……サイト」




高い透き通るようなソプラノの声。

彼女が本当に久しぶりに発した声は、十余年経とうとも唯一変わることなく衰えを感じさせる事も無かった。

だが、そんな彼女が声を発したのは一体何日ぶりだろう。

もしかしたら月単位、いや年単位かもしれない。

今だ彼女の記憶に色褪せずに残っているのは『彼』の名前のみ。

平賀才人(ヒラガサイト)。

サイトはそうして彼女の代わりに七万人もの兵隊に一人挑み、帰らぬ人となった。




「……好きよ、サイト」




伝えたかった言葉。

伝える事が終ぞ叶わなかった言葉。

それを伝えたい相手は、今の彼女自身がかつての彼女自身を見て思う“くだらない矜持”の為に彼女の前に姿を二度と現せなくなった。

その時から、彼女はもう一度彼に会いたいと方々手を尽くし、調べものをしてきたのだが、




「……結局言えなかったわね、私の想い、本当の気持ち。……ごめんなさい」




彼女はそう言って一筋の涙を流し目を閉じる。

願わくば彼女はもう一度彼に会いたかった。

しかしどうやらその願いは彼女の残りの人生を全て費やしても叶うものではなかったようだ。

彼女の胸の鼓動が数分おきに小さくなって、やがて止まる。

口元から吸っては吐かれていた吐息は無くなり、完全に時が停止する。

静まり返る室内。




享年三十二歳。

トリステイン王国公爵家ラ・ヴァリエール公爵が三女、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは、こうして大きな無念を抱え込んだまま、その短い生涯を終えた。
















***
















暗い暗い場所。

グラリグラリと揺れ動く懐かしい感覚。

この場所には覚えがある、そう思って彼女は自身に被さっている布を振り払う。

死の間際であったはずの自分にしては思いのほか強い力だった。

「……あれ?」

布を取り払って疑問に思う。

暗いと思っていたのは全身に被さっていたその布のせいで、どうやら今は昼間らしいがそんなことよりも。

自室のベッドで横になっていたはずの自分は、中庭の池にある小船の上にいた。

ここに来るのは本当に何年ぶりだろうかと思う。

丸い大きな池の小船の上。

昔から嫌なことがあればここに隠れて泣いていた。

懐かしさに胸を打たれるのと同時、不思議な感覚に襲われる。

妙に体が軽い。

自分の体は衰弱しきっていたはずなのに。

と、聞き覚えのある声が聞こえた。

「ルイズ、僕のルイズ。もうすぐ晩餐会の時間だよ」

そこにいたのは若かりし日の初恋の人であり、裏切り者だった。

「また泣いていたのかい?大丈夫、僕がお父上にとりなしてあげよう」

そう声をかけてくるまだ少年の時の顔の裏切り者、ジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルドは彼女の幼い頃の記憶そのままに手を差し伸べてくる。

何故ここにこの人がいるのか。

自分がその手を取る事があると思っているのかと睨みつけ、手をはたくことでその手を振り払い、気付いた。

「ルイズ……?」

まだ髭の生えていないワルドはルイズを訝しむが、ルイズはそんなワルドなど眼中に無かった。

見つめているのはワルドの手をはたいた自分の手。

小さいのだ。

それはもう幼子のように小さいのだ。

次いで自分の体を見て戦慄が奔った。

体が縮んでしまっていた。

いや、若返ったというべきか。

待て、そんなことはありえないはずだ。

そんなことが出来る薬か何かがあるのならもっと大題的に有名になっている筈である。

ルイズとて女性であり、若返りに全く興味が無いわけではなかった。

しかしこれはありえない事態。

今わの際の夢か幻と思うほうが現実的だ。

それにもし過去の幻覚を見るならサイトを見たかったと思う。



(……ん?過去?)



もし、もしも幻覚の類でなく他の可能性、目の前の若いワルドを見るに若返ったのではなく“戻った”のだとしたら。

自分が長い年月をかけ捜し求めたもの、少々時期がアレだがそれが起きているのだとすれば。

「あの、ワルドさま?」

「何だいルイズ?」

ワルドはしばし呆然としていたルイズを見て、眠っていたか何かで意識がはっきりしていないのだろうと決定付けた。

そうでなければ自分の手をこの娘が振り払う筈が無いのだから。

「私、変じゃありませんこと?」

「変?何を言ってるんだいルイズ、君はいつも通り可愛らしく、羽毛のように軽いよ」

そう言ってワルドはルイズ抱き寄せようと手を伸ばすがルイズはそれから逃げた。

「ルイズ?」

「すいませんワルドさま、気分がすぐれないので部屋に戻ります」

ルイズは逃げるようにしてその場からすぐに駆け出した。

不思議そうにしていたワルドは、顔をしかめる。

しかし、今のルイズには“そんなこと”どうでもいい。

確かめなければならないことがある。

礼儀など金繰り捨てて自室へと駆け出し、カレンダーを眺める。

その暦は、間違いなく自分の今の容姿、六歳頃のそれであった。

ここでルイズは瞬時に仮説を立てた。

何故こうなったのかはわからない。

だが今が仮に六歳の自分だとしよう。

もし、若返ったのではなく“戻った”のだとしたら自分は今、およそ二十六年ほど前にいることになる。



「あは……」



自分はまだ六歳。

けどこのまま育てば十年後には十六歳。



「あはは……」



その頃にはトリスイテン魔法学院にいて、“使い魔”を召喚するはず。



「あははははははははは!!!!!!!!!!!!!!!!」



その時、私はまた彼と会うことが出来る。

やり直す事が出来る!!

いつの間にか自分しかいない部屋で大声を出して笑う。

「サイト……やった、やったわ!!私また貴方と会えるの、会えるのよ!!」

その瞳は十余年ぶりに虚無以外のもの、“希望”を映し、彼女に活力を与える。



「あははははは!!!!!サイト、あと十年、十年待っててね、あはははははは!!!!!!!」



狂喜乱舞し、狂ったように笑い続ける彼女は今、幸せという名の希望を十余年ぶりに見出だした。



[13978] 第一話【再逢】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2009/11/27 18:43
第一話【再逢】


とうとうこの日が来た。

この十年、本当に長かった。

この日の為にいろいろ考え、準備もしてきた。

「五つの力を司るペンタゴン」

学院に入ってからの一年は、この部屋に一人でいるだけで何百倍もの時間を感じた。

「我の定めに従いし」

でもそれも今日で終わる。

「使い魔を召喚せよ」

私は今日、二十六年ぶりに彼と再会できるのだ。




***




少年、平賀才人(ヒラガサイト)は歩いていた。

場所は秋葉原。

サイトは普通のジーンズに青と白のパーカーを着て、脇には折りたたまれたノートパソコンを持っている。

三日前の晩、というか朝(夜中の三時)に使用していたノートパソコンが急にフリーズしてしまい、電源がつかなくなった。

もう大分古くなってきていたし予兆はあったのだが、まだ見たい動画が残っていたので無性に腹が立った。

殆ど寝ずにバラしてみたがわからず、気付けば朝も十時を回っており、その日はやむなく電気屋に駆け込む事にした。

そして今日、修理完了の旨を電話で受け、マイノートパソコンを受け取りに来たのだ。

「ふわぁぁ……」

脇にノートパソコンを抱えたサイトは眠い目を擦り欠伸をする。

昨日の晩は動画の代わりにビデオを久しぶりに長い間見ていて万年睡眠不足は現在も進行中だ。

母親がパソコンの無い時くらい早寝しなさいと怒っていたが、日付変更前に寝たら若者として負けだと思ってる。

しかし、実際めちゃくちゃ眠い。

負けという舌の根も乾かぬうちに今日は久しぶりに早寝しようか、そう思ってまた大きな欠伸をし、反動で目を閉じ、また開いた時、景色は一変した。

「は……?」

周りは電気街などではなくよくわからない何か。

上も下も右も左もなく、暗いのか明るいのかもわからない。

全ての常識が突如として消え去ってしまった。

サイトは与り知らないことだったが、サイトがたまたま欠伸で目を閉じた時、目の前には奇妙な“鏡のようなもの”が現れサイトはそれに気付くことなく足を踏み入れていた。

「何だよここ?一体どうしちまったんだ!?」

突然の異変にサイトが取り乱した時、急に景色が“認識できる”ものとして変わった。




─────サイト─────




名前も知らない誰かが、自分を呼ぶような声が聞こえた。




***




ボムッ!!

辺りには突如白煙が舞う。

「うわっ!?」

「げほっげほっ!!やっぱり失敗したなゼロのルイズ!!」

たくさんいる魔法学院の生徒達は口々に一人の少女を罵る。

だが、その少女はそんな彼女に向けられた罵詈雑言など耳にしていなかった。

(お願い……!!)

煙の中央にムクリと黒い影が生まれる。

「おい、何かいないかあそこ」

生徒の一人がそれに気付く。

「!!」

ルイズはそれを聞くや否や弾けるように飛び出した。

今だ晴れぬ白煙。

誰かが風の魔法で煙を吹き飛ばしていくがそれよりも早く、ルイズは影本人の前に立っていた。

そこには、色褪せて消えたはずの映像が、モノクロからカラー、立体へと像を結ぶように戻っていき、その目に懐かしい人を映し出した。

彼女の小振りな胸に実に二十余年ぶりの感動が押し寄せる。

いても経ってもいられずルイズはそこにいた少年を抱きしめた。

「へっ!?な、何だ!?」

少年は急なことで驚くが、嗅いだことの無い、しかし女性のそれだとわかる匂いを感じて戸惑いながらも暴れるような真似はしなかった。

そうして煙が晴れたとき、生徒達は目を丸くしている少年に抱きついている同級生ルイズを発見する。

「何だ?ルイズが平民に抱きついてるぞ?」

「ルイズってば魔法が使えないからってそこらへんの平民を捕まえてきたのかよ」

口々に罵るような言葉を浴びせかけるが、彼女は動じない。

ルイズはゆっくりと離れ、今だ戸惑っている少年、青と白のパーカーを着込んだ先ほどまで秋葉原にいた平賀才人を優しく見つめた。

二十六年ぶりの再会。

一方は恐らくそれを知らず、一方は恋焦がれ待ち続けた。

そんな、まだ噛み合う前の歯車のような二人に、

「ミス・ヴァリエール、召喚はできたようだね、見たところ彼は平民のようだがこれは伝統ある儀式。コントラクト・サーヴァントを済ませなさい」

頭の頭頂部が禿げ上がった先生、ジャン・コルベール先生がルイズに促した。

「はい、ミスタ・コルベール」

それにルイズは意義を唱えることなく返し、サイトに近寄っていく。

スペルを一通り唱え終わるとルイズは一言、

「ごめんね」

「えっ!?うむっ!?」

そう言ってサイトの唇に自らのそれを押し当てた。

サイトは驚き目を見開く。

突如わけのわからないところに連れてこられ、目の前に長い桃色の髪の可愛い女の子がいるかと思ったら抱きしめられ、謝られ、キスされている。

友人に言ったら「それ何てエロゲ?」とか聞かれそうだ。

彼女は目を閉じてサイトにキスをしたままじっとしている。

どことなく頬が赤い。

自分も目を閉じた方がいいのかな、なんて場違い?な事を考えたサイトは次の瞬間驚愕する。

「んっ!?」

舌だ。

目の前の可愛い少女は口の中に舌を入れ絡めてきたのだ。

気付けばいつの間にか頭はホールドされ逃げられない。

離さないとばかりに強く、しかし優しい手つきで掴まれ濃厚なディープキス。

平賀才人十七歳。

ファーストキスは突然のディープキスであった。

というかもう、なんていうか蕩けそうだ。

口の中に入ってくる小さい舌は目の前の彼女を体現するように可愛らしくも拙い動きでサイトの口腔内を撫で回す。

サイトは今だ感じたことの無いその感覚に背筋をゾクゾクさせながら出来心で自らも相手の舌を絡めるように舌を動かした。

途端、彼女の目は見開いた。

(やばっ!?怒らせた!?)

焦るサイトだが、次の瞬間目の前の彼女は目をトロンとさせて行為を続ける。

ワケがわからないサイトだが、この感じたことの無い感触をまだ味わいたいと流れに身を任せようとして、

「っ!!」

左手の甲に熱い痛みを感じて相手の舌を噛んでしまった。

「あ、ごめ、熱っ!!」

唇を無理矢理離し、謝ろうとして左手の甲にハンダゴテでも押し付けられているかのような熱い痛みで唸りながら身を屈める。

左手を見ればわけのわからない文字が浮かび上がっていった。

「ふむ、コントラクト・サーヴァントは無事終了ですな、しかしミス・ヴァリエール、契約するのにあそこまでの濃厚なキスはいらないのですぞ?」

「はい、知ってます」

「で、では何故あそこまで……」

「これから私の使い魔になる彼に親愛を示すのがそんなにおかしいですか?」

「む……これは失言でしたかな、まぁ人それぞれで確かにそこは言うべき点というほどでもありませんな、いやミス・ヴァリエール失礼しました」

「いえ、気にしてませんミスタ・コルベール」

サイトから見て禿げ上がった頭の人と先ほどずっとキスしていた女の子がなにやら話しているうちに、サイトの痛みと熱さがようやく収まった。

「うん?あまり見たことの無いルーンだが……おっと!?もうこんな時間か。さて皆さん!!今日の儀式は終了です!!各自学院に戻ってください、今日は使い魔とできるだけ親睦を深めるように!!」

そう禿げた頭の男、コルベールと呼ばれた人が言うと、彼を含めそこにいた人たちが浮きあがり次々と飛んでいく。

その様をサイトはポカンとしながら見ていた。

想像を超えるファンタジーを垣間見て脳に思考が追いついていないようだ。

「さて、行きましょうか」

ルイズは目の前の少年に微笑み手を差し伸べる。

「あ、えっと、ごめん、君は?」

サイトは戸惑いながら手をとる前に尋ねる。

ルイズは若干寂しそうな顔をしてから、

「私はここ、トリステイン魔法学院二年、公爵家の三女、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール、宜しくね」

「あ、俺は平賀才人(ヒラガサイト)、宜しく」

「ええサイト、私はずっと貴方を待っていた」

そう言ってルイズはとびきりの笑顔で微笑む。

サイトは顔が赤くなった。

先ほど、自分はこんな可愛い娘とキスをしていたのかと思うと恥ずかしくなる。

「貴方はまだ状況がわからないでしょうしとりあえず私の部屋に行きましょうか、そこでいろいろ説明するわ」

そんなサイトの心情を知ってか知らずか、ルイズは場所の移動を促した。

と、そこに、

「はぁ~いルイズ、あんたサモン・サーヴァントだけは自信があるって言ってたけどどんな使い魔を召喚したの?」

「キュルケ!!」

炎のように真っ赤な長い髪をした少女と、寡黙な青い髪をした眼鏡の少女が“浮かびながら”近寄ってきた。

「って何よ、平民じゃない。散々自信あるって言っておいてコレ?拍子抜けというか笑っちゃうというか」

「キュルケ、貴方はサイトの良さが全然わからないみたいね、まぁそのほうが私的には都合がいいけど」

ルイズは慌ててサイトを自身の方に引っ張り腕を絡ませて取られないようにと過剰に反応する。

「あらまぁ、あの“ゼロのルイズ”が随分とその平民を買ってるのね」

「当然よ、私は最高の召喚をしたわ」

「ふぅん、まぁいいわ」

キュルケはしばしサイトを見つめると、すぐに「行きましょタバサ」と言って学院の方へと飛んでいく。

タバサと呼ばれた青髪の少女はコクリと頷くとキュルケの後を追うように学院へと飛んでいった。

それを見届けてから、ようやく安心したようにルイズはサイトを離す。

「それじゃあ私達も行きましょうか」

ルイズは先ほどキュルケとかいう女性に見せた鬼のような形相から一転、天使のような微笑でサイトに向き直る。

「あ、えと、ああ」

その急すぎる変化に戸惑いながらサイトは桃色の髪の女の子についていった。



[13978] 第二話【初夜】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2009/11/15 12:52
第二話【初夜】


部屋に戻ったルイズは、サイトにこの世界のあらましについて説明していく。

魔法と魔法使い、メイジの存在する世界。

貴族という階級制度。

月は二つあること。

使い魔は主と一生を共にすること。

一度彼女は彼に説明した経験があったし、彼が何にどう驚いたのかもある程度は覚えていた。

声や仕草、顔を忘れても出来事や知識としての経験は忘れない。

十年間もあったのだ、彼が現れたときにどう説明するかなどある程度考えていた。

もっとも、自分が逆行者らしいなどというのは今だに誰にも言ってはいないしこれから先も言う気は無い。

そんな事は些末事でしかなく、大事なのはサイトと人生をやり直すことだとルイズは考えていた。

それと同時にわかる未来というのもどうかしようと思っていた。

未来を知るということは良い事ばかりではない。

なまじそれにばかり頼るとろくでもないことになるのでは、という危惧もあった。

だから、たとえ知っていたとしても、自分は全てのことを知らない振りで通す事に決めたのだ。

そして実はこうしたのにはもう一つ理由があった。

もし、この時間軸上で自分が大幅に今までと違うことをした時、サイトを召喚するということすら変わってしまうのではないか、そういう不安があった。

だからルイズはその不穏因子の為に今日まで以前とあまり変わらぬ生活をしてきたのだ。

その為周りからは屈辱的な“ゼロ”の称号を再び付けられたが、サイトと逢うためならば安い代償だと考えた。

だがここからの未来は違う。

たとえ変わろうと構わない。

知らない未来になろうと、知ったことではない。

“サイトが傍にいる”という条件さえクリアされているのであれば、ルイズは全く持って他の事に興味を見出せなかった。

恐らく、アンリエッタ姫とサイトのどちらかを選ばなければならない時が来たら、ルイズは躊躇無く彼を選ぶだろう。

彼女はそれだけの覚悟でこの十年を過ごしてきたのだ。

「へぇ、何か俺本当に異世界って所に来ちゃったんだ」

サイトはルイズの説明に納得した。

最初は疑っていたが、人が空を浮かんでいたことの説明や、夜になってから見た双月を見れば信じざるを得なくなっていた。

「で、使い魔ってのは具体的に何をすればいいんだ?俺はその使い魔になっちゃったらしいけどたいしたことはできないぞ?」

「使い魔は普通、秘薬を探してきたり、主の交通の便の向上や特殊な利益を生むのと主を護るのが使命なんだけど……」

「ひ、秘薬?何だそれ、悪いけど俺にはそんなのわからない。特殊な利益だって俺は何もできないし、護るって何か危ないこととかあるのか?」

「まぁ学院内にいれば“今は”安全よ、特殊な利益は大丈夫、サイトはきっちり特殊な利益を生んでるから」

「へっ?」

サイトは素っ頓狂な声を上げる。

身に覚えが無いし、何か変なことを期待されても困るというような顔だ。

「……サイトはね、私の傍にいてくれるだけでいいの」

ルイズはそんなサイトの手を取って彼を見つめ真面目な顔で言う。

「貴方は知らないでしょうけど私は貴方をずっと待ってたの、だから私は貴方が傍にしてくれるならそれでいい」

「俺が、君の傍に?」

「ええ、そして私だけを見て欲しい」

そんな彼女の真剣な眼差しは、現代日本とは別の明かり、ランプのメラメラ燃える炎によって時に暗く、時に明るく映る。

「よくわからないけど、俺は君「ルイズよ」……ルイズの傍にいればいいのか?」

「ええ、あとはそうね、貴族っていうのは本当にプライドの高い人たちで、まぁ私もそうなんだけど着替えやその他の雑務を使用人や使い魔にやらせるのよ」

「うへぇ、つまり俺がルイズの世話をするってことか」

「イヤ?」

「い、嫌じゃないけど、ほら、俺まだあんまりルイズのこと知らないし」

「まぁ、そうよね。ゆっくり行きましょう、まだ時間はあるもの。ああ、それと寝床と食事はきちんと私が用意するから安心して」

「あ、サンキュ」

話は滞りなく済んでいく。

「じゃあ今日はもう遅いし寝ましょうか」

ルイズはそう言うと制服を脱ぎだした。

「おわっ!?お前男のいる前で急に服脱ぐなよ!!」

「別に、サイトになら見られてもいいもの」

「はぁ?」

「なんでもない、そこの引き出しに寝巻きがあるの、取ってくれる?」

「これが世話の一環ってヤツか?」

「まぁ、そうなるわね」

「何か急に罪悪感が……」

「大丈夫、私がお願いしてるんだから」

サイトは若干ぶつぶつ言いながら引き出しから寝巻きのフリフリワンピースを取り出すとスケスケの下着のルイズの方を見ないように渡した。

「ほらよ」

「サイト、着せて」

「じ、自分で着ろよ!!」

「お願い。貴族は平民がいる前で自分では服を着ないように躾けられてるの」

「……ったく、わかったよ」

サイトはまさしく腫れ物でもあつかうかのようにルイズに頭から服を着せていく。

時折、柔らかい、とか、華奢だ、などと呟きながらもサイトは必死にやった。

必死にならないとおかしな感情が爆発しそうだった。

「……んっ」

腕を通してやり軽く下に伸ばして着替え完了。

「ありがとう、じゃあ寝ましょうか」

ルイズはベッドに腰掛ける。

「俺は何処で寝ればいいんだ?」

サイトは疑問符を浮かべた。

見たところこの部屋のベッドは大きな天蓋付きのベッドただ一つ。

中心にはテーブルと椅子、壁に張り付くようにしてタンスとクローゼット。

幾分隙間はあるが、余分なシーツが見当たらなければ“藁束”も無い。

寝袋のようなものがあれば助かる、そうサイトは思っていた。

「何言ってるの?ここにベッドがあるじゃない」

「え?ここって……これのこと?」

しかし返ってきた答えは予想の右斜め上。

サイトは今ルイズが腰掛けているベッドを指差して念の為に尋ねるが、

「ええ、そうよ」

即座に肯定される。

「じゃあルイズは何処で寝るんだよ」

「おかしなことを聞くのね、ここに決まってるじゃない」

「オレハドコデネルンダッケ?」

「だからここよ」

「ジャアルイズハ?」

サイトは今だシンジラレナーイとばかりにおかしな聞き方でルイズに聞きなおすが返ってくる言葉は同じ。

「い、いいのかよ!?」

「ええ、私はサイトを信じてるもの、それに……」

最後にゴニョゴニョと何か言ってルイズは、サイト一人分のスペースを空けながらベッドで横になる。

サイトは戸惑いながら、しかしやっぱりベッドに入り込む。

サイトだって年頃の男の子。

女の子への興味は津々だった。

ルイズはサイトがベッドに入ったことを確認すると指を鳴らす。

途端点いた時と同じようにランプの火は唐突に消えた。

「今のは魔法じゃないんだっけ?」

サイトが聞くと、

「ええ、あれはマジックアイテムよ。私は普通の魔法が使えないから」

ルイズが答える。

それはさっきと同じ質問と回答のようでいて違う。

お互いの体が密着するまでに近く、鼓動すら感じられる距離。

「おやすみなさい、サイト」

「あ、ああ、おやすみルイズ」

まだ少しぎこちない話し方のサイトは、何も気負って無いルイズを見て、

(何だよ、俺のこと男として見て無いのか?)

少し不満で、不安だった。

初めてキスした相手とその日のうちに同衾。

それもとびきりの美人。

胸は無いけど。

そんな彼女は無警戒に眠り始める。

そんなことじゃ、心無い男に騙されるぞ、そう思うサイトだった。

彼はルイズが小さく言ったゴニョゴニョを聞いていなかった。

正確には聞こえていなかった。

実は彼女は、決して無警戒なわけではないのだ。





─────サイトになら、“そういうこと”されても良いもの─────












あとがき

タイトル見て十八禁だと期待した人ごめんなさい。
多分僕に十八禁は書けないので、精々が十五禁抵触程度のエロがこれからも出てくると思ってください。



[13978] 第三話【食事】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2009/11/15 23:30
第三話【食事】


彼女、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは本当に久しぶりに熟睡できた。

ここまで安眠できたのは実に二十六年ぶりではなかろうか。

いつも眠るときに見る嫌な夢は見ることなく、かつてのように手を伸ばせば彼の少年がそこにいる。

幸せというものはこういうものだと彼女は長い年月を経て理解した。

今だ自身がまどろみにいる中、普段なら寂しさからシーツの中をまさぐって生まれる寂寥感が今日は一切来ない。

そこには幻ではない質量を伴った自分の半身とも呼ぶべき存在が確かにいる。

今だ彼女はまどろみの中。

「……サイト」

それでも出てくる言葉は変わらない。

細く白い手を伸ばし、隣で眠る彼の体を撫でるようにしながら触れる。

それは長年追い求めた真の感触であり、願いだった。

この手触りの服は、ハルケギニアの技術では生み出せない。

まどろみにいながらもそれを本能で理解出来たルイズは目を閉じ微笑を崩すことなくその掌に力を込める。




***




平賀才人は混乱の極みにあった。

急に見知らぬ土地に拉致され、もう帰れないと言われ、使い魔になれと言われる。

それをどれもこれも可愛い女の子が優しく教えてくれたので怒るわけにはいかなかった。

平賀才人十七歳、自称フェミニストであった。

女の子への興味も年相応であるとの自覚はあったが、しかし今朝は刺激が強すぎる。

この刺激に比べれば昨日突然この世界に呼ばれたことなど些細に思えるのではないかと思ってしまうほどに。

まず、白く細い腕が自分の背中に回っている。

それはまぁ、いい。

次に細くしなやかな素足が自分の足を絡めるようにしてくっついている。

ももの感触がジーンズ越しに感じられてつい……なんでもない。

ああ、自分もジーンズ脱げばよかっ……なんでもない。

極め付けが目を閉じた可愛い顔、長い桃色の髪をして薄紅色の頬をし、小さい唇から断続的に吹きかけられる吐息が自分の顔間近にあるということだ。

抱き枕宜しく、がっちりホールドされてるサイトは満足に身動きも取れず、少女の吐息をその顔に一心に受ける。

彼女は薄いピンクでスケスケのネグリジェ姿。

……何の拷問ですかコレ。

そう思っていると、目の前の少女、ルイズがゆっくりとその長い睫毛の下の瞳を開いた。




***




「おはよう」

「お、おはよう」

ルイズはサイトが返してくれた挨拶に身震いする。

なんという幸せか。

彼がこうやって話しかけてくれる事を一体この十数年何度夢想しただろう。

その度に声質を思い出せなくて枕を涙で濡らしたのも、一度や二度ではない。

「……服、着せてくれる?」

ルイズは起き上がり、サイトに着替えを頼む。

サイトは何処かぎこちなくなりながら言われた場所から服を取り出してたどたどしい手つきで着替えを手伝い始めた。

「し、下着は自分でやってくれよ!!」

サイトが顔を赤くしてショーツを投げてくる。

「お、お前、せめて前は隠すか何かしろよ!!」

サイトは顔を赤くして明後日の方を見ながら前のボタンを留めていく。

「ありがとうサイト、悪いけど使い魔の仕事として洗濯をお願いね」

「ええっ!?」

「もちろん下着もよ」

「えええええっ!?」

サイトは慌てる。

いくらなんでも女性の下着を洗うなんて。

「お前、せめてパンツは自分で洗うか他の奴に頼んでくれよ!!」

「昨日も言ったでしょ?貴族は自分ではそういうことをしないように躾けられてるの」

「だったら他の奴に……」

サイトがそう口にした時、ルイズが一瞬顔を沈ませた。

「イヤ」

「はぁ?」

「サイトがいるのに他の人に下着触らせたく無い」

「お、お前いくらなんでも会ったばかりの俺を信用しすぎだろ!!昨日も思ったけどそんなんじゃすぐに騙されて痛い目見るぞ!!」

サイトは怒ったようにルイズを睨みつける。

ここでしっかり言っておかないとこいつはダメになる、そう良心が訴えてやまなかった。

無論思春期の羞恥心も後押しする形だっただろう。

だが、ルイズはそれを見て涙を流した。

「えっええええ!?」

慌てるサイト。

やっぱり怒ったのが不味かったのか。

どんな温室育ちか知らないがルイズは貴族だと言ってたし、まともに怒られたことなど無いのかもしれない。

それは半分アタリで半分ハズレだった。

「私、サイトに怒られた、“怒って”もらえた」

嬉しかった。

自分を知らない彼が自分の身を案じて怒ってくれるのが。

同時に悲しかった。

サイト自身にサイトを信じすぎるなと言われたのが。

今のルイズにとってもはや、信じるものはサイト以外にいなかった。

始祖ブリミルとサイト、どちらを信じるのかと聞かれても彼女はサイトを選ぶだろう。

今だうろたえるサイトだったが、どうやらルイズが怒っていないらしいことに安堵する。

「いや、その、ごめん」

「ううん、でもサイト、これだけは覚えておいて。私は貴方以上に信じるものなんて無い。それは今も昔も、そしてこれからも」

「昔?」

「……なんでもないわ」

サイトはルイズの言い方に少し疑問があったが、それでもそこまで自分を信じると言われると、それを無碍に出来るほど酷い奴では無い。

「わ、わかったよ、なら俺もその期待にできるだけ答える」

ルイズはその答えに微笑みで返した。




***




サイトは自身のお腹に腹をたてていた。

彼女はとても綺麗な微笑をしてくれた。

自分とわかりあおうと必死なんだと思った。

その笑みを見て、彼女が騙されないように護ってやらなきゃ、などともおぼろげながら思うようになっていた。

そんな朝のあの一時、



ぐぅ〜〜〜♪



お腹が鳴ってしまったのだ。

あの大事な局面でお腹が鳴るなど、いくらなんでもデリカシーが無いと自分を諫める。

いくら昨日の昼以降何も食べていなかったとしても、自分のお腹に怒りを感じずにはいられなかった。

ルイズは先ほどとはまた別の、“少女の笑み”を浮かべて、

「朝食に行きましょう」

と言い、食堂へと案内してくれることになった。

食堂に着くと、そこは予想を超える大きさだった。

とんでもなく大きい長テーブルが三つ。

何でもここ、アルヴィーズの食堂では学年ごとに座るテーブルが違うらしい。

テーブルに乗っている料理も、朝食とは思えない程に豪勢だった。

「凄ぇ、今日はなんかの記念日?」

「いいえサイト、ここでの料理はいつもこんなものよ」

ルイズの言葉にサイトは驚愕を隠せない。

毎日こんな凄いもの食べてるなんて信じられなかった。

「まぁもっとも、その、今日は……ゴニョゴニョ」

ルイズはまだ何か言おうとしてたが、サイトには聞き取れなかった。

「ん?何か言った?」

「な、何でもないわ!!サイト、椅子を引いてもらえる?」

「そういうもんなのか?」

「ええ」

サイトは納得して椅子を引いた。

ルイズは着席する。

「おいルイズ、ここはアルヴィーズの食堂だぞ?使い魔、それも平民なんてつれてくんなよ」

それを見ていたその場の生徒の一人が、蔑むようにルイズを罵る。

が、ルイズはそれを聞き流し、

「サイト、ほら座りなさい」

隣の席を促した。

途端ザワリと周りがざわつく。

「おいルイズ、聞いてないのか?それとも魔法だけじゃなくて頭もゼロになったのか?」

「ここは由緒正しきアルヴィーズの食堂、そこに使い魔の平民を連れてくるだけじゃなく椅子に座らせる?何考えてんだゼロのルイズ!!」

サイトは周りの突然の物言いに驚き、座っていいものか迷う。

「黙りなさい、ここは私のサイトの席よ、許可は得ているわ、別に使い魔を絶対に中に入れてはいけない、席に座らせてはいけないなんて規律は無いわ」

ルイズはギンッと物言いをつけてきた生徒達を睨んだ。

「全く、これだからゼロのルイズは」

「そうそう、常識までゼロだね」

しかし生徒達は文句を言うのをやめない。

「あの、ルイズ?俺、もしかしてここにいたらまずいのか?」

お腹空いたなぁ、食べたいなぁという顔をしながらも、周りの異様な光景にサイトは少し尻込みした。

「大丈夫よ、昨日のうちに私が許可を貰ったから」

だからほら、とルイズは席にサイトを座らせる。

そこまで言われ、サイトも一度腹を括った。

「あ、まって」

括って食べようとして、出鼻を挫かれた。

「え?何?やっぱり食べるなとか言うなよ?もうお腹ペコペコで……」

「それは大丈夫、ただ食べる前には全員が始祖ブリミルに祈りを捧げる儀礼があるの」

ルイズがそう言ってまもなく、全員で唱和するようにお祈りのような事を始めた。

目を閉じてお祈りをするルイズはとても綺麗で。

天使というのがいるのだとしたらこんな人かな、などとサイトは考えていた。

唱和が終わってさぁいざ食べようかという時、

「あーっ!!」

サイトに向かって一人の男の子が近寄ってきた。

「おいお前、何でそこに座ってるんだよ!?」

少々小太りなその男の子は、金髪の前髪がくるっとカールしていて、額に汗を浮かべていた。

「そこは僕の席だぞ!!」

「え?そうなのか?」

コレだけ広いのだ、空き椅子も何個かあるし、もしかしたら指定席なのかもしれない。

でもルイズは何も言ってなかったし、どうなんだろうか。

「そうだそうだ、ここに平民の席は無い、言ってやれマリコルヌ!!」

先ほど物言いをつけてきた周りの男の子達が、その少年の抗議に援護する。

お腹がクゥクゥ鳴っているサイトだが、この情況を見てどうしたもんかと思う。

「言いがりはやめてマリコルヌ。ここは学年ごとに自由席の筈よ、オマケに今朝の唱和に遅刻までしてきてどの面下げて言ってるの?」

ルイズはマリコルヌと呼ばれていた少年を睨みつける。

それが少年、マリコルヌ・ド・グランドプレには面白く無かった。

何も出来ない落ち零れ、人があまり寄り付かないゼロのルイズ。

自分の容姿から全くモテた試しの無いマリコルヌはそんなルイズと自分にシンパシーのようなものを感じていた。

それと同時に、彼女なら自分の伴侶たりえるのではないかとも思っていた。

顔もとても整っていて好みだったし、家柄も公爵家と文句無しだった。

だからこそ、入学当時にゼロと罵られた彼女に自分と付き合わないかと言ったのだ。

ところが彼女は断わった。

マリコルヌはプライドが傷ついた。

ゼロのくせに、と。

それ以降マリコルヌは度々ルイズに嫌がらせをするようになった。

もっとも、今日はそんな事はあまり関係なく、たまたま食事の際の自分の席はそこだと決めていた場所にサイトが座っていただけのことだった。

それに嫌がらせと言っても彼も貴族。

マリコルヌとて自分や相手の顔に泥塗るというほどのことまでしないよう一線はきちんと引いていた。

“だからこそ”今日までルイズはマリコルヌの行いを黙認してきていたのだ。

だが、その一線、マリコルヌにとってはセーフラインで、ルイズにとってはアウトラインどころかデッドラインとも言えるその一線に彼は触れてしまった。

「あ、何か悪い。俺今日は外に出てるよ、悪いけどルイズ、後で何か食べさせてくれ」

「あ、サイト……!!」

サイトはお腹ペコペコだったが、ここで騒ぎを起こすのもアレだと思い空っぽのお腹ごと席を後にする。

場に残される桃色の髪の少女は、食事の手を止めマリコルヌを睨みつける。

「な、なんだよ?言っとくけど今日は別にそんなんじゃないぞ!!僕は今日はこの席だって決めてたんだから!!」

そのあまりの迫力にマリコルヌは少し肝を冷やしたように怯える。

だが、彼は怯えを感じるのが、“遅すぎた”



「また私から……サイトを奪うの?」



今日、この時間軸では初めて、彼女は人に恐れられるような声を絞りだした。



[13978] 第四話【威嚇】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2009/11/15 23:45
第四話【威嚇】


風上のマリコルヌ。

風のドットメイジである彼が今までやってきた嫌がらせというのは本当に些細なものだった。

わざとルイズと行く先を少しの間通せんぼしたり、授業時間中に彼女が魔法に失敗すると“ゼロ”と言い出したり。

この程度のやりとりは、それこそ何のしがらみが無くてもやったりやられたりするものだ。

それは周りとて理解していたし、教師連中とて子供の些細な喧嘩だと目を瞑るだろう。

繰り返すが、今まで特段彼女を目の仇にしたわけでも、ましてや責められる程の嫌がらせを彼はしたことがない。

今日のマリコルヌは普段と何ら変わらない、ましてや今日は悪意が無かった分たいしたことをしたつもりは無かった。

ただ、“貴族”である自分が決めた席に“平民”が座っていた。

それだけのことだ。

当然、社会的ルールに則れば彼が取った行動は正しく、咎めるものそういないだろう。

“普通”ならば。

彼にとって不運だったのは相手が彼女であり、平民がその彼女の最も大切な人であったこと。

そして何より彼女の怒りの琴線に触れた事に気付くのが遅れたことだ。



「また私から……サイトを奪うの?」



周囲の温度が急激に下がったかのような錯覚。

彼女は水系統の魔法を使えないはずではなかったのか。

いや、それを言えば彼女は四系統全ての魔法行使を成功させた試しが無い。



「うぅ……?あ、あぁああ……?」



言葉にならない。

何も魔法など彼女は使っていない、否、使えない。

それなのにマリコルヌにはスクウェアスペル級の魔法が自分の命を刈り取ろうとしているような錯覚を覚えた。

彼女の瞳は何も映さず、光を通さず、暗く濃い闇色一色だ。

その瞳は確かに、普段からの彼女の蔑称、“ゼロ”そのものだった。

この瞳を見ていてはいけない。

この瞳は何処も見ていない。

これは生きている人がしていい瞳ではない。



「ねぇ、どうなの……?」



──────マリコルヌ。



口を開かずに呼ばれた名前はとても平坦で。

起伏も何も無い冷たい声は、同じ人間としての器官が発しているとは思えぬほどに恐ろしくて。

目を逸らそうとしても、瞬きをしても、目を閉じても脳裏には“ゼロ”の瞳が彼を捉えていて。

暗い暗イ暗い暗イ暗イ暗い。

くラいクらいクライくらイ。

くらいクラいくライクらい。

「うわぁぁぁぁぁぁあああっ!?」

あまりのルイズの瞳の暗さにマリコルヌは気が動転した。

あれは暗いなんてものじゃない。

あれは……。




***




「お腹空いたなぁ」

サイトは空腹に喘ぎながら食堂の入り口前で待っていた。

流石に二十時間近く断食してるので、いい加減お腹はペコペコだった。

「サイト」

と、まだ食事中だと思っていたルイズがサイトの肩を叩いた。

「ルイズ?もう食べ終わったのか?」

「ううん、でもサイトお腹空くだろうと思ってテーブルからサンドイッチをいくつか持ってきたの」

ルイズは少し大きめのお皿にたくさんサンドイッチを乗せて持って来ていた。

「お、サンキュ!!」

サイトはそんなルイズが持ってきたサンドイッチを受け取ろうとして、スカッ……スカッ?

「ル、ルイズ?」

ルイズはまるでイタズラでもするかのようにサイトが伸ばした手からサンドイッチを遠ざける。

「もう、私だってまだあんまり食べて無いんだから……今日は二年生は使い魔との親睦を深めるために授業はお休みだし一緒に外で食べましょう」

ルイズはそう言うと広場へと歩き出した。




***




「へぇ、この学院って広いんだなぁ」

よく手入れされた芝が広がる広場。

カフェテラスのように白い丸テーブルや椅子が各所に置いてある。

「ここは憩いの場のようなものよ」

ルイズはそう言うとテーブルについてサンドイッチの皿を置いた。

「さ、食べましょう」

「待ってました!!」

サイトは喜色満面でサンドイッチにかぶりつく。

「美味い!!」

鶏肉とマスタードのサンド、卵サンド、ハムと野菜サンド、ジャムサンド、フルーツサンド……。

たくさんの種類のサンドイッチがあった。

「いやぁこれも美味い、あ、こっちも美味い!!」

サイトは笑顔でサンドイッチをどんどん頬張る。

それはそれは美味しそうに頬張っていく。

ルイズはそんなサイトをぼうっと眺めていた。

サイトと違い、ルイズは先ほどからあまり食事は進んでいない。

胸が一杯でこれ以上食べられない。

笑いながら食事を続けるサイトを見ていると、それだけでお腹一杯になるのだ。

「〜〜〜♪」

美味しそうに食べるサイトは満面の笑顔。

思えば、サイトの笑顔を最後に見たのは何時だったろうか。

こうやって、彼の顔を注意深く眺めていたことがあっただろうか。

「……?どうしたルイズ?食べないのか?」

サイトはもごもご食べながら、手が止まっているルイズを見て首を傾げた。

「え……?あ、もちろん食べるわよ、ってちょっとサイト」

ルイズは手を伸ばす。

その綺麗な細い指がサイトの頬に優しく触れる。

「ふぇ?」

「もう、子供じゃないんだから。ほっぺたに卵ついてたわよ」

ルイズはそう微笑むと指先についた卵をペロリと舐めた。

「あ、ああ」

サイトは慌てて服の袖で口周りをゴシゴシと拭く。

「あ、サイト、それじゃ服汚れちゃうじゃない」

もう、バカねとルイズはスカートのポケットからハンカチを取り出した。

「ほら、今度汚れたらこれ使いなさい」

「だ、大丈夫だって!!」

サイトは気恥ずかしさからか、照れを誤魔化すように再びたくさんサンドイッチを頬張りだした。

そんなサイトを、ルイズは絶えず微笑んで見つめていた。

段々サイトは見られていることに恥ずかしくなったのか、

「ル、ルイズ、手が止まってるぞ!!早くしない俺が全部食べちゃうからな!!」

ルイズにも食事を促す。

ルイズはそんなサイトに微笑を返して久しぶりにパクリと一口手元の野菜サンドを口にし、

「痛っ?」

口の中に痛みを感じた。

「ルイズ?」

サイトもそんなルイズに気付き、ルイズを見つめる。

「えへへ……そういえば舌怪我してるんだった」

ルイズは恥ずかしそうにペロリと赤い舌を出した。

サイトに衝撃が奔る。

「あ、あの、それって、えっと……」

昨日、有耶無耶で忘れていたが、彼女とキスした時に彼女の舌を噛んでしまったのではなかったか。

「うん、結構痛かった」

ががーーん!!

サイトに9998ダメージ!!

女の子に怪我をさせるなんて!!

「僕は取り返しのつかないことをしてしまった……」

昔アニメで見たような台詞を言いながらサイトは頭を下げる。

「ごめん!!わざとじゃないんだ!!」

「いいよサイト、気にしていないし。それに結構嬉しかったし」

サイトが顔を上げると、はにかんでいるルイズがいた。

可愛らしく舌を出したまま、頬をピンクに染めて。

ががーーん!!

サイトの萌えゲージに9999ダメージ!!

地味にさっきよりダメージが1多い。

サイトはテーブルに突っ伏した。

「あれ?サイト……?」

返事が無い、サイトは萌え死んでしまったようだ。




***




食事を終えて、ようやく起き上がったサイトとルイズは会話を楽しんでいた。

段々と他の二年生も使い魔との歓談に現れ始めたが二人は気にしていなかった。

ルイズは、以前あまり聞かなかった故郷の話、どんなところなのか、どういったことをしていたのか。

そんな自分の知らないサイトのことを聞いていた。

「それで俺が住んでるところでは車ってのがあって、馬とかはもう移動用にはほぼ使ってない」

「くるま?」

「ああ、馬よりもずっと速いんだぜ」

ルイズは楽しかった。

前聞けなかった話を聞けて、サイトのたくさんの表情を見れて。

だからだろうか。

気が緩んでいた。

「ミス・ヴァリエール!!ちょっといいですか?」

近づいてくるのは緑の髪を後ろで纏めポニーテールにし、眼鏡をかけたグラマラスボディな女性、ミス・ロングビルだった。

「先ほどミスタ・ギトーが食堂の件で聞きたいことがあるから来るように、と」

「ミスタ・ギトーが?」

そういえばあそこの管轄はあの面倒くさい先生だったかもしれない。

ルイズは溜息を吐くと立ち上がった。

「ミスタ・ギトーの教員室で待っているので一人で来るように、だそうです」

「わかりました、ミス・ロングビル」

ミス・ロングビルは軽く会釈するとその場を去っていく。

「サイト、ちょっと行って来るわ、すぐ戻ってくるから」

「ああ、俺はここで待ってるよ」

ルイズは足早に教員室へと足を向けた。




***




「あの、貴族様?」

メイドの一人が、いつまでたっても席を立とうとしない小太りな貴族に話しかけた。

彼はその体型とは裏腹に全く食事に手をつけていなかった。

周りはもう全員いなくなっていて、残っている食事中?の貴族は彼一人だ。

彼は真っ青な顔で焦点の合わぬ目でどこかを見ていた。

「あの、貴族様?」

恐る恐るメイドはもう一度声をかける。

するとようやくその少年は気付いたのか、

「あ、ああ、片付けてくれていい」

そう言って青い顔のまま席を立った。

スタスタと歩くその姿はどこかぎこちなく、それが体調のせいなのか空腹のせいなのかはわからない。

だが、このマリコルヌ・ド・グランドプレ、学院生活始まって以来の断食であった。












あとがき

今日は投下記念日ということと予想以上の感想お礼ということで更新出血大サービス!!
あ、いや無血か。問題どころはそこじゃないっ!!
さて、感想の方にも書きましたが、こんなに一日更新できるのは稀だと思います。
恐らく一週間に一度、長くて二週に一度くらいのペースで更新をしていきたいと思っておりますので、宜しくお願いします。



[13978] 第五話【前哨】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2009/11/17 18:16
第五話【前哨】


「しっかし、使い魔っていろんなのがいるんだなぁ」

サイトは一人でテーブルに付きながらキョロキョロする。

「あら?貴方は確かルイズの使い魔じゃない?」

と、そこに赤く長い髪のこれまたグラマラスなボディの女生徒がサイトに話しかけてきた。




***




「むっ」

ルイズは歩きながら何か嫌な予感を感じた。

すぐに戻らなければいけなような、そうでもないような。

(急ごう)

ルイズは早足をさらに早めギトーの元へと向かった。




***




「へ?」

話しかけられたサイトは首を傾げる。

確か昨日チラッとだけ見たことのある少女だ。

あまりの胸のデカさになんだか見ているだけで申し訳なくなる。

「ルイズはどうしたの?」

「あ、えっとさっき誰かに呼ばれて……」

「ふぅん、何か食堂でやらかしたって聞いたからからかってやろうかと思ってたのに」

そう赤い髪の少女は言うと、自分が連れている赤い大きなトカゲのようなものの頭を撫でた。

「な、何だソレ!?ポケ●ン?ポ●モンなのか!?ヒト●ゲなのか!?」

尻尾に実際に燃える炎を灯したまま平然としているトカゲらしき動物。

当然、サイトはこんなの見たことが無かった。

「あら、貴方サラマンダーを見るのは初めて?」

どうやらこいつはサラマンダーというらしい。

「鎖とかで繋がなくていいのかよ!?襲ってくるんじゃないのか!?」

「大丈夫、普通契約した使い魔は主に絶対忠実。勝手に逃げたり言う事をきかないなんて事は無いの。もちろん意思を無視するわけじゃないわよ」

大きな火を尻尾に灯したトカゲを見て、サイトは納得した。

こいつは穏やかだ。

目もつぶらで意外に可愛いかもしれない。

「何かそう言われると可愛いかもな、コイツ」

「あら?貴方話がわかるじゃない!!それに良く見るとなかなか良い男♪」

赤髪の少女は嬉しそうにし、次いで少し熱っぽい視線を向けてきた。




***




ビビッ!!

「むむっ!?」

ルイズはまたよくわからない電波を受信した。

なんだか胸が焦燥で掻き立てられるような不安。

もう随分前に忘れてしまったような感情。

なんだか無性に杖を振って爆発させたい気分だ。

ルイズは早足から駆け足になって用事をさっさと終わらせることにした。




***




「ふぅ、何かここは使い魔だけじゃなくて人も変だな、綺麗だったし胸もデカい人だったけど」

瞬間、サイトは急に悪寒が奔った。

今、自分は言ってはイケナイことを言ったような、ここに一人でいて命拾いしたような。

左右を見渡し、特に害になりそうなものが無いのを確認すると、サイトはホッと一息吐いて椅子に座った。

先ほどの少女、キュルケと名乗った女の子は、サラマンダーを褒められたのが嬉しかったのか、上機嫌ですぐにこの場を後にした。

その際、

「リザー●ンに進化したら見せてくれ」

と頼むと不思議そうな顔をされたが、まぁ良しとしよう。

ルイズはまだ戻ってこない。

そんなに時間は経っていないのはわかっているが、ここで知っているのはルイズだけだし、彼女がいないと少し心細かった。

こんなことなら、近くまでついて行っても良かったかもしれない。




***




ルイズは駆け足を止めた。

「何か、胸がきゅんてする」

これもまた、久しく味わっていなかった嬉しい感情。

同時に気恥ずかしい感情でもある。

ミスタ・ギトーの教員室まではもう少し。

ルイズは何故だかニヤけてしまう表情を消せずに足を急がせた。




***




あれ?今なんか急に周囲温度が暖かくなった気がするけど気のせいか?

まぁいいや。

こういう時というのは、得てして待ってる時間が長く感じるものだ。

サイトもその例に漏れず、なんだかもうずっと待ち続けているような錯覚を持ち始めた。

「遅いなぁ、いや、まだそんなに経ってないのかなぁ」

と、急に、

「……やべ、トイレ行きたい」

尿意を催してきた。

サイトは立ち上がり、辺りを見回す。

当然というか、トイレの看板らしきものは見当たらない。

やむなくトイレを探そうと思い、サイトは立ち上がった。

とりあえず学院内、そう思ったサイトは歩を進め、急に目の前に一つ目オバケが現れた。

「おわぁ!?」

これまた見たことの無い生き物。

恐らく誰かの使い魔なのだろう。

ここがファンタジーな世界だと改めて実感するのと同時、サイトは驚きのあまり、二、三歩後退し、

「きゃあっ!?」

誰かとぶつかった。

振り返ればそこにはメイドが一人。

「あ、ごめん!!」

メイドはケーキを運んでいたらしく皿を必死に護っていた。

「あ、いえ無事でしたから……あ!?」

しかし安心したのも束の間、一緒に皿に乗っていたナイフが地面に落ちそうになって……それをサイトが掴んだ。

「ほい」

「あ、ありがとうございます」

メイドはほっと安心したようにそれを受け取ろうと手を伸ばす。

と、その時、偶然にもお互いの手が触れ合った。




***




「成る程、お前の使い魔の件は私も聞いている。しかしマリコルヌにも一理ある。今後は問題を起こさぬように……おいミス・ヴァリエール、聞いてい……ヒッ!?」

ミスタ・ギトーともあろうスクウェアメイジが、声を上げて怯えた。

「……何か、急に許せない波動が……」

「お、おいミス・ヴァリエール?」

ミスタ・ギトーは恐る恐るルイズに声をかけるが、

「連絡事項と確認は終わりですよねミスタ・ギトー。失礼します」

「お、おい……?」

ガチャン。

あっという間にいなくなるルイズ。

「何だったんだ今のは……あるいはマリコルヌもあの顔を見て……?」

最初は気持ち悪いくらいニヤけているかと思えば鬼のような形相。

久しぶりに恐いものを見た、そんな気分のギトーだった。




***




サイトは慌ててナイフを持った手をそのまま引っ込めた。

「ご、ごめん」

「あ、いえこちらこそ」

二人ともぎこちなく謝り合う。

「あの、もしかしてミス・ヴァリエールの召喚したという平民の方ですか?」

「え?ああそうだけど」

「わぁ、やっぱり。私はここで使用人をやらせてもらっているシエスタというものです」

「あ、俺は才人、平賀才人。サイトでいいよ」

「サイト、さん……変わった名前ですね」

そう名前の交換をしていると、

「おーい、ケーキはまだかい?」

少し離れたところから金髪の少年が声をかけてきた。

「あ、はい、ただいま!!」

メイドのシエスタは、そのままナイフを受け取るのも忘れて呼ばれた方へと駆けて行く。

サイトは持ったままのナイフを渡す為に追いかけた。

ついでに、その金髪の少年にトイレの場所を聞こうかと思う。

メイドに聞いた方がいいのかもしれないが、流石に女性には聞きづらい。

相手が貴族だというなら少し失礼かもしれないが、まぁトイレを聞くくらい良いだろう、そうサイトは思っていた。

まだサイトは、貴族と平民という差を正しく理解していなかった。

「シエスタ忘れ物!!」

ナイフを持ちながらサイトは追いかける。

「へ……?あっ!?」

シエスタは急ぎのあまり受け取るのを忘れていたサイトの持つナイフを見て焦りだす。

「おっちょこちょいなんだな、あ、すいません、男子トイレって何処でしょう?」

サイトはナイフをテーブルに置こうとしながら金髪の少年に尋ねた。

金髪の少年は、胸元が開いたヒラヒラした白いシャツを着て黒いマントを付け、膝にモグラらしきものを乗せていた。

「うん?君は僕に聞いているのかい?」

少し相手を鼻にかけるようなイントネーションで少年はモグラのような動物から顔を上げた。

「はい」

「君は確かルイズの使い魔だったね、ルイズは?」

「さっき誰かに呼ばれて何処かに行っちゃって」

「そうか、なら仕方ないな。本来、平民が貴族にそんなことを聞いてはいけないんだが、まぁいいだろう」

そう金髪の少年が言うのと同時、

「何だギーシュ、そんな平民に物を教えてやるのか?」

食堂で最初にサイトに物言いをつけてきた生徒が近寄ってきた。

「……また君かい、いい加減僕に絡んでくるのを止めて欲しいものだね、ヴィリエ」

「別にお前に絡んでるワケじゃないさギーシュ、こいつアルヴィーズの食堂で椅子に座ったんだ、僕にはそれが許せないだけさ。お前との決着はいづれつけてやる」

そう言うとヴィリエと呼ばれた少年はサイトを見据え、

「というわけだ、ゼロのルイズの使い魔、平民は平民らしくその辺で用を済ますんだな」

そう言い捨てる。

「やれやれ、君は相手がいくら平民といえどトイレの場所くらい教えてあげる寛大な心は無いのかい?」

だが、そんなヴィリエにギーシュが茶々を入れる。

「なんだギーシュ、この風のラインメイジであるヴィリエ・ド・ロレーヌを馬鹿にしているのか?たかが土のドットメイジのくせに」

「君は何もわかっていないね、クラスだけがその者の実力を示す訳じゃ無いんだよ」

段々険悪になっていく二人。

サイトはナイフを置くタイミングを逃して固まったままだったが、気になったことがあった。

「なぁ」

「うるさいぞ平民、貴族の会話に入ってくるな、ゼロの使い魔は礼儀までゼロだな」

ヴィリエはサイトを一言の元に切り捨てる。

サイトはむっとしながら、

「その“ゼロ”って何だよ?ルイズのこと、だよな?何でルイズが“ゼロ”なんだよ」

そう尋ね、それを聞いたヴィリエは一瞬目を見開いて大笑いした。

「あはははは!!!!こいつは傑作だ、ゼロの意味?そんなの簡単さ、魔法の成功確率いっつもゼロパーセント!!だからゼロのルイズって呼ばれてるのさ!!」

サイトはその態度にカチン、とくる。

「何だよその言い方」

「あははは!!何だ?平民が貴族に喧嘩売る気かい?そんなに痛めつけて欲しかったのか?」

「誰が誰を痛めつけるって?」

サイトは売り言葉に買い言葉で言い返す。

「君もまた本当にゼロだな、笑わせてくれる。貴族の僕が平民の君に、に決まっているだろう?」

「ふん、何が貴族だ平民だ、バッカじゃねぇの!!」

サイトは今だこの世界の根強い階級差別を知らない。

しかし、それは彼らにとって侮辱であり、知らないでは済まされない。

「君、貴族に対する礼儀がなっていないな、痛められたいか?」

「やれるもんならやってみろよ!!」

サイトは威勢よく答え、

「よかろう、諸君、決闘だ!!」

ヴィリエはニヤリと笑いながら高らかに宣言した。



[13978] 第六話【決闘】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2009/11/25 17:42
第六話【決闘】


「ヴェストリの広場へ来い、礼儀を叩き込んでやろう」

そう言うとヴィリエは何処かへと歩き出した。

恐らくヴェストリの広場と呼ばれる場所へと向かったのだろう。

「なぁ、ヴェストリの広場って何処?」

「サ、サイトさんっ!?行く気なんですか?」

シエスタの驚きにサイトは肯定を返す。

「無茶ですっ!!平民では決して貴族に勝てないんです!!今ならまだ謝れば許してもらえるかも……!!」

「そうだね、君では彼には勝てないと思うよ、彼は腐ってもメイジだ」

ギーシュと呼ばれていた金髪の少年も頷く。

が、サイトは収まらない。

「あそこまで言われて引き下がれるかよ!!やれ平民だ、やれゼロだって馬鹿にしやがって!!ルイズはあいつにいつもゼロって言われてるのか?」

「……ほう?主の悪口が許せないのかい?」

ギーシュは意外そうに尋ねる。

「主とか関係ねぇよ、こんな所に来ちゃってわけのわからない俺を面倒見てくれたのはルイズなんだ」

「君は彼女が呼び出したんだ、いわば彼女のせいでここに来たんだよ?」

「今はそんなのどうでもいいよ、女の子をそこまで責めるのは趣味じゃない」

「ふっ、気に入ったよルイズの使い魔君、名前は?」

「平賀才人だ」

「ヒラ・ガ・サイト?」

「ああ違う違う、ヒラガ・サイト。あ、いやここではサイト・ヒラガになるのか?」

「ファミリーネームはヒラガなんだね?ではサイト、この僕、ギーシュ・ド・グラモンがヴェストリの広場まで案内してあげよう」

ギーシュは面白そうに立ち上がり、

「あ、ちょっと待って」

出鼻を挫かれた。

「な、何だい、まさか今更恐くなったとか言わないよね」

「そんなわけあるか」

「じゃあ何だい?」

ギーシュの不思議そうな顔にサイトは「あはは」と苦笑いして、

「……トイレ何処?」

最初の質問を改めてした。




***




「よく逃げずに来たな平民」

ヴィリエは上気分だった。

学院に入ってからケチのつきっぱなしだったが、今日はそんなものとは無縁。

日頃溜まったストレスを十分に解消できる場が出来上がっている。

相手は平民、負けよう筈が無い。

「さぁ、何で戦うんだ?」

サイトはヴィリエの正面に立って屈伸運動をしていた。

彼は多少なら腕に自信はあるし、体力も割りとあるほうだと自負していた。

「ふっ、野蛮人め、そらっ!!」

ヴィリエは胸元から杖を取り出すとヒュッヒュッと振る。

「何だ?……ぐほぉっ!?」

サイトは、急に何か硬いもので殴られたような衝撃を受け、後方へと吹き飛んだ。

「げほっげほっ!!何だ今の……」

むせ返るような息を整えながら立ち上がる。

「ふん、僕はメイジだ、こうやって魔法で戦うのさ。よもや異存はあるまい?そらもう一発っ!!『エア・ハンマー』!!」

ヴィリエは、サイトの苦しそうな顔が気に入ったのか、杖をもう一振りし、先ほどと同じ魔法、エア・ハンマーを唱える。

「!!」

サイトが飛んでくる不可視の風の鉄槌を感じた瞬間、

ドシャァァァァ!!!

彼の目の前には大きな土の壁が生まれた。

「!?」

風の魔法、エア・ハンマーは土の壁に阻まれる。

ヴィリエは驚き、怒りを露にした。

「何のつもりだギーシュ!!決闘の邪魔をするなんてただじゃおかないぞ!!」

「君、本気で言ってるのかい?彼はまだ決闘の開始の合図も受けていなければ、無手のままでもあると言うのに」

ギーシュは呆れたように言う。

「そんなものこっちが魔法を使ったんだからもう始まった事にしてもいいだろ!!」

「君、決闘を馬鹿にしてないか?」

ギーシュは目を細め、睨みつけるようにして低い声をだす。

「ふん、何で貴族の僕がそこまで平民に気を使ってやらなくちゃならないんだ」

ヴィリエはふんと鼻を鳴らした。

「……話にならないな」

呆れたようにギーシュは視線を逸らし、いつの間にか手に持っていたバラを振る。

途端、サイトの前には剣が突き刺さっていた。

「これくらいは構わないだろう?ヴィリエ」

「まぁいいさ、そんなものあったってそいつに何が出来るとも思えない」

サイトは胸を押さえながら立ち上がる。

「だそうだ、サイト、それを使うといい」

「サンキュ」

サイトはその殆ど装飾もついてない剣を掴んだ。

自分はどうやら貴族の使う魔法というのを少々見くびっていたらしい。

そう思った途端、また横殴りのような風が吹く。

「ぐふっ!?」

剣を手に持った瞬間だったからか、そのスピードに対応出来ず、サイトはまた吹き飛ばされる。

「剣を“持ってから”魔法が当たったんだ、文句は無いだろう?」

ヴィリエは得意そうになる。

それはつまり剣を持つ前に魔法を放っていた事に他ならない。

サイトはイキナリのことで剣を手放してしまっていた。

「しかしこれじゃ一方的過ぎてつまらないな、少し遊ぼうか」

ヴィリエはそう言うと、レビテーションをサイトにかけた。

「わっ!?何だ!?」

サイトの意思とは裏腹にサイトは宙に浮いていく。

「そうら」

ヴィリエは愉快そうに杖を振ってサイトを宙で動かした。

「わわわ!?わわわ!?」

サイトは慌てふためく。

「ふむ、思ったよりもつまらないや。やめよう」

ヴィリエは飽きたのか、地上数m上に浮かんでいるサイトを“頭から”落とした。

「やべっ!?」

サイトは焦る。

思うように体が動かない。

(動け動け動け!!)

力を込めて、ギュッと手を握って力を入れた瞬間、何かが手に触れた。




***




嫌な予感がする。

胸が締め付けらるような思い。

サイトを失ったと知った時に似た焦燥と絶望に近い暗い感情。

ルイズは先ほどとは別の胸騒ぎがして、走り出した。




***




ドサッ!!

「……ほぅ」

ヴィリエは意外そうな顔をする。

サイトはギリギリで自身の体制を変えて着地に成功した。

「少しはやるようだね、でも這いつくばってるほうが似合ってるよ、エア・ハンマー!!」

もう一度ヴィリエはエア・ハンマーを唱え、

ヴン!!

サイトの腕の一振りで魔法がかき消された。

「何?」

ヴィリエは意外そうな顔をする。

サイトは手に何か持っていた。

「……ナイフ?そんなもので今の魔法をかき消したって言うのか?馬鹿な!?」

それはナイフ。

ケーキを切り分けるための小さいもの。

サイトはなし崩し的にそれを持ったままでいた。

何故だろう。

刃物を持っているととても体が軽くなる。

決して自分は危ない奴じゃないはずなのだが。

そう思ってからサイトはギーシュの用意してくれた剣を拾う。

途端、“それ”が流れ込んでくる。

「これは……“青銅”で出来ているな、簡素な作りだけど、“構成”がしっかりしてて見た目よりずっと良い剣だ」

「……わかるのかい?」

それを見ていたギーシュが意外そうに言う。

「なんでかわかんないけど、手に持ったらそんな気がしたんだ」

「余所見とは余裕だな平民!!」

ヴィリエはエア・カッターを唱えた。

「!!」

数枚の風の刃がサイトに襲い掛かる。

しかしサイトは、剣に操られるように体が動き、刃を迎撃していく。

「くっ!!」

足に軽くかすってしまったが、そのほとんどを迎撃に成功した。

「くそっ!!汚いぞギーシュ!!何だあの剣は!?」

ヴィリエは悪態を吐く。

風の魔法に追いつく平民なんて聞いたことが無い。

あの剣には何か秘密があるはずなのだ。

そう思うことでしかヴィリエは自分を納得させることが出来ず、サイトの左手の甲が薄っすらと光り輝いてる事など気付いていなかった。

「僕は何もしていない、ただの青銅の剣を与えただけさ」

「嘘だ!!」

ヴィリエはギーシュを睨み大声を上げる。

その為、気付かなかった。

サイトが接近していることに。

「余所見とは余裕だな貴族野郎!!」

サイトは皮肉を込めて、先ほど言われたのと同じような台詞を言いながら力一杯ヴィリエを殴りつける。

「ぐわぁっ!?」

サイトは彼の顔面をグーで殴っていた。

「お、お前よくも僕の……貴族の顔を殴りやが……!!」

頬を抑え、痛みで涙目になりながらヴィリエはサイトを睨みつけようとして、言葉が出なかった。

剣の切っ先が突きつけられている。

動く事が……出来ない。

「俺の勝ちだ!!」

「ぐ……!!」

ヴィリエは苦虫を噛み潰したような顔をして唸る。

「「「「「オオオォォオ!!」」」」」

周りがざわついた。

いつの間にか、周りにはそこそこのギャラリーが出来上がっていた。

サイトはそんなヴィリエに満足するとギーシュの方に歩いていく。

「やるじゃないか、サイト」

「いや、アンタの剣のおかげだよ」

「それは本当にただの青銅の剣なんだけどな」

「ああ、それはわかる」

「しかしこっぴどくやられたな、服が泥だらけじゃないか。これじゃどっちが勝者かわかったもんじゃない」

「う、うるせい!!」

ギーシュはそんなサイト見て笑い、笑われたサイトもまた笑い返す。

笑い返して──────サイトは倒れた。

「っ!?サイト!?」

背中に、酷い出来立ての裂傷を残して。



[13978] 第七話【矜持】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2009/11/18 18:30
第七話【矜持】


心臓が止まるか思った。

息を切らしながら辿り着いたカフェテラスにサイトの姿がなく────イヤ────嫌な予感がして周りに聞いてみれば────イヤ────ヴェストリの広場で決闘を────イヤ────していると聞き、




「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!!!!!!!!」




ヴェストリの広場に着いた私が見たものは、背中からおびただしい血を流して倒れているサイトだった。




***




ギーシュは特別“平民”という人間に興味があるわけでも理解があるわけでも無かった。

彼が今回サイトの力になったように見えたのは偏にサイトの“在り方”によるものだ。



『今はそんなのどうでもいいよ、女の子をそこまで責めるのは趣味じゃない』



サイトは恨み言を言うでもなく、女の子を責めないと言った。

それはギーシュにも納得できるものだったし、自分の考えと似通っているとも感じた。

その為、サイトへ少し興味を抱いた、というような程度の感情で案内役をしてあげたのだ。

また、彼は元帥という地位にいる厳格な父の四男として育てられた。

甘やかされてきたというのは自他共に認めるものがあるが、その矜持はしっかりと根付いていた。

曰く、貴族としての誇りの使い所と在り方である。

戦闘意欲の無いものに剣を向けず、自分が敗れた時には素直に相手の勝利をただ祝福する。

彼は根っからの貴族だった。

だからヴィリエの相手を無視した決闘のやり方に水を差した。

これに関しては別にサイトのことを思ってでは無い。

自分の中の“貴族”としての部分が彼をそうさせた、それだけのことだ。

だが、サイトがギーシュの剣を理解し誉めたことで、彼のそれはサイトに対する興味から好意へと変わる。

今まで誉められた事など無いが、ギーシュは自分の二つ名と技術に誇りを持っていた。

“青銅”を用いた土系統の魔法、練金。

彼が得意とするその魔法の真髄を、サイトはあろうことか一見で見抜いた。



『これは……“青銅”で出来ているな、簡素な作りだけど、“構成”がしっかりしてて見た目よりずっと良い剣だ』



サイトはそうこの剣を評価した。

そしてそれは、ギーシュが自己評価していたものと同じだった。

だから、やるじゃないか、と誉めてやったのだ。

『いや、アンタの剣のおかげだよ』

サイトのこの言葉はくすぐったく、また気持ちの良いものだった。

『それは本当にただの青銅の剣なんだけどな』

だから出る言葉は照れ隠し。

『ああ、それはわかる』

それを肯定するあたり、彼は本当に剣を理解し、正直者なんだと知って嬉しくなった。

見れば服は泥だらけだが、それがより一層サイトを勝者らしく見せていた。

彼は笑い、自分も気持ちよく笑える。

ああ、こいつは平民だが良い奴だ、そう思った時、サイトは既に倒れていた。




***




(くそぉ、くそぉくそぉくそぉ!!)

ヴィリエにとって、今回の決闘は屈辱の極みだった。

(平民のくせに平民のくせに平民のくせに!!)

魔法を掻き消された。



─────ふざけるな。



頬を殴られた。



─────ふざけるな。



剣を突きつけられ動けなかった。



─────ふざけるな!!



見ればそいつは笑いながらギーシュと話している。

「やるじゃないか、サイト」

「いや、アンタの剣のおかげだよ」

「それは本当にただの青銅の剣なんだけどな」

「ああ、それはわかる」

(ただの剣だと!?ふざけるな!!そんなことあるものか!!)

ヴィリエの中にドス黒い感情が渦巻く。

(あいつらはズルをしたんだ、二人がかりだったんだ)

見れば平民の背中は無防備だ。

口元が釣り上がる。

ヴィリエは立ち上がると杖を振った。

飛んでいくのは風の刃。

次の瞬間、それは当然のごとく命中し、平民は倒れた。

平民が倒れた。

平民が倒れた。

平民が倒れた。

平民に勝った。

自分が勝った。

平民は倒れ、貴族の自分は立っている。

そう、

「僕の勝ちだ!!」

ヴィリエはそう高らかに叫び、



「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!!!!!!!!」



少女─────ルイズの叫び声が上がった。




***




「あ、ああ、ああああああ、あああぁぁっぁぁぁぁあああああ!!!!!」

ルイズは取り乱しながらサイトにかけよる。

「あ、ああああ、ああ、サイト、サイトサイトサイト!?サイト、いや、ダメ、目を開けて、ねぇサイト、お願い」

サイトの背中の血は止まらない。

「やだ、嘘、どうして?何で?やだ、こんなの、ねぇサイト、ダメ、ねぇ、起きて」

サイトに伸ばした白い手には、真っ赤な……血。

「あ……?ああああ……?あああぁぁぁっぁぁぁっぁっぁっぁぁっぁあぁあああああああ!!!!!!!」

声にならない、言葉にならない、“言い表せない”声をルイズは上げる。

彼の為に何年待った?

最初の数年はひたすら調べた。

それを過ぎると絶望しながら調べ続けた。

気付けば十六年経っていた。

希望を見つけてからも、さらに十年待った。

それがたった一晩で終わり?

え?終わり?何が?

凄い勢いでルイズの顔色が失われていき、




─────場が、凍った。




彼女は魔法を使えない。

だが確かに、周囲の人間は凍えを感じた。



「……ギーシュ」



搾り出すように彼女は声を震わせる。

言外に貴方がやったのかと尋ねる。

彼女の記憶では、彼とサイトが決闘したのだ。

そう、記憶があったのに、サイトとの再会に浮かれて、そのことを失念していた。

ギュッと拳を作る。

手に付いたサイトの血に混じって、自分の血が流れた。

「ははっ、ルイズ!!何を勘違いしてるんだ?そいつをやったのは僕だ!!」

と、そこに“真に矛先を向ける相手”が、自分から名乗り出た。

ヴィリエ・ド・ロレーヌは最高にハイになっていた。

「まだ僕は降参もしてないっていうのに、勝手にもりあがりやがって馬鹿なや……」



ドォォォォォン!!



奴だ、とは言えなかった。

辺りには白煙舞う爆発。

否、“大爆発”



「……そう、ヴィリエ、貴方なのね」



ルイズの瞳は何も映らず、何も通さず、そこはまさしく“ゼロ”だった。

有無を言わさずルイズはもう一度杖を振る。

「うわぁぁっ!?」

ヴィリエは爆風で吹き飛んだ。

地面を擦るように数mは吹き飛び、服装はボロボロだった。

「う、うぁ……」

地面を擦るようにして吹き飛んだせいでヴィリエは体中が痛かった。

恐らくあちこち内出血してるに違いない。

擦り傷も酷く、ヴィリエは一気に戦意が低下した。

「うう、うぁ、痛い……痛い……」

そんな痛そうにするヴィリエに、



「痛い?そう、痛いの、でもサイトはもっと痛かったのよ」



ルイズは何も映さない“ゼロ”の瞳で再び杖を掲げる。

「うわぁ!?止めろよ、これ以上やったら僕が大怪我するかもしれないじゃないか!!たいした魔法も使えないくせにそんなことして僕が死んだらどうするつもりだ!!」

ヴィリエはそんなルイズに危機感を覚えて訴えるが、



「死んだら?何を言ってるの?」



彼女の言葉に、戦慄を覚えた。

彼女の次の言葉が言われてもいないのに理解出来てしまった。



─────その為にやってるんじゃない。



(ルイズは……ルイズはまさか僕を……!?)

途端、恐怖に体が震える。

と、ルイズが再び杖を振ろうとした瞬間、ルイズの杖を誰かが掴んだ。




***




「ルイズ」

ギーシュはルイズの杖を掴んだ。

「何?邪魔するの?」

ルイズがそう言ってギーシュを見た目は何も映さない“ゼロ”で、ギーシュも流石に動揺した。

が、今はそんな場合ではない。

「そんなことより早くサイトを連れて行った方がいい。危険な状態だけど、水の秘薬を使えばまだ“間に合うかも知れない”」

その言葉を聞いた瞬間、ルイズの瞳が、暗い暗い闇のような“ゼロ”の瞳が、顔色とともに戻り始めた。

「……え?」

「早くしたほうがいい。モンモランシー!!彼にレビテーションを!!」

ギーシュの声で、モンモランシーと呼ばれた長い金の髪を縦にいくつもロールした少女がサイトを浮かばせた。

「急ぎましょう、私が連れて行ってあげる」

モンモランシーはそう言うとルイズと一緒に歩き出した。

二人の横を、浮いたサイトが気絶したまま後を追うように付いていく。

ルイズは既にヴィリエなど眼中に無く、サイトの手を握りしめ、

「サイト、サイト、サイト」

何度も壊れたオモチャのように名前を呼び続けた。




***




そうして、場に取りに残されたのはギャラリーとヴィリエ、そしてギーシュだった。

ホッとしたようなヴィリエに、

「何をホッとしているんだい?ヴィリエ」

ギーシュが怒り心頭な面持ちで声をかけた。

「な、何だよ」

「君は決闘に負けた、だというのに後ろから攻撃とはどういうつもりだと聞いてるんだ」

「ま、負けてない!!僕はまだ負けて無かったんだ!!降参だなどと言わなかっただろう?」

ギーシュは座り込んでいるヴィリエを侮蔑するな眼差しで見下ろし、

「最低だね、卑怯者」

もはや彼を名前で呼ぶことすらしなかった。

「な、何だと!!」

ヴィリエは怒り出すが、立ち上がる事が出来なかった。

なぜなら、肩を強い力で押さえつけられていたから。

「そんな言い訳で決闘を汚したのか、全くもって許し難いよ」

ヴィリエの肩には青銅できた鎧を着た女性を模した自動人形の手があった。

「最初に始まりの合図もせず、相手が戦える状態でないのに攻撃をしかける。君は貴族として恥ずかしくないのか?」

ギーシュは許せなかった。

貴族としての誇りを無視するかのようなヴィリエの横暴ぶりに腹をたてていた。

ギーシュは薔薇を振る。

ヴィリエの目の前にはもう一人青銅の自動人形。

「ワルキューレ」

ギーシュの言葉と共にワルキューレは拳を作り、

「な、何する気だよ!?止めろ!!」

ヴィリエに向かって、それを振り下ろし、

「うわぁぁぁっ!?」

ドゴォン!!

それはヴィリエに当たることなく地面を抉りクレーターを作る。

「見くびるなよ、今の君に攻撃したら僕も君と同じになるじゃないか」

それを見て、ヴィリエは怯えながらギーシュを見つめ、少し安堵したような顔をしたところでギーシュは、

「けど、また君が貴族の誇りを汚すようなことがあったらその限りじゃない、覚えておくといい」

そう言い放つ。

同時にワルキューレは消滅し、ヴィリエは自由になる。

ギーシュはそれをつまらなさそうに見ると、もはや用は無いとばかりにその場を後にした。

途端に湧くギーシュへの歓声。

それを、ヴィリエは震え歯を噛みしめながら聞いていた。




***




現在、まるで勇者のような扱いを受けているギーシュがもともと座っていたカフェテラスの席付近に少女がいた。

既に人も少なくなっており、今日はもうじき誰もいなくなるだろう。

そんな場所に、バスケットを片手にブラウンのマントを着けた少女が誰かを捜すようにしてそこにいた。

ここに座っていたギーシュはもう随分前にヴェストリの広場へ向かい、今は既にヴェストリの広場にもいない。

しかし彼女はそれを知らないのか、

「いないなぁ、ギーシュ様……」

恋する乙女のような瞳の彼女、ケティ・ド・ラ・ロッタは、探し人を見つける事が出来なかった。

運命と言う名の歯車は狂い始め、歴史と言う“決まっていた筈”の道程はそれを変えていく。

だが、それを知る者はいなく、気付く者も今はまだ、誰もいない。



[13978] 第八話【冥土】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2009/11/25 17:58
第八話【冥土】


「ふむ……」

長い白髭を垂らす老人が、感慨深げに息を漏らす。

「彼、勝ってしまいましたね、オールド・オスマン」

それに答えるように頭頂部が禿げ上がった男性、ルイズの使い魔召喚に立ち会ったコルベールが声をかける。

手元には分厚い本。

古い古いその本は、とあるルーンが描かれたページを開いていた。

描かれたルーンは、サイトの左手の甲に浮かんだものと同じだ。

オスマンと呼ばれた老人はコルベールの声が聞こえているのかいないのか、目を閉じて黙り込む。

「彼は恐らくここに書かれている“伝説の使い魔ガンダールヴ”に間違いありません、これは世紀の大発見につながりますぞ!!」

コルベールは興奮したように身を乗り出すが、

「……じゃが、それは同時に新たな戦争の火種になるやもしれん」

オスマンという老人は難しい顔をして呟く。

「……戦争の火種、そう、かもしれませんね」

「うむ、私は彼らにそのような事に巻き込まれて欲しくはない」

「……では王宮には報告はしないということに?」

コルベールは思う所があるのか、これ以上は何も言わずに今後の方針について進言する。

「うむ、王宮の“暇人共”の耳に入ってはコトじゃ。いらぬ戦禍にみすみす可愛い生徒をくれてやる義理はないわい」

「わかりました、ではこれは部外秘という扱いで」

「うむ、済まないが頼んだぞ、ミスタ・コルベール、おう、そうじゃった」

オスマンは思い出したように、

「はい、何でしょう?」

「あの平民の使い魔、“タイト”と言ったかの」

「……“サイト”だそうですよ、オールド・オスマン」

コルベールやや呆れ顔になりながら答える。

「おおそうじゃった、タイトなのは女の子の服だけで結構じゃ、さて、そのサイト君じゃが彼の治療の手助けを学院としても出してやってくれんか」

「!!そうですね、ミス・ヴァリエールが手配しているようですが、やっておきます」

「うむ、それも合わせて頼むよ、ミスタ」

コルベールは「はい」と返事をすると一礼して部屋を後にする。

扉には『学院長室』と書かれていた。

一人残ったオスマン老人は再び目を瞑り、先を案じるかのような面持ちで、

「ふぅむ、これはまた良い色じゃ、白、か」

トリステイン魔法学院学院長オスマンは、自分の視点ではない何処かを見ていた。




***




「サイト……サイト……」

ルイズは祈るようにサイトの手を握っていた。

「ダメ……いなくならないで……もう二度と一人にさせないんだから……だから私を一人にしないで……」

ルイズのベッドで眠るサイト。

先程ようやく高位な水メイジによる治療と秘薬投与が終わったところだった。

一時、血が足りないかもしれないと言われた時など、ルイズは自分の腕を切り落とそうかと考えた。

医者に止められ、血液成分(血液型)が合わないと意味がないという説明を受け、やむなく諦めたが、止めなければ今頃彼女は片腕が無かっただろう。

「サイト……私が、私が傍にいなかったから……そうだ、私がサイトから離れたからサイトは……」

ルイズは泣きながら手を握りしめて呟く。

「……そうだ、私がサイトから目を離したから姫様の使いでアルビオンへ行く時もワルドに酷い火傷を負わされたんだ」

ルイズは思い出すように口を開く。

今だサイトは時折苦しそうな声を上げては汗を流している。

「そうだ、私がしんがり役を受けて、サイトと離れようとしたから、サイトは私を気遣って一人残って……そうだ、私がサイトと離れたばかりにサイトは……」

ルイズはサイトの苦しそうな声を耳にする度に手を強く握って泣きながら呟く。

「私が、傍にいなきゃ……サイトの目が覚めたら、私がサイトを護らなきゃ……」

気付けばサイトは随分と汗を流している。

ルイズは手元にあるタオルで彼の額を拭くと、テーブルにある水差しをサイトの口元に持って行く。

サイトは痛みから来る熱にうなされているのか、先程から酷く汗を掻き、このままでは脱水症状になりかねない。

だが、眠っているサイトは水差しを口元にやっても上手く水を飲んでくれない。

「……私が、サイトを助けなきゃ……」

ルイズは水差しの水を口に含むと、ギシッとベッドを軋ませてサイトに口付けした。

「……んぅ……んっんん……」

口移しでサイトはそれをどうにか体に取り込んでいく。

それを確認したルイズはサイトの顔をじっと見つめ、

「……サイト」

彼の名前を呼んでもう一度口付けした。

彼の鼓動に合わせて息を吹き込み、彼の吐く吐息を吸い込む。

それを数回繰り返した後、ルイズはゆっくり口付けを止め、

「……私が、護ってあげる」

サイトの耳元で、べたついた唇のまま、赤い舌をぺろりと巻いてそう呟いた。




***




「ああ、そこのメイド」

「はい?なんでしょう?」

急に呼び止められたメイド、シエスタは足を止めて振り返る。

そこには最近人気がうなぎのぼりの時の人、胸が開いたような白いワイシャツにマント姿というギーシュ・ド・グラモンがいた。

「君は確かルイズとサイトの部屋に食事とかを運んでいるメイドだね?」

「あ、はい」

シエスタは頷いた。

最近はルイズの部屋に食事を運んでいき、洗濯物等を代わりにやっている。

「その……サイトの容態はどんな感じだったかわかるかい?」

あれから既に二日経っていたが、ルイズは授業に顔を見せず、サイトの件も耳には入ってこない。

ギーシュも落ち着かずにヤキモキしていた。

シエスタはクスリと笑う。

失礼な事だが、最近もてはやされているとは思えない立ち振る舞いの貴族だと感じてつい笑ってしまった。

「メイド?」

ギーシュの訝しそうな顔に慌ててシエスタは我に返る。

「あ、はい、すいません。サイトさんですね?昨日は結構危険な状態だったらしいんですけど、持ち直したらしくて、あとは目覚めを待つばかりだそうです」

「そうか」

ギーシュはほっとしたような顔になる。

シエスタはそれを見て、

(やっぱり、貴族といっても同じ人間なんだ)

そう思えた。

そしてそう考えられるようになったのは、今だ目覚めないサイトのおかげだと思えた。

彼の貴族に臆すること無い姿を見たからこそ、ここ数日で彼女はそう思えるようになった。

「ミス・ヴァリエールは殆ど寝ないで看病してるみたいで、私が代わりますからと言っても聞いて頂けなくて。でもそのかいあってサイトさんはだいぶよくなってきているみたいです」

「そうか、ああ、そうだ、ルイズはどんな様子だい?寝てない、と言ってたようだけど」

サイトの無事を聞いて安心したギーシュは、ふと、あの時のルイズの変わりようが思い浮かび、尋ねた。

「ミス・ヴァリエールですか?少しお疲れになってはいるようです。何せ二日も眠っていないんですからね。でもずっとサイトさんの手を握って声をかけているようでしたよ」

「わかった、ありがとう、もう行ってもいいよ」

「はい」

シエスタは一礼して歩き出す。

この時、シエスタはあえて言わなかった事がある。

それはルイズのサイトにかける声の内容だった。

まるで壊れたオルゴールの用に何度も繰り返し同じような言葉を言い続けるのは一種の異様な光景だった。

だがシエスタはチラリ程度にサイトの寝顔を何度か見た時、サイトは凄く綺麗な顔をしていた。

それは彼女が甲斐甲斐しくきちんと看護している証拠だろう。

しかしそれを知るとどういうわけか胸が痛んだ。

何故か、サイトから言われた言葉が思い出される。



『おっちょこちょいなんだな』



途端、不思議な感覚にシエスタは襲われる。

彼女のルイズとは比べるべくもない大きい胸の内に、小さな炎が灯りつつあった。




***




ブラウンのマントを纏った少女が、両手でバスケットを持って歩いていた。

首を左右に振りながら歩くその様は誰かを捜しているようで、そんな時に彼女の視界に白と黒の仕事着を着たメイドが入った。

「あ、そこのメイドさん」

「あ、はい、何でしょう?」

話しかけれ、メイドは答える。

「先程こちらにギーシュ様がいませんでしたか?」

「ああ、ミスタ・グラモンですね、つい先程私にサイトさん、ミス・ヴァリエールの使い魔の容態をお聞きになった後、何処かへ行かれましたよ」

「彼はどちらの方へ?」

「ええっと……行き先はわかりませんが、向こうの方へ」

「そう、ありがとうございます」

バスケットを持った少女はお礼を言い、言われた方へと足を向ける。

「いえ、では失礼します」

それにメイド、先程までギーシュと話していたシエスタも頭を下げてその場を後にする。

「今日もいないなぁ、ギーシュ様……」

トリステイン魔法学院一年生、ケティ・ド・ラ・ロッタは今日も探し人を探して学院内を彷徨っていた。

彼女の思い人探す恋の迷路に、今だ出口は見えない。



[13978] 第九話【乙女】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2009/11/19 23:36
第九話【乙女】


うろうろうろ。

うろうろうろうろうろ。

うろうろうろうろうろうろうろうろ。

「はぁ……」

ギーシュは溜息を吐いた。

先程メイドから無事な旨の話は聞いたが、それでも少し心配だ。

そうして気付けばルイズの部屋の前で危ない人のようにギーシュは行ったり来たりを繰り返していた。

「はぁ……」

いや、ように、ではなく既に完全に危ない人だ。

こんな所で何度も溜息を吐いていてはせっかくの武勇伝もすぐに朽ち果ててしまいかねない。

ギーシュはそれを危惧したわけではないが、しかしようやくと心を決め、腹に力を入れてドアをノックした。

……。

…………。

………………。

「………………」

返事がない、ただの屍のようだ。

「いや、屍では無いだろう!?」

ギーシュは自身の考えにツッコミを入れた。

「いや、自分の考えにツッコミとかして僕はここに何をしにきたんだ」

ギーシュは気を取り直してもう一度ノックする。

……。

…………。

………………。

「………………」

が、やはり返事はない。

「……ルイズがいると聞いてたが、席を外しているのかな」

ギーシュはそう思い、ドアノブに手を回した。

キィ……。

「……開いてるな」

どうしようか。

ギーシュは迷ったが、やはりサイトのことが気にかかり中に入る事にした。

「失礼するよ」

一応そう声をかけて入室する。

中には、眠っているサイトと、サイトの手を握り、祈るようなポーズで横に座っているルイズがいた。

それはとても綺麗で、異様な光景だった。

傾き始めた日差しがルイズの頬をオレンジに染め、その麗しい顔を優しさで包み込み祈るように一心になって手を握っている様はまるで天使のように美しい。

だが、その一方で彼女の発する声は呪詛のように低い声だった。

「……サイト、私が傍にいるから」

文面は問題ない。

少し過剰な部分も感じられるが、しかしそれは使い魔を思えばこその事だろう。

問題は声質。

その声は、目の前の少年への慈しみと他者への怨念じみた拒絶を感じさせた。

「ル、イズ……?」

戸惑いながらギーシュのかけた声は上ずり、少し怯えが混じっていた。

「……ギーシュ?何か用?今私は忙しいの」

ルイズは、振り返らずサイトの顔を見つめたまま、しかし普段通りの声で返事をした。

そこには先程の異様な空気は既に無く、いつもと変わらないルイズの雰囲気だった。

「あ、ああ、サイトの様子はどうかと思ってね、幸いヤマを超えたと聞いて安心したんだが一応様子を見に来たんだ」

「そう、見ての通りサイトはまだ眠ってるわ、でももうじき目覚めると思う」

「そうか、とにかく無事で良かった」

決してルイズは振り向かないが、それでもいつも通りのルイズとして受け答えをしている。

「そう言えば、あの時サイトを連れて行くように言ったのはギーシュ、貴方だったわね、おかげでサイトの治療が間に合った、お礼を言うわ」

だが、ここで珍事が発生する。

ルイズはめったに人にお礼を言わない。

いや、決して彼女との付き合いが長いワケではないので、何とも言えないが、彼女はそうそう頭を下げる人間では無いと思っていた。

「珍しいな、君が人に素直にお礼を言うなんて」

「……サイトが助かったのは貴方のおかげかもしれないもの、お礼くらい言うわ」

ギーシュはそのルイズの言葉にに軽い驚きを覚えた。

お礼もそうだが、随分と召喚したばかりの使い魔に思い入れているようだ。

だからだろうか。

女性に対しては気の回し方が上手いと自負しているギーシュは、ここでもその才を発揮することにした。

だがそれは、初めて自分の為意以外への気の回し方だった。

「ルイズ、君は殆ど寝てないそうだね」

「ええ」

「顔を洗っているかい?」

「いいえ、今はサイトを看ていたいから」

「なら行っておいでよ、僕がその間彼を看ていよう」

ルイズはしばし黙り込み、しかしそれを断った。

「……遠慮しておくわ、私はサイトが目覚めるまでここにいる」

それを聞いたギーシュは、ほう、と感嘆の息を漏らした。

思い入れているとは思ったが、まさかここまでとは。

もしかしたら彼女はその乙女心を彼に動かされているのかもしれない。

身分違いとはいえ使い魔と主人の関係でもある二人だ。

自分が口を出すことではないし、もしかしたら上手くいくかもしれない。

だから、やっぱりギーシュは先の提案を取り下げない事にした。

「君のその言葉を聞いて、益々僕は君に顔を洗いに行ってもらいたくなったよ」

「くどいわよギーシュ、わかるでしょう?今の私はサイトを看ていなくちゃならないの」

「だから僕が少しの間代わってあげると言ってるだろう?」

「他の人に任せたくないわ」

「やれやれ、僕は君とサイトの為に言ってるんだけど」

その言葉にルイズはピクリと反応し、

「……どういう意味?」

ようやくギーシュの方に振り向いた。

その顔は、ギーシュの予想通り酷かった。

随分と泣き腫らしたのだろう。

目を真っ赤に腫らして隈を作り、疲れ果てたような顔をしていた。

「ほら、そんな顔をサイトに見せる気かい?もし僕が彼だったら驚き悲しむだろうね」

「……貴方とサイトを一緒にしないで」

ルイズはギーシュを睨み付けるように言い放つ。

「確かに僕は貴族で彼は平民だ」

「そういう意味で言ってるんじゃ無いわよ」

「わかってるさ、でも彼はね、君を責めないと言ったんだ」

少し気障ったらしく、しかし興味を引くようにギーシュは言う。

「どういう意味?」

案の定、彼女は食いついてきた。

「彼はね、何も知らないままイキナリ召喚した君を責めないと言ったんだよ」

「………………」

「女の子を責めるのは趣味じゃないんだそうだ、僕と気が合うと思わないかい?」

ルイズは押し黙る。

ギーシュの“こういうこと”のみに働く勘が、後一押しだと告げていた。

「サイトはね、主人とかは関係なく、今世話になっている君がゼロと馬鹿にされた事に憤慨したようだったよ」

「!!」

ルイズは飛び跳ねるようにサイトの顔を見つめた。

サイトの顔は既に穏やかになっており、ただ眠っているようにしか見えない。

「君はそんなサイトに、いくら平民の使い魔とはいえ、隈を作って泣き腫らした顔を見せるのかい?淑女とはもっとオシャレにも気を使うものだよ、そう例えば香水のモンモランシーのようにだね……」

途中からギーシュは何かのスイッチが入ったのか、目的を半分忘れ美しい女性の在り方の巧弁を垂れ始めたがルイズはそんなものは聞いちゃいなかった。

(……サイト)

胸に込み上げるのはサイトの一挙手一投足。

そして彼が今回決闘を受けたのは自分の為だという事実。

彼女にとって大事なのはそこであり、

「というわけで、ケティのように常に美しく可愛らしい顔立ちを男性は好むのさ」

ここだった。

美しい顔立ちを男性は好む。

いつの間にか説明している女性の名前が違うのはこの際置いておくとしよう。

大事なのはその一点。

ルイズの中でその言葉が変換される。

美しく可愛らしい顔立ちを男性は好む = サイトは綺麗な自分を好む。

ルイズは立ち上がった。

「……ギーシュ、少し顔を洗ってくるわ」

ようやく語りたいことを語り終わったギーシュは、そのルイズの変わり身に勧めてた本人ながら驚いたが、頷くことで彼女を見送った。

「……早く顔を洗って来なきゃ」

ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。

花も恥じらう肉体年齢十六歳の彼女は、“歳不相応”に慌てて駆けだした。




***




バン!!

