47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 中国で反日デモ、ヨーカ堂襲撃 成都や西安、鄭州で


     16日、中国四川省成都市のイトーヨーカ堂の春熙店前で「日本製品ボイコット 釣魚島を返せ」と書いた横断幕を掲げるデモ隊(ロイター=共同)

     【北京共同】中国四川省成都市中心部で16日午後、数千人規模の反日デモが発生、デモ隊がイトーヨーカ堂の春熙店や隣接する伊勢丹に押し掛け、ショーケースなどを破壊した。新華社電によると、陝西省西安や河南省鄭州でも同日、反日デモが起きた。沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で起きた中国漁船衝突事件をめぐり、東京の中国大使館前で同日、中国への抗議デモが行われており、中国側はこれに対抗したとみられる。

     中国での大規模な反日デモは2005年4月以来。菅直人首相と中国の温家宝首相が今月上旬にブリュッセルで会談し、改善に向かい始めた日中関係は、再び緊張した局面を迎えた。

     成都にあるヨーカ堂の店舗によると、午後2時(日本時間同3時)ごろから若者らのデモ隊が店舗前に集まり「中国万歳」「日本製品ボイコット」などと叫び、物を投げるなどして窓ガラスを壊した。中国国歌も歌ったという。伊勢丹にもデモ隊がなだれ込み、ショーウインドーなどを壊した。両店とも営業を停止した。

     ヨーカ堂の現地幹部は「われわれ日本人従業員は店内にいるが、抗議行動が続いており、外に出られない状態だ」と話した。

      【共同通信】