チラシの裏SS投稿掲示板




感想掲示板 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[9729] 《習作》Fate / different phase(オリジナル設定)
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2009/06/21 01:08
はじめに

・これは“Fate/stay night”の設定を借りたオリジナルです。

・ですので舞台・登場人物など多くがオリジナル設定となります(なるべく繋がりは持たせますが)。そのため、本編とは矛盾する設定が多々登場と思います。

・こうしたSSを執筆した経験が圧倒的に足りません。ですので、拙い表現もいくつかあるかもしれません。

以上を許容できる方のみ閲覧をお願いします。



[9729] プロローグ「偽りの狂宴」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/05/15 02:40
聖杯戦争・・・・・・
 冬木市に眠る願望器“聖杯”を降臨させる儀式・・・・・・
 その儀式の実体は七人の魔術師がそれぞれ七騎の英霊を従え、一つの聖杯をめぐり最後の一人となるまで、自らの願望、欲望、野望のために争う・・・・・・
 されど、冬木の聖杯は贋作。しかしながら、そうまでして手に入れる価値は、ある。なぜならこの聖杯は“万能の釜”を起源とする代物。ましては普通の人間が御するには手に余る英霊を使い魔“サーヴァント”として現界させるだけではなく、“令呪”なる絶対命令権を持って従えさせられること自体が奇跡なのだ。ゆえに叶えられぬ願いなど、ない。
 それだけで十分に甘美な響き。だが手にできるのは言うまでもなく一人。血で血を塗る凄惨なこの戦いも五度に渡り繰り広げられた。その三度目には聖杯は全てを呪う呪詛の器と化してしまった・・・・・・しかし、この決戦も五度目をもって完全に終結、聖杯も解体へと至るのだった・・・・・・
 英霊同士が争うこの聖杯戦争は冬木独自のもの。よって、聖杯戦争は二度と起こることは決してありえない、そのはずだった・・・・・・



 夜は深まり、闇に包まれ、生けし生けとし者は眠りにつく。しかし、この現代においてはそれが当たり前とも限らない。闇深まる夜でも繁華街はネオンの光によって照らされ、またそこを行きかう人々も大勢いる。そんな雑踏の中、一人の少女が行く。この時間帯で、一人で行動するには、あまりに年端もいかない少女だ。にもかかわらず、少女はそんなことを気にする様子もなく、一人人混みの中を進んでいく・・・・


 道を進む少女、だが少女の進む先にはだんだんと人の数が少なくなっていき、そしてとうとう人気のない通りに至った。そして起こるべくして起こったというべきか、少女の進行方向を塞ぐかのように立ちはだかるバイクにまたがった男が一人。ヘルメットをすっぽりとかぶっているので男の人相はわからない、がどこからどう見ても一人の悪漢と一人のか弱い少女の構図以外の何物でもない。

 「あの、すいません。私、先を急いでいるんです。だからそこ、どいてもらえませんか?」

 暴力的なエンジン音をかき鳴らす男に放った少女の一言。一見すると深窓の令嬢にも見えなくもない少女の言葉がこのごろつきのような風貌の男に届くはずもない。この後の展開としては攫われるか何かされるか、いずれにしてもろくなことが起こらないだろう。だが男のとった行動は、そういったことではなく、ただ手にはめていたグローヴを片手だけはずしただけだった。すると男の手の甲には奇妙な紋様が刻まれていた。その紋様を見るなり、少女は薄ら笑いを浮かべた。

 「あら、わざわざ見せてくれてありがとう。でもそんなことしてくれなくたってわかってるわよ、そんなの」

 先ほどのしおらしい言動とは打って変わって、少女は余裕に溢れていた。だが、それでも少女の持つ気品のようなものは一切失われていない。

 「むしろ感謝してちょうだい。こっちはわざわざあなたのために人気のない通りを選んだんだから。“周りの人が気になって負けました”じゃこっちも拍子抜けしちゃうもの。だから、完膚なきまでに叩き潰してあげる」

 あくまでも挑戦的な少女の発言。すると、少女は片手を前に突き出した。その手のひらには男のものと似て非なる紋様が浮かんでいた。

 「セイバー。遠慮はいらないから、全力で勝ちなさい!」
 「承知!」

 すると少女の傍らからいつの間にか一人の男が現れ、バイクの男に向かって突進してきた。だがその男の身に纏っているのはこの時代の人間のものではない。白銀に輝く鎧を身に着け真紅のマントを羽織り、その手には荘厳な剣を構えていた。その男を一言で表すなら“騎士”。だが、バイクの男の前にもいつの間にか別の男が現れた。この男の様相もこの時代の人間のものではなく、その男が身に纏っている鎧兜に手にしている盾、それらは黄金の輝きをもっている。その様、まさに“戦士”。騎士の一撃をその盾で防ぐと、戦士はお見舞いに槍の一撃を放った。だが騎士はそれを後方に飛ぶことで避ける。両者共に激突せんと、互いに前進するのだった。その光景はまさしく、冬木市で行われていた聖杯戦争そのものである・・・・



 北日本に位置する地方都市“幌峰”、その周辺の多くが山林に囲まれていながらも、中心部をはじめとして繁華街が多く立ち並ぶ。だが大都市と呼ぶにはあまりに規模は小さく、かといって田舎かといえばそれなりに賑わいを見せている、それがこの幌峰市だ。その幌峰の郊外に一軒の洋館が建っていた。その洋館の一室にアトリエのような部屋があり、そこに一人の長い黒髪の女性が薄暗い明かりの中で静物画を描いていた。するとそこへノックが響く。

 「爺。入ってきて」
 「はい。失礼いたします、お嬢様」

 そして部屋に一人の老紳士が入ってきた。どうやら彼はこの館に仕える執事で、そこで絵を描いている女性は彼の主人であるようだ。

 「お嬢様。非常に申し上げにくいのですが、中心街の裏通りでセイバーとランサーが戦いを始めてしまったようです。詳細な場所は・・・・」
 「わかっているわ、爺。まったく、全てのサーヴァントが揃うまで自重しなさいとあれほど言ったのに・・・・」
 「致し方ありません。何しろ、サーヴァントというのはどうも血の気の多い方々が多いらしいようですし、今回の参加者の方々もそれに負けず劣らずの血気盛んな面々のようで・・・・」
 「はあ・・・・こっちはただでさえ後始末に負われているっていうのに・・・・でも、これ以上言っても仕方ないわね」

 女性は思わず溜息をついてしまう。セイバー、ランサー、そしてサーヴァント・・・・これら全てある儀式に関わる言葉、その儀式とはすなわち、聖杯戦争である。彼女たちの言葉によれば、この街でその聖杯戦争が勃発していることが伺える。だが英霊を呼び出すことができるのは冬木の聖杯の力があってこそ。この幌峰に何故聖杯が成立したのかなどは後に語ることにする。
そして先ほど溜め息をついていたこの女性の名は守桐神奈。この地を預かっている“管理人”にしてれっきとした“魔術師”だ。魔術は秘匿が原則、ゆえに表沙汰になってはならない事象だ。彼女の言う後始末とはその魔術が一般の市井に目を向けさせないように手を回すこと。ましてや、この幌峰で行われている聖杯戦争ならばなおさらだ。“戦争”と呼ぶからには、被害もそれ相応に大きい。ゆえにその後始末も厄介なことこの上ない。

 「はい。申し訳ございません。すでにつくしを現地へと向かわせて、事態の収束に動いておりますので」
 「つくしさんを・・・・・・?逆に不安なんだけれど・・・・」
 「お気持ちはわかりますが、逆にわたくしがそれに向かった場合、この報告がかなり遅延したものと思われますが?」
 「そっちのほうがまだよかったわ。早めに手を打ってくれたのは助かるんだけど、本当に大丈夫なの?」
 「まあ、彼女も一応やるときはやりますからね。多分問題ないでしょう。自信を持って断言できないのがお恥ずかしい限りですが・・・・ところで」

 少なくとも、この会話で“つくし”という人物がかなり問題のある人物であることは確かだ。だがこれ以上この話を続けていても仕方ないので、老紳士は話題を転換した。

 「お嬢様。いつ召喚の儀式を執り行うのですか?確か、以前口にされていらっしゃったことには、今日が都合のよろしい日と伺ったのですが?」
 「ええ。実はそろそろ始めようと思った頃合よ。予想以上にサーヴァントが出現しているし、これ以上うだうだやっても仕方ないもの」

 神奈は自分の習得している魔術により、今日この日が召喚を行うのに最適な日であることを把握していた。だが彼女自身が言っていたように次々とサーヴァントが召喚されているのだ。自分の今後のことを考えると、より強力なサーヴァントを召喚するにはあまりにも時間がない。

 「然様ですか。やはり召喚されるのはアーチャーで?」
 「理想的にはね。もう召喚できるサーヴァントも少なくなってきているし、この際贅沢は言わないわ。召喚されたサーヴァントが私を勝利に導くことができる力を持つのなら、それに越したことはない。そういうわけだから、爺。これから儀式を行うから誰であっても私の工房に立ち入らせないようにしてちょうだい」
 「かしこまりました、お嬢様」

 老紳士が恭しく頭を下げると、神奈は自分の工房へ向かうべく、部屋を後にした。自らにふさわしいサーヴァントを手にするために・・・・



 夜も更け、多くの生物が眠りに就いている頃、一人の男が生い茂る木々の中に立っていた。どこかの林の中だろうが、こういった時間に一人で行動する人間はほとんどいないと言っていいかもしれない。この男の目的は単に散策というわけでは決してない。男はただ、林の中で一人たっているだけだった。だが、そんな男の手には何か手にしているようだ。

「素に銀と鉄。礎に石と契約の大公。祖には我が大師シュバインオーグ。
  降り立つ風には壁を。四方の門は閉じ、王冠より出で、王国に至る三叉路は循環せよ」

男は一人、何か呪文めいた言葉を口にしていた。いや、男が口にしているのはまさしく呪文“そのもの”である。男の呪文に呼応するかのように、辺り一帯の木々がざわめく。

「閉じよ。閉じよ。閉じよ。閉じよ。閉じよ。
 繰り返すつどに五度。
ただ、満たされる刻を破却する・・・・・・・・」

 すると男の足元が輝きだし、それが光の奔流となって強まり、大気も大きく唸り上げそうな様相を示してきている。

 「・・・・・・告げる。
  汝の身は我が下に、我が命運は汝の剣に。
  聖杯の寄るべに従い、この意、この理に従うならば答えよ。
  誓いを此処に。我は常世総ての善と成る者、我は常世総ての悪を敷く者・・・・
  汝三大の言霊を纏う七天、抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ!」

 立ち上る光は一気に弾け、男の周囲を覆いつくす。光が次第に収まっていき、辺りは再び闇に覆いつくされた。呪文を唱えていた男は力を抜いて腰を落とし、片膝を着いて辺りを狩人のように注意深く探った。

 「実に浅ましいことよ・・・・今代の人間は死して黄泉に眠る者を否応なしに現世へと引き戻す術を得たというのか・・・・」

 どこからともなく響く声。男はその声のした方向に全神経を向ける。

 「この身を蘇らせたのだ。それ相応の理由を聞こう。主は何ゆえ、かような行いに至ったのか?返答次第ではその身、五体満足で済むと思うな」

 試しているのか、それとも敵意を持っているのか・・・・いずれにせよ声の主は男に問う。そして男の口が開く。

 「そんなこと、決まりきっている。サーヴァントを喚ぶ理由は一つ、俺には俺の叶えるべき願いがあるだ・・・・!」

 聖杯戦争、その血戦の舞台は次第に整っていく・・・・



[9729] 第一話「血戦開幕」 ※残虐描写あり
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/05/15 02:38
 最近、わたしはよく同じ夢を見る。わたしが前に住んでいた街が大きな火災に遭って辺り一帯を焼き尽くした、あの日の夢・・・・家も、木も、草も、人も、そしてわたしのお父さんとお母さんも・・・・・・まだ小さかった妹を背負って、私は当てもなく焼け野原となった住み慣れた街をさ迷い歩く・・・・・・そこは友達や妹と遊んだ公園も、家族でよく通った道路や馴染みのお店も、親切だった近所の人たちや友達の家も、それらの一切が面影を失っていた。わたしは直接体験したわけじゃないから確かなことは言えないけれど、たぶん戦争に巻き込まれてしまった街って、こんな風になるものなのかな、と今になって思った・・・・・・・・



 「・・・・・う・・・・・・ん・・・・・・・」
 カーテンから射す朝日の光がわたし、野々原沙織の目を覚ました。朝に弱いほうじゃないと思うけれど、目覚めたばかりということもあってわたしは少しぼんやりした頭に手をやった。それにしても、どうして近頃前に住んでいた街を襲った災害の夢を見るんだろう・・・・・・?
 それによって続く夢に滅入っているのか、それともまだまどろんでいるのか、そのどっちにしてもわたしはまだ布団の外へ出られないでいる、そのときだった。部屋の外から勢いのいい足音が響き、それがどんどんとわたしの部屋のほうへ近づいてきている。そしてわたしの部屋の前に来た途端、足音がぴたっと止むと今度はこれまた思いっきり部屋の戸がガラッと開かれた。

 「ねえちゃん、おっはよーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」

 入ってきたのは飼い犬のシローを連れた妹のこのかだった。日課であるシローの散歩から帰ってきてわたしを起こしに来たのか、わたしはゆっくりを上半身を起こした。

 「あー、うん、このか。おはよう・・・・・・」
 「も~、ねえちゃん近頃寝覚め悪いよー!それよりもシロー!こういうときは思いっきりねえちゃんに向かって思いっきり飛び掛って、のしかかるなりしてよ~!」
 「ワフウ・・・・・・・・」

 シローは呆れているかのように鳴いた。そもそも本当に呆れているかどうかはわからないけれど、そう見えてしまうから仕方ない。

 「ところでこのか、どうしてシローがわざわざわたしに飛びかかる必要があるの?」
 「だって、まだ寝ている人に飼い犬がフライングボディプレスをして起こすのって朝のセオリーでしょ?」

 どういうセオリーなの、それ・・・・・・・まあ、かく言うわたしもさっきまで起きていたかって言われたら自身もって言えないけれど。

 「それに、姉ちゃん近頃変な夢を見ているみたいだから、寝起きの気付けに一発っていう妹の心配りでもあるんだよ」
 「そうなの・・・・ありがとう、このか。でもそんなに大した夢じゃないから、気にしないで」
 「そう・・・・?だったら、いいんだけどさ」

 わたしは妹にウソをついてしまった。実際その夢のせいで気が滅入ってしまうこともないとは言えない。でもあの日のことはこのかは覚えていない。だから無理に話す必要もないとわたしは思う。

 「それはそれとしてさ、もうそろそろ朝ごはんができてる頃だから早く行こうよ」
 「うん、そうね。それじゃ、・・・・・・」

 行こうかって言おうとしたところ、このかはさっさと部屋から出て行って食卓へまっすぐと向かって行った。部屋にはわたしとシローが残され、そのシローはじと眼で私を見上げている。

 「シローはやっぱりわかっちゃうんだ、わたしが今日見た夢を気にしてるってこと・・・・」
 「ワン」

 シローは結構こういうことには鋭い。何か隠し事をしているとしても、まるでその心を見通しているような感じさえある。そのくせして、あまり素直じゃない。シローの散歩はわたしたちみんなが交代で行うけれど、わたしのときはすぐにわたしの言うことを聞いてくれないこともある、というよりもわたしのいうことと逆のことをわざとやることがほとんど。つまりは、意地悪ということになるかもしれない。それでもこの家の立派な一員であることに変わりはない。

 「確かにこのかにはウソをついたけれど、夢のことは気にしていないって言うのは本当だから・・・・・・・・・・・・・ちょっとだけなんだけど」

 確かに、夢のことで気が滅入ることもあるけれど、やっぱり夢は夢。どうしてそんな夢を見るのかなんてわかるはずもないし、夢のことを考えていたって仕方ない。少なくとも、わたしはそういう風に割り切っている。

 「それじゃシロー。わたしたちもそろそろ行きましょ。シローもごはんを食べないと」

 部屋を出ていくわたしにシローは黙ってついて行く。このとき、あの日の夢がこれから起こることの前兆だということは、このとき食卓へ向かう私には知る由もなかったし、知る術もなかった。


 ところで、わたしたちの前住んでいた街でどうにか生き延びることができたわたしとこのかだけれども、場合によっては孤児院に入れられていたかもしれなかった。でも、幸いにもわたしたちには当てがあったので別の町、つまり今住んでいる幌峰に移ることになった。そこでわたしたちは祖母の絹の下で暮らしていて、現在に至る。

 「ねえちゃんにシロー!遅いよー!アタシもうお腹ペコペコだよー!」
 「このか、遅れてきた沙織やシローだってお腹を空かしているのよ。だから沙織たちも悪いわけじゃないんだから、あまりそういうことは言わないでちょうだいな」
 「むー・・・・・・そういうことならわかるけどー・・・・」
 「おばあちゃん、おはよう」
 「おはよう、沙織」

 ラジオが流れる中、おばあちゃんはこのかに優しく諭しつつ、食卓に着いたわたしににっこりと挨拶してくれた。

 「おばあちゃん、シローのごはんは・・・・・・」
 「ああ、それならいつもの場所に置いてあるわよ」
 「うん、わかった。じゃあ、とって来る」
 「シロー、あまり沙織に意地悪しないでちょうだい。あの子だってあなたのことが好きなんだから」
 「クゥン・・・・・・」

 さすがのシローもおばあちゃんには頭が上がらない。亀の甲よりも年の功というか、シローの扱いはわたしやこのかよりもずっと上手だ。単におばあちゃんのほうが家にいる分、わたしたちよりもシローと長く一緒にいるということもあるかもしれないけど。
 それはそれとして、シローのお皿にシローのごはんを盛り付け、それをシローの下へ運んだ。その後、わたしは自分の席についた。わたしたちの朝食は決まってごはんや味噌汁を中心とした和食だ。おかずは日によって様々だけれど、わたしのお気に入りの卵焼きが入っているのがなによりだったりする。

 「ねえ、ばあちゃん。早く、早く~」
 「そう慌てないの。ご飯は逃げやしないんだから。でも、みんなもうお腹を空かせて限界でしょうし、ここでいただくとしましょうか」

 わたしたちみんなで一斉にいただきますをすると、シローも一瞬遅れてお皿に盛られたごはんにかぶりつく。いつもと変わりない、いつもの朝食の風景・・・・・・

 「むー、やっぱりお魚の骨取りづらい~」
 「やっていけばだんだん馴れてくるようになるわよ。おばあちゃんだって、昔はお魚の骨とるの苦手だったんだから」
 「え!?そうだったの!?ちょっと意外~。ねえちゃんは知ってた?」
 「え?えーと、今知ったけど・・・・?」
 「誰だって最初からできるわけじゃないんだから、知らず知らずのうちにできるようになるものよ」
 「ふ~ん・・・・あ、ねえちゃん。しょうゆとって」

 そんな他愛ない会話をしているときに、ラジオではニュースが流れていたのか、次のニュースが始まった。これもわたしの見る夢とは違った意味で滅入る話だけれど、また失踪者が出たそうだ。それもここ数日続いている事件だ。

 「あら、また失踪者が出たの?やぁね、本当に・・・・・・」
 「ねえ、失踪っていなくなるってことなんでしょ?どうしていなくなっちゃうのかな?」
 「さあ・・・・・・?やっぱり、何か色々理由があるんじゃないの?」

 そんな当たり障りのないことをわたしは言っていた。そもそも悪い言い方になるかも知れないけれど、失踪者の気持ちなんて誰も知る由もないんだし、それにここしばらく出ている失踪者の共通点もないという。ニュースで流れる分には、いなくなった人たちは特に何の問題もなく日常を過ごしていた、つまり失踪するような理由、例えば生活苦だとか世の中が嫌になったとかというものではないということらしい。かといって、誰かに誘拐されたかどうかもわからないけど、その辺りも調査中だという話だ。
 そんな中、おばあちゃんは食事の手を止め、悲しそうな顔をしていた。

 「どんな理由でも、どんな形でも、誰かがいなくなるのはとても悲しいこと・・・・・・当たり前のように傍にいた人が突然いなくなるなんて、残される人にとってそれは耐え難いこと、いいえ。むしろ耐えられない痛みかもしれないわね・・・・・・」

 そんなことをおばあちゃんは言っていた。わたしもあの災害でお父さんとお母さんを亡くしたけれど、あの時はどう思ったんだろう・・・・・・?昔のことなのか、あまり鮮明に覚えていない。そしてラジオは次のニュースに変わり、わたしたちは食事を続けた。でも、おばあちゃんの食事の手はさっきよりも遅くなっていた。



 「それじゃあ、気をつけて行ってらっしゃい」
 「うん、行ってきま~す」
 「行ってきます」

 おばあちゃんに見送られ、このかと制服に着替えたわたしは学校へと向かって行った。わたしの通う高校とこのかの通う小学校は途中まで同じ道を歩くことになる。

 「はあ~、今日はやだなぁ。だって今日、算数のテストだもん」
 「え?大丈夫じゃないの?だってわからないところはわたしやおばあちゃんに聞いていたでしょ?」
 「それはそうなんだけど、やっぱりイヤなものはイヤ!!」

 そんな感じで一緒のときは朝食のときみたいなこれまた他愛ない会話をしていた。そんなこんなで、とうとう分かれ道に差し掛かった。

 「うわ~・・・・・・もうここまで来ちゃったよ~・・・・・・あ~あ、今日はイヤな日だな~・・・・・・」
 「そんなことないよ。だってラジオの占いでこのかの星座一位だったし」
 「でも、ねえちゃんの星座、下から二番目だったじゃん・・・・」
 「わたしはいいの。それよりもこのかがちゃんと算数でいい点取れればそれでいいんだから」
 「逆にそれ、プレッシャー・・・・・・」
 「え、えーと、それじゃあわたし、そろそろ急がないと遅刻しちゃうから、もう行くね」

 上手くフォローできず、わたしは急いで学校へと急ぐ。おばあちゃんだったら、もっと上手いこと言えるんだろうな・・・・・・わたしが何をしようともシローには絶対、鼻で笑われそうだけど。

 「ねえちゃん!!!」

 そんな時、このかがわたしに向かって大きな声で呼びかけた。何なんだろう・・・・・・?

 「・・・・・・ねえちゃんは失踪なんかしたりしないよね?ねえちゃんがいなくなっちゃったりしたら、やだよ?」
 「・・・・・・大丈夫だよ。わたしは失踪したりなんかしない。だから安心して」
 「そうなの!?じゃあアタシ、今日の算数のテスト、ちょっとだけがんばってみるね!!」

 そう言ってこのかは手を振った後、軽快に学校へと走っていった。そんな妹を見送って、わたしも学校へと向かう・・・・・・本当に急がなきゃ、冗談じゃなく学校に遅れちゃう・・・・・・



 どうにかわたしの学校、美柳高校へと遅刻することなく間に合った。その日の授業を別に何の問題もなく受けていた。それはそんな休み時間のことだった。

 「沙織~、ここにいたのかい?」
 「あ、引沼さん」

 体育の授業を終えて教室へ戻るわたしにクラスメイトの引沼亜美さんが話しかけてきた。

 「あんた、随分遅かったねぇ。また後片付けやらされたの?」
 「あ、うん。でもただやらされたんじゃなくて、自分で決めてやったことだから・・・・」
 「でもやれって言ってきたの、今日の後片付けの当番の連中だろ?あいつら、もう先に教室にいるからもしかして、と思ったけど、案の定だったね・・・・」
 「でも、借りていたノートを急いで返さなきゃいけないって言っていたから・・・・」
 「そんなの口実。本当は単純に面倒だからあんたに押し付けただけだよ」
 「それは、そうかもしれないけど・・・・・・」

 学校でよく頼まれごとをされるのは日常茶飯事だった。やれノートを見せてほしい、やれ日直を代わってほしい、やれ掃除を交代してほしい、そういうことがよくある。どちらかといえば、わたしは物静かなほうであまり積極的に人とは話さない、ただ引沼さんみたいに向こうから話しかけてくることはあるけれど、彼女みたいにどちらかといえば親しく話しかけてくる人よりは頼みごとをしてくる人のほうが多いだけの話。それに私は特別、それが嫌だとは思っていない。

 「全く・・・・・・あんたはそうやって人がいいんだから・・・・まあ、あたしもたまにあんたに宿題見せてもらっているから人のことは言えないんだけどさ」
 「仕方ないよ。引沼さんはバスケ部で忙しいんだから。だって引沼さん、もうエースなんでしょ?」
 「まあ、エースっていってもあたしらの学年で一番多く試合に出させてもらっているってだけの話だよ。試合経験なんて少ないから、そう簡単にレギュラーの座なんて手に入らないよ」
 「それでも、試合に出てるってだけでも、すごいこと、なん・・・・・・」
 「どうしたのさ?急にしどろもどろになっちゃって・・・・・・?」

 あ・・・・・・別にこれには、深いわけなんて決してなくて、単に急にしどろもどろになっているだけであって・・・・・・そんな感じで頭がごちゃごちゃになって正常に思考が働かない。ともかく、早いところここを切り抜けないと・・・・・・

 「ああ、そういうことね。なるほど~」

 そう思ったけれど、手遅れになってしまいました。引沼さんも目の前にいる“彼”の存在に気づいてしまったようです。狩留間鉄平、わたしの憧れの先輩に・・・・

 「このままあたしに黙って狩留間先輩を素通りしようなんて、そう簡単にできないって」

 その通りでした。何しろ、狩留間先輩といえばこの学校では知らない人などいないくらいの人気のある生徒だからだ。その爽やかな外見と人柄に憧れを抱かない女子などこの学校にはいない。無論、わたしもそうした女子の一人だ。それを抜きにしても品行方正を地でいくために生徒や先生からも信頼されているという。なのに、どういうわけか生徒会みたいな役職にも就かず、どの部活にも入っていないらしい。それがかえって謙虚だという人もいるという。
 一応こんな感じで解説していますが、今わたし、ものすごい心拍数上がっています。

 「ねえ、せっかくだからここで狩留間先輩に話しかけてみたら?」
 「え?え?えええええええええええええええええ!?!?!?!?」

 な、何でそういう話になっちゃうわけ!?確かに、狩留間先輩と一度話してみたいなとは思うけれど、私と先輩じゃ違う次元の人。そもそもこんなわたしじゃ会話なんて成立するはずないし、それにわたしどちらかというと傍でそっと先輩を見つめているほうがずっと気が楽だし・・・・・・

 「だからなの。そうやって自分から動かないから他のヤツが調子にのってあんたに色々と押し付けたりするんだから」

 あれ?ひょっとして、わたしの心読まれた?でも、でも・・・・・・

 「はいはい、余計なことは考えないで行った、行った」
 「ひゃう!?」

 引沼さんに背中を押され、思わず素っ頓狂な声を上げてしまった。うう・・・・・・こんな変な声上げたんじゃ、まともに顔なんて上げられない・・・・・・でも、ここまでなったらもう後は野となれ山となれ!ここは思い切って喋ってみよう!八割方、自暴自棄になっているような気がしないでもないけれど・・・・・・

 「あ、あの・・・・・・・・」

 そして上手く声が出なかった。というより声が小さすぎた。なんか喉が細くなっているような感じで、音量が上手く出せない。

 「あの・・・・・・・・・・」

 一応自分で声を張り上げたつもりだったが、傍から聞いたら大して変わんない。うう、このかとなら普通に話せるのに、何でこういうときに限って・・・・・・もうここまで声が出ないんじゃどう喋ろうがこっちの知ったこっちゃない。もはや完全にやけくそです。

 「あの!!!」

 ようやくまともなボリュームを出せた、そのときだった。

 「ああ?さっきから“あの”“あの”って、何なんだよ?」

 瞬間、背筋が凍ってしまった。そして恐る恐る顔を上げてみる。目の前には確かに先輩がいた。ただし、それはわたしが苦手とするほうの先輩である大迫純一という人であった。

 「ひ、ひゃあああああああああああああああ!?!?!?す、すいません!!!!!」

 そこから教室に着くまでの記憶は確かではない。ただ一つ言えるのは教室に向かうまで必死だったということだ。後ろで大迫先輩や引沼さんが何か言っていたような気がするけれど、あまりよくわからなかった。しかも廊下を走っていたかそうでないかもわからないほどだった。そういうわけでその次の授業は半ば上の空だったとさ・・・・・・



 「だからゴメンって。そんなに気を悪くしないでちょうだい」
 「ううん。わたし、そんなに気にしてないから・・・・・・」

 昼休み、わたしがお昼を食べに学食に行く途中、またしても引沼さんと一緒になった。わたしから話しかけることはないけれど、引沼さんとの付き合いはこんな感じだ。確かに引沼さんがやったことに関しては気にしていないけれど・・・・・・

 「でもあんたもあんただよ。あんな逃げ方ってないでしょ、普通」
 「それはわたしもそう思うから、あんまり言わないで・・・・・・」

 あれはさすがにわたしも堪えた。あれは大迫先輩でなくても引いていたと思う。というよりも、あれを狩留間先輩に見られたかと思うと・・・・・・

 「まあ、沙織が苦手なのもわかる気もするけどね」

 そこはわかってくれた。大迫先輩のメガネから覗く眼光だけでも威圧的なのに、雰囲気だけでも人一人は気絶しそう。それもそうだ。噂ではあの人は中学の頃、周辺の不良たちの多くを締めたというらしい。それで今でもその不良たちの恐怖の象徴との噂だ。本当みたく聞こえるから困る。むしろ本当かもしれないけれど・・・・・・

 「あれ?野々原?アンタ学食に行くのかよ?」

 すると突然、同じクラスの女子のグループに声をかけられた。この人たちはよくわたしに頼みごとをしてくる人たちだ。もちろんこの人たちはその一部で、他にももっとたくさんいる。今の時間を考えると、きっとお昼を買ってきてほしいのかもしれない。

 「だったらさ、購買で焼きそばパンかってくんね?うち、忙しいからさ~」
 「じゃあツバサ、コロッケパンね~」
 「アンパンとコーラ頼むわ」
 「オメー、アンパンにコーラって、合わねえから!それ!!」

 色々なアクセサリーをごちゃごちゃとつけたリーダー格である女子がどっと笑うと、連れの女子たちもつられてげらげらと笑う。

 「・・・・・・沙織、そんなの聞く必要ないよ。ホラ、さっさと学食に行くよ」
 「引沼、オメーの一存で決めんなよ。うちらは野々原にお願いしてんだよ」
 「勝美。あんた、そうやって前も沙織をパシらせただろ?いい加減にしなよ、パンぐらい自分で買いなよ」
 「あー、あー。バスケ部の時期エース様の言うことは立派でございますねー。でもうちらは本人も了承してもらっているから、パシリじゃないんですー」
 「勝美!だから・・・・・・!」
 「引沼さん。先に学食行ってていいよ」
 「沙織・・・・・・!」
 「ホラ、本人がいいって言ってるからさっさと行けよ!」

 引沼さんは苦虫を噛み潰したような顔をわたしやその女子の集団のリーダー格の竹中勝美さんに向けた。でも引沼さんの言うこともわかるけど、ここでいざこざになるのはもっと嫌だから。それにこれはわたしが竹中さんの言うことを聞けば済む話だし・・・・・・

 「えっと、竹中さん?確か、竹中さんは焼きそばパン、だったよね?」
 「うん。あ、後お茶も頼むわ」
 「沙織!いいから行くよ!」

 引沼さんが無理矢理わたしの腕を引っ張って、竹中さんたちからわたしを引き離そうとした。

 「おいおい!そんなことやっていいのか?こいつのやりたいようにやらせなきゃオメー、消されるって。“疫病神”様に逆らったらおしまいだって」

 竹中さんがある言葉を発したそのときだった、わたしの中の世界が凍り付いてしまった。

 「あんたら・・・・・・・・!」
 「えー、何々ー?疫病神様って、何ー?」
 「ああ、オメー違う中学だったから知らねえか。実はこいつさー・・・・・・・・」

 竹中さんが連れの人たちに色々なことを吹き込む。あること、ないこと・・・・・・でも、その中には身に覚えのあることもあったような気がする。けれど、聞き取れていたかどうか怪しい。なんだか、近くで私のことを話されているのに、なんだか遠くでひそひそ話されているような気がする・・・・・・

 「えー!マジで!?」
 「うん、マジだって」
 「じゃあ、最近の失踪事件って、こいつの仕業じゃね?」

 どうしてだろう・・・・・・?なんだか急に頭がぼんやりしてきた・・・・・・なんだか、今すぐここから離れたいような衝動に駆られている気がする・・・・・・

 「オメー、なんだよ、その目は?なんか文句あんのか?」

 え?そんな・・・・・・文句なんてないし、そんなこと考える余裕なんてないよ・・・・

 「何とか言えよ!オラ!!」
 「キャ!?!」

 竹中さんが急にわたしのことを突き飛ばしてきた。あまりに突然のことだったので、思わず目を瞑ってしまった。あまりに勢いよく突き飛ばされたため、そのまま後ろに倒れてしまうと思った。
 でも、倒れなかった。それに気付くまでしばらく時間がかかった。そしてわたしは閉じた目をゆっくりと開けるのだった。多分、今日の学校生活で一番信じられないことかもしれない。なぜなら、あの狩留間先輩がわたしを抱えてくれていたからだ。

 「君、そろそろ一人で立てるよね?」
 「え?あ、はい」

 わたしは狩留間先輩に支えられながらゆっくりと元の体勢に戻した。

 「君たち、一体何がほしいのか知らないけど、購買も人が多いから急いだほうがいいよ。人に買いに行かせるよりも自分たちで行ったほうが早いと思うから」

 突然の人物の乱入にわたしどころか、引沼さんも竹中さんたちも唖然としていた。

 「そこの君」
 「え?あ、あたし?」

 狩留間先輩は、今度は引沼さんに声をかけた。当然、引沼さんもしどろもどろになる。

 「君、この子の友達、だよね?」
 「え?えーと、まあ、そんなところです・・・・・・」
 「じゃあ、君たちも急ごう。じゃなきゃ学食で食べる時間も少なくなってしまう」

 そう言って狩留間先輩はわたしと引沼さんを連れてその場を離れていった。あとには竹中さんたちが立ち尽くしているだけだった。

 学食の前までやってきたわたしたちはその入り口の近くで立ち止まった。

 「さあ、早く入っていったほうがいい。もう時間も少ないしね」
 「え?先輩は学食で食べていかないんですか?」
 「ああ、こっちはもう昼は済ませたからね。それにたまたま、君たちが目に付いたわけだし、なんだかほっとけなかったから」

 なんだか、狩留間先輩の人気が高いのがわかる気がしてきた。どこかまっすぐで、自分のしたことに対して自慢するわけでもないからだ。

 「あ、あの・・・・!あ、ありがとうございました・・・・・・」
 「いいよ、別に気にしなくても。ところで君、野々原さん、だっけ?」
 「え?」

 わたし?わたしの名前なんていつ知ったんだろう・・・・・・?

 「その怪我、大丈夫かい?」
 「え?別になんともないですけど」
 「そう・・・・・・なら、気をつけたほうがいいよ」

 そう言って狩留間先輩は立ち去っていった。



 「いや~、なんかあんたが狩留間先輩を見てしどろもどろになるの、なんかわかるような気がしてきたよ・・・・」
 「そ、そう・・・・・・?」

 わたしと引沼さんは学食に入り、食券をとってそんな話を始めた。そういえば、引沼さんもけっこうどぎまぎしてたなぁ・・・・

 「それにしてもよかったじゃない。狩留間先輩に名前覚えてもらえて」
 「え?うん、そうだね」

 でも何でだろう・・・・・・?わたし、特に学校で目立つような存在でもないし、むしろどちらかといえば地味なほうだし・・・・・・

 「そういえばさ、狩留間先輩に言われて気付いたけど、あんたのそれ、なんだい?」
 「え?これ?さあ・・・・・・?わたしもよくわかんない・・・・・・」

 狩留間先輩や引沼さんが言っているのは、わたしの腕にできた変わった痣のことだ。でもこれ、痣って言うにはなんか違うような気がするし・・・・

 「ほうほう。それは連中に突き飛ばされたときですかい?」
 「ううん。大分前からだよ」

 いつだったかわからないけれど、この痣かどうかもわからない模様、そう。いつの間にかこの変な模様ができていた。しかもこの模様が浮かんでからだ、わたしが最近昔の夢を見るようになったのは・・・・・・

 「しかし、狩留間先輩も結構細かいところまで見てるんだね。あたしなんか一応同じクラスなのに気付かなかったよ」
 「そりゃそうだろ。なにしろ、あの狩留間鉄平とうちの野々原が急接近したもんな」
 「そっか。あれだけ近ければわかるもんね」

 多分、わたしが狩留間先輩に抱えられたときにこの模様が・・・・・・って、ああ!!!そ、そういえばわたし・・・・あんな近くで狩留間先輩の顔、初めて見たかもしれない・・・・・・・!!!ど、どうしよう・・・・・・・・!

 「・・・・・・って、真悟!あんた、いつからそこにいたんだい!?」
 「え?いつからって、お前らより先に並んでたけど?」

 なんかどこか軽い感じのする同じクラスの男子、門丸真悟くんがわたしたちのいるほうに振り向いてきた。

 「いや~、野々原。お前しばらくおとなしくしていたほうがいいぞ~。何しろ、あの憧れの狩留間先輩に急接近しちまったんだからな。こりゃ、学校中の女子の反感買うぞ~」

 ど、どどどどどどどどど、どうしよう・・・・・・わたしなんかが、わたしなんかが・・・・あれって、少女マンガだったら絶対わたしと先輩の周りがキラキラしているわけで、何かのラブロマンスだったらクライマックスのシーンで・・・・今、私の思考は別の意味でまともに働かなくなっていた。

 「それよりも真悟!あんた、その様子じゃ勝美たちとのいざこざも見てただろ!?」
 「いや、オレが来たときにはすでに野々原が狩留間先輩に抱えられていたけど。それにしても、あのときのあいつらの顔、結構見ものだったな」
 「か、門丸くん。それはちょっと言いすぎじゃ・・・・」
 「そんなこと言ったってよ~、あいつらあんまりいい評判聞かねえもん。あいつら無駄にいばってるしさ」

 門丸くんはあまり竹中さんたちにいい印象を抱いていないみたいだ。でも門丸くんの言いたいこともわかるような気がする。はっきり言うと竹中さんたちのグループは結構周りから避けられているような気がするし、それに何回か生活指導部の先生に注意されているらしいこともたまに聞くからだ。

 「まあ、とにかく危なかったな、野々原。でも狩留間先輩が来ればどんな問題もいち早くちょちょいのちょいだろ」
 「随分と簡単に言うね・・・・」
 「いや、実際そうだろ。つーか、竹中たちが男だったら、まず無事じゃすまなかったろうぜ」
 「は?それ、どういう意味?」
 「ふっふっふ・・・・・・知りたいか、オレの丸秘情報・・・・・・」
 「じゃあいいや」
 「んなこと言うなよ!むしろ聞いてくれよ~!」

 何か泣きながら懇願しそうな勢いの門丸くん。確かに引沼さんの言う通り、門丸君の言うところの丸秘情報って、いまいち信憑性に欠ける話が多いような気が・・・・例えば、コートの下から動物が出てくる紳士とか、影から出現する黒いクラゲ型の宇宙人とか・・・・
 「チクショウ!こうなったら勝手に喋ってやるもんね!狩留間先輩と同じクラスの大迫先輩っているだろ?」

 別に聞くとも言っていないのに勝手に話し始める門丸くん。それよりも狩留間先輩と大迫先輩って同じクラスだったんだ・・・・・・

 「その大迫先輩は喧嘩じゃ負け知らずだったんだけどな、実は一回だけ、喧嘩に負けたことがあるんだぜ」
 「まさか、その相手が狩留間先輩って言うんじゃないだろうね?」
 「そう!大正解!!!」

 やっぱり・・・・・・・狩留間先輩に限って、そんなことありえないよ・・・・・・

 「オイ・・・・・・なんだよ、その目・・・・・・本当なんだよ、本当なんだって!」
 「丸秘って言うんだったら、もうちょっとマシな話、考えてくるんだね」
 「チ、チチチチチ、チクショーーーーーーーーーー!!!!後で本当だって分かっても、知らないからなーーーーーーー!!!!!」

 そんな捨てゼリフめいたことを口にする門丸くん。ここから逃げ出してしまいそうな勢いだけれども今わたしたち、学食で並んでいるから列から離れられないんだけどね・・・・

 「けどまあいいや。だったら最後にこれだけ言わせてくれ。野々原、お前冗談抜きでおとなしくしてたほうがいいぜ」
 「え?わたし・・・・・・?」
 「そう。竹中たちも結構ねちっこいからな。あいつらには特に気をつけたほうがいいぜ。オレが言いたいのはそれだけ。あ~、腹減った・・・・」

 こんな感じで門丸くんは話を切り上げた。そして門丸くんが最後に言った忠告以外、特に先輩に関するくだりはほとんど記憶に留まることなく、わたしたちはお昼を受け取り、それを食べ、午後の授業を受けるのだった。わたしがおとなしくしていたおかげかどうかわからないけれど、少なくとも学校にいる間、竹中さんたちはわたしに対して何も言ってくる気配はなかった。



 放課後の帰り道、引沼さんと途中まで一緒に帰っていた。引沼さんと別れる際、引沼さんからこんなことを言われた。

 「あんたも色々あるかもしれないけど、あんなこと、気にするもんじゃないよ。あんなのただの尾ひれのついた噂なんだから。あんたがそうやっていちいち気にするから、勝美みたいなやつらがつけ上がるんだから、しっかりしなさいよ」

 わたしがこの幌峰に来てからしばらく経ち、そこでの生活も慣れて数年したときのことだった、いつの間にかわたしには“疫病神”というあだ名がついていた。傍から見ればただの悪口の類ぐらいにしか思わないだろう。
 でも当時のわたしはそうは思わなかった。誰が言っていたのか、どこで聞いたのかは忘れたけれど、こんな言葉が脳にこびりついてしまっている。“自分の幸福は誰かの不幸”って。あの頃はそれをひどく痛感していた。自分が幸せになるために、誰かが不幸になるなんて、あの頃のわたしは耐えられなかった。いや、今でも耐えられないのかもしれない。わたしは今でも自分が幸せになるべきではないと思い込んでいる節がある。他の誰かが聞けば馬鹿馬鹿しいと思うかもしれない。
 でも一つだけ言えるのは、自分のために誰かが不幸になってほしくないということだ。生きていく上ではそれは止むを得ないかもしれないけれど、わたしにはどうしても耐えられない。竹中さんのことに関して言っても、わたしがいるからああなんじゃないかって思うことさえある。もし、わたしがいなければ世の中は何の狂いも生じないようにさえ思えてきた。
 そんなことを考えていると、今朝のニュースでやっていた、失踪事件のことを思い出した。わたしも人知れず、失踪したら誰も不幸にならずに済むんじゃないか、そう思ったそのときだった。

「どんな理由でも、どんな形でも、いなくなるのはとても悲しいこと・・・・・・当たり前のように傍にいた人が突然いなくなるなんて、残される人にとってそれは耐え難いこと、いいえ。むしろ耐えられない痛みかもしれないわね・・・・・・」

「・・・・・・ねえちゃんは失踪なんかしたりしないよね?ねえちゃんがいなくなっちゃったりしたら、やだよ?」

 今朝のおばあちゃんやこのかの言葉を思い出した。わたしがいなくなれば、二人が悲しむことは目に見えている。また同じことを繰り返してしまうかもしれなかった。
 だけれど・・・・といった感じで公園を歩いているわたしの思考は悪循環に陥ってしまい、いつの間にかそのことについて考えることを拒否してしまった。時間帯が時間帯のせいもあるかもしれないけれど、ちょうど今雑木林に差し掛かっているので、そうした鬱々とした気分になってしまったのかもしれない。
 そういえば、今朝の占いでわたしの運勢は下から二番目だったけれど、狩留間先輩とのことを考えれば、今日の占いは大外れなんじゃないか、とそんな取り留めのないことを考え始めていた。



「オッケー!うちの予想通り、あいつの帰り道、ここで大当たりじゃん」

 野々原沙織が帰り道に公園の中を歩いている頃、その先で昼間に彼女に絡んできた竹中勝美たち女子のグループが待ち構えていた。

「そういうことだから、マー君。うちが許すから、あいつ好きにして~」
「おう。こんだけ集めれば十分か?」
「十分、十分!むしろ余裕っしょ!!」

 竹中が猫なで声を使った相手は別の高校に通う知り合いの男子で結構な数がいる。

「あの、マサシさん。この女があの“疫病神”ってヤツっすか?結構いい女じゃないっすか?」
「ああ、俺それ知ってる。たしか、そいつに関わったら不幸になる、とかってやつだろ?そいつと同じ中学に通ってたやつから聞いたぜ」
「まあ、どっちにしてもそいつがターゲットで間違いねえからな。好きにすればいいさ」

 男子たちの下卑た欲求に火がつく。彼らは日ごろたまっている鬱憤をこれから来るターゲット、沙織で晴らそうという腹だ。

「ね、ねえ・・・・勝美~・・・・」
「あん?どうしたのさ?」
「あ、あのさ~、本当に・・・・・・やるの?」
「あたりめーだろ!?このままコケにされっぱなしで終われるかよ!?」

 実際彼女たちが恥をかいたのは上級生の狩留間鉄平が介入してきたからであって、沙織一人のせいではない。だが彼女たちにとってそれはどうでもいいことだ。野々原沙織という人間が気に入らない、彼女たちが沙織を攻撃するにはそれで十分だった。

「てかさ~、疫病神の噂が本当だったらさ~、あたしらのほうがやばくね?」
「バ~カ。あんなのホラに決まってんだろ」
「そ~そ~。何かあったらお兄さんたちを頼りなさい。いい気持ちにさせてやるぜ~」
「やだ~!マジキモいんですけど~!!」

 これから起こる卑しいとしかいいようのない楽しみを待ち望みつつ、馬鹿げた話に花を咲かせている、そのときだった。

のっし・・・・・・・・・・・・・・・・ のっし・・・・・・・・・・・・・・・・

「え・・・・・・?」
「ちょっとちょっと。お前、マジビビりすぎ」
「ひょっとして、怖気づいちゃった?それともちびった?」

 突如、仲間の内の一人が顔を強張らせた。仲間たちはその本当の意味に気付いていない。いや、気付こうはずもない。

のっし・・・・・・・・・ のっし・・・・・・・・・

「あ・・・・あ・・・・・・・・」
「ねえ、どうしたのさ?ちょっとおかしくね?」
「う、後ろ・・・・・・」
「はあ?何言ってんだ、オメー?」

 竹中たちはその仲間の震えている意味さえも全く理解していない。何かが迫ってきているとも知らずに、このあと、自分たちがどうなるかも知らずに・・・・

のっし・・・ のっし・・・

「だから~、言いたいことがあるならはっきり・・・・ん?」

 竹中たちは恐怖で凍り付いている仲間の視線の先に眼をやった。だがそのときはすでに遅すぎた。その仲間は恐怖で思考を麻痺することを選び、また竹中たちは何が起こったのか、おそらくその最後の瞬間まで理解できなかったことだろう・・・・その正体が何なのかも・・・・・・



 一体どうしちゃったんだろう?どういうわけか急に冷や汗が全身からドッと流れてきた。おまけに心臓もバクバクいっている。正直、どうしてこうなったのかさっぱりわけがわからなかった。ただ、それがこのときのわたしは“この先に行かないほうがいい”という考えに至ることはなかった。その奇妙な緊張めいたものの正体が何なのか知りたい衝動、あるいはただの気のせいと思ったのかは知らない。
 けれど、しばらくしないうちにそれがなんなのか知らされることとなる。

――――――――――――!

 何かが進行方向から聞こえたような気がした、と同時に何かがわたしの足元に飛んできた。わたしは思わず下を向いてその飛来物を目にした。その飛来物を、わたしはよく知っている。竹中さんが身につけていたアクセサリーだ。ここでわたしはあることに気付いてしまう。むしろ気付かなかったほうがよかったかもしれない。そのアクセサリーには、何かがこびりついていた。暗くてはっきりとはわからなかったけれど、直感的にアクセサリーについているものを血と断定した。
 そうして私は本能的に、そのアクセサリーが飛んできたほうへと目を向けるため、恐る恐る顔を上げた。正面を向いたわたしの前に広がっていたのは、狩留間先輩に抱えられたとき以上、いや、それとは違った意味で信じられない光景が広がっていた。飛散しているちぎれた体の部分や原型の留まっていない肉片、その先に広がる何かが横たわる血の海・・・・・・その横たわっているものが外灯の明かりで人の死体だとわかる。しかもその死体の何体かはわたしたちの学校の制服を着ていた。その中におそらく竹中さんもいるのだろうが、その死体はもはや誰が誰なんだかさっぱりわからなくなっていた。
 しかもそのすぐ近くに、竹中さんたちの命を奪った凶器が置いてあった。巨大な斧だ。そしてそれは両刃でファンタジー世界に出てきそうな外観をしている。ここで一つ訂正。凶器は“置いてあった”んじゃなくて、誰かがその凶器を“手に持っている”のだった。 その凶行を行った犯人はプロレスラーぐらいの体格がありそうな大男だった。わかるのはそれぐらいで、顔は暗くてよく見えなかった、と思ったら大男がこちらを振り向いてきた。顔はよく見えなかった反面、その目は獣めいていて赤くぎらついていた。
 その瞬間、わたしはすぐに回れ右をしてそこから全力で走り出した。走る、走る、とにかく走る。呼吸が激しくなり、心臓も先ほどにもまして鼓動が大きくなる。このとき、わたしは後悔していた、“どうして今日はこの道を選んだの”とか“どうしてあんなものを見てしまったの”とか。ただ、一つ言えるのは、あの大男が人間ではない、ということだ。
 それにしても、さっきから結構走っているのに、一向に進んでいるような感じは全くしないし、・・・・とにかく、ここから早く逃げ出したい・・・・!そう思っているのに、どうして周りの風景は雑木林のままで変わっていないの!?

『それは貴様が走っていると思い込んでいるからじゃ』

 そのとき、わたしが心の中に抱いていた疑問に答えるかのように誰かの声がどこからか聞こえてきた。
 そして・・・・

「! キャア!」

 わたしは突如響いた声、おじいさんみたいな話し方に似合わないような若い人の声に驚いたのか、とうとう転んでしまい、前に倒れてしまう。すぐに起き上がり、周りを見渡したけれど、声の主は見当たらない。そしてわたしの後ろには先ほどの大男が、まだ距離はあるけれど徐々に近づいてきている。
 少なくとも、あの声はあの大男のものではないだろうけど、一体何がどうなっているの・・・・・・?

『ククククククク・・・・理解に苦しんでおるようじゃな。まあ、愚昧な貴様にわかりやすく答えるとすれば、貴様は“走ってその場から離れている”と思い込まされて、その場をグルグルと回っていただけじゃ、このわしの暗示にな』

 わたしはまだ年寄り口調の声の主を探していた。いや、探していたというよりはただうろたえていただけかもしれない・・・・

『フン・・・・まだ理解できておらぬか。まあ、無理もなかろう。何しろ、今貴様が置かれているのは、貴様とは全く縁のない世界、むしろ貴様が関わってはならぬ世界の一端じゃよ』

 わたしはその声が聞こえているのかどうか、このときはわからなかった。ただ、ここから逃げたい一心でいっぱいだったから・・・・そうして大男がとうとう私の近くまでやってきた。
 その大男の風貌は異様そのものだった。およそ服と呼べないようなボロの腰巻一枚だけの裸に近い格好で、首にはいくつかの小さな髑髏の首飾りがかけられていた。そしてその顔はまだ見えなかった、というよりも見えるはずもない。何しろ、すっぽりと覆面で頭が覆われていたからだ。しかもその覆面もただのボロの布袋に視界を確保できるような申し訳程度の穴が開けられているだけのものだった。その穴から覗く紅い目はやはり人間のものではなかった。

『まあ、それを目にしてしまったのが貴様の不幸じゃな。ただ、その不幸が、貴様が考えうる中で最大のものであっただけの話じゃ。さて、バーサーカー。躊躇う必要はない。殺せ』

 声は淡々とバーサーカーと呼ばれた大男に命じた。そしてそのバーサーカーは手にしていた斧を緩慢な動作で振り上げる、そのときわたしは自分の体全体が突如震えだしたことに気付いた、歯はガチガチ鳴り、目には涙を浮かべていて・・・・

「あ・・・・・・ああ・・・・・・・」

 わたしは先ほど“人知れず失踪したら”みたいなことを考えていた自分をひどく呪った。こんな、こんな怖い思いをしながら自分がいなくなるものだとは思わなかった。わたしが仮にいなくなるとしたら、それはこの街から出て行くか、オカルト的な話でいえば体が透けて何も感じなくなるように消えるものだと思っていた。もちろん、おばあちゃんやこのかのことを考えたら、そんな考え自体間違っているかもしれない。
 でも、今はそれよりも徐々に迫り来る死のカウントダウンがわたしの体と頭を恐怖で支配していた。そして、ゆっくりと上げられていた斧がピタリと止まる。

「・・・・・・・・や・・・・・・・・いや、いや・・・・・・・・・・・・・・・」

 まるで喉が細くなったかのように、声を上手く出すことができなくなっていた。そして振り上げられたときとは打って変わって、斧は一気に加速しながらわたしめがけて振り下ろされていく。
 そのとき、わたしの中であらゆるものが弾き出した。

「いやああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!誰か、助けてええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!」

 普通に考えれば、助けなんて来るはずもない。来たとしてもそのときにはわたしは物言わぬ死体になっているはず。それまでの時間がひどく長く感じた。わたしの手に鈍い痛みが走っている。

『なっ!この反応は・・・・・・・!?よもや魔法陣どころか、詠唱もなしでサーヴァントの召喚、じゃと・・・・・・・!?!』

 声は多少の驚きを含んだかのような声を発していたけれど、何がなんだかさっぱりわからなかった。その次の瞬間には、わたしは思わず目を覆っていた。夜という時間なのに真昼の太陽みたいな眩しさ。正直、わけがわからない。
 わたしは自分で覆っていた視界を恐る恐る開けてみると、またもやありえないことが起きていた。この場には、姿を現していない声の人を除けばわたしとバーサーカーの二人しかいなかったはず。
 なのに、ここにもう一人、わたしとバーサーカーの間に正体不明の人物が立っていた。

「やれやれ、こんな形で喚び出されるなんて思っても見なかったぜ・・・・」

 やや呆れながらも余裕溢れる態度のその人物はわたしのいるほうへと向き直った。

「一つ、聞く。あんたがオレのマスターかい?」

 緑衣の上に羽織られた鳶色のマント、そして着ている服と同じ色をした先のとがった帽子をかぶった男の人がわたしの前にいた。そしてわたしは思わず腰が砕けてしまい、その場にへたり込んでしまった。
 こうして、わたしは不条理なこの戦いに身を投じることとなった・・・・・・



[9729] 第二話「初夜」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/05/19 23:47
 その日のわたしは信じられないことを立て続けに体験していた。学校で狩留間先輩に話しかけられたこともそうだし、帰り道の公園でバーサーカーと呼ばれた大男が起こした殺人を目撃したこと、そのバーサーカーにわたしを殺すよう命令した姿なき声、そしてわたしとバーサーカーとの間に突如として現れた緑衣を身に纏った男の人・・・・そんなありえないことが連続する中、わたしは命を落としかけた。そうしてその男の人が現れてくれたおかげで助かったことに対する安心感からか、腰が砕けてしまいその場にへたり込んでしまう。

 「おいおい。随分と腰抜かすの早いもんだな。まあ、見たところ意図せずして巻き込まれたって話だろ、あんた?じゃなきゃこんな召喚、普通はありえないだろ」
「え?・・・・・・あ、あ・・・・・・・・」

 どうも頭が上手く働かない。こっちのほうも緩くなってしまったみたいだ。でも、どうしてだろう・・・・上手く言えないけれど、あのバーサーカーに襲われそうになったときとは違って、この人はなんだか安心できるような感じがする。

 「安心しな。オレは味方だよ、あんたのな・・・・」
 「あの・・・・・・・・・・あっ!?」

 そのときだった、その人の後ろにバーサーカーが斧を構えそれをわたしたちめがけて振りぬこうとしていた。だがわたしがそうした危機を察知してすぐにその人はわたしを抱えながらそこから跳躍することでバーサーカーの攻撃を回避した。そしてわたしたちとバーサーカーとの距離が一気に開いた。

 「ちっ・・・・・!向こうがあんなんじゃ落ち着いて話もできないな。まあ、理性を奪われたバーサーカーじゃそんな道理わかるわけもないか」

 愚痴をこぼしながらもその人から余裕は消えていない。ところで、何でこの人あの大男が“バーサーカー”って呼ばれているの知っているのかな?その名前、この人が現れてから一回も出てきていないはずだけれど・・・・?

 「悪い。もうちょい詳しい事情を話したいとこなんだが、あいにく向こうがそうさせてくれなさそうだしな。だからもう少し待っててくれ」
 「えっ!?話すって、あなた何を・・・・・・!?きゃっ!」

 その人はわたしを地面に下ろすとそのバーサーカーと対峙する。そしてその人の右手にはいつの間にか細長い剣が握られていた。まさか、あれであの大男に挑むの・・・・!?

 「それじゃ、ボチボチいくとするぜ!!」

 そう言ってその人はバーサーカーに向かって一気に詰め寄る。対してバーサーカーは待ち構えていたかのように、手にしていた斧をまた振りぬいた。だがその人はそれを寸前でバックステップをすることで避けた。けれども、距離を詰めたバーサーカーが斧を大きく横に振った。だがその人は上へ軽やかに跳ね飛び、バーサーカーの後ろを取った。すると構えていた剣でフェンシングのような鋭い突きをバーサーカーに放つ。その攻撃をくらったためか、バーサーカーは後ろに振り向くと同時に斧による攻撃を仕掛けた。それでも、その攻撃も体勢を低くされてしまうことでまたもや呆気なく避けられてしまった。
 斧を振る、避ける、斧を振る、避ける・・・・そして時折隙をついて剣の突きをお見舞いする。バーサーカーの斧を軽やかに避けるその人の戦いぶりはまるで弁慶を相手にしている牛若丸のようでもあった。そしてその人もまた、あの恐ろしい大男と同じような人非ざる者なのかもしれない・・・・でも、その人の攻撃は全くバーサーカーに致命傷を負わせることはできず、傷ができたとしても軽いかすり傷程度のものだった。対して、一回でもバーサーカーの攻撃を受けてしまえばあの人でもどうにもできないだろう。そしてバーサーカーの斧が頭上の高い位置から振り下ろされると、その人は後ろへ思いっきり跳ね飛び、またバーサーカーとの距離ができた。

 『ほう・・・・・・よもやここでサーヴァントが出現するとは、さすがのわしでも想定できなかったが、どうやらその程度の攻撃しかできないようでは、バーサーカーを倒すなど不可能じゃのう』

 この人が現れてから黙り込んでいた声が再びあたりに響き渡る。

 「そのバーサーカーもオレに一撃も入れることができていないみたいだがな。図体だけでかいデクの坊を持っているとあんたも苦労するだろ?」
 『フン。口だけは達者じゃな。じゃが貴様は何者じゃ?見たところ、セイバーでもアサシンでもなさそうじゃな』
 「ああ。確かにオレは堅物のセイバーでもなければ、陰気なアサシンでもない・・・・オレのクラスは、こいつだ」

 およそ今の私には理解の範疇を超えている言葉が羅列しているやり取りの最中、その人は離れた位置からバーサーカーを攻撃した。いつの間にか剣から弓に持ち替えられ、そしてこれまたいつの間にか、文字通りの矢継ぎ早の速さで放たれていた数本の矢がバーサーカーの足を貫いていた。

 「■■■■■■■■■■■――――――――――――!!!!!!!」

 それは声とも呼びがたい叫び声、まるで地獄から響いているみたいだった。どうやらこの攻撃は先程の剣の攻撃とは比較にならないほどのダメージを与えたみたいで、バーサーカーは自分の足を釘のように貫いている矢を無理矢理抜こうとしている。

 『なるほど。やはりアーチャーか』
 「なるほどって・・・・やっぱりか。七人の中じゃ、オレが最後に召喚された一人ってわけか。だったら、それがわかっていながらあんな質問するなんざ随分と人が悪いな、キャスターさんよ」
 『ほう?わしがキャスターと?このバーサーカーのマスターやも知れぬのに?』
 「バカぬかせ。そんな量の魔力を持っている人間なんて、そんなにいるもんじゃない。ましてや、二体分のサーヴァントの気配がするんじゃ、なおさらだ」
 『ふむ。これでも我が魔術でそうした気配はわかりにくくしておるはずなのじゃが、わずかなるそれでわしをサーヴァントと断じるとは、見た目に合わずなかなかのものじゃな』
 「そりゃどうも」

 この二人のやり取りに全くついていけないわたし。わかったことといえばわたしを助けてくれた人が“アーチャー”、声の主は“キャスター”という名前ぐらいだ。そんな中、バーサーカーの足に刺さる矢が残り一本となっていた。先ほどから矢が抜けるたびにバーサーカーの金切り声が上がり、それが抜かれる度に血がホースから勢いよく出る水のように噴射されたのだった。そして、最後の一本がとうとう抜き取られると、今までで最大級の叫びが発せられ、そして最大級の血が飛び出たのだった。

 「ちっ・・・・・・!やっぱバーサーカー相手にあの程度の射じゃ通用しないか・・・・かと言って二対一でこっちが圧倒的に不利ってわけだな・・・・・・」

 口ではまずい状況であることを把握しているにもかかわらず、まだまだ余裕な口調のアーチャーさん。するとひとっ飛びでわたしのところに近づき、それからわたしを抱えあげた・・・・って、これお姫様抱っこ!?

 「そういうわけでこっちのマスターはまだ自分の立場わかってないみたいだから、ひとまずここは逃げさせてもらうわ」

 わたしを抱えているにもかかわらず、アーチャーさんは軽い身のこなしで跳躍した。

 「じゃあな!次は誰も逃げられないような結界でも張っておくんだな!!」

 わたしを抱えたアーチャーさんは空高く飛び跳ね、何かを言っているキャスターの声を尻目にその場を離脱した。人一人を抱えているのに、鹿みたいな軽い身のこなしで公園の木々の高いところまで跳躍し、それから暗くなった空の下を疾駆した。だんだんと青銅色の大男の姿が遠ざかり、木々から建物の屋根へと飛び移り、それからは空を飛ぶみたいに夜の街の上空を駆け抜けて行った。服装のせいか、あるいは今の状況のせいか、アーチャーさんの姿がまるでピーターパンみたいだった。そしてわたしはというと、お姫様抱っこされているせいで縮こまるしかなかった、もちろんかなり高いところにいるというのもあるけれど。

 「マスターさんよ、大丈夫かい?」
 「え?あ、はい!一応・・・・・・」
 「そうかい。じゃあ落ちないようにしときな。どっか静かなとこで今あんたがどういう状況に陥っているのか、ゆっくりと話すとしようぜ」

 そう。わたしはそれが知りたかった。今のわたしははっきりいってわからないことだらけだ。でも、このアーチャーって人は知っている。わたしの知らないことをこの人から聞くつもりだ。でも、しばらくそんなことは考えられそうにないかも・・・・・・だって、アーチャーさんの顔、すごく近いんだもん・・・・・・・!