急に扉が開き桃色の髪の乙女が駆けだしていった。

それにたまたまそこを通りかかった少女、ブラウンのマントを纏ってバスケットを両手で持っていたケティ・ド・ラ・ロッタはビクッと肩を奮わせ驚いた。

しかし桃色の髪の少女はケティに見向きもせず、その小さな体躯とは裏腹に凄い速度で駆けだしていく。

それをポカンと見ていたケティは、

ギィィィ……バタン。

扉の閉まる音で我に返り、

「……いないなぁ、ギーシュ様」

そう呟いて、また何処かへと歩き出した。












あとがき

感想を頂くとつい調子に乗ってハイペースで書き上げ更新している自分がいます。
基本は週一程度です。

※何故か変な改行になってた部分を修正しました。



[13978] 第十話【未遂】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2009/11/21 13:00
第十話【未遂】


「くそっ!!」

ヴィリエ・ド・ロレーヌは荒れていた。

“あの日”から自分は卑怯者、軟弱者扱い。

逆にあのギーシュは英雄のような扱いだ。

「あんな女ったらしの何処がいいんだ!!」

悪態をつきながらヴィリエの苛立はどんどん募る。

最近では使用人達すら侮蔑の眼差しを向けて来ているように感じ、全ての笑いが自分を嘲笑しているかのような錯覚さえ起きる。

「くそっ!!」

苛立ちまみれで地面を蹴る。

芝がめくれ、土が空に跳ね、彼の服に付着する。

「わぁっ!?き、汚い!!……くそっ、何で僕がこんな事をするハメになるんだ、僕はギーシュと違って風のメイジでラインなんだぞ!?」

ヴィリエは全ての事に苛立ちながら土を払う。

彼がいたのは先日の決闘の場、ヴェストリの広場だった。

来たくは無かったが、禁止された決闘を行い、相手が平民とは言え他人の使い魔に酷い怪我を負わせた罰として、ミスタ・コルベールに広場の補修を命じられたのだ。

確かに自分が放った風の魔法で芝やら地面が抉れたり、血が芝に付着していたりして景観が損なわれている。

だが、その補修を何故自分が罰としてしなければならないのか。

ヴィリエは抗議した。

相手は平民であり、敗者なのだから彼がすべきだと。

しかしミスタ・コルベールは普段とは一線を画す表情で、



『君は自分が何をしたのかわかってるのか』



そう言われ言い返せなかった。

この先生からここまでの有無を言わせぬ怒りを受けたのは初めてだった。

いつも温厚で優しい、つまりは人に怒ることが出来ないヘタレな先生だとヴィリエは彼を思いこんでいた。

しかし実情、彼はコルベールに意見など出来ぬほど彼に怯えた。

覚えざるを得なかった。

よくわからない絶対的なメイジとしての差が、確かにそこにはあった。

ヴィリエは怯えから渋々それを受け、広場での補修に来ていたのだが、一人になると途端に怒りが込み上げてくる。

“勝者”の自分が何故こんな扱いなのか、と。

真に評価されるべきは平民に正しい“教育”を施し、実力を見せた自分だろう、と。

「くそっ!!」

ヴィリエは土を乱暴に払いながら怒りを吐き出す。

払った手を見ればそこは泥だらけだった。

「何で僕がこんな目に合わなきゃならないんだ……それもこれも、あの日、“アイツ”に負けてからだ」

彼は、サイトのことでもギーシュのことでも無い、“アイツ”の事を思いだし、イライラをさらに膨らませる。

「くそっ!!」

周りを見渡して目に入る血の後が彼をさらに怒らせる。

もう一度掌を一瞥すると、後始末も早々にヴィリエは歩き出した。

「手が汚れていては集中もできやしない」

そう自分に言い訳すると、ヴィリエは手洗い場に足を向けた。

ここから水場まではそう遠くない。

さっさと洗って少し休憩だ、そう思っていたヴィリエは、水場に見知った人間を見つけた。

桃色の長い髪と小さな体躯。

彼女は必死に顔を洗っていた。

ヴィリエはその姿を見て、急激に苛立ちを覚えた。

あの時、たいした魔法も使えない“こいつ”に吹き飛ばされ痛めた傷はたいした治療もしなかったせいか今だに痛んでいる。

それを思いだし、あの時自分を本気……かどうかはわからないが殺そうとまでし、それに恐怖を覚えた自分と与えたルイズに腹を立てた。

(僕がゼロのルイズに怯えた?馬鹿な!!)

冷静になった今、その事実が無性に苛立つ。

だいたい、事の発端はこいつの“使い魔”なのだ。

あの時は魔法を使いすぎて精神力が尽きかけていたからきっと混乱しただけで、今ならそんなことはない。

だから、この理不尽をこいつにぶつけても問題無い。

ヴィリエはそう考えを纏めると水場で顔を洗っていたルイズに、声をかけた。




「やぁルイズ、薄汚い平民はどうなったんだ?」




***




ルイズは一心不乱に顔を洗っていた。

ここ最近まともに洗っていなかった分も含めてそれはそれは念入りに洗っていた。

目の隈は完全には落ちないだろうが、それでも綺麗に見られたい。

その一心だった。

そうしている彼女は真っ直ぐで、何かに夢中な彼女は健気でもあった。

彼女はその美しい桃色の髪をやや湿らせて、目をギュッと閉じたままバシャバシャと水を顔にかけていた。

時折シャープな顎を伝って滴り落ちる滴が眩しい程に太陽の光に反射し、それはまさしく女神の水浴びのようだった。

そんな彼女が手を止め、

「ふうっ」

息を吐いて頭を振り、水を払った所で、




「やぁルイズ、薄汚い平民はどうなったんだ?」




彼女の纏う空気が一気に凝縮された。

ゆっくりと声の方に首を向けるルイズの顔は、先程とは別人のようだった。

何処か明るさが感じられた表情は消え、能面のような顔つきでルイズは声の主、ヴィリエの方を見る。

その変貌にややヴィリエはたじろぎながらも、所詮はゼロのルイズだと自分に言い聞かせ、

「こっちはお前の使い魔が流した血が汚くて困ってるんだ、広場の補修を言いつけられて良い迷惑だ」

「………………」

「なぁ、お前の使い魔もう治ったんならお前の使い魔にやらせろよ、僕は彼に勝ったんだしさ」

「………………」

彼は自分が勝利者だと公言して憚らない。

しかし、誰もが彼の勝利を認めておらず、それ故に周りから侮蔑の眼差しを受けている事に気付かない。

さらに、何か言ってくると思っていたルイズが黙っていることにより、彼は段々エスカレートしていく。

「だいたい、何で僕が薄汚い平民のせいでこんな目に合わなきゃならないんだ?もうちょっと使い魔の教育をしっかりしろよ」

「………………」

「広場も薄汚い平民の汚い血で汚れて……ルイズ?」

流石に、彼は彼女がおかしい事に気付き始めた。

視線を下げ、ただ一字一句聞き逃すことの無いようにルイズは話を聞いていた。

ヴィリエはそんなルイズを訝しみ、夢中になっていた話を一旦切るが、




「……言いたいことはそれだけ?」




─────ヴィリエ。




それは死刑宣告に等しかった。




「貴方は“三度も”サイトを“薄汚い”と言ったわ」




彼は思い違いをしていた。




「“二度も”サイトの尊い血を“汚い”と言ったわ」




彼女は黙って聞いてたのでは無かった。




「そして、何よりサイトを“傷つけた”わ」




ただ、あまりに“サイトを傷つけたヴィリエ”への怒りが強すぎて、黙っていただけだった。




「……そんな貴方にはサイトと同じ、いえそれ以上の痛みと苦しみを与えなくちゃ」




彼女にとって、既にヴィリエとは、




「私から二度とサイトを奪えないように」




学院の同級生ではなく、




「サイトがこれ以上傷つくことの無いように」




知り合いの貴族でもなく、




「サイトの安全の為に」




どうでもいい赤の他人でもなく、




「消えて、ヴィリエ」




排除の対象だった。








***








ルイズの瞳から光が消えて、何も映さない“ゼロ”になる。

動きは酷く緩慢で、しかしそれが本当は自分の認識速度が遅くなっている……否、速くなりすぎている事に気付いて、それが何を意味するのかヴィリエは唐突に理解した。

彼女の言った言葉。




『消えて、ヴィリエ』




これは比喩でも暗喩でもなく、そのままの意味だった。

彼女は、ヴィリエという人間をその言葉の意味そのままに“消す”つもりなのだ。

どうやって、などはわからない。

ただ、彼が“ゼロ”と馬鹿にした彼女が本当にそうすることが出来、また彼ははそうされるということだけがわかった。

だから、それはただの偶然であり、彼は事実上消えたも同然だった。




「ルイズ、いるかい!?君の名前をサイトがうめき声で呼んでいるんだ!!」








***




場に残っているのはヴィリエのみ。

別に何処かを傷つけられたわけでも、何かをされたわけでもない。

ただ、彼は動けなかった。

怯えから思考は働かず、体が動かず、何も出来ない。

あと少しで、彼はこの世界から“消える”所だった。

たまたま、本当にたまたまギーシュが現れた。

ヴィリエなどに気付くことなく、彼はルイズに現況の説明をした。

事実はそれだけ。

だが、その事実はルイズにとって全てだった。

彼女の思考回路は複雑難解にして簡単だ。

“貴族”か“平民”か。

“動物”か“幻獣”か。

“クックベリーパイ”か“他の食べ物”か。

そして、“サイト”か“その他”か。

それが全てだった。

サイトが呼んでいる、それはルイズにとって全てに優先し、“ヴィリエを消す”などという事が“些事”になるだけの話。

本当に偶然の産物で彼は“消えず”にここにいる。

それを理解している彼は自分の存在を消そうとしたルイズに怯え、

「僕は……」

同時に憤慨し、

「僕は……」

嫉妬した。

「僕は……!!」




***




「サイト!!」

大声でルイズが自室に入室すると、そこには脂汗を流して呻くサイトがいた。

「……イズ……ルイズ……めて……」

ルイズは慌てて駆け寄り、サイトを抱きしめるようにして宥める。

「サイト、大丈夫、私はここにるわ」

「……ルイズ……い……めん……して……」

「何?何が言いたいのサイト!?」

ルイズはサイトを抱きしめながら慌てふためく。

そんな二人を、ギーシュは真剣に見つめていた。

サイトの声は尋常ではない。

“何かとても恐ろしいモノ”から逃れようとするかのような声でルイズの名前を呼んでいる。

何か怖い夢でも見ているのだろうか。

そう思わせるほど彼の怯えは異常で、強烈だった。

「サイト!!」

ルイズは何度も彼を呼ぶがサイトは目覚めずうなされながらただ彼女の名前を呼ぶ。

「……ルイズ……たい……るし……ごめ……いや……マジ……って……」

だが、何だかサイトの言葉が段々ハッキリしてきた。

しかしそんなサイトを見ているルイズは冷静になれずにそんなことはわからない。

「サイト!!」

故に、彼女は最終手段にして強攻策に出た。

「んっ!!」

「いっ!?」

ギーシュは驚く。

それは強引なキス、だった。

「んんっ」

ルイズによる“口を開く”という行為を律するかのような強い強引なキス。

「んんっ……んーん……んんん……」

するとどうだろう。

サイトは安心したようにみるみるおとなしくなっていく。

そうして落ち着いたサイトは、ゆっくりと目を開いた。




***




ケティ・ド・ラ・ロッタは彷徨っていた。

「おかしいなぁ……いないなぁ、ギーシュ様……」

探し人は以前見つからず、その影も形も見えない。

彼女が途方に暮れていると、たまたま水場付近で何もせずに立ったまま動かない上級生を見つけた。

マントを見るに探し人と同じ二年生。

もしかしたら探し人を知っているかもしれないと思いケティは声をかけようとして、




「僕は……!!」




その言葉を飲み込んだ。

一人何もない所で声を上げる様は異様で、それでいて滑稽で。

何処か危ない人にも見えるその行いは彼女が声をかけるのを躊躇わせるのに十分で。

しかし、その彼の表情だけは何か真っ直ぐなものだけを見ているように凛々しくて。

(あれ……?なんだろう私……あの人の顔をみてから何だか動悸が……)

それは彼女に正体不明の高鳴りを与えた。




この日、彼女は結局探し人を見つけられず、正体不明の高鳴りを胸に秘めたまま、一人自室に戻る事になる。



[13978] 第十一話【芳香】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2009/11/22 22:22
第十一話【芳香】


「……夢を、見ていたんだ」

サイトは、ベッドから半身を起こすような体勢で語りだした。

ようやく目覚めた彼は、どうして急にルイズを呼び、暴れたりしたのかを聞かれ、そう言ったのだ。

「……夢?」

「ああ、何か……怖い夢だった」

「そうだろうね、君のあの怯え方、尋常じゃなかったよ。一体何が出てきたんだい?ドラゴン?それともオーク鬼?」

ギーシュはウンウンと頷きながら尋ねる。

「いやぁ、それが……ルイズなんだ」

「は?」

ギーシュは間の抜けたような声をだし、

「ルイズが……あれは乗馬用の鞭、だったかな?それで俺を叩くんだ、この馬鹿犬!!って言いながら、何度も何度も……痛いわ恐いわで嫌な夢だった……」

「あ、あははは……サイト、君もしかしてそっちのケがあるのかい?」

「あるわけないだろ!!」

サイトは大声で否定し、慌てて口元を抑える。

それをギーシュは苦笑して見ながら、

「まぁ、そうだよね。でもそんなことはありえないと思うんだけど」

「ん……そうだよなぁ」

二人はそう言ってから、今、

「すぅ……すぅ……」

泣きながらサイトに抱きついて離れないで、いつの間にか眠ってしまったルイズを見つめた。

サイトが大声をあげてすぐに口元を抑えたのもこの為だ。

先ほどまでルイズは散々泣きながら喚いていた。



『バカ!!もう起きないかと思ったんだから!!』



と言ってルイズは泣いて抱きつき、ポカポカと頭を軽く叩いてはサイトに甘えるように離れなかった。

サイトは大げさだなぁと思ったが、自分が二日にわたって眠っていたことを聞き、随分と心配をかけたんだと理解した。

「……にしても、君は随分ルイズに気に入られているようだね」

「……そうなのか?」

「君は知らないだろうけど、ルイズは結構とっつきにくい娘だって言われてたんだ、性格はキツイし魔法は使えない、美人で博学だけど誰も寄せ付けない、みたいなイメージだったよ」

「俺はルイズの使い魔だし、そのせいじゃないのか?使い魔は主人の為にいろいろやるんだろ?なんか傍にいるだけで良いって言われた気がするし、使い魔ってそういうもんじゃないのか?」

「まぁ、間違いじゃないんだけどね……確かに僕だって“ヴェルダンデ”が怪我をしたら悲しむし看病もするさ」

ギーシュはそう言い、納得した素振りを見せながらも、行き過ぎを感じてはいた。

だがそれは、きっと相手が人間であるが故のことだと思い、その思考を隅に追いやり、

「“ヴェルダンデ”?」

不思議そうなサイトの質問に答えることにした。

「ああ、僕の使い魔だよ、ほら、この前広場で僕が膝に乗せていただろう?」

サイトは「う~ん」と唸り、ポンと手を叩いて思い出した。

「ああ、あのモグラか」

「モグラって……確かにそうだけど正確にはモグラよりも高位な存在なんだよヴェルダンデは。“ジャイアントモール”なんだから」

「ふぅん」

「いや、ふぅんって……君、絶対理解してないだろう?」

ギーシュはサイトの気のない返事に呆れたように言う。

「だって俺は使い魔とか魔法とか無縁のところから来たんだぜ?そんなこと言われても知らないしリアクションの取り方もわからねぇよ」

「やれやれ……ヴェルダンデの良さがわからないなんて可哀想な男だね、まぁしょうがないんだろうけど……っと、もうこんな時間か、僕はそろそろ失礼するよ」

ギーシュは時計を見て、すくっと立ち上がった。

「え?もう行くのか?」

「僕はもともと君の様子を少し見に来ただけさ、それにこれから女の子との約束もあるんだ」

「あーあーそうですかそうですか、とっとと行けこの色男」

短い会話しか交わしていない二人だったが、決闘の際のこともあってか、既に遠慮のない物言いをするようになっていた。

別にギーシュもそれを咎める事はしない。

しないが、ヴェルダンデへの興味の対応にちょっぴりカチンとくるくらいの狭量ではあった。

「ああ、そうさせてもらうよ、それに君たちの邪魔をしちゃ悪い、それじゃあね」

「な!?」

ギーシュはそう言って部屋を出て行く。

サイトは慌てふためくが、そこには既にギーシュはいない。

ルイズはすぅすぅ寝息を立てながら、しかし決してサイトの腕を放そうとせずにくっついている。

途端に今の自分が恥ずかしくなってきた。

「……どうすんだよ、これ」

ギーシュに言われたせいか急に意識してしまい、サイトは気が気じゃなくなってきた。

「くそう……ギーシュめ」

ギーシュの思惑に気付き、またまんまと乗せられ意識してしまうサイトはそう呟くが、腕に抱きつくルイズは一向に目覚める気配が無い。

泣き疲れたのだろう。

二日間一睡もしないで看病していた疲れもあるのだろう。

だが、一番はやはり“安心”だろう。

目覚めたサイトがそこにいる、それが彼女の張りつめていた緊張の糸を断ち切ったのだ。

「二日も寝ないで看病していたっていうし、起こすのも可哀想だよなぁ」

ルイズの穏やかな顔を見て、流石にサイトも起こすのは憚られた。

だが、かといってこのままでは動くともままならない。

今できることと言えば、ルイズを横にして自分も横になることくらいだ。

「あんまり眠くないんだけど、仕方ないか」

サイトはそうぼやくと、ルイズを抱き上げ。

「って軽いなぁルイズ」

ルイズの軽さに若干驚き、

「すぅ……すぅ……」

小さな口元が開いては閉じるその様を眺めていた。

「……俺、そういやルイズとキス、したんだよなぁ」

初めて会った時のことを思い出して、視線がルイズ小さな唇に釘付けになり、頬が熱くなる。

定期的に開いては閉じるそのピンクの唇は、とても小さく神秘的で。

柔らかかったなぁ、とか考えている思考を、慌てて頭を振ってリセットした。

「やめやめ!!こんなこと考えてたらどうにかなっちまう」

ルイズをベッドに寝かせる。

相変わらずサイトの腕は掴んだまま離さず、しかしすやすやと穏やかだ。

その顔はまるでようやく安心できたというような、晴れ晴れとした表情だった。

「良い表情してんな、こいつ」

そうサイトは笑うと自身も横になる。

何故かルイズの表情を見ていたら眠れる気がしてきた。

「んん……サイト……」

耳元で自身の名を囁かれ、横から流れてくる知らない、しかしいい匂いを感じながらサイトは再び目を閉じた。




***




ムクリ。

影が起きあがる。

どれくらいの時間が経ったのだろうか。

気付けば自身は眠っていたようで、ハッとしてすぐ、安心する。

隣でサイトは眠っていた。

起きあがった影、ルイズはそのサイトを潤んだ瞳で見つめ、心から安堵した。

ようやく目覚めた彼。

今はまた眠っているが、それも明日の朝になれば問題無いだろう。

ありったけの秘薬を取り寄せた。

幸い学院からの援助も出た。

そのかいあってサイトはこうしてここにいる。

「……サイト」

ルイズは小さく名前を呼ぶとベッドから一旦降りた。

自分は今だマントを付け、シャツを着たままだ。

マントを取り外し、シャツを脱いでスカートも脱ぐ。

洗濯籠にそれらを放り込むと、自身のクローゼットから寝間着を取り出して着替えた。

ずいぶんと透けている薄いピンクのネグリジェだが、これはお気に入りなのだ。

着替えを終えたルイズは、テーブルに置いてあった杖を手に取り、部屋のランプに向かって振る。

途端、明かりが失われた。

部屋は、闇夜に浮かぶ双月からの光源のみによって照らされ、ルイズのその小柄な肢体を全ては映さない。

すっと白い肌色が闇に流れる。

「……サイト」

再びベッドに入って横になったルイズは、サイトの腕を引き、それを自身の頭を乗せることで固定する。

ルイズはそのままサイトの体に抱きつくようにして微笑み、すぅっと鼻で息を吸う。

「……サイトの匂い」

サイトの服越しから嗅ぐサイトの匂い。

今度は鼻をサイトの胸にこすりつけるようにして吸い込む。

「……本物の、サイトの匂い」

自然、ルイズの口端が緩む。

何度この匂いを嗅ぎたいと願っただろう。

何度この匂いを嗅ぎたいと泣いただろう。

もしも匂いに固定化をかけられるなら、サイトの匂いをこのベッドに固定化させたいと思う。

「……サイト」

口元の緩みが収まらない。

「……“私の”サイト……」

もっとこの匂いを嗅いでいたい。

「……“私だけの”サイト……」

この匂い嗅いでいるのが自分だけだと思うと胸が高鳴る。

ずっと冷え切っていた心という歯車が、再び稼働を開始する。

彼は眠っている。

だからこれはフライングであり、無効。

いずれ“その時”がくれば改めるつもりではいる。

それでも彼女は、“生前果たせなかった願い”を今、口にした。




「……愛しているわ、サイト」



[13978] 第十二話【夢想】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2009/11/25 18:06
第十二話【夢想】


例えばの話をしよう。

そう、飽くまで例えばであり、そんなことは現実に起こりえない。

しかしそれが起こりえたら、という程度の、本当に誰もが夢想するようなあり得ないことだ。

尚、夢想するのは男子、という性別の限定をする。

異論は認めない。

何故かは内容を聞けばよくわかる。

年齢?

そんなものは関係ない。

これは男子永遠の夢であり、人類の至宝である。

そこまで回りくどい前置きをサイトは考え、嘆息した。

「はぁ……、いや、確かに“夢”であるんだが、ある意味、飽くまで“夢”であって欲しかった」

自分が欲しいと思ったモノがあっさり、しかも大量に手には入ってしまった時、その人間は手に入れたモノの価値を以前ほど感じられないことがある。

今のサイトは、まさにそれに似た境遇でいて、もっとも遠くにいる悩みを持っていた。

「……なんで下着なんだよ」

今の現状を説明するなら、その一言に尽きる。

昨日、制服のまま眠った筈のご主人様は、何故かスケスケなピンクのネグリジェを着て、昨日と寸分変わらない体勢でサイトに抱きついていた。

おかしい。

彼女は昨日制服のまま眠ったはずである。

それが目を覚ましてあらビックリ。

彼女はスケスケネグリジェという夢オチのようで現実の摩訶不思議アドベンチャーな出来事が起きていた。

平賀才人十七歳。

ボケるにはまだ少々、いや、かなり早いと自覚している。

しかも、問題は彼女の服装だけに留まらない。

彼女の体勢が、サイトを悩める性少年、もとい悩める青少年のそれへと変貌させている。

「……ヤバイ」

それはもうヤバイのだ。

“ムチムチ”の“スベスベ”の“テカテカ”の“フワフワ”なのだ。

彼女の細いフトモモが動くたびに、鮮明にサイトのジーンズ越しにその温もりが伝わってくる。

彼女のその細く白い腕に力が入るたびに、お餅みたいなしっとりとした肌が腕に感じられる。

かつて、寝起きでここまで葛藤という名の戸惑いをした事があっただろうか。

サイトは何度自身に渦巻く欲望に忠実になろうとしたか知れない。

朝のたった数十分で、その迷いの反復は既に三桁に近かった。

彼はもとより思春期まっただ中であり、それなりに女性に興味がある普通の少年だ。

本来ならばいつ間違いを犯してもおかしくは無かった……のだが。



「……サイト……死んじゃ……ダメ……起きて……サイト……」



彼女の彼を憂う寝言が、幾度と無く彼を押しとどめる。

昨日のギーシュによると、彼女は自分を助けるために、小さな家が建つくらいのお金を支払ってまで秘薬という“薬”を取り寄せてくれたのだそうだ。

そんな彼女に、いくらなんでも恩知らずではなかろうか。

サイトとて、思春期まっさかりであると同時に、恩を感じられる程の常識人である。

サイトは悩み、肌の感触に我を失いそうになり、しかしルイズの声で我に返るというサイクルをずっと繰り返し、精神を異常に摩耗させていた。



「ん……“私の”サイト……」



その為、彼女の最後の寝言はきちんと聞き取れなかった。




***




サイトが、実に煩悩と同じだけの数の葛藤回数を記録した時、ようやくとご主人様であるルイズは目を覚ました。

もうすぐでサイトの自制心という名の理性も決壊寸前だった為、それはある意味で本当にギリギリだった。

あるいは、初夜の際の彼女の言葉をサイトが聞いていればまた違った未来があったのかもしれないが、現にこうして一線を護ったという事実だけが、今のサイトの中にあった。

もしそれを彼女、ルイズが知れば、立腹ないし目覚めた事を悔やむかもしれないが、そのルイズの考えをサイトが知ることもまた、今は無い。

目を覚ましたルイズは、目を擦りながら、しかし懐かしい温かみに安心するように微笑みを浮かべ、起きあがった。

「おはようサイト、調子はどう?」

「あ、ああ、もう大丈夫だ。ギーシュに聞いたんだけど、ルイズが凄い高い薬をいくつも取り寄せて治療してくれたんだって?」

ようやく体の自由を取り戻したサイトは、ベッドから降り、頭を掻きながらルイズに尋ねる。

「ええ、そうよ」

「その、ありがとう」

ルイズの返事に、サイトはお礼を言った。

別にギーシュを疑っていたわけではないが、本人から事実をきちんと聞いておき、お礼を言いたかったのだ。

ルイズはそんなサイトを見て目を丸くし、次いでクスリと笑う。

「……サイト、何か勘違いしてない?」

「……へ?」

サイトは首を傾げる。

「言ったでしょう?私はずっと貴方を待っていたの。私は貴方に傍にいてくれるだけで、私を見てくれるだけでいいの。だからそんな貴方を助けるのは当然の事よ」

ルイズは微笑み、立ち上がってサイトに歩み寄り、

「それより、目が覚めて本当に良かった……」

そう言ってサイトに抱きついた。

まるでそこに本当にサイトがいる実感が欲しいかのように強く強く力を込める。

「ル、ルイズ……?」

サイトが少し気まずそうに頬をかく。

何せ彼女は殆ど下着なのだ。

そんな姿のまま抱きつかれては残りの精神力“ゼロ”な自分ではたとえ般若心経を唱えようとも耐えられる自信が無い。

(う……う……うぁ……?あーっ!!もう我慢できるかぁ!!)

お礼を述べたことで、緊張の糸もなくなっていたのか、サイトは両手を振り上げ、勢いよく彼女を抱きしめようとした途端、ルイズはパッと離れる。

「え?」

サイトは疑問符とともに抱きすくめようとした手が空振りし、それが虚しく空を抱き、

「いっけない!!早く食堂に行かないと授業に遅刻しちゃう!!……サイト?」

そのヘンテコなポーズを見たルイズが首を傾げる。

「どうかした?」

「い、いや、なんでもない……」

ギギギ………とサイトは回れ右をして悔し涙を隠した。




***




サイトはドギマギしながらルイズの着替えを手伝い、二人で食堂に向かっていた。

「なぁ、俺食堂に入っても大丈夫なのか?」

前回のことから、サイトは食堂に入るのを少し躊躇った。

それにこの前大騒ぎを起こしたばかりなのだ。

サイトとて面倒ごとを好き好んで起こしたくは無い。

「言ってあるし大丈夫だと思うけど、気になるの?」

「まぁ、ちょっとな」

今だ貴族云々の階級差別がサイトにとってはよくわからない。

もともとそんなものの無い世界から来たのだ。

ルイズは少し考え、

「わかったわ、じゃあこの前みたいに一緒に外で食べましょう。私は朝の唱和が終わり次第食べ物を持って外に行くから」

サイトの憂いを第一に考え、ルイズは食事を外で食べることにした。

そのほうが二人きりにもなれて案外いいかもしれないと思ったのはルイズの内緒である。

「じゃあ、もうすぐ唱和だから終わるまで待っててね」

ルイズはそう言うと、少しサイトを気にしながら食堂へと入って行った。

サイトはそれを見送り、ふぁ、と一回欠伸する。

なんだかまだ眠い。

今朝異常に精神を消耗したせいだろうか。

そう考えている時、

「あ、サイトさん!!お目覚めになったんですね!!」

見知ったメイドの女の子が近寄ってきた。

見知ったメイドの女の子は、前と同じ黒と白のメイド服に白いメイドキャップをつけて微笑みながらサイトに話しかける。

「もう大丈夫なんですか?」

「ああ、シエスタ、だっけ?もう大丈夫だよ」

サイトは頭をかきながら答えた。

結構な大口を叩いて、わりとあっさり大怪我を負ってしまった自分が少々情けないのだ。

しかし、シエスタはそんなサイトを情けないと思うどころか尊敬していた。

「良かったですね、元気になられて。普通なら亡くなってもおかしくない出血でしたよ。本当に助かって良かったです」

シエスタは明るく笑う。

それは心からの声なのだろう。

「それにサイトさんって本当にお強いんですね、私感激しました!!」

次いで目を輝かせるようにしてサイトを見つめる。

「いや、それほどでも」

サイトもそんな目で見つめられ、褒められれば悪い気はしない。

つい照れながら答える。

「私、今まで貴族が恐くて仕方が無かったんですけど、今はそれほどでもなくなりました。平民だって頑張ればやれるんだってことをサイトさんに教えてもらったからです!!」

「お、俺はそこまでたいしたことはしてないよ」

「いいえ、これは凄いことなんです!!」

シエスタの余りの持ち上げっぷりに、サイトは段々照れを通り越して申し訳なくなってくる。

自分はそんなに高尚な人間ではない。

あの時もただ夢中で喧嘩をしたに過ぎないと思っていた。

それで死にかけていては世話無いが、それはそれ、これはこれだ。

「いや、本当に俺は……」

もう一度、自分の評価を少し下げてもらおうとシエスタに取り繕いの言葉をサイトはかけようとして、



「随分盛り上がってるのね……?」



なんだか少し無表情のような、やや抑揚を失った声のルイズが戻って来た。




***




コンコン。

ドアがノックされる。

「入りたまえ」

室内にいる男性が、ノックの主に入室を許可する。

「失礼します」

そう頭を下げてその部屋に入ったのは、ヴィリエ・ド・ロレーヌ、その人だった。

目はギラつき、一点のみを見据えている。

「どうかしたのか、ヴィリエ」

一方、入室を許可した部屋の主、この学院の教諭でもあるミスタ・ギトーは意外な訪問者に首を傾げる。

「僕は風のラインメイジです」

「それは知っている」

「先生は風のスクウェアメイジだとお聞きしています」

「いかにも」

「……僕に、僕に稽古をつけてくださいませんか、最強の系統“風”を極めたいのです」

そう言うヴィリエの表情は何処か暗く、嗤っていた。

「ほう、“風”が最強だと理解しているのか、君は“風”のメイジだものな。ふむ……よかろう、今後時間の空いた時にくるがいい、私も手が空いていればできることは指導してやろう」

“風”を最強と持論するギトーはヴィリエのその言葉に気分を良くし、その為ヴィリエの一瞬垣間見せた暗い嗤いには気付かなかった。




***




ブラウンのマントを纏った少女、ケティ・ド・ラ・ロッタは朝食に向かう為に歩いていた。

「……昨日はギーシュ様に結局会えなかったなぁ」

言葉に出るのは思い人のことばかり。

しかし脳裏に思い出されるのは昨日見た真剣な表情の名も知らぬ上級生だった。

と、なんという偶然だろう。

その上級生が目の前を歩いてくるではないか。

ケティは驚き、声をかけようとして、なんと声をかけていいものか迷う。

ケティがそう迷っているうちに、目の前の上級生はミスタ・ギトーの教員室へと姿を消した。

慌ててケティは扉に近づき、しかし用も無いのに中に入るわけにもいかずに聞き耳を立てる。



『どうかしたのか、ヴィリエ』



ミスタ・ギトーが彼の名前を呼ぶ声が聞こえる。

(ヴィリエ……それがあのお方の名前……)

ケティがそう内心で反芻していると、



『……僕に、僕に稽古をつけてくださいませんか、最強の系統“風”を極めたいのです』



そう、ミスタ・ギトーに師事をお願いする話が耳に入ってきた。

ケティは驚き、しかし昨日の不可思議な胸の高鳴りを再び感じる。

(ドキドキする……これは一体……)

ヴィリエの声を聞くたびに何故か起きるこの不可思議な高鳴りを、ケティは理解できずに持て余していた。



[13978] 第十三話【当然】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2009/11/28 21:43
第十三話【当然】


全く、油断も隙もあったものじゃない。

サイトから目を離さないと決めたものの、食事を取りに行って唱和する時間ぐらいは大丈夫だと思っていた。

なのに、“私の”サイトに“あのメイド”がもう“誘惑”してくるなんて。

もう少し、気を引き締めなければならないのかもしれない。

私はもう二度とサイトを失うわけにはいかない。

誰かに奪われるわけにもいかない。

だから、“私の”サイトを護るためなら、何だってしよう。




***




「あ、ルイズ、もう“お祈り”は終わったのか?」

サイトはルイズが戻って来たことに気付き、自分ではよくわからない“お祈り”が終わったのだろうとアタリをつけた。

「ええ、この通り“私とサイトの二人だけ”で食べる食事も持ってきたわ」

ルイズは、両手でたくさんの料理が乗った大皿を抱えていた。

これは以前、と言ってももう数十年も前の話だが、サイトが美味しいと言ったものをチョイスしてきたものだ。

……中心にあるクックベリーパイは自分の趣味だが。

「あ、持つよ」

サイトはルイズに歩み寄って皿を受け取る。

「ありがとうサイト、それで、随分盛り上がっていたのね……?」

途端、急に疎外感を受けていたシエスタは背筋に悪寒を感じた。

先ほどとは一変したように張り詰めたような空気が周りを漂う。

「ああ、何かこの前の決闘の事を凄い凄い言われてて……そんなに凄いことなのか?」

サイトは特段気にしたふうもなく、ルイズの質問に答えた。

この異様な空気を感じられないのか、はたまたサイトには“向けられていない”のか、全く動じていなかった。

シエスタはそんなサイトを見て、自分の気のせいかと思い、気軽にサイトの事を口にする。

「だってサイトさん凄いじゃないですか、平民なのに貴族に勝ったんですから平民の憧れですよ」

この世界では、平民……身分が低く魔法の使えない者を平民と呼び、人間の底辺として扱われる。

それは絶対の理であり、貴族は偉く、平民は貴族ほど偉くはなれないのが真理だった。

この世界に生まれたシエスタにとってこれは当然のことであり、覆されない普遍のものだ。

ところが、何処から来たとも知れない同じ平民の少年が、平民でありながら貴族に勝ったのだ。

相手の貴族は、最後に卑怯な真似をして、サイトに大怪我を負わせ自分の勝利を宣言して憚らないが、この学院の貴族・平民問わずに勝敗の行方は明らかだった。

だからシエスタは尊敬と、ほんの少し自分の“まだ知らない感情”が混ざった瞳でサイトを見つめ、その視界を桃色の髪の少女の顔で覆われた。

「ミ、ミス・ヴァリエール……?」

シエスタはたじろぎ、一歩後ずさる。

「凄い……?馬鹿なこと言わないで!!」

ルイズはシエスタを怒鳴り、睨みつけた。

その目は怒りと怒りと怒りと、トドメに怒りを孕んでいた。

「おかげでサイトは死ぬほどの怪我を負ったのよ?凄いですって!?冗談じゃない!!」

「あ、私はそんなつもりじゃ……」

シエスタは、サイトを必死に看病していたルイズを思い出して自分が浅慮だったことに気付き、謝ろうとするがルイズは聞き入れない。

「もう少しで、本当にもう少しでサイトは死ぬところだったのよ?よくもそんなことを言えたわね!?」

「ル、ルイズ、落ち着けって」

サイトがルイズの肩を掴み宥めようとして、ルイズが「ふにゃっ!?」変な声をだした。

途端、ルイズは破顔し、体がフニャフニャになる。

「い、いいこと?わ、私は“私の”サイトが傷つく事が許せない、サイトがい、いなくなるなんても、ももももってのほかよ!!」

最後にふやけた口調でそう言うと、

「わかったわかった、ほら飯食いに行こう、な?」

場を流そうとするサイトに背中を押されて蕩けたような笑みを浮かべながらされるがままに歩いていく。

「ごめんなシエスタ、俺は気にして無いからあんまり気にするなよ」

最後にサイトは振り返ってシエスタにそう言うと、そのまま広場の方へとルイズと一緒に歩いていった。




***




一人残されたシエスタは、しばらく呆然としていた。

もちろん自分が浅はかだった事への反省もある。



『ごめんなシエスタ、俺は気にして無いからあんまり気にするなよ』



サイトの言ってくれたこの言葉の嬉しさもある。

そういえば、前にもおっちょこちょいと言われて嬉しくなったことがあった。

だが、今呆然としている一番の理由は、ルイズにあった。

最後、サイトが言葉をかけた時、偶然、本当に偶然シエスタはルイズと目があった。

それを何と表現していいかわからない。

ただ、サイトに押され、急に柔らかくなったと思っていた態度とは一変し、それこそ犯罪者でも見るような目つきだった。

勘違いかもしれないし、考え過ぎかもしれない。

だが、あの場では例えお礼であろうとサイトに声をかけていたら、あの目には別の感情が組み合わさったであろうことは想像がついた。

それこそ、ドットスペルがラインスペルになるように。

シエスタは理由のわからないそれに身震いしながら、一方でルイズに言われた自分の浅慮だった部分を反省していた。

確かに、決して褒められたことでは無いのだ。

たとえ勝っても死んでしまっては意味が無い。

それを教えてくれたルイズにシエスタは感謝の念すら覚えてもいた。

だからだろう。

ルイズの事をそれほど恐がらず、嫌えなかった。

同時に、これでもっとサイトを理解できる人間になれると思えた。

彼女は、ルイズの言ったとある一言を正しい意味で捉えていなかったのだ。

後に、これが彼女の命運を左右することになる。




***




「なぁ、あそこまで言わなくても良かったんじゃないか?」

二人で前と同じテーブルについて食事を始めてすぐ、サイトがそう切り出した。

「何?さっきのメイドとのこと?あのメイドが気になるの?」

ルイズはクックベリーパイを頬張りながら聞き返す。

「ああ、ちょっと言いすぎじゃないかなって。俺はほら、無事なんだし気にして無いし」

そのサイトの言葉に、ルイズは視線を落として震えながら、

「……ダメよ」

絞りだすように答えた。

「たとえサイトが気にしてなくともダメ。私はサイトがいなくなるのが耐えられない。もし、サイトがいなくなったら……」

ルイズは小さく、震えるような声で呟くように話す。

そんなルイズを見て、目が覚めた時のルイズの泣き顔をサイトは思い出した。

(ルイズ、そういや泣いてたもんなぁ。会ったばかりとはいえ使い魔ってそんなに大事なものなのか?)

そう思って、なんだかサイトは胸がムカムカした。

(使い魔だから、か)

サイトは、頭に浮かんだそれがどうしてもムカムカして、

「なぁ、なんでルイズはそこまで俺を心配してくれるんだ?」

つい、尋ねていた。

「え?」

ルイズは突然のサイトの質問に首を傾げる。

「俺がルイズの使い魔だからなのか?」

いつになく真剣な表情でサイトはルイズに尋ねた。

それにルイズはきょとん、として、

「そんなの決まってるじゃない」

そう答えた。

途端、サイトは落胆したように肩を落とし、

「使い魔とかは関係無い、私に必要なのは使い魔じゃなく、サイトだからよ。だからサイトが使い魔なのは偶々私達の出会いがそういうものだったということに過ぎないわ」

跳ねるようにぱっと顔を上げた。

ルイズは何当たり前のこと聞いてるの?という顔で首を傾げながらクックベリーパイを咥えている。

「そ、そっか。そっかそっか、使い魔だからじゃないのか。そっか、はは、ははははは、そっか!!」

サイトは何か胸の痞えが取れたように安心して笑いだした。

「急にどうしたのよ?」

「いや、何でもないんだ。そうだな、お前の食べてるそれ美味そうだなって思っただけさ」

サイトは屈託無く笑い、

「じゃあ食べる?」

ルイズの口から離れたそれを自らの口元にもってこられ、

「……へ?」

先ほどとはうって変わり戸惑いの表情を見せた。

「はい、あーん」

「あ、いや、ほら、まだ残ってる奴を……」

サイトはそうしどろもどろになりながら大皿を見て驚いた。

ルイズが食べていた名前も知らぬ“それ”はどうやら今ルイズが手に持つそれで最後のようだった。

(結構一杯あったと思うんだけど……)

「気にしないで。最後だし、ほら食べちゃいなさいよ、私がこれをあげるなんてサイトくらいよ?」

揺れ動く感情。

確かに美味しそうで食べてみたいが、それは先ほど彼女の口で咥えられていたもので、歯型が少し残ってて、これはいわゆる“間接ちゅー”になるのではなかろうか。

(落ち着け、落ち着くんだ俺、間接キスがなんだ、俺はルイズともう濃厚なディープキスまで済ませたじゃないか!!)

そう思ってルイズを見ると、何故かその小さいピンクの唇に視線が集中してしまった。

思い出される“舌”の感触。

「あ、あぅあぅあ……」

落ち着こうとしたがダメだった無駄だった逆効果だった無理矢理口の中に入れられた。

ん?口の中に入れられた?

「んはっ!?」

口の中には何か食べ物が入れられ、ふと見たルイズの手中には先ほど持っていた“それ”がない。

その意味することを理解するのはそう難しくなく、



「どう?おいしいでしょ?私の好物なんだから」



はにかむルイズの桃色の髪が風でなびく。

それは朝日に照らされ、綺麗な彼女の笑顔に輝きが加わる。

それにドキリとしたサイトは、ルイズの綺麗さとさっきのが口の中にあるという事実で、“それ”の味なんて全然わからなかった。












あとがき


今回はまだ序盤ということでシエスタ相手にそれ程黒化させませんでした。
でもそのうち見境がなくなってくる……かも。



[13978] 第十四話【微熱】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2009/12/02 20:01
第十四話【微熱】


ルイズは学生だ。

なので当然授業がある。

サイトは今日そのルイズの授業を一緒に受けることになった。

「サイト」

一緒に入った教室でルイズに呼ばれ、隣の席をぽんぽんと叩かれる。

サイトは言われるがままその席に座り、周りを見渡した。

教室は中学や高校の時と違って真四角の部屋ではなく、半円を描くような部屋だった。

扇状に段階的に椅子と机を用意し、周りから中央を見るようにして教壇がある。

「……大学みたいだ」

「……だいがく?」

サイトの漏らした言葉にルイズは首を傾げる。

サイトとて高校生で、実際に大学の中になど入ったことはないが、テレビや漫画で見る限りこんな感じだろうと思った。

一方で、黒板はどうやら見た目は殆ど変わらないようだった。

「あら?ルイズの使い魔よくなったのね」

そこに、燃えるように赤い長髪をした少女が現れた。

「あ、前にヒト●ゲつれてた人だ」

サイトは瞬時にそれが誰だか思い出せた。

偏にその胸の大きさのためである。

彼女は、一際大きな脂肪分をその胸に二つもぶら下げているのだ。

サイトはこの世界に来てまだ日が浅いが、ここまで発育の良い女性は見たことが無く、また元の世界でもそうそうお目にかかれ無い。

「火トカゲって……間違っちゃいないけど、サラマンダーよ?」

言われた少女は微妙にニュアンスを勘違いしながら呆れ、しかし瞬時に顔を微笑ませてサイトの腕に自慢の脂肪分、そうつまり胸を押し付けようとして……出来なかった。




「私の使い魔に何かようかしら?ミス・ツェルプストー?」




そこには桃色の髪の悪鬼がいた。

通常見えぬはずのオーラが体現されているのかのような錯覚が起こるほど、おどろおどろしい粘着質な空気が彼女を取り囲む。

しかし相手はヴァリエール家と因縁の深いツェルプストー家の少女、キュルケ・アウグスタ・フレデレカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストーである。

代々ツェルプストー家はヴァリエール家の恋人を奪って来た歴史を持つ。

その為か、キュルケはその程度では引きもしなかった。

「あぁ~ら?何って挨拶よ、あ・い・さ・つ♪」

キュルケはそうおちゃらけながら“微かな熱”がこもった瞳をサイトに向け、再び手を伸ばそうとして、その小麦色よりも少し黒めの褐色肌の手を『パァン!!』ルイズに弾かれた。




「触らないで」




それは“お願い”や“忠告”ではなく“命令”だった。

一瞬にして冷たい空気が場を纏う。

「な、何よ?今日はいつになく短気ね?」

しかしキュルケはあまり気にしてしなかった。

彼女はルイズと最も衝突の多い女性だったのと同時に、彼女と接する機会が一番多くもあった。

言い得て妙ではあるが、キュルケは同級生の中では最も彼女の事を理解出来る位置にいたのだ。

そんな彼女は、自分に不文律を持っている。

それは“必要以上に相手に関わらない”というもの。

冷たく聞こえるが、それはどんな人間にも深く肩入れしない、というものではない。

“微熱”という二つ名を持っている彼女は、その名の通り誰にでもうっすらと興味を持つ。

ただそれが、異性に対して強めに表れるだけで、これは同性にも当てはまっていた。

お互いが必要と認めた時、それは微熱から灼熱へと変貌を遂げる。

逆に、そうでない時は燃え上がらない。

最もキュルケは、男性が相手の場合大抵一時は灼熱近くにまで燃え上がるので勘違いされやすい。

そんなキュルケは、言動とは裏腹にルイズのことを高く買っていた。

時折、ルイズの瞳には何も映らない時がある。

否、ただ一つを見ていると思わせる“ゼロ”の瞳。

それは、自分がいつか得たいと思う、“永遠の灼熱”を思わせる瞳だった。

暗く、何も映していないようなその瞳は、逆に一つのことしか見ていないとキュルケは理解したのだ。

そしてそんな彼女、“永遠の灼熱”を瞳に宿しているルイズを羨ましく、また嫉ましくも思っていた。

だから、キュルケの中でのルイズの評価は、微熱以上灼熱未満。

近い位置では関わり合うが、彼女の深淵に触れようとして拒まれた時、深入りはしない。

それが、永年不倶戴天の敵と言われた家系の少女への対応だった。

キュルケのその何でも無いそぶりのおかげか、凍った空気が再び少しずつ動きだし、

「まぁいいわ、それじゃね、あ、サイト……だっけ?私、この前の決闘で貴方に惚れたわ♪今晩でも私の部屋で愛を語らいませんこと?」

キュルケの捨て台詞に、

「だ、だめよそんなの!!サイトは渡さないんだから!!」

ルイズの慌てた声が響き渡って爆笑を誘い、必死にキュルケの視線からサイトを隠そうとするルイズを見て、いつの間にか教室の雰囲気はいつもの和やかなものになっていた。




***




『だ、だめよそんなの!!サイトは渡さないんだから!!』




サイトは先ほど聞いたルイズのこの言葉を反芻していた。

これははたして使い魔を渡さないというものなのだろうか。

だが、彼女は使い魔としてではなく、ただ自分に傍に居てほしい、と言っている。

ならば彼女は自分に好意があるのだろうか。

……会って数日の自分に?

いくらなんでもムシが良すぎる。

それなんてエロゲ?のレベルを大きく逸脱している。

サイトは思考の袋小路、疑心暗鬼になりつつあった。

好意は嬉しい、嬉しいが理由が思いつかない。

理由の無い好意を……信じきれない。

ふと気付けば、全身を紫のローブととんがり帽子で覆う、中年に差し掛かるであろう女性が入室してきていた。

「みなさんこんにちわ、このシュヴルーズ、こうやって春にみなさんの使い魔を見るのを毎年楽しみにしていますのよ」

そう辺りに響く声を上げながら、シュヴルーズと名乗った女性は教壇に近づく。

どうやら彼女が先生のようだった。

「あら?ミス・ヴァリエール?随分と珍しい使い魔を召喚したのですね」

その先生は、ルイズの隣に座っているサイトを見て、クスリと嘲笑する。

前代未聞の人間の使い魔に多少含むところもあるのだろう。

だがルイズは、

「ええ、私にとって最高の人です」

臆面もなく自信満々にそう言ってのけた。

サイトから見て、そう言うルイズの顔に虚偽は見られず、彼女の好意を少し疑っている自分が卑しく、またルイズが眩しく見えた。




***




リベンジである。

ルイズは瞳に嫉妬という名の炎を燃やしていた。

話は今朝のメイド、シエスタの件にまで遡る。

彼女は、一見冷静にあの場を済ませたかに見えて、実は腸が煮えくり返っていた。

そのせいか、サイトに手を出したキュルケにまで当たる始末。

最も、今朝の一件がなくとも、キュルケがサイトに手を出そうものなら片っ端からそれを弾き飛ばしていたが。

ここで、彼女は未来からの知識で前もって用意していたものを使うことにした。

過去、実際には未来にあたるが、あのメイド、シエスタに“出し抜かれた”一件。

それを今度は自分が先に行う為に、学院に入学してすぐ、それを用意したのだ。

これは、彼女が未来からの知識で用意した数少ないものの一つだった。

時間は夜。

場所は広場の隅。

そうしてルイズに連れて来られたサイトはそこにあるものを見て、




「……えっと、マジ?」




素っ頓狂な声をあげていた。












あとがき

今回ちょっと少なめでごめんなさい。
久々にちょっとキツイ風邪引きました、インフルじゃなくて良かった。
寝てる間にネタが浮かんできて、予定外のソレを注入中。
おかげでギーシュの落ち目が遠のきました(笑)
それにしてもチラシの裏って数日何も無いとあっという間に埋もれますね。



[13978] 第十五話【混浴】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2009/12/05 22:59
第十五話【混浴】


「マジよ」

ルイズがサイトの間抜けな声にそれはもう大真面目に返事を返す。

周りから中を隠すように薄い布のカーテンが木々に付けられ、程よい密室空間(天井は勿論無し)ができている一角。

広場の隅にあるその中に招き入れられ入ると、そこには大きな鍋。

嘘偽り無く大鍋。

業務用だとは思うが、それにはスープなどではなく、何の変哲も無い湯が張ってある。

下には薪が燃えており、時折パキッと音を鳴らすが、見たところ湯だってもおらず、湯加減は丁度良さそうだ、じゃなくて!!

「この世界では平民はほとんど湯の張ったお風呂には入れないの。こういう貴族の多い学院とかだと尚更ね。だから私が用意しておいたこのお風呂を一緒に使いましょう?」

鍋?

風呂?

一緒に?

サイトは、笑顔のルイズにそう言われ、ギギギ……と首を回して人が二人は余裕で入れるような鍋をまじまじと見つめ、

「……ちなみに平民が入れる風呂ってのは?」

「平民が入れるのはいわゆる蒸し風呂よ?熱い石があってそこで汗を掻くの」

「それって風呂っていうよりサウナじゃん……」

サイトはがっくりと肩を落とす。

サイトとて地球は日本人の生まれだ。

お風呂はやっぱりお湯の風呂が一番なのである。

「“さうな”……?サイトのところではそう言うの?まぁそれはいいわ。ほら、私も一緒に入って背中流してあげるから」

ルイズはブラウスを外しながらサイトに促す。

「い、いや!?何も一緒に入ることは無いんじゃないのか?」

それを見たサイトはルイズの本気に焦り出した。

平賀才人十七歳。

いまだ本物の裸婦視経験は勿論無い。

「何言ってるの?サイトはまだ傷が完治じゃないんだから遠慮しないの。ほら、私が洗ってあげる」

「いや、流石に女の子には……せめて誰か別の……」

ルイズの勧めに、サイトは昼間考えていたこともあってか、ある意味で一線を超えるこの状況を素直に喜べずにいた。

だからつい出た言葉だったのだが……。

「……まさかサイト、今朝のメイドの方が良いなんて言うの……?」

今にも死にそうな、泣き入りそうなか細い声でルイズが呟く。

「はっ!?いやそういう問題じゃなくて……」

「……私より、メイドが良いの……?」

段々、ルイズの雰囲気が妖しくなってくる。

「い、いやそんなことないよ、わかった、ほら、一緒に入ろう、な?」

サイトは何か鬼気迫る予感がして、なし崩し的に混浴を認めた。

もっとも、このまま話していてシエスタまで連れてこられたら目も当てられない、という程度の予感でサイトは承諾したが、ルイズがシエスタを実際にどうしようとしたかは定かではない。

さて、本来湯には体を洗ってから浸かるものだが、

「っくしゅん!!」

洗ってもらうことに羞恥を感じたサイトが、ルイズのくしゃみを聞き、これ幸いと先に湯気漂う鍋湯の中に二人は身を投じた。

「あ~、いいなぁ」

じぃんと体の芯から温まってくる。

そういえば風呂に入るのは久しぶりだ。

「サイトのところではコレが普通なの?」

そんなサイトに声をかけるルイズは、体にタオルを巻き、髪は紐で纏めていた。

湯と湯気によって火照るその体は鮮やかなうす桃色を浮き上がらせ、彼女の“女”を思わせる。

サイトはフヤケタ体とは別に硬直する自分がいることにも気付き、慌ててばしゃばしゃと顔を湯で洗う。

ルイズはそんなサイトを微笑みながら見つめ、時折ぱしゃっとお湯を顔にかけて薄い桃色の頬に赤みを帯びさせる。

艶やかなその様は、体のボディバランスとは無関係に美しい“大人の女性”を思わせた。

サイトが、そんなルイズに見惚れていると、

「えい」

ぷしゅっとお湯を顔にかけられた。

「うわっ!?」

ポーっと呆けていたサイトは、お湯がかかって初めて気付き、

「熱っ!?ちょっ、タンマタンマ!!」

慌てて顔を隠す。

「あははははは!!」

それを見て、ルイズは本当に楽しそうに、“満足そうに”笑った。

「く、くそっ!!」

サイトは羞恥から背を向ける。

そうしてから、ルイズは気付かれないようにゆっくりサイトに近づき、サイトの背中に胸を押し当てるようにして抱きついた。

「ル、ルイズ?」

それにサイトはドギマギする。

彼女曰く、サイトが巨乳好きというのは理解している。

なので、涙ぐましい努力というわけではないが、彼女は六歳の頃からほぼ毎日牛乳を飲み続けた。

その結果、かつての十六歳の時よりも、彼女はバストを1mm増やす事に成功した。

これは大変な進歩である。

偉大な進化と言ってもいい。

何?めちゃくちゃ涙ぐましい?

そう思う奴は貧乳をやっていない。

「サイト……」

何処か哀愁漂いながらも、満足そうなその艶声に、サイトは何も返せなかった。




***




「はい、背中出して」

ルイズに言われ、サイトはタオルを腰に巻いてやむなく背を差し出す。

と、ルイズが息を呑んだ。

細くしなやかな指がサイトの肌をなぞる。

「傷、残ってるね」

「あ、ああ。でももう痛く無いし大丈夫だよ」

「……ごめんね」

ルイズは、優しくサイトの背中をタオルで流し始めた。

「気にするなよ、俺の勝手でやったことなんだしさ」

「ううん、全部私のせい。私がサイトにもっとちゃんとついていれば、サイトに傷を負わせることも無かった」

ルイズは優しくサイトの背中を撫でながら悔しそうに呟く。

「だからごめんね、もう、離れないから」




──────絶対に。




***




サイトは、ルイズの何処までも献身的な態度に、自分のルイズに対する不信が腹立たしくなってきていた。

背中を通して伝わる細い指の感触がそこはかとなく気持ちよく、暖かい。

同時に羞恥と、安心を覚える。

(俺は、もう少しルイズを信じてもいいのかも知れない)

サイトは、いつの間にか黙ったルイズには気付かず、夜空を見上げながらそう思った。




***




「はぁ……んっ」

鼻で息を吸う。

すると入ってくる彼の匂い。

ルイズは、入浴を二人揃って済ませると早々に部屋に戻り就寝することにした。

明日は虚無の曜日。

町まで一緒に外出したいから今日は早く寝ようと言うと、サイトはどういう心境の変化か、意外とすんなり受け入れた。

サイトは寝つきがいい。

“昔”もそうだったが、彼は割りとすぐに熟睡する。

それが少し残念で、少しありがたかった。

「はぁ……すぅ……ふぅ……」

ルイズはサイトに今日もベッドでの同衾を命じた。

これにも、サイトは渋々ではあるが、初日ほどの抵抗は見せなかった。

それがルイズの心を加速させる。

「はぁ……んっ、サイトの匂い」

眠ったサイトに抱きつき、強く鼻で息を吸うと感じる彼の匂い。

それが彼が確かにここにいると彼女に実感させ、胸に高鳴りを呼び寄せる。

「ふふ、サイトに混じって、私の匂いがする」

さらに、今日の混浴は想像以上の付加価値を生み出した。

彼から、彼の匂いに混じって少し、自分の香りがする。

それはつまり、彼に自分を刻みつけ、彼が少し自分に染まって来たという証。

それが、彼女の心という歯車の回転を大きく加速させる。

「ああ、サイトが私に染まっていく。私が、サイトに染まっていく」

月明かりのみのこの部屋で、ルイズは熱い吐息を漏らす。

「……はぁ、サイト」

夢の中にいる思い人は目を開かない。

だが、彼女はそれでも満足だった。

「ああ、サイト」

彼を呼ぶことに喜びを感じ、彼がここにいることに幸せを享受する。

そんな彼女のプチ理想郷に、




キィ…………。




招かれざる客が静かに入室してきた。




招かれざる客は、月明かりにおいてもその色がわかるほど、一色が際立っていた。

燃えるような赤。

頭は赤く、体は赤く、全身赤い。

ついでに本当に燃えている。

招かれざる客はキュルケの使い魔、サラマンダーのフレイムだった。

彼は自身の主が興味を示した男性をこうして夜な夜な連れて帰ることを命じられることがある。

キュルケの予想で、普段のルイズから見て今日あたり二人は喧嘩でもしてるんじゃないかと思い、フレイムに探らせ、可能であればサイトを連れてくる。

それが今回の主人の頼みだった。

キュルケとて、本気のルイズから奪う気は無いが、サイトには並々ならぬ興味がある。

彼女の昼間の言動、それもまた本気ではあったのだ。

しかし、惜しむらくはキュルケの予想が外れたこと。

そして、




「フレイム……?何しに来たの?まさか、サイトを奪いに来た、なんて言うんじゃないでしょうね」




“本気”の彼女をフレイムはおろか、現代の誰も知らないことである。

ベッドから、頭だけ上げるようにして、この暗闇の中でルイズはただ一点、燃える尻尾を持つ獣を睨み据えていた。

その瞳には何も映さず……否、否定を許さず、肯定を許さないただ虚無のみが映っている。

思わず、サラマンダーともあろうフレイムがたじろぐ。




「事の重大さがわかっていないようね、フレイム。貴方は“私”と“サイト”の“二人きり”の時間を“邪魔した”のよ、それは……」




────────万死に値するわ。




途端、急にフレイムは悪寒を感じた。

炎を吐き、炎を纏うその身が凍えを感じるほどに、空気が変わる。

ゆらりと、桃色の髪が動く。

「知ってる?最近の例では、使い魔を死ぬほど痛めつけても大した罰は受けないみたいなの」

それは、自分の経験談。

そしてその事実が彼女の怒りをさらに押し上げ、不幸にもフレイムの恐怖が増長する。

フレイムは今までに感じたことの無い恐怖、“震え”を始めて体感した。

突如、主が言っていた“可能であれば”という言葉を思い出し、後ずさる。

不可能だ、これは。

獣の脳を持ってして、その解答が出来るのに、そう時間はかからなかった。

ついでに、本気で■を覚悟する。

フレイムは、野生であったが故のその感覚、■を感じ、逃れられないと本能が告げ、




「ん……ルイズ……」




たった一言の寝言によってそれを回避し、救われる。

「サイト?」

先ほどの空気が突如緩和し、自分の存在など忘れられたかのように目の前の彼女は少年に抱きつく。

フレイムはこの隙に逃げ出した。

それは、大変賢く、最良の選択だった。

後にフレイムは、使い魔達との会話で、彼女は乱暴者と言われるサラマンダーの自分をもってして乱暴者で、“恐ろしい”と語った。




「ああサイト、夢の中まで私を見てくれてるのね、うふふ、あははははは、私のサイトは私を見ている。うふふふふふ」




彼女は、眠っている少年に抱きつきながら、小さい声で笑い続けていた。



[13978] 第十六話【外出】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2009/12/18 18:38
第十六話【外出】


平賀才人は混乱の極みにあった。

……なんか、この世界に来てから毎朝こんなのばっかりだ。

しかし今朝はこんなのばっかりなどとは言っていられない。

刺激が強すぎる……否、刺激というレベルを突破しようとしている。

まず、白く細い腕が自分の背中に回っている。

それはまぁいい、経験済みだ。

次に細くしなやかな素足が自分の足を絡めるようにしてくっついている。

これは非常に高度な精神安定を必要とするが、なんとかかんとか耐えられるレベル。

恐らく一度初めての朝に体験し、耐えきったという経験がそれを可能たらしめている。

連日続けば自信は全くこれっぽちも無くなるが。

問題は……小さい唇から断続的に吹きかけられる吐息が自分の顔間近にあるということだ。

前も確かそうだったが、これはマズイ。

ヒッデョーニマヅイ。

言葉がおかしくなるくらいマズイ。

相手は寝ているのだ無防備なのだ可愛いのだ。

薄桃色の唇が定期的に吐き出す吐息がくすぐったい。

が、コレも経験済みだと侮っていた。

そう、侮っていたのだ。

「ん……」

彼女の寝相の悪さ?はとどまるということを知らない。

サイトは思う。

ルイズは恐らく、抱き枕が無いと寝れない体質か何かだったのだろうと。

そうでなければ、そう思わなければ耐えられないしやっていられない。

「んん……」

彼女はその……最早近いのではなく、“接触”しているのだ。

彼女のその小さい鼻はサイトの胸に、肩にすり寄せられていく。

いや、“吸い寄せられる”と言った方が正しいのかもしれない。

彼女は時々寝返りを打つように顔を離す。

しかし、何故かはわからないが、急に表情を強ばらせ、クンクンと鼻を鳴らしてサイトの体に再び鼻を押し当てるのだ。

(寝てる間、ずっとこれをやっているのか……?)

サイトは心境複雑になる。

もし、ルイズが今のこれに慣れてしまって、以前使っていたと“思われる”抱き枕で満足出来なくなった時、常習化したこの添い寝は必須になってしまう。

サイトはあまりそういうことは無いが、友人には枕が変わると寝られない、と言うような奴が何人かいた。

ルイズも恐らくそのクチではなかろうか。

ルイズがサイト無しで寝られなくなった時、自分が元の世界に帰られるか疑問に思う。

帰りたいとは思うが、流石に彼女が寝られなくなるのもまた困る。

段々彼女の鼻を押し当てる位置が上ってきたり下降したりするのに冷や汗を掻くのも困る。

一応、世話にはなっているのだ。

あまり薄情な真似はしたくない。

昨夜は、お風呂での熱心な介護?にほだされて同衾を許してしまったが、今夜からは少し考えようか、そう考えをサイトは改めた。




……それが、更なる泥沼を生み出す事になるなどとは、この時は露程も思わなかった。




***




最高だ。

ルイズは目が覚めてからそう思う。

朝目を覚ませばそこにサイトがいる。

これ以上の幸せがあるだろうか。

「おはようサイト」

「おはよう」

返事が返ってくる事に再び歓喜。

いくらお金を払っても買えない価値がここにあった。

公爵家という地位を用い、財をいくら注ぎ込もうとこれ以上のものは得られない。

「ん、お願い」

ルイズは腕を伸ばす。

しばしサイトはボケッとし、次いで慌てて、

「あ、着替えか」

得心したようにベッドを降りた。

それが彼女をまた喜ばせる。

意思疎通が出来、かつ彼は自分が起きるまでベッドにいたと。

真実は彼女が信じられないほどの力でサイトを掴まえていたからなのだが、それを彼女が知る日は今の所無い。

ルイズは彼に触れられながら服に袖を通し、彼の黒い髪を見つめながらボタンを締めてもらう。

彼女の長い桃色のふんわりとした髪を櫛梳いてももらう。

そうして、今の彼女が着ている学生服はサイトが洗濯し、サイトが身なりを整え、サイトが着せた物一色となる。

それが、さらにルイズの心の震えを強くする。

「ありがとう、それじゃあ昨日言ってあった通り町まで行きましょうか」

「ああ、それはいいんだけど、“虚無の曜日”ってなんなんだ?」

「“虚無の曜日”というのは週のお休みの日のことよ。この日にみんな遊びに行ったり買い物に行ったりするの」

「日曜日みたいなもんか」

「“にちようび”?よくわからないけど多分そうだと思うわ」

そう簡単な説明が終わると、二人は馬を借りに行く。

「車じゃないのか?」

というサイトの質問に、

「“くるま”?ああ、あの馬より速いという乗り物ね。ハルケギニアでの移動はもっぱら馬か竜、あとはグリフォンのような幻獣なの。サイトの言う“くるま”という生き物は聞いたことが無いわ」

ルイズはそう応え、サイトが苦笑した。

「車は生き物じゃないんだ。魔法の力も使わずに速く移動できる機械の乗り物、かな」

普通のハルケギニアの人間、もしくは以前のルイズならサイトの言葉を疑い、鼻で笑うような説明だが、このルイズはサイトのその言葉を素直に受け止めた。

その理由の一つに、彼女は『ゼロ戦』を知っているというのがあげられる。

実際に目にしているのだ。

グリフォンや竜よりも速く、魔法でもない乗り物を。

「へぇ、サイトの世界は凄いわね」

ルイズは楽しそうに微笑み、馬を“一頭だけ”借りた。

「一頭だけなのか?」

不思議そうにするサイトに、

「だってサイト“まだ”乗れないでしょ?」

ルイズの言葉に、サイトは頷いた。

生まれてこのかた馬など乗った事が無い。

イキナリ乗れと言われても、憧れはあるが、上手く行くかの自信は無い。

「乗り方は今度教えるから、今日は一緒に乗らないと」

ルイズはそう微笑み先にサイトを馬に乗せる。

「わっ!?とっとと!?結構バランスが難しいな、これ」

「大丈夫、私が前に乗るから掴まって」

ルイズはそう言うと、一瞬口端をつり上げ、しかしそれを慌てて隠して馬に跨り手綱を握る。

「おわっ!?ちょっ!?」

「掴まって」

「悪い!!」

サイトは言われるがままにルイズに掴まり何か少し柔らかい物を……「あぁん」……あぁん?

サイトは後ろから腰に手を回すように掴まった“つもり”だったのだが、今の変な嬌声は……。

「……えっと?俺いまモシカシテ……」

「さて、行くわよサイト。しっかり掴まってるのよ」

ルイズはサイトの質問には答えずに、馬の横腹を蹴る。

途端に馬は動き出し、慌てたサイトはルイズをぎゅっと掴む。

もちろん、さっきより手の位置は念の為に下の方。

それにルイズは何を言うでもなく、馬を走らせる。




……未来を知っているという役得は、昨夜も含めて存外あるものだ、とルイズは内心で喜びながら。




***




ルイズとサイトが出発してほどなく。

「モンモランシー、君は今日も薔薇のように美しいね」

「もう、ギーシュったら」

気障ったらしい台詞を言う金髪の少年と長い金髪を縦にロールした細見の少女が馬小屋に近づく。

少年は、胸は白く開いたヒラヒラ付きのYシャツにマントを着けていた。

「今日は一緒に町まで行く約束だったねモンモランシー」

その少年、今二年生では知らない者はいないと言うほどの有名人、ギーシュ・ド・グラモンは一緒にいる少女、モンモランシー・マルガリタ・ラ・フェール・ド・モンモランシに楽しそうに話しかける。

「そうね、最近の貴方は忙しそうだったものね」

少し棘のある言い方でギーシュはモンモランシーに睨まれる。

「おお、許しておくれモンモランシー。君だって見ていたのだからわかるだろう?」

「ええ、あの場は確かにしょうがなかったし、カッコ良かったわ。でもそれを聞いた他の女の子達が次々とギーシュと食事したりしてるって聞いたけど?」

ギロリと視線が一層厳しくなる。

「そ、そそそれは誤解だよモンモランシー!!彼女たちとは何でも無いんだ、本当さ!!だからこうやって今日君と一緒に町まで行くんじゃないか」

「そうね、今日はトリスタニアのブルドンネ街だったかしら」

二人はそう会話しながら馬を借りる。

「はい、グラモン様とモンモランシ様ですね、どうかお気を付けて」

大きい麦わら帽子を被り、作業着のようなものを着た馬の世話役兼貸し出し役の男はそう言うと、二人に馬を貸し出し、見送った。

「しっかし、虚無の曜日は貴族が馬をよく借りにくるよなぁ」

世話役の男は頭を掻きながら先程馬を借りた二人を名簿に記入する。

馬の使用記録簿は念の為に世話役の男がつけるようになっていた。

「さっきはヴァリエール嬢が借りに来たし、今度はグラモン家の四男とモンモランシ嬢ときた。俺等平民に虚無の曜日は関係ねぇなぁ」

無論、振替のようなもので休みがあったり、給料は高かったりするが、みんなが休んでいる時に働くというのは少々辛いものだ。

「今朝は早くに他にも女の子が馬を借りに来てたしなぁ、全く貴族ってのは羨ましいや」

そう世話役の男はぼやく。

名簿の一番最初には、




ケティ・ド・ラ・ロッタ




と書かれていた。



[13978] 第十七話【買物】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2009/12/15 18:26
第十七話【買物】


「サイト、これ似合う?」

街に着いてすでに一時間。

ルイズとサイトは洋服屋に顔を出していた。

ルイズがいろんな洋服を着てはサイトに感想を求める。

「ああ、いいんじゃないか」

サイトは当たり障りの無い返事を返しながらも、内心で本当にそう思う。

ルイズが今着たのはピンクでひらひらの長いドレスだった。

ヒラヒラは多いが派手というほどでも無く、むしろ小柄さが上手くその服の可愛さを強調している。

「ルイズは何を着ても似合うな」

つい、調子に乗って本音を述べる。

するとルイズは赤くなって喜び、次の服を試着しだすのだ。

(まるで、デートみたいだ)

そう思うサイトの頬も、少し緩む。

なんだかんだと言っても可愛い女の子との買い物は、“デートまがい”といえど楽しい。

だが、不思議な事にルイズはいくら褒められてもその服を買おうとはしなかった。

それがサイトには気になった。

「なぁ、買わないのか?」

「え?えっと、うん……今日の目的は別にあるから」

ルイズははにかみ、しかし申し訳なさそうにそう答える。

先程などは、このトリスタニアで今一番流行っている服というのをえらく気に入っていたようだが、それも結局試着のみにとどめている。

ルイズの性格からして、褒められた服は買っても良さそうなものなのだが。

案外、財布の紐は硬いのかもしれない。

サイトはそう思い、深く追求せずにルイズに着いて行く。

二人は服屋を出て幅が狭い通りを歩く。

ここはこのトリステイン王国一番の都市だということだが、何分通路幅が狭い。

道行く人に何度もぶつかりながら前へと進む。

歩き難いことこの上無いが、文句を言ったところでどうにもならない。

と、そんなただでさえ狭い通路で路商を営むおじさんがいた。

いかにも女の子が好みそうな小物がたくさん置いてある。

こちらにもキーホルダーのようなものはあるらしい。

他にも、首輪や指輪、ブレスレッドなどが置いてあった。

何人かの通行者は立ち止まって見ては歩き出し、何人かは買って行く。

ルイズも商品が目に入って気になったのか、少し立ち止まって見始めた。

少女が好みそうなものばっかりのせいか、ルイズも心持ち楽しそうに見回している。

と、そんな彼女の視線が一箇所に固定された。

品物はほとんどが一品物のようで、乱雑に置いてあるがどれも中々の品物であるのは見て取れる。

その中でもルイズが今見てるのは腕輪……ブレスレッドだろうか。

いや、それとも腕輪の中に陳列してある二つの小さな指輪の方だろうか。

でも見た感じ指輪は二つで一セットもののようなので、カップル用の品物だろう。

そうなるとやはりブレスレッドが濃厚か。

金色の飾り気に欠けるブレスレッド。

しかし、それゆえスマートで飾らない可愛さを持っている。

これは……ルイズに似合う、そんな気がした。

しかし、ルイズはまたも何も買わずに歩き出す。

「いいのか?」

俺が追いかけながら再びそう尋ねると、

「うん、だって今日の目的は武器屋でサイトに武器を買うことだから」

そうルイズが今日の目的について話す。

「俺に武器?」

「そう。また前みたいなことになるのは嫌だし、できるだけ私が傍にいるつもりだけどそれでも24時間一緒にいられるかわからないもの。だからサイトの身を護る為の武器」

「武器、ねぇ……、でも俺まともに武器なんて使ったこと無いぞ?」

「大丈夫、一つ心当たりのあるいい武器があるから」

ルイズはそう言ってサイトの半歩前を進む。

と、サイトは話しに夢中になるあまり、ドンッ!!と勢い良く誰かにぶつかった。

「きゃっ!?」

「あ、すいません!!」

「いえ、大丈夫です」

ぶつかった相手は少女だった。

ブラウンのマントを纏い、マントと同じ色の長い髪をしている。

彼女は、枝毛一本無いような手入れの行き届いた長い髪をしていて、本当のストレートヘアーとはこういうものなのか、と思う。

「わざとじゃないんだ、ごめん」

「いえ、それでは」

少女は気にしたふうもなく頭を下げてその場を去る。

サイトはそんな少女の背中をじっと見つめ、そういえば、あのマントと止め具がルイズのに似ているなぁと思ったところで、ぎゅっと手を掴まれた。

「サイト!!」

ルイズはサイトが遅れてる事に気付かず少し先まで行っていたようで、慌てて戻って来たようだった。

「あ、ごめん、さっき人とぶつかってさ」

「人とぶつかった!?誰?どこのどいつよぶつかってきたのは!!」

「あ、いやお互いぶつかりあったんだって。ほら、ここ狭いだろ?」

ルイズは、サイトの言葉を聞きつつ、周りに憎き仇敵でもいるかのようで目で視線を張り巡らせる。

「……怪我は?」

「俺も向こうも大丈夫」

「そう、良かったわ。でもサイト、気をつけて。ここは確かにトリステイン一大きな都市だけど、それゆえに決して治安が良いとは言い切れないの。スリや強盗だっているわ」

それを聞いて、サイトはルイズが自分を心配し、回りを異常なほど観察しているのに得心がいった。

自分はまた随分と心配をかけてしまったようだ。

「へぇ、そうなのか。でも大丈夫だから。ほら、さっさと行こうぜ」

人ごみが多く、通路も狭いこんなところに長居はしたくない。

サイトは勤めて明るく笑い、そう促した。

ルイズはしばし迷い、すっとサイトの手を取る。

「念のため、手を繋ぎましょう」

ルイズはそうしてから、ようやく歩き出す。

サイトは心配性だなぁと思いつつ、

「そういやさっきぶつかった娘、ルイズと同じ学校の女子かな?茶色いマントでルイズと同じ止め具つけてたんだけど」

そう尋ねる。

「茶色?だったら多分一年生ね、まぁ学院の生徒がいてもおかしくはないわ。虚無の曜日ですもの。……それよりぶつかったのって女の子だったの?」

「え?ああそうだよ。結構可愛い娘だったなぁ」

そうサイトが言った途端、ルイズが掴む手の握力が増した気がした。




***




「ああ、モンモランシー!!君にはきっとこの服が良く似合うと思うよ!!」

金髪の少年、ギーシュは紙袋を一つ持って香水のモンモランシーと狭い通路を歩く。

先ほど、今一番の流行とかいう服をモンモランシーが試着し、ギーシュがそれを購入したのだ。

なんでも、少し前に別の貴族が試着したものの買わなかったとかで一着だけ余っていたとか。

なんという幸運だ、と思いギーシュはそれのお金を出してモンモランシーにプレゼントしたのだ。

古来より、女性へのプレゼントというのは値段の大小に関わらず喜ばれるものだ。

その例に漏れず、モンモランシーも満更では無いような表情をしていた。

心なしか、長い縦巻きロールの金髪も喜びを示しているかのように見える。

特にモンモランシーは、浪費は少ないがその“性格”と“研究”から決して資金が潤沢では無い為、節制したり、香水の販売を稼業としていたりしてこういった贅沢をすることは少ない。

そのせいか、普段はあまり見せない素直な一面も見せていた。

「ありがとう、ギーシュ」

言って腕を絡める。

マントに隠れがちだが、彼女は意外とスタイルがいい。

ギーシュはそのことに気付いていたが、いざ腕にその膨らみが当たると流石に少し動揺し、有頂天にもなる。

「何、いいさ。おや?あそこに路商が出ているね」

ギーシュが気分を良くしていると、ただでさえ狭い道に幅を陣取るようにして路商が展開されていた。

「どれ、少し見てみよ……!?」

ギーシュは路商に近づこうとして、何かに気付く。

「モ、モンモランシー?今日はこの後食事でもどうかな?」

「?構わないわよ?」

「そ、そうかい?それじゃほら、あそこのお店に入ることにしよう!!」

言うが早いか、ギーシュはモンモランシーを連れて手近のレストランに入る。

路商にはもともとの人ごみもあって、数多くの人がたむろしていた。




「おじさん、これください」




そこで、買い物をするブラウンのマントの少女の姿があった。




***




「ここよ」

ルイズに案内されて来た場所は些か表通りから外れた寂れた武器屋だった。

「へいらっしゃい」

眼鏡をかけ、ちょび髭を生やした店主が出迎える。

「剣を買いに来たの。えっと……あった!!これを頂くわ」

ルイズは一直線に剣がたくさん入っている壷を漁ったかと思うと、すぐに一振りの剣を選ぶ。

まぁ俺の剣とは言っても俺に剣の知識は無いし、お金を出すのもルイズだから特に文句は無いけど……それ?

それはえらく錆びた日本刀のような剣だった。

「へぇ、それで良いんですかい?」

「ええ、これが必要なの。新金貨百枚で良いかしら」

「!?も、もちろんでさぁ!!」

店主は驚き喜び、手揉みしながらペコペコ頭を下げる。

この世界のお金の価値はよく知らないが、それが相当な大金だというのは理解できた。

と、急に思い出す。

ルイズがここに来るまでにお金を全く使わなかったことを。

そして、ギーシュから聞いた自分の怪我を治す為に高い秘薬とやらをたくさん取り寄せたという話を。

(そういや、小さな家が建つくらいのお金、とかなんとか言ってたような気が……)

途端、サイトは急に申し訳ない気持ちになる。

「ごめんねサイト、安物で。でもそれは本当にサイトの役に立つから」

ルイズは両手で重そうに持っていた剣をサイトに手渡す。

彼女は恐らく、少なくなったお金をはたいてサイトの為に今日の買物を企画したのだ。

サイトはそれに気付き、剣を受け取ってから、

「ルイズ、俺、この剣大事にするよ、ありがとな」

この世界に来て、本当に心の底からお礼を言った。

今までも心からのお礼を言ってはいた。

それでも、ルイズの自分に対する思いやりにいくらかの疑念があった。

今もそれが無いわけじゃない。

だが、今日のルイズの健気さは、それらを打ち消して余りあるものだとサイトは感じた。

感謝してもしきれないとはまさにこのこと。

サイトの、そんな真っ直ぐな言葉に、ルイズは胸がドキンと跳ねる。

サイトからお礼を言われるたびに、やってよかったと心から思える。

サイトの喜びが自分の喜び。

胸が高鳴る。

気持ちが加速する。

そうして、ルイズがサイトの胸に飛びこもうとしたまさにその時、




『おでれーた!!おめぇ使い手か!?』




ルイズにとっては聞き覚えのあるその声が、それを邪魔した。



[13978] 第十八話【交換】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2009/12/18 18:40
第十八話【交換】


「……何だ今の?」

サイトは突如聞こえた謎の声に辺りを見回した。

しかし、ここには店主のオヤヂとルイズ、そして自分しかいない。

だというのに、

『こりゃおでれーた、使い手にまた出会えるとはよ!!』

耳には第三者の声が聞こえる。

『おい?どうした?なんとか言えよ、コラ、無視すんな!!』

手元でカチカチ音が鳴りながら、声は決して止まらない。

ん?手元でカチカチ音が鳴る?

サイトは自分の手にあるルイズから渡された剣を見る。

『おう、やっとこっち見やがったか、おめぇさん使い手だな?』

「……剣が、喋った?」

サイトは目を見開く。

何せ、剣が喋ったのだ。




***




「インテリジェンスソードって言うの、そういうの」

「へぇ」

店を出てからルイズは説明をしだす。

「きっとそいつはサイトの力になってくれるわ……というかならなかったら……折るわ」

『ま、まかせときな貴族の娘っ子!!相棒は俺がいれば大丈夫だ!!』

デルフリンガーと名乗ったその剣は、先程何故か怒り気味のルイズに、




────────折るわよ




と言われてからやたらとルイズに従順になった。

その程度でこの活きの良い剣が怯えるような気はしないのだが、

『なんだおめぇその“とんでもねぇ量”は!?普通十年、いや百年溜めたってそんなにはならねぇぞ!?』

とかなんとかデルフがサイトの理解出来ないことを言った後、ルイズが店の隅にデルフを持って行き、ボソボソと何か呟くと途端に大人しく従順になった。

どうやら、ルイズはサイトにはわからない“何か”がとんでもなく莫大にあるらしい。

あと何か吹き込まれた?らしい。

とにかくそれでデルフリンガーは怯えるように大人しくなったものの、同時に歓喜もあるようだった。

『良い使い手と主人に当たったなぁ……アハハハ……』

と、時々口?を開く。

どこかおかしな剣だが、そこが面白く、まともな話相手がルイズしかいなかったサイトにとっては、男?のような喋り方をするデルフリンガーは特にありがたかったのであまり深くは気にしない事にした。

「さて、それじゃあ食事にでもしましょう」

ルイズが促すようにして一つの食堂を指差す。

太陽は丁度真上に昇っていた。

ここがサイトの認識と大して変わらない星ならば、今は正午近く。

気付けばお腹もペコペコだった。

「でも良いのか?剣買うのに結構使っただろ?」

サイトは、ルイズが自分の買い物もせずにただサイトの為だけの買い物をしたことに申し訳なさを感じていた。

自分の治療のためにお金を使いすぎてしまったから、ルイズの自由なお金が無く、欲しかったであろう服やブレスレットが買えなかったに違いない。

そんな少女からたかるように昼食まで奢ってもらってはたして良いものか。

「何?気にしてるの?大丈夫、昼食代くらいちゃんと取ってあるわよ」

しかしルイズは飄々としていて、全く気にしていない。

サイトは、そんなルイズにどうしていいかわからず、一度意識してしまった空腹が収まる気配も無いので、やむなくご馳走になることにした。




***




ルイズが決めたレストランに入り、席まで案内されると、偶然にも隣のテーブルには知った顔がいた。

「あれ?サイトとルイズじゃないか」

それは金髪の少年、“青銅”のギーシュと、

「あら本当、奇遇ね」

金髪縦ロール少女、“香水”のモンモランシーだった。

「もうすっかりいいようだねサイト」

「ああ、おかげさまで」

既に気の置けない仲のように話す二人。

「どうだい、これも何かの縁だ、相席にしないかい?」

ギーシュのその提案で、サイトは喜んで、ルイズは渋々席に着いた。

「けど、君も随分と危ない状況からよく回復したものだよ」

「いや、実際全然意識無かったから実感無いんだよなぁ、気付いたらほとんど痛み無かったし」

「そうか、それは逆に良かったかもしれないね。熱も酷かったようだし、意識があったら大変だったと思うよ」

「そんなものかなぁ」

「そんなものさ、ああそうそう、最近学院ではだね……」

食事が来るまでの間、ギーシュはずっとサイトと話をしていた。

サイトも、この世界での初めての男友達というのもあって、楽しそうに話をしていた。

よくある日常の一コマ。

仲の良い男友達同士の他愛ない世間話。




……それを、快く思わない者がいるなど、この時“彼女”意外に誰が想像しただろう。




***




「あー食べた食べた、ルイズ、ご馳走様」

食事を終えて、サイトはルイズにお礼を言う。

食事が来てからは、流石にサイトもギーシュとの会話を止めた。

ルイズはその期を逃さず、自身が何か食べては、

「サイト、これ美味しいよ」

「サイト、それちょっと頂戴」

「サイト、そこのそれ取って」

「サイト、これどう思う?」

等とタイミング良く話しかけ続けていた。

まるで言葉の防壁を思わせる他者の介入を許さない会話。

しかし、サイトにしてみれば美味しい物を食べてながらのちょっとした会話なので、それなりに楽しんでいた。

それにルイズが勧める料理というのがまた美味しいのだ。

幾分食文化は違うものの、それすら刺激となって新しい美味しさを感じられ、サイトは食事に大満足した。

「君たちはこれからどうするんだい?」

ギーシュが食事が終わるのを見計らって切り出してきた。

それは幾分入りづらい空気が緩和されてきた頃合いでもあった。

その声に、ルイズがジロリとギーシュに視線を返すが、ギーシュはそんなルイズの頭の後ろの方で動くブラウンを見た。

見覚えのあるブラウン。

髪がブラウン。

着ているマントもブラウン。

……嫌な予感がする。

「ど、どうだろう?ここは一度男性と女性陣に分かれて少し行動してみないかい?」

ギーシュは何かやましいことでもあるのか、背中にびっしりと冷や汗を掻き、そんな提案をする。

「却下よ」

だが、その提案はルイズにあっけなく却下される。

ルイズとしては、これ以上サイトをギーシュに近づけたくないようだった。

しかし、

「え?俺は良いと思うけど」

サイトが乗り気になってしまった。

いや、どちらかというと、それを喜んですらいるようだった。

ルイズの心境が複雑になる。

相手は男性、それもこの前サイトを助けてくれた知人。

だとしても、長く自分の目の届かない所にサイトを行かせたくなかった。

また……知らないうちに帰らぬ人になるのではないかという恐怖。

それがルイズの判断を迷わせる。

「あら?良いんじゃない?私もルイズと買い物ってしてみたかったの。ルイズ、結構センス良いのよね」

しかし、ここでモンモランシーの賛同の声が上がる。

これで立場は三対一。

ルイズは明らかに不利だった。

「……わかったわサイト、一時間だけよ?あ、でもその前にちょっとデルフ貸して」

ルイズは本当に搾り出すように渋々と認め、一時間という制約まで付けて、さらにデルフを少し借りた。

ルイズは錆びた剣にその瑞々しい薄い桃色の唇を近づけ、ボソボソと呟く。

……自分からは動けぬハズの剣が、震えた気がした。




***




「……助かった、しかし何でこの広い街で二度も会いそうになるんだ……?」

「ん?何か言ったか?」

「あ、いや別に何でもないさ」

男二人になったサイトとギーシュは、狭い通りを肩を並べて歩いていた。

「それで、ギーシュの目的は?何か買い物とかあるのか?」

「いや、特には無いさ」

「?おかしな奴だな、だったら何で俺と何処か行こうとしたんだ?」

「そ、それは……」

ギーシュがたじろぎ、視線を彷徨わせ、

「まぁいいや」

案外早くに矛を収めたサイトに内心ほっとしながらも、なら聞かないでくれたまえ、と思う。

「じゃあちょっと俺の用事に付き合ってくれよ」

「君の用事?別に構わないが」

「助かった、何かルイズには頼みづらくてさ」

「僕なら頼みやすいというのかい?心外だなそれは。まぁそれはいいさ、で、なんなんだい用事というのは?」

聞かれたサイトは、自身のジーンズのポケットから財布を取り出すと、

「ここいらで“日本円”が使えるお店、もしくは換金所って無いのか?」

そう尋ねた。

「ニホンエン?何だいそれは?それに換金所って両替でもしてもらうのかい?」

「いや、俺この世界のお金持って無いんだ、だから俺の世界のお金と換金して、と思ったんだけど」

「ふむ、よく意味はわからないが、それなら一つ良いところ知っているから教えてあげよう」

ギーシュは、サイトの言葉に得心こそいかないものの、サイトの意は汲み取り、足を向ける。

狭い通りを歩いて数分。

サイトが見覚えのある場所だと思いながら歩いていると、辿り着いたのはサイトがルイズと一緒に午前中に見た路商だった。

「ここ?」

サイトが不思議そうに尋ねる。

「ああ、実はここのおじさんは質屋も兼ねてるんだ。ほら、ここにあるものは一品ものばかりだろう?この人に売りに来た物をこのおじさんが売っているのさ」

「へぇ」

サイトは意外そうに頷く。

リサイクルショップみたいなものだろうか。

そんな人がいるのも驚きだが、それを貴族のギーシュが知っているのも驚きだ。

「詳しいんだな」

「まぁね、この人は我がグラモン家と少し馴染みなんだ」

「あ、坊ちゃん、いらっしゃい!!」

向こうがこちらに気付いたようで、挨拶してくる。

「やぁ、調子はどうだい?」

「はい、おかげさまで何とかやっていけてます」

「そうか、それは何よりだ。今日はちょっと頼みたいことがあってね」

「はい、何でしょう?」

「彼の持ち物を買って貰いたいんだ」

ギーシュがサイトを紹介する。

「これはまた変わったお召しものをされてる方ですね」

おじさんは不思議そうに首を傾げる。

この世界にはパーカーは無いらしい。

「あ、あの、交換でも良いんですけど、これってここではどれぐらいの価値ですか?」

サイトは、少し気後れしながら財布から千円札を出した。

「何かの紙っきれですか?……なんなんですこれ!?」

最初、興味なさそうに受け取ったおじさんは、しかし千円札の手触り、精巧なその印刷物に目を引かれる。

「真ん中に何か書かれてる……これは……人?」

「あ、それは“透かし”と言って俺の国の偉人を特別な方法で印刷してるんです。俺の国、というか世界ではそうやって過去の偉人をお金、紙幣に印刷するならわしみたいなのがあって……」

「ほう、大変興味深い話だね。よし、気に入った。交換でもいいと言ったね?何が欲しいんだい?」

「えっと……良かった、まだあった」

サイトは一つのブレスレットを選ぶ。

装飾は無く、しかしスマートさを感じさせる金のブレスレット。

昼前に見た、“あの”ブレスレットだ。

「それでいいのかい?」

「はい、これで」

「よし、なら交換成立だ」

「ありがとうございます!!」

サイトは頭を下げてお礼を言う。

「おじさん、それはただのブレスレットなのかい?」

「どうだろうねぇ、“ディテクトマジック”をかけても反応しないし、マジックアイテムという触れ込みで仕入れたものだけど、使い方もわからないし装飾も無い。正直言って私としても困っていたものだったんだ」

「そんなもので本当に良いのかいサイト?」

ギーシュは少し呆れ、サイトに念押しの確認をする。

「ああ、これが良いんだ」

サイトはそう頷き、

「そろそろ一時間経つしルイズ達と合流しようぜ」

足早に集合場所へ向かう。

「まぁ君が良いなら良いさ、わかったよ」

ギーシュはそう答えて、集合場所へと向かい出した。



[13978] 第十九話【二股】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2009/12/19 17:19
第十九話【二股】


「ねぇルイズ、どう思う?」

「うん、そうね」

「ねぇルイズ、これは?」

「うん、そうね」

「……ねぇルイズ、今日の天気は?」

「うん、そうね」

「…………ねぇルイズ、あれ、あそこにいるの貴方の使い魔じゃない?」

「うん、そうね……えっ!?ドコドコッ!?」

「………………」

モンモランシーは溜息を吐く。

今日のルイズは何を話しても上の空だし、使い魔の話をすればこれだ。

ルイズはあちこちに眼を血走らせている。

「どこよ?サイトは何処っ!?」

「冗談だってば」

「へ……冗談……?」

「そうよルイズ。何度話しかけてもずっと「うん、そうね」しか言わないんだもの。折角“私たち”でしか入れない所に来てるのに」

ルイズは冗談と言われ一気に脱力し、また落ち着かなくなる。

どうにもモンモランシーの話は半分程度しか聞いていないようだった。

「もう、貴方がそんなんじゃ全然決まらないじゃない!!」

モンモランシーは手に持つ“三角の絹地の何か”をくるくる回しながら膨れる。

「せっかく男共がいないんだから女の子の買い物しようと思ってたのに。そんなに彼が心配なの?」

「ええ、万が一、いえ億が一怪我でもして戻ってきたらあの“駄剣”を捻り潰すわ」

ルイズは黒いオーラを漂わせてイライラしている。

どうやら彼の話題はちゃんと聞いているらしい。

……全く、都合の良い耳だこと。

これでは買い物にならないではないか。

「気にしすぎよ、ギーシュもいるんだし」

「わかってないわねモンモランシー。“だから”心配なのよ。あの二人、異常に仲良かったじゃない?」

「そうかしら?男の子ってあれくらいなものじゃないの?」

モンモランシーは別に男の友情などに詳しくは無いが、何となくあんな感じだろうとは思っていた。

だが、ルイズは懸念するように言う。

「いいえ、“前”は違ったもの。ギーシュはもしかしたらとんでもないダークホース、危険人物かもしれないわ」

「ルイズ?貴方何を言っているの?」

モンモランシーはいまいちルイズの言っている事が呑み込めない。

“前”だの“危険”だの“ダークホース”だのとわけがわからない。

「まぁいいわ。今日はもう買い物は諦めて貴方にその彼の話でも聞こうかしら?」

モンモランシーは手に持つ真っ白なショーツを店の棚にしまう。

そう、ここはランジェリーショップだった。

男は入れない女だけの園。

この機会に可愛いと思う下着をルイズといろいろ話し合いたかったモンモランシーとしては少々拍子抜けだが、まぁ仕方がない。

「モンモランシー、まさか貴方……!?」

だがここで予想だにしない事態、ルイズが驚いた眼でモンモランシーを見つめ……否、睨み始める。

「貴方もサイトを狙う気?」

そんなことは許さないとばかりに語気を強めながらルイズはモンモランシーを睨み付ける。

「そ、そんなわけ無いでしょう?私にはほら、ギーシュがいるんだし」

モンモランシーは慌てて手を振って弁解し、言ってから顔を赤らめて俯いた。

つい、言ってしまったという感じだろうか。

「……本当に?今思えばサイトをあの生きる価値無しのヴィリエに傷つけられた時に運んでくれたのは貴方だったのよね、確か」

だがルイズは今だ疑いの眼差しを緩めない。

かといってモンモランシーとしてもこれ以上恥ずかしい言葉を吐くのは憚られるのか、

「ほ、本当だってば!!」

言葉数が少なくなる。

恥ずかしさの余りルイズの言った言葉や自分の言葉数のことなど気にしていない。

そうなると、益々ルイズの疑いは深くなり、

「……怪しい。本当に貴方と“ギーシュ”はサイトに興味が無いの?」

追求の手が強くなってきた。

「ちょっ?そこで何でギーシュの名前が出てくるのよ!?」

羞恥の余り、モンモランシーはギーシュの名を聞いただけで飛び上がる。

最も、今の質問の意味をきちんと理解していたわけではない。

そしてここにもう一人、たまたま居合わせた少女が“ギーシュ”という名前に反応した。



「えっ?ギーシュ様?」



ブラウンのロングヘアーにブラウンのマント。

トリスイテイン魔法学院一年、ケティ・ド・ラ・ロッタ、その人である。




***



ギーシュとサイトが待ち合わせ場所に着くと、そこでは三人の女性が口論していた。

「だからギーシュは私と付き合ってるの!!」

と長い金髪を縦にロールした美少女、モンモランシー。

「いいえ、ギーシュ様は私だけと仰って下さいました!!」

と、愛らしい顔をしたブラウンのマントを纏う下級生、ケティ。

「アンタ達本当にサイトに興味無いんでしょうね!?」

と、自身の使い魔を心から案ずる桃色の髪の小柄な美少女、公爵家が三女、ルイズ。

若干一名、微妙に……いや結構ずれた話題をしているが、それは確かに口論だった。

「だから興味ないって言ってるでしょ!?」

「聞く限り私は昼間ぶつかっただけです!!」

「そんなこと言って、サイトとギーシュの仲が良すぎるのもあなた達のせいね!?」

段々と話が混沌化していっている。

元の話すら想像がつかない。

「何だアレ……?おい、ギーシュ?どうしたんだ。顔が青いぞ?」

「い、いやサイト、僕は急用で先に帰ったと言ってもらえないかな?」

ギーシュは脂汗を滝のように流してそうサイトにお願いする……が。

「……サイトの匂いがする……あ、サイト!!……とギーシュ」

サイトがいることを匂い?で気付いたルイズが二人に声をかける。

「おう、間に合った、よな?」

「ん、遅いわ。あと五分しか無いじゃない。ダメよ、せめて三十分前には再会したかったわ」

ルイズがサイトに抱きつくようにして飛び込み、サイトの無事を確認する。

「いや、それじゃ半分しか時間取れないし……」

サイトは渇いた笑いをしながら頬を掻いた。

「で、大丈夫?怪我は無い?」

「怪我?ああ、大丈夫だよ。心配しすぎだってルイズは。なぁデルフ」

『おぅよ!!俺様がいる限り相棒には傷一つ負わせられねぇぜ!!………………俺様の為にもな……はぁ、本当良かった、何にも起きなくて本当によかったぜ相棒……』

どことなく哀愁漂うように言うデルフもまた大げさだなぁとサイトは思いながら、若干見知った顔を見て驚く。

「あれ?君はもしかして昼前にぶつかった子?」

「あ、はい。ケティ・ド・ラ・ロッタと言います」

言われた少女、ケティは相手が平民の使い魔であることを知りながらも、丁寧に挨拶する。

「俺は平賀才人、サイトって呼んでくれ」

「サイトはああいう子が可愛いって思うの?ねぇどうなの?私より可愛いって思うの?」

途端、ルイズは少し焦ったようにあの時のサイトの言葉を引っ張り出した。

「か、可愛い?ですか?」

サイトがルイズにたじろぎ、ルイズは真剣にサイトを見つめ、言われたケティは照れる。

そんな一件無茶苦茶なトークを繰り広げる中、足早にその場を去ろうとしたギーシュは、

「何処行くの、ギーシュ?」

襟首を金髪の美少女に掴まれた。

「や、やぁモンモランシー!!何をいってるんだい?HAHAHAHAHA……」

「ハハハハハ……じゃないわよ、いえHAHAHAHAHA、かしら?まぁそんなことはどうでもいいのよ。これはどういうこと?」

「こ、これ、とは?」

ギーシュの手に持つ薔薇が震える。

「惚ける気?あのケティっていう下級生のことよ。ま・さ・か二股かけてたりしないわよね?」

「い、嫌だなぁモンモランシー!!そんなわけ無いじゃないか!!」

ギーシュは冷や汗を掻きながらモンモランシーにそう取り繕うが、

「酷いですわギーシュ様!!私だけっておっしゃってましたのに!!」

モンモランシーとギーシュの会話に気付いたケティが入り込んでくる。

「ああ、これは違うんだケティ!!まずは誤解をだね」

「誤解?これが誤解だっていうのギーシュ?」

「モ、モンモランシー、落ち着いてくれ、お願いだからその薔薇のような唇を膨らませないでおくれ」

「その言い訳、前にも聞いたわね」

「ギーシュ様!!」

「ギーシュ!!」

ギーシュは詰めよられ、脂汗を流しながら、弁解する。

「お、落ち着いてくれ二人とも。僕は崇高なる貴族として美しい女性に近づきこんなことに……本当にそんなつもりは無かったんだ!!」

「「そんなつもりってどっちのこと?」」

二人は追求の手を揺るめない。

「っ!!サ、サイト?君からも何か言って……何をやっているんだい君たち?」

耐えられなくなったギーシュは、助けを求めてサイトに声をかけるが、彼の見たものは、

「ねぇどうなのサイト?」

「い、いや別に俺は一般論を言ったのであって」

「本当にそうなの?」

「あ、ああ」

「絶対ね?」

「あ、ああ絶対だ」

「絶対の絶対ね?」

「絶対の絶対だって」

「絶対の絶対の絶対……」

「絶対の絶対の絶対……」

以下無限ループである。

目ではサイトもギーシュに助けを求めている。

ギーシュも助けて欲しいのはこちらだとアイコンタクト。

「ちょっと何処見てるのギーシュ!!」

「ギーシュ様最低!!」

しかし痺れを切らした二人に掴みかかられ、ギーシュは、

パァン!!

パァン!!

両頬に真っ赤な紅葉を作るハメになった。

「トホホ……」

この張り手の跡がこの後中々消えず、ギーシュの“最初の”英雄伝説は夏休みを待たずして消えることとなる。




***




トリステイン魔法学院ヴェストリの広場。

今日は虚無の曜日だというのに熱心に魔法を教えて貰っている生徒がここにいた。

「良し、そうだ。私がサポートすればお前のクラス、精神力でも可能なハズだ」

若くしてスクウェアの領域に達したメイジ、“疾風”のギトーが先日自らに教えを請いに来た生徒、ヴィリエ・ド・ロレーヌにそこで“特別授業”をしていた。

ヴィリエは汗を流しながらスペルを“ギトーと同時に紡ぎ”自らの精神力を魔法へと変換させる。

「いいぞ、本来お前ではまだ手の届かない高みの魔法、それを今お前は行使しようとしている!!」

ギトーがヴィリエを誉めながら魔法の成功を促すようにスペルを紡ぐ。

「“風”が最強……その所以の一つと言ってもいいこの魔法、お前はまだ“ライン”だが私が“ラインスペル”を使う事によってお前は“これ”を実際に扱うことが出来る……!!」

辺りには風が散らばっては収束し、そこにある筈の風が無くなり、無い筈の所に風が生まれる。

「今は一人で使う事の出来ない魔法に触れるというのは良い経験になるだろう。いいかヴィリエ、これが……」




―――――――スクウェアスペルだ。




辺りには風が吹いて、しかし風を感じない。

そこかしこに“ある”のに“無い”

魔法を完成させたヴィリエは、額に汗を流しながら口端をつり上げた。



[13978] 第二十話【契約】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2009/12/28 00:26
第二十話【契約】


「ル、ルイズ、あのさ」

トリステイン魔法学院のルイズの部屋に戻ってきてから、サイトは緊張した面持ちでルイズに声をかけた。

「何?どうしたの?」

「そ、その、今日は本当にありがとうな」

「そんなに何度もお礼を言われる程のことじゃないわよ?」

ルイズは微笑み、何でもないことのように軽く流す。

しかしサイトの緊張した面持ちは変わらない。

「え、えと、そのルイズ」

「何?さっきから落ち着かないみたいだけど何かあった?」

ルイズとしてもサイトの変調は気が気では無い。

もしも万が一、いや億が一、いやいや兆が一サイトに何かあったのならば適切な対処をしなければならない。

主にサイトが背負う剣に対して。

もう二度と、彼を失うのはごめんなのだから。

だが、そんなルイズの憂いも次の言葉で吹き飛んだ。

「その、良かったらこれもらってくれ。今日これを見てただろ?」

そう言ってサイトが出したのは特に装飾も何も無い金色のブレスレット。

確か今日、路商で販売していたものだ。

正確にはルイズは、スペースの関係からかこのブレスレットの中に陳列してあった指輪を見ていたのだが、そんなことこの瞬間の彼女には一切合切関係が無い。

サイトが自分にプレゼントを買いに行っていた。

それだけが事実。

「その、ギーシュに手伝ってもらって俺の世界のお金と交換して来たんだ。少ないかもしれないけど今までと今日のお礼を込めて受け取ってくれよ」

「あ、あああ、あああ……ど、どうしよう?サ、サイトが私にププ、プレゼン、プレゼントを買ってきてくれるなんて……!!」

ルイズは取り乱し、あたふたと部屋を行ったり来たりする。

予想外の外。

これっぽっちも思考の範疇には無かった。

故に喜びも一入で。

「と、とりあえず、これ、貰っていいの?」

ルイズは両手で震えながらサイトから金のブレスレットを受け取る。

装飾は無く、見た限りでは安物のような気がしないでも無いが、だからと言って今のコレには一億エキューよりも価値がある。

少なくともルイズにとってはそうだった。

「つけてみていい?」

「ああ」

サイトはそこまで喜ばれるとは思っていなかったのか、少し驚きながら頷いた。

ルイズはブレスレットをはめると、鏡を通して自分を見る。

今自分はサイトのプレゼントを身に纏っている。




……こんな幸せがあるだろうか!!




「ありがとうサイト。一生大事にする……いえ、家宝にするわ」

「い、いや何もそこまでしなくとも……」

サイトは少し大げさだなぁと笑いながら、しかし余りのルイズの喜び様に内心満足していた。

「女の子にプレゼントなんて初めてだったから緊張したよ」

つい漏らしたサイトの言葉。

それがルイズの喜びボルテージをさらに跳ね上げる。

今までに女の子にプレゼントを渡したことが無い、ということは恐らく、今までに女性との恋愛経験が無いということだ。

これまで気にしたことは無かったが、それを知ることが出来たのはこの上無い喜びだった。

万一、サイトが前の世界で付き合っていた女性がいた場合、流石にその女性をどうこうする術をルイズは持たない。

だいたい、そんな術があるならもっと早くサイトと“再会”している。

だからそれはルイズの安堵出来る事柄の一つだったのだ。

これで今日もまた安眠が出来る。

そう思ってルイズはベッドに座り、

「サイト、着替えをお願いしてもいい?」

今日は少し早いが就寝することにした。

「……む」

サイトはしばし悩み、しかしちゃんと着替えを手伝い出す。

だが、着替えが終わってから、幸福絶頂中のルイズにとって信じられない事態が起きた。




「なぁルイズ、考えたんだけどさ、今日からは別々に寝よう」




それはルイズに取って片腕をもがれるに等しい発言だった。

たった今貰ったブレスレットを嬉々として化粧台に置いた手が止まる。

もしかしたら聞き間違いかもしれない。

いや、そうであって欲しい。

「……サイト、今、なんて……?」

「今日からは一緒に寝るのを止めようと思うんだ、あんまりお互いに良くないんじゃないかと思って」

サイトは今朝思っていたことを口にすることにした。

「……どう、して」

おかしい。

そんなことあってはならない。

「やっぱり女の子がそう簡単に男と一緒に寝るのは問題あると思うんだ」

……納得がいかない。

“そんなこと”知らない。

「……私と寝るのが嫌なの?」

「いやだからそうじゃなくて、俺はお前を心配してだな」

「嘘、だってサイト私にまだなにもしてないじゃない」

「う、嘘じゃないって!!俺はお前を気にして……」

「私は気にしない。むしろサイトと一緒じゃないとヤダ」

取り付く島もない。

「け、けど……」

しかしサイトはどうにも割り切れない。

これは本当にルイズの為なのだ。

……半分は自分の理性を信じられないせいでもあるが。

しかし、だからこその事前の策なのに。

「何よ、何も問題無いじゃない。どうして急にそんなこと言い出すのよ?本当は私が嫌いなの?」

「いや、だから別に嫌いじゃないって」

「じゃあいいじゃない、私が一緒に寝ようって言ってるんだから何もサイトには問題無いわ」

「あ〜もうっ!!どうなっても知らないぞ!!」

あまりのルイズのしつこさにサイトはとうとう折れた。

人、それをやけくそと呼ぶ。

しかし、やけくそというのは時と場合と相手を選ばなければならない。

「構わないわ、でもそうね、なら“契約”しましょう」

何故ならルイズがそんな事を言い出してしまうからだ。

「契約?」

「ええ、私は何があってもサイトと一緒に眠りたい。だからその為の契約」

「何をどうするんだ?」

サイトはルイズを見つめながら不思議そうにする。

「簡単よ、私は何があってもサイトと一緒に眠る、という約束をするだけ。もちろんそれはサイトに何をされても構わないということでもあるわ」

ルイズは不敵に笑うとすっとサイト近づく。

「別に正式な“ギアス”をかけたりするわけじゃないわ。私“まだ”魔法使えないもの。だから厳密な口約束だと思って」

サイトはごくりと唾を飲み込んで、

「それで?俺は何をするんだ?血判でも押すのか?」

「まさか」

そんなサイトを傷つける契約なんて却下よ、とルイズは言いながらサイトの背負うデルフを外し、壁に立てかける。

「本当に簡単な契約にしようと思うの。サイトも経験したことのある奴よ」

「俺?」

サイトはそう言われて思考を張り巡らせるが全く身に覚えが無い。

「なんだっけ?」

「すぐに思い出すわ」

ルイズは笑うとぐっとサイトに近づき―――――――唇を塞いだ。

「んっ!?」

まさか、と思った時にはサイトはルイズに抱きしめられて身動きが出来ない。

サイトは一瞬何が起こったのか理解出来ずに目を丸くし、気付いた時には自身の唇に奔るルイズの柔らかい感触にとろけそうになる。

ルイズは構わずサイトの口内に舌を入れ始めた。

だが無理な体勢がたたってルイズが転びそうになる。

それでもルイズはサイトの唇から離れる気が無いのか、夢中になって舌を絡めようとしていた。

サイトは咄嗟にルイズを抱きしめ返してルイズの転倒を防ぐ。

だが、ルイズは抱きしめ返された瞬間目をトロンとさせて全体重をサイトに預け始めた。

サイトは咄嗟に支えられず背中から倒れ……バフッ。

ベッドに二人で倒れ込む形になる。

もしかしたらルイズはそれを見越してデルフを外したのかもしれない。

だがそんな理性があったのかと疑いたくなるほど今のルイズはサイトと舌を絡める事に熱中していた。

取り憑かれたようにサイトの舌を舌で撫でる。

いつしかサイトもそれに呼応するようにやり返す。

そうされることで益々ルイズは目を、唇を、舌をとろけさせる。




……そうしてたっぷり十分は経っただろうか。

ようやくルイズが一度唇から離れた。

「サイト……思い出した?」

「あ、ああ、思い出した」

それはここに来てイキナリのこと。

“あれ”と同じ事をされたのだ。

いや、あの時より激しかったけど。

「そう、良かった……でも」

「でも?」

サイトのお腹に座るようにしているルイズは、暗い部屋で月光の光のみに照らされ、妖美ともとれる姿で、

「今日は舌を噛まなかったのね、私、少し噛まれたかったかも。もう舌の傷治っちゃったから」

そんなことを言う。

サイトは目の前がクラクラしだした。

なんだか口の中に残る甘い何か。

それをもう少し味わいたいような。

サイトとて健常な高校生。

そういうことに興味は津々、思春期まっさかりである。

そんなクラクラしているサイトにルイズは、

「さっきのは契約だったけど、これは違うから」

そう囁いて再び体を倒して唇を押しつけた。




***




「……ふふっ」

ルイズが笑う。

隣には腕枕をするようにして眠るサイト。

あれからサイトはほどなくして眠ってしまった。

ペロリと舌を出して自分の唇を嘗める。

……少しサイトの味がした。

「……もう一緒に寝ないなんて言っちゃダメなんだから」

ルイズはそう囁きながらサイトに抱きついて笑う。

しかし、ここで一瞬にして声色が変わった。




「ところでデルフ」




ビクゥッ!!

音も無しにそんな擬音が鳴ったような奇妙な感覚に囚われる。

『な、なんだ?貴族の娘っ子』

起きていたのか、はたまた起こされたのか、デルフリンガーは何処か怯えながら応えた。

「……報告しなさい」

ルイズはサイトと話してる時とは打って変わって淡々とした声で言う。

『ほ、報告って特にすることは……』

「無いの?本当に?誰か女が声をかけてきたとか、少し喧嘩したとか、ギーシュが馴れ馴れしかったとか」

『ああ、あの貴族の坊主か。あいつは中々に良い友達のようだぜ?貴族が平民にやる態度としては珍しいもんだ』

「そう……“やはり”ギーシュなのね……」

『お、おい?』

「他には?」

『と、特に何もねぇよ、言っただろ?何も無くて良かったって』

「そう」

ルイズはそれを聞き終わると一度短く言葉を切った。

デルフはそれに安堵し、




「じゃあOSHIOKIは一回分、武器屋で私がサイトに飛びつこうとしたのを邪魔した分ね」




次いで絶望する。

『お、おい!?待て娘っ子!!』

「黙りなさい、サイトが起きたらどうするつもり?」

『ちょ、ちょちょちょ……っ――――――――!!!!!!!!!!』




その晩、人無き声が泣き叫ぶ声が静かに木霊した。

ルイズはその声を聞きながら思考を張り巡らせる。

(ギーシュ、彼は危険だわ……)

ルイズの部屋の夜が明けるのはまだ少し先のようだ。




***




「んっ」

サイトはゆっくりと瞼を開いた。

朝日が窓から入ってくる。

今日も快晴のようだ。

ルイズはまだ眠っていた。

ルイズの小さい口から漏れる吐息がいやがおうにも昨晩の事を思い出させ、サイトに羞恥を思い出させる。

サイトは静かにベッドから降りると、数回屈伸運動をしてデルフを手に取った。

『……お、おう相棒か……ってぇことは今は朝か?俺は生きて朝日を拝めるってことか?』

「何言ってんだお前?」

サイトはそんなデルフを不思議そうにしながら背負う。

『俺にもいろいろあったんだよ、いろいろな。っと相棒、どっか行くのか?』

「ああ、ちょっとトイレ」

『嬢ちゃんに何も言わなくて良いのか?』

「まだ寝てるしすぐ戻ってくるから」

サイトはそう言ってルイズを気遣い部屋を後にし、トイレを終えた所で、




「やぁ、ルイズの使い魔君、久しぶりだね、呼び出す手間が省けて良かったよ」




見覚えのある少年に呼び止められた。



[13978] 第二十一話【千殺】
Name: YY◆90a32a80 ID:ec8f6a96
Date: 2009/12/28 00:29
第二十一話【千殺】


「……ぁん」

ルイズは目覚めかけていた。

既に朝なのは何となくわかるが、今はまだまどろみの中にいたい。

こうやってサイトの腕の中にいて彼の温度を享受し匂いを嗅いでいたい。

そう思いながら手を伸ばして…………跳ね起きた。

「……いない……!!」

手を伸ばした先にサイトが居らず、温かみも匂いも感じられない朝。

いつ以来だろう。

絶望が体中を巡り、焦燥が彼女を支配する。

今までの幸福が実は全て夢だったのではないかという程に心が折れそうになった時、化粧台にある金のブレスレットが視界に入った。

「あ……」

アレがここにあるということは、少なくとも昨日までは夢では無いということになる。

慌ててその金のブレスレットをはめて現実を実感し、蚊ほどの安心を得てから部屋を見渡すと、サイトの他にいなくなっている物が一つ。

「デルフもいない……」

……トイレにでも行ったのだろうか。

そう現実的に現状を纏めベッドに座る。

一秒。

足が小刻みに揺れる。

二秒。

体中が小刻みに揺れる。

三秒。

限界だった。

「サイト分が足りない……!!」

体中から求めてやまないサイト。

サイトが傍にいるだけで得られるそれが、ほんの少し姿が見えないだけで気が狂いそうになる。

何せ昨日“一時間も”離れていたのだ。

それはもう一生分離れていたと言っても過言では無いというほどの時間だと彼女は思っていた。

普段ならお願いする着替えを久しぶりに自分一人で始める。

寂しさで一杯になりながら着替えを終わらせ、さぁサイトを探しに行こうとしたところで、



コンコン。



戸がノックされる。

「サイト!?」

ルイズは喜び飛び跳ねるが、いつまで経ってもサイトは部屋に入ってこない。



スッ。



代わりに、戸の下の隙間から白い紙切れが一枚入って来る。

ルイズは訝しがりながらそれを取って……凍りついた。




『君の使い魔君は預かった。無事に返して欲しくば今日の一時限目はサボってヴェストリの広場まで来い』




「な、何よこれ……!!」

体が震える。

サイトを失うかもしれないという死よりも圧倒的に恐い恐怖。

そして、

「冗談じゃ、無い……」

もはや存在すら許せないというほどの……怒り。

宛名を見て、彼女の瞳は何も映さなくなった。




『ヴィリエ・ド・ロレーヌ』




「ヴィリエ……!!」

ギリ!!と握り拳を作ることで紙がくしゃくしゃになる。

ルイズはテーブルの杖を取ると他には何にも目をくれずに部屋を後にした。




***




「くそっ!!離せ!!」

サイトは暴れていた。

「うるさいな、平民のくせに」

ドガッ!!

「ぐへっ!?」

思い切り頬を殴られる。

「くそっ!!ずりぃぞ!!離して正々堂々と戦いやがれ!!」

だが尚もサイトは喚く。

今朝トイレでサイトを捕らえた男、ヴィリエはウンザリしていた。

何故平民というのはこう立場もわからずに五月蝿く喚くのか。

だがそれも今の彼の滑稽さを見ることで多少、本当に多少だが溜飲は下がる。

サイトは風の手錠のようなもので手を後ろ手に縛られていた。

こうなっていては一度転ぶと立ち上がることもままならない。

それを見ていると、まるで自分は無力ですと言っているようで、かつての決闘での屈辱的なことさえ忘れられる。

だがヴィリエが求めているのはこんな“前座”ではない。

自分を傷つけ、恐怖を与えてきた女。

ルイズに見せ付けなければならない。

「フフフッ」

思わず笑みが零れる。

今から楽しみで楽しみでたまらない。

おっと、ようやく来たようだ。

「ヴィリエ……サイトをはな……っ!?」

ルイズは来た途端サイトの開放を要求しようとしてサイトの顔を見る。

サイトの頬は少し赤く腫れていた。




──────空気が変わる。




ゴクリとヴィリエは息を呑んだ。

これに自分は打ち勝っている証明をしなければならない。

「サイト……その頬」

「わ、悪いルイズ、朝トイレに行ったら捕まっちまって」

「なに、その薄汚い平民が騒ぐから教育してやっただけさ。ちゃんと手加減はしてるよ、この広場がまた汚い血で汚れてはかなわないからね」

ヴィリエは悪びれずに言う。

「………………」

ルイズはもはや何も口を開かずにヴィリエを見つめていた。

睨むとか、怒りとか、そんなものは何も映していない。

例えるなら“虚無”

その瞳には、何も映さないただ瞳孔が大きく開いた黒い塊のみがそこにある。




──────風が、止んだ。




「……覚悟はいい?ヴィリエ」

それは質問ではなく、命令だった。

覚悟が出来ているかどうかを問うものではなく、覚悟をしろとの命令。

それにヴィリエは杖を持って答える。

「それは鏡に向かっていうべきなんじゃないのか?」

唱えるのはエア・カッター。

風の刃が真っ直ぐにルイズに向かって飛んで行き……爆発。

「っ!?」

一瞬、ヴィリエには何が起こったのかわからない。

もう一発エア・カッターを放つ。

だが、ルイズにそれが命中する前に、爆発。

爆煙から出てくるルイズは傷一つ負っていない。

“失敗”の爆発魔法。

唯一にして絶対のルイズの魔法。

今まではただの失敗としか捕らえていなかったが、なるほど。

自在に爆発を起こせるのなら確かに使いようはある。

だが、悲しいかな。

「これにはついてこれまい!!」

エア・カッターとエア・ハンマーを同時に唱える。

殴りつけ、切り刻む。

“ライン”だからこそ出来る上等戦術。

どちらか一方を爆砕したところで手痛い損害を被る筈。

そう思って唱えられたそれを、ルイズは表情も変えずに“二つの爆発”でもって迎撃した。

「……何だと?」

今自分は二つの風系統魔法を同時に使用した。

それをルイズは二つの爆発で迎撃した。

それはつまり。

「そんな、まさか、ありえない!!」

一つの魔法すら満足に行使できないルイズが二つを重ねる事などできるはずが無い。

いや、出来てはならない!!

あれはきっと一つの魔法が分岐しているに違いない。

ギーシュのワルキューレが一度に何体も錬金できるように、恐らく一つの魔法で二つの爆発を起こしたんだ。

そうでなければあいつが“ライン”である事になってしまう。

そんなことはあってはならない。

想定外のことにヴィリエは焦り始めた。

こんなはずではなかった。

あっという間に事を終わらせ、全力を出す前に愉悦に浸るはずだった。

ところがどうだ?

今ルイズはピンピンしているではないか。

その歩みを止めようとしていないではないか。

落ち零れのくせに落ち零れのくせに落ち零れのくせに!!

そうヴィリエが歯噛みした時、ふと視界には今だに暴れ続ける平民、サイトの姿が映る。

途端、天啓のように閃いた。




「動くなルイズ、それ以上近づくんじゃない」




ヴィリエのやや上ずるような声。

ルイズは全く気にしようとせず突き進む……ことはしなかった。

「………………」

ルイズは言われた通りにそこで止まる。

「そうだ、ははっ!!いいぞ!!そこを動くなよ?いや、やっぱり動いても良いぞ?この薄汚い平民がどうなってもいいならな!!」

ヴィリエはサイトに杖を向けていた。

満足に動けぬサイトでは、それを回避することなど出来ないだろう。

「………………」

ルイズは黙ったままサイトとヴィリエを見つめる。

それは、もし万一サイトにこれ以上何かしたらその時は容赦しないという意思表示のようでもあった。

それを読み取ったヴィリエは、

「安心しろよ、お前が言う事を聞けば何もしやしないさ、そうだな、まずはその場で土下座だ」

楽しそうにヴィリエは笑いながら命令する。

ルイズは何を言うでもなく、その場に膝を付いた。

スカートの裾は草に触れて汚れ、露出している膝下は地べたに直接付く。

「ふははははっ!!いいぞ、そのままちゃんと頭も下げろ!!」

調子に乗ったヴィリエは命令をエスカレートさせていく。

ルイズは言われるがまま頭を下げた。

「良いぞ、良いぞ良いぞ!!最初からそうしてりゃ良かったんだよ!!」

ヴィリエは笑い、杖を振るう。

途端飛んでいく風の刃。

「……っ」

ルイズのマントが、スカートが切り開かれる。

少し大きめにルイズの太ももが露出した。

しかしルイズは微動だにしない。

「どうした?恐くて声も出ないか?全く僕を怒らせなきゃこんな事にはならなかったんだぞ?」

ヴィリエはまた杖を振るって魔法を唱える。

「っ!!」

強い風に殴られるようにルイズは吹き飛び、数m先に倒れる。

「ほらどうした?土下座の体制が崩れているぞ!!」

ルイズは起き上がりながら、大事なものなのか右手首のブレスレットを気にしている。

今度はアレを狙ってやろう。

「そら!!」

ルイズはまた転倒する。

「ははははは!!」

彼は今最高潮だった。

多少予定は変わったが、これで元の計画に大筋戻った。

故に、たった一つ、失念していたことがある。

それは彼にとって既に些細な事。

いや、信じていなかった事と言ってもいい。




「……てめぇ、ふざけんなよ」




自身が捕らえていた平民の使い魔。

彼がギーシュの作った剣で自分の魔法を切ったことを。

『お?お?おおおおお?来やがったのか相棒!?おおおおおお?そうだ、心を奮わせろ!!その分おめぇさんは強くなれる!!』

キィンと音が鳴って背中の剣、デルフリンガーが抜けるのと同時に、サイトの手首を縛り付けていた風が消える。

『こんなチャチな魔法、吸収するまでもねぇんだが、まぁいいか!!』

そんな、本人にとってはどうでも良く、しかしヴィリエにはとうてい看過できない事柄が起きる。

「ば、馬鹿な?一体どうやった?」

「うるせぇ!!」

サイトがデルフの柄を掴み、構える。

途端。

『うおっ!?キタ───────!!!!』

デルフの叫びと共に刀身錆びだらけだった剣が光り輝いていく。

「な、なんなんだよお前!!」

ヴィリエは杖を振ってエア・カッターを放つ、が。

それはサイトの構えた剣の前で霧のように消滅した。

『おめぇのちっぽけな魔法は全部喰っちまったぜ』

デルフが現状を簡単そうに説明するが、ヴィリエにとってそれは死活問題だった。

魔法が利かない?

馬鹿な、そんなことがあってたまるものか!!

いや、待てよ?魔法が利くやつなら他にいるじゃないか!!

ヴィリエはそう思ってルイズに振り返ろうとした時、

「ルイズは傷つけさせねぇ!!」

サイトが飛び掛ってくる。

「う、うわぁ!?」

ヴィリエはサイトに向かって杖をがむしゃらに振る。

いくつか飛び出すエア・カッター。

それを、

「喰らい尽くせ、デルフ!!」

剣は全て吸収する。

ヴィリエはあまりにがむしゃらだった為、足がもつれて転んでしまった。

「いたたた……」

一瞬目を閉じ、次に開いた時、自分は杖を突きつけられていた。




「もう一度言うわヴィリエ、覚悟はいい?」




「ひぃっ!?」

それは最後通告などという生易しいものではなく、ただの宣告だった。

首に杖を突きつけられ、何ともわからないルーンが耳を通り、

「貴方は合計でサイトを“五回も”薄汚いと言い、サイトの血を“三回も”汚いと言った。あまつさえこのブレスレットめがけて魔法を放った」




────────千度殺しても気がすまないわ。




声無き声と同時に、杖の先が爆発する。

「なっ!?」

流石にサイトはそれに驚き、しかしそれよりももっと驚くべきことに、




爆発を受けたヴィリエの体が消えてしまっていた。












あとがき

年末年始は更新を休むかもしれません。
飽くまでかもですけど。



[13978] 第二十二話【思惑】
Name: YY◆90a32a80 ID:870f574a
Date: 2010/01/10 23:43
第二十二話【思惑】


シーンと静まりかえる教室内。

教師の板書の音のみが室内を支配するこの場で、

ガタッ!!

突如として張りつめたような空気を壊す音が生まれた。

「どうした、ヴィリエ?」

板書をしていた教師、疾風のギトーは訝しみながら突然立ち上がった生徒、ヴィリエ・ド・ロレーヌを見やる。

「……いえ、なんでもありません」

ヴィリエは一度頭を下げると、突然立ち上がった時とは対照的にゆっくりと着席した。

それでおしまい。

教室内の空気は元の張りつめた学ぶ為の空間に戻る。

ただ、一人の生徒、立ち上がった少年の内心を除いては。

(……馬鹿な、僕の“遍在”がやられたっていうのか?)

遠くにある自身の魔法の結晶、決して一人での行使は不可能な風の高位魔法、それの消失を術者本人であるヴィリエは感じていた。

“遍在”とは風のスクウェアスペル。

自身の分身を作り出す、スクウェアに相応しい魔法だった。

この魔法の凄い所は、作り出された遍在は魔法を使えるという点だ。

スクウェアスペルは伊達では無い事の証明と言えよう。

ヴィリエは、一人で行使不可能のその魔法を先日ギトーと共に唱え、行使に成功した。

これは相手がスクウェアスペルだったから成功したようなもので、本来はそんな単純なものでは無い。

が、偶然か実力か、とにもかくにも成功したその魔法を、意外にもヴィリエは一人での持続を可能としていた。

彼もまた、確かに並では無いのだろう。

そしてここまではある意味、彼の計算通りだった。

ヴィリエは自身の席よりも左斜め前方を見る。

そこには、蒼い髪をした小柄な少女が板書を写しもせずに眼鏡を通して本を読んでいた。

羽根ペンを持つ手に力が入る。

まるで折ろうとしているのではないかと言うほど強いその力は、先程の自身の遍在の消失に端を発していた。

(くそっ!!これが上手くいった後、アイツに見せつける筈だったのに……!!)

自身の計画の頓挫に歯がみする。

本当なら、遍在がやっているのは“前座”の筈だったのだ。

踏みにじられたプライドを倍にして返し、その上で“本来の目的”を遂げる筈だった。

“だからわざわざ本当の自分”はこちらにいたのだ。

“偽装工作”も含めて。

ラインの自分が“遍在”を使えると普通思わないだろうし(実際一人では使えない)、魔法自体を知っている者もそんなに多くは無いだろう。

そんな自分が授業に出ているというのは大きなアリバイに繋がる。

相手は気に入らないと言っても公爵家の三女。

公爵家ともなれば逆にここまでの恥の隠匿に奔る可能性もあるだろうし、念には念を考慮してのアリバイ工作だったのだ。

これが上手く行けば後は“アイツ”だったのに。

握りしめた羽根ペンが軋みを上げ、もう限界だろうという時、

「ヴィリエ、授業は終わっているよ?どうしたんだい?」

ギーシュに声を掛けられる。

ハッと我に返ったヴィリエは、相手が“あの”ギーシュだと気付くと一睨みし、

「なんでもないさ」

立ち上がって教室を後にする。

「やれやれ、まだ根に持っているのかい?こちらが後腐れ無く話しかけているというのに」

ギーシュはそんなヴィリエに呆れるような声を出しながら、しかし何か訝しむようにしてヴィリエの背中を見つめていた。

蒼い少女は、とっくにいなくなっていた。




***




「遍在?」

「そう、“遍在”。“以前”見たことがあるからわかるわ」

ルイズは少し戸惑っているようなサイトに説明を始めた。

「本来、あの魔法はスクウェアメイジでないと使えない高位な魔法なんだけど……でもヴィリエはラインなのは間違い無いし、一体どうやって……」

「?」

サイトは魔法に関して詳しくない。

スクウェアというものもまだいまいち理解していなかった。

それでも、先ほどの少年が偽者、いわゆる影武者ないし影分身的な何かだったということはおぼろげながらに理解した。

(そ、そうか、そうだよな。ルイズにはきっと相手が遍在であることがわかっていたんだ。だからあんな近距離で魔法を……でなけりゃルイズが“あんな事をする筈無い”だろうし)

サイトは、冷静になって一瞬感じた一抹の不安を拭うと、ルイズの状態を見て……慌て始めた。

「ル、ルイズ!!それより怪我は無いのか!?さっき“なんとかカッター”とかいうので切られて無かったか!?」

ルイズのスカートは裂けていた。

太ももは露になり、見るも無残な姿だ。

それに先ほど確か一度“なんとかハンマー”とやらで吹き飛ばされもしたはずだ。

体験者だからわかるが、あれは結構痛い。

ルイズは今地面にぺたりと尻餅を付いているが、それすらも実は立てないほど傷が酷いのではないかとサイトの不安を煽る。

「そんなことよりサイトは?ああ!?手首に擦り傷があるじゃない!!頬もまだ赤く腫れているし!!」

だが、彼女は飽くまで自身よりもサイトの安否を優先した。

「馬鹿!!俺よりもお前だろう!?」

そんなサイトの怒声に、ルイズはあまり耳を傾けずサイトの手首を取る。

恐らく、風の魔法で縛られている時に相当無茶したのだろう。

幾分出血も見られる。

ルイズは泣きそうになりながらその手首の傷を舐めようとし、

「お、おい!?そんなことしなくていいって!!というか俺よりルイズはどうなんだってば!?」

慌ててサイトは手首を引っ込める。

「私は大丈夫、ヴィリエは私に傷をつけることだけはしなかったようだから」

ルイズは残念そうに肩を落とすと、サイトが首を傾げるようなことを言う。

「?どういうことだ?」

まさかあれだけやられて無傷だというのだろうか。

確かによく見ると、スカートは酷く裂けているものの出血は見られない。

体中泥だらけではあるが、それだけだ。

「恐らく、証拠を残さないためでしょうね」

ヴィリエとてそこまで馬鹿ではない、いやむしろ計算高いのだろう。

傷が無いということはやられた証拠が無い。

あるのは本人と使い魔の証言のみ。

使い魔は平民である事からその発言を低く見られるし、ルイズが親に告げ口して助けてもらおうとするほど自身のプライドが低くないことを理解していたのだろう。

ルイズは一瞬にしてヴィリエの思惑を読み取り、また、思惑通りに進んだ事を肌で感じた。

だがサイトにはそんな机上の理論など理解出来ないし、仮に出来たとしてもしたくは無いだろう。

故に、

「証拠?まぁよくわかんないけど一度部屋に戻ろう」

今はただルイズを気遣う。

「えっ?あ……」

サイトはデルフリンガーを鞘ごと背中から外すと、ルイズを背負う。

「サ、サササ、サイト……!?」

そんなサイトの積極的行動にルイズは顔を赤くし、

「そんな状態で歩いたらその……見えちゃうだろ!?俺が部屋まで連れて行ってやるから」

「……うん」

半ば無理矢理で背負って貰ったルイズは、しかしすぐにピトッと背に体重を預けサイトに擦り寄る。

(サイト、暖かい)

手に少し力を込めて首に回し、しっかりと抱きついたところで、サイトはルイズの椅子代わりにデルフの横腹をあてがい、デルフを後ろ手に持ちながらゆっくりと歩き出した。

(サイトの匂い)

ルイズはそんなサイトの気遣いに胸を打たれつつ、今朝嗅ぐ事の出来なかった“濃厚な”サイトの匂いを首筋から堪能し、微笑を浮かべる。

「……なぁ」

そうしていると、サイトから声をかけられた。

「なぁに?」

「貴族って、みんなあんな感じなのか?」

「あんなって……ヴィリエのこと?」

「ああ」

「そうね、みんなってわけじゃないけど、貴族は大抵プライドが高いわ。だから気に入らない事は時に徹底して気の済むまで何かをやる事があるの」

「メイジって貴族、なんだよな?」

「いいえ、貴族はメイジだけど、メイジが貴族であるとは限らないわ。“αならばβである”ね」

「???」

「貴族で無くなったメイジもたくさんいるの。中には悪い事をする人だってね」

「ヴィリエって奴みたいに、か」

「ヴィリエは一応貴族よ?悪いからって貴族じゃないとは限らない。それにここは貴族の子が通う学院ですもの」

「貴族……メイジ……遍在……」

「サイト?どうかした?」

「いや、なんでもない。そうだ、遍在って風の“すくうぇあすぺる”だったっけ?」

「そうよ」

「風のメイジ……」

サイトは話をするにつれどんどん表情が険しくなり、目を釣り上げていく。

「サイト?」

ルイズは訝しげにサイトの後ろから見た横顔を見つめ、

「俺、風のメイジって、嫌いだ」

そんなサイトの言葉を聞いた。

それきりサイトは黙る。

ルイズはいまいち要領を得なかったが、それでも自分以外の者を嫌いだと言ったサイトに対して多少の歓喜の念を覚えていていた。

そう、ルイズでさえこの時からサイトに生まれたある一つの感情には気付かなかった。

類稀なる平民の極端な狭い範囲でのメイジ嫌い。

メイジが嫌いな平民は多くとも、ここまで限定されたメイジ嫌いはそういないだろう。




風のメイジ、それも遍在を使用するメイジを、サイトはこの日から異常に嫌うようになっていた。












あとがき

皆様明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
まだ正月ボケが抜け切っていないため、しばらく更新がまちまちになるかもしれませんが(オイ)今年も頑張ります。



[13978] 第二十三話【補充】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/01/14 20:10
第二十三話【補充】


ルイズがぴったりとくっつき、サイトは珍しく恥ずかしがる素振りも無く背負って歩く。

そんなサイトにルイズは満足し、サイトのうなじに顔を埋め再び匂いを嗅いではふうっと息を吐く。

その吐息を感じたサイトが、長いシルクのような桃色の髪が肌に触れるくすぐったさと相まって体を震わせ、それが面白くてルイズは益々笑みを強める。

そんなことを繰り返しながら、ようやくとルイズの部屋の前まで二人が来た時、



「やぁ、こんな所で何をしているんだい?」



笑顔一転、ルイズの眉間に皺が寄った。




***




「ヴィリエ?ああ、彼なら授業に出ていたよ」

部屋の前で会ったのはギーシュだった。

彼は授業が終わった後、顔を見せなかったルイズとサイトを心配して訪問に来たとのことだった。

もっとも、

「へぇ、そう。まぁそんなことだろうとは思ったけど」

心配されていたルイズはどこか素っ気ない。

部屋にギーシュを招き入れてからというもの、ルイズは不機嫌になっていた。

「で、そのヴィリエがルイズのスカートを魔法で切り裂いたというのは本当なのかい?」

しかしギーシュは全く気にしていない。

もしかしたらそんなルイズの変化に気付いていないのかもしれない。

「ああ、そうなんだ」

そしてもう一人気付いていないであろう人物、サイトがやや睨むような視線のルイズに変わって真摯な姿勢でギーシュと向き合う。

……また、ルイズの眉間に皺が寄る。

「そう、か。ヴィリエがそんなことを……おかしいとは思ったんだ。普段から授業を休もうとはしない勤勉なルイズが無断欠席なんて」

「ああ、本っ当に腹が立ったよアイツ。今度会ったらぶっ飛ばしてやる!!」

サイトが意気込みながら強くデルフリンガーを握りしめる。

そこにヴィリエがいたら、今にも飛びかかるような勢いだ。

「いや、止めておいたほうがいい」

だが、ギーシュはそんなサイトの意気込みに水を差した。

「なんで!?」

もちろんサイトは納得がいかない。

先程から一切サイトに話しかけられないルイズはもっと納得がいかない。

「相手は貴族だ、残念だけどサイト、平民の君がヴィリエに何かしたら悪いのは君になってしまう」

「なんだよそれ!!」

「そういうものなのさ。運が悪いと君の主であるルイズにまで類が及ぶよ?」

「くそっ、じゃあどうしたら……」

納得いかなげにサイトは歯がみする。

自分が悪者になるのはまだいい。

しかしルイズまで自分の行動で悪者にするわけにはいかない。

サイトは無意識にそう考え、ままならない現状に苛立ち始める。

サイトが今だ自分の方を見てくれないことにルイズも苛立ち始める。

「ここは、僕に任せてくれないか」

だが、そんなサイトとルイズの葛藤を知ってか知らずか、ギーシュはそう提案した。

「貴族として、こんな現状を知ってしまった以上、放っておきたくはないし、何より彼にはちゃんと言い含めたんだ。“また君が貴族の誇りを汚すようなことがあったらその限りじゃない”とね」

それは、ギーシュがヴェストリの広場でヴィリエに最後にかけた言葉。

彼もまた、サイトとは同じで違う怒りを覚えていた。

女性を傷つけようとするその行動自体も許せない、が、何より。

“貴族”としての“矜持”無き行動を、黙認したくは無かった。

「それじゃあね、くれぐれも君は貴族相手に無理はしないでくれよ。君がいなくなったら学院が少しつまらなくなるからね」

ギーシュはそう言うと、ルイズの部屋を退出した。

「あ……!!」

今だ納得のいかないサイトは後を追おうとして……腕を掴まれる。

今だ納得のいかないルイズが頬を膨らませてサイトを見つめていた。

「ル、ルイズ?」

「行っちゃ駄目よ」

「な、何だよ、ルイズも貴族には逆らうなって言うのか?」

サイトが少し怒ったように言った言葉に、

「いいえ」

ルイズはおかしな返答を即答した。

「へ?」

さっきのギーシュの話もあったし、否定されるとは思っていなかった。

いや、否定されたかったから、むしろ良いのだけれど。

「じゃ、じゃあなんなんだよ?」

「行っちゃ、やだ」

ふるるっとルイズは震え、視線を落とす。

しかし腕はがっしりと掴んだまま離さない。

サイトは困惑しながらも、ルイズを見て閃く物があった。

「もしかして、お前やっぱり痛い所があるのか!?」

「……へ?」

サイトには、ルイズが何かに耐えているような、そんな態度に見えた。

それはそう、まるで痛みを耐えるかのようで。

事実、ルイズは耐えてはいたのだ。

サイトがこちらを見てくれないということに。

今朝、サイト分を補充しなかったせいも相まって、サイト分の枯渇が深刻で、補充が必要だった。

先程、サイトに背負ってもらっていなければこの限界はもっと速くに現れていただろう。

「何処だ?やっぱり怪我してたのか?痛い所は?」

「えっと、怪我はしてない、けど……でも痛い」

「はぁ?」

サイトは意味がわからない。

怪我は無い。

これは広場での言動と一致する。

でも痛い。

何だろうこの矛盾は。

「……痛いの、辛いの」

サイトの腕を掴む力が一層強くなる。

「わ、わかったからとりあえず手を離してくれ」

こっちも流石にちょっと痛い。

「……何処にも行かない?」

「行かないって。あ、でも医者とか呼んだ方がい「必要無いわ」……そ、そうか」

有無を言わさずにルイズに言葉を切られ、サイトは苦笑する。

子供のように不安気なルイズが少し珍しかった。

「で、俺はどうすればいい?何かやって欲しいことがあるんだろ?」

そうでなければあんなに必死に外出を止められないだろうとサイトは思う。

「じゃあそこに座って」

ルイズはようやく安心したように腕を離し、サイトをベッドに座らせる。

「?こうか?」

サイトは言われたとおり天蓋付きの大きなベッドに腰掛ける。

ルイズは素早く隣に座ると頭を傾けサイトに体重を預け始めた。

「お、おい?これに何の意味があるんだ?何処か痛いんじゃ無かったのか?」

「……サイトには、傍にいてもらわないと」

サイトの慌てた声に、ルイズはようやく普段の“大人びたような態度”で微笑んだ。

「と、とりあえず何処も痛くないなら授業行かないのか?今日はまだあるんだろ?」

そんな姿にサイトはドギマギして、何とかこの場を脱しようと思いついた打開策を打ち出し、

「そうね……サボるわ」

バッサリと切られる。

(本当に普段は授業を休まない勤勉なのか?)

そう疑いたくなるほど実にあっさりしたルイズの返事に、サイトは困惑と共に心臓の鼓動を早める。

ルイズは目を閉じて安心しきったように体を預けている。

半身に生暖かく感じる女性特有の柔らかさと良い匂い。

平賀才人十七歳。

可愛い女の子に寄りかかられて平静を保って居られるほど、人生経験が豊富では無い。

心臓の鼓動が早くなるにつれて、都合の良い妄想やよからぬ事も多少想像してしまい、慌ててそれを打ち消す。

表情が緩んでは引き締める。

何処か疲れたような顔になりながらもサイトはそれを続ける。

だが当のルイズはそんなサイトのことは気にせず、じっくりとサイトが傍にいるという状況を堪能……もといサイト分補充を図るのだった。




***




長いブラウンの髪の少女は、両手にノートを抱えながら歩いていた。

髪と同じ色をしたマントが、彼女は学院中最も低学年の生徒だと教えてくれる。

「はぁ……」

少女は重く軽い溜息を吐く。

昨日は失恋とも呼べる出来事があったのだから無理も無い。

無理も無い、のだが……。

「悲しいのに、そんなに悲しさを感じない。私はどうしてしまったのかしら」

初めての恋と呼べる物であったと思う。

彼の真摯的な言葉に踊らされていただけなのかもしれないが、それでも確かにそこにはときめきがあった。

だというのに。

「もっと、ふさぎ込むかと思っていたのに」

自分の性格は熟知している。

決して暗い方では無いが、振られて……否、浮気が発覚して関係が崩れてもすぐに普段通りで居られるほど自身の精神が強いとは思っていない。

ぎゅっとノートを握りしめる。

思えば、今日は手作りお菓子のバスケットを持ち歩いていない。

彼、ギーシュに口説かれた日から毎日作っては持ち歩いていたせいか、今日は体が軽い。

その軽さが、自分の今の気持ちをわからなくして、悩ませる。

少女、ケティ・ド・ラ・ロッタはそんなモヤモヤした状態のまま昨日からずっと過ごしていた。

友人に相談しようかとも迷ったが、結局止めた。

そんな話をしても友人達の話の肴になってしまうのは目に見えている。

そうしてもう一度溜息を吐き、ふと気付くと先の通路を曲がる見覚えのある背中があった。

「……あれは」

いつの日か垣間見た真面目な表情。

何を考え、何を見ていたのかはわからない。

それでも、今のこの燻るような理由のわからない気持ちをどうにかしたくて、つい急ぎ足で“あの人”の背中を追い……足を止めた。

声が聞こえたのだ。

それは聞き覚えのある声で。

ケティは曲がり角を曲がらず、覗くようにして通路の先を見る。

そこには、やはりというかケティの混迷最大の要因、

「ギーシュ、さま……?」

金髪の美少年、ギーシュ・ド・グラモンが彼の人の前に立っていた。



[13978] 第二十四話【貴族】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/01/26 20:15
第二十四話【貴族】


嫌な奴に会った。

ヴィリエはこの時、この状況をその程度にしか考えなかった。

「やぁ、ヴィリエ」

だから、この貼り付けたような笑みの相手に憤慨をぶつける。

「……ふん、気安く話しかけないでくれないか」

さっきの授業後といい、どうしてこうもこいつは空気が読めないのだろうか。

「相変わらずだね、君は。まぁ数十分やそこらで人は変われないものだけど」

「そんなの当たり前だろう?」

何が言いたいのだ、こいつは。

「当たり前、か。そういえば今まで講義を休まないのが当たり前だったルイズが今日は講義を休んだね。珍しいこともあるもんだ。今日は韻竜の涙でも降るかも知れないね」

ルイズ?

今一番聞きたくない名前だ。

「どうでもいいさ、そんなこと」

「へぇ、そうかい?」

……なんだ?

やけに絡んでくるな。

まさか次のギーシュの狙いがルイズなのか?それとも……今朝の件を嗅ぎ回ってるのか?

自然、ヴィリエの口端に笑みが零れる。

「どうした?随分とルイズの話に食いつくじゃないか」

「まぁ、サイトの主人、だからね」

ギーシュは肩を竦めるようにして言う。

「サイト?ああ、あの平民か」

ヴェストリの広場での決闘を思い出してヴィリエは煮え湯を飲んだような表情になる。

全く、ルイズといい平民の使い魔といいもっと身の程を弁えろというのだ。

「ああ、貴族である君に勝ったあの平民さ」

「……なんだって?僕は負けてないと言ったろう!?」

どうしてこう、こいつは僕の苛立つことばかり言うんだ。

「いや、いい加減認めるべきだよ、君はサイトにもルイズにも負けているんだ」

「ふざけるな!!」

「ふざけてなんかいないさ、現に君は決闘で剣を持った彼に手も足も出なかったじゃないか」

「あれはお前が剣に何かしたからだろう!?」

「まだそんなことを言ってるのかい?」

やれやれ、とギーシュは呆れたように手を振った。

「いい加減にしろ!!僕はラインメイジの貴族だぞ?ゼロのルイズや平民なんかに負けるわけ無いだろう!!」

ヴィリエは憤慨し、ギーシュを睨み付ける。

「話にならないな、全く」

ギーシュの呆れ声にヴィリエは不愉快だとばかりに背を向け何処かに行こうとし、そんな彼の背に向かってギーシュが小さく言葉を漏らす。

「あ、そうそう、今朝何かあったのか、僕がルイズを尋ねたらは彼女は随分とボロボロだったんだ。どうしてだろうね?」

「興味無いね、ゼロらしく何処かで転んだんじゃ無いのか?“裂けたスカート”のまま人目につくような無様はしないで欲しいところだね」

ヴィリエはそう吐き捨て、これ以上話すことは無いとその場を離れようとして……肩を掴まれた。

「何をする?離せ!!」

ヴィリエは肩を無理矢理引っ張るがギーシュは離さない。

「今君はルイズのスカートについて言及したね?それはつまり、君はルイズのスカートが裂けているという事を知ってたということだ」

「っ!!」

ヴィリエは息を呑む。

つい、口が滑ってしまった。

「信じたくは無いが君は本当にルイズやサイトに手を出したんだね、それもまた卑怯な手を使って」

「お、お前には関係ない!!」

ヴィリエは焦りから勢いをつけてギーシュから飛びのき杖を構える。

「む!?」

ギーシュもそれに身構えようとして、



「止めて!!」



一人の少女が乱入してきた。




***




ケティ・ド・ラ・ロッタは我慢できなかった。

ちゃんと声は聞こえていないが、どうもギーシュがヴィリエを責めるような物言いを感じる。

昨日の事もあってか、あまりギーシュに良いものを感じなくなったケティは、以前から正体不明の感情を持つヴィリエに内心で味方していた。

じっと隠れながら二人を見つめていると、二人は段々と険悪になっていき、とうとうヴィリエは怒ってギーシュに背を向けてしまった。

しかしギーシュはそんなヴィリエに対し肩を掴む。

ケティからはそういうふうに見えていた。

怒ったヴィリエに対してギーシュがさらに茶々を入れようとしているのではないか。

どうにもそれが許せなくて、ケティは飛び出した。

飛び出してしまった。

「ケティ!?」

驚くギーシュ。

これで私はこの人を護れたと思い、一種の自己満足にも似た感情を抱きながら横目でヴィリエの方を見ると、そこには彼女の知らない顔を見せるヴィリエが杖を振っていた。




***




ギーシュは考えるよりも先に腕が伸びた。

クンッと力一杯腕を引いて相手を引き寄せる。

ザシュッ!!

マントの裂ける音と同時に左足に痛みを感じた。

恐らくかすっている。

かすっているだけでこの痛み。

やはり、ラインなだけあってヴィリエの魔法は確かに強力だった。

「ヴィリエ……!!」

踏ん張って転びそうになる体勢を立て直す。

正直左足が痛いが、そうも言っていられない。

腕の中には、何が起きたのかわからないというような表情の少女がいるのだから。

背伸びをしてここは踏ん張る。

「君は今何をしたかわかっているのか……?」

ギーシュは出来るだけ表情には出ないように、しかしその二枚目の顔には汗を大量に貼り付けてヴィリエを睨みつける。

「ふ、ふん、その女が急に出てくるのが悪いんじゃないか。それに元はといえばお前が僕の肩を掴むからだ」

ヴィリエはそうギーシュに責任を擦り付けるような物言いをするが、流石に顔には覇気が無い。

まさかこんなことになるとは思っていなかったのだ。

おまけに今回はちゃんと貴族の証人がいるから言い逃れも出来ないかもしれない。

使ったのは細かいたくさんの風の刃、エア・カッターの応用だった。

状態を見る限り重傷では無さそうだが、それでもヴィリエは心を乱した。

「そうか」

だが、ヴィリエの内心の焦りとは裏腹に、ギーシュは急に冷静になったかと思うと、低い声を絞り出した。

「君には言っておいたね、“また君が貴族の誇りを汚すようなことがあったらその限りじゃない”と」

ギーシュが赤い薔薇を振ると、そこにはスッと人間の女性が甲冑を着たような青銅の騎士、ワルキューレが現れる。

もう一振りすると同時に二体がヴィリエの背後に現れ、計三体のワルキューレにヴィリエは囲まれた。

「な、何だよっ!!」

ヴィリエは杖を振ろうとして……腕をワルキューレに掴まれた。

これでは杖が振れない。

「なっ!?卑怯だぞ!!離せ!!魔法で勝負しろ!!」

「魔法で勝負、しているじゃないか」

魔法で勝負、ということならこれはもう勝負がついている。

ギーシュの魔法、“錬金”によって生み出されたワルキューレがヴィリエの魔法行使を阻止した。

それで終わり。

勝敗は明らかだった。

「ワルキューレ」

ギーシュが声をかけるとワルキューレはヴィリエの腕を掴む力を強くし始める。

「う、うぁあああ……!!」

あまりの痛みにヴィリエは杖を持っていられず、コトンと杖を落とした。

「本当なら、このままワルキューレに君を殴らせるところだけど」

ギーシュは、チラリと怯えたままのケティを見て、ふぅと息を吐き、

「レディの目の前でこんなことをするのは僕の貴族としての矜持が許さないからね。今日はこれくらいにしておくよ」

その声と同時にヴィリエの腕を掴んでいたワルキューレが消える。

バタッとその場に座り込むヴィリエ。

そんなヴィリエにギーシュは、

「けど、次何かあったら……その時は君の杖を折るよ」

顔も向けずにそう投げかけ、ケティを連れてその場を後にした。

「……畜、生……っ!!」

悔しそうなヴィリエの声だけが、その場に小さく響いた。




***




どうして?

ケティはそんな疑問で一杯だった。

今回、明らかに自分はギーシュに護られた。

あの人が理解できない。

自分の事は遊びでは無かったのか。

けど、あのたくましく優しい声からはとてもそんなものを感じることは出来なかった。

まるで昨日のことが嘘のようだ。

もしかしたら、自分は心の中ではずっとそう思っていて、だから悲しく無かったのかもしれない。

だけど、昨日の裏切りともとれる行為をそう簡単に無くす事も出来ない。

ギーシュの真意が、本心が知りたい。

ケティはそう思うようになっていた。

本人に聞いてもはぐらかされてしまうだろうし、一緒にいたミス・モンモランシーでは駄目だと本能が訴える。

では……と考えた時、一人心当たりのある人物に行き当たった。

(そうだ、あの人なら……!!)

街でギーシュと一緒にいた平民の男の子。

確か上級生の使い魔。

(あの人はギーシュ様と仲が良さそうだったから何か知っているかもしれない)

ケティはそう思いつくと、これは名案だと思い、今度その時の平民にギーシュのことを尋ねる事を決意した。

(そうだ、お礼にクッキーでも持っていけば印象もいいかな)

そんなケティの今後の予定が、とある少女の逆鱗に触れるとは、この時は思わない。




***




「サイト……ふふふ」

サイトとこうしてすでに一時間。

サイトはいつの間にか眠ってしまっていた。

ルイズはサイトを横に倒すと、自身の膝に頭を乗せてあげる。

そのままサイトの頭を優しく撫でながら、

「やっぱり眠ったわね、可愛いわ、サイト」

妖美な笑みを浮かべてサイトを見つめる。

ルイズにはわかっていた。

こうしていれば、いずれ緊張したサイトが眠ってしまうであろうことを。

だが眠ったなら眠ったでサイトは離れずに傍にいるのだ。

特に文句は無い。

だからこそ、“眠ってもらった”のだ。

サイトの腕を取り、サイトの手首に出来た赤い傷跡を眺めて……ペロリと舐める。

すでに傷口はふさがっているのだろうがそれでも。

ルイズにとってサイトが傷つくのは我慢のならないことだった。

ルイズはサイトの頭を撫でる手の優しさはそのままに、しかしガラリと雰囲気の変わった声で、

「それで、デルフリンガー……?」

壁に立てかけられている剣に話しかける。

サイトに眠ってもらった理由のもう一つが、これだった。

『ま、待て娘っ子!!落ち着け!!』

カチカチと音を立てて慌てた声を出すデルフリンガー。

「問答は無用よ、あまりうるさくするとサイトが起きると前にも言ったでしょう?」

だがルイズの静かな声が逆に威圧的にデルフを突き刺し、剣ながらにしてその研ぎ澄まされた鋭さにビクリと震える。

「だいたい、貴方は何をしてたの?ヴィリエには捕まるわ、サイトに傷を負わせるわ、ギリギリまで覚醒しないわ、これがどういうことかわかってるの?貴方」

『い、いや俺ももう“随分と永いこと生きてる”から物忘れが……』

「……それが言い訳?それとも最後の言葉?」

駄目だった無駄だった絶望だった。

今のルイズには、サイトを護れなかったデルフを許容するほどの余裕は無い。

じゃあ、今じゃなければあるのかと聞かれると、恐らくそんな時はいつまで経っても来ないのだが。

『ま、待て、待ってくれ!!“アレ”はもう勘弁してくれ!!俺が悪かった!!もうちょっとちゃんとするから!!』

こうなってはもはや無理だと悟ったデルフリンガーはがむしゃらになって懇願するが、



「O・SHI・O・KI・よ」



無常にもその願いが聞き入れられる事は無い。

優しいサイトの頭を撫でる手つきとは裏腹に、人を呪い殺せるのではないかというほどの声でルイズはデルフに死刑執行を告げる。



『か、勘弁してくれぇぇぇぇぇぇ!!』



デルフのむせび泣くような声が、静かに部屋に木霊した。




***




廊下で二人の男女の背を見る少女が一人。

手に持っているお気に入りの香水にわざわざラッピングまでした袋を強く握り締める。

「……ギーシュ……ッ!!」

縦に長い金髪ロールがしなやかに揺れた。



[13978] 第二十五話【髪梳】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/01/26 20:22
第二十五話【髪梳】


「うむ、用件は理解した」

真っ白な長い髪を伸ばし、これまた長い白髭を生やした老魔法使いであるトリステイン魔法学院の学院長オスマンは、国の特使として来たメイジに返事を返した。

「御理解が早く助かりますよ、学院長」

「何を言うておる、理解を求めるのではなく言うことを聞かせに来たのじゃろう?」

「おや、まだその達者な口は健在、ですかな“ミスタ・オスマン”」

オスマンの前にいる男は、目上であるオスマンに対し、まるで引くと言うことを知らない。

余程自分の腕に自信があるのか身分の為か、男は自信たっぷりに胸を張ってオスマンがサインした書状を手に取る。

「まぁ、今日はこの伝令役と“学院の視察”のみですから気にしないでください、それでは」

クルリと細く丸まった髭を生やし、赤いスーツに白く丸い襟巻きをした男は頭を一つ下げると軽い足取りでオスマンに背を向ける。

バタンと扉が閉まり、学院長室にはオスマン一人……否、

「………………」

「おお、モートソグニル」

白い鼠とオスマンの一人と一匹になる。

オスマンは自身の使い魔である白鼠のモートソグニルの頭を優しく撫でると、袖からナッツを取り出し食べさせ、

「モット伯、か。また厄介事が増えなければいいのじゃが……」

遠い目をしながら扉の先を見つめる。

あのモット伯という男は、度々学院に王宮からの連絡を届けては“何かしら”をやっていく。

ただでさえこれから“大きな案件”を持たなければならない時に、それは勘弁願いたい。

尚、その願望はもう少ししたら戻ってくるモット伯によってあっけなく崩されることになるが、それを今のオスマンが知る由は無い。

手元には、最近巷を賑わせている怪盗“土くれのフーケ”への警戒と、数日後に開催される今年の二年生が新たに呼び出した使い魔のお披露目品評会の日程の書類が散らばっていた。

オスマンはそれらに目を落とし、重そうに息を吐く。

魔法学院の学院長には多大な責務が付きまとう。

なまじ優秀なメイジを教諭として集めているだけに、防備という点での安全性を買われて国の宝物をも預かり、各国有数の貴族が在学しているのだ。

何か起きた時、問題を背負うのは学院長。

オスマンとて齢を重ねていてもそれだけの重圧を軽々しく背負うことは難しい。

しかし、事が国の命令であるならば、大抵の事は受け入れなければならないのも世の常である。

今回の大きな案件、事は国そのものと言って良いほどに大きなことなのだ。

オスマンは頭を抱え、

「今日は教師連中集めて会議じゃのう……はぁ……この年になると夜ははよう眠りたいわい」

そう一人ごちた。

普段ならのほほんと執務をこなすか、“遠見の魔法”で学院を見て回るかはたまた散歩か、重圧から逃れる為にするリフレッシュを今日はお客が来たために出来なかった。

その為、それがオスマンの心労とストレスを増大させ、彼の鋭敏な感覚と冷静さを緩ませ、普段なら気付くであろう事にも気付かない。

授業時間中の為、誰もいない筈の広場の方で魔法の行使があったことに。

そして、いつもなら何かとうるさく言ってくる秘書が、姿を消していることに。

それ故かの少年は公式に罰せられることなく、また、秘書の行動を知る者もいない。

こうして、歯車がまた一つカチリと音無き音を立てて当て嵌る。




***




「んなこと言ったって……!!」

「お願い、私そうしてもらわないともう我慢できない!!」

サイトは困っていた。

非常に、かつこの上ない程困っていた。

時間は数分前に遡る。




***




目が覚めて最初に見たのは、うつらうつらと頭を上下させるルイズだった。

それも真正面。

どうやら自分は膝枕されていたらしい。

恐らく、ルイズは眠った自分を気遣って膝枕してくれていたのだろうとアタリを付けながら体を起こすと、

「……っと」

ルイズが横に倒れそうになり、それを慌てて受け止める。

「……スゥ……スゥ……」

どうやらルイズも眠ってしまっていたようだ。

ルイズの隣に座って、当初の体勢でルイズを支える。

起こすのは可哀想だし、男が膝枕しても、との考えからだ。

何故かこの時、ルイズ一人をベッドで横にさせるという考えは起きなかった。

もしかしたら、こうやって無防備に眠っているルイズの体温を、もう少し感じていたかったからなのかもしれない。

隣を見れば、小さい寝息を立てていい匂いを漂わせながら眠るルイズ。

いつもの可愛らしい光り輝く瞳は閉じられ、頬は柔らかそうに薄く髪色に染まっている。

長い桃色の髪が寝息の小さな振動ごとに細かく動き、その絹のように柔らかい髪質をサイトに感じさせる。

「柔らかい、なぁ」

サイトはそう小さく漏らすと、何気なく、本当に何気なくルイズの髪を指で梳いた。

サラリと指から零れるように流れる髪はしなやかで、美しいと感じさせる神々しさをも含んでいる。

「……すっげぇ」

感心したようにサイトがもう一度指で髪を梳いた時、

「……ん……ぅん……?」

ルイズが薄く瞼を開いた。

「あ、起こしちまった?」

「う……サイト?もう起きてたの?」

慌てるサイトだが、ルイズは全く気にした様子も無く、むしろ目が覚めて彼の顔が至近距離にあった事に至福すら感じていた。

(サイトが近い……ううん、もっと近くても良い……ん?)

ルイズがぼんやりする思考でサイトとの距離を把握していると、髪に素晴らしい感触を感じた。

ゾクゾクゾクッ!!

ああ、今日は何という良い日なのだろうか!!

「サ、サイト……?え、髪……?」

「え?あ、ああ…わりぃ!!」

サイトはルイズが目を覚ました事に気を取られ、手を動かすのを忘れていた。

必然的にルイズの髪の中に取り残されたサイトの指は、ようやく機能を思い出したかのようにサラリと髪をすり抜け、引き抜かれる。

「!!あ、ダメ!!」

だが、それにルイズは不満を漏らした。

「?」

中に手を浮かせたままサイトは首を傾げる。

恐らく不快だろうと指を引き抜いたはいいが、どうにもルイズは先ほどとは一転して不満顔……というより悲しげな顔だ。

「な、何だ……?」

「ちょっ……!?何で抜くの?今のもう一回やって!!」

ルイズが半泣きになりながらサイトの胸ぐらを弱々しく掴んで懇願する。

「……はい?」

サイトはルイズの勢いに気圧されながら焦り出す。

近い、とにかく顔が近い、体も近い、っていうか全体が近い。

「ねぇ、ねぇってば、お願い!!」

「んなこと言ったって……!!」

「お願い、私そうしてもらわないともう我慢できない!!」

かくして、サイトは何度目かの悩める少年へとなったのである。

だがそうして問答を続けるうち、サイトは段々近づくルイズに鬼気迫る物を感じ始め、

「わ、わかった、わかったから!!」

渋々と了承の言葉を出す。

「ホント!?やった!!」

ルイズは一転して笑顔になると、じっと正面に座ったままニコニコしながら今か今かと待っている。

心なしか、

(は・や・く・♪・は・や・く・♪)

といようなルイズの心の声が聞こえて来そうだ。

普段、サイトから見て何処か“大人っぽく見える”ルイズだが、やはり年相応の女の子。

サイトはやれやれと内心息づくと、何が楽しみなんだろうと不思議に思いながら、

「じゃああっち向いてくれ」

自分の顔を見続けるルイズに自分の顔とは反対側、部屋の扉側を見るようにお願いする。

「……むぅ」

その言葉に少しルイズは不満そうになる。

髪は触ってもらいたいがサイトの顔も見ていたい。

が、今回は新しい感覚を得る方に天秤が傾いた。

ルイズはぱっと扉の方に回れ右してベッドに座り直す。

サイトはそれに苦笑しながら、

「よっと」

ルイズを文字通り『持ち上げる』と自身の膝へと座らせる。

今までの経験から、これぐらいでは別に怒らないだろうと思ったのだ。

それに真後ろの方からのほうがやりやすいし、恥ずかしくない。

「●×▲■!?」

しかし当のルイズ本人と言えば、ビクビクビクッと体を震わせ、次いで脱力したように体が倒れかかる。

「お、おい?」

サイトは心配そうに尋ねるが、如何せん位置が悪かった。

ルイズが倒れそうだったから自分に引き寄せるようにして引っ張り、さらに声をかける。

そのような事をすれば当然ルイズはサイトの声を至近距離、耳にいつもより近い所で聞くことになる。

「はふぅぅぅ……!!」

ルイズは大きく息を吐いて、あまりに自身を駆けめぐる幸福感を外においやってしまった。

そうしてしまってから、何てMOTTAINAIことをしたと後悔する間も無く、

サラリ。

その感触はやってきた。

「!!」

「こ、こんなんでいいのか?」

転びそうになったルイズの体勢が戻ったと思ったサイトは、ルイズの望みそのままに指でその髪を梳いていた。

「あ、あ、い、いい……」

ルイズはそう言うのがやっとだった。

何年、サイトの感触を待っただろう?

何十年、サイトの触感に恋い焦がれただろう?

今、そのサイト本人の指が、文字通り髪の毛の先まで感じられるというこの充足感。

今朝足りないと感じたサイト分も、この為の伏線だったと思えば釣りが来る。

いや、実際問題余ったら余っただけ貯蓄するのでお釣りが出るなどという概念は無いのだが。

そもそもサイト分はいくら貯蓄しようと、無くなる時は数秒で無くなってしまうのだ。

そんなお釣りなんてMOTTAINAI。

……閑話休題。

そうしてルイズは、またも幸せの絶頂にいた。

「ルイズの髪、柔らかくて気持ちいいよな」

また、耳元で発せられるサイトの声がルイズにとってこの上ないメロディとなる。

たとえ宮廷音楽家の最高のメロディだろうと、サイトの声には足下にも及ばない。

いや、比べるだけでもおこがましい。

「きっと良いシャンプー使ってるんだろうなぁ」

「何言ってるの?同じ奴使ってるじゃない」

「え?あ、そういやそうか」

サイトは自身の風呂状況を鑑み直し、ルイズの弁に納得する。

「さて、こんなもんで良いか?」

サイトが手を止め、サラリと流れる髪から指を引き抜く。

「え……あ、もうちょっと」

「おいおい、もうだいぶ遅い時間だぞ?飯食いに行こうぜ?よく考えたら俺朝飯も昼飯も食べて無いし」

「……そうね、わかったわ」

ルイズはサイトのお腹事情を察して腰を上げる。

本当はもっとしていてもらいたかった。

ルイズにとってサイトは食事をするよりも大切な事なのだ。

その証拠に彼女は“以前”、ほとんど食事を摂らなくなった実績がある。

だが、それ以上に今彼女はサイトの頼みを優先したいのだ。

(明日から、朝の髪の手入れはサイトに素手でやってもらおうかしら)

だからそんな事を考えつつ、ルイズはサイト共に部屋を後に……、

「?」

扉が少し開いている。

もしかしたら閉め忘れていたのかもしれない。

いや、確かに閉めた気はする。

「ルイズー?」

サイトの自身を呼ぶ声にルイズはぱっとサイトの方に意識を向け直す。

「どうかしたのか?」

「ううん、何でも無い。さ、行こう」

扉の事はまぁいいや、とルイズは思いながら二人で部屋を後にした。



[13978] 第二十六話【輪廻】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/02/05 17:33
第二十六話【輪廻】


少女は、悩ましげな表情で歩いていた。

(最近サイトさんに会っていない)

その少女はメイドだった。

少女はメイドの身でありながら、給仕以外の事を考える。

それは特別糾弾されるような事では無く、むしろ普通の事と言っても良い。

だが、その考えの奥にある気持ちが強くなりつつあるのには若干の問題を孕んでいた。

(もっとサイトさんと親しくなりたい)

ここ最近、会っても簡単な挨拶を交わす程度。

それにいつも彼の傍には主である“彼女”がいる。

どうにも彼女には、“先の一件”以来少し敵視されているような気がするので、“誤解”を解いておきたい。

自分は“サイトと仲良くなりたいだけ”なのだから。

トリステイン魔法学院所属メイド、シエスタはその黒い髪と瞳を揺らしてそう思っていた。

だが、日々を重ねる事に彼女の思考は焦りを感じ始めていた。

何せ、サイトと話す機会が無いのだ。

このままではいつまで経ってもサイトとの距離を詰められない。

焦躁は彼女の心を逸らせ、彼女に足を突き動かさせる。

普段の彼女なら、そんなことは無かっただろう。

だが、彼女にもわからない何かが早く仲良くなりたいと、この空いた時間に彼のいるであろう部屋へと足を急かす。

そうして着いたルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール嬢の部屋の前。

彼の人は彼女の使い魔である以上、ここにいる筈だ。

そう思って自分の内から沸き立つように出て来る要望に添って部屋をノックしようとした時、中から声が聞こえた。


『こ、こんなんでいいのか?』


それは親しくなりたかった少年の声。

シエスタは中の様子が気になって、いけない事だと知りつつも部屋の戸を小さく開けた。

メイドをやるようになって、音を立てずに戸を開ける技術はだいぶ身に付いたのだ。

中では、驚くべき事に少年が貴族である主人の髪を撫でていた。

どういう状況なのかはわからない。


『ルイズの髪、柔らかくて気持ちいいよな』


しかし、一つ彼女にとって重要な言葉があった。

(サイトさんは髪が柔らかい女性が好み……?)

シエスタに衝撃が奔る。

シエスタとて女の子。

髪の手入れには気を使っているし、自信は少々あるのだ。

しかし比較相手が貴族となればそれはどうなるかわからない。

「こうしちゃいられない……!!」

シエスタは駆けだした。

サイトの使用シャンプーの話を聞くことなく、自身の髪の手入れの為に。

それからルイズ達が部屋を出たのは、僅か数分後の事だった。




***




「おや、今の娘は……」

学院長室で話を終え、“視察”がてら学院内を歩いていたモット伯は自身の横を通り過ぎる黒い髪のメイドに目を奪われた。

「ふむ……」

密かな自慢の自身の髭をなぞり、息を小さく吐く。

「悪くない素材だ」

そう呟くと、モット泊は気分を良くしてさらに歩を進め……目を見開いた。

向こうから長い桃色の髪の少女が少年と歩いてくる。

少女は服装からしてここの生徒、つまりはメイジであり貴族だろう。

少女はモット伯になど目もくれず、少年と楽しそうに話しながら通り過ぎていく。

今だ未発達ながらスラリとした細い足。

未発達故の小柄さ。

そして何よりあの愛らしさ。

「彼女が生徒、貴族で無ければ……残念だ、ああしかし……うぬぅ……」

モット伯は、すれ違った少女の事が頭から離れない。

「ああ、なんと罪作りな娘なのだ、あの小さく細い足、小柄な体……そうだ、名前を調べねばなるまい、どこぞの弱小貴族であればあるいは……!!」

モット伯は息を荒くして足早に学院長室へと戻り始める。

「そういえば先程少年と歩いていたな、よもやボーイフレンドということでもあるまいが……」

自分の気に入った少女が他の男といるのが少々、いやかなり気に入らない。

だいたい、服装からして平民のようだった。

「ふむぅ……!!」

モット伯は、合わせてその少年のことも調べ、必要であれば何かしらの事をしようと決意した。

鼻息を荒くする王宮からの使いであるモット伯、もとい幼女趣味オヤヂ、もといロリコンのこの行動が、後に彼の地位の失脚に繋がるとは、この時は思わない。




***




コンコン。

部屋をノックする女性が一人。

「………………」

しかし反応は返って来ない。

「……あれ?いないのでしょうか」

手には藁で編まれたバスケットを持ち、中々に良い匂いを漂わせている。

「思い立ったが吉日と来てみましたけれど、少々間が悪かったのかしら?使い魔さんいっらしゃらないみたい」

ブラウンのマントを付けた少女は、尋ね人がいなかった事に心持ち残念がりながら足を別な場所へと向ける。

「えっと、今の時間でしたら……食堂かしら?」

バスケットを持った少女、ケティ・ド・ラ・ロッタは軽い足取りでアルヴィーズの食堂へと足を向けた。




***




僕が一体何をしたというのだろうか。

「えっと、モンモランシー?」

「……何よ?」

これだ。

目の前に座っている癖に冷たい視線と怒ったような声色。

ギーシュは冷や汗を垂らしていた。

最初こそ、嫌われていたと思っていたモンモランシーがその長く美しい金砂の髪を揺らして近づいて来ることに喜びを感じたのだが。

「そ、その、食べないのかい?」

「ええ」

「えっと、僕に何か用があるのかい?」

「ええ」

「き、昨日の事をまだ怒っているのかい?あれなら勘違いだと何度も説明したじゃないか」

そうだ、何度も説明して果ては土下座までして許しを請い、合わせて昨日買って上げた服がとても似合っていると言ったら、だいぶ機嫌は治っていた筈なのだ。

その証拠に今日はお気に入りの香水を分けてくれるという話だったし……あ、でもまだもらってないな、そういえば。

「いいえ、昨日のことでは無いわ」

だがモンモランシーは冷たい声色そのままにギーシュにも冷たい視線を送る。

「そ、そうなのかい?でも怒っているように見えるんだけど」

「そう見えるなら、何か心にやましい事でもあるんじゃないの、ギーシュ」

駄目だ。

何か話題を変えないと。

「そ、そうだ、昨日君が言ってくれた香水、楽しみにしていたんだけど」

「ああ、アレ?はい」

モンモランシーはおざなりにゴトンとギーシュの前に包みを置いた。

綺麗にラッピング……してあったのだろうが、どうにもぐしゃぐしゃになっている感は拭えない。

「あ、ありがとう……」

「どういたしまして」

おかしい。

絶対何かおかしい。

「モンモランシー?僕には君が怒っているように見えるんだけど」

「また?そんなに心に後ろめたいことでもあるの?」

「い、いやそんなものは無いよ」

「どうだか。今日だってあの一年生とイチャイチャしてたじゃない」

「ケティとかい?いや、僕はそんなことはしていないよ」

ギーシュは突然のモンモランシーの言い分に首を傾げた。

モンモランシーの言い分に全く心辺りは無い。

「ふぅん、じゃあさっき廊下で肩を抱きながら歩いていたのは何?」

「廊下で?ああ、あれかい?あれはヴィリエから護ったんだ」

「ヴィリエから護った?」

「うん、今朝授業にルイズとサイトが来なかっただろう?気になって部屋まで行ったらどうもヴィリエに仕組まれたらしんだ」

「ヴィリエは授業に居たわよ?」

「どうやったかは僕にもよくわからない。ただルイズによると本来スクウェアスペルである風のユビキタス、それを行使していたらしい」

「ヴィリエが?まっさか」

「まぁ真実はともかく、確かに二人はヴィリエにやられたらしくてね、僕はそれを確認しにヴィリエのところへ行ったんだ。話をしているうちに、本当にヴィリエがやったんだということがわかったよ」

「まぁ、貴方口だけは上手いものね」

「う……ま、まぁそんなわけでヴィリエは僕にバレたと思うが早いか魔法をぶつけようとしてきた。そこに偶然ケティが現れてしまったんだ」

「ふぅん、で後はやむなく護ってあげて、震える下級生を部屋まで送り届けたというわけね?」

「そうだよモンモランシー、流石に君は理解が早いね」

「ふ、ふん!!べ、別に気にしてたわけじゃないんだからいいんだけど」

何処かモンモランシーの空気が柔らかくなった。

どうやら勘違いから機嫌が悪かったようだとギーシュは気付き、ほっと一安心する。

「この香水、大事に使わせてもらうよ」

ギーシュのその言葉に、モンモランシーは少し申し訳なさそうな声を出した。

「ご、ごめんんさいギーシュ、それ……」

モンモランシーは見た目が少し悪くなっているのを気にしているのだろう。

だがそこは気障のギーシュ。

席を立って離れ際に、

「フフ、君の気持ちがしっかりと伝わってくるようだよ」

一言で場を綺麗にまとめてその場を去る。

あるいは、彼のこの土壇場の口の上手さが、彼のその性格を勘違いさせてしまうのかもしれない。

今の彼は、素でこの台詞を言ったのだ。

決して狙ったわけでは無い。

しかしそんな台詞に限って、



「……ギーシュ」



効果は抜群なのだった。




***




ギーシュが食堂から出るのと入れ違うようにして、

「いないなぁ、使い魔さん」

ケティは食堂を探していた。

探し人はここだろうとアタリをつけたが見当たらない。

そう辺りを見回していると、

ドンッ!!

「きゃっ!?」

背中に誰かがぶつかってきた。

「っと、ごめんなさい」

それは……、

「……ミス・ロングビル?」

いつもの長いグリーンの髪の毛を纏めずにいる学院長の秘書だった。

「あら?貴方はたしかロッタ家の……っと、ごめんなさい、会議で時間が無いの。失礼するわ」

ケティは首を傾げる。

あんなに慌ててどうしたというのだろうか。

食堂にもいなかったようだし、これから会議という事は殆ど食事も出来ないのではないだろうか。

そこまで考えて、今は思考を切り替えた。

考えるべき、探すべきは平民の使い魔さんなのだ。

「やっぱり、いないなぁ」

辺りを見回して食堂には二人がいないことを確認すると、ケティはヨロヨロと食堂を後にして別の場所へと探しに向かう。

が、学院内を探しているうちに消灯時間になってしまい、ケティは結局この日に話を聞くことが出来ないのだった。




***




一人の女性が歩きながら虚空を見据えている。

(あれは……開けられない)

頭の中では緻密で綿密に。

(なら……物理的にやるしかない)

しかし予定行動は大胆に。

(決行日は……)

長いグリーンの髪を纏めながら歩く女性は、ふっと口端を吊り上げる。

「……フフフ、あの日が丁度良いね」

一瞬、今までとは全く異なる“素”の声でそう言うと、慌てて口を押さえ、しかし歪んだ表情は隠し切れないまま、廊下の奥へと姿を消した。




また一つ、歯車が回りだす。



[13978] 第二十七話【夢幻】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/02/12 23:31
第二十七話【夢幻】


夢を見ている。

それはかつての記憶かもしれないし、起こりえた歴史なのかもしれない。

大きな池の小舟の上。

そこで自分は泣いている。

声を殺して泣き、隠れながらに見つけて欲しいと相反した気持ちの理解者を切に願う。



「やぁ、僕のルイ       」



ぱちりと目が覚めた。

いや、根性で無理矢理目を覚ました。

不快な気分で酷く気持ち悪い。

危なく名前を呼ばれる所だった。

自分は“あの男”の物では無いのだ。

自分は今ここにいる少年の為に存在する。

そう思って彼の露出した首筋に鼻を近づける。

スウッと彼の若干汗ばんだ匂いが鼻を通して体中に伝わる。

これが、生の匂い。

“固定化”によって保存された作り物のような薄っぺらい匂いではない。

みるみる胸の裡の不快が消えていく。

が、足りない。

今朝は夢見が異常に悪かったせいか少々抑えが効かない。

そうして、ルイズは自身の長い桃色の髪を一つかき上げると、少年、平賀才人の唇を奪った。




***




夢を見ている。

それは自分にとって覚えの無いものだし、心当たりも無い。

だというのに妙な臨場感。

リアリティが感じられるその夢に、サイトはいた。

目の前には巨大な土塊。

いや塊というよりは人型の……そう人形のようなもの。

どうしてそんな所にいるのかなんてわからない。

どうしてそんなことになっているのかなんてわからない。

だってこれはただの夢なのだから。

ただ一つ、耳につんざく少女の声だけが、妙に胸をザワザワさせた。

何を言っているのか、よくわからない。

何だか息苦しい。

ああ、きっと自分はもう目覚めるんだ、そうなんとなく夢見心地のまま理解して、




「  が     と言うんじゃない、       者を貴族と言うのよ!!」




途切れ途切れに、彼女の泣き叫ぶ声が聞こえた。




***




瞼が開く。

ああ、今日も目が覚めたんだと理解して違和感。

夢の途中から少々感じていた息苦しさがまだ残っている。

と、

「……ーーーー!?ーーーーー!!ーーーーー!!」

正面にはこちらを覗き込むルイズ。

だが言葉を発させてはもらえない。

人間が言葉を音として作り出す器官、口は塞がれている。

ああ、だから息苦しかったのかと気付いて、意外と自分に余裕がある事実に軽く驚く。

きっと何度も経験したから耐性が出来たんだな、そんなことを冷静に思っているうちに花畑が見え来て……ってオイ!?

余裕どころの話では無かった。

むしろ酸素不足で脳が危険な事になっていたようだ。

「……ーーーー!?ーーーーー!!ーーーーー!!」

もう一度声なき声を出しながら軽くルイズの背中を叩く。

ルイズはようやくサイトの状態に気付いたのか、少し名残惜しそうにしながら唇を離した。

「……っはぁ、はぁ……あー、死ぬかと思った」

「えっ?そんなに?嘘、どうしよう!?」

サイトの少々おおげさ(でもないが)な感想にルイズは取り乱した。

この世の終わりだと思わんばかりに青ざめ、涙さえ流しそうな……本当に流し始めた。

こうなってはサイトとて慌ててしまう。

「!?い、いやごめん、もう大丈夫」

「本当!?」

「ホントホント」

サイトは内心苦笑しながらもニッと笑う。

それに安堵したのかルイズはふやけたようにベッド……ではなくサイトに倒れ込む。

「お、おい?」

「良かったぁ……」

ルイズの心底安心したような声と、泣き顔から一転した笑顔を見ると、どうにも怒る気力が失せてしまう。

だから代わりに理由を聞くことにした。

「なぁ、なんで今朝はこんなことしたんだ?」

「ごめんなさい、夢見が悪くて……それでサイトに助けて欲しくて」

夢見が悪いとキスをするのかこの娘は、とは言わない。

契約一つでキスする娘なのだこの娘は。

それに助けて欲しいと可愛い女の子に言われてしまってはサイトもそうそう断れない。

根は熱血なのだ。

だがそれはおいといて、こんなのが毎朝続くと流石に身が持たない。

何せ『夜も』あるのだから。

あの晩以降、ルイズは毎晩おやすみのキス、もとい契約の更新を迫ってくるのだからサイトとしてはたまらない。

そろそろ理性がマイナスゲージに突入してしまいそうなのだから。

いや、実は昨夜は少し突入し……閑話休題。

ルイズが眠っているのを良いことに危なく……閑話休題。

サイトが何をしようとしたのかはさておき、サイトはルイズのしょぼくれた様な表情を直すために、ポンと頭に手を乗せ、

「恐い夢でも見たのか?だったら普通に起こしてくれな」

小さい子をあやすように優しく微笑んだ。

「うん……あ、サイト」

「何だ?」

「……おはよう」

ちなみに、サイトには鼻で息をするという考えは最後まで浮かんでこなかった。




***




朝の騒動の後、サイトは何故かしばらく素手でルイズの髪を梳く事を命じられ、言われるがままに髪を梳いていた。

実はサイトは、ルイズの髪に触るが結構好きになっていた。

今まで女性の髪などそうそう触る機会など無かったのだが、予想もしえない触り心地の良さが少し気に入っていた。

無論ルイズは、サイトに触られること、それ自体を気に入っていた。

妙に利害がマッチした二人はそうして朝の身支度を終え、部屋を出ると外では何やら騒がしい。

「?何かあるのか?」

「えっと、ああ、そうか。きっと姫様がいらしてるのね」

意味のわからないサイトとは対照的にルイズは現状を理解しているようだった。

「気にしなくてもいいわ、行きましょう」

「え?見に行かないのか?」

ルイズの興味なさそうな言葉に、サイトは残念そうに言う。

こちらの世界に来て目新しいものばかりなのだ。

どんな不思議イベントなのか野次馬根性が疼いてならない。

「え?姫様を見たいの?」

少し、ほんの少し暗い声で、ルイズに聞かれると、

「おう!!何か面白そうじゃん」

サイトは無邪気に頷いた。

「そう、じゃあ行きましょうか、でも飽くまで見るだけよ。見る“だけ”」

ルイズはそんなサイトにしょうがないわね、といった面持ちで、最後の方を強調しながら歩き出した。




***




ルイズ達が部屋を辞して数分後。

「お菓子を用意してたら少し遅くなってしまいました、さて、朝ですしまだいるといいのですけど」

若干くたびれているようなブラウンのマントを纏った少女が、ルイズの部屋をノックする。

が、当然返事は無い。

「あら、また行き違いでしょうか。早くしないとギーシュ様が……」

少女、ケティ・ド・ラ・ロッタは残念そうに俯く。

昨日友人から聞いた食堂でのギーシュとモンモランシーの同席の件も気になるし、グズグズはしていられないのだ。

「はぁ、今日こそは会えると思ってましたのに」

ケティは残念そうに息を吐くと、ポツポツと歩き出した。




***




学院の門。

そこに大きな白い馬車が入ってくる。

御者をしている男、長い羽根帽子を被り、茶の手袋をはめ、二十代後半に差し掛かりとは思えぬ髭を生やした長髪の男性は、やや進むと馬車を止まらせる。

馬車の前には眠そうな表情を必死に隠す教諭陣の姿。

昨日は遅くまで、否、今朝まで会議は長引いていたのだ。

オスマンが一人一歩前に出、次いで馬車の扉が開いた。

教諭陣は皆跪く。

馬車からは純白輝くドレス姿の美しい女性が降りて来た。

ウェーブのかかった紫髪にほっそりとしながらもスタイルを強調させるかのようなボディバランス。

頭には銀のティアラを付けている。

「うおぉ、すげぇ、あれ誰だ?」

「あれがこの国の王女、アンリエッタ王女よ」

「へぇ、あれが本物のお姫様かぁ」

その容姿はまさしくボンッキュッボンッの典型であり、名実ともにお姫様と呼ぶに相応しかった。

サイトは目を輝かせてそんな王女を食い入るように見つめている。

チクリとルイズは胸が痛んだ。

あまり、他の女性を見ないで欲しい。

いや、あまり他の“何か”を見ないで欲しい。

例えそれが、姫様であっても。

と、そんなことを思っていると、ルイズは御者の男と目が合った。

「……!!」

御者の男が小さく、小さく手を振っている。




……苛々した。




今朝の夢といい、どうしてこうもあの男が出てくるのか。

ああ、今にも耳に夢での言葉の続きが聞こえてきそうだ。

苛々する。

ハッキリ言って……、













































───────────消し去りたい。













































「ルイズ?」

サイトの声に、内からわき出る黒い感情を抑え込む。

「ん、何?」

「いや、何かぼーっとしてるから」

「そう?」

「まぁ大丈夫ならいいんだけどさ」

サイトの少し心配気な様子に、ルイズは心が洗われるような気分になる。

「姫様って綺麗だったなー」

が、サイトの台詞にすぐに面白くなくなる。

「そう、ね」

「けど、何か普通の人には手の届かないって感じの人だなー」

「一国の姫君ですもの、トリステイン一美人かもしれないわ」

ルイズは内心少しふて腐れながらも、本当に思っている事を言う。

と、

「そっか?ルイズだってそこそこいけると思うぞ」

おおーなんて言いながら、目の上に手を当てて遠くを見たままのサイトが何気なく零す。

「…………………………………………え?」

ルイズは、サイトの言葉を理解するのに不覚にも数拍の間を要した。




『ルイズだってそこそこいけると思うぞ』




姫様は綺麗 → トリステイン一 → ルイズだってそこそこいける = サイトは姫様よりも私が好み?

「フフ……」

口端がいやがおうにも震える。

「ウフフフフフフフ……」

ルイズは笑いを堪えきれずに体を震わせ……突如思い出したように青ざめた。

「……忘れてた」

彼女は自分の迂闊さと歴史、引いてはこの学院の習わし自体を呪う。

姫様が来ると言うことは、いや例え来なくとも時期的に言ってあるのは使い魔のお披露目品評会。

そう使い魔のお披露目品評会なのだ。

使い魔の。

サイトの。

大事なサイトの。

大事なサイトをその他大勢に見せなければならないのだ。

そうなるとこのお披露目会で、サイトに興味を持つ輩が出て来ないとも限らない。

それは困る、というか許さない。

しかしいやがおうにもお披露目会は来る。

サイトを大勢に見せなければならない。

それはイヤだ。

堂々巡りだ。

ルイズは、サイトを召喚して以来初めて、トリステイン魔法学院の行事を心底呪った。

そんなルイズの心情を知ってか知らずか、桃色の髪を目端で捉えたアンリエッタ・ド・トリステイン姫は、にこやかに微笑んでいた。



[13978] 第二十八話【怪盗】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/02/17 20:37
第二十八話【怪盗】


翌日、お披露目会はあっという間にサイト達の番まで来た。

「壇上に上る、挨拶する、帰ってくる、これだけでいいわよ」

「でもよ、本当にそれでいいのかよ?」

サイトはまだこの世界について詳しくない。

それがスタンダードなのかわからないが、周りはなにかしら芸らしきものをやっているのだ。

ここは自分も何かすべきとも思う。

「いいのよ、サイトが目立っちゃったら困るもの」

「?」

サイトは首を傾げ、つまんないなぁと少し残念そうにする。

と、ふと思い出したように、

「でも昨夜来たあのお姫様も見てるんだろ?」

「ええ、けど構わないわ。姫様だってお披露目会自体よりも私に逢いに来て下さったようだし」

昨夜、アンリエッタは史実通りルイズに会いに来た。

短い会話しかしていないが、ルイズにはアンリエッタの苦悩が伝わってきていた。

出来れば今度、相談に乗って欲しいことがあると言われ、快諾もした。

相談に“乗るだけ”ならば構わないのだから。

だが、それはそれ。

これはこれである。

姫様や国の為にサイトを犠牲にするようなことはあってはならない。

ルイズにとっての天秤はサイトよりも重い物など存在しなかった。

ルイズはサイトを諭すと壇上へと上り始める。

サイトも黙って付いていく。

「私の使い魔、ヒラガサイトです」

壇上に並んで立つと、ルイズはサイトを紹介する。

サイトは頭を下げるが、

「ぎゃははははは!!!」

「なんだあれ!?」

「使い魔?あれが?さっすがゼロのルイズ〜!!」

予想どおりというか、史実通りにルイズは周りから嘲笑を買った。

「種族は人間、平民です」

続くルイズの言葉にさらにギャラリーは笑い続ける。

それを見たルイズは、怒りながらも安堵していた。

サイトを笑う奴は許せない、しかしこの様子ではサイトに目を付ける奴はいないだろう。

そうなるならば多少の嘲笑も聞き流そうと言う物だ。

ルイズは自分を落ち着けると壇上から去ろうとして、

「行くぞ、デル公!!」

自身の愛する使い魔が剣を抜いたのを見た。

「ちょっ!?サイト!?」

ダメだ。

今何らかの活躍をしてはマズイ。

「こんだけ馬鹿にされて黙ってられっか!!」

だがサイトにも我慢の限界というものがあったらしい。

正直それはすごく嬉しい。

頭に“ルイズを”って付けてくれると天にも昇れるほど嬉しい。

だが今はダメだ。

今はダメなのだ。

そう思ってサイトの腕を掴んだ時、



パチ……パチ……パチ……。



一人、たった一人でゆっくりと拍手をする人物がいた。

この場の人間全ての視線がそこに向かう。

そこは皇族専用席。

拍手をしているのはトリステインの姫君、アンリエッタ・ド・トリステイン……の隣に座している馬車の御者をしていた男だった。



パチ……パチ……パチ……。



見た目よりも若いその男は、ゆっくり、しかし響くような拍手をし、それにつられたようにアンリエッタも微笑みながら拍手をしだした。

それを見たルイズは猫が毛を逆立てるような眼差しで男を睨み、

「行くぞ、ルイズ」

何故か怒り気味のサイトに腕を引かれて壇上から退場した。




***




「サイト?」

サイトが怒っている。

いや、不機嫌と言うべきか。

「ねぇ、どうかしたの?」

「いや……」

二人で壇上を降りて裏へ回る。

大きく迂回しなければ観覧席には戻れないのだ。

「………………」

だが、今はそんなことよりも。

黙ったまま不機嫌なサイトが気になって仕方が無い。

ルイズがサイトの顔を覗き込みながらじっと見つめていると、

「なぁ……昨日ルイズって姫さんが来た時ボーっとしてたよな、それって……あいつが居たからか?」

サイトがようやく口を開いた。

「あいつ……?」

しかし、ルイズの問い返す言葉にサイトは、

「……いや、やっぱり何でもない」

すぐに口を閉ざした。

ルイズは疑問符を浮かべながらも、それがもしかすると先程拍手をした人物だったのではないかと思い当たり、

「……俺、なんかあいつ嫌いだ」

サイトの言葉にときめく。

「……ヴィリエ、だっけ。あいつと同じ感じがする」

ルイズはサイトの言葉に多少驚いた。

確かに“あの男”はある意味でヴィリエと同じと言えなくも無い。

いや、似ている、近いというべきか。

しかし、それを今のサイトが知る由は無い筈だし、方法も無い。

ふと、サイトの言葉が思い出される。



『俺、風のメイジって、嫌いだ』



それはヴィリエに広場でやられた後のサイトの言葉。

もしかするとサイトは、嫌悪する風属性のメイジを第六感的な何かで感じ取れるのかもしれなかった。

だが、今はそれよりも。

(ああ……今日はなんて良い日なの)

ルイズには喜ぶべき事があった。

サイトが『あいつ嫌い』と言ったのだ。

サイトが自分以外の物を嫌ったのだ。

それはつまり、サイトがルイズ以外の物に嫌悪を示しているということ。

ルイズにとってそれは歓迎すべき事柄だった。

何故なら、サイトが嫌悪を示す物が増えれば増えるだけサイトは自分を見てくれる時間が増えるからだ。

だが、同時にルイズはサイトに嫌悪されるのを極端に恐れてもいた。

その為ルイズは昨日も素直に姫を見に行きたいと言ったサイトに従ったのだ。

だからそう言った意味でも、ルイズはサイトが自分以外の物を嫌う事を歓迎していた。

ルイズは、そんな内心のままサイトの手を握り返そうとして……サイトに手を離される。

「!?」

離された瞬間まるで崖に突き落とされたかのような錯覚が起きるほど慌てふためき……ようやく気付いた。

目の前には大きな、それはそれは大きな土のゴーレムがいた。

忘れていたワケでは無い。

ちょっと失念していただけだ。

サイトは、ルイズの手を離すが早いか一直線にゴーレムへと駆けだしてた。

「ギーシュ!!」

ピクリ、とルイズの眉間に皺が寄る。

ギーシュは転んだのかはたまたやられたのか、大きなゴーレムの足下に文字通り転がっていた。

(またギーシュ……?)