 「おいおい。そんな真っ赤な顔して見つめるなよ。照れちまうぜ」

 そんなことを平然と言うアーチャーさん。多分、情景的に街明かりを追い越す中で抱えられているんだろうな、わたし・・・・・・しかもこのアーチャーって人、かなりかっこいいし・・・・・・ああ、もう!わたし、何考えているんだろう・・・・・・?



 「さて、と。ここでなら落ち着いて話もできるだろう」

 あまり時間が経っているように感じなかったけれど、あたりはもう完全に暗くなっていて、今わたしたちは河川敷の橋の下にいる。そのアーチャーっていう人に下ろされた後、今までの信じられない出来事の連続と、とりあえず命の危機から脱出することができた安心感からか、もう完全に腰が砕けてしまって立てないでいる。でもそれでもわからないことだらけで、アーチャーさんに何から聞いたらいいのかわからないでいる。

 「とりあえず、改めて自己紹介な。オレはアーチャー。あんたの召喚に応じた、あんたのサーヴァントだ」

 えっと・・・・・・さっきのやりとりで名前はわかったけれど、肝心の正体がいまいちわからなかった。そもそも“召喚”とか“サーヴァント”とかって・・・・・・?

 「あー・・・・・・一応疑問に思ったことはすぐ口に出してくれるとありがたいんだが・・・・」
 「え?あ、はい!ごめんなさい!!」

 これがわたしの悪い癖だ。人にいわれたこと、いわれて疑問に思ったことを頭に色々と巡らせているせいで返事とかが人より少し遅れてしまうことがある。

 「いや、別に謝るほどのことでもないけどな」
 「は、はい!すいません!!」

それと特に悪い事をしたわけでもないのに、すぐ謝る癖がわたしの体に染み付いてしまっている。それはともかく、さっきまで思っていたことをアーチャーさんに聞いてみよう。

 「あの・・・・・・・すいませんけど、サーヴァントって、なんですか?さっきから“召喚”っていう単語がよく出てきているような気がするんですけれど・・・・・・精霊みたいなものですか?」
 「精霊・・・・・・まあ、間違っちゃいないな。厳密に言えば、昔話とか伝説に出てくる英雄なんかが自分の功績で精霊に近い存在の“英霊”とかいうやつになったのがオレたちってわけだ」

 つまり、昔の人っていうことなの?確かに、この服装ってどちらかといえばおとぎ話に出てくるような人の服装だし、少なくともこの時代の人の服でないことだけはわかる。

 「でもわたし、召喚なんてそんな大そうなことできるわけがないですし・・・・」
 「ああ。こういうのは、普通は魔術師がやるもんだが、あんたの場合は事故で巻き込まれた、ってとこだな」

 え?ちょっと待って!魔術師?巻き込まれた?どういうことなの!?

 「あの・・・・・・言っている意味がよくわからないんですけど・・・・・・」
 「だからあんたは巻き添えを食らったのさ。魔術師同士の争いである“聖杯戦争”にな」
 「え?何・・・・・・?その、魔術師とか聖杯戦争って・・・・・・?」
 「そうだな・・・・簡単に言えば、オレみたいなのを従えた何人かの魔術師による聖杯を手に入れるためのバトルロイヤルで、まあ悪く言えば殺し合いだな」

 アーチャーさんがあっさりとそんなことを言った瞬間、わたしの中の何かが砕け散った。そして脳内によぎるのは青銅色の肌をした大男、バーサーカーが起こした殺人・・・・魔術師なんて、そんなのがいるかどうか今でも半信半疑だけど、少なくともわたしが今日味わってしまったものは間違いなく現実だ。一度殺されかけ、自分を昔の英雄だというこのアーチャーさんに助けられた。それだけは間違いない。

 「でも、どうしてそんなことを・・・・・・?一体、何のために・・・・・・?」
 「さっきも言ったろ?聖杯を手に入れるためだよ。聖杯にはなんでも願いをかなえる力があるからな」
 「そんな・・・・・・・っ!そんな、そんなことのためにこんなことを・・・・・・!?わたし、叶えたい願いなんて、ないのに・・・・・・」

 そう、それが今のわたしの正直な心のうちだった。わたしには叶えたい願いと呼べるものは持っていないし、持ちたくもない。それに、願い事を何でも叶える聖杯なんてものがあるかどうかも疑わしい。でも、目の前にその聖杯の力によって呼び出された人、というよりは人の姿をした何者かかもしれないけれど、とにかく今、わたしの周りで非現実的なことが起こっていることだけははっきりしていた。
そして、アーチャーさんは続けて言った。

 「あんたはそうかもしれないが、少なくとも周りはそうじゃない。というか、それ以前に他は自分以外敵っていう考え方だからな。そうだろ、そこのあんた」

 アーチャーさんは誰かに喋りかけるような発言をした。周りには誰もいないのに・・・・そう思ったわたしは、もはやそういったことが通用しない世界にいることをまだ実感していなかったのかもしれない。いつの間にか、人影が一人現れたからだ。

 「ほう、よくぞ我が居所をつかめたな。これでも気配遮断を用いたというのに・・・・・・」

 その人影の姿をよく見てみると、この暗さに溶け込むかのような黒尽くめの服にその服と同じ色合いの覆面、白髪交じりの髪に鷹みたいな鋭い目をしたその男の人は時代劇なんかに出てくる忍者そのものだった。

 「確かに、あんたの居所なんてオレにはわかるわけがない。けどな、風の流れや臭い、地面や壁なんかを伝ってくる振動、それだけあれば気配なんざ読めなくても違和感ぐらいはわかる」
 「ふっ・・・・まるで野生の獣よな、貴様・・・・・・・・」
 「そう気にすることもないぜ。あんたの気配遮断は完璧だったぜ、アサシンさんよ」
 「どうやら先ほどの発言に失言が混じっていたようだな。これではアサシンのクラス失格だな・・・・・・」
 「随分と正直なやつだな、あんた・・・・」

 またしても、わたしは取り残されてしまった。もうわたしの思考は、あの人たちのやり取りについていけなくなってしまっている。そんなわたしをよそに、アーチャーさんとアサシンと呼ばれた忍者との間で緊迫した空気が張り詰めていく。
アサシンが腰にした刀に手をかけようとしていた。

 「おい、ちょっと待て。こっちはまだマスターとの話が済んじゃいない。できれば、あんたの用件はその後にしてほしいんだが・・・・」
 「笑止。聖杯戦争に招かれたサーヴァント同士が巡り会えば戦は必至。それがわからぬ主でもあるまい」
 「・・・・・・ったく!どいつもこいつもオレのマスターに事情を理解させようっていう仏心はないもんかね・・・・」
 「そうか、主のマスターはやはりそこまでこの事情に通じてはおらぬか。ならばまだ好都合というわけか・・・・・・」
 「・・・・・・・・?」

 意味がわからなかった。どうもこれ以上わたしが事情を知ることをよく思っていない人がいるみたい。

 「主の聖杯戦争・・・・・・これにて幕とさせてもらう!!」

 そしてアサシンがほとんど一瞬でアーチャーさんの懐まで詰め寄ると、腰にしていた短めの刀を抜き、その刃がアーチャーさんの喉元まで迫っていった。けれど、アーチャーさんはそれをバーサーカーとの戦いのときに使った剣で防いだ。それからアサシンの攻撃は凄まじい速さで繰り出され、アーチャーさんはそれを剣で何とか防いでいるように見えた。
 目の前で起こっている戦いもそうだけれど、わたしはこれまで起こったことが悪い夢であってほしいと思った。だって、そうでしょ?人が殺されるのを目の当たりにして、しかもその殺した張本人がわたしの前に現れて、その殺人鬼は人間じゃない存在で、さらに今現れた忍者もきっとわたしの命を狙っているかもしれない、聖杯というものが欲しいために。その上、アーチャーさんの話では他にも、聖杯を狙っている人物がいるらしいことを言っていた。正直言えば、今すぐここから逃げ出したい。
 わたしがそんなことを考えていると、いつの間にかアーチャーさんとアサシンの立ち位置が変わっていた。わたしの視界にはアサシンの背が映っていて、アーチャーさんは正面を向いていた。わたしは戦いのこととかよくわからないけど、さっきからアサシンの方が攻めているような気がする。アーチャーさんは剣を使えるみたいだけれど、その名前の通り本当に得意なのは弓矢だ。その威力はあのバーサーカーの様子から見たらわかる。でもアーチャーさんはそれを使う暇さえ与えられない。
 するとアーチャーさんの持っていた剣がアサシンの刀に弾かれ宙を舞った、と同時にアーチャーさんは手放してしまった剣の代わりに弓を構える。こんな距離で弓矢を・・・・・・?
 でもそれはアサシンを狙ったものではなく、矢はわたしに向かってきた。ところが、その矢の狙いはわたしではありえなかった。頭の中が真っ白になってしまったわたしのすぐ横を矢は通り過ぎてしまった。

 「ぐっ・・・・・・!」

 後ろから聞こえてきた声でわたしは現実に戻ってきた。わたしの後ろに、誰かいたの・・・・?そう思ってその方向を見てみても、あるのは草むらや木立だけだった。

 「やっぱり。あんたが囮で、オレをひきつけている隙にオレのマスターをどうにかしようって腹だったか」
 「貴様・・・・・・!」
 「言ったろ?風の流れや臭い、地面や壁なんかを伝ってくる振動さえあれば違和感ぐらいわかるって。それと一つ言わせてもらうが、オレが感じ取った違和感ってのはあんたじゃなくてもう一人のほう、おそらくあんたのマスターの気配さ。けどあんたのマスターの気配の消し方、ありゃ並のサーヴァントでもなかなか気付けないほどだ。が、相手が悪かっただけの話さ」
 「某を謀ったか、貴様!」
 「さっきも言ったはずだぜ、“あんたの気配遮断は完璧だった”ってな。それに誰も“違和感があったからあんたの気配を捕らえた”なんて一言も言っていないはずだけどな」

 どうやら、アサシンの他に誰かいるみたいでその人物が“マスター”と呼ばれる人物であるらしいことはわかった。要するに、わたしみたいにアーチャーさんみたいな“サーヴァント”、でいいんだっけ?それを召喚した人、この場合アサシンのマスターがわたしの後ろにいたらしかった。

 「おっと。動くなよ、アサシン。もし動けばお前のマスターの命はない。オレのマスターになんかしようっていうのなら、お前もお前のマスターも射殺す。例えお前がオレを殺したとしても、オレのマスターには指一本触れさせはしないぜ」

 そして、あたりは先ほどとは違う膠着に陥ってしまった。この場でわたしを含む誰かが動いたとしても、動いたその瞬間に誰が勝つかは別として、戦いは終わるかもしれない、それもあっけないほどに。これが、わたしが巻き込まれたという“聖杯戦争”、これが戦いだということを、今更ながら実感してしまった。
息が詰まりそうなこの空気は、誰もが思っていたよりも呆気なく終わりを告げた。

 「もういい、アサシン。とりあえずここは刃を納めろ」

 それはわたしの後ろにいた人物、つまりアサシンのマスターから発せられた声によって膠着は解かれた。その声に従いアサシンは刀を納め、アーチャーもひとまず戦闘体勢を解いたけれど、まだ警戒心だけは解いていないみたい。
でもこの声、どこかで聞き覚えが・・・・

 「大丈夫、急所は外れている。それに向こうも俺の姿を見せれば、話ぐらいは聞いてくれるだろう」

 その声の主は木立から現れ、ゆっくりとわたしたちの近くまでやってきた。先ほどの聞き覚えのある声、どうかわたしの気のせいであってほしい。そんな期待はその人物が近づくにつれて、徐々に破られていった。

 「あんたがこいつのマスターか?」
 「ああ、そうだ。それと災難だったね、野々原さん」
 「せ、先輩・・・・・・!!!」

 ようやくはっきりと姿が見えるようになった、アサシンのマスターであるその人物は今日の昼休みにわたしを助けてくれたわたしの憧れの先輩、狩留間鉄平その人だった。

 「先輩!その!その怪我、大丈夫ですか・・・・?」

 先輩の姿を確認したわたしは、思わずそんなことを言っていた。先輩は先ほどのアーチャーの矢を太腿に受けたのか、その部分を応急処置で止血していた。それでも先輩は学校で見せるような爽やかさを少しも崩していなかった。

 「ああ、そんなに心配することはないよ、野々原さん。さっきも言ったけど、急所は外れているからね。ところで、君は野々原さんのサーヴァントで、アーチャー、だったっけ?今の俺は君たちをどうこうしようというつもりはないから、まず話だけでも聞いてくれないかな?」
 「無茶言うな。アサシンを囮にしておいて、今更話を聞けはないだろ?」
 「確かに、言い方を変えればそうなるかもしれない。けれど、俺はどうしても野々原さんに早くこの聖杯戦争から降りてほしかった、君がこの戦いに深入りする前に、ね」
 「!そんな・・・・・・!深入りするだなんて・・・・!どうしてそう思うんですか!」
 「どうしてって、君も自分のサーヴァントからもう聞いているかもしれないけれど、聖杯にはあらゆる願いを叶える力を秘めているんだ。それを欲しくないなんていう人間はいやしないよ」
 「そんなこと言われても、わたしは本当に叶えたい願いなんてありませんし・・・・!」

 そう、アーチャーさんにも言ったはずだけれど、わたしは叶えたいと思う願いなんてないし、そんなものを持ちたいとも思わない。わたしには、そういう資格はないのだから・・・・それ抜きに考えたとしても、ここまで非日常的なことを目の当たりにしてしまっているのだから、普通の人だったら、さっさと終わってほしいと思うのが普通だと思う。

 「野々原さんはそうかもしれないけれど、他はそういう理屈は通用しないよ。何しろ、聖杯は魔術師たちが血眼になって捜し求めている品の一つだからね。ああ、言っておくけど、俺は魔術師なんかじゃないよ。魔術師じゃないけれど、俺はこの戦いから降りる気はないから」

 そんなことをきっぱりと言う先輩。よかった、先輩は魔術師じゃないんだ・・・・って、そういうことじゃなくて・・・・・・!

 「あの!さっきから疑問に思っていたんですけれど、魔術師なんて、そんなの本当にいるんですか!?」
 「いや、現にオレやそこのアサシンみたいなのがいるんだから、もう魔術師がいる、いないのレベルの話じゃなくなっているだろ?」
 「え?いや・・・・それはそうかもしれないけど・・・・・・」
 「野々原さんの言いたいことはわかるよ。けどそういう疑問を持つのが普通だ。なぜなら、魔術師にとって魔術の存在そのものが秘匿なんだから」
 「つまり、それって自分たちの存在を知られてはいけない、ということなんですか?」
 「そう。この聖杯戦争も秘密裏に行われているからね」

 確かに、こんなことが公になったりしたら、世の中大混乱だろうな・・・・・・って、そうだ!もしそれがそうだったら、あのことはどうなるの・・・・・・!?

 「だから野々原さん、早く・・・・・・」
 「あの!先輩!もし先輩の言うことが本当だったら、おかしくありませんか!?」
 「この戦いから降りて・・・・・・って、おかしいって?」
 「だって、もし魔術の存在が誰にも知られちゃいけないっていうなら、変ですよ!だって、その話からだとバーサーカーっていう大男がいたんですけど、あれも多分サーヴァントなんですよね?そのサーヴァントがわたしのクラスメイトを殺したところを見たんです!ですから・・・・・・!」
 「魂喰い」
 「え?」

 その疑問に答えたのはアーチャーさんだった。アーチャーさんが口を開いてから先輩は顔をしかめたけれど、アーチャーさんはそんなことを気にせず続ける。

 「オレたちサーヴァントは霊に近い存在だからな。基本的にオレたちはマスターとなる魔術師からの魔力でこの世に留まっていられるってわけだ。がしかし、魔術師の中にはそれだけじゃ飽き足らず、サーヴァントに命令して人を襲わせるやつもいる。人間の魂を得ることでサーヴァントが強化される、らしいからな」
 「でも、どうしてそんなひどいことを・・・・・・!?」
 「さて、な。あんたの住んでいる所だって善人や悪人がいるくらいだから、魔術師たちの世界にも反吐が出るような外道がいる、それだけの話さ」

 わたしは半ば納得ができなかった。それは道徳的な意味合いでもそうだけれども、言っていることが矛盾しているからだ。魔術師たちは自分たちの存在を公にしないというのならば、サーヴァントに人殺しをさせたらそれこそ自分たちの存在が明るみになってしまうんじゃないか、と思う。

 「公にはできないさ」

 今度は狩留間先輩が仕方ないといった感じに口を開く。

 「さっきも言ったけれど、魔術師たちにとって魔術の存在は秘匿すべきもの。その絶対的な掟を遵守するために魔術師たちは“魔術協会”なる組織を結成し、その上で様々な土地に“管理者”を置いて魔術師たちを取り締まっている。もちろん、魔術を悪用するヤツの粛清なんかも行っているらしいからね」

 “粛清”って聞くと、なんだかとても恐ろしい世界のように聞こえるけれど、逆を言えばそれだけ魔術に関する世界は厳しい、ということかもしれない。ううん、むしろわたしたちの世界でもこういう厳罰は存在するし、魔術師たちにとってそれは当たり前なのかもしれない。むしろ、自分たちの決まりさえ守っていれば、普通に魔術師として活動できるのかもしれない。
 もっとも、魔術師の活動がどういうものかは知らないけれど。

 「けど・・・・」

 先輩の話はまだ続く。

 「そういう処置を施せるからといっても、必ずそれらを未然に防げるとも限らないし、犠牲者だって多く出る。中には魔術とはおよそ関わりのない人たちだってその餌食になることだってある。毎年のように出てくる失踪者や原因不明の死亡事故の死亡者の大体はその犠牲者と見ていいかもしれない」

 そういえば、ニュースとか見ても事故の原因が判明せずに終わってしまう事だってあるし、行方不明者だって結局見つかっているのかどうかわからない。そうした人たちはその犠牲者になっていると考えると、ゾッとしてしまう・・・・・・
ちょっと待って!失踪者の中には魔術師の犠牲になっている人がいるって、それじゃあ・・・・・・!
 
「先輩!まさかとは思いますけれど、最近この街で続出している失踪事件の原因って、まさか・・・・・・!!!」
 「・・・・・・・・聖杯戦争が原因だよ。聖杯戦争で魂狩りを敢行しているマスターの魔術師による仕業だ」
 
少し間が開いてから発せられた先輩の言葉に、わたしは愕然としてしまった。今朝のニュースで報道されていた失踪事件も、今までのそういった事件も全て聖杯戦争が原因で起こっていたということに。そしてわたしはわたしの周りの世界が完全に崩壊してしまったという事実を、ようやくのことではっきりと理解した。
公園で目撃してしまったサーヴァントと呼ばれる存在による殺人、そのサーヴァントを従えてたった一つしかない聖杯を巡るというためだけに行われる殺し合い、その参加者の一人である憧れの人・・・・・・そして、わたし自身も人外の存在であるサーヴァントを従えてしまっている、つまりわたしには、もう逃げ場は存在しないということに他ならないかもしれない。
 
「野々原さん。ここまでの話を聞いていればわかると思うけれど、聖杯戦争というものは何がどうなってもおかしくはない世界なんだ。たとえ、目的のためなら誰を犠牲にしたって、どんな卑怯な手段を使ったって構わない、そういう次元の話だ。だから、今ならまだ間に合う。早くこの戦いから脱落するんだ。そうすれば、サーヴァントの魂喰いにさえ気をつけていれば、君が襲われるようなことになりはしないし、俺がそうさせない。そうすれば、後はこのことを忘れて日常の世界に戻るんだ」
 「え?あの、脱落って、具体的にどうすれば・・・・?」
 「おい、あんた。あんたの腕にある模様みたいなのあるだろ?」
 「えっと・・・・これのこと?」

 突然口を挟んできたアーチャーさんが指し示したのは、数日前からわたしの腕にできた模様のことだ。そういえば、アーチャーさんが出てきたときもこの辺りが妙に熱く感じた・・・・・・・・・ような気がする。

 「あんたのそれは令呪って言ってな、まあ、わかりやすく言えば俺たちサーヴァントを服従させることのできる絶対命令権ってとこだな」
 「そう。それがあるかないかで、その人物がマスターであるかそうでないかの判別ができるんだ」

 ああ。だから先輩はわたしがマスターだって思ったんだ。確か、先輩には学校の昼休みにその令呪っていう模様を見られたわけだから。

 「その令呪というのが、何か?」
 「例えば、そいつでオレに死ねって命じる、とかな。それも、オレの意思とかお構いなしに。この戦いから早く脱落しろってのは、そういうことだろ?」
 「ああ、そうだ」

 そんな会話をこともなくするアーチャーさんと先輩の二人。やっぱり、これはわたしの理解できない世界だ。だって、あの先輩がアーチャーさんに向かって遠まわしに“死ね”って言っているように聞こえるし、アーチャーさんもアーチャーさんで自分の命が懸かっているっていうのに、平然としている。それにアーチャーさんは確かにバーサーカーたちみたいな存在かもしれないけれど、わたしを助けてくれた。
それなのに、そんな人に向かって、死ねって命令するだなんて、わたしにはできない・・・・・・!

 「野々原さん。言っておくけど、この程度で思い悩んでいるようだったら、本当に聖杯戦争から降りたほうがいい。敵もこっちを殺す気で来るだろうから、こっちも殺す気で臨まなきゃ逆にこっちがやられる。君が今、足を踏み入れようとしている世界はそういう所だ。仮に君がもし聖杯戦争に加わるというのなら、それは俺が君の敵になるということだ。その上で、君は俺相手に戦えるのかい?俺を殺せるのかい?」

 わたしの考えていることをあっさりと見破った先輩。口調や態度は昼間の学校で見せるような爽やかで優しげな雰囲気だけれど、目つきだけが他と違って見えるせいか、今の先輩が怖い。わたしが可笑しなことを言おうとすれば、刀の切っ先がわたしの喉をすぐに貫く、今の先輩が漂わせているのは、そんな印象だ。そうした中で額から汗がにじみ、頭の血管が脳を締め付けているように感じた。
そしてそれは、すぐに緩んだ。

 「別にそんなこと、どっちでもいいじゃない。だって聖杯を手にするのは、この私以外いないもの」

 またもや現れた来訪者。今度は月明かりの下にいたのか、はっきりとその姿を見ることができた。その来訪者は白銀の騎士を連れた、一人の少女だった。



[9729] 第三話「王者」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/05/20 00:01
 夜の河川敷で、先輩である狩留間鉄平とそのサーヴァントであるアサシンと遭遇してから、今度は知らない女の子がわたしたちの前に姿を現した。その子は私たちより年下だけれど、妹のこのかよりは年上だ。その子が着ている薄紫色の髪に合った淡い色合いの服はまるでお金持ちのお嬢様みたいだった。
 そういう人が連れているのは普通、執事さんとかメイドさんとかだと思うけれど、その子が連れているのはそのどちらでもない。騎士だ。その騎士はバーサーカーほどではないけれど、がっしりとした体格の持ち主で、白銀の鎧に赤いマントを身につけ、顎鬚の生えた壮年男性だ。この人を見ていると、騎士っていうよりは王様かもしれない。

 「は~・・・・まったく、世も末ね。まさか聖杯戦争にこんな魔術師でも何でもない凡人が平気で参加するなんて」

 わたしたちにわざと聞こえるように、愚痴をこぼす女の子。やっぱり、この子も聖杯戦争の参加者で、魔術師!?こんな子が、こんな殺し合いに・・・・!?

 「ああ、そういえば自己紹介が遅れてしまったわね。ごめんなさい。私はサラ・エクレールっていうの」
 「エクレール・・・・・・!!!」
 「せ、先輩!知っているんですか!?」
 「あの子自体は知らないけど、確かエクレールはフランスでも有数の名門魔術師の家柄だったはずだ」
 「あら?貴方、魔力は半人前以下なのに、そういう知識はあるの。ああ、聖杯戦争だから、それに備えてお勉強してきたのね。立派、立派」

 サラという女の子はそんなことを言いながらも、口調や態度は丸っきり人をからかっているような印象を受けた。

 「けれど、それだけで聖杯戦争を勝ち抜こうなんて、甘いわよ。はっきり言うわ。私、貴方たちみたいなのが気に入らないし、迷惑だわ。だから、早く消えて下さりません?」

 だけれど、サラは笑みを浮かべてはいるのに、冷ややかな視線と口調がわたしたちへの敵意を露にしている。私より年下のはずなのに、何でこんな冷たい感じがするの・・・・?

 「サラ。もうそろそろ、挑発はそこまでにしておいたらどうだ?」
 「あら、セイバー。私がまだ何も言っていないのに、もう出てきたの?」

 そして、サラの後ろに控えていたセイバーと呼ばれる騎士がとうとうその口を開き、威厳溢れる声を発した。それにしても、“出てきた”って、どういうこと?
 それと、先輩もアーチャーさんもあの子が出てきた時点で警戒心を丸出しにしていたにも関わらず、セイバーが喋ったときに少し驚いたように見えたのは気のせいかな?アサシンのほうは・・・・覆面をしているから表情はよくわからないけど。

 「それはそなたが要らぬ言葉を発しているからだ。凄まじいエーテル反応がしたから、それを探るだけだという話だったはずだのに、まるでこれから戦いを仕掛けようとしているようではないか」
 「予定は未定よ。私だって、まさかその反応が出た所へ行く途中でサーヴァントに遭遇するとも思わなかったし、ましてやそれが二体もいるなんて予定外もいいとこだわ。それとも何?セイバー、貴方まさか怖気づいたんじゃないわよね?」
 「いや、問題ない。相手が何者であろうと、こちらに負ける要素など見当たらぬ」

 絶対的な自信を持ったセイバーの発言。そのとき、アーチャーさんのこめかみがピクリと動いた。さっきから黙っているアサシンのほうは覆面のため、やっぱりその表情がほとんどわからないけど。

 「へえ・・・・・・随分言い切ってくれるな。ひょっとしたら、負ける要素を見落としているんじゃないのか?」
 「見落としなどありえぬ。逆に、貴様たちが勝つ要素を見つけるほうが難しいと思うが?」
 「随分と言ってくれるじゃないか・・・・上等だ」

 セイバーのその言葉に、アーチャーさんは弓を取ろうとした。

 「アーチャーさん!まさか、あの人たち相手に戦うつもりなんですか!?」
 「まあな。アサシンも言っていたことだが、サーヴァント同士が巡り会えば、戦いは必至。けど、安心しな。こんなもん、すぐにでも終わら・・・・・・!!!」

 アーチャーさんが言い終わるか言い終わらないかといううちに、セイバーがいつの間にかアーチャーさん目掛けて突進してきて、彼に向かって剣を振り下した。アーチャーさんはそれを自分の剣で防いでいるとき、そしてわたしはいつの間にか狩留間先輩に抱えられ、その場から距離を置いた、と同時にアーチャーさんはセイバーの剣圧に吹き飛ばされた。

 「アーチャーさん!!!」
 「野々原さん!早くここから逃げるんだ!」
 「先輩!?でも・・・・・・」
 「はっきり言っておくけど、これは君の手に負えるようなものなんかじゃない!だから、早く・・・・」
 「そうはさせないわ」

 すると、その場に生えていた雑草が急にわたしたちの背丈よりも高く伸びだし、それらは壁となってわたしたちの周りを取り囲んだ。はっきり言って、これはありえない。その辺に生えている草がいきなりグンッと伸びて、しかもそれが冗談みたいな長さになっているのだから。
 そんな草に向かって先輩は手を伸ばした、と思ったらすぐに引っ込めた。よく見たら、指先からほんのわずかな血が出ている。

 「なるほど・・・・・・大体硬さは鉄ぐらいで、切れ味は・・・・カミソリと同じぐらいかな?単に壁としての役割だけでなく、逃亡防止にもうってつけってわけだ。無理に抜けようとしたら、体がずたずたに切られるからね」

 ちょっとしか触っていないのに、そこまでわかるの・・・・!?それにしても、この草、あの子がやったの・・・・・・?

 「先輩。これが、魔術なんですか?」
 「そうだよ。もっとも、君がこんな戦いにさえ巻き込まれなければ、一生見ることもなかったはずだけどね」

 確かに、普通に生きていればこんな現象を見ることなんて絶対ないと思う。正直これだけでも魔術は怖いと思うけれど、反面それをすごいと思っている自分がいる。

 「感心してくれているの?それはそれで悪い気はしないけれど、私の修めている魔術はこの程度じゃないわ」

 なんて思っていたら、いつの間にかサラが歌うような口調で、ゆっくりとわたしたちのほうへ近づいてきた。

 「それにしても、随分と薄情なのね。マスターとサーヴァントは聖杯戦争では一種の運命共同体。どちらかが欠ければ確実に死を意味するし、他の参加者の格好の餌食になる。ましてや、貴方みたいなのが一人で歩いていたら、格好の標的以外の何者でもないわ」
 「どちらかが、欠ければ・・・・・・?」

 言っていることはなんとなくわかる。この異常な命のやり取りの中では、わたしは確実に弱者の側だということを。でもアーチャーさんが仮に誰かにやられて、残るわたしは何もできずに殺されるのはわかる。けど、“どちらかが欠ければ”ってことはわたしが先に死んでも、アーチャーさんも死ぬっていうことなの?逆にわたしみたいな足手まといがいなくなって、逆に戦いやすくなると思うんだけれど・・・・

 「随分と鈍いわね、貴方。サーヴァントがやられたらマスターも基本的に無力化するものよ」
 「え、ええ。それはわかるわ」
 「それと、マスターが先にやられた場合でもサーヴァントは消滅するわ。確実にね」
 「それは、どうしてなの?」

 今、アーチャーさんたちが戦っているセイバーのマスターで、わたしたちの逃げ道を塞いだこの子は、わたしとしてはあまりこういう言い方はしたくないけれど、“敵”ということになる。おかしな話だけれど、わたしは今、その“敵”から説明を受けている。

 「サーヴァントがマスターから供給される魔力で活動しているのは知っているわよね?」
 「え、ええ。それはさっきアーチャーさんから聞いたわ」

 もっとも、言われるまですっかり忘れていたけど・・・・それに魔力の供給って言われても、実際にどうやっているのかさえわからないし・・・・

 「その供給源である魔力の源であるマスターがいなくなれば、サーヴァントがどうなるか、もうわかるわよね・・・・?」

 改めて説明されてみれば、簡単なことだった。いってみればサーヴァントというのは例えるなら車で、マスターはそれを運転する人、魔力はその車を走らせるガソリンみたいなものだ。そしてガソリンがなくなったり、運転手が突然運転操作不能に陥ったりすれば当然車は動かなくなる。つまり、マスターであるわたしが死ぬということは、同時に私から魔力をもらっているアーチャーさんが動けなくなること、死ぬということだ。
 それがわかった瞬間、わたしの頭から血が引いてしまった。

 「理解が早くて助かるわ。これでわかったでしょう?マスターとサーヴァントが一心同体だっていうことを」

 先ほどと変わらない口調で話をしめるサラ。本当に小さな女の子なのに、今はこの子がとても恐ろしい魔女みたいに思えてくる。そんな彼女に先輩が口を挟んできた。

 「何故わざわざそんなことを彼女に教える?」
 「だって、いくら魔術とおよそ関係のない凡人だからって私、加減できるほど魔術に長けているわけじゃないもの。だからって始終何も知らない状態で終わられたら、それこそ不公平だわ。だから私が、これがどういったものなのかを教えてあげたのよ」
 「ふざけるな。彼女は君とは全く違う人間だ。君は君の言う“魔術とおよそ関わりのない人間”でも無理矢理こんな戦いに引き入れるっていうのか?」
 「貴方。魔術師でもないけれど、どちらかっていったら私たちに近い人間みたいだからはっきり言っておくけど、甘いわ。どんな形であれ、聖杯戦争に首を突っ込んだ時点で魔術師も凡人も関係ない。大切なのは聖杯戦争の参加者であるということよ」

 余裕に溢れているサラに対して、射殺さんばかりの目つきをしている先輩。それでも、先輩はそれ以上サラに対しては何も言えず、口をつぐんでしまった。

 「どうもアーチャーのマスターを聖杯戦争から遠ざけたいみたいだけれど、それは自分が少しでも優位に立ちたいから?それとも、何か別の理由でもあるのかしら?あればぜひ、教えてほしいものね」
 「くっ・・・・」

 そういえば、先輩はこの子達が来る前に、わたしに聖杯戦争を脱落するように言っていたけど、どうしてだろう・・・・?とか思っているうちに、わたしや先輩はすぐ目線を戦いが行われているほうへと向けた。そのとき、アーチャーさんの剣が弾かれ、セイバーがアーチャーさんに追い討ちをかけようとしたところ、その攻撃をアサシンがそこに割って入って防いだ。
 はっきり言って、わたしは戦いのこととか全くわからない。けれど、素人目から見ても、セイバーの強さは多分、公園にいたバーサーカーよりも上だと思う。しかもアーチャーさんとアサシンの二人がかりにもかかわらず、セイバーは逆に二人を追い詰めていた。

 「思ったよりしぶといのね。セイバー相手にまさかここまで粘るなんてね」
 「・・・・・・二人を、どうするつもりなの?」
 「決まっているじゃない。これは戦い。死力を尽くした結果負ければ死ぬのは当然のことよ。でも安心してちょうだい。サーヴァントさえ仕留めれば、貴方たちには手出ししないわ」
 「それを信用しろ、とでも言うのか?」
 「そうね。魔術師相手に対して警戒心を怠らないのは正しいわ。けど、私もエクレール家の出。それぐらいは信用してほしいものだわ」

 わたしは魔術師全体がどういうものか知らないし、この子は少し怖いところもある。けれど、多分戦いが終わればわたしたちをどうこうしようということはしないと思う。根拠はないけど、そんな気がする。
 だけど、そうなってしまうということはつまり、アーチャーさんたちの敗北、つまり死を意味する。もしそうなってしまったら、わたしはそんなことに耐えられるの・・・・?先輩からは、そういうことに耐えられないようなら、早く聖杯戦争から降りるよう言われた。
 でも・・・・・・

 「でも、やっぱりアーチャーさんたちが死ぬなんてこと、絶対嫌だ!!」
 「・・・・・・随分とわがままなところもあるのね。でも等価交換の原則の前じゃ、そんな言い分は通用しないわよ」
 「等、価交換・・・・・・?」
 「魔術師たちに通ずる原則さ。何かを得るには、それと同等な何かの代価を支払う必要がある」
 「もっとも、それは私たち魔術師だけのものじゃないと思うけれどね。見方を変えれば、貴方たちの世界にも似たようなことはあるじゃない。例えば、普段行っている買い物だとか、どこかの会社同士の取引だとか、そういうことも見方によっては等価交換に通ずるわよ」

 先輩の説明にサラはそんなことを付け加えた。確かに、世の中には諸々の約束事もそういう同価値のもので成り立っていると思うし、自分のやったことなどが何らかの形で還元されていく。それはテスト勉強なんかがいい例かもしれない。
 それでも、中には割に合わないことだってあるかもしれない。それは、約束が何らかの形で破られたり、自分の努力が無駄になったり・・・・確実に理不尽といえる事象が存在する。はっきり言って、わたしからすれば助かりたければアーチャーさんたちを死なせろ、ということ事態が理不尽にしか思えない。誰かのために、誰かが犠牲になるなんてこと、わたしにはできないし、そういうことはもう嫌だ!

 「納得できない、って顔しているわね・・・・けど、どっちにしても貴方にできることなんて、ただこの戦いの成り行きを見守るぐらいしかないわ。せっかくあそこまで足掻いているんだもの。少しはいいほうに期待してもいいんじゃないの?でも、無駄かもしれないけど」

 もう一度、わたしは目線をアーチャーさんたちの戦いへと戻した。状況はさっきとあまり変わっていないかもしれない。でも、アーチャーさんの顔はまだまだ余裕といった感じで、追い詰められている表情などしていなかった。セイバーは強い。でもそれを相手にして食い下がっているアーチャーさんやアサシンもやはり、わたしなんかが想像できないくらい強いのかもしれない。
 そのときだった。急に体のどこかが震えだしたのを感じた。そしてその震えを自覚した途端、それが体全体へと広がり、そして頭を両手で抱え、その場でしゃがみこんでしまった。

 「野々原さん!?」
 「情けないわねえ。この程度で震え上がるなんて、どこまで覚悟が足りていないの?」

 違う!そう口に出して言いたかったけれど、喉が締め付けられるような感じがして、声が出ない。確かにあの戦いを見て、怖くないなんてことは絶対にない。むしろ今わたしはその戦いから目を背けたい。でも、この怖さはあの戦いを見て感じたんじゃない。この怖さは今日、別の場所で似たような感覚がした。一体なんだろう・・・・・・・・・?
 そうだ!あの感覚は、わたしが初めてサーヴァント、というよりもバーサーカーと遭遇したときの、あの感覚に似ている・・・・!!!!



 話は一旦、戦いが始まったときまで巻き戻す。アーチャーがセイバーによって吹き飛ばされた、というのは沙織の視点から見たものであるが、実際にはアーチャーはセイバーの剣の攻撃を受けると同時に後方へ跳ね飛んだ、というのが正しい。アーチャー自身も多少は剣の心得はあるが、セイバーのそれと比べると勝負にすらならない。アーチャーの得物はあくまで弓であるからだ。加えて、アーチャーの持つ細身の剣でセイバーの攻撃を真っ向から受けること自体、自殺行為に等しい。だから、アーチャーはこうやってセイバーの攻撃を凌ぐしかなかったのだ。
 アーチャーが後方へ飛んだのと同時に、それまで沈黙を守っていたアサシンは手裏剣などの暗器をセイバー目掛けて投げつけ、そこから一気に地を這うように、地面すれすれに駆け出そうとした、がアサシンの放った手裏剣は全てセイバーの剣圧によって発生した風によって弾かれてしまった。その上、アサシンの行く手をセイバーが遮るように立ちはだかり、そこから一歩踏み出し横薙ぎに剣をふるう、がアサシンはその一歩をどうにか踏み止まることで、どうにかこの攻撃を避けることができた。

 「アサシンよ。我がマスター、サラには指一本たりとも触れさせん!」

 アサシンの言葉はない。アサシンというクラスはサーヴァント同士の戦いよりも、そのサーヴァントを従えているマスターの暗殺にこそ特化している。それでもアサシンは自身の持つ武技にそれなりの自負を持っている。だが自分は暗殺者の英霊たるアサシン。ゆえにアサシンの特色たるマスター暗殺に専念すべきだった。だが、それも今ではこの最優のサーヴァントに阻まれてしまっている。
 もっとも、アサシンはサラが喋っている間に暗殺を決行すべきだったが、あの時点でセイバーに警戒されてしまい、それも適わなかった。こうなってしまっては、アサシンの持つ“気配遮断”のスキルも姿が丸見えの状態では意味をなさない。
 このとき、サラは周囲に草の剣の檻を築き始めた。同時に、セイバーはアサシン目掛けて突進しながら斬り込んできたが、アサシンはそれをどうにか忍刀で防ぎ、鍔迫り合いの形となる。

 「そしてアーチャー!貴様に弓は使わせん!!」

 だがセイバーはそんなことに構わず歩を進めたことにより、アサシンはジリジリと後退していく。その方向にはアーチャーがいた。
 無論セイバーはアサシンだけではなく、三騎士クラスの一角であるアーチャーにも警戒を払っていた。アーチャーの実力は遠距離戦でこそ発揮する。だが、それも発揮しにくい環境となってしまった。距離を開けようにも、サラの魔術により、その辺に生えている雑草が堅固な檻と化してしまい、それ以上後方に下がれなくなってしまったこと。さらにアーチャーにとって悪い状況は、アサシンとの距離がそんなに離れていなかったが、セイバーはアサシンごとアーチャーのいる方向へ突っ込んできたせいで、さらにその距離が縮まってしまったこと。加えて、この空間には身を隠せるような障害物が一切存在しないことも、アーチャーにとって不利に働いてしまっている。

 「随分とイヤなところをついてくるな。いい性格してるぜ、あんた」
 「何を言う。戦で相手の弱点をつくは定法ぞ」
 「同意」
 「おい、アサシン。同意、じゃないだろうが」

 そんなやり取りをしている間にも、セイバーは剣を振りぬき、アサシンを弾き飛ばした。

 「まあ、間違っちゃいないけどな」

 そこへすかさずアーチャーは自らの持つ突剣を構え、剣を振りぬいたせいで胴体ががら空きのセイバー目掛け、一気に距離を詰め、突きを繰り出した。だが、その突きはセイバーの空いていた手の手甲で、いともたやすく防がれてしまった。
 そこへいつの間にか、アサシンがセイバーの背後に回って、そこから攻撃を仕掛けようとしたが、セイバーは体を回転させながら斬撃を放った。これにより、アーチャーは後ろに飛んでこれをかわし、アサシンはあと一歩のところで踏みとどまることができた。

 「・・・・・・・・やはりな」
 「何がだよ?」
 「やはり貴様らでは、身を倒すことなどできぬ、ということだ」
 「へえ・・・・・・・・」
 「その委細、聞かせてもらおうか」

 珍しく口を開くアサシン。覆面していることを除いても、表情のわかりにくい彼もセイバーに対する敵愾心は強いことだろう。

 「何、簡単なことだ。先ほど貴様らとは何合か打ち合ったが、貴様らのどの一撃も身を傷つけるには至らぬからだ。アサシン、貴様は先ほどの鍔迫り合いで身に押されたな。このことから、貴様は身よりも力が劣っていると見てよいだろう」
 「・・・・・・・・」
 「フム。どうやらしかと理解しているようだな。そして、アーチャー。貴様の攻撃は身にたやすく防がれた。貴様が白兵戦向きではないことを理由にしても、貴様の力もアサシンと同程度かそれ以下、と見なしていいだろう」
 「ほっとけ。大きなお世話だ」
 「もっとも、宝具さえ使えば身を倒せるかもしれぬが、試してみるか?」

 宝具、それはサーヴァントの生前よりあり続ける切り札ともいえる武装であり、彼らの代名詞とも言える象徴。その例が、アーサー王の持つ聖剣エクスカリバーや、大英雄ヘラクレスの持つヒュドラの毒矢などである。もっとも、古代ギリシアでも一、二を争う魔術の使い手である魔女メディアや、魔に堕ちた宝剣アロンダイトを持つ騎士ランスロットなどのように、彼らの持つ概念がそのまま宝具化することもある。
 だが宝具の使用には、宝具の真名がどうしても明らかになってしまう。それは同時にサーヴァントの持つ“真名”、つまりサーヴァントの正体が判明してしまうことと同義である。そうなってしまえば、ただでさえ過去の偉業のために、その名を広く知られている英雄であるサーヴァントの性格、弱点が浮き彫りになってしまうからだ。
 ゆえに、宝具は切り札である。

 「その必要はなし。なぜなら、主はここで倒れるからだ!」

 再び地に伏すような体勢でセイバーに接近するアサシン。同時にアーチャーもセイバーとの間合いを詰める。そして両者が攻撃を放ったその瞬間、アサシンの忍刀はセイバーの剣で、アーチャーの突剣はまたもや手甲で防がれてしまった。

 「何度も言わせるな。貴様らに身を倒せる道理などなし!」

 そこからは、アサシンは斬撃を、アーチャーは突きを次々とセイバー目掛けて繰り出すが、そのことごとくがセイバーにとって防がれてしまう。そんなことを繰り返しているうちに、いつの間にかセイバーが攻撃へと転じ、アサシンとアーチャーがそれを防ぐ形となってしまった。

 「確かに、この戦い、すぐに終わりそうだな。アーチャーよ」
 「ごつい見た目のくせして、思ったよりお喋りなんだな、あんたは」
 「剣を振るうだけが戦ではないのでな。それよりも、貴様こそ喋る余裕があるとは、思ってもみなかったぞ」

 だが、セイバーが言うような余裕などアーチャーにはなかった。セイバーの防御がいつの間にか攻撃へと移り変わり、アーチャーはそれを受ける形となってしまっている。しかもセイバーの一撃がアーチャーにとっては重いため、それを受けるたびにアーチャーの突剣が振動し、それがアーチャーの腕へと伝わる。
 無論、それは同じくしてセイバーと戦っているアサシンも同じだろう。そのアサシンの立ち位置も、いつの間にかアーチャーに並び立つような位置にいた。

 「おい、アサシン。さっきのいざこざは水に流すとして・・・・・・」
 「断る」
 「おい!まだ何も言ってないだろうが!」
 「“ここは手を組もうぜ”とでも言うつもりだったのだろう」
 「わかってんなら、何で断るんだよ」
 「足並み揃わぬ連携は烏合の衆に劣るからだ」
 「クソッ・・・・・・的射ている分、余計腹立つな」

 アサシンの言うことはもっともだ。連携というものは、息の合った者同士が行ってこそ発揮するもの。だが逆に、呼吸が合わなければ、両者の動きがちぐはぐなものとなってしまい、互いの持ち味を殺すこととなってしまう。ましてや、アーチャーとアサシンはこの聖杯戦争に喚ばれたサーヴァントで、敵同士だ。しかも、両者が初めて目を合わせたのは、セイバーが現われるほんの少し前。そんな二人がいきなり手を組んで、上手い具合に動けるほど都合のいい話はない。
 そのときだった、アーチャーの手にしていた突剣が、とうとうセイバーの剣の衝撃に耐え切れず、弾き飛んでしまった。むしろ、アーチャーにしては、よくここまで自身の剣でセイバーの剣を堪えたほうだ。だが、戦いの場においては、そんなことは何の気休めにもならない。それはすなわち、より死に近くなってしまうからだ。

 「ゲッ・・・・・・」
 「もらった!」

 何も手にしておらず、無防備なアーチャーに対して、セイバーは一気に距離を縮め、手にしていた剣を一気に振り下ろそうとした。だが、その斬撃はアーチャーに届くことはなかった。突如、アーチャーとセイバーの間にアサシンが入り込み、セイバーの一撃を受け止めたのだった。

 「ふん。余計な口を利いてばかりいるから、こういうことになるのだ」
 「はん。そいつは悪かったな」
 「だが、そのおかげでセイバーもとんだ失策を犯したが、な。それをどうするかは、主次第だ」

 そんな中、セイバーは剣を振るうが、その攻撃もまたもやアサシンによって防がれてしまう。

 「・・・・そこをどいてもらおうか」
 「そうしてほしくば、某を屍にしてからにするのだな」
 「・・・・・・・・・・ああ。そういうことね」

 アーチャーはその瞬間、アサシンの言う“セイバーの失策”の意味をようやく理解した。セイバーはこれまで、アーチャーとアサシンに対して二対一の白兵戦を演じることで、優位に立っていた。つまり、先ほどまではアサシンの言う“足並みの揃わぬ連携”をとっていたことになる。ならば、次に取るべき行動は何か、アーチャーのそれは定まった。
 アーチャーはすかさず、アサシンとセイバーの斬り合いの場から離れ、そして然るべき位置まで移動すると、目線をアサシンとセイバーの戦いの場へと見据え、耳を澄まし、弓矢を構えた。
 アーチャーはさっきまで、二対一の戦いを強いられていたために、自身の得意とする弓術を使うことができずにいた。だから二対一で不利ならば、各々が一対一の戦いを演じ、それぞれが単独で最良の行動を取るべきだったのだ。
 幸いなことに、アサシンの獲物である忍刀はセイバーの剣よりも刃渡りが短めだが、その分小回りが利き、防御に適している。アサシンがセイバーの足止めをしている今が、絶好のチャンスだ。

 「さっきまであんたの土壇場だったんだ。そろそろ、オレの見せ場を作ってもいい頃じゃないの、か!!」

 瞬間、アーチャーの目は見開き、構えていた弓矢をセイバーへと向け、そしてセイバーの心臓へと矢を放った。
 無論、セイバーはこれに気付かぬほど鈍くはない。その矢が自身の心臓へ向かっていることは重々承知していた。だが、今の状況ではその必殺の矢を避けることはセイバーにはできない。しかし、彼は最優の名をほしいままにしている剣の英霊セイバー。避けることができなければ、比較的軽いダメージですむ箇所で受ければいい。そうして、セイバーは自分の腕を差し出し、アーチャーの放った矢がセイバーの腕を深々と貫いた。
 そこへ間髪を入れず、アサシンは一気にセイバーの懐に潜り込んだ。だが、セイバーはアサシンの後頭部を目掛けて剣の柄を叩きつけようとした。それをアサシンは器用に刀を手にしていないほうの手を後ろに回し、いつの間にか握られていたくないでそれを受け止めた。

 「チィッ!上手い具合に防ぎやがって・・・・!」

 とはいえ、百発百中を旨としているアーチャーは“外していないだけよし”と開き直り、第二射を放とうとした。
 だがそのとき、自身のマスターである少女が突如異様なまでに震え出し、その場にしゃがみ込んでしまったのを横目で捉えた、と同時に彼はある異変に感づいた。そして彼は、セイバーに気付かれないような声量で、アサシンにその異変を知らせた。

 「おい、アサシン。聞こえるか?」
 「また余計な口を利くつもりか?」
 「そうじゃない。あんた、何か聞こえないか?」
 「だったら、某と変われ。この有様では、外の正確な数も状況もわからぬ」
 「そうかい。オレの見立てじゃ、大体百近くの何かが近づいてきていやがる・・・・・・まさかとは思うが、サーヴァントか?」
 「それにしては、魔力が弱すぎる。おそらくは使い魔か傀儡の類だろう」
 「なるほど、ね・・・・・・」

 確かに聖杯戦争に召喚されるサーヴァントは全部で七体。それが百という数字はよほどのことがない限りありえない数だ。また、アーチャーが感覚を澄ませて見ると、セイバーの動作が微かに鈍っているのがわかった。おそらく、彼もアーチャーやアサシンほどではないにしろ、何か違和感のようなものを感じたのだろう。その異変はアーチャーのマスター、沙織が震えだした途端に起こった。
 そしてそのとき、アーチャーの耳と鼻がそれを捉えた。耳に聞こえたのは、無数の馬の蹄の音と人間と思しき声や息遣い、そして鼻でかぎ分けたのは、おびただしい血の臭いだった。そして、とうとうそれらが近づいてくると、草の檻の上空から無数の矢が雨霰と降り注いできた。



 特に理由があったわけじゃない。なんとなく見上げてみると、夜空を埋め尽くさんばかりの矢がわたしたち目掛けて降ってきたのだ。絶対助かるはずのないこの状況に、わたしの頭が真っ白になりかけたそのとき、何かがわたしたちの頭上を覆ってきた。それのおかげで、矢はわたしたちを貫くことはなかった。でもこれ、よく見たらわたしたちの周りを取り囲んでいる草の壁・・・・ということは、わたしたちを助けてくれたのって・・・・

 「ああ、もう!またこれ!?どうして、私たちが誰かサーヴァントと戦っているときに限って、こういう邪魔が入ってくるの!?」

 やっぱりサラだ。あの子が草の障壁を魔術で築き上げて、矢の雨からわたしたちを守ってくれたんだ。でも、さっきの彼女の言うことを考えたら、わたしや狩留間先輩は彼女の敵ということになる。それなのに、どうしてわたしたちを・・・・・・?
 そんな彼女はどういうわけか、癇癪を起こしている真っ只中だったせいで、そういうことをわたしは聞けないでいる、なんてことを考えていたら、サラはゆっくりとわたしのほうを振り向いてきた。

 「・・・・・・・・・・さっきから私をジロジロ見ているけれど、何かしら?」
 「・・・・・・・・・・・え?い、いえ!別に何も!!!」

 とっさに畏まってしまった私。ところで、どうして私、こういう年下の女の子にこうも気後れしちゃっているんだろう・・・・?

 「こういう場では年上も年下も関係ないわ。少なくとも、へっぽこ未満の貴方が私に畏怖を抱くのは当然のことよ」
 「へ、へっぽこ・・・・・・・・」

 未満って言うことは、へっぽこですらない、完全な問題外ってことなんだろうな・・・・

 「そもそも問題にすらなっていないわよ」
 「そ、そうなの・・・・・・?って、それよりもわたしの考えていることどうしてわかるの!?」
 「そもそも貴方みたいなのが何考えているかなんてすぐわかるわよ。よく言うじゃない、“目は口ほどに物を言う”って。もっとも、貴方の場合は顔も物を言っているけれどね」
 「あ、あはは・・・・・・」
 「それと、思ったことはすぐに口に出しなさい。でないと、口が退化して使い物にならなくなっちゃうわよ」

 もはやこれ以上へこむ気力すらなかった・・・・・・確かにわたし、それほど積極的に人に話すほうじゃないけれど、ここまでボロボロに言われるなんて思ってもみなかった。それも、私より年下の、それも“一応”敵の立場をとっている女の子に・・・・

 「それはそれとして、どうして俺たちを助けたんだ?この障壁も自分の範囲だけ覆っていれば、労することなく敵二組を脱落させることができたはずだ。それなのに、何故だ?」

 あ。そうだった。さらに散々言われていたせいで、何を聞くべきかすっかり忘れていた。

 「別に。貴方たちのことを助けたつもりはないわ。ただ、私たちの手で倒すべき相手を、余計な横槍を入れられて倒されたくないもの。だって、貴方たちは私が倒すって決めたんだから」

 あくまで、わたしたちは敵、ということなんだ・・・・・・って、あれ?何だろう?頭にポタッと雫みたいな何かが落ちてきたような・・・・・・?わたしは落ちてきたものを手で拭うと、ヌルッとした手触りがした。その手を自分の顔の前に出し、よく目を凝らしてそれを見てみた。瞬間、わたしは背筋が凍ってしまった。これって、血・・・・・・・!?

 「野々原さん。何も心配することはないよ。君はどこも怪我を負っていないよ」
 「でも、それなのにどうして血が・・・・!?」
 「そんなの簡単じゃない。さっきの矢が血でできていただけの話よ。それに、ほら。上から血がぽたぽたと落ちてきているでしょ?」

 本当だ・・・・・・雨漏れみたいに血がたれてきていた。そんなことはありえない、そう言いたかった。でも、今の私を取り巻いている状況は、そんな言葉が通用しない世界だ。少なくとも、私はアーチャーさんには失礼かもしれないけれど、彼を含む人外の存在を四人(姿を見せていないキャスターは除くとして)も目の当たりにしてしまっているからだ。そして現に、時代劇の合戦の場面も顔負けの矢の雨が今も降り続いている。

 「それにしても、これは一体・・・・・・?」
 「ええ。この量はありえないわね」
 「え?ありえないって、何がどういうことですか?」
 「本来なら、こんなに大量の矢を人間の血で生成するなんて不可能なことよ。これが魔術によるものだとしても、ここまでやったら失血死しているわ」
 「そう考えると、これは人の道から外れた魔術師の仕業か、あるいは・・・・」
 「サーヴァントの宝具によるもの、だろうな」
 「ア、アーチャーさん!」

 いつの間にか、わたしたちの近くにはアーチャーさんだけではなく、さっきまで戦っていたアサシンやセイバーまで来ていた。ただ、三人ともどこかピリピリした空気を漂わせていた。これは他の誰かの奇襲のせいかもしれないけれど、それよりも三人のうちの誰かがおかしな行動を起こしたときには、すぐに攻撃を仕掛けてきそうな一触即発の状態でもあった。ところで・・・・

 「あの、宝具って何ですか、アーチャーさん?」
 「今は説明している時間はないが、まあサーヴァントの必殺技みたいなもんだと考えてくれ」
 「何それ?サーヴァントのくせして、なんて説明の仕方しているのよ」
 「そう言うな。それにしてもあんた、その若さでその魔力とは、大したもんだな」
 「フン。別にそんなことで褒められても、なんとも思わないわ。だって、それぐらい当然のことだもの」

 こともなく、そんなことを言ってのけるサラ。なんというか、アーチャーさん相手に、自信ありげで、誇らしげにはっきり言うのだから、本当にすごいとしか言いようがない。少し照れているように見えたような気がするけど。そんなとき、アサシンが口を開いた。

 「セイバーのマスターよ。今はどうにか何者かの攻撃を凌げているが、このままでは我々だけではなく、主たちまで嬲り殺しとなろう」
 「・・・・・・・・・それで、何が言いたいのかしら?」
 「この囲いを解け」

 単刀直入に言うアサシン。それから少し間が空いて、サラの口が開いた。

 「貴方の言いたいことはわかるわ。この障壁もいつまで持つかわからないもの。でも、仮にこの障壁を解除したとしても、貴方たちがその隙に私たちに攻撃を仕掛けないという保証はないわ。そこは・・・・・・」
 「多分、こいつが宝具によるものだとすれば、おそらく軍団系の宝具だ」

 そこにアーチャーさんが口を挟んできた。

 「この耳で聞き取ったんだ、間違いなくあれは馬の蹄やら、金属が擦れ合う音、その他諸々だ。数は大体・・・・百近くだな。そいつらが外から矢を大量に放っていたんだろうな」

 そ、そんな音、いつ聞き取ったの?この囲いも結構広いはずなのに・・・・・・って、そうだ!!

 「まだわたし、よくわからないことがあるけれど、今この壁を無くしたら大変じゃないんですか!?」

 一応、壁の外側に敵がたくさんいるみたいなのはわかったけれど、その壁がなくなったら、その敵はわたしたちのほうに向かってくるんじゃないの!?

 「そうだ。時間が経てば経つほど、敵に猶予を与えてしまう」
 「・・・・・・・そうね。全部は解除するわけにはいかないわ」
 「いや。解除するのは、あそこの方向だけにしてほしい。あっちのほうに脱出するつもりだから」

 先輩が指を指した方向は、矢が飛んでいる場所とは反対方向だ。

 「それと手遅れかもしれないけれど、敵がいるかもしれない方の壁、もっと長くできないかい?」
 「別に問題はないわ」
 「そう。わかった。それと野々原さん。壁が空いたら、俺について来てくれないかい?」
 「え!?ど、どうしてですか!?」
 「仮に敵が追ってくるとしたら、君じゃ多分逃げ切れないと思う。そこはアーチャーがどうにかするかもしれないけど、そうなったらアーチャーも追ってくる敵に対して十分な攻撃ができないと思うんだ」
 「だろうな。オレ、一応逃げるとしたら、あんたを抱えていくつもりだったしな。で、安全は保証できるんだろうな?」
 「信じてくれ、とは言わないけど、今の俺たちはこの場からの離脱が先決だ。だから、君たちには何も手を出さないつもりだ」
 「・・・・・・・・まあ、いいさ。それであんた。聞く必要はないと思うが、それでいいか?」

 アーチャーさんはまだ完全に先輩たちを信用しきっている風には見えなかった。むしろ、わたしたちに何かしようとすれば、即座に先輩たちを亡き者にしようとしそうな感じだ。だからかもしれない。アーチャーさんがわたしに意見を求めてきたのは。わたしはアーチャーさんと先輩たちに争ってほしくない、というのが正直な気持ちだ。いくら一つしかないものを巡る戦いだからって、そんなことはしてほしくない。
 そうして、わたしは口を開いた。

 「はい。どうか、お願いします」
 「だそうだ。アサシンのマスター。これでサーヴァントともども、おかしなマネをすれば、どうなるかわかるよな?」
 「それは、言葉でなく、この後の行動で示すつもりだ。だから・・・・・・」
 「もうこれぐらいにしてちょうだい。信用しようが、信用しまいが、そんなのどうでもいいでしょ。私が壁を開けたらさっさと尻尾巻いて逃げなさいよ。邪魔だから」
 「え?邪魔って、あなた、どうするつもりなの・・・・!?」
 「当然、ここに残って、私たちを虚仮にしてくれたヤツらにお礼をするつもりよ。だって、このままじゃ私の気が済まないもの」

 サラは平然とそう言いのける。どうして?相手が何者で、どれぐらい恐ろしいかもわからないのに、どうしてそんなに堂々としていられるの?

 「解せぬ、といったところか。アーチャーのマスターよ」

 今度はそれまでこの成行きを黙って見守っていたセイバーが口を開いた。

 「人は誰しも、何ものにも譲れぬ矜持などを有しているものだ。それは理屈などでどうこうできるものではない」
 「そんな・・・・!どうして、そこまで・・・・・・・!」

 わたしには、どうしても理解できなかった。言いたいことは頭の中ではわかっているかもしれないけれど、それでも、失ってしまったら、何にもならないのに・・・・!
 突然、アーチャーさんがわたしの頭をポンッと叩いた。

 「連中の意地やプライドは本物だ。あんたがどうこう言って、どうにかなるもんじゃない。それよりも、オレが抱えている間は喋るなよ。舌噛むからな」

 そう言って、アーチャーさんはわたしを再びお姫様抱っこの形で抱えあげた。

 「運がよかったな、アーチャーにアサシンよ」
 「よく言う。某たちは主の攻撃から傷一つ負っておらぬが?」
 「フン・・・・・・貴様一人でこの身相手にどうにかなったか?」
 「その割には、あんたもオレにとどめを刺すことができなかったみたいだけどな」

 手にしている武器から、互いの口から発せられる言葉をぶつけ合う三人。それはサラの一声で、すぐに終わった。

 「はいはい。口ゲンカはそこまで。見たところ、準備はできたようね。それじゃあ・・・・・・さっさと始めるわよ!!」

 そう言って、サラが地面に手をつけ、何か短い聞きなれない言葉を口にすると、わたしたちを囲っていた草の囲いが円形から曲線へとその様相を変えていった。
 わたしたちの進行方向の壁はなくなった、がまた別の何かがわたしたちの行く手を塞いだ。

 「こいつらか・・・・!外から襲い掛かってきたヤツらの正体は・・・・・・!」

 最初は神話に出てくるケンタウロスのように見えた。でも、実際はよく見てみると、馬に跨った人だ。それが何十何人もいて、もちろんその人たちは鎧を着て、手に弓やら長刀やら槍やらを武装している。

 「アーチャーよ。こやつら相手に抜け切れぬようならば、手を貸すぞ」
 「ぬかせ。こんなもん、獣道を抜けるより簡単だ。そういうわけであばよ。セイバーさんよ。せいぜいこんなところでくたばるなよ」
 「某としては、主が正体不明の敵と相打ちになれば、それでよし」
 「・・・・・・勝手に言っておれ。貴様らこそ、追いつかれても知らぬぞ」

 アサシンやセイバーにそう返すアーチャーさん・・・・・・って、まさか・・・・・・・

 「よし!しばらく縮こまってろよ!」

 や・・・・・・・やっぱり!アーチャーさんはわたしを抱えながら、そのまま謎の騎馬軍団のいるほうへと突っ走っていった。そして謎の騎兵たちは口々に何か叫びながら、ある者は矢を射て、ある者は長刀を振りかざし、ある者は槍を突き出した。これ、当たる!絶対、真っ先にわたしに当たるって!!とか思っていたけれど、実際、それらが当たることはなかった。わたしを抱えているにもかかわらず、アーチャーさんは軽い身のこなしで次々と騎馬軍団の繰り出す攻撃をサッカー選手のようにかわしていった。
 そして、いつの間にか、わたしたちは騎馬軍団の中を突っ走っていた。このとき、先輩やアサシンがどこにいるかは見当もつかない。いつ攻撃されるんだろうか、ということで頭がいっぱいだったけれど、思った以上に攻撃を受けることがなかった。よく考えてみたら、これだけ距離が近かったら、矢を発射することなんてできないし、それに武器を振り回すことだってできない。そんなことをしたら、味方にまで攻撃が当たってしまうからだ。
 ところで、その敵の姿をよく見てみると、彼らも普通ではないことがわかった。なぜなら、その人たちの肌の色も、服も、鎧も手にしている武器も、それどころか馬まで全て血の色をしているからだ。彼らも人間ではない存在、それだけはわかった。それにしても、この人たち、なんだかどこかで見たことがあるような気が・・・・
 今、こうして落ち着いて物事を見れるのは、アーチャーさんが傍にいるからかもしれない。そういえばわたし、何度もこの人に助けてもらっているのに、まだ一言もお礼を言えていない。それどころか、今は騎馬軍団の真っ只中にいて、そのはるか向こう側にいるはずのサラたちにさえも・・・・わたしがこんなことを考えちゃいけないけれど、どうかあの子たちには生き延びてほしい。
 そして、もう一度会ったときには、ちゃんと助けてもらったお礼を言いたい。わたしに願う資格はないけど、それとは裏腹に、どうしてもそういうことを思ってしまう。

「よし、いい子だ。ここからが正念場だ!」

 そうしているうちに、わたしたちは騎馬軍団の中を抜けきった。そして、わたしたちに並行するように、先輩やアサシンが疾走している姿が見えた。とにかく、まずはここを生き延びなきゃいけないと思った。そして、それができたらアーチャーさんにお礼を言おう。



 人通りの全くない橋の上。いくら暗くなったといえども、ある程度は人や車が行き交うはずだ。だが、それが全くない。なぜなら、この周辺は守桐神奈による人払いの結界によって人が全く寄り付かない環境となってしまったからだ。そして、彼女の視線のはるか先には、彼女の喚び出したサーヴァントの指揮下にある鮮血の騎馬軍団がセイバー、アーチャー、アサシン相手に展開していた。

 「迂闊だったわ・・・・まさか、一般人が聖杯戦争に参加しているなんて・・・・」

 神奈は強大なエーテル反応を感知し、その出所を探ってみたが、そこで彼女は新たな“失踪者”が出たことを確認しただけだった。もっとも、この下手人であるバーサーカーを裏で糸を引いているキャスターが大体の後始末をした後だったので、神奈たちはその犯人の姿を視認していない。
 そして、近くにサーヴァントがいないかどうかを探ってみれば、河川敷でセイバーがアサシンと新たに召喚されたサーヴァントのアーチャーを相手に交戦中であることが判明した。しかも、そのアーチャーのマスターが魔術師ですらなかったことが彼女に衝撃を与えた。とにもかくにも、彼女は当初の予定通り、この戦いにサーヴァントによって召喚された鮮血軍団を送って戦いに乱入させた。そして少なくともアーチャーとアサシンのマスターを無力化させ、拘束するつもりだった。
 しかし、ちょうど今アーチャーもそのマスターもアサシンたちとともに逃走してしまったのだ。

 「魔術師というのは、狡猾な“生き物”だと思っていたが、どうもお前はまだ甘いところがあるようだな」
 「ライダー。少しやりすぎよ。あの攻撃でもし、アーチャーとアサシンのマスターが死んでしまっていたら、どうするつもりだったの?」
 「あんなもの、攻撃のうちにも入らん。そもそもこれに“戦争”という名詞がついている以上、それが女子供を分けて攻撃できるはずもなかろう」
 
 ライダーと呼ばれた、先決の馬に跨り東洋的な民族衣装の上に獣の毛皮を纏った壮年の男は、悪びれもせず神奈に言い返した。

 「それよりも連中に逃げられるぞ。一応、追っ手を差し向けるつもりだが?」
 「殺すつもりじゃないでしょうね?」
 「連中が余計な抵抗さえしなければ、な。抵抗する以上、やつらは敵ということになるからな」
 「そう・・・・・・だったら、彼らの進行方向につくしさんを向かわせて正解だったわね」
 「待て。まだお前が俺のことを信用しておらんのはわかるが、いくらなんでもそれは別の意味で問題ではないのか?まだ召喚されて間もないが、それぐらいはわかるぞ」
 「言いたいことはわかるわ。でも仕方ないでしょう。爺は色々な処理に向かっているわけだし」

 お互いに顔をしかめるライダーと神奈。少なくとも、今彼女たちはその問題の“つくし”がちゃんと仕事を果たすかどうか、不安がよぎっている。

 「とはいえ、これでも俺はかなり譲歩しているのだぞ。これでも、数は我が血の一、二滴分の配下しか呼び出しておらんからな。それに“ある程度”は加減するよう厳命しておるのだぞ」
 「その“ある程度”がどの程度なのか、ぜひ知りたいものね」
 「ふん・・・・まあ、お前がどう思おうが構わんが、な」

 そして、ライダーは手綱を握り締め、馬を走らせようとする。

 「どこへ行くの?」
 「まだ召喚されたばかりだからな。まずは挨拶に向かうまでだ」
 「勝手な真似はよしてちょうだい」
 「戦力を測るのも、我が務めだ。直接測るのと、他に測らせるのでは大いに差があるからな。これでも、俺なりにお前に尽くしているつもりなのだがな」
 「そうね。でも勘違いしないで。あなたがもし、私の意に反するようなことをするなら、どうなるかわかるわよね?」
 「案ずるな。お前のほうこそ、俺に余計なことさえせねば、俺はお前を裏切るつもりはない。お前の方こそ、俺を害するつもりならば、そのときは覚えておけ」
 
 互いに睨み合う二人。サーヴァントは本来ならば、自分たちよりも格下の人間に従うはずもない。それを可能にしているのが令呪だ。これのおかげでサーヴァントをこの世に繋ぐことができている。大体の場合において、サーヴァントとマスターの関係というのは、利害一致だ。この二人の間にある張り詰めた空気が何よりの証拠だ。
 それから互いに視線を外し、馬が嘶くと同時に、ライダーを乗せた馬は橋を渡り、歩道から河川敷につながる坂道を下って行き、そしてその姿は闇の中へと消えていった・・・・



[9729] 第四話「暗闇の逃亡者」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/05/25 02:54
 「嫌な連中だな。遠巻きだが、確実にこっちを取り囲んでいるぜ。」

セイバーのマスター、サラが作り上げた草の刃の檻からもう大分離れていた。そのセイバーとの戦いは突如として、全身が血でできている謎の騎馬軍団の乱入によって終わりを告げた。
 無論、わたしたちはその草の檻から脱出をした。その大部分は先ほどまでわたしたちのいたところ、つまりは草の檻に集結しているけれど、十何人かの騎兵たちがわたしたちを追っていた。わたしたちが逃げているとき、その騎兵たちはわたしたちに向けて、矢を大量に連射してきていた。それらに当たることなく、逃げているアーチャーさんたちのすごさを改めて実感していた。現にアーチャーさんはわたしを抱えているにもかかわらず、陸上選手も顔負けのスピードを出しているからだ。すごいといえば、狩留間先輩も同じくらいのスピードを出して走っているような気がするけど・・・・先輩って、もしかして忍者か何か?だって、よく考えたら“狩留間”って変わった名字だし、先輩のサーヴァントのアサシンだって見た目どおりの忍者だし・・・・
そうこうして追っ手を撒いてから、わたしたちは今、木の上に身を隠している。アーチャーさんが言うには、追っ手は今、この河川敷を中心に分散してわたしたちを探しているらしい。また、追っ手は大体2~3人で行動を取っているとのことらしい。詳しい位置はアーチャーさんやアサシンのほうがよくわかっているはずだ。

 「全く、しつこい連中だな・・・・このままじゃ見つかるのも時間の問題だな・・・・」

 そうだった・・・・追っ手はわたしたちを見つければ、即座にあの弓でわたしたちを射抜くだろう。それに彼らが持っているのは弓だけでなく、槍や刀剣を武装した人もいる。もし、見つかってしまえばどうなるかなんて、あまり考えたくない。

 「ならば、このアサシンにお任せあれ」
 「へえ。あんたがやるのか?あいつら全員を?」
 「何も敵を殺すことだけが戦ではない」
 「似たようなセリフ、さっきも別の誰かが言ってたな・・・・」

 アサシンに茶々を入れたアーチャーさんは、少し顔をしかめてしまった、そのときだった。

 「その前にアサシン。俺から一つ彼女たちに言いたいことがあるけど、いいか?」
 「構わぬ」

 先輩が話しに割って入り、それからアサシンはそのまま黙ってしまった。一体、何なんだろう?

 「野々原さん。君は今夜どうするつもりだったんだい?」

 え?え?わ、わたし!?わたしに質問なの!?どうするつもりって、どういうこと・・・・?頭が色々な意味で錯綜していて上手く整理がつかない。

 「ああ、ゴメン・・・・・・・もうちょっとわかりやすく言うね。今夜はそのまま家に帰るつもりだったのかい?」
 「え?ええ。まあ・・・・そうですけれど・・・・・・」

 なんだろう?それがどうかしたんだろう・・・・?

 「アサシンの提案を聞くんだったら一つ、こちらの条件を呑んでもらう」
 「条件って、一体何ですか?」
 「少なくとも今晩、俺の住んでいる所に来てもらう。それが条件だ」

 “俺の住んでいる所に来てもらう”という言葉が何回か頭の中で反復した・・・・・・って、え・・・・・・・・・?

 「えぇ・・・・・・・・・・もがっ!」

 叫びそうになったわたしをアーチャーさんが押さえてくれた。危ないところだった・・・・あのまま絶叫していたら、絶対追っ手に見つかるところだった・・・・それと、アーチャーさんの顔つきがどこか険しく、口を押さえている手も少し力が入っていた。

 「安心してくれ。俺の住処といっても、この聖杯戦争では、そこは立場的には中立だ。だから余計な心配はしなくていい」
「一体、どういうつもりだ?」

 アーチャーさんは先輩の言葉に納得していない様子だ。どうしてだろう・・・・?

 「えっと、申し訳ないんですけれど、アーチャーさん。一体、何が問題なんですか?」
 「何が、っていうよりも全部が問題だ。魔術師の住処っていうのはそいつの工房ってことだからな」
 「こ、工房・・・・・・・・?」
 「わかりやすく言うと研究所ってことだな」

 ま、魔術師の研究所・・・・?そういわれると、大きな釜から怪しい煙が吹き出ていて、かつ天井には干からびたトカゲやらネズミやらが吊るされている印象しか出てこないんだけれど・・・・

 「自分の研究成果ってのは命に変え難いものなのさ、魔術師にとっては。だから、それを奪われないように罠とかそういうのを張り巡らせてんのが普通だからな」
 「わざわざ丁寧な説明、ありがとう。けど、俺は魔術師じゃないって最初に言ったはずだけど?」
「それでも、敵の本拠地っていうことだけは変わらないだろ?」

 そうだった・・・・・・今、わたしと先輩は一応、敵同士の立場だったんだ・・・・・・さっきまで一緒に行動を取っていたから、全然そういう実感が沸かないし、今でも沸かない。もし戦えと言われても、そう簡単に割り切れないと思う。

 「ところで話を戻すけど、野々原さん。君はさっき、そのまま家に帰るつもりだったんだよね?」
 「え?あ、はい」

 アーチャーさんが先輩の出す条件に納得行かない理由はわかった。でも、どうしてわたしが家に帰ることを聞かれるのか、さっぱりわからなかった。別にわたしの家は(わたしが知っている限りでは)魔術師の家とかそんなんじゃないし、ましてや秘密の部屋とか見たこともない。
 そういえば、わたしはまだ学校から家に帰る途中だった。それがこんなことに巻き込まれてしまったせいで、家族に何の連絡も取ることができなかった。きっと今頃、おばあちゃんもこのかも心配しているだろうな・・・・・・・・・・って、よく考えたら先輩とアサシンはともかく、わたしとアーチャーさんって、今までどこへ逃げるつもりで逃げていたの?そういえば、あの場から逃げたはいいけれど、これからどうするかなんて全然考えていなかった。どうしよう?いきなり知らない男の人を連れてきたら、きっとこのかもおばあちゃんもびっくり仰天してしまうだろう、それもかなり高い確率で。いや、やっぱりおばあちゃんはいつも通りかもしれない。それどころか、肉じゃがなんかをご馳走しそうだ・・・・シローは、まあ、冷めた雰囲気を醸し出すだろうな、絶対に。
 などと考えていたら、先輩の言葉でハッと我に返った。

 「野々原さん。一つ警告しておくよ。聖杯戦争の間は家に極力近づかないほうがいい」
 「なっ・・・・・・・・・もがっ!」

 あまりにも思ってもいなかった言葉だったので、また大声を張り上げそうになったけれど、そこはアーチャーさんが再びしっかりと口を押さえてくれたおかげで何とか出さずにすんだ。

 「ほら。説明しな。オレは大体わかるが、うちのマスターはそうはいかないだろ」
 「先ほど、アーチャーも言ってただろう。魔術師の住処たる工房に侵入者用の罠が張り巡らされていることを」
 「それが・・・・一体、なんですか・・・・?」

 今のでなんとなく、先輩が何を言いたいのかわかったような気がした。

 「聖杯戦争ともなれば、敵もそこに攻め入ることもある。仮に君がそのまま帰宅したとして、それで君や君の家族が無事ですむのかい?」

 確かにそうだった。バーサーカーやあの騎馬軍団みたいなのがわたしの家に押し入ってしまえば、絶対このかやシロー、それにおばあちゃんまで巻き込んでしまうことになってしまう。それだけは、絶対にあってはならないことだ。

 「けど、あんたのところだって大して変わらないだろ?」
 「それでも魔術師の工房ほどではないけど、一応は自衛できる仕掛けが施されているから、問題はないけど?」
 「そうじゃない。あんたのサーヴァントはアサシンだろう?暗殺がお得意なあいつのいるところで安心して過ごせって言うのか?」
 「決めるのは、君じゃなくて、君のマスター、つまり野々原さんだ」

 過ごす分には安全だけど、攻め入られたら確実に危険な自宅か、敵か味方かあやふやだけれど、ある程度は自宅よりは安全な場所か。その選択権はわたしに委ねられてしまった。

 「どういうつもりだ?さっきまでうちのマスターを聖杯戦争に関わらせる気がなかったくせして、今になって自分の陣地に来いとか言うか、普通?」
 「今は状況が状況だ。まずはここから逃げることが先決だ。そのために最善を尽くしているつもりだし、君たちが不利にならないように配慮しているつもりだけど?」

不安はないって言ったら、ウソになる。でも、このかたちを危険に晒すわけには絶対いかない。それだけは確かだ。だから、わたしは先輩に言った。

 「一つ、いいですか?」
 「野々原さん。悪いけど、ここではこっちの条件を呑むか呑まないかで答えてほしい」
 「それだったら、先輩たちが絶対にわたしたちを襲わないっていう保障がなければ、わたしは答えません」
 「・・・・・・・・・・・・・・・えーと、野々原さん?」

 な、何?この微妙な空気は?なんだか先輩がほんのちょっぴり呆れているように見えるんだけど・・・・・・

 「一つだけ言わせてもらうけど・・・・その言い方、聞き方によってはこっちの条件を受け入れる前提にも解釈できるんだけど・・・・・・」
 「あ」

 恥ずかしい。すごく恥ずかしい・・・・・・今すぐ木の下から下りて、そのまま馬に蹴っ飛ばされてしまいたい・・・・・・もちろん、そんなことはしないけど。

 「でも大丈夫。少なくとも今晩は、俺は君を襲うつもりはないし、それにアサシンもそのつもりはない。それでいいかい?」
 「は、はい」
 「おい、いいのかよ?これでもこいつら、一回あんたを襲ったんだぜ?」

話がまとまったところで、アーチャーさんが割って入ってきた。彼がそう思うのも無理はないかもしれない。彼からすれば、先輩もアサシンも敵だからだ。

 「だったら、君が俺たちを見張っていればいいだろう。それぐらい、君には簡単なことだろう?」
 「言うじゃないか・・・・・・仕方ない。マスターが決めたんだ。それに従うとするぜ。よく考えれば、そっちのほうが都合いいわけだからな」

 どうやらアーチャーさんも納得してくれたみたいだ。これで本当に一段落がついた・・・・って、なんでこんな話をしていたんだっけ?

 「それで、アサシン。オレたちはあんたらの条件を呑んだんだ。さっさとこの場を抜け出す方法を言えよ」

 忘れてた。そういえば、アサシンがこの場を切り抜ける方法があるとか言おうとしていたんだ。でも、途中で先輩がこの話を振ってきたから、すっかり頭の中から抜け落ちてしまった。自分の脳年齢が気になりそうだったけれど、それまでずっと黙っていたアサシンがようやく口を開いた。

 「その前にアーチャー。この近くに鳥の巣か何かないものか?できれば、鳥の数が多いほうが良いのだが・・・・」
 「鳥?・・・・・・・・・あっちの木のほうに何十羽か眠りこけていやがるが・・・・それがどうかしたのか?」
 「大分離れておるな・・・・・・だが、何とかなるだろう」
 「何をするつもりだ?」
 「何、あの橋の上まで一気に駆け上がり、そこから向こうまで渡ろうと思ってな。問題はなかろう?」
 「ああ、あの橋か・・・・・・・・?・・・・・・・・・・・・・・確かに、別に問題なさそうだな。それに向こう岸には、まだ連中らしい影もない。けど、今下にいる連中がそう易々とオレたちを見逃してくれるとは思えないぜ?」

 あの橋まで一気に駆け上がる?あの橋、かなり高さあるはずなんだけれど・・・・と、そういう風に疑問に思っていたけど、わたしはすっかり忘れていた事実がある。それはアーチャーさんたちがそれぐらい簡単にやってのける人たちだということを。
 実際、アーチャーさんは暗くなった街の上空を駆け抜けたのだから、これぐらいの高さはなんともないだろう。それに、先輩もアーチャーさんたちと並走できるぐらいだから、別に問題なさそうに思えてきた。
 でも、そうするにはまず間違いなく、あの騎馬軍団に見つかるだろう。いくらアーチャーさんたちといえども、多分それぐらい大丈夫かもしれないけれど、逃げ切るのは難しくなるかもしれない。

 「鉄平よ。少し遠回りになるが、それで良いな?」
 「ああ。少し危険が減るのなら、少しぐらい遠回りしたって構わないさ」
 「そうか」
 「普通に無視するな。で?具体的にどうするつもりなんだよ?」
 「まあ、見るがよい。忍法とは、遁法なり!」

 すると、アサシンがどこからともなく、小さな丸い物体を数個取り出した。そして、アサシンはそれらをアーチャーさんが示した先に歩きに向けて、野球のピッチャーみたく思いっきり投げつけた。小さな球体はそのまま暗い空へと吸い込まれていくみたいに、グングンと遠くへと飛んでいった。
 そして、それからしばらく経った後、飛んでいった方向が轟音と共に明るくなり、そしてその方向に歩きから何十羽という鳥が泣き声と羽音をたてて、飛び立っていった。アサシンが投げたのは爆弾だった。そして方々から馬の嘶きがけたたましく聞こえてきた、そのときだった。

 「行くぞ!!!」

 例の如く、わたしはアーチャーさんに抱えられ、そのまま全員が木から飛び降りると、橋へ向かって疾走していった。地上に降りてみると、爆音や飛び立つ鳥に驚いた馬を落ち着かせようとしたり、逆に馬に振り落とされてしまったりというのが大勢いた。それを尻目に、アサシンと先輩、そしてわたしを抱えたアーチャーさんは橋の下を支えている柱みたいなものに向けて走り出す。馬の鳴き声とよくわからない声が響く混乱の真っ只中で、わたしたちに気付いて追ってきたのはほんの数人程度だった。
 だが、そんな彼らもアサシンが放った手裏剣に当たり、そのまま倒れてしまった。倒れ伏した彼らは体をピクピクと痙攣させていた。横目でそれが見えてしまったせいで、わたしが彼らに抱いた操り人形の印象が薄れてしまった。

 「あんた。いちいち気にするな、と言うつもりはないが、しばらくは我慢してくれよ」

アーチャーさんがそう言うと、わたしは自然とすぐに目をギュッと閉じて、歯を食いしばった。そうしないと、外界から身を閉ざすことなんてできそうにないと思ったからだ。 そして、その行動は結果として正解となった。もうわたしたちは橋のすぐ近くまで来ていて、アサシンとアーチャーさんは高飛びをするように軽々と橋の上まで跳んでみせた。その間、わたしは目を瞑り、身を縮めていたので、驚く間もなく橋の上に到達した。さすがに先輩はアーチャーさんたちみたいな芸当はできなかったみたいだった。代わりに、橋の下を支えている柱に向かってそのまま直進、そしてそこから地面から跳び上がり、壁に着地?した後に、壁を蹴っては跳び、蹴っては跳び、をものすごい勢いで繰り返し、壁を駆け上がっていく。やっぱり、先輩って忍者の末裔か何か?
 無論、追っ手の何人かはわたしたち、特に壁を進んでいる先輩に向けて矢を放ってきたのだけれど、木に隠れるまで彼らに追われていたときより、その数ははるかに少なかった。それらの矢に当たることなく、先輩はアーチャーさんたちに遅れて橋の上に到達した。

 「急ぐぞ。ぐずぐずしていては、奴らに体勢を立て直す時間を与えてしまう」
 「そうだな。後は俺たちについてきて・・・・・・・・・・・ん?」

 アサシンの言葉に続いた先輩がふと、進行方向に目をやると、突然その口を止めてしまった。わたしもその方向を見てみた。わたしたちが今いる橋は幅が広く、真ん中の車道も二車線に分かれている。そしてその車道のど真ん中で、仰向けに寝ている人影を確認した。

 「・・・・・・・・・アーチャーよ。主はこれに気付いておったのか・・・・?」
 「いや・・・・・・あまりにも珍妙な光景だったから、どうしたもんかと思って・・・・・・」

 アサシンにそう答えるアーチャーさんはどこかしどろもどろな感じだった。すると、その寝ていた人影がゆっくりと起き上がってきた。よく目を凝らして見てみると、その人の服装は一言で言えばメイド服だった。それ以外、他に言葉が見つからない。というよりも、どうしてこんなところでメイドさん?が寝ていたんだろう・・・・?

 「・・・・・・・・・・・・・!!伏せろ!!!!」

 突然、アーチャーさんたちは地面に屈み、その直後に何かがわたしたちの頭上にヒュンっという矢のような風きり音が聞こえ、通過した。その何かはメイドさんのいる方向から飛んできた。多分、立っていたままだったらその飛んできた何かに突き刺さっていたところだったと思う。
 それからアサシンがすぐ前進しようとしたけれど、一歩踏み出した途端にすぐ踏み止まり、そしてわたしたちの目の前に雪みたいな白い何かが舞っていた。

 「これは・・・・紙吹雪か!」

 え?紙吹雪?紙吹雪って、どう考えてもあの紙吹雪、だよね?どうしていきなりそんなものが?とか考えていたら、アサシンが懐から懐紙を取り出し、そのまま紙吹雪へ放った瞬間、懐紙は紙吹雪によって切り刻まれてしまった。正直信じられなかった。でも、今までこれ以上に信じられないことの連続だったので、多少の耐性がついてきたみたいだった。多分、サラが作り上げた草の刃ぐらいの鋭さなんじゃないかと思う。その紙吹雪の向こうに立っていたのはあのメイドさんだった。
 その人はいつの間にか、わたしたちの近くまでやって来ていたのだった。そして紙吹雪が止み、メイドさんはゆっくりとこっちに近づいてきた・・・・・・・んだけど、なんだか気だるそうに歩いていて、それでいて大きく口を開けて欠伸をしていた。欠伸が止み、口が閉まると、どういうわけか先輩やアサシン、アーチャーさんから張り詰めた空気が流れてきた。アーチャーさんはわたしをそっと下ろしてから、数秒経った。そして対峙しているメイドさんが口を開いた。
 そしてそこから発せられたのは、さっきよりも大きな欠伸だった。

 「なんか言えよ!!!」

 思わず大声を張り上げてしまったアーチャーさん。正直わたしも何か喋るのかな、と思っただけにこのリアクションに拍子抜けしてしまった。

 「あー・・・・・・・そこの忍者と緑の、サーヴァントだよね?」

 メイドさんはとろんとした目つきでアサシンとアーチャーさんに指を刺しながら、間延びした口調で喋った。この人も、聖杯戦争の参加者・・・・!?

 「頼むから、死んでくんない?」

 え・・・・・・!?ちょ、ちょっと待って!!

 「い・・・・・・いきなり何言っているんですか!?」

 思わずわたしは叫んでしまった。

 「だってさー、大将の手下がおたくら捕らえてくれたらうち、やることなくて寝ていられたのにさー、あんたらそいつら撒いちゃうんだもん。そのせいでうちが出張る羽目になるし、しかもサーヴァントいるのにマスター捕らえろだなんてお嬢もめんどいこと言うもん。捕らえるより殺すほうが楽なのにさ」

 何気なくおっかないこと言っているのに、口調だけでなく、喋っていないときの口が少し開いているのと、たまに鼻をほじっているせいで緊迫感があまり伝わってこない。何もしなければ、結構きれいな人なんだけど・・・・・・色々と残念な人だ。

 「あ、そうだ。いいこと思いついた。あんたらマスターなんでしょ?だったら令呪で死んでくれるように命令してよ。そしたらうち、楽に仕事できるから」
 「なっ・・・・・・さっきから何言っているんですか!?」
 「だってー、仕事すんのめんどいけど、サボってお嬢にお目玉くらうのもめんどいもん。だから、さっさと令呪で命令してよ。どうか死んでくださいって」

 相変わらず喋り方も動作も緩慢だけれど、その目は限りなく冷たかった。セイバーのマスターである魔術師、サラの目も怖かった。けど、この人の目はサラのものとは全く違う目だ。

 「早くしてくんない?やんないなら、やってもらえるようにするから」

 メイドさんがそう言うと、わたしに向けて何かを投げつけてきた。それはものすごい速さでわたしのほうに迫ってきた。しかし、わたしの目の前でそれはアーチャーさんによって掴み取られてしまった。って、アーチャーさんが掴んでいるのって・・・・紙飛行機!?どうしてそんなものが・・・・・・!?

 「面倒くさそうにしている割には、随分と仕事熱心だな。メイドさんよ。あんたのご主人様はマスターを傷つけてでも捕らえて来いって言ったのかい?」
 「ん~・・・・・・・・多分無傷で捕らえてほしいんだと思う。でも、はっきり言って面倒だけど」

 な、なんなの、この人・・・・・・・!?この人が何を考えているのか、全くわからない。下手すると、かなり危険な人なのかもしれない。すると、今度は先輩が口を開いた。

 「君の主がどういう命令を下したかなんてどうでもいい。君はさっきこう言ったね。
“大将の手下”って。俺たちもちょうどさっき、血まみれの騎馬軍団に追われていたけど、そいつらがその“大将”の“手下”で、その“大将”がサーヴァントかい?」
 「う~ん・・・・・・操っているって言うか、なんて言うか・・・・・・その辺はお嬢あたりが知っているんじゃない?」

 このメイドさん、さっきの騎馬軍団と繋がりがあったんだ・・・・・・ということは・・・・・・

 「この人も・・・・・・マスター?」
 「いや。こいつには令呪がないから、マスターじゃないぜ。けど、聖杯戦争と無関係じゃないみたいだけどな」

 わたしの予想は見事外れてしまったところで、先輩がそのメイドさんにまた問いただす。

 「それと君の主人、つまりその“大将”のマスターのことだけど、それは守桐家の人間かい?」
 「あー・・・・そういえば、お嬢の古い知り合いのところに世話になっているのがいるって聞いたけど、ひょっとして、それ?」
 「さあ、ね。君の主人のサーヴァントのクラスと真名を教えてくれたら話してあげてもいいけど」
 「う~ん。うち、そんな守秘義務ないけど、さすがにそればらしたらお嬢に怒鳴られるから却下」
 「そうか。でもクラスはライダーってわかってるから、クラス名はいいや」
 「あ。そう」

 ダメだ・・・・全然先輩とメイドさんの話についていけない。それどころか、またわからない単語が色々と飛び交ってきている。でも、頭が混乱する前に先輩がアサシンにこんなことを言った。

 「アサシン。悪いけど、アーチャーや野々原さんを連れてここから離脱してくれ。こいつの足止めは俺がする」
 「いいのか?先ほどの騎兵どもが追いついてくるかもしれぬぞ」
 「大丈夫だ。その前に決着は着ける」

 って、ええ!?先輩!何言っているんですか!?混乱はしなかった代わりに、驚きが頭の中を支配し始めた。そんな中、横目でアサシンが顔を渋くさせているのが見えたとき、今度はメイドさんが口を開いた。

 「あー。ぶっちゃけどうでもいいんだけど、おたく一人で?その自信、どこからきてんの?」
 「さあ、どこだろうね?うらぶれた殺人鬼さん」
 「・・・・・・うち、つくしっていうんだけど、その呼び方もう一回したら殺すよ?」

 さらに驚き。つくしと名乗ったメイドさんが人殺しだということ。だからあんな冷たい目ができるんだ・・・・今、つくしという人の目は釣り上がり、敵意を露にしている。そして、その手には扇が握られていた。

 「で、アサシンのマスターさんよ。一体、どういう風の吹き回しだ?」
 「別に。足止めなら俺でなくてもいいけど、敵はどれだけいるかわからないからね。索敵が得意なサーヴァントが二人もいれば、野々原さんも安全だろう?大丈夫。俺も君たちほどじゃないけど、それなりに索敵とか潜伏はできるほうだから」

 半ば納得しかねるように、先輩を睨みつけるアーチャーさん。ほんの数秒だけ黙っていると、アーチャーさんは溜め息をついた。

 「OK。あんたがどういうつもりか知らないが、その話に乗ることにするぜ。あんたもそれでいいな?」
 「え?あ、はい。わたしは構いません」

 わたしは特に反対する理由もなかった上に、先輩が少しの間だけ味方してくれたおかげか、すっかり先輩を信用しきっていたので、二つ返事で同意した。よく考えたらおかしな話だと思う。何しろ、バトルロワイヤルにおける競争相手、つまり敵に当たる人の言うことを丸呑みにしたのだから。それでも、わたしは先輩のことを敵だなんて思えないけれど・・・・もし、本当にそう思っていたら、先輩の出した条件を呑むことなんてなかったはずだと思う。

 「で、うちがそれ見逃すとでも?別に見逃してもいいけど、後が面倒だから見逃さないから」
 「では、面倒なことになってもらおう」

 そう言って、アサシンは何かを地面に叩きつけた。

 「きゃっ!!!」

 周囲一体が煙に包まれてしまった。煙玉だ。素っ頓狂な声をあげたわたしは、アーチャーさんに例の如く、お姫様抱っこされ、煙から抜け出してきた。つくしが扇を振るったのか、煙は一気に吹き飛ばされた。しかし、そのときにはもう、わたしたちはつくしと先輩が対峙している場所からかなり遠ざかり、そして一気に橋を渡りきった・・・・



 侍女服を身に纏っている女性と学生服を着用している青少年。傍から見れば、何の光景か皆目見当がつかないだろう。そして、この二人がこれから行おうとしているのが殺し合いだということを想像できる者が、はたしてどれほどいるのか?

 「あ~あ、逃げられちゃった。これじゃ、お嬢から小言くらうわ。あー、ヤダなぁ・・・・」

 そう言ってつくしは頭をボリボリと掻くと、何かに気がついたように目を開く。

 「あ。でも手下連中がまだ追ってるから、何とかなる?じゃ、うちおたくを殺るけど、いい?」
 「君の目的はマスターの捕縛じゃなかったのかい?」
 「いいよ。抵抗されて思わず殺っちゃったってことにしておく」

 そういうとつくしは、紙飛行機をダーツの矢のように鉄平目掛けて投げつけてきた。それが鉄平に当たろうとしたとき、金属音が鳴り響き、紙飛行機は地面に落ちた。念のためいっておくが、この紙飛行機は純粋な紙で折られた紙飛行機であって、決して何か仕込まれているというわけではない。
 つくしは鉄平が言ったように、殺人鬼である。彼女の生い立ちについては置いておくとして、彼女は紙を凶器として扱える一族の出だということだけ言っておく。名刺で割り箸を割るとか、ページの縁で指を切ったとかなどの究極系だ。彼女にかかれば、その辺の小さな紙切れもナイフよりも鋭い刃と化す。
 そんなつくしの攻撃を鉄平は防いだのだった。そんな彼の右腕には、いつの間にか日本刀が一振り握られていた。一見すると、彼は帯刀しているようには見えない。なのに、どこからか刀が出てきたのだった。
 そして鉄平はつくしとの間合いを詰めるべく前進したが、つくしは扇を振って紙吹雪を彼に向けて飛ばしてきた。だが、鉄平は構わず前進、それどころかさらに加速し、その上なるべくダメージを軽減すべく地面すれすれまでの低い体勢でつくしに接近し、そしてつくしの足目掛けて、横一文字に右手に握った刀を振るった。つくしはそれを飛び跳ねてかわすと同時に、上から折り紙で作られた手裏剣を地面目掛けて投げてきた。対する鉄平は飛び込んで前転し、それらを避け、転がり終えると元の体制に戻るべく立ち上がろうとするも、つくしが扇を鉄平の脳天に向けて振り下ろし、鉄平がそれを防ぐ。扇と刀がぶつかった瞬間、紙と鉄ではありえない金属音が響き、つくしと鉄平による鍔迫り合いが始まった。

 「ふ~ん・・・・思ったよりやるじゃん。ひょっとして、同業者?」
 「俺の場合、対象は人間じゃないけど、まあ、似たようなもんだね」

 そして何秒か経過し、鉄平は立ち上がると同時に一歩踏み出し、つくしは弾かれたように後ろに飛び退いた。二人の距離は再び開いた。

 「ま、これで殺す気で攻撃できる理由ができたからいいや。そっちの腕っぷしがどれくらいか知らないけど、運がよければ死ぬことはないんじゃない?」
 「逆に君が俺を捕らえるために手加減して、返り討ちなんてことになっても知らないよ」
 「ああ。うち、死合って手加減するなんて器用なこと、できないから。だから、全力出さないと、死ぬよ?」
 「ご忠告どうも」

 鉄平とつくし。二人はそれから一言も発することもなく、ジリジリと摺り足で距離を詰め、永遠に続くような膠着状態に陥った。空高く、月が照っていた。



 わたしを抱えているアーチャーさんはアサシンとともに夜の街を駆け抜けていく。もはやわたしは、アーチャーさんに抱えられていることに馴れてしまったようだ。

 「・・・・・・・・・・・妙だな」
 「やっぱり、あんたもそう思うか?」
 「え?何がですか?」

 二人は何かおかしなことに気付いたみたいだったけれど、わたしにはそれが何なのかさっぱりわからなかった。

 「ある程度時間が経っているはずなんだが、それでも追っ手が来ないこと自体がおかしいって話だ」
 「やつらが追ってくることも考慮した上で、某はこの市街地に進路を取ったのだ」

 言われてみればおかしい。確かに、さっきから敵が追ってくるような感じはしてこないし、その敵が現われる前に感じた震えもない。そういえば、さっきからビルとビルの間を通ったりとか、ところどころで曲がり角に曲がったりしていたのはそういうことを考えていたんだ。それだけ警戒していたのに、その敵は追ってこない。
 ということは・・・・・・

 「まさか、先輩の身に、何かが・・・・・・!!」
 「いや。それはないと思うぜ。あのおっかないメイドさんをあんたらの捕獲のためにわざわざ配置したんだ。あいつをメイドさんに任せて、連中がオレたちを追ってくるはずなんだが・・・・・・ま、それでも何人かはメイドさんに加勢するかもしれないけどな。どっちにしろ、オレたちを追ってくる連中が来ていないってこと自体がおかしいんだ」

 結局はわたしたちを追ってこないからおかしい、っていう話になっちゃうんだ。それでも、一人で残っている先輩が心配でしょうがなかった。

 「心配する必要はない。鉄平は主が考えているよりも優れた使い手だ。今は早く到達地点につくことだけを考えよ」

 アサシンはそれだけ言うと先行し、わたしを抱えたアーチャーさんもそれに続いた。よく考えてみれば、先輩は人知れずこの戦いに加わっていたんだ。それは並大抵のことではないことはわかった。何はともあれ、わたしたちは先輩の住んでいる場所へと向かって行った・・・・・・・・・ん?ちょっと待って。わたしたちの向かっている場所って、先輩の家だよね?それで、色々あってわたしはそこで今晩お世話になる、と・・・・・・・・・あ、ああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!そうだ!!わたし、先輩の家に泊まるんだった!わたしが!憧れの!先輩と!一つ屋根の下で!一晩!

 「おい、どうしたんだ?また顔が赤くなっているぞ?」

 それから、わたしは先輩の家に着くまで、ずっと思考回路がショートしたままだった・・・・



[9729] 第五話「終わる一日」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/05/25 03:10
 人も車も通っていない橋の上、そこで狩留間鉄平とつくしは戦いを繰り広げていた。鉄平が刀を振るえば、つくしは手にしている扇でそれを防ぐ。その扇は鉄など一切仕込まれていない紙製、だが彼女が手にすれば、それは鉄扇と化す。
 刀を振るう、扇で防ぐ。刀を振るう、扇で防ぐ・・・・・・そんな攻防が続いていた。一見すると、鉄平が優位に戦いを進めているようだが、実際は一進一退の戦いだ。ある程度間合いが開けば、つくしはダーツの矢と化した紙飛行機を、散弾銃の弾丸の如き紙吹雪を、本物と威力の変わらない折り紙の手裏剣を鉄平に向けて放ってきたからだ。そうなった場合、紙飛行機や手裏剣を問題なく鉄平は避けることができる。だが問題は紙吹雪だ。先ほどの二つは軌道さえ見切れば当たることはないからだ。だが一直線の軌道の二つに対して、紙吹雪は四散して鉄平に向かってくるからだ。
 その際、鉄平は地面すれすれに直進、一気に間合いを詰めた彼はつくしの足目掛けて刀を横薙ぎに振るった。しかしつくしが垂直に飛んだため刀は空を切りってしまった。飛んだつくしは着地する瞬間に、鉄平の後頭部に向けて扇を振り下ろす。しかし叩きつけられたのは、後頭部ではなく背中。鉄平がとっさにずらしたのだ。とは言え、受けたダメージもバカにはできない。そこで鉄平はお返しとばかりに、刀の柄をつくしの脇腹にぶつける。その瞬間、つくしは一瞬だけ呼吸がおかしくなり、今度は鉄平が体全体をつくしにぶつけ、間合いを開け、自分の適した間合いまで詰める。
 それからは、つくしの呼吸も、二人の攻防もほとんど元通りになった。

 「・・・・・・・・・・な~んか、おっかしいな~・・・・・」

 戦いの最中、つくしの間延びした声が聞こえた。確かにおかしい。おそらく、鉄平がおかしいと感じていることは、彼女のものと同じだろう。

 「そろそろ手下どもが来てもいい頃なのに、な~んで誰も来ないのさ?こいつ殺ったらうちが逃げたの追わなきゃいけないじゃん」

 やはり鉄平が感じていた違和感は正しかった。沙織たちが先に行って、かつ戦い始めてから大分時間が経っているにもかかわらず、追っ手である騎馬軍団が誰もその血の色をした姿を見せる者はいなかった。あれだけ追ってきたのにもかかわらず、ここで追撃を諦めるなどありえない。

 「ひょっとして君、見捨てられたとかそんなんじゃないかな?」
 「あ。ありえるかも。うち、一日に何度も怒鳴られているし。それも手帳に書ききれないぐらい」

 鉄平の根も葉もない言葉に同意するつくし。彼女の普段の勤務態度が少し気になってしまった。

 「自覚していらっしゃるのなら、少しは改善していただきたいものですな」

 そのとき、突然この場にはいなかったはずの人物の声が聞こえてきた。鉄平が振り返ると、そこには一人の老紳士の姿があった。

 「狩留間鉄平様ですね。わたくし、そこにいらっしゃいますつくし共々に、守桐家当主であらせます神奈様に仕えております佐藤一郎と申します。どうぞ、お見知りおきを」

 佐藤一郎と名乗ったその老紳士は鉄平に向かって、恭しくお辞儀をすると、つくしのほうへ向き直った。その一連の動作に全く無駄というものなどなく、鉄平もかえって手が出せないでいた。

 「それはそれとしてつくしさん、もう時間は過ぎましたよ。他の皆様方は既に引き上げていらっしゃいますよ」
 「時間?ひょっとして制限時間付きだった、今日?」
 「はい。お嬢様のサーヴァントの能力は大分派手なものですからね。あの力ゆえに、あまり長く時間はかけられない、と。このことは屋敷を出る前に話したはずですが?」
 「あー・・・・・・・そういえば、そうだっけ?」
 「困りましたね。また聞き流していらっしゃったのですか・・・・・・ところで」

 今度は、一郎は鉄平のほうへと向き直った。

 「鉄平様。貴方様はこのまま、聖杯戦争を続行なさるのですか?」
 「それは聖杯戦争から降りろって意味で言っているのか?だったら、答えはノーだ。俺にはそんなつもりは最初からない」
 「やれやれ・・・・・・・これでもしも貴方様の身に何かあれば、空也様に会わせる顔がありませんな・・・・・・」
 「こんなとこでおっさんの名前出すなよ・・・・・・おっさんはおっさん、俺は俺だ。それに、そっちの目的は大体わかるけど、こっちもどうしても聖杯がほしいからな。降りるなんてなおさらだ」
 「やはりあの件が絡んでいらっしゃいますか・・・・・・弱りましたね・・・・・・」

 額に手を当て、困った素振りをする一郎。だが、その目は鉄平の目をしっかりと見据えている。

 「致し方ありません。それでは、この聖杯戦争に関する事で貴方様の身に何かございましても、わたくしどもは一切責任を負いませんので、ご了承願えますか?」
 「くどい。いちいちそんなこと、言う必要ないだろ?」
 「それもそうでしたか。これは大変失礼いたしました」

 一郎が鉄平にそれだけ言うと、くるりと身を翻し、そのまま振り返った方向へスタスタと歩き始めた。

 「つくしさん。もう戻りますよ。お嬢様方がお待ちしておりますぞ」
 「ほ~い」

 気の抜けた返事をつくしがすると、彼女はそのまま一郎についていき、二人とも闇の中へと姿を消した。

 「全く・・・・・・ここの当主もいらないことをするな・・・・・・まあ、らしいといえば、らしいけど」

 二人の姿と気配が完全になくなってから、鉄平は扇で打たれた部分を擦りながら、盛大に溜め息をついたのだった。



 「さて、着いたぞ。ここが鉄平の住処だ」

 アサシンの案内で、ようやくわたしとアーチャーさんは先輩の住んでいる家に到着した。ただ、わたしは最初、普通の一軒家を想像していたけれどそんなことはなかった。というよりも、“家”という表現は間違っているように思えてきた。
 なぜなら、今わたしの目の前にあるのは、この街でも大きな神社である楼山神宮だからだ。わたしやわたしの家族はお正月やお祭りの日ぐらいにしかここに来ないけれど、時折行われる行事だけでなく、周りにある森林や山でハイキングやキャンプを楽しむ人も多くいることから、この辺りは中心街ほどではないけれど、それなりに賑わいを見せるほうだ。

 「へえ。これが神社ってヤツか。知っているのと実際に見るのとじゃ、大分違うもんだな」

 物珍しそうに、アーチャーさんは辺りをきょろきょろと見回していた・・・・って、ちょっと待って。

 「アーチャーさん。今、神社を“知っている”って言いませんでした?」
 「ああ。確かに言ったな。何しろ、オレは日本生まれだからな」
 「え!?」
 「てのは冗談で、実際は聖杯からその時代に合わせた必要な知識を得られるんだけどな」
 「そ・・・・そうなんですか・・・・」

 あ~、ビックリした・・・・・・これでアーチャーさんがもし本当に日本人だったら、上杉謙信が実は女性だったどころの騒ぎじゃないよね・・・・むしろ、歴史どころか人類学を根底から覆しかねない新事実かと思う・・・・

 「ここを回るのは後にせよ。まずは空也殿に挨拶をせよ」
 「空也?」
 「鉄平の叔父で、ここの神主をしている者だ。少なくとも、主たちからすれば某たちよりも信に置ける人物であろう。案内するからついて来い」

 それだけ言うと、アサシンは参道から脇に外れ、わたしたちもそれについて行った。ところで、先輩って親戚の家から学校に通っていたんだ・・・・それと、確かにアサシンたちからすればわたしたちは“敵”かもしれないけど、そこまでいがみ合うほどではないと思うんだけどな・・・・
 アサシンに案内されてから数分もしないうちに、和式の一軒家に到着した。神社の敷地内にある家だから、何か特別な呼び方とかあるんだろうけど、わたしはそういうのは知らない。知っているとしたら、狛犬とか鳥居とかぐらいしか知らない。

 「空也殿。ただいま、戻ってまいったぞ」

 そしてアサシンは、勝手知ったる我が家という感じで入り口の戸をガラガラと開けた。そしてわたしは顔を赤らめてしまった。本日何度目かもうわからない。でも考えてみて。今まさに陰から憧れていた先輩の家に踏み込もうとしているんだよ?それも突然。わたしでなくても、引沼さんだって絶対顔真っ赤にするはずだと思うから。

 「だから、なに顔赤くしてるんだ?」
 「い!いえ!別に!」

 さらに心拍数上昇。おまけに本日オカルティック(?)な現象で出会ったこのアーチャーさん。見た目なんか男性モデルでも十分やっていけそうなこの人に、わたしは何度も抱えられたのだから。
 憧れの先輩と今日出会ったばかりのイケメン・・・・・・こういう人たちと最低でも一晩過ごすというのだから、わたしの何かが持ちこたえられるかが心配だ・・・・・・ある意味、バーサーカーやセイバーよりも強大な敵かもしれない・・・・・・・・

 「おお!アサシン、戻ってきたか」

 すると、奥から男の人の声が聞こえ、その声の主がそこから出てきた。この人が、先輩がお世話になっている空也という神主さんだろう。見た感じは初老を迎えていて、神主さんの服を着たらまさにそれといった感じの外見だ。

 「・・・・・・・ん?アサシン、お前さん一人か?鉄平はどうした?それと後ろのは?」
 「後ろにいるのはアーチャーとそのマスターだ。鉄平は故あって遅れて帰ってくる」
 「ほう。お前さんがたも聖杯戦争に?」
 「え?えっと。わたし、野々原沙織って言います」
 「そのサーヴァントのアーチャーだ。真名は明かせない」
 「ふうむ・・・・・・なにやら、わけありだそうだの。まあ、そこで突っ立っておらんで、こっちに入った、入った」

 そう言うと、空也さんは奥へ引っ込み、わたしたちもようやく建物の中へ入っていった。

 「まず席に着いたならば、空也殿に事情を説明するのがよかろう。今晩はここで世話になるのだからな」
 「確かにそりゃもっともなことだが、そっちが主導権握ってんのが気に入らねえな。ここまであんたやあんたのマスターの思惑通りだ」
 「仕方あるまい。主はともかく、主のマスターはまだ何も知らないことがあるのだから」
 「・・・・・・・・違いないな。ま、それでも癪なのは変わらないけどな」

 アサシンに食って掛かるアーチャーさん。やはりアサシンのことが気に食わないようだ。そのアサシンはさっさと空也さんが行った所へ向かって行った。

 「あの・・・・・・アーチャーさん」
 「ああ。確かにアサシンの野郎とかは気に食わないが、少なくともやつの言うとおり、あのクウヤとかいうおっさんは信用できるみたいだな。それぐらいはわかる」
 「そ、そうなんですか・・・・・・」

 確かに、空也さんはいきなりやってきたわたしたちに対しても、嫌な顔をせず迎え入れてくれているような感じがした。わたしとしては少し申し訳ないような気もするけれど、アーチャーさんが空也さんにいい印象を持ったことに少し安心した。
 それはそれとして、わたしは・・・・・・

 「で?言いたいことはそれだけじゃないんだろ?」

 そうだ。今ここでアーチャーさんに言わなきゃいけないことがあるんだった。わたしは一回深呼吸をして、それから声を出した。

 「あの・・・・!ア、アーチャーさん・・・・!き、今日は助けてくれて、ありがとうございます」

 そう。それがアーチャーさんにわたしが言いたかったことだ。こんなわたしなんかのために、あんなに恐ろしい敵たちに立ち向かってくれたのだから。

 「ああ。なんだ、そんなことか。別に気にする必要はないさ。オレはただ、サーヴァントとしてその責務を果たしているだけ。それにあんたみたいないい女を見事助け出すのも男冥利に尽きるわけだからな」

 アーチャーさんは自分のやったことに、別に鼻にかけるわけでもなく、飄々として返した・・・・・・って、ちょっと待って。今、後半部分なんて言った?

 「え、えーと・・・・・・わたしの聞き違いかもしれないけれど、“いい女”って、わたしのこと、ですか?」
 「そりゃそうだろ。あんた意外に誰がいるんだよ。そりゃまあ、セイバーのマスターも素材は悪くないが、オレから見れば、まだまだお子様だからな。だから断言するぜ。あんたはいい女だ。それともうちょっとハキハキできるようになれば、もっといい女になれるぜ」
 「え?え?そ、そんな・・・・・・・わたしは、わたしは・・・・・・・・・!」

 次第にしどろもどろになっていくわたし。頭の中が熱でとろけそうになっているわたしの頭を、どこまで本気かわからないアーチャーさんがポンポンと叩いて、そして先に空也さんたちのいる奥の方へと行った。わたしはアーチャーさんに叩かれた部分をそっと触った。

 「いい女、か・・・・・・・・」

 そういうことは他人からあまり言われない。けれど、そういう風に言われて悪い気はしないけれど、わたしはそんなことを言われるような人間ではないと思っているし、アーチャーさんが思っているような人間でもないと思う。
 それからわたしは、アーチャーさんたちが待っている場所へと歩き出した。



 会社帰りの時間も過ぎ、車道を行く車の数も数えるほどしか通行していない。そんな暗さに溶け込むかのような黒塗りの高級車が一台、通っていた。その車を運転しているのは守桐家の執事の佐藤一郎、その隣の助手席には当主である守桐神奈、そして後部座席には彼女のサーヴァントであるライダーとメイドのつくしが着席していた。なお、つくしは口からよだれを垂らしながら、だらしなく眠っている。

 「そう・・・・・・やはり狩留間の者も聖杯戦争に参加しているのね」
 「はい。お嬢様」

 鉄平の苗字である“狩留間”は、元々は“狩る魔”の転、つまりは魔を狩ることを生業とする一族だ。無論、鉄平もその末裔であり、これまでにも一般に日本妖怪と呼ばれる魔を駆逐してきた。
 守桐と狩留間はそこまで親交があるわけではない。それはどちらかといえば、狩留間の親戚筋に当たる楼山である。この街で古くから一番大きい神社を構える楼山を通して、狩留間のものは時として、この地にはびこる魔を退治することがたまにある。守桐もこの土地を預かる者として、協力することもある。ただそれだけなのだ。協力はすれども、深入りはしない。そういうスタンスである。
 その狩留間の人間である鉄平がこの街にやって来たのが数年前のことだ。おそらく、何らかの手段でここに聖杯があることを知ったのだろう。

 「それにしても弱ったわね・・・・・・アサシンのマスターが空也さんの親戚で、アーチャーのマスターが巻き込まれた一般人だなんて・・・・・・」
 「何をそんなに悩む必要がある。敵は敵。敵はただ、討ち滅ぼすのみだろう?」
 「そんな簡単に言わないでちょうだい。こっちの気も知らないで」

 頭を抱える神奈の後ろの座席に腕組みしながら座っていたライダーがそんなことを言ってきたもので、彼女はそう返した。

 「確かに、貴様の気なぞ知ることはできぬな。俺からすれば、戦にて戦う者と戦わぬ者を区分する余裕などないに等しいものだ。そして、それらを区分できる余裕などない」
 「確かに、一理あるわ。けれど、アーチャーのマスターに関して言えば、魔術とはおおよそ関係のない一般人よ。そんな人間がこの聖杯戦争に身を投じれば、すぐに破滅するわ」
 「ならば、放っておけばいいものを・・・・それとも何か?後始末が面倒だから頭を抱えているのか?それとも・・・・そのアーチャーのマスターを無傷で日常に戻したいという仏心か?仮に後者だとすれば、貴様が魔術師かどうか疑わしくなるものだな」
 「それは自覚しているわ」

 そしてしばらく、つくしの寝息だけが車内を支配した。それを破ったのは、ライダーの溜め息だ。

 「まあ、いい。これ以上続けても前々のように水掛け論にしかならぬからな。そのマスター共の事は貴様に任せるし、貴様の意に従うつもりだ。何しろ、俺は貴様の“サーヴァント”だからな」

 ライダーはそう不遜に言い切った。このマスターとサーヴァントは今、顔を合わせてはいないものの、その間の空気が張り詰めていた。それを和らげようと、一郎が一つの話題を切り出した。

 「ところでライダー様。お嬢様からお伺いいたしましたが、セイバーとまみえた、とか。それで、如何でしたか?」
 「うむ・・・・・・」

 ライダーはアーチャー・アサシンとセイバーが激突したあの河川敷で、フランスの名門魔術師の出、サラ・エクレールの従えるセイバーに攻撃を仕掛け、実際にそのセイバーと対峙したのだ。
 一郎の問いに、ライダーは一呼吸置いてから答えた。

 「別に悪くはなかったな。セイバーというクラスに違わず、攻守ともに優れていた。ただ、それだけだ」
 「と申しますと?」
 「取り立てて目立った特徴がない、という事だ。確かに、マスターのサポートがあったと言えども、俺が“再現した”配下共と渡り合っていた。それは事実だ」
 「確か・・・・セイバーのマスターはエクレールの者だったわよね?」
 「はい。あの家の者でしたら、当然名の知られた英霊を召喚するものかと存じますが?」

 神奈の確認の言葉を受けて、新たな疑問を投げかけた一郎にライダーが返す。

 「別に、俺はあのセイバーを侮ってはおらぬ。むしろ、奴は俺と同類よ」
 「同類、ですか?」
 「ああ、そうだ。俺の持論になるが、英雄と呼ばれる輩には大体二通りに分かれる。自らの武功で英雄と呼ばれる者、統率者としてその才を発揮し英雄と呼ばれる者だ」
 「ははあ。なるほど。言われてみればごもっともですね。つまり前者が光の御子クーフーリンや完璧なる騎士サー・ランスロットの様なお人達、後者が征服王イスカンダルやライダー様ご自身の様な方々、ということですね」
 「そういうことだな。もっとも、稀にその両方を兼ね備えた奴もいるのだが・・・・」
 「つまり、セイバーもあなたと同じ“統率者”の英雄ということなの?」
 「ああ。俺はこれでも人を見る目はある。だから、それぐらいはわかる」

 ライダーの言葉を受け、神奈は顎に手を当てながらぶつぶつと呟き始めた。

 「・・・・・・セイバー・・・・・・・・フランス・・・・・・・・統率者・・・・・・」
 「お嬢様。思索は後になさって、今日はもうゆっくり休まれては如何でしょうか?」
 「そうね。それじゃ、そうすることにするわ」
 「この後どうしようが貴様の勝手だが、せめて明日どうするか決めてからにしてはどうだ?」
 「確かにそうかもしれないわね・・・・・・それじゃあ・・・・・・」

 それからは、つくしの寝息が車内に響く。



 居間に着いたわたしたちを、空也さんがお茶を用意して待っていてくれた。わたしとアーチャーさんが席に着き、それからわたしは今日学校帰りに起きたことを空也さんに話した。

 「ふーむ・・・・・・成る程のう・・・・それは災難じゃったな。確かに鉄平の言うとおり、聖杯戦争の最中は家に帰るのはよした方がいいじゃろう。後で家に電話をかけるといい」
 「はい。わかりました」

 とりあえず、一段落したら携帯電話で家にかけよう。それはそれとして、まだ聖杯戦争に関してわからないことが多すぎる。聞いても大丈夫かな・・・・・・?

 「まあ、突然こんなのが出てくりゃ、わけがわからなくて当然じゃな。とりあえず、わからんことがあればワシに聞いてみ。ワシに答えられる範囲なら答えるぞい」
 「こんなので悪かったな」
 「すまん。言葉の綾じゃ」

 わたしの意を察してくれたのか、空也さんはそんなことを言ってくれた。とりあえず・・・・

 「なんか、これ聞くのも気が引けるような気がするんですけれど、どうして聖杯戦争なんていうものをやっているんですか?」
 「あんた。それ、オレがバーサーカーから逃げたときに・・・・」
 「アーチャーさん、そうじゃないんです。魔術師たちが聖杯を欲しがっているっていうのも聞きましたけれど、どうして聖杯なんていうものがあるんですか?」

 よく考えたら、聖杯っていったらキリスト教の伝承とかアーサー王伝説のようなヨーロッパの伝説に出てくるものだっていうのは知っている。でも、それがどうして日本にあるのかが不思議でしょうがなかった。

 「まあ、結論から言えばこの街にある聖杯は贋物じゃからな」
 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・はい?」

 今、なんて言ったの?贋物?贋物って、どういう・・・・・・?

 「お前さんが言いたいこともわかる。しかもこの街の聖杯はさらに性質が悪いことに、贋物の贋物じゃからな」
 「え?え?え??」
 「空也殿。少し、説明の仕方が悪かったのではないのか?」
 「む。そうか。そうみたいだの」

 アサシンに言われて、極まりが悪そうにする空也さん。そこで咳払いをして、話を切り直した。

 「あー、まあ要するにあれじゃ。贋物というよりは模造品、と言った方がわかるかの?お前さんは全く使い物にならん粗悪品のほうを思い浮かべたじゃろ?」
 「え?ええ、まあ・・・・・・」
 「確かにこの街の聖杯は本物ではないが、どんな願いでも叶える事ぐらいはできる。それだけの力を秘めておるんじゃよ」

 贋物って言われると、海賊版みたいなものを想像してしまった。でも本物ではないにしても、アーチャーさんたちを呼び出すだけでなく、色んな願いを叶える力を持っているという聖杯。だからこそ、逆に疑問が深まってしまう。どうして、そんなものがこの街にあるのかを。

 「一体、どうしてそれがこの街に・・・・・・?」
 「ああ、少し話がずれてしまったの。厳密に言えば、“あった”んじゃなくて“作られた”んじゃ」
 「つ、作られた・・・・・・?」

 せ、聖杯って、作れるものなの・・・・・・?でも、逆にそっちのほうが、最初からこの街にあったという事実よりしっくりくるかもしれない。

 「聖杯の力を使って英霊を呼びだすっちゅうやり方は、本来はとある街にある聖杯にしかできない機能じゃったんじゃが、そこの名前は何っていったかのう・・・・?まあ、名前は別にどうでもいいわいな。とにかく、重要なのはこの街の聖杯はそこの街の聖杯を元にして作られたっちゅうことじゃ」
 「一体、誰が何のために・・・・・・?」
 「何のために、というのは少し答えにくいわい・・・・何しろ、少しややこしい話になるし、ワシも全部把握しとるわけじゃないからのお。まあ、作ったのはこの土地の管理人である守桐。この一族とワシは顔馴染みでな、わしが魔術師の事情に詳しいのもこういう繋がりがあるおかげでもあるわけじゃが、もう一つは・・・・・・なんじゃったか?確かフォルクスワーゲンみたいな名前の魔術師の一族じゃったな・・・・とにかく、叶えたい願いや目的があって聖杯を作ったことだけは確かじゃ」

 守桐って、たしかわたしたちを待ち構えていたつくしっていうメイドさんとそれを迎え撃った先輩の会話で出てきた名前だったような・・・・それにしても、空也さんがその人たちと馴染みがあるのにわからない部分もあるなんて、魔術の世界も一筋縄ではいかないみたいだ。

 「確か聖杯を作った大本はその何とかという一族で、守桐はそれに必要な土地を提供したんじゃよ」
 「つまり、その何とか一族が聖杯を作るためにこの街を選んだ、っていうことなんですか?」
 「そうじゃ。もう何十年も前の話じゃがな」

 その二つの魔術師一族が作り上げた聖杯によって引き起こされたこの戦い・・・・そんなことがつい最近の出来事ではなく、昔からもあったことに驚きはしたけれど、初めてそれに遭遇したときほどの驚きではない。やはり、それが鮮明すぎたからだろうか。
 その聖杯にはあらゆる願いをかなえる力があるという。詳しくはわからないけれど、守桐やもう一つの魔術師一族にサラもそういう願いがあって、この戦いに加わっている。それじゃあ、先輩はどうなの・・・・・・?