今のルイズにとっては、ギーシュの安全や状態よりも、サイトに手を離された現実という方が大きかった。

意図的では無いにしても、散々サイトを奪われるような真似をされたという思い込みがあったのもそれを後押ししていたのかもしれない。

ルイズの中でギーシュへの評価が邪魔者にまた一歩、天秤が傾く。

「おい大丈夫か!?何だこれ!?」

「サイト!!気をつけろ、こいつは賊だ!!」

手を取り合いギーシュはサイトに引っ張り起こされる。

それもまた面白くないが、そんなことよりも。

今ゴーレムのその豪腕がお邪魔虫ギーシュ……はいいとしてサイトに振り下ろされようとしているのは到底見過ごせる事態ではない。

ルイズは素早く杖を取り出すと魔法を唱える。

狙うはその豪腕の付け根。

爆破、破壊してしまえば本体から離れたその土塊は、魔法の効力から解き放たれただの無害な土塊となるはずだ。

そう思って振った杖の先で……『ドォォン!!』……爆発したのはゴーレムの横にそびえ立つ塔のほうだった。

「っ!?」

これにはルイズも驚きを隠せない。

普段、サイト関連以外ではめったに表情を表に出さない彼女にしては珍しく、驚愕の色を濃く表している。

確かにちゃんと狙った筈だった。

練習もしていたし、狙いを外すなんてことは“かつてと違い”そうそうあることではない。

なのに“外した”のだ。

いや、ある意味では当たっている。

それこそ“かつてと同じ”場所に。

塔にはひび割れが出来、これを好機と見たのかゴーレムはサイト達に振り下ろそうとしたその豪腕を塔に向け直した。

ゴーレムの拳を受けた塔の壁は砕かれ、一人のフードを被った女性らしき人物が塔内に侵入する。

がそれも数瞬。

すぐに戻って来た女性らしき人物は、高らかに笑い声を上げる。

「あははははっ!!助かったよ坊や達!!王宮の秘宝“破壊の杖”は頂いていくよ!!」

ゴーレムは学院の塀をものともせず破壊し、そのまま巨体にそぐわぬスピードで遠くへと離れていく。

周りには騒ぎを聞きつけ駆けつけた教諭陣が集まりだしていたが、ルイズはそんな周りには目もくれずに自身の杖を見つめていた。

(確かに狙ったのに、勝手に狙いが逸れた?)

それが何か気持ち悪く、彼女を焦らせる。

見えない何か、それに縛られているような錯覚。

まるで当たるのが当たり前だったかのような。

そう考えてルイズは背筋に冷たい物が奔り、考えるのを止めた。

これ以上は考えたくない、考えちゃいけない。

そう思うことで思考を放棄し、サイトに駆け寄る。

今は彼さえ無事ならそれでいいのだから。

こうして、怪盗“土くれのフーケ”は魔法学院から“破壊の杖”を盗み出すことに見事成功した。



[13978] 第二十九話【馬車】
Name: YY◆90a32a80 ID:870f574a
Date: 2010/02/17 20:39
第二十九話【馬車】


ガタン、ゴトン。

道というには些か整備の行き届いていない道を、荷台付の馬車がゴトゴトと音を立てながら通る。

荷台には少年少女数人が乗っていた。

少女三人、少年二人。

そして彼女らとは別に馬車の手綱を握る緑髪の女性がさらに一人。

「ミス・ロングビル、あとどれぐらいですか?」

少女の中の一人、燃えるように紅く長い髪を持つ少女、キュルケは一人手綱を握って正面を見ている女性に尋ねる。

「そうですね、あと三十分、というところでしょうか」

聞かれた女性、トリステイン魔法学院でオスマンの秘書を務めるミス・ロングビルはそう答えた。

彼らは土くれのフーケに盗まれた王宮の秘宝、破壊の杖を奪い返す為にフーケの目撃情報があったという場所へと向かっていた。

そんな大事な任務をこのような少年少女でやることになったのには理由があった。

時間は少し前へと遡る。




***




「僕に行かせてもらえませんか」

学院長室に集まり、事の顛末を理解した上で、その場にいる少年、ギーシュ・ド・グラモンはまっさきに声を上げた。

破壊の杖が持ち去られて一夜が明け、現場に居合わせた者達の話を聞き終わった後、捜索隊結成を学院長であるオスマンが決めた。

だが、誰も名乗りを上げようとしない。

そんな空気に苛立ったのかギーシュは一番に杖を掲げたのだ。

「僕がいながらみすみす王宮の秘宝を奪われたのです、僕が行きます」

彼の行動は勇気ある行動だろう。

中には世間知らずと罵る輩もいるだろうが保身に走るだけの輩と比べれば随分と良い。

だからオスマンもそんなギーシュに微笑み、しかし首を横に振る。

「でも!!僕は何も出来なかった!!」

「君はまだ学生、それもドットのメイジじゃ。誰もその事を責めたりはせんよ。それにその勇気は買うが一人では危険じゃ」

そう彼を諭し、こんな少年よりも勇気の無い周りの人間に視線を巡らす。

そうすることで誰かが誇りを胸に立ち上がるかとオスマンは期待した。

ところがそこに予想外の人物が名乗り出て来てしまった。

「じゃあ俺も行くぜ!!」

それはこの場にての発言力は無いに等しいと思われる平民の使い魔からだった。

「サッ、サイト!?」

主人も少なからず驚いている。

「ギーシュが一人で危ないってんなら手伝うよ、俺も役に立てなかったし」

ギーシュが一人孤立していてるように見え、我慢できなかったのだろう。

サイトはそんなギーシュを助けるつもりで名乗りを上げたのだ。

しかしこれには周りが文句を言い出した。

「平民に何が出来る」

「そうだ、相手はトライアングル並のメイジだ」

「足手まといは間違い無い」

一斉に罵声を浴びせかける教諭陣。

それが何よりもまずかった。

決定打、と言う点では彼ら教諭陣のこの発言だったに違いない。

自らの使い魔にかけられる罵声、それを良く思わない……否、怒り震えるようにサイトの主人は自身の杖を掲げたのだ。

ザワリ、と皆が驚く。

「私がサイトと一緒に行くわ、文句は言わせない。足手まとい?何もしようとしない人達がサイトをよく馬鹿に出来た物ね」

「しかし君は魔法がつかえ……ヒッ!?」

教諭の一人が、本音を善意という言葉で隠して止めようとするもその形相に後ずさる。

「サイトを馬鹿にした事、後悔させてあげる」

彼女のその低い言葉を最後に、捜索隊結成が決まり、目撃情報を持ってきたミス・ロングビルが引率を務める事となった。

それを何処からか聞きつけた少女、キュルケは自身の友人の短く蒼い髪に眼鏡をかけ、古めかしい大きな杖を持つタバサを巻き込み、自らも付き合うと志願した。

ある意味でこの行動は彼女の不文律に抵触する。

他人に深くは関わらない。

それが彼女の密かなモットーだったのだが、不思議な物だ。

あれだけ衝突の絶えなかった相手がいざ危険な目に合うと知った時、自分に何かできる事は無いかと熱くなった。

一瞬灯った微熱。

この熱は普段のものとは違えど、気持ちの悪いものでは無い。

それゆえ彼女は自身の矜持を曲げてでも力になろうと考えた。

そしてこの行動が、今後彼女の不文律『深くは関わらない』を良くも悪くも少しずつ変えていく結果になる。




***




かくして一行は目撃情報のある場所へと向かっていた。

向かっていた、のだが荷台には緊張感という物が感じられなかった。

パラリ。

一人はサイレントをかけて音を遮断し読書に耽り、

「う、うぇぇぇ……」

一人はしおれた薔薇を片手にしながら気持ち悪そうに地面とにらめっこしている。

どうやら彼、ギーシュは酔ってしまったらしい。

キュルケは、こんな状態で大丈夫かしら、と思う。

これからあの土くれのフーケとやりあうのだ。

普段からおちゃらけたように見せて、いや“魅せている”自分が言うのもなんだが、もっと凛としているべきではないだろうか。

そんな事を考えながらこの二人とは違った意味で緊張感が無い残りの二人に目を向ける。

三人から距離を取るようにして二人は並んで……否、これでもかというほど張り付いて座っていた。

より性格に言うなら桃色の髪をした少女がその小さな体躯を隣の黒い髪の少年に貼り付けているのだ。

黒い髪の少年は困ったような顔を浮かべながら、しかし無理矢理突き放すような事はしない。

恐らく、彼でなくとも可愛い女性にそんなことをされれば無理矢理突き放すような男はいないだろう。

可愛い、というのは時に一種の免罪符たりえるのだ。

故にこの空気の一旦は桃色の髪の少女、彼女にあった。

「ちょっとルイズ、貴方いつまでそうしているつもり?学院に居た時の先生達を睨んでたあのピリピリした感じは何処にいったのよ?」

キュルケは呆れながら今もって少年、サイトにべったりと張り付いているルイズに声をかける。

ルイズはニコニコしながらサイトの肩に擦り寄っていたが、キュルケの声に心底面倒くさそうな素振りを見せた。

「……何よキュルケ」

「何よ、じゃないわよ。もう少ししゃんとしたら?遊びに来てるんじゃないのよ?」

だがそんなキュルケの言葉も何処吹く風。

ルイズはキュルケを一瞥すると、その意識をまたサイトに戻し微笑みを絶やさない。

キュルケに向ける意識があったらサイトに向けていたい、そういうことだろう。

別にこの事についてキュルケは意外だと思えど怒る程のことでは無い。

だいたい、キュルケの注意は形だけの軽い物で、ルイズがそれを聞き入れなくともそれはそれで構わないと思っていたのだ。

それにキュルケには預かり知らぬ事だが、ここでルイズが何か反応したというのは実は大きい。

もしそれが他の人物だったなら無視されていてもおかしくはなかったのだから。

キュルケはふぅんと息を漏らすと幸せそうなルイズを見つめる。

嫌なことなど何一つ無い、至上の幸福。

ルイズはそんな顔をしていた。

……いつか、自分もあんな顔を出来るのだろうか。

その答えは“まだ”出そうには無かった。

だから今は。

「それにぃ、貴方の使い魔も貧相な胸より私のように豊満なボディの方がいいんじゃない?」

今までと同じく、彼女を存分にからかうことにしよう。




***




史実を知っているルイズには本来、実際にフーケの目撃情報がある場所までいく必要は無かった。

これから起きることも、フーケの所在・正体も知っているのだから。

それがこうして馬車に乗っているのは理由があった。

それはフーケを退治してサイトを馬鹿にした教諭陣達を黙らせる為、ではない。

全くないと言えば嘘になるが、ルイズの真の目的は別にあった。

だが、揺れる馬車でサイトにくっついていられるという予想外の目の前の人参に、ルイズは当初の目的を思考の彼方へと追いやり、サイトから感じられる全てを楽しむ事に勤しんでしまっていた。

その為、ルイズの“予定とは少し違い”馬車は“史実通り”に進んでいく。




***




ルイズにからかうような言葉をキュルケが向けると、

「……キュルケ」

案の定、キッとルイズがキュルケ睨むが、ここで意外な人物が声を上げた。

「い、いやルイズはそこまで……」

それは誰を隠そう、渦中のサイト本人だった。

「あら?貴方はルイズのスタイルで満足してるの?というかルイズのスタイルを把握してるの?」

ニヤニヤとキュルケはサイトを見つめ、

「まぁ把握はした、というか……させられたというか……」

「!?」

予想外の反応が返って来る。

「へぇ?どうやって?」

キュルケはゴクリと唾を飲み込み、目を輝かせる。

「あ、いや、その……」

だがサイトは人前で話すのは恥ずかしいと思ったのか、あはは、と苦笑いして言葉を流す。

誤魔化したつもりなのだろう。

しかしそんな必死の抵抗も虚しく、

「毎晩一緒に寝てるもの、お風呂も一緒だし」

ルイズが真相を暴露してしまった。

「な!?」

キュルケは驚く。

“あの”ルイズがそこまでするなんて。

これはどういうことなのか、それは本当なのか、それをさらに問いただそうとキュルケはさらに口を開こうとし、視界に金髪が映る。

「それは、本当なのかい?」

ギーシュだった。

彼はげっそりとした気持ち悪そうな表情をしながら、サイトに血走った目を向ける。

「サイト、君は婚前の身でありながら床を共にし、さらには湯浴みまで女性と行っているというのか?」

「し、しょうがないだろ!!ルイズがそうしてくれって頼むんだから!!」

「しょうがない?しょうがないで君は世の男共が見果てぬ夢として望む女性との同衾や混浴を可能たらしめていると?何てうらやま……じゃなかった、破廉恥なんだ!!あの日誓った友情は嘘だったのか!?」

ギーシュは怒りに身を震わせるようにして、サイトを糾弾するかのような口調になる。

「は、破廉恥ってお前……そりゃ恥ずかしいけどさ、何か誓いなんてあったっけ?」

「あの日僕らは夕日に向かって誓いあったじゃないか!!お互い隠し事はしないでいようと!!それがこんな隠し事をされていたなんて!!ああ、僕らの友情は無かった!!そう、無かったんだ!!」

「し、知らねぇよそんな約束!!っていうかいくらなんでもそれぐらいで大げさだ!!」

あまりの馬車酔いにハイになってしまったのか、ギーシュは大げさに身振り手振りを使いながら哀しみを演技する。

これは手をつけられないなと思わせる程酷いギーシュを正気に戻したのは…………ルイズだった。

「……そう、ギーシュとサイトに友情は無かったのね、それはとてもとても良いことだわ、これでギーシュを心おきなく始末できるというものね」

ウフフフ、と厭な笑いを浮かべながらルイズは杖をギーシュに向ける。





……ヒヤリとした。





「や、やだなぁルイズ、僕とサイトの間に友情が無いわけ無いじゃないか、なぁサイト?」

生き物というのは生まれながらにして自分よりも強い、恐ろしい物には萎縮し逆らわないようにしようとする本能が存在する。

危機回避能力と言ってもいいそれは、今ギーシュに全力で危険を訴え続けていた。

「え?あ、ああ、そうだな」

そういった危機察知というのは自分に向けられているからわかるものであり、対象の外にいる者にはわかりにくい。

対象の外にいるサイトはギーシュの突然の変わりよう、素に戻った態度に首を傾げながらも頷いて見せる。

ギーシュは本当だと訴えるようにサイトと肩を組みあはは、と苦笑する。

それが実は彼女の怒りのボルテージをさらに上げているとは露程も思わずに。

「……チッ」

だからルイズの本気で残念そうで不機嫌な舌打ちが、サイトには不思議でならなかった。







そんなやり取りをしているうちに、知らず馬車は目的の場所へとたどり着く。



[13978] 第三十話【殺意】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/02/22 22:23
第三十話【殺意】


ルイズは今日ほど自身の失態を痛快に感じた事はない。

目の前には大きな大きな土のゴーレム。

本当はこうなる前に素早く決着を付けるはずだった。

気付いた時には遅すぎたのだ。

ルイズはサイトが横に居てくれる環境に酔いしいれていた。

その為目的の場所に着いたことにも気づかず、サイトに引かれるままとてとてと歩いていた。

なんて巧妙な罠。

サイトに夢中になっている間に事が進んでいるなんて。

これは相手にその気があろうとなかろうと、ルイズには最も有効な手段と言えた。

ルイズがハッと自我を取り戻したのはサイトと二人で古ぼけた小屋に入る直前。

「ダメ!!」

反射的にサイトを引っ張り、視線を張り巡らせる。

が、何処を探しても“あの人物”がいない。

それに気付いた時には遅く、突然地面から大きなゴーレムが精製される。

……なんたる失態。

サイトに浮かれ、“計画”が若干狂ってしまった。

「ルイズ!!」

キュルケが叫びながら杖をゴーレムに向ける。

ルイズが狙われてると思い焦ったのだろう。

普段よりも素早くルーンを紡ぎキュルケは杖を振るった。

「フレイム!!」

微熱のキュルケ、その本文を発揮できる炎の属性を持つ彼女は、惜しむことなく精神力を魔法へと変換し、学友を助けようと試みるが杖より生まれる業火はゴーレムに命中したあと燃える事無く弾けた。

「嘘っ!?」

如何せん相手・相性が共に悪い。

土で精製された巨大なゴーレム。

それは燃えにくく、また全てを覆い尽くすには圧倒的に精神力と技能が足りない。

それはキュルケが未熟だからと言う問題ではない。

たとえ一流のメイジ、スクウェアクラスのメイジでも、“炎だけ”でこのゴーレムを相手にするのは骨が折れるだろう。

タバサもシュヴァリエと言えど、有効な技が思いつかないのか、魔法を出しあぐねていた。

対するゴーレムは、まずは近場の相手と見たのか、自身に有効な魔法を撃ってこないキュルケを無視し、ルイズとサイトを始末しようと襲って来た。

ブゥン!!と力強い風切り音を奏でてその太い土塊の豪腕を二人に叩き降ろそうとする。

「ルイズ!!」

サイトはルイズを無理矢理抱えて跳んだ、いや飛んだ。

それは跳躍と言うにはやや長い滑空。

着地など考えない飛距離だけを目的としたそれはしかし、ゴーレムの拳を避ける事に成功する。

一歩遅ければ、あるいは着地などを考え普通の跳び方をしていれば、二人はぺしゃんこの二次元世界に旅立っていたに違いない。

『抜けっ、相棒!!』

サイトの背のデルフが、自から鞘を抜けだしてそう使い手であるサイトに告げる。

「こなくそっ!!」

サイトはデルフを抜き取り、構え、飛び出した。




***




「くっ!!一体ゴーレムは何をやっているんだい!?」

遠目から自身の作り出したゴーレムを見つめ、舌打ちする眼鏡をかけた緑髪の女性が一人。

その女性の視線の先ではトライアングルスペルで作られたゴーレムが、たった一人の少年を倒せずにいる。

腕を振り回してはかわされ、切られ、再生して振り出しへ戻る。

ずっとそんな戦いを続けていた。

真に恐ろしきはその少年が“平民”であること。

いくら金髪の少年の練金魔法、ワルキューレが数体援護していると言っても、平民が魔法に立ち向かえるなど聞いたことが無い。

「いや、やっぱり“あの件”が本当なのかもしれないね」

女性は苛立たしげに唇を噛んだ。

「“ガンダールヴ”、まさかそんなものが実在するなんてね、生身でアタシのゴーレムと互角だなんてのを見たら信じざるを得ないじゃないか!!」

視線の先ではゴーレムをと斬り合い、ゴーレムの攻撃をかわす少年の姿。

明らかに物質質量はゴーレムの方が上なのに、その土塊を時に受け止め時に受け流すその様はまさに神業と言ってもいい。

「なんて規格外なんだい!!今のアレをかわすとか一体あの子の体の構造はどうなってんだい!?ああもう!!さっさと“破壊の杖”の使い方を披露してくれれば良い物を!!」

自らが作り出したゴーレムがいいようにあしらわれているようで我慢がならないのだろう。

緑髪の女性、ルイズ達と一緒に来た筈のミス・ロングビルはイライラしながら戦況を見守る。

と、ふと気付いたように口端に笑みを浮かべた。

「フッ、この“怪盗フーケ”には相応しいやり方じゃないけれど貴族の子供だし、まぁいいか」

ミス・ロングビル、もといフーケの視線の先は先程とは打って変わり、ゴーレムと戦闘している少年ではなく、それを不安そうに見ている少年の主の少女に向けていた。




***




ルイズは気が気では無かった。

サイトが必死になって戦っている。

先程横薙ぎに腕を振るわれ、サイトが中空を舞った時などヒヤリとしたものだ。

だがサイトはそれにも冷静に対応していた。

デルフで衝撃を抑え、数メートルは飛ばされたであろうにそのような様子は微塵も感じさせない着地。

サイトはデルフの“使い方”を完全に把握していた。

これは恐らく、先のヴィリエとの一件、それが幸をそうしているのだろう。

彼自身の戦闘能力はいまだ低くとも、“ガンダールヴ”としての力は十分のようだ。

サイトは自分の何倍もの大きな相手に引けを取らなかった。

ルイズが不安で不安でたまらなくても今だ止めに入らないのは、そんなサイトがあまりにも真面目だったからだ。

舞うように動き、必死に立ち上がり、デルフを振り抜く。

そんな必死に動くサイトが格好良く、つい見とれてしまっていた。

普段のルイズならこんなサイトへの危険は即座に塵と化すのも厭わないのだが、つい、サイトを見ていたくなる。

あるいは、過去の“経験と記憶”が彼女の中で無意識に大丈夫と言っていたのかもしれない。

故に、周囲への警戒を怠っていた。

いや、全身全霊でサイトを見つめていたのだ。

皆無だったと言っていい。

それはある意味では慢心だったとも言えるかもしれない。

過去、大丈夫だったのだから今回も大丈夫。

そんなルイズにしかわからない根拠が、十年に一度あるかないか程に珍しく、彼女にサイトへの戦いを許可していた。




だから、ゴーレムが迫っているのも無視してサイトが急に自分の方に駆け寄ってくるのを見た時は、不思議に感じた。




「ルイズ!!」




サイトの叫び声。

そこでようやく気付く。

背後に何かの……いや、“無機物”の気配。

ばっと振り返ればそこにはサイトが戦っているゴーレムを小さくしたような……人と同じくらいの大きさの土ゴーレム。

そのさらに背後には案の定“あの女”がいた。

サイトを倒せない自らのゴーレムに痺れを切らしたのだろう。



─────だがそんなことよりも。



あんな大きなゴーレムを行使している上に別の魔法の行使。

並のメイジでは無理だろうがしかし、あの女ならば不可能では無いだろう。



─────だがそんなことよりも。



以前は破壊の杖が使われた後に出てきた筈だ。

今回、この段階で出てきた辺り他にも何か考えがあるのかもしれない。



─────だがそんなことよりも!!



「サイ───────」

目の前で起こっている現象が認められない。



「がふっ!!」



小さな、と言っても人の身の丈はあるゴーレムの硬い土塊でできた拳がサイトにめり込む。

私の目の前で。



「うっ……おえぇ……げほっ!!」



苦しそうに咳き込み、地に膝を付くサイトがいる。



ありえない。

ありえないありえない。

ありえないありえないありえない。

ありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえないありえない!!



「ああああああああああああああああああああああっ!!!」

ルイズは喉が張り裂けんばかり、その声帯としての機能すらも壊しかねないような叫び声を上げた。




***




「ああああああああああああああああああああああっ!!!」

叫び声に次いでルイズはフーケに杖を向け、次の瞬間には……爆発。

「っ!?」

フーケは自身に魔法が向けられたものかと身構えたが、爆心地はルイズが立っ─────

「なっ!?」

それ以上考えている暇は無かった。

爆風に乗って文字通り飛んでくる桃色の少女。

いや、今の彼女に少女と言う呼び方は相応しくない。

その瞳は何も映さない深い漆黒一色で、自身の爆発によって生まれた自分の真っ赤な血を全身に纏い、“殺意”というものを隠そうとしない“鬼”だった。

表情は先程あらんばかりの声を叫んだ人間と同一人物とは思えない程の無表情、“虚無”そのもの。

だというのに、その様はまさに怒り狂った鬼神と呼ぶに相応しい。

爆風に乗って近寄ってくる彼女に、鬼気迫るようなオーラ感じたフーケは早くこの場を離脱しようとし、

「逃がさない」

足が爆発する。

足がまだ付いているかどうかなど考える間も無く、フーケは地べたに手を付き────ボムッ!!────さらに爆発が起こって、フーケの体は文字通り粉微塵と化した。




***




(冗談じゃない!!)

深い茂みを走る女性……フーケ。

彼女は生きていた。

いや、正確に言うならあそこにいたフーケは『練金』によってそっくりな形を象った偽物だった。

風のスクウェアスペルほどでは無いが、ただ見た目を欺くだけならば、それは“遍在”にも劣らぬほどの精巧さを誇っている。

今頃、ほんどの人間はあの場に残った土塊に唖然としているだろう。

(なんなんだいあの娘!!)

フーケは近寄ってきたルイズの瞳、言動に身震いする。

あまりの異常性。

彼女を魔法を使えない“ゼロ”だなどと蔑称している奴等はとんだ節穴だ。

今だってリアルに彼女の声が脳内にリピートされる。



「だから、逃がさないと言ったでしょうが」



「そう、そんな感じでリアルに……っ!?」

フーケがリアルに感じた声。

それは頭の中のリピート再生などでは決して無く。

コツン、と頭に杖を突きつけられ、次の瞬間には───────爆発が起こった。



[13978] 第三十一話【陰謀】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/03/15 21:10
第三十一話【陰謀】


「ごくろうじゃったなミス・タバサ、ミス・ツェルプストー。報告に来ていないミスタ・グラモンにもそのように伝えてくれるかのう」

トリステイン魔法学院、その一室の学院長室。

彼女達は学院に戻ってきていた。

ギーシュはゴーレムとの戦いで精神力を使いすぎて疲労が激しく、今は大事を取って休んでいる。

「しかしまさかミス・ロングビルがフーケだったとは……」

オスマンは目を細め、何処か遠くを見ている。

彼女はとてもそんなふうには見えなかった。

勤勉でよく仕事もこなし、無駄遣いをするようなタイプにも見えない。

それに彼女は給与の殆どを自分ではなく何処かへと送っているようだった。

学院長付きの秘書としてそれ相応のお金を彼女は受け取っている。

彼女へのセクハラに対する特別手当、というわけでは断じて、断じて無いが。

それでも人一人が、いや二人でも貧しくは無い暮らしが送れるだけの給与は与えていた。

オスマンは視線をずらし、目の前の机を見やる。

目の前の机には“破壊の杖”と呼ばれる“未使用”の“秘宝”が置いてあった。

キュルケたちが発見したものをそのまま持ち帰ったのだ。

「……ふむ、しかし君達が無事で良かった、引率者がフーケということは実質君達のみの力でどうにかしたということじゃからのう」

「はい。あの、それでルイズの容態はいかがなのですか?」

今ばかりはその扇情的なボディに艶やかさを醸し出すことも無く、キュルケは真面目に尋ねた。

ルイズは自分の爆発をその身に浴びる捨て身の戦法で戦い、体中に酷い傷を負ったのだ。

「うむ、ミス・ヴァリエールは自身の“失敗魔法”をその身に受けたんじゃったな」

「はい」

「姿を見た時はわしも少々驚いたが心配はいらん、“ヴァリエール家の三女”が大怪我をしたと言ったら“王宮”から選りすぐりの“水メイジ”が一人飛んできての、少々性格に難はあるが腕は確かじゃ」

オスマンは微笑み、二人を元気付ける。

「しかし、ミス・ロングビル、いや土くれのフーケか。彼女を“取り逃がしてしまう”とはのう……うむ、王宮には今一度彼女の事を報告せねばなるまいて」

「あ……」

オスマンの言葉に、キュルケは言葉が詰まる。

が、タバサがコクンと小さく頷き、

「……かなり強力なメイジ」

そう答えて、キュルケに小さくアイコンタクトする。

それは彼女達にしかわからぬ程度の小さなもの。

普段たいして表情を表さないタバサと多くの時間を共有してきたキュルケだからこそ気付けるものであり、オスマンは気付かない。

「そうじゃな、いや君達も本当にご苦労じゃった、ゆっくり休みなさい、おって王宮から何らかの恩賞がでるじゃろうて」

そう言われ、二人は会釈して学院長室を退室する。

「………………」

「………………」

二人の間には沈黙が生まれ、やがて歩き出す。

「……ねぇタバサ」

しかし、沈黙に耐え切れなくなったキュルケが、タバサに声をかけた。

「……何」

「どうしてあんなことを言ったの?」

「……あんなこと?」

「フーケのことよ、逃げたって本当?私にはとてもそうだとは思えないわ」

キュルケはダンッ!!と一際大きく足を踏み鳴らして止まる。

彼女の脳裏にあるのは血まみれのルイズと……転がっている“人の残骸”のようなものだった。

キュルケはあの時のことを思い出す。

ルイズはもはや歩く事もままならないような状態でずっとうわ言のように、



『サイト……サイトのところに戻らなきゃ……サイト、サイトを助けなきゃ……サイト……』



サイトの名前を呼び続けていた。

それにルイズは目の焦点が合っておらず、しかし酷い怪我だというのに這ってでも何処かへ行こうとしている。

そんなルイズを、タバサが魔法で眠らせ、レビテーションによって運んだ。

その後、ルイズの状態が思いのほか芳しくないこともあって、タバサの案により、彼女の使い魔である青い風竜、シルフィードの背に乗って学院へと戻って来たのだ。

キュルケはそんな状態のルイズを心配はしたが、それよりも脳裏に焼きついた“残骸”が気になった。

あれは“人の体の一部”に見えてならなかった。

そう思ってしまってから恐くなって目を背けた為に記憶が鮮明ではないが、それでも一度そう思うと思考が止まらない。

血だらけのルイズ、あれは本当に自分の爆発での出血だけなのか。

あの場にいたのがルイズだけなら、フーケはもしかすると……。

思考が思考を呼び、考えが纏まらない。

タバサは意外にもその残骸をよく見つめているようだった。

だから聞いたのだ。

本当にあれはフーケでは無かったのか、という意味で。

だが、タバサはキュルケに一瞬視線を合わせると、ふいっとそのまま何も語らずに歩いて行ってしまった。

「ちょ、ちょっと!!」

キュルケは慌ててタバサの後を追う。

「何よ?教えてくれないの?」

その赤く長い髪が左右に揺れながら駆け足になる。

「………………」

しかしタバサは口を開かない。

「んもう、教えてくれたっていいじゃない!!」

キュルケが半ば癇癪気味にムキになって隣を歩く。

「……キュルケは“あれ”を良く見た?」

すると、ようやくタバサから答えが返ってきた。

「“あれ”って、“あれ”のこと?」

ここで言う“あれ”とはすなわちキュルケの最も気になっている“残骸”のことだろう。

コクンとタバサは視線を変えずに頷く。

「正直、恐くなってあんまり見ていないのよね……だから余計に気になるって言うか」

ポリポリと頬を人差し指でかき、照れくさそうにキュルケは答えた。

「……そう」

タバサはそれに短く返答し、

「……そのほうがいい、あれは人の足の形状をしていたから」

「っ!?」

キュルケの足を止まらせる。

「それって……!!」

キュルケは青ざめたように暗くなり、最悪の展開を予想して、



……ふるふる。



頭一つ分は小さい青い髪の頭が左右に振られた。




***




パカッパカッパカッ。

「どうどう」

一人の少女が馬に乗っていた。

先ほどまで走り通しだったのか、馬にはやや疲労の色が窺える。

「ごめんなさい、少し無茶をさせてしまいました」

鬣をゆっくりと撫で、少女は周りを見渡す。

「この辺の筈なんですけど」

周りは木々が生い茂り、獣道程度しかない道無き道。

だが、遠くには木製の小さな小屋があるのがわかる。

「う〜ん、あそこに人がいるようには思えないです……おかしいなぁ」

トコトコと馬はゆっくり歩き、小屋に近づくが、やはりそこには誰も居ない。

辺りは地面が不自然に隆起した跡があるだけだ。

「この辺に向かったって聞いたのですけど……いらっしゃいませんね、ギーシュ様……ミス・ヴァリエールの使い魔さんも一緒だとお聞きしましたのに」

ブラウンのマントを羽織り、そのやや長いブラウンの髪を後頭部で小さく編みこむというオシャレをしたケティ・ド・ラ・ロッタはいつものバスケット片手に残念そうに呟く。

「もう帰られてしまったのかしら。折角差し入れと思って持って来ましたのに。お馬さん、お一ついかが?」

ケティは馬に小さなクッキーを一つ頬張らせ、また鬣をさわさわと撫でた。

「仕方ありませんわね、また学院に戻って探しましょう。でも残念です、外でなら私もいろいろ聞きやすいかもと思って期待しましたのに」

はぁ、とケティは詰まらなさそうに溜息を吐き、馬に跨って先ほど来た道を戻り始める。

パカラッ、パカラッ、パカラッ……。

段々と馬の足音が遠くなり、姿さえもその場からは点にしか見えぬほどに離れていく。

と、

ボゴリ。

音がした。

ケティは辺りを見回すばかりで地面は見ていなかった。

人を探しに来たのだから地面はあまり気にしていなかったのだ。

音がしたあたりには“何か”が転がっていている。

ボゴリ、ボゴリ。

また音がして、どんどん土の地面が膨れ上がって来ていている。

ボゴリ、ボゴリ、ドパッ!!

音と共に地面の隆起は激しくなり、

「かはっ!!げほっげほっ!!あ〜苦しい!!」

ボン、と人の首が地面から飛び出した。

「はぁ、はぁ、ふぅ〜っ」

驚いたことに、地面から首だけ出てきたのは緑髪の女性、

「全く、へんな娘が出てくるから余計に時間がかかっちまったじゃないか」

フーケだった。

なんと彼女は生きていた。

「にしても、あのヴァリエールの小娘は一体なんなんだい、思い出すだけでも身震いが止まらなくなりそうだよ、私にこの奥の手まで使わせるなんて」

彼女は最後の瞬間、瞬時に足元の土を錬金して自分にそっくりな人形を作り、同時に自分はその土を使うことによって出来た“窪み”に入った。

爆発が起き、爆煙で視界が利かないときに一部錬金を戻したり、周りの土をかき集めたりして地面に彼女は身を潜めたのだ。

これに重要なのはタイミング。

上手くいくかは文字通りの賭けだった。

だが幸い、彼女の偽装は“見破られることなく”進み、フーケ捜索隊は破壊の杖を奪還して学院へと帰った。

他にも学院関係者が一人来たのは計算外だったが、概ね問題ない。

命あっての物種だ。

そう思って地面から出ようとした彼女の顔にふっと影が差す。

「!?」

一瞬、学院関係者か!?とフーケは焦るが、

「なかなかいい仕事をするじゃないか、“マチルダ・オブ・サウスゴータ”」

どうも違うらしい。

「アンタ、なんでその名前を知っているんだい?」

キッとフーケ、もといマチルダは相手を睨む。

目の前には、見慣れぬ仮面をつけた……恐らく男が、珍しそうに“人間の足”を持ち上げマジマジと見ている。

いや、正確にはそれは足ではなく、マチルダが作り出した“精巧な偽者”だが。

「いや失礼、思いを同じくする者同し、協力する気は無いかと君を探しに来たわけだが……クク」

仮面の男は不気味に笑うと足をポイっとその変に投げ捨てた。

「予想以上の使い手だったようだ、どうだ?私に協力する気は無いか?近々“アルビオン”を崩壊させようって話があるんだ」

「!!」

その言葉にマチルダは目を見開いた。

アルビオン。

マチルダにとってその名前、いやその国は忘れる事などできぬものだった。

「悪い話じゃないだろう?アルビオンに恨みがある君にとっては。どうだ?君は私に協力する、私は君の復讐を手伝う、ギブアンドテイクという奴だ」

断わられる事など考えていないのだろう。

そんな自信たっぷりな物言いでマチルダは突然の申し出を受けた。

無論、アルビオンへの報復のチャンスがあるならそれは構わない。

だが、

「……どうでもいいけどいつまで上から見てるつもりだい?暇なら私を地面から出してくれないか」

「……プッ、ククク……これは失礼を、レディ」

仮面の男はマチルダの不機嫌そうな言葉に、今度は不気味ではない本当の笑い声を零し、手を差し出した。




***




トリスイテン魔法学院。

その生徒寮の一室において。

「フフフフ、アハハハハハ!!」

最高にHIGHな人がいた。

「美しい、まさにビューティホー!!ああ、しかも君が公爵家の娘とはね、これは運命だ!!今、全ての運は私に向いている!!」

ベッドには桃色の髪の乙女が眠っている。

「……ん、サイト……」

小さく漏らす寝言は彼女の使い魔の名前。

「フフフフ、素晴らしい、完璧な造形だ!!」

訂正、真性のロリコン親父こと、小さな髭と、赤と白が目立つ服に大きな白い襟巻きを着けた水メイジ、ジュール・ド・モット伯がいた。



[13978] 第三十二話【金的】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/03/15 21:12
第三十二話【金的】


(落ち着け、落ち着くのだジュール!!)

かれこれ数十分、ジュール・ド・モット伯はやや鼻腔を大きく開けながら桃色の髪の乙女の寝姿を堪能していた。

傷は治療した。

彼ほどの腕があれば、水の秘薬と掛け合わせ、重傷といえどあの程度の傷、治療するのはそう難しいことではなかった。

ジュール・ド・モット伯はトライアングルクラスの水メイジ。

その腕は確かに折り紙付だった。

「何と細い足なのだ……むふふふ!!」

治療を終えた彼の視線は、眠っている彼女のやや短めのスカートより伸びる二本の白い足に向けられた。

白い足には、足のつま先からふくらはぎ、膝という関節を越えて太ももの半ばまで履いている黒いニーソックスがあった。

ぴっちりと細い足に張り付いているニーソックスは、彼女のその美しい足の構造を遺憾なく表現していた。

「まさに、理想的なライン……!!」

モット伯はまた一つ感嘆の息を漏らし、その瞳に卑しい輝きを灯す。

彼の視線は北上し、腰、くびれの辺りで一度止まる。

「ああ、素晴らしいまでに小柄ではないか……!!ぐふふふふふ……」

むはっとまた一つ鼻腔を大きく広げ、その口から大きな息を吐き出す。

その後、彼の視線は一気に北上して桃色の髪の乙女、ルイズの顔に向けられる。

その唇は閉じられては小さく開き、薄く彼女の髪色に染まっている。

頬は荒れている形跡など微塵も無く、閉じられた瞳を隠すようにしてその長い睫毛が黒光りする。

顎はシャープに程よく尖り、体と相まって彼女をより一層細く見せていた。

「まさに真の美、これこそ最高の造形ッ……!!」

モット伯は興奮しながら視線をやや南下させ、

(そして、ああそしてッ!!)

彼女の肩よりやや下、女性特有の膨らみがあり男性を引きつける要素も多分に含む双丘、そうつまり胸に向けられた。

視姦、という言葉があるのならこういうことを言うのかもしれない。

彼女のそこは、彼女も預かり知らぬ程に成長していた。

モット伯はテーブルに置いてある書類をざっと見る。

それは昨年、一年生の際に行われた身体測定、その結果であった。

これは以前、彼が学院……オスマンに無理を言って入手した超極秘情報である。

彼女自身の記憶では、彼女は“以前”よりも1mmの増量に成功したはずだった。

毎日、朝に牛乳を飲んで、お昼に牛乳を飲んで、三時にクックベリーパイと一緒に牛乳を飲んで、夕食と一緒に牛乳を飲んで、夜寝る前に牛乳を飲んで自身を“マッサージ”してから眠るという涙ぐましい努力とは無縁の“飽くまで普通の生活”をしていた結果、

「随分と大きくなっているようだ……フフフフ」

その書類に書かれているバストサイズ、それよりも彼女の胸は成長していた。

モット伯は自身の観察眼に自信を持っている。

「2mm……いや3mm程は増えているな」

モット伯にとってこれは歓迎すべきことだった。

勘違いしている人間が多いが、彼は“オールラウンダー”である。

別に小さいからと言ってそれが彼の嗜好とは……、



「しかし、肩も小さく、小さな膨らみ……たまらん……」



それが彼の嗜好とは……、



「ああ、しかもこの顔、幼いながらに“女”を彷彿とさせるこの色気!!ああ、このミスマッチ!!素晴らしィ!!」



それが彼の嗜好とは……それが彼の嗜好である。

さらにモット伯にとって、彼女が三女といえど公爵家の娘だというのも大きかった。

これは成り上がるチャンスでもある。

怪我をした女性を優しく介抱、そこから生まれるロマンス。

モット伯の頭の中は妄想率100%だった。

そうしてモット伯は何もかもが上手く行くと信じて疑わず、“当たり前”のように彼女の素肌、腕に触れた時、

「っ!!」

ルイズが飛び起きた。




***




寒い。

いや、寒いんじゃない。

足りない。

何かが足りない。

何が足りない?

ああ、なんだかもうしばらく“補充”していないもののような気がする。

足りない。

全然足りない。

枯渇している。

渇き、餓えている。

圧倒的に足りない。

壊滅的に足りない。

極限まで足りない。

足りない。

足リナい。

足りなイ。

タリナイタリナイタリナイ。

タリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイタリナイ。

瞬間、何かが触れて、タリナイ何かがマイナスの域にまで達してルイズは飛び起きた。

場所は自分の部屋。

目の前には見たことの無い……いや“以前”は見たことのある男、名前は……そんなことはどうでもいい。

「サイトは何処っ!?」

ルイズの第一声はソレだった。

部屋を見渡し、そこに彼の姿は何処にも見当たらない。

ならば彼は今何処に?

「……サイト?ああ、あの平民の使い魔かね?」

モット伯は突然起きたルイズに驚き、しかし最初に出てきた言葉が平民の使い魔といえど男の名前なことに苛立ちを覚える。

「そうよ、早くサイトを探さなきゃ」

ルイズはベッドから立ち上がろうとして、

「まぁ待ちたまえ」

モット伯に止められた。

「邪魔よ、私は今すぐにでもサイトに会いたいの、消えて」

それは嘘でも誇張でもなく、ルイズの本心だった。

だが、モット伯は我慢なら無い。

何故なら彼女を治療したのは自分(事実100%)であり、彼の頭の中(妄想率100%)では彼と彼女は相思相愛(妄想率200%)なのだから。

「君はまだ怪我が治ったばかりだ。ゆっくりしたまえ、使い魔といえど所詮平民じゃないか、捨て置いていても問題はあるまい」

「……何が言いたいの?」

だからなのかもしれないし、無知だったからなのかもしれない。




───────彼は禁句を口にした。




「いや、あんな君を護ることも出来ぬ使えない平民を気にする必要は無いのだよ、なんなら私が君の力になってあげよう。使い魔も……そうだな“もう一度別の物を召喚”してみるのはどうだね?」




瞬間、ルイズの顔面が蒼白になったのに彼は気付かなかった。




「いやなに、使い魔は死んでしまったならもう一度召喚するのもありなのだよ?君は非常に運がいい、私に目をかけられたのだ、ああ礼など気にするな、その傷も私が善意で治療したのだ。君程の美しい女性が怪我をしたままというのは忍びない」




ルイズが震える手で杖を掴むが、モット伯は気にしない。




「それに君の言う役立たずは治療の邪魔だと言って“ちゃんと”この部屋からたたき出しておいたからね。あの平民と来たらこともあろうに私を信用しないのか中々離れようとせず苦労した『ドォォォン!!』が……?」

爆発。

モット伯はそれ以上口を開く事を許容されなかった。

あるいは、今ルイズの中で圧倒的に枯渇している“何か”もその一因を担っているのかもしれない。

だがこの世は表裏一体。

そうやって枯渇すればするほど、溜まり増えるものもある。

ルイズの部屋のテーブルは消し炭になっていた。

モット伯は何が起きたのか理解できない。

ここは彼女が自分に感謝し(妄想率300%)、泣いて抱きつき将来を約束するという場面(妄想率400%)のはずだ。

「貴方、私からサイトを遠ざけたの……?」




───────ゾクリ。




頭の中が暴走しきっていたモット伯が冷水を浴びたようにさぁっと思考が冷える。

その瞳は、既に光など宿していなかった。

あるのは何処までも何処までも昏い闇。

何も映さず、無制限に光を飲み込む“虚無”そのものだった。

モット伯は“波濤”を二つ名に持つ優秀なメイジだ。

水メイジだからと言って医療専門ではなく、それなりの戦闘もこなせる。




「私から、“また”サイトを奪うの……?」




その彼が、




「そんなことが、許されると思っているの……?」




為す術なく、




「……答えなさい、サイトは何処?」




杖を胸に突きつけられた。

今モット伯が理解できることは、先ほどテーブルを消し炭にした魔法をルイズがいつでも放てる状態だということだ。

タラリ、と背中に汗が伝う。

失言は即破滅に繋がるが、ことここに至ってもモット伯には貴族としての思考が根強いせいか何が失言なのかわかっていなかった。

「し、知らんよ、私は君の為を思って最善を尽くしただけなのだ、さぁ、その杖を置いて。ちゃんと優雅に話をしようじゃないか」

ポン、とモット伯はルイズの小さい両肩に手を置き、

「っ!!サイト以外の人間が気安く私に触らないで!!」

ルイズはモット伯お気に入りのその細い足を振り上げた。



「はぅ!?」



モット伯は足を内股にしてその場に座り込む。

モット伯の性別が危ぶまれた瞬間だった。

ルイズは醜いものでも見るような目でモット伯を一瞥すると、そのまま駆け出していた。

本当ならあの男にもっと鉄槌を下したい気持ちもあったが、それよりなにより今はサイトである。

彼の無事をこの目で確認しない事には、他の余分な事などに意識を割けなかった。



[13978] 第三十三話【剥奪】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/03/15 21:14
第三十三話【剥奪】


「なぁデルフ」

『なんでぇ、相棒』

サイトは中庭で、腹を抑えながら学院の壁に寄りかかって座っていた。

手元にはシエスタが置いてくれた食事、パンが一つある。

「俺、居ないほうがいいのかな……」

『な、何を言い出すんでぇ急に!?』

カチカチと音を鳴らしながら、デルフは突然のサイトの言葉に驚きを隠せなかった。

第一、サイトがもしいなくなれば自分はルイズに何をされるかわかったものではない。

「あのモットって男が言ってただろ?役立たずって。そりゃ相手はファンタジーな化け物だったけどさ」

『ふぁんたじー?』

デルフは聞きなれない言葉を聞いて不思議そうにするが、普段のサイトらしくなく、その疑問に答えることなく話を続ける。

「俺、召喚されてもう戻れないってルイズに言われた時、本当は結構途方にくれてたんだ。でもルイズは優しくてさ、使い魔は普通、秘薬を探してきたり、主の交通の便の向上や特殊な利益を生むのと主を護るのが使命、なんだろ?」

『ああ、まぁそうだわな』

「けどルイズは……」

サイトはルイズと初めて会った時言われた事を思い出す。



『……サイトはね、私の傍にいてくれるだけでいいの』



『相棒……?』

デルフは急に口を開かなくなったサイトを訝しむように声をかける。

「あ、いや何でもない。ただ、俺は本当にルイズに特別な利益を生んでるのかなって」

サイトは少し寂しそうに空を見上げた。

太陽は地球と同じく一つだけ。

それを見れば、少し気が晴れる気がした。

『相棒は貴族の娘っ子の役に立ちてぇのか?』

だから、そんな唐突なデルフの質問に、サイトは目を丸くして笑って答える。

「わかんね」

『………………』

「けどゴーレムがルイズを狙った時、不思議と体が勝手に動いたんだ。こうしなきゃ……いやこうしたいって」

(相棒、おめぇそりゃ貴族の娘っ子に恋してんじゃねぇか……?こりゃおでれーた、平民の使い魔が貴族の主人に恋、か。娘っ子は喜びそうだなぁおい)

デルフがそう思っていると、急にドカァン!!と爆発音が鳴った。

「何だ……?」

サイトは重い腰を上げるようにしてゆっくりと立ち上がり、爆音のした方を見る。

何となく、ルイズの部屋の方からだった気がした。




***




ルイズは走り、手当たり次第にサイトの事を聞いていた。

最初に会ったのは燃えるように赤い髪のグラマラスな少女、キュルケ。

「あら?ルイズじゃない、怪我はもういいの?え?サイトを見て無いかって?う〜ん見てないわねぇ、あ、もしかしてダーリンはルイズより私に……」

ドォォォォン!!

キュルケが爆煙に包まれる。

ルイズは駆け出した。

次に会ったのは学院のメイド、シエスタ。

「あらミス・ヴァリエール、え?サイトさんですか?ご安心下さい!!私が責任を持ってお食事……」

ドォォォォン!!

シエスタが爆煙に包まれる。

ルイズさらに足を急がせ、出会ったのは金髪の少年、ギーシュ。

「おや、ルイズじゃないか、どうかし……」

ドゴォォォォォォォォォン!!

ギーシュが爆煙に包まれる。

心なしかその威力が先の二件より強かったは言うまでも無い。

ギーシュの挨拶さえ最後まで聞かない辺り、余裕の無さが窺える。

原因は他にもありそうだが。

そうして駆けること数分、

「!!」

ルイズは中庭にいるサイトをようやくと視界に捉えた。

が、サイトを見たルイズの顔に、いくばくかの緊張感が奔る。

サイトを知るルイズだからこそ、その不自然さに気がついた。




***




遠くから桃色の髪が走ってくるのが見えた。

向こうもこちらを捉えたらしく、スピードをぐんと上げて近寄ってくる。

「いた!!サイ……!?」

ルイズはサイトを見つけたことに喜び、飛びつこうとして、やめた。

しかしスピードは落とさず、サイトに駆け寄る。

「あ、ルイズ……治ったのか」

サイトが少しほっとしたような表情をするが、ルイズの顔は逆に緊張感が溢れている。

「サイト、なんでそんな傷だらけなの!?」

そう、サイトは擦り傷が多かった。

すぐにあの水メイジの言葉が思い出される。

恐らく、サイトを無理矢理実力行使で追い出したのだろう。

(あの男……っ!!)

あの戦いでは、サイトはゴーレムにパンチをもらっただけの筈だし、他の可能性など皆無に等し……パンチ?

「サイト、お腹見せて!!」

「え?あ、ちょっと待っ……」

ルイズは突然思い立ったようにサイトの静止も聞かずに無理矢理パーカー、さらにシャツをめくる。

「っ!!」

そこは酷い痣になっていた。

青黒く染まり、見るからに痛々しい。

サイトが慌ててばっとシャツを下げる。

だがルイズの目にはもう焼きついてしまった。

“サイトが怪我をしている”という現状が。

「サイト!!痛くない?いえ痛くない筈が無いわ!!早く医務室に行きましょう!!ああもう、他の奴らは一体何をやっていたの!?サイトに誰も治療をしようとしないなんて!!」

ルイズは憤慨し、サイトの手を引く。

もともと、怪我はサイトが必死に回りに隠していた。

ルイズがあんなに酷い状態なのに自分がこんな怪我で騒ぐわけにはいかない、という半ば男のプライドだ。

だからキュルケやギーシュ、果てはタバサまでサイトのお腹の状況など気付かなかった。

周りを責めるには当たらない。

気付いたルイズが“異常”だったのだ。

しばしルイズは手を引くように歩いていたが、ふと立ち止まるとサイトの顔を見つめ、やや考えて腕を組むようにして体を密着させた。

「お、おい……」

サイトは予想外の事に若干驚くが、

「いいの、サイトは怪我人なんだから」

いつものルイズ節が炸裂する。

こういったことにサイトは口で勝てた試しが無い。

だがいつも挑戦だけはする。

「じゃあ怪我人じゃなかったらこんなことはしないのか?」

「ううん、する」

即答。

「おいおい」

サイトは気恥ずかしくなって腕を外そうとするが、ルイズにぎゅっと強く引かれ、外させてもらえない。

「だって……足りないんだもん」

「足りない?」

何が足りないというのだろう?

意味がわからない。

「うん」

「何が?」

「サイト」

「はぁ?」

自分が足りない、といわれてもサイトは首を傾げるだけである。

そんな不思議そうなサイトにルイズは出来るだけ密着し、サイトの体温を感じることで微弱ながら足りない“何かの成分”を補充し始めた。

二人はそのまま医務室へ直行、サイトの怪我はすぐに学院付きのヒーラーが治してくれた。

ルイズはその後、ちょっと用事があると学院長室にサイトを連れて行き、二通の手紙を頼んだ。




***




王都トリスタニア。

その王宮であるここに、

「くっ、あの娘は一体なんだったのだ、よもや私よりもあの平民がいいと言うのか?」

ジュール・ド・モット伯は戻って来ていた。

治療を終え、ルイズにやられた後、自身に治癒を施して学院を後にした。

正直、自分がトライアングルの水メイジでなければ、大事なところは使い物にならなくなっていた恐れもあった。

それから数日。

「だが、あの娘は諦め切れん……!!」

そんな目に合いながらもモット伯はルイズに目をつけたままだったのだが、

「ジュール・ド・モット伯……いや“モット”」

急に不遜な言い回しで声をかけてくる者がいた。

それは金砂の髪を肩まで伸ばし、左目にモノクルを付け、口にも髪色の髭を生やした妙齢の男性だった。

その歳の頃はおよそ五十といったところだろう。

「っ!?これはこれはヴァリエール公爵、王宮でお会いできるとは珍しいですな」

それは知る人ぞ知る、ルイズの父親だった。

「そんなことはどうでもいい、モット、貴様まだこの辺をうろついていたのか」

「はい?随分な言い回しですな、いくら公爵といえどせめて爵位くらい最後に付けて呼んで頂けないものですかな?」

モット伯、いや“モット”は少し苛立ちながら睨むようにしてヴァリエール公爵に言い返した。

「ふん、何を言っているモット。貴様は先日、王室より爵位を没収された」

「だから最後には爵位を付けて……何ですと?今なんとおっしゃられたのか?」

モットは目を丸くする。

「貴様、恐れ多くも私の娘に手を出してくれたそうだな?友人として扱ってくださっているアンリエッタ様も驚かれていた」

「なっ!?」

聞いていない。

何もかも聞いていない。

自分の爵位の剥奪。

ヴァリエール家三女と王女のつながり。

そして、

「全く、我が娘にはすでに魔法衛士隊隊長という婚約者が居ると言うのに貴様のような男……いや、虫がつこうとは……!!」

婚約者。

そんな事実。

実際は口約束程度のもので、完全なものでは無いため、どちらにせよモットにはそれを知る術は無かった。

「さぁ、既にここは貴様のような人間が来れる場所ではない!!出て行くのだな、モット伯……おっと失礼、モットよ」

半ばモットが茫然自失としている中、魔法衛士隊の面々がモットに気付き城の外へとモットを連行する。

モットはあっという間に城から追い出され、ようやくそこでハッとなった。

「ま、待て、私は、私は王宮直属の……!!」

王宮の扉に張り付こうとモットは手を伸ばし、

「醜いね“元”モット伯」

誰かが後ろから声をかけてきた。

「き、貴様は……!!貴様程度の爵位で気安く私を呼ぶな!!」

「何を言ってるんですか?貴方は既に貴族姓を剥奪された身」

言い方こそ酷いが、男はやや礼節を持った態度でモットに対応する。

「だ、黙れ!!これは何かの間違いだ!!だいたいなんで貴様がここに……ハッ!?よもやヴァリエール公爵の言っていたのは……!!」

「ふん、どうだろうね、それは私には預かり知らぬことだし、“どうでもいい”。だが“元”モット伯」

モットの前にいる男は急に人が変わったように強気になり、

「今の事態に不満があるなら私と手を組まないか、そうすれば貴方が欲しがっている物、いや“者”を貴方に差し出してもいい」

「!!貴様……」

突然の事にモットは驚く。

だが、彼の言っている事は瞬時に理解した。

それはつまり……。

モットはしばし考え、しかしすぐに結論を出す。

どうせ今のままでは喚いたところで事態の好転などしはしない。

ならばいっそ……、

「……いいだろう」

その悪魔のような船に、身を委ねてみようではないか。



[13978] 第三十四話【反逆】
Name: YY◆90a32a80 ID:870f574a
Date: 2010/03/15 20:32
第三十四話【反逆】


「君たちには“シュヴァリエ”の爵位が与えられることとなった」

フーケの件から数日後、学院長室に呼び出された捜索隊の面々はオスマンから報奨の内容を告げられた。

「シュヴァリエ?本当ですか学院長?」

オスマンの頷きにキュルケは喜んだ。

一貴族の娘が他国とは言え国の爵位を賜ったのだ、こんな誉れは早々に無い。

貴族という生き物は何よりも誇りを尊重する。

そういった意味で、それは確かに歓喜するに相応しい報奨だった。

オスマンはキュルケ、ギーシュに王宮からの正式な通達文書を手渡していく。

心なしか二人のマントが焦げているのはあえて言葉にしなかった。

そうしてタバサの前までオスマンが来た時、オスマンはふと思い出したように補足した。

「おおそうじゃ、ミス・タバサは既にシュヴァリエの爵位を賜っておるゆえ精霊勲章の授与があるそうじゃ」

タバサはその小さく青い頭をペコリと下げて書簡を受け取った。

そして最後に、オスマンがルイズの前に立った時、

「あー……ミス・ヴァリエール、おめでとう、君もシュヴァリエの爵位を……」



「……今、なんと?」



それは起こった。

「“私”がですか?オールド・オスマン、何かの間違いではありませんか?」

桃色の髪の少女は、隣にいる黒い髪の少年の纏う服、『ぱーかー』の裾を掴み、その目には怒りを、纏う空気は怜悧な冷たさを持っていた。

その言葉は間違いでなければ許さないというような、一種殺気にも似たオーラを彼女は放っている。

その姿を見て、オスマンは小さく溜息を吐いた。

「間違いではない、ミス・ヴァリエール。君にはシュヴァリエ授与の書簡と、それとは別に姫からの個人的な手紙を預かっておる」

「……姫殿下から、ですか?」

「そうじゃ」

桃色の髪の少女、ルイズは訝しむようにしてオスマンを見る。

その瞳の光は“怒り”から“裏切られたというような落胆”に変わっていた。

ルイズは肩を落としながらそれを受け取る。

「さて、今夜は君たちの此度の活躍を祝う意味も含めたフリッグの舞踏会じゃ、存分に着飾り楽しむがよい。主役は君たちじゃからな」




***




ルイズは部屋に戻ってアンリエッタからだという手紙を読み始めた。

『親愛なるルイズ・フランソワーズ、貴方のお手紙は読ませて頂きました』

ルイズは、目を覚ましてから二通の手紙を書いている。

一通は父宛。

“あの水メイジ”がサイトを追い出し、さらには擦り傷程度といえど怪我を負わせたのは明白であり、自分に対して手を出してきた旨の内容を綴っていた。

同学年相手ならば自身や家の誇りから親に頼ることも少ないが、相手が大人、それも爵位を持つほどの身分ともなればそのその範疇からは大きく外れる。

ルイズは、今回のモット伯が“自身に触れた”件について赤裸々に自分視点での屈辱を父宛に“相談”という形で送った。

受け取ったヴァリエール公爵がそれを読み、娘に手を出した不届き者に憤慨し、王宮へと働きかけを始めたのだ。

そしてもう一通はアンリエッタ宛に。

父が公爵家、さらには幼少の頃からの友人という事も相まって通常なら難しい王女への直接の手紙も通された。

無論、いくつかの査定、安全検査等を超えた事は言うまでも無い。

ルイズはアンリエッタに今回のモット伯の件、そして報奨に関するお願いをしていた。

『まず無事で何よりです、ルイズ・フランソワーズ』

文面にはアンリエッタがルイズを心配していた事を思わせる文章から始まっている。

『貴方のモット伯からされたという仕打ち、お父上のヴァリエール公爵からもお話しがあり、周りの者とも話し合ってモット伯からは爵位の剥奪を行いました』

ルイズは、ここで初めてモット伯が既に貴族で無くなった事を知るが、

(……“そんなこと”はどうでもいいんです、姫様。それよりどうして……?)

今だ文の内容に自身の知りたい内容は出てこない。

つらつらとモット伯の爵位剥奪に係る経緯が書き連ねられているが、ルイズはそんことが知りたいのでは無い。

と、

『さて、ルイズ・フランソワーズ。私は貴方を含め三人にシュヴァリエを授与しました。一人は既にシュヴァリエだったので精霊勲章という形で国に報いてくれた報奨としましたけど』

ようやくルイズの知りたい本題に入るようだ。

『ルイズ・フランソワーズ、貴方は何故か“自分の功績”も“貴方の使い魔の功績”とし、“使い魔さんに全ての報奨を与えて欲しい”とお願いしてきましたね、今回で言えば貴方が貰うシュヴァリエの爵位ということになるのかしら』

そう、ルイズは自身にふりかかる名誉、功績、それら全てをサイトの物とし、シュヴァリエをサイトに与えて欲しいという旨の手紙をアンリエッタに出していた。

『貴方は昔から変わってたけど、自分よりも使い魔に報奨を願うなんて優しいのね。いつも励ましてくれた私唯一の本当の親友のお願いだもの、ちゃんと聞き届けてあげたい、と思っていたんだけど』

ルイズの眉間に皺が寄り始める。

『“宰相のマザリー二”に止められてしまったの、平民をシュヴァリエにするのはおやめ下さいって』

(マザ、リーニ……!!)

ぐしゃ!!と音がして紙に皺が寄る。

マザリーニ。

トリステインの宰相にして“鳥の骨”の異名を持つ男。

この男によってルイズの計画は瓦解、いや“遅延”した。

(このままじゃ“サイト貴族化計画”が……!!)

サイト貴族化計画。

ルイズはそんなプランを練っていた。

サイトを貴族にして、自分との仲を誰もに認めさせる。

身分の差がある以上、かならずそれが障害になる時が来る。

いざというときは自分が貴族の身分などかなぐり捨ててサイトと共に行く覚悟はあるが、穏便に済むに越した事はない。

“だから”ルイズはフーケの捜索という“危険”が絡む任務についたのだ。

決して先生達に馬鹿にされたから、だけでの行動では無かった。

何が起きるかはわかっているのだ、それでサイトに功を立てさせる。

以前自分がシュヴァリエに叙されたことから、この功績があればシュヴァリエになれると思っていたのだ。

しかし、それがどれだけ甘い事だったかは今回痛いほど痛感した。

全てが上手く行くとは……歴史と寸分変わらぬとは、限らない。

サイトは怪我を負った。

ルイズにとって怪我の度合いは関係無い。

サイトが怪我を負った、これは最低最悪の事態だ。

それが致命傷だろうとかすり傷だろうと同じ事。

今回、そんな許せない事態が発生したにも関わらず、サイトはシュヴァリエになれなかった。

それはつまり“再びなんらかの危険”を負う必要、可能性があることを示している。



(覚えていなさいマザリーニ卿、貴方はしてはいけないことをしたわ……!!)



ルイズの中に一つ、小さな、しかし決して弱くは無いドス黒い炎が静かに灯った。

が、

「ルイズ?着替えなくていいのか?」

サイトに声をかけられたことによってルイズはその炎を胸の奥底へと仕舞い込む。

我に返った、いやサイト脳に返ったルイズはサイトへと微笑みを返した。

「ええ、いいのよ。私は“フリッグの舞踏会”に出ないから」

「えっ?出ねぇの?なんでだよ?」

サイトはルイズの意外な発言に耳を疑った。

よくわからないが、今回やるのはダンスパーティらしくて、ご馳走も一杯出て、主役はルイズ達だと聞いている。

サイトも美味い物を食えると少し楽しみにしていたくらいだった。

「だって、出たってどうせ今まで私を馬鹿にしてた奴等が掌返したように近づいてくるのがオチよ、公爵家三女にしてシュヴァリエ、お近づきになっておけば後々の為になる、そんな汚い考え持った奴がうようよいる中に行く暇があったら私は……」

ルイズは、トン、と軽やかにサイトに近づいて両端のスカートの裾を掴んで持ち上げ、頭を下げた。

「こうやって、サイトと二人で居る方がいいわ」

頭を上げてサイトに微笑むルイズ。

サイトは気恥ずかしくなって視線をズラし頭を掻く。

ルイズは優しい笑みでそんなサイトの後ろ姿を見つめ……一転してサイトの背に背負われているデルフリンガーに厳しい視線を送った。

(本当、なんでしょうね……?)

デルフは『ビクッ』と刀身を振るわせながらも無言で素知らぬ風を貫き通していた。

普段のルイズならとっくにデルフにOSHIOKIしていてもおかしくない。

そんなルイズがデルフに手を出さないのには理由があった。

話はサイトの怪我を治した日に遡る。




***




「デルフ、貴方は一体何をしてたのよ」

ルイズは苛立ちながらデルフに詰め寄った。

サイトの怪我は治ったが、心配したルイズが睡眠薬をもらい、先にサイトには眠って貰っていた。

……デルフのOSHIOKI姿を見られない為、ともとれる行動ではあるが。

『よぉよぉ娘っ子、今回のはおめぇさんにも非があるんじゃねぇのか?』

だが、この日のデルフは珍しく言い訳どころか食ってかかってきた。

「それは認めるわデルフ、ええそうよ、私のせいでサイトは苦しんだのよッ!!」

歯を噛みしめ、ルイズは悔しそうに唸る。

その白く美しい指は握られ、震える程に握りしめられている。

普段、サイトが起きないように気を使うルイズにしては、稀に見るサイト就寝中の大声。

それほど、ルイズも悔しい思いをしていた。

「でもデルフ、百歩譲ってゴーレムの件を私一人の責任としても、“何でみすみす私からサイトを遠ざけた”の?それにあのモット伯って男、多分魔法でサイトを追い出したでしょう?でなきゃサイトがあんなに擦り傷を負っているわけが無いわ」

ギンッ!!とルイズは自身の姉並に目をつり上げ、デルフに詰問する。

『え?あ、えーとそれはだな……相棒があの貴族に酷く打ちのめされててよ』

「打ちのめされた?」

なんだそれは?

何があったのだ?

……いや、そんなことより。

「貴方、それを黙って見ていたわけ?何のために貴方をやむなくサイトの傍に置いてると思ってるの?本当なら二人きりがいいところをやむなく、本っ当にやむなく置いてあげているのよ」

ルイズの纏う空気が一瞬にして冷たい物へと変わる。

チリッ!!と触れれば焼けるのではないかという程の真逆の錯覚を伴いながら。

「やっぱり、OSHIOKIが必要かしら……」

ルイズがそう、無慈悲に告げた所で、

『ま、待て待て待て娘っ子!!いいのか?そんなことしちまってよ?』

「……どういう意味よ?」

デルフが“らしくない”ことを言い出した。

良くも悪くもこの剣は正直者である。

嘘を吐いたり、戯れ言で言い逃れようとするタイプではない。

それを知るルイズだからこそ、その物言いが少し気になった。

『俺様にまた“あれ”やろうってのか?それなら俺様にも考えがあるぜ?今日の相棒が言ってた娘っ子への言葉、それを俺様は教えてやらねぇ』

カチカチと音を鳴らしながら喋るデルフリンガーの言葉に、ルイズは動きを止めた。

サイトが言ってた私への言葉?それって………………、




………………すごく気になる!!




決断は速かった。




***




かくして、ルイズはその話を聞こうとしたが、デルフはそう簡単には内容を話さなかった。

何でも、今までOSHIOKIされた恨みかららしい。

これからもうOSHIOKIしないのならば、教えてくれるとの約束だ。

今はその確認期間中のようなものだった。

ルイズは歯がみしながらも、しかしサイトが自分のことを何て言ってたのか知りたくてたまらない気持ちから、デルフへのOSHIOKIを自粛していた。

ただ、一つだけ教えて貰ったことがある。

(サイトは私に“感謝してる”か……うふふふふ、感謝してるのは私のほうなんだけど)

ルイズは口端が緩み、抑えきれない歓喜が体中に巡り、サイトは、自身の背後で急に肩を振るわせ始めたルイズに首を傾げていた。



[13978] 第三十五話【春恋】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/03/20 21:18
第三十五話【春恋】


「おい、こっちもあのテーブルと同じ物をくれないか」

「あ、はい、ただいま」

メイドが一人、今宵のダンスパーティ、フリッグの舞踏会場を奔走していた。

貴族がテーブルの食事で無くなった物を注文し、メイドは厨房に追加分の食事を取りに戻る。

都合すでに三回目。

大きな会場で、不特定多数の貴族がたくさんの物を口にし、それらが無くなれば補充、汚れれば清掃。

各メイドが幾人もそうやって動き回っており、そのメイドもそのうちの一人だった。

舞踏まではまだ時間があり、今はディナートークタイム、と言ったところで一番忙しい時間帯。

会場は広く、椅子やテーブルもあるが立食式での食事の為、会場の床はたちどころに汚れていく。

だが、貴族という生き物は例えそれが自分たちのせいで汚れていこうとも、それを認めたがらず、あまつさえ汚い事に嫌悪を念を示すことも少なくない。

だからメイド等の使用人は休む暇なく、貴族が汚していった場所をたちどころに清掃せねばならないのだ。

絶対的な主従の差、それが貴族と平民、とりわけ使用人に対しては強いことがここでも窺える。

だから、普通のメイドや使用人は例えもらえる給与が増えようと、余り貴族と長く関わる仕事をしたがらない。

いつ機嫌を損ねられ、自分に不機嫌の飛び火が来るかわからないからだ。

当然ながら、貴族の一言で解雇、などというのもザラにある。

そんな中で、会場と厨房を行ったり来たりしている黒髪黒眼のメイド少女、シエスタは、自らメイド仲間に頼んで今日の会場の仕事を代わって貰った稀有な存在だった。

メイド仲間は二つ返事ですぐに了承してくれた。

むしろ喜ばれたと言ってもいい。

「あんなに感謝されたら、何だかちょっと罪悪感が残りそう……っと、また汚れが」

テーブルに料理を運び終わった後、シエスタは新たな汚れを発見、清掃にかかる。

せっせとそうやって仕事をこなしながらシエスタは会場を見渡していた。

「まだ来てない、かな」

そう小さく零し、清掃を終える。

ふぅ、と額にじんわり滲んだ汗を拭い、慌てて髪の毛の状態を確認する。

幸い、会場には貴族が自身の身だしなみを整える為の鏡もいくつか設置されていた。

それを遠目から覗き込み、自身の髪の毛が危惧したようなボサボサになっていないことに安堵する。

「今日はミス・ヴァリエールも主役のうちの一人だし、サイトさんも暇になる筈。そしたら一杯お話しできるかなぁ」

フフ、と小さく笑ってシエスタは会場をまた見渡した。

今日という日の為に奮発して購入した“髪用のせっけん”で洗われた髪が揺れ、いくつも天井からぶら下がっているシャンデリアの光を浴びて煌びやかな漆黒を彩る。

だが、舞踏が始まる時間も段々と近づいているというのに何処にもサイトはおろかルイズの姿さえ確認出来ない。

別に約束をしたわけではない。

自分の中での理由も根拠も不明瞭。

だが、それでもシエスタは今日はサイトがこの会場で一人になると頭から思いこんでいた。

(準備に手間取っているのかなぁ?)

その為シエスタは、そんなことを考えながら今か今かとその時を待ち続け、仕事に精を出していた。




***




「ムグムグ……」

青い髪の少女、今日の主役のうちの一人のタバサは自身の着ているドレスが汚れるのも構わずに手と口を動かしていた。

「ムグムグ……」

目の前の厚さ5cmほどの肉は一瞬にしてこのハルケギニアから姿を消し、

「ムグムグ……」

その隣にあるハシバミと名付けられた辛味が強い事で有名な草を使用したサラダは綺麗サッパリ器が空になり、

「ムグムグ……」

奥にある焼きたてのパンはそのパンくずだけを残してこの世を去り、

「ムグムグ……」

新たに追加されたハシバミ草のサラダは既に一人の少女のお腹の中に収まっていた。

小柄な彼女のどこにそれだけの料理が入るスペースがあるのかと問いたくなるほどその食べっぷりは豪快で、普段のおとなしめなイメージはこと食事の際には感じられず、肉食獣のそれのようにタバサは目の前の料理を蹂躙し続けていた。

「あらタバサ、またそんなに食べてるの?いい加減太るわよ?」

そこに、タバサと同じく今日の主役の一人であるキュルケが近寄ってきた。

タバサとは違い、腕を全て露出した肩からかけるノースリーブタイプの中でも一際きわどく、背中は半分以上が露出する真っ赤で扇情的なドレスをキュルケは着込んでいた。

自身のボディスタイルに自信がなければ決して着ることは出来ないようなドレスである。

それはもう既にドレスというより真っ赤な一枚の布と呼ぶほうが相応しい程に彼女のボディラインを周囲へと強調していた。

「ねぇ、ダーリン見なかった?まだルイズも来てないみたいだけど」

キュルケは挨拶もそこそこにタバサに気になった話題を振る。

「……見てない」

「あら?貴方が食事中に返事をするなんて珍しいわね、もしかしてタバサもダーリンの事が気になっているの?」

「……別にそんなことない」

「あらそう」

キュルケは言葉では簡単に流すが、

(興味ないことは結構無視が多いこの子が返事するってことは、無意識に意識してるってことかしら?ダーリンてばモテモテねぇ♪)

内心ではタバサの心情を察し、クスクスと笑みを零す。

「……何?」

「いいえ、何でもないわ」

タバサが訝しげにキュルケを見るが、キュルケは本音を漏らさない。

キュルケはタバサの何処かじっと見つめてくる視線をあえて無視し、今日の主役仲間のうち、公式には唯一の男、今女性の輪の中心になっているギーシュの方に視線を向けた。




***




きゃぁきゃぁといろんな声を出しながら女の人だかりができていた。

「……うう、中々中に入れません……」

そんな中、今日は精一杯のおめかしをしたケティ・ド・ラ・ロッタは女性の壁によって前に進めないでいた。

聞けばギーシュはシュヴァリエに叙されたと言う。

このままではより一層距離が開きかねないと考えたケティは勇気を出していつものバスケット片手にギーシュに近寄ろうと試みていた。

将を射んと欲すれば先ず馬から、とケティはこれまでギーシュと仲の良いサイトに話を聞こうと動いていたが、巡り合わせが悪いのか、はたまたサイトと会わせまいとする“誰かの意図”か、会う機会が無く、今のところ望む結果は得られていなかった。

だがそうやって会えなければ会えないほど、自分の気持ちがわからない時間が長ければ長いほど、ケティの心には再び恋の感情が再燃していた。

だから今日この日、彼女にしては珍しく大胆とも言える行動に出ようとしたのだが……結果は見ての通り。

「あぅっ」

女性の壁によって弾き出されケティはギーシュに近づくことさえ敵わない。

「うう、どうしたらいいんでしょう……」

ケティは半ば諦めかけながら一旦女性陣から距離をとろうとし、

「きゃっ!?」

誰かにぶつかった。

「ん?」

イキナリ後ろからぶつかって来られた少女に、少年は首を傾げる。

「あ、すみませんすみません」

ケティは慌てて頭を下げ、慌てすぎてテーブルの料理の皿を服にひっかけ、その場に少しぶちまけてしまった。

「お、おいおい」

少年は流石に少女が可哀想になって拾うのを手伝う。

周りは混雑しているせいもあってか、たいしてその事を気にする者はいない。

メイドも気付いて掃除の準備をしているようだし、大きな物だけテーブルにでものせておけばそれでいいだろう。

「あ、ありがとうございます……」

少々しょぼくれたようにケティはお礼を述べた。

「いや、いいよ」

少年はやや気落ちしている少女に、これ以上追い打ちをかける気にもならず、そのまま視線を戻そうとして……、

……クンクン。

「……アップルパイ?」

自身の敏感な鼻が彼女のバスケットの中の物を察する。

「え……?わかるんですか?」

ケティは驚いた。

まさか香りだけで中身を当てる事ができるとは。

見た目ふくよかな体をしている少年。

頭はギーシュと同じ金砂の髪だが、オシャレか天然か前髪が額でくるりと丸まっていた。

「あの……もしよろしければ食べます?」

どうせこのままではギーシュには食べてもらえない。

そう考えたケティは、お礼も込めて目の前の“上級生”にアップルパイを譲ることにした。

「え……いいのかい?」

上級生の少年は少々驚きながら片手に持っていたグラスをテーブルへと置いた。

「はい!!」

ケティもまた、今日はもうダメだろうと思いが強いせいか、快くアップルパイを目の前の少年に差し出す。

「あ……」

だが、少年はそんなケティを見て固まってしまった。

「……?」

ケティは不思議がりながらもバスケットの中身を取り出す。

「どうぞ♪」

ケティは、どうせ食べてもらえずに悪くなるくらいならこうやって誰かに食べてもらった方が良いと常々思っている。

そのせいもあって彼女は笑顔だった。

「あ、ああ……」

上級生の少年は半ばぎこちなくアップルパイを頬張り、



「う、美味い……!!」



感動した。

その体型から物語るように彼は食事が好きだった。

彼は実家でもコックに特上のものを作らせるし、学院の食事も美味しいもの……主に料理長マルトーが手がけた物を好んでいた。

逆に言えば、それだけ舌に自信があったのだ。

その彼が、心の底から美味いと感じた。

これは美味だと。

不思議とそう感じた。

特別な材料を使っていないのは理解出来る。

彼は食べただけでおおよそのその食材、調理方法を看破出来るほどに食通を自負していた。

その予想される工程は簡易であり、ここまで自身の舌を唸らせるものではない。

だが、今彼はこのアップルパイをかつて無い程美味いと感じた。

(何か、何か目に見えないスパイスが……?)

そう思う少年を尻目に、会場にはいつしかメロディーが奏でられ始めていた。

本日のメインイベント、舞踏会の開幕である。

ハッと少年が気付くと、そこにはもう少女はいなかった。

あるのは胸の中と口に残る僅かなアップルパイの残滓。

(なんだろう……この気持ち……前にも少し感じた事があった気がする……)

少年は胸に残るアップルパイの残滓に思いを馳せ……、

「っ!!」

フラッシュバック。

脳裏には先程の少女のとびきりの笑顔とアップルパイ。

ビビビッ!!と自身に雷が落ちたかのように、唐突に少年は理解した。

ここ最近、食堂での一件以来少しダーク気味だった彼は、久しぶりにその瞳に活力を戻らせる。

(これは……そうだこれは……!!)

耳に入ってくるクラシカルなイントロ。

既にここに彼女がいないのがとても残念。

なぜならそれは……、




(……これは恋だ!!)




トリステイン魔法学院二年、風上のマリコルヌ。

学院生活に入って二度目の春の兆しを垣間見た瞬間であり、恐怖というトラウマを克服した瞬間だった。



[13978] 第三十六話【舞踏】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/03/20 21:31
第三十六話【舞踏】


「何だか不思議な感じだな」

「そう?でも確かにそうかも」

ルイズは微笑みながら辺りを見回した。

周りには誰もいない。

そこはしんと静まりかえった大きな部屋。

大きなテーブルに椅子がいくつも付いていて、しかし座っているのはサイトとルイズの二人きり。

テーブルには二人がいるところにだけ食事が乗っていた。

「もうここに入ることはねぇと思ってたけど」

アルヴィーズの食堂。

常ならば二人っきりになれることなど無いこの大きな食堂で、サイトとルイズは二人きりだった。

「何?マリコルヌのこと気にしてるの?大丈夫よ、今日はほら、みんな上だから」

ルイズは微笑みながら上を指差す。

耳を澄ませば上からは若干騒がしそうな声が響いてくる。

元来騒ぐのが嫌いじゃないサイトは混ざりたいと思う一方、こうして静かに二人でいるのも悪くはないと感じていた。

だからこそ、

「でも本当にいいのかルイズ?」

もう一度尋ねる。

「大丈夫よ、料理長にも話をつけてあるし」

「いやそうじゃなくて……ほら“フロッグの武道会”、だっけ?」

ルイズはきょとん、としてからクスリと笑い、

「それを言うなら“フリッグの舞踏会”よ、サイト。カエルが武道してどうするのよ、モンモランシーの使い魔でも優勝させる気?」

楽しそうに笑う。

事実ルイズは楽しかった。

サイトと二人きり、正確には二人と“一振り”だがこうして誰にも邪魔されずにサイトと過ごす時間は至高の一時だった。

彼女が本来、望んだのはこういった生活。

それがようやくと形になった事に少なからず感動さえ覚える。

「なんか覚えづらいんだよな、フリッグの舞踏会、ね。よし今度は覚えたぞ」

ウンウン、と自身に何度も頷くサイトの様を見てルイズはまたクスリ。

楽しい。

これが最も欲しかったモノ。

サイトは笑われたことが恥ずかしかったのか、目の前の食事を勢いよく食べることで誤魔化す。

その食べっぷりは豪快で、次から次へと手当たり次第に皿の上の食事に手を付けていく。

さながら全種類制覇目指すといった勢いだ。

そうして二人がようやく食事を終えた時、天井の方から小さめではあるがクラシカルな旋律が聞こえて来た。

「舞踏会、始まったみたいね」

ルイズが小さく零し、立ち上がる。

その姿を見て、サイトは……、

「なぁルイズ」

声をかけていた。




***




「舞踏会が始まっているのにミス・ヴァリエールもサイトさんも見あたらない……」

シエスタは会場中の踊っている男女を見て回るが、それらしき姿は見あたらない。

だいたい、もし会場に入ってきているなら入り口の係の者が紹介の声を上げるはずなのだ。

それを聞いていない以上、ルイズは間違いなく来ていない。

とすると、ルイズがいない現状でサイトがいる可能性は薄い。

「せっかく髪もお手入れしてきたのに……サイトさん来ないのかなぁ」

はぁ、と残念そうにシエスタは壁により掛かかる。

舞踏会場は奏でられるメロディーに合わせて二つのシルエットが対になって動き回っていた。

故に、シエスタのように一人で居る者は浮いてしまう。

と言っても彼女は使用人。

使用人は皆似たようなものなので誰も気には止めない。

だが……ここにもう一人、貴族でありながら一人でいる少年がいた。

「……ふん」

少年はつまらなさそうに周りを見渡す。

「……ゼロのルイズは来ないじゃないか。来たらさんざんなパーティにしてやろうかと思っていたのに」

少年は本当につまらなさそうに胸元に隠してあった杖を指先で撫でる。

「おーいヴィリエ、お前は誰かと踊らないのか?」

少年、ヴィリエ・ド・ロレーヌに同学年の男子が声をかけるが、

「気分じゃない」

一言で断った。

「ああほんと、つまらない……なっと!!」

ヴィリエは不機嫌そうにワイングラスを煽りバルコニーに出て、一人双月を見上げる。

つまらないつまらないつまらない。

納得いかない納得いかない納得いかない。

(あいつが、シュヴァリエだって!?)

詰まるところ、ヴィリエの不機嫌はそこに集約されていた。

(マグレ……いやおこぼれに決まってる!!あんな奴がそんなたいそうなことなど出来るものか!!キュルケやギーシュ、それに“あいつ”がいたんだ、そのおかげさ!!)

ヴィリエの言う“あいつ”とは無論サイトのこと……ではない。

視線を少しずらせば、今だに一人で踊らず食事をしている青い髪の少女が一人。

(クソッ!!何がシュヴァリエだ、ゼロのくせに!!)

周りには既にルイズを見直している奴、今からお近づきになろうとする奴など、様々なルイズ肯定派が生まれつつある。

ヴィリエにとってはそれも不満の種だった。



(覚えてろよ……ゼロのルイズ……!!)



少年の瞳に、昏い焔が灯る。




***




タバサは今だに食事を止めていなかった。

しかし、時々は小休憩し、周りを見渡していた。

(……やっぱり、まだ来てない……それとも来る気が無い……?)

タバサは視線を彷徨わせ、桃色の髪の少女、ついでに黒い髪の平民を捜すが、見あたらない。

(……聞きたいこと、あったのに)

ふぅ、と一旦フォークを手放す。

気にならない、というのは正確ではなかったかもしれない。

そう先程の会話を思い出すと、彼女にしては珍しく、食欲が急激に削がれてしまった。

(……あの腕は確かに偽物だった……でも彼女はそれが……自分が爆破させたものが“偽物”だとわかっていたの……?)

眉が寄り、視線が少しきつくなる。

(……もし、わかっていたならいい……でもそうじゃないなら彼女は危険……)

タバサは思考を張り巡らせ、彼女の今までの行動、性格、成績を脳内に並べていく。

だが、その情報量はあまりにも少ない。

何故なら魔法がきちんと成功しない彼女のことはタバサもノーマークだったからだ。

(……迂闊……やっぱり“まだ”思慮が足りてない。このままでは“あの男”に勝てない……)

そう自身を思い諫める一方で、

(……でも、“あの男”も油断はあるはず。そこを突けばあるいは……そう、例えばとても強い平民とか)

ノーマークの少女の使い魔を脳裏に思い浮かべる。

平民とは思えぬ動きと強さ。

何より、主を身を呈しても護ろうとした心意気は凄い。

(相打ち覚悟で挑めば彼ならあるいは……)

そう思って思考を打ち消す。

他人を犠牲にする思考は好きではないし何より“それ”は自分でやらなければ意味がない。

無論使える者は使うし犠牲も必要なら払う。

だが本来関わらなくても良い人間なら、それは極力避けたい。

(……日々精進……)

そうタバサは思考を纏め、食事を再開した。




***




「おいおい君たち、待ってくれないか、いくら美しい薔薇が多かろうと僕は一人しかいないんだよ?」

ギーシュは言い寄ってくる女性一人一人に丁寧に接していた。

「今度は君かい?おや?君の瞳はとても美しいね、海に沈むアクアマリンのように透き通った碧だ」

それはともすれば全員を口説いているかのようにも見える。

だが、その誉め言葉はどれも単調で、平等だった。

一人を特別視しているわけではなく、分け隔て無く接する。

たくさん咲いてる花に、これが一番綺麗だ、などと普通は順番をつけない。

ギーシュは、まるで女性が花畑のお花一本一本であるかのように扱う。

それに気を良くする者もいれば、特別視されないことにがっかりする女性もいた。

だがそれでもギーシュの周りに女性は絶えなかった。

女好きとしても若干名が通ってしまったギーシュは、女性陣にとって絶好の鴨だった。

元帥の息子にしてシュヴァリエの叙位。

女性が言い寄る材料は十分だった。

ギーシュは女性達の思惑が見えていながらも、平等に接し続ける。

一種、作業のようにも似たそれはしかし、ギーシュの曲げることは出来ない信念の一つだった。

女性には優しく。

それは生まれてから聞かされてきた貴族としての誇りの使い所と在り方として、教えられ、実践しているものの一つだ。

ギーシュはそれで良いと思っているし、ギーシュに言い寄る女性陣も半ばそれを理解しつつあった。

だが。

ここに一人。

それを理解しきっていない人物がいた。



「……ギーシュッ……!!」



小さく怨嗟の篭もったような声で名前を呼んだのは長い金髪を縦にいくつもいくつもロールしている少女だった。

スタイルも良く、今日は無理もしたのだろう。

スカートがいつも以上に短く、その美しい肢体を遺憾なく表現していた。

彼女は何度となく彼に口説かれ、彼に浮気され、彼に惹かれた。

「……お付き合いなんてしょせんは遊び……でも……ッ!!」

少女、モンモランシーは納得がいかない。

あの人数相手にまるで自分に言うかのような歯が浮く台詞を次々と言ってのける彼が。

(貴方がそういうつもりなら……!!)

モンモランシーは会場を出て行く。

(わたしにも考えがあるわ……!!)

香水のモンモランシー。

彼女もまた、今日この日に胸中へ熱い焔を灯した。




***




「何?」

ルイズはサイトに声をかけられ、もう何度目かわからない視線を合わせる。

「どうして……あの時フーケを追ったんだ?」

今度のサイトは視線を外さず、真面目な表情だった。

「俺は使い魔だって聞いた。使い魔は主を護るもんだってことも。でも使い魔を護って主が酷い怪我をしたら本末転倒じゃないか」

「サイト……」

ここ数日、彼がどことなく元気が無く、悩んでいることは気付いていた。

だが、今サイトのその悩みが明らかになった。

それは自分の行動。

自分がサイトを悩ませていたのだと思うと胸が張り裂けそうになった。

だから、彼女はかつてと同じように……答えを言うことにした。

「サイト、使い魔を見捨てるメイジはメイジじゃないわ。それに私は貴族よ」

「ああ」

「貴族という者は誇りを大事にする生き物なの」

「ああ」

「たとえ魔法が使えても、誇りがないならそいつは貴族じゃないわ」

「………………」

「“魔法”が“使える者を貴族”と言うんじゃない、“敵に背を向けない者”を貴族と言うのよ」

それは……いつか見た夢。

聞き取れなかった幾ばくかの言葉が、リアルに再現される。

サイトは何故自分がその言葉を言うルイズを夢見たのか不思議だった。

だが、今日はそ疑問を胸にしまい込む。

何故なら、その言葉を、心の何処かで待っていたような気がするから。

だから今は……。

「ルイズ」

「なぁに?」

ルイズは何でも答えてあげると優しく笑い、



「一緒に踊ってくれませんか、えっと……レディ……でいいのか?」



頭を下げ手を伸ばしたサイトに絶句する。

それはかつてとは逆の誘い。

しかし耳に響く旋律は小さくともあの時と同じ物。

ルイズは震えながらしかししっかりとそのサイトの手を取り、

「もちろん」

一歩前へと踏み出した。

「ごめん、誘っといてなんだけど、俺踊れないんだ」

「いいの、私に合わせて」

リズムよくテンポよく、観客は窓の外から見る双月だけのステージで。

(サイトがダンスに誘ってくれた……サイトにダンスに誘われた!!)

ルイズの喜びは絶頂を、超える。




(サイトに、サイトにサイトに!!うふふふふ、あはははははははははははははは!!!!!)




動くステップは淀みなく、表情も互いに小さく微笑む程度。

だが、




(あははははは!!!やった、今日この日、フリッグに舞踏会の日にサイトと私踊ってる!!うふふふふふ!!あっはははははははははははははは!!!!!!)




彼女の胸の裡の悦びだけは誰にも見えない。



[13978] 第三十七話【退行】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/03/29 19:45
第三十七話【退行】


朝。

靄がかかったような思考が、急速にクリアになっていく。

霧が晴れ、ぼやけていた視界もすぐにクリア。

透き通るような朝の空気の中、視界には……サイトの寝顔があった。

「……フフッ」

ルイズは小さく笑い、サイトの体により密着する。

トクントクンと波打つ彼の胸の鼓動が僅かな振動となってルイズに伝わる。

サイトの眠りはいつも深い。

ちょっとやそっとでは目覚めない。

だが、彼の体質なのか生活サイクルなのか、サイトはある一定時間を過ぎるとパッ目を覚ましてしまう。

彼は寝付きと目覚めは良い方だった。

逆にルイズの眠りはいつも浅い。

浅く、長い。

起きても意識が覚醒するまでにやや時間を必要とする。

だからこんな朝は貴重だった。

ルイズは早く起きていても、若干寝ぼけていることが多く、意識が覚醒しきる頃にはサイトはもうベッドにはいない。

こうして、自分がしっかりと覚醒した状態で眠っているサイトの傍に居られることは、実はあまり多くないのだ。

その為、今朝の彼女は上機嫌だった。

「サイト♪」

小さく彼の名を呼ぶと、ルイズはサイトの耳元に近づいてその耳を、

「はむっ」

口に含んだ。

「……?……むにゃ……zzz……」

サイトは一瞬表情を顰めるも、まだ目を覚まさない。

気を良くしたルイズは、一旦含んでいた耳を離すと首に近づき、露出しているサイトのうなじを小さい舌で滑るように舐める。

ザラザラとした感触と、確かに彼が平賀才人であるという実感を伴ってルイズの心をサイトの味で満たしていく。

どんなスイーツよりも甘く、どんなスープよりも濃厚な……言葉で言い表す事の出来ないその味にルイズは満足し、モゾモゾと動いてサイトの上に覆い被さる。

「ん……うう……?」

サイトは起きそうで起きない。

ルイズは微笑みながらサイトの胸に肘をついて寝顔を覗く。

もう、これだけでお腹一杯だった。

サイトの決して同じ瞬間は無い表情をつぶさに網膜に焼き付けて行き、それに飽きることは永遠に無い。

「んん……う……あ……?」

と、サイトの瞼がゆっくりと開き始めた。

「おはよ、サイト」

「ふわぁ……おはよルイズ……ってうお!?」



ゴンッ☆



サイトは目を覚ましてすぐ目の前、自分に覆い被さるようにしているルイズに驚き、混乱したまま咄嗟に起き上がろうとしてルイズと額をぶつけ合ってしまった。

「っ痛ててて……っと、ごめんルイズ」

ルイズも突然のことで相当痛かったのか額を抑えてベッドの上で座り込んでいた。

が、

「えへへ、サイトにまた傷つけられちゃった♪」

額を抑えながらはにかんだように笑った。




***




「出来た……出来たわ!!」

いくつかの香が混じった匂いがする一室。

複数の瓶があちこちに転がり、そのどれもが空っぽだった。

「これをあとはゆっくりと熟成させないと……」

目の下にはうっすらと隈さえ作って、ややしなびた金の髪を縦にロールした少女、モンモランシーは不敵に嗤った。

「でもまだ、効果を持続させるには弱いわ……せいぜいこれじゃ持って五日ね。こっちももう少し長く熟成させて期間を引き延ばさないと混ぜ合わせた時に効果を期待できない……」

モンモランシーはコトンと小瓶を置き、今だ蒸留中のフラスコを眺める。

と、ふと手近にあった鏡に目を奪われた。

「……酷い顔ね、ちょっと根を詰めすぎたかしら」

自身の酷い顔の有様を見て、顔を洗いに行こうとモンモランシーは扉のノブに手をかけ……思い留まった。

(どうしよう、あの小瓶ここに置いていっても大丈夫かしら?万一ギーシュが尋ねてきてあの小瓶に気付いたら……いえそれよりもそれを使ってしまったら……!!)