 「それじゃあ、どうして先輩は聖杯なんていうものを・・・・・・」
 「その先輩とやらが帰ってきたみたいだぜ」

 それまでお茶を啜っていたアーチャーさんがそう言った途端に、居間の戸がガラッと開き、この場に先輩が入ってきた。

 「人がいない間に随分と話が進んでいるんだな」
 「おお、鉄平。戻ってきたか」
 「先輩!その、大丈夫でしたか?」
 「ああ、大丈夫だよ。致命傷になるようなものはないから」

 よかった・・・・・・先輩が無事だったことがわかり、ホッとした。

 「それで、どうするのか決めたのかい?」
 「え?」
 「だから、聖杯戦争を抜けるかどうか、だよ」
 「なんじゃ?この子は参加するかどうか決めてなかったんかい」

 わたしと先輩のそんなやり取りを見た空也さんは意外そうにした。そういえば、先輩のこの問いは何もいきなりのことじゃなかったんだ・・・・それがサラたちに遭遇してなあなあになってしまったけど。

 「もうわかっていると思うけど、これは安易なサバイバルゲームなんかとわけが違う、純然たる命のやり取りだ。生半可な覚悟で挑めば、それだけ死ぬ確率が大きくなる」

 それはもう十分にわかっている。バーサーカーやセイバー、謎の血の騎馬軍団を前にすればいやというほどそういうことを思い知らされることになるし、それにアーチャーさんやアサシンも正直恐ろしい部分はあると思う。
 わかっているけれども、頭がごちゃごちゃになっていて、口が詰まってしまった。

 「この神社がここの管理人と懇意にしていることは聞いたかい?」
 「は、はい。確か、管理人の名前は守桐っていう魔術師なんですよね?」

 少しどもりながらも、何とか声を出すことができたわたしに先輩は頷いた。

 「そうだよ。ここに来る前にも言ったけれど、この神社は中立だ。その守桐が聖杯戦争に巻き込まれた人やサーヴァントを失ったマスターの避難所みたいな役割をこの神社に与えたんだ。君がどっちを選ぶにしても、聖杯戦争が終わるまではここにいたほうがいい。ただ、抜けるかどうかは明日の晩までに決めてほしいんだ。時間は十分にあるから、じっくり考えてくれ」

 それからこの場は誰もが押し黙ってしまった。今、この場で答えを出してもまともに思考の働かない今の状態ではまともな答えなんか出せそうにもないし、多分今出すべきでもないと思う。ともかく、今晩はどのみちここで過ごすわけだから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え~と、今、とてつもなく重大なことに気付いてしまった。多分、それはアーチャーさんや先輩と一つ屋根の下で一晩過ごす以上に厄介なことだ。その事実に気付いてしまったせいで今度は、頭に熱がこもってしまい、別の意味でまともに考えを巡らせることができなくなってしまった。
 沈黙は思わぬ形で、あっさりとわたしによって打ち破られた。それには、ほんのちょっぴり勇気が必要だったけれど・・・・・・

 「あ、あの~・・・・・・一つ、伺ってもよろしいでしょうか?」
 「ん?どうしたんだい?」

 え?せ、先輩が受け答えするの!?てっきり、空也さんがそうするものかと思ったけど・・・・

 「え・・・・えーと、この近くにコンビニって、あります?」
 「?ここを出て右にまっすぐ行ったところに一件あるけど?」
 「そ、そうなんですか・・・・・・じゃあ、そこに行っても、いいですか?」
 「でも、そこは歩いて15分かかるし、一人で出歩くには色々と危険だけど・・・・」

 先輩がそう言うと、黙って座っていたアーチャーさんがスクッと立ち上がった。

 「よし、わかった。それだったらオレがついていってやるよ」
 「え?じ、じゃあ、できればちょっと離れてくれたら、ありがたいんですけれど・・・・」

 これからわたしが買う物が買う物だから、あんまりピッタリとついてこられても困る。むしろそれはアーチャーさんでなくても、先輩でもアサシンでも困る。それでも、アーチャーさんは詳しいことはよくわからないけれど、レーダーみたいな感知能力があるから、離れていても大丈夫だとは・・・・・・

 「別に近かろうが離れていようが構わないし、あんたが何を買うつもりでいるのかも詮索したりはしないさ。たとえ、あんたが白だろうが水色だろうが黒、は種類にもよるか。けど、赤だけは似合わないと思うから、それだけは買うのはよしな」

 その瞬間、わたしの頭の中は大爆発を起こしてしまった。その証拠に空也さんはそそくさと奥へと引っ込んでしまい、アサシンは我関せずの姿勢を今まで以上に貫き通している。そして先輩は・・・・・・正直、今直視することはできない!わたしは勢いのまま、今から出て行った。出て行くときに「誰も何を買うのか言ってないけどな」というアーチャーさんの声が聞こえたけれども・・・・・・
 一度廊下に出たわたしは、先ほどのアーチャーさんのとんでも発言で頭が爆発したせいか、こんがらがっていたそれが少しは平静を取り戻したみたいだった。それから、先輩の言葉、聖杯戦争を続けるか抜けるかの選択を迫る言葉が何度かわたしの頭の中で反芻した。先輩の本心は多分、わたしに聖杯戦争から降りてほしいんだと思う。そうじゃなければ、何度もそういうことを促す言葉なんて言わないはずだから。
 確かに、聖杯戦争は怖い。バーサーカーやその背後にいるキャスター、セイバーにサラ、謎の騎馬軍団につくしというメイドさん、アサシンどころか先輩にアーチャーさんでさえも・・・・・・正直、聖杯戦争から逃れたいという気持ちももちろんある。けれど、どういうわけか、わたしの中の何かがそれを拒否しているような感じさえする。どうして?
 聖杯戦争に参加したからという義務感から?少なくとも、そんなものじゃない。叶えたい願いがあるから?そんなものはないし、そういうものはわたしが持つべきではないと思う。バーサーカーみたいなのから関係のない人たちを助けたいという正義感?これも違うような気がする。確かに、そういうのを見過ごせないかもしれないけれど、何かが違うような気がする・・・・その“何か”が何なのかは、今はわからない。それがこれからわかるかどうかは怪しいけれど。
 せめて、それがわかれば・・・・・・そういうことを頭の中で巡らせながら、わたしは廊下を歩いていた・・・・



 沙織が居間を出てからしばらく経ったころのことだった。アーチャーは頭をかきながら「少し悪ふざけが過ぎたか」というようなことをボヤきながら、沙織に遅れてから彼女の出て行った戸を抜けていった。
 その間、鉄平は呆気に取られていた。何で沙織が顔を赤くして出ていったのかも、皆目検討がついていないようだった。

 「・・・・・・・何だったんだ、一体?」
 「分からぬか?」

 わけがわからない、といった感じの鉄平にアサシンが声をかけた。

 「一体、何がどういうことなんだ?」
 「それを某の口から言え、と?」
 「わかっているんじゃなかったのか?」
 「分かっている。だが、某の個人的感情として口にしたくない。それだけだ」

 黙秘するアサシンをねめつける鉄平。それが本人たちの感覚で一時間続いているようだった。

 「そこまでして知る必要性は?」
 「ない。けど、気になるものは気になる、個人的な感情として」
 「・・・・・・・・それぐらい自分で考えろ。彼女の今の状況を鑑みれば、自ずとわかろう」

 鉄平は頭を捻らせた。考えてみると、沙織はいきなり聖杯戦争に巻き込まれて、この神社に来る羽目になった。その上でここに寝泊りすることになった。どれだけの日数なのかは不明だ。では、その間は・・・・
 鉄平は少し、恥ずかしさを覚えてしまったが、当のアサシン本人は素知らぬ顔だ。しかも、いきなり話を切り替える始末。

 「アーチャーのマスターが聖杯戦争を抜けるか否かに関して、一晩かけて考えろという話だったな?」

 だが、鉄平は自らのサーヴァントに返事をしなかった。

 「時間というものは有るようで無いに等しい。十分に時間が有ると思えば、気付けばその時間も残り僅かとなることもある。益、無益問わず、だ。光陰矢の如し、とはこの事よ」
 「・・・・・・・・・・何が言いたい?」
 「時間を必要としているのはアーチャーのマスターだけでなく、むしろ鉄平。主も同じではないのか?」

 思わずアサシンの言葉に鉄平は一瞬押し黙ってしまう。その上、アサシンはまた話をずらす。

 「某としては、アーチャーと組んだほうがこの聖杯戦争を有利に進められると考える。奴の索的能力は並外れている上に、アーチャーのクラスに恥じぬ狙撃能力の持ち主であるからな。奴の性質こそは好かぬが、あれとて三騎士クラスの一角。それなりに戦略に幅が広がるだろう」
 「・・・・・・・・それで?」
 「仮にアーチャーと組まぬにしても、一組脱落するだけでも聖杯戦争の進行は大いに変わってくる。アーチャーの腕は確かだが、マスターがあれではこの先思いやられるだろう」
 「お前の言うとおりだ、アサシン。だから俺は野々原さんに脱落を薦めている」
 「本当にそうなのか?」

 鉄平の言葉をいぶかしむアサシン。アサシンの目は鉄平の目を見据えていた。

 「何故、再三に渡り脱落を促す?」
 「・・・・・・・・・お前も知っているだろう。学校の後輩だからだよ」
 「後輩、か。某の勘違いでなければ話しかけたのは今日が初めてだと思うが?」

 そのとき、鉄平は思わず目線をアサシンから逸らしてしまった。それでもアサシンは構わず続ける。

 「そんな人間にどうしてそこまでして脱落を薦める?百歩譲って、単純に学校の後輩だからか?それとも、似ているからか?」
 「アサシン!!」

 鉄平は思わずアサシンに向かって怒鳴ってしまう。それでも、アサシンにたじろぐ様子は一切なかった。

 「空也殿が飯の支度を終える頃には、アーチャーとそのマスターは帰ってくるだろう。それまでに、その張った顔を緩めることだ」

 先ほど、空也が奥へ行ったのは、そういうことだった。今の鉄平はどちらかと言えば落ち着きを取り戻しているのだが、納得はしていない様子だ。

 「主もアーチャーのマスターがどの様な答えを出しても、それを受け入れる準備だけはしておくのだな」

 アサシンが言い終わると、鉄平は後ろを向いた。

 「どこへ行く?」
 「風呂だ。野々原さんたちが帰ってくるまで時間はかかるだろうから、先に済ませてくる」

 そう言って、鉄平は部屋を後にしようとすると、アサシンは彼に声をかけた。

 「鉄平よ」
 「わかっている。どっちみち俺は誰にも勝ちを譲る気なんて毛頭ない。俺は絶対に聖杯を手に入れなきゃいけないんだ」
 「無論だ。某は主の影。影は実体に付き従うもの。某は主の影として、主を勝たせる。それだけだ」
 「そうか・・・・・・いつもすまない、アサシン」
 「気にするな。某はサーヴァントとして、その責務を果たしているだけだ」

 そんなやり取りを終えると、鉄平は居間を出て、その戸を閉めた。



 「そうか。とうとうアーチャーが召喚されたか」
 「ああ。これで今回のサーヴァント全てが揃ったというわけじゃ」

 暗室に響く木製の盤に何かが打たれる音。それは交互に小気味よく響く。

 「まあ正体は大体掴めておるが、あれだけで断じるは愚者のやること。だが一つ確かなのは、奴が優れた弓の使い手だということじゃ。それに他に言うなれば・・・・」
 「別に特定は急ぐ必要などない。何しろようやっとサーヴァント七騎がこの地に集結し、聖杯戦争もついに本格的に始まったのだ。せっかくの聖杯戦争なのだからゆっくり楽しまねば」
 「そうか。じゃが、こちらの方はこれで終わりそうじゃが?ホレ、王手じゃ」

 老成した口調の男の言葉の後にピシャリと将棋の駒が打たれる。対局している二人の顔はよく見えないが、うっすらと見える盤上の形勢は明らかに老成した口調の男の側が圧倒的優位に立っていた。

 「これで投了か・・・・・・フム、やはりこの手のゲームでお前に勝てる者などこの世に存在しない、か」
 「負け惜しみを。これでもこちらは六枚落ちで相手してやったのじゃぞ?」
 「にもかかわらず、それで勝つお前にはただ、感嘆するしかないものだ。ハンデなど、あってないようなものだ」
 「そうは言うが、負けるとわかっていてわしに将棋で挑もうとするお前の気が知れん」
 「勝ち負けなどどうでもいい。ただ、今日は将棋を楽しみたかった。それだけだ」

 もう一人の男の方は負けたにもかかわらず、どこか満足げな口調だった。本当にこの男は将棋での勝ち負けよりも、将棋そのものを楽しんでいたようだ。そんな男の様子に、老成した口調の男がやや呆れてしまった。

 「楽しみたかった、か。それで?聖杯戦争でもただ楽しむだけなのか?」
 「確かに聖杯戦争は存分に楽しむつもりだ。だが、楽しむからには真剣に取り掛からねばならないし、むしろ私が勝利を収めねば意味がない。そうでなければ、せっかくの我が望みも叶わないからな」

 そう言ってすっと立ち上がった男は、単に享楽に耽っているわけではなかった。現に、将棋では負けてしまったが、その勝負内容は決してボロ負けというわけではない。要所要所で相手の攻撃を凌ぎ、かつ相手に肉薄していたからだ。それにもかかわらず負けてしまった。相手がこの手の勝負においては強すぎたのだ。
 立ち上がった男はそのままカーテンの近くまで歩き出し、そしてそれを開けた。月明かりを浴びたそのバスローブを纏った後姿に金糸の髪が映える。

 「さて・・・・・・私を落胆させないでおくれよ」

 サファイアのような蒼い瞳がネオンに輝く夜の幌峰の町を見下ろす・・・・



[9729] 第六話「晴れ間の二日目」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/09/03 03:07
 小学校の学習発表会。それは誰の記憶にも思い出として刻まれていることだろう。
 どういう記憶かは人それぞれだが、当時としては小学校における大きな行事の一つといってもいいだろう。劇の舞台に立つ子供、劇に欠かせない音楽を奏でる子供、その役割は多岐に渡る。それでもやはり、劇の主役を演じる子供が一番注目を集めることだろう。
 とあるクラスの学習発表会の劇でヒロインを演じる役に二人の少女が立候補した。そのヒロインの役に選ばれたのは無論、一人だけ。落選したもう一人の少女はそのことにそれほど気にも留めなかった。なぜなら、ヒロインに選ばれたその少女の将来の夢は女優である。そのことはこのクラスの誰もが知っていたし、その熱心さも同様である。だからだろう、生来のおとなしい性格も手伝って少女はあっけらかんとしていたのは。
 それでも未練がましいわけではないが、そのヒロインの役を演じてみたかったという気持ちはある。あまり人前に出ないこの少女が持つ一種の憧れ、とでも言うべきだろうか。
 学習発表会の数日前、ヒロインに選ばれた少女は自宅の階段から落ちてしまい、大怪我を負ってしまった。そこで急遽、ヒロイン役に立候補していたもう一人の少女がその役をやることになった。
 結果、劇は成功。少女は見事憧れていたヒロインの役を演じることができた。しかし、少女の気持ちは決して晴れやかなものではなかった。なぜなら、本来ヒロインを演じるはずだったその少女はその怪我が原因で二度と歩けない体となってしまった。同時に、彼女の夢が絶たれてしまったことも意味する。
 本来のヒロイン役が夢を絶たれ、代役が明るい照明の下で演技をしていたことに対する後ろめたさなのか、それともいまだにヒロイン役を演じてみたかったと思っていたからなのか・・・・・・一つ確かなのは、舞台に立っていたヒロインの心の奥は明かりのない客席よりも暗いものだった・・・・・・
 この学習発表会以降、少女が劇の舞台に立つことはなかった。



 「・・・・・・・・・・う、う~・・・・・・・ん・・・・・・・・・・」

 頭がぼんやりしたまま、わたしは布団の中から這い出た。それからほどなくして、わたしはすぐに気付くのだった、今自分がいるのは、自分の家の自分の部屋の自分の布団の中で寝ていたのではなく、狩留間先輩の家の空也さんが用意してくれた部屋の布団の中で寝ていたことに気付いた。布団から這い出たのも、わたしがシローを散歩に連れて行くはずだったからだ。きっと、今頃はこのかが散歩に連れて行っているだろうと思うと、少し申し訳ない気持ちになった。
 わたしが先輩の家で朝を向かえることになったのも、わたしが聖杯戦争という魔術師の儀式に巻き込まれたからだ。それはわたしが学校帰りにバーサーカーという大男が殺人をしていたところを目撃したことをきっかけに、どういうわけかアーチャーというわたしの味方であるサーヴァントを召喚し、それからアサシンを連れた先輩に遭遇すると、サラという魔術師、そんな彼女が従えるセイバーと対峙して、そこへ突然謎の騎馬軍団が乱入してきて、そこから逃れた後で先輩がお世話になっているこの楼山神宮へ身を寄せることになった。
 聖杯戦争の目的はあらゆる願いをかなえるという聖杯をその手中に収めることにあるという。でも、わたしはそんなのにははっきり言って興味などない。けれども、心のどこかでこの聖杯戦争を戦い抜かなきゃ、とも考えている自分がいる。わたしは今でもそのはっきりとした答えを出せないでいる。先輩はわたしが聖杯戦争に関わるのをよく思っていないので、わたしに今晩中に聖杯戦争を続けるか否かの答えを出すように言われている。
 無論、わたしが今楼山神宮にいることを昨日おばあちゃんの絹に電話で知らせた。おばあちゃんはもちろんわたしのことを心配していたけれど、わたしが聖杯戦争のことを省いたにもかかわらず(このことは基本的に秘密にしておかなきゃいけないらしい)、わたしがそこへ泊まることを知らせると、「そう。それじゃ気をつけてちょうだい。それと神社の人たちにもよろしく伝えて」と言ってきた。わたしはどうして泊まることになったのか聞かれると思ったんだけど、逆に聞かれもしなかったのであの時は少し呆気に取られてしまった。本当にわたしのおばあちゃんは少し呑気だな、と思った。きっと、このかのほうはわたしがいないことで駄々をこねていそうだけれど。その様子をシローが冷めた目線で眺めている光景が目に浮かんだ。
 などと、寝起きで鈍い頭を活性化させる意味を兼ねた回想を終えたわたしは部屋を出たのだった。

 今、わたしが目の前にしている洗面所。ここに立ち合わせているこの瞬間がわたしにとって、一番憂鬱な瞬間だ。わたしは“洗面所”が苦手というよりも、そこにある“鏡”が苦手だ。どうして苦手なのかはここではあえて伏せるけれど、とにかくそのせいで美容室だとか、服屋の更衣室にある鏡だとか、他にも鏡のある場所はいくらでもあるけれど、とにかくわたしは極力それを目にしないようにしている。けれど、洗顔や髪の手入れをするときなど、どうしても鏡を直視しなきゃならない場面もあるから困る。もっとも、髪のボリュームは少ないほうなので、あまりそれに時間がかからないのが幸いだけれど。
 そうしてそれら全てが終わってわたしが洗面所を出た、そのときだった。

 「思ったよりも早かったのだな」

 廊下には作務衣を着た痩身の男の人がいた。えーと・・・・・・その白髪交じりの髪とその鋭い目つき、もしかしなくても・・・・・・・・

 「あ、アサシン・・・・・・・さん?」
 「アサシンで良い。余計な敬称など、必要ない」

 やっぱりアサシンだった。いつも覆面をしていたので、逆に素顔だとすぐに判別するまで時間がかかった。一応、わたしたちがお世話になっている形だから“さん”付けをしたけれど、アサシン本人はそういうのは好ましくないみたいだ。

 「安心せよ。主は今のところ、客人だ。某はそこまで外道に落ちてはおらぬ。仮に某が主に何か危害を加えようものならば、アーチャーが黙っておらぬからな」
 「は、はあ・・・・・・」

 そんなことは一切頭になかったので、返事に窮してしまったせいで、気の抜けた返事しかできなかった。すると、アサシンが軽く溜め息をついた。

 「・・・・・・・・警戒心がなさすぎるのも、困りものだな。これでは、今日一日無事で過ごせるかどうか、危ういぞ」
 「あ、はい。すいません・・・・・・・・」

 思わずわたしは謝ってしまった。確かに、どちらかといえばわたしは危機感が薄いほうかもしれない。それは聖杯戦争とかそういうのを抜きにして、だ。つまりは呑気ということだ。そう考えると、昨日生き延びられたのはある意味奇跡的かもしれない。

 「まあ、良い。必要ないかもしれぬが、一応居間まで案内するぞ。朝食の用意ができている」
 「あ。はい、わかりました」

 そう言って、わたしはアサシンのあとについていく。よく考えたら、他から見たらこの時点で危機管理がなっていないのかもしれないけれど。
 ここで余談になるけれど、この楼山神宮は何か霊的な結界が施されているらしい。けれど、ここの神主である空也さんはそういう力がないので、定期的にその道の人が点検みたいなことをしているらしく、またここで働いている巫女さんの何人かもその力を扱える人が微調整を行っているらしい。といっても、ここの巫女さんの多くは特別な力なんてない一般人が大半らしいけれど。
 そんなこんなで、わたしとアサシンは居間の前に着いた。

 「失礼する」

 そう言ってアサシンは戸を開けた。

 「ああ。アサシン、野々原さん。おはよう」
 「おお、待っておったぞ」
 「悪い。先に食ってたぜ」

 和風の朝食ののった食卓を囲む先輩に空也さんにアーチャーさん・・・・・・ん?アーチャーさん?そういえば、昨日の緑色の服じゃなくて、今の若い人たちが着ていそうなカジュアルな服に身を包んでいるのもそうだけど、普通に箸を持って、普通にごはんを食べている・・・・・・それも、結構な勢いで。

 「えーと・・・・・・確か、サーヴァントって食事、いらないんでしたっけ?」
 「まあな。一応オレたちは魔力で動いているわけだから、それで十分事足りるわけよ。食事はあくまでおまけ、みたいなもんだ」

 このあたりの説明は実は、昨日アーチャーさんから聞いた。何で食事を取っているのか、なんとなく心当たりはあった。アーチャーさんによると、サーヴァントは霊体化、つまり姿を消すことができるらしく、そのためにはマスターとサーヴァントを繋いでいる魔力を一時的にカットすることでそれが可能らしい。でもわたしにはそんなことができるはずもないし、やり方だってわからない。そんなわけで、昨日の買い物のときは、アーチャーさんは遠距離からわたしを見守る形となってしまった。そういえば今思い出したけれど、昨日の晩もこんな形で食べてたっけ?

 「それにしてもこれ、うまいな」
 「そうか、そうか。そう言われて悪い気はせんの」
 「それでもうまいもんはうまいんだから仕方ないだろ。悪い、おかわり」
 「ほい」

 そうしてアーチャーさんはお茶碗を、褒められて気分がよさそうな空也さんに差し出す。そして箸の進む勢いもすごい。

 「呑気なものだな。主のマスターが某の近くにいたにもかかわらず、主本人は飯か」
 「あんたに害意がないのは明白だ。それぐらいはわかる。それに、飯云々に関していえな、あんただって毒味とか言って食ってるだろ?」
 「仕方なかろう。必要な処置だ」
 「必要?クウヤが作っているんなら問題ないだろ?それに、毒味って一膳も食って、しかも普通におかわりもするもんなのか?」

 それから、アサシンはぐうの音も出なくなってしまった。いつもは黙っているけれど、この黙り方はちょっとどうかと思う・・・・・・・サーヴァントって、本当に食事いらないんだよね?

 「それにしても、程々にしてもらいたいんだけれど?このままじゃ野々原さんの食べる分までなくなるぞ」
 「言われなくたってこれで最後だよ。少し口惜しいけどな」

 先輩に釘を刺され、最後のご飯を口に運ぶアーチャーさん。本当はサーヴァントも普通に食事するんじゃないのかな?

 「それにしても、いい食いっぷりじゃの」
 「全くだよ・・・・食べるんなら食べるで、ちゃんと味わってほしいけれどね」
 「ちゃんと味わっているぜ。いくら飯がまずくても、腹におさまりゃそれでいいって考えていたあの頃のオレがバカらしくなってきているんだからな」
 「そうか。それなら、腕の振るい甲斐があるってもんじゃ」
 「お。それだったら・・・・・・」
 「先ほどこれで最後と言ったのはどこの誰だ?」
 「チッ・・・・・・・!」

 アサシンにも釘を刺され、心底残念そうなアーチャーさん。とにもかくにも、わたしはようやくのことで食事の席に着いた。幸い、わたしが食べる分はちゃんと残っていたため、なんとかわたしは朝食をとることができた。



 朝食を終えた沙織と鉄平はそのまま学校へ向かうこととなった。二人とも常に危険と隣り合わせである聖杯戦争に参加していることを考えれば、このまま日常生活を送ることは難しいはずだ。だがそれでもあえていつも通りの生活を送るのにはいくつか理由がある。
 まず、二人は魔術師ではないからだ。魔術師は自らがそうであることを誰にも知られてはいけないのだが、沙織も鉄平もそうでないため、そういった負担は一切ないのだ。もっとも、鉄平の生業に関して言えば、魔術師のそれと大差ないのだが、これ以上は込み入ったことになるので割愛させてもらう。
 何度も言うが、魔術師の基本は“秘匿”だ。だからこそ、余計に目立つ白昼に事を起こすことはほとんどない。だが稀に例外、例えば人心をわきまえない外道などはそんなことはお構いなしに襲撃してくることも十分に考えられる。そこで学校にもそういうマスターがいないかどうか確認する意味も込められている。また、いきなり学校を休んだとなれば周囲が不審がるのも大きな理由の一つだ。
 そういうことなので、鉄平と沙織は一路学校へと向かって行った。なお、鉄平は自転車通学、しかも学校まで一時間の距離であるため、沙織を乗せて走行することとなった。
 言うまでもないが、沙織は当然のことながら頭を沸騰させてしまっている。

 「で、アサシン?あんたはあの、テッペイだっけ?そいつの近くにいなくていいのか?」

 沙織と鉄平が既に神社の敷地内から出て行ったのにも関わらず、アーチャーとアサシンはまだ鉄平たちが生活している家屋の前に立っていた。そしていまだにカジュアルな現代風の服装のアーチャーに対して、作務衣から昨日の忍装束の姿となっているアサシンが答えた。

 「問題ない。某の足ならば、この程度の距離すぐに縮められる。主とて同じであろう?」
 「まあ、違いないな」

 サーヴァントとマスターは魔力で繋がれている。そのためか、互いにある程度の位置を把握できるのだ。それを抜きにしても、アーチャーは“超感覚”の持ち主。何キロも先にあるものを見分けられるだけでなく、僅かな音や臭いまで判別し、あまつさえ僅かな振動さえも感じ取ることができる。
 つまり、人並みはずれた視覚などの五感を有しているため、かなり精度の高い射撃能力を持ち、気配遮断をしていたアサシンの位置を特定することを可能としたのだ。

 「さて・・・・今度はこちらの質問に答えてもらおう。何ゆえ、主は食事をとった?」

 あまりにも突拍子もないアサシンの問いに、アーチャーは一瞬呆気にとられてしまったが、その一瞬のうちに元の調子に戻って答えた。

 「うまいもんを食うのに理由なんているのか?そりゃ、オレが生きていた頃はうまいだのまずいだの言っていられなかったわけだが、こうやってうまいもんを食える時代になっただけ、ありがたいってもんだからな」
 「・・・・・・・・はぐらかすつもりかどうかは知らぬが、ではもっとわかりやすく問おう。魔力の供給が十分に行われているにもかかわらず、何ゆえ食事を必要とする?」
 「ん?やっぱり気付いていたか・・・・それなんだよなあ・・・・」

 アサシンの言及にアーチャーはばつが悪そうに頭を掻く。

 「別に隠すつもりはなかったんだが、特に深い意味はないんだぜ?何しろ、魔術に関してとびっきりの素人のくせして、魔力量は一流の魔術師以上だからな。だから、飯を食うのはうまいから以外に答えようがないんだぜ」
 「本当にそれだけが理由か?」
 「くどいな、あんたも。ま、それぐらいでなきゃアサシンのサーヴァントは務まんないか。けど、飯云々の話をするんだったら、あんたも人のことは言えないと思うがな」

 アーチャーのどこか軽い発言にアサシンはなおも問い詰める。それから両者の間には僅か数秒の思い沈黙がのしかかった。

 「・・・・・・・・ふん。まあ、どうしようが主の勝手だ。だが、手遅れになっても某は知らぬぞ」

 それだけ言うと、アサシンはその場で跳躍し、その姿は木陰へと消えた。

 「手遅れ、なあ・・・・・・」

 アーチャーも遅れて歩き始めたが、ほんの一瞬立ち止まった。

 「・・・・・・・・・気のせいだといいんだがな」

 そしてその姿は森の中へと消えていった。



 今、わたしは先輩の自転車の後ろに乗っている。それも、先輩から後ろから抱きつく形で。マンガなんかでよく自転車の後ろに乗るとき、今のわたしみたいな形じゃなくて体の正面を横に向けて乗る乗り方があるけど、はっきり言って、あれは危ないし、怖い。そういうことなので、今こんな体勢である。
 そもそも、自転車の二人乗り自体が危ないけれど。
 でも、今とてつもなく気まずい。わたしは当然のことながら思考が働かず話しかけることなんてできないし、先輩も先輩で一言も喋んない。まあ、わたしがこういう状態で運転する側だったら、運転するのに集中して話しかける余裕なんてないけれど。

 「思ったよりも走りにくいな、二人乗りって」
 「・・・・・・・・え?え、ええ!はい!そうですね!」

 先輩の何の前触れもない言葉でわたしはなぜか大いに取り乱してしまった。

 「?いきなり慌ててどうかした?」
 「そ、そうですか!?き、気のせいですよ!あは、あはははは・・・・・・・」

 先輩が何か喋るたびに背中が僅かに動くのを肌で感じながらも、わたしは変に取り繕いながら乾いた笑いしかできなかった。

 「そう。なら、いいけど・・・・・・」

 そして、再び会話が途切れてしまった。うう、気まずい・・・・・・・まさか、学校に着くまで、ずっとこの状態じゃ・・・・
 あ。そうだ!よく考えたら、学校に着いたらこの状態をかなり高い確率で誰かに見られるっていうこと、すっかり忘れてた!もしそうなったら、色々と困ることになりそうだ。何しろ、今まで先輩とこうなることなんてありえないと思っていたし、それに・・・・

 「あ」

 なんて考えていたら、いきなり先輩がブレーキをかけて、加重が前にかかった。何かなと思って、先輩の後ろからその前を覗いてみると、あの人がいました。誰かって?その人の名は大迫純一。この人もわたしの先輩に当たる人で、わたしが最も苦手とする人。もちろん、バーサーカーとかセイバーとか謎の騎馬軍団を除いて、だけれど。何しろ、この人の外見はものすごい不良っぽくてものすごく怖いし、中学の頃には市内の不良を全てしめた上に市外の不良からも大いに恐れられているという噂(ただし出所はわたしのクラスメイトの門丸くんのものなので、信憑性は低い)まである。
 とまあ、冷静に大迫先輩の概略を軽くまとめてみたけれど、実際は頭の中が凍り付いていて、うまく機能していません。その上、大迫先輩の姿を認めるなり、わたしはすぐに引っ込んでしまったのだから。その間、ものすごいドキドキしています、別の意味で。

 「おい、狩留間・・・・・・」
 「ああ。大迫、おはよう」
 「“おはよう”じゃねえだろ!!!」

 ひゃああああああああああああああああ!!!!!!先輩(紛らわしいけれど、こっちは狩留間先輩)の爽やか前回な挨拶に対していきなり怒鳴ってきた大迫先輩。この人がこんな態度だから、わたし苦手なのに・・・・・・

 「・・・・・・ん?後ろのそいつ、何だよ?」

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ええええええええええええええええええええ!!!!!!わ、わたし!?!?!?なんで!?わたし何か・・・・・・したね、そういえば。昨日、先輩だと思って声をかけたら、目の前に大迫先輩が立っていて、それにビックリして逃げ出したっけ・・・・・・すっかり忘れてた・・・・・・

 「え?何って、たまたまそこでばったり会って、一緒に学校に行くところだけど?」

 そこですかさず、先輩がフォロー・・・・・・

 「ウソつけ。おれも何回かここ通っているけど、そいつ一回も見たことねえぞ」

 したけれど、全く効果ありませんでした。わたしのいつも通っている通学路は、今いるところとは全く違う場所だから。

 「で?何で見たこともねえやつと・・・・・・・」

 大迫先輩が何か言おうとすると、急にそれを止めて先輩の後ろ、つまりわたしを見つめてきた。メガネの奥から睨みつけているかのような目つきはまるでメドゥーサの眼光の如く、わたしを石みたく硬直させる。

 「・・・・・・・・そいつ、よく見たら昨日急に声かけてきたやつじゃねえか」
 「声をかけた?野々原さんが?」
 「ああ、別にそれはどうだっていいんだよ。おれが聞きたいのは、なんでそいつとお前が一緒にいるんだって話だよ」
 「う~ん・・・・・・・これ言うと、いくらお前でも驚くから、できれば内密にしておきたかったんだけど、多分お前のことだからはっきりさせないとすっきりしないだろうから、あえて話すよ。野々原さんもそれでいいよね?」
 「え?ええ、まあ・・・・・・」

 大迫先輩はやっぱり、昨日のこと覚えていたんだ・・・・・・かなり恐縮していると同時に、どこか恥ずかしさでいっぱいだった。それにしても先輩、何話すつもりなんだろう・・・・・・?

 「実はこの子、野々原さんっていう俺たちの後輩なんだけど・・・・」
 「後輩か。まあ、そんな感じはしてたけどな」
 「それはいいとして、その野々原さんなんだけど、実は昨日の帰りに、ストーカーに追われていたらしいんだ」

 は・・・・・・・はい?ストーカー????

 「それで相手はナイフを持っていたらしいから、偶然会った俺が一応うちまで連れて行ったってわけだ。変に一人にさせるのも危ないからさ」

 な・・・・・・なんだか微妙に無理のあるウソのような・・・・・・その証拠に大迫先輩も妙にいぶかしんでいるような・・・・・

 「なあ、おまえ・・・・・・・」

 ほら。何か突っ込んでくるよ。この追求がわたしに及んだら、先輩には悪いけれど隠し通せる気がしません。

 「うちの学校、外泊禁止しているだろ?」

 って、そこに食いつくの!?まあ、できればそっちの方向に話しそれてくれればありがたいんだけれど・・・・・・

 「確かにそうなんだけどさ、お前は目の前に人が殺されそうになってもそれを見捨てようっていうのか?」
 「別にそんなことは言ってねえけどよ・・・・・」

 頭をぽりぽりと掻く大迫先輩。確かにわたし、昨日本当に殺されそうになったけれど・・・・

 「まあ、いいや。センコーには黙っといてやるよ。とりあえずバレないようにしておけよ」
 「そうしてもらえるとすごく助かるよ」
 「チッ・・・・・・・」

 大迫先輩は最後に舌打ちをして、この話を切った。
 た、助かった・・・・・・というか、わたし全く何にもやっていないのに、どうしてここまでドギマギする必要があるんだろう?それから先輩は大迫先輩に歩調を合わせるためか、自転車から降りて、それを押して歩いた。
 そういうことなので、わたしも徒歩に切り替えた、はいいけれど全く会話に加わることができなかった。もともと人とそんなに話すほうではないから、それも仕方ないかもしれないけれど。けれど、先輩と大迫先輩は少し会話が弾んでいるように聞こえた。そういえば、二人は同じクラスだって門丸くんが言っていたっけ・・・・?



 学校に着くと、オレのマスターのサオリとアサシンのマスターであるテッペイは一旦別れた。アサシンは姿を隠してテッペイの周辺と学校内部の探索を、それでオレはといえば、遠方からの監視と学校周辺の探知だ。そのテッペイはうちのマスターには、聖杯戦争に関わってほしくないみたいだが、どういうつもりなんだか・・・・?しかもサオリも自分が聖杯戦争に参加する動機について、テッペイのやつから今日中にはっきりさせるように言われているもんだから、そのことで頭を悩ませているみたいだな。

 「あ、沙織。おはようさん。いつ学校に来てたんだい?」

 すると、サオリと同じぐらいの年の娘が話しかけてきた。つっても、ここにいるのはみんな大体それぐらいの年なんだけどな。

 「あ、引沼さん。おはよう。今日は朝練じゃなかったの?」
 「ああ。それならもう終わって今から教室に戻るとこだよ。それはそれとして、今日学校行く途中であんた見かけなかったけど、どうかしたのかい?」

 なるほどな。そのヒキヌマって娘がサオリの友人で、関係としてはだいたいテッペイとさっき出てきたオオサコみたいなもんか。それでそのヒキヌマに学校行くときのことを聞かれたもんだから、案の定うちのマスターはえらく困惑してるみたいだな。それもそうか。何しろ、サオリが今首を突っ込んでいるのは口外ご法度だからな。詳しい事情言えるわけないか。しかもあいつがうまい言い訳とっさに言えるとも思えないが、どうすることやら・・・・

 「え、えーと・・・・色々あって・・・・・・」
 「・・・・・・・・ふーん。まあ、そっちもそっちで事情あるんだろうけどさ、ところでちょっとどっかで時間潰さないかい?朝礼までまだ時間あるしさ」
 「え?」

 思ったよりも突っ込んだこと聞かないのな・・・・ああいうのは白黒はっきりさせないときが済まなそうな感じだと思ったが、どうもあの娘は軽々と人の領域に土足で踏み込むようなタイプじゃないみたいだな。とりあえず、うちのマスターは登校中のことをなあなあにされて少しほっとしているだろう。

 「まあ、本音を言えば、今あんたが教室にいると色々と面倒なことになりそうだからさ」
 「え?面倒なことって?」
 「ほら。竹中たちいるだろ?あいつら、どうも昨日から家に帰っていないらしくて、それで学校にも連絡が入ってきたから、失踪事件に巻き込まれたんじゃないかって話が出てきているんだよ」

 タケナカ?そういえば昨日、サオリがオレを召喚する前のことを話したときに出てきた名前だっけか・・・・?確か、バーサーカーに襲われた奴の中にそのタケナカとかいうやつがいたんだとか・・・・
 それはそれとして、教室ってのにサオリがいると面倒なことになるって、どういうことだ?オレはタケナカとかいうのがどういうやつか知らないが、いなくなったのはどう考えてもサオリのせいじゃないだろう。

 「まあ、こんなことしていたら逆効果かもしれないけれどさ。でも、クラス中が噂しているんだよ。“竹中たちが行方不明になったのは疫病神にちょっかいを出していたせいだ”ってさ」

 疫病神って・・・・サオリのことか?なんだって、あいつがそんな風に呼ばれているのかは知らない。けど、どうせヒマなやつらがヒマつぶしに陰口叩いていい気になっているのが容易に想像できた。どこの時代にもいるもんだな、そういうやつらが。その話を聞いていたサオリは張り詰めた顔をしていた。ああいう連中にとって、サオリみたいなのは格好の獲物ってわけだ。

 「あー・・・・・・そんなに深刻そうに考えなくていいから。あくまで噂だよ、噂。みんな暇だから、何かにこじつけてあんたをからかいたいだけだろうさ」

 ヒキヌマの一言で、どうにか我に返ったうちのマスター。やっぱり、見た目どおりのナイーブなやつだな・・・・

 「はあ・・・・・なんか、あたしばっかり喋ってたな。まあ、もともとあんたがそんなに喋るほうじゃないのはわかってるけどさ、あんたがそんなんだから、連中を調子付かせるんじゃないかい?もうちょっとハキハキとしたらどうだい?」
 「う、うん。そうかもね・・・・」
 「けど、そんなに簡単なことじゃないだろうけどさ・・・・それじゃ、そろそろ教室に行くとしますか。それと、クラスのやつらも何か言ってくるだろうけど、あんまり気にしないようにしときなよ」

 そうして、サオリはヒキヌマと一緒に自分たちの教室へと向かって行った。それにしても、オレも一回ヒキヌマみたいなことを言ったわけだが、どうもサオリはそういう風に見えるみたいだな。というかサオリもサオリで自分から喋ったりしている感がしないけどな。あいつ、どこかで線引きしているのか知らないが、ヒキヌマに対してもどことなくよそよそしい感じがしたのはオレの気のせいじゃないだろうな。
 そういえば、色々ごたごたしていたとはいえ、オレのほうも一度もあいつのことを“サオリ”って呼んでいなかったな・・・・



 美柳高校から数メーター離れた位置にあるビルの屋上。アーチャーはそこで待機していた。自分のその鋭敏な感覚を最大限駆使して校内はもとより敷地内及び周辺を探知してみたが、サーヴァントや魔術師のものと思われる気配も何も感じ取ることができなかった。校内にいる鉄平の近くには、アサシンが霊体化しているが、彼らが表立った動きがないことから、少なくともこの学校には魔術師はいないと見て間違いないだろう。ただし、沙織にしても、鉄平にしても彼女たちは魔術師ではないので、もしかすれば“魔術師ではないが、聖杯戦争の参加者”はいるのかもしれないが。

 「しかし、随分と堅苦しい場所なんだな、学校ってのは」

 閉塞的な個室に何十何人を押し込めて、役に立つかどうかわからない知識を叩き込まれる。アーチャーからすれば学校という施設はそんな印象だろう。

 「まあ、それでもこのまま暇ならそれに越したことはないんだけどな」

 聖杯戦争に参加している魔術師が活動を始めるのは基本的に人気が少なくなる夜間だ。しかし、中にはそれらを無視し白昼から仕掛ける輩がいないというわけではない。そんな不測の事態に対応できるよう、アーチャーは周辺を警戒しているのだ。
 そんな時、アーチャーはふと空を見上げた。

 「しかし、周りはこんなんでも、空だけは変わらないな・・・・」

 アーチャーがまだ生きていたあの頃に比べて、この時代は緑が少なくなりつつあり、空気もどこか淀んでいる。この現代において自由だ、平等だなどという謳い文句はあるのだが、現実にはどこか不自由で、不平等なこの歪な世の中で人々は生きている。そしてそんな人々を食い物にしている輩がいまだに存在していることも事実だ。にもかかわらず、この空の青さだけはあの頃のままだ。

 「ま、そんな悪いことばかりでもないか」

 大地がコンクリートに覆われていても、草木はそこに根付いている。理不尽な中にあっても、懸命に生きている人たちもいる。空の青さと同じく、それらもあの頃と変わっていないようだった。それらは時間や場所といった概念とは一切関係なく、どこも同じなのかもしれない。

 「さて、と。サーヴァントとしての勤めを果たすとしますかね」

 それからしばらくして、一通り周辺を探知した後、アーチャーは再び感覚を校内へと向ける。すると、アーチャーの視覚は何かを捉えたようだ。

 「・・・・・・・・・・ちっ。こういうのはフェアじゃない、よな」

 どうやら目にしたのは女子の更衣室だった。ちょうど体育の授業が終わったのか、室内には女子が大勢いる。それでも見るものはしっかりと見たアーチャーであった。

 「しかし、感覚が鋭すぎるのも、困りものだな。本当に」



 「野々原。これが今日の分のプリントだ。頼めるか?」
 「はい。大丈夫です」

 今日の授業が終わり、放課後になって、わたしは職員室に呼び出されていた。わたしは今日配られたプリント類を数枚、先生から渡された。

 「すまんな、野々原。今日は門丸に頼もうと思ったが、あいつは今日、家の手伝いがあるから早めに帰ってしまったからな」
 「いえ。そんなこと、気にしないでください」

 これはたいてい、わたしか門丸くんが率先してやっていることである。ちなみに、今日その門丸くんは朝礼に先生がやって来たほんの数秒後に無事教室に到着、見事ギリギリ遅刻となってしまった。

 「では、失礼しました」

 そう言って、わたしはお辞儀をしてから職員室から出て行った。
 そういえば、わたしがこれから向かうところは先輩のとことは全く逆の方向だけど、どうしよう?それと困ったことに、昨日先輩から言われたことに対する答えがいまだに見つかっていない。授業中でもそのことを考えていたせいか、周りのことが全く頭に入らず、先生に当てられたときや終業のベルが鳴ったときなど、そういったことにも気付かない始末だった。わたしがそれらに気付いたときには、クラスの大勢から笑われるくらいなのだから。
 そんなことを考えながら廊下を歩いていた、そのときだった。

 「「あ」」

 わたしの頭と体は一気に硬直してしまった。なぜなら、今大迫先輩とばったり、それも正面から出くわしてしまったからだ。

 「おい、おまえ・・・・・・・・・」
 「は!はいいいいいいい!!!!!!!す、すいません!!すいません!!!!!」
 「まだ何にも言ってないだろ。それと落ち着け」
 「あ、はい。すいません・・・・・・・」

 一瞬取り乱したあと、最後は普通に平謝りしてしまったわたし。よく考えてみれば、特に何もしていないのに、猛烈に謝ることはないんじゃないかと思ってきた。何でこういう行動に走ってしまったのか、わたし自身もよくわからない。これはある種の本能的な反射だろうか?

 「お?そのプリント、何だ?」
 「これですか?これは先生に頼まれて、今日欠席した人に届けに行くんですけれど・・・・?」

 まあ、彼の場合、事情が事情なだけに今学期は丸ごと欠席の状態だけれど・・・・

 「そうかい。けど、そいつ届けたら、とっとと帰ったほうがいいぞ」
 「え?どうしてですか?」
 「・・・・・・うちの学校から失踪者が出たって話あるだろ?そのことがあるから、何か事件性があるんじゃねえかって話になって、下校時間も早めで部活もほとんど自粛。寄り道なんてもってのほかだ。まあ、具体的な対策はまだ決まっていないみたいだから、これからPTAとかと話し合うらしいけどよ」

 そんなことにまでなっていたんだ・・・・聖杯戦争の影がこうした日常にまで侵食してきている。もしかすれば、引沼さんや門丸くん、それにこの学校のみんなだけでなくこのかやおばあちゃんたちまで巻き込まれてしまうかもしれない。改めて、聖杯戦争がこの日常を破壊しかねないものだということを知らされるのだった。

 「んな深刻そうに考えるなよ。ところでよ・・・・・・」

 そんなに深刻そうにしていたのかな?どうもこうしているときは自分がどういう表情をしているかというのはわからないものだけれど。それから、大迫先輩は続けた。

 「おまえがストーカーに追われたって話、ウソだろ?」
 「え?えーと・・・・・・」

 そういえば、今朝先輩がそんなウソ言っていたっけ・・・・でも、さすがに聖杯戦争に関することは言えないし、かといってごまかそうにも、目の前にいるこの人相手にそんなことできそうにもないし(そもそもわたしの性格的にできるはずもないけど)・・・・

 「・・・・・・安心しろ。無理に聞こうなんて思わねえよ」

 ところが、大迫先輩から飛び出てきた言葉は、意外なものだった。それだけにわたしはきょとんとしてしまった。

 「狩留間のやつがああしてはぐらかしているんじゃ、もう知りようがねえし、それにそんなんじゃおまえに聞くのも悪い気もするからな。だから、聞かねえことにするわ」

 思ったよりもあっさり引き下がってくれたので、内心ほっとしていた。そういえば、今日の登校中で、先輩は妙にこの大迫先輩と打ち解けているような気がしたけれど・・・・

 「ひょっとして大迫先輩って、先輩・・・・えっと、狩留間先輩と仲いいんですか?」
 「はあ!?」
 「ひゃあ!?!?」
 「あ、悪い」
 「い、いえ・・・・・・・」

 び、ビックリした・・・・・・いきなりすごまれたから、つい・・・・・・・・

 「あのなあ、あいつとおれが仲いいとか言っているけどなあ、おれはむしろあいつをぶちのめしたいと思っているんだからな!!何しろ、あいつがここに来るまでおれはけんかで誰にも負けたことなかったんだからな!!」
 「は、はあ・・・・・・」

 そういえば昨日、当時喧嘩常勝の大迫先輩相手に(狩留間)先輩が勝利を収めたって門丸くんが言っていたっけ・・・・?よく考えてみれば、あんな身体能力の高さを見せ付けられた上に、大迫先輩のこの態度を見たらなんとなく納得できる。今度、門丸くんに何かしてあげようかな・・・・?

 「そのくせ、肝心なことは何も言わねえから余計腹立つんだよ!だから、間違ってもあいつとおれを仲いいだなんて言うなよ!!」

 なんでだろう・・・・?どうしてこんなにも説得力に欠けるんだろう・・・・?それと先輩って大迫先輩以外の誰かとこうして話していたりするんだろうか?あ、そうだ・・・・

 「そういえば、狩留間先輩ってまだ学校にいます?」
 「ん?あいつ今日は掃除当番だけど?」
 「それじゃあ、わたしがこれから総合病院のほうへ行くっていうことを伝えてくれますか?」
 「何でそんなことおれがいちいち・・・・けど、定例会も報告してそれで終わりだろうから、そんなに時間かかんねえから別にいいけどよ」
 「定例会?」
 「ああ。生徒会に今日の服装検査の報告だよ」

 それを聴いた瞬間、わたしは頭を強く殴られたようなショックを受け、そして思考が木っ端微塵となってしまった。

 「ふ!?ふふふふふふ、ふふっふ、ふふ、ふ・・・・・・!?!?ふ?!ふふ・・・・」
 「とりあえず落ち着け。それから深呼吸しろ」

 そうして言われるがままにわたしは深呼吸をして、どうにか落ち着きを取り戻した。それじゃあ・・・・・・

 「えーと・・・・服装検査って、まさか風紀委員だったんですか?」
 「まあな。けど、他にクラスで立候補するやつがいねえから、おれが選ばれたんだけどよ」

 何というか、意外すぎる・・・・・・・わたしだったら、大迫先輩に服装チェックされた日には、もうだらしない服装なんてできっこないだろう。もっとも、今までにも何度か服装検査を受けて注意された覚えはないのだけれど。でも、確かに大迫先輩は制服を着崩している感じはしないし、どちらかと言えば服装はビシッとしているほうだと思う。几帳面な正確だったりするんだろうか?

 「とりあえずあいつにあったら伝えとくな。それと、渡すもん渡したらとっとと帰れよ」

 そう言って、大迫先輩はわたしのそばを通り過ぎ、これから定例会が行われる生徒会室へと向かって行った。何というか、大迫先輩って結構いい人なのかな?今までこうして話したことがなかったから、そういうこともわからなかった。そもそも、私の場合は誰かと進んで話すようなことはしていないのだけれど。
 そしてわたしは玄関へと向かって行った。



 「そのなんだか病院ってのは・・・・あっちの方か?」

 沙織と大迫の会話を遠方から聞いていたアーチャーは、早速それらしき建物を探したところ、それらしき物件を見つけた。その病院の看板には“幌峰総合病院”と書かれていた。おそらく、彼女がこれから向かおうとしている病院というのは、他に似たような名前の病院がないことから、ここで間違いないだろう。
 ただし、その病院のある方向と、聖杯戦争を続ける、続けないということを抜きにして、沙織がこれからしばらく世話になる楼山神宮とは全く真逆の方向に位置している。いずれにしても、彼女一人で行動するのはあまりにも危険なのは明白だった。

 「・・・・・・・ま、大丈夫だろうな。多分」

 だが、超感覚の持ち主であるアーチャーにはそれは大した問題ではなかった。今のところ、ここやこれから向かう場所にはサーヴァントやマスターと思しき姿がないことを確認していた。仮に何者かが沙織を襲撃しようとしてきても、アーチャーの弓術でそれを撃退できる自信がある。それほど高い力量の持ち主なのだ。もっとも、本心を言えば沙織のそばにいてやりたいのだが。
 それと別行動を取っている鉄平とアサシンもあの大迫という男からこのことを聞かされるだろう。そのことについて、彼らがどう思うか知らない。アーチャーの見立てでは、大迫は信用できる人物である。彼は必ず鉄平たちに沙織の行き先を伝えるだろう。
 一つ問題があるとすれば、それは沙織の聖杯戦争に対する動機付けである。時間もそんなに残っていないにもかかわらず、彼女はまだ答えらしい答えを見つけられていないのだ。もちろん、そんなに簡単に見つかるものでもない。だが、不条理がまかり通るこの聖杯戦争ではそう入っていられない。にもかかわらず、沙織は懸命にその答えを探しているのだ、昨夜あれだけ恐ろしい目にあったというのに、だ。

 「・・・・・・・・それでも、オレのやるべきことは変わらないけど、な」

 アーチャー自身は、沙織がどんな結論を出しても、それを受け入れるつもりでいる。英霊というのは、何らかの形で現世に未練を残している者たちが大半だ。しかし、このアーチャーに限って言えば、彼はそれらしき未練などない。喚ばれたからサーヴァントとして現界しているに過ぎない。しかし、喚ばれたからにはサーヴァントとして果たすべきことは果たす。マスターであるあの少女を守り抜くこと。それが現代に蘇ったこの弓使いの使命であり、“義”でもあるのだ・・・・



[9729] 第七話「薄暮の襲撃」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/01/13 00:35
 この街で一番大きな病院である幌峰総合病院。わたしは今、その前に立っている。わたしはこれから、今日の分のプリントをここに入院しているある人に渡しにやって来た。そしてわたしは早速、病院の入り口の自動ドアを抜け、この病院の大きなロビーへと入っていった。
 ロビーには、見舞い客や診療待ちの人はもちろん、ここで働いているお医者さんや看護師さんなど大勢がこのロビーを行き来している。それからわたしは足を進めると、車椅子に乗った同い年の女の子とすれ違った。

 「アレ?沙織ちゃん?今日はどうしたの?」

 その女の子はわたしに声をかけ、わたしはその子に振り向いた。知保志マコ、小学校の頃まではよく同じクラスになっていた子で、中学になってからは違う学校になってしまったせいで、あまり会わなくなったしまった。しかし、わたしがこの病院に通うようになってから彼女と再会した。彼女はわたしのことを覚えていたから、こうして病院でたまに会うようになっていた。

 「え・・・・えっと、知保志さん・・・・」
 「私のことは“マコ”でいいって言ってるのに」
 「でも、わたし、こっちのほうが呼びやすいから・・・・」

 実際、わたしはあまり人を下の名前で呼ばない。だいたい○○さんとか○○くんとか、そういう風に呼ぶ。それに、そうじゃない呼び方は少し苦手だ。そうでなくても、あのことがあったせいでわたしは知保志さんにほんの少し苦手意識がある。いや、苦手というよりも申し訳ない気持ちだ。

 「沙織ちゃんも相変わらずだね。ところで、今日はどうしたの?やっぱりお見舞い?」
 「う、うん。実はちょっと、先生に頼まれて、今日の分のプリントを・・・・」
 「アレ?今日だったら真悟君がくると思っていたけど・・・・?」

 これから会う人にプリントをもって行き始めてから、いつの間にか意識していないにもかかわらずある程度のローテーションみたいなものが出来上がっているようだ。ある日はわたし、ある日は門丸くん、といった具合だ。ちなみに、そのことで今目の前にいる知保志さんは門丸くんやこれから会う人と顔見知りになった。結構人懐っこい子である。

 「まあ、今日門丸くんは家の手伝いとかで・・・・ところで、知保志さん。今日もリハビリに?」
 「うん。結構大変だけど、前よりよくなったって先生が言ってたよ」
 「そう、なんだ・・・・・・」

 あの頃よりは大分マシにはなったと思うけれど、やはり知保志さんと顔を合わせるのは辛い。彼女が今こうなっているのもわたしのせいでもあるからだ。多分、知保志さんのことだから、それほど気にしていないと思うし、わたし自身も知保志さんといて苦に思うことはないけれど、それでもやはり辛い。わたしがあんなことさえ思わなければ、彼女は今頃・・・・

 「私も一緒にお見舞いに行きたいところだけど、入り口の近くでお母さんを待たせているからもう行かなくちゃ」
 「え?そ、そう?」
 「あ~。またぼんやりしていたでしょ。沙織ちゃんも相変わらずそれ治らないね~」
 「ご、ごめん・・・・・・」

 わたしが物事を深く考えすぎることも手伝って、結構ぼんやりしていることが多いらしい。困ったことにそのせいで、考えているようで実は何も考えていないこともあったりする。

 「また何か考えてたでしょ。あんまり考えすぎないほうがいいよ。考えすぎたら、余計頭がこんがらがるから」
 「うん。気をつけるようにするね」
 「それじゃあ、私はもう行くね。それと、会ったらよろしく伝えておいて」
 「わかった。じゃあね」

 そう言ってわたしは知保志さんと別れようとしたところ、出入り口へ向かっていった彼女の車椅子がぴたりと止まり、またわたしの方へと向き直った。

 「沙織ちゃん。しつこいと思われるかもしれないけれど私、あのときのことは気にしていないし、あれは私の不注意だから沙織ちゃんが気にするようなことじゃないんだよ。だから、ね?」

知保志さんがわたしに向けて微笑みかけてきた。そしてわたしもそれで返す。そうして知保志さんが手を振ると、車椅子を出入り口のほうへと向けて、そのまま出て行った。そしてわたしはそれを後ろから見送った。
知保志さんの言いたいことはわかる。確かに、わたしは昔のことを引きずりすぎているのかもしれない。多分、たいていの人たちは昔のことをどうにか折り合いをつけながら生きていくのなんだろう。でも、わたしにはそれができそうにない。今まで何度もそういうことを気にしないようにしようとしてきた。けれど、そうすればそうするたびに昔のことがどんどんとぶり返してくる。その昔のことはもちろん、知保志さんのことだけではない。他にも・・・・

「・・・・・・・、ぉー・・・・・・・」

 僅かだけど声が聞こえてきたので、わたしはその方向にとっさに振り向いた。なんてことはなかった。看護師さんだった。

 「・・・・・・・あの~、どうかしましたか?何かぼんやりと立っていましたけれど・・・・?」
 「い、いえ。なんでもありません」

 看護師さんは何か不思議そうな顔をしながらその場を去っていった。そうだ。早く病室に行ってプリントを渡してこないと。



 件の病室の前に着くと、病室から先生が出てきたので、わたしは一度頭を下げた。そしてその先生もそれを返すと、次の診療があるのか、早足で行ってしまった。そしてわたしは白で統一された病室の中へと入る。

 「やあ。今日は門丸君が来るとばかり思ってたから、君が来て驚いたよ」

病室の中にいくつもあるベッドの内の一つに一人、体を起こしている落ち着いた声の寝巻きのせいで全体的に白く細い印象のする男の子、伏瀬勇夫、わたしがこの病院に来たのもこの伏瀬くんにプリントを渡しに来たからだ。

 「その割にはそんな感じには見えないけどね」
 「うん。なんとなく、野々原さんが来るってわかったから」
 「なんとなく、なんだ」
 「そう。なんとなく」

 伏瀬くんって結構不思議な感じのする男の子で、それでいてわたしよりもぼんやり?のんびり?している感じだ。でも、伏瀬くんといるとどういうわけだか心が落ち着いてくる。ちなみに、そんな彼はあのお調子者な門丸くんとは中学からの付き合いで、わたし自身も彼らに初めて会ったのが中学最後の学年からだ。
 それから間が空いて数秒経過。

 「あ。そうだ。これ、今日の分のプリント」
 「うん。ありがとう。いつも悪いね。いつ学校に戻れるかもわからないのに」
 「そんな気にしなくていいよ。わたしだって好きでやっていることなんだから」
 「そうか・・・・そうだよね」

 わたしはよくわからないけれど、伏瀬くんは高校になってから体を悪くして、入院生活を余儀なくされているという。どこがどういう風に悪いのか、どういう病気なのかとかはわたしどころか、彼と深い付き合いの門丸くんですら知らないみたいだ。確かに線の細い伏瀬くんはお世辞にも体が丈夫なほうではないのだけれども、見た感じでは学校に通っても問題なさそうだと思うんだけどな。そのあたりはお医者さんのほうが詳しいのかな?
 またしても間が空いて数秒経過。

 「そ、それとロビーのほうで知保志さんに会ったけれど、その知保志さんがよろしく伝えてって」
 「そうなんだ。知保志さんもリハビリを一生懸命頑張っているの、見かけるからね」

 伏瀬くんがここに入院してから大分経つみたいだけれど、それでも知保志さんのほうが長くこの病院に通っているらしい。それでわたしも門丸くんもこの病院の事情に少しばかり詳しくなってしまったのは、一途にこの二人のおかげだったりする。
そして間が空いて数秒。これで三度目である。

 「・・・・・・やっぱり、わたしたちだと会話が続かないね」
 「・・・・・・そうだね。僕もそんなに話すの得意じゃないし」

 本当にわたしと伏瀬くんって普段から積極的に誰かと話すほうじゃないから、すぐに会話が途切れてしまう。伏瀬くんの場合は門丸くんが引っ張っている感じで、喋るのはたいてい門丸くんで伏瀬くんは相槌を打つなど聞く側に徹しているのがほとんど。それにしても、色々な話題を持っている門丸くんってある意味すごいのかもしれない。

 「ところで野々原さん。今少し笑った?」
 「え?そ、そう、かな?」
 「うん。ここに入ってくるまでなんだか少し怖そうな顔をしていたから、余計そんな風に見えた、のかな?」
 「・・・・・・そうだね。うん、そうかもしれない」

 確かに今日一日、狩留間先輩から言われた“聖杯戦争に参加する理由”に関する答えについて、これでも色々と考えてみたけれど、今に至るまでその答えがまだわからないでいる。そのせいで伏瀬くんから見たら、わたしは少し張り詰めた顔をしていたのかもしれない。
 そんなわたしの顔が和らいだというのなら、それは伏瀬くんのおかげかもしれない。どうしてだかよくわからないけれど、伏瀬くんのそばにいるとなんだかホッとする感じがする。わたしにもどうしようもなく辛い時期があったけれど、今わたしがこうしていられるのはひょっとしたら、伏瀬くんがいたからだと思う。

 「野々原さんが今どんな悩みを抱えているか知らないけれど、そんなに難しく考える必要はないんじゃないかな?そんなことをするから悩みのほうもどんどん膨れ上がって来るんだと思うんだ」
 「・・・・・・・ほんと、伏瀬くんって結構不思議なところがあるね。わたしがここに来ることもなんとなくでわかっちゃうんだし、それにわたしが色々考えていることまでお見通しなんだから」

 でも、わたしが今どうしているかなんて言えるはずもなかった。そんなことを言ってしまえばまず、間違いなく伏瀬くんまで聖杯戦争に巻き込まれることになる。いや。それを抜きにしたとしても、突然バーサーカーたちみたいなのに襲われることも十分にありえるかもしれない。もちろん、それは伏瀬くんに限った話ではない。わたしの家族、このかやおばあちゃんにシロー、わたしのクラスメートや知り合い、引沼さんや門丸くんに知保志さんと大迫先輩、そしてわたしの知らない人たちまで襲われるかもしれないのだから。

 「喋れば楽になることもあるかもしれないけれど、喋ったら逆に辛くなることだってあると思うんだ。だから、何で悩んでいるのかは、僕は聞かない。だからもし話すとしたら、野々原さんが大丈夫だって思ったときでいいから」
 「・・・・・・・・ありがとう、伏瀬くん」

 本当は今すぐ話したい。けれど話しちゃいけない。それに答えも見つかっていない。状況は何一つ変わっていないはずなのに、なぜか体が少しだけ軽くなったような感じがした。
 窓から紅色に輝く風景の光が差し込んできた。



 「全く・・・・・・・野々原さんも軽率な行動は控えてほしいのに・・・・・・」

 狩留間鉄平は自転車を押しながらぼやいていた。学校が終わればまっすぐ帰宅する(場所は無論沙織の自宅ではなく、鉄平が暮らしている楼山神宮)と思っていただけに、大迫純一からの伝言は不意打ちに等しいものだった。

 「言いたいことはわかる。だが、今回の件を抜きにしたとしても、あれが頼まれ事を断れるような性分には見えぬが?」
 「・・・・・・・・確かに、お前の言うとおり野々原さんっておとなしいほうだからな」

 姿は見えないが、どこからともなく聞こえてきたアサシンの言葉に同調する鉄平。しかし、沙織と鉄平の二人はこの聖杯戦争が始まるまでほとんど接点はなかったにもかかわらず、なおかつ一つ屋根の下で過ごすことになってたった一日しか経過していないにもかかわらず、そうあっさりと断定されてしまう沙織はある意味単純にできているのかもしれない。

 「まあ、あれにはアーチャーがついている。そこまで心配するほどでもないと思うが?」

 沙織一人で行動するだけならかなり危険が伴うが、距離はあるとはいえ、彼女にはアーチャーが控えている。彼女の周囲に敵が近づこうとも、アーチャーの狙撃にかかればどんな敵でもひとたまりもないだろう。
 突然、アサシンの姿が見えないにもかかわらず、彼はその警戒心が高まった。それと同時にどこからともなく悲鳴が聞こえてきた。

 「鉄平よ」
 「ああ、わかっている」

 鉄平が道端に自転車を止めて鍵をかけると、両者は悲鳴が聞こえてきた方向に忍び寄るように接近していった。そして物陰から様子を伺うと、その方向にはスーツを着た男性の亡骸が転がっていた。その遺骸は胸部から上の原型が全く留まっていなかった。そうさせた凶器は巨大な斧、その斧を手にしているのは青銅色の肌をした覆面の大男、バーサーカーであった。