モンモランシーは「う~ん」と悩んだ挙句小瓶を手に取り部屋を出た。

部屋には、フラスコに少しずつ溜まっていく液体だけが残されていた。




***




サイトとルイズは着替えを済ませていつものカフェテラスで食事をしようと廊下を歩いていた。

何気ない会話をしながらカフェテラスへと歩いていると、つん、と何かの匂いをサイトは感じた。

「ん……?」

クンクンと鼻を鳴らして匂い嗅いでみる。

「サイト……?あ、何かの匂いが……」

ルイズもその香りに気付き、周りに視線を巡らし、一人の少女の姿を捕らえた。

「モンモランシー?成る程」

ルイズは一人、納得したように頷いた。

「サイト、この匂いは多分あの娘よ。彼女は香水を作るのが得意なの。きっとその匂いだわ」

「へぇ、結構いい匂いだったから香水ならルイズがつけても似合うかもな」

サイトがそう口を開いた瞬間、ルイズの行動は早かった。

一瞬にしてその場から駆けだし、モンモランシーの肩を掴む。

「モンモランシー!!」

「えっ!?ちょっと何?ルイズ?いきなり何よ!?」

「その香水私にも分けて!!いえむしろ今使って!!」

「へっ!?ちょっ!?これはダメよ、ダメダメ!!」

モンモランシーは焦り、手に持つ小瓶をルイズから遠ざけようとし、昏いルイズの瞳に一瞬怯んだ。

「ヒッ!?」

瞬間ルイズの白く細い腕は伸び、

シュッ、シュッ、シュッ。

素早く奪った香水をルイズは自身に振りかける。

「あ、あああーーーーっ!?」

モンモランシーは青い顔をして声を荒げた。

「な、何てコトしてるのよルイズ!!それが何だかわかっているの!?」

ガクガクと肩を何度も揺らしながらモンモランシーは凄い剣幕で怒る。

「あうっ?ちょっ?あまり揺らさないでモンモランシー!!香水でしょう?無理矢理使ったのは悪かったわ、でもサイトが私に似合いそうだと言ってくれたんですもの。それに見たところまだ全然残っているじゃない」

確かに量はさほど使っていないし、霧状にして吹きかけているのだから、そこまで減ってはいない。

だが、

「そういう問題じゃないのよ!!」

モンモランシーは青ざめたままルイズの肩今だにガクンガクンと振り、まともにルイズからの会話を許さない。

「お、おいおい、ちょっとルイズを離してやってくれ。これじゃまともに会話もできねぇよ」

ようやくその場に着いたサイトが、ルイズとモンモランシーの間に入るようにして二人の距離を開け……、




────────ドクン────────




「あ……れ……?」




────────ドクン────────




喧騒が遠くなり、ルイズの視界が一瞬ぼやける。

「───────!!」

「───?───!!」

モンモランシーやサイトが何を言っているのか理解出来ない。

胸を押さえ、その場に蹲り、




────────ドクン────────




「ルイズ!?」

ルイズの異変に気付いたサイトが彼女の肩に手を置いた時、パン、とその手を“ルイズ”に払われ、




「平民でしかも使い魔のくせに公爵家の娘に触れるなんて許されると思ってるの?」




今までに、サイトが聞いたことの無いほど冷たく、棘がある声で“ルイズ”が“サイト”を見下した。

「えっ?」

サイトは目を丸くして驚く。

今までにルイズからそんなことを言われたことは無かった。

「ふん、全く使えないんだから。そんな常識くらい知ってなさいよね。この程度もわからないなて犬の方がまだ使えるんじゃないかしら?犬以下ね」

だがルイズはサイトを汚いものでも見るかのように睨む。

サイトにはわけがわからなかった。

可愛く、いつも優しいルイズが急に豹変したように自分に攻撃的になった。

いつだったか貴族と平民には身分の差があることは聞いたことがあったが、ルイズはいつもそんな差など無いように接してくれていたのに。

「いいこと?罰として貴方は今日は朝食抜きよ、戻って部屋の掃除でもしてなさい!!」

今だルイズの豹変振りについていけず、ポカンとしているサイトにルイズは苛立ちながら、

「わかったらさっさといく!!」

弁慶の泣き所よろしく、サイトの脛に一発蹴りをいれてアルヴィーズの食堂へと向かっていった。

「~~~っ!!」

突然の事にサイトは対応できず、痛みで脛を押さえてその場に沈む。

モンモランシーは桃色の髪の少女の背中を黙って見送っていた。

サイトはよっぽど脛が効いているのか、涙目になりながらいまだしゃがんでいる。

視線をサイトに戻したモンモランシーはそのサイトの姿が余りに痛ましく可哀想に思え、

「今のことは忘れなさいな、二、三日もすればルイズは元に戻るわよ」

状況の説明をしてやることにした。

「ルイズが私の香水勝手に使ったでしょ?あれは“単体”で使用するとそういう副作用のでる“未完成品”なの。だから使っちゃったルイズはああなったってわけ」

「じゃあ、今のルイズはその香水のせいでおかしくなってて、二、三日でそれが元に戻るってことか?」

何処かすがるような目でサイトはモンモランシーを見つめながら必死に尋ねる。

それが脛の痛みのためかルイズの豹変振りのせいかはわからないが、とにかくサイトは必死だった。

「ええ、あれはまだ調合途中なの。単体で使うと効力は弱いけど記憶や精神、“心”に変動を与えるのよ。今回の場合、“精神退行”しているようね」

「精神退行?」

「そう、簡単に言うと“数年から数十年前の自分に内面だけ戻る”ような効果よ。ルイズって学院始まった当初はあんな感じだったし退行したのは精々一年くらいじゃ……あれ?」

モンモランシーは説明しながら首をかしげた。

こういった精神退行は、薬に頼らずとも起こる事がある。

心になんらかの負荷がかかりすぎると、自己防衛本能からか精神に異常を来たし、自分を護るために人格の分割や精神の退行などは稀に起こるのだ。

その際、精神退行者は殆どの場合“記憶”も退行することが多い。

ケースバイケースではあるが、大多数は自分が退行していることに気付かない。

それは今の自分が“現代”の自分だと理解しているからだ。

二十歳の人間が十年退行したとすると内面は十歳になる。

このとき、自分は十歳であると認識し、またその十歳の時までの記憶しか持っていない。

これを治療するにあたっては徐々に現代に近づくように記憶の催眠療法等を行うのだが……彼女はサイトが何者であるか知っているようだった。

(たまたま、記憶は残ったまま退行しているのかしら?いえ、でもそれじゃあルイズが自分の使い魔にこんなに厳しいなんておかしいわよね、召喚当時からベタベタだったし。う~ん?)

モンモランシーが急に悩みだしたことで、サイトは不安になる。

「お、おい!?ルイズ治らないのか?」

「あ、いえちゃんと治るわ。霧状にして使用したんだし、効果は薄いからさっきも言ったけど持って二、三日ね」

サイトは少し安心したように表情を緩め、立ち上がる。

もう脛も大丈夫のようだ。

「もういいの?」

「ああ」

サイトが立ったことでモンモランシーも考える事をやめた。

「それじゃ私ももう行くわ、まだこれの調合とか残ってるし。あ~あ、でも必要最小限で作ったからまた少し作り足さないと」

モンモランシーはぶつぶつ呟きながらその場から離れ、

(さっきはきっと機嫌が悪かっただけだよな、精神が退行してるって言っても“ルイズはルイズ”なんだし二、三日なんだから大丈夫だろ。俺も頼まれた掃除でもしておこうっと)

サイトもそれを見送ると考え事をしながらルイズの部屋へと掃除の為に歩き出した。

二、三日で治る精神退行。

それゆえにモンモランシーは深く考えず、サイトは“自分の知るルイズ像”から退行しても“ルイズはルイズ”と呑気に構えていた。

だから気付かない、いや、どうあっても気付けない。

彼女が一年、どころか数十年……およそ二十六年退行してしまっているという事に。



[13978] 第三十八話【矛盾】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/05/07 17:58
第三十八話【矛盾】


「あ〜もうっ!!」

ルイズはイライラしていた。

何をやっていても気が紛れない。

いや、集中できない。

何かの禁断症状のように体中が渇き、飢えている。

自分が自分で居るための“何か”が圧倒的に足りない。

だが、その何かがわからない。

「何グズグズしてるのよ!?掃除が終わったらさっさと洗濯してきなさい!!」

わからないから八つ当たりとばかりに自身の使い魔に辛く当たる。

だが、それは渇きを、飢えを、イライラを増幅させる効果しか生んではくれなかった。

サイトが洗濯籠を持って慌てて部屋を出て行ってから数分、一向にイライラは収まらない。

むしろイライラが募り、自分でもよくわからない精神状態に陥って頭が爆発しそうだった。

まるで体が自分のものではないかのような錯覚さえ起き、苛立たしいことこの上ない。

バフン、と天蓋の付いた大きなベッドに飛び込み頭をかきむしる。

髪が傷み、折角整っていた桃色の長い髪がボサボサになる。

と、ふと自分は今朝、どうやって寝癖を直したか思案して……何故か思い出せない。

いやいや、いつも通り寝ぼけながら“自分で”やったはずだ、そうに違いない、うんそんな気がしてきた。

そう自分に言い聞かせ、さらにイライラ。

「なんだってのよ、もう!!」

悪態をついてベッドに拳を叩きつける。

バフンとベッドは反発してその衝撃を吸収した。

今朝、廊下で我に返ってからずっとこの調子だった。

イライラが収まらず、かといって理由もわからない。

ストレスが溜まる一方で、“何か”は急速に減っていく。

減れば減るほどストレスは溜まり、ルイズの機嫌を悪くしていく。

悪循環だった。

原因がわからない以上、手の打ちようも無く苛立ちばかりが募り、もはや自分が今何をしたいのかさえわからない。

落ち着くことが出来ず、心の中は荒れに荒れ……、

「……あれ?」

それに気付いた。

化粧台の鏡の前、そこに見覚えの無い物があった。

「随分と安っぽいわねぇ、こんなの持ってたかしら?」

それは金のブレスレット。

公爵家の娘としては、こんな安物そうな何の装飾も無いブレスレットを買う筈は無いのだが、ここにある以上これは自分のものだろう。

それに、

「……なんだろう、なんか、これを見てると少し落ち着く」

不思議と先程までのイライラが少し収まった気がした。

何気なく手を伸ばし、それをはめてみる。

腕にはすんなりと通り、覚えは無いがやはり自分のなのかしっくりとくる。

加えて、先程よりもイライラが抑えられている気がした。

「……なんかようやく落ち着いたわ」

ふぅ、と息を吐いて化粧台の前に座り、酷くボサボサになってしまった髪の毛を直しにかかる。

鈍い金色が、鏡の中で薄く光っていた。




***




「……っと!!」

パンッと洗濯物の水分を飛ばして皺を伸ばし、サイトは空を見上げる。

天気は良い。

日差しはさんさんと降り注ぎ、雲も少ない空には太陽が一つで、そこには平和という二文字しか見つからない。

だが対極的にサイトの内心はどんより曇っていた。

「……なんか、ルイズが予想以上に厳しいんだけど」

人が変わったわけでもあるまいし、数日で戻るのだからルイズはルイズと割り切っていたが、このルイズはサイトの知るルイズと違い過ぎた。

「犬、呼ばわりだもんなぁ……」

犬と呼ばれ、「何だよその言い方」と返したら「犬なんだから人語を話さずワンと鳴きなさい」と来た。

流石にムッと来て言い返そう物なら一が十になって帰って来、仕舞いには乗馬用の厚くて硬い鞭を振り回される始末。

「あれ、ホントにルイズなのかよ……」

イテテ、と腕についた鞭傷の跡をさする。

ルイズ曰く、主が認めない限り発言権どころか人権さえ認めないような口ぶりだ。

同一人物なのか疑いたくなる程サイトは参っていた。

「……あれ?サイトさん!!」

そんな疲れ果てたようなサイトに、快活に話しかけてくるメイドがいた。

「あ、シエスタ」

メイドのシエスタ。

サイトと同じ黒色の髪をボブカットにした黒眼の少女だった。

服装はメイドらしく、白と黒のヒラヒラな服とヒラヒラの前掛けととどめにヒラヒラのスカートだった。

慣れというのは恐ろしい。

当初はコスプレか何かかと思わせる服装にもすっかりと慣れた。

「昨日は舞踏会にいらっしゃらなかったんですね」

「え?ああ、ルイズがいかないって言い出してさ」

朗らかに笑いかけてくる少女の優しさに、サイトは先程まで一瞬荒みかけていた内心が恥ずかしくなってしまう。

なんて自分は狭量な人間なのかと。

「どうかしました?」

屈託の見えない笑顔に後ろめたさを感じたサイトは無理に明るく振る舞う事にした。

「いや、何でもないよ。ちょっと洗濯に悪戦苦闘していただけだし」

ふぅ、と額の汗を拭い、一通り干し終わった洗濯物を一瞥し、

グゥ♪

お腹の音が鳴った。

「サイトさん?お腹空いてるんですか?」

「あ?いや実は今朝は飯食べられなくて」

サイトは恥ずかしそうに頭をかきながらお腹を抑えアハハと笑う。

「?珍しいですね、いつもならミス・ヴァリエールとかかさず摂られるのに。あら?そういえば今朝はお一人なんですね?」

シエスタが“意外”そうにそう尋ねる。

確かにこの世界に来てからここまでルイズと離れている事は珍しかった。

「え?あ、ああまぁ……ちょっとね」

どう答えたものか迷い、サイトは乾いた笑いで場を誤魔化すが、何となく、シエスタは理解したようだった。

「サイトさんもいろいろ大変なんですね、貴族様っていうのもいろんな方がいますし」

屈託無く笑うシエスタだが、どうにもそこにはルイズがサイトと喧嘩している、というようなニュアンスが含まれていた。

貴族が急に気が変わって、平民に辛く当たるのはよくあること、というような。

それは違う、と否定したいところではあったが、かといって否定したあと現状を上手く説明する方法も思い浮かばない。

だいたい、まだこちらの“魔法”に関することは不慣れと言って差し支えないのだ。

その為サイトは、特段肯定も否定もせずに愛想笑いで話を流した。

「そうだ!!サイトさんお腹空いているなら厨房にいらっしゃいませんか?」

そんなサイトの内心など知らず、シエスタは空腹らしいサイトに提案をもちかけた。

昨晩、会えると思っていて会えなかった分の思わぬ巡り合わせ。

シエスタにとってみれば最近会って話すことが少なかった同じ平民の注目の的と仲良くなるチャンスだった。

サイトもまだ洗濯以降のことは申しつけられていない上に空腹である。

「そうだな、うん、行くよ」

断る理由は思いつかなかった。




***




「ただいま」

シエスタと厨房で話しながら食事をもらい、料理長のマルトーやコック達と仲良くなったサイトは、“我らの剣”などと祀り上げられ、お礼とばかりにその日は晩まで厨房で手伝いをしていた。

日もとっぷりと暮れた頃、ようやくとルイズの部屋へと戻って来ると、

「あんた何処に行ってたのよ!!」

中には既に寝間着に分厚い鞭を持つご主人様が苛立たしげに仁王立ちしていた。

目は釣り上がり、いかにも怒ってますと言わんばかりに鞭を定期的に掌で叩いている。

「あ、いや洗濯終わってからのこと聞いてなかったから……厨房でご飯もらってお礼にそのまま手伝いを……」

サイトはあまりのルイズの形相にぎょっとなって、正直に話した。

「……厨房で食事を貰った?まるで私が食事を与えていないみたいじゃない!!」

「いや、今朝から何も貰ってないんだけど……」

サイトの言い分にしばし時が止まる。

そういえばそうだった、とルイズは顔をひくつかせた。

「……ま、まぁいいわ。それでお礼は言ったんでしょうね?」

「え?ああ、もちろん。言葉だけじゃなくて労働で返してきた」

「そう、ならいいわ」

ルイズは納得したように鞭をポイッと投げるとベッドに腰掛ける。

「今度からはちゃんと何処で何をしているか言いなさい、貴方は私の使い魔よ。主には使い魔の事を把握しておく義務があるんだから」

そう言って、今日はもう休むわとランプを消す。

何だったんだ、とサイトは首を捻りつつ、昼間ほど機嫌が悪くなさそうなルイズにほっとしてベッドに入り、

「っ!?ちょっと何しようとしてんのよっ!?」

叩き出された。

「……え?」

「え?じゃないわよこの馬鹿使い魔!!何処の世界に主と同じベッドに入り込む使い魔がいるのよ!?」

サイトは目を丸くする。

彼女は本当にルイズなのかと何度目かの疑問が巡る。

だいたい、一緒のベッドで寝るように命じたのは彼女なのだ。

「えっと、じゃあ俺は何処で寝ればいいんだ?」

「その辺の床で寝なさいよ!!藁ぐらいなら持ってきてもいいから!!」

床。

寒いし冷たい。

「……マジか」

がっくりと項垂れる。

これから藁を調達しにいこうとしても、正直何処で貰えばいいかもわからないし、疲れていてもうあまり動きたくない。

サイトはやむなくその場に寝ころんだ。

「さみぃ」

寒さに震えつつ、丸くなるようにしてぎゅっと目を瞑る。

そんなサイトをベッドでシーツを被ったルイズはのぞき見し、サイトが落ち着いたのを確認して深く潜り込んだ。

(全く信じらんないわ!!主のベッドに潜り込もうとするなんて!!)

そう内心で苛立つ“フリ”をしながら、先程一瞬触れたサイトの肌から、信じられぬ程の幸福感を得られた事に疑問を感じる。

早い話、納得がいかないのだ。

あんな下等な平民、ましてや使い魔が自分に触れようとすることだけでもおこがましいのに、それを喜んでしまった自分が苛立たしい。

矛盾に次ぐ矛盾が彼女の精神を苛み、苛立ちを助長させる。

今は、手首にあるブレスレットだけが彼女の心のさざ波を少しだけ癒してくれた。




***




次の日もルイズはサイトに厳しかった。

サイトなどという“平民の使い魔ごとき”が傍にいると嬉しくなることが納得できない。

そんなルイズにもわからない内心の矛盾が、必要以上にサイトに対して刺々しくなっていた。

サイトも少しの辛抱だと自分に言い聞かせてきたが、それも限界は近かった。

加えて今日もまたご飯を貰っていない。

昨日厨房でマルトーと仲良くなっていなければご飯を食いっぱぐれる所だった。

「ミス・ヴァリエールも酷いですね、私たちもいろいろ貴族様には言われたりしますけど、食事抜きにまでは早々されませんよ」

シエスタは疲れているサイトにいつも優しく微笑む。

そんな笑顔を見る度、サイトは自分が軟弱者だと思い知らされた。

彼女とて仕事で忙しい筈だし、貴族に嫌な思いをさせられてきたことも一度や二度ではあるまい。

それなのにたった二日辛かっただけで根を上げる自分のなんと矮小なことか。

そんな自己嫌悪気味のサイトの内心など知らず、シエスタは良ければ明日も来て下さいと元気に笑う。

ありがたいのと同時に情けなくなってくるが、それもあと一日程度の我慢だとサイトは自分に言い聞かせ、夜まで厨房やシエスタの手伝いをすることで極力ルイズに関わらないようにした。

それでも一日が終われば戻らなければならない。

今日の仕事を終えたルイズは笑顔でシエスタに見送られ、厳しいルイズの待つ部屋に戻ると、そこには、



「あら?使い魔さん?」



見覚えのある紫髪の美しい女性と、その女性に跪く主人の姿があった。



[13978] 第三十九話【不快】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/04/19 21:56
第三十九話【不快】


「なぁ、結局俺にはよく意味がわからないんだけど」

「うるさいわね、アンタは黙って私についてきて護衛してればいいのよ、弾避けくらいにはなるでしょ」

朝。

いつもより早いまだ靄がかかった時間帯。

普段ならベッドの上微睡んでいるであろうこの時間に、馬に跨る影が三つあった。

一つは今だに事情が呑み込めない人間の使い魔、ハルケギニアでは珍しい漆黒の髪に黒眼の少年、平賀才人。

眠そうに欠伸をしつつ、意味もわからず馬に乗って不満げに主を見つめている。

もう一つは彼を呼び出した張本人、主人であり、貴族であり、メイジである煌びやかな桃色の長い髪を揺らす小さな美少女、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。

自身の使い魔が不服そうにしているのに苛立ち、しかし同時にそれがどうしようもなく自身のその小振りな胸を締め付け、彼女の心をかき乱す。

結果、彼女はたいした説明も出来ないまま、サイトに八つ当たりじみた言葉しか返せないでいた。

そして、



「……何だかルイズなんだけどルイズじゃなく見えるよ」



二人のやり取りを見ていた最後の影、金髪の少年、ギーシュ・ド・グラモンは驚いたような声を出した。

「なによそれ、まだ昨日の事を言ってるの?」

イライラしながらルイズはギーシュを睨み、内心溜息を吐く。

どうしてこんな事になったのだろうか。

話は昨晩にまで遡る。




***




今日もまた使い魔が中々帰ってこない。

居ると苛立つが居ないと不安になる。

摩訶不思議な自分の内心を上手く把握出来ずに悶々とし、ルイズは自室の中を行ったり来たりしていた。

と、

コンコン。

「!!」

ノックの音が聞こえ、ようやく使い魔が帰って来たか、と安堵し、慌てて首をぶんぶんと振る。

(別に嬉しくなんか無いんだから!!主人として何処に行ってたか把握していなかったら焦ってただけなんだから!!)

自分で自分にそう言い訳をしながらいつも通り不機嫌さを装ってドアノブを回すが……そこには誰もいなかった。

いや、そもそもノックの音はドアの方からしていなかった。

無意識にサイトが帰って来たと思いドアに寄ってしまった自分に憤慨し、さらにはまだ帰っていないサイトにもっと憤慨しつつ、ルイズは音のした窓の方へとズンズン歩く。

どうせ風で何か飛んできたのだろうと思い、シャッとカーテンを開けると、そこには暗い闇夜広がる空……ではなく彼女の良く知る女性が浮かんでいた。

「っ!?」

短めの紫がかった髪、上から下までの真っ白な長いホワイトドレス。

頭には銀に輝くティアラをし、肩から闇色のマントを羽織っているその人物は、この国で最も高貴な幼馴染みだった。

アンリエッタ・ド・トリステイン。

祖国であるこのトリステイン王国第一にして唯一の王女、その人である。

ルイズは声にならない戸惑いから二、三歩後退してしまい、それを見て苦笑したアンリエッタは中空で杖をふるうとバン、と窓を開いた。

「ひ、姫様!?」

ルイズはすぐさま跪き、頭を垂れる。

「ルイズ、ルイズ・フランソワーズ、そんなことをせずに顔を上げて。そんなことをされたら私も困ってしまうわ」

昔はお互い、言葉上でこそあったが、そこまで身分の上下から来る礼節態度に差は無かった。

月日の流れが知識を伴って二人の間に差を作ってしまったようで、アンリエッタには言い表しようの無い悲しさが生まれる。

「しかし姫様、私のような者が姫様に対し同じ御前を並べるなど……」

「今日は突然の訪問で来たこちらが悪いのです。それに私は貴方にお願いしたいことがあって来たのにお願いする側が頭を下げられては立つ瀬が無くなります」

「そんな!!姫様のお願いとあらばなんなりとお申し付け下さい!!私めに出来ることでしたらこのルイズ、ヴァリエールの名にかけてなんでも致します!!」

「ルイズ……ありがとう。でも話を最後まで聞いてからその答えを決めて欲しいの。これは……とても危険なお願いになります。断ってくれても私は貴方を責めないわ、ただお話しを聞いてくれるだけで私も心の重荷が降りるもの」

アンリエッタは自分に一心の忠誠を示すルイズに嬉しさと、申し訳なさを覚えた。

言葉通りこれから願いすることは大変危険であり、断られても仕方のないこと。

もし断られたとしても、それでルイズを責めようとは思っていなかった。

「私、結婚するのです」

決して嬉しそうではない笑みを浮かべ、アンリエッタは小さく吐露した。

「!?……そう、ですか。おめでとうございます」

「ええ、ゲルマニアへ嫁ぐことにしました」

「ゲルマニア……!?あんな野蛮人の国に……失礼しました」

口が過ぎたとルイズは慌てて言葉を濁す。

いくら自分がそう思おうとこれは決まったことであり、アンリエッタの相手である以上その人はアンリエッタと“同格”として扱わなければならない。

「いいのですルイズ。私としても苦渋の決断でした。ですがこれでトリステインが護られるなら私は喜んでこの身を差し出しましょう。それが王族の務めというものです」

「姫殿下の愛国心溢れるお言葉に返せる言葉もございません」

望まぬ結婚であることは言葉の端々から理解出来る。

しかし、それを止めた方がいい、と言う事も、止めたい、と言うことも出来ないお互いは、次第に口数が減っていく。

故に、自然と話は本題へと流れた。

「……それで、お願いというのは……」

「手紙を、回収して来て欲しいの」

アンリエッタは寂しそうに笑うと、立ち上がって窓の外、夜闇を見つめた。

「姫様?」

「ルイズ、私は今回軍事協定を結ぶために結婚という形を取りましたが、その結婚が破談になる恐れがあるのです」

「それは……」

喜ぶべきか否か。

当然、望まぬ結婚が潰れるなら良いことかもしれないが、それで失う物が国単位となれば話は変わって来る。

「私が出した手紙、それが『アルビオンのウェールズ皇太子』の元にあります。もし万一その手紙が世に出回れば今回の結婚も、同盟も、無くなるでしょう」

「っ!?一体その手紙とはどんな……いえ、なんでもありません。ご安心下さい姫様、私が必ずやその手紙を持って帰ってご覧に入れましょう」

「ルイズ・フランソワーズ……でも場所はアルビオンなのですよ?知っているでしょう?今あの国は内戦によって酷く疲弊し混乱しています」

「恐れながら姫様、私はもう姫様の願いを聞いてしまいました。ここで断ってはヴァリエールの名に傷が付いてしまいます。ましてや姫様は私の大事な……お友達ではありませんか」

「ルイズ、ああルイズフランソワーズ!!」

アンリエッタはルイズの口から“友達”だと言って貰ったことに感極まり、涙を流した。

「ありがとう、ルイズ・フランソワーズ。“この間の貴方のお願い”にちゃんと応えられなかった私にそうまでしてくれるなんて」

「この間のお願い?」

急に時間が止まる。

ルイズには全く“覚えが無い”

それは一体なんのことでしょうか、そう口を開こうとして、

ギィ……。

「ただい、ま……?」

サイトが帰ってきた。



「あら?使い魔さん?」



一応面識のあるアンリエッタは微笑むが、ルイズはそうではなかった。

(聞かれた?)

王族とのいわば密会ともとれる会話である。

いくら自分の使い魔といえど盗み聞きのような真似をしていたのならば許されない。

そう慌てたルイズはあろうことか勢いに身を任せ、渾身のドロップキックをサイトに放っていた。

「うわぁぁぁぁっ!?」

跳ぶ、いや飛ぶサイト。

見事にクリーンヒットしたサイトは更なる犠牲者にぶつかることでようやくその勢いを殺した。

「いたたた……な、なんだ一体?おや、サイトじゃないか」

そう、その犠牲者こそ、ギーシュだったのである。




***




その後、ギーシュは王女に驚き、すぐさま跪き、自分が元帥の息子であることを明かした。

アンリエッタは数少ない信用できる人間の息子であることを知り、ルイズへの協力を願い出た。

ルイズは嫌そうだったが、ギーシュは王女の頼みを聞けるのは身に余る幸せと頭を垂れ、二つ返事で依頼を引き受けたのだ。

昨晩の流れを思い出し、ルイズは昨日渡された指輪をはめた指を見つめる。

鮮やかな青色の宝石が付いた指輪は、ルイズの細く白い指でその存在を小さくアピールしている。

「ウェールズ王子、か。会った事は無いけど“プリンス・オブ・ウェールズ”としては有名な方ね」

この指輪、“水のルビー”は王子と会うための身の上の証明用にと預かり、事が終われば路銀の足しに、と渡されたものだった。

渡される時に言われた「もう、私が持っていても仕方の無いもの」という言葉が気にかかったが、結局そのことには触れなかった。

会いに行く相手が王子とは予想以上だが、だからと言ってやることに変わりは無い。

早く無事に任務を完遂させて姫様を安心させてあげたい。

そう思う一心から出立を逸る気持ちが強いが、しかし。

「まだ、“護衛”の方は来ていないようだね」

ギーシュが苛立っているルイズの内心を読んだかのように辺りを見回して零す。

アンリエッタは念のため、一人護衛を付けると言っていた。

時間はこの時間で間違いないはずなのだか、地平線には人っ子一人見あたらない。

「どうなってるのかしら?って、きゃっ!?」

ルイズも不安に駆られ、まだ来ぬ人物に内心不満を持つのと同時、足下が急に盛り上がる。

「な、なんなのよ一体!?」

ルイズをやすやすと土ごと持ち上げ地面から出てきたのは、一匹の大きな……、

「モグラ?」

「モグラじゃない!!ジャイアントモールだ!!」

モグラ、もといジャイアントモールだった。

「前にも言ったろう?ヴェルダンデはそこらのモグラよりもずっと上位の存在なんだ、あまり一緒にしないでくれ」

サイトに再びギーシュが熱く自身の使い魔、ヴェルダンデと呼ばれたジャイアントモールの事を語りだし始める中、当の本人はつぶらな瞳でじっとルイズを見つめていた。

「な、何?」

ルイズは、ただじっと見られることによる意味のわからない恐怖を感じ、後ずさった瞬間、ヴェルダンデがルイズの“指”に飛び掛った。

「きゃあっ!?」

馬なりになるようにルイズに覆いかぶさり、鼻をヒクヒクとルイズの“指”に押し当てる。

「あ、こらヴェルダンデ、何をしてるんだい!?」

ギーシュもそれに気付いて自身の使い魔を諫めようと近づくが、それよりも早く、

ビュウ!!

と強い風が吹いた。

「!?!?!?」

ヴェルダンデはわけもわからずに風によって数メートル吹き飛ばされる。

「ヴェルダンデ!!」

ギーシュは慌ててヴェルダンデに駆け寄り、自身の使い魔の無事を確認する。

幸い、かすり傷程度しか負っていないが、それでもギーシュとて穏便には済ませられない。

「誰だ!?」

ギーシュもまた、“あの”ルイズ程でないにしろ、使い魔をとても大事にし、溺愛していた。

ギーシュが睨みすえた先、中空にある雲に黒い影が浮かび、やがて影が濃くなる。

バサリバサリと羽ばたきが聞こえ、雲から出てきたのは一人の男性を乗せた一羽のグリフォンだった。

三人はその男性に見覚えがあった。

ギーシュが驚いた顔で相手の顔を見つめる。

「貴方は……まさかあの魔法衛士隊の……!!」

それは使い魔の品評会時、アンリエッタの護衛兼御者としても学院に来ていた帽子を被った男で、口周りに髭を生やしていながらもその若さから不潔感は感じられない。

だが、ルイズとギーシュがその男を見て同様の驚きと感動に似た感情を瞳に宿している中、ただ一人、サイトだけは内から湧き出る不快感を感じ、



「……あいつ、風のメイジだ」



男を睨むように棘のある視線で見つめていた。



[13978] 第四十話【惚薬】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/04/27 20:35
第四十話【惚薬】


「……出来た、出来たわ!!」

朝日が丁度昇った頃、目の下に隈を作ったモンモランシーは喜びの声を上げた、

「調合も完璧。これで完成のはず。難しい薬だから消費期限が二日くらいだろうけど、二日以内にギーシュに飲ませればいいのよね、うん。簡単よ♪」

自身がここ数日かけ、途中で邪魔が入って余計な手間暇をかけて作るのが遅れても諦めずに作成した、法律に抵触どころか触れていない所を探す方が難しい薬、人の心を変える薬の完成がとうとう完成した。

「この“惚れ薬”でギーシュはイチコロよ」

つん、と鼻が曲がるほどのたくさんの薬品の匂いが混ざった一室で、モンモランシーは掌にある透明の小瓶をうっとりと眺める。

フリッグの舞踏会より数日、部屋に篭もりに篭もって寝る間も惜しみ抽出した僅かばかりの惚れ薬。

禁制薬というのはそれだけで作るのも難しく、この歳でそれを作れたのはまさに快挙と言っても過言ではない。

最も、作成された物は決して誉められる物でも認められる物でも無いが。

モンモランシーは目的に囚われすぎている故見失っているが、これはこれで凄いことだった。

薬品、秘薬の調合というのは一朝一夕で出来る物ではない。

ましてや惚れ薬など、そのへんの秘薬屋でも作れず、高名な薬師でも成功するかどうか五分。

その実績だけならアカデミーへもあわや、という程の難易度にあたっていた。

彼女が水系統の一族だとはいえ、それを作ることは容易では無いのだ。

幸か不幸か、それを世間に知られる事はなく、また本人も気付くことが無いのが、ただ一点の救い、といったところなのかもしれなかった。

「さて、早速行動にでましょうか」

モンモランシーは言うが早いか、身だしなみも忘れて部屋を飛び出した。

廊下を走り、ロールした金の髪がなびいては型崩れを起こす。

だがそんなことには気を向けずにギーシュの部屋の前に行き……先客を見つけ猫のように毛を逆立てた。

「ちょっと!!そこで何してるの!?」

「ひっ?」

モンモランシーの責めるような声質に、肩をびくっとすくませたのは……ブラウンの髪にブラウンのマントをつけている下級生。

「確かロッタ家……ケティ、だったかしら?そこは二年の男子の部屋よ?下級生に用は無いんじゃなくて?」

モンモランシーの血走った目が、少女、ケティ・ド・ラ・ロッタにとっては、とても鬼気迫るように見えた。

問答は無用、すぐに立ち去りなさいといったような表情だ。

(……こ、ここで逃げたら私はギーシュ様にもう近づけないかも……!!)

そう思うと、少しだけ勇気が湧き、一瞬怯んで外した視線をケティはもう一度モンモランシーに合わせ……それが逆効果だったことを知る。

モンモランシーの息は若干荒く、目の下には隈、手には小瓶を手にして、普段綺麗に纏まってロールしている髪はほつれている。

まさにがむしゃら。

今の彼女は全てを投げ出す覚悟があるようにさえ感じられ、ケティはさらに萎縮してしまったのだ。

「あ、あの……」

「用がないのならどいて。私は忙しいの」

モンモランシーはケティを押しのけるように部屋の前に立ち、ケティをもう一度ギンッと睨む。

その目は赤く充血し、目の下の隈が恐怖を誘う。

だが、飽くまで誘うだけでモンモランシーには別に相手をどうこうしようという意図は無かった。

ここ数日の徹夜と疲労が彼女を若干のHIGHテンションに追い込んでいるだけであり、正常な思考が働いていないだけだったのだ。

最も、まともな思考で惚れ薬を作ろうと考えるあたり、何をもって“まとも”とするかは人それぞれである。

閑話休題。

モンモランシーは既にケティを意識から外してギーシュの部屋の戸を開こうとノブを回し、

……ガギッ。

それは回りきらなかった。

鍵がかかっているのだ。

ここで人並みな紳士淑女、貴族なら取る行動は『時間を改める』だろう。

だが、今日のモンモランシーは睡眠不足で正常な思考が働いていなかった。

疲労によって感情の起伏も激しかった。

『アンロック』

その結果、彼女は魔法で異性の部屋の戸を勝手に開けるという暴挙に出る。

ガチャン、と音を立てて扉の解錠が確認されると、モンモランシーは躊躇うことなく扉を開き……無人の部屋を眺めた。

「いない……?」

モンモランシーはギョロリと周りを見渡して本当に人の気配がない事を確かめ、さらには『ディティクトマジック』までも使い念には念を入れた。

だが、わかったのは本当にここにギーシュがいないということのみ。

「なんでいないのよっ!!」

モンモランシーは天井に向かって苛立たしげに叫んだ。




***




「あっ」

一人の掃除中のメイドが水がいっぱい入ったバケツを倒してしまう。

「また……」

今朝からこんなミスは通算5回目。

らしくないと言えばらしくないミスだった。

今までこんなミスは今の仕事をするようになってからしたことがない。

それというのも……、



「サイトさん……」



一人の少年の不在に端を発していた。

『良ければ明日も来て下さい』

別に確定的な約束というわけではない。

それでも彼女、シエスタにとってそれはその時点で既に決まった予定だった。

サイトにその気が無くとも、彼女、シエスタにとっては約束を反故にされたも同然だった。

オマケにルイズの姿も見えない。

ここ最近の彼女は何かとサイトに酷かった。

それが苛立たしく、嬉しかった。

彼女が彼に厳しければ厳しいほど、サイトは自分の所に居てくれる気がした。

が、逆に彼女が“前”のようにサイトにべったりであればあるほど、自分の居場所は彼の中に無くなる。

自分が入る隙間が無くなる。

今こうしてサイトとルイズがいない以上、二人は一緒にいるであろう。

それすなわち、自分の居場所が彼の中で減っていくことを示している。



「ミス・ヴァリ、エール……貴方がいるからサイトさんは……」



シエスタのモップを持つ手に力が入り、

……ミシッ!!

モップの柄に、罅が入った。




***




「ちょっと、ギーシュは何処に行ったの?」

振り向き、詰問するようにモンモランシーはケティに近づく。

「ひっ?知りません知りません!!私だってギーシュ様に会いに来たんですから……」

ケティはあまりなモンモンランシーの形相にすっかり怯え、まともに彼女の顔を見られない。

ただ、ぎゅっとバスケットを持つ手に力が入る。

そんな時、



「やめろよモンモランシー!!恐がっているじゃないか!!」



一人の勇者が女性二人の間に割って入った。

お腹がでっぱり、頬も丸みを帯びるような体型で、広い額にくるりと回る天然金髪がある少年、

「何よマリコルヌ、私はただギーシュの場所を聞いただけよ」

マリコルヌ・ド・グランドプレ、その人である。

彼は“偶然”この場、少女ケティがモンモランシーに絡まれている現場に出くわした。

モンモランシーにとっては天地神明に誓って本当に場所を聞いただけだった。

だが、外から見ていたマリコルヌ、その表情に怯えを感じてしまったケティはそう取れなかった。

「そんなこと言って、ほら、彼女こんなに怯えているじゃないか!!」

可哀想に、とマリコルヌはケティをモンモランシーから護るように遠ざけた。

それを見たモンモラシーは、間が開いたせいか急にやる気を無くして「ふぁあ」と欠伸をする。

何せ徹夜をした身。

緊張の糸が切れて眠気がぐんと襲ってきたのだ。

(なんだか知らないけど、ギーシュもいないみたいだし、出直そう)

モンモランシーは踵を返すと自室へと戻り出す。

ギーシュとはお昼からでも会えばいいと思ったのだろう。

ギーシュが“学院外へ数日出かけるという普段の学院生活から考えればありえない事態”でも起きない限り、大丈夫のはずなのだから。

最も、そのありえない事態が起きようなどとは、今の彼女に知る術は無い。

一方、マリコルヌは急に踵を返したモンモランシーに少し拍子抜けしつつも、満足していた。

“アップルパイの少女”の危機に駆けつけ、助けられたのだから。

「あ、あの、ありがとう、ございます」

「い、いや、いいんだ」

感無量とはまさにこのこと。

お礼を言われ、マリコルヌは内心絶頂だった。

「“初対面”なのに助けて下さるなんて、優しいんですね。あ、良ければこれでも食べて下さい。それでは」

助けられたケティは“見覚えの無い”小太りな少年にお礼を言い、微笑みとお礼ついでの品としてバスケットの中身を差し出す。

それは……濃厚なリンゴの匂いが香ばしくも濃すぎないアップルパイ。

「こ、これは……!!」

マリコルヌは目を見開いた。

これはあの晩のアップルパイ。

もう忘れられない味のそれだった。

(彼女は自分の事を覚えていてくれたのか、優しいと言ってくれたのか!!)

マリコルヌの胸にじぃんと熱い物が込み上げる。

走馬灯のように思い出される舞踏会の夜。

マリコルヌは運命を感じずにはいられなかった。

そう、彼はきちんと彼女の言葉を聞いていなかったのだ。



『初対面』



ケティはマリコルヌのことなど蚊ほども覚えていなかった。

そうとも知らず、マリコルヌは内心で喝采をあげ、自身に自信を付けた。

「来てる、僕の時代が来てる!!」

風上のマリコルヌ。

皆が普通に歩く廊下で自分の世界に入り、可哀想な視線を向けられても尚、彼の妄想は止まらなかった。




***




「サイト、何をそんなに苛ついているんだい?」

馬に跨って数時間。

目前を悠然と走る……否、飛翔するグリフォンに追いすがるように二頭の馬が最速で駆け抜けていた。

「……別に」

サイトは膨れっ面で短く答える。

もともと、騎馬経験浅いサイトにこのスピードでの乗馬中に長い会話は望めない。

だから答えが短いのは必然ではあるが……。

隣を馬で疾駆するギーシュはそれでもサイトが不機嫌に見えた。

サイトは必死に手綱を手繰りながらある一点を見据えている。

羽根帽子を被った護衛、魔法衛士隊の一つ、グリフォン隊隊長のワルド。

彼を睨み続けているようにも見える。

グリフォンには彼と、彼の腕の中で桃色の髪が風でなびいていた。

「さっきの話にショックでも受けたのかい?」

出会い頭、彼は自分はルイズの婚約者だと言い、ルイズもそれに頬を赤らめた。

もしかしたらそれにショックを受けてのことかとギーシュは思ったのだが。

「………………」

サイトは何も言わず、表情も変えない。

ギーシュはしばし返答を待ちながら手綱を持つ手に力を込め、サイトの顔を見つめる。

動揺しているようには見えず、ただ感じるのは……、

「……あいつ、風のメイジだ」

嫌悪感。

「ああ、風の、それもスクウェアクラスのメイジだそうだよ」

「俺、あいつ嫌いだ」

「………………」

ギーシュは口を閉ざした。

彼にどんな意図があるのか読めないが、先程表情が変化しなかった辺り、どうやら嫉妬からくるもの、というものでも無いらしい。

「それじゃ僕と一緒だね」

それがわかったから、ギーシュは気楽そうにそう口を開いた。



[13978] 第四十一話【禁句】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/05/07 17:59
第四十一話【禁句】


「?」

サイトは突然のギーシュの言葉に意外そうな顔をする。

「僕もあの人は嫌いさ、いや、嫌いになった、かな」

若くして魔法衛士隊の隊長になったというのだから、それなりに尊敬していたが、ギーシュは彼に納得がいかなかった。

まず、グリフォンの速さである。

馬は既に二頭目。

町で新しい馬に乗り換えねば、あのスピードにはついて行けない。

そんなことはわかっているはずだが、彼は一向に遅くしようとしない。

まるで君らがちゃんと付いて来ないのが悪いと言わんばかりだ。

急がねばならないのは事実だが、はぐれてしまっては元も子も無い。

護衛という観点からすれば、それは好ましくもない。

ここまでくるとまるで護衛する気が無いようにさえ感じられる。

だが、こちらは正式でない個人的な頼みだとしても、王女自らの頼み事である。

それぐらい、彼にも理解出来る筈だ。

「護衛、って言ってたけど護衛する気があるのはルイズだけのようだしね」

ギーシュがそう言うと、サイトの表情に僅かばかりの変化が見られた。

なんと形容して良いのかわからない。

怒りのようで、哀しみ。

しかし、そのどちらにも完全には当てはまらないようなそんな表情。

恐らくは自分でも気持ちの整理がついていないんだろう。

だが、それは自分も同じだった。

「それに、彼は僕のヴェルダンデを傷つけた」

「……ギーシュ?」

サイトが怪訝そうな顔をするが、ギーシュはもうサイトの方を見ていなかった。

金の髪をなびかせて、整った顔立ちを若干歪ませる。

魔法衛士隊隊長ともなれば、傷つけずにヴェルダンデをルイズから遠ざけることが出来た筈だった。

スクウェアメイジの名は伊達ではないことをギーシュは知っている。

傷の深さは関係ない。

軽傷ではあったが、負わせたか負わせなかったの違いだ。

傷を負わせた以上、それは故意である。

ギーシュとて悪かったのがヴェルダンデだとわかってはいるが、使い魔を傷つけられた事に何も感じないほど大人では無かった。

「彼は……ヴェルダンデを傷つけたんだ」

ルイズのそれとはまた違った、彼の使い魔への“愛”は、静かに静かに、しかし確実にその怒りを溜め込んだ。




***




「あの……ワルド様?」

「何だい?僕のルイズ」

ワルドに両腕で抱えられるようにして抱き上げられ、グリフォンに乗って数時間。

「少し、お早くありませんか?サイト達と距離が開いています」

「ふむ、グリフォンは早いからね。それにこの方が君と二人きりになれるだろう?せっかく久しぶりに会ったのだから少しは、ね」

小さくウインクするワルドに、ルイズは視線を逸らして二頭の馬を見つめた。

かなりのスピードで追いすがっているが、あの様子では乗馬者もそうとう疲れるだろう。

あんな調子で持つのだろうか。

「ルイズ、僕よりあの二人が気になるのかい?」

「あ、いえそんなことは」

無いです、とは言えなかった。

幸い、ワルドは「おや?」と不思議そうな顔をした後、何も言って来なかったが、先程から体の調子がおかしかった。

抱き寄せられる肌に不快感が募る。

触られた部分は例外無く鳥肌が立ち始め、言葉を交わすたびに漏れる彼の二酸化炭素が自身を不快にさせる。

幼い頃からの憧れで、数少ない理解者で、優しい子爵様と一緒にいるのに、彼女の中の感情は何故か一つだった。

好きだった筈だし、否、好きな筈だし、こうしているのも嬉しい筈なのに、彼女の心を占めるその感情は、










───────────キモチワルイ───────────










その一言に尽きた。

だが、それを認めたくない自分がいるのも事実で、必死に彼から愛しいと思える感情を貰おうと腕を強く掴み、体中に奔る嫌悪感にさらに胸が気持ち悪くなる。

それが納得できなくて、ルイズは何度も何度も首を振った。

だからだろう、目端に人の影を捕らえた。

「?子爵様、あそこに誰か……っ!?」

最後まで言葉を紡ぐ前に、ルイズはそれが誰だか……いや、なんだかわかってしまった。

数人が弓を引き絞って射る。

その先にいるのは二頭の馬。

「盗賊か」

ワルドは落ち着き払って下を見据える。

「ワ、ワルド様、早く二人を助けないと!!」

「いや、そうしたいのは山々だがここで降りてはグリフォンや君にまで危険が及んでしまう」

「そんな!!二人とも逃げ……」

ルイズは声を荒げ……無かった。

地面がボコリと隆起する。

気付けばギーシュが杖を振っていた。

馬が走る先に小高い丘が出来、馬がそれを上って跳ぶ。

咄嗟に軌道の変わった二人の獲物に、盗賊は初手を外してしまい、慌てて二射目を射る。

だが、自分たちがいるところから馬は随分と離れてしまっていた。

自然、放たれる矢は先程と違い面では無く、点になる。

それ故無数に放たれる矢は一直線に飛び、スラリと片手で鈍色の剣を背中から抜いた少年がそれらを叩き落とした。

「ほぅ、彼らもやるね。“この程度では問題にならない”か」

ワルドは意外そうにそう言うと再びグリフォンを進ませる。

何故か、その声がルイズにはとても気味悪く聞こえた。




***




二頭の馬が颯爽と離れて行く。

それを盗賊達の後ろから“見ていた”二つの影が、つまらなさそうにその場を後にする。

「まったくだらしがないねぇ、まさか傷一つ負わせられないどころか相手にすらされないなんて」

一つは目深にフードを被った女性。

「ふん、仕方があるまい。所詮は平民の盗賊、怪我でもしなかっただけ儲けものだろうよ」

もう一つは赤と白のストライプ色が激しい貴族服に白い襟巻きを身に纏った男性だった。

「……アンタ、なんでそんな目立つ格好してるのさ?私達は一応隠密だよ」

「何を言う、この服の良さがわからないのか?貴様こそ、そのようにスラリと細い足を露出して誘っているのか?」

「……ったく、学院の爺といい、男ってのはみんなこうなのかねぇ、“旦那”も何でこんな奴引き込んだんだか」

女性は嘆息してフードから顔を出す。

美しいエメラルドグリーンの長い髪がそこから現れ、首を少し振ることで、それは全て外界へとさらされた。

「もう顔は隠さないのか?」

「必要無いさね、町まであれ被ってると暑苦しくてかないやしない。ほらさっさと行くよ。“目的地は港町ラ・ロシェールだってわかってる”んだから」

「存外、“土くれ”は大胆だな。私の物にならんか?」

フフフ、といやらしい笑みで男性は笑い、

「ハッ、旦那くらいならともかくアンタ程度じゃゴメンだね、“波濤”のモット」

女性、もとい“土くれのフーケ”はそれを切って捨てて近場に繋いでいた馬に跨る。

それにすこし眉をひそめつつも、特段気にしたふうもないようにモットも馬に跨り、馬を走らせ始めた。




***




サイトは知らなかったが、これから行くアルビオンというのは文字通り浮遊島だった。

それ故、そこに行くには空飛ぶ船を用いる。

その港があるのがここ、一つの大岩を削って出来た町、ラ・ロシェールだということをギーシュが到着前に説明した。

心なしか、その技術が自分の系統と同じ“土”の魔法によるものだということを誇らしげに自慢しながらではあったが。

「お疲れ様」

二人がようやくとラ・ロシェールに着くと、ルイズが労いの言葉と共に出迎えた。

ルイズはワルドのグリフォンに乗っていた為、二人よりも先に着いていたのだ。

「……あの男は?」

サイトは不機嫌そうにルイズに尋ねる。

「あの男って……ワルドのこと?今ワルドは船の予定を聞きに行ってるわ、宿はあそこの『女神の杵』亭に取れたと言ってたから合流したら行きましょう」

「ふぅん」

サイトは興味なさそうに荷物を馬から下ろし始める。

ギーシュも同じだった。

興味なし、といわんばかりの拒絶さえ感じられる態度。

流石にルイズもカチンと来た。

「何その態度?もしかして盗賊の時のこと怒ってるの?」

「「別に」」

二人は揃って一言で答える。

それが益々ルイズの怒りを増長させた。

「何よ!!無傷だったんだからいいじゃない!!ほら、背中だってこんなにきれ……」

ルイズは無理矢理サイトのパーカーをシャツごと後ろからめくり、息を呑む。

酷い傷痕。

何か大きな鎌のようなもので一刀されたのだろうが、何でこんなものがサイトにあるのか“わからない”

傷自体は結構前のもののようだが、それでもその傷は少女が見るにはあまりに……、



「な、何これ……“気持ち悪い”」



見るに堪えないものだった。

しかし、それを言ってしまっては、口にしてはいけなかった。

「っ!!」

サイトはぎゅっとパーカーを降ろすとルイズを睨み付けた。

「悪かったな、気持ち悪くて。ああそうかよ、お前は俺をそんなふうに思ってたのかよ!!」

「な、何よ、そんなに怒らなくたって」

ルイズには急に怒り出したサイトがわからない。

「お前はずっとそう思ってたんだろ?モンモンは別に人が変わるなんて言って無かったもんな、そうだよ、記憶が無くたってルイズはルイズだと思ってたけど、それってつまり記憶があるルイズだって“あいつ”と仲が良くて、俺のこの背中……“お前が洗ってくれた背中が気持ち悪いって思ってる”ってことだろ!!」

サイトは一息でそう言うと何処かへとかけだしてしまう。

「あ、ちょっと……!!」

ルイズは追おうとするも、肩に手を置かれ止められた。

「……ギーシュ?」

「よくわからないけど……ルイズ、君は本当にルイズなのかい?今のは、あまりに酷すぎる。サイトは僕が追うから君は荷物を見ててくれ」

ギーシュは言葉こそ優しかったが、目は怒りに満ちていた。

その顔に気圧され、ルイズは何も言い返せない。

ただ、走っていくギーシュの後ろ姿を見つめているしか出来なかった。




***




「………………」

『女神の杵』亭の一室で、ルイズはベッドに腰掛け床を見つめていた。

ワルドが戻って来るのと同時、ギーシュとサイトも戻り、船が明日の夜出航予定だと告げられた。

帰って来たサイトはルイズと目を合わせようとせず、ありありと拒絶が感じられた。

「……何よ、何なのよ」

いくら考えてもサイトの意図がわからない。

わからないが、何故か胸が痛む。

と、




────────ドクン────────




急に胸の痛みが増し、一瞬意識が飛びそうになる。

今のは一体なんだったのかと考えようとして、

「やぁルイズ、お待たせ」

ワルドが入室してきた。

部屋は二部屋しか取れなかった為、彼が部屋割りの際にルイズとの同室を決めたのだ。

ルイズは恥ずかしかったが、今のサイトと二人になるわけにはいかず、さらにはワルドに「大事な話があるんだ」とも言われ、流される形でこうなってしまった。

いや、今はそんな現状の事よりこの胸と頭に来る不思議な……、




────────ドクン────────




「っ!?」

「君とこうしてゆっくり話すのは何年ぶりかな、君は───────」

急に来る体中の脈動が数を増す事にワルドの声が遠くなり、視界がぼやけ、胸を抑え、




────────ドクン────────




「ルイズ?どうかしたのかい?」

そんなルイズの異変にようやく気付いたワルドはルイズへと手を伸ばし……、

バンッ!!

思い切り払われる。

「ル、ルイズ……?」

ゆらりと立ち上がったルイズは、目の前の困惑したワルドなど視界に入れずに虚空を見据え、ボロボロと大量の涙を流し始めた。



「私、私……サイトになんてことを……!!」



その声はこの世の終わりを思わせるような絶望に満ちあふれ、同時に、激しい自分への殺意が感じられた。



[13978] 第四十二話【傷痕】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/05/07 18:00
第四十二話【傷痕】












───────知らないとは“罪”である───────










サイトの背中の傷。

それは彼がこの世界に来て初めて、“自分からルイズの為に行動した結果”だった。

ヴィリエ・ド・ロレーヌ。

自分とルイズを馬鹿にした彼と決闘し、勝利を収めたかと思ったところでの不意打ち。

風の刃は深く深くサイトに突き刺さり、生死すら危ぶまれる程の重傷だった。

もっとも今その傷は、傷痕こそ残っているが、既に傷みを伴うようなものでは無かった。

ルイズによる献身的な介護、財力に物を言わせた高価な秘薬の取り寄せによってサイトは快復し、その傷のことなど気にせずに暮らしてこられたのだ。

今日までは。

「………………」

サイトは与えられた部屋のベッドの上に三角に座って膝に顔を埋めていた。

『よぉ相棒、背中の傷は戦士の恥とは言うが、そこまで気にするもんでもねぇぞ?』

何も“知らない”デルフはサイトを元気付けようと、壁に立てかけられたままカチカチと音を鳴らして鞘から飛び出ながら話す。

サイトは一層深く顔を埋めて、体を震わせていた。

「デルフリンガー……だったね。サイトの事はそっとしておいてあげよう。彼の背中の傷は決して戦士の恥などでは無いんだ」

ギーシュは、少し距離を置きながら椅子に座って一人にして二人の会話を聞き、そうデルフを諫める。

『そりゃどういうことだ?』

デルフは殆ど反応の無いサイトと話すよりは有意義な話を聞けそうだと思い、ギーシュの言葉に耳を傾けた。

「あれは言わば恥どころか戦士の負傷さ。以前とある貴族がルイズを馬鹿にして、怒ったサイトはその男と決闘になったんだ」

『ほぉ』

デルフリンガーは意外そうに刀身を外気に晒す。

「結果はサイトの勝利、でも相手は負けた事に納得がいかなかったのか事もあろうにサイトを後ろから魔法で急襲したんだ」

『……そりゃお前ぇ』

そこからデルフは言葉にせず、カンと音を立てて鞘の中に“自刀”を仕舞い込む。

これ以上、言葉にするのが憚られたからだ。

サイトの背中の傷。

それは誉められこそ、貶される類のものでは無かった。

言わばルイズの為に負った傷だ。

それを“気持ち悪い”などと言われてしまえば、傷つくのは無理も無い。

傷を負った事自体は、特段サイトにとって後悔は無い。

だが、今までにサイトは幾度と無く彼女に背中を見せている。

ルイズに言われるがまま背中を流してもらい、着替えをしている。

ルイズは、人が変わった訳ではない。

『退行』、そうモンモランシーは言った。

それはつまり、考え方、人格、それら何から何までが、彼女の思い発する言葉は相違なく本人の“感性”によって発せられた物だと証明してしまう事になる。

無論、“退行”しているせいで“まだ”知らないのだから、知らないこと自体は仕方が無い。

事実、サイトはそう思ってこの数日を過ごして来た。

だが、“ルイズ本人の感性”によって紡がれた言葉の意味は、そうはいかなかった。

気持ち悪い。

それはルイズの感性によるものだ。

退行していようといなかろうと、ルイズがそれを“気持ち悪い”と感じることに違いは無い。

同一人物である以上、そこに記憶は関係無い。

「……っ」

顔を埋めたまま、周りにいる一人にして二人に見えぬよう、サイトは体を震わせたまま、閉じた瞼から溢れる“それ”を拭う。

と、その時だった。



コンコン。



静まりかえる室内に、ノックの音が響き渡った。




***




ルイズは兎にも角にもサイトに会おうと部屋を訪れた。

同室にいた生物学上同類にあたる人間の言葉など思慮の外、蚊ほども意識を割かずに。

体を駆け巡る“タリナイ”という感情。

同時に自らの口から出た許されざる言葉への苛立ち。

全てを解決させ、自分の居るべき場所、“サイトの傍”へと居る為には、一刻一秒、いやコンマの世界でも早くサイトに会うべきだ。

単純にして明快。

ルイズには一日中土下座してでもサイトに許しを乞う覚悟があった。

ノックをして間もなく、キィと木製の扉が独特の軋みを上げながら開く。

いくら一つの岩を削って出来た町でも、岩しか使わないワケではない。

その音を聞きながら、ルイズはサイトに会えなかった焦躁とこれから会えるという歓喜で、一瞬の開扉もその何倍もの時間を感じながら待ちわび……顔を強ばらせた。

「……やっぱりルイズ、君か」

出てきたのはギーシュ。

ルイズが望んでいる人物ではない。

「……サイトは?」

しかし、全く予想しなかったわけでは無い。

サイトと彼は同室、一緒にいれば出てくる可能性は二分の一、50%は割と高い可能性だ。

だから即座に目的を言い、見たくも無い顔に向かってサイトを催促する。

最も見たくも無い顔というのは一部語弊で、正確に言えばサイト以外に見たい物など無いのだが。

だが、だからこそ次の一言は彼女を絶望という闇へと突き落とす。

「会いたくない、だそうだ」

「えっ?」

会いたくない。

あいたくない。

アイタクナイ。

パタン……。

静かに閉められる扉。

その僅かな隙間から見えた……ベッドに座って顔を膝に埋めるサイト。

「………………」

すた、とその場にルイズは座り込んだ。

だらんと腕は垂れ、鈍く光る金のブレスレットが床に当たってキィンと小さくも甲高い音を上げる。

「………………」

サイトに……拒絶されてしまった。

サイトからの拒絶。

拒絶。

拒絶。

拒絶。

体の生気が全て霧散するかのような錯覚。

生きていく上での希望が全て失われたかのような絶望。

絶望。

絶望。

絶望。




───────ガリッ───────




細く白い指、その先の透明な爪が床板に食い込む。

そのまま、爪が折れるのも構わずに指を引いて……ガリッ。

視線の先には閉じられた扉。

だが彼女の瞳に光は無く……ガリッ。

怒りは無い。

あるのは絶望。

生きる糧であり、欲しい物であり、必要なもの。

ルイズにとってサイトとは、生命活動を行う上で酸素と同等に必要なものだった。




───────ガリッ───────




爪が割れて赤い鮮血が床板にポタリポタリと滴り落ちる。

それでもルイズは床板に爪を立てる。

痛みは感じない。

焦点の合わぬ光の無い瞳は何も映さない。

ただ一つの聞きたい声以外聞く耳は持たない。

故に、



「……ルイズ?」



背後からの“婚約者”の言葉は聞いてすらいなかった。




***




「……ルイズ?」

声をかけるが反応は無い。

茫然自失としたような、あまりといえばあまりな状態。

この状態を見た時に、無反応はある程度予想していたため、ワルドは何も言わずに杖を振った。

簡易な眠りの魔法。

得意な部類では無いが、今の彼女なら自分の魔法でも問題なく眠れるだろう。

「……サイト……」

ルイズは小さく使い魔の名を紡ぐとその瞼を閉じ、桃色の髪を床へと落とした。

「おっと」

ワルドは彼女が完全に倒れる前に支え、抱き上げる。

「……サイト、ね」

彼女の口から出た名前に、ルイズが“こう”なった一因を見いだしたワルドは、扉の先にいるであろう平民のことを考えながらルイズを部屋へと連れて行った。




***




朝。

ルイズは目を覚ますとベッドから飛び起きた。

いつ眠ってしまったのか覚えは無い。

だが、ここ……部屋で眠る予定は無かった。

サイトが部屋から出るまで、あの部屋の前に居るつもりだったのだ。

と、腕がいつもより軽い事に胸騒ぎがして……慌てる。

眠る前までは間違い無くあった金のブレスレットが……無い。

今唯一サイトと自分を繋ぐものにして、僅かにサイトを感じられる物はそれだけなのだ。

泣きそうになりながら辺りを見回すと、ベッドの傍にあるテーブルの上に、それはちゃんと乗っていた。

すぐに手を伸ばしてそれを抱きしめると、じんわりと微かなサイトを感じて涙が零れる。

こうしてはいられない。

ゆっくりと腕にブレスレットをはめると、ルイズはベッドから降り、部屋を出た。

……。

…………。

………………。

「……ルイズは、よっぽどあの使い魔君に入れ込んでいるようだね」

それを見ていたワルドは、ゆっくりとその身を起こすと、レイピアのような刺突剣を腰に下げ、ルイズの後を追った。

案の定、ルイズは昨日と同じく部屋の扉の前にいた。

違うのは、座らず、爪も傷つけていないことだろう。

ルイズはノックをしようとしては止め、を繰り返し今一歩踏み込めずに躊躇っていた。

こんなルイズは見たことが無いが、このままではイロイロと宜しくない。

(私の“目的”の為に、不安要素は排斥しておく必要がありそうだ)

そう考えたワルドは、躊躇っているルイズの前に出てノックをする。

やや間を置いて、出てきたのはルイズの使い魔だった。

「……なんですか」

その顔にはあまり生気が無い。

眠っていないであろうことは容易に想像出来た。

「いや、起こしてしまったなら済まない。一緒に朝食を食べようと思って君たちに声をかけに来たんだが」

「いえ、もうギーシュも起きてますんで。すぐ行きますよ」

サイトは室内のギーシュを呼び、一緒に食堂へと向かいだした。

その間、一度もルイズに声はかけずに、視線も向けなかった。

ルイズは何とかサイトの隣を確保したものの、上手い言葉が出ずに俯いていた。

食堂でもルイズはサイトの隣に座ったが、今だにサイトに声をかけられない。

(重傷……だな)

それを見たワルドは、もはや一刻の猶予すらなさそうだと思い行動を開始する事にした。

「なぁ使い魔君……サイト、だったかな?」

「……そうですけど、なんですか?」

サイトは緩慢に動かすフォークの手を一旦止めて気怠げにワルドに視線を向ける。

「話によると君は使い魔になる前は普通の生活しかしていなかったそうだけど本当かい?」

「ええ、それが何か?」

「いや、なかなか戦いというものは難しいものでね、頭で理解しても実線では上手く行かないのが常なものさ。でも君はルイズ達と一緒にかの怪盗、“土くれ”のフーケから宝を取り戻したそうじゃないか。昨日の戦いも見事だったしね」

ワルドはサイトを持ち上げるように面白可笑しく話す。

まるで、凄い凄いと強調しているようだ。

……この時から、ルイズが猫が毛を逆立てるように威嚇の眼差しをワルドに向け始めた。

「僕は平民だからと差別するつもりは無い。でも貴族って奴はやっかいでね、自分の目で見た物しか信じられないんだ」

「……それで?結局何が言いたいんですか」

サイトは興味なさ気に、話半分に聞きながらフォークを動かす手を再開しだし、

「……そこで僕と決闘してみないかい?何、手加減はするよ」

再び止めた。

「ワルド!!」

ルイズはダンッ!!とテーブルを叩いて立ち上がる。

彼女の記憶には彼とサイトが戦った様が今もありありと残っていた。

戦わせるということは、サイトが傷つくことがわかっているようなもの。

到底看過出来る物では無い。

だが、そのルイズの態度が癇に障ったのか、サイトは、

「いいですよ」

そう答えていた。

「ダ、ダメよサイト!!そんな危ないことしなくたって……!!」

ルイズのサイトを心配するような言葉。

ここでサイトはああ記憶が戻ったんだな、と理解したが、今はその優しさすらサイトを傷つけた。

つまり自分は信用されていないのかと、そう捉えてしまう。

一晩ぶりにお互いの視線を合わせた二人はしかし、お互いに譲ろうとする姿勢は見えず、このまま硬直が続くかと思われたその時、

「なら、代わりに僕がワルド殿と戦ってみたいのですが」

この場にいるギーシュが、初めて口を開いた。









あとがき

今回よりチラシの裏から移動してきました。
宜しくお願い致します。



[13978] ヤンデルイズ番外編【もしも、ルイズがサイトを呼び出せていなかったら】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/05/07 17:50
こちらは板移行記念番外編です。

ダーク、バッドエンド気味なのでそれらを許容出来る方のみ、お読み下さい。





ヤンデルイズ番外編【もしも、ルイズがサイトを呼び出せていなかったら】





とうとうこの日が来た。

この十年、本当に長かった。

この日の為にいろいろ考え、準備もしてきた。

「五つの力を司るペンタゴン」

学院に入ってからの一年は、この部屋に一人でいるだけで何百倍もの時間を感じた。

「我の定めに従いし」

でもそれも今日で終わる。

「使い魔を召喚せよ」

私は今日、二十六年ぶりに彼と再会できるのだ。




***




ボムッ!!

辺りには突如白煙が舞う。

「うわっ!?」

「げほっげほっ!!やっぱり失敗したなゼロのルイズ!!」

たくさんいる魔法学院の生徒達は口々に一人の少女を罵る。

だが、その少女はそんな彼女に向けられた罵詈雑言など耳にしていなかった。

(お願い……!!)

煙の中央にムクリと黒い影が生まれる。

「おい、何かいないかあそこ」

生徒の一人がそれに気付く。

「!!」

ルイズはそれを聞くや否や弾けるように飛び出した。

今だ晴れぬ白煙。

誰かが風の魔法で煙を吹き飛ばしていくがそれよりも早く、ルイズは影本人の前に立っていた。

そこには、色褪せて消えたはずの映像が、モノクロからカラー、立体へと像を結ぶように戻っていき、



「グルルルルルル!!」



超強力そうなドラゴンが仁王立ちしていた。

周りの者は皆羨ましそうに眺める。

が、

「こんなのいらない」

ルイズは自身が呼び出した使い魔を一言で切って捨てる。

彼女が来て欲しい使い魔はこの世でたった一人しかいないのだ。

「ミスタ・コルベール!!やり直させて下さい!!」

「え?ミス・ヴァリエール?こんなに素晴らしい使い魔が召喚されたのですよ?」

「こんなのいりません」

そんなルイズの台詞に皆唖然とする。

何せドラゴンだ。

喜びこそすれ、いらないなどと何を考えているのかわからない。

「ダ、ダメですよミス・ヴァリエール。使い魔の儀式とは神聖なもの、気に食わないからやり直すなどというのは許されないのです」

コルベールは驚きながらもルイズを諫め、

「さぁコントラクト・サーヴァントを」

次のステップを進めた。

しかし、

「嫌です、私の唇は一生涯サイト以外に捧げません」

「サイト?誰ですかなそれは」

コルベールにとっては意味不明な事を言って断った。

「私の最愛の使い魔です」

「はぁ?よくわかりませんがコントラクト・サーヴァントをしないと進級できませんよ」

「構いません、スミマセン私学院を止めます」

ルイズは契約もせずに学院を後にする。

「「「「えええええーーーーーッ!?」」」」

後には驚きで絶叫する生徒とコルベール、

「ガルル?」

そして呼び出されたのに何もされない疑問符を浮かべたドラゴンがいた。




***





晩年の頃、彼女は思いを諦めきれないでいた。

寿命というには明らかに早いその晩年は、彼女の齢二十四歳の時に訪れた。

彼女は生きる事を諦めたかのように、人が生命活動を行うに必要なあらゆる行動を放棄していた。

彼女がそれでもこの年齢に至れたのは偏に彼女が貴族だったからだ。



「……好きよ、サイト」




伝えたかった言葉。

伝える事が終ぞ叶わなかった言葉。

願わくば彼女はもう一度彼に会いたかった。

彼女の胸の鼓動が数分おきに小さくなって、やがて止まる。

口元から吸っては吐かれていた吐息は無くなり、完全に時が停止する。

静まり返る室内。




享年二十四歳(実年齢五十歳)

トリステイン王国公爵家ラ・ヴァリエール公爵が三女、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは、こうして大きな無念を抱え込んだまま、その短い二度目の生涯を終えた。




***




暗い暗い場所。

グラリグラリと揺れ動く懐かしい感覚。

この場所には覚えがある、そう思って彼女は自身に被さっている布を振り払う。

自室のベッドで横になっていたはずの自分は、中庭の池にある小船の上にいた。

ルイズは逃げるようにしてその場からすぐに駆け出した。

礼儀など金繰り捨てて自室へと駆け出し、カレンダーを眺める。

その暦は、間違いなく自分の今の容姿、六歳頃のそれであった。



「あは……」



自分はまだ六歳。

けどこのまま育てば十年後には十六歳。



「あはは……」



その頃にはトリスイテン魔法学院にいて、“使い魔”を召喚するはず。



「あははははははははは!!!!!!!!!!!!!!!!」



その時、私はまた彼と会うことが出来る……かもしれない。

いつの間にか自分しかいない部屋で大声を出して笑う。

「サイト……やった、やったわ!!私また貴方と会えるの、会えるのよ!!」

それから十年の歳月が流れた。




***




とうとうこの日が来た。

この十年、本当に長かった。

この日の為にいろいろ考え、準備もしてきた。

「五つの力を司るペンタゴン」

学院に入ってからの一年は、この部屋に一人でいるだけで何千倍もの時間を感じた。

「我の定めに従いし」

でもそれも今日で終わる。

「使い魔を召喚せよ」

私は今日、四十四年ぶりに彼と再会できるのだ。




***




ボムッ!!

辺りには突如白煙が舞う。

「うわっ!?」

「げほっげほっ!!やっぱり失敗したなゼロのルイズ!!」

たくさんいる魔法学院の生徒達は口々に一人の少女を罵る。

だが、その少女はそんな彼女に向けられた罵詈雑言など耳にしていなかった。

(お願い……!!)

煙の中央にムクリと黒い影が生まれる。

「おい、何かいないかあそこ」

生徒の一人がそれに気付く。

「!!」

ルイズはそれを聞くや否や弾けるように飛び出した。

今だ晴れぬ白煙。

誰かが風の魔法で煙を吹き飛ばしていくがそれよりも早く、ルイズは影本人の前に立っていた。

そこには、色褪せて消えたはずの映像が、モノクロからカラー、立体へと像を結ぶように戻っていき、



「あれ?ここ何処?」



名も顔も知らぬ一般人Aを呼び出してしまっていた。

「ミスタ・コルベール!!やり直させて下さい!!」

即座にルイズはコルベールに申し出る。

例えその答えがわかっていたとしても。

「ダ、ダメですよミス・ヴァリエール。使い魔の儀式とは神聖なもの、気に食わないからやり直すなどというのは許されないのです」

コルベールはルイズを諫め、

「さぁコントラクト・サーヴァントを」

次のステップを進めた。

しかし、

「嫌です、私の唇は一生涯サイト以外に捧げません」

「はぁ?よくわかりませんがコントラクト・サーヴァントをしないと進級できませんよ」

「構いません、スミマセン私学院を止めます」

「え、えええッ!?」

ルイズは契約もせずに学院を後にする。

「「「「えええええーーーーーッ!?」」」」

後には驚きで絶叫する生徒とコルベール、

「ここ何処?」

そして呼び出されたのに何もされない疑問符を浮かべたそのへんの人Aがいた。




***




晩年の頃、彼女は思いを諦めきれないでいた。

寿命というには明らかに早いその晩年は、彼女の齢二十一歳の時に訪れた。

彼女は生きる事を諦めたかのように、人が生命活動を行うに必要なあらゆる行動を放棄していた。

彼女がそれでもこの年齢に至れたのは偏に彼女が貴族だったからだ。



「……好きよ、サイト」




伝えたかった言葉。

伝える事が終ぞ叶わなかった言葉。

願わくば彼女はもう一度彼に会いたかった。

彼女の胸の鼓動が数分おきに小さくなって、やがて止まる。

口元から吸っては吐かれていた吐息は無くなり、完全に時が停止する。

静まり返る室内。




享年二十一歳(実年齢六十五歳)

トリステイン王国公爵家ラ・ヴァリエール公爵が三女、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは、こうして大きな無念を抱え込んだまま、その短いようで長い三度目の生涯を終えた。




***




暗い暗い場所。

グラリグラリと揺れ動く懐かしい感覚。

この場所には覚えがある、そう思って彼女は自身に被さっている布を振り払う。

自室のベッドで横になっていたはずの自分は、中庭の池にある小船の上にいた。

ルイズは逃げるようにして、しかし半ば期待しながらその場からすぐに駆け出した。

礼儀など金繰り捨てて自室へと駆け出し、カレンダーを眺める。

その暦は、間違いなく自分の今の容姿、六歳頃のそれであった。



「あは……」



自分はまだ六歳。

けどこのまま育てば十年後には十六歳。



「あはは……」



その頃にはトリスイテン魔法学院にいて、“使い魔”を召喚するはず。



「あははははははははは!!!!!!!!!!!!!!!!」



その時、私はまた彼と会うことが出来る……かもしれない。

いつの間にか自分しかいない部屋で大声を出して笑う。

「サイト……やった、やったわ!!私また貴方と会えるの、会えるのよ!!」

それから十年の歳月が流れた。




***




とうとうこの日が来た。

この十年、本当に長かった。

この日の為にいろいろ考え、準備もしてきた。

「五つの力を司るペンタゴン」

学院に入ってからの一年は、この部屋に一人でいるだけで何億倍もの時間を感じた。

「我の定めに従いし」

でもそれも今日で終わる。

「使い魔を召喚せよ」

私は今日、五十九年ぶりに彼と再会できるのだ。




***




ボムッ!!

辺りには突如白煙が舞う。

「うわっ!?」

「げほっげほっ!!やっぱり失敗したなゼロのルイズ!!」

たくさんいる魔法学院の生徒達は口々に一人の少女を罵る。

だが、その少女はそんな彼女に向けられた罵詈雑言など耳にしていなかった。

(お願い……!!)

煙の中央にムクリと黒い影が生まれる。

「おい、何かいないかあそこ」

生徒の一人がそれに気付く。

「!!」

ルイズはそれを聞くや否や弾けるように飛び出した。

今だ晴れぬ白煙。

誰かが風の魔法で煙を吹き飛ばしていくがそれよりも早く、ルイズは影本人の前に立っていた。

そこには、色褪せて消えたはずの映像が、モノクロからカラー、立体へと像を結ぶように戻っていき、




「???」




名も顔も知らぬ一般人Bを呼び出してしまっていた。

「ミスタ・コルベール!!やり直させて下さい!!」

即座にルイズはコルベールに申し出る。

例えその答えがわかっていたとしても。

「ダ、ダメですよミス・ヴァリエール。使い魔の儀式とは神聖なもの、気に食わないからやり直すなどというのは許されないのです」

コルベールはルイズを諫め、

「さぁコントラクト・サーヴァントを」

次のステップを進めた。

「……もうめんどくさい、毎回毎回十年も待てない」

しかしルイズはコルベールの勧めを断り杖を掲げ、



ドォォォン!!



一般人Bを爆殺する。

「ミッ、ミス・ヴァリエール!?何をっ!?」

コルベールは焦るが、

「これで私は使い魔を失いました、もう一回やります」

ルイズはそれを無視して再び使い魔を召喚し、

「??」

名も顔も知らぬ一般人Cを召喚してしまい、

ドォォォン!!

「もう一回」

「??」

名も顔も知らぬ一般人Dを召喚してしまい、

ドォォォン!!

「もう一回」

「??」

名も顔も知らぬ一般人Eを召喚してしまい、

ドォォォン!!

「もう一回」

無限に使い魔を呼び続けた。

(サイト、もう少しよ、もう少しで貴方に会えるわ、あはははははははははは!!)

彼女(実年齢七十五歳)の狂気は、彼を引き当てるまで止まることは無い。



[13978] 第四十三話【私闘】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/05/17 18:01
第四十三話【私闘】


何故こんなことになったのだろうか。

羽根帽子をいつもよりやや目深に被り、ワルドは思案する。

正面には杖を構えたドットメイジの学生。

本来、魔法衛士隊の隊長と言えど“貴族同士の私闘”は禁じられている。

それでも自分が戦おうと思ったのは偏に相手がメイジ……“貴族”ではなく“平民”だった故である。

心ここにあらずといったルイズの様子から、その原因を読み取り、“任務遂行”の為にその“不安要素”を消し去るべく、ワルドは彼女の使い魔を煽ったのだ。

(……いや、煽ったはずだった、かな)

目論見は結論から言うと失敗した。

主である彼女、ルイズが庇った為だ。

まだそれだけなら彼のやる気を引き出し、決闘に持ち込めたのだが、厄介なことに横やりが入った。

そう、今正面にいるトリステイン魔法学院二年、ギーシュ・ド・グラモンである。

彼は“あのグラモン元帥”の四男であることは聞き及んでいるし、ドットメイジであることも既に聞き知っている。

場所は町から少し離れた岩場。

辺りはわりと風が吹き、砂埃が舞っている。

一度口にしてしまった決闘と言う名の二文字から、貴族の誇りによって今更取り下げは出来なくなったワルドは彼が望む決闘場所、“人工的な床の無い外”に来ていた。

ギーシュは土系統のドットメイジ。

得意とする魔法は練金。

よってこういった場の方が周囲に迷惑をかけずに戦いやすかった。

「さぁ、いつでもかかってきて良いよ」

だが有利というだけで、それは実力とは無関係。

例えるならレベル20の戦士が自分の得意なフィールドでレベル50の戦士に挑むようなもの。

勝敗は目に見えていた。

ならば、とワルドは作戦を変えた。

「ああそうだ。もし、彼が危ないと思ったら使い魔君も参戦してもらっても構わないからね」

この場に立会人として来たルイズとサイト。

サイトが一歩ルイズから離れ、ルイズはそわそわとサイトに近づきまたサイトが離れる。

そんなことを繰り返している二人にこう言っておくことで“サイト”と戦う確率を上げておく。

もしサイトが戦わなくとも、華々しい戦い方でルイズを魅了しよう。

そうすれば、彼女も“目を醒まし”問題は何も無くなるハズだ。

ワルドはそう内心で即席の計画を立てると正面の少年を再び見据えた。

(悪いが、最高の前座、踏み台になってもらうよ)




***




ギーシュは目を閉じていた。

内在的な精神力を確かめ、自分が全力を出せる状態であることを確認する。

戦略は編んだ。

相手が格上なことは百も承知。

ならば、出来るところまで策を巡らせ、せめてその鼻をへし折って“ヴェルダンデ”への贈り物としよう。

ギーシュが戦うのはヴェルダンデの為だった。

彼はルイズほどで無いにしろ、使い魔に愛着を持ち、可愛がっていた。

無論、悪いことをすれば怒るし、使い魔だから自分より下なのだと卑下もしてはいない。

言わば……家族。

彼にとってヴェルダンデは家族だった。

その家族が受けた痛み、その大きさには関係が無く、“受けなくとも良いものを受けた”という一点が彼の内在的な怒りを静かに作り出していた。

彼は“青銅”のギーシュ。

“生み出す者”である。

(行こう、ヴェルダンデ!!)

カッとギーシュは目を開き、

「行きます!!」

杖を振ってドットスペルで編まれたオートゴーレム……ワルキューレを二体練金した。

同時に双振りの剣をワルキューレの前に練金する。

それは……かつてサイトが決闘した際にギーシュが手助けとして贈った剣だった。

「……ほぅ、装飾の少ない無骨な剣だが、精神力の温存かな?」

ワルドは練金された剣を一瞥してニヤリと笑う。



────────サイトの眉がぴくりと動いた。



ギーシュは構わずワルキューレにそれを持たせるとワルドへと突進させる。

「ふむ、ワルキューレ自体の作りは精巧だね」

ワルドは腰から杖剣を抜くとワルキューレの剣を受け止め、そのまま“風”で吹き飛ばした。

“一体”のワルキューレが消滅する。

「だが、動きは粗末だ。同時に多数を動かすというのは予想以上に大変なことだからね」

ギーシュは小さく舌打ちして一体になったワルキューレに指示を出す。

ワルキューレは、先程やられたのと全く同じ動きでワルドに突進していく。

「おや?動きが変わっていないよ?ムキになるのは良くない」

そうワルドが“アドバイス”をした時、目の前のワルキューレが突如大きくなった。

「っ!?」

当社比およそ二倍。

恐らくは二体作る為の精神力で一体を編み込んだワルキューレ。

剣を受け止めるも、流石に先程よりは重い。

一瞬の焦躁からワルドは先程と同じく“エア・ハンマー”でワルキューレを吹き飛ばすのに若干のタイムラグがあった。

そしてそれが……ギーシュの狙いだった。

最初よりも強い横殴りの風を受けて二倍のワルキューレは吹き飛び……その後ろからもう一体のワルキューレが刺突剣で突進してきていた。

「ふぅ……う!?」

ギーシュがワルキューレを大きくしたのはただ力を強めたかったワケではない。

目くらまし。

後ろにもう一体ワルキューレを作っている事を隠すために外ならなかった。

二体分のワルキューレ、これで計三体の消滅。

普通に戦って勝てないのならば奇策で勝て。

彼は確かに元帥の息子たらんと兵法を学んでいた。

これには流石のワルドも驚き、しかし次の瞬間には口元に薄い笑みさえ浮かべ、

キィン!!

甲高い金属音が鳴ってワルドとワルキューレは一瞬動きを止めた。

「!!」

次に驚愕したのはギーシュの方だった。

ワルキューレが繰り出した刺突、その剣先に合わせてワルドも刺突を繰り出し、お互いの剣の頂点がぶつかり合う形で固まっていた。

ワルドは一瞬目端に見えたルイズにニヤリとしながら、

「エア・ニードル」

杖剣の先からトルネードのような風の槍でもってワルキューレに風穴を開け、粉砕する。

計四体のワルキューレ消滅。

「これで……終わりだね」

今のは一瞬ヒヤリとさせられるほどの戦術だった。

よく練られ、考えられた戦い方だ。

だからこそ次は無い、普段戦場にいたならまずそう思わないその思考が、一瞬ワルドを油断させ、

「ええ、これで終わりです!!」

両脇を抱えられた。

「!?」

魔法を行使した一瞬の隙を突いて二体のワルキューレが一体ずつ腕を掴んでいた。

魔法行使後の僅かな硬直、それを突いてのワルドの動きを封じる策。

ギーシュの作戦の集大成、本来の目的は“この形”を作ることだった。

動きを封じる事が目的だと気付いたワルドは、風の刃、エア・カッターで両脇のワルキューレを切り刻み、



「ヴェルダンデェェェェ!!!」



今度は何かに足を掴まれる。

何だ!?と足下を見ると一匹のジャイアントモール。

これは確か昨日の朝に見た……などと思考を巡らせているうちに『それ』に気付くのが遅れた。

目前に迫るのは金髪の少年……その拳。

バキッ!!という心地よい音を立てて頬を殴られ、足をしっかり押さえられている為に思いの外反動は強かった。

ワルドはすぐに反撃をしようとキッと正面を睨み据え…………杖剣を降ろした、降ろさざるを得なかった。

「降参です」

頭を下げ、負けましたとギーシュが降伏を宣言した為だ。

足下のジャイアントモールは既にいなくなっていた。

「もう、止めるのかい?」

してやられたワルドは、内心面白くなかった。

油断していたとはいえ、学生……それもドットメイジに殴られたのだ。

使い魔は反則だとは言わなかった。

もともとそんな取り決めはしていないし、“使い魔君”には参戦の許可もだしているのだ。

だがこれで終わっては相手が負けたと言っても勝った気がしない。

「もう僕の精神力は空っぽですから」

疲れた顔をしてギーシュは座り込んだ。

最初に二体のワルキューレ練金。

さらにうち一体にもう一体分の精神力。

大きくしたワルキューレの背後に隠れていたワルキューレ。

両脇を抱えるための二体のワルキューレ。

計六体ものワルキューレを練禁し、最初に双振りの剣……およそワルキューレ一体分に相当する作りの剣を練金している。

都合ワルキューレ七体分の練金。

今のギーシュにとってこれが最大だった。

最大にして最高の功績。

もともとギーシュは決闘に勝つ気など微塵も無かった。

ただ一撃、この思いのたけぶつけてやらなければ気が済まないという、それだけを思ってこの決闘に臨んだのだ。

「そう、か。なら仕方ないな、しかしよく出来た戦い方だったよ、手加減したとはいえ、一撃貰ったのは久しぶりだ」

手加減、という言葉は決して負け惜しみではない。

事実、手加減が無ければギーシュは最初の練金する暇すら与えてはもらえず、“エア・ニードル”もギーシュまでその勢いを殺さずに向かっていたことだろう。

それでも、ワルドは一撃を受けたと言うことに、顔には出さない怒りを覚えた。

(手加減が過ぎたか。いや、これは私の“甘さ”だな……)

ワルドは深く目を閉じると、今の戦いを心に刻み込む。

(相手が誰であろうと油断、手加減はしない……これからを生きて行くにはそれは必要不可欠だ)

ワルドは今、決意を新たにした。

その決意が……今後自他共に多大に影響していくことはまだ、知る由は無い。




***




「大丈夫か、ギーシュ?」

宿に戻ったギーシュはほとほと疲れ果てていた。

「……あ~結構だるいね」

文字通り全力を出し切ったギーシュは、その疲労によってほとんど動けなくなっていた。

出向は今日の晩、それまでギーシュはずっと休むと言い、ベッドに横たわった。

そうなるとサイトは一人になり、暇を持て余す。

「こんな時、いつもどうしてたっけ……」

椅子に座って窓から外を眺めながらぼんやりと考える。

そう言えば、この世界に来てからあまり暇を感じたことが無かった気がする。

それはいつも、隣に“彼女”がいたからだろう。

そう思い当たってサイトは首はぶんぶんと振った。

今、ルイズのことは考えたく無かった。

どういうわけか、いやいつも通りというべきか、彼女は自分と一緒に居たがっていた。

それがわかっていながら、また“気持ち悪い”と言われるのが嫌でルイズを避けた。

その時のルイズの残念そう……を通り越して今にも自殺しそうな顔を見るたびに胸が痛んだが、それでも今は一緒に居ようとは思えなかった。

いや、一緒に居るべきではない、というべきか。

「あ~~~っもう!!」

頭を抱える。

ご大層に自分の中の心情を整理しようとして上手く纏まらない。

加えて、“あの男”の存在。

風のメイジであるワルド、彼がどうにも“気持ち悪くて”仕方がない。

風メイジ嫌いのせいかはわからないが、本当に生理的に受け付けない。

「あ~、もう考えるの止めようかな」

上手く考えが纏まらなくなったサイトは、散歩がてら何処か行こうと思い部屋を出て……鷲色の瞳と目が合った。

「あ……!!」

桃色の髪を力なくだらんと下げて、それでもたった一人の少年が部屋から出てくる可能性を待っていたのだろう。

自分から誘うような真似はせず“ただひたすらに彼を待ち続けた”に違いない。

時刻は既に昼下がりをとうに過ぎてしまったが、彼女がご飯を食べていないこともサイトは知っていた。

やや力なさげに、しかしそれでも望みを持って桃色の髪の少女の鷲色の瞳はサイトを真っ直ぐに捉えていた。

その神秘的なまでに真っ直ぐな瞳が、サイトにこれ以上彼女を避けるのを躊躇わせ、久しぶりに声をかけようとした瞬間、



ドォォォォォォォォォン!!

「賊だ!!賊が襲ってきた!!」



遠くから聞こえる喧騒によって邪魔された。



[13978] 第四十四話【二手】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/05/29 17:04
第四十四話【二手】


タリナイ。

タリナイタリナイタリナイ。

体中が渇き、飢え、“それ”を渇望してやまない。

胃は空っぽで、脳が栄養を摂取すべきだと訴えているがそんなことは“どうでもいい”

タリナイタリナイタリナイ。

全く持って足りない。

些かも足りていない。

“それ”の残りなんてもう水筒の底にある水滴ほどにしか、いやひょっとするともっと少ないかもしれない。

ところが今、“それ”が少しこちらに寄って来てくれた。

あれほど避けられていたのに、それは終わったのかと喜び勇み、泣くほどの歓喜を覚え、天に召されるかのような心の内の震えを感じた時、



ドォォォォォォォォォン!!

「賊だ!!賊が襲ってきた!!」



その爆発音が、耳障りな“それ”以外の声が、事態が、“それ”を遠ざける。



ああ、また私の中が“満たされない”




***




港町ラ・ロシェールは、通常の港とは違い、海には面せずごつごつとした岩群の中に存在する。

辺りにはあまり緑が無いせいか、ここからの一次産業はそれほど多くない。

その為、この町は流通の要となることで繁栄してきた。

アルビオンとの交易もほぼラ・ロシェールが主流であり、ラ・ロシェールには陸と空、両方の調度品が舞い込んでくる。

その中には珍しい物も多く、貴族が欲しがる物も少なくない。

故に、ラ・ロシェールは地形に恵まれずとも(ある一点においては恵まれているが)その“町の在り方”によって繁栄している町である。

だが、それは調度品を求める者、旅行を楽しむ者、と言ったいわゆる貴族、そうでなくともお金にある程度余裕のある人間からの見解だった。

辺りが岩に囲まれたこの町では、町の外での生活は難しい。

だが、町で暮らして行くにはお金がいる。

ではそれが無い者はどうするか。

答えは単純にして明快。

……ここから去るか、略奪か、である。

幸か不幸か、港町としてのラ・ロシェールには人の行き来が多い。

それ故、そういった旅人を鴨にした盗賊まがいの人間が生まれるのは何も不思議なことでは無かった。

サイトとギーシュが馬に乗りながらラ・ロシェールに向かう途中に襲って来た連中も、そんな“あぶれ者達”だったのだろう。

そんな彼らは、本当に時々、自らの危険を顧みずわざわざ町まで入って略奪をすることがある。

町には港町というだけあって、防衛設備、防衛兵、そういった防衛の為の手段もあることから、盗賊達にとってはハイリスク、ハイリターンな為、それをやる者は少ない。

少ないが、皆無では無い。



「サイト!!」



バン!!と戸を開けて疲れた顔のギーシュが出てきた。

「今窓の外を見たらこの騒ぎはどうやら盗賊らしい!!オマケに狙われてるのはこの宿のようだ!!ここは一旦離脱しよう!!」

「え……あ、ああ、わかった」

サイトは、正面の鷲色の瞳から視線をズラして駆けだしたギーシュの後を追う。

横目で「お前も早く来いよ」とルイズを見やると、何かを訴える鷲色の瞳が、酷く悲しげに見えた。

軋む木の床をドタドタと優雅とはほど遠い走り方で移動し、三人は階段を駆け下りる。

下は既に盗賊との防衛が始まっているのか、いくつものテーブルを立ててバリケード代わりにして店の人が怒鳴っていた。

そのバリケードテーブルの中の一つに、今回の旅の同行者、護衛の役割を持つワルドはいた。

ワルドは三人に気付くと小さく手招きして呼び寄せる。

「まったくついてないな、こんな時に襲撃に合うとは。しかし我々は任務をやり遂げなければならない」

被った帽子から覗かれる鋭い目が、盗賊達を睨む。

全員で突破するには些か敵の数が多かった。

目視出来るだけで入り口に八人。

外での騒ぎも止まっていないことからまだ数人は外でも行動しているはず。

ここからではわからないメンバー、さらに相手が保険として予備選力を保存していたとしたら、状況は益々不利になる。

このままでは今日の出向便すら危うい。

いや、逆に出向が早まる可能性もある。

決断の時だった。

「いいか諸君、こういった任務の場合、全員が目的地に着かずとも、誰かがたどり着ければ成功とされる」

今回の目的は手紙の回収。

確かに、極論を言えば全員でたどり着かなければならない理由は無い。

「ここは足止め役と任務遂行役の二手に分かれようと思う」

冷静にそう指摘するワルドにサイトは怒り心頭だった。

「ふざけんな!!ここで誰かを見殺「サイト」……ギーシュ?」

サイトが張り上げた声を抑えるかのように、小さな、しかし威圧ある声でギーシュは諫めた。

「今回はワルド子爵が正しいと思う。この状況下では全滅すらあり得る」

そうしてサイトの言葉を止めたギーシュは、



「だから……僕が残るよ」



───────堂々と自殺にも等しい言葉を言ってのけた。



「僕は……昼間の戦いで正直精神力を使いすぎたんだ。今もって回復したのは全快の五分から六分程度、だと思う。足手まといになるくらいなら囮役を引き受けるよ」

「お、おいギーシュ!!」

ギーシュの肩を掴んでお前正気か、とサイトは慌てる。

だがギーシュの瞳は揺らがない。

それが本気なんだと知ってサイトは目を丸くする。

「そうか、では宜しく頼む」

そんなギーシュにワルドは、君は足止め役決定だと何の感慨も感じられない声で決定を下した。



それが……さらにサイトの中の嫌悪感を増長させ、



「てめ「ワルド」……ぇ?」



“それ”に反応した“彼女”が、先程からの“やりとり”も相まって相当に苛々しながらサイトの言葉を遮る。

二度も言葉を遮られたサイトは、少し機嫌を悪くしながらも声を発した主、ルイズの言葉に渋々耳を貸した。

ルイズは射抜くような目でワルドを睨むと、

「貴方も残って。戦力的にも人数的にもこれでイーブンよ」

これはもう決定事項、と言いつけた。

「なっ!?ルイズ!!僕は君の護衛だ、僕が君から離れるワケには……!!」

「必要ないわ、それに貴方は“私達”の護衛でしょう?」

「っ!!」

ワルドが一瞬押し黙る。

皆、既にわかっていたことだが、彼はルイズを特に特別視していた。

ワルドはしばし逡巡し、言葉を選びながら搾り出すように話し出した。

「心配、なんだ、わかるだろう?」

「わからないわね」

「僕たちはその……“そういう関係”じゃないか」

「これっぽちも貴方と関係なんて無いわ」

ルイズはワルドの言葉を全て即座に短く切り捨てる。

「……!?せ、戦力がイーブンと言うが、君は使い魔君と行く気かい?」

「そうよ」

ちらり、とルイズはサイトを見やり、サイトから拒絶の意が出ていない事に内心安堵する。

「彼と僕では実力差は圧倒的だろう?それがわからない君じゃ無いはずだ」

最後の頼みの綱とばかりにワルドはルイズを見つめた。

そこでルイズはこの時初めて、ワルドへの視線に“敵意”以外の物を向けた。

ワルドはそれを見てホッと安堵の息を……、






「何を言ってるのワルド?もしかしてまさか無いとは思うけど、サイトよりも上のつもりで居たの?」






吐けなかった。

ルイズは心底不思議そうに、あり得ない物でも見るかのように、“敵意”以外の感情、“疑問”をワルドにぶつけた。

ルイズにとってこの世の全てはサイトである。

サイトより素晴らしい人はおらず、例え“どんな事柄だろうと”サイトより上の物など存在しない。

それは、『天上天下唯才人独尊』とも取れる、彼女の中の“絶対”の理である。

「……わかった、ここは君の意志を尊重しよう」

ワルドは小さく舌打ちすると、やれやれ重傷だな、と呟きながら羽根帽子を目深に被りなおした。




***




二手に分かれてからしばらくして、船の出る桟橋へ向かう為の大きな樹の中の螺旋階段でルイズはようやく安堵の息を吐いた。

それは盗賊達との喧騒から離れたからではなく、

「……ルイズ、早く行こう」

隣にいる使い魔との二人きりの空間故である。

ルイズ、ルイズ、ルイズ……。

呼ばれるだけでなんと甘く甘美な響きなのだろう。

一瞬それが、自分を指す名前という記号であることすら忘れそうになるほど、彼の声は心に染み入る。

「ルイズッ!!」

だから、突然彼に突き飛ばされた時、彼女は意味がわからなかった。

「!?」

一瞬の眩しい閃光。

空から、光が落ちてくる。

と、同時にサイトが蹲った。

文字通り光の速さで落ちてきたのは『雷』だった。

「サイト!?」

サイトに駆け寄ると、その腕は……赤黒く焦げていた。

タンパク質が燃えるような、嫌な匂いが立ちこめる。

さぁっとルイズの顔から生気が抜け落ちた。

「……い、熱……痛っ、くそっ、痛ぇ……!!」

サイトはそんなルイズに構う暇がないほど腕を押さえ、痛い、熱いと繰り返しながら蹲っている。

なんで、どうしてこうなった?

何故サイトが傷つかなければならない?

なぜさいとがきずつかなければならない?

ナゼサイトガキズツカナケレバナラナイ?

思考が巡り巡る。

どうして?デルフは何をしていた?サイトが傷ついた?何故?

そう何度も何度も同じような思考をループさせ、戻ってくるのは結局、



ナゼサイトガキズツカナケレバナラナイ?



それだった。

コツコツコツ……。

足跡が聞こえる。

自分たちの背後から、“仮面”を付けた“何者か”が近寄ってくる。

いや、

「……そう、やっぱり貴方なの」

ルイズにとってはそれが“何者か”わかっている。

過去に起きた出来事を覚えているのだから。

わかっている。

理解している。

理解している?

本当に?

だから二手に別れた。

だが結局、“前回同様”こうなった。

本当に、自分は理解しているのか?

ルイズは虚ろな、光を宿さぬ虚無一色の瞳で目の前の仮面を見つめる。

仮面をした何者かは、そのルイズの顔に一瞬狼狽の意を見せたが、すぐにも“新しい雷”を落とした。

そう、この相手こそが先程の雷を落とした人物にして、今現在のルイズの、最大の嫌悪の対象だった。

雷は蹲っているサイトを襲う。

咄嗟に相手の標的が読めたルイズはサイトを引き寄せ、雷から難を逃れる。

豪雷音と共に先程二人がいた場所はパラパラと木が焦げ落ちた。

ライトニング・クラウド。

“風系統”の上位魔法である。

次にそれを使われれば、こちらの……とりわけサイトの安全は確保されないかもしれない。

理解している。

理解している?

本当に?



「いいえ、認識不足、かもしれない」



ルイズは知らず、小さく呟いた。

甘かったかのかもしれない。

きちんと理解しきっていなかったのかもしれない。

瞳が、何も映さない虚無の瞳が、仮面を捉え、小さな唇から“聞こえない程小さな呪文”が紡がれる。

途端、仮面の何者かは突如起きた爆発に巻き込まれ、足場となる螺旋階段が壊れた為に下へと真っ逆さまに落ちて……闇へと消えた。

“サイトといる為”に、自分はもっと甘さを捨てた徹底的な“やるべきこと”があるのかもしれない。

仮面が消える姿を睨み見ながら、ルイズはそう思った。

何をすれば良いのか、一緒にいるためにどうすれば最善なのかはまだわからない。

だが、“今やったこと”がそれに繋がる気がした。

「……大丈夫サイト?辛いでしょうけど行きましょう。船に行けば“きっとお薬も手に入る”わ」

苦しむサイトを見て、自身のその小さな胸を多大に痛めながら、ルイズはサイトを促した。





一定にして“決まっていた”歯車の動きが一つ、ズレ始めると、その小さな歪みは、やがて全ての歯車へと影響していく。

今、その一定にして“決まっていた”歯車の動きに、軋みが生まれた。



[13978] 第四十五話【合流】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/06/05 17:03
第四十五話【合流】


「防戦一方、かな」

ギーシュは呟きながらバリケードからヒョコっと顔を出す。

途端に飛んでくる矢、矢、矢。

一向に盗賊達が減る様子が見えない。

これはただの物盗りじゃないな、とギーシュは思い始めていた。

何しろコレだけの数だ、ここまで大きな盗賊団が近場に出没するようになっていたなら噂になっていてもおかしくない。

だがそんな話をギーシュは耳にしていない。

オマケに盗賊だというのに、やるのは攻撃ばかりで略奪しているようにも見えない。

略奪とは別の……何かの目的の為にここを襲っているように見受けられる。

チラリと横を見れば、さっきから数人倒しては戻る、というヒットアンドウェイを繰り返すワルドが戻ってきていた。

その顔には随分と焦りがある。

「奴ら、一向に減りませんね、ここまでの規模となるとただの盗賊じゃないかもしれません」

ギーシュはワルドに自分の考えを告げてみた。

「あ、ああそうだな、統率が随分取れている。裏に何者かがいるのかもしれん。やっかいな略奪者共だよ」

それはワルドも思っていたのか、ギーシュに言葉の上では賛同したが、ワルドの言い回しにギーシュは疑問を感じた。

(略奪者共?いいや、彼らは恐らく略奪が目的じゃない。それがわからない子爵では無いはずだけど……)

しかし、ギーシュが長く思考を続けている暇は無かった。

凄い音とともに天井が破壊される。

「っ!?」

ギーシュが慌てて離脱しながら見た物は巨大なゴーレムだった。

「ゴーレム!?いや、あのゴーレムには見覚えが……」

ギーシュの脳裏に蘇るかつての戦い。

学院にある国の宝物を盗んだ怪盗、フーケ。



「ふん、ここにいるのは貴族の坊っちゃんだけかい」



ゴーレムの肩に乗る女性が、その緑髪を風になびかせてつまらなさそうにこちらを見つめた。

「やはり生きていたか、フーケ!!

ギーシュは彼女を睨み付けながら杖を構える。

彼は事の成り行きをおおよそ聞いている。

フーケが生きて逃亡していることは、そんなに不思議ではなかった。

むしろ、自分の仲間が人を殺した、と言うことの方が真実味に欠ける。

今の彼は“まだ”それほど“死”というものの身近さを理解していなかった。

「ふん、こないだの礼をたっぷりしてやろうじゃないのさ、ハンサムな少年!!」

フーケは、そう言いながらここら一帯の岩で錬金した巨大ゴーレムをギーシュにけしかけた。

「っ!!」

ギーシュは慌ててその場から離れる。

ゴーレムの腕が先程までギーシュが居た場所を粉微塵にした。

「あははははは!!逃げるのかい!?逃げ場なんて何処にも無いさね!!周りは盗賊で一杯、ここは港だが出港の為にはフネの風石はまだ力が足りないはずさ!!」

フーケは逃げ場は無いよと高らかに笑う。

(フネの風石の力がまだ足りていない?ならサイト達は出港出来ないじゃないか!!)

ギーシュはフーケの“説明口調”の言葉に舌打ちした。

フネの風石はあとどれぐらいで溜まるのだろう?

ギーシュの焦りが彼の判断力を鈍らせる。

その為に、彼は迫るゴーレムの腕に気付くのが遅れた。

「しまっ!?」

た、と最後の言葉を言う前に、彼は地上はるか数十メイルへと叩き上げられた。

意識を失いそうになるほどの衝撃に、ギーシュは呻くことしか出来ない。

体はボロボロだ。

精神力もそんなに残っていない。

オマケに今は地上数十メイル。

このままでは助かる見込など何処にも無かった。

「……フッ」

だがギーシュは口端に笑みを浮かべる。

「フフフ、あははははは!!」

体が軋んで痛い。

笑うたびに体の何処かでおかしな音がする。

フーケは、コイツダメージ多すぎておかしくなったのか?と首を傾げたが、すぐにその理由はわかった。

空に上る満月。

神々しい金の円光の中心に、黒い……いや蒼い影があった。

影はびゅん!!と素早い動きで空を滑空し、加速度的に落ちていくギーシュを掴まえる。

「やあ、まさか君たちがここに来るとは予想外だったよ」

ギーシュが笑いながら助けて貰ったお礼を言う。

きゅい、と大きく一鳴きする蒼い風竜。

シルフィードと呼ばれるその使い魔は主と他数名をその背に乗せていた。

「ああギーシュ!!こんなに傷だらけで!!」

一人は香水のモンモランシー。

「ああ、ギーシュ様、お怪我でお労しい姿に……」

一人は燠火のケティ。

「ぼ、僕は着いてきたんじゃないぞ!?た、たまたま居合わせただけだ!!」

一人はかぜっぴき……ならぬ風上のマリコルヌ。

「いいからアンタ達落ち着きなさいよ」

一人は微熱のキュルケ。

彼女らがここに来たのは半分は偶然である。

しかしその偶然が彼、ギーシュを助けた。




***




学校でギーシュを探していたモンモランシーは、いくら探してもいないギーシュが、学院外にいると思い当たるのにそう時間は費やさなかった。

ケティもまた、部屋に居ないギーシュを探し歩き、途中で“無償で快く手伝ってくれる名も知らぬ男の先輩”の手を借りながら学院中を探したものの見つからず、これは学院には居ないんじゃないかと思い始めた。

そう二人が思い始めた時、ケティとモンモランシーは再会した。

モンモランシーは考える。

“薬”の“賞味期限”は短い。

早くギーシュを見つけなければならないが一人では限界がある。

ここは同じくギーシュを探している者を協力者としては、と。

ケティは考える。

悔しいが今一番彼の事を知っているのは彼女だろう。

ここは恥とプライドを捨て彼女に聞いてみるべきでは、と。

そうして二人は一時休戦および協定を締結した。

調停人は“たまたま”そこに居合わせたマリコルヌである。

二人はその時、“ぬけがけはしない”という協定を結び、聞き込みを開始した。

効果はすぐに現れる。

朝速くにルイズとその使い魔が出て行き、ギーシュはその二人と一緒に学院の外に出たのを見たと。

それを見たのはキュルケだった。

後を追おうか迷ったのだが、最近のルイズはおかしすぎた。

あれほど大事にしていた使い魔への対応が悪い。

悪い癖に手放そうとはしない。

どうにも調子が狂い、しばし近づかないようにしようと決めていたのだ。

だが、この二人はギーシュを捜しているらしい。

ならば協力してやるのも一興か、と思いつつキュルケはタバサに事の顛末を話した。

意外にもタバサは、



『追いかけたいなら手伝う』



と興味ありげに進んで協力を願い出た。

タバサは気になっていたのだ。

使い魔のこともそうだが、ルイズの異常性を。




***




「すぐに私が治してあげるわ、ギーシュ」

モンモランシーはギーシュを自分の方に引き寄せると杖を振った。

香水のモンモランシー、彼女の属性はその二つ名からも想像できる通り“水”であった。

「あ、ずるい!!協定違反です!!」

しかしそれを見たケティは頬を膨らませ、ギーシュの腕を引っ張る。

ギーシュは無理矢理に引っ張られ、今度はケティの胸の中へと顔事ダイブした。

「な、なななななな!?」

モンモランシーはそれを見てギラリ目を見開き、

「ふん!!」

再び強くギーシュを引っ張った。

「ほわっ!?」

ギーシュは今度は抱えられるようにモンモランシーの腕の中へと収まる。

というか、傷自体はまだ完全に癒えていないのでそう何度も無理矢理引っ張られると地味に痛い、結構痛い、かなり痛い。

「お、落ち着いてくれたまえ、君たちのように美しい女性に取り合われるのは光栄だが今はそんな事をしてる場合じゃ……何だい?」

ギーシュが場を諫めようとして肩を叩かれる。

肩を叩いていたのは同級、マリコルヌだった。

「………………」

マリコルヌは唇を上に吊り上げ、しかし目つきは下目使いで睨むようにしながら無言で凄みをきかせていた。

(何だ?僕は彼に何かしたか?)

ギーシュはマリコルヌの意図がイマイチ読めなかったが、マリコルヌがご立腹であるということは薄々感づいた。

「はいはい、そろそろ無視されてるオバサンに気付いてあげないと可哀想よ」

パンパン、とキュルケは手を叩いて一同の意識を正面のゴーレムの肩に乗るフーケへと移らせた。

キュルケはフーケの姿を見て、ギーシュ同様“やはり”という気持ちを強めた。

(そうよ、人殺しなんて早々……)

当のフーケはキュルケの言い様にカチンと来ていた。

「あんあたらねぇ、まだ私はオバサンなんて歳じゃないよ!!」

フーケが怒りながらゴーレムを操る。

「歳を取った人ってみんなそう言うのよねー」

キュルケのさらなるからかいにフーケはゴーレムの動きを早める。

シルフィードはきゅい!と一声鳴いて焦りながら旋回する。

「あっ」

そんな時、モンモランシーの口から声が漏れた。

何かが中空に舞い……落ちていく。

遠く、地上の方でパリンと何かが割れる音がした。

「あああああああ……」

モンモランシーの表情がどんどん暗くなっていく。

絶望的に、暗黒的に、漆黒的に。

「モ、モンモランシー?」

ギーシュが様子のおかしいモンモランシーに声をかけると「降ろして」と小さくモンモランシーの泣くような声が響いた。

シルフィードはタバサに軽く叩かれ、下へと降りる。

モンモランシーはふらふらと歩き、ある一点を見て、肩を振るわせた。

「やっと、やっと出来たのに……」

彼女の視線の先には割れたガラスと謎の液体によって染みが出来た土があった。

この場にいる人間には、それが何なのかはわからない。

しかし、明らかに彼女は今、異常だった。

「……オバサン、覚悟は良い?」

顔を上げたモンモランシーの瞳に、光は無かった。

その瞳に、フーケは見覚えがあった。

ゾクッと背筋が凍る。

これは“あの時”のものと同じだ。

「上等じゃない……!!」

フーケはガクガク震える体を無理矢理に押さえ込んで下唇をペロリと舐める。

この時を待っていたのだ。

これを克服するチャンスを!!

若干予定は狂ったが、今はもうそんなもの関係無い。

フーケの戦闘の意志にいち早く気付いたのはギーシュだった。

「散れ!!」

その言葉に、まだシルフィードに乗っていたキュルケとタバサは上空へ、マリコルヌとケティ、ギーシュは三方へと散った。

動かないのはモンモランシーのみ。

「タバサ、キュルケ!!二人はアルビオンへ行ってくれ!!こいつの相手は僕たちがする。アルビオンにはルイズとサイトが向かってる筈だ、二人を頼む!!

ギーシュは二人に上を指差し、そっちへ行くことを懇願する。

それを理解した二人は、風竜の背に乗ったまま天高く舞い上がった。

本当はフネを探して貰いたかったが、恐らく出港してるかどうかすら定かでないフネを見つけるのは至難。

ならば目的地で合流して貰うのが一番だとギーシュは二人を促した。

出港していなかったとしてもある程度時間を稼げば風石の問題もクリアされ、結局アルビオンでは再会出来る……ハズだ。

だから残る問題は目の前のこいつただ一人。

マリコルヌらが居てくれるおかげでこちらは四系統が揃っている。

戦術の幅は大きく広がる。

これならば遅れもとるまい、そう思ってからギーシュは大事な事に気付いた。



「あれ……?ワルド子爵が、いない……?」



辺りを見回しても、盗賊が減ってきているのが見受けられるだけで彼の姿は無い。

が、長く思考を続けている暇は無かった。

ゴーレムがその怪腕をこちらに奮ってくる。

「くっ!!」

こいつをどうにかしなければこれ以上の身動きは取れないとギーシュは悟り、やむなく目の前の敵に集中すべく杖を構えた。




***




その頃、サイト達を載せたフネが、風石の力が足りずに飛べないと散々騒いでいた中、急に空へと登り始めた。



[13978] 第四十六話【風嫌】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/06/10 23:32
第四十六話【風嫌】


「サイト、痛い?ごめんね、ごめんね……」

フネが飛んでからも、瞳に涙を一杯に溜めて、それでも傍を離れようしないルイズ。

腕はもう、痛いのを通り越して麻痺し始めている気がした。

これが壊死ってやつなのか?などとぼんやりよく知りもしない言葉を思いながら、サイトはいつの間にかこうやってルイズが傍にいることを許していた。

きっと彼女は内心この腕を見て“気持ち悪い”と思っているのだろう。

サイトは心のどこかでルイズの本心をそう読みながらも、突き放しはしなかった。

理由は一つ。



……恐かったのだ。



今まで何不自由なく暮らしてきた。

いや、お小遣いが足りないとか、テストで悪い点を取ったとか、そんな日常にある不都合は経験してきた。

だが、こんな“身に降りかかる危険”など、そう経験したことが無かった。

正確に言えば、ここまで自覚出来る“危険”を知覚したことが無かった。

この昨今、交通事故は増えていると言っても、未経験者は他人事のように感じる。

身近だったとしても、経験者でさえ時が経てば意識が薄れるほど、“現代”の人間に危機意識は少ない。

サイトとてその一人。

ましてや、自分が居た世界とは異なった世界での出来事。

急に降りかかった危険と痛みに、自分でもよくわからない恐怖を感じていた。

それは人なら、生き物なら誰しもが持つ本能。



“死ぬのが恐い”



だから今独りになるのは恐かったのだ。




***




サイトが震えているのが彼の体越しに伝わって来る。

ルイズはサイトの恐怖をその身を通じて感じていた。

感じて、堪らない気持ちが彼女を駆けめぐる。

何故サイトが傷つかねばならないのか。

何故サイトが怯え恐がらなければならないのか。

その気持ちは、彼女に今まで思った事の無い感情を抱かせた。



サイトを脅かす全てが“憎い”



思えば、彼女は“憎む”という事をしたことが無かった。

後悔、嫉妬、憤怒……数多くの感情を内包してきた彼女だが、何かを憎んだことは無かった。

一度サイトを失った時でさえ、激しい後悔はしても何かを“憎む”ことは無かった。

だが今、彼女はサイトを怯えさせるものを憎々しく思う。

それは、彼女の中に先程の桟橋での戦い時にも似た思いと、決意を生み出した。



“自分がサイトへの脅威からサイトを護らねばならない”



だから今はただ、サイトの怯えを自分が取り払ってあげたかった。

そう思う一方で、体中に“タリナイ成分”を目一杯補充する。

彼の傷んでいない腕を取り、触れる事で彼そのものをその身に刻みこむ。

久方ぶりにまともに触れる彼の温もりは、彼女の中の枯渇した“それ”ほんの少しずつ潤いを与え始める。

まだまだ、いくらこうしていても溜まるには時間がかかる……否、溜まった傍から穴が開いた袋のように抜けていくそれを追い求めて彼女はサイトの顔を覗き込む。

もっと、もっと近くで彼を見たい。

彼の吐息を感じたい。

彼の全てをその身に感じたい。

だからルイズはサイトの傍を離れない。

「サイト、大丈夫、大丈夫だからね」

自分に言い聞かせているようにも聞こえるそれは、だが確かにサイトの不安を若干和らげた。

そんな時である。



「右舷上空、雲中に船影あり!!」



新たな問題が発生した。

「何だあれ?」

サイトは不思議そうに首を傾げ、船員の次の言葉にその身を硬くした。



「空賊だ!!」



船内が慌ただしくなる。

こちらは戦艦ではない。

戦闘用の荷物など皆無に等しかった。

あっという間に空賊のフネはこの商船に横付けし、明らかに武装した空賊達がドカドカと無遠慮にフネに乗り込みお頭らしい人間が一人前に出た。

「船長は誰だ?」

見た目若そうな雰囲気とは裏腹の、黒い眼帯に口周りには黒墨でも塗ったように丸い髭を生やしたお頭はやや低い声で船員に尋ねた。

「……私だ」

一人、帽子の違いによって明らかに船長だとわかる初老の男性が名乗り出た。

「このフネの積荷は?」

「硫黄だ」

「成る程、ではそれは全て我々が頂こう。何、命までは取らないさ。無論、命と硫黄の交換をしたいのなら話は別だが」

海賊の頭はそう言うと、積荷を部下に運ばせ始めた。

サイトはその海賊の頭を見て、眉間に皺を寄せる。

「サイト……?」

サイトの異変を敏感に感じ取ったルイズは、心なしか不機嫌になり始めたサイトを不思議に思いながらもサイトに「待ってて」と言い残して傍を離れた。

本心を言えば、離れたくは無かったが仕方が無い。

“サイトの為を思えば”これは必要な事なのだ。

ああ、でも本当に離れたくない。

折角久しぶりに、数日ぶりという超長い年月ぶりにサイトに満足に触れていたのに。

内心重い溜息を何度も吐きながらルイズは空賊のお頭に近づいていく。

「ちょっといいかしら」

ルイズは空賊の頭に近づきながら手の甲を向けた。

「何だ?それ以上近寄る……!?」

空賊の頭は訝しみながらルイズに近づくことを止めようとして……狼狽えだした。

彼の視線は金のブレスレットをしている手の甲……ではなく、その指に嵌めている指輪だった。

ルイズは構わず頭に近づき、小さく呟く。

「私はアンリエッタ姫殿下よりの使者でございます、“ウェールズ殿下”」

「!!」

空賊の頭は目を見開き、しかし納得したように頷くと、

「お前、人質として俺のフネに来てもらおう、野郎共、撤収急げ!!」

号令をかける。

それを聞くとルイズはサイトの傍へとすぐに戻った。

「おい、ルイズ……」

不安そうなサイトの顔に、少し胸を痛めながら、ルイズは「大丈夫」と小さく呟くとサイトと一緒に空賊のフネへと向かった。

ルイズの後を訝しげに着いて行きながらサイトは、空賊の頭をずっと睨んでいた。




***




「まずは非礼を詫びよう」

フネの客室らしき部屋に案内されたサイトとルイズは、空賊の頭に頭を下げられた。

いや、

「いえ、心中お察ししますわ、ウェールズ殿下」

アルビオン王国の皇太子に頭を下げられた。

海賊のお頭は付け髭と眼帯を取り、すらっと整った顔立ちを見せ、嫌味の無い金の髪を揺らし、改めて二人を見つめる。

「もう知っているようだが、私はアルビオン王国が一子、ウェールズ・デューダーだ」

そう、ルイズは彼が今回の任務の相手、ウェールズであることを知っていた。

何せ経験者なのだから。

「君たちはアンリエッタの使い、ということだが……」

ルイズの持つ水のルビーの指輪を見て、ウェールズは彼女達が本物であることを確信していた。

だが用件は当然のことながらわからない。

「その前に、水の秘薬を分けて頂けないでしょうか、サイト……私の使い魔の治療を行いたいのです」

「使い魔の治療……?人が使い魔なのか?いや、失礼。すぐに用意させよう」

ウェールズはサイトの腕を見てこれは危険だと判断し、近くにいた者に目配せをした。

「ありがとうございます、こちらが姫殿下より仰せつかった殿下への書状にございます」

ルイズは頭を下げて膝を折り、書状をウェールズへと進呈する。

ウェールズはそれを受け取り読み始め、小さく溜息を吐いた。

「そうか、アンは……」

「はい」

少し寂しそうにするウェールズに、ルイズは頷いた。

丁度そこへ水の秘薬が届き、サイトの治療が開始される。

今彼らは突然王家に反旗を翻した貴族派に王党派として応じ、戦争をしていた。

その為、腐っても王党派というわけか、治療薬は豊富とは言えないが良質な物が揃っていた。

サイトの腕に感覚が戻り始める。

どうやら幸いな事に壊死はしていなかったようだ。

サイトは、自分の世界ならばここまで急激に回復する技術は無いな、と内心感心しながらも、ルイズと話す皇太子に不快感を感じていた。

「アンリエッタからの手紙だったね、すまない。彼女の手紙はここには無いんだ。手紙はニューカッスルの城に置いてきている。面倒だとは思うがニューカッスルまでご足労願っても構わないだろうか」

ルイズは一つ頷くとサイトに向き直り心配そうに彼の腕を見つめる。

治療を終えたサイトは軽く腕を上げることで元気な事を伝え、

「貴様!!さっきからその態度は何だ!?」

いきなり同室に居た空賊……もとい王党派の兵士に胸ぐらを掴まれた。

「先程から殿下に向ける敵意の目!!もう我慢ならん!!さては貴族派の回し者か!!」

憤怒した王党派の人間はサイトを射殺さんばかりに睨む。

「おい、やめないか」

ウェールズとてその視線には気付いていたが責めるほどの事ではない。

今は時期が悪いのだ。

王族に嫌悪を抱く者も少なくないだろうと思っていた。

「しかし!!」

だがやはり時期が悪かった。

もうすぐ彼らは最後の決戦を迎える。

そんなピリピリと気を張った時期に、我らが皇子に敵意を向ける存在を許せるほど彼らの精神に余裕は無く、寛容でいられなかった。

だが何度も言うように“時期が悪かった”



「……貴方、サイトに何してるの?」



ルイズはサイトに掴みかかった王党派の兵士の首を後ろから掴む。

「っ!?」

その瞳に光は無い。

彼女は薄暗い、漆黒の瞳で兵士の頭を見つめる。

「サイトを離しなさい、今すぐよ…………死にたいの?」

グッと首を掴む握力が増す。

「っなぁ!?」

あの細く小さな手のどこからそんな力が出るのか。

あまりの苦しみに兵士はサイトを離した。

本当は離すつもりなど無かったのだが、あまりの苦しさにそうするより無かった。

兵士がサイトを離すとルイズも兵士を離し、すぐにサイトの傍に寄る。

「はぁ、はぁ……なんなんだお前達は!?殿下!!こいつらは危険です!!すぐにフネから叩き落としましょう!!」

「落ち着くんだ、こちらにも非はある」

あまりの出来事に兵士は息切れを起こしながらサイトとルイズを化け物でも見るかのように睨む。

ウェールズとて今の光景には背筋が凍るものがあったが先に手を出したのはこちらだ。

「部下が失礼をした。さらなる非礼を詫びよう。しかし僕も気になっていた。僕とそこの君は会うのは初めてのはずだけど……どうも敵視されているように感じる。良ければ理由を教えてもらえないだろうか」

ウェールズは部下の不始末を詫び、飽くまで穏便に事の収拾、原因の追究を試みた。

彼は元来、戦争などといった争いごと全般が嫌いなのだ。

皆の視線がサイトに集まる。

ルイズも少し、気になってはいた。

接点の無いはずのウェールズに、サイトはどうにも不快感を感じているようだと。

「あんた」

視線を一身に受けたサイトはゆっくりと、搾り出すように、



「風のメイジ、だろ」



そう、ウェールズを指した。

「?いかにも。私は風のトライアングルメイジだ」

一度も魔法を使っていないのにメイジとしての質を当てられたことに少々驚きながら、ウェールズは答える。

それがどうかしたのか、と。

だが、サイトはそんなウェールズ、一国の皇太子に向かって、



「風のメイジは嫌いだ」



そう吐き捨てた。



[13978] 第四十七話【濃霧】
Name: YY◆90a32a80 ID:4af33f10
Date: 2010/06/14 23:29
第四十七話【濃霧】


船内に張りつめた空気が漂う。

まさに一触即発。

今の言葉は、時期もさることながら、滅ぶのが目に見えているとはいえ一国の皇太子相手に言っていい言葉では無い。

王党派の兵士達はサイトを敵意ある眼差しで睨み、ルイズはそんな兵士達の目からサイトを護るようにサイトの腕に縋り寄った。

「風のメイジは嫌い……?」

ウェールズはふむ、と一つ頷くと、

「すまないが皆、私は彼と二人だけで話がしたい、席を外してくれないか」

「で、殿下!?」

兵士達を驚かせる。

何を言ってるのだろうかこのお方は。

今は大事な時。

こんな何処の馬の骨ともわからない輩、ましてや敵意を向けてくる平民ごときと二人になるなど危険すぎる。

口々にウェールズを諫めようと声が上がっていく。

ウェールズとて皆の気持ちはわかる。

その心配は一個人として嬉しく思い、王族として申し訳なくも思う。

だから、少し卑怯な言い回しをすることにした。

「……幸い、ニューカッスルまではまだ少し時間がある。皆、僕は悔いを残さずに逝きたいんだ」

文字にしなければ、正しい意味での捉え方は難しい。

しかし、この場にいる王党派の人間にそれを伝えるには、言葉だけで十分だった。

「………………」

先ほどまで上がっていた反対の言葉は出てこない。

いや、皆不満そうにはしてるものの、それをあえて口にはしなくなった。

それでも、意を唱える者はいる。

「そんなの、認められませんわ」

それはルイズだった。

ルイズとてウェールズの人となりは知っている。

彼は恐らくサイトに危害は加えまい。

しかしだからといってサイトと二人に出来るかといえば異議を唱えずにはいられない。

何が起こるかはわからないし、それに……せっかくサイトにくっついているのだから。

なのにサイトと二人きり?

そんなこと自分がしていたい。

だが、当のサイトは、

「俺は構わない……ッスよ」

一応語尾は少し謙らせ、ウェールズとの対話を受け入れるつもりの意を表した。

こうなってしまってはルイズとて諦めざるを得ない。

でも……諦めたくは無い。

「そんな……サイト」

ルイズはサイト以外を視野に入れずに真っ直ぐサイトだけを大きく丸い鷲色の瞳で見つめる。

「この人が二人で話したいってんだからしょうがないだろ?さっきからの様子を見る限りイキナリ襲われることは無いだろうし多分大丈夫だろ」

そんなルイズにサイトは肩を竦めて、やむなく、というポーズをとりながらもルイズを宥めた。

それが王党派の人間には気に食わない。

気に食わないが、ウェールズがああ言う以上、それを腹の中に仕舞いこみぞろぞろと船室から出て行く。

ルイズも名残おしそうにしながらゆっくりとサイトの腕を放し、

「……部屋の戸の前で待ってるから」

そう伝えると、何度もサイトを振り返り見ながら牛歩で部屋から出て行った。

「君たちは仲が良いね、恋人か何かかい?」

さて、とウェールズは男二人きりになった船室で、少し硬くなった空気を柔らかくしようと当たり障りの無い話題
を振るところから始めた。

「……いいえ、違いますよ。俺とルイズはそんなんじゃないです、ルイズには婚約者いるそうですから」

ところがこれは選択ミスだったようだ。

う、とウェールズは言いよどみ、それはすまない、と謝罪の言葉を口にした。

「あれだけ君にべったりだからつい、勘違いをしてしまったよ、申し訳ない」

何気ない会話から少し円滑な会話をしようと思ったのだが、慣れない事はするものでは無い。

ウェールズはそう内心溜息を吐き、下手な会話より単刀直入に話そうと決めた。

「君は……風のメイジと何か諍いがあったのかい?」

「……ええ、まぁ」

サイトは短く答える。

話はするが、アンタは気に食わないというオーラは隠さない。

ウェールズはそんなサイトのことが、何故だか無性に気になった。

思えば誰かに敵意を向けられるという経験はほとんど無い。

それはウェールズが皇太子だったりするせいもあるが、何より人に嫌われまいと、皆の自慢になる良き皇太子であろうとした努力の賜物だった。

その努力を辛いと思ったことは無い。

それが自分の責務として育ったウェールズには、努力という概念すら内心には無いからだ。

だが今、こうやって謂れの無い敵意を初めて向けられ、ウェールズは戸惑いながらも興味を抱いた。

よく言えば好かれる皇子だが、悪く言えば周りはイエスマンばかりともとれるこの現状に初めて舞い込んだ一陣の新風。

何故かウェールズはそれを心地よく感じていた。

だからだろう。

サイトの態度もオーラも、咎めようという気は一切起きなかった。

「風のメイジって自己中が多いと思ってます」

ふと気付けば、サイトの方から話し出している。

これは喜ばしい事だった。

ウェールズはどうやってこれ以上詳しい話を聞けば良いかわからなかったからだ。

「何故そう思うんだい?」

「……経験ッスよ、風のメイジは周りを巻き込む自己中が多い」

「良ければどんな経験か聞かせてくれるかい?」

ウェールズの問いに、サイトは服を脱いで背中で答えた。

「……これは」

「風の魔法で切られました、後ろから。決闘することになった風のメイジが、負けた後それを認めずに背後から襲ってきたんです」

「……そうか」

……なんて真似を。

それでも本当に貴族なのだろうか。

「他にも俺が平民だからか食堂に入ったらいちゃもんつけて来る奴がいたり、さっき言ったこの傷をつけた奴なんて俺を誘拐してルイズまで傷つけました。そういや最近、山賊たちの目の前で置いてけぼりをくらったりってのもありましたね」

「……すまない、同じ風を扱うものとしてそういった人間を恥ずかしく思う」

ウェールズは自分が行ったわけでも無い風使いの非道を、まるで自分が行ったかのように謝罪する。

「全ての風使いが悪いわけじゃないってのはわかってますけど、それでも風のメイジは嫌いです」

「……そうか」

ウェールズは少し寂しそうに頷いた。

おかしな話、自分を嫌いだというこの相手を、ウェールズは好きになっていた。

真っ直ぐに思ったことをぶつけてくる相手はそうはいない。

そういった意味で、サイトは好感が持てた。

だが、

「俺は……貴方もあんまり好きじゃない」

この言葉には首をかしげた。

話を総合するとサイトの風嫌いには納得がいくが、自分がそうまで嫌われる理由は薄いように感じられた。

「言いましたよね、風のメイジは自己中だって。例えば、さっき貴方は空賊に扮して俺達の乗っていたフネを襲った」

「………………」

ウェールズは黙って耳を傾ける。

反論の余地は無い。

戦争なんだから仕方が無いと言っても、やっていることは略奪という恥ずべき行為に違いは無い。

「それに最後の戦い、とか言ってたよな?……ましたよね?周りを巻き込んで死ぬ気だっていうのが……俺はイヤだ」

「………………」

ウェールズに言える言葉は無い。

だが胸に染み込んでいく言葉がある。



『周りを巻き込んで死ぬ気だっていうのが……俺はイヤだ』



それははたしてどういう意味か。

死ぬなら一人で死ねという意味か、それとも死ぬなという意味か。

どちらにしろ、現状そんな夢物語は叶わない。

「……貴方が死ぬ気だってんなら、俺はやっぱり貴方も含め風のメイジは好きになれそうに無い」

サイトの言葉は深く重く、ウェールズの胸に今ままでに無かった迷いを孕ませた。




***




ルイズは戸の前で今か今かとサイトを待っている。

そんなルイズを見ながら、王党派の船員は不満そうに鼻を鳴らした。

「あの少年、何かあったんだろうけどあの態度は腹立つよなぁ」

「そうだな、どうにもあの商船から連れてきた“三人”はいけ好かない」

「三人?二人じゃないのか?あの少年とそこの嬢ちゃんと」

「ん?いやもう一人“風石に力を込めてた飛び入り客”とかってのをギリギリで乗り込ませたはずだが……そういや見かけんな、何処行った?」

船員達は不思議そうに首をかしげ、まぁ何処かにいるだろ、と気にせずその場を後にする。

ルイズは全神経を部屋の中に集中させている為に、船員の話など聞いてはいなかった。




***




「くっ!!」

フーケは戸惑っていた。

相手は複数とはいえ子供。

それなのにここまで手玉に取られるなんて!!

一人はただ何も考えずに近づいて来る少女。

コイツが一番やばそうで一番どうにかしたい相手でもあるのだが、如何せん周りがそうはさせてくれない。

「今だケティ!!」

「はい!!」

ギーシュの掛け声でケティは小さな火の粉を生み出した。

すかさずマリコルヌは風でそれを術者、フーケへと運ぶ。

火の弾などなら避けようもあるが細かい火の粉では煙くなり避けようも無い。

今のところ目に見えるダメージは視界不良と煙たいくらしか無……「ゲホッゴホッ……」……!!

そこで初めて気付く。

自分は随分と風に乗って飛んできた火の粉で生まれた煙を吸っていることに。

……長期戦はマズイ。

だがかといって──────ガクン──────またか!!

ゴーレムの足元にゴーレムの足が嵌るだけの穴が開く。

ゴーレムは足を取られ転びそうになる。

ギーシュの考えた作戦は早い話、時間稼ぎだった。

まともにやっては持たない。

であればいかに相手を翻弄し、疲労させるか、である。

勝つための戦法ではない。

負けない為の戦法である。

それに気付いた時にはゴーレムに触るモンモランシーがいた。

「……ゆる、さない……!!」

何も映していなかった筈の瞳に狂気が垣間見える。

「っ!!」

フーケが一瞬怯んだその時、ふっとフーケの頭上が暗くなる。

フーケの頭上には巨大な氷の塊があった。

「落ち、ろぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

モンモランシーが叫ぶ。

長年の勘が告げる。

……間に合わない。

フーケはダメージを覚悟し、子供達にいいようにやられた自分に苛立ち、それでも目は背けまいと巨大な氷の塊を睨んで……脱力した。



「え……?」



氷の塊があっという間に溶ける。



「な……!?」



驚きは誰のものか。



「全く、これだから女というものは……戦の引き際を知らん」



気付けば、フーケは赤色のマントを纏う男に抱き上げられていた。

「ア、アンタ……モット!?なんで……」

フーケは驚いた。

何時の間に移動したのか、何をどうやったのか、フーケはゴーレムの足元にいるモットの腕の中だった。

「勘違いしているようだが、私は別に冷血漢では無いぞ。一応貴様と私は協力者なのだからな」

モットはそう言うと杖を振って辺りに水を巻き……その水が段々弱くなり、周囲一帯に濃い霧が生まれる。

「さて、引くぞ。これ以上の戦闘は意味があるまい」

「え?あ、ああ……」

フーケはあまりのモットの手際の良さについ我を忘れてしまっていた。

「何をボーっとしておる、走れ」

そう言って駆け出す元モット伯。

フーケはハッとして、霧中の赤い背中を追いかけ始めた。

鼓動が、何故か少し早くなっていた。



[13978] 第四十八話【閃光】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/06/15 23:49
第四十八話【閃光】


ウェールズは一人、自室で長年愛用した椅子に深く腰掛けていた。

ニューカッスルに戻ってすぐ、ウェールズは二人に手紙を渡した。

これでお別れかと思うと名残惜しいが、このままここに居ては彼らに迷惑がかかる。

もう少し彼ら……とりわけサイトの事を知りたかったが、彼らを思うのならば引き留めるわけにもいかない。

戦争、一番自分には無縁のものと思っていた。

「僕はこれまで、正しくあろうとしてきたが、本当にこれまでの僕は正しかったのだろうか」

視線を床へと移し、尚もウェールズは一人呟く。

「これから僕がすることは、正しいのだろうか」

自問するようにウェールズは呟く。

サイトと話したせいだろう。

ウェールズは少し、これまでの、そしてこれからの自分に疑問を抱き始めていた。



コンコン。



と、戸がノックされる。

「……殿下、そろそろ御支度を。戦が近づいて来ています」

「……わかった」

ウェールズは扉越しに答え、ふと思い立ったように尋ねてみた。

「君は……後悔していないかい?僕らは恐らく、これから戦って……貴族派に勇敢だったと言うことを知らしめる事しかできない」

「……殿下」

壁越しの我らが尊敬する皇太子に、兵士は心の向くまま言葉を紡ぐ。

兵士にはこれで最後だ、という現状もあってか、心の枷も緩くなっていたのかもしれない。



「我らは皆、殿下に付いていきますよ、その事に後悔はありません。皆殿下が好きですから」



胸を張って言える、自らの誇り。

頑として揺るがない絶対の信頼。

「死ぬのが恐くは無いかい?」

「王を、そして殿下を裏切る事になることの方がもっと恐いです」

「ありがとう」

ウェールズは微笑み、立ち上がって戸を開ける。

「戦の準備、だろう?行こうか」

「はい」

自らを誇ったようにピンと背筋を伸ばす兵士に、ウェールズは心地よいものを感じる。

だが同時に、どうしようもない申し訳なさも抱いた。

彼らは、自分たちの側に付いたが為に、明日を奪われるのだ。

そう思うと、ウェールズの胸にズキンと痛みが奔る。



『周りを巻き込んで死ぬ気だっていうのが……俺はイヤだ』



何故か、使い魔の彼の台詞が頭に浮かんでいた。




***




ルイズとサイトはウェールズから手紙を預かった後、長い廊下を歩いていた。

廊下と言っても幅は広い。

壁には所々に絵画が飾られ、天井の明かりによって廊下は煌びやかな光に包まれている。

サイトにはこの世界の……前の世界でもそうだが、絵の価値などわからない。

だから、自ずとサイトの意識は再び当然のように腕に抱きつくルイズに集中していた。

周りには誰もいない。

既に非戦闘員の殆どは退城し、兵士もこれから起こる戦いに向け一つ所に集まっているという。

自分たちもここを出る最後のフネ、イーグル号に乗ってここを出ることになっていた。

よく意味もわからず連れてこられたが、これできっとまた平和な学院生活に戻れることだろう。

サイトはそう思って内心安堵の息を吐き、次の吐息が溜息に変わる。

学院生活。

それを自分は今まで通りに続けていけるのか。

今も耳に残るルイズの言葉。



『気持ち悪い』



それを聞いてしまった今、サイトは今後のルイズとの距離を計りかねていた。

少なくとも、こうしてくっついているのは良くないようにも思える。

ルイズの内心、いや深層心理では自分を嫌っているのかもしれない。

よしんば嫌っていなかったとしても、気持ち悪いと思う気持ちがあるのはもう覆しようの無い事実。

加えて、風のメイジの婚約者までいるのだ。

「ルイ────ズ?」

このまま一緒に居ては良くない。

そう思ったサイトはルイズにその旨を伝えようとして、突如歩みを止めたルイズを訝しむ。

ルイズは一点、廊下の先を睨んでいた。

つられてサイトも廊下の先を見る。

「!!」

そこには見知った男が立っていた。



「何故ここにいるの、ワルド」



それは質問ではなく糾弾。

ルイズは猫が毛を逆立てるように相手を威嚇しながらワルドへと糾弾する。

「君たち……ルイズが心配で急いで追ってきたんだ。僕は風使いだ、おかげで耳はよくてね、そっちの使い魔君の靴は特に特徴があるから足音ですぐに君たちだとわかったよ。それで任務は終えたのかい?手紙は?」

ワルドはゆっくりとルイズに近づき始める。

「お前、ギーシュはどうした!?」

サイトはこの場に見えないギーシュのことが気がかりだった。

こいつがここにいるのならギーシュだっているはずだ、と。

「……彼はここに来ていない、方法が無かったのでね」

ワルドはルイズを見据え、サイトには目もくれぬまま答えた。

尚も歩みを止めずにワルドはルイズに近寄っていく。

そんなワルドにルイズは、



「見え透いた嘘はやめなさいワルド、私が桟橋での一件に気付いていないとでも思っていたの?」



冷たい目を向け、怒りを露にした。

ワルドの足がピタリと止まる。

「……桟橋?何を言ってるんだいルイズ?ああそうか、何か危ない目にあったんだね?そら、だから言ったじゃないか、彼では君を護れないと。だがもう大丈夫だ、僕が君をまも「黙りなさい」……」

渇いた笑いを零しながら取り繕うようにワルドは口を開くが、ルイズにそんなものを聞く気は無かった。

ルイズはワルドに杖を向ける。

「一体どうしたんだ、僕のル「止めて、“気持ち悪い”」……!!」

ワルドはルイズの発言に目を丸くする。

「私はサイトのものよ、それ以外の誰のものでもない。サイト以外の……ましてや貴方なんかに自分のもののような呼ばわりをされるのは気持ち悪くて我慢ならないわ」

ルイズはワルドの言葉を聞きたくなかった。

かつて、夢でもその言葉を言われそうになって無理矢理聞かなかったほど、その言葉を聞きたくなかった。

自分の事をそう呼んでいいのは世界にたった一人だけなのだから。

「ルイズ……」

サイトもまたルイズの言に驚いていた。

同じ“気持ち悪い”という言葉なのに、どうして今度はこんなにも嬉しい気持ちになれるのなだろう?

だが、深く考える暇は与えられなかった。

顔を俯けたワルド子爵の肩が小さく震える。



「サイトサイトサイトサイト……やっぱりその使い魔が邪魔になったか、もっと早く消しておくべきだった」



小さいのによく通る声で、ワルドは忌々しそうにサイトを見る。

途端、サイトは桟橋で仮面をつけて襲撃をかけてきた何者かに後ろから羽交い絞めにされた。

「っ!?」

「サイト!?……っ!!」

サイトが「何でここにこいつがいるんだ!?」と驚き、それにルイズも気を取られた一瞬の隙に、ワルドはルイズの腕を掴んだ。

「ルイズ、僕は世界を手に入れる。その為には君の力が必要なんだ、僕と一緒に来てくれるね?」

「お断りよ、私はサイトと以外に共に歩む気は無いわ」

即座にルイズは否定する。

すると仮面を被った桟橋での襲撃者は仮面を取り、その素顔……ワルドの顔で歪んだ笑いを浮かべる。

風のスクウェアスペル、“遍在”

ワルドはそれを用い、自らの分身を“一人”で作っていた。

それは彼のメイジとしての格の高さを示している。

あの時桟橋で襲ってきたのは、ワルドのこの遍在に外ならなかった。

「ルイズ、僕とて婚約相手の君をこれ以上無碍にしたくはない。これが最後だ、協力してくれるね?」

飽くまで優しそうな声でワルドは諭すようにルイズに話しかけるが、その顔は能面のように無表情で冷え切っていた。

ルイズの細く白い腕は、必要以上に強い力で掴まれている。

ルイズはワルドを睨むと、やはり即座にこう答えた。

「答えはノーよワルド、さっさとサイトを離しなさい。今ならまだ“私に対してしたことは許して”あげる」

「そうか」

ワルドはルイズがそう答えるのがわかっていたのか、抑揚の無い声で答えると胸元から小さな小瓶を取り出した。

「これは“高名な水メイジ”に用意させた薬でね、何、そのメイジは君も知ってはいる人さ。何せ彼はある意味君のおかげで我々の側についたのだから」

むしろこの薬を作れるほどメイジを仲間に引き入れたかったこちらとしては好都合だったが、と内心で嗤うワルドはその小瓶の蓋を開ける。

「人ってのは割りと脆いものでね、ましてや心なんてものは壊れやすい。先住魔法ほどでの威力は無いが、ただ思い通りにするならこれでも十分なそうだ」

ワルドは饒舌に説明口調で語り終えると、おもむろにその小瓶の中身を口に含み……ルイズに口付けた。



「!?」



ルイズも咄嗟のことで対応が出来ずに、ワルドを跳ね除けられない。

口移しで含まされた何かの薬が、彼女の体に浸透していく。

ルイズはその場にペタンと座り込んだ。

ワルドはルイズの腕を放し、再び優しそうな笑みを浮かべる。

「さぁルイズ、僕の言う事をなんでも聞いてくれるね?君の心は壊れたんだ、僕の言う事を聞くしか無いよね?」

ワルドはモットに相手の心を壊し、簡易的な洗脳が出来る薬を用意させていた。

モットは思いのほか優秀で、あっという間に望みの薬をこしらえた。

山賊の一人も、その薬でてなづけ、実験も完了しているのだ。

普通の人間に、この薬の効力を回避する術が無いことは既に証明済みだった。

ルイズはゆらりとたちあがる。

ワルドは期待に胸を膨らませ…………次の瞬間には顔面に拳がめり込んでいた。

「ッ!?」

鼻を押さえながら驚きルイズを見やる。



「……じゃない、……だんじゃない……冗談じゃない!!サイト以外の人間が私の、私の唇に触れた……?冗談じゃ無い……!!」



ルイズはワルドの薬を飲まされて尚、ワルドの思い通りになっていなかった。

「馬鹿な!?聞いていないのか!?常人には防ぎようは無いはずだ!!あの山賊の心はあっという間に壊れた!!」

ワルドは信じられないものでも見るかのようにルイズを見る。

ここで、ワルドはある一点において勘違い、認識不足があった。

彼は知る由も無いが、彼女は一度サイトを失い、永い年月を経てここにいる。

絶望に囚われ十数年を生き、一度死をも経験し、また十数年もの努力とお預けを食らった彼女が“常人”である筈が無かった。

薬の相性が悪かったとも言えるかもしれない。

相手の心を壊す薬。

それは相手に壊れていない心があって初めて成立する。

サイトを一度失い、それでも妄執的にサイトを求めてきた彼女の心など、当の昔に壊れていた。

でなければ、その悠久には程遠くとも体感的にはそれに近い年月を、耐えられようはずが無い。

サイトと再び会うために、彼女は彼女の弱い心など当に見限っていたのだ。

ワルドにそんな理由などわかろう筈も無い。

だが、だからといってこの“任務”に失敗は許されない。

驚きではあるが、薬が効かないのならやることは一つ。

「残念だよルイズ、本当に残念だ」

ワルドは、ラ・ロシェールでギーシュと戦って以来、自身の甘さについて自問していた。

時にはもっと非情になることが求められると、あの戦いで学んでいた。

だから、



「さよならルイズ」



閃光が奔る。



「っ!?」



サイトの目に、ルイズの体を突き抜ける風が見えた。



「あ、ああああ……!!」



ルイズは瞳孔を開いたままゆらりと揺れ、



「おや?耳が良すぎるのも困ったものだ、彼女の心拍が停止したことまでわかってしまった」



その場に崩れ落ちた。



ルイズがしていた金のブレスレットが、床に当たって……砕け散る。



「ルイズーーーーーーーッ!!」



サイトのルイズを呼ぶ声に、初めてルイズは応じない。










決まっていた道程。

運命と呼ぶに相応しいそのレールの歯車、その軋みが、また一段と強くなった。



[13978] 第四十九話【如何】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/06/17 00:51
第四十九話【如何】


喧騒。

響く金属音。

轟く轟音。

また一人、知っている者が倒れていく。

「殿下!!」

「!!」

倒れた者に手を差し伸べようとして、警戒を怒った自分が受けるはずだった刃を、またも知っている人間が代わりに受ける。

「………………」

幾度となく敵の刃を受け、時に誰かが身代わりになり、倒れていく。

これが戦争。

ずっと自分とは無縁だと思っていたかったモノ。

これが戦争。

尊い命がそこらの蟻と変わらないぐらいに軽くなる場所。

「殿、下……」

また一人、自分をかばって人が倒れていく。



『周りを巻き込んで死ぬ気だっていうのが……俺はイヤだ』



人が、当たり前のように死んでいく。

相手の戦力は五万。

対してこちらの戦力は千どころか五百にも満たない。

単純計算で、一人で百人以上を相手にしなければならない。

わかってはいたこと。

それでも。



『……俺はイヤだ』



「僕も嫌だよ……使い魔君」

周りが倒れていくのが耐えられない。

人が死ぬ事など、結局覚悟できようはずもない。

さっきの彼とは酒を交し合ったし、あの彼はまだ幼い妹がいると言っていた。

あそこのあいつは……こいつは……。

数多くの同士が倒れていく様を、ウェールズはもう見ていたく無かった。

これも、我が侭なのだろうか。



『周りを巻き込んで死ぬ気だっていうのが……俺はイヤだ』



サイトの言葉が何度もリフレインして、弾けた。



「周りを巻き込んで死ぬのは確かに嫌だ!!皆、ここは僕に任せて退却してくれ!!恥だろうとなんだろうと、僕の代わりに生きてくれ!!」



耐えられない。

耐えたくない。

人が死ねば、悲しいのだ。

こんな悲しいことなど、皆に味あわせたくない!!

ウェールズはありったけの精神力でもって風の障壁を作る。

長くは……持たない。



「皆、今までありがとう!!何時の日かブリミルの御許で会おう、さぁ行け!!」



背後に向かって進めと、懇親の願いで叫ぶ。

だが、一本の風の槍が障壁を越えてウェールズの腹部を貫いた。

「ぐふっ!?」

膝をつく。

そこには帽子を深く被った髭の男がいる。

「殿下!?」

数多くの兵士が寄って来る。

「馬鹿者……僕はいいから君たちは引くんだ、これは敗走ではない、必ず来る“光ある明日”の為に君たちは僕を捨て置いて生きてくれ」

ウェールズの目が霞む。

意識が朦朧とする。

そんな中、集まった兵達は、

「なぁにを言ってやがんですかねこの皇太子様は」

気楽にこれから野良仕事でもするかのように髭の男とウェールズの間に立つ。

「ホントホント」

髭の男を遠ざけようと数人がかりでエアハンマーをぶつける。

数瞬後には逆に吹き飛ばされる。

「言ったでしょう?僕らは王や貴方を裏切る事になるほうが恐いと」

誰かに背負われる感覚。

もう、瞼が重くて目が開かない。

耳も遠くなってきた。

光が、喧騒が、全てが遠ざかっていく。

ただ、わかるはずも無い他人の温もりと、揺れる体だけが、ぼんやりとした意識の中で感じられた。



「殿……、貴方……皆の希望……です。殿……こそ■なない……下さ……」



ウェールズは完全に意識を失う瞬間、揺れる体と共に、誰かの呟くような願いを、耳にした。




***




「ルイズーーーーーーーッ!!」



サイトは目の前で起きたことが信じられずに叫ぶ。

ルイズは動かない。

ルイズは動かない。

ルイズは動かない。

サイトは体内全ての酸素を叫びで吐き出した後、口をそのまま大きく開いた状態で固まる。



───────一瞬、場が無音に包まれる。



カンッ!!

静寂を破ったのはサイトが背負う鞘に収まったままのデルフリンガーだった。

デルフリンガーは突如鞘から飛び出る。

サイトを羽交い絞めにしていたワルドの遍在体が、自身の胸の中で急に動いたインテリジェンスソードを訝しげに睨んだ。



『おお?おおお?あ、相棒?“奮わせ過ぎ”だ、おい!?相棒!?』



「──────っあ」



一呼吸、息を吸ってサイトはデルフを振り抜く。

そのまま返す刀でサイトを羽交い絞めにしていた遍在のワルドは掻き消えた。

「ほぅ?」

「ワ、ル、ドォォォォォォォォォォォ!!!!!!!」

サイトが跳ぶ、いや飛ぶ。

それはもはや跳躍ではなく飛行。

一足飛びで、早さも十分にサイトはワルドに肉薄する。

サイトから繰り出される斬撃をワルドは受け止め……そのまま力任せに壁に叩きつけられた。

「ぐはっ!?」

血反吐を吐く。

なんという馬鹿力。

鍔競り合いになどならない。

……予想以上だ。

「ああああああああ!!!」

尚もサイトはデルフを振りかぶる。

早く、無駄の無い押しの一手。

「ふっ!!」

ワルドは風を使ってできるだけ距離を取り、その振り下ろされるサイトの重い一撃を回避する。

すぐさま杖をサイトに向け、

「二発目、耐えられるか?」

雷がサイトを襲う。

回避は間に合わない。

今の自分の力量では桟橋の二の舞は目に見えている。

ならば!!

「頼む、デルフ!!なんとかしてくれ!!」

『うおっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああ!!!』

掛け声一閃。

構えられたデルフリンガーは、その刀身に雷を受けてそれを吸収する。

「何だと!?」

『ハッ、てめぇなんざのちゃちな魔法なんて俺様が全部喰らい尽くしてやるよ!!』

それが意外だったのか、ワルドはその場で呆然とし、サイトの接近を許す。



「てめぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」



サイトが懇親の力で横なぎにワルドをなぎ払う。

「がはっ!?」

再びワルドは壁に激突し、ぱらぱらと壁がひび割れ……壊れる。

辺りには砂埃が舞い、膝を付くワルドの黒い影だけがサイトの視界に入る。

「うおおおおおお!!!」

『おい!?相棒止せ!!“奮わせ過ぎだ!!”もっと周りをよく見ろ!!』

デルフがサイトを制止するが、それも虚しくサイトはトドメとばかりにワルドにデルフを突き刺した。

ぱらぱらと落ちる壁の破片。

舞い上がる砂埃と、黒い影。

そこに真っ直ぐ突き刺さるデルフリンガー。

「はぁ、はぁ、はぁ……」

サイトは息を切らしながら砂埃の影を睨む。

体中から玉のような汗をかき、息を乱しながら既に体力の限界だと疲れたような表情で、晴れていく砂埃の中、デルフが刺さったワルドを見て、



「満足、したかね」



背後からの声と共に横殴りの風に吹き飛ばされた。

『相棒!!』

デルフが叫ぶ。

カラン、とワルドに刺さっていたデルフは床に落ちた。

ワルドの“体が消えた”為に。

だから言ったのだ。

もう少し回りをよくを見ろと。

しかしデルフにもいつ彼が入れ替わったのかはわからなかった。

『てめぇ!?いつ、入れ替わりやがった!?』

そこには、横腹を押さえているワルドが立っていた。

口端からは血を垂らし、息もやや荒い。

「馬鹿力め、だが戦闘経験が未熟なおかげで助かった。砂埃が舞った瞬間、私は遍在を残して貴様らの背後に回ったのだ」

サイトは倒れたまま動かない。

いや動けない。

今のダメージはたいしたことは無い。

だが、サイトは先ほどからデルフに言われていた通り、心を“震わせ過ぎ”た。

彼はガンダールヴ。

主人の為に心を奮わせれば奮わせるほど強くなれる……がその分疲労も激しい。

最初からあれほどの戦いをするのは、戦うこと事態が素人のサイトにとっては自滅行為にも近かった。

「フ、どうやらガス欠のようだなガンダールヴ。私の勝ちだ」

コツコツとワルドはゆっくり倒れているサイトに近づく。

「貴様の心臓の音もすぐに止めてやろう、私は耳が良すぎる故に心拍音が嫌いでね。今も聞こえている貴様のその音を消してたくて仕方が無い」

クックックッとワルドは嗤い、一歩二歩とサイトに近づきながら不快な心拍音を耳にする。

ドクンドクンと波打つ彼の心拍。

全くもって耳障りな音────ドクンドク「ドクン」ンドクン────が聞こえ……?

「!?」

何だ今の“別の心拍”は?

ワルドは咄嗟に後ろを振り向く。

そこには何も無い。

本当に“何も”無い。

あるべきものが“無い”

再びサイトを見ると、後ろに“あるべきもの”がサイトを膝枕していた。



「サイト……」



高い、ソプラノ調の声。

「ルイ、ズ……?良かった、生きて……たのか」

サイトは安心したように笑って、ぐっと苦しげな表情になる。

先ほど吹き飛ばされた際、胸を強く打ったようで息苦しそうだ。

そんなサイトに、ルイズは優しく頬を撫でて……瞳に涙を浮かべた。

「ごめんなさいサイト。貴方がくれた“金のブレスレット”が壊れちゃった……折角、サイトがくれたものなのに……」

ルイズは心底すまなそうに謝る。

彼女にとって、サイトからもらったものは自らの命よりも重い。

それが“壊されて”しまった。

ワルドは、サイトとルイズの二人……とりわけルイズを驚愕の眼差しで見つめていた。

確かに一度心拍は停止したはずだ。

まるでワルドがいることなど意に介さないようなルイズとサイトの会話を聞き流しながら、ワルドは言いようの無い焦りを覚える。

こうして生きているのは何か、何か理由があるはずだ、と。

と、よく見ればルイズはうっすらと黄金色の光を纏っていた。

なんだあれは、そう思ってから彼女達の台詞を唐突に思い出す。

金のブレスレットが壊れた、と。

ワルドは再び先ほどルイズが倒れた辺りを見やる。

壊れた金のブレスレットの残骸が淡い金色を放っていて……消えた。

その光は今ルイズを纏っているものと同じで、しかし、光が消えた残骸は既に灰色のただの鉄くずに見える。



「あれは……まさか……!?」



ワルドは聞いたことがあった。

先住魔法をかけられた、一見ではただのアクセサリーとなんら変わらないマジックアイテムがあることを。

死ぬほどのダメージを受けて尚、たった一度だけその身代わりになってくれるマジックアイテムがあることを。

それは、作ったものにしか真贋を見極める事は出来ないというほど精巧だという。

サイトは自分が贈ったものがそうなのか知らない。

ルイズも自分が貰ったものがそうなのか知らない。

ワルドでさえ、それが本物であるか知る術は無い。

だが現に、ルイズはこうして蘇っている。

ルイズは優しくサイトを撫で、サイトが意識を失うのを確認すると、“何も映さない虚無の瞳”でワルドを見据える。

「な……!?」

ワルドは、知らず後ずさった。



「……してくれるの、どうしてくれるのよ、私の命よりも大事なサイトからもらったブレスレット……」



ルイズが重く、呪うような声でワルドにそう言った瞬間、



ドンッ!!



「あがっ!?あがががががっがが!?」



ワルドの左腕は弾け飛んでいた。

ルイズの手には杖がある。

「な、あ、うぐぐああああ……」

ボタボタと流れてはいけない量の真っ赤な血が床に滴っていく。

辺りはあっという間に鉄臭くなるが、そんなことより。



「ねぇ、どうしてくれるの?私のサイトからもらったブレスレット」



生命維持に支障をきたすほどの出血になりそうだが、そんなことより。



「ああ、サイト。こんなに汗を流して傷だらけになっているなんて……可哀想なサイト」



このまま急いで応急処置をしてモットと合流すれば最悪の事態は免れるだろうが、そんなことより。



「ああ、サイト、私は貴方がいればそれでいいの。それなのに……」



虚無の瞳のまま、仮面も付けずに能面のような表情でルイズはワルドを見つめる。



「ほんと、どうしてくれるの?」



ワルドは既に、生きている心地がしないのは、何故だろうか。



[13978] 第五十話【消毒】
Name: YY◆90a32a80 ID:870f574a
Date: 2010/06/17 23:12
第五十話【消毒】


「すみ、ません……自分は、……殿下の護衛……ここまで……ようです……でんか、は……いきてくだ……い」

ガクリ、と見たくもなく首が垂れ下がる彼の最後を看取る。

体は血だらけでズタボロだった。

「……すまない、すまない……!!」

ウェールズは涙を流しながら動かなくなった同士に謝る。

自分は、彼に背負われてこの新緑深い森へと逃がされたらしい。

しばらくそうしていたウェールズだが、そろそろ何とか立ち上がろうと思い、木に体重を預けながら四肢に力を込める。

一瞬腹部に痛みを感じてガクンと膝を折るが、グッと口内の血の塊を飲み込んで耐えて立ち上がる。

「ハハ、そう言えば腹に穴が開いてるんだった……」

大樹に背を預け、忌々しそうに腹部を見やる。

そこは何かの布があてがわれていたが、既に赤黒い染みが出来ていて、恐らく自分もこのままでは助かるまいと直感した。

しかし、

「……忠誠には、報いるところが無ければ……」

ウェールズは、かつて“彼女に説いたことのある言葉”、代々受け継がれてきた王族としての在り方を口にして杖を振る。

「げほっげほっ!!」

びしゃり、と血を吐き出し、体中を駆けめぐる痛みを伴いながら彼は不慣れな魔法を行使した。

「“土系統”は苦手なんだが……穴を掘るならやはり“錬金”か」

ウェールズは大樹の前に、人が一人入れるほどの大穴を開けると、自身を引きずるように叱咤して動き、彼を穴へと入れる。

通常なら、この程度の動作はすぐに終わるだろうが、体中ガタが来ているこのままではそうもいかない。

たっぷりと時間をかけ、最後に体全体を土で覆って、彼が持っていた剣を墓石代わりに突き刺した。

「これで、君は死して尚貴族派の連中に辱められる事は無いだろう。安らかにアルビオンの土に還ってくれ」

アルビオンは浮遊大陸だ。

故に有限大陸である意識はハルケギニア中最も強い。

だからだろうか。

死して尚、大陸の一部になれることは、一種、誉れにも似た慣習があった。

ウェールズはしばしその剣を眺めると、踵を返した。

ここは何処だろうか。

あれから戦局はどうなったであろう。

おめおめと自分は生きていていいのか?

いや、どうせこのままでは自分も果てる。

頭にはグジャグジャとした纏められない感情が渦を巻き、宛もなく足は彷徨い続ける。

がそれも長くは続かない。

「ガハッ……」

膝を折って倒れる。

だいたい、腹部を貫かれてそう長く生きていられようはずもない。

「みんな……ブリミルの御許での再会はそう遠くなさそうだ……」

すまない。

既に出ない声で呟いた彼が最後、ゆっくりと瞼を閉じる瞬間、



息を飲むような声と、見目麗しい“耳の尖った妖精”が驚いた表情でそこに居るのを見た気がした。




***




『どうしてくれるの?』



そう言われたその言葉は、その瞳は、ワルドに恐怖を植え付ける。

相手はまだ自分の半分とちょっとしか生きていない小娘だというのに、震えが止まらない。

顔色が悪いのが自覚できる。

それは決して出血のせいだけでは無いだろう。



「なぁにワルド?足が震えているわよ?」



妙に優しげな声と、『ドォン!!』というそれに不釣合いな爆発音。

次の瞬間にはワルドは地に付していた。

「!?」

「ほら、これでもう震えなくて済むわね?だからちゃんと答えて。ねぇどうしてくれるの?」

「あ、ああ、あああああああ!?」

ワルドの右足は既に無かった。

綺麗さっぱり、震えていた足は、震えるなら無くなればいいというように硝煙だけ残して何処にも見当たらなかった。

「うるさい、余計な声は上げないで、貴方の声、不快よ」

また爆発音。

それはワルドに当たらず、ワルド顔の至近距離で爆発した。

パクパクとワルドは口を開きつつも声を上げない。

とりわけ、ルイズ版サイレントとでもいおうか。

ワルドは静かにすることを強要され、

「ブレスレット……どうしてくれるの?」

答えを要求される。

「わ、わかった!!私が謝る!!この通りだ!!金色のブレスレットが欲しいならもっと高級なものを私が買おう!!だから「うるさい」……っ!!」

ルイズの何も映さない真っ黒なその瞳が、吸い込まれそうな闇が真っ直ぐワルドを射抜く。

「謝る?もしかしてまさか、貴方この期に及んで謝れば許されるなんて思ってるの?自分が新しいの買えば済むと?そんなものには何の価値も無いのに?」

ドンッ!

再び爆発。

「あがぁぁぁぁ!?」

ワルドは下腹部に例えようの無い痛みを感じる。

この瞬間、彼は“男”として生きていく機能を奪われた。

いっそもう殺せ、といいたくなるほど、それは辛く、痛いなんてものじゃないほどの激痛。

だがルイズは動じない。

だいたい、今ワルドが失ったものなど、世界中でサイトが保有していればそれだけで問題無いのだ。

「うががががぁあああああ!!!」

ワルドは痛がり、少しでもそれを緩和しようとして杖を振ろうとし、先程杖ごと腕を吹き飛ばされたことが思い出された。

「杖、杖ぇ!!」

ワルドは這って自分の腕が吹き飛んだ場所へ向かい、杖剣を視界に納めて『ドォン!!』杖剣が爆破されるのを見た。

「はぁ、全く持って不快よワルド、貴方の声が不快」

正確には、ルイズはサイトから発せられる音以外全てを不快に感じる。

「貴方と同じ空気を吸ってること事態不快」

正確には、ルイズはサイトのもの以外のものが混じった空気を吸うのを不快に感じる。

「貴方の存在自体が不快」

正確には、ルイズはサイト以外のものは全て不快に感じる。

サイトが居ればすべからく良く、その他のものは一切受け付けない。

「なのに貴方はあろうことかサイトを傷つけた、それも二回も!!」

爆発が、ワルドの左足をバラバラにし、彼は歩行機能を完全に奪われる。

「私はサイトのものなのに、貴方は私に口付けた!!」

爆発が、ワルドの右腕を吹き飛ばし、彼は手腕機能を完全に奪われる。

「ワルド、貴方はしてはいけないことをいくつもしたわ。だから……」

ルイズは杖を高く掲げ、何も映さない虚無の瞳でワルドを見つめ、



──────せめて、ブレスレットと同じようにバラバラになりなさい──────



大爆発が、廊下に木霊した。




***




「う……」

サイトは目を覚ました。

辺りは凄い爆発があったのか、酷くボロボロだ。

上手く働かない思考で、上半身を起こして視線を回すと、やや離れたところに桃色の髪が視界に入る。

ルイズだ、そうだ、彼女は無事だったんだ!!

サイトはルイズに近づき、

「っ!?お前、何やってるんだ!!」

驚いてルイズの腕を掴む。

「サイト……気が付いたの?」

ルイズはぱあっと明るくなるが、サイトは心中穏やかではいられない。

彼女は剣を持っていた。

恐らく壁に斧とクロスして飾ってあるものからでも拝借してきたのだろう。

問題は彼女がそれを自分の顔に当てようとしていたことである。

「馬鹿!!何やろうとしてんだ!?」

「だってサイト、私汚されちゃった、ワルドに汚されちゃった……サイト以外の人に唇に触れられた……とっても気持ち悪いし許せないから……こんな唇切り落とそうかと……」

ポツリポツリ話すルイズに、サイトはさぁっと顔が青くなった。

いろいろあって上手く頭が働かない。

そういやそのワルドの姿も見えないがそんなことより。

今ルイズは唇を切り落とすといった。

よくわからないが、ルイズは自分で自分が許せないのだろうか。

起きたばかりのせいか上手く思考が働かない。

今わかるのはこのままではルイズがとんでもなく危ないことをしようとしているということだけ。

唇を切り落とす?馬鹿野郎!!

サイトは掴んでいたルイズの腕を強く引くと……そのままルイズに強引に口付けた。

「んっ!?」

ルイズは目を見開き、次いでぽけーっと幸せそうな瞳になる。

初めての……自分から望まず“サイトから”の口付けだった。

ああ、不快感が一瞬にして消えていく。

サイト……ああ、サイト。

ゆっくりと唇が離されるが、



「……もっと、サイト」



後頭部を抱くようにしてルイズはサイトを引き寄せ、再び交差する。

……サイト、もっと私を“消毒”して。

貴方で、“浄化”して。




***




誰にも見えず、聞こえる事の無い、決まっていたレールという名の歯車がズレによってどんどんと動きを止めていく。

予定調和は崩れ、決まっていた動きが、どんどんと乖離していく。

居るはずの人間が居なくなる事で、それはさらに加速度的に増し……、




***




「あ……」

目を覚ました。

「ここは……?」

見知らぬ天井。

どうやら自分はベッドの上にいるらしい。

体中には手当てされたのか、包帯がいくつも巻かれていて、どうやら死の危険は去ったようだった。

ウェールズは上半身を起こしてきょろきょろと辺りを見回し、ここが恐らくは小さな民家であることを認識する。

「あ、目が覚めた?」

そこに、妖精が現れた。

「君は……」

いや、正確にはそれは意識を失う寸前に見た、妖精だと思った長い金砂の髪に緑のワンピースを纏う少女だった。

「えと、大丈、夫?」

不安げな表情で少女はウェールズを見つめる。

彼女の不安は体を揺らし、その信じられぬほど大きい首下の双丘をもポヨンポヨン揺らす。

(アンリエッタよりも大きいな……って何を考えてるんだ僕は!!……ん?)

ウェールズはついはしたない事を考えてしまった事を恥じるのと同時、彼女の容姿で一点気になることを見つけた。

「エルフ……?」

「あ……?」

少女は慌てて耳を隠し、何処かへと行ってしまう。

ウェールズは追おうか少し迷い、止めた。

ボフッとベッドに横になる。

考える時間が、今は欲しかった。



「僕は、生き残ってしまったのか……」




***




居ないはずの人間が居る事で、音無き音を立てて、誰にも見えない歯車は完全に崩れ落ちる。

サラサラサラサラと砂のように“無くなって”いく。

今日この日この時、誰も知る余地のない決まっていた運命という名のレールは、その“先”ごと消えて無くなった。




***




“それ”は突然に現れる。

「?」

合流ポイント。

そこでフーケはモットと二人、何をするでもなく待っていた。

もっとも、もう少し待って誰も来なければ自分はまた自由に動くつもりだったが。

そんな時、ドクンと左足が痛んだ。

次の瞬間……、

「え?」

左足が弾け飛ぶ。

一体何が!?

意味がわからない。

無い足に……股下に激痛が奔る。

「ああ?あああああああ!?」

モットが驚いた様子で、しかしすぐに杖を振るい治療を施し始めた。

フーケは薄れ行く意識の中、この足は確か、“奇跡的にヴァリエールの小娘の攻撃から免れた足”だという事を思い出していた。



時を同じくして、トリステイン魔法学院の風メイジの少年が、体全体に奔る痛みを訴えていた。




***




「なんていうか声、かけづらいわね」

キュルケはその燃えるような後ろ頭を掻きながら、戸惑っていた。

あちこち飛び回って、フネが襲われ、そのフネがニューカッスルの城に向かったと聞いて助けに来て見れば、二人はこの緊迫した中、唇を交し合っていたのだから。

どうしたもんか、そう思ってタバサを見ると、タバサは辺りを見回し難しい顔をしていた。

「どうしたの、タバサ」

「……鉄……血の匂いがする」

少し考え込むタバサだったが、

「タバサ、考えるのは後にしましょ、とにかく今は二人を連れて脱出よ」

キュルケの声にハッとなったタバサは、こくりと頷いてキュルケの背を追う。



桃色の少女の機嫌が、急降下したことは言うまでも無い。



[13978] 第五十一話【男色】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/06/18 23:11
第五十一話【男色】


「……ウェールズ様」



アンリエッタは闇夜に浮かぶ月を眺めながら涙を流した。

数日前、ルイズが使い魔の少年と共に城を訪れ、回収してきた手紙を渡してくれた。

これでトリステインとゲルマニアの同盟を破断させる道具は無くなった。

王女として、これは大変喜ばしいことである。

だが、彼女の心は悲嘆にくれていた。

彼には出来るなら亡命して欲しかった。

生きていて欲しかった。

共に傍に居て欲しかった。

ルイズの話によると、彼は戦の最前線に立ち、恐らくは父王に殉じたであろうということだった。

実際に遺体を見たわけでも、死んでいると公表があったわけでも無い。

だが、現に王党派は敗れ、神聖アルビオン共和国なる国を立ち上げたという噂は既に広まってきていた。



「貴族派の連合……レコン・キスタ」



小さく呟いた声が、嫌に大きく脳内で反響する。

どうやら護衛として出したワルド子爵も、その一員だったらしい。

ルイズにはいろんな意味で悪いことをしたと思う。

最後、異様に使い魔の少年と仲良さそうにくっついていたのは、傷心の身としては若干苛ついたが。

だが、我がトリステインにも裏切り者がいるとわかった以上、そして、その者達がウェールズを間接的にでも“殺した”事実がある以上このままではいけない。

本当は生きていると信じていたい。

だが、現実はいつも非常である。

だから、まずは身内のオトシマエから付けなければ。



「そう、私のウェールズ様を殺した人間に……私からウェールズ様を奪った奴等に……罰を与えないと」



トリステインの王女、アンリエッタ。

闇夜に照らされるその顔は端正で美しく、シャープで無駄が無い。

肌は白く、頬も弱い赤みが差す程度の非のうちどころの無い“整いすぎた”その顔にはしかし、一点、アンバランスな点があった。

それは突出した胸の膨らみなどでは無く、白いドレスを纏い、白い肌をした全身白と言って差し支えない中にある一点の黒。

光の輝きを一切宿さぬ、漆黒の……瞳。

月夜に浮かぶ月の光すら反射されず、ただ闇色に染まるのみ。

何ものも映さない真っ黒な“虚無の瞳”が、そこにはあった。




***




「サイト、おはよう。ねぇ……お願い」

「お、おはよう……わ、わかったよ」

挨拶をしてから……二人の影が交差する。

おはようのキス。

サイトですら半ば忘れていたそんな行事を、ルイズはきちんと覚えていた。

それどころか今までにしなかった分の取立を行うかのように、時々ルイズはサイトにおねだりをしてきていた。

モンモランシーの件があってルイズが退行してしまって以来、その習慣事態無くなったものと思っていたのだが、ルイズは記憶が鮮明でちゃっかりしなかった回数まで覚えているらしい。

正確には夜、一緒に寝る為の契約更新を兼ねたおやすみのキスの約束なのだが、それが残回数分を昇華するためにこうやって朝にも度々求められる。

サイトは半ば、まるで借金の取り立てに負われるような心持ちでいたがしかし、それを無碍にすることも出来ない。

何せルイズとは“契約”してしまっている以上、約束不履行はこちらなのだ。

不幸中の幸いなのは、ルイズが一括で今すぐ不履行分を求めて来なかったことくらいである。

いや、考えようによってはそれは逆にサイトにとって不利なのだが、彼はそこに今の所思い至っていない。

それに、サイトは帰って来た日の晩、ルイズがとんでもない行動に出ようとした事に少しの負い目と……不謹慎な喜びを感じていた。

それが、ルイズの猛攻を最近のサイトがそんなに嫌がらない理由でもあった。

実はルイズはその晩、おもむろにデルフリンガーを掲げると自らの背中を切りつけようとしたのだ。

アルビオンでのことといい、ルイズに自傷癖でも付いてしまったのかと心配になったサイトだが、彼女は事もあろうに、



『もうサイトに嫌われたくない。昔の自分とはいえあんな事を言ったのも許せない。だからサイトとお揃いの傷を付けようと思って』



と言い出したのだ。

サイトは愕然とした。

自分のことばっかりで、今のルイズのことを全然考えていなかった。

自分だって幼い頃は結構いろいろ残酷だったんじゃないか?

そう思い返せば返すほど、自分がルイズにとった行動が恥ずかしくなり、ルイズが取った行動に責任を感じるまでになった。

同時に、ルイズがそこまで自分のことを考えてくれている事にサイトは小さくない喜びを感じた。

サイトはルイズからデルフリンガーを奪うと、彼女を抱きしめて誠心誠意謝った。

今できることはそれくらいだった。

デルフもサイトの事を思ってか、

『それぐらいでいいじゃねぇか娘っ子』

とサイトをフォローしてくれた。

次の日、何故かデルフがカタカタと震えたまま殆ど喋らなかったのはサイトにとって謎だったが。

だが、その晩以降、サイトは危惧していたルイズとの距離を取り戻していた。

いやむしろ近づいたと思っている。

ルイズも笑顔が絶えなくなったし、デルフとも仲が良いのか最近のデルフはルイズ全肯定だ。

……知らないということは時に幸せである。

とにかく、サイトには全てが万事上手く行っているように思えた。

戦争なんて自分とは無縁だと思っていたものに関わったせいもあるのだろう。

この“平和”を心から楽しんでいた。

サイトは朝のルイズの着替えを手伝うと二人で一緒に食堂に向かう。

半ば忘れていた恒例の行事、朝食前のお祈りの為にルイズは渋々と……本当に渋々と一人でアルヴィーズの食堂に入っていった。

何度かルイズはサイトにもう一度普通に中で食事しないか誘ったのだが、サイトはそれを全てやんわりと断った。

自分もそうだが、ルイズにも多大な迷惑をかけることがこの世界でいろいろ見聞きするようになってわかってきたからである。

ルイズもサイトが自分の為を思っての行動だとわかっているからなのか、強くは出ないし“残回数”との交換取引もしなかった。

ただ、もの凄く名残惜しそうな顔で何度も振り返りながら食堂に入っていくのは勘弁願いたいと思うサイトだった。

ルイズがようやく席についた事を確認し、やや入り口から離れてサイトはルイズが料理を持ってくるのを壁に背を預けながら待つ。

そんな時、

「やぁサイト、おはよう」

聞き知った声で、挨拶をしてくる少年がいた。




***




ルイズは先程サイトに向けて絶やさなかった笑顔とは一転、イライラしていた。

(……ブリミルなんて大っ嫌い)

毎朝毎朝、こうやって決まってサイトと引き離されるのである。

全く、何がブリミルだ、サイトと引き離す信仰対象など糞食らえだ。

ロマリアの民が聞いたら卒倒、異端審問にかけられかねないような反ブルミル精神で内心悪態を吐く。

ああ早く唱和を済ませてサイトの元に戻りたい。

サイトがいないこの空間はもはや瘴気だ、毒そのものである。

早くサイトの傍へ言って消毒、浄化してもらいたい。

そんな事を思いながら時が早く経つことを願うルイズを、そっと見つめる小さな双眸があった。

「………………」

それはタバサだった。

タバサはニューカッスル城での出来事を不信に思っていた。

あの鉄の……血の匂い。

『そりゃあそうでしょうよ、外じゃあ殺し合いをやってたんだから』

キュルケはそう言って気にしなかった。

確かに王党派と貴族派の激突は特に凄まじいものがあった。

彼らの戦闘で飛び火した匂いだと取れないことも無い。

だが、

(……違う、あの匂い……あの焼けたような匂いはフーケの時と同じ……!?)

匂、い……?

タバサは急に考え出した。

あの時、匂いなんて感じただろうか。

確かにあの時の匂いはとフーケの時の匂いは同じような認識がある。

だが偽者の足ならば、匂いまで精巧に似せられるものだろうか?

あの時の自分なら、それぐらい冷静に考えられたはずだ。

だがおかしい。

どうにも記憶が曖昧で、“あの時”の事を思い出せない。

今までどんなこともそう忘れなかった筈の自分の記憶が曖昧になったことに若干狼狽えるが、丁度朝の唱和が始まりだした。

タバサは思考を切り替える。

これからは別の戦場……ご飯の時間だ。

……じゅるり。

ルイズとは違った意味で、早く唱和が終わって欲しいと思う。

もう、先程何を考えていたのかは覚えていなかった。




***




「おぅギーシュ、おはよう、寝坊か?」

「ハハハ、いや“朝からちょっといい汗を流した”のさ。おかげで朝食にはこの通り遅れてしまったようだけどね」

ギーシュは照れたように笑い、そういえば、と思い出したように、

「例の“一緒に街まで行く件”、どうなったんだい?」

「あ~それかぁ」

サイトは頭をかき、う~んと唸る。

「ルイズのガードが硬いんだよなぁ、中々一人になれなくてさ。まぁ嫌じゃないんだけど……言い出そうにも何か言い出し難いんだよなぁ……かといってついてこられても困るし」

「そうか。だがまぁ行くなら早めに行ってくれよ?僕にも予定があるし、最近は何かと物騒だから“トリスタニアの出入り”も厳しくなってるかもしれない」

「おうわかった、悪いな」

「いいさ、君と僕の仲じゃないか」

微笑ましい少年同士のちょっとした密談。

それを……、




「………………」




金の髪をいくつもロールした少女が盗み見ていた。




***




唱和が済んで、ルイズはいつも通り慌てて皿に料理を乗せると外へと急ぐ。

厨房でコックに混じって食べようかと思ったこともあったが、あそこはダメだ。

“泥棒猫”がいるので危険すぎる。

結局ルイズは食事は殆どこのスタイルを維持していて、フラストレーションが溜まっていた。

と、外に出ようとしたとき、それをルイズは金の髪をいくつもロールした少女、モンモランシーに阻まれた。

「ちょっとルイズ、話があるんだけど」

「……モンモランシー、よくもぬけぬけと私の前に一人で姿を見せられたわね?」

ルイズの纏う空気が一気に凍る。

彼女は忘れていない。

彼女の作った香水のせいでサイトとしばらく隔たりがあったことを。

「それは貴方のせいでしょう?私は止めたわ」

「言いたい事はそれだけ?」

「話があるのよ、貴方の使い魔、サイトのことで」

「!!」

不快である。

他の女が彼の名前を呼ぶこと事態不快である。

この女、まさかサイトに気があるの!?

ルイズの瞳からどんどん光が消えていき、

「貴方の使い魔とギーシュ、仲が良すぎると思わない?」

ピタリ。

ルイズの動きが止まる。

「私、聞いちゃったのよ」

「何、を……?」

ルイズはかねてから思っていたことを突かれ、つい話に耳を傾けた。

「貴方の使い魔とギーシュ、貴方に内緒でトリスタニアに一緒に行く計画を立てているようよ」

「な、なんですって……!!」

メーデーメーデー。

恐れていた事態発生。

サイトが……取られてしまう!?

「それにね、今朝私ずっとギーシュをつけてたんだけど」

何故、とは聞かない。

そこにルイズの興味は無いからだ。

「ギーシュったら朝からマリコルヌと会って、なにやら戦いだして……遠くからだったからよく話は聞こえなかったけど最後にギーシュはこう言ったの。『今の君なら、誰だって惚れると思うよ』って」

「ほ、惚れる……?」

「私、思うんだけどね……」

モンモランシーは震えてる。

ルイズはモンモランシーが言おうとしている事に心当たりがあるのか、顔を青くする。

まるで、認めたくない、そんなわけない、と自分に言い聞かせているようだ。



「私、思うんだけどギーシュってもしかしたら、“男色”のケがあるんじゃないかって」



ルイズの刻が止まる。



緊急事態発生。



サイトが、サイトの貞操が危ない!?



[13978] 第五十二話【聖人】
Name: YY◆90a32a80 ID:33892c33
Date: 2010/06/20 13:58
第五十二話【聖人】


時間は少し巻き戻る。



早朝。

ギーシュはアウストリの広場で一人、ワルキューレを無造作に大量生産していた。

「はぁ……はぁ……」

膝に手を置いて顎下の汗を拭う。

彼によって生み出された青銅の女戦士は十体。

彼の最大数量を超える数ではあるのだが……、

「やっぱりダメだ、数だけ増やしても“中身”が伴わないんじゃ意味がない。やっぱり使うなら七体が今の限界か」

ギーシュはこうやって度々自分の限界を試し、新たな可能性を模索する。

「いや、でもがんばれば八体はいけるかもしれない。やっぱり精神力の総量を増やすことから考えないと」

彼の扱う魔法はドットスペルである。

だが、彼はワルドとの決闘によって何かを掴みかけていた。

ワルキューレにさらに一体分の練金を加えて二体分のワルキューレと為した。

同時に使用したわけではないが、だが“出来なさそう”では無かった。

もしそれが可能なら、自分は次のステップ……ラインへと上がれるだろう。

ラインへ上がったなら、練金での消費精神力も格段に減る。

「だが、まずはやはり総量だ」

それでも、元が少なければ所詮すぐにスッカラカンになる。

戦法を頭で考えるだけでなく、やはり魔法技術の向上もしなければならない。

ギーシュは、ラ・ロシェールでの戦いで、最後は精神力不足で結果的にお荷物だったことに悔しさを感じていた。

実際は、彼の立てた作戦ありきの戦いだったのだが、ギーシュはそうは思わない。

やはり自分はもっと鍛えるべきだと、自身の不甲斐なさを悔いていたのだ。

そんな時、一人でいるギーシュの元に、ふくよかなお腹を隠すことなく、真面目な顔をしたマリコルヌが近づいてきた。

「ギーシュ」

「?やぁマリコルヌ、おはよう。珍しく早いじゃないか」

マリコルヌが来たところで今日の特訓はお開きにした。

他人に努力を見せるのは……好きじゃない。

「朝から魔法の特訓か?」

「まぁ、似たようなものだね。君こそどうしたんだい?こんなに朝早くから起きてくるなんて珍しいじゃないか」

だからギーシュは小さく笑って誤魔化した。

するとマリコルヌもそれ以上それには触れずに、

「君に聞きたいことがある」

普段のマリコルヌらしくない、真面目な声色で真っ直ぐに見つめらた。

「なんだい?」

こんなマリコルヌを見るのは初めてだった。

だからギーシュも出来るだけ真面目に話を聞くことにした……のだが。

「君は……本当に一年生のケティを愛しているのか?」

「へ……?」

ポカン、とする。

まさかマリコルヌから色恋の話が出るとは夢にも思っていなかったからだ。

「答えろ、君は本当にケティだけを見るつもりがあるのか?」

「ちょ、ちょっと待ってくれ!!何で君にそんなことを聞かれなきゃ……ましてや言わなければならないんだい?」

ギーシュは慌てる。

マリコルヌの目は全く笑っていなかったからだ。

そういえば、ラ・ロシェールでマリコルヌは自分に変な顔で睨み付けてきたことを思い出す。

「いいから答えろ!!お前はケティに言ったそうじゃないか、君の作るお菓子を毎日でも食べたい、これからずっと自分の為に作って欲しい、みたいなことを!!それってほとんど告白だろう!?」

「う……否定はしないが」

「じゃあ!!何でお前はあれからずっとモンモランシーとべったりなんだ!!」

マリコルヌは興奮してきたのか、口調が“君”から“お前”になり、段々と声が大きくなっていく。

そう、ギーシュは戻ってきて以来、モンモランシーと共に多くの時間を過ごしていた。

「それは……」

説明しようとして、やめる。

自分でも上手く説明できなかったからだ。

ただラ・ロシェールでのモンモランシーの豹変が気になっていた。

聞けば自分の為に用意していた“何か”を台無しにされて我を忘れたのだという。

その話を聞いた時、ギーシュは自分を責めた。

一歩間違えばモンモンランシーは大怪我……最悪死んでいた可能性だってあるのだ。

“何か”は結局なんなのか聞けなかったが、彼女の話を聞いていると、どうしてもそれは自分のせいだと感じてしまっていた。

だから、彼は彼女へのお詫びも兼ねてここしばらく彼女と大半を過ごしていたのだ。

「ケティが寂しがっていた。お前はもう自分が好きじゃないんじゃないかって」

「ケティが?」

いや、ケティには以前トリスタニアで盛大にぶたれて頬に紅葉マークを作ってから疎遠になっていたと思っていたのだが。

と、あの頃あった“英雄伝説”があっという間に“笑い者伝説”になってしまった事を思い出してギーシュは内心軽くへこむ。

だがマリコルヌは尚も真剣に、ギーシュへと詰め寄った。

「そうだ、ケティはお前をずっと見ていたんだぞ!!」

それは意外……というより寝耳に水な話である。

ギーシュのそんな考えが顔に出たのだろう。

マリコルヌはギーシュに掴みかかった。

「お前!!」

何でこんな奴が!!