 「あれが野々原さんの言っていたバーサーカーか・・・・」
 「ふむ。まさしく狂戦士と呼ぶにふさわしい容貌だな」

 鉄平と、ようやく姿を現したアサシンはバーサーカーと遭遇するのは初めてだった。そのため、バーサーカーのことは沙織から聞いたこと、つまりその特徴と背後にキャスターがいること、そして魂喰いを敢行していることぐらいしか知らなかった。

 「それでどうする?アサシン?」
 「そんなの決まっておろう」

 アサシンが一呼吸おく。そして続けた。

 「逃げるぞ」
 「ああ」

 アサシンに倣って鉄平もその場から即座に離脱した。無理もない。元来、“アサシン”というクラスは直接的な戦闘に長けているわけではない。むしろ、諜報や暗殺といった暗躍に特化したクラスだ。対して“バーサーカー”は自らの理性と引き換えに強大な戦闘力を得るのが普通。つまり、アサシンとバーサーカーほど相性の悪い組み合わせはないのだ。両者が戦って、よっぽどのことがない限りアサシンがバーサーカーに勝利することは皆無と言っていいほどだ。ましてやそのアサシンのマスターである鉄平もある程度戦闘力は高いのだが、サーヴァントと人間とでは雲泥の差だ。
 とにかく、鉄平もアサシンも全力で逃げている。そんな中で、アサシンが突然立ち止まった。

 「鉄平、待て!」

 アサシンは走っている鉄平を止めさせると、足元に転がっていた小石を拾い上げ、それを前方へ投げ飛ばした。すると、その小石は何もない空中で、何かにぶつかったかのように跳ね返ったのだった。

 「アサシン、これは・・・・!?」
 「うむ。見てのとおり結界だ。一度その領域に入ってしまえば最後、二度と脱出できぬ代物のようだ」
 「やはり、これはバーサーカーのマスター・・・・・・ではないよな?」
 「ああ。十中八九、奴と組んでおるキャスターの仕業だろうな」

 鉄平は最初の方は多少の驚きを示したものの、マスターとサーヴァントの両者はともに淡々としていた。彼らの言葉が示すとおり、自分たちが置かれているこの状況は間違いなく危機的なものに、だ。

 「確か野々原さんの話じゃ、キャスターは遠方から語りかけていたんだよな?」
 「おそらく、今回もそうであろう。そして、まず間違いなくこの様子をどこかから見ているはずだ」

 それから、鉄平とアサシンは姿なき魔術師の英霊を威圧する。

 「「黙っていないで、何か言ったらどうだ?」」
 『そうは言われても、わしの方は貴様らと語ることもないのじゃがな』

 重なった二人のすごんだ声に、アナウンスのように老成した口調の人物の声があたり一帯に響いてきた。

 「随分と手の混んだことをするものだな?」
 『別に、わしは結界を張ろうが張らまいがどちらでもよかったのじゃ。じゃが、昨日どこかの親切なサーヴァントが、次には誰も脱出できぬような結界でも張ったらどうだと助言したのじゃ。ちょうど、サーヴァントが全て出揃ったわけじゃからな』

 明らかに人を馬鹿にしているかのような物言いをするキャスター。だが、アサシンも鉄平もそれに動じることはなかった。ちなみにキャスターのいうサーヴァントとはアーチャーのことだ。だが、彼はこれまでバーサーカーの魂喰いに他のサーヴァントが介入してくることはなかったので、今日みたいな結界を張ることはなかった。

 「そんなことはどうでもいいんだ。だがどうしてバーサーカーを使って魂喰いをする?」
 『愚問じゃな。魂喰いは聖杯戦争での常套手段の一つ。何か問題でもあるのかのう?』
 「策を弄するキャスターのやり口とも思えぬ下策よな」
 『そうは言われても、わしは最も弱く、最も臆病なキャスターのサーヴァントでな。この物騒な聖杯戦争に勝ち残るには色々と小細工をする必要があるのじゃ。そうであるから今、バーサーカーと組めて一安心という次第じゃ』

 キャスターはわざとらしくおどけて、自分が弱い立場にあることを強調した。

 「だったら、最初から聖杯戦争に参加するなよ。だったら、俺たちがお前を脱落させようか?」
 『脱落させる?貴様らが?このわしを?ク・・・・・クク・・・・・ハハ・・・・・・・ハハハハハハハハハハハハハハハ!!!笑わせるな!』

 鉄平の言葉を聞いたキャスターは次の瞬間、押し殺していた笑いを一気に発散させると、急に威圧的な態度に変わる。

 『そもそも貴様のサーヴァントが言っておったように、その結界は何人たりとも抜け出すことができぬ。そしておまけにその中には貴様らの天敵ともいえるバーサーカーがおるのじゃ。貴様らがどう背伸びしようが敵う相手ではない!』

 キャスターが言っているそばから、鉄平たちの後ろからバーサーカーがゆっくりと迫ってきていた。

 『フン・・・・・・相変わらず鈍重なやつよな・・・・・・・・・まあ、よい。ともかく、よほどのことがない限り、貴様らがここから出ることは不可能。よって、脱落するのはこのわしではなく、貴様らの方じゃ』
 「他のサーヴァントに戦わせて、自分は姿を隠して高みの見物、か・・・・随分と臆病なサーヴァントなんだな」
 『そうとも。じゃが、冥土の土産に覚えておくことじゃ。結局生き残るのは、考えもなしに勇み足で突っ込んで身を滅ぼす愚者ではなく、ある限りの知恵を使って思考しその状況を打破する臆病な知恵者だということを』
 「主の言うとおりだな、キャスターよ」

 鉄平の皮肉を返したキャスターに今度はアサシンが口を開いた。

 「古今東西の戦術などの類は自らの身を守らんとする臆病者たちが編み出した知恵の結晶だ。主も一介の知恵者であるのならば、これを戒めるがよい。その態度によって、いつか足元をすくわれるとな」

 その言葉が言い終わるかそうでないかのうちに、アサシンは手元につかんでいるもの何かを地面に叩きつけると、周辺は強烈な光に包み込まれる。

 『目晦ましじゃと・・・・・・?猪口才な』

 その閃光はほんの数秒後には収束していった。しかし、そこには両目を手で覆っているバーサーカーの姿しかなかった。

 『悪足掻きを・・・・・・どの道、ここから出られるはずもなし。まだこの周辺に潜んでおるじゃろう。バーサーカーよ。適当に暴れるがよい。このまま燻りだしてくれるわ』

 キャスターの言葉に反応し、バーサーカーは滅茶苦茶に斧を振るう。その斧によって、地面は大きく削られていったのだった。



 「たったあれだけでここまで逃げられるもんなんだな」
 「これは我らだからこそ、可能としたのだ。並大抵の人間ではここまでは移動できまい」

 先ほどの地点からかなり離れた位置の茂みに、鉄平とアサシンは息を潜めていた。流石にアサシンのような気配遮断は鉄平には不可能だが、それなりに気配を殺すことはできる。アーチャーには悟られてしまったが、今の彼を探し当てることは容易ではない。

 「それでアサシン。何か打開策はあるのか?」
 「ない」

 はっきりとしたアサシンの物言いに鉄平は少し肩を落としてしまう。

 「そもそもこれも単なる時間稼ぎに過ぎん。我らがここから自力で出る方法はないに等しい。このままではいずれ、バーサーカーに見つかって二人ともやられるだろう」
 「それじゃあ、どうするつもりなんだよ?」

 アサシンは少し黙って、遠方を見つめている。その方向は自分たちが逃げてきた方向、つまりその先にバーサーカーが暴れている。

 「どうやら、向こうは完全にこちらに気付いていないようだな」
 「そりゃそうだろう。何しろ、俺たちはあいつらを煙に巻いたんだからな」
 「そうではない。某がこれで一番懸念していたのはキャスターだ。何しろ奴は遠方からこちらの様子を伺っている。奴の遠見が完全なもので、我らの動向を全て網羅していれば、今のこの行動は水泡に帰していただろう」
 「・・・・・・つまり、キャスターもこっちの動きを完全に把握しているわけではないのか?」
 「そうだ。現に奴が我らの動きに気付いていたのならば、真っ先にここにバーサーカーを向かわせるはずだ」

 一呼吸置いてから、アサシンは続ける。

 「とはいえ、奴のあの行動自体が虚偽である可能性も否めない。しばらく様子を見て、密かに移動した後に奴の動きを見極めよう。さすれば、彼奴らが我らの動きを把握しているか否かわかるであろう」
 「どっちにしても時間稼ぎにしか思えないけど、何もしないよりはましか。ひょっとしたら、何か状況が変わるかもしれないからな」
 「そういうことだ」

 鉄平とアサシンはそこで息を潜めるのだった。すると、アサシンが不意に鉄平に話しかけた。

 「ところで鉄平よ。今はアーチャーのマスターのことは捨て置くのだな。今の状況ではどうしようもない」
 「わかってる。野々原さんにはアーチャーがついているんだ。何かあればあいつがどうにかするさ」
 「・・・・・・だとよいがな」

 確かに鉄平には沙織のことが気がかりだった。だが、それに囚われて、命を落とすような真似だけは確実にしない。今の彼らにできることは、ここを生き延びること以外にないのだから。
 だが、アサシンは表情にも態度にも出さなかったが、沙織に関して彼は何か嫌な予感がしていた。最初は気にも留めなかったが、途中から彼はある見落としをしていることに気付いた。しかし、そのことを鉄平にあえて知らせなかった。なぜなら、今自分たちにできることはないのだから。



 今、わたしは自分が軽率だったかもしれないと後悔している。遠くにいるとはいえ、アーチャーさんがいるから安心しきっていたのかもしれない。とにかく、頭の中は半分パニックになっていて、半分どこか落ち着いていた。
 病院から出て、しばらく経ったときだった。わたしは何か胸騒ぎがして、足早にその場を離れようとした。でも、できなかった。離れる前に囲まれてしまったからだ。そして、そこから抜け出すことはできない。なにしろ、わたしの周りを昨日出てきた謎の騎馬軍団が取り囲んでいるからだ。よく考えてみれば、わたしは普通の人間だ。そんな普通の人間が馬に乗った人たちから逃げられるはずもなかった。
 そして今、全身が血の色をしている軍勢に囲まれているわたしの前に黒髪の女の人とどこかの民族衣装を着た男の人が立っている。

 「あなたが野々原沙織さん、アーチャーのマスターね?」

 わたしに声をかけてきたその女性の黒い髪は長くて綺麗で、服装もどこかカジュアルな感じがした。それでも、この人は・・・・・・

 「あなたも、マスターなんですか?」
 「ええ。守桐神奈。それが私の名前よ」

 守桐、って確かこの街を管理しているっていう魔術師の一族だったはず。やっぱりこの人も魔術師で、周りにいる軍団を従えているサーヴァント(多分もう一人の男の人)のマスターである人(ついでに言うと、昨日のだらしないメイドさんのご主人様)。そして、わたしが聖杯戦争に参加するとすれば、確実に敵となる人・・・・

 「いきなり物騒な真似をしてごめんなさい。でも、あなたがこの場にいること自体、あってはならないことなの。だからわかってちょうだい、とは言わないわ」

 神奈という人は心底申し訳なさそうに謝りながらも、その次の瞬間にはきっと目尻が上がっていた。

 「早速本題に入りたいところだけれど、その前に令呪を使ってアーチャーを呼ぼうなんて思わないことね。あなたの腕にそれがある限り、令呪は使えないわ」

 そういえば、わたしが逃げようとして、それで結局囲まれてしまってからこの人に向き直ろうとしたとき、この人の振るった筆でわたしの令呪があるほうの腕に変な模様を一瞬にして描きこんだ。どうやら、この模様のせいでわたしは令呪、サーヴァントに絶対的な命令を下す切り札を使えなくなったというらしい。

 「それじゃあ早速単刀直入に言うわ」

 そうして、守桐神奈はゆっくりとその口を開いた。



 違和感はあった。妙にこの周辺の人間は無人に等しいほど少ないと思った。探査も怠ったつもりもない。だが事態は急転してしまった。その急転に対応できずに何がサーヴァントかと悔やむ暇などアーチャーにはなかった。むしろ優先すべきはこの場を切り抜け、沙織の下へ駆けつけること。だがそれも難しい。
 確かに、アーチャーの狙撃能力はかなり高いものだ。これでも何体かはそれで撃退した。だが問題はこの数の多さだ。

 (正面のビルには大体数百・・・・周りも似たようなもんか・・・・しかも地上には、それ以上がいるな・・・・・・)

 アーチャーの建つビルの周辺には、昨日彼や沙織たちを襲撃してきたあの鮮血兵団が取り囲んでいた。彼のいるビルの周辺に建つビルの中や、そこ一帯の路上におびただしい数の全身が血の色をした兵士たちがこれまた血の色をした弓を構えて取り囲んでいる。おそらく、一体の戦闘能力はそれほど高くないはず。だが、それが集団となると話は違ってくる。

 (さて、どうしたもんかね・・・・・・)
 「貴方様が今回のアーチャーのサーヴァント、でございますね?」

 アーチャーが考えをめぐらせていると、どこかからかわずかな声が聞こえてきた。彼はその声のしてきた方向を振り返ると、ビルの屋上に鮮血兵たちが弓を構えていた。その中で唯一、全身が血の色ではなく人間の肌をしており、スーツを着こなしている老紳士が立っていた。

 「ああ、よかった。どうやらこの声量でも貴方様には聞こえるようですね。あ。それとわたくし、これでも読唇術を少々嗜んでおりますので、どうぞお気になさらず」
 「・・・・・・で、あんた。あの昨日のだらしなさの権現みたいなメイドさんの同僚かい?」
 「つくしさんのことですか。はい、そのとおりでございます。申し遅れましたが、わたくし、守桐家にお仕えさせていただいております佐藤一郎と申します。以後、お見知りおきを」

 そう言うと、一郎と名乗った老紳士は恭しく礼をした。アーチャーはこの老紳士の一連の動きを見て、彼がつくし同様只者ではないことを見抜いた。ただ、彼女と違うのは、この一郎という老紳士のほうが真面目に仕事をこなしていそうだということだ。

 「それで?確かそのモリトウとかいう魔術師がここの管理人って話だよな?その管理人様に仕えていらっしゃる執事さんが何の御用で?」
 「はい。わたくしどもはこれより、貴方様が貴方様のマスターの下へ行かせないよう、足止めをさせていただきます」

 アーチャーの嫌味っぽく聞こえる問いにも行儀よく返答する一郎。アーチャーの目つきに鋭さが増してくる。

 「それで、オレを引き付けている間にオレのマスターを脱落させようってわけか。ここの管理人は随分と、姑息な魔術師みたいだな」
 「・・・・・・・・気分を害したのでしたら、大変申し訳ありませんでした。しかし、この儀式を一般の方に知られるということは本来あってはならないことなのです。ですので、貴方様がここにいる間に、確か野々原沙織様、でよろしいでしょうか?彼女が令呪を破棄していただければ、それで全て丸く収まるということです。ああ、ご安心下さい。沙織様には一切、危害を加えるつもりはございませんので」

 一郎が一通りの説明を終えると、その場はしばらく重い沈黙に包まれていた。それから、アーチャーは一郎に質問した。

 「・・・・・・・・本当に彼女に危害を加えるつもりはないんだろうな?」
 「はい。それはわたくしが保証いたします。上手くいけば10分ほどで説得が終わると思いますので」
 「その根拠は?」
 「何しろ、魔術師の世界といいますのは、非日常的な世界である上に命の危険まであります。そんな世界に身を置いていない方と致しましては、誰が好き好んでそこに居続けるのでしょうか?」
 「命の危険、ねえ・・・・・・今もうちのマスターはその命の危険とやらに晒されていないんだろうな?」
 「はい。もちろんでございます」

 その言葉が終わると、アーチャーは弓に矢を番えた。

 「ごまかすのもいい加減にしろ。今のオレみたく、こんな気味の悪い連中に囲まれているあいつに命の危険がないって言い切れるのか?」

 アーチャーには見えていた。沙織の前に立つ一郎たちの主である女性、神奈とその周囲を取り囲んでいる鮮血兵の姿が。そして一郎は悪びれる様子もなく言葉を発した。

 「はい。あれはただの逃亡防止のための壁のようなものでございます。どうか・・・・」
 「“お気になさらずに”ってか?さっき、あんたは“説得”って言葉を使ったよな?オレに言わせりゃ、あんたらのやっていることはただの脅迫だ!」

 そしてアーチャーは構えた矢を一郎目掛けて放った。その矢は一瞬のうちにして、一郎の頬をかすめ、彼の頬から血が少し流れ出た。

 「・・・・・・・・危ないところでした。これで少しでも動いていれば、わたくしの命はなかったでしょう。いやはや、流石はアーチャーのサーヴァントにふさわしい弓術と鋭い感覚ですな」
 「褒めても何も出ないぞ。出てくるとすれば、次にあんたか周りの奴らを射抜く矢だけだ」

 どうやらアーチャーはわざと矢を外したようだ。だが、彼の弓の腕ならば一郎はもとより、この場にいる鮮血兵に矢を必中させることなどたやすいことだろう。

 「まあ、貴方様と真正面から挑んでも到底叶うとは思いません。ですが、流石にこれだけの数を相手にするのは、いくら貴方様でも骨が折れるでしょう。何しろ、わたくしどもが今なすべきことは貴方様を“斃す”ことではなく“足止めする”ことに尽きますからな。貴方様のマスターでいらっしゃられます沙織様が令呪を放棄していただければ、貴方様と長く戦わずに済むのですから」
 「・・・・・・だったら、あいつが脅されて観念する前に、オレがここから抜け出してあんたらのマスターに説教してやるよ。そのついでにライダーのヤツをぶっ飛ばすのもありだけどな」
 「おや?こちらのサーヴァントが誰か、ご存知だったのですか?」
 「まあな。何しろ、名うての騎馬軍団を率いているヤツといえばかなり数は限られてくる。正体が割れるのも、時間の問題だろうがな」
 「・・・・・・・・まあ、いいでしょう。我々はただ、貴方様を長くここに引き留まらせることに集中させていただきます」

 一郎がその言葉を言い終えると、片腕を上げた。それが合図となって、その場にいた鮮血兵が一斉に矢を放った。それに呼応するかのように、他のビルにいる鮮血兵も矢を放ち始めた。大量に降り注いでくる矢は、あたかもこれから始まる戦いの合図であるかのようだった。



 「返事がないようだから、もう一度言うわね。令呪を破棄してこの聖杯戦争から手を引きなさい」

 正直に言って、わたしはかなり怯えてしまっている。この神奈っていう人の今の雰囲気もそうだけれど、その後ろでわたしを睨みつけている男の人や周りに数え切れないほどいる騎馬軍団がそれを助長している。むしろ、目の前にいる魔術師も怖いけれども、それ以上に後ろの男の人や騎馬軍団のほうがよほど恐ろしい。

 「そんなに難しく考えるようなことではないわ。あなたも自分のサーヴァントやこの儀式のことについて教えてくれた人から聞いたと思うけれど、これには私以外にも多くの魔術師が参加しているの。彼らはどんな手を使ってでもあらゆる願いをかなえる聖杯を手に入れるとするでしょうね。たとえ、誰かを死なせることになるとしても」

 言っていることはわかる。確かに下手すれば、わたしはアーチャーさんを呼び出す前にバーサーカーに殺されていたかもしれない。それに、もしもサラとセイバーとの戦いがあのまま続いてアーチャーさんたちが負けてしまったり、この軍団に追いつかれてしまったら今頃どうなっていたのかわからない。
 とにかく、この人も先輩と同じく聖杯戦争にわたしを参加させたくないらしい。多分、先輩とこの人ではその動機も違うと思うけれど。

 「確かに願いが叶うことはとてもいいことだと思うけれど、そのために命を落とすなんてことになってしまえば元も子もないわ。あなたの場合、この戦いで生き残れそうにないもの。だから・・・・・・」
 「・・・・・・・・わたし・・・・」
 「え?」

 思わずわたしが喋りだしたことで、神奈さんはきょとんとしてしまっている。

 「・・・・・・・わたしに叶えたい願いなんて、ありません・・・・・・・」
 「そう。だったら話は早いわ。なら・・・・・・」
 「でも・・・・・・・・」

 色々とごちゃごちゃして整理のつかない頭のまま、わたしは続けた。

 「でもわたし、この聖杯戦争を無視するなんてこと、できません」

 それがわたしの正直な気持ちだった。でも、どうしてそう思うのかまではわからない。むしろ、先輩に昨晩聞かれたことに対する答えがこれでは、先輩も納得はできないだろう。その証拠に、一瞬緩んだ表情をした神奈さんの顔が険しくなる。

 「無視できる、できないの話ではないわ。この場にいるのならばわかっていると思うけれど、魔術やそれに関することは本来あなたのような人が知ってはいけないし、関わってはいけないことなのよ。そうなってしまった場合、どんな理由であれ、あなたはそれをしってしまった者として魔術協会から粛清されることだって十分ありえるわ」

 確かに魔術師の世界はわたしが思っている以上に過酷な世界だということは認識していた。けれど、神奈さんが淡々とした口調で話しているせいもあって、わたしみたいに魔術の存在を知ってしまった人間に対して容赦しないことに戦慄してしまった。

 「それにあなたが聖杯戦争に命を懸けてまで参加する理由なんてないはずよ」
 「・・・・・・・・けど・・・・」

 逃げ出したい気持ちもあるけれど、それに構わずわたしは喉から声を絞り出した。

 「けど、現にキャスターがバーサーカーを使ってその聖杯戦争に関係ない人たちを襲っているじゃないですか!?そんなの知っておきながら、無視するなって言うほうが無理ですよ!」

 わたしにしては大きな声で喋ったような気がする。一瞬神奈さんの眉がピクリと動いたような気がするけれど、その表情に大きな変化はなかった。

 「それが、あなたが聖杯戦争に参加する動機なの・・・・?」

 動機、と言われれば違うような気がする。確かにキャスターやバーサーカーがやっていることは許せないことかもしれない。もう彼らに関わりたくないと思う反面、それをどうにかしたいとも思っている。けれど、わたしの動機はそういうことではないと思う。そんなことだったら先輩に聞かれた時点でそう答えているはずだと思う。
 わたしが神奈さんに対してはっきりと否定しなかった、というよりもできなかったのは、わたしが明確な目的が何なのかこの状況にあってもまだわからなかったからだ。

 「この世界はあなたにとって不条理なもの。あなたが身を置いている世界で非道とされる行いも魔術師の間では当たり前とされる場合があるのよ。それぐらい、普通の世界と魔術師たちの世界では大きな差異があるのよ」

 変わらず淡々とした口調で話す神奈さんに、わたしは先程よりも震えが増しているような気がした。

 「そんな生半可な正義感で聖杯戦争に望むというのなら、あなたはいつか自分の身を滅ぼしかねないし、あなたがこのまま挑むつもりでも私がそうはさせないわ」

 バーサーカーたちを止めたいという気持ちはあるけれど、やはり自分の命は惜しいという気持ちもある。つまり、神奈さんの言葉のとおり“生半可な正義感”とはそういうことになる。それに下手にバーサーカーに挑んでも、逆に私やアーチャーさんが返り討ちにあう可能性だってありうる。
 叶えたい願いもない、バーサーカーたちを止めたいという理由は中途半端。それじゃあ、わたしはどうしてそこまで聖杯戦争にこだわるの・・・・?

 「でも、あなたが今ここで脱落を表明するのなら、あなたの聖杯戦争に関する記憶を消すことができるわ。記憶の改竄という形になるけれど。でも、少なくとも聖杯戦争中やその後の身の安全は私が保証するわ」

 その言葉でわたしは一瞬揺らいだ。ここで“参加しない”ということを認めればわたしは安全でいられる。それならばおそらく誰も反対はしないだろう、多分アーチャーさんでさえも。
 それでもわたしは迷っていた。聖杯戦争に参加するか、否かということ。これぐらいで迷うぐらいならば聖杯戦争に参加しないほうがいいのではないか。ここで参加することをはっきりさせるべきだ。様々な考えが頭の中に散らばり、まとまらない。

 「・・・・・・ぬるいな」

 そして、それは中断された。それまで一言もしゃべる様子のなかったどこかの民族衣装を纏った男の人、たぶん神奈さんのサーヴァントがとうとうその口を開いた。

 「ライダー。勝手に出てこないでちょうだい。あなたの出番はないのよ」

 神奈さんはそのアジア風な外見の男の人をライダーと呼んだ。それにしても“出てこないで”ってどういうこと?似たようなことを昨日、サラも言っていたような気がするけれど。

 「貴様のやり方ではぬるいというのだ。貴様のその中途半端なやり方ではあっという間に一日が終わってしまうわ」
 「中途半端?これでも説得に手を抜いているつもりはないのだけれど?」
 「説得だと?小娘一人を説き伏せるのに、俺の尖兵をありったけ揃えて囲んでいるこれを説得というのか?面白いことを言うな、貴様は!どおりで魔術師にしてはぬるいと思ったわ!!」
 「くっ・・・・・・」

 今にも大笑いしそうなライダーに苦虫を噛み潰したような顔になる神奈さん。たしかに神奈さんのやり方は強引な感じではなかったし、彼女の言うような魔術師のやり方、それがどういうやり方なのかはよくわからないけど、多分魔術師の英霊だというキャスターと大差ないかもしれないそのやり方で、わたしを無理矢理聖杯戦争から脱落させることだってできたはずなのに、この人はそれをしなかった。

 「まあ、いい。ここは一つ、この俺が見本を見せてやる」

 そう言うとライダーはわたしのほうに近づいてきた。その途端、いきなり刀剣を一振り自分の腰から抜き、それをわたしに突き出した。

 「小娘。聖杯戦争に加わって我らの敵となるならば、その右腕一本で済ませてやろう」
 「ライダー!!!」
 「何も騒ぐほどのことではあるまい。これでも俺はお前の意に沿うようにしているのだぞ。本来ならば、この小娘が敵となった時点で殺してもいいぐらいだ。それが令呪を宿している右腕一本ならば安いものだ」

 このライダーという人、本気だ。多分、神奈さんがいなかったらわたしは殺されてもおかしくない。そんなことを言いながら笑っているこのライダーがとてつもなく恐ろしい。そのせいでわたしは完全に震え上がってしまい、喉や脳が締め付けられてしまった。

 「・・・・・・ライダー。今すぐ馬鹿な真似はやめなさい」
 「フン。元はといえば、貴様が無傷で済まそうとして、ちんたらと時間をかけるからこうなったのだぞ。本当に無傷で済ませたいのならば、これぐらいはやらなくてはなあ。それとも、貴重な令呪を使って俺を止めるか?」

 縮こまっているわたしを余所に、ライダーと神奈さんは睨み合っている。詳しくはわからないけれど、この二人の仲はあまり良好、といえないのかもしれない。

 「・・・・・・もっとも、この小娘も頭が固そうだからな。すぐには首を縦に振らぬだろう。おい、小娘。10秒だ。その間に答えなければ、即座にその腕を切り落としてやる」

 そうしてライダーはカウントを始めた。わたしが聖杯戦争に参加する“答え”を見つけても、彼はどのみち、この場でわたしの腕を切り落とすだろう。そのせいでわたしは雁字搦めとなってしまった。そのとき、わたしはライダーの後ろで令呪を使おうとしている神奈さんの姿が見えた。けれど、彼女の近くにいる騎兵もなぜか動き出そうとしている。多分、神奈さんが令呪を使おうとしているのを止めようとしているのだろう。
 そうこうしているうちに、残りの時間も少なくなってきた。その瞬間、わたしの体は一気に縮こまってしまった。それは、あと数秒で腕を切り落とされてしまうという恐怖心からではない。

・・・・・・・オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!ブロオオオオオオオオオオオオオオオオオオ・・・・・・・・・・・・

 どこかからか響いてくる轟音。それはどんどんこっちに近づいてくるのか、ライダーも神奈さんもその方向に目をやった。この音ってひょっとして、バイクのエンジン音!?

・・・・・・・・・・・オオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!!!

 そして、壁のように周りに連なっている騎兵たちを突き抜けて、一台のバイクが飛び出してきた。それはわたしたちの離れたところでターンをして、こっちのほうに向き直った。そのバイクには二人の人が乗っていた。一人は黒い皮のジャケットを着た赤いヘルメットの男の人。そしてもう一人、後ろにいるのは古代ギリシャの兵士みたいな黄金の鎧を着た人だった。



[9729] 第八話「金色の豹」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2009/12/05 01:45
 抉られたアスフェルトの道、倒されている電柱や街灯・・・・大規模な爆発が起こったかのように荒れ果てているこの場所で斧を振るっている大男、バーサーカーは暴れ回っていた。彼は今、キャスターの張った結界に閉じ込められて、身を潜めているアサシンとそのマスターをあぶりだすために隠れていそうな場所を手当たりしだい破壊している。

 「・・・・・・・・フン、鼠どもめ。コソコソとしおって」

 その様子を遠くから様子を見ていたキャスターは苛立ちを隠せないでいたが、その苛立ちで周りが見えなくなってしまうほどではない。アサシンやそのマスターはこの結界から脱出できるはずもない。時間をかけてじっくりと燻り出せばいいだけの話だが、思っていた以上に時間がかかりすぎている。現場で実際に作業をしているのがこの理性を失った狂戦士であるから、それも仕方のないことだろう。頭の中で思い描くことと実際に体感することにこれだけの差異が生じてしまうことにキャスターは自嘲していた。

 「まあ、よい。少々腹立たしいが、ここは一旦気を取り直してこの我慢比べにしばらく付き合ってやりたいところじゃのう」

 彼はここぞという場面での気持ちの切り替え方を心得ていた。それで多少なりとも苛立ちは収まった。

 「しかし、鼠は後々放置しておくと面倒なことになる。何しろ、家財は食い荒らされる、場合によっては病の源にもなる。おまけにちょろちょろと動き回って目障りなことこの上ない。ようやっとのことで追い詰めたと思いきや、生意気にもこちらに噛み付いてくる始末・・・・・・・・・全く持って腹立たしい生き物よ、鼠というのは。そうは思わぬか?」

 独り言のように喋りだしたキャスターはふと立ち上がり、後ろを振り返った。そこには白銀の騎士、セイバーを引き連れた少女、サラ・エクレールの姿があった。

 「確かにそうね。けれど、今の私からすればキャスター、貴方のほうがネズミよりもよっぽど目障りよ」
 「さて、キャスターよ。サーヴァントが七人揃ったところでまだ間もないが、ここで貴様の聖杯戦争も幕引きとさせてもらおう」
 「幕引き、じゃと?それはこのわしを仕留めて辛口にすることじゃな」

 最優とされるセイバーのサーヴァントに対してあくまで強気の態度をとる最弱とされる魔術師の英霊、キャスター。その身なりは魔術師というよりも古代の神殿に使える神官といった服装をした青年であった。

 「ハッタリはそこまでにしてもらおう。貴様の魔術が身に通ずる道理などどこにもなし」
 「ハッタリも駆け引きにおいては重要な手段の一つじゃ。まあ、ただ敵に突っ込む事しか能のないセイバーのサーヴァントにはちと難しいかもしれんがのう」
 「キャスター、貴方少し頭が緩んでいるんじゃないのかしら?今から始まるのは駆け引きとか交渉みたいな言葉の戦いではないわ。ここでは勝つか負けるか、それがひいては生きるか死ぬかの命のやり取りよ。ここでは言葉なんて何の役にも立たないわ」
 「魔術師にしては随分と野蛮な物言いじゃのう。じゃが、言っていることは正論じゃ。じゃが・・・・」

 今、キャスターやセイバー、サラのいるビルの屋上は突如として光の壁に包み込まれてしまった。アサシンと鉄平を閉じ込めているものと同じ結界だ。

 「どうじゃ。戦いにおいても言葉も役に立つものじゃろう。これで、貴様らは逃げることも隠れることもできなくなったわけじゃ」
 「その代わり、貴方も逃げることができなくなったけれどね」
 「じゃが、それでもわしがここで敗れ去る要素など何一つない」
 「本当に強気なのね。でも、私たちは逃げるつもりも隠れるつもりもないわ。だって、私たちはここで貴方を仕留めるんだから!」
 「・・・・・・さて、そろそろいいか?サラ?いい加減、この外道を討ち取りたいのだが」
 「ええ、どうぞ。キャスター、貴方の非道な行いもここまでよ!」
 「強気なのはお互い様のようじゃな・・・・まあ、それぐらいでなくては、魔術師は務まらぬか。さて、セイバー。貴様ももうただ突っ立っているのも飽きてきたじゃろう。よいぞ、どこからでもかかってくるがよい」
 「・・・・・・・・そうか。では、参る!!」

 剣を構えたセイバーは自分の敵である魔術師を討ち果たすべく、一気にその距離を詰め、斬りかかった。



 ライダーの騎馬軍団に囲まれ、神奈さんやそのライダーに聖杯戦争から降りるよう迫られているわたし。そこに乱入者が現われた。バイクに跨った二人の男の人。一人はジーンズに黒い皮のジャケットを羽織った赤いヘルメットの男の人。もう一人はその後ろに座っていて、黄金の鎧を身にまとった古代の戦士風の男の人、でも顔は兜をかぶっていてよく見えない。二人の服装があまりにも不釣合いすぎるのだけれど、これだけははっきりしている。この人たちも聖杯戦争の参加者だ。
 すると、前に座っている男の人が自分のヘルメットに手をかけ、それを脱いだ。ヘルメットの下の素顔は短く刈り上げられた髪をした強面の男の人だ。正直、大迫先輩といい勝負かもしれない。

 「よお、管理人さんよお。その節は世話んなったな」
 「あなた、シモン・オルストーね。ここへ何しに来たの?」

 神奈さんはシモンと読んだその男の人をキッと睨みつけた。シモンはそれに動じることなく喋った。

 「別に。おれは聖杯戦争の参加者だぜ?理由はつまるところ一つ。戦うために決まっているだろうが」
 「それだけ?」
 「まあな。あと強いて言えば、ただ隠れているだけのキャスター以外のサーヴァントと一通り当たったわけよ。これで遭遇してねえのはアーチャーだけ。それでサーヴァントの気配がするからそこに寄ってみれば、なんかおかしなことになっているからな。それで野次馬根性が出ちまったわけよ」

 ヘラヘラと喋っているシモンは何というのか、魔術師というよりはむしろ道でたむろしている怖いお兄さんにしか見えない。でも、わたしが気圧されるのには、それだけで十分だった。

 「あの、あの人って、やっぱり魔術師なんです、か・・・・?」
 「ええ。シモン・オルストー、魔術協会に属していないフリーの魔術師よ」
 「フ、フリー・・・・・・?」
 「そう。大方、この聖杯戦争に参加している理由は魔術協会から聖杯の取得を依頼されたんでしょうね」
 「ああ。その報酬でおれはしばらく気ままなバイクのツーリングを楽しめるってわけよ。根源の探求なんざ興味ねえからな」

 親切にもこの人の素性は神奈さんが教えてくれた。それにしても根源って・・・・・・?何のことかさっぱりわからないけれど、この人の目的は報酬だっていうことはわかった。
 そして次の瞬間、わたしがある意味での引き金となってしまった。

 「それじゃあ、あの人の後ろにいるのも、やっぱりサーヴァントなんですね・・・・?」

 その言葉とともに、神奈さんはすごい意外そうな顔をしていた。シモンも珍妙な顔をしているし、ライダーも軽くあっけに取られてしまっている・・・・わたし、何か変なこと、言ったのかな?

 「あなた・・・・・・まさか、霊体化しているサーヴァントが見えるの!?」

 れ、霊体化って、確かサーヴァントの姿を消すあれだよね・・・・・・?わたしの場合、自分の魔術回路(だったっけ?)の切り替えができないせいでアーチャーさんの霊体化ができないけれど。
 神奈さんはそのまま、シモンに視線をやるとシモンは首を横に振った。

 「一つ聞くけれど、まさか、初めてわたしがあなたの前に姿を見せたときに、ライダーの姿までは、流石に見えてないわよね!?」

 神奈さんはわたしの方を思いっきり掴み、わたしの体をガクガクと震わせた。う~ん、なんだかすごい悪いような気もするけれど、ここは本当のことを言ったほうがいい、かな・・・・・・?

 「・・・・・・・・思いっきり、見えました・・・・」

 その言葉を言った直後に、神奈さんはわたしの肩から手を離し、頭を抱え、立ち眩みでもしたかのように地面に倒れそうになった。そこをライダーの配下である騎兵の一人がいつの間にか馬から下りて、彼女を支える。
 なんというか、この空気がすごく痛い。そして、さっき詰められていたときよりも数倍辛い。ていうか、みんなサーヴァントの姿消していたんだ・・・・“なんで出てきたの?”みたいな発言はそういうことだったんだ・・・・・・

 「参ったわね・・・・まさか、一般人と思っていたら、その実は霊感のある人間だったなんて・・・・」

 一応事実を受け入れたのか、さっきより少し落ち着いた神奈さんが軽く息をついたときにはもう、空気が一変してしまった。

 「姿を消しているサーヴァントが見えていようが、見えていまいが、そんなことどうでもいいだろ?」

 すると、聞き覚えのない男の人の声が聞こえてきた。鎧の人だ。彼はいつの間にかバイクから降りて、左腕には彼の上半身がすっぽり隠れそうなほどの大きさの丸い盾、右腕には彼自身の身長ほどの長さを持つ槍を手にしていた。

 「おい、シモン。いつまでボケッとしてるんだよ?」
 「あ、ああ。悪かったな、ランサー。おれもこういった人間を実際に見るのは初めてだからな」
 「へえ。オマエでもあんまり目にしないのか。ま、別にいいけどよ。ところで見たところ、多分そこのお嬢ちゃんがアーチャーのマスターなんだろ?この場にはいねえみたいだが、早く令呪でも使って呼び出してくれよ。オレはまだそいつに会ったこともないんだからな」

 シモンのサーヴァント、ランサーはいきなりわたしに声をかけてきた。そこでライダーの配下から離れた神奈さんが割って入ってきた。

 「生憎だけれど、この子は意図せずにアーチャーを呼び出したのよ」
 「だからどうした?コイツがアーチャーのマスターだってことには変わりないだろ?」
 「それに部外者云々の話になるんなら、そいつだって十分な異能者だ。参加資格あり、だろ?」

 ランサーの顔はよく見えないけれど、彼のマスターであるシモンの顔はまるで獰猛な獣のそれだった。ランサーの今の顔もおそらくシモンのものと同じだろう。彼らもわたしの知らない世界に身を置いていることを思い知らせた。

 「あの、さっきからすごく悪い気がするんですけれど、わたし今、令呪が使えないみたいで・・・・」

 すると目の前の二人はわたしをいぶかしむように見つめていた。

 「ふーん・・・・・・まあ、いいさ。どっちみちピンチだろ、オマエ?だったらアーチャーが駆けつけてくるまで周りのザコと遊びながら待つことにするさ」
 「ほう・・・・・・ザコ、というのか?」

 そしていつの間にかライダーが毛並みも、目の色も、着けられている鞍でさえも血の色をしている馬に跨っていた。

 「ああ、ザコだろ?なあ、シモン。オマエはコイツら相手して問題ないよな?」
 「まあ、なんとかなるだろ」
 「オーケー。死にそうになっても手助けしねえからな」
 「必要ねえよ。つうか、死にそうになったら助けろよ。おれ死んだらおまえ現界できねえだろ」
 「そういやそうだったな。けど、オマエでもコイツら倒せるから安心しろ」

 ライダーを無視して、漫才のようなやり取りを始めたランサーとシモンに、無視されたライダー本人は青筋を立てていた。

 「この俺を蔑ろにして、ただで済むと思っているのか?」
 「何が蔑ろだ。こんなザコども囲まなきゃ何もできねえお山の大将がよ」
 「ならば、そのザコに蹂躙されて、果てるがよい!!」

 ライダーが合図を送ると、周りにいた騎兵たちが一斉に大量の矢をランサーたちめがけて放ってきた。でもその瞬間、ランサーは地面すれすれの低い体勢でライダーのいる方向へ突進し、ヘルメットをつけたシモンもバイクを発進させた。
 ランサーの進行方向に騎兵たちが何騎か躍り出たけれど、ランサーは目にも留まらぬ速さで槍をその騎兵たちに突き出し、騎兵たちは槍で突かれた喉を押さえながら落馬してしまった。速度を落とさず迫ってくるランサーをライダーは手にしていた弓で矢次々と射るが、それらは全てランサーの手にしていた盾で防がれてしまう。そして射程距離に入ったランサーはライダーの顔目掛けて槍を凄まじい速さで突き出してきた。しかしライダーは背中を反らしてどうにかその攻撃を避けた。ライダーが不安定な体制になったところをすかさずもう一撃、ランサーは先程よりも低い位置に突きを繰り出したが、今度はライダーを乗せている馬が軽々と跳ねてかわした。馬が着地すると同時に、馬が強烈な後ろ蹴りをランサーにお見舞いする。しかし、その蹴りもランサーの盾によって防がれてしまっていたが、ランサーは後ろのほうへと吹き飛んでしまった。そうしてライダーはそんなランサーに次々と矢で追撃をした。しかしそれらの攻撃はランサーが曲芸師のように空中を旋回しながら避けられた上に、ものによっては盾で防がれてしまった。
そうしてランサーは着地したその場所は、先ほどまでランサーとシモンがいた場所だ。

 「・・・・・・へえ。流石はライダーのサーヴァント。馬の扱いはお手の物ってか」

 ランサーが感心しながらそんなことを言った。確かに、ライダーのほうも無茶苦茶な体勢から巧みに手綱を操って、ランサーの攻撃を避けた上に反撃まで試みている。
サーヴァント同士の戦いを見るのはこれで四度目になるけれど、わたしはただ、ただ圧倒されるしかなかった。

 「貴様は俺の申し出を退けただけでなく、俺の気分をも害した。残念だが、ここで果ててもらおう」

 そこへわたしたちの周りを取り囲んでいた騎兵たちが続々とライダーの周囲に集結してきた。なお、騎兵たちの中にはバイクを走らせているシモンを追撃している者もいた。そのシモンもバイクスタントも顔負けのライディングで騎兵たちを翻弄し、ときには急旋回して騎兵たちのほうに突っ込んで攻撃を仕掛けていた・・・・・・ていうより、この人も魔術師なんだよね?てっきり、炎とか電撃を繰り出して攻撃する光景を思い浮かべていただけに、シモンが魔術師だということに半信半疑になってきた。

 「皆の者!相対すべき敵は一人なれど、あれは虎よ!決して一人だからとて手を抜くな!!その瞬間にその喉笛は裂かれ、自らの肉は食まれると思え!!」
 「おいおい。オレはトラごときと同じ評価かよ。せめて竜とか巨人とか言っていただきたいもんだぜ。ま、そいつらでもオレには足りないぐらいだけどな」
 「減らず口を・・・・・・!やれ!骨の一片とて残すな!!!」

 ライダーの号令とともに、弓を携えた騎兵たちは後ろから矢を次々と発射していった。

 「いいねえ。一対多数って状況も悪くないもんだねえ」

 ランサーの口調はどこか楽しげだった。ランサーがいくら強いといっても、数の上では向こうのほうが圧倒的だ。なのに、僅かに見えるその口元には笑みが浮かんでいた。わたしにはその心境は理解できなかったけれど、ランサーはそういう類の人種だということだけは理解できた。
 そして大量の矢がランサーに降り注ごうとしていたが、ランサーは手にしていた槍をものすごい速度で回転させた。旋回する槍が降り注いでくる矢の雨を全く寄せ付けず、ついにはその矢の雨が止んでしまった。

 「ま、ただ単に盾で防ぐのも芸がないからあえて槍使って防いでみたけど、どうよ?」

 得意そうにしているランサーをわたしは命知らずだと思った。盾で防げば安全で確実なのに、下手すれば矢が体に突き刺さってしまうかもしれない。命の瀬戸際を楽しんでいるあの人に安全とか危険とかそういう概念はないのかもしれない。

 「とりあえず、これでわかったろう?そんな矢の撃ち方じゃ、いつまで経ってもオレをしとめることなんてできやしないぜ」
 「・・・・・・前衛、突撃せよ!後衛は前衛の援護をせよ!」

 再び放たれたライダーの号令に、今度は剣や槍を構えた騎兵が相変わらず大量に放たれる矢とともにランサーに向けて突撃していった。

 「そうそう。矢も悪くねえが、やっぱり戦の華は白兵戦だろ」

 地鳴りのように地面を蹄で響かせる騎馬軍団の突撃に対して、ランサーは先ほど見せた低い大勢でその騎馬軍団に向かって行った。その低さと速度も相まって、今度は矢がランサーに全く当たらなくなってしまった。騎馬軍団とその距離を縮めつつあるランサーは地面から宙へ跳ね上がり、フィギュアスケートの選手のように体を回転させながら、槍を振るった。横に払われた槍の穂先が見事、先頭にいた騎兵が跨る馬の喉を切り裂き、そんな馬に乗っていた騎兵たちは次々と落馬していった。落ちた騎兵たちは哀れにも、後続の騎兵たちの馬に踏みつけられてしまうのだった。
 そこからの戦いは凄まじい、としか言いようがなかった。あまりそういう戦いを見慣れていないわたしはともかく、わたしよりもこういう世界に近い神奈さんですら息を飲んでいた。ランサーがマシンガンのように繰り出される槍の突きは次々と騎兵たちを貫き、反対に騎兵たちが振り下ろす剣はランサーの盾に防がれ、突き出される槍はその盾で防がれてしまう上に叩きおられ、場合によっては避けられて全く当たらない。ランサーが突く、薙ぐ、払う、そんなランサーの攻撃ばかりが当たり、逆に騎兵たちの攻撃はランサーに当たることはなかった。戦いは完全にランサーのワンサイドゲームとなっていた。

 「何、これ・・・・・・?一人で大多数を圧倒するなんてこと、ありえるの・・・・?」
 「ええ。聖杯戦争に呼び出される英霊は自らの功績で英雄に登りつめた者たちがほとんど。もっと言えば、名前の知られた英雄、ヘラクレスとかアーサー王みたいな広く知られた英雄であればそれに比例して、その力も大きいわ」
 「けど、逆にそれが弱点にもなるってわけだ」

 目の前の光景に半ば圧倒されていながら、わたしよりは落ち着いている神奈さんに続いて、いつの間にかバイクから降りヘルメットを脱いだシモンがそばに立っていたため、わたしは驚き、神奈さんは警戒の色を強めた。

 「安心しろよ。おれがここであんたらをどうこうしようって気はねえ。むしろ、のんびり見物と洒落込ませてもらうつもりさ」
 「本当に私たちを人質にとってライダーの動きを封じる、ということはないのね?」
 「んなことすりゃ、逆におれがランサーのやつに殺されるっつーの。あいつの願いは戦いそのものだからな」
 「戦い、ですか・・・・?」
 「そうさ。あいつの望みは命懸けの戦いさ。あいつが生きていた頃は、ちょっとした事情でそれが叶わなかったからな。けど、一応戦い抜いて名声を手にすることはできたんだぜ。それでも、あいつの納得のいくような戦いだけはできなかった。つまりは、そういうことさ。そういう意味じゃ、どうもあのモンゴル騎馬軍団でも役不足みたいだな」

 わたしがシモンの言っている意味がわからなかった。だから、それについて考えようとしたそのとき、神奈さんの眉が少しだけ動いたのが見えたけれど、彼女の表情はそれほど大きな変化はなかった。

 「・・・・・・思ったよりも驚かないんだな」
 「ええ。あれほどの大軍団だもの。いずれは近いうちに看破されると思っていたわ」

 ほとんど置いてけぼりを食らっているわたし。わかるとすれば、今はライダーの正体に関する話題だということだ。たしか、聖杯戦争に召喚されるサーヴァントっていうのは、昔活躍した人だということは覚えている。ならば、目の前で戦いを繰り広げている二人もそのうちだということになる。

 「それで、連中の装備から見て、ライダーはチンギスカンで間違いないな?」

 シモンの言葉に、神奈さんは何も言わなかった。むしろ、その言葉を聞いて一番驚いたのは、わたしのほうだった。

 「チンギスカンって、モンゴル帝国の・・・・・・!?!」
 「ああ。強力な騎馬軍団を率いて大陸中を震撼させた覇王にして、征服王イスカンダルと並び称される征服者さ」
「イ、 イスカンダル、って誰・・・・?」
「あー・・・・わかりやすく言えばアレクサンダー大王だな」

 チンギスカンの名前はさすがのわたしでも知っている。そんな教科書でしか見たことのない人物が今、わたしの目の前で大軍団を率いて戦いを繰り広げている。今までも信じられないことの連続だったけれど、今が一番信じられないことなのかもしれない。

 「わかっただろ?名前が広く知られているということが逆に大きな弱点になるってことが。確かにあの軍団も強力なほうだが、おれのランサーのほうがあいつらよりも一枚上手ってことよ」

 なんというか、最終的には自分のサーヴァントを自慢したいみたいだ。それに、今でも“名前が知られることが大きな弱点になる”ということがいまいち理解できていないし。

 「確かに、あのランサー相手の正体がわたしの予想と同じなら、ライダーの分が少し悪いのも頷けるわね。けど、その場合ランサーも一巻の終わりね」
 「チッ。少し喋りすぎたみたいだな・・・・」

 しまった、と言わんばかりにシモンは額に手を当てた。その瞬間、戦場でも急展開が起こった。ランサーを打倒すべく、彼を取り囲んでいた騎兵たちが総崩れとなり、彼らは次々とランサーに討ち取られていった。その光景は三国志や戦国時代を舞台にした一騎当千を題材にしたゲームをそのまま現実にしたようなものだった。

 「まあ、おれのランサーが終わりかどうかは次でわかるんじゃねえか?そろそろ決着が近いみたいだしな」

 自分の配下がやられているというのにもかかわらず、ライダーは身動き一つとらなかった。むしろ、ライダーはランサーをじっと睨みつけている。ランサーの周囲の騎兵たちは攻撃を受けてその場で倒れこむ者、攻撃の衝撃で吹き飛ぶ者様々だった。そして騎兵の一人がランサーの攻撃を受け落馬し、そのまま地面へ転げていった。しばらくその騎兵が転がり回り、そして止まった。わたしはその騎兵と目が合ってしまった。今まで血の色をした騎兵たちは意思のない人の形をしたものだとばかり思っていた。けれど、そうじゃなかった。わたしと目のあった騎兵は、その目に色こそなかったものの、その表情から苦悶と死の恐怖がありありと浮かび、体は苦痛で身悶えしていた。そうして、その騎兵は全く動かなくなると、次第に人の形を失っていった。
 そのとき、わたしの頭の中はあの日の光景がフラッシュバックしていた。街を覆い尽くす地獄の炎、方々から響く阿鼻叫喚の叫び、未来永劫続くかのような混沌、仄暗い空に浮かぶ■い■・・・・・・当時小さかったわたしの心にトラウマを残すには十分すぎるほどだった。そしてそれらは言葉で表現できるようなものでもない。父と母、住みかを失い、妹を連れて焦土と化した故郷を当てもなく彷徨っていた。誰も助けてくれる人はいなかった。どれだけ時間が経ったのか、ここがどういう場所だったのか、そういう感覚がだんだんと磨耗していった。助かったのが奇跡としか言いようがなかった。それでもあの日のこと、あの日の光景はわたしの脳に焼きついて、忘れることを許さなかった。炎に焼かれて跡形もなくなってしまった建物、どこにどういうお店があって、どこに誰か友達の家があって、それらは全て炎に呑み込まれてしまった。火炎の悪魔の手にかかり、人の面影の一切を失い、灰燼と化してしまった人、それらは焼け野原のいたるところに転がり、もはや誰が誰なのかわからなくなってしまっていた。その中に昔のわたしの知り合いや友達がいたのかもしれない。そういう人たちが浮かべていた表情は炎に焦がされ、焼かれていたせいで浮かべていた苦しみなのか、正に未練を残してしまったせいで生じた怨みなのか、あるいはその両方なのか、わたしには知る術はない。
 そこでわたしはハッとなり、現実に戻ってきた。昔いやというほど目にしてきた焼死体と先ほど目にした騎兵の最後の瞬間が重なってしまったから、わたしやこのかが何もかもを失った日のことを思い出してしまったのだろう。そして再び戦いに目を向けると、ランサーが騎兵たちの間をするりするりと抜けていって、ライダーのいるほうへと向けて疾走していた。攻撃を仕掛けてくる騎兵たちに対して、反撃して返り討ちにするランダー。対するライダーも刀剣を構えていて、彼のそばにいる騎兵たちもランサーが出てきたところを弓矢で射る準備をしている。決着が着くかどうか、それは騎兵たちの陰にいるランサーが再び視界に現れたときにわかるかもしれない。
 そして、とうとうランサーが騎兵の集団から抜け出し、その穂先はライダーの喉下へと定まっていた。ライダーも当然それを迎え撃つ準備ができている。そしてとうとう着くはずだった決着。しかしそれは着くことはなかった。なぜなら、両者の間に一本の矢が深々と地面に突き刺さり、両者の動きを止めたからだ。ランサーやライダー、彼の近くで控えている騎兵たちはもちろん、わたしも神奈さんもシモンも矢が飛んできた方向へと目をやった。

 「オレ抜きで盛り上がっているところ悪いが、そろそろマスターを連れておいとましたいとこなんだが?」

 その視線の先には、緑衣を着たアーチャーさんが電柱の上に悠々と立っていた。



 ランサーとそのマスター、シモンが乱入する前まで時間を遡る。アーチャーは守桐家の執事、佐藤一郎やライダーの鮮血兵団によって包囲され、ビルに立て篭もっていた。彼のすべきことは今すぐここから脱出し、マスターである沙織の下へ駆けつけることだ。
 そして現在、アーチャーはビルの内部にて、降り注ぐ矢を避けつつ外の様子を伺っている。

 「しかし、いくらなんでもやりすぎだろ、これ」

 ぼやいているアーチャーのいるビルは、既に鮮血兵によって囲まれてしまっており、鮮血兵が周辺のビルからアーチャーに向けて雨霰と矢を放っていた。アーチャーも間隙を縫って反撃を試みているが、数が多いせいで一人ずつ倒してもきりがない。それに彼らを相手している暇などありはしないのだから。
 すると、今度は鮮血兵の矢とともに、大量の弾丸が飛んできた。アーチャーがすかさずその場を離れ、この攻撃の主を探った。一郎が機関砲を乱射していた。

 「映画のロケ、過激集団の凶行、カルト教団の犯行・・・・お嬢様には大変申し訳ないのですが、この程度の隠蔽などいくらでも都合がつくのです」
 「本当にそう思ってんのなら、ここは一つ見逃してくれないかい?」
 「それは了承できません。何しろ、これも仕事なのですから」

 一郎は、今度は後ろから何かを取り出し、それを構える。彼が今装備しているのはロケットランチャーだ。ドン、という音とともに砲弾がアーチャーのいるほうへと向かっていく。

 「おいおい、冗談だろ」
 「冗談ではございません。貴方様相手にするのならば、戦闘機一台を用意したいものですから」

 アーチャーがすかさずその場から飛び退くと、彼が先ほどまでいた場所が凄まじい轟音とともに爆炎に包まれた。彼は宙で反転し、体勢を整えるとそのまま地面に着地した。

 「ったく。本当に容赦っていうもんがないな・・・・・・ん?」

 思わず悪態をついてしまったアーチャーは何か違和感を覚えた。アーチャーは床を足で軽くかっカッと踏み鳴らしてみてみた。すると、音がでたらめな方向から聞こえてきた。

 「まいったな。さっきので少し耳がいかれたか・・・・」

 アーチャーは常人より優れた感覚を持っている。それによって、はるか遠くの物体を識別し、ほんの小さな音を聞き取り、僅かな臭いをも嗅ぎ分ける、などといったことを可能にする。それはアーチャー最大の武器でもあり、同時に弱点でもある。凄まじい光を目にすれば視覚が、極大な音を耳にすれば聴覚が、そして強烈な匂いを嗅いでしまえば嗅覚が麻痺してしまう、といった具合だ。

 「他は・・・・・・別になんともないな。しばらく、耳は使い物にならないか」

 しかし彼とて幾多の苦難をくぐり抜けてきた英霊、ただでは転ぶような男ではない。一つがダメになってしまったのならば、他で補えばいい。彼が他の感覚、この場合でいえば視覚や嗅覚に触覚などを駆使すれば、空間を把握することなど容易いことなのである。
 それはそれとして、すぐさまその場から離れたアーチャーには一つ、気になっていることがあった。確かに、あの鮮血兵たちは集団戦においてはその真価を発揮するのだが、一体一体の実力ははっきり言ってしまえばたいしたことはない。だが、今自分を取り囲んでいる鮮血兵たちは機能自分たちを襲撃してきたあの鮮血兵たちとは何かが違っているような気がしていた。それは騎乗しているか否かではない。はっきりとしたことは言えないが、少なくとも何かが違う。そう直感が告げていた。

 「どうやら、ゆっくりと考えさせてくれなさそうだな。どっちにしても、そんな暇ないけどな」

 アーチャーはこのビルに十前後の鮮血兵が侵入してきたのを感じ取った。鮮血兵だけではない。その中にあの昨日のやる気のないメイドで一郎の同僚である女性、つくしもいた。

 「勘弁してくれよ・・・・オレは女と戦う趣味はないっていうのに・・・・」

 頭をかきながら、アーチャーはすぐ近くの部屋に入った。敵が向かっていく場所は言うまでもなく彼のいる場所。アーチャーの現在地など彼らに知れ渡っているのは明白だ。敵がどんどん階を上ってくる中、アーチャーは部屋の入り口のすぐ近くで弓を携え、息を潜める。
 そしてとうとう、鮮血兵たちがアーチャーのいる階にやってきた。アーチャーは全身が血の色をした敵にその姿を晒した、と同時に早速矢を放った。しかし、彼の手に握られている矢は一本だけではなく、他にもう二本、全部で三本握っていた。一本目を放った後に間を置かずに二本、三本と放っていき、それらは先頭にいた三人の鮮血兵に吸い込まれていくように飛んでいき、そして見事命中した。それから後続の鮮血兵たちは一斉に矢を連射してきたので、アーチャーは即座に部屋に身を隠した。そのときアーチャーは感じ取った、彼らの放った矢の速度を。明らかに昨日の鮮血兵たちのものとは質が違っていた。
 アーチャーは先ほどと同じように入り口付近で待ち伏せしていたが、このときの得物は弓矢ではなく突剣に持ち替えていた。アーチャーが部屋に戻ってから時間が経たないうちに鮮血兵の一人がこの部屋に入ってきた、瞬間にアーチャーはその首目掛けて突きを放った。倒れいく敵の手の甲に何か模様が刻まれているのを、アーチャーは見過ごさなかった。いや、“刻まれている”のではなく“描かれている”といったほうが正しい。

 「しかしなんだ、これ・・・・ん?こいつは、数字・・・・?しかも絵の具か・・・・?」

その模様はよく目を凝らして見ると、数字の列だった。その数字はどういった法則で並べられているのかは知らないが、いやに色とりどりであった。そして鮮血兵が地面に倒れこみ、そのまま溶けるように消えてしまった。それからアーチャーは入り口から離れた。
 部屋に次々と雪崩れ込んで入ってくる鮮血兵の一団。この狭い空間では彼ら得意の連射が生かしにくいと判断したのか、彼らが装備しているのは弓矢ではなく刀剣だった。アーチャーと対峙している彼らをよく見ると、最初にこの部屋に入ってきた鮮血兵と同じく、体のある一箇所に先ほどの数列が絵の具で鮮やかに描かれていた。ある者は首筋、ある者は手首に描かれていたが、中にはそれが見当たらないものもいる。おそらくは見えない部分に描かれているのだろう。

 (あいつは4、0、2、1・・・・あっちは8、5、1・・・・にしても、あっちの1は緑で、そっちの1は茶色って・・・・どういうことだ・・・・?)

 相変わらず法則性が全くない数字の列である上に、塗られている色にも法則性がない。早い話がメチャクチャ、といったところだ。

 (けど、数字に関しては読めてきた・・・・・・問題は色のほうは、大体察しがつくが・・・・そういや、あの駄メイド、いないな・・・・・・別にいいけど)

 法則性皆無の数字の正体を見極めたアーチャーだが、部屋に入ってきた鮮血兵の中につくしの姿がないことを気にかけた。ちなみに、駄メイドとは駄目+メイドの造語(アーチャー作)である。

 (大方、オレがこいつらと遊んでいる隙をついて不意を打とうって魂胆か・・・・まあ、悪くない手だが、そう簡単にはいかないぜ)

 目先の戦いにとらわれて、周囲が見えなくなるほどアーチャーの視野は狭いわけではない。それにアーチャーの聴覚は先ほどに比べれば大分回復してきている。つくしの侵入を見逃すようなヘマは断じてない。
 アーチャーと鮮血兵が対峙してから既に数十秒が経過した。とうとうしびれを切らしてしまった鮮血兵の一人がアーチャーに向かって駆けていき、アーチャー目掛けて刀剣を振り下ろした。しかし、その攻撃は当たることはなく、逆に自分がアーチャーの突きを受けて倒れ伏す結果となってしまった。
 だがこれがきっかけとなって、他の鮮血兵たちも突撃してきた。

 「来な。アーチャーが白兵戦に向かないと思ったら大間違いだぜ?」

 次々とアーチャーに切りかかる先決兵たち。その攻撃はアーチャーに決して当たることはなかったが、アーチャーも反撃しようとしたその寸前で他の鮮血兵の攻撃に晒されてしまい、その攻撃を避けることとなってしまい、攻撃の機会がなくなっていくのだった。
 このとき、アーチャーは敵の動きに切れがあると感じ取った。彼らの集団戦法に半ば押される形となってしまい、あまりそのことについて深く考える余裕はなかった。そもそも、彼らの動きの秘密に関しては大体の見当がついていたので、そうする必要もほとんどないのだが。だが、この展開はアーチャーにとってあまりよくないものだ。敵はある程度強化されているようだが、確かに彼らならばアーチャーの足止めにはうってつけだ。下馬している状態の彼らの戦力を補っている。
 ようやくアーチャーがもう一人、敵を仕留めたそのときにつくしが瞬時に部屋の中に入り、アーチャーの背後に回った。そこからつくしはダーツの矢と化した紙飛行機をいくつも投げつけた。だがアーチャーはつくしの侵入を予測していたため、回避には何の問題もなかった。だが、アーチャーが避けると同時につくしは一気にアーチャーとの距離を詰めた、が急につくしがアーチャーの視界から消えてしまった。しかしアーチャーは見極めていた、つくしはアーチャーの頭上から幽鬼のように迫り、手にしていた扇でアーチャー目掛けて振り下ろす。それでもアーチャーは難なくつくしの攻撃を避け、さらに他の待ち構えていた鮮血兵の攻撃もあっさりと避けた。アーチャーとつくしの距離が開くと、残った鮮血兵もつくしとともに横一列に並んだ。これでアーチャーからこの部屋唯一の出入り口を塞ぐ形となった。

 「うわ~、すんごいショック。今のちょっと自信あったんだけどな~」
 「サーヴァント相手に一撃入れようなんて百年早いんだよ。あんたの身体能力が他と比べて桁外れなのに、そんな贅沢は言うもんじゃないぜ」
 「だって~、おたく相手にするの、めっちゃ疲れるもん。だからさっさと殺したほうが早いかな、って思っただけ。いい加減、面倒だもん」
 「相変わらずそれかよ・・・・」

 アーチャーは変わらず自堕落で何でもかんでもデッドオアアライブな解決法のつくしに少し呆れてしまった。とはいえ、彼女の言っていることも間違いではない。まず、殺す気でかからなければ逆にこっちが殺されてしまう。戦いとはそういうものである。
 気を取り直して、アーチャーは一つつくしに尋ねた。

 「どうでもいいけど、周りのこいつら、妙に強くなってないかい?」
 「そ~お?」
 「そうさ。昨日の無駄撃ちに比べて弓術も少し上がっている。しかも動きに切れもある。一日経ってそこまで変わるもんでもないだろ?」
 「う~ん・・・・・・そう言われてもな~・・・・・・」
 「そいつらの強さの原因、そいつらの体にある数字に関係あるだろ?多分、数秘術ってやつで間違いないよな?」

 アーチャーの言う数秘術とは、数の配列によって運命を読み解く神秘の秘法。古くは旧約聖書のモーセの時代より伝わっており、今日においては占いなどにも多用されている。鮮血兵の体に描かれていたのは、まさしくそれである。

 「多分、体に数字を描いてそいつの運命に介入することで、そいつ自身の潜在能力を大きく引き出すってやつだろうな。けど、ただの数秘術じゃそこまでの芸当は少し無理難題だろうな。強化するだけなら単純な強化魔術を使えばいいだけの話だしな。多分、それを引き出してんのが数字の色じゃないのか?そいつが何なのかははっきりわからないが、そいつが数秘術の効力を高めているんじゃないのか?」

 アーチャーと向かい合っているつくしは締まりない顔で頭をボリボリとかくだけで、何も喋らなかった。

 「言っておくが、黙っていても意味ないぜ。あんたがとぼけた顔をしていようが、こっちはあんたが今、頭の中がゴチャゴチャになって、それでいて脈が早くなっているのが手に取るようにわかるからな」
 「・・・・・・・・ふぅ。そこまでわかっているんじゃ仕様がないか。うん、ほとんどおたくの言うとおりだよ。大体80点ってとこ?よかったね、おめでとう」

 観念したつくしはあっさりと白状し、アーチャーに拍手を送ったが、拍手どころか言葉にも気持ちが全くこもっていなかった。

 「もっと言えば、色はラッキーカラー?みたいなもん。実際に風水でも色ってさ、結構重要じゃん。お嬢はそこに目をつけて、そいつの持つ数字に・・・・・・えーと、確か・・・・色を、どうするんだっけ?数字にこう・・・・色を塗ってさ、あー・・・・パワーアップするじゃん?」
 「要するに、描く数字は個人個人で違うから、そいつの数字に合った色を塗って数秘術の効果を最大限に発揮する、でいいのか?」

 要領を得ないつくしの説明に呆れたアーチャーは彼女に代わって、その効果をなぜか自分で説明するのだった。

 「よくわかんないけどさ、大体そんな感じ。もうさ、普通にパワーアップでいいじゃん」
 「あのな、仮にあんたのご主人の使っている魔術だろ?使用人が自分の主の魔術を理解しなくていいのかよ・・・・?」
 「いいじゃん、別に。そんなむずかしい部分は考えないでさ、結果だけ見ようよ。カンニングさえばれなけりゃ、テストの答え正解ならそれでいいじゃん」
 「ダメだろ、それ・・・・・・」

 完全にペースを狂わされてしまったアーチャー。かなりどうでもいいことだが、周りの鮮血兵も互いに顔を見合わせていた。向こうのペースも乱れているようだ。

 「・・・・・・おっと。あんたらに付き合っているヒマはないや。オレはこれからあんたらを振り切って、オレのマスターのところに一直線に行くからな」
 「・・・・おたくさあ、今自分の状況わかってる?おたく、ここから出られないんだよ?じゃあ脱出なんて無理じゃん」
 「・・・・・・それは、見てのお楽しみってやつだ!!」

 そう言うとアーチャーは身を翻し、一気に後ろの窓へと跳躍した。アーチャーは何も意味もなく数秘術の種明かしをしたわけではない。彼はその間に脱出経路を探っていた。そして、外にそれを見つけた。そこは一番危険地帯ではあるが、他に手段などなかった。そうして、彼は窓を突き破り、そのまま数十メートルの高さのビルから自由落下していった。
 無論、敵がそれを見逃すはずもなかった。別のビルの屋上及び窓から、鮮血騎馬兵が大勢ひしめいている地上から、そしてアーチャーのいたビルから彼の追っ手が矢を大量に放った、その中には無論殺傷能力の高まった紙飛行機もあった。上下左右、あらゆる空間から飛び交う矢、アーチャーは器用にそれらをギリギリで回避する。空間を埋め尽くさんばかりに矢が放たれる中、アーチャーは目的の物を見据える。その視線の先にあるのは、大型のタンクローリーだ。アーチャーはタンクローリーに向けて、一気に番えた矢を三本放った。放たれた矢は金属のタンクを紙でも貫くように刺し貫いた。次にアーチャーは目線をタンクローリーのちょうど上にある電線に向け、そこに向けて矢を射る。
 射られた矢によって、千切れて垂れ下がってしまった電線の切り口から火花が飛び散った瞬間、火花がタンクから漏れているガスに引火し、タンクローリーは大爆発を起こした。その爆風に巻き込まれ、地上の鮮血騎馬兵も大勢吹き飛ぶ中、さらに爆発によって電線や街灯が何本か倒れ、その倒壊に下にいた騎兵たちも巻き込まれた。
 爆炎が燃え盛る中、アーチャーはいつの間にか姿を消していた・・・・



 「そうですか。アーチャーには逃げられましたか」
 「いや~、まいったわ~。まさかあんな爆発起こすなんて思ってなかったや、うん」

 携帯電話で筑紫と連絡を取っていた一郎は、彼女から事の次第を聞いていた。アーチャーが飛び降りた地点に一郎のいたビルは面していなかったため、彼はタンクローリーが起こした爆発しか見えていなかった。

 「どうやら、その爆発は騎兵たちに対する威嚇、迎撃及び目晦ましを兼ねていたようですね」
 「目晦まし?」
 「ええ。彼は爆炎に紛れて、着地地点の近くにあったマンホールから脱出したのでしょう。流石に、マンホールの中では馬は乗れませんからな。いやはや、一杯食わされましたね」

 なお、アーチャーはこのとき爆音によってまたもや聴覚がしばらく麻痺してしまったが、他の感覚を駆使すれば、地下水道から沙織たちのいる場所へ移動することなど朝飯前である。しかも、狭い地下水道では鮮血騎馬軍団の数の利を活かしきれない。

 「仕方ありません。つくしさん、一緒にいる兵士たちを伴ってすぐに合流しましょう。場所はわかりますね?」
 「ごめん。忘れた」
 「・・・・・・・・○×△ビル正面(アーチャーのいたビル)です。アーチャー様の行き先は決まっていますので、わたくしたちは地上から参りましょう。それでは、○×△ビルの前で待っています」
 「ほ~い」

 一郎はつくしの怠惰にも顔色を変えることなく、集合場所を強調してから手にしていた携帯を切った。

 「アーチャー様に逃げられたのは不幸中の幸い、ですかな・・・・何やら先ほどから嫌な胸騒ぎがしていましてな・・・・お嬢様に何かなければよいのですが、こうなると大体悪い事が起こりますからな・・・・」

 一郎の過去の経験則による予感は正しかった。すでにシモンとランサーの二人が乱入し、このときにはライダーに戦いを仕掛けていたのだ。

 「・・・・・・あなたとあなた、それにそこの方とその隣の方。わたくしについてきて下さい。急いで所定の場所に行きましょう」

 一郎は随行する鮮血兵を選抜し、彼らも声に出さなかったがそれに同意し、一郎たちは足早にその場から立ち去った。
 そして、現在に至るのだった。



[9729] 第九話「七騎集結」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2009/12/23 18:16
 突然のアーチャーさんの出現に、わたしを含むその場にいた全員、ランサーやライダーも戦いを止め、視線をアーチャーさんに向けていた。

 「アーチャー、さん・・・・」
 「よっ!どうやら怪我はないみたいだな。サーヴァントの方はどうだか知らないが、そこにいるマスター二人は普通の魔術師に比べれば良心的だな。まあ、管理人と魔術協会から派遣されたやつじゃ、事を荒立てるようなことをしないのは当たり前か」

 相変わらず余裕たっぷりな態度のアーチャーさん。たしかに、守桐神奈さんはもちろん、ランサーのマスターであるシモン・オルストーも荒々しい見た目とは裏腹に、わたしに何か危害を加えるということは一切してこなかった。
 そうしていると、ランサーが口を開いた。

 「よお。待っていたぜ、アーチャーさんよ」
 「あんたか、最速を誇るサーヴァント、ランサーってのは」
 「ああ。会ったことのないオレのためにわざわざ自己紹介をありがとうよ。ついでに言っておくと、そこのお嬢ちゃんたちのそばにいる柄の悪いヤツがオレのマスターのシモンだ。よろしくやってくれや」
 「おい、ランサー!“柄の悪い”は余計だ!!せめて“ワイルドな男”に言い直せ!!」

 しかし、シモンの抗議は軽く無視されてしまった。本人もうなだれるだけで、それ以上は何も言わなかった。

 「とにかく、オレはテメエと会うのを楽しみにしていたんだぜ。だから、こうしてライダー相手に適当に時間を潰していたってワケだ」
 「ほう・・・・・・?俺はただ貴様の暇つぶしにつき合わされただけ、か・・・・?」
 「そう気を悪くすんなよ、大将。言葉の綾ってヤツだよ。少し遊び足りない気もするけどな」
 「・・・・・・フン。まあ、いい。貴様が本懐を遂げた後でたっぷりと思い知らせてやるまでだ」
 「おっ!オレとアイツとの戦い認めてくれるのか?てっきり、後回しにされて腹を立てるかと思っていたんだがな。なんにしてもありがてえ。そういうわけだ。オレと付き合えや、アーチャー」

 不機嫌なのかそうでないのか、ライダーが何を考えているのかわたしにはわからない。けれど、ランサーはアーチャーさんとの戦いに心を弾ませていた。そして、ランサーを囲んでいる空気が一変し、その猛獣のような視線をアーチャーさんに投げかけた。

 「随分とけんかっ早いやつだな・・・・けど、そういうやつも嫌いじゃないぜ」
 「そいつはどうも。オレのアプローチに応えてくれて感謝するぜ」
 「別に、オレはあんたの腕自慢なんかどうでもいいんだがな・・・・まあ、どっちみちオレが断ろうとしても、あんたはそれを許さないだろ?」
 「ああ。オレたちはサーヴァントだ。互いに見えたらやることはただ一つ。どちらかが斃れ伏すまで死合うことよ!テメエの弓術が上か、オレの武技が上か、勝負!!!」

 そう言って、ランサーは手にしていた槍を投げるつもりなのか、その場で大きく振りかぶった。たしかに、あれだけの戦いをやってのけたランサーならば、あそこからアーチャーさんのいるところまで槍を投げつけることは可能かもしれない。
一方、アーチャーさんは、柳のようにユラユラと揺れると、電柱から落ちてしまった。
 その瞬間に、勝負は既に着いてしまった。ランサーが構えていた槍と盾を落とした瞬間に、アーチャーさんは着地した。いや、落ちたのは槍と盾だけじゃない。兜も落ちており、頭には深々と矢が突き刺さっていた。ランサーはその体をしばらく震わせると、そのまま倒れてしまった。
 アーチャーさんは何食わぬ顔をして、こっちに向かってくる。

 「あんたがライダーか」
 「いかにも」
 「そうか。あんたの手下どもには散々世話になったな」

 アーチャーさんは倒れたランサーに目もくれず、ライダーにその視線をぶつけていた。

 「見事な弓の腕前だったな、アーチャーよ。その腕、気に入ったぞ。もっとも、あれが全てというわけではあるまい?」
 「ちっ。さすがにお見通しかよ・・・・ランサーをオレにぶつけて、オレの力量を測っていたのか、やっぱり・・・・」

 そうだったんだ・・・・だからライダーはあっさりと、自分の気に食わないランサーの要望をあっさり認めたんだ・・・・

 「さすがにあの一射だけで貴様の全てを見極めようということ自体が早計だったようだな。だが、腕は悪くないぞ、アーチャー。貴様がその気ならば、オレの部下にしてやってもいいぞ」

 え?何言ってるの、この人?いきなりアーチャーさんを勧誘し始めたんだけど・・・・?それにさっきもランサーと戦っていたときに“申し出を断った”みたいなことを言っていたけど、あれってそういうことだったの?

 「おお、そうだ。俺としたことが迂闊だった。最初から脱落を促すのではなく、小娘とアーチャーをこちらに引き入れてしまえばよかったのだ。神奈、貴様もそれでよかろう?そちらのほうが貴様にとっても都合がいいはずだ」
 「お断りします」
 「何故だ!」

 いきなりライダーに話を吹っ掛けられた守桐神奈さんは、あっさりとライダーの提案を却下。ライダーも神奈さんの返答に理解が苦しいといった面持ちだ。

 「私がこの子に手を引くように言ったのは、この子が一般人だからよ。聖杯戦争に関われば関わるほど、危険も増すわ」
 「そんなもの、大した問題ではないわ。俺がいれば危険などあってないようなもの。アーチャーがいれば百人力ではないか?」
 「そういう問題じゃなくて・・・・・・とにかく、ダメなものはダメよ」
 「・・・・・・おのれ、頑固者め・・・・」

 悔しそうに歯噛みをするライダー。この二人、仲がいいのか悪いのか、だんだんよくわからなくなってきた・・・・

 「そうだ。こういうのは本人意思が大事なのだ。おい、小娘にアーチャー。貴様らはどうなのだ?」

 へ?わたし?なんかこの人、わたしに聞いてきたんですけれど・・・・どうしたらいいんだろう、わたし?

 「小娘、この女に言われたから参加しません、というのは通用せんぞ。ここは自分の意思を示してみよ」
 「だから、ライダー・・・・・・!」
 「アーチャーよ、あまり気を悪くするな。この女はこうだが、これでもまあまあいい女だ。許してやれ」
 「“まあまあ”は余計よ・・・・・・!」
 「大丈夫だ。あんたも十分いい女だ。それはオレが保証する。けど、もう少し頭を柔らかくしようぜ」
 「・・・・・・どうせ、私は頑固者よ。ええ、昔から要領が悪かったわよ・・・・」
 「悪い。少し言い過ぎたみたいだ」
 「アーチャー、気にするな。何度も言うようだが、この女はこういう女だ。それとアーチャー、この女の機嫌を直す方法を知っておるのだが、聞くか?」
 「ライダー!!!!!」

 えーと・・・・・・・・さっきまでの戦闘ムードは、どこいったんだろう?アーチャーさんも、神奈さんも完全にライダーのペースに飲み込まれているような・・・・

 「それはそれとして、小娘。貴様はどうするのだ?」
 「え?えーと・・・・・・神奈さんに同じこと、先輩にも言われたんですけど・・・・まずは先輩・・・・・・」
 「神奈、よかったな。貴様の仲間がいたようだぞ」
 「ライダー。言っておくけれど、その子の先輩だっていう人物も聖杯戦争の参加者よ」
 「ならば、その先輩とやらも、そいつのサーヴァントも俺の部下にしてやろう。それで問題なかろう?」
 「だから・・・・・・・?」

 今度は先輩、狩留間鉄平やアサシンまで巻き込もうとしている・・・・・・普通に先輩とアサシンが渋い顔をしているのが目に見えていた。しかも、シモンも必死に笑いを堪えているし・・・・
 ちょっと待って!そういえば、どうしてこの人は自分のサーヴァントがやられたのに、そんなに平然としていられるの・・・・!?

 「テメエら・・・・・・・オレを無視してんじゃねえ!!!!」

 怒号とともに、倒れたはずのランサーが起き上がってきた。
 その光景に驚愕し、戦慄したわたしは、一気に腰が砕けてしまい、その場にへたり込んでしまった。

 「あの・・・・・・サーヴァントって、不死身なんですか・・・・?」
 「いいえ。たしかにサーヴァントは受けた傷は常人に比べて自然治癒が異常に早いけれど、決して不死身じゃないわ」
 「サーヴァントだって心臓をぶっすりやられたり、首をばっさり斬り落とされたりすれば当然死ぬ。そして、死んだサーヴァントの肉体は消滅する。聖杯戦争の常識だ、覚えておきな」

 神奈さんの態度は平静そのもの。そういえば、この人はランサーの正体に関して、ある程度の心当たりがあったみたい。だから、そのマスターであるシモンは当然、平気だったんだ。
 そして額に矢の突き刺さったランサーは、男らしい口調や態度に似合わず、綺麗な顔をしていた。というよりも、顔のつくりが男の人というよりも女の人のそれだった。しかも、赤い髪の毛まで滑らかで、柔らかそうで、すごく綺麗だ。

 「なんだ。あんた、起きていたのか?」
 「貴様は少々はしゃぎすぎだ。もう少し寝ていていいぞ」
 「うるせえ!」
 「そう言うなよ、人の親切は素直に受け取っておくもんだぜ?」
 「何でそこでテメエがライダーのフォローをするんだよ・・・・!?」

 二人に茶化され、怒りの熱が急上昇していくランサー。こうして見ていると、さっきまで殺し合いをしていたようには見えない。
 ともかく、そんなランサーをアーチャーさんがなだめ始めた。

 「まあ、ひとまずは落ち着けよ。“ギリシャ無双の勇者”さん」
 「チッ。やっぱバレたか。まあ、こんなもん見せ付けられりゃ、仕方ないか」

 半ば怒り心頭だったランサーは、アーチャーさんの言葉を聞くと、急にその沸点は一気に下がっていった。すると、頭に刺さっていた矢を掴んで、それをズルズルと引き抜いた。矢の刺さっていた場所には、傷痕の一つもなかった。
 何食わぬ顔をしているランサーにわたしは驚愕した。

 「・・・・・・・・ふう。死なねえのはいいが、痛えことに変りねえんだよな、っと」

 ランサーがそうぼやくと、地面に落ちていた槍と盾、兜を拾い上げた。しばらく、手にしていた兜を見つめていたけれど、それを装着することはなかった。

 「・・・・・・どういうつもりだ?」
 「別に。ないよりはあったほうがいいんだろうが、こっちのほうがすっきりするんでな。そうそう。狙うんだったらキッチリ、ここか、ここを狙いな。そうすりゃオレを殺せるぜ」

 ランサーが指を差した場所は、左足、そして右足の踵よりちょっと上の部分だった。その場所って確か・・・・アキレス腱、だったよね?

 「やっぱり、ランサーの正体は英雄アキレウスなのね」
 「あーあ。あのばか。あっさり自分の弱点ばらしやがって。まあ、あんなもん見せられて、隠し通せってほうが難しいって話だよな」

 シモンも苦笑してはいたけれど、彼もランサーの正体をあっさりと認めた。
 わたしはそのアキレウスって人物のことをよく知らない。知っていることといえば、伝説のトロイ戦争に参加した英雄で、その最後は後にアキレス腱と呼ばれる場所を射抜かれて死んだ、ということぐらいだ。けれど、ランサーのあんな神懸かり的な強さを目の当たりにした今、彼の弱点だというアキレス腱が非常に小さな的のように思えてきた。

 「いいのか?油断していたら死ぬぜ?」
 「油断じゃねえよ。それにオレは、オレの体のことがあのときよりもよくわかってきた。むしろ、オレからすればちょうどいいハンデさ」
 「言うねえ、あんたも・・・・」

 先ほどの漫才のようなムードから一転して、辺りの空気が張り詰めてしまった。アーチャーさんもさっきに比べてランサーに近い位置にいるため、迂闊に動けない。確かにアーチャーさんは剣も使えるけど、ランサーの戦いを見ていると、どうしてもアーチャーさんの分が悪いように思えてくる。

 「アーチャー。貴様、俺の擁護をしたということは、俺の傘下にはいる、という意思表示で間違いないな?」
 「いや、あんたを弁護したつもりは全くない。それに、か弱い女の子を脅迫したり、人の邪魔をしたりするようなやつの下につくつもりはないね」
 「フン・・・・・・我が要求に応えぬというのならば、敵として殲滅するまでよ」

 先ほどまで熱心に勧誘していたのに、自分の仲間になるつもりがないことがわかった途端に、ライダーはアーチャーさんにまで敵意をむき出しにしてきた。そして、わたしは改めて思い知った。彼があらゆる地域を征服し、支配してきた覇王チンギスカンであることを。

 「意気込むのはいいがよ、ライダーさんよ。オレとの戦いでそっちの配下も随分削られたじゃねえか?」
 「フン。減ったのならば、また増やせばいいだけの話だ」

 そう言うと、ライダーの左手にはいつの間にか小さな尖ったものが握られていた。そして何を思ったのか、ライダーはそれを自分の右手の手のひらに思いっきり突き刺した。刺さった瞬間、わたしは思わず目を逸らしてしまった。
 それから、恐る恐るライダーのほうへ顔の向きを戻すと、彼は手のひらを下に、右手を前に掲げていた。そして、右手の傷口から血の雫が一滴流れ落ち、それは地面に落ちた。すると、雫が落ちたところから、あの全身が血の色をした、いやむしろ血そのものの騎馬軍団が大勢出現した。
 それを見た神奈さんは、かなり複雑な表情をして頭を抱えていた。

 「へえ。ソイツらはそうやってできんのか」
 「そして、それがあんたの宝具ってわけか」
 「うむ。我が“鹿妃の骨矢(コアイ・マラル)”によりいでし“大いなる鮮血騎団(イェケ・ケシクティ)”は我が命ある限り、我が障害となるものを全て駆逐し、遍くを蹂躙しつくすのだ。貴様らも、すぐに平伏せてやろう」

ほ、ほうぐ・・・・?こあい・・・・?いえけ・・・・?よくわからないけれど、あんな風にライダーが、あの尖がっているもので手のひらに傷をつけて、そこから血を流すことであの騎馬軍団を呼び出していることだけはよくわかった。よく考えたら、何度でも騎馬軍団を呼んで数を増やして、それでまた減ったらまた呼んで、なんていうことを繰り返されたらいくらアーチャーさんやランサーが強いといっても、数で押されてはいつか限界が来る。そういう意味では、ライダーのあの能力は厄介極まりないものだ。
ともかく、アーチャーさん、ランサー、ライダーの三つ巴が間もなく始まろうとしているそのとき、わたしの体に悪寒が走った。

 「なんだ?なんか聞こえてきたぞ・・・・?」
 「はあ?何寝惚けたこと言って・・・・いや、そうでもないか」
 「まったく、今日はよく割り込まれる日だな・・・・」

 サーヴァントたちも何かが来ることを感じ取っているようだ。わたしがあの悪寒を感じると、大体サーヴァントが現われるみたいだ。

 「やっぱり・・・・・・・!何か、来る・・・・・・!!」
 「ちょっと!何か来るって、まさか・・・・・・!?」
 「おい、あっちのほうだ!」

 シモンが指し示したその方向から、地獄から響いてくるような叫び声が聞こえてくる。そして、その方向では、血の体をした兵士たちが吹き飛んでいるのが目に見えた。

 「■■■■■■■■■■■■■■■――――――――――――!!!!!!!!!」

 その叫び声は、わたしが聖杯戦争に身を投じるきっかけとなったあの大男のものだった。



 アーチャーが沙織たちの下へ到着する前である。繰り広げられる剣の英霊、セイバーと魔術の英霊、キャスターの一騎打ち。だが、それは戦いと呼ぶにはあまりにも、戦いとして成立していなかった。キャスターは転移をしては光弾をセイバーに打ち込む、転移してはまた光弾をセイバーに撃ち込む、といった戦法を繰り返していた。いや、戦法というよりは作業に近いかもしれない。しかし、キャスターの放つ攻撃は次々とセイバーの剣によって弾かれてしまい、しかも攻撃が当たったとしても、そのダメージは微々たるものであった。
 早い話が、両者ともに膠着状態に陥っているのだ。キャスターはセイバーに一方的に攻撃しているように見えてその実、ダメージらしいダメージは全く与えられず、逆にセイバーは致命傷を追うことはないが、キャスターが転移ばかりしているので攻撃に移れないでいた。

 「豪語していたわりには、随分と小細工ばかり弄するな」
 「そうとも。何しろわしは脆弱な魔術師の英霊じゃからのう。こうでもせねば、聖杯戦争を勝ち抜くことができないのじゃよ」
 
 この会話が続けられている中においても、キャスターが攻撃し、セイバーがそれを防ぎ、キャスターが転移して、を繰り返していた。

 「それよりも貴様の方こそどうした?わしを成敗するのではなかったのか?その割には攻撃らしい攻撃などしておらぬではないか」
 「貴様の攻撃のほうがどうした?塵も積もれば山となる、を実践しているつもりか?そんな攻撃では塵もできぬぞ」

 命のやり取りの中にあっても舌戦を繰り広げる二人。だが、キャスターの動きに変化が生じた。

 「確かに、これの繰り返しでは貴様を倒すことなど叶わぬな。じゃが、わしはいくら時間をかけても痛くも痒くもないのじゃが、いい加減億劫になってきた。ここで決めさせてもらうぞ」

 すると、キャスターが両手を天高く掲げると、両手に熱気が収束していき、それが巨大な火球となった。

 「凄まじい魔力だな・・・・並の人間ならばひとたまりもないだろう。だが、これでも身に傷を負わせることはできても、決定打にはならぬぞ」
 「何を言う?今からこれをその並の人間にぶつけるのじゃ」

 キャスターの視線はセイバーの後ろに立っているサラに向けられていた。

 「貴様を倒すことはできずとも、貴様のマスターさえ打倒すれば貴様を打倒したも同然じゃ!!」

 キャスターの放った火球はセイバーの横をそのまま通り過ぎ、サラ目掛けて一直線へと飛んでいった。だが、サラは燃え盛る炎を目にしても動じないどころか、逆に不敵な笑みを浮かべていた。
 すると、いつの間にかサラの両手には二つの小瓶が握られていた。サラはその小瓶の蓋を開け、その中身を振りまくと、小瓶から靄が溢れ出し、その靄が火球を防ぐ。

 「それで?並の人間って誰のことかしら?」
 「む?わしの魔術を防いだ、じゃと?」

 キャスターにとっては少し意外ではあったが、驚いている様子はなかった。むしろ、感心している様子だ。

 「その靄・・・・・・花の密や花粉で生成されておるようじゃな」
 「ええ、そうよ。私がこの手で育て上げた花に私特製の生成法で練り上げた香気よ。魔力を込めれば、色んな用途に使えるわよ」

 サラの家、エクレール家は元々薬草の取り扱いに長けた一族であった。魔術と薬草は切っても切り離せぬ関係にある。そのため、エクレール家は草花に関する魔術のスペシャリストとして魔術の世界でも一目置かれる存在となった。

 「わしの魔術を防ぐとは見上げたものじゃ。しかし、どうやら威力はわしの方が上回っておるようじゃのう」

 キャスターの言うように、彼の火球がサラの靄を徐々に押してきている。靄が破られるのも時間の問題だろう。

 「そんなことよりも、貴方のほうこそよそ見していてもいいのかしら?」

 キャスターが気付いたときには、セイバーがすぐそこまで迫ってきていた。セイバーの剣がキャスターに向けて振り下ろされたが、キャスターは寸前のところで転移し、難を逃れた。

 「そこよ!」

 サラがキャスターに向けて何かを投げつけた瞬間、とうとう火球が靄を破った。しかもキャスターに投げつけられた何かは彼の足元に落ちてしまった。火球はその威力を弱めることなくサラに迫っていったが、彼女は飛びのいてそれを避けた。そのとき、彼女が何かを口ずさむと、キャスターの足元から蔦が伸び、それがキャスターを拘束する。サラが投げつけたのは、呪文を唱えれば爆発的に成長する特殊な種であった。

 「フン。この程度で・・・・」
 「今よ!セイバー!!」
 「うむ!」

 そして動きを封じられたキャスターに再び迫るセイバー。キャスターはその指先から光線をセイバーに向けて放つが、その攻撃もあえなくセイバーに避けられてしまった。そうして、セイバーの剣が横一文字にキャスターを切り裂いた。

 「グ・・・・・・ガアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!」

 あたりにはキャスターの絶叫が響き渡った。がしかし、苦痛にゆがんだキャスターの顔が、瞬時に不敵な笑みへと変わり、そしてキャスターの姿が消えた。

 「やった・・・・・・わけないわよね」
 「うむ。我々が今まで相手にしていたのは、キャスター本人ではなく単なる傀儡であったようだ」

 先ほどまでキャスターがいた場所にはただ、その傀儡の残骸が残っているだけだった。

 「敗れる要素などない。いくら時間をかけても構わない。確かに、奴の言うとおりだったな」
 「まあ、いいわ。それよりも、キャスターが張った結界が消えていくみたいだわ。どうも、さっきの傀儡が結界の基点だったみたいね」

 サラの言うように、この場所ととある場所を覆っている結界が消滅していった。あのキャスターの傀儡が結界の基点であると同時に、その番人を務めていたようだ。

 「そういえばサラ。先ほどは助かったぞ。おかげで、傀儡といえどもキャスターを討つことができた。礼を言う。しかし・・・・」

 セイバーは柔らかな笑みを浮かべたが、その次の瞬間には彼の顔が少し曇ってしまった。

 「キャスターの攻撃を防いだ後のことだが、あれは少々危なかったのではないのか?下手すれば、無事では済まなかったぞ」
 「何よ。私に説教でもするつもりなの?こうして無事なんだからいいじゃない」
 「いや。身はそなたに説教するつもりなど毛頭ない。むしろそなたが無事でよかったと思っている。むしろ身がそなたに助けられたような形なのだから。だが、そなたにもしものことがあれば・・・・」
 「あら。私がそこまで頼りないかしら?それとも何?信頼できないの?」
 「誰もそうは言っていない。身はそなたにサーヴァントとして全てを捧げているつもりだ。身がこうして、そなたの傍にいることが何よりの証だ」
 「だったら、それでいいじゃない。貴方が本当に危ないと思ったら、サーヴァントとして私を助けなさいよ」
 「無論、そのつもりなのだが・・・・」
 「だったら話はこれでおしまいよ」
 「うむ・・・・」

 最後は半ば押し切られる形で少々情けない姿となってしまったセイバー。今のこの二人はマスターとサーヴァントというよりは思春期の娘とその父親、といった構図である。

 「そんなことよりも、セイバー。これ見て」

 さらに促され、セイバーは彼女の傍へ歩み寄る。そして、彼女の指し示した先を見る。

 「どう思う、これ?」
 「うむ、随分と妙なことになってきたものだな・・・・」

 サラとセイバーはビルの屋上から地上を見下ろす・・・・



 セイバーがキャスターの傀儡を打ち倒したちょうどその頃、バーサーカーから身を隠していた狩留間鉄平とアサシンを閉じ込めていた結界がとうとう消えた。

 「結界が、消えた・・・・・・?」
 「どうやら、何者かがこの結界の基点を破壊したようだな」

 誰が、何のためにキャスターの結界を破ったのかは、この際どうでもよかった。大切なのは、一刻も早くこの場から離れることだ。
 だというのに、アサシンは遠くに視線をやっていた。

 「アサシン?どうしたんだよ?」
 「ああ。鉄平。あの方角を見てほしい」
 「?一体、あそこに何があるっていうんだ?」

 鉄平はアサシンが示した方向に、目を凝らして見つめた。その方向にはバーサーカーはいない。鉄平の視力や聴覚は常人に比べれば、高いレベルであるが、さすがにアーチャーやアサシンなどには敵わない。とはいえ、距離が距離なのではっきり見えるわけではないが、視線の先には人垣らしきものが確認できた。ただ、最初はそれが全体的に赤かったので、何かの壁かと思ったが、すぐにそれがなんなのかわかった。

 「あそこの先にいるのってまさか、ライダーの・・・・?」
 「そうだ。もし、奴の真名がチンギスカンならば、あの軍団も大陸を震撼させた騎馬軍団で間違いなかろう」

 鉄平もアサシンもライダーの正体を見破っていた。ただ、彼らがわからないことは一つだけある。それは、ライダーの軍団が何故この場にいるのか、だ。

 「大体、あそこで何やっているんだ?」
 「そうだな。何者かと戦っているというのならば、もう少し動きがあってもいいはずだ」

 この時点で、彼らはまだあの先に沙織たちがいて、さらにライダーを含む三騎のサーヴァントがいることを知らない。

 「・・・・・・動かないのは、何か理由でもあるのか?」
 「おそらくは、何かを見張っているか、あるいは何かを囲っているか、のいずれかだろう。少なくとも、現状ではその“何か”が何なのかはわからぬが」
 「まあ、とにかく現状では手出ししないほうがいいかもしれないな。さすがのお前でも、ライダーとバーサーカーの二人相手じゃどうしようもないだろう?」
 「いや。ここはあえてあそこへ突貫しよう」
 「・・・・・・・・は?」

 アサシンの発案を聞いてしまった鉄平は、思わず口をポカンと開けて呆気にとられてしまった。

 「アサシン、お前・・・・・・!!」
 「何も某自身が刃を繰り出して敵を屠るだけが戦に非ず。状況を利用して敵を葬るのも戦。某たちがライダーたちのいるあの場所へ向かえば、バーサーカーもいやでも目にするだろう。上手くいけば、バーサーカーとライダーをぶつかるやもしれぬ。よければ、そのどちらかが潰れてくれれば御の字だ」
 「なんていうか、思ったよりもセコイな。お前・・・・・・」
 「兵法というものは、そういうものだ。それに、奴らがあそこで何をしているのか、確かめるのにも丁度よい。それで、鉄平。どうするのだ?」

 アサシンが鉄平に最終決定を仰ぐ。鉄平は一呼吸置いてから、結論を出した。

 「わかった。それでいこう。いつまでもここにいるわけにはいかないし、どちらかのサーヴァントが倒れてくれれば、こっちにとってもありがたいからな」
 「決まりだな。では、ここからあそこまで行くときはなるべく、バーサーカーの目に付くようにしろ。そして、バーサーカーが追い始めれば、バーサーカーを引き離し過ぎないように。かといってそれに気をとられすぎて、追いつかれてしまえば本末転倒だ。問題ないな?」

 鉄平が頷くのを見て、アサシンは言う。

 「では、行くぞ」

 そして二人とも、隠れている場所から飛び出した。それからしばらくすると、ちょうどバーサーカーが振り向き、二人に反応して追い始めた。

 「確かに追ってきたはいいけど、この分じゃいつでも引き離せるぞ」
 「無駄口を叩くな」

 確かに、彼らを追っているバーサーカーは走っていることは走っているのだが、速度としては普通にランニングしているのと変わりはない。逆に鉄平たちは追いつかれてしまえば一貫の終わりであるために、気を抜くことは許されない。
 そんなこんなでつかず離れずの逃走をしてから大分経つと、とうとうライダーの鮮血騎馬軍団が目前に迫っていた。騎馬軍団も鉄平たちに気付いたのか、一斉に矢を放ってきた。むろん、鉄平もアサシンも易々とこれに当たるような者ではない。
言うまでもないが、バーサーカーも騎馬軍団の攻撃の射程内に入ろうとしていた。するとバーサーカーはどういうわけか、一度立ち止まると、何度も地面を踏み鳴らすと、突然弾き飛ばされたかのように鉄平やアサシン、騎馬軍団目掛けて突進してきた。

 「あいつ、牛か!?急に突っ込んできたぞ!まさか、あいつらに反応したからじゃないだろうな?」
 「鉄平よ。牛が赤い物を見ると興奮する、というのは全くの出鱈目だ。興奮するのはむしろ、人間の方で・・・・」
 「アサシン。うんちく垂れ流しているお前のほうがよっぽど無駄口だぞ」
 「うむ。とにかく、速度を上げるぞ」

 前方には矢を大量発射するライダーの騎馬軍団。後方には怒涛の勢いで突進してくるバーサーカー。鉄平とアサシンは当初の手順どおりに、騎馬軍団へと向かっていく。先ほどとは比較にならない速さで騎馬軍団へと接近していき、さらに雨のように降ってくる矢をも巧みにかわしていく。とうとう矢ではどうしようもない距離まで達したのか、最前列にいる鮮血騎兵たちが鉄平やアサシンを迎え撃つべく、刀を準備した。
 そしてとうとう、鉄平たちと騎馬軍団が自分の得物で切り結び始めた。なお、鉄平の右手にはいつの間にか彼の愛刀が握られていて、それを持って騎馬軍団を迎え撃った。
余談だが、鉄平は常に自分の刀を持ち歩いている。だがそんなことをすればさすがに人目につく。だからこそ、彼はその刀を特殊な布、姿を消す妖魔の類の皮で作られた布袋に刀を納めている。
 そうして、鉄平もアサシンも鮮血騎兵相手に応戦しながら、騎馬軍団の間をすり抜けるようにして前進していった。そして他の鮮血騎兵たちも射撃を止めていない者もいた。彼らの標的は鉄平でもアサシンでもなく、こちらに向かってくるもう一人の敵、バーサーカーに向けて放っていた。バーサーカーの体に何本もの矢が刺さっていたのだが、それに構うことなく、というよりもそれらの矢が最初からないもののように騎馬軍団に突っ込んでくる。先ほどの最前列にいた鮮血騎兵もバーサーカーを迎え撃とうとするが、彼らの攻撃範囲内にバーサーカーが入ったときには、既にバーサーカーの斧が振るわれており、そして馬の首から上、早い話が彼らの体が丸ごとなくなっていた。それから、残された骸は徐々に形を失っていった。
 それからというものの、バーサーカーは草でも刈り取るかのように彼の前に立ち塞がる鮮血騎兵たちを斧で薙ぎ倒していった。そのおかげでバーサーカーと鉄平たちの距離も大分開いてきた。ほとんどバーサーカーを振り切った鉄平もアサシンも後はライダーに注意すべきだと思っていた。少なくとも、騎馬軍団を抜けきるまでは・・・・



 遠くからバーサーカーの叫び声が聞こえてくると、騎兵たちの脇から先輩とアサシンが出てきた。

 「先輩!アサシン!」
 「野々原さん!?・・・・・・何かとんでもないことになっているみたいだけど・・・・?」
 「アーチャー、簡潔に説明せよ」
 「ライダーとランサーと揉め事になっている。以上」
 「見ればわかる。某はどうしてこうなったかということを聞いておるのだ」

 さすがの先輩も少なからずこの様子に戸惑っているみたいだ。そういえば、先輩が日本刀を持っているんだけど・・・・

 「へえ。今度はアサシンのサーヴァントがお出ましか。コイツが噂に聞くニンジャってヤツか。けど、実力のほうはどうなんだろうな?」
 「なるほど。こやつが小娘の言っていた先輩とやらとそのサーヴァントか・・・・ふむ。サーヴァントのほうは引き入れるのに、苦労しそうだな」
 「・・・・・・主らがランサーとライダーか。しかしランサー、貴様のその言葉は某に対する挑発だと見て良いのだろうが、ライダーのほうは何を言っておるのだ・・・・?」

 どうもライダーはアサシンを引き入れようとしているらしい。アサシンもまさか自分が勧誘されているなんて露ほどにも思っていないのかもしれない。そして、誰もアサシンの疑問に答えることはなかった。

 「■■■■■■■■■■―――――――――!!!!!!!」

 これがその理由だ。バーサーカーの叫びがすぐ近くまで迫ってきた。先輩もアサシンもすぐに飛び退き、二人が出てきた場所にいた騎兵たちは、その場で爆発でも起きたかのように吹き飛んでしまった。そして、そこには青銅色の肌をした覆面の大男が唸っていた。

 「おいおい、アサシン。何連れてきてんだよ?」
 「これも事情あってのこと。主がとやかく詮索すべきことではない」
 「へえ。意外と壮観じゃねえか」
 「ほう・・・・・・何かと思えば、獣か。どうやら、我が下に引き込むような空気ではないな」

 アーチャーさん、アサシン、ランサー、ライダーがそれぞれ口にした。

 「これが、この聖杯戦争のサーヴァント・・・・・・」
 「これは、思ってもみなかったわね・・・・」
 「まさか、ここまで揃うなんて思ってもいなかったな・・・・」
 「結構面白いことになってきたじゃねえか」

 わたしも、神奈さんも、先輩も、シモンも思っていることはそれぞれだけれど、圧倒されていることには間違いなかった。



 「セイバー。貴方もあそこに加わってきたら?」
 「状況次第では、な。今、身があそこに行っても、下手に均衡を破るだけだ」

 サラとセイバーが見下ろしている先には、自分たちとキャスター以外のサーヴァントが地上に集結している。

 「それにしても、これって結構すごいことなんじゃないのかしら?まさか、サーヴァントが・・・・」



 「サーヴァント七騎全てが、一箇所に集まるとはのう」

 サラたちがいるビルからそう離れていない場所に建っているビルの看板の上に、白と青で統一された、神官のようなローブを着た魔術師の英霊、キャスターが立っていた。彼もサラたちのいるビルよりも高い場所にいるのか、自分以外のサーヴァント全てを見下ろす形となっている。

 「さて。どうしたものかのう・・・・?」

 白銀の剣、セイバー。金色の槍、ランサー。深緑の弓、アーチャー。鮮血の騎馬、ライダー。蒼白の英知、キャスター。宵闇の影、アサシン。青銅の中の狂気、バーサーカー。こうして、幌峰を舞台とした聖杯戦争のサーヴァントが、今ここに全て終結した。



~??????~

 どんな流派であれ、道場という空間は心身を鍛えるという目的もあってか、基本的に質素であるが、同時に厳かな雰囲気が醸し出される。それによって当然、身も引き締まることだろう。

???「タイガ~~~~~~~~~ど~~~~~~~じょ~~~~~~~~~!!!!!」

 ただしここ、“タイガー道場”なる不思議空間にも当てはまるかどうか不明だが・・・・

タイガ「というわけでやってまいりました!毎度おなじみタイガー道場をお送りいたしますのはFate真のヒロインであるこの私、藤村大河と・・・・・・・・・・・・・・お~い、イリヤちゃ~ん、どうしたのよ~?せっかくの出番よ~?ここは張り切って自己紹介しなくちゃ」

ロリブルマ「う~ん・・・・いくらこんなへんてこコーナーでも登場できたから嬉しいんだけど、どうして私たち出てこれたの?」

タイガ「うむ。何かさりげなく失礼な発言が聞こえたような気がするけれど、ここはあえて聞き流す。まあ、正直に言えば理由はただ一つ。“やってみたかったから”!!!」

ロリブルマ「うわ・・・・なんてストレート、というよりいつか自爆しそうな動機・・・・」

タイガ「確かに作者もタイガー道場をやろうかやらないか考え中だったこともあったわ。それで一時はやらない方向だったんだけど、ある日突然やりたくなったから晴れて私たちが登場できたというわけなのだ」

ロリブルマ「というか、出れたのはいいんだけれど、具体的には何やるの?小説じゃ主人公がデッドエンドになる、なんて展開はありえないじゃない?」

タイガ「基本的には、この作品の内容の補足とか、そういうことが中心になる予定よ」

ロリブルマ「要するに、あとがきってことね」

タイガ「そうとも言う」

ロリブルマ「それってわざわざわたしたちを登場させるんじゃなくて、普通に自分の言葉で書けばいいのに・・・・それとも何?自分でやると言い訳だらけになるから、わたしたちにそういう後始末をやらせようっていう魂胆なのかしら?」

タイガ「ちょっと、ちょっと!そういう発言はダメ、ゼッタイ!!全国の私たちのファン総勢1億人を作者の敵にするつもりか!?」

ロリブルマ「大体七割以上はわたしのファンなんでしょうけれど、タイガもわかってるじゃない。それで困るのはわたしたちじゃなくて作者だっていうことに」

タイガ「おお・・・・・・やはりブルマは悪魔っ子かー!?」

ロリブルマ「まあ、作者の意図は置いておくとして、こういうコーナーって、別にわたしたちじゃなくてもいいんじゃないかしら?他にも妹とかあの騒がしそうなクラスメートとか使用人コンビとか色々いそうだけれど・・・・」

タイガ「よせー!よすのだー!!それ以上私たちの首を絞めるような発言はやめてくれー!!!」

ロリブルマ「えー?だって、構想として作者の頭の中にあったんだから、仕方ないでしょ?」

タイガ「お・・・・・・おのれ、作者!あとで思い知らせてやるわ!!」

ロリブルマ「というわけで、基本的にはここはわたしたちが取り仕切っていくけれど、場合によっては作者自身の言葉で記述されることもあるかもしれないわ。とりあえず、そこだけは頭の片隅に置いておいてね」

タイガ「む・・・・・・さすが弟子一号・・・・見事なスルースキルよ・・・・・・あ、そうそう。言い忘れていたけど、この第九話と前回の第八話は、本当は一本でまとめる予定だったんだけれど、思ったよりも長くなったからこうして二本でまとめることになったのよ」

ロリブルマ「ようやく本来のやるべきことをやったみたいね・・・・それよりも、そういうことって本当は前回言うべきだったんじゃないの?」

タイガ「コラコラ!そういうことは言わないの!というわけで・・・・」

ロリブルマ「ちょっとタイガ。何終わろうとしているのよ?まさか、今回のわたしたちの役割って、あれで終わりなわけ?」

タイガ「うん?そうよ?」

ロリブルマ「・・・・・・中途半端に長い上に、言いたいことだけまとめるとたった数行・・・・むなしいわね」

タイガ「だ~か~ら~、そういうこと言わない!余計なこと書いたら、それこそ本当に自爆しかねないし」

ロリブルマ「まあ、これで作者も物を書くということが、どれだけ大変なことか身に染みるに違いないわね」

タイガ「うむ。何事でもやってみて、それが作者の糧となるのならば、それでこそ私たちも本望というわけよ」

ロリブルマ「もうここで話せることもなさそうだから、そろそろここでお開きにしたほうがよさそうね」

タイガ「うむ!それでは皆の者!」

ロリブルマ「またね~!」



[9729] 第十話「始まりの誓い」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2009/12/23 18:19
 今、幌峰の街の一角はとある魔術により一時的にゴーストタウンと化している。理由は一つ、ここで秘匿すべき魔術、その一端がここで行われているからだ。そんな人気のない街中を駆け抜ける影があった。その影は奇妙そのものだった。そのうちのいくつかは馬を走らせていた人間の“形”をしたものだ。だが、それは馬も含めて、体中が血の色をしていた。さらに奇妙なのはそれに混じって、馬とそんなに変わらない速度で走っている二人の男女。一人は老紳士、もう一人はどこかの屋敷に仕えていそうなメイドである。二人はこの街を魔術協会から任されている管理人の一族、守桐家に仕える執事の佐藤一郎とメイドのつくしの二人であった。彼らは今、主である神奈のサーヴァント、ライダーが呼び出した鮮血騎兵数騎とともに彼女の下へ向かっていた。

 「けどさ~、お嬢には大将がいるんだから、うちらが行く必要ないんじゃない?」
 「そう言われますが、万が一ということもありえます。確かに、我々が辿り着いたからといって、できることはあまりありませんが、それでも時間稼ぎぐらいはできましょう」
 「うへ~、なんか面倒臭そうだな~」

 つくしは心底嫌そうな顔をして、一郎と並走する。二人とも、結構な距離を走っているが、息切れをしている様子はない。

 「とにかく、急ぎましょう。間に合えばよいのですが・・・・」

 つくしの言葉を無視して、一郎は急ぐ。彼がどうして、神奈の下へ向かっているのかといえば、嫌な予感がしたからだ。事実、今彼女のいる地点には全てのサーヴァントが集結しているからだ。その事実は無論、一郎は知らない。
 だが、彼ら以外にも、その死地になりうる場所へ向かっているものがもう一人いることも、一郎は知らない。そして、その人物が自分たちよりも先にその場所へ辿り着いていることも・・・・



 地上にはアーチャー、アサシン、ランサー、ライダー、バーサーカーが、さらにその場にはバーサーカーを除くそれぞれのサーヴァントのマスターが、その近くのビルの屋上にはセイバーとマスターのサラが、そのまた近くのビルにある看板の上にはキャスターがいた。全てのサーヴァントが揃い、かつお互いに睨み合っているという異常事態。地上にいないセイバーやキャスターが下手に動こうものならば、この静寂は一瞬のうちにして破られてしまうだろう。それほど、絶妙なパワーバランスによって成り立っている膠着状態なのだ。つまりそれは、サーヴァント一体の力がどれほどのものかを如実に示している。

 「ふーむ・・・・流石のわしでもこの展開は読めなんだ。さて、どうしてくれようか・・・・?」

 七騎の中で一番天辺の位置にいるキャスターが色々と思案していた。この場ではどう動くのが最良か、そもそもこの状況は自分にとっては吉と出るか凶と出るか・・・・少なくとも、考えなしにこの場に乱入してしまえば、まず真っ先にやられるのは自分だということを認識している。だからこそ、ここは動かず、状況を見極めることに徹している。万が一のことがあれば、バーサーカーをけしかけるのも手の一つである。

 「む?あれは・・・・・・?」

 キャスターが思考をめぐらせている中、地上をふと見渡してみると、彼の目に何かがとまった。
 そして、それはこの膠着状態が終わりを告げることを意味している。

 「・・・・・・やれやれ。どうやらわしの出る幕はないようじゃのう。仕方ない、一通りこの成り行きを見届けた後に帰るとしよう」

 キャスターは思わず、肩をすくめてしまった。



 わたしが神奈さんたちに囲まれてからどれだけ時間が経ったのだろうか・・・・?その間に色々なことが立て続けに起こり、そしてこの場の状況が目まぐるしく変化した。まず、神奈さんが先輩みたいに聖杯戦争から降りるよう忠告すると、ランサーとそのマスターのシモンが割り込んで、それからライダーの騎馬軍団と対決した。その後アーチャーさんがこの場にやってきた。ここまでで、ライダーがチンギスカンでランサーがアキレウスだということもカミングアウトされた。それからなぜか先輩とアサシンが突然ここに現われて、その二人を追ってきたのか、バーサーカーまでここに出てきた。
 そうして今に至る。ここにいるサーヴァントは全て、お互いに睨み合っていてまったく動かないどころか、喋る気配もない。それがこの場に重い空気を醸し出していた。

 「な・・・・なんだか、みんな全く動きませんね・・・・」
 「そりゃそうだよ。下手に動いてしまえば、ただでは済まないからね。もしそうなれば、この状況も確実に変化する」

 わたしの言葉に先輩が返してきた。けれど、その言葉の意味をわたしはいまいち、ピンと来なかった。
 そんなわたしに声をかけてきたのが、シモンだった。

 「お嬢ちゃん。おまえ、サーヴァントの力がどれほどのもんかよくわかってないだろ?連中の力を甘く見ちゃいけないぜ。連中の力は、おれたち人間がどう足掻いたって敵うわけもねえ。もしかしたら、あいつらがこの場で暴れたりしたら、地図からこの街の名前が消えちまったりするかもなあ・・・・」

 その言葉を聞いた直後、わたしは戦慄してしまった。

 「どうやら、サーヴァントの力がどういうもんか、よぉくわかったみたいだな」

 そんなわたしの様子を見て、シモンは少し含み笑いをした。確かに、アーチャーさんたちは見た目こそわたしたちとそう変わらないからそこまで気にはならなかったけれど、わたしは忘れていた。彼らが過去の物語を生きてきた人たちだっていうことを。それにそういうことは、ライダーの能力や今までのサーヴァントの戦いを見ていたら頷ける。

 “あいつらがこの場で暴れたりしたら、地図からこの街の名前が消えちまったりするかもなあ”

 シモンの言葉が何度もわたしの頭の中で反芻する。

 キエル?
 コノマチガ?
 アノヒミタイニ?

 「オーイ!!あそこがなんか騒がしいぞ!」
 「なーに?けんかでもやってるのー?」
 「マジかよ!?見に行こうぜ!!」

 どこかからか、数人の人の声が聞こえてきた。そのとき、わたしの頭の中で巡っていたものが途切れたと同時に、この場を支配していた静けさが消滅してしまった。

 「・・・・・・このあたりに聖杯戦争に関係のない人間を入り込めないようにしなかったのか?」
 「いいえ。むしろ、一帯の住民には暗示をかけてここ周辺から追い出したし、それに人払いの結界は何重にも張り巡らせたわ」

 先輩に問いただされた神奈さんはそう答える。どうやら、神奈さんはここに他の人が入り込まないような魔術を施していたみたいだ。

 「おい!ランサー!ここにいても仕方ねえ!もう行くぞ!」

 今度はシモンがランサーに声をかけた。確か、魔術って普通の人に知られちゃいけなかったはず。だから神奈さんは魔術を使ってこの場を無人にした。
 無論、サーヴァントたちもさっきの声に反応していた。それで余計、どう動けばいいのか困惑していた節があったみたいだ。

 「・・・・・・チッ!」

 ランサーが舌打ちをすると、一っ跳びでシモンのそばに到着した。そのとき、ライダーは右腕を上げた瞬間に血の色をした騎馬軍団も霞のように消え、バーサーカーもゆっくりとした動きでこの場を去っていく。
 そして、シモンもランサーを後ろに乗せて自分のバイクに跨った。

 「今日は邪魔が入ったが、次はこうならねえように祈るぜ。それじゃ、あばよ!」

 そうして、シモンはバイクを走らせ、そのままどこかへと言ってしまった。そしてアーチャーさんもいつの間にか馬から下りたライダーもわたしや神奈さんの近くに立つ。でも、わたしの目では彼が姿を消しているかどうかわからない。なぜなら、わたしは姿を消している、それを霊体化という状態でもサーヴァントの姿が見えるらしい。
 それからしばらく経っても、他の人たちがここに来る気配がない。

 「あの・・・・一体、どうなっているんですか?」
 「何が?」
 「何がって・・・・・・ここに人が来るんですよ!?アーチャーさん、姿消せないじゃないですか!?」

 これから人が来るというのに、平然としているアーチャーさん。わたしが・・・・魔力、でいいよね?それの使い方が下手だから、彼は他のサーヴァントみたいに姿を消すことができない、らしい。それにアーチャーさんの今の服装は今の人たちと比べると、明らかに時代が違いすぎる。怪しまれるのは目に見えている。

 「そうは言われても、人間の気配なんていくらもないぜ」
 「え?でも、さっき人の声が・・・・」
 「アーチャーの言うことは正しいよ。このあたりに俺たち以外に大勢の人間がいる気配はしない」

 え?え??何がどうなっているの?さっき、何人も人の声が聞こえたはずなのに、アーチャーさんも先輩も口を揃えてそういう人たちはいないという。
 この中では、わたしだけが困惑していた。そんなわたしを見かねてか、神奈さんが言った。

 「確かに“普通”の人たちはこのあたりにはいないわ。けれど、“魔術師”ならもう一人、ここにいるわ」
 「も、もう一人って、シモンならさっきどこかに行ったんじゃ・・・・?」
 「彼じゃないわ。そもそも声が聞こえてきたとき、彼はこの場にいたじゃない」
 「あ・・・・」

 言われてみればそうだ。シモンもあの声を聞いてこの場から去っていったんだから。じゃあ、あれは一体・・・・?

 「ちなみにこの近くにセイバーとそのマスターのお嬢ちゃんもキャスターもこの近くにいるぜ。けど、そいつらでもない」

 さらにわたしは、この場にすでにいないランサーやバーサーカーだけじゃなくて、セイバーやキャスターもいることに驚かされた。つまり、さっきまでここにサーヴァントが全員いたことになる。もし、ここでセイバーもキャスターもこの場に降り立っていたら、今がどうなっていたか全く想像もつかなかった。
 けど、セイバーのマスターのサラじゃないとすると、一体誰なの・・・・?

 「そろそろ出てきたらどうかしら?」

 神奈さんがその姿の見えない“もう一人の魔術師”に当たる人物に声をかけると、すぐに返事が返ってきた。

 「いや、すまない。唐突に出てくるのも驚かせるようで気が引けたので、出てくるタイミングを失ってしまったのだよ」

 聞こえてきたのは、渋みのある深そうな声だった。その声のしてきたほうから、大きな人影が見えてきた。それはよく見てみると、黒いコートを羽織っていて、背の高いがっしりとした体格の男の人。そして何より特徴的だったのは、鮮やかなまでに金色に輝く髪にサファイアのような蒼い瞳。一目見ただけで、外国から来た人だということがわかる。見た目も声と同じくらい渋さがあるけれど、思ったよりも若い感じがした。

 「お目にかかるのは、あなたが来日して以来ね。ブラットフェレス・ザルツボーゲン」
 「ブラットでいい。そちらの方が呼びやすいだろうし、何よりも私が助かる」

 ブラットフェレスト呼ばれたその男の人は、神奈さんに対してとても紳士的な態度で接した。でも、どういうわけかわたしはその人を直視できなかった。

 「それよりも危ないところだったな。ここにサーヴァントが全て揃っていると知った時には肝が冷えると思ったものだよ。仮にサーヴァント全てがこの場で戦い始めれば、聖杯戦争どころではないのだからな」
 「・・・・・・だから、あなたが自分の得意分野を使って、他に人がいるように見せかけたのね」
 「そういう事だ。何より私が助かったのは、ランサーのマスターがこの事に気付いて早急に去ってくれた事だよ。何しろ、この中でランサーが一番好戦的に思えるからな。おかげで、事が拗れずに済んで助かったものだ」

 シモンも気付いていたんだ・・・・ということは、この中で気付いていなかったのはわたしだけ・・・・でも、他に比べて普通の人なわたしが気にしても仕方ないけれど。
 それよりも、物腰柔らかに対応しているブラットに対して、神奈さんは少し気を張っているように思えた。

 「ところで、魂喰いで市井の人々を食い物にしているバーサーカーの背後には、キャスターが潜んでいるそうだけれど、あなたのサーヴァントは何だったかしら?」

 どういうわけか、ここでバーサーカーの魂喰いの話を切り出してきた神奈さん。対するブラットはその間、表情を一切変えないどころか、逆に微笑んできた。

 「恐ろしいものだな。それはさぞ、対応に苦しんでいることだろう」
 「ええ。バーサーカーとキャスターが倒れてくれれば、通常通りの聖杯戦争を行えるんですけれどね」
 「ふっ。それもそうだな・・・・・・」

 神奈さんとブラット、二人の間から溢れている重たい空気はこちらにも伝わってきた。それからしばらくすると、ブラットは踵を返して立ち去ろうとしていた。そのはずだったのだけれど、彼は急に立ち止まり、わたしや先輩のほうに向き直った。

 「・・・・・・彼らが残り二人の聖杯戦争の参加者かね?」
 「あなたには関係のないことでしょう?」
 「そうかね?」

 神奈さんにそれだけ言うと、ブラットはまずわたしのほうへとゆっくり歩いて近づいてきた。ブラットがあと数歩のところまでわたしに近くに来た途端、アーチャーさんと先輩がそれぞれ突剣と日本刀を手にしてブラットの前を塞ぐように突き出してきた。

 「何、安心しろ。わたしはただ彼女と話をしてみたいだけだ。何もとって食おうというわけではない」
 「安心しろというのか?敵であるお前を?」
 「それを言うならば、お前も彼女の敵という事になるが?」
 「彼女は・・・・・・野々原さんは聖杯戦争には関係ない。巻き込まれただけだ」
 「ほう。野々原、というのか・・・・」

 ブラットはふうむ、と軽くうなずいていた。それはまるでわたしの名前を反芻しているかのように見えた。それにしても、先輩の敵意はアーチャーさんのそれよりも大きいような気がするのは気のせいだろうか?

 「そう張り詰めすぎるな、若者よ。あまりそうしすぎると、お前の大切なものがまた失われてしまうかもしれないぞ」

 ブラットのその言葉に、先輩は弾けたように手にしていた刀をブラット目掛けて振りぬこうとした。今、自分が斬られようとしているのにブラットは表情一つ変えずに平然としていた。その先輩の攻撃を止めたのは、以外にアサシンだった。彼が先輩の腕を掴んだことで、刃がブラットの首筋の寸前で止まった。

 「アサシン、お前はいつあいつのサーヴァントになった?」
 「鉄平よ。某が仕えるのは主以外にありえぬ。ゆえに、主が道に背くようなことあらば、某はそれを全身全霊にて止める」
 「道に背く?暗殺者が道を説くのか?」
 「・・・・・・確かに、某は暗殺者の成れの果て。この身はかつて、非道とされる行いもいくつも重ねてきた。しかし鉄平よ。某は主の身の上を承知している。この者が信用ならぬ狐狸の如き者だということもわかる。それでも、某としては、主が害意のない者を斬り捨てて修羅道へ落ちるのを由とできぬ」

 アサシンの言葉を聞いた先輩は、苦虫を噛み潰した顔で刀を引いた。

 「良いサーヴァントを持ったな、若者よ。その忠誠心、アサシンのサーヴァントでいるには勿体ないほどだ。ああ、そっちはアーチャーのサーヴァントか。剣を引くも引かないもそっちの好きにして良い。ここからでも十分話ができる」

 ブラットがアーチャーさんにそう声をかけた後、その視線をわたしに移した。わたしに向けられたその目の色は、綺麗な蒼の色をしていた。けれど、わたしはそれがとても怖くかった。その蒼い目は何もかもを見透かされそうな気がしたからだ。
 わたしがブラットから視線を外そうとした、そのときだった。

 「逸らすな」

 ブラットのその言葉を聞いた瞬間、わたしは金縛りにあったみたいになって身動きが取れなくなった。

 「いくら恐怖や苦難から目を逸らそうとも、逃れようとしてもそれらは決してお前を逃がさない。むしろ、そうすればそうするほど深みにはまるものなのだ」

 わたしはこれまでにも何度か逃げたい、目をそらしたいと思ったことはいくらでもある。そして今に至るまでのことがあったので、ブラットの言っていることが理解できた。

 「それらに臆することなく、立ち向かえと人は言うが、私もその意見に賛成だよ。むしろ、それらに呑まれて、もがく事こそ生の価値がある。ただお前の場合、そうなった時にはお前がお前である保証はないと思うが・・・・」

 それだけ言うと、ブラットはわたしたちに背を向け、そのままつかつかと歩き出した。

 「その時まで足掻くが良い。それまで生を謳歌する事だな」

 それだけ言って再びブラットは歩き始めた。ところが、ふと何かに気付いたかのように彼はまた立ち止まった。そして今度はこちらに振り返ってきた。

 「そういえば、若者の上の名前とそちらのフロイラインの下の名前を聞いていなかったな。今更だと思うが、聞いておこうか」
 「・・・・・・沙織、です」
 「・・・・・・狩留間だ」

 わたしも先輩も少し躊躇いながらも、それぞれ自分の名前を口にした。

 「そうか、野々原沙織に狩留間鉄平、か。覚えておこう」

 満足そうにうなずきながらブラットがそう言うと、今度こそこの場から立ち去っていった。
 ブラットの話を聞いていて、彼の言うことは正論だと思う。けれど、なんだか心を見透かされているみたいで、嫌な気分になった。それは、多分先輩も同じだと思う。
 この場はしばらく、重たい静寂に包まれてしまったのか、アーチャーさんがばつが悪そうに頭を掻きながら、口を開いた。

 「それで?あの陰険な金髪一体誰なんだよ?マスターなのはわかるが、できれば詳しく教えてほしいもんだな」

 アーチャーさんが声をかけた対象はさっきから仏頂面をしている神奈さんだった。ブラットが去った今、彼女の顔はさっきまでに比べると少し和らいでいるみたいだった。

 「・・・・・・彼は今のザルツボーゲンの当主で、キャスターのマスターよ」

 キャスターって・・・・バーサーカーを背後から操って魂喰いを敢行させている、あの!?あの人がそのキャスターのマスターだっていうの!?