マリコルヌには許せなかった。

ケティという少女に好かれながらも他の女とイチャイチャしてヘラヘラしているように見えるこの男が。

マリコルヌは、実は見た目と違ってそんなに鈍くない。

彼はすぐにケティが自分ではなくギーシュを見ている事に気付いた。

だが、彼女のギーシュの事を話す時の顔は可愛く輝いていて、彼はルイズの時とは違った胸の痛みを生んだ。

悔しい。

何故そこで出てくる名前が自分では無いのかと。

最近ようやくケティに名前を覚えて貰ったマリコルヌは富にそう思う。

だが、彼は良くも悪くも彼女の事を好きになりすぎた。

彼女の幸せを一番に願い、それを自分が叶えられないのならばせめて助けようと、そう思えるほどになっていた。

自分でも、ルイズに嫌がらせをしていた頃の事を思えば、驚くほどの心の成長だと思う。

だが、人は急に大人にはなれない。

彼はギーシュの態度を見て、自分でも知らないうちに押さえつけていた思いが堰を切ったように溢れ出してきた。

「言え!!僕に約束しろ!!ケティを幸せにすると!!」

襟元を掴んでマリコルヌはギーシュをガクガクと揺らす。

いつも暴力的なことは好まないマリコルヌが見せた、意外な一面だった。

だが、ただやられるがままだったギーシュは、力任せにマリコルヌの拘束から逃れた。

その瞳には怒りを携えて。

「何で人に頼る!?何で自分でどうにかしようとしない!?」

今度はギーシュがマリコルヌに迫る。

しかしマリコルヌも引かずにギーシュに再び詰め寄り、取っ組み合いになる。

「僕だって、僕だって聖人君子じゃないんだ!!」

ギーシュは胸につかえていた何かを吐き出すようにして言い続ける。

「僕だって何でも我慢できるわけじゃないし、一人だけの女の子といたいって思う!!でも、寂しそうな子がいたら助けたいじゃないか!!」

「じゃあお前はケティが寂しそうだったからそんなことを言ったって言うのか?ふざけるな!!彼女の気持ちはどうなる!!」

マリコルヌはその右手をぎゅっと握るとギーシュの頬を打つ。

「っ!!この!!」

ギーシュもそれにやり返した。

「僕だってなぁ、何でも思い通りじゃないんだ!!精神力はすぐに切れて魔法が使えないし、元帥の息子ってだけで女の子達はそういう目で見てくる!!四男だから上の兄弟とも比べられる!!僕だって精一杯やってるんだ!!」

「うるさい!!お前なんて格好良い顔で生まれただけ良いじゃないか!!僕を見ろ!!こんなんじゃ女の子に見向きもされない!!そんな僕にかまってくれた彼女の幸せを願うのは当然だろ!!」

殴って殴られてを繰り返す。

だがお互い無意識に弁えてるのか、最初の一撃以外はボディにしか叩き込まなかった。

「幸せを願うなら君が幸せにしろよ!!」

「ケティはお前がいいんだ!!」

「なら自分に振り向かせろ!!」

「っ!!お前に何がわかる!!楽しそうに僕にお前の事を話す彼女の顔を見たことがあるか!?」

二人とも渾身のストレートをお互いの鳩尾に当てて、ぐっとその場に膝をつく。

ギーシュはまだやる気のマリコルヌを見て、ふっと笑った。

それに、マリコルヌは訝しそうな顔をする。

「すまない。僕もまだまだだ。つい、この前の自分の不甲斐なさから君に八つ当たりをしてしまった」

八つ当たり。

それを言うならこちらも同じだ、とマリコルヌも段々と冷静になってくる。

本当はケティをもっと見てやって欲しいとお願いするだけのつもりだったのだ。

「だけど、今の君を見ていて、いろいろ吐きだして、スッキリしたよ。ありがとうマリコルヌ」

「いや、僕こそすまない」

マリコルヌも頭を冷やし、ギーシュに謝罪した。

「君の言うとおり、僕はケティに責任をとらなくちゃいけないのかもしれない」

ビクリとマリコルヌは肩を震わせる。

「だから僕はケティにごめんと謝るよ、君とは付き合えないとね」

「な!?」

それでは困る、とマリコルヌは懇願するような目でギーシュを見るが、

「僕はね、しばらく一緒にいて、彼女が、モンモランシーが僕のためにつくった物を失ってああまで取り乱した事を知って……彼女の支えになりたいと思っているんだ。だから、僕はケティとは付き合えない」

ギーシュにきっぱりとそう言われてしまう。

「ケティにはお前が必要なんだよギーシュ」

「ケティには、君のような人の方が必要なんじゃないのかい?」

「僕じゃダメさ、僕なんかじゃ……「マリコルヌ」」

マリコルヌが視線を俯かせると、ギーシュは彼の肩を叩いて、

「自信を持ちなよマリコルヌ。今の君なら、誰だって惚れると思うよ」

そう笑ってその場を後にする。

「僕は……僕は……!!」

君たち二人をくっつけることを諦めないからな。

言葉には出さずにマリコルヌは去っていくギーシュの背中を見ながら決意する。

ケティのためになら自分の心など消してしまおうと。

この時、ギーシュもマリコルヌも気付かなかった。

二人のやり取りを見ている少女が居たことなど。

それにマリコルヌはそんなことを考える余裕さえ無かった。

「あら?マリコルヌ様、おはようございます」

ブラウンのマントにブラウンの髪。

ケティ・ド・ラ・ロッタ、その人がたまたま通りかかった為である。

「ケ、ケティ?おはよう!!」

マリコルヌは立ち上がるとパンパンと体の汚れを落とす。

「あら?顔にお怪我が……」

ケティはハンカチを取り出すと、手に持っていたバスケットからビンを取り出してその液体でハンカチを湿らせ、水ですから、と笑ってマリコルヌの頬にそれを当てた。

「だ、大丈夫だよ、これぐらい。気にしないでくれ」

マリコルヌは慌ててケティを止める。

「そうですか……?あ、そうだ。新作のお菓子が出来たんですの。ギーシュ様に気に入ってもらえるか、まずはやっぱりマリコルヌ様に食べて頂きたいのですけど」

「あ、うん……」

マリコルヌはぎこちなく頷き、ケティがバスケットから出したオレンジパイを受け取った。

「今度はオレンジにしてみましたの。朝食前ですけれど、宜しかったらどうぞ」

「ありがとう……うん、うん、美味しいよ。きっとこれなら……ギーシュも気に入るよ。そうだ、これにだったら多分ワインより紅茶……そうだね、オレンジペコの方が合うから紅茶を一緒に持って行くと良いよ」

「そうなのですか?いつもアドバイスありがとうございます」

ケティは嬉しそうに微笑む。

その笑顔が、マリコルヌには眩しく、そして少し辛かった。




***




「ルイズ、手を組みましょう。私はギーシュを真人間に戻してあげたいし、ついでに貴方の使い魔と引き離したいの」

「……良いわ。正直私もサイトにまとわりつくギーシュをどうにかしたかったし」




当人達の預かり知らぬ所で、新たな種が芽吹いていく。



[13978] 第五十三話【内緒】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/06/21 19:52
第五十三話【内緒】


「ところで」

「何かしら?」

モンモランシーはロールした自らの金の髪を手の甲で優しく払いながらルイズの言葉に耳を傾ける。

「さっさとそこをどいてくれないかしら?私はこれからサイトとの楽しい楽しい朝食なの。あ、ついでにギーシュは持って行ってよね」

「あら、失礼」

モンモランシーは今度は素直に塞いでいた入り口を開け、ルイズの隣に並んでアルヴィーズの食堂を出て行く。

お互いそれからは一言も話さなかったが、暗黙の協定が結ばれていた。



((精々、私の為にあの“邪魔者”を遠ざけてよね))



……人の心を読む魔法が無くて良かった今日この頃である。

二人はすぐにサイトと……一緒にいるギーシュを見つけた。

ルイズとしてはサイトの貞操の心配もあり、早々に二人を引き離したかった。

「やぁおはようモンモランシー、ルイズもおはよう」

ギーシュは二人を見つけ、うやうやしく挨拶をする。

モンモランシーはそんなギーシュの傍……サイトとギーシュの間に入り込むようにしてギーシュと会話をしだした。

同時に視線は一度ルイズへ。

ルイズは心得たと頷き、

「サイト、今日も“二人だけで”食べる分を確保してきたわ。さぁいつも通り“二人だけで”食べに行きましょう」

“二人だけ”をやけ強調してぐいぐいと皿ごとサイトを押し出す。

「わ、わ、あんま押すなって。あ、皿持つよ。いつも悪いな合わせてもらって。でも聞いたところによると使い魔は厨房から直接食事もらえるらしいしルイズが大変だったら別々でも俺は大丈夫だぜ?」

サイトはルイズから皿を受け取り、いつもこんなことをするのは大変であろうルイズにそう勧めてみる。

だがルイズは一瞬にして顔を青くして、

「そ、そんな必要は無いわよ!!全然大変じゃないし!!サイトと食事を摂る為だったらこんなのどうってことないわ!!そ、そんなことよりほら、早く行きましょ!!」

ルイズはサイトをぐいぐい押していく。

「お、押すなって、わかったわかった、わかったから。あ、そうだ、ギーシュ!!良かったらお前も一緒に食わないか?」

ルイズの剣幕と勢いに乗せられてサイトはその話を流し、代わりにギーシュを食事に誘ってしまった。

モンモランシーと話していたギーシュはサイトに振り返り、

「一緒に?確かに今から食堂には入りにくいし……そうだ、モンモランシー、この際彼らと四人で食卓を並べるのはどうだろう?」

「えっ!?」

モンモランシーは突如ギーシュから上がった提案に顔をしかめ、小さくルイズにアイコンタクトを取る。

ルイズもまたモンモランシーにアイコンタクトで答えた。

(ド・ウ・ス・ル・?)

(イ・ヤ・ヨ)

(ワ・タ・シ・ダ・ッ・テ・フ・タ・リ・キ・リ・ガ・イ・イ・ワ・ヨ)

(ナ・ラ・ナ・ン・ト・カ・シ・ナ・サ・イ)

(イ・イ・ダ・シ・ッ・ペ・ハ・ア・ナ・タ・ノ・ツ・カ・イ・マ・デ・ショ)

(ア・ナ・タ・サ・イ・ト・ニ・ケ・ン・カ・ウ・ッ・テ・ル・ノ・?)

そんな二人だけでわかるアイコンタクトで炎上している間にサイトとギーシュは仲良く歩いていってしまった。

それに気付いた二人はアイコンタクトを止め、慌てて二人を追いかける。

結局、四人で食事をするハメになってしまった。

「いやぁ、ルイズのおかげで今朝は助かったよ」

ギーシュはハハハと笑いながら皿の上の料理に手を付け出した。

幸か不幸か、ルイズはいつも大量に料理を持ってくる。

万一、サイトが何か気に入ってもっと無いのかと聞いてきたときの為である。

殆どの種類をいくつも持ってくるので、確かに二人分はとうに越え、四人分近い量があった。

サイトが普段からルイズの持つ皿を受け持つのはそういった背景もある。

女の子にそんな重そうなものを持たせられない、といったような。

今回、そういった意味では量的には丁度良くなってしまったが、ルイズは内心舌打ちしていた。

こんなことなら二人分ギリギリにすべきだった。

そうしたら“余分な二匹”がこの朝の食卓についてこなかったのに。

……策士は策に溺れるのである。

だが、モンモランシーはまだ諦めてはいなかった。

「……痛い、痛たたたた!!お腹が痛いわギーシュ、悪いんだけど私を保健室まで連れて行ってくれないかしら?」

「なんだって?それは大変だ。もちろんお供するよ、さ、僕に掴まってモンモランシー。サイト、悪いけど今日の朝食はこれでお暇させて貰うよ。それじゃあね」

ギーシュは心配そうに痛がるモンモランシーを支え、軽く背中をさすりながらモンモランシーを連れてその場から離れる。

ルイズは二人の背中を見ながらモンモランシーを見直していた。

(やるじゃないモンモランシー、でかしたわ)

ククク、と内心小悪党のような笑いをルイズは零す。

だが、

「大丈夫なのかなぁ、あの子。何か一瞬尋常じゃない痛がり方じゃなかったか?」

サイトは行ってしまったモンモランシーを心配しだした。

「え?えぇ、多分大丈夫よ、お、女の子には往々にしてよくあることなのよ」

「へぇそうなのか?大変なんだな、さっきの奴も可哀想に」

サイトはルイズの言った意味をなんとなく理解して、そういうものなのか、と納得しながら憂いた顔をしていた。

「そ、そうね……」

ルイズは引きつった笑いでサイトに同意しながら、

(前言撤回よモンモランシー!!サイトに心配してもらえるなんて羨ましいじゃない!!全く余計な真似を……!!)

先程思ったことをすぐに掌返したように無かったことにする。

やはり、策士は策に溺れるのだが……、

「ルイズも結構痛くなるのか?なら無理しないでちゃんと言えよ?俺にできることなら何でもするから」

「えっ?う、うん、ありがとう」

ルイズはサイトの言葉に胸が温かくなるのを感じた。

サイトに心配されるという幸福。

策になど頼らない方が……それは手に入りやすいのだ。




***




さて、どうしようか。

今日も日が暮れ、ルイズとの天蓋付ベッドで寝る時間がやってきた。

ルイズは一日のうちでこれを特に気に入っているらしくて、一緒にくっついて寝るのが毎晩楽しみでしょうがないと言う。

そんな風に思ってもらえるのは嬉しいが、これから言おうと思っていることを鑑みればそれはサイトにとって障害でしかない。

ルイズが一際自分と一緒に居ることを喜ばしく思ってくれていることはサイトも薄々気付いていた。

別段、今はそれも気にしていないからそれは良いのだが、一人の時間が少なすぎた。

彼とて年頃の男の子。

可愛い女の子……それも思い上がりで無ければ自分に好意を寄せてくれている女の子とそこまで一緒にいれば、思うことの一つや二つはあるのである。

ルイズがベッドに入って横に一人分のスペースを作り、サイトを見ながらポンポンとシーツを叩く。

来ないの?と不思議そうに首を傾げるその様は、そうなることが当たり前だと信じている無垢な可愛い少女に過ぎない。

そんな少女の顔をこれから歪めるかもしれないのかと思うとサイトは少し罪悪感が生まれたが、これも最終的にはルイズの為を思っての事、と自分を鼓舞させ、それを口にした。

「ルイズ、明日、いや明後日でもいい。俺に一日自由をくれないか?いや、この言い方は変だな。一日ルイズと別に行動したいんだ」

「……………………え?」

ルイズは思考が停止したように、この世の終わりを体感するかのように顔を青ざめていく。

それは奇しくも、サイトが予想し、最も見たくない思うパターンのそれでもあった。

慌ててサイトはルイズにフォローを入れる。

「ルイズの事が嫌だとか嫌いとかそんなんじゃないんだ、ただ、ちょっとルイズには内緒でやりたいことがあって……」

「私に……内緒で……?」

ルイズの瞳の中の輝きが、じわりと霞んだ。

「あ、悪いこととか変なことじゃないんだ、その、だから一日だけ……頼むよ」

ルイズの四肢が震える。

ベッドに半身は入っているというのに、全く暖かくなど無い。

「……どうしても、私には言えないこと、なの?」

震える唇で、サイトに尋ねる。

「う……いや、そんなたいしたことじゃないんだ」

「じゃあ何をするのか教えてくれてもいいじゃない。私と離れる必要も無いわ」

「あ、後で……終わったら必ず話すから、な、な、な?頼むよ?」

サイトは必死に頭を下げた。

これ以上問われてはつい口が滑ってしまいそうだった。

「でも、一人でいるなんて危険だわ」

「あ、一人じゃないって。言い忘れてたけどギーシュと一緒だから」

否、既に口は本人の気付かぬ所で滑ってしまっていた。

「ギーシュ、ですって……!?」

そう言えばモンモランシーから二人が内緒で一緒にトリスタニアへ行こうと企てていると聞いたばかりだった。

モンモランシーの言う“男色”という言葉が思い出され、ルイズの脳裏に最悪の状況がイメージされる。

周りは薔薇一色。

身ぐるみ外したギーシュが嫌がるサイトの服を一枚、また一枚と……。

さぁっとルイズの血の気が益々引いていく。

「そ、そんなのダメよ!!お願い目を覚ましてサイト!!」

「へ?何言ってるんだルイズ?」

「ギーシュ、彼は危険だわ!!二人っきりになったら何をされるか……いえ、ナニするに違いないわ!!」

「ナニって……何を言ってるんだルイズ?」

「ね?お願いサイト、私ならいつでも“OK”だから、だから……!!」

ルイズは動揺のあまり取り乱す。

だから自分が何を口走ったのかよく理解していなかった。

「OK?良かった、OKかぁ!!いやぁホッとしたぁ、そいじゃ早速寝ようぜ」

サイトは安堵したようにベッドに潜り込み、サービスとばかりにルイズを抱きしめた。

「え?あれ……?サイト……うん、私はいつでもOK……あれ?」

ルイズは何処か話が噛み合っていないような気がしながらも、サイトの腕の中という至福の場所に顔をとろけさせ、胸板に甘える。

あ……まだキスしてない……残回数+1、などと思いながら。




***




ルンルンルン♪

ブラウンのマントを身に纏った少女は上機嫌で廊下を歩いていた。

今度のお菓子は上手く出来た。

いつもの先輩に味見をしてもらって、OKサインももらった。

ブラウンの長い髪をたなびかせて、ケティはスキップ一歩手前のような軽やかな足取りで歩いていた。

「あら?ちょっとそこの貴方」

と、急に声をかけられる。

「はい?なんでしょうか?」

目の前には燃えるように赤い真紅の長い髪をしたグラマラスボディの女性がいた。

「貴方、最近マリコルヌとよくいるところをよく見るけど、大丈夫?彼なんか変な性癖がありそうなのよねぇ」

目の前の女性は心配げにケティを眺めた。

ケティはいつもお世話になっている先輩を悪く言われたようで少しムッとした。

「そんなこと無いですよ、マリコルヌ様を悪く言わないで下さい」

「あ、そんなつもりじゃなかったのよ。ごめんなさいね。でもマリコルヌ様、ねぇ……貴方もしかしてマリコルヌに惚れてるの?」

「え?いえ私には好きな人が……」

「ふぅん?じゃあ私がマリコルヌ貰っちゃおうかしら?最近彼って珍しく真面目になってきて……真面目だと案外悪くないのよねぇ彼」

「え……?」

「そうしたら貴方はマリコルヌとの仲を応援してくれるかしら?」

「……失礼します」

ケティは身を翻してその場から離れた。

何だか胸がモヤモヤする。

自分が好きなのはギーシュ様だ。

でもあの女の人がマリコルヌ様を貰おうかなと言った時、何故か鼓動が一際大きく跳ねた。

だいたい、最初は変な性癖がありそうとか貶していた癖に!!

言い表しようの無い不思議な感情にケティは苛まれる。



それを……面白そうに赤い髪の女性、キュルケは眺めていた。



[13978] 第五十四話【雷鳴】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/06/22 20:31
第五十四話【雷鳴】


翌日の朝。

天気は生憎の轟音猛々しい雷雨だった。

だが、ルイズにとっては生憎どころか幸福の雷雨となった。

ピカッ!!

ゴロゴロ……ピシャーン!!

「ひっ、サイトぉ」

ベッドの上でこれでもかとルイズはサイトにひっつく。

サイトはそんなルイズにやれやれ、と思いながらも強く抱きしめ返していた。

ルイズはプルプル震え、情け無い声を出す。

「サイトぉ」

「大丈夫だって、な?」

特別サービスだとばかりにサイトは頭を撫でてルイズをより自分に引き寄せる。

サイトの見えない所で……ルイズは口端に笑みを浮かべた。

体は小刻みに震えている。

幸福によって。

それは今朝、まさに偶然の産物から始まった。




***




とてつもない豪雷が鳴り響き、眠っていたルイズは驚いてサイトをいつも以上にギュッと抱きしめてしまった。

それはたまたまの、咄嗟のことだったのだが、起きていたらしいサイトはそのルイズを見て、

「雷恐いのか?」

そう言うと強くルイズを抱きしめた。

ルイズの体が小刻みに震えた。

朝一番、まさか“サイトから”、そう“サイトから”こんな熱い抱擁をもらえるとは思っていなかった。

ルイズは驚きと幸せのあまり、体が震えるほどの歓喜に見舞われる。

しかし、そこでサイトはさらなる勘違いを起こした。

(ルイズが震えてる。どうやらよっぽど雷が苦手なんだな)

「ほら、大丈夫だ」

サイトはますますルイズを強く抱きしめ、安心させようとした。

幼い頃、自分も雷が恐かった時代があった。

その時、サイトは母親にこうやって抱きしめてもらって安心させてもらったことを思い出した。

自分はルイズの母親ではもちろん無いが、恐いのなら安心させてやりたいと思い、昔やってもらったことそのままに、サイトはルイズを抱く腕に力を込めたのだ。

そうしてされればされるほど、ルイズは歓喜の暴風雨に見舞われる。

ああ、もう毎日天気が雷雨になってくれないかしら、と思うほどルイズは幸せ絶頂期だった。

そこでルイズはつい、あまりの幸せさに、甘い声で彼の名前を呼んでしまった。



「サイトぉ」



それが、サイトの保護欲をそそってしまった。

どうやら、サイトは今だルイズが恐い思いをしていると思ったらしい。

護って欲しいと、そう懇願するかのように聞こえたその声は、サイトを大胆にさせるには十分の威力だった。

「よしよし、今日は俺がずっと傍に居てやる」

ぽんぽんと頭を撫でられる。

ゾクゾクッとした歓喜にルイズは支配され、例えようの無い幸福感で充溢する。

まさに、サイト分飽和状態でもいうべき状態だった。

そのせいか、自分に不都合な言葉、



「……明日は一緒にいられないしな」



サイトが続けて言ったその言葉には耳を傾けていなかった。




***




そうして一時間、普段とは逆に、サイトがルイズを逃がさないとばかりに強く抱きしめる構図が続いていた。

無論、ルイズは逃げるつもりなどクックベリーパイの食べカス程も無い。

自分からもサイトに張り付き、むしろ一生このままで生を終えても人生に一片の悔いも無いと思うほど、彼女の内心は満たされていた。

ニューカッスルの城でも思ったことだが、ルイズはサイト分の不思議に気付いていた。

自分から求めてサイトに近寄り、何かしてもらうのと、サイトが自発的に何かしてくれるのでは、その密度は天と地ほどの差があった。

サイトに近づいていたいとして自分からサイトの腕に抱きついても十分に幸せだが、これがサイトから腕を掴んできていたとしたら、それはもう天にも昇れるほどの幸福になる。

それほどサイトからの行動というのは嬉しかった。

だがそろそろ起きなければいけない時間帯。

朝食を食べなかったにしても、授業には出なければならない。

サイトは迷い、ルイズをベッドから出そうか考えて、意を決してルイズから離れたのと同時、



ピシャーーーーン!!



一際強い光と豪雷音が鳴る。

ルイズを見れば、震える手でサイトのシャツを掴んだまま瞳には涙を浮かべていた。

「う……」

なんというか、可哀想である。

泣くほど恐いのか、とサイトは思い、震えるルイズの手を取って、

「今日は……休むか?」

つい、そう聞いてしまった。

ルイズはぱぁっと明るくなる。

ルイズの涙は本物だった。

ルイズは本気で、急に離れたサイトが恋しくて泣いてしまったのだ。

ルイズにとっては確かに雷はそれなりに恐ろしくはあるが、人並み程度で雷が落ちるたびにビクッと驚く程度しかない。

それよりも恐い事は、もはやこの幸せ絶頂期を失うことだった。




***




豪雨音激しい廊下を、長く細い褐色肌の足で歩く。

キュルケは今まで恋に本気になったことが無いと自負していた。

微熱は燃え上がってもすぐに覚める。

覚めない熱に焦がれながらも、自分は今だその熱に焦がされない。

だから彼女は本気で恋している子達を羨ましく思っていた。

例えばルイズ。

彼女はあの使い魔に本気で惚れている。

最初はからかい半分でサイトに手を出していたが、最近はめっぽう手を出すのをやめていた。

人様の本気を奪うのは主義ではないからだ。

だがそれも、自分を本気にしてくれる存在でなければ、という枕詞がつく。

何度か、他にも付き合っている女性がいる男子、もしくは付き合いそうな相手がいる男子と燃え上がりそうになったことがあった。

その時は相手の勢いもあって自分も相手に傾倒していたが、そういった手合いはすぐに覚めた。

残る物は元々その男子を好いていた女からの呪詛のみである。

キュルケはそれをつらいと思ったことは無いが、もちろん好んでいるワケでもない。

だが、そうして相手の怨みを買い、受け流す精神を養ったおかげで、彼女は随分と精神的に成長したと感じていた。

だからだろうか。

自分の関わらない色恋というのを見る目も、同時に養われていたようだ。

彼女がそれを見たのは偶然だった。

マリコルヌとギーシュの喧嘩。

決闘だなんだとなれば流石に問題があるが、ただの喧嘩である。

特に気にする事も無かったのだが、この二人は特に喧嘩などしそうに無い二人だったので少し気になった。

結論から言えば、喧嘩事態はつまらないものだった。

マリコルヌが女の為に先走って、ギーシュは溜まっていたらしい鬱憤からお互い手を出しただけのこと。

客観的に見れば、キュルケにとってはその程度のもでしかない。

面白かったのはその後、マリコルヌの元に渦中の根源らしい女が来たことだった。

マリコルヌは慌てているし、女の子は何も知らずにマリコルヌへとお菓子を渡している。

ここで、キュルケは自身に備わった嗅覚がヒクヒクと反応したことに気付いた。

「あの子……」

随分とまぁ小綺麗にしている。

まるで、男の子会う為みたいに。

さらには水とハンカチ常備。

普通、水なんて持ち歩くか?

いや、お菓子を食べて貰うのなら持ち歩くのかもしれない。

だとすると、彼女の今の目的はマリコルヌだった事になる。

通常、好きでも無い男の為にそこまでするだろうか。

中にはする者もいるだろうが、キュルケの嗅覚はそれを否と断じていた。

そうなると彼女の好奇心がムクムクと湧いてくる。

その日、これまた偶然会ったケティにカマをかけてみると、彼女自身気付いていなかった物に触れたらしい顔を見られた。

マリコルヌは恐らく本気で彼女に惚れている。

この子が本気でそれに答えるなら、彼女たちはたちまち最高のパートナーへと化けるだろう。

それが……少し羨ましかった。

自分が焦がれる“永遠の灼熱”を手に入れられるのだから。

半分は興味本位、半分はマリコルヌとギーシュの喧嘩を見たために生まれた良心の呵責からの行動だったが、良くも悪くも彼女は結果的に知られない所で二人に深く関わってしまった。

彼女はその事についてこれ以上弁明する気も関わる気も、付き合う気も無い。

何が起ころうと知ったことでは無い。

だが、と思う。

自分がそんな相手と出会えたなら、私はそんな相手を離しはしないだろうなと。

雨音が響く廊下を歩く長い褐色の足を止めずに、キュルケはまだ見ぬ運命の人に思いを馳せ……妙な声を聞いた。



『サイトぉ』



うげ、気持ち悪い、と言い出しそうになるほどそれは甘く切なく、媚びるような声。

それは丁度お家柄の宿敵……というには些か古くさいような気がする相手、ラ・ヴァリエール家の三女の部屋から聞こえてきた。

ピシャーン!!と雷が鳴る度に聞こえるその声は小さいが、確実に見えない誰か……『サイト』に甘えているがわかる。

はたして彼女はそこまで雷が苦手だったろうか?

一年間の記憶を振り返り、彼女の記憶はそうでもなかった筈との結論を出す。

やれやれ、本気の男が出来るとこうも変わる物なのか、と皮肉めいた考えをしてしまい、苦笑を漏らす。

これではまるで負け惜しみか何かのようでは無いか。

冗談では無い。

一瞬、この扉を蹴破ってでも邪魔してやろうかしら?などとも思ったが、それも止めた。

自分は“微熱”を二つ名に持つ、フォン・ツェルプストー家の女なのだ。

そんなみっともない真似は出来ない。

殿方を魅了するなら自分の魅力で。

邪魔するものがいるならそれも自分の実力で排除するのみ。

フ、と小さい笑みを浮かべてキュルケはその場から離れる。

どうにも、あの声を聞いたまま一人で部屋にいる気にはなれない。

慰み者代わりに誰か男を引っかけに……美味く行けば“永遠の灼熱”を得られるかも、などといつも思いながら叶ったことの無い思いを抱きつつ、手頃な男を探す為にキュルケは止まっていた足を動かす。



この時、彼女はその一瞬の思考で命拾いしたのだが、それに気付くことは無い。



歩き出したキュルケは、この最悪な天候で出歩いている者も少ないだろうと思い、講義室へと行ってみる事にした。

講義が終わった後も、いろいろと無駄話等を咲かせて居座る奴は存外多いのだ。

だが、予想に反して講義室からはまったく人の気配を感じなかった。

(ハズレかしら……?)

そう思いながら一応中を覗いて帰ろうと講義室前まで歩いて来た時、

「おや?ミス・ツェルプストー、講義後にこのような所へおいでになるとは、何か質問ですかな?」

この学院では、容姿以外は比較的人気のある教諭、ミスタ・コルベールと出くわした。

キュルケは内心舌打ちする。

彼女は彼が嫌いだった。

同じ火の系統のメイジでありながら、どうにも覇気が感じられない。

情熱と攻撃的な姿こそ火の本質であると幼い頃から教わり、自分もそう思う彼女は、彼のような軟弱に見える火の使い手がいることが許せなかった。

ましてや、そんな人間に教えを請うなど、彼女の貴族としての矜持が許さなかった。

(男を捜していたけど、この人はパス)

「いいえ、何でもありませんことよミスタ・コルベール。講義室には誰もいないのですか?」

「ええ、先程皆帰られましたよ。今日は生憎の天気のせいか、欠席者も多かったですしね」

「そう、それでは失礼致しますわミスタ」

キュルケは言葉上は丁寧に、胸の中には侮蔑の言葉を吐きながらその場を後にする。

彼女は思う。

“永遠の灼熱”をくれる殿方がこの世のどこかにいるとして、彼だけはあり得ないだろうと。

彼のような、火を扱いながら弱々しい態度を取っているものに、このツェルプストーを燃え上がらせることなど出来はしないと。

だから、彼女はそれきりコルベールのことを考えるのを止めた。

故に、彼女は思い至らない。



何の気配もしなかった筈の講義室から彼が出てきた事実。

そこまで、彼が気配を絶つという……戦闘においても特化されたスキルを持っていたことに。



[13978] 第五十五話【擦違】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/06/24 22:40
第五十五話【擦違】


「よく来てくれたの」



学院長室にて、長い白髭をもしゃもしゃさせている老魔法使い、オスマン学院長がルイズをねぎらう。

翌日の朝、天気は超生憎と快晴だった。

それを知ったルイズは天気を……空を心底恨んだ。

365日雷雨でも良いと思った彼女にとって、もはや晴れなど嬉しくもなんとも無い。



「それでじゃな、今日わざわざ来てもらったのは外でも無い、王宮から……」



全く、晴れているのはミスタ・コルベールの頭皮だけにして欲しいものだと思う。

サイトとの幸せ一杯生活を邪魔する天気など、他の誰が望もうが知ったことでは無い。

そもそも、こうやってサイトと離ればなれにされている事自体納得がいかない。



「……して、君に……というわけなんじゃ……ミス・ヴァリエール?」



無反応のルイズにオスマンは顔をしかめながら改めて声をかける。

「おーいミス・ヴァリエール?聞いておるかいの?」

「聞いていますわオールド・オスマン。姫様のご結婚にあたり、式の詔を詠みあげる巫女に姫様が私をご指名されたのでしょう?」

ルイズが話を聞いている事に若干の驚きを感じたオスマンだが、話を聞いていたのならそれはそれで良いとして話を続ける。

もっとも、ルイズは目の前の髭爺の話など実はまったく聞いていなかったのだが。

ルイズは過去……時間軸で言えば未来?の記憶から、そうだろうとアタリを付けたに過ぎない。

だいたい、朝早く呼ばれたせいで今朝はサイトのうなじを舐めることも、サイトの吐息を十分に吸い込む事も、サイトの匂いを十分に嗅ぐこともできなかったのだ。

彼女はそのことが大いに不満で、話をまともに聞く気など無かった。

朝は無防備な彼からたっぷりねっぷりサイト分を吸収するのが彼女の日課なのだから。

そもそも、王宮からの大事な話だからと、使い魔同伴すら許されないのは間違っている、いろいろ間違っている、世の中間違っている。

「うむ、この王宮の秘宝中の秘宝の『始祖の祈祷書』を……と言っても中は白紙じゃがのぅ、本当にこれが本物なんじゃろうか?」

ハルケギニア古今東西、始祖の祈祷書だと呼ばれる物は実は数多く存在する。

だが、その真贋を見極める術は始祖が失われて六千年経つ今、どこにもありはしない。

ブリミル教の教祖だなんだと崇められているもはや唯一神のような存在、ブリミル・ル・ルミル・ユル・ヴィリ・ヴェー・ヴァルトリの遺した物だとされるそれは、当然の如く法外な値が付く。

いや、値をつけること自体あってはならないのだが、いつの世も世界も、金に目がくらむ者はいる。

そうなれば、偽物が出回るのはむしろ自然の摂理でもあった。

中には異常な信仰心からそれを持ちたいとして作ったものもいるだろうが。

「っとと、つい話が脱線してしまいおった、歳を取ると話が長くなっていかんのぅ」



「……ほんとよ、さっさと終わらせてサイトのとこに行きたいのに……この髭爺」



ボソッとルイズは呟くが、幸か不幸か二人の間には数m程の距離があったために聞こえていないようだった。

オスマンは気にしたふうもなく話を進める。

「さて、君はこれから肌身離さずこれを持ち歩き、詔を考えねばならん。まぁいくつか考えたものを王宮が精査するじゃろうし、最悪向こうも簡単なひな形は用意してくれるじゃろう。あまり気負わずに自分で思う言葉を考えなさい」

ルイズは始祖の祈祷書を手渡される。

これでもう用事は済んだと、すぐに礼をして学院長室を出て行く。

全く、最近の髭男は皆ロリコンなのかと疑いながら。

そうして、一人残ったオスマンはルイズが駆けて行くのを感じながら、



「髭爺……か、ホッホッホッ、よもや面と向かってワシにそう言える子がまだいるとはのぉ」



面白そうに笑っていた。

ルイズの言った言葉はちゃっかり聞こえている、食えぬ白髭爺だった。




***




サイトはルイズと部屋で別れた後、一人で馬小屋へ歩いていた。

結局言うのが遅くなったが、ギーシュは嫌な顔一つせず了承してくれた。

そう、今日サイトはギーシュと一緒にトリスタニアに向かうつもりだった。

付き合ってくれるギーシュに内心で感謝しつつ、サイトは珍しく一人で目的地へ向かう。

ルイズがOKと言ってくれて本当に良かった。

ギーシュとは馬小屋で待ち合わせている。

ここのところずっとべったりで一人の時間もなかったから、丁度良いといえば丁度良い。

サイトがそう思っていると、

「あ、あの!!」

一人の少女に声をかけられた。

「え?俺?」

「はい、ミス・ヴァリエールの使い魔さんですよね?」

「う゛ぁりえーる?ああ、ルイズのことか。そうだよ」

サイトの目の前には、ブラウンの長い髪にバスケット片手の少女がいた。

あれ?何所かで会った気がする、などとサイトは思いながら、

「俺に何か用?」

声をかけてきた少女に尋ねる。

「はい、実は以前からお聞きしたいことがあって……」

サイトに話しかけた少女、ケティは顔を赤らめ、くねくねと体を揺らし始める。

長い間恵まれなかったチャンスにようやく巡り合えたのだ。

(こ、これはまさか……!!)

しかしサイトは、その姿を見て、“まさか”の出来事を幻視した。

この子、俺に気があるとか!?

どこかで見たことがある気がするけどずっと俺を想いつづけていたとか!?

サイトの妄想が無限大に広がっていき……萎んだ。

彼女の気持ちは正直嬉しいが、答えるわけにはいかないのだ。

何故なら……。

「あの実は……」

「君の言いたい事はわかってる。でもごめん、気になってる奴が他にいるんだ……」

サイトは女の子に恥をかかせるものでは無いと思い、彼女が皆まで言う前に答えた。

「えっ!?私の聞きたいことがわかって……?いえ、それよりも他の方が……?」

ケティはサイトが聞きたい事を看破した事に驚き、しかし言われた言葉を正確に脳が理解し始め少し顔を歪ませた。

(そうだよな、悲しいよな……でもごめん、俺、最近は……あいつのことばっかり考えてるから)

もし、先ほどからのサイトの台詞と頭の中を、学院長室にいる少女が聞くことができたなら、天にも召されていただろう。

ハルケギアに永遠の春が来ると言っても過言では無いかもしれない。

それを聞き、知る術が皆無なので、それは飽くまで“できたなら”という仮定の話でしか無いが。

「えっと、ごめん!!俺、ギーシュとトリスタニアに行く用事があるから、それじゃ!!本当にごめん!!」

サイトはその場を駆け出す。

不幸中の幸いは、サイトにとって彼女が名前も覚えていない程度の顔見知りでしか無かったことだ。

そうでなければ気まずくて動けなかったに違い無い。

彼女が、そんなに知らない人物だったが故に、彼は即座に逃げ出したのだ。

もっとも、彼は大きな勘違いをしていたのだが。

さらにその勘違いがケティの勘違い……ではなく誤解……でも無い、意味は違えど事実は同じな事をケティに認識させる。

「そうです、か……ギーシュさまはやっぱり他の方を……」

ケティは、サイトに言われた言葉を反芻していた。

さっさと逃げ出したことといい、もう自分に脈は無いのだろうと思う。

その予想はしていないわけではなかったが、彼女は不思議な感情のうねりを身の内に宿した。

彼の為にいろいろ試行錯誤してお菓子を作ったりしてきたのだ。

その努力が無駄になるとわかったら、もっと悲しいと思っていたのだが。

結論から言えば、思うほど悲しくは無かった。

だが悲しくなくも無かった。

失恋の傷心、それもあるが、彼女の心を占める悲しみは……もうお菓子作りをする必要が無くなったことだった。

彼の……ギーシュの為に頑張ってきたのだから、彼女は脈が無くなった以上、もうその必要は無くなったと言って良い。

もっとも、ギーシュの本命(恐らくあのミス・モンモランシーだろうとアタリつけた)から無理矢理奪う気があるのなら話は別だが、現状ケティにそこまでの意思は無い。

もうお菓子を作る必要が無いということは、練習したお菓子を味見してもらう必要も無いということである。

それが、何故か彼女にとっては悲しく、またその悲しみの意味も上手く理解できない。

そんな時、

「おや?ケティじゃないか」

都合が良いのか悪いのか、

「あ、マリコルヌ様……」

いつも味見をしてもらっているマリコルヌが通りかかった。

ここは天下……というには大げさだが比較的大きい渡り廊下である。

誰とすれ違っても可笑しくは無い。

「どうしたんだい?沈んでいたようだけどお菓子作りでも失敗したのかい?大丈夫、君ならきっと上手く作れるさ、味見とアドバイスぐらいしか出来ないけれど僕は全力で応援してるから、頑張ってくれよ」

マリコルヌは笑顔でそういうとケティの横を通り過ぎていった。

その後ろ姿を見て、ケティはハッとする。

まだ、マリコルヌ様はギーシュ様の気持ちを知らない。

ならそのまま、ギーシュ様の為、ということでお菓子を作って味見をしていただくことは出来るのでは無いだろうか。

そうだ、私が“まだギーシュ様が好きな女”でいることを“演じれば”彼はきっとこの距離を保ち、きっと今まで通りでいられるはずだ。

自分とマルコルヌ様の接点はギーシュ様だけ。

だからそうすれば、少なくとも今の距離が離れる心配は無くなる。

そうだ、それがいい。

ケティはマリコルヌのやや横に広がった背中を見ながらそう思う。

これは名案だと、これでいいのだと彼女は思いつつも、何故か、彼女の心はサイトに『気になってる奴が他にいる』と言われた時より、深く深く痛むのだった。




***




早足でルイズは歩き、今朝別れたサイトがいるであろう自室へ急ぐ。

朝は突然の呼び出しでまともにサイトと会話すらしていない。

その分を取り戻さなければこの小さな胸の哀しみは収まらない。

「ただいまサイト!!」

勢いよく扉を開け、いるであろう最愛の使い魔にとびきりの笑顔で挨拶するルイズだが、返事は無い。

「……あれ?」

部屋を見渡してもそこには人っ子一人いない。

部屋にはたいして隠れるスペースなど無いし、そもそもサイトが隠れる理由が無い。

もしなんらかの理由でムラムラして自分の下着が入ったクローゼット等に潜り込んだなら、素直にそう言ってくれればこちらには甘んじて迎撃、もとい受け入れる態勢は常に整っているのだ。

だが物音一つしないこの部屋では、その可能性も無い。

途端、ルイズの中で何かがガラガラと崩れていく音がした。

笑顔が揺らぐ。

声が震える。

景色が……滲んでいく。

……サイトがいない、ここには、サイトがいない……!!

ルイズは呆然と立ち尽くし……すぐに踵を返した。

不安で彼女の、胸が張り裂けそうになる。

これは……草の根掻き分けてでも、サイトを探さねばならない!!



[13978] 第五十六話【悪魔】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/06/25 19:50
第五十六話【悪魔】


ルイズは自室を勢いよく出ると、不安を胸に宿しながら走り回っていた。

彼には前科がある。

いや正確に言えば彼が何かしたのではなくされたのだが。

しかしルイズにとってはどちらかというとそっちの方が問題だった。

また誰かにつかまって酷い目に合っていないか、怪我をしていないか、大変なことになっていないか、不安で小さな胸が気持ち程度膨らむくらいに張り詰めていた。

実際には走り過ぎによる肺運動激化に伴う胸の上下運動によってそう見えるだけなのだがそこはたいした問題ではない。

彼女は文字通り学院を東奔西走する。

サイトがいないか、四方八方へと足を向ける。

彼女の中の不安は膨らむ一方で、サイト分は減っていく一方である。

だが彼女は足を止めない。

もう数時間は歩き、走り回りながら聞き込みをしていた。

と、クンクン。

サイトの残り香を感じ……眉間に皺を寄せた。

正確には“女の匂い”に混じって僅かにサイト臭がするのだ。

ルイズは匂いのする方へ足を急がせた。

匂いはずんずん近づいていく。

見れば、テラスのテーブル付きの椅子に座るブラウンのマントを纏う少女から、サイトの匂いがするではないか。

「ちょっと貴方!!」

ルイズは掴みかからん勢いで少女、ケティに詰め寄る。

「貴方から私のサイトの匂いがするわ!!サイトを何処へやったの!?」

まるで犯人は貴方ねと言わんばかりにルイズはケティに詰問した。

「へ……?ああ、ミス・ヴァリエール。使い魔さんですか?今朝はただちょっとお話を聞いただけですけど」

「話?貴方がサイトに一体何の用があるというの?まさかサイトの趣味とか好みとか性癖とか聞き出したの!?どうなの!?死ぬの!?」

ルイズは目をギラギラ光らせてケティにこれでもかと血走った目で近づく。

近い、顔がめちゃくちゃ近い。

「ひぃ!?い、いえ私は別に使い魔さんにはそんな……」

「じゃあ何?何を聞いたっての!?言ってごらんなさい!!事と次第によっては……」

そこまで言ってルイズの瞳の光が、少しずつ失われていき……、

「そ、そんなこと言われても……好きな「好き!?」ひぇっ!?」

ルイズが身を乗り出しケティの肩を鷲づかみにする。

「きゃあ!?」

「貴方、サイトに気があるのね?そうなのね?誘惑したのね?命いらないのね?」

「そ、そんな!?ち、違います!!私そんなんじゃ……!!」

ケティはガクガク震えながら涙目で訴える。

「じゃあサイトは何処にいるの!?」

ルイズはよっぽど余裕が無いのか、彼女の肩を離さない。

「え……?さぁ、ギーシュ様とトリスタニアへ行くって言ってすぐにいなくなられてしまいましたし、今頃はトリスタニアではないでしょうか」

「ギーシュ!?トリスタニアですって!?」

ルイズはそれだけ聞き出すともう用は無いとケティを離し、一直線に馬小屋まで駆け出した。

ケティは突然のルイズの奇行に先ほどまでの恐怖も忘れ、ポカンとしながらルイズを見送る。

ルイズは今までの疲れなどなんのその。

ようやっと得られたサイトの情報に胸を躍らせるとともに不安を滾らせる。

ギーシュと一緒、それはルイズにとって最悪の事態に直結しかねない。

サイトの貞操……それを護れるのはもはや自分しかいないのだ。

何せそれをもらうのは自分のつもりだし、ついでに自分のを捧げるのはサイト以外選択肢すら無い。

だが、ルイズが馬小屋について知ったことは……絶望だった。

珍しいことに馬が全頭貸し出し中。

まずめったに無い事態。

たまたま大口の貸し出しが数回あって、まだ馬が帰りきっていないのだとか。

ルイズはサイト達を追う手段を奪われた。

これは由々しき事態である。

まるで運命という名のキューピットがサイトとギーシュをくっつけようとしているようではないか。

そんなの認めない。

キューピットは自分とサイトだけに微笑んでいれば良いのだとルイズは怒る。

頭の中にこないだ想像した二人の世界と薔薇がよぎり、歯を噛み締める。

そんな、そんなことがあってはならない!!

そうルイズが思った時、



彼女は自然に……そう自分でもわからないほど自然に、手に持っていた“始祖の祈祷書”を開いていた。



指には、すでにアンリエッタより賜った水のルビーが嵌っている。

かつて、前世でのデルフリンガーに言われたことがあった。



『必要になったら内容が読めるようになる』



彼女の扱う魔法は今まで全て爆発を伴ってきた。

前世でも、彼女は最初にこの始祖の祈祷書を開いて、大きな爆発の呪文を唱えた。

始祖の祈祷書が光り輝く。



「──、──、──」



唇が、勝手にルーンを口ずさんでいく。

だが今の彼女に必要なのはそんな爆発などでは無い。

今の彼女に必要にして、今後も彼女にとっては絶対必要になるであろう魔法は、一つだった。

かつてこれほど集中してルーンを唱えたことがあっただろうかというほど、ルイズは集中してルーンを口ずさみ、



「私は、サイトの元へ行くの」



ルイズがそう呟いた時、彼女の姿は既にそこには無かった。




***




「いやぁ助かったよギーシュ」

「なに、このくらいは構わないさ」

サイトは、トリスタニアでギーシュに案内を頼みながら目的地で目的のものを手に入れていた。

その為に彼は財布の中の虎の子の一枚、福沢諭吉を失ったが、所詮ここではそんなに使い道は無い。

財布は閑古鳥が鳴く程スカスカになってしまったが、もともとこの世界では自分のお金は使えないのだから持っていても仕方が無いしサイトに後悔は無い。

「俺の用事はこれで終わりだけど、ギーシュは他に何処か行く予定とかあるのか?」

「僕かい?うぅん、予定はあまり無いね、強いて言えば言ってみたい場所はあるが、酒場だから昼間にやっているかはわからないし」

「酒場?」

「“魅惑の妖精亭”って言ってね、まぁ簡単に言うと可愛い衣装を着た女の子達がお酌をしてくれる酒場さ」

「それってキャバクラじゃん!!お前、まだ未成年だろ?」

「“きゃばくら”?君が言う“きゃばくら”がどんなとこかは良く知らないけど別にいやらしい所じゃないらしい。まぁ眼福ではあるらしいけど」

それを聞いたサイトがじとりとした横目でギーシュを見る。

「ギーシュって普段は割と真面目だけどさぁ、そういうところ結構エロい趣味あんだな」

「な、何を言うんだ?僕はただごく普通の一般男子がそうであるという話をしたわけで、別に僕がそうというわけではだね……そうだ、だいたい君はその辺の興味はどうなんだい?」

「え?俺?」

ギーシュは突然のサイトの攻撃に慌て、矛先をサイトに向け返す。

「話によるとかなり巨乳の看板娘もいると聞く。君こそ興味津々なんじゃないのかい?」

「きょ、巨乳?いや俺は……」

サイトは頭の中で何故かメロンを思い浮かべた。

「何でも時々女の子によってはチップ次第でお触りOKだとか」

「お、お触り?……それって……」

サイトは、自分の世界であった古いネタ、殿様が侍従の女に「良いではないか良いではないか」と迫るエロシーンを思い出した。

あの続きは規制の為に見られなかったのが今だに悔やまれる。

「おや?鼻の下が伸びているんじゃないのかいサイト?」

サイトは一瞬息を呑んで鼻を押さえる。

もはや本当にいやらしいお店じゃないのか、などとは言わない。

彼とて夢を追い続ける少年であり、全て遠き理想郷に興味ある一介の少年なのだ。

ギーシュがどこまで本気なのかしらないが、まぁこの世界にも“そういったお店がある”という事を知ったサイトは、それ相応に興味を持つ。

今は無理でも、万一元の世界に帰れなかった時、大人になってから寄ってみてもいいかなぁ、とか。

「えっとギーシュ、なんて言ったっけそのお店?」

「ん?興味が出てきたのかいサイト?全く君だって同じ穴の狢じゃないか」

ギーシュはほっと一安心すると、少し底意地の悪そうな笑みを浮かべながらサイトの首に腕を回し、顔を近づけさせる。

普段あまり悪ノリしないギーシュが、それなりに悪ノリしてきたことにサイトは若干驚きながらも、それだけ親しくなったんだと思いニシシと笑みを浮かべた。

「僕らが望む理想郷、その名は“魅惑の妖精亭”さ!!」

「へぇ、魅惑の妖精亭か!!」

サイトもギーシュの首に腕を回し、二人でスクラムを組むように横に並んで歩く。

「ああ、僕らがもう少し大人になったら是非一度は行ってみたい場所だね。一緒にどうだいサイト?」

「おう?いいのか?」

「フッフッフッ、僕ら既に同士じゃないか!!」

「そうか、同士か、ハハッ、そうだな!!」

実に楽しそうに笑いながら歩く二人。

それは……彼らぐらいの仲が良い少年同士なら普通に行うスキンシップであるのだが……、





──────────ズンッ!!





足音。



それは体重など感じさせず、質量も無いとわかりながらも、音を響かせるには十分。



だが、和気藹々としている二人はもちろん、王都で一番広いといえど人がごった返している通りでは、その音に気を取られる者など皆無。



黒い、真っ黒なドス黒いオーラが立ち上る。



通りを歩く人の何割か、“彼女”の傍にいる人達は彼女の異質さに気付き、そそくさと離れていく。

中には「そこの可愛い嬢ちゃん」などと声をかける者もいたが、傍に寄った瞬間彼は通りの敷石と濃厚な接吻をしていた。

彼が目を覚ましたのは半日ほど過ぎてからだったという。





──────────ズンッ!!





静かなる足音は次第に肩を組み合う二人の少年に寄っていく。

それはゆっくりじわじわとした緩慢な動きなのに、この人垣の中、異常な程早いスピードだった。

“彼女”にやられ目を覚ました彼は後にこう言う。

黒いオーラを纏った、長い桃色の髪の悪魔に会ったと。





立ち上る黒いオーラ、その中に、





──────────ゆらゆらと、長い……長い桃色の髪が風に揺られていた。



[13978] 第五十七話【桃誅】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/06/29 20:30
第五十七話【桃誅】


サイトとギーシュは突然後ろから掴まれた。

何だと考える間もなく、サイトとギーシュは信じられぬ程の強力によって引き離される。

一体何事だと二人が振り向けば、



「ギィィィィィィシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」



そこには鬼……いや悪魔がいた。

長い桃色の髪がクネクネユラユラと波打ち、まるでメデューサを思わせるような動きだった。

だが、二人……否、ギーシュに考える暇を彼の信じる神は与えてくれなかった。

「ふげぇぇぇぇ!?」

細く白い腕、その先の拳がギーシュの顎にクリーンヒットする。

とてつもない踏み込みのせいか、通りの下に敷いてある敷石が……ピキッ!!っと音を立てて割れた。

ギーシュは、あの細い体の何処にそんな力があるのか疑いたくなる程の怪力でもって天高く舞い上げられた。

空に上る太陽が一際輝き、空中のギーシュの背後から彼とサイト、そして襲撃者を照らす。

照らされた襲撃者は……黒い吐息を吐き、綺麗な桃色の髪をたなびかせた美しい少女……ルイズ、その人だった。

ギーシュの影を縫うように降り注ぐ黒い光が、一層異様に彼女を照らす。



「ふぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」



と、格闘漫画にありがちな、気合いを込めているかのような甲高い声をルイズは上げながら大きく息を吸い込んだ。

空に舞い上がったギーシュはようやく頂点に達したのか、一瞬動きを止め下降をし始めた。

実に四メイルは浮かんだのではないだろうか。

意識があるのかは定かでは無いが、口端から涎が垂れているあたり、彼はそうとうキている。

あと汚い、地味に汚い。



「はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」



ルイズは落ちてくるギーシュに合わせて気合い一線、どこで覚えたのか崩拳もどきを命中させ、人体的に鳴ってはならなうような『グギョッ!!』という鈍い音と共に、



「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!?ぐえぇっ!?」



ギーシュを石壁に叩きつけた。

叩きつけられたギーシュは最後にカエルが潰された時のような声を上げて沈黙する。

だが、声が上がったあたり、彼の意識はあったことが窺える。

半日目覚めなかった人もいる中、中々のガッツだった。

と、今はそんなギーシュの現状を冷静に観察している場合では無い。

「ギギ、ギーシュ!?」

サイトは慌ててギーシュにかけよる。

「大丈夫か、おい?何だってこんな!?」

サイトが心配げにギーシュの手を掴むと、僅かだが彼が握り返してくるのがわかった。

「……ゲホッ……サイト……」

「ギーシュ?もういい喋るな!!」

ギーシュの意識がまだあるらしいことがわかったサイトは、ギーシュに大人しくするよう命じるが、彼は口を閉ざさない。

「サイ、ト……僕は、また生きて学院に、戻れたら……はぁはぁ……ぐっ……将来君と……“魅惑の妖精亭”に……」

「言うなギーシュ!!何も言うな!!お前のライフはもうゼロだ!!あと生きて帰れたら云々はたいてい死亡フラグだ!!」

サイトは必死にギーシュを宥めるが、

「り、理想郷に……届かないと知っても、それでも追い求めた……それは、間違いなんかじゃ……」

ギーシュは何か格好良いこと言い残そうと必死に口を動かし、



「まだ息があったの、本当にしぶといわね」



桃色悪魔がその瞳の光を“ゼロ”にして杖を振り上げ、

「お、おい!?」

流石にこれ以上は危ないと思ったサイトが慌ててルイズを羽交い締めにする。

「あふぅん!?」

途端、ルイズは力が抜けたようにその場にへたり込んだ。




***




「なんでこんなことしたんだ」

へたり込んだルイズに、サイトはやや詰問口調で問い質す。

「……だって、サイトが、ギーシュに……サイトの貞操がギーシュなんかに奪われちゃうかと思ったら……」

サイトは口をあんぐりとあける。

ルイズが何を言っているのかじぇんじぇんわからない。

ギーシュが俺の貞操を奪う?何故?どうしてそうなった?

だが、ルイズは深刻な事のように、とうとうボロボロ泣き出した。

「サイトとギーシュが肩を組んでいた……私間に合わなかった……ギーシュに、サイトの初めて取られたぁーーーー!!」

しかも天下の通りでとんでも無い事を言い出した。

人がわらわらと寄ってくる。

ただでさえ人通りが多いこの通り。

サイトには奇異な目が多感に向けられる。

ルイズはとめどない量の涙を零し、敷石をどんどん濡らしていく。

「ま、待て待て待て!!ルイズ、お前は何かすっごい思い違いをしている。きっととんでもない勘違いをしている!!」

サイトが周りの視線も相まって慌ててルイズを宥め始める。

ルイズはヒクヒク泣きながら目を擦り、目元を真っ赤にしながらクスンクスンと泣きやまない。

ええい!!とサイトは半ばやけっぱちにパーカーのポケットに手を入れて“それ”を取り出した。

「ほらこれ!!俺は今日これを買いに行ってたんだ!!」

ルイズの目の前に差し出されるのは……シルバーの首飾り。

サイトの世界でシルバーアクセサリーとして一つのファッションを持つそれが、どういうわけかここ、ハルケギニアのトリステイン城下町、トリスタニアにもあった。

サイトは、以前来た時にお世話になったおじさんに再び会うためギーシュに仲介を頼み、路商を見せて貰ったところ、そこにそれがあったのだ。

何の変哲もないただのシルバーアクセサリー。

首下には“太陽”のオブジェ……ただ丸いだけの銀板が来るように出来ていた。

「これ、は……?」

ルイズがスンスン言いながらそれを眺めると、

「お前のだよ!!ブレスレット壊れたって泣いてたから、新しいの何か買おうかなって。ああもう!!折角秘密にして格好良く渡そうと思ったのに台無しだ!!」

サイトがもうヤケだと頭をかきむしる。

「これ……私に?」

「そうだよ!!」

フン!!と半ば怒りながらサイトはそれをルイズに突き出す。

ルイズはそれを恐る恐る受け取った。

差し出した両手に、ポンと乗せられる。

途端にルイズはぱぁっと胸のうちが暖かくなっていくのを実感した。



これはサイトからの贈り物。



私の為の贈り物。



“サイト”から“私の為だけ”に用意された贈り物。



ルイズはそれをそっと頬にあててしばらく擦る。

まだ少し、サイトの温もりがする。

まだ少し、サイトの温もりがする!!

サイトはそんなルイズの姿を見ることなく、自分の胸……シャツの中に手を突っ込んだ。

チャリ、という金属音がしてすぐにサイトの首下にも、似たようなアクセサリーが現れる。

「……?サイト、それは?」

「ああこれ、それとお揃いってか……対、なんだ」

「対?」

ルイズは首を傾げながら、“あまり見ない”その形を不思議そうに見つめる。

自分のはまん丸なのに、サイトのは、まるで綺麗に食べたかのように一部が無くなっていた。

彼女は、“三日月”という形を知らない。

それは、丸の半分以上……極端に言えば一回り小さめの丸をその上に少しずらして乗せて、重なっている部分を全て取ってしまったような、そんな形。

「サイト、それは何?」

「知らねぇの?これは月だよ、三日月」

「月?月は丸いものでしょう?」

ルイズの質問にサイトは驚き、そういえばこの世界に来て満月以外の月を見ただろうか、と考え込んだ。

もしかしたら、ここは地球と根本的に違う、のかもしれない。

「サイト?」

「ああ、なんでもない。とにかくこれは月なんだよ。俺の世界では月が日によって見える形を変えていくんだ。で、結構ポピュラーなのが満月か半月、そして三日月」

「月が見える形が変わる?」

ルイズは少し興味深そうに言葉を反芻し、やがてほころんだ。

つまり、これはサイトの世界での太陽と月、なんだ。

今、この意味を知っているのは私とサイトだけなんだ。

ルイズはそれが嬉しくなって喜色満面になる。

それを見て、何か言いたそうにしていたサイトは、口を閉じた。

本当はこれを渡す時、“対”の意味を話すつもりだった。

自分の世界においての太陽と月の因果関係。

それこそが、これをプレゼントにした理由だったから。

でも、今のルイズの顔を見ていると、なんだかそんなことはどうでも良くなってきた。

結構クサイ台詞をイメージトレーニングしていただけに、些か残念ではあるが、言わずに済んでよかったと思う面もある。

いつの間にか、周りは生暖かい目をしだして、一人、また一人と歩いていく。

通りの人達の止まっていた足が動き出し、再び回りにいつもの雑然さと活気が戻って来た。

サイトとルイズの視線が絡み合う。

途端ルイズは立ち上がってサイトに抱きついた。

もう離さないというばかりの抱擁。

サイトは照れくさそうに赤くなりながら頬をかき……はて?

サイトは急に、何かを忘れているような気がしてきた。




***




「ぼ、僕は……魅惑、ようせ、て……」

少年の声が通りに小さく小さく木霊していた。




***




ギーシュは馬車で学院に送られることになった。

ギーシュはなんと、自分ひとりはまともに歩けないほどのダメージを負っていた。

いや、まともにあるけない程度のダメージですんだ、ともいえる。

歩くたびに骨が変に軋む音がして、本人曰くマジで超重くヤヴァイらしい。

ヤバイではなくヤヴァイらしい。

そんなギーシュを見送ってからふと、サイトはルイズの身軽さに気付いた。

「そういやルイズはどうやってここに来たんだ?」

見たところ、ルイズは買い物に行く時に持つ、金貨の詰まった麻袋を持っていない。

いつもの杖と見たことも無い黒っぽい本を持っているだけだ。

「あ、私は……」

ルイズが説明しようと口を開きかけ、

「俺はギーシュが往復分の馬代払ってくれてたからいいけど、ルイズは馬代あるのか?」

閉じた。

彼女にとってもっとも必要な魔法、それは即座にサイトの傍にいける、というものだった。

普通ならそんなに離れたところには行けないはずの瞬間移動。

だがルイズは、ルイズの“中”に蠢く“負の精神力”は不可能を可能たらしめた。

無論、遠ければ遠いほど、彼女の精神力の消費は莫大だ。

だが飽くまで“莫大”なだけだった。

彼女はサイトの為なら精神力を惜しまない。

それに、これは彼女すら与り知らぬことだが、“伝説の剣”いわく、“普通百年溜めたってそこまでは溜まらない”程の量なのだ。

彼女にとって必要なのは爆発、幻影などといった、身を護り、敵を打ち砕く魔法……などではない。

彼女にとって必要なのは、いかにサイトといられるかにかかっていたのだ。

だから、彼女は今、“魔法を使う必要が無かった”

「勿論お金は持って来てないわ。しょうがないからサイト、一緒に乗りましょう」

「え?いやでも「しょうがないから一緒に乗りましょう」だ、だけど「一緒に乗りましょう」あ、あの「なんならサイトの上に乗っても……」……わかった、一緒に“馬に”乗ろう」

サイトは諦めたようにげんなりと頷く。

前に一緒に馬にのって、サイトは多大な精神力という名の我慢を強いられた事を思い出し、重い溜息を吐く。

心なしかルイズは残念そうだった。

馬の背よりサイトの太ももの上の方がはるかに良いのだから。




***




魔法学院に着いたギーシュはへっぴり腰で自室へと向かっていた。

正直一人では上手く歩けない。

痛い。

ヤヴァイ。

僕が何をしたっていうんだ、と涙目になりながら壁に体重を預けつつ微速前進する、が、すぐに腰あたりにピキッとした痛みを感じて足が砕け、体勢を崩す。

「うわ……あ?」

だが、予想した衝突の痛みは無く、代わりにふわりとした柔らかさと香水の匂いが鼻腔をくすぐる。



「どうしたの?ギーシュ」



香水のモンモランシー。

彼女によって、ギーシュは転ぶ事を避ける事に成功した。



[13978] 第五十八話【葛藤】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/07/03 20:21
第五十八話【葛藤】


太陽の木漏れ日が窓から降り注ぐ一室のベッド。

そこに、金砂の髪を持つ少年が横たえられていた。

昨日魔法学院に運ばれてきたギーシュ・ド・グラモン、その人である。

ここは学院の彼の部屋であった。

痛みは偶然会ったモンモランシーの献身的な介護と彼女の魔法のおかげで大分引いた……が、腰だけは酷いらしく、今だ彼は一人では満足に歩けなかった。

「はぁ……普通、こういう怪我ってすぐに治るものなんじゃないのかい?」

誰に言うでもなく、ギーシュは一人ごちる。

この年で腰が痛くて満足に一人で歩けないなど、ハッキリ言って恥ずかしい。

「通常ならこういう怪我なんて無視されるものの筈なのに……」

ギャグで出来たような怪我なのだから次の瞬間には完治、でも良いんじゃないないか、とも思う。

だが、残念ながら彼の怪我は無視されないクオリティだった。

そもそも、ギャグみたいな出来事で出来た怪我だとしても、それが無かったことになどならないのである。

それが無かった事になるのは、飽くまで“夢幻”か“彼らの読む漫画や小説の話の中でだけ”だった。

ギーシュは小さく愚痴りながら溜息を吐く。

このままでは満足に学院を歩くことも出来ない。

情けないが立ち上がろうとすると腰が酷く痛んで砕け、へたり込んでしまうのだ。

「一体、ルイズはどれだけの攻撃を僕にお見舞いしたんだ……それ以前に僕が何をしたって言うんだ……」

ギーシュは額に腕を当てて思い悩む。

と、



コンコン。



戸がノックされた。

「はい」

返事をすると、部屋に入ってきたのは案の定、モンモランシーだった。

「ギーシュ、調子はどう?今朝は動けなさそうだから厨房へ行って食事を貰ってきたわ」

「ありがとうモンモランシー、僕はなんて幸せ者なんだ、君みたいに可愛い子にここまで介護されて……自分が情けないよ」

「気にしないでギーシュ、昨日聞いた限りじゃ全部“ルイズのせい”なんでしょう?」

そう答えながら、モンモランシーは昨日のことを思い出す。




***




「どうしたの?ギーシュ」

モンモランシーは不思議そうに首を傾げながら頬を少し赤く染めた。

ここにモンモランシーが居たのは偶然だった。

朝からギーシュが出かけてしまったらしいことを知った彼女は、久しぶりに本業……もといお小遣い稼ぎの香水の精製を部屋で行い、一段落したところで気分転換に学院内をウロウロしていただけなのだ。

「す、すまないモンモランシー……女性の君にこんな事を頼むのは不躾だとは思うが僕に肩を貸してくれないか」

ギーシュはゆっくり離れようとして腰に力が入らず再びモンモランシーの体を頼るように抱きつく。

「きゃっ!?」

軽くなったと思ったら急に体重を乗せられ、その重さに耐えきれずモンモランシーは倒れる。

ギーシュの下敷きになりながら。

瞬間、上の双眸と下の双眸がバッチリと交差した。

距離が……近い。

「わぁっ!?す、すまないモンモランシー!!」

我に返ったギーシュはすぐさま横に転がって彼女から離れるが、その動きはみっともない。

ドキドキとした心情もあるのだろうが、何より腰が立たない事にはまともな動きなど出来ないのだ。

モンモランシーも胸の裡をドキドキさせながらゆっくり起きあがってギーシュを見つめる。

「きゅ、急にどうしたの?」

「い、いやわざとじゃないんだ、誓ってわざとじゃない。今日サイトとトリスタニアに行っていたら突然現れたルイズに思い切り吹き飛ばされてね、イタタ……」

「なん、ですって……!!」

ギーシュの言葉を聞いた途端、モンモランシーの瞳から、輝きが消えた。




***




その後、モンモランシーは我に返ったようにギーシュを見、慌てて彼を介抱しながら部屋まで運び、ずっと介護していたのだ。

「また顔を出すわね」

モンモランシーはギーシュが食事を食べ終わるのを見届けると、トレイを持って立ち上がった。

「すまない、いや、ありがとうモンモランシー」

ギーシュの言葉に微笑みを返し、モンモランシーは退室する。

と、廊下の向こうから、見知った顔が歩いてきた。

長い桃色の髪の少女と艶がある黒髪の少年。

ザワリ、と彼女の空気が変わった。

「おはよう、ルイズ」

「あらモンモランシー、居たの。おはよう」

ルイズは、サイトの腕に抱きつきながら歩き、全神経はサイトに集中していた為、目の前に来て初めてモンモランシーの存在に気付いた。

「……貴方、昨日ギーシュに怪我を負わせたそうね。彼、今も一人じゃまともに歩けないのよ」

モンモランシーの言葉に、ルイズは「だから?」というどうでも良さそうな顔をするが、一人、サイトだけは大きく動揺した。

「え?そんなに酷いのかギーシュ?悪いルイズ、俺ちょっとギーシュ見てくる」

するりとルイズの腕を離し、サイトはギーシュの部屋の中へと消える。

「あ……!!」

廊下に残される少女二人。

睨み合うかのように見つめ合っている二人はしばし口を開かない。

空気が重い。

そんな中、先に口を開いたのはまたもモンモランシーだった。

「ルイズ、言っておくことがあるわ」

「……何かしら?」

張りつめたような空気は臨界点に到達し、



「良くやってくれたわ!!」



弾けた。

「別に、私はギーシュがサイトに近づけなくしただけよ」

「今ギーシュは私が居なければ一人で歩くことが出来ない。子供のようにギーシュは私に頼り切っているのよ、ああ、可愛かったわ♪」

頬を赤らめ、夢でも見ていたかのようにモンモランシーはほころぶ。

彼女は、ギーシュの怪我を悦んでいた。

彼は今、生活の大部分を彼女に頼らざるを得ない。

ギーシュに頼られているという実感。

それが彼女を満足させる。

一種、充実にも似たこの感情を彼女が持ったことで、彼女はまた一つ変わるのだが、それがわかるのはまだ少し先のことだった。

「それより、せっかく二人を引き離してるんだから、そろそろサイトを連れて行きたいんだけど」

ルイズの言葉にハッとしたモンモランシーは、

「そうね、さっさと連れて行って頂戴」

ギーシュの部屋の扉を開けた。




***




「モンモランシー」

「なあに?」

時刻はお昼過ぎ。

あれから数日が経っていた。

モンモランシーは大半の時間をここで本を読むかギーシュを見ているかで過ごしていた。

当のギーシュはベッドで寝たきりである。

痛みはもう無いのだが、何故か腰に力が入らず、今だ一人では満足に歩行できない。

「僕の腰ってあとどれくらいで治るのかな?」

「え?」

ギーシュはモンモランシーに感謝しているのと同時、罪悪感が込み上げていた。

自分のせいで彼女の時間を拘束してしまっている。

それはとても申し訳ないことだ。

時は金なりというが、時間はお金を持ってしても買えることの出来ないものだ。

それを彼女に使わせているかと思うと、情けないやら申し訳ないやらで、ギーシュの罪悪感は募るばかりだった。

対して、モンモランシーはギクリとした。

彼の腰、それを治す方法は……無いことは無い。

ただすぐには出来ない……というより“材料”が足りないのでこれ幸いとほったらかしていた。

モンモランシーは医者では無いが、水メイジだけあって若干の医学を囓っていた。

モンモランシーの診断では、ギーシュは恐らく、脊椎を傷つけている。

脊髄でなかったのは不幸中の幸いだが、完治するには長い年月がかかるだろう。

最悪、放っておくだけの自己治癒力のみでは完治とはいかないかもしれない。

“その薬”を使わなければ。

生きていたからと、馬鹿にしてはいけない。

それほどの、怨念のこもった攻撃でもあったのだ。

そしてさらにそれは、長い年月ギーシュは誰か……今の場合モンモランシーに頼らなくてはならない事になる。

モンモランシーとしてはむしろそれは望むところだった。

彼に頼られ、依存される。

それを、彼女はここ数日満喫していた……のだが。

「僕は、早く怪我を治したい。何か方法は無いかな、モンモランシー……僕には、“君だけが頼り”なんだ」

「っ!!」

ギーシュの言葉に頬を真っ赤にする。



“君だけが頼り”



“君だけが”



モンモランシーの中に反芻されるギーシュの言葉は彼女の脳細胞を満遍なく刺激していく。

頼られれば応えたい。

でも、応えればこの夢のような時間は終わりを告げてしまうかもしれない。

彼女の中で、相反する二つの感情に板挟みにされ、彼女は思い悩む。

このままずっとギーシュに頼られ、彼の世話をしてあげたい。



「頼むよ、“僕の愛しのモンモランシー”、何か知っているなら教えておくれ」



“僕の愛しのモンモランシー”



“僕の愛しの”



“愛しのモンモランシー”



“僕のモンモランシー”



ギーシュの言葉がモンモランシーの脳内に埋め尽くされ、彼女の脳内のドーパミンが異常分泌される。

既に彼女には、ギーシュの一言一言が甘い囁きのようにしか聞こえていなかった。

脳髄までとろけそうになるその声に、彼女は意識的には無意識的にか、応えていた。

「あるにはあるわ」

「本当かい!?」

ハッと我に返り、しまったと思った時には既に遅く。

「どうすればいいんだい!?」

キラキラと、期待するかのような、無垢で信じ切っている少年のような顔でギーシュはモンモランシーを見つめる。

モンモランシーは、う、と少し狼狽えながら、やがて少々諦めたように、



「“精霊の涙”があれば多分……」



正直に応えていた。

「精霊の涙?」

「ラグドリアン湖に住む水の精霊の体の一部よ、水の秘薬を作ったりする時にも使うの。私の一族は昔からその精霊と契約を交わすしきたりがあって……」

「ということは君なら精霊に会って“精霊の涙”ももらえるんだね!?ああ、ありがとう愛しのモンモランシー!!」

「う!?い、愛し……?で、でも「ああ、助かった。これで動けるようになるんだ。本当に僕はモンモランシーが居てくれて良かった」……っ!!………………はぁ……」

モンモランシーは溜息を吐くと諦めたように頷いた。

「明日、一緒に行きましょう。でも精霊は気難しいからもらえないかもしれない。それだけは覚えておいて」

「大丈夫さ、君なら出来るよ。僕はモンモランシーを信じてる」

真っ直ぐな瞳で見つめられたモンモランシーはドキリとして、慌てて顔を逸らす。

「ま、まぁピクニック気分で行くのも良いでしょ」

それは照れ隠しのつもりだったのだが、



「ピクニック?成る程そうだね、それならサイトも誘おう!!」



ギーシュの突然の発言にモンモランシーは硬まった。



[13978] 【幕間】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/08/22 22:40
【幕間】


時は少し遡る。



「……う」



小さなうめき声を上げ、目を覚ました女性がいた。

女性は、目を覚ましたばかりのぼんやりとした意識のまま、ゆっくりと上半身を起こすと何気なく辺りを見回す。

そこは……小さな小屋の中のようだった。

彼女の記憶にこの場所は無い。

もともと彼女は定住地など無いに等しくもあったから、それほど珍しいことでも無いと思考を切り替えた。

「私は……」

どうしてここにいるのか。

だが、思考はすぐに遮られる。



「……起きたか」



突然、真四角なこの部屋唯一の……正面の扉から入って来たのは……赤いマントの男だった。

彼女は彼を知っている。

「モット……」

「フン、死んだような目をしてくれるなよ土くれ。私を誰だと思っている?貴様が今そうして生きているは私のおかげなのだぞ?別に恩着せがましいことを言うつもりは無いがね、死んだような目だけは止めてもらいたいものだ」

やや不満気味にモットはフーケ……マチルダのいるベッド横の椅子に腰掛ける。

ここはどうやら元は家具など殆ど無い無人の小屋だったようだ。

いくつか新しそうに見える家具、例えばこのシーツやモットの座る椅子、テーブルは買ってきたものだろうか。

首を回せばここにあるものは本当に少ないし、部屋自体も小さい。

自分が寝ているベッドも……いや、これをベッドと呼んでもいいものか。

「何だ?寝心地が悪いと贅沢でも言うつもりか?我が儘め」

マチルダの視線を敏感に理解したようにモットは不機嫌になる。

マチルダが横になっているのは、恐らく練金によって編まれた簡易ベッド。

モットが作ったのだろうが彼は水メイジ。

それほど練金の腕に覚えは無いのだろう。

造形は悪くないが、それにこだわりすぎて中身が無いようなベッドだった。

見た目はベッドに見えるが、それだけ。

寝心地は均した土の上に薄いベニヤ板を乗せてあるかのような、そんなものだった。

本当にここには特に何も無い。

マチルダがそう現状を分析し、そういえばどうして自分はここにいるんだっけと思考を遡り……口元を抑えた。

「うっ!!」

吐きこそしなかったものの、彼女の胃の中は荒れていた。

さっきのモットの言い方から、自分は長く眠っていたと思われ、胃には既に内容物など残っていない筈だが、思い出した大量の“血”の匂いに彼女の胃液は逆流しかけた。

口元を抑えたまま、彼女は慌てて自身の足に手を伸ばし……ハラリ。

ハラリ……?

「ってキャアァァァァァァァァ!?何で私何も着て無いのさーーー!?」

彼女は一瞬上半身が生まれたままの、一糸纏わぬ姿になり、慌てて腹部に落ちたシーツを胸元にたぐり寄せる。

「何を慌てている?安心しろ、私は女の裸など見慣れている」

「何を安心しろってんだい!?まさかアンタ私が寝ているのを良いことにあんなことやこんなことを!?」

「だから安心しろと言っているだろう。寝込みを襲うような真似はせん。するなら事前に言っておいてからするからな」

「全然安心できない!!」

マチルダは顔を真っ赤にして信じられない!!とモットを睨み付ける。

「やれやれ、ヒステリーを起こした女はこれだから……貴様、そんなことより足はまだ痛むのか?」

マチルダはハッとして足を見て……絶句する。

シーツの上から見た自分の片足は途中から膨らみが無かった。

自分の中の感覚も、無かった。

「う、そ……」

「残念ながらいくら私とて失われた四肢の再生はできん。せいぜいが血止めと傷口の縫合だった」

マチルダは顔を伏せる。

片足を失ってしまった。

これは致命的。

これから自分はどのように生きていけばいいのだろうか。

“彼女たち”への仕送りにも支障が出てしまう。

彼女の左足は膝より少し上の部分までしか無かった。

太股が四分の三程度残っているだけ、というべきか。

徐々に顔色が青くなっていくマチルダ。

そんな彼女に、



「まぁ貴様のことだ、“練金で義足”を作ることくらいワケ無いだろう」



「…………え?」



絶望という言葉で埋め尽くされそうになったそんな彼女に、実にあっけらかんとした物言いでモットは告げた。

「何を驚いている?貴様は土メイジだろうが。自分に合う義足くらいわけなく練金出来るだろう」

「義、足……?」

正直、その発想は無かった。

だが、出来なくは無いだろう。

リハビリ次第では、日常生活には問題無いかも知れない。

盗賊稼業は微妙だが。

「私もお前のリハビリがある程度形になるまでは貴様を面倒みてやるつもりだ。一時とはいえ同士となった仲だしな、このまま解散と行くには少々人情味に欠けるだろう。それでは私の貴族としてのプライドが許さんからな」

「っ!!」

マチルダは体を震わせた。

貴族としてのプライド。

そんな“つまらないもの”に振り回され、嫌悪までするようになったというのに、それが今、自分の胸の中を暖める。

モットは鼻下のくるりとした細い髭を引き伸ばしながら尊大な態度で話し続けているが、今のマチルダはそれを不快だとは思わなかった。

ただ、あの満月の晩に感じた、胸の高鳴りがまた、起き始めていた。

「ふむ、そうだ。忘れておった」

そんな時、モットが髭を弄る手を止め、急に真面目な顔になる。

「お前、これから……いや、リハビリが済んでからになるだろうが、どうするつもりでおるのだ?」

「……どういう意味だい?」

今は、先のことはあまり考えたくなかった。

「いや、ついこの前、“あの若造”がようやくコンタクトを取ってきたのだが」

「若造……?ああ、“風の旦那”かい。集合に遅れたからてっきりくたばったものかと思っていたよ」

マチルダが軽薄そうに笑うが、モットは眉を寄せ、



「その通りだ、奴は死んだ」



意外な一言を、言ってのけた。




***




浮遊大陸、白の国アルビオン。

そのアルビオンから、重力によって空中に流れ落ちる水が液体から霧状に霧散して行き、綺麗な白煙となって大陸を包む。

人間が殺し合おうが政権が変わろうが、美しいこの景色に特筆すべき変化は無い。

アルビオンは王党派が倒れ、神聖アルビオン共和国として生まれ変わる。

それでもこの大陸そのものは変わらない。

「そうは思わないかね?」

太陽の光の届かぬ暗い一室。

ハルケギニアでは一番太陽に近いアルビオンで、その恩恵を受けないでいるとはなんとも勿体ない話である。

だが、“彼”はそんなことは気にせずに自身の前に跪き、頭を垂れている男に話しかける。

「………………」

聞かれた男はこの暗がりの中、目深く羽根帽子を被り、頭を垂れているせいで生えている長い髭が床に触れてしまっている。

男は“彼”の言葉に応えない。

ただただ頭を垂れ、忠誠を表すかのように傅くのみである。

“彼”はそんな彼の態度に怒りを覚えるでもなく、自身が座る“玉座”の肘掛けに肘を付いて顎を支え、男を見やった。

その“立場”故なのか、少々痩せ過ぎなきらいがあるようにも見受けられる“彼”は、肩まで伸びてカールしている金髪を残りの手で弄んで“男”の言葉を待つ。

男は今だに口を開かない。

やや痺れを切らしたのか、代わりに“彼”が再び口を開いた。

「私はね、君をとても重宝している。“今の君”でもそれは変わらない。わかっているとは思うが次はトリステインだ、君の協力がまた必要になるだろう、無論、そうなればやってくれるだろう?」

「……はっ」

男が初めて小さく口を開き、応える。

「私は今のまま“変わらない”つもりはない。……君には期待しているよ」

「……御意に、“閣下”」

男の言葉に満足そうに“閣下”と呼ばれた“彼”は笑うと、男に退室を促した。

男はゆっくりと立ち上がり、一礼して玉座に背を向ける。

それを見届けた“彼”はおもむろに自身の指に嵌っている“指輪”を撫で始めた。

「……これがあれば君は何も恐れることは無いんだよ、“ワルド”」

ククク、と玉座に座ったまま彼はかみ殺すようにして笑う、いや嗤う。



“彼”こそ現神聖アルビオン共和国初代皇帝、オリヴァー・クロムウェルその人であった。




***




妙な気分だ、と謁見を終えた男は与えられている自室に戻りながら思う。

自室には柩が一つあるだけだった。

ベッドもテーブルもクローゼットも無い。

いや、正確には“今の自分には”必要ない。

男は柩を開ける。

途端、鼻につく異臭……血の臭いが部屋中に充満する。

だが男はそれにも眉を潜めることすらなく、柩の中を見据える。

妙な気分だ、と思う。

柩の中にはよく見知った顔と体があった。

これは比喩でも何でもない。

本当に、見知った“顔と体だけ”がそこにあった。

腕は両方無く、足も両方無い。

首は血塗れの体と繋がっているが、目は柔らかく閉じられ、開くことは無い。

顔だけは長い髭を生やしながらも整った紳士の顔だった。

このダルマのような肉体に、使い道はあるのだろうかとふと思う。

“仮に”この“死んだ肉体”が意志を持って動くとして、役に立つのか、と。

男はここで初めて嫌そうな顔をした。

それは奇しくも、彼がここ最近滅多に表さない感情の起伏だった。

腕もなく足もないこの体が、どう役に立つのか、男には想像がつかない。

仮に役に立ったとして、それはあまりにも惨めな姿ではなかろうか。



「……ふん、惨め、か」



自嘲する。

今更惨めだからなんだと言うのだ?

男は柩の中の“自分と全く同じ顔”を見つめる。

本物は……この物言わぬ柩の中の自分なのだ。

男は風のスクウェアスペルによって編まれた存在、遍在体だった。

彼はアルビオンの皇太子暗殺まであと一歩だった。

ところが本体……本物の自分が死んだ事を悟って、それ以上攻めるのを止めた。

あのまま行けば、皇太子の首を取る代わりに、自分はここにはいなかっただろう。

精神力で編まれたこの体は、本体が無くなった以上、ただの“消耗品”でしかない。

幸か不幸か、皇太子暗殺の為に普段より強く編まれているが、すでに自分には魔法を行使することは出来ない。

いや、正確に言えば、魔法を行使すればそれだけ遍在体としての寿命が無くなるのだ。

精神力の無への回帰。

それは今の自分の“死”を意味する。

いや、既に本物の自分は死んでいるのだから、“死”という概念はおかしいのかもしれない。



本当に、妙な気分だ。



偽物の自分が本物の死体を見つめる。

通常なら、あり得ざる事だ。

本体が死んだのなら、この身も消えてもおかしくはなかったのだから。

故にこの体では魔法は使えない。

使えば消える。

だが消えても“閣下”は復活の約束をして下さっている。

一度閣下の御業……魔法を見たことがあるが、自分もああなるのだろうか。

従順な死者の復活。

それは自分が自分でなくなるかのような不安。

今はまだ、偽物なれど自分という概念はある。

だが、この身が無くなって復活させられた時、そこに“自分”はあるのだろうか。

魔法が使えぬ本物の心を持った偽物の体か、魔法を使える本物の体を持った偽物の心の自分になるか。



どちらにしろ、惨めだ。



男……死んでいるジャン・ジャック・フランシス・ド・ワルドは溜息を吐いて柩を閉じた。

どちらにしても、残りの時間は少ない。

この遍在体とて、存在しているだけで消耗していく。

ならば、やれることはやっておき、やるべき事を為すだけだ。

ワルドはマントを翻すと自室を出て行く。



その背中が、ほんの一瞬霞んでいた。



[13978] 第五十九話【警鐘】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/07/13 18:18
第五十九話【警鐘】


どうしてこうなった?



サイトは四苦八苦しながら馬車の手綱を握る。

だいたい、どうやればいいのかなんて簡単なレクチャーしか受けていないのだ。

そりゃあ四苦八苦しても当然である。

いやいやいやいやそれはともかく。



どうしてこうなった?



フローラルな香りが鼻腔をくすぐり、首筋に細く長い桃色の髪が触れる。

肩には人の重みと暖かみ。

それはサイトが手綱を操るのに四苦八苦するもう一つの理由でもあった。

ガタガタと触れる馬車の御者台の上。

そこにサイトはぴったりとくっつくルイズと一緒に乗っていた。

ルイズは目を閉じ、バスケット片手に微笑みをたたえている。

そんなルイズをちらりと一瞥して、サイトはまた正面を見据える。

ルイズの感触が彼の冷静さを奪い、いつまで経っても手綱を握る手は安定しない。

(道、あってるのかなこれ?)

真っ直ぐ行けば良いと言われたが、当然の如く地理に明るくないサイトは不安で堪らない。

不安にまみれ、感触に緊張して、手綱を持つ責任感で、時々首にかかる吐息で、サイトは出発して数時間後になる今、既に疲れ切っていた。

ピクニックってこんなに疲れるものだったのか?とサイトは内心で溜息を吐く。

何でも本来の目的は療養……ギーシュの腰の特効薬を作るためらしいが、綺麗な湖があるところだそうで、ピクニック気分で行くつもりだとのこと。

だが一緒に行く三人……もともと行く予定だったギーシュとモンモランシー、そしてサイトが行くとなれば当然ついてくるご主人様……は皆貴族である。

普通に考えて唯一の平民であるサイトが御者をやるのが当たり前だった。

ギーシュとモンモランシーは背後の馬車の中にいる。

この薄いカーテン一枚向こうに、モンモランシーに膝枕されて横になっているのだ。

畜生、少し羨ましいぞ……と思っていたのは出発してほんの三分程度だった。

ルイズも馬車の中にいるものだと思っていたらそんなことは無く。

サイトの横にピッタリと張り付いて一緒に御者台に座っていた。

最初ルイズはサイトがギーシュとピクニックに行くと言い出した時、杖を振るのもやむなしかと思ったものだが、これはこれでいい結果になった。

薄い布一枚とはいえ、他の二人という名のオマケ共とは隔たっているし、こうしていると世界に二人きりになったような錯覚さえ覚える。

毎日のように共にする閨でもそう思うが、昼間から隔絶された空間に二人きりという環境は、むしろ彼女にとって天国に等しかった。

サイトさえ居ればいい。

そう思い続けた彼女はいつからか、サイト以外のものに“魅力”というものを感じなくなっている。

クックベリーパイでさえ、サイトと比べると超えられない壁があるのだ。

故に、サイト以外のものを煩わしく思い、サイト以外のものを求めない。

サイト以外のものは不要として、この世にはいらないものが溢れているとさえ思う。

既に“壊れている”彼女の心は、今日も順調に病んでいた。




それが彼女にとって、悲劇を招くとも知らずに。




***




「あの、モンモランシー?」

「なぁに?」

「いや……その……」

ゴトゴトと揺れる馬車の中。

ギーシュは横になりながら後頭部の感触に参っていた。

目を開ければつぶらな双眸が自分を見据えていて、目を閉じれば頭の感触が気になって仕方が無くなる。

なんて悪循環。

サイトは御者台でルイズとくっついていると聞いて、女性と寄り添っているなんてなんて羨ましい……などと思っていたのは出発してからほんの三分ほどで止めた。

それどころの話ではないのだ。

座るのは正直辛いから馬車内で横になって行くことにも不満は無い。

無い、が膝枕は正直どうなんだろう?

別に膝枕で無くとも普通の枕を持参すれば良かったのではないか?

いや別にモンモランシーの膝が嫌なわけではない。

むしろすこぶる気持ちが良い。

気持ちが良すぎて、ムラムラしそうになって……困る。



─────────ああ、良い“香り”がする。



ギーシュが自分を抑えるかのような必死な形相で目を閉じるのを見て、モンモランシーは妖美に嗤った。




***




「……ナニコレ?」

サイトの第一声はそれだった。

到着して見たのは辺りは見渡す限りの水。

これが見に来た湖なのかとも思ったが、遠巻きに村が水没しているのを見てこれは異常だと理解するのにそう時間はかからなかった。

「水の精霊が怒っているのね、何かあったんだわ」

モンモランシーは馬車の窓からその有様を見て、おおよその現状を把握した。

膝元を見やるとギーシュは寝息を立てている。

先程眠ったばかりなのだ。

どうするか話すにしても起こすのは忍びないし、自分もせっかくだからこのままで居たい。

馬車の小窓からルイズにアイコンタクトを取ると、彼女はそれを正確に理解したのか頷いてサイトを連れて二人で何処かへと向かいだした。




────────小さな小瓶からの芳香が、馬車内に充満していた。




一方、本当に正しくモンモランシーの意志を読み取ったルイズは、バスケットを片手にサイトを引き連れてやや新緑深い森の中に足を踏み入れていた。

鬱蒼とまではいかないが、湖の周りは森に囲まれ、特に街道の両端は林になっていて、悠然とした自然を感じる事が出来る。

ルイズは林を通りながら湖の水が見える少し開けた場所を探し歩き……見つけた。

そこでは、透明な湖に太陽の光が降り注ぎ、風によって波打つ水面に反射する様が美しく鑑賞できた。

「サイト、ここで食事にしましょう」

ルイズはバスケットの中に手を入れると、薄い布を取り出し、草木生い茂る地面へと敷いた。

バスケットを敷物の上に置き、靴を脱いでスカートをお尻の下に持って行きながら流揚な仕草で艶やかに座る。

ふわり、と風で前面のスカートが揺れた。

サイトはその“女性らしい仕草”に目を奪われ、つい硬まってしまった。

ルイズはバスケットからいろいろなサンドイッチを取り出す。

それは洋風のお弁当とも呼べるメニュー。

サイトはハルケギニアに来てから日本人の主食たる米を食べていない。

ここはそういう場所なんだと割り切っても時々米恋しくなるが、かといってパン食が嫌いなわけでも無い。

「おお、美味そうだな」

「はいどうぞ」

取り皿を渡され、我に返ったサイトは座ってサンドイッチにかぶりつく。

「ん、美味い!!」

鶏肉とマスタードをサンドしたものはマスタード加減が絶妙だし、卵サンドはマヨネーズ加減が上手い。

実際ハルケギニアにマヨネーズがあるのかはサイトにはわからないが、それは確かにいつも食べる、そして自分の知る卵サンドの味だった。

ハムと野菜サンド、ジャムサンド、フルーツサンド……順番に頬張っていくうち、何処か既視感を感じた。

「……あれ?」

「どうしたの?」

「いや、このメニュー……どれも美味しいし好きなんだけど……なんかデジャヴが……あ、そうか。これこの世界に来てから食べたメニューと同じなんだ」

「ええそうよ」

ルイズはにこやかに微笑んだ。

「あの時サイトが美味しい美味しいって言ってたから……」

ルイズはあの時の何気ない言葉を覚えていてくれた。

それできっとマルトーさんに頼んでこのメニューのお弁当を……。

サイトの中にそんな感謝の念が渦巻き、お礼を言おうと口を開きかけた瞬間、



「だから、私が作ってきたの♪」



……ナンデスト?




***




お忘れの方も多く、それをルイズの周りの人間が知る術は無いが、ルイズの実年齢……もとい実際に生きた年数は●●である。

女性のプライバシー保護の為に伏せ字にしたが、彼女はその生きた年数の半分は調べ物に費やしていた。

ちなみに『実年齢』 = 『実際に生きた年数』とは必ずしもならないことをここに追記しておく。

それはさておき、彼女の凄い所は理解力の高い所だ。

本を見て、少し練習しただけで、彼女は意外にもあらゆる事をマスターしていった。

もともと座学が優秀だった彼女は、やむを得ない“魔法の実践”以外の才能は非常に高かった。

サイトがいなくなってから最初の一年は、彼女はサイトと再会する方法以外のことも気分転換と称して調べ実践することがあった。

料理もそのうちの一つである。

ルイズは膝上にあるサイトの頭、その髪を優しく撫でながらサイトの寝顔を見つめた。

その顔を見て、このまま襲って既成事実を作ってしまおうかしら?と少し悪魔が囁かないでも無い。

なにせサイトはいつか、ギーシュに誘われて“魅惑の妖精亭”なる“ボインボイン亭”に行こうとしているらしいのだから。

だが、そうなるのはサイトの望んだ時と決めている。

それに今日、サンドイッチがルイズのお手製であることを知ったサイトは仰天し、何度もお礼を言った。


『凄いなルイズ、きっとルイズは良いお嫁さんになれる』


それに気を良くしたルイズは舞い上がり、気分はすっかりサイトのお嫁さんだったので、そんな内なる邪心はラグドリアン湖にゴミ屑のごとくポイ、だった。

その後、食事を終えてサイトが眠いと言い出した時、即座にルイズは自分の膝を叩いた。

今朝出発する時、ギーシュのことを羨ましそうな目で見ていたじゃない、と言われサイトは顔を赤くしながら渋々とルイズの膝に頭を預け、疲れていたのかすぐに眠った。

それから数時間。

ルイズはただただサイトの寝顔を見つめて満足していた。

いつかサイトの為に振るいたいと思って覚えた料理も喜んでもらえて満足した。

太陽はその身を隠し、夜の帳に二つの満月が昇り、湖の水面にその姿を輝き映す。

辺りは静かで、聞こえるのは小さなサイトの寝息とルイズの息づかいだけだった。

ふと、そんな無音に近い環境で、



「サイト……また貴方に会えて良かった。もう私は二度と貴方を失いたくない」



ルイズは泣いているような声で、小さくそう呟く。



「また……ってなんだよ?」



いつの間にかサイトの寝息が止んでいた。

サイトが目をぱっちり開けて不思議そうにルイズを真っ直ぐ見つめる。

ルイズはサイトが居て、サイトだけが今一緒に居て幸せだった。

こうなれば何もいらなかった。

“壊れた彼女の心”は、他の……別な“感情”など考える余地は無かった。

だから、話す。

話してしまう。



「……私は一度サイトを失ったの。サイトは私の身代わりにいなくなってしまった。その時の私は素直になりきれなくて凄く後悔した」



「何だ?何を言ってるんだルイズ?」

ルイズの懺悔するような言葉に、サイトは何か嫌な予感がしだした。



「後悔して、散々いろいろやって……けどどうしようもなくて。私は後悔の念を抱きながら生涯を終えたと思ったら……どうしてかはわからないけど、サイトが召喚されるよりずっと前に“戻っていた”」



サイトの中で警鐘が激しく鳴る。

これ以上聞いてはいけない。

聞けばもう、“このままではいられなくなる”と。



「私は、その日からサイトにまた会うためだけに生きてきた。今度はずっと一緒に居るために」



ルイズは潤んだ瞳でサイトを見つめ……彼の異変に気付く。

「……んだよ……なんだよ、それ……」

「サイト……?」

「何だよそれ!?」

サイトは起きあがって敵でも見るかのような目でルイズを睨む。

「サイト?私はただ貴方が好「止めてくれ!!」……」

ルイズが終ぞ、言うことの出来なかった言葉を口にしようとして、遮られる。

「……お前が好きなのは俺じゃない」

「!?何を言ってるのサイト?私は……」



「お前は……お前は俺が好きなんじゃなくて、“お前の知る”、“お前を知ってる俺”が好きなんじゃないか!!」



月夜に浮かぶ満月の光に照らされて、一人の少年の瞳に涙が溢れていた。



[13978] 第六十話【離別】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/07/21 00:15
第六十話【離別】


ルイズにとって、言われた言葉の意味も何が悪かったのかもわからない。

ただサイトに、



「……ルイズが見てるのは俺じゃない。もう俺に、近づかないでくれ」



そう言われ、、彼女は思考……考える事を停止した。

彼女の意識的な行動するという行為を放棄して、ただその場にへたり込む。

胸にある銀の太陽が、鈍色に虚しく輝いていた。




***




サイトにとって、最初それは信じられないような話であった。

理由もわからずに時を超えた……遡っていたという話。

時を遡る前に自分じゃない自分と会い、自分じゃない自分を失って後悔したという話。

どれも信憑性の無い話ではあったが、疑いはしなかった。

それは彼女が、今まで嘘をついたことが無いからだ。

それだけ自分は信頼されていた、と思えるのと同時に、本当に信頼され好意を向けられていた相手は自分ではないという結論に至る。

ルイズが見ているのはルイズの知る平賀才人であって、今の自分である平賀才人ではない。

何故ならルイズがこうまでして惚れ込む平賀才人が何をやったのか、どう同じ時を過ごしてきたのか、自分は知り得ないからだ。

それは、何とも形容出来ない怒りと悲しみをサイトに与えた。

彼の中で芽生えていた想い。

それを根底から覆されたかのような、裏切りにも等しい行為……いや好意。

今までに自分がされてきたことは、彼女の知るサイトの為だったのかと想うと、急に彼の中に冷たい風と、悲しみの嵐が吹き荒ぶ。

サイトはルイズに背を向けて彼女から離れる。

背中に視線は感じるが、振り向かない。

サイトは駆けだした。

一刻も早くこの場から去りたい。

ルイズと距離を取りたい。

このわけのわからない、わかるけどわかりたくない感情を投げ捨てたい。

サイトはその一心でがむしゃらに走って、背中の視線を感じなく程遠くに行く。

走って。

走って。

走って。

転びそうになっても走って。

走って、走って、走って。

息が出来なくなるほど走って。

気付けばサイトは湖の正面に居た。

ぜぇぜぇと息を切らして、大木に背を預けてそのまズルズルと下がって腰を下ろす。

パーカーの袖で何度も目元を擦る。

何度も何度も。

何度も擦る。

これは涙なんかじゃない、そう思いながら何度も目を擦る。

擦って擦って、目が痛くなるほど擦る。

と、急に背負っていた剣が鞘より飛び出した。



『相棒!!ここから離れろ!!』



何事だよ、今はそっしておいてくれ、と思ったのはほんの一瞬。

ハッと気付いたのは水面に飛んでいく大きな火の塊だった。

ザブンと音を立てて湖に沈んでいく火球は水飛沫を大きく上げて、サイトの居る場所まで降り注ぐ。

それが合図だったかのようにたくさんの火球が湖へと落ちていく。

が、驚きはそこで止まらなかった。

湖の水が大きくうねりを上げて、自然にとは思えぬ大波を作りだし、津波のような様相でサイトから見て反対の岸の陸地を襲う。

「な、何が起こっているんだ……?」

サイトが立ち上がってその津波の先を見やると、その津波を避けるようにして飛び立つ黒い二つの影があった。

空に昇る満月に浮かぶ二つの黒点。

それは段々とこちらに近づいてくる。

……近づいてくる?

「ええっ!?」

慌てふためいた時には遅く、サイトの傍にその二つの影……夜闇に黒いローブとフードを纏った二人の人間が降りたって来る。

サイトが呆然とそんな二人を見つめていると、ザパァン!!と大きな水の音がした。

「え?」

『え?じゃねぇ!!来るぞ相棒!!こりゃでけぇ!!』

先程のおよそ三倍はあろうかという水のうねりが、津波となってサイトを含めた三人に襲いかかろうとしている。

黒いローブの二人が対応するかのように杖を構えるのと同時──────ガサッ──────後ろの林から物音がした。

途端、今まさに三人を飲み込まんとばかりの大きな水のうねり、津波が流体物質のように止まる。

ゆらゆらと漂うように水が空中で固定される。

それはまるで、水に意志があるかのようだった。

「止まっ、た……?」

サイトがデルフを構え、今にも覆い被さらんとした状態で静止した湖の水を見て、呟いた。

「止まったんじゃなくて、止めてくれたのよ」

と、背後から声がする。

振り返れば、そこにはギーシュに肩を貸しながらこちらに近寄ってくるモンモランシーがいた。

ギーシュは何故か、所々服が着乱れている。

ここに来るまでに何かあったのだろうか。

いやいやいや、今はそんなことを考えている場合ではない。

モンモランシーはギーシュに肩を貸しながら水を見据え、何やら呟く。

すると水がうにょうにょと湖に戻っていき、湖上に人型サイズの水が作り出された。



『覚えている。私はお前を覚えている』



人型サイズの水は形をモンモランシーそっくりに変えてスーッと水面を滑り、岸ギリギリまで近づいていくる。

声がした。

自分たちでもわかる、凛とした透き通った声。

そこに濁りは無く、まるでこの湖のように透明な声。

『“単なる盟約者”の末裔よ、私はお前を傷つけるつもりはない。ただ、襲撃者は排除するのみ』

ザパァ、と水柱がモンモランシーを象った水の精霊の両脇から吹き上がる。

「そう、私達に敵意が無いなら話は早いわ。本当は順序をふまえて貴方を呼び出したかったのだけれどこうなってはしかたがないものね。盟約者としては貴方の危険に参じる必要があるし」

盟約なのだ。

一方にのみ利潤がある契約ではない。

『……呼び出す、と言うことは用があるのか。何用だ、“単なる者”よ』

「貴方の体の一部を分けて欲しいの。彼の怪我を治すのにどうしても必要なのよ」

サイトはハッとする。

そうだ、今日はその為にここまで来たんだ。

『……“単なる者”はたった今私を襲撃した。その同胞を助けろと?』

う、とモンモランシーは黙る。

全く持って交渉の旗色が悪い。

タイミングは絶望的に悪いのだから、仕方がないと言える。

(まぁ、それはそれでいいんだけど)

ビクッとギーシュの肩が震えた。

そんな一人と一精霊の会話に、突如として口を挟む者がいた。

「言ってくれるじゃない、もともとは貴方が水嵩を増すから私達が来たのよ」

それは襲撃者の一人だった。

水精霊の言葉に憤るような口調で、黒いローブを纏う一人が、フードを取る。

「あ……え……?」

サイトは口をあんぐりと開けた。

そこにいたのは見知った顔だった。

灼熱色の長髪に、黒いボディ。

「キュ、キュルケ!?」

彼女はルイズやモンモランシーと同級のキュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストーその人だった。

『それは違う。私は自分から行う争いは好まない。“単なる者”は私の秘宝『アンドバリの指輪』を盗んでいった。私はそれを取り戻そうとしているにすぎない』

「なんですって……?」

モンモランシーが目を丸くする。

それを見て、もう一人の黒いローブの人物がフードを取り、その蒼い髪を月夜にさらけ出した。

タバサだった。

サイトを除いた人間……四人が精霊の前で話し始める。

どういうことなのか。

どうすればいいのか。

サイトは蚊帳の外だった。

いや、これは今に始まった事ではない。

いつも、サイトはこのハルケギニアに対する深い事情の話には参加していなかったし、出来なかった。

別にイジワルされているわけでも、避けられているわけでも無い。

ただ、サイトに言った所でわからないのだ。

異世界の住人である彼には、ハルケギニアでの常識が無い。

だが、こんな時はいつも……、

「なぁ、それってどういう……」

サイトは振り向いて尋ねようとし、誰もいない森を見てすぐに押し黙る。

いつもそこに居る存在。

そこに居るのが当たり前で、こんな時だっていつも面倒くさがらず今起きている事を懇切丁寧に説明してくれる少女。

それが、今は居ない。

何を今更。

先程自分から近づかないでくれと言って離れたばかりではないか。



……ルイズがいないと、俺は何も出来ないのか。



今の状態が、サイトの中に深く突き刺さる。

話は佳境に入ったのか、ギーシュが、

「馬鹿な、クロムウェルだって!?神聖アルビオンの王じゃないか!!いや……つまりはそいうことなのか!?」

興奮冷めやらぬ口調で話していた。

どうやらそのクロムウェルなる奴が悪いらしい。

クロムウェルって誰だ?

わからない。

わからない。

わからない。

わからないわからないわかならない。



……ルイズがいないと、俺は何も出来ない。



サイトが頭を抱えていると、



「サイト」



急に声をかけられた。

ハッとする。

今の声は……、

「どうかしたのかい?水の精霊が何故か君に話があるようなんだけど。どうにも“精霊の涙”や増水の停止の為に僕らが何とかアンドバリの指輪を取り戻すって約束したんだけど、約束する“単なる者”は君がいいって言うんだ。ああ、“単なる者”って言うのは僕ら人間のことさ、精霊は僕らをそう呼ぶんだよ」

ギーシュだった。

一瞬、胸に寂しさが募る。

今、この声が誰であれば良いと期待した?

「おーい?サイト?」

ギーシュが不思議そうな顔をしているのを見て、サイトは慌てて考えるのを止めた。

「あ、ああ、約束だな、わかった。でもどうすればいいんだ?出来る約束ならするし俺も手伝えるなら手伝うけど、俺は何どうすればいいのかサッパリだぞ?」

「その辺のことは今度詳しく話すよ。僕らだけの手に負える話じゃなさそうだし」

「そうか」

ギーシュとの会話を纏めた時、頃合いを見計らったかのように水の精霊がサイトを見た。



『“ガンダールヴ”、“今だ”制約を果たす気があるか?』



「……?ああ、よくわからないけど出来ることはやる。俺もギーシュを治したいし」

どことなく言い方に疑問が残るが、サイトは水の精霊と約束する。

『定めから外れようとも、変わらぬ事はある。あるいはそれは、“崩壊への序曲”。だが私が指輪が無ければ求めるように、それはお前達も変わらない。ガンダールヴには世話になったことがある。ガンダールヴの言葉なら“今一度”信じよう』

ガンダールヴ。

水の精霊が言っている事もその言葉も何のことかサイトにはよくわからない。

わからないから、無理矢理解釈することにした。

(昔俺と同じような奴が居て、そいつに助けられたことがあるから、そいつみたいな俺を信じるってことか?……またかよ)

サイトは少し表情を曇らせる。

水の精霊はサイトを見て、ぶくぶくと湖に沈んでいく。

その視線がふと、この場の誰でも無い、ある一点の森の中へと向けられた。



『“崩壊への序曲”か、それとも“創世への橋渡し”か……お前達と“時の概念が違う”私は、“お前も覚えている”』



水の精霊は何処までも透き通った透明な声でそう言葉を紡ぐと、水の中に完全に消え、増水していた水がみるみる引いていっていた。

皆、水の精霊が何のことを言っているのかよくわからない。

ただ一人、サイトだけが水の精霊が見た方を見て、そっちは“ルイズが居る方角”だと、そう思っただけだった。



そんなサイトを、一人の少女が見つめる。



「ガンダールヴ……神の左手……左手に大剣右手に槍……槍?………………イー、ヴァルディ?」



呟かれるのは水の精霊が残した言葉と別の言葉。

その少女の蒼い髪が、風で揺れる。

その視線の先で、



サイトの首から下がる三日月が、双月の光を受けても反射せず、ただ鈍色に揺れていた。



[13978] 第六十一話【抜殻】
Name: YY◆90a32a80 ID:870f574a
Date: 2010/07/21 19:53
第六十一話【抜殻】


窓から太陽の日が差し、ハルケギニア大陸が一国、トリステイン王国の魔法学院にも朝を告げる。

差した日は明るく部屋内を照らし、天蓋の付いたベッドに腰掛ける少女の顔を照らした。

少女は桃色の髪を元気なく垂れ下げて微動だにせず、ただ虚空だけを見つめ、さながらその様は、まるで“抜け殻”と呼ぶのに相応しい。

その鷲色の瞳の下には黒い隈が出来ていて、彼女が殆ど眠っていないことが窺える。

よく見れば、彼女の頬は若干痩せこけてもいた。

それも無理の無い話だった。

彼女は元々よく食事を摂る方では無かった。

“目の前のとある事象”、すなわち“ある人物の食事する様”を見るだけで胸もお腹も一杯になって普段からそんなに食事を多く摂っていない体であるのに、既にもう三日はまともに食事を摂っていない。

それでも、彼女の身なりが一応の水準を保っているのは、



……コンコン。



「……入るわよ」



返事を待たずにして入室してきた隣室の同級生である彼女、褐色肌に長く情熱的な赤髪のキュルケのおかげだった。

「おはようルイズ」

声をかけてもルイズは返事もしない。

彼女はただベッドに座ってずっと壁……虚空を見つめていた。

生きる気力など微塵も感じられず、ただ無気力に時が流れることに身を任せ、“死”を待っているかのようでさえあった。

「ほら、今日こそはちゃんとご飯食べない?」

初日から似たようなやり取りをしているが、ルイズはあの日からまだまともに自分から行動……いや思考するということすらしていない。

あの日、あのラグドリアン湖の一件があってから、彼女と彼女の使い魔の関係は明らかにおかしかった。

釈然としないまま学院へと戻った後、ルイズの使い魔に何があったのか問い詰めてみると、



『あいつは、俺を俺じゃない俺……“別人”と重ねて見ていたんだ。俺がそいつに“似ていた”から。でも俺はそいつじゃない。俺はそいつのことも知らない。だから、“お前が見てるのは俺じゃない”って言ったんだ』



それから早三日。

ルイズの使い魔は一度も主人の元には戻っていない。

いや、どうにも学院にすらいないらしい。

今のルイズを見て、張り合いの無くなったつまらない相手だと思う一方、少なくとも一年以上共に過ごした友人としてどうにか元気に戻って欲しいと思う気持ちがある。

その気持ちから彼女が“こう”なった原因であるような彼に怨み言の一つでも言いたくなるが、彼の気持ちもわからないでもない。

真偽の程はともかく、彼は彼女の好意が別人というフィルターを通してのものだと知ったと言っている。

キュルケの目から見て、彼はきっとルイズに惹かれていただろう。

だからこそ、その事実は辛い。

無論事実なら、という枕詞が付くが、キュルケにも思い当たる節が無いワケでは無かった。

ルイズは、一言で言えば異常だった。

その情熱的な愛は羨ましく思える一方、突然すぎた。

彼女とは一年時を一緒に過ごしたが、彼女はやや高飛車なところがあって扱いにくい少女だった。

無論自分とてその点はあるが、彼女は富に殿方に一歩引くという性格では無かった。

ところが、彼女が彼を召喚して以降、彼女は人が変わったように彼を溺愛していた。

その時は羨むほどの灼熱の愛を手に入れたんだと思ったものだが、こうなってから鑑みれば、それは確かにおかしな、妙な出来事でもあったのだ。

そう思うと彼を責める気にもなれず、かと言ってもう友人と言っても差し支えない彼女を放っても置けず、キュルケは毎日無反応の友人の面倒を見る、というやや鬱屈した日々を送るハメになっていた。

だが、ルイズは悲しいまでに手がかからない。

よく言えば為されるがままだが、悪く言えば自分からは一切合切何もしないのだ。

それは食事や湯浴みでさえも。

毎晩湯浴みこそ無理矢理連れて行っているキュルケだが、食事はどうしようも無かった。

置いておいても食べないし、無理矢理口に押し込んでも咀嚼しない。

怒ってもぼうっと虚空を見つめているのみで、こちらに意識すら割こうとしていない。

水程度なら水差しで無理矢理飲ませられるが、精々それが今できる限界だった。

見れば彼女はあの日からほぼ眠ってもいないことを目下の隈が物語っている。

そろそろ睡眠薬か魔法で強制的にでも眠らせるべきか、とキュルケは思案していた。



そんな時だった。



「失礼、こちらがヴァリエール公爵家が三女のご令嬢、ルイズ殿のお部屋だろうか」

一人の女性が部屋を尋ねてきた。

キュルケには見たことも無い女性で、それが恐らく学院関係者では無い事を悟らせた。

「どなたかしら?」

「友人がいたか。これは重ねて失礼。私はこの度アンリエッタ姫殿下により建設された“銃士隊”の隊長、アニエス・シュヴァリエ・ド・ミランと言う。以降お見知りおきを。アンリエッタ姫殿下の命によりルイズ殿にお目通りを願いたいのだが」

アニエスと名乗ったやや年配の女性(二十歳前半、だろうか)は、鎧を身に纏い、剣を腰から下げ、銃もいくつかぶら下げていた。

スレンダーボディの女性のようでありながら、それを難なく着こなしているあたり、相当な人物なのだろう。

だがはて?

“銃士隊”などという隊がこのトリステインにあっただろうか。

「首を傾げるのも無理は無い。銃士隊はほぼ平民出身者で形成されている上まだ建設されて日が浅い。一般への情報の流浪はまだ時間がかかるだろう。しかしながら私は正真正銘姫殿下の命により参った次第。これを見て頂ければわかるかと思う」

そう言ってアニエスが取り出したのは、確かに王宮の印がある羊皮紙だった。

それは確かな証拠ではあるが、得体の知れない人物に違いは無い。

そんな人物に今のルイズを見せても良い物かと迷ったが、

「おや?ルイズ殿は何かあったのか?」

既に部屋に入ってこられている時点で、それが遅い杞憂だと気付く。

アニエスはルイズの様子を見て、若干訝しがるものの、すぐにこれも任務だと開き直り、

「お初にお目にかかります、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール殿。アニエス・シュヴァリエ・ド・ミランと申します。姫殿下の命により、貴方をお迎えに上がりました。何でも、信用の置ける者のみを早急に集めたいそうなのです」

相手は公爵家の令嬢とあって、いくら年長とはいえアニエスはルイズに頭を垂れる。

しかし、ルイズは反応しない。

「無駄よ。今ちょっとあって彼女ここ三日くらいずっとそうなの」

キュルケが肩を竦めて見せると、

「ではやむをえん。このままお連れしよう」

アニエスは無理矢理、しかし丁寧にルイズを担いだ。

華奢に見えるが、これだけの重装備でケロリとしているあたり、かなり鍛えられていることが窺える。

「なっ!?ちょっと!?」

「学院長に姫殿下からの書状は提出してある。それでは失礼する」

有無を言わさずアニエスは出て行き、ただ為されるがまま、ルイズは振られながら連れて行かれる。

キュルケはそのアニエスの勢いに、呆然としながら見送るしかなかった。




***




「美味い……ってか懐かしい味がするなこれ」

サイトは、渡された取り皿にどんどん目の前の鍋の中身を入れていく。

「そうですか?これは私の生まれたこの村の名物『ヨシェナヴェ』って料理なんですけど、気に入って頂けて良かったです」

ニッコリと笑う艶のある短めの漆黒の髪の少女、シエスタは微笑む。

三日前、サイトは学院内を一人でうろついていた。

どうしていいのかわからず、かといってルイズには頼りたくないし、あの部屋に戻りたくもない。

そうしていると“偶然”学院付きのメイド、シエスタに呼び止められた。

シエスタの「どうしたんですか?」という質問に、サイトはどう説明していいかもわからず、幾分悩んでからとりあえず無難にルイズと喧嘩した、と答えをはぐらかした。



故にサイトはこの時、シエスタの表情をよく見ていなかった。



この時のシエスタの表情を、もしその言葉の意味を知る者が居たならこう呼んでいただろう。

目と口が、三日月になっていた、と。

丁度学院から休暇を貰って帰郷の予定があったシエスタは、これも何かの縁とサイトを帰郷に誘った。

サイトはしばし悩んだものの、このまま学院には居づらいのとシエスタが妙にしつこく誘ってくるのもあって頷き、シエスタの故郷、タルブ村のシエスタの家にお邪魔していた。

「小さな村ですけど、食べ物も空気も美味しいし、いいところなんですよ、ここは」

シエスタは自慢気に胸を張る。

ポヨンポヨヨンとたわわな胸が揺れて目のやり場にも困る。

ルイズには一生出来そうに無い真似だな、そう思ってから自己嫌悪する。

また、気がつけば彼女の事を考えていた。

そんなサイトの心境を敏感に感じ取ったのか、シエスタはサイトの手を急に握りしめた。

「サイトさん、サイトさんさえ良かったらずっとここに居ても良いんですよ?そうしたら、その、私も学院を辞めてこっちで一緒に……」

「っ!!シ、シエスタ、まだその冗談引っ張ってるのか……?」

シエスタの態度の急変に、サイトは焦りを感じる。

どうにも、タルブの村に来てからこっち、彼女ははっちゃけている……というより恥じらいが感じられない。

良くも悪くも積極的過ぎる。

それが、少し必死なルイズと被って、また自己嫌悪した。

先ほども、シエスタは自分の両親の前でサイトは凄い人だと散々褒めちぎった後、サイトさんになら嫁いでもいいなぁなどと言って、両親をややその気にさせていた。

今日連れて行かれた寺院にあった、“シエスタの曾祖父が残した物と文字”がわかったのも原因の一旦ではあるだろう。

寺院にあったのは驚くべきことに第二次世界大戦中に使われていたいたと思われる“ゼロ戦”だった。

残念ながらガス欠で飛べなかったが、固定化の魔法によって、一切衰えることなく時を越えたかのようにそれは新品同然でそこにあった。

日本の学者やミリタリーマニアが知ったら泣いて喜び欲しがるに違い無い。

ちなみに、そのゼロ戦の横には石碑があり、『佐々木武雄異界ニ眠ル』と書かれていた。

この文字を読める人間にこれを譲ると言い残していたらしく、縁起を担いだシエスタの両親はサイトの事を気に入ってしまっていたのだ。

ちなみに後でシエスタに何故あんな事を言ったのか問い詰めると、以前また明日という約束したのに、いなくなっていたからその仕返しだ、と言われた。

その時シエスタが持っていた皿にヒビが入ったように見えたのは見間違いだと思いたい。

その件については、この国の姫の頼みごとだったことを打ち明けたが、関係ありません、約束不履行は約束不履行です、と可愛らしく逃げられてしまった。

約束不履行、それでサイトはまたもルイズとの毎晩の契約更新を思い出してしまう。

しばらく、していなかったから契約不履行分として……そんな会話をしたのはもうどれだけ前のことだったのか。

まだそんなに日は経っていないはずだが、もうずっと前のことのような気さえする。

サイトはやんわりとシエスタの手を振りほどくと、散歩に行って来ると言い一人で家を出た。

いろいろ、一人で考えたかったのだ。

これからのこと、ルイズのこと、自分のこと。

サイトは一人、ゼロ戦のある場所で優しくゼロ戦を撫でながら、故郷に思いを馳せる。

もし、この佐々木武雄という人と同じように、自分もここから帰れなかったらこちらで暮らす覚悟を決めなくてはならないのだろうか。

そうなった時、自分の居るべき場所は……。

サイトが悩み、一瞬、何故か桃色の髪が浮かび上がった瞬間、



「おや?君は確か、サイト君、でしたかな?いやはや、ここに伝説の竜の羽衣なるものがあると聞いて来たのですが、どうしてこちらに?」



見たことのある、学院の教諭がそこに居た。



[13978] 第六十二話【粛正】
Name: YY◆90a32a80 ID:870f574a
Date: 2010/07/21 19:58
第六十二話【粛正】


「待っていました、ルイズ・フランソワーズ」

王都トリスタニアにあるトリステインが誇る王宮。

その一室に今、連れてこられたルイズとこの国の姫君、アンリエッタは居た。

ルイズは椅子に座らされているものの、依然としてただ虚空を見続け、ぼうっとしている。

しかし、アンリエッタはそんな、変わり果てたような友人の姿に臆することなく、全く変わらぬように接していた。

「貴方にも辛いことがあったのね、よくわかるわルイズ・フランソワーズ。でもそれ故に私達は名実ともに心の置ける者通しとなれる」

アンリエッタは部屋内をスキップするかのように軽い足取りで、行ったり来たりしながらルイズに声をかける。

「私、戦うことを決めたのですルイズ・フランソワーズ。あの方を殺した憎きレコン・キスタ、彼らが作り上げた神聖などという甚だしい前口上付きの現アルビオンと!!」

だがそれまで優しさの篭もる声色だったのが一転、まるで人が変わったかのようにアンリエッタはやや早い罵るような口調になった。

「神聖?何をもって神聖だなどとのたまっているのでしょうね。私は奴等を許す気はありません。あの方の意志を継いで仇を必ず討ち取ってみせます。そうそう、この間、我が国の中枢に入っていたレコン・キスタの一員の一部が見つかりましてね、私自ら数人の“粛正”を行ったところですの」

なまじ、権力がある故に、彼女はその力の行使を厭わぬ性格となっていた。

最近では、恐怖からか“強くなったアンリエッタ”への派閥が増えつつあるが、その分敵も多い。

だから、信用の置ける仲間は、一人でも多く確保しておきたいのだ。

たとえそれが、昔からの親友で、今は抜け殻のような少女だったとしても。



「貴方にも私の覇道を手伝って欲しいのルイズ・フランソワーズ。諜報班の報告によると近々奴等がこのトリステインに攻め入って来るようなのです。そうなれば私は最前線で指揮を執ろうと思っています。その時、貴方には傍に付いていて欲しいのです」



アンリエッタはルイズを見てニッコリと笑う。

彼女、アンリエッタの瞳はすでに、光を宿していなかった。



尚、この一ヶ月でその見た目から鳥の骨と呼ばれる宰相がより一層痩せこけ、疲労と心労によってタダでさえ老け顔だったその顔が、さらにあと十歳は老けて見えるようになってしまったのは、言うまでもない。




***




「すいません、コルベール先生」

「いえいいんですよ、私の方こそこの竜の羽衣は興味深い点がたくさんありますからな」

サイトは即日学院に戻っていた。

たまたま出会ったコルベールが、良ければこの竜の羽衣……もとい『ゼロ戦』を研究したいとゼロ戦を譲り受けたサイトに願い出た為、サイトはそれを快く許可した。

サイトとて、これがまた飛べるならば、それはとても面白いかも知れないと思うくらいに興味はあったのだ。

サイトの許可を得たコルベールは彼の費用持ちでさっそく学院にこの『ゼロ戦』を運ぶ手筈を整え、研究の為この村をすぐにでも後にすると言い出し、サイトはそれに便乗することにした。

シエスタはもっとゆっくりしていくよう強く勧めてきたが、今、やけにおかしいシエスタの居るこの村もサイトにとっては居づらくなっていた。

だからサイトはこうしてコルベールと共に学院に戻ってきていた。

「しかし、この竜の羽衣……いや“ぜろせん”ですか?その動力源が“がそりん”……でしたかな?ふぅむ、原油からいろいろ練金して試してみましょうか」

コルベールは早速この『ゼロ戦』の燃料を作ることに夢中になった。

サイトはそんなコルベールを手伝いながら研究所にお世話になることにした。

ルイズの所には……戻れない。

意外にもコルベールは、そんなサイトを咎めなかった。

「使い魔と主人は一心同体と言っても、別個の存在である以上意見の相違や喧嘩などは皆無ではありません。ましてやお互いが同じ種族の人間とあっては衝突するなと言う方が難しいでしょう。存分に考えを纏めていきなさい」

コルベールは生徒を諭すように、優しく微笑む。

サイトには、そんな彼がとても大人に感じ、神々しく見えた。

……決して彼の頭髪が無いせいでは無い。断じて無い。髪が全く無いわけでも無い。

「しかしサイト君、君が居た所はこんな物まで作ってしまうなんて、凄い所なんだね」

コルベールとガソリンを作り出して早四日。

彼は手伝っているサイトに時折話しかける。

それは何かの講義のようであったり、ただの世間話であったりするのだが、今回はどうにも違うようだ。

「魔法など使わなくとも、このような素晴らしい物が作れる。人とはかくも、そうやって生きていく物なのかも知れない」

コルベールは、何かに懺悔するかのような、独白じみた言葉を呟きながら三角フラスコの中の液体を練金によって変えていた。

彼の本来の属性は『火』だが、研究熱心な彼は、土もまたそれなりな腕前を持っていた。

「多様性……それも生活の為にその可能性を広げようとするのは、羨ましい限りだよ。魔法はその使い道から多様性を含んでいるが、大概の人はそれを攻撃的な力の象徴として扱う。嘆かわしいことにね」

サイトはコルベールの講義のようでいて、独白じみたその言葉に深い重みを感じた。

「えっと、昔魔法で何か、あったんですか?」

「……そう、だね。思い出したくない過去だ。だがそれがあったからこそ今の私はここにいて、“それ”に気付くことが出来た」

「??」

やや抽象的な言い方になって来はじめ、サイトには意味の全容を掴みきれない。

コルベールは苦笑し、

「もし、いつか君が自分の世界に帰ることが出来る日が来たなら、可能ならば私も君の世界に連れて行ってほしいものですな……っと、できましたぞ。“試作品”ですが、“がそりん”ができました。試運転してみましょうか」

サイトはしばし首を傾げていたが、最後の言葉に飛び上がり、ゼロ戦へと駆けていく。

コルベールはそんなまだ若い少年の後ろ姿を見て、微笑みを零した。



「コルベール先生ー!!早く早くー!!」



コルベールは待ちきれずに手を振るサイトを見て苦笑し、レビテーションをかけ、ようやく作り上げた試作品のガソリンの樽をいくつか外へと運び出した。

「何かドキドキしてきた」

「私も年甲斐もなくドキドキしてきましたな」

二人してガソリンを注入し、油臭いですなぁ、懐かしいガソリンスタンドみたいな匂いだなぁと思い思いの事を言い合う。

注入し終えると、サイトはコルベールに言われゼロ戦に乗り込み、とりあえずエンジンの点火を図ることにした。

コルベールが風を起こし、プロペラを回して、サイトはゼロ戦のカウフラップを開いた。

サイトはそのまま操縦席でくるくると丸いモーター代わりのエナーシャをクランク棒で回す。

頃合いを見計らってエナーシャとプロペラの軸を連結させると、上手いことプロペラが回ったままになったのでサイトは発動機のスイッチを入れてエンジンを点火した。

余談だが、コルベールが独学によって小さいエンジンの元になるような構造を開発していたことをサイトはこの四日間で知り、大層驚いた。

ゼロ戦は勢いよくプロペラが回り出し、けたたましい音を立てて起動を完了する。



「「う、動いたーー!!」」



二人は歓喜する。

この四日間の努力が報われた瞬間だった。

と、サイトの目の前のレーダーか何かのカバーが振動によって外れ、中に白い紙が挟まっている事に気付いた。

サイトはそれを取り出してみる。



『これを見る者よ。これを読むことが出来るということは、きっとこのゼロ戦が動いたと言うことだろう。さらにこれを動かせたということはそれが同郷の者であると信じたい』



それは、ゼロ戦の持ち主、シエスタの曾祖父である佐々木さんが遺した手紙のようだった。

『あの文字を読めた者にこれを譲ると遺したが、あの文字やこれを読めた者が同郷である保障はない。出来れば同郷者であることを願うが、そうでなければ嫌というわけでは無い。同じく異界に来てしまった者同士、思うことは多々あることだろうしな』

サイトは、久しぶりの他人が記した日本語だということもあって、それを夢中になって読み始める。

『私は終ぞ帰ることが適わなかった。帰る方法も見つからなかった。それどころかこちらでの幸せを手にしてしまった。だかそのことに後悔はもう無い。だからら、これを見ている者に先達として言っておきたいことがある』

そこまで読み進めて、突如そこに乱入者が現れる。



「大変だ!!サイト、アルビオンがタルブ村付近に攻めて来たらしい!!」



ギーシュが血相を変えてサイトが乗るゼロ戦があるこの場まで来た。

無事に?腰が治ったらしい彼はサイトがここにいることを知っていた。

「戦争、か。嫌だな。そういやこの戦闘機ももともと戦争の為のものだっけ。ってタルブ村ってこないだ行ったシエスタの故郷じゃないか。大丈夫なんだろうか」

エンジン音がうるさくて、サイトの声はあまりギーシュ達には届かない。

「おまけに今回、その戦いの指揮をアンリエッタ姫殿下自ら執るらしんだ!!」

それって実際どうなんだ?とサイトは思う。

戦争や戦術に詳しくは無いが、一国の姫が最前線においそれと行く物なのか、サイトに判断は出来ない。

その時点ではまだ、サイトはいくらこの国が巻き込まれる戦争だろうと、対岸の火事でしか無いように捉えていた。

その、ギーシュの言葉を聞くまでは。



「しかも、しかもだ!!それにルイズが同行してるらしい!!」



(な、なんだって!?)

何でそんな事になっているんだ、とサイトは頭を抱える。

もしかして自分のせいか?

お前が見てるのは俺じゃないなんて言ったからヤケを起こして?

でも、それは事実だ。

だったらここでどうにかルイズを連れ戻しても何の解決にもなりはしない。

サイトは求めるようにコルベールを見た。

今日まで、コルベールはサイトも自分の生徒のように扱い、教え導いてくれた。

彼はサイトの視線を受け止め、小さくもエンジンの音には負けない重い声で、いつものように言ってくれた。



「サイト君、君がどうしたいのか。……それが答えではないのですかな?」



どう、したいのか。

そんなことはわからない。

……わからない?

本当に?

サイトは頭を抱えたまま、ふと目に入った佐々木さんの手紙を見て、泣きそうな面持ちでその続きを読んでみた。



『帰る方法を探すも良し、ここに骨を埋めるもよし、他に何をやるも良し。だが、決して後悔しないよう、何をするかは自分で決めて、自分の手でそれを手に入れろ』



「自分で決めて、自分の手でそれを手に入れろ……」

考えてみれば、この世界に来てずっと自分で何か決めるってことは無かった気がする。

ずっと、ルイズに護られていたから。

佐々木さんの手紙を反芻して、サイトは考える。

今の自分は、何がしたいのか───────傷つけたルイズを護りたい。

何故自分は、そうしたいのか───────彼女が、大切だから。

俺は自分じゃない自分と重ねられたままで良いのか───────良くない。

彼女が見ているのが、自分じゃない自分で良いのか───────良くない!!



───────自分の手でそれを手に入れろ───────



佐々木さんの手紙の内容が胸にストンと落ちる。

コルベール先生の教えてくれた答えが、今の自分にしっくりと来る。



途端、サイトの中で一つの答えが生まれた。



サイトはゼロ戦を動かし始める。

「ちょっくら、行って来る!!」

周りの度肝を抜くように、ゼロ戦は徐々にスピードを上げて動きだし、空へと浮かび上がる。



ある一つの答えを得た彼は、恐れを抱くことなく戦場へと飛翔した!!



[13978] 第六十三話【奪愛】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/07/23 07:36
第六十三話【奪愛】


「ちょっ!?ナニアレ!?」

キュルケは、ルイズが無理矢理連れて行かれてから自分でも意外なことに暇を持てあましていた。

そんな折り、やたらとうるさい音がするので、キュルケは本を読んでいたタバサを伴って音源に向かってみた。

彼女を誘ったことに他意は無い。

一人じゃなんとなくつまらないから、誘ったに過ぎない。

そうしていざ、けたたましいまでの音源に辿り着くと、見知らぬ“竜のようなもの”がその音を伴って凄いスピードで飛んでいくのが見えた。

流石にその音と速さに度肝を抜かれたのか、珍しくタバサも本から視線を上げて飛翔していく謎の物体を見ていた。



「キュルケにタバサ!!丁度良かった!!」



呆然とそれを眺めていると、彼女らの同級生、ギーシュ・ド・グラモンが駆け寄ってくる。

「タバサ、君の使い魔は風竜だったね、突然で申し訳ないがサイトを追いかけたいんだ!!僕を君の使い魔で運んでくれないか?」

ギーシュは飛んでいく“竜のようなもの”を指差して懇願する。

「戦争が始まっているんだ!!そこにルイズもいるらしいことを言ったらサイトは飛びだしてしまってね、僕にも何か出来ることをしたい!!」

それを聞いてキュルケはへぇと息を吐く。

(どんな心境の変化か知らないけど、いざご主人様がピンチになるとかけつけようとするなんて、熱いじゃない!!)

キュルケは胸をときめかせたようにその話を気に入り、タバサの説得を手伝うことにした。

「行きましょタバサ、私も行くわ」

自分だってルイズが心配でもあるのだ。

「……わかった」

存外早く結論を出したタバサはすぐにシルフィードを呼ぶ。

だが、その背に三人で乗って一つ、驚愕があった。

「は、早い!!……もうサイトがあんなに小さく!!」

「まさか、風竜のシルフィードでも追いつけないなんて!!」

「………………」

そのあまりの速さに驚く。

このハルケギニア中、何処を探したってあんなに早い幻獣はいないだろう。

それを平民が操っているのは、驚嘆に値した。

そしてそれは、それだけサイトが急いでいるとキュルケには捉えられた。

実際急いではいるが、あまりスピードを落とすと飛んでいられないなどという“仕様”は、基本的に“機械”という概念が薄い彼女たちにはわからない。

だからこそ、

(フフフッ、熱いじゃない!!なんか燃えてきた!!)

彼女の微熱が久方ぶりにうずき出していた。




***




「来ましたね」

アンリエッタは中空に浮かぶ敵艦隊を見ながら、男さながらにその女性らしい体で白馬に跨って陣頭指揮を執っていた。



「皆の者!!、神聖などとのたまう痴れ者共が率いる現アルビオンが来ようとしています!!私達の国が荒らされようとしています!!今こそ我々は立ち上がる時!!」



アンリエッタは皆を奮い立たせ、指示を与えて行く。

と言っても、細かい指示は各部隊長に一任している。

最近、粛正の件からこっち、めざましい成長を遂げているアンリエッタだが、まだ戦のノウハウは持っていない。

餅は餅屋だと任せている。

それでも彼女は士気を高めるためにこうして危険を承知で前線に出てきた。

だがこういった戦に乗じて自分の命を獲りに来る者は敵味方問わずいるかもしれない。

そういったものに対抗するためにも平民を取り立てた銃士隊を新設した。

メイジは……信用できない。

彼女の行った粛正によって、アンリエッタ派は増加の一途を辿っているが、快く思わない者も多いのだ。

だからそんな人間を一人でも減らし、尚かつ、彼女の心の平穏の為に、彼女は真に心の置ける友の存在を求めていた。

彼女にとってその者は別に“戦力”にならずとも構わなかったのだ。

決して裏切らない心の支え、その為だけにルイズは呼ばれた。

そのルイズはアニエスと一緒に馬に乗っている。

今だ彼女はぼうっと虚空を見たままただされるがままだった。

戦局は浮遊大陸からの進軍だけあって、主に空を戦場とする向こうに分があった。

砲撃の音が、鳴りやまぬほどに連続し始める。

開戦の合図だった。




***




「くそっ!!本当にドンパチしてやがる!!」

サイトは毒づくと、ゼロ戦を急旋回させる。

ドラゴンに乗った戦士の一人がこちらに魔法を撃ってきていた。

だが悲しいかな。

地球が母国、日本製のこの戦闘機は、ハルケギニアのドラゴンはおろか、メイジの繰り出す魔法のスピードを超えていた。

「大日本帝国なめんなファンタジィィィィィィ!!」

サイトは機関銃のグリップを掴んでドラゴンを撃ち抜く。

あっという間に相手は落ちていった。

これはさい先良さそうだと思ったのも束の間、サイトはその乗っているゼロ戦のスピードも含めた異質さから、急に周りの部隊に目を付けられ始めた。

「やべっ!?何でみんな俺ばっかり狙うんだよ!?俺は別に戦う為にここに来たんじゃねーんだ!!」

最初に颯爽と素早く現れ、一体の竜を落としてしまったせいかも知れない。

サイトは完全に敵の第一標的となっていた。

周りも応戦しているが、どうにも空中戦は旗色が悪い。

特に空中の主力部隊の一つ、“グリフォン隊”などは手の内がまるで読まれているかのようだった。

「くっそぉぉぉぉぉ!!ルイズは無事なのかぁぁぁ!?」

サイトはヤケになりながら一気に攻めてきた竜達を振り切るために滑空した。



と、ふと。



トリステイン軍が集中して留まっている、言わば本陣のような集団の中で、誰かと一緒に馬に乗っている少女と目があった。



サイトは口元をすぼまる。

ニッと歯を出す。

またすぼめる。



「……サ、イト……?」



少女の口から、実に一週間ぶりに言葉が漏れた。




***




アニエスは当初、空を翔ける見知らぬ竜を訝しんでいた。

いつ、あのどちら側なのかわからない竜が牙を向いてくるかわからない。

だからその見知らぬ竜が近づいてきた時、警戒を益々強めた。

と、急に自分の腕の中にいる少女が、始めてその高いソプラノ調の声を発した。



「……サ、イト……?」



くわっと目を見開き、彼女は無理矢理に馬を下りる。

「お、おい!?」

彼女の声を聞くのが初めてなら、動く所も始めて見た。

しかし彼女は傍目から見ても衰弱しきっている。

ほぼ眠らぬ上食事も摂らないのだ。

体はフラフラだった。

それでも彼女は今までとは対照的に動き出すのを止めなかった。

彼女には、音無き声が聞こえたのだ。

彼の口の動き、それが、



───────ル───────イ───────ズ───────



自身の名前であることを!!

その彼が、背後にたくさんの竜を引き連れて……否、追いかけられている。

は?何やってんのあんたら?

それが誰だかわかっているの?

ルイズの思考がクリアになった。

やせ細った体で杖を掲げる。

途端、



「!?」



サイトを追いかけていた竜は爆発した。

ルイズは一時サイトがフリーになったのを確認すると辺りを見回す。

丁度その時、



「ルイズ、無事!?」



学院を飛び出し追いかけた来た三人が到着した。

ルイズは有無を言わさずタバサに詰め寄る。

「私をシルフィードの背に乗せて!!サイトの所に連れて行って!!」

「……何故?」

「いいから早く!!なんでもするから!!」

「……なんでも?」

「なんでも!!」

「……今度、私の“頼みを一つ聞いて欲しい”。聞いてくれるなら、やる」

「わかったから早く!!」

ルイズは焦っていた。

早くサイトの元に行きたかった。

だから、内容もわからないタバサの頼みを聞く約束をした。




***




「今のはルイズがやったのか?」

追われていたサイトは、背後の竜達が次々爆発によって落ちていく様を見ていた。

だが、気付けばそのルイズが見あたらない。

はて?と思った瞬間、上空に影が出来た。

「へ?」

上を見上げれば、そこには見たことのある蒼い竜。

そこから、桃色の髪の少女が、バサバサとマントと髪をたなびかせて落ちてくる……落ちてくる!?

「うおいっ!?」

サイトは慌てて入り口の蓋を開ける。

上で誰かがレビテーションを使ってくれたのか、ルイズはギリギリで少し浮かび、サイトは難なくルイズをキャッチした。

「サイト!!サイト!!」

ルイズはサイトの胸に顔を埋めて泣いていた。

彼女は痩せこけ、水分すら残っていなさそうだと言うのに泣いていた。

サイトはそんなルイズの頭を申し訳なさそうに撫でながら、しかし。

「ルイズ、俺は謝らない」

少しキツイ口調で言い始めた。

彼女の動きが止まる。

絶望を宿したような目でサイトを見つめ、震える手で彼のパーカーを掴む。

サイトは片腕でルイズを抱きしめながらゼロ戦を旋回させ、他にも居た敵の攻撃をくぐり抜ける。

「今のルイズは俺じゃない俺が好きだ。それは間違いない」

ふるふると小さくルイズは首を振るが、サイトはそれを見ない。

ルイズの中に嫌な予感が滲み出ていく。

ギュウンとゼロ戦は急降下し、相手の攻撃をやり過ごす。

片腕が使えぬ状況では攻撃まで手が回らない。

「だから俺は決めたよ、ルイズ」

ルイズを抱く手が緩められる。

嫌だ。

その先は聞きたくない。

もしお別れの言葉だったりしたらもう生きてること自体嫌にな……、



「ルイズ、お前を“俺”に惚れさせてやる!!」



そう、それがサイトが得た答えだった。

ルイズの竜がエアハンマーを喰らったようなポカンとした顔を見て、サイトは顔を真っ赤にする。

「う、うるせーー!!好きになっちまったんだ!!しょうがねぇだろ!!相手が昔の俺で、いまここにもうそいつがいないってんなら、お前を“俺”に惚れさせる!!」



ルイズの、一番の懸念が今……吹き飛んだ。



「い、言っとくけどまだ返事は聞かないかんな!!お前は絶対まだ“俺”じゃない俺の方が好きだ!!だから、勝手だけど“俺”の方が前の俺より好きになってもらったって自信持てるまでお前の返事は聞かない!!」



それは本気なのかもしれないし、照れ隠しなのかもしれない。

それでも、ルイズを歓喜乱舞させるには十二分だった。

同時に、しつこいくらいにサイトと自分の乗るこのゼロ戦を攻撃してくる輩に殺意を憶えた。

今ようやっと幸せを手にしたのだ。

一週間ぶりの、体感的には一万二千年ぶりくらいのサイト分を補充しているのだ。

それを周りは何なのだ?

どこまで妨害をすれば気が済むのだ?

ハッキリ言って邪魔である。

ルイズは無気力状態時もずっと持たされていた始祖の祈祷書を開き、何か呟き始めた。

サイトは、その透き通るような声に、何処か安らぐような気持ちになる。

が、キィンと音を立て慌てたように背中のデルフリンガーが飛び出した。

『やべぇ!!相棒、娘っ子を止めろ!!』

「へ?」

『娘っ子はまるでわかってねぇ!!いやわかってても絶対止める気ねぇ!!この精神力を“全力で解放”したらこの“戦場”どころか“国”、いや“大陸”ごと消し飛びかねねぇぞ!?』

「はぁ!?大陸ごと!?どんだけ凄いんだよそれ!?」

『四の五の言ってんな!!早く詠唱を止めろ!!そうだ!!口を塞げ!!』

「口を塞げったってどうしろってんだよ!?」

『いいから早くしろ!!』

「あぁもう!!どうにでもなれ!!」

サイトはルイズを抱く手に力を込めると、かつてアルビオンでそうしたように無理矢理彼女の唇を奪った。

「っ!?……ん、んんぅ♪」

ルイズは即座に“詠唱”などという“どうでもいいこと”を止めサイトの“それ”に夢中になる。

おかげでルイズが詠唱していたのは時間にしてほんの十数秒程度のことだったが、瞬間、




空に浮かぶ一際大きなフネは白い光に包まれた。



[13978] 第六十四話【嬌声】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/07/25 23:22
第六十四話【嬌声】


魔法学院の一室。

そこから、甘い声が響いてた。



「……ルイズ、もうイッてもいいか」

「サイト、もうイッちゃうの?もうちょっと待って」

「こら、お前はあんまり動くな、体が持たないぞ」

「だってサイトがもうイこうとするから」

「んなこと言ったってしょうがないだろ?」

「でも、私はもっと長くこうしてたい」

「いや、その気持ちは嬉しいけどよ」

「?サイト辛い?」

「辛くはないけど、もうずっとこのままだからな。そろそろ……」

「サイトはそんなに早くイキたいの?」

「は、早いか?」

「早いわよ、まだこうして一時間だし」

「いや昨日の夜も十分……」

「昨日は昨日、今日は今日よ」

「だぁぁぁ!!もう我慢できん!!俺はイクぞルイズ!!」

「えっ!?イっちゃうの!?」

「お前がなんと言おうと俺はイク!!」

「ま、待って!!せめてあと……」

「ダメだ、イク」

「そ、そんなサイト!!」



そう言ったサイトは勢いよく腰を持ち上げ、次の瞬間…………バサリと布団を蹴りあげた。

そのままサイトは天蓋付のベッドから転がり出る。

ルイズがぷぅと頬を膨らませながら残念そうな目をベッドから出てしまったサイトに向けていた。

そんなルイズにサイトは、



「何度も言ってるだろ?いい加減“飯”を取りに“イク”時間だって!!」



彼女を怒ったように諭す。

彼女は酷い睡眠不足の上栄養失調だった。

ゼロ戦から出た時は、満足に一人で歩けずサイトにおぶってもらったくらいに酷かった。

サイトはよくそんな体であんな無茶したなぁとつくづく思う。

ちなみに、ルイズはサイトの背中でこの上ない幸せを噛みしめていたことは言うまでもない。

そんなルイズだったから、無論休養と介護が必要だった。

サイトは自分からその役目を願い出て、彼女に尽くすことにした。

彼女がそうなったのは自分のせいだという自覚もあったのかもしれない。

それに大層喜んだルイズは、介護役のサイトに一つのお願いをした。



『ずっと傍に居てくれる?』



サイトは何を今更、と簡単に彼女の願いに頷いたのだが、彼はこの期に及んでまだ彼女の性格を理解しきっていなかった。

ルイズの言う“ずっと”とは本当に“ずっと”だった。

朝から晩まで一日中ずっと。

介護者であるからにはサイトはルイズに付きっきりではあるが、それでも必要物資……食事や洗濯などその他諸々の為に外出を余儀なくされることがある。

それをルイズは良しとしなかった。

ルイズは酷く衰弱していることから絶対安静に、と言われ寝たきり生活となったが、病気では無いのだし毎晩のサイトとの添い寝の延長を願っていた。

サイトも、自分から介護を願い出た以上、仕方がないか……と思っていたのは最初の一日だけだった。

とにかくルイズはサイトが離れることを恐がった。

同じ部屋内に居るならばまだそんなことは無いが、彼が食事を取ってこようと部屋を出る旨を伝えると、とても不安がるのだ。

一度部屋を出るのを強行しようとしたが、その時はルイズが付いてこようとした。

彼女は出来るだけ今、動かさないようにと医者から言われてるので、それでは本末転倒である。

もっとも、彼女とて二十四時間すべて一緒に居て欲しいというのは無理な話だと自覚しているようで、超寛大な彼女曰く、

「一日23時間59分58秒87は一緒に居てくれればいいから」

という言を残している。

尚、間違ってもそれはもう二十四時間と変わらない、などとは思っていても言ってはいけない。

そうなれば彼女は断腸の思いで我慢することにした残りの1秒12すら、一緒に居て欲しいと言い出すのだから。

今のサイトに出来ることはその1秒12をどれだけ伸ばせるかだった。

ちなみにこの三日での成果で、伸びたのは-0秒03である。

人はそれを伸びたのでは無く縮んだと言う。

サイトはこの時始めてコンマ以下の秒数って大事だと認識した。

ルイズと居るのが嫌なわけではないが、これでは最上級の介護に支障をきたしてしまう。

責任を感じている負い目もあって、ルイズには早く良くなって欲しいのだ。

医者の話では一週間安静にしてよく食べれば問題は無いと言っていた。

幸い今学院は夏期休暇だから休んでいても問題は無いのだが、せっかくの休みなんだからもったいないではないか。

ルイズにもやりたいことはあるだろうし、サイトとてああ“宣言”した以上思うことは皆無では無いのだ。

「お前を早く治すためなんだから、な?」

「うぅ~」

ルイズは嫌そうな顔をする。

自分の体調の完全な復調よりサイトと居たい欲求が強いのだ。

これではあの時の戦争よりも大変だ、とサイトは苦笑した。

先のタルブ村周辺での戦い。

それはアルビオンからの先陣隊の旗艦である大型戦艦、レキシントン号の突然の消失によってトリステインの勝利で幕を閉じた。

旗艦を失ったアルビオン軍はほぼ撤退し、トリステインは幾人かの捕虜の確保にも成功した。

もっとも、アルビオンとて今回出し、失った戦力は全体から見ればそれほど多いものでは無く、まだ十分に戦力を保有しており、文字通り開戦の緒戦に過ぎなかった。

戦局はこれから激化の一途を辿る事は必至であり、また、その為に王宮の軍部はてんやわんやだった。

だが、緒戦で撤退したアルビオンもそれは同じであり、軍の再編成等、次の表だった衝突までは時間がかかるかと思われた。

ただ戦うばかりが戦争では無いのだ。

戦と政治は同時並行なのである。

それ故に、アンリエッタもルイズを休養の為に学院に帰る事を許していたのだ。

またアンリエッタが戦争によって不安になる時が来れば徴兵されるかもしれないが、それもまだ戦局から見て当分の間は無いように思えた。

そんな経緯から、サイトは自分で言い出したのもあって、学院でのルイズの介護に悪戦苦闘中だった。




***




とりあえずの戦いは去った。

戦争は尚も継続……いや始まったばかりだが、束の間の平和……借り物の平穏は戻りつつあった。

それでも、今回の“小競り合い”で目に見える傷や目に見えない傷は数多くあった。

「で?ギーシュ」

「お、落ち着くんだモンモランシー!!僕はキュルケとは何でもない!!本当だ!!」

ギーシュは焦っていた。

サイトが戦争に行ってしまって、何とか力になろうと自分も現場に向かい必死に戦った。

初めての戦場は震え上がるものでもあったが、それ以上に使命感に似た何かが自分を突き動かしていた。

その為、すっかりその日に彼女と約束があることを忘れていたのである。

モンモランシーは、ギーシュが戦争に行ったという話を聞いて不安で溜まらなかった。

こんなことならやはり腰は治すべきでは無かったと後悔もした。

いや、でも治さないと困る事態もあったんだけど。

それはこの際置いておこう。

いざ無事に帰ってきたことに安堵し、彼に寄ってみれば、別の女……キュルケの匂いがするではないか。

香水を作るモンモランシーは匂いに非常に敏感だった。

それが彼女にギーシュへと疑いの目を向けさせる。

ギーシュはその目にすくみ上がる。

戦場よりも怖い、と思ってしまった。

ギーシュはラグドリアン湖での事を思い出してしまう。

ギーシュは馬車内のモンモランシーの膝上で目を覚ました。

モンモランシーが妖美に微笑み、つつ、とギーシュの胸板を細い指で撫でる。

するとどうだろう?

ギーシュは自分でもよくわからないムラムラした気持ちになった。

モンモランシーが優しく彼のボタンを外していく。

これは……?

何が起きているのかよくわからない。

考えも上手く纏まらない。

モンモランシーはギーシュの頭を膝上から優しくどかした。

馬車内の座席に水平に仰向けとなったギーシュ。

その彼のお腹に、ふわりと彼女は座った。

「ねぇ、ギーシュ」

誘うように彼女は甘い声で、

「シタイ?」

そう聞いた。

瞬間、彼は何故か我慢できなかった。

そのまま勢いよく彼女を組み伏せようとして……出来なかった。

「うぐっ!?」

悲しいまでに腰が痛くてまともに動けなかったのだ。

その日の帰りにキュルケに、腰が悪いとイロイロ大変よぉなどとも言われる始末で、彼はこの時程自分を情けないと思ったことは無い。

だがそのあまりの痛さでギーシュは我に返る。

どうやら、何かぼんやりと意識を刺激する匂いが馬車に充満しているらしい。

「あ、バレちゃった?」

モンモランシーはイタズラがばれたような可愛らしい笑みを浮かべて残りの少ない香水が入った小瓶を仕舞った。

その後の彼女のセリフは一生忘れないだろう。

「やっぱり腰が悪いとダメなのね、どうしてもそういう環境を作るなら、足の一本無くしてもらうとかの方がいいのかしら?」

「モ、モンモランシー?い、嫌な冗談はやめてくれたまえ」

「冗談……?え?あ、今の口に出てた?あ、そうね、うん。冗談よ冗談」

「………………」

彼はこの日から、毎朝自分の体に足が付いていることを感謝し出したのだとか。

そんな経緯があって、彼はモンモランシーに惹かれつつも怯えるというなんとも忙しく不可思議な毎日を送っていた。

そこにこの疑惑である。

今度こそ足を取られかねないかもという恐怖が、彼に必死にに弁明させていた。

尚、彼の疑惑はたまたまそこを通りかかったキュルケがからかったことで一層深まってしまうのだが、それはまた、別の話である。




***




タルブの村は、思ったよりも平和だった。

近場で戦があってどうなるかと思ったが、思いの外被害は無かった。

無論事後のゴタゴタはあるが、想定よりも随分と無害だった。

それを皆一様に喜んでいたが、一人、シエスタはずっとふさぎ込んでいた。

例の連れてきた平民の男の子が帰ってしまった時も相当だったが、今は尚酷い。

そういえば、その平民の男の子と言えば、どうも戦場に来ていたらしい。

嘘だと思われていた曾おじいさんの遺した“竜の羽衣”が本当に空を飛んで現れたのだから間違い無いだろう。

「おや?今日も行くのかい?」

「ええ」

シエスタは戦いのあった日から毎日かならず決まった時間に森へと出かけていた。

何をしにいっているのかは誰も知らない。

だが彼女はしっかりしているので、大丈夫だろうと大人達は疑問に思わなかった。

シエスタはそのまま森に入る。

「……サイトさん」

幾分歩いた後、彼女は大きな幹に傷の付いた木の下で止まった。

シエスタはあの戦いのあった日もここに来ていた。

そして、見てしまった。

空を飛ぶ、“竜の羽衣”の姿を。

その中にいるサイトを。

……ルイズを。



その二人が、唇を重ね合っているところを。



ミシッ!!

木の幹に新しい傷が増える。

「……サイトさん、ミス・ヴァリエール……」

低い、声が漏れた。




***




「そう、わかったわ、グリフォン隊の報告もそうなのね。ご苦労様」

アンリエッタは報告に来た者を帰し、眉間に皺を寄せる。

あの突然起きた光、レキシントン号を消失させた物の正体について調査して早数日。

日に日に浮かび上がってくる目撃情報と状況証拠。

それは例の見たことのない竜。

ルイズ曰くゼロ戦と言うらしいが、それに乗っていたそのルイズが杖を振っていたという情報が圧倒的多数。

物珍しさからゼロ戦を見ていた者が多かったのが幸いし、時間はほとんどドンピシャだった。

中にはキスしていた、などという戯れ言もあるが、そんなことはさほど重要ではない……ハズだ。



「ルイズ、あの子はもしや……“虚無”なのでは……?」



アンリエッタの持つ始祖に関する資料。

それと捕虜として捉えている運良く生き残ったレキシントン号の艦長の証言、それらが一致することから、彼女は一つの解を得ていた。



[13978] 第六十五話【夏恋】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/07/26 18:31
第六十五話【夏恋】


「はいサイト」

「お、サンキュ」

ルイズは手持ちのクックベリーパイをサイトに渡す。

双月昇る深夜。

ようやくある程度快復したルイズはサイトたっての頼みでよく月の見える場所……学院を取り囲むようにある五つの巨塔の一つ、火の塔の屋上に来ていた。

サイトはルイズの介護をしながら、ルイズが治ったら二人で月見をしたいと言い出していたのだ。

無論ルイズに断わる理由は無く、むしろサイトから外出のお誘いを受けたことに喜び、一層快復に努めた。

そんな介護生活を経て、一応の快復を見たルイズは、サイトの頼みである月見敢行の為、火の塔へ来ていたのだ。

何も無いのも寂しいので、ルイズが用意したクックベリーパイを肴に二人は双月を見上げる。

「しっかし、ルイズが良くなって良かったよ。どれだけ時間がかかるかと不安になった」

サイトが月を見上げながら介護生活を思い出し苦笑する。

「ごめんなさい、そんなつもりは無かったんだけど」

「今度からはもっと食べないとダメだぞ」

「うん、でもサイトがいるとそれだけでお腹一杯になれるのよね、どうしたものかしら?」

ルイズは本気で困ったように首を捻る。

何と言うか、ルイズの発言はいちいち恥ずかしい。

真っ直ぐストレートで、その真剣さから重みがある。

だが、その『サイト』と呼ぶ名前だけには、どこか自分じゃない人間が混ざっているような気がした。

だからサイトは、ここに来た目的を果たす。

「ルイズ、俺があげた首飾り持って来てるか?」

「え?太陽の形の?いつも肌身離さず持ってるわ」

ルイズは胸の中に手を入れて、月夜にその鈍色の太陽を取り出した。

サイトも同じく首から三日月を下げている。

「これがどうかしたの?」

ルイズは本当にそれを大事にしていた。

もう二度と失うことの無いように。

「なぁ、この世界の月はなんで光ってるんだ?」

サイトはそれには答えず、ただ月を見てルイズに尋ねる。

「え?何でって……何でかしらね。考えたことも無かったわ。そういうもの、としか思ってなかった」

ルイズは困ったように首を傾げる。

サイトが知りたがってることなら全身全霊で答えたかったが、座学を得意とする彼女でも、月に関するそんな知識は無かった。

サイトは困ったルイズを見てクスリと笑い、

「いいんだ、俺の世界と同じかどうか知りたかっただけだから。同じだろうと別だろうと、ルイズがその意味を知らないならそれはそれでいい」

「??どういうこと?」

「俺の世界では、本来月は自分からは光らないんだ」

「え?そうなの?」

ルイズは驚いた。

「もしかしてサイトの世界では月は夜に出るものじゃないの?」

ルイズの中に様々な可能性が巡る。

「?ああ、いやそうじゃない。夜に浮かぶよ。いや、正確には昼間も見えることはあるけど、月って言ったらやっぱ夜のイメージだ」

ルイズは益々わからない。

サイトは何を言いたいのだろう?

「混乱させて悪いな。俺の世界ではさ、月ってのは太陽の光を反射するものなんだよ。だから月が光って見えるのは、太陽の光を反射してるからなんだ。この世界でもそうかはわかんないけど」

「へぇ……そうなの」

サイトの世界はいろんなことを研究しているのね、と少し興味深い話を聞けたルイズは感心し、

「……だからさ、その、お前に太陽を贈ったんだ」

サイトが頬を掻きながら視線を逸らして小さく呟いた言葉に、ハッとした。

「太陽がいないと、月は輝けないんだ。その、だから、俺も……だぁぁぁぁ!!恥ずかしくて言えねぇぇぇ!!」

サイトは顔を真っ赤に染めて背を向けてしまう。

だが、ルイズはサイトが言いたい事が良くわかった。

この、もらったプレゼントにそんな意味が込められているなんて。

ルイズは胸が感動で溢れかえりそうだった。

もうこれだけで数日食事は摂らなくてもお腹一杯だと言えるど、彼女は満たされていた。

背中からサイトに抱きついて一言、ルイズはお礼を言う。

「ありがと」

サイトはポリポリと頬を掻いて「ああ」とぶっきらぼうに答えて振り返る。

ルイズの“太陽”が月光を浴びて綺麗な“銀”に輝き、それを反射するかのようにサイトの三日月も美しく光を放つ。

金属がただ光を反射しあっているだけなのだが、二つ揃ってから見ると、とてもそれは美しく見える。

サイトは自分が言った惚れさせてやる、という言葉を嘘の無いように実践しようと、彼なりの努力を考え、本気で向かい合っていた。




だが、彼はその決意故に、この後、悲劇を招く事になる。




***




サイトとルイズは時間にしてそう長く塔には居なかった。

だが、ここは学院である以上、誰にも見られないという保障は一切無い。

無論この二人、とりわけルイズは見られたところで何とも思わないが、

「何か凄いアツアツに見えます……」

他の人間の目からは、そう見える。

特に彼氏彼女のいない一人者には目に毒だった。

二人は普通に歩いているだけだろうが、ルイズがサイトに傾倒してくっついているせいで、嫌でもそのアツアツさを見せ付けられているような、そんな気分になる。

「自分で召喚した平民の使い魔となんて、物好き、なのでしょうか?」

夜闇に映える茶色いマントにスカート。

二人を見てやや面白く無さそうに呟いたのは一年生の少女だった。

「……そういえばあの二人って何をしてたのでしょうね?」

少女は火の塔に近寄り、ふむ、と一つ頷く上に登ってみることした。

こんなに遅くにここに来たのだ。

きっと何かをヤっていたに違いない。

彼女とて多感なお年頃。

他人のとはいえ、色恋の事はイロイロと気になるのだ。

何か痕跡でもあればと思い、火の塔に登ろうとし、少しばかり横着することにした。

もともとトイレに起きて来た身で眠い。

だから中からは行かずに外の梯子を使おう、と。

塔には外壁に梯子が付いていて、外からも頂上に行ける様になっていた。

だが、普段ならしないそんなことを、眠いが為にしてしまったことを、彼女はすぐに後悔する。

「え?あれ?うわわ!?」

眠気眼のせいか半分程度登ったところで、彼女は体勢を崩し、落ちてしまう。

「きゃあ!?」

魔法を早く!!と思うが、焦りのあまり空中で杖も手放してしまう。

地面まではもうすぐ。

すぐに痛い思いをする、と思って強く目を閉じた、その瞬間!!



フワリ。



体が浮いた。

これは、レビテーションだ。

「大丈夫?」

一人の少年が走り寄って来る。

「あ、あうあうあう……」

少女は恐くてたまらなかったのだろう。

間に合って良かった、と少年はホッと胸を撫で下ろす。

見れば彼女は下級生のようだし、上級生として、不安を取り除いてあげなければ。

「僕はギムリ。二年だよ。君は?」

彼女の手を優しく取って、地面に足を付けさせる。

足が地面に付いたことで少女は安心したのか、うるうると目に涙を溜め、

「ブ、ブリジッタと申します……うわぁぁぁん!!」

ギムリに抱きつきわんわんと泣いた。

ギムリはどうしたものかと迷い、しかし結局は女性に抱きつかれているという役得な状況に満足し、彼女の為すがままとしていた。



後日、彼らはこれが原因で付き合う事になる。




***




「ということがあってね」

「へぇ……そうなの」

ブラウンのロングヘアーをぶら下げて、同じくブラウンのマントを付けているケティは同級の友人、ブリジッタからそんな顛末……もとい惚気を聞かされた。

そこから噂が広まったのか、夜中に火の塔の近くで出会った男女は恋人になれるという噂が広まった。

最初は半信半疑だったものの、偶然とは恐いもので、本当にそれからも幾人かのカップルが誕生した。

ただ、飽くまで二人きりでなくてはならないようで、数人で行った組は失敗するという噂も流れた。

「ケティも試してみたら?確か二年生に気になる人がいるんでしょう?」

そう言われケティは考え込む。

この場合、自分は誰を誘うのだろうか。

ギーシュか………………マリコルヌか。

いや、ここでギーシュ以外の選択肢が出ること事態おかしい。

こ、これは別にマリコルヌ様にギーシュ様以上の感情を抱いてるわけでは……!!

自分の中で自分に言い訳をする。

彼女は、どうせ迷信のようなものだし、行くならマリコルヌでも良いのではないか、そう考えてしまってもいたのだ。

今度会ったら、話して見ようかな。

ケティは二年の男子が迎えに来たらしいブリジッタと別れると、少し羨ましそうにしながら足をマリコルヌの部屋へと向けた。




***




「なぁギーシュ、頼むよ、ケティの為に少し時間を作ってくれないか」

「また君はそんなことを言って……僕はもうそのつもりは無いと言っているだろう?」

マリコルヌはあれからも度々ギーシュにケティと何かしらしてくれないか、と頼みに来ていた。

彼は、それが自分の使命だと思っていた。

ギーシュは、彼のその健気さを悪くは思っていないが、どこか歪にも感じた。

ただ人はそれぞれであるし、自分が今置かれている状況も歪と言えなくも無いので非難するような真似はしなかった。

「そこをなんとか」

「だから言ってるだろう?僕はモンモランシーとそういった関係になろうと決めた、と。だからその、すまないがそういう話はもう僕に持ってこないでくれないか……特に公衆の面前ではね」

ギーシュは震えながら辺りを見回してホッとし、自分の足をさする。

「足に怪我でもしてるのかい?」

「あ、ああこれかい?いや、最近足が付いてるか不安になる時があってね、ハハハ……」

ギーシュは渇いた笑いを浮かべる。

今だにモンモランシーの言葉が忘れられないのだ。

ただ、それでも彼は彼女に愛しい気持ちを持ち続けていたし、自分があれほど馬車で彼女に発情してしまったのは、きっと香水のせいだけではなかっただろうと思っている。

「それじゃあねマリコルヌ。君は人のことより、自分の事をまず見直しなよ」

彼にちょっとだけ助言を残し、ギーシュは颯爽と歩いていく。

これからモンモランシーの部屋に向かうつもりだったのだ。

主に足の保身の為に。

その背中を見つめながら、マリコルヌは内心舌打ちする。

まだ、モンモランシーと一線は越えていないようだが、時間は残り少ないと見た。

その前になんとかケティとくっつけないと。

マリコルヌはそう焦りだす。

そんな時、



「あ、マリコルヌ様!!」



丁度タイミングを見計らったかのようにケティがその場を訪れた。

ギーシュが行った後で良かったと思う。

「やぁケティ、どうしたんだい?」

ケティは最初俯き、少しモジモジとしながらも意を決したように口を開いた。

「はい、あ、あの、ですね。実は私、深夜の火の塔に行こうかと思うんです」

「深夜の火の塔……?ああ、そういうことか」

マリコルヌも噂は聞いていた。

「それでその、良ければごいっし「そうか、その手があったか!!」ょに……はい?」

マリコルヌは何か閃いたという面持ちで不思議そうにしているケティを見る。

「わかったよケティ、そうだね、その手があったよ。ようし、僕がなんとかセッティングしてみる」

「へ……あの?」

ケティはなんだかマリコルヌが誤解しているような気がしたが、マリコルヌは話を聞かずに歩き出してしまっていた。

(そうだ、この噂を利用すれば二人を……!!)

マリコルヌの脳内で綿密な作戦が練り上げられていく。

これが上手く行けば、噂が本当ならば、二人は晴れて結ばれるだろう。

「いや、結ばせてみせる、結ばれなければダメなんだ。彼女はギーシュと幸せになるべきなんだ……!!」

力強く前を見据えるマリコルヌ。



彼の瞳から、輝きが失われていた。



[13978] 第六十六話【策謀】
Name: YY◆90a32a80 ID:1329af1b
Date: 2010/07/27 21:08
第六十六話【策謀】


「ねぇ知ってる?」

ルイズが広場のテラスでテーブルに付きながらサイトと二人きりの至福の時間を過ごしていると、同級生のキュルケが通りかかった。

正直、ルイズは邪魔者の出現に苛立ちを隠せないが、サイトが居ない間面倒を見てくれていた時のことはちゃんと憶えている。

まだ常人として些か残っていたらしいルイズの理性が、この場は理不尽に追い返すことはしないでおいてやるという結論に至り、彼女の話を聞くことにした。

「何よキュルケ、私はサイトと二人で居たいの。用があるなら手短にね」

言葉の端々までは彼女の不機嫌さを隠すことが出来なかったが、それでもキュルケがこの場での同席を許されたことはこれまでのルイズを知る者から見たら大変な事である。

明日はアルビオンが突如浮力を失って降ってきてもおかしくないくらい大変なことである。

「あら?随分な物言いね?体調が良くなった途端この憎まれ口だもの。全くあなた達の夫婦喧嘩には付き合ってらんないわ」

「夫婦喧嘩!?キュルケ、貴方は見る目があるわ、もっと言いなさい」

「ちょ、貴方ねぇ、皮肉ってものを知らないの!?」

サイトが引きつった笑みで女通しのやり取りを見ている。

ルイズは相変わらずだが、それに普通に対応するキュルケもそれなりに兵だ。

強者ではなく兵だ。

「まぁまぁ、んで知ってるって何のことだ?」

サイトはそんな女性通しの会話を微笑ましそうに見ながら、話を戻した。

このままではルイズがどんな痴態を晒すかわかったものではない。

もっとも、本人がそれを痴態と思っているかどうかは別だが……他人に夫婦と言うことを強制するのはサイトにとって十分恥ずかしかった。

「え?ああ、そうそう、深夜に出会った男女が結ばれるって噂よ、ウ・ワ・サ♪」

キュルケが茶目っ気たっぷりな目で二人を見つめる。

「何だかうさんくさいわね」

対してルイズはあまり興味なさ気だった。

そんなに簡単にサイトの心をゲット出来れば苦労は無かったのだ。

まぁ、今はそれも考える必要の無いものとなった、いわゆる勝ち組に在籍してるが故の思考だが。

キュルケはスイッチが入ったように饒舌に語っていた。

「ウチ学院の火の塔、その付近で深夜に出会った男女は結ばれるって噂が少し前からはやっているのよ!!それもちゃんと男女一組じゃないとダメらしくて、二人以上になると上手くいかないらしいわ!!やっぱり恋の炎というだけあって火は情熱を感じるわ!!」

キュルケは目を爛々と輝かせて噂話を語り続ける。

彼女も恋愛経験はあれど年頃故にそういった話に興味は尽きない。

と、サイトにはキュルケの言った場所に心当たりがあった。

「あれ?火の塔って前に行かなかったっけ?俺ら」

「ええ、月見の為に深夜に行ったわ。その噂話は間違いなく本当ね、私とサイトはこの通りだもの」

最初にうさんくさいと言った舌の根も乾かぬうちにルイズは意見をひっくり返す。

自分……もとい自分とサイトに良い方向へと行く話題なら、それは全て肯定となるのだ。

「でも知らなかったなぁ、そんあ噂があるなんて。ルイズ知ってたか?」

「いいえ、私も知らなかったわ。知ってたらもっと早くサイトと行ってたもの」

それはそうなのである。

誰も知る由も無いが、何せこの噂の発端はルイズ達なのだ。

「……へぇ」

キュルケは、サイトがルイズと話だしてからあえて黙っていた。

二人が仲直りしたらしいことは聞いていたが、あれほどの惨状を見た後では、それも少し半信半疑だったのだが、どうやら杞憂だったようだ。

「二人とも本当にヨリを戻したのね、何があったのか大いに気になるところだわ」

何せルイズはあそこまで茫然自失状態だったのだ。

並大抵のことではこれだけ早く明るい自我の快復は望めないと思える程酷かったので、これは素直に気になった。

あの戦争開戦の日のサイトの頑張りようから、彼が何かした結果だという予想はついているのだが、二人の間に何があったのか、“微熱”としてその真偽を知りたくもあったのだ。

ルイズは、キュルケの興味津々な顔を見て、

「サイトがね、俺に惚れさせてやる!!って言ってくれたの」

サイトに言われた言葉を教えながら「キャッ♪」なんて声を上げて頬を染めた。

サイトはテーブルに突っ伏す。

恥ずかしい。

言った事事態は後悔して無いが死ぬほど恥ずかしい。

穴があったら入りたいくらいに恥ずかしい。

話を聞いたキュルケは成る程と頷いた。

彼女はサイトより、ルイズに自分じゃない誰かと重ねられていた、と聞いている。

厳密には違うのだが、キュルケにそれを知る術は無く、また彼女にとってそこはどうでもいい。

彼女が着眼したのは、「俺に惚れさせてやる」というサイトの言葉である。

それは、ツェルプストーがやってきた“略奪愛”に似た、いやそれそのものでは無かろうか。

そう思うと、俄然キュルケの興味はサイトに向いた。

「ふぅん、それって略奪愛ってことよねぇ、じゃあ私が惚れさせるって言ったら惚れてもらえるのかしら?」



────────ピキッ────────



空気が凍った。

「……話は終わりよ“ツェルプストー”何処へなりとも行きなさい」

「あら?奇遇ね、私も貴方との話は終わった所よ。ねぇ“ダーリン”?」

「何がダーリンよ!!そう言っていいのは私だけなの!!」

「独占欲の強い女は嫌われるわよ“ヴァリエール”、私ならこの豊満なボディで全てを包容してみせるわ」

今までは、この間の恩から珍しく理性が表出していたルイズだが、既に彼女に理性はない。

お互いの呼び名が家名になっていることからも、その心に余裕が無い事が窺える。

今なら本当にアルビオンを降らせることもできそうなほど、ルイズはキュルケに敵意を向け、ウッと彼女が怯んだ所で、

「あれ?あそこにいるのギーシュだ」

気の抜けたようなサイトの声が、場を一旦停止させた。




***




「なぁギーシュ、時間を作ってくれないか」

「またかい?君もいい加減しつこいね」

ギーシュは少し辟易していた。

一体何が彼をそこまでさせるのか。

恋の為と言えば聞こえは良いが、彼のそれは酷く歪んでいる。

いい加減、自分の事は一時棚上げし彼に言うべきか、と思ったのだが、

「いや、今日は僕の為に空けて欲しいんだ。そうだな、深夜が良い」

「へ?」

意外な言葉に素っ頓狂な声を上げる。

「な?良いだろ?僕にも少し思うことがあってちょっと君に付き合ってもらいたいんだが、人目のある昼間じゃ困るんだ。だから深夜……そうだな、火の塔のあの辺りでどうだい?」

「う~ん、そういうことなら、まぁ良いよ、マリコルヌ」

ギーシュとて友達を無碍に扱う人間ではない。

彼が“自分の為”と言って来るなら、付き合おう。

そういう気になった。

「そうか、助かる。絶対に来てくれよ……絶対だからな」

「あ、うん……」

最後、搾り出すように言ったマリコルヌの、その輝きの無い目がギーシュに有無を言わさない迫力があった。




***




一連のやり取りを見ていた三人は、マリコルヌの異質さのおかげか一旦冷静になった。

「“ツェルプストー”、お祈りは済んだのかしら?」

訂正。

冷静になったのは二人だけだった。

これ以上からかってもやぶ蛇でしかないと悟ったキュルケは、

「ちょっと熱くなりすぎたわね、今日の所はもうやめておくわ。じゃあね、ダーリン♪」

サイトに手を振り、残った手で投げキッスをして去っていく。

「ツェェェルプストォォォォォ……お!?」

その行動に怒り心頭になったルイズが杖を掲げるが、焦ったサイトがルイズの杖を奪おうとしてもつれ込み、押し倒す形で転倒しそうになる。

サイトはしまった、と自身の体勢を立て直しつつルイズを思い切り引っ張り、結果彼女はサイトの胸に納まった。

「……あ」

サイトはこれまたしまった、と思うがこれこそ時既に遅し。

ルイズはすりすりとサイトの胸板に頬を寄せていた。

既に先程の怒りはどこぞへと消え失せていた。




***




「あれ?いないわね……」

モンモランシーはギーシュの部屋を尋ねていた。

しかし彼の人の姿は無い。

折角面白そうな話、火の塔の噂を聞いたのだが、これでは試そうにも試せない。

「むぅ、つまらないわね、やっぱこの間足のことをつい口走っちゃったせいで少し警戒されてるのかしら?」

失敗失敗、とモンモランシーは舌を出して自身の頭を軽く小突き反省する。

さて、ギーシュもいないしどうしようかな、とモンモランシーが歩を進めると、



「じゃあケティ、今夜火の塔で」



同じクラスの小太りな少年、マリコルヌが下級生を火の塔に誘っているらしい現場に出くわした。

さっと影に隠れる。

あの娘は確かギーシュに気がある娘だったはず。

モンモランシーは気を利かせてその場には立ち入らず、内心で「いいぞもっとやれ」などと思いながら来た道を戻り始めた。

「この場にギーシュがいたら完璧だったのに……いえ、今からでも遅くないかしら……?」

ウフフ、とスキップでモンモランシーはギーシュの部屋へと戻る。

ギーシュにこのことを話し、これで心置きなく一途になってもらおうというのだ。

なんて完璧な作戦!!

そう思っていたのは勝手にギーシュの部屋に入って彼を待ち、一時間が経つ頃までだった。

彼がなかなか戻ってこない。

これはおかしい。

だがもう少し待てば帰って来るかもしれない。

もう少し待ってみよう。

そう何度も繰り返してるうちに、気付けば時間は深夜だった。

これはいくらなんでもおかしい。

彼は何処へ行ったのだろう?

そうだ、こんな時、“彼”ならばギーシュの事を知っているのではなかろうか。




***




「何?モンモランシー?私とサイトの至福の時を邪魔するなんていくら貴方でも許せないんだけど?」

ルイズは怒り心頭だった。

これからサイトの甘い匂いを嗅ぎ、優しい腕の中で、約束された幸福の絶頂をを味わうところだったのだ。

「貴方はギーシュとずっと居ればいいでしょう?ここに来る必要は無いはずよ」

だからさっさとカエレ、とルイズはモンモランシーに出て行くよう促す。

一刻も早くサイトにダイヴしたいのだ、一秒でも長く彼に包まれていたいのだ。

「そのギーシュが帰ってこないのよ、貴方の使い魔なら何か知ってるかと思って」

ルイズの後ろで話を聞いていたらしいサイトは、ギーシュの名前を聞いて、

「ギーシュ?あれ?ギーシュって昼間あの男に誘われて深夜の火の塔に呼ばれて無かったか?」

「あの男?」

「ああ、マリコルヌのことね、そういえば昼間にそんなのを見たわね」

「ふぅん、マリコルヌが火の塔……なんですって!?」

ギーシュ────マリコルヌ────ケティ────火の塔。

モンモランシーの中で点が線へと繋がっていく。

「ま、まさか……!?」

「どうでも良いけどさっさと行ってくれない?」

ルイズが邪魔よ、とモンモランシーを追い出す。



「さぁサイト、今夜もギュッてして?」



彼女の夜はここから始まるのだから。



一方追い出されたモンモランシーは一つの繋がった解に、焦りを感じながら一路火の塔へと走っていた。

まさか、まさかまさかまさか……!!

そんな思いで火の塔まで近づいて来た時、案の定というべきか、火の塔を目前に彼女の前に立ちはだかるようにして通路を塞ぐ小太りの少年が居た。



「やって、やってくれたわねマリコルヌゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」



鬼のような形相で突撃するモンモランシー。

その瞳には既に光は無い。



「来ると思っていたよ、でも!!ここから先は通さないぞ、モンモランシィィィィィィィィ!!」



だが、それに相対する少年、マリコルヌもまた、瞳の輝きを消していた。



[13978] 第六十七話【再臨】
Name: YY◆90a32a80 ID:43bfa0e9
Date: 2010/07/30 20:44
第六十七話【再臨】


「マリコルヌの奴、あれだけ念を押してきたくせに自分はまだ来てないじゃないか」

ふぁ、と欠伸を漏らしてギーシュは火の塔に背もたれる。

夜空には双月が昇り、今宵も満足に学院を照らしていた。

全く、こんな時間に何のようなんだ、とギーシュは内心やや悪態をつきながら友人を待っていた。

友人を待っていた筈だった。

「え……ギーシュ、さま……?」

だから、その驚愕するような女性の声を聞いた時、彼は驚いた。

いや、理解した、というべきか。

「ケティ……?どうしてここに……いや、マリコルヌめ、そういうことか……」

ギーシュは突然現れたケティに面食らい、しかしすぐに事の成り行きに納得する。

(マリコルヌ、頼むから僕の足の寿命を縮めないでくれ!!)

ギーシュは足をさすりながらここには居ない友人に怒りをぶつけた。

夜はまだ長い。




***




叫んで突進したモンモランシーは、体中から殺気を迸らせて杖を振り、無数の水球を作ってマリコルヌへと叩き込む。

一方マリコルヌはずっしりと構えたままエアカッターで全てを切り刻み、相殺してみせた。

「マリコルヌ、貴方はやってはいけないことをやったわ!!」

「君が何と言おうと、僕は……僕の為にここを死守する!!そうすることが僕の使命なんだ、そうなるべきなんだ!!そうならきゃダメなんだ!!」

自分に言い聞かせ、それが正しいとばかりにマリコルヌはモンモランシーを睨みすえる。

殺気を込め何度か魔法を放ったモンモランシーだが、“当たれば”致命傷クラスの攻撃を、マリコルヌは見事に受け流していた。

魔法では埒があきそうに無い。

だがこのままではケティとギーシュが進展してしまいかねない!!

「このデブ!!せっかく(心の中でケティとの仲を)応援してあげたのに!!」

「モンモランシィィィィィィ!!君は今言ってはいけないことを言った、言ってはいけないことを言ったぞ!!僕はデブじゃない!!」

「うるさい!!デブじゃなけりゃなんなのよ!!さっさとそこをどかないとアンタから先に足を引っこ抜くわよ!!」

この時、火の塔にいるギーシュは何故か悪寒を感じた……かどうかは定かではない。

「僕はデブじゃない!!僕は体が少し大きい人だ!!僕はデブじゃないんだぁぁぁぁぁ!!」

マリコルヌが一瞬、自分を見失ったかのように顔を抑えて首を振る。

チャンス!!とモンモランシーは奥へ行こうとしたが、すぐに正気になったマリコルヌに通せんぼされる。

「しつこいのよアンタ!!」

モンモランシーの細い脚からの蹴りがふくよかで弾力のある腹に命中する。

「ぐぅ……!!だが通さん!!」

漢マリコルヌは苦痛に顔を歪めながらもこの場を引かない。

二人の激闘は続く。




***




「むぅ」

「どうしたの、サイト」

ルイズは難しい顔をするサイトを彼の胸の中で上目遣いに見やる。

それにくらっと来るサイトだが、ここは理性をフル稼働させてそれに耐える。

「いや、外が随分騒がしいなって思って」

「もしかしてさっきからそれを気にして中々私の背中に手を回してくれないの?」

「え?あ、いや……俺そんなこと毎日してるっけ?」

「うん、正確にはサイトが眠った後だけど……」

「おおう……俺って抱き枕使った無いけどそんな寝相だったのか……」

初めて知る自分の寝相に少し渋い顔をするサイト。

だが、それには少し誤りがあった。

本人の与り知らぬところ、つまり彼が眠った後、ルイズは毎晩のようにサイトが自身を抱きしめるように腕を回させた。

最初はほとんど眠っているサイトに力は入っていなかったが、それも回を重ねるごとに本人すら与り知らぬ所で体が覚えてきたのか、そうすることが自然になり、とうとう眠ったら自分から腕をルイズの背に回すようになってきた。

最近は少し力も込められるようになり、ルイズとしては毎晩一緒に寝て来た甲斐を感じていたのだ。

サイトより抱きしめられて眠る……こんな幸せがあるだろうか!!

だと言うのに、今日は外がうるさくて今だサイトに遠慮が見られる。

オマケにそのサイトが外がうるさくて眠れないと困っているのだ。



ルイズの、外の喧騒に対する不満ボルテージが上がった。




***




「このっこのっこのっ!!何よ?ちょっとは反撃するとか無いわけ!?」

もう魔法では埒があかないと悟ったモンモランシーは、先ほど上手く蹴りが効いたことから、女子にあるまじき?思考回路、拳に物を言わせることにした。

するとマリコルヌは当初と違いやられるがままになった。

「馬鹿にするなよモンモランシー!!僕は女性の体を触れど攻撃はしない!!」

格好良いようで痴漢発言にも似たマリコルヌの言葉に、モンモランシーは容赦なく足蹴りで答える。

「うるさい!!だったら、さっさと、ここを、通しなさい!!」

「ぐえっ!?だめだっ!!げふっ!?ここは……通さなごほっ!?」

マリコルヌはボコボコにされながらも彼女の行く手を阻む。

彼にも譲れない一線があるのだ。

「う〜しつこい!!腕の一本や二本折るわよ!!このこのこのこのこのこのこの!!」

「あだっ!?げぇっ!?あんっ♪ぐふぇ!?がふっ!?おあっ!?うぅん♪いでっ!?」

もはや優位性はモンモランシーにあり、マリコルヌはただ踏まれるだけとなった。

それでも彼は、呻き声と時々何故か嬉しそうな声を上げながら彼女が奥へ行くのを阻止すべく彼女の足を掴む。

「はーなーせぇー!!」

「いーやーだぁー!!」

もはや子供喧嘩に成り下がった二人の激闘はまだ続く。




***




「眠れん……」

サイトは溜息を吐く。

うるさくてまったく眠気が来ない。

「大丈夫サイト?」

「ああ、ただ眠れないだけだから……しかし外は一体何やってんだ?」

サイトは外の喧騒が気になって眠れないらしい。

そのせいで、いつもは緊張等からか意識と体がずっとルイズに向いているサイトも、今日は全くルイズを意識していなかった。

ルイズは一緒に居てくれるだけで十分嬉しいのだが、彼が毎晩ドキドキと緊張しながら自分を胸の中に居させてくれる環境が気に入ってもいるルイズとしては、別要因でそれが為されないのは不満だった。

最近では、サイトが少々我慢できなくなったのか、スケベ根性……もとい“誤って”寝ている時にルイズの体の一部を触れるまでになってきたというのに。

飽くまで、サイトが寝ている“ように見える時限定”での話ではあるが。

無論、その時サイトが起きているかどうかはサイト以外に知る術は無い。

ルイズとしては今夜は何処を触られるか、地味に楽しみしていたのに、それもまたお預け状態である。



またルイズの、外の喧騒に対する不満ボルテージが上がる。




***




モンモランシーは足を掴まれながらも無理矢理に前に進もうとする。

「くぬぅぅぅ、お、重い……」

「フ、フハハハハハッ!!デブとか馬鹿にしたツケがここで回って来たのさ!!君は僕をデブ呼ばわりするべきじゃなかった、そう、呼ぶべきじゃなかったんだ!!」



「うるさい」



空気が凍る。

いい加減、モンモランシーにも限界というものが来たらしい。

いっそ、ここに真っ赤なチューリップを咲かせるのもやぶさかではない程に、彼女の心の波紋は一度収まっていく。

ヒュッと風を切る音ともにマリコルヌのぷにぷにした腹にモンモランシーは杖を突きつけ……グッと押し込んで脂肪の中に杖をめり込ませる。

「零距離射撃、これは流石にかわせないでしょう?“これが最後”よマリコルヌ。離しなさい」

腹をつつかれるように杖を突きつけられているマリコルヌは、そんな感情をも消したモンモランシーの顔を見て、しかし、

「その時は、僕も容赦しない」

急に、腹の底から搾り出したような、低い声でモンモランシーに答えた。

モンモランシーの足に抱きつくようにして彼女を足止めしているその様は見るも滑稽な姿だが、彼の瞳だけは、恐ろしいくらいに真剣だった。

だが、今のモンモランシーはそれに怯えてやるほど、心に余裕は無い。



「そう、なら、これでサヨナラね、マリコルヌ」



彼女が杖に力を込め、魔法を発動しようとし、



「あ……」



マリコルヌの情けない声が上がった。

彼の視線の先、それは……モンモランシーのスカートの中だった。

彼はモンモランシーの細く白い足を抱くようにして彼女を抑えている。

そのモンモランシーが無理な体勢を取れば、中が見えるは必定だった。

「!?どこ見てるのよっ!?」

モンモランシーは魔法を発動させる事も忘れ、即座に彼を蹴り飛ばす。

ぶっとばされたマリコルヌは、軽快に転がりながら彼女の行く手を阻むようにすぐに立ち上がった。

「ううっ♪い、いや誤解するなよモンモランシー!!僕は君のパンツなどに興味は無い!!」

「黙れ変態マゾヒニスト!!」

「だから誤解するな!!僕は変態じゃない!!誰が君のパンツなんかに興味を持つものか!!僕が興味あるのはケティのパンツだけだ!!」

何故かマゾの部分の否定はせず、持論を堂々と晒け出すマリコルヌ。

今彼は完全な漢になった。

しかし、そんなに騒がしくしていれば当然、



「何をやっているんだ君たちは……?」

「マ、マリコルヌ様、私をいつもそんな目で……?」



近くの火の塔の二人が来るのは必定だった。

ギーシュは呆れて額に手を当て、ケティはマリコルヌを汚物でも見るかのような目で見ている。

「ギーシュ!!私、私汚されちゃった!!」

「いや、ただ下着を見られただけだろう。もっとも、その栄誉を僕より先に果たしたマリコルヌには今夜のことも含めてイロイロ言いたいことがあるが」

「え?ギーシュって見たかったの?」

「い、いや、紳士の僕としてそれは……その……しかしだね……」

「マリコルヌ様の変態!!」

「い、いやこれは違うんだケティ!!僕は変態じゃない!!」

「変態!!ド変態!!マゾ!!いつも私をそんな目で見ていたんですか!?私が貴方を踏むところを想像していたんですか!?」

「ち、違う!!僕は変態じゃない!!誤解だよケティ!!」

「なんでマゾの部分は否定しないんですかーーー!?」

人が増えたことで、さらに、騒がしさが増していく。



──────────ズンッ!!



ふと、ギーシュはその喧騒の中、聞き知った足音を聞いた。



──────────ズンッ!!



ふと、マリコルヌはその喧騒の中、経験したことのある悪寒を感じた。



黒い、真っ黒い、先程マリコルヌやモンモラシーが発していたソレとは比べものにならないほどの禍々しいオーラが、立ち上る。

ギーシュはそれに気付いた。

マリコルヌはそれに気付いた。

二人は同時に手を合わせ天に祈るようにして許しを請うた。

彼らの防衛本能がアレには逆らうなと、経験がアレには逆らうなと、何があっても逆らってはダメだと必死に教える。



「うるさいのよアンタら、サイトが眠れないって言ってるの、おわかり?」



男性陣には覚えのある、女性陣には認識の薄い、桃色の悪魔が、今再びここに降臨した。



[13978] 第六十八話【謹慎】
Name: YY◆90a32a80 ID:870f574a
Date: 2010/08/02 20:55
第六十八話【謹慎】


「あ〜、うむ……話は聞いた、で、君らは一体そんな夜中に何がしたかったんじゃ?」

火の塔付近に居たギーシュ、マリコルヌ、モンモランシー、ケティ、ルイズ、そしてサイトは学院長室に呼び出されていた。

あの晩、ルイズはかつてギーシュが見た時同様、体に黒いオーラを纏って現れた。

ギーシュとマリコルヌは神を崇めるかのような態度で手を合わせ何度も頭を下げた。

どうか、どうかお許しを、と。

だが、尚も口やかましく喧嘩を止めないケティとモンモランシーに、ルイズはキレた。

後ろに控えていたサイトの、

「お、穏やかにな?」

という言葉が無ければ、今この学院長室に全員が無事な姿で集う事は無かっただろう。

ルイズはその低い身長をものともしないまま、背伸びしてモンモランシーとケティの首根っこを掴むとそれぞれ男子に放り投げる。

モンモランシーはギーシュの背中に。

ケティはそのお尻をマリコルヌの顔面に着地させていた。

モンモランシーはきょとんとし、次いで文句を言おうとルイズを睨み口を開き、

ケティは、哀れにも小さなお尻に下敷きになったマリコルヌの恍惚とした表情に気付き、変態と罵ろうとし、



「うるさいのよ」



爆発が起きた。

隙間を縫うようにケティの股の間が、

隙間を縫うようにモンモランシーの脇の下が、爆発する。

二人に怪我が無かったのは、直前にサイトが言った「穏やかに」という言葉が彼女を制した結果だった。

ちなみに神懸かり的な隙間を縫う爆発位置によって、同じく直撃は無かったマリコルヌとギーシュだが、二人は既に恐怖から泡を吹いて気絶していた。

事ここにいたってようやく女性二人はルイズに畏怖を憶える。

まずい、触れてはならない何かに触れた、と。

ルイズは苛立たしげに壁に杖を向けると、直後に爆発が起き、そこが大変風通しの良い……何も無い場所となった。



「あなた達、まだ子供を産める体のままでいたいでしょう?」



コクコクと二人は涙目になりながら頷き、自分たちが悪かったと頭を下げる。

だが、

「馬鹿!!やりすぎだぞルイズ!!」

サイトの叱責にルイズは突然縮こまる。

「ご、ごめんなさい……」

何が悪かった、とか、何処がやりすぎた、とかそんなことは彼女の頭にはない。

ただその双眸は嫌わないで欲しいという怯えだけが見え隠れしていた。

女性陣がサイトの動向を息を呑んで見守る。

彼のこれから取る行動によって、彼女たちの運命すら変わりかねないのだ。

まだ、自分たちは人だと誇れる五体満足でいたい。

サイトはメッと怒ったような顔から一転、ルイズの頭を撫で、

「まずは話し合おうな」

ルイズの頭を撫でた。

サイトの指がルイズの髪を梳き、優しく絡められていく。

「うぅ、あぁ……!!」

ルイズはサイトにそうやって髪を弄られるのが好きだった。

腰が砕けてしまいそうになる快感。

それに耐えるために、ルイズは