 「彼がどうして、魂喰いなんてリスクの高いやり方をやらせているのかは知らないけれど、あの様子じゃ自分のサーヴァントの行動は把握できているみたいね」

 確か、魔術って公にできないから秘密にしているのは覚えている。なのに、キャスターもブラットもそれを知っているはずなのに、魔術の存在を明らかにしかねない魂喰いをあえてやっている。

 「確かに怪しい上に胡散臭そうな奴だったな。それで?そのザルツボーゲンってのはセイバーのマスターのお嬢ちゃんみたいな名門の出なのかい?」

 アーチャーさんの質問に、神奈さんはしばらく間を置いた。それから彼女は口を開いた。

 「どうして、そんなことを聞くのかしら?」
 「別に。ただ、あんたもそこのテッペイみたいにこっちのマスターを聖杯戦争から遠ざけたいみたいだからな?オレとしては、マスターがどっちを選んでも構わないが、どっちにしてもちゃんと説明義務を果たすべきだと思うんだがね」

 それから、神奈さんは溜め息をついた後で言った。

 「・・・・・・わかったわ。その前に、野々原さん。あなたが今現在で知っている聖杯戦争の情報を教えてくれるかしら?そのほうがこっちも説明しやすくなると思うわ」
 「・・・・・・わかりました。それでは・・・・」

 そうして、わたしはこれまでで知った聖杯戦争のことを話し始めた。



 「思ったよりもあっさりと終わったわね」
 「うむ。だが、これはこれでよかったのではないのか?」

 サラとセイバーは、ビルの屋上からブラットが去るまでの下のやり取りを見下ろしていた。なお、ブラットが去った後、彼のサーヴァントであるキャスターも空間転移を行い、その場から去った。
 そして、サラがドアへと向かい始めた。

 「どこへ行くのだ?」
 「決まっているでしょう。帰るのよ。これ以上ここにいても何もないし、それに多分今日はこれ以上何も起こらないと思うわ。だから、帰るの」
 「そうか」

 セイバーはそれ以上、何もサラに問わず、その姿を消して彼女に付き従った。そして、サラはビルの屋上から出て行った。



 それから、わたしが知っている聖杯戦争のことについて神奈さんに話した。
 聖杯と呼ばれるものを巡って魔術師たちが自分のサーヴァントを召喚して戦い抜くこと、その目的はあらゆる願いを叶える聖杯の奪取にあること、それなのにその聖杯が贋物だということ、その贋物を作ったのが、守桐ともう一つの魔術師による二つの一族によるものだということ、わたしは覚えている限りのことを話した。
 そういえば、アーチャーさんがブラットって人のことを聞いただけなのに、どうしてこういう話になったんだろう?そう思いながら、わたしが話し終えてしばらく経った後も神奈さんは少し黙っていた。けれど、ようやくその口を開いた。

 「それじゃあ、この街の聖杯を作ったのが私の家の者だということは知っているのね?」
 「は、はい」
 「けど、その聖杯を作り上げたのは私たち守桐の一族というよりも、むしろもう一つの・・・・」
 「そのもう一つの魔術師の一族がザルツボーゲン、そうだろう?」

 その話に突然、先輩が割り込んできた。その間の先輩はどういうわけだか、不機嫌そうな顔をしていた。

 「鉄平さん。あなたにはこのことは言っていないはずだけれど、どうしてわかったの?」
 「話の流れを掴んだだけさ。ブラットの話から突然聖杯戦争に成り立ちに変わった瞬間、もしかしたら、と思ってね」

 先輩が言い終わると、神奈さんは一息ついてから話し始めた。

 「確かに、彼の言うとおりここの聖杯を作り上げた大本はあの男、ブラットフェレスの一族、ザルツボーゲンの手によるわ。私たちの一族はただ、彼らに土地を提供しただけ?」
 「どうして、そうしたんですか?」
 「魔術師が魔術を行使するのに、魔力や魔術回路を必要とするように、聖杯を起動させるのにも、それを行う土地やそれに必要な魔力を供給する霊脈、言ってみれば土地の魔力みたいなものがどうしても必要なのよ。それに、私たちの一族もある目的があって、彼らに土地を提供したのだから・・・・」
 「その目的って、何ですか?」
 「そうね・・・・・・あなたには少し難しいから、簡単にかいつまんで説明するわね」

 神奈さんは間を置いてから、口を開いた。

 「魔術師たちはある目的を持って活動しているの。その目的は“根源の渦”、万物の始まり、と言ったほうがわかりやすいと思うわ。それを目的としているの。一応、シモンみたいな例外もいるけれど、私たち守桐は聖杯の仕組みを使ってそれを解明しようとしたのよ」

 つまり、神奈さんの説明では魔術師はこの世の始まりを探る研究者、っていう解釈でいいのかな?確かに、その説明だとシモンが黙々とそういう研究をしている光景なんて想像できない。それは、門丸くんが伏瀬くんみたいにおとなしくなること以上にありえないことだと思った。

 「ところで、何で私たちが使うものが“魔術”と呼ばれていると思う?」
 「え?えーと・・・・」

 そんな余計なことを考えていたわたしに、突然神奈さんが尋ねてきた。言われてみれば、魔術とか魔法とか妖術とか幻術とか似たり寄ったりな単語がいっぱいある。
 それにしても、どうしてそんなことを聞いてきたんだろう?

 「魔術は現代の科学でも再現できるけれど、もう一つ、私たちの世界では“魔法”と呼ばれるものがあって、そっちは現代科学でも再現できないものを行使することができるわ。例えば、タイムスリップとか不老不死とかそういったものよ」

 正直、わたしは理解できているのかどうか、少し怪しかった。とりあえず、魔法は魔術のワンランク上の術技、でいいのかな?そして、神奈さんは続けた。

 「その中で不老不死に当たるもの、わたしたちの世界では第三魔法と呼んでいるけれど、大昔にそれの習得を巡って二つの魔術師の一族が我先にと互いに出し抜こうとしたの。その第三魔法を手にできたのは片方だけだった。でも、その魔術師の一族からその秘法が失われたことで、敗れてしまった一族は再び第三魔法の習得に執心しているわ」
 「・・・・・・その一族っていうのが・・・・」
 「ええ。ザルツボーゲン、つまりブラットフェレスの一族よ。彼らより先に第三魔法を習得した一族も当然、自分たちがかつて手にした魔法を取り戻そうと躍起になっている。そして、ザルツボーゲンはどこでそのやり方を知ったのかは知らないけれど、その方法をこの街にも再現しようとしている、いいえ。もう既に再現“した”と言ったほうがいいのかもしれないわね」
 「その方法が、聖杯戦争。そうだね?」
 「ええ。そうよ」

 神奈さんは先輩の言葉を肯定する。
 つまり、この街で行われている聖杯戦争はその不老不死だとか、世界の始まりの探求とかを求めるための、いわば儀式として執り行われていたことになる。その儀式のせいで、色んな人たちが受けなくてもいいような被害を被ってしまっているということになる。

 「これでわかったでしょう?これには、あなたが割り込む隙間なんてないの。だから早くこの聖杯戦争から降りなさい。そうすれば・・・・」
 「・・・・・・わたし」

 神奈さんがわたしに聖杯戦争から身を引くよう促しているにもかかわらず、わたしはそれを途中で遮って話し始めてしまった。

 「わたし、実はこの街に住む前には別の街に住んでいたんですけれど、その街は大災害に巻き込まれて、そのときに両親が亡くなって、それでわたしも妹もこの街に越してきたんです」
 「・・・・・・それは・・・・」

 神奈さんが突然、これまでの話に関係なさそうな話題に困惑しながらも、顔つきは少し神妙なものになっていた。

 「災害に遭ったときはすごく怖い思いをしました。そしてわたしが聖杯戦争に巻き込まれてからも、それと同じくらい恐ろしい目に遭いました」
 「だったら、話が早いわ。聖杯戦争から身を引いたほうがあなたの・・・・」
 「そうじゃないんです!」

 わたしは思わず、神奈さんの言葉に反論した。わたしが驚いたのは人に反論したことよりもむしろ、わたしの声がいつもよりもやや大きかったことだ。どちらも普段のわたしには考えられないことだった。

 「あ、ごめんなさい・・・・確かに、聖杯戦争は怖いです。聖杯戦争に参加している人たちはみんな、どこか怖そうですし、いつ自分が死ぬかもわからない状態です。でも、わたしの知っている人たちがそれに巻き込まれるんじゃないかって考えると、もっと怖くなるんです。だから・・・・」

 わたしは息を吸って、自分の正直な心のうちを声に出した。

 「だから、わたしはわたしの身近な人たちを守りたいと思うんです。そのためにも、この聖杯戦争を止めるために勝ち抜きたい、なんて大層なことは言えないんですけれど・・・・」
 「大層かどうかは問題じゃないさ」

 そのとき、それまでずっとこの状況を見守っていたアーチャーさんが声をかけてきた。

 「そんな大きいだ、小さいだなんていうのはどうだっていい。大切なのは、あんたがどうしたいか、それだけさ。あんたが本当に聖杯戦争を止めたいって言うんなら、オレはあんたに持てる限りの力を尽くすぜ」
「ア、 アーチャーさん・・・・」
 「正直、聖杯だか携帯だか知らないが、そんなものはどうでもいいんだよ。オレはあんたのサーヴァントとして、あんたの力になる。オレはそういう動機で戦い抜こうと思うんだが、ダメかい?」
 「い、いえ!そんな、ダメなんてことはないんですけれど・・・・!」
 「でも、死ぬかもしれないわよ?」

 アーチャーさんの言葉に少しうろたえかけたわたしに神奈さんが言った。それに対してアーチャーさんが返した。

 「そうはいかないさ。なにしろ、オレがいるんだからな。死なせはしない。むしろ逆にあんたのライダーを返り討ちにしちまうかもしれないぜ?」

 そんなことを堂々と言い切るアーチャーさん。多分、わたしは今まで人にこういうことをされたことがないかもしれない。いや、むしろそこまでの関係を築いてこなかったのもあるかもしれない。でも、今はそんなアーチャーさんの言葉が何よりも心強く感じた。

 「・・・・・・そう。それじゃあ、あなたたちとは敵同士。そういうことね?」
 「・・・・それで、どうなんだ?」

 期待通りにならなかったのか、神奈さんは少し残念そうな顔をしていた。その神奈さんの問いかけを、アーチャーさんはわたしに振った。

 「・・・・できれば、敵でいたくありません。もしそうなったら、そのときはそのときです」
 「・・・・なら、次に会うときは、聖杯戦争から降りなかったことを後悔させてあげるわ。もっとも、それまでにあなたたちが勝ち残っていることなんてないんでしょうけれど」

 わたしは少し言葉を濁してしまったような気がする。でも、たぶんこれも本当のわたし自身の気持ちだと思う。実際に、神奈さんを“敵”として見なせるかどうか、ハッタリでも言えなかった。その神奈さんも表情は読めなかったけれど、多分わたしと同じ気持ちかもしれない。もちろん、わたしを聖杯戦争から引き離せなかったこともあるんだろうけれど。

 「・・・・・・野々原さん、もう行こう。これ以上ここにいても仕方がない」

 そのとき、先輩がわたしたちに声をかけてきた。そのときの先輩の顔もわからなかった。なにしろ、先輩も神奈さんみたいにわたしを聖杯戦争から身を引かせたかったからだ。先輩も神奈さんもああいう表情をするのもわかるような気がしてきた。
 それから、わたしとアーチャーさんは先に行こうとする先輩とアサシンの下へ行った。そしてわたしは途中、一度神奈さんのほうへと振り返り、一度頭を下げてから先輩たちの後を追いかけた。



 「お嬢様!ご無事ですか!?」

 一郎やつくしたちが神奈とライダーの居場所へ着いたのは、沙織たちと入れ違いになる形であった。彼らがブラットよりも先にこの場へ着いていれば、彼らもまた全てのサーヴァントが出揃っている様を目の当たりにしていたかもしれない。

 「遅いぞ、お前ら。既に事は済んだわ」
 「ハッ!ライダー様、申し訳ございませんでした」

 一郎は申し訳なさそうに頭を下げるも、つくしはただあくびをしているだけだった。

 「なんだ、もう終わったんだ。つまんないの」

 さらに、サラッと不謹慎な発言までする始末だった。そんな不届きな侍女に主人は呆れてしまう。

 「つくしさん・・・・あなたねえ・・・・」
 「女。お前の言い分もわかるぞ。あらゆるサーヴァントが揃っている光景は圧巻そのものだった。一郎よ、お前にも見せてやりたかったぞ」
 「ハッ。これは勿体ないお言葉です」
 「一郎。ライダーにいちいち畏まらなくていいわよ」
 「お嬢様。これは大変申し訳ございませんでした。しかし、わたくしとしましては、どのような方であれ、誠心誠意尽くさせていただくことを信条としておりますので」

 はっきり言って、神奈とライダーの間にそれほどまでに親密な関係であるとは言いがたい。むしろ、油断をすれば寝首をかかれることすらありえるのだから。そういう意味では、一郎が二人の潤滑油のような役割を果たしていると言っても過言ではない。ある意味では、つくしもそれなのだが・・・・

 「ていうかお嬢さ~、その様子じゃあ、説得失敗したんでしょ?いつもよりなんだかギスギスしているし」

 空気を読まないダメメイドがさらに空気を悪くする。やはり、この女は潤滑油ではなく、全てをドロドロに溶かして台無しにする溶解液かもしれない・・・・

 「あれ?脅迫だっけ?」
 「つくしさん。お静かに願えますか?」
 「いいのよ、爺。本当のことだから」
 「お嬢様・・・・」

 だが、神奈の反応は意外なものだった。つくしに指摘されたことで、逆に自身を見つめ直せたようだ。

 「それを言うのでしたら、わたくしどものほうこそ、アーチャーの足止めに失敗し、挙句の果てに出遅れてしまったことを深くお詫び申し上げねばなりません」
 「爺。そういう意味では私も似たようなものよ。だからあまり気にしないでちょうだい」
 「ハッ・・・・・・!」
 「でさー、それだったら連中こっちに引き込んじゃえばよかったのに。そしたら、聖杯戦争楽に勝てるんじゃない?」
 「・・・・・・女。そろそろ貴様はいい加減にしたほうがよさそうだぞ」

 さすがのライダーも空気読めない、というか空気を読む気すらないつくしにかなり呆れている様子だ。
いつもならばここで神奈は苦言を呈することだろう。しかし、今度も普通に応対してきた。

「構わないわ、ライダー。つくしさん、確かにあなたの言うとおりね。けれど、その場合勝ち残った後が余計ややこしくなるわ。それに、私の目的と彼の目的は相反するもの。あの野々原さんならともかく、彼はそうはいかない」
「・・・・・・確かに、鉄平様は聖杯を求めているのに対して、お嬢様の目的はどちらかと言えばこの聖杯戦争の終結にありますからな」
「ええ。そうよ。根源の渦への到達は私たちの一族の本懐だけれど、だからといってこの街を犠牲にしてまで成し遂げるつもりは私にはないわ」

一郎の言葉を肯定する神奈にとって、この儀式の最大の目的である聖杯にはそれほどの興味を示していないようである。むしろ、彼女にとって聖杯の優先順位はそれほど高くないようである。断っておくが、神奈は根源の渦の到達に興味を示していないわけではない。ただ、聖杯を用いて達するべきものではないというのが彼女の考えだ。
また神奈は場合によっては、この街の聖杯の解体も視野に入れている。聖杯は使い方を間違えれば街一つを壊滅させかねない危険な代物だ。神奈の魔術師としての力量は決して低いものではないのだが、まれに強い力を持った魔術師、例えばあかいあくまや淑女のフォークリフトなどと比べると、どうしても見劣りしてしまう。はっきり言って、聖杯は彼女の手に負えるものではないのだ。

「・・・・・・貴様が何をやろうが、この俺の知ったことではない。知ったことではないが、この俺の目的を阻害するようであれば、どうなるかわかっていような?」
「あなたのほうこそ、自分が手綱を握られている立場であることがまだ理解できていないのかしら?」
「手綱を握っているからとて、跨っている騎馬を乗りこなせるわけではない。貴様のほうこそ振り落とされぬよう、気をつけることだ」
「そうね、忠告を聞き入れておくわ。あまり従順すぎると、ここ一番の場面で馬のほうが先につぶれそうだもの」
「よく言えたものだな・・・・」

そして、神奈が沙織や鉄平たちを引き入れなかった最大の理由がライダーだ。彼も同じく聖杯を求めて現世へと舞い戻ってきたのだ。そして、マスターが令呪によってサーヴァントを制御できるからとて、必ずしもマスターがサーヴァントを必ずしも支配できるとは限らない。下手に気を抜けば、このライダーに喰われてしまうからだ。神奈は既に火薬庫の中にいるようなもの。だが、お互いの最終目標はともかく、聖杯戦争で勝ち抜くためには両者がいなくては成立し得ない。そして、神奈とライダーの間には不思議な利害関係が築かれている。
すると、ライダーは神奈から背を向けてどこかへと歩き出した。

「どこへ行くつもりなの?」
「気晴らしにこの街を巡り歩く。一郎よ、案内せよ」
「かしこまりました、ライダー様」

ライダーが一郎を従えて、どこかへと行ってしまった。それを神奈は後ろから見送るのだった。

「身近な人たちを守りたい、か・・・・」
「お嬢。なんか言った?」
「いいえ。何でもないわ」

この聖杯戦争に加わった最後のマスターの決意・・・・いや。決意と呼ぶにはあまりにも弱々しく、むしろ自分を奮い立たせているように思えた。だが、あれが彼女なりの言葉で紡ぎだした心のうちだろう。その言葉を思わず呟いてしまった神奈だが、彼女の決意と自分の決意はあまりにも大きさが違っていた。
少なくとも、神奈とライダーの当面の敵はバーサーカーとキャスターで間違いないだろう。

「これ以上、この街で好き勝手は許さないわ・・・・」

 この幌峰の街を守ること。それがこの地を預かる魔術師であり、現当主である守桐神奈の務めである。



 今、ものすごく逃げ出したい気持ちだ。それも別の意味で。というのも、さっきから会話らしい会話がないからだ。この状況だけ見れば、今朝と大して変わらないように見えるけれど、そうなった原因は今朝とは全く違う。何しろ、先輩は神奈さんと同じくわたしを聖杯戦争から遠ざけたかったのに、わたしがあんな柄にもない大見得を切ってしまったからだ。
 そして現在、先輩は自分の自転車をひたすら押しながら、それも黙り込んで進み、わたしはそれに並んで歩いていた。本当に、別の意味で逃げたい・・・・
 そんな時、先輩は急に足を止め、不意に口を開いた。

 「・・・・・・野々原さん。さっきはたいそうなことを言っていたけど、あれは本心かい?」
 「え?え、ええ・・・・・・」

 わたしが生返事しかできなかったせいか、先輩はもう一度確認をしてきた。

 「本当に、そうなんだね?」
 「は、はい・・・・不安な気持ちや逃げ出したい気持ちはもちろんありますけれど、あれがわたしの本心です」

 もちろん、その逃げ出したい気持ちは今のこの状況を言っているわけではないので、あしからず。

 「それが本当なら・・・・・・」
 「ならば某たちとともに戦ってもらおう」

 今度は、あのときから今に至るまでずっと黙っていたアサシンが、先輩の言葉を遮って自分の提案を打ち出した。

 「なっ・・・・!アサシン、お前・・・・・・!!」
 「正直、某のみの力だけでは、鉄平を勝たせることはかなり難しい」
 「そ、そうなんですか?」
 「・・・・アサシンのサーヴァントは直接的な戦いよりも暗殺、要は不意打ち、騙し討ちが得意な連中さ。だから、素の白兵戦だったら話にならないことがほとんど。そうだろ?」
 「主に言われるのも腹立たしいことこの上ないが、事実だ」

 アサシンが、いつの間にか緑色の服から今朝見たカジュアルな服装に戻っていたアーチャーさんの言葉を認めたのが意外だった。わたしもアサシンの戦いを見たのは一回だけなんだけれど、そんなに弱いとは思わなかったんだけどな・・・・

 「ともかく、三騎士の一角である主の助力あらば、某たちの目的を果たしやすくなろう」
 「・・・・・・あんたらの目的ってのは、聖杯か?」
 「少なくとも、鉄平の目的は、な」
 「ちょっと待て!アサシン・・・・・・!」
 「鉄平。少し頭を冷やせ。主の目的はなんだ?アーチャーのマスターを聖杯戦争から遠ざけることか?違うであろう。主の目的は聖杯戦争を勝ち抜き、聖杯をこの手にすること。そうであろう?」
 「・・・・・・そうだ」
 「ならば、アーチャーを引き入れたほうが主にとっても都合がよかろう。この中で主が一番聖杯を必要としていよう。わかったら、主の都合で目的を見失うな」
 「・・・・・・わかったよ」

 口では了承したみたいだけど、先輩の顔は半ば納得できていないように見えた。それにしても、どうしてそこまでわたしを聖杯戦争から降ろそうとするんだろうか・・・・?

 「・・・・・・話を寸断させてすまなかった。それで、どうする?組むのか?組まぬのか?」
 「オレは別に構わないが、あんたはどうなんだ?」
 「わたし・・・・わたしは、それでいいと思います」

 いきなり共闘の話を持ちかけられたときは意外だったけれど、実際にわたしは先輩と戦いたくなかった。だから、アサシンの提案をすんなり受け入れた。それに先輩もそうだけど、アサシンも悪い人じゃなさそうに思えたから、そうしたのかもしれない。

 「交渉成立、だな。鉄平もそれでよいな?」
 「・・・・別に俺は構わないさ」
 「ふてくされるな。ところで、主が聖杯戦争から抜ける、抜けないのどちらを選ぶにしても、しばらくは神宮で暮らしてもらうことになる。そのことに依存はないな?」
 「はい。ありません」

 わたしが今までどおり自宅で生活していたとして、そこを襲われる事だってありえる。もちろん、わたしが神宮でしばらく暮らすことになったからといって、その危険性がないとは言い切れない。でも、わたしが聖杯戦争に参加していることで四六時中、家にいるよりはずっと安全だと思う。このかには悪いとは思うけれど、もし無事に終わることができたら、何かしてあげようと思った。

 「では、行くぞ」
 「ちょっと待った!」

 再び歩き出そうと思ったそのときに、アーチャーさんが待ったをかけてきた。それからしばらくすると、なんだかバツが悪そうにしていた。

 「・・・・・・あー、悪いがあんたらだけでも先に行っててくれないか?まあ、時間はそんなにかかんねえんだが・・・・」
 「・・・・構わぬ」
 「そう言ってもらえると、助かるぜ」
 「・・・・・・フン」

 そして、わたしとアーチャーさんを残してアサシンと先輩は先に行ってしまった。まあ、先輩も少し機嫌悪そうにしていたし、ちょっと距離を置いて色々と整理させてあげたほうがいいかもしれない。
 そして、アーチャーさんはわたしのほうへ振り返ってきた。

 「その、なんだ。オレが召喚されてからさっきのサーヴァント全員集合まで色々とあったわけで、それであんたはようやく腹をくくったわけだ。それでテッペイの言葉じゃないが、本当に聖杯戦争に参加するっていうのは本心なんだろうな?」
 「はい、そうです。ちょっと揺らぐかもしれませんけど・・・・」
 「・・・・なら、それでいいさ。初志貫徹するのもそんな簡単なことじゃないだろうから、その辺は許容しとくさ。そういうわけで・・・・まあ、オレはこういうことは柄じゃないんだが、せっかくだ」

 そういうと、アーチャーさんは一呼吸置いた。

 「これより、我が弓は汝とともにあり。我が矢を以って汝に勝利をもたらさんことを誓う。ここに契約は成立した」

 すると、何かの宣誓文のようなものをアーチャーさんはすらすらと口にした。そのときのアーチャーさんは、どんな騎士よりも高潔で、どんな王様よりも厳かで、どんな正義の味方よりも誇り高い姿に見えた。

 「・・・・・・と、こんな感じでいいか?」

 そして一瞬にして、いつものアーチャーさんに戻った。なんていうか、さっきはアーチャーさんの雰囲気に圧倒されて、そして今度は普段の調子に戻られたから、余計反応ができなかった、というよりも後者の方は呆気にとられてしまった、と言ったほうがいいのかもしれないけれど・・・・でも、こっちのほうがアーチャーさんらしいと思う。
 とにかく、黙っているのも悪いような気がしたので、さっきのアーチャーさんの言葉に対する率直な気持ちを口にした。

 「えーと・・・・さっきのは、これからもよろしく、みたいな感じで受け取っていいのかな?」
 「まあ、ぶっちゃければそういうことになるな。そういうわけでよろしくな、“サオリ”」

 すると、アーチャーさんはわたしの名前を呼んで、自分の右手を差し出してきた。それがどういう意味なのかわたしにもすぐわかったけれど、わたしの名前を呼ばれたので、それに戸惑ってしまったせいですぐに自分の手を出せなかった。

 「ほら。こういうときはモジモジしないでこう、ギュッと握るもんだぜ」

 そういうと、アーチャーさんはわたしの出そうとしていた手をとり、そしてそれを言葉通りにギュッと握り締め、わたしもそれに倣って(アーチャーさんよりは弱いかもしれないけれど)強く握った。その瞬間、私はほんの少し心が軽く揉み解されたような気がした。

 「・・・・・・こちらこそ、よろしくお願いします」

 この日の夕暮れが、わたしの本当の意味での聖杯戦争の幕開けだった。



 夕闇の中、人通りの少ない街の通りを一人の黒コートの金髪碧眼の男が歩いていた。ブラットフェレス・ザルツボーゲンだ。彼は沙織たちに会ったあのあと、そのまま自分が滞在しているホテルに戻っているところだった。

 「キャスター、いるか?」

 人の姿が見えないにもかかわらず、他から聞いて、聞こえるか聞こえないかの声量で声を発すると、彼の背後から神官風の服装をした青年が姿を現した。

 「わしに何か用か?」
 「幌峰の管理人が、お前がバーサーカーに指示している魂喰いをひどく気にかけているようでな。それでお前が羽目を外しすぎていないかと心配で声を掛けたのだよ」

 魔術は秘匿すべきもの。それは魔術に関わりのない一般人に知られてはならないということであり、またそれを悪用して市井に害をなすのも魔術の世界にとってもあらゆる意味で許されざることなのだ。そのことはブラットもキャスターも十分にわかっていることだ。

 「・・・・・・言いたいことはそれだけか?貴様がわしを心配するような輩ではないはずじゃろう?」
 「お前が何をしていようと、それはお前の勝手だ。しかし、それで私の邪魔となるようなら、どうなるかわかっているな?」

 表向きこそはどこも変哲などないのだが、ブラットは確実に自分のサーヴァントに対して威圧していた。無論、キャスターもそれに呑まれるような人物ではない。

 「わしが何をしようとわしの勝手、か・・・・放任主義もここまで来ればもはや何も言えぬが、わしの行いを知りながら放置しているのもどうかと思うがな。まあ、そのおかげでようやく仕込みを終えることができたのじゃが」
 「ほう・・・・・・」

 自分たちのやっていることが、魔術の世界全てを敵に回しかねない行為であるにもかかわらず、そのことも一般に被害が出ていることも、さして気にしている様子は両者に見られない。お互いにとって大事なのは、聖杯を手に入れることなのだから。

 「それでいつ始めるつもりなのだ?」
 「おそらく、明日になるじゃろう。それでようやく準備が終わる」
 「随分と時間のかかる準備だな」
 「事を急くのは愚の骨頂じゃ。確実に“わし”が聖杯を手に入れるためには仕方のないことじゃ」

 ここまで、二人は互いに対面などしていなかった。二人の放つ言葉が時として鋭利な刃と化し、気を抜いてしまえばその刃によって心をえぐられてしまう。二人が交わしている会話はそのようなものであった。それは、キャスターが聖杯を入手するのが自分だと言うことを強調したのがなによりの証拠だ。

 「・・・・・・まあ、いいさ。“私”が聖杯にて願いを叶えるためには、不本意ながらもお前の力が必要不可欠だ。せいぜい、詰めを誤らないよう願っているよ」
 「貴様こそ、出し抜かれぬよう用心することじゃ」

 キャスターがマントを翻し、姿を消すと、ブラットは再び足を進めるのだった・・・・



 あたりは暗くなり、空には星と月が浮かんできた頃、家庭では夕飯が始まる頃合だ。もちろん、それは野々原家の食卓でもそうだ。家族団欒のときであるこの時間とこの空間であるが、その一員である沙織の姿が今日もなかったのであった。

 「ばあちゃ~ん。ねえちゃん、今日も帰ってこないの?」
 「ええ。しばらく楼山さんのところに泊まってくるんですって」

 ふてくされている表情をしている孫娘のこのかに、祖母である絹は柔和な顔でなだめる。

 「でもさ~、昨日も帰ってこなかったじゃん。なのに、どうして今日も帰ってこないの~?」
 「さあ?きっと、勉強でわからないところがあったから、それを泊り込みで克服しようとしているんじゃないのかしら?」

 どういうわけか、絹は沙織が家に帰らず、よその家に泊まっている理由を聞かなかった。それは昨日と今日の電話でもそうだった。

 「も~!どうしてなのさ!今日もシローの散歩はあたしが行ったし!宿題もわからないところ教えてもらえないし!」
 「それでも、このかは文句一つ言わずにシローを散歩へ連れて行ってくれたし、宿題も自分の力でやっているじゃない」
 「でも・・・・・・でも・・・・・・・・・!!」

 このかは自分の当番でないにもかかわらず、飼い犬の散歩へ行ったことや、宿題を教えてもらえないことが不満なのではない。姉がいないことが不満なのだ。そんなこのかの気持ちを察してか、絹は孫娘の近くへ寄った。

 「それじゃあ、明日はこのかが学校から帰ってきたら、みんなで神社のほうへ行きましょう」
 「ホント!?」

 その瞬間、このかの表情は一気に明るくなった。この一日、このかはどこか元気が足りなかったのだ。

 「そうね、沙織もしばらくうちの味を食べていないから、料理を作って持って行きましょうか?」
 「それじゃあ、あたし何か持ってく?」
 「それは明日行くときにお願いしようかしら」
 「わかった!」

 元気よく返事した後、彼女はいただきますの挨拶をしようとしたのだが、ふとそれを止めてしまった。

 「それにしても、ばあちゃんはどうしてねえちゃんが泊まっている理由を聞かないの?ばあちゃんはねえちゃんが心配じゃないの?」
 「心配よ。でもね、沙織にも色々あるのよ」
 「色々?」

 すると、絹は窓の外へと目を向けたのだった。

 「そう。色々、ね・・・・・・」

 それまでのやり取りを、まだ手のつけられていないドッグフードの乗せられた皿を前にした、飼い犬のシローが眺めていた。そして、絹の柔らかな顔がほんの一瞬だけ、曇ったのを見逃さなかった。



~タイガー道場~

タイガ「さあ!毎度おなじみタイガー道場の時間がやってまいりました!それじゃあ弟子一号!張り切っていくわよ!」

ロリブルマ「押忍!ししょー!」

タイガ「・・・・・・と言いたいところだけれども、のっけから反省というか、言い訳というか、そんな内容の話で始まるのであった」

ロリブルマ「う・・・・!さ、最初から何なんすかー?」

タイガ「まずは、今回初登場のブラットに関して」

ロリブルマ「ああ。キャスターのマスターだっていうやつっすね。でも、こいつがどうかしたんすかー?」

タイガ「こいつの雰囲気、誰かに似てない?」

ロリブルマ「誰かって・・・・まさか、あの麻婆な神父ソンっすか?」

タイガ「そうだ。一応、下敷きはあの外道麻婆を元にしているせいで、執筆途中でキャラが被ってしまったというのが現状である」

ロリブルマ「・・・・そういえば、“まずは”って言葉があったんすけど、まだ他にもあるんすかー?」

タイガ「情けないことにもう一つ。それは主人公の参加動機のことよ」

ロリブルマ「へ?それって“みんなを守る”っていうやつっすか?」

タイガ「いや。動機そのものじゃなくて、その動機に至る経緯がちょっと唐突過ぎた、というのが作者の正直な心境よ」

ロリブルマ「・・・・・・わたしの正直な意見を言わせてもらうんだけどさー・・・・」

タイガ「?弟子一号よ?どうしたのだ?」

ロリブルマ「作者は少し、高望みしすぎなんじゃないのかしら?それが悪いとは言うつもりはないんだけれど、もう少し書きながらそういうスキルを上げていけばいいじゃない。キャラ付けにしたって、動機付けにしたって、そんなの後からしっかりさせればいいわけなんだし」

タイガ「確かに、作者の力量云々のことは、もうこれ以上言うつもりはないわ。前回も言ったけれど、これが作者の糧になれば本望だからね」

ロリブルマ「それに、これを読んでどう思うかは読者次第だと思うわ」

タイガ「まあ、この作品がどうなっていくかは作者次第だと思うわ。さて、言うべきことは言ったわけだし、このあたりで・・・・」

ロリブルマ「それじゃ、またね~!」

最後に弟子一号から一言

ロリブルマ「前回の話で誤字があったから、それを修正しておいたわ」



[9729] 第十一話「幕間」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/02/17 00:52
 人生において、出会いと別れはどのような形であれ、次々にやってくる。小学校の卒業と中学校の入学もある意味ではその一環だ。小学校のクラスメートの多く、それも親しさの度合いなど関係なしに皆、卒業と同時にそれぞれの通うべき中学校へと歩んでいく。そしてそこで新たな友となるべき少年少女と出会い、友愛を育んでいく。
 しかし、誰しもそんな出会いがあるわけではない。少女も当然、中学校へ上がると同時に、よく知ったクラスメートの多くが違う中学校へ行ってしまった。また、同じ小学校の出身の者がいるとしても、たいていは馴染みのない、それもほとんどが違うクラスの人間であったのだ。少女は決して人付き合いが悪いわけではない。これでも、小学校の頃は仲のいいクラスメートが何人かはいたものだ。ただ、どちらかと言えば少女はおとなしい性分であった。それが災いとなってか、彼女は標的となってしまった。同じクラスの、全く違う小学校の出身の男子二人だ。少女は彼らから執拗にちょっかいを受けていた、それも授業中とか休み時間とかの区別もなしに。大体は授業の邪魔をしてくる、ノートに落書きをしてくる、上履きを隠されてしまう、などといった暇潰しのための悪戯である。時を重ねて何年後ともなれば苦い笑い話ともなろうが、当時の少女にとっては深刻な問題でもあった。しつこく絡んでくる男子二人組み。彼らのせいで授業をまともに受けられず、特定の科目が苦手になってしまい、また時にはクラス中の笑い者にされてしまうこともあった。
 それが数ヶ月も続き、あるとき少女は自分の家でふと、こんなことを思ってしまった。

 あんなやつら、いなくなっちゃえばいいのに・・・・・・!!!

 嫌がらせを受けている側としては、こう思ってしまうのも自然なことである。しかしその翌日のHRに、その例の男子二人が学校に来なかった。欠席したのではない。行方不明になってしまったのだ。無論、彼らの両親からも警察へ捜索願が出されたほどだ。最初は家出と思われたようだが、どうもそうではないらしい。
 少女の思いが、“またもや”現実となってしまった。結局、その男子生徒二人が発見されることはなく、気が遠くなるほどの時間が経つころには捜査も打ち切られてしまった。
 それから数ヶ月、少女はそれなりに打ち解けられる友人もでき、穏やかな学校生活を満喫していた。だが、どこにいても馬の合わない人間というものは存在する。今度は違うクラスの女子生徒、それも四人から陰湿な嫌がらせを受けていた。彼女たちはただ、単純にその少女が気に入らない。たったそれだけであるはずのない出来事がクラス中に広まってしまうこともあった。そのせいで心無いクラスメートから散々バカにされる羽目になってしまった。さらに彼女に対して罵詈雑言を浴びせられたこともあった。しかもそれをいうためだけにわざわざ少女の前に姿を現すのだから、あのいなくなってしまった男子二人より性質が悪い。最初は無視していたが、そうすればそうするたびにエスカレートしていってしまい、余計ひどくなってしまう。もちろん、これ以外にも数多くのひどい仕打ちを二年になるまで受けてきた。
 ある時、少女が一人きりになったとき、ふと思ってしまった。

 あいつらなんか、死んじゃえ・・・・・・!!
 死んじゃえ・・・・・・・・・!!!!!

 無論、少女はそのとき、あの憎たらしい男子二人のことなど頭になかった。彼らが少女の頭に引っかかることになるのはその翌日である。その日、全校ではあの女子生徒たちの話で持ちきりになっていた。今度は行方不明になったのではない。全員死んだのである。一人は、真夜中に家が火事に見舞われ、彼女だけが逃げ遅れてそのまま焼け死んだ。一人は、たまたま工事現場の近くを通りかかっていたところを、その真上から鉄筋がいくつも落下してきて、そのままその下敷きとなって圧死した。一人は蜂の毒針に刺されて、ショック症状を起こして死んだ。残りの一人は、駅のホームで足を滑らせてそのまま転落してしまい、走ってきた電車に轢かれて死んだ。もちろん、少女のクラスでもこれが話題となっていた。そして、気分が悪くなってしまった少女は人知れず、教室から出て行った。
 少女は女子トイレの手洗いにて、今朝食べたものを全て戻してしまった。少女の頭の中に、男子二人が行方不明になったときのことがよぎった。あの時も、今回のことも少女はいなくなれ、死んでしまえと不意に念じてしまったのだ。また、少女はあのときのことも思い出してしまう。小学校の学習発表会。そのときも、彼女がヒロイン役をやりたいと思ったばかりに、本来ヒロイン役をやるはずだったクラスメートも受けなくてもいいような不幸に見舞われてしまったのではないのか・・・・?
 少女が顔を上げると、鏡が目の前にあった。そのとき少女は恐ろしさのあまり、顔を強張らせていたはずだった。しかし、鏡に映っていた少女の顔は醜い笑顔を浮かべていたように見えた・・・・

 無残な死体となった女子たちがその少女に対して嫌がらせをしていたことがすぐに噂になり、さらに以前行方不明になった男子二人も少女に対してちょっかいを掛けていたことまで知れ渡ってしまった。それを期に、少女にあだ名がついてしまう・・・・

 “疫病神”と。



 今、わたしはわたしが寝泊りしている神宮から学校へ行くのに、先輩の通学手段である自転車に昨日みたいに乗せてもらっている。そして相変わらず、わたしは気まずい雰囲気に包まれていた。もちろん、わたしが勝手にドキドキして、それでいて何も話しかけないからこういう状況になっている。しかし、付け加えるならもう一つ、この空気を生んでいる原因があった。それは、先輩がわたしを聖杯戦争から降ろそうとしていたのにもかかわらず、わたしが最後まで聖杯戦争を戦い抜く決意をしたから、ではない。
 その原因は昨日、わたしとアーチャーさんが神宮に帰ってきた後にあった・・・・



 話は昨日まで遡る。わたしとアーチャーさんが神宮へ帰ってくると、アーチャーさんは何かをつまむために、台所のほうへと物色しに行ってしまった。一応ここ、他所の家なんだけれども・・・・そう思っていると、わたしのそばを、コートにフェルト帽の見知らぬ男の人が、わたしに軽く礼をしてから通り過ぎていった。誰なんだろう、あの人?その人の後姿を見送ってから、ふと室内に視線を戻すと、戸が少し開いた部屋があった。多分、あそこから出て行ったんだろう。そして何を思ったのか、わたしはなんとなくその部屋に近づいていった。そして、その部屋からは先輩やこの神宮の神主の空也さんの声が聞こえてきた。わたしがその部屋に近づくと、戸の隙間から部屋の中の様子をつい伺ってしまった。

 「ふうむ・・・・これでしばらくは安定するじゃろう」
 「言われなくたってわかるよ、それぐらい。いつもそうしているんだからさ」

 飾り気がほとんどない質素な和室で座っている空也さんと先輩の前に、一人の女の人が布団の中で眠っていた。その人は神奈さんと同い年ぐらいの年上のきれいな女の人だった。本当の美人っていうのは、どんな角度から見ても本当に美人だって思えるから不思議。現に、わたしの位置からではその人の横顔しか見えないのだから。それにしても、なんだかあの人は気味が悪いくらいに静かに眠っている・・・・

 「しかし、こうやって定期的に治療を施さねばすぐに悪化してしまうからのう」
 「もうそれでやきもきする必要はないさ。聖杯さえ手に入れば、姉さんはいつまでもこんな思いをせずに済むんだ・・・・!!」
 「まあ、そりゃそうなんじゃが・・・・」

 空也さんはどこか歯切れが悪そうに言っていた。それにしてもあの人、先輩のお姉さんなんだ・・・・どこか具合が悪いのかな・・・・?

 「狩留間清音。鉄平の姉だが、彼女を侵しているのは病気の類ではない」

 突然、後ろからアサシンの声がしたので思わず大声を上げそうになってしまった。でもわたしの絶叫が喉から出てくる寸前でアサシンが口を押さえてくれたので、なんとか大声を出さずに済んだ。そして一呼吸置いてから後ろを振り向くと、忍装束ではなく作務衣を着たアサシンが立っていた。とりあえず落ち着こう。

 「えっと、それで先輩のお姉さん、清音さんっていうんですか?その清音さんが病気じゃないとしたら、一体・・・・?」
 「簡潔に言えば、清音殿はとある呪いにかかって、今もなおいつ覚めるともわからぬ眠りに就いている」
 「そ、それじゃあ、先輩が聖杯を手に入れようとしているのって・・・・!!」
 「無論、清音殿を目覚めさせるためだ」

 正直、わたしは驚く以外できなかった。先輩にお姉さんがいたことなんて知らなかった、のはいいんだけど、そもそもそこまで付き合いのある人って片手で数えられるぐらいしかいない。
そんな中、部屋の中から空也さんと先輩の話し声がまだ聞こえていた。

 「それはそれとして、あの娘なんといったかのう・・・・早苗さん、じゃったか?」
 「沙織さんだよ」
 「そうそう。その沙織さんが腹をくくったんじゃとな」

 しかし先輩は何も答えず、ただ顔を背けるだけだった。

 「あのなあ、鉄平。たしかにあの娘も少々お人よしなとこもあるが、それでも清音のほうが、度が過ぎておるぐらい人がいいからのう。しかもその沙織さんと清音じゃ、そのベクトルも大分違うじゃろうが」

 けれど、先輩は顔を背けたまま何も答えなかった。

 「・・・・・・ところで、沙織さんにゃお前さんが聖杯戦争に首を突っ込んでおる理由ぐらい話したのか?」
 「・・・・話す必要はないよ。魔術って話でさえ、野々原さんからすれば非日常的な世界だ。俺の戦う理由を話すことは俺の素性を話すことになる。だから、俺は野々原さんには理由を話さない」
 「一応、同盟関係になったんじゃろう?それじゃあ、信用しておらんということにならんのか?」
 「そんなことはないよ。今でも彼女には聖杯戦争に関わってほしくないっていう気持ちはあるけど、彼女が本気ならこっちもそれなりに援護するつもりさ。ただ、これ以上野々原さんには不条理がまかり通る世界に踏み込んでほしくないだけだよ」

 ふうむ、と空也さんが唸ると、そのままスクッと立ち上がり、この部屋の戸へ向かっていく。つまり空也さんは今、わたしとアサシンのいる方向に近づいてきている。しかし、戸に手をかける寸前のところで、空也さんはその足を止めて、先輩に顔を向けた。

 「まあ・・・・話す、話さないはお前さんの自由じゃし、それにワシがとやかく言うべきことでもないからのう。とりあえず、ワシは飯の支度でもするが、お前さんはこの後どうするんじゃ?」
 「・・・・・・しばらく姉さんの様子を看ているよ」
 「そうか」

 それ以上何も言わずに、空也さんは先輩と清音さんのいる部屋から出て行ったようだ。そしてわたしはアサシンのおかげで、別の部屋に非難することができ、事なきを得た。今、トイレの中だけど・・・・・・それも、アサシンと一緒に。

 「すまぬな。近くに手ごろな場所がなかったので、ここに入る以外なかった」
 「い、いえ。わたしはそんなに気にしていないです。ところで・・・・」

 空也さんがいなくなったらしく、また早くこの場所から色んな意味で出たかったので、わたしはトイレから出た。いや。本当に気にしていないからね。便器があることを除いたら、あんなのただの狭い空間なんだから。それでも、ああいう場所に男女二人がすし詰めになるのもどうかと思うけれど・・・・どうでもいいけれど、どうしてわたしたち、隠れたんだろうか?
 とりあえず、まだトイレの中にいるアサシンに聞いてみた。

 「・・・・・・お姉さん、清音さんにかかっている呪いって、やっぱりひどいんですか?」

 わたしの問いに、アサシンは少し黙ってから答えた。

 「・・・・・先ほども言ったが、清音殿はいつ目覚めるかわからぬ状態にある。さらに悪いことに、その呪詛は確実に清音殿の体を蝕んでいる。それでも、空也殿の伝で腕利きの法術師によってどうにか呪詛の進行を抑制しているのが現状だ」

 そういえば、さっき通り過ぎた見たこともないあの男の人って、その法術師って人なんだ。てっきり、陰陽師みたいな格好をイメージしていただけに、ちょっと意外だった。

 「主が他にも聞きたいことがあろうが、某はこれ以上答える気はない。これでも、必要以上に話しすぎたくらいだ」

 そんなアサシンの言葉に、わたしは首を縦に振った。
たしかにアサシンの言うとおり、これ以上は聞いてはいけないような気がしたし、今聞いたこともアサシンからすれば自分が話せるギリギリの部分だったのかもしれない。上手く言葉では言えないけれど、このまま深く突っ込んでいったら、先輩の人に知られたくない部分がわたしに知られてしまうかもしれないだろうし、わたしがそれを知ってしまったら、部屋の中で先輩が口にしていた気持ちを台無しにしてしまいそうだからだ。ひとまず、わたしは用意された部屋に戻ることにした。その戻ろうとした足を止めて、わたしはアサシンのいるトイレのドアのほうへ振り返った。

「・・・・・・先輩のこと、教えてくれてありがとうございます」

しかし、アサシンからは何も返ってこなかった。それでもわたしは頭を下げた後、くるりと向き直って自分の部屋へと向かって行った。



 そうして、現在に至る。先輩の素性をあまり気にしていないようで、実は結構気にしてしまっているわたしだった。今、普段から人と話さない、またもや先輩の自転車の後ろに乗せてもらっている、そんな感じの三重殺をくらっているのでした。

 「・・・・・・野々原さん。今朝から少し様子が変だけど、どうかしたのかい?」
 「・・・・・・・・え?えっと、何でもありません!何でもありませんよ、ええ」
 「そう。ならいいけど・・・・・・」

 うう・・・・やっぱり気まずい・・・・・・気まずすぎる・・・・・・!!たしかにわたし、朝起きてから、というよりもアサシンから先輩の事情を聞いてしまったときから先輩とどう接していいのかわからなかったせいで、いつも以上に口数が少なくなってしまったのかもしれない。そんなわたしをアーチャーさんはあえて突っ込んでこなかったみたいだけれど・・・・そういえば、先輩もあんまり喋っていないような気がするのは、気のせいだろうか?
 それはそれとして、この空気を誰かどうにかしてほしい・・・・・・!そう思っていただけに、この後大迫先輩が合流して心底助かったと思った。そのとき、普段ある意味聖杯戦争の参加者と同じぐらいの圧迫感を醸し出す大迫先輩が救世主のようにわたしの目には映ったのだった・・・・



 学校に着いたわたしは先輩たちと別れた後、肩をがっくりと落として廊下を歩いていた。その様はまさしくゾンビそのものだった。授業どころか、学校に到着するまでかなりヘトヘトになっているわたしって・・・・これからもこんな調子じゃ体が持たないかもしれない。それよりも、わたしは今、下手すれば命を落とすかもしれない聖杯戦争に本格的に参加することになっているから、ひょっとしたら学校に通っている暇がなくなるのかもしれない。もしかしたら、ズル休みをしてしまうことも考えた。
 重い足取りで、ようやっと教室へ到着し、その戸を開けた。すると、中がほんの少しざわざわしている。わたしは野次馬根性に乏しいほうなのでそのまま自分の席へ向かっていたのだけれど、横目にそのざわめきの元凶が映ってしまった。

 「か・・・・・・・・門丸くぅん!?!?」

 思わず声が裏返ってしまったわたしの視界には、机に突っ伏して真っ白に燃え尽きている門丸くんの姿があった。その門丸くんは、いつもみたいな陽気で少しいい加減なお調子者の姿ではなく、あったのは視点の焦点があっておらず、体中が脱力しきった動かない死体であった。いや、そもそも普通死体は動かないものだし、門丸くんは死んでもいないけど。とにかく、あんぐりとだらしなく開いた口から今にも門丸くんの魂が抜け出てきそうだったから、ついそう思ってしまった。
 一体、何がどうなっているの?これ・・・・?
 !まさか・・・・・・!?門丸くんも聖杯戦争に巻き込まれて・・・・・・!?!

 「なあ、聞いたか?門丸ん家の焼肉屋、どうも昨日の夕方に店中の肉があらかた食い尽くされたらしいぜ」
 「しかも外国人の客二人がじゃんじゃん焼肉の山を平らげたんだって」
 「えー、うそでしょー」
 「いや、マジらしいよ。うちの親父が帰りに門丸の焼肉屋に寄ってみたら、まだ時間あるのに店仕舞いしていたんだってさ」
 「あー・・・・それだったらお店のほうも大変になって、今の状態になるのもわかる気がするね」

 せ、聖杯戦争に・・・・聖杯戦争に・・・・・・関係あるの?門丸くんの家が焼肉屋さんだっていうのは聞いたことがあるけれど。クラス中のみんなの話を聞いていると、どうも門丸くんの今の状態は昨日、お店で目も回るくらいの忙しさで倒れてしまったらしい。気になるのがその焼肉屋さんに来たという外国人のお客さん。多分マスターかサーヴァントだと思うけど・・・・この場合、聖杯戦争には関係ないんだろうか?実際何が起こったのか、それを知るのはこの場においては門丸くん以外いないだろう。
 それから、門丸くんのあまりの様子に先生も敢えて彼に関与するようなことはしなかった。門丸くんが復活したのは昼休みになってからだった。



 「おまえ、あの後輩と何かあっただろ?」

 昼休み、鉄平とともに購買で並んでいる大迫が放った一言がそれであった。腐れ縁とでもいうのか、この二人の付き合いは意外と長い。そのためか、大迫は今朝から鉄平がいつも通りに振舞いながらも、そのかすかな違和感を見逃さなかった。

 「別に、何でもないさ」
 「・・・・・・はぁ。言うと思ったぜ、それ」

 鉄平の反応はある程度予測はできたものの、大迫は思わずため息をついてしまった。そもそも、鉄平と大迫は他から見れば友人同士という間柄である。もっとも、大迫本人はそれを大いに否定しているのだが。しかし、大迫が何か深く突っ込もうとすれば、鉄平はそれを受け流すのが常だった。無理もない。鉄平はいわゆる妖怪と呼ばれる存在を退治することを生業としている一族の者であり、彼自身若いながらも数々の魔を狩ってきた。鉄平の一族は、魔術師のように自分たちの本業を秘匿にしておくという掟などないのだが、それを他に知られることなく過ごすのが暗黙の了解となっていた。
 そのため、大迫は鉄平にある部分までは深入りすることはないのだが、鉄平が人には言えない何かを隠し持っていることだけは察しがついていた。
一組の生徒が購買から出て行った。

 「まあ、言う言わねえはおまえの勝手だけどよ、その言わないことをここまで持ってくんなや」
 「そう簡単に言うなよ・・・・」
 「かぁ~・・・・!相変わらず不器用すぎて見てられねえよ、おまえ」

 もし、大迫があのあかいあくまと知り合いでその本性をどこぞの寺の茶坊主程度に知っていたとすれば、その爪を煎じて鉄平に飲ませていることだろう。しかし、実際にそのあくまのごとき人物など彼の周りにはいない、もしくは関わりがないのでただ、呆れるしかなかった。
 最前列の生徒が、会計を終えたようである。

 「いつも思うけどよ、お前、意外とオンオフのつけ方ヘタクソだよな」
 「・・・・確かに、そうかもしれないな」
 「すました顔で言ってんじゃねえよ」
 「悪かったな」

 鉄平は苦笑するしかなかった。大迫の言うとおり、鉄平は自分の仕事に関することは上手く隠し通せているのだが、それ以外の悩み事や隠し事などはどうしても顔や態度に出てしまうようだ。もっとも、沙織のことは聖杯戦争に関係していることなので、ある意味“本業”に近いのだが、そちらと違って隠し切れていないようだ。これはおそらく、“人間関係”に関する問題なのだろうか、表面に浮き出てこようとしている。皮肉なことに、このオンオフは見事なまでに作動している。
 いよいよ、購買のオバチャンの姿が近くなってきた。

 「ところであの後輩、まだおまえのところにいるんだろ?」
 「・・・・まあな」
 「おれだったら、さっさと帰るか、一歩踏み込むかぐらいはするぜ」
 「例えば、具体的にはどうするつもりなんだ?」
 「・・・・・・・・そうだな。とりあえず、殴る」
 「野々原さんが女子だってこと、忘れてないか?」
 「おれが言ってんのは“おれ”だったらどうするかだよ!大体、ただでさえ気にくわねえおまえが、んな態度やられたらよけい気にくわなくなるっつーの!」
 「気に入らないのはわかったから、もう少し平和的な方法で解決してくれよ、風紀委員長」

 とうとう、自分たちのところまでレジの順番が回ってきた。鉄平は焼きそばパンとペットボトルのお茶を、眉間にしわを寄せている大迫はカツサンドと紙パックのコーヒー牛乳を置いた。
 殴るにしても、なんにしても自分から行動を起こすということは意外と精神的にきついものである。積極的に動ける人間ならともかく、そうでない人間にとってはなおさらだ。そう考えると、あの時の彼女が自身の決意を口にするのにどれだけ勇気が必要だったのだろうか。ましてや自分が恐ろしい目に遭うかもしれないのに、だ。
 値段が提示されると、鉄平はあらかじめ用意しておいた金銭に一円玉を何枚か加える。

 「まあ、とにかくやるだけやってみるさ」
 「で?どうするつもりなんだ?」
 「・・・・どうしようか?」
 「あのなあ~・・・・!おれに言わせといて、それはねえだろ」
 「悪い」

 なかば自分を強引に付き添わせたこの級友とともに購買から出て行く。
鉄平自身も沙織ほどではないにしても、先ほど述べた事情とあいまって、自分から積極的に関わり合いを持とうとせず、逆にそこからある程度の距離を置いていた。しかし、ある程度は自分がどうすればいいのかがわかったようである。しかし、問題はその方法である。もちろん、平和的な方法をとるつもりだが。



 今日の学校での一日がいつもよりも若干早く終わり、外がまだ明るいうちの下校時間となった。でも明るいといっても、あと数時間もせずに夕方の時刻になる。そうすれば、サラやシモン、神奈さんにブラットといった聖杯戦争に関わる魔術師たちが動き出すだろう。もちろん、わたしが初めて遭遇したサーヴァント、バーサーカーも・・・・
 わたしは先輩がいると思われる自転車置き場までこっそりと行った。幸い、今のところわたしと先輩が一緒に登下校していることを知っているのは大迫先輩だけだ。それと、引沼さんは前まで登校している途中で会うこともあるだけに、彼女が一番の難所だけれど、最近そうでなくなったにもかかわらず、引沼さんは何故だかそのことを深く追究しようとしない。というか今日、そのことを聞いてきたときの引沼さんはちょっと意味ありげに笑みを浮かべていたような気が・・・・もしかして、見透かされている?もしそうだとしたら、無理に聞き出そうとせず、かつそれを周りに言いふらさない引沼さんの優しさに感謝している。
ちなみに、その引沼さんは今日、バイトの早番なので早々に下校した。余談だけれど、引沼さんがバイトをしていることはクラス中知っているのだけれど、そのバイトの内容、というか彼女の趣味や将来の夢、などなどを知っているのは、クラスではわたしと門丸くんの二人のみ。わたしにとって一番衝撃的だったのは、あの引沼さんがものすごい涙目でそのことを誰にも教えないでほしいと懇願していたことだ。
 話が大いにずれたけれども、今日も人知れず先輩と下校、とはいかなかった。なにしろ、用事があるので、そのことを先輩に言わないと。今朝はホラ、ちょっと気まずすぎたので言い出すタイミングというものが掴めなかったから。でも、ちゃんと自分で言い出さないと!
 そして、自分の自転車のそばにいる先輩の姿が見えた。

 「先輩、待たせてすいません」
 「ああ、別にいいよ。俺もちょうどさっき来たばかりだし」

 言え!言うんだ、野々原沙織!!これを逃したら、いつもの気まずいゾーンに引き込まれるぞ!!!まずは、深呼吸・・・・

 「野々原さん」
 「!ゴホ!ゴホ!!」
 「あ!だ、大丈夫!?」
 「え、ええ。へ、平気です・・・・」

 まさかの展開だった。深呼吸しようとしているときに声を掛けられたのでむせてしまった。初手でまさかの大誤算。とにかく、気を取り直して、心臓を落ち着けて・・・・

 「えーと、もしよかったらそのまま聞いてほしいんだけど、今日はこれから何か用事があるのかい?」
 「・・・・・・・・え?」

 かなり予想外の展開。まさか向こうから聞いてくるとは思ってもみなかったので、一瞬だけ言葉が詰まってしまった。でも、どうにかして自分から言おうとしていたことなので、それほど取り乱さずに喋れた。

 「えっと、そうですね。これから空也さんに頼まれていたものを買いに行こうと思って、それが終わったらまた病院へ行ってみるつもりです」
 「そうなんだ・・・・」

 それから、先輩はしばらく考える素振りを見せてから言った。

 「もし邪魔でなければ、俺も一緒に行っていいかい?」

 意外な展開だった。三度目にして、わたしの頭の中はボッと熱くなってしまった。だって、先輩が一緒に買い物に来てくれるなんて思わなかったものだから。

 「い、いいんですか!?わ、わたしなんかの用事に付き合って、お時間は大丈夫なんですか!?」
 「大丈夫も何も、一応一緒に同居しているわけだから、別にどうってことはないさ」

 改めて“同居”って言葉を使われると、なんだか気恥ずかしい感じがしてきた・・・・ともかく、ここはしゃんとしないと。

 「は、はい!よろしくお願いします!」
 「そんなかしこまらなくてもいいよ」
 「あ、はい。すいません」

 つい勢いあまってお辞儀をしてしまったわたし。ともかく、先輩と接近するチャンスができたんだ。これからは一緒にいる機会が多くなるんだから、これをちゃんといかさないと!・・・・・・ここだけ見ると、なんだか色々と誤解を受けそうな感じがしてきた。



 そういうわけで、サオリとテッペイの二人は今、買い物する店のほうに向かっているところだ。かなりどうでもいいが、アサシンの奴も気配を消して二人の護衛をしている。今の時間帯のせいか、結構人がいるもんだ。

 「・・・・・・これが今日買うものなんだ」
 「はい。ちょうど少なくなってきたから買い足したかったみたいです」

 本当はクウヤのおっさんが買いに行くつもりだったみたいだが、サオリのほうから進んで買い物を頼まれたって話だ。確か今朝、食い入るようにチラシを見ていたっけな・・・・とまあ、それはいいんだけどよ・・・・

 「それだったら野々原さん・・・・」
 「なんですか、先輩?」
 「さっきの道を曲がったところに確かスーパーがあったはずなのに、どうして通り過ぎたんだい?」

 そう。それはオレも思った。買い物を済ませるんだったら、テッペイの言っていたその場所に行けばいいはずなのに、サオリはそうしなかった。にもかかわらず、サオリの奴は平然としていた。

 「いいんですよ、今日は」
 「い、いいって、何が・・・・?」
 「これから行くところのスーパーのほうが、今日買うものが安く買えるんです。それに空也さんから聞いたんですけど、いつもこの商品使っているんですよね?」
 「多分、そうだと思う。俺はよくわからないけど・・・・」
 「だったら、断然これから行くところのほうがお得ですよ。少し遠いのが難点ですけれど、そこは確か三日間ぐらいポイントがいっぱい付きますし、それにあそこは若干値段が高いんですよ」

 どおりでチラシを見ていると思ったら、そういうことか。確かに、チラシを見てどう買うか、なんてテッペイの柄じゃないからな。それとあいつ、サオリの話を聞いている間、かなり呆気に取られていたよな・・・・

 「先輩?どうかしましたか?」
 「あ、いや・・・・なんでもないよ・・・・」

 なんでもあるだろ。思いっきり自分の土俵じゃない場所に引きずりこまれていたぞ。しかも、いつの間にかサオリが先頭に立って、テッペイが後ろから自転車を押してついていく、って構図になったな。昨日までじゃ考えられない光景だな・・・・


 二人が歩くこと数十分、その例のスーパーの中に入って買い物を始めた。今度はちゃんと二人とも並列して買い物カゴを持って歩いている。
 ん?なんで室内なのに中の様子がわかるかって?んなもん、音を聞けばわかるんだよ、オレの場合。けど、これだって万能ってわけじゃない。例えば、あんたが誰かと喋っているのに夢中になっているとき、周りの音をちゃんと、それも正確に聞き取れるかい?要はそういうことさ。
 話がずれたな。とにかく、今二人は目的の物があるコーナーの一つに差し掛かった。それでテッペイがそのうちの一つを見つけて、その手ごろなものを手にとって買い物カゴに入れようとした。

 「先輩!ちょっと待ってください!!」

 そこへサオリが待ったを掛けた。そのせいでテッペイは驚いたような顔をして、その動きを止めた。

 「の、野々原さん?どうしたの?」
 「先輩。今、一番前にあるものを取ろうとしましたよね?」
 「ま、まあそうだけど・・・・」

 そういえばテッペイの取ろうとしていたやつはそうだな。けど、それがどうかしたんだ?

 「一番前にある商品って大体はあまり色がよくないんですよ」
 「い、色・・・・?」
 「そうです。この手の品物はある程度時間が経っちゃうと色が悪くなっていってしまうんです。こういうものを買うんだったら、値下げされるまで待ったほうがいいですよ。お店の人もこういうものは早く売れてほしいと思っているはずですし」

 ああ・・・・たしかにありゃ、食えねえとは言わないが、少し色が悪いな。テッペイがポカンとしているが、サオリは構わず続ける。

 「こういうのを買って使い切るんならともかく、今回はどうなのかわかりませんからね。だから・・・・」

 そう言って、サオリは慣れた手つきで真ん中ぐらいの位置にあるやつを数個とって、それを見比べてからそのうちの一つをかごに入れ、残りは元の場所に戻した。

 「一番後ろでもいいんですけれど、それだとお店の人から嫌味に見えるかもしれませんからね。だからこうやって、さっきのとこにあるものが無難なんですよ」
 「は、はあ・・・・・・」
 「それじゃあ、次行きませんか?」
 「う、うん・・・・・・」

 完全にサオリにペースを握られたテッペイ。聖杯戦争のときとは打って変わって、頼りなさそうな印象になったな・・・・・・それとは逆に、サオリの方は妙に頼もしく見える。オレが生きていたころの宮廷の女中でもこうはいかないだろう。
それからも、テッペイが何かしようとするたびにサオリから何度も駄目出しをくらいまくっていた。賞味期限がどうの、鮮度がどうの、ってそんな感じで。そのたびにだんだんへこんできているような気がするな。そんなテッペイは今、こう思っているに違いない、あいつから聞こえる呼吸音や心拍音から察して、おおかた・・・・

 “俺、ここに来る意味あったのか・・・・?”

 だろうな。諦めろ、テッペイ。ここがサオリの土俵である今、あんたにできることなんて荷物持ちぐらいしかないさ。アサシンの奴だってきっとそう思っているに違いないから気にするな。



 買い物が済んで、わたしと先輩はそれぞれ荷物を持ってお店の外に出た。どういうわけか、先輩は少しげんなりしているような気がする。どうかしたんだろう・・・・?

 「の、野々原さん・・・・随分慣れているんだね・・・・」
 「え?そ、そうですか?別に、そんなことはありませんよ。これ、とりあえず見様見真似ですから」
 「見様、見真似・・・・?」
 「はい。昔、お母さんと一緒に買い物に行くことがあって、それをなんとなく見ていたんです。それで何度か買い物を頼まれたことがあって、お母さんがやっていたことを真似していただけですから」
 「でも、その割には選んでいた理由とかちゃんと話していたよね・・・・?」
 「あ。それはわたしがなんとなくおばあちゃんに聞いてみたら、そう言っていたからです。お母さんがどう思って買っていたのかはわかりませんけど、多分そうだろうって」
 「・・・・・・そのお母さん本人には聞かなかったの?」

 そのとき、わたしはつい顔を曇らせてしまったせいで、先輩はハッとなって申しわけなさそうに顔をうつむけてしまった。でも、わたしは話すことにした。わたしと先輩は協力関係にあるんだし、わたしだって先輩の知られたくない部分を知ってしまったんだから。

 「・・・・前に住んでいた街で原因不明の大災害に遭って、そのときにお父さんもお母さんも亡くしているんです」
 「・・・・・・確か、昨日のあの時もそんなことを言っていたね」

 昨日のあの時、とは言うまでもなくわたしが神奈さんたちに遭遇して、そして全てのサーヴァントが揃ったときのことを言っている。わたしが神奈さんに自分の決意を話すときにこのことを口にしたそのときに、先輩もそのことを耳にしている。

 「あの大災害は街が焼かれて、生き残ったのはわたしや妹を含めてほんの僅かだったんです。それで本当だったら孤児院に入れられるかもしれなかったんですが、わたしたちにはおばあちゃんがいたから、この街へ越してきたんですよ」

 あれから、何度あの日のことを忘れようとしてもわたしの頭がそうすることを許さなかった。そのことを気にしていなくても、頭の片隅に残っているだけで、そこから消え去ることは決してない。
 わたしがあの日のことを思い出しかけたそのとき、先輩はわたしの肩をぽんと叩いた。

 「大丈夫だよ。野々原さんがそのつもりなら、もう大事な人を失うようなことはないよ」
 「せ、先輩・・・・・・」
 「それに俺だってひょっとしたら野々原さんと似たような感じさ。俺が聖杯を求めるのは・・・・」

 そこまで言いながら、先輩はそこで言いよどんでしまった。

 「・・・・・・ゴメン。野々原さんには散々色んなことを言っておいて、俺の方はまだこのことを伝える覚悟ができていないみたいだ」
 「先輩・・・・・・」
 「けど、いつかちゃんと話すつもりだよ。それだけは約束する」

 そう言っていた先輩の顔は、どこか寂しげで、どこか辛そうな感じだった。先輩の聖杯を求める目的が意識を失ったお姉さんのためだ。わたしがそのことを知っているのを、先輩は知らない。だから、わたしのほうも余計申し訳ない気がしてきた。

 「ところで野々原さん。確か、これから病院の方へ見舞いに行くんだっけ?」
 「え?はい。そうですけれど」

 そういうこともあって先輩は話題を変え、そしてどういうわけか手を差し出してきた。

「だったらその荷物、俺が持って帰るよ。俺がいきなり顔を出しても邪魔だろうしね」

 いきなりそう言われてしまったので、わたしは思わずキョトンとしてしまった。そんなわたしの顔を見て、先輩は少し不思議そうな顔をしていた。

 「えっと、どうかしたのかい?」
 「いや・・・・だって、聖杯戦争だからどうのこうのって言われるかと思ったので、つい・・・・」
 「ああ。昨日のことを気にしているのか。あれだけ大規模な行動は向こうだってそう起こせないだろうさ。それに、まだこんな時間から動き出すマスターもいないだろうしね。ただ、バーサーカーやキャスターにさえ気をつければ大丈夫だと思うよ。野々原さんにはアーチャーがついているから多分、問題ないだろうけどね」

 たしかに、わたしは昨日の病院の帰りに神奈さんたちに遭遇したことを引きずっていた。今日も似たようなことが起こらないとも限らない。でも先輩の言うようにたしかに、あんな大軍団を連れて回るのは色々と大変そうな感じがした。なにしろ、あのライダーの印象からしてかなり手を焼きそうな感じがしたのだから。もちろん、それ以外にもあるんだろうけれど。
 それで安心したのか、私は自分の持っている荷物を先輩に渡し、先輩は自転車のかごに持っている荷物を入れた。

 「それじゃあ、俺は先に帰っているよ。くれぐれも行き来には気をつけて」
 「はい」

 そう言って、ややふらつく自転車を器用に乗る先輩を見送った。
 多分、先輩はお姉さんのことでいっぱいいっぱいなんだと思う。そのこともわたしを聖杯戦争から遠ざけようとした理由の一つかもしれない。もしかしたら、他の聖杯戦争の参加者であるマスターと呼ばれる人たちも、こんな風に色々と背負っているものがあるのかな・・・・?
 先輩の自転車が遠ざかった後、わたしは病院への道に向かうために後ろへ振り返った。病院へ向かう前に、伏瀬くんに何か買っていこうかな?



 一方、その頃。ここは野々原家の玄関先である。

 「ばあちゃん!早く、早く!!」
 「このか。そう急かさないの。まだそんなに遅い時間じゃないんだから」

 気がせいている孫娘を絹は柔らかくたしなめる。もはや敷地から一人出てしまっているこのかに首輪を繋がれているシローは律儀にも、まだ敷地内に留まって玄関から出てこようとしている絹をちょこんと座って待っていた。

 「けど、気持ちはわかるわ。だって、二日ぶりに沙織に会うんですもの」
 「そうでしょ!アタシ、ねえちゃんに会ったら・・・・・・・・ええっと・・・・」
 「?どうしたの、このか?」
 「ねえちゃんに会ったら、どうしよう?姉ちゃんに会うことばっかり考えてたけど、何するかまでは考えてなかったや」

 少し締りが悪そうに笑うこのか。そんな孫娘を、祖母は暖かく微笑みを向けた。

 「そう難しく考える必要はないわ。沙織に会ったら、いつも通りにしていればいいんだから」
 「そういうもんなの?」
 「そう。でもね、それが一番難しかったりするものよ。だってホラ、このかだってさっき、“久々に会ったらどうしよう?”なんて考えていたじゃない」
 「あ~、なるほど~」

 祖母の言葉に納得したように頷くこのか。そして絹が玄関から出て行き、シローもそれに続く。

 「それじゃあ、行きましょうか」
 「お~!」

 元気よく声を張り上げる孫娘とその脇にいる飼い犬を連れ、絹は荷物を包んだ風呂敷を両手で下げ、沙織の泊まっている楼山神宮へと向かっていくのだった。



~タイガー道場~

タイガ「いや~!どうにか最新話を更新することができてよかったの~!」

ロリブルマ「ていうか、作者も時間は取れないわ、パソコンを立ち上げたはいいけど余計なことに脱線するわで、こっちに回す時間をもっと増やせって言いたいっす」

タイガ「ウム。どちらにも言えることだけれど、私としては、作者はもう少し時間配分を上手くやりくりするようにと声を大にして言いたい」

ロリブルマ「ところで時間と言えば、感想にもこの作品の進行スピードに関する話題が挙がっていたっすね」

タイガ「そうなのよ。作者も返し忘れていたけれど、結構遅いことは実感しているみたい。今までもそうだったけれど、今回だって一話で終わらせるつもりが、また長引いてしまったわけだし」

ロリブルマ「ある程度の筋道は立てているみたいっすけど、いざ文章にするとうまく表現できない部分もあるっすからね」

タイガ「それだけじゃないわ。今回の買い物だって本当は沙織一人で行かせるつもりが、いつの間にか先輩も一緒に来ちゃっていて、作者も“これは自分でもビックリだ”状態だもの」

ロリブルマ「まあ、作者はそういう突発的に出てきた展開が蛇足部分にならないかどうかも見極めなきゃいけないっすからね」

タイガ「うむ。作者は時間と話の展開の見極めを今後の課題とするように!」

ロリブルマ「以上!今回はここまで!!」

タイガ「・・・・・・なんて言わせてたまるかぁ!」

(タイガ、ロリブルマに竹刀一閃)

ロリブルマ「痛っ!な、何なんすか~!?まだ何かあるんすか~?」

タイガ「そう。ここからが本番なのだよ、弟子一号よ」

ロリブルマ「ほ、本番・・・・・・?」

タイガ「ウム。あなたも気になる、私も気になる。そんなあなたの疑問を解消する、あのサーヴァントのステーテスなんじゃろな?ということでこれからは機会があるたびに真名が明らかになった順にサーヴァントのステータスを公開していこうと思うわよ」

ロリブルマ「おお!それで、まずはどっちからっすか?」

タイガ「記念すべき第一弾は、唯我独尊ぶりならあの金ぴかにも負けないぜ!モンゴル期待の星、ライダーから始めたいと思うわ」

ロリブルマ「あ。それとステータス及びスキルは作者の主観によるものが大きいので、その辺はご了承ください」

タイガ「前置きありがとう!弟子一号!それじゃ、ライダーの気になるステータスは、こちらよ!」


クラス名:ライダー
真名:チンギスカン
属性:混沌・善
マスター:守桐神奈
身長:178cm
体重:84kg
イメージカラー:紅
特技:組織編制、用兵術
好きなもの:酒盛り、女
苦手なもの:軟弱者、犬

ステータス
筋力:B
耐久:D
敏捷:C
魔力:D
幸運:C
宝具:A

スキル
対魔力:E 魔術に対する守り。無効化はできず、ダメージ数値を多少削減する。
騎乗:A+ 騎乗の才能。獣であるならば幻獣・神獣クラスまで乗りこなせる。ただし竜種は該当しない。

人馬一体:A 騎馬民族独自の乗馬法。騎乗時の攻撃力や機動力を大幅に上昇させる。
カリスマ:A Aランクは人間として得うるおよそ最高峰の人望。
軍略:B


タイガ「えー、簡単に解説しておくと、言わずと知れたモンゴル帝国の創始者で強力な騎馬軍団で大陸制覇に乗り出し、事実多くの地域を征服したわ」

ロリブルマ「その後、その征服事業は自分たちの子供たちや孫にも引き継がれ、結果としてヨーロッパにまで跨る巨大帝国となったのよね」

タイガ「ウム。そして何よりも有名なのが蒼き狼と白き牝鹿の子孫という伝説の持ち主なんだけれど、以上の詳しいことは興味があれば自分で調べてみるといいわ」

ロリブルマ「うわ。ここで丸投げするの?」

タイガ「これはSS(厳密に言えばあとがき)であって、図書館や児童書コーナーに置いてあるような歴史解説のページではないのだ!知りたきゃ、自分の力で調べんかい!!」

ロリブルマ「ししょー・・・・・・教育者として最悪っす・・・・・・」

タイガ「Be quiet!あと付け加えるなら、割と早めに登場の決まったサーヴァントの一人なのである」

ロリブルマ「割と早めに・・・・?じゃあ、そういうサーヴァントとそうじゃないサーヴァントとがいるんすか?やっぱり?」

タイガ「まあ、判明している限りで言えば、早めに決まったのがライダー、キャスター、バーサーカー、アサシン、アーチャー。次点はランサー。で難航したのがセイバーってことになるわ。厳密に言えば、アサシンもアーチャーの二人もだけど」

ロリブルマ「それってどういうことっすか?」

タイガ「それに関しては、いずれまた。でも、ライダーも最初からチンギスカンってことに決まっていたけど、そう簡単にもいかなかったのよね」

ロリブルマ「そうなんすか?」

タイガ「まあ、具体的にいうとマスターと宝具、それにキャラ設定が問題だったのよ、この王様の場合」

ロリブルマ「おお!それじゃあ、ここで宝具の解説が・・・・!」

タイガ「ああ。ライダーの宝具はまた今度ね」

ロリブルマ「ありゃ?どうしてなのよ~!読者はそれが一番知りたがっていることじゃない」

タイガ「それはサーヴァントと宝具、それに登場人物の紹介は基本一人、多くても2~3人の予定よ」

ロリブルマ「そういうことなの・・・・・・それじゃあ、どうしてそれらが問題だったの?」

タイガ「まあ、マスターは最初から管理人ってことは決まっていたんだけれど、それもまた別の機会。キャラ設定に関しては、最初はどこぞの征服王に似たような性格だったのが、いつの間にか金ぴかの性格もプラスされたようなキャラになっちゃったのよね」

ロリブルマ「そして、そうなったそのこころは?」

タイガ「ぶっちゃけると、若干とある掲示板の影響を受けてしまった、といったとこかしら。あえてどこの掲示板かは名前あげないけど」

ロリブルマ「ダメダメっすね」

タイガ「まあまあ。それでも差別化は思い浮かぶ限りやっているつもりよ。上手くできているかどうかは別として」

ロリブルマ「・・・・・・とりあえず、キャラが映えるどうかは作者の腕次第っていうことがよくわかったっす」

タイガ「作者よ。願わくは、よりいっそうの精進を願う」

ロリブルマ「今回はちょっと長くなっちゃったっすね」

タイガ「今回に限らず、これはこういう形式だからやむなし!というわけで・・・・」

ロリブルマ「また次回も楽しみにしていてね~!」



[9729] 第十二話「邂逅」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/03/04 06:57
 先輩と別れてからわたしは今、伏瀬くんのお見舞いのために病院へと向かっている。今日の分のプリントは門丸くんが届けているのだけれど、そういうことがなくても時々お見舞いに足を運ぶことがある。それに、わたしは聖杯戦争に参加している身だ。いつまでもこうしていられるかどうかわからないし、下手すれば門丸くんや伏瀬くんまで聖杯戦争に巻き込んでしまうことだってないとは言い切れない。だから、日常の何気ないことでも大切にしなきゃと思えてきたから、と思うからだ。
 そういうわけでお見舞いに行くにあたって、手ぶらで行くのもなんだからどういうものを買おうか思案していた。もちろん、伏瀬くんはそういうことを気にしない人柄だけれど。
 まあ、それはそれとして、問題は何を買おうか・・・・?う~ん・・・・・・結構悩む・・・・・・・・

 「キャッ!?」

 そんな風に考え事をしながら歩いていたら、何かにぶつかって思いっきり弾き飛ばされてしまい、尻餅を着いてしまった。お尻のほうに鈍い痛みがあったので、そこをさすりながら顔を上げてみると、わたしがぶつかってしまった何か・・・・というか“誰か”がいた。その人は黒い肌をした、いわゆるイケメンなんだけれど、その人の服装のせいでわたしは危機意識を募らせてしまい、すぐに立ち上がってしまった。なにしろ、高そうなスーツを着ていたから、瞬時にその人がホストか何かだと思ったからだ。
 それで次にわたしが取った行動というのは、これだ。

 「ご、ごめんなさい!ごめんなさい!!あの、わざとじゃないんです!考え事をしていて、それで余所見をしていたから・・・・!!!」

 当然、わたしにできることといえば謝る以外になかった。どちらにしても、何か言いがかりをつけられてしまうと思っていたからだ。
 でも、その人の反応はわたしの予想とは全く違っていた。むしろ穏やかな笑みを浮かべて、もう止すんだと言わんばかりに平手をわたしに向けた。

 「いや、君が謝る必要はない。むしろそうしなければならないのは私の方だ。君の体を傷付けてしまった事、その事について深く詫びねばならない」
 「あ、いえ・・・・そんなことはないです。むしろわたしの不注意が招いてしまったことなんですから・・・・・・」
 「いや。それは大した問題ではない。何しろ、女性というものはどんな教えよりも尊い。その身に子を宿し、多大なる苦痛を伴いながらもそれに勝る慈しみを以ってその子をこの世へと生まれ出でさせるものだ」
 「・・・・・・・・はい?」

 逆に謝られたことで困惑していたわたしは、さらにその度合いを深めることになってしまった。なんだか、話があらぬ方向に向かっているような気が・・・・それに“傷付けた”とか少し大げさすぎる気もするけれど・・・・

 「だから私は何としてでも君に詫びねばならない。そしてこの場は、君の望むとおりにしよう」
 「い、いいですよ。何もそこまでしなくても・・・・・・」

 そのとき、わたしはふといくつかの可能性を見出してしまった・・・・ような気がする。もしかして、これって、新手のナンパじゃないんだろうか、と。あるいはそのままホストクラブへ連れ込まれるんじゃないかと。後者に関しては、わたしがまだ学生だからその心配はないとは思いたい。けれど援助交際とか美人局とかでそういう世界に入ってしまう可能性だって否めない。
 もちろん、わたしの取る行動は、これだ。

 「ごめんなさい!わたし、急いでいるんで、これで失礼します!!」

 そのナンパ屋さんの脇を通り越し、わたしは駆け出した。後ろでナンパ屋さんが何か言っているのが聞こえたような気がしたけれど、わたしは決して後ろを振り返らなかった。
 だからといって、ちゃんと前を向いていたのかどうかさえ怪しかった。

 「キャッ!?」

 またもや誰かにぶつかってしまった。今度はよろめいただけで、すぐにその誰かを確認することができた。ただし、今度は三人組の若い男の人たちで、いわゆるヤンキー・・・・・・すぐに赤信号が灯った。

 「ご、ごめ・・・・」
 「ああ!?ゴメンで済んだらケーサツはいらねえよ!」

 ひい!わたし、まだ言い終わっていないのに!こういうときに何も予想通りの展開にならなくても・・・・

 「どうしてくれんだよ!?テメーがぶつかったせいで大怪我負っちまったじゃねーか!!」
 「あの、だから・・・・」
 「だからゴメンじゃすまねーっつってんだろーがよ!」
 「この落とし前、どうつけてくれんだよ!?」

 いつの間にか行く手を阻むかのように囲われてしまい、しかもそのうちの一人に腕を掴まれてしまっていた。さらに悪いことに、通りがかる人たちは自分たちに危害が及ばないように我関せずの姿勢で知らん振りをしていた。

 「おい。よく見たらこの女、結構イケてるんじゃね?」
 「おっ!そうだな~・・・・それじゃ、おれたちといいことしたら、許してやってもいいぜ?」
 「いいじゃん、それ~」

 何がおかしいのか、その三人組はゲラゲラと笑い出した。そんなやり取りの中でわたしはただうつむいて、目を涙ぐませていた。
・・・・・・もう、やだ。どうして、こんな人たちが堂々と外の世界を出て歩けるの?どうして、さも当たり前のように生きているの?こんな人たちなんか・・・・・・こんな奴らなんか・・・・・・

 「そこまでにしたらどうだ」

 後ろから声がしたので振り向いてみると、さっきのナンパ屋さんがこっちに向かって歩いてくる。

 「ああ?なんだ、テメー?」

 当然のことながら、三人組は一変して不機嫌になり、そのナンパ屋さんのほうへと自分たちから近づいていった。もちろん、わたしは腕を掴まれたままだ。

 「彼女とて、悪気があって君達にぶつかったわけではないのだ。彼女には急ぎの用があるのだから、もう許してやったらどうだ?」
 「なに上から目線で言ってんだよ、オラア!」

 ナンパ屋さんの諭すような口調に腹を立てたのか、三人組のうちの一人がナンパ屋さんのスネに向かって思いっきり蹴りこんだ。蹴られたナンパ屋さんは身動き一つとらなかった。それがどういうことなのかというと、痛がる素振りがまったくなかったどころか、顔も痛そうにしていなかった。要するに、平然としていたのだ。余計に腹を立てた別の一人がナンパ屋さんの胸倉を掴みかかった。

 「おい、コラ!なにすました顔してんだよ!?」

 これだけすごまれても、ナンパ屋さんはびびるどころか、逆に溜息をついてしまっていた。

 「やれやれ・・・・・・では、どうすれば君たちは納得するのだ?」
 「ああ!?何なめたクチきいてんだよ!?殺すぞ!!」

 ナンパ屋さんは何か思案しているのか、しばらく黙っていた。

 「黙ってんじゃねえよ!何様のつもりだ、ゴラア!」
 「では、こうしよう。君達が一人ずつ、これから私の指し示す場所を全力で攻撃するがいい。それで私が少しでもここから動いたのならば、彼女を君達の好きにするがいい。逆に、そうする事ができなければ、おとなしく彼女から手を引くのだ」

 ナンパ屋さんの提案に三人は一瞬、キョトンとしてお互いに顔を見合わせたが、彼らはすぐに顔をニヤリとさせた。それにしてもこの人、本気で言っているの!?どう考えても自分も、それどころかわたしも不利な話なのに!

 「オーケー、オーケー。話はわかったぜ。で?どこをどうすればいいんだ?」
 「うむ。それは、ここ・・・・・・」

 そう言って、ナンパ屋さんが自分の鼻先を指差した途端に、そのナンパ屋さんに話しかけた人が思いっきりその場所目掛けて、思いっきり殴ってきた。その瞬間、わたしは思わず目を逸らしてしまった。
 それからわたしは、恐る恐る目線を元の位置に戻すと、殴った人のにやけているはずの顔が驚きに包まれていた。なぜなら、そのナンパ屋さんの顔にはアザ一つなかったからだ。

 「おいおいおいおい、なに手加減しちゃってんのさー?もしかして、びびってんのー?」
 「しゃーねーなー。ここは一つ、おれがお手本を・・・・見せてやんよ!!」

 そう言うやいなや、今度は別の一人がナンパ屋さんの顔を目掛けて蹴りかかった。

 「なっ・・・・!なんて、ことを・・・・・・!!」

 その瞬間、わたしは思わず声をあげてしまった。わたしは彼らがどうしてそこまでできるのか、彼らのそんな行動が全く理解できなかった。しかし、蹴った本人はヘラヘラした口調で言うのだった。

 「バーカ。あいつ、一言も“殴れ”なんて言ってねー・・・・ぜ・・・・・・?」

 しかし、次の瞬間から彼の表情からにやけた顔が途端に引きつってしまった。ナンパ屋さんの顔には全くアザがなかったどころか、蹴られたときにのけぞりもしなかったからだ。これには他の二人もさすがに驚きを隠すことができなかったのか、口をあんぐりと開けている。

 「どうした?もう、この程度で終わりなのかね?」

 散々顔を殴られ、蹴られたにもかかわらず、相変わらずナンパ屋さんはその整った顔で落ち着いた表情をしていた。そのせいで、わたしの腕をつかんでいたために今まで攻撃に参加しなかった最後の一人の顔がナンパ屋さんに対して敵意をむき出しにしていた。

 「おい。いい加減にしろよ、このクソ野郎が。これ以上、調子こいているとどうなるかわかってんだろーな?」

 そういうと、わたしの腕から手を放し、ポケットに手を突っ込んだ。そうしてポケットから取り出したものに、わたしは目を疑わざるを得なかった。ポケットから取り出したメリケンサックを、利き手と思われるほうの手にはめたのだから。

 「フム。君はそれを使うのかね?」
 「使うな、なんて言わせねーよ。もう泣いて詫びいれても・・・・許してやんねーよ!!」

 最後の一人が思いっきり振りかぶり、サックをはめた手のパンチがナンパ屋さんの顔に叩き込まれた。

 「う・・・・・・ぎゃあああああああ!!!???!!」

 次の瞬間、悲鳴があがり、周りの通行人もこちらに目を向けた。悲鳴の主は殴られたほう、ではなく殴ったほうだった。

 「あ・・・・あああああああ!!!指が・・・・・・・指がああああああああ!!!!!!」

 メリケンサックがカランと落ちると、殴った本人はサックをはめていたほうの手首をつかみ、自分の手の惨状を目の当たりにしていた。わたしは少ししか見えなかったけれど、こちらも信じられないことになっていた。最後の一人の殴ったほうの手の指四本が、バキボキにへし折れていた。まるで、指を立てたまま全力でコンクリートに叩きつけたみたいに・・・・

 「あ・・・・ああ・・・・・・バ、バケモノ・・・・・・バケモノだあああああああああ!!!!!!!」

 三人とも、ナンパ屋さんに目線をやると、すぐさま彼に背を向けて我先にと一目散に逃げ出していったのだった。

 「やれやれ・・・・・・化け物とはひどい言い様だな」

 たしかに、あれだけ殴る蹴るをされても動じないどころか、怪我一つないこと自体ありえないことなのかもしれない。でもわたしはそれに対して多少の驚きはあるものの、それほど取り乱すことでもなかった。やはり、聖杯戦争がわたしに与えた影響というものは計り知れないものみたいだった・・・・・・

 「さて。それはそれとして、危ないところだったな、君」
 「あ、はい。助けていただいて、ありがとうございました」
 「礼には及ばぬ。私はこの世に生を受けた者として、そして何よりも男として当然の事をしたまでだ」

 わたしに向き直ったナンパ屋さんはあっさりとそんなことを恥ずかしげもなく言い放った。逆に言われているこっちが恥ずかしくなってきた・・・・
 しかし、ナンパ屋さんの顔は少しだけ曇ってしまった。

 「しかし、先ほどの彼らもそうだが、周りの者にも困ったものだ」
 「あの・・・・?どういうことですか・・・・?」
 「周りの者達は君が危ない目に遭っているというにも関わらず、見て見ぬ振りをして君を捨て置いたではないか。あの時、私が来なければ君はあの者達に辱められていたかも知れぬというのに、だ」
 「それは・・・・仕方ないと思いますよ。誰だって、自分の身はかわいいものですから」

 それはそうだ。このナンパ屋さんみたいに自分の身を犠牲にして助けに入るなんて、よほどの心構えがなければできるようなことではない。誰だって恐ろしい目には遭いたくない。下手に厄介ごとに首を突っ込んでしまえば、自分がただで済むはずがない。ひょっとしたら、わたしだってそうしているかもしれないのだから。
 それでも、ナンパ屋さんの顔は曇ったままだ。

 「確かに人間である以上、誰でも我が身が惜しいものだ。しかし、だからとてそればかりでは魂の徳が損なわれ、業が積み重なるばかりだ」

 そう言うナンパ屋さんの顔は、どこか憂いに似たものに満ちていた。この人の言っていることもわかる。けれど、実際にそれを実行できる人間はどれほどいるんだろうか?それでも、わたしがやろうとしていることはそれに近いことだ。たしかに尻込みしてしまうかもしれないけれど、やっぱりわたしは見て見ぬ振りはできないかもしれない。それに、そういうことをやってのける人をわたしは知っている。実際口に出したりはしないけれど、誰かのために自分の身を投じる人をわたしは知っている。

 「・・・・・・そんなことができる人は、そんなにいないと思います。でも、それができる人たちを、わたしは何人か知っています。その人たちもきっと、さっきみたいな状況に出くわしたら、きっと助けにはいると思います」
 「そうか・・・・・・」

 ナンパ屋さんはそう言って、わたしに背を向け歩き出した。

 「あの、もう行っちゃうんですか?」
 「む?まだ私にいてほしいのかね?」

 立ち去ろうとしているナンパ屋さんをつい引き止めてしまったせいで、ナンパ屋さんは足を止め、わたしのほうへと振り返った。

 「い、いえ!てっきり、その・・・・・・・・・な、ナンパされるんじゃないかと思いまして・・・・・・・!!」

 とうとう“ナンパ”という単語を口走ってしまった瞬間に、わたしの頭は一気にボッと破裂してしまった。一瞬だけ、ナンパ屋さんはあっけに取られていたような表情をしていたけれど、それはすぐに悪戯っぽい笑顔に変わった。

 「そうか。やはり私と共にありたいか」
 「あ!いや!だから、そういう意味じゃ・・・・・・!」
 「だが、今日はどうかここまでにしておこう。何しろ、私は君の体を傷付けた侘びとして、降り注ぐ矢の雨から君を守る楯となった。今日のところはそれで由としよう」

 まだ言うんだ、それ・・・・それにしても、この人の喋り方ってある意味、キャスターとかセイバーとかライダーとかよりも偉そうな感じがするけれど、そんなに威圧的な感じはなくて、逆になんだかアーチャーさんみたいに親しみを持てるような感じだ。

 「だが、いずれにしても君にも用事があるのだろう?ならば私がそれを妨げるわけにはいかない」
 「そうですか。でも、危ないところをどうも、ありがとうございました」
 「うむ。では、ここで失礼させてもらおう。次に会う時には、君が破滅の定めから逃れられんことを」

 そう言うなり、ナンパ屋さんはわたしの前から立ち去っていった。それにしても破滅って・・・・わたし、そんなに危なっかしいのかな?たしかに程度の差はあるけれど、今も昔も色々といやな目にあっているわけだけど。でも、どうして胸の辺りがチクリと痛むんだろう・・・・・・?
 このことと、再会前提で別れたことが少し気になりつつも、わたしはとりあえず先を急ぐことにした。



 沙織と別れてからいつのも帰り道に至った鉄平は、結局前のかごに大量の荷物があるせいで自転車が安定しなかったので、押して歩いていた。

 「・・・・・・・・アサシン、いるか?」
 「ここだ、鉄平」

 鉄平は微風に吹かれると聞こえなくなりそうな声で姿のないアサシンに話しかけると、アサシンも鉄平と同じくらいかそれより小さい声量で返した。

 「今、他のサーヴァントはどうなっている?」
 「大雑把で済まないが、動きはないようだ。やはり昨日のライダーのあの動きは特別だったようだ」
 「そうか・・・・・・それでバーサーカーは?」
 「こちらも動きはない」
 「そうか」

 鉄平の予想通り、かの騎馬軍団による集団戦法が基本戦術であるライダーは昨日のような動きはないようだ。それでなくとも、秘匿を旨とする魔術師にとってライダーのような大軍団を要する戦いは何かと制限が付くものだ。しかし、向こうのペースに乗せられてしまえば巻き返しを図ることは難しい。騎兵一騎の力はサーヴァント一体にも及ばない。おそらくは、鉄平自身も一兵卒と一対一に持ち込めば勝てるだろう。しかし、それが集団ともなれば話は違ってくる。ましてや、マスターとサーヴァントの二人で一人という運命共同体ではなおさらだ。
 一方、まだ明るいのか、バーサーカーも動きがない。バーサーカーの攻撃はアサシンの機動力ならば避けることなど造作もないだろう。ただ、決定打がない。それではいずれバーサーカーの攻撃を受けてしまえば、一撃で終わってしまう。鉄平などでは勝負にすらならない。いや、アサシンでも勝負にすらなっていないだろう。
 しかしこれらの報告はあくまで大まかなものだ。アサシンとて一サーヴァント。マスターである鉄平の存在なくしては現界など不可能である。だから、鉄平と別行動を取るべきではない今のこの状況でアサシンは、なるべく彼のそばを離れずに行動を取っている。

 「このまま見立てどおりならば暗くなるまで、どのサーヴァントも行動を起こさぬはずだが、警戒を怠らぬほうが・・・・・・・・」
 「アサシン?」
 「何者か近づいてきたようだ。何の関係のない市井の者かと思うが、念のため話はここまでにしておくぞ」

 それだけ言って、アサシンは話を切り上げた。確かにアサシンの言うとおり、誰か、それも複数がこちらに近づいてくる気配を鉄平は感じ取り、また足運びや呼吸など五感で捉えられるだけの情報からそれが一般人であることもわかった。それがわかった鉄平は少し安心したものの、その警戒心は弱まることはなかった。


 「このか、そんなに走っていたら危ないわよ」
 「平気、平気!これぐらい、どうってことないよ!」

 てくてくとゆっくり歩いている祖母の絹を尻目に、孫娘のこのかは有り余る元気を振りまくかのように走っていた。糸が切れた凧のようにすぐ目を離すと見失いそうな勢いで自分の先を走っていく孫娘を絹は温かく見守っていた。何しろ、数日振りに大好きな姉に会えるのだから、もういてもたってもいられないのだろう。少し心配ではあるものの、行き先は同じであり、またこのか自身も神社の場所をよく知っているため、それほどその心配は大きくなかった。
 ちなみに、シローは絹に歩調を合わせようとしているが、今彼をリードしているのは子のかであるために半ば彼女に引っ張られる形になってしまっている。だが、この犬はそれでも自分の飼い主であるこの老婆を思ってか、意地でもその歩みを遅らせているおかげでこの元気娘がはぐれずにすんでいることも事実だ。
 ともかく、絹たちは行き先である神社に近づいてきた。それと同時に、このか派前を歩いている自転車を押している人物に追いついてしまった。


 鉄平は自分の脇を駆け抜けようとしている少女に目をやった。自分どころか、今ワケあって一緒に暮らしている後輩よりも年下だ。おそらく小学校高学年くらいの年だろう。それから鉄平は、自分の筋肉が張り詰めたのを感じた。一瞬、彼は敵が近づいてきたものかと思った。鉄平はそれがなんなのかすぐにわかった。敵といえば、敵かもしれない。何しろ、その少女は犬を連れていたからだ。犬の姿を確認した鉄平。柴犬だ。しかもその犬も自分の様子をじっと伺っている。人と犬、この奇妙なにらみ合いは僅か数秒しか満たないはずだが、本人たちからすれば気が遠くなるぐらい長いものであろう。そして、それは犬によって打ち切られてしまった。

 「フン」

 瞬間、鉄平は青筋が立ちそうになったのをかろうじて堪えた。少なくともその犬は自分を見上げているはずなのにもかかわらず、なぜか見下されているような感覚がしたからだ。加えて鉄平には、自分を見るその犬の目が蔑みと憐憫が入り混じったような目として写ってしまったからだ。

 「シロー!ダメでしょ、知らない人を馬鹿にしちゃ」

 しかもいつの間にか自分を追い越していた少女はそうはっきり断言してしまった。間違いない。やはり鉄平の怒りは、間違いなんかじゃなかった。そして自分を振り返ったそのシローという犬の後姿がまた鉄平の怒りを誘おうとしていた。なぜなら、その後姿がこう見えたからだ。

 “そのような下らない苦手意識など、狗にでも喰わせてしまえ”

 そしてとうとう、シローの声なき声が剣となって、鉄平の堪忍袋の緒を切ってしまう。

 「狗は、お前だあああああああああああああ!!!!!!」

 その瞬間、鉄平は我に返った。見渡すと、シローの飼い主である少女、そしてその少女の保護者と思しき、自分の数歩後ろにいる老婆がこちらに視線を注いでいた。そして現況である犬は我関せずの姿勢だ。

 (し、死にたい・・・・・・・・)

 さすがにこれは恥ずかしい。しかも怒りの対象が犬だからなおさらだ。ただし鉄平は死ぬわけにはいかなかった。なぜなら、彼には成さねばならないことがあるからだ。それでも、今すぐここから消え去りたいと思っているのは確かだ。

 「ごめんなさいね。うちのシロー、あれでも普段はいい子なのよ」

 いつの間にか鉄平の近くまでやってきていた老婆が、彼の肩をポンと叩いて声を掛けた。鉄平はその老婆の暖かさを感じたが、体のうちには様々な恥ずかしさが駆け巡っていた・・・・



 ナンパ屋さんと別れてから数十分後、わたしは病院に行く前にパン屋に立ち寄っていた。伏瀬くんのいる病院は見舞い品に関して、特に厳しいわけでもなく、こうしてときどき伏瀬くんのお見舞いに行くときはたまに食べ物を持って行ったりすることもある。また、食べ物に関しては、特に胃にきついものでなければ大丈夫とのことだ。
 基本的に、買い物はスーパーを使うほうだけれど、特に安い日でなければこういうお店を使うこともある。お店によってはサービスしてくれるところもあるので、結構有効活用しているほうだと思う。それに、このパン屋最大の売りは焼きたてであり、種類も豊富。それに、わたし自身もこのパン屋が気に入っている上に、学校帰りに寄る人もチラホラといるので、ここはいわば隠れた名店、といったところだ。
 さて、とりあえず何を買おうか・・・・?伏瀬くんの好物であるカツサンドは見舞い品としてはさすがに論外だし・・・・ここは無難にタマゴサンドあたりを・・・・

 「あら。このお店のパンもなかなか良さそうじゃない」

 その声が聞こえた瞬間、わたしはとっさにその方向を振り向いた。そこには、一人の少女が立っていた。そして、その顔には覚えがあった、というよりも忘れようがなかった。何しろ、その少女はわたしが初めて会った魔術師なのだから。

 「そんな怖い顔しないでよ。でも、その様子だと私のこと、覚えていてくれているみたいで嬉しいわ」
 「あ、あなたは、サラ・エクレー・・・・・・・・・・・」

 わたしの言葉はそこで途切れてしまった。顔も覚えている。声だって聞き覚えがある。名前も覚えている・・・・・・ただ、苗字は忘れただけ。だから、言い切るべき場面で出かかった言葉が出てこないこの状況が非常に恥ずかしい。
とりあえず、時間が少し経ったせいで、少し眉をひそめているこの子のフルネームは“サラ・なんとか”さんであることは間違いない。だけれど、その“なんとか”の部分がなんだっけ?まず、最初の二文字が“エ”と“ク”であることは間違いない。問題はその後だ。三文字目が“レ”だったような気がするけれども、あまり自信がない。たしか、ちょっとおいしそうな名前だった気がする・・・・ひょっとして、“エクレア”?なんか違うような気が・・・・

「貴方・・・・まさかここで私の苗字は忘れたなんて言わないわよね?貴方が何を思い浮かべているか知らないけれど、貴方の考えていることは何もかも間違っているわよ、絶対に」

わたしがあれこれ考えて時間がけっこう経ったせいか、サラが怪訝そうな顔をして口を開いた。その口ぶりだと、“わたしの考えていることわかっているじゃない!”とは言えなかった。ともかく、それからも少し時間が止まってしまった。

 「・・・・・・ごめんなさい」

 そして開口一番に、わたしはなぜか謝っていた。それも、申し訳なさそうに頭を下げて・・・・

 「全く・・・・・・まあ、いいわ。いい機会だからよく覚えておきなさい。私の名前はサラ・エクレールよ。間違っても “エクレア”なんていう風に呼ばないでちょうだい。それと貴方がその名前で何を思い浮かべていたかは知らないけれど、正しくは“éclair au chocolat”よ!覚えておきなさい!!」

 やっぱりわたしが考えていたことが向こうにはわかっていたみたいだ。それについてはもう、何も言うつもりはないけどさ・・・・そしてサラは、疲れたような顔をして頭を抱えた。

 「全く・・・・・・本当、何でこんなのが聖杯戦争に参加しているのかしら・・・・・・これじゃ、先が思いやられるわ・・・・・・」
 「ご、ごめん・・・・・・」
 「謝らなくたっていいわよ。貴方がどうなろうと、私の知ったことじゃないもの」
 「そう・・・・・・ごめん」
 「だから・・・・・・・あ~、もう!」

 なにやら見えない重しのようなものがサラにのしかかり、それが臨界点に達した途端、それは一気に弾けた。

 「貴方もうこれから私の前で謝るの禁止!言い訳も無用!これからは自分の発言及び行動にしっかり責任を負いなさい!いいわね!?」
 「は、はい・・・・・・!」

 有無を言わせないような迫力を伴ったサラにまくしたてられ、わたしは思わず“はい”と言ってしまった。全ての言葉を言い終えたサラは少し息が荒くなってからしばらくして呼吸を整えると、元の歌うような調子に戻っていた。

 「わかったのなら、それでいいわ。こうでも言わなきゃ貴方、ずっと黙ったまま気が付いたら色んな雑用とか押し付けられていそうだもの」
 「うっ・・・・・・!」

 若干当たっているのが痛い。ある時期からのことを除いても、この街に来る前からわたしはどちらかと言えば大人しめな性格だったせいか、気付いたら遠足の班長に選ばれていたりすることがしばしばあった。

 「それに貴方、今回の聖杯戦争だって巻き込まれたから仕方なく戦っているんじゃないのかしら?」
 「そ・・・・そんなこと、ない!」

 わたしはあの夜バーサーカーに襲われて、何かの拍子でアーチャーさんを召喚して今に至っている。そういう経過から見れば、たしかに聖杯戦争に巻き込まれてしまった。でも、今は身近な人たちを守りたいという思いがある。それだけは誰にも否定されたくないし、否定させない。
 そうしてわたしはつい柄にもなく反論してしまった。

 「そ、そういうあなたこそどうして聖杯戦争に参加しているの!?聖杯なんか手に入れてどうするつもりなの!?」
 「別にどうもしないわよ」
 「・・・・・・・・え?」

 返ってきたのは、意外な言葉だった。少し困惑気味なわたしにかまわずサラは続けて言う。

 「だって、そうでしょう?願いなんて自分の力で叶えるから意味があるんじゃないの?そりゃ、私一人の力でどうしようもないときは協力してもらうこともあるかもしれないけれど、基本的には私自身で物事をやり遂げるわ。だから、聖杯なんてどうでもいいのよ」

 な、なんていうかサラって、ひょっとしたらわたしよりも、もっとしっかりしているかも・・・・て、そうじゃなくて!!

 「だ・・・・だったら、どうしてなおさら聖杯戦争に参加しているの?」

 サラの回答でわたしはますますわからなくなっていた。聖杯が目的じゃないのなら、どうしてこんなことに首を突っ込んでいるのかを。対するサラは、落ち着いた口調でわたしに言った。

 「貴方、どうやって令呪が授けられるか知っているかしら?」
 「え・・・・・・?」

 令呪って、たしか自分のサーヴァントにどんな命令でも聞かせられるこの変な模様のことだよね?わたしも気付いたときにはこれがわたしの腕にできていたっけ?言われてみれば、どうしてこれが出てきたんだろう?

 「聖杯戦争には誰でも参加できるっていうわけじゃないわ。聖杯戦争の参加者は聖杯そのものが選定するの。まずはこの地の聖杯を気付いた守桐とザルツボーゲンの人間が優先的に、それから何らかの意図で他の参加者を選ぶの。そうして聖杯に選ばれた人間には令呪が宿るのよ」

 つまり、令呪って聖杯戦争の参加パス、みたいなものなんだ。たしかに、これがなかったら聖杯戦争に関わることなんてなかったもんね。

 「どうして貴方みたいなのが令呪を宿したのか知らないけれど、当然私の体にも令呪が現れたわ。ある日突然、ね」

 さらりと棘のある言葉を吐きながらも、サラは自分が聖杯戦争に参加する敬意を話している中で、わたしに彼女の手のひらにある令呪を見せてきた。

 「それから私はこの令呪のことをはじめとして、聖杯戦争に関することを色々と調べられるだけ調べたわ。まさか、この街でも聖杯戦争が行われているなんて思ってもみなかったけれど、調べていくうちに私には使命に似たものが宿っていくのに気付いたわ」
 「し、使命って・・・・?」
 「そう。聖杯戦争に勝ち残り、聖杯を手にすること。それが私のNoblesse Obligeだっていうことにね」
 「の、のぶ・・・・・・?」
 「ああ・・・・・・わかりやすく言えば、私みたいな高貴な人間の果たすべき義務、っていうことよ」

 さも当たり前のように自分のことを“高貴”と言ってのけるサラは続けた。

 「それに、それを放棄し、拒むということは私の家名を汚すということ。半端な真似も無様な真似も許されないわ。だから、私は必ずこの聖杯戦争を勝ち抜いてみせるわ」

 その言葉に違わない決意は、まだわたしよりも年下であるにもかかわらず表情にも表れている。たしか、初めてサラと会ったときも、先輩もサラの家が名門だって言っていたよね?

 「ところで、貴方は何で聖杯戦争に首を突っ込んでいるのかしら?私が参加している理由を話したんだもの。当然、貴方も言って然るべきよね?」

 彼女自身の口で言っていた“高貴”という言葉があれほどふさわしいまでに凛々しかったその表情は、コロッと小悪魔的な表情に瞬時に変わった。なんかこのオンオフの切り替えが早すぎる・・・・

 「言っておくけれど私、物事は何事も公平でなくては気が済まない性質なの。さっきああ言ったんだもの、巻き込まれたから仕方なく戦っていますっていう理由は通用しないわよ?」
 「そんなんじゃない!わたしが戦うのは、ただわたしの身近な人たちを守りたい。ただ、それだけ・・・・」

 わたしが言い終わると、サラはその目を細めていた。

 「・・・・・・たしかに、義務感だけで戦っているよりはマシだけれど、甘いわね。そんなのじゃいつか損するでしょうし、何より早死にしそうね」
 「そ、そんなのわかんないじゃない!」
 「それもそうね。でも私としては、貴方がどうなろうと知ったことじゃないわ。けれど安心してちょうだい。私がここへ来たのはパンを買いに来たのであって、戦いに来たのではないわ。こんな場所で戦うのも愚の骨頂だもの。それに今の会話はまわりに気取られないようにしてあるから気にしなくていいわ」

 言われて見れば、“秘密”が第一の魔術に関する話をこんな場所で堂々と話して大丈夫だったんだろうか、と思う場面も多々あったような気がするけれど、そのあたりはサラが配慮していたから問題がなかったみたいだ。これもサラが何らかの魔術を使っていたからだろうか?
 そうしてサラは、これで話は終わりよ、と言わんばかりにわたしに背を向けてしまった。それにしても何か忘れているような・・・・・・そうだ!サラに言わなきゃいけないことがあるんだった!それに気付いた途端、わたしの心臓がバクバクしだした。落ち着け!落ち着くんだ、わたし!ただ一言!ほんの一言、言うだけでいい!そのほんのちょっぴりの勇気をわたしに! とにかく呼吸を落ち着けて、三、二、一・・・・・・・よし!サラがまだいることを確認したわたしは、口を開いた。

 「・・・・・・・・ありがとう」

 わたしが精一杯振り絞った声に気付いたのか、サラはわたしのほうを振り向いた。

 「何よ。私、貴方にお礼を言われるようなことをした覚えはないのだけれど?」
 「ううん。そんなこと、ない。だって、初めてあなたに会って、それからあなたのセイバーとの戦いになったあとでライダーの騎馬軍団が襲ってきたでしょ?あのとき、あなたやセイバーの助けがなかったら、とてもじゃないけれど、あの騎馬軍団から逃げ切れなかったと思うの・・・・」
 「・・・・・・・・別に礼には及ばないわ。正直、貴方たちのことなんてどうでもよかったもの。私はただ、私たちの邪魔をしたライダーに一泡吹かせてやりたかっただけ」
 「ウソ。だって、本当にどうでもよかったら、あの場所に自分たちだけ残ってわたしたちを逃がすようなことするわけないじゃないし、わたしに聖杯戦争に参加している理由を話してくれるわけないもの。それに、その理由を話しているときのサラは、上手く言えないけれどなんだかすごい誇らしくて、とても素敵だったよ」

 わたしが全てを言い終わると、サラは一瞬目を丸くしたかと思うと、一気にその顔を茹で上がったように赤らめてしまった。

 「な、何よ。そ、それぐらいで私を煽てようだなんて、お門違いも、は・・・・甚だしいわよ、まったく・・・・・・けど、まあいいわ。貴方のその姿勢に免じて、一ついいことを教えてあげるわ」

 どういうわけか、サラの口調がしどろもどろになってしまい、彼女もときどき視線を逸らしていた。けれど、どうにかしてサラは元の調子に戻し、話を切り替えた。

 「貴方、確か全部のサーヴァントがあそこに出揃ったあの後でブラットフェレス・ザルツボーゲン、キャスターのマスターに会ったわよね?」

 ブラット・・・・・・たしか、あの黒コートを着た男の人だったよね。そういえば、サラも一応あの場所にいたんだったっけ?

 「その人のことだったら、大体は神奈さんから聞いているけれど・・・・聖杯を作り上げたこととか」
 「そう。それだったら、あの男がネクロマンサーだっていうことは知っているかしら?」
 「ネクロマンサー・・・・・・!?」

 それは初めて知ったことだったので、わたしは驚きを隠すことができなかった。

 「あら?その様子じゃ、初耳ってところかしら?」
 「う、うん。ネクロマンサーって、骸骨とか死体を操る、あの・・・・?」
 「そんなの、ニホン人の誇張表現じゃないの。実際は霊を喚び出すことで未来予知とか過去の事象を知ることとかを可能にした魔術のことよ。まあ、貴方の言った骸骨だとか死体だとかの無機物に霊を憑依させればできないこともないけれど、ザルツボーゲンの場合は霊を生物、特に人間に憑依させることでその真価を発揮させると聞いたわ」

 要するに、イタコみたいなものなんだ・・・・それにしても、わたしの持つネクロマンサーのイメージと違ったので少し意外だった。それでも少し不気味なことに変わりはないのだけれど。

 「そういう霊を憑依させる力というのは基本的に女性のほうが強いと言われているわ。動物霊を憑依させるのとは違って、人霊を憑依させることは非常に肉体に負担がかかるらしいの。詳しくはわからないけれど、ザルツボーゲンの家に生まれた女子は霊を憑依させるためだけの媒介として生かされているという話も聞くわ」
 「生かされているって、一体・・・・・・!?」
 「あくまで憶測の域を出ないし、実際のところ本当かどうなのかわからないわ。ただ・・・・・・」
 「ただ?」
 「今回の聖杯戦争に参加しているブラットフェレスだけれども、男にもかかわらず、霊を憑依させる力に優れているらしいわ。実際そういう力を持った男は女に比べてごく少数だけれど、その分魔力量は桁違いなのは確かよ。そんな無尽蔵に等しい魔力を持ちながら、ブラットフェレスが選んだサーヴァントはどういうわけかキャスターだった」
 「それって、どういうことなの?」
 「確かにキャスターのサーヴァントは私たち現代に生きる魔術師から到底及ばないほどの魔術の知識と力を有している。けれど、聖杯戦争に喚び出されるサーヴァントの多くは魔術に対する耐性を持っているもの。だから、キャスターのサーヴァントは基本的に最弱のサーヴァントと見られるのよ」

 なんというか、これも少し意外だった・・・・でも、冷静に考えてみれば、そういうことがあるからキャスターがバーサーカーと組んでいるのも頷ける話だ。

 「そういうことだから、いつも陰に隠れているキャスターを探すのも悪くないけれど、バーサーカーから倒してキャスターを丸裸にするのも手だわ。確か、バーサーカーは幌峰総合病院とかいう場所を根城にしていたはずだわ」

 現在までで一番衝撃を受けた事実が明らかにされた。サラが口にしたバーサーカーの根城が、わたしがこれから行こうとしていて、伏瀬くんが入院し知保志さんが通っている病院だなんて・・・・・・!

 「どうかしたのかしら・・・・?」
 「そこ、わたしの知り合いがいるんだけれど・・・・!」
 「少し落ち着きなさい。そしてよく考えなさい。一度でも病院で行方不明者が出たことがあったかしら?」
 「え・・・・・・?そういえば、そういう話は聞かないけれど・・・・?」
 「そうよね?魂喰いを行っているバーサーカーが圧倒的に人数の多い病院を縄張りにしているにもかかわらず、そこを襲撃しないで他の場所ばかり襲っていた。つまり、何らかの意図があって病院を襲っていないことになるわ」
 「でも、何らかの意図って・・・・?」
 「さあ?そこは自分で考えなさい。仮に病院にいないにしても、バーサーカーの魔力の痕跡を辿ればどこで何をしているかぐらいはわかるんじゃないかしら?貴方のアーチャーだって、そういう索敵が得意なんでしょう?だったら、バーサーカーを見つけることなんて容易いことなんじゃないかしら?」
 「サラ・・・・・・」

 教えてくれたいいことが“二つ”になっているのは気のせいにしておこう。

 「これだけははっきり言っておくわ。私が貴方に有益な情報を教えたのも、貴方があまりにも知らなさすぎるからよ。私、何事も公平じゃないと気が済まないもの。だから、貴方に教えたのよ。いいかしら?」
 「でも、最初わたしの姿勢に免じてって言わなかった?」
 「揚げ足を取らないでちょうだい!とにかく!話はこれで終わりよ!」
 「そう・・・・・・色々教えてくれて、ありがとう」

 わたしが再度礼を言うと、サラはまた目を丸くしながらも、さっきみたいに顔を赤くせず、その表情を引き締めた。

 「貴方・・・・私に礼を言うのも禁止にするわよ」
 「え?どうして・・・・・・?」
 「それは、貴方と私が敵同士だからよ。次に会うときは覚悟しておきなさい、完膚なきまでに叩き潰してあげるわ」

 サラははっきりとそう言った。そしてわたしはいたたまれなくなって、伏瀬くんの見舞い品に買うパンを手にとって、レジのほうへと向かった。
 その前に、サラが声を掛けた。

 「最後にこれだけは言っておくわ。私のことはどう思おうが貴方の勝手だけれど、最低でもブラットフェレスだけは信用しないほうがいいわよ。でも実際、私は直に会ったことはないし、直感で物を言うのは好きじゃないけれど、一応頭の中に入れておいて。それとここからは私の独り言だから聞き流してちょうだい。貴方の戦う理由、確かに甘すぎるけれど、私はそういうの、嫌いじゃないわよ」

 わたしはサラの“独り言”に多少の戸惑いはあったけれど、彼女に頭を下げ、それからパンを買って店の外に出た。

 わたしは店を出て、色々と考えていた。わたしが初めてサラに会ったときは、自分よりも年下なのにもかかわらず怖い印象があった。でもそれはあくまで彼女の一面でしかなかった。今日、パン屋にいた彼女は誰よりも気高くて、誰よりも、というよりわたしの知る限りでは引沼さんよりもはっきりとものを言って、誰よりも年相応の女の子らしかった。サラは、聖杯戦争が始まってからのわたしが思い描いていた魔術師のイメージとは大分かけ離れていたように思える。なぜなら、彼女はわたしに色々と助言や忠告をしてくれた。多分、先輩以外での聖杯戦争の参加者の中では彼女が一番好感をもてると思う。
 そして、サラが忠告したブラットのこと。実際に彼に会ったことのあるわたしは、おそらくは一回も彼の姿を見たことのないサラのいうことをひどく痛感していた。ブラットは態度だけ見ればすごく良識的な大人という印象がするのだけれど、わたしはあの人がなんだかすごく怖かった。どうしてそう思うのか、うまく口にできない。けれど、何もかもを見透かすようなあの目を思い出すだけでゾッとする。
 ひとまず、彼のことを頭から振り払ったわたしは一路、伏瀬くんのいる病院へと向かっていく。
 ところで、霊体化していたのか、セイバーはあの日の夜に会ったときのままの鎧の姿でサラのそばにいた。ただ、そのときのセイバーはあの日のような威厳に満ちた様子は完全に消え失せ、どういうわけかしょんぼりとしていた。時折、彼が店に並べられているパンを子犬のような弱々しい目で見ていると、サラが(下手すれば)アサシンも裸足で逃げ出しそうなほどの鋭い目でギロリと睨みつけていたのを今でも鮮明に覚えている。わたしが店を出たとき、最後に見たセイバーの背中には溢れんばかりの哀愁が漂っていた。
 一体、あの主従に何があったんだろうか・・・・・・?少し気になるけれど、ここは“知らぬが仏”ということで。



 鉄平はようやっと楼山神宮へと到着し、そのまま自分たちが生活する住居へと進んでいく。だが彼は一つ、気がかりなことがあった。さきほどのあの憎たらしい犬を連れた少女と老婆が自分と同じ方向に進んでいるのだ。最初は神社の参拝客かと思ったが、どうも違うらしい。おそらく自分の後見人とも言えるこの神宮の神主、楼山空也に用事があるのだろうが、念のため彼女たちに向き直って聞いてみた。

 「あの・・・・こちらは関係者の住居があるんですが、何か御用ですか?」
 「ええ。一応こちらへ伺う旨を空也さんに伝えておいたんですけれど、何か聞いていないかしら?」

 やはり空也の知人であるようだ。ここで鉄平は今朝学校へ行く直前に、空也が誰かと電話で話していたのを思い出した。ただ、あのときは沙織との件もあった上に今にも出かけようとしていたので、今の時点まで知りようもなかったのだが。

 「それでおっさ・・・・・・叔父に何か用でも?」
 「あら。あなた、空也さんの親戚の方だったんですの。それなら多分知っていると思うけれど、私の孫娘がここで世話になっていまして・・・・」
 「ひょっとして、沙織さんのご家族で・・・・?」
 「あらあら。あなた、うちの沙織の同級生かしら?」
 「いえ。彼女は俺の後輩ですけれど・・・・」
 「そうなの。沙織がいつもお世話になっています」
 「あ、いえ。こちらこそ」

 祖母と何者かわからないいい男が会話しているのをこのかは傍から見ていた。
 何故姉が帰ってこないのか?このかはこのかなりに考えた。

《このかの脳内映像》

※ ここからは会話だけでお楽しみください

「あ・・・・いや、そんな・・・・やめて、ください・・・・・・」
「ハハハ。まだこっちは手を出していないっていうのに、かわいいな」
「そんなこと、言ったって・・・・・・ダメ・・・・・・」
「いや。まだまだこれからだっていうのに、それはないだろう?」
「でも、でも・・・・・・あぅ・・・・・・・・ん・・・・・・・!!」
「ん・・・・・・こんなんじゃ、全然足りないな・・・・もっといくよ」
「や・・・・!ぅあ・・・・・あん・・・・・・・・!」
「はぁ、はぁ・・・・・・どう?意外と気持ちいい?」
「もう、ダメ・・・・ムリ・・・・・・」
「まんざらでもないくせに、それはないよ。これからもっと、気持ちよくなるのに」
「え・・・・・・・・?」
「いやだなんて、言わせないよ」
「あっ・・・・・・・・・・・・!」

《ブラックアウト》

 今、洋画並みのディープなキスシーンがこのかの頭の中で勝手に繰り広げられていた。ただし、小六女子の頭ではここまでが限界だったようだ。ブツンと映像が切れた瞬間、このかの顔は真っ赤になっていた。そんなこのかをシローは冷めた目で眺めていた。そして、このかがある程度平静を取り戻すと、今度は体をワナワナと震わせた。

 「ウワーン!ねえちゃんに何するだあ!」

 そういうや否や、このかは鉄平に向かって駆け出し、そして射程距離に入るとそのまま彼目掛けて飛び掛っていった。

 「な、なんだ!?」

 あらあら、と微笑ましく眺める絹。
 半目で呆れたような目線を送るシロー。
 そして基本的に無心を心がけているアサシンであった・・・・



~タイガー道場~

※お知らせ※
ただいま、ししょーと弟子一号は藤村大河、イリヤスフィール・フォン・アインツベルンとして、映画“Fate/stay night Unlimited Blade Works”に出演中のため、お休みです。
ですので、今回はこのお二方でお送りいたします。

佐藤一郎「皆様、この小説をご覧いただき、まことにありがとうございます。藤村様とイリヤスフィール様を待ち望んでいた方には大変申し訳ありませんが、司会進行は不肖、このわたくし佐藤一郎でお送りさせていただきます。ところで、助手の方の姿がまだ見受けられませんが・・・・おや?ようやく到着したようです。ではわたくしが紹介させていただきます。こちら、同じく司会進行をしていただくシロー様です。どうぞよろしくお願いいたします」

シロー「・・・・・・・・・・・・・・・・」

佐藤一郎「おや?どうかされましたか、シロー様?」

シロー「・・・・・・一つ、聞いてもいいかね?」

佐藤一郎「はい。なんなりと」

シロー「何故、私はここにいる?」

佐藤一郎「ええ。それは藤村様とイリヤスフィール様の代役で・・・・」

シロー「そういうことを聞きたいのではない。何故、よりにもよって私が選ばれたのか、ということだ」

佐藤一郎「ええ。実は当初、このあとがきでは通常の形式かいつも通りのタイガー道場の形式、そしてこの小説の登場人物たちによるタイガー道場形式のショートコーナーの形式の3パターンが用意されていました」

シロー「ほう?」

佐藤一郎「そうして矢面に立ったのがわたくしやつくしさん、沙織様の妹様、ご学友の門丸様、そして貴方様、という次第にございます」

シロー「そうか。で?他にも候補者がいたにもかかわらず、何故私が選ばれた?」

佐藤一郎「それは、作者様のセンスです」

シロー「・・・・・・・・もう一つ、いいかね?」

佐藤一郎「ええ。お構いなく」

シロー「何故、私はさも当たり前のように人語を話している?」

佐藤一郎「それは、ここがそういう空間だからですよ」

シロー「・・・・・・頭が痛くなってきたので、ここで帰ってもいいかね?」

佐藤一郎「それは困ります。何しろ、まだあとがきらしいことすら始まっていないのですから」

シロー「それが始まる前にWordおよそ1ページ半ほど消費しているのもどうかと思うがね?」

佐藤一郎「・・・・・・仕方ありませんね。ではいい加減、始めましょうか。ですので、どうか、お願いいたします」

シロー「やれやれ・・・・・・こんな調子だから作者の更新スピードも修正されないというものだ」

佐藤一郎「まあ、それは作者様の不徳の致すところですが、それとは別に、この話のある展開のことで色々と頭を悩ませていたようです」

シロー「ほう?それは結構なことではないか」

佐藤一郎「はい。最初の構想ではこの展開はありの方向でしたが、後になって考えて
やっぱりなしとも考えました。しかしそれから一転してありの方向に修正、そして前回の執筆が終わってまたなしの方向に傾きかけて・・・・」

シロー「そうして右往左往していた、と。随分と無様なこと、この上ないな」

佐藤一郎「申し訳ございません」

シロー「それで?結局作者が思い描いていた展開というのはどうなった?」

佐藤一郎「はい。ありの方向で落ち着きました」

シロー「ふっ・・・・・・自ら泥沼へと足を突っ込んで行ったか・・・・」

佐藤一郎「まあ、作者様もそこは腹を括ったようですね」

シロー「そうか・・・・・・では、私から作者に一言くれてやろう」

佐藤一郎「はい。どうぞ」

シロー「妄想を抱いて溺死しろ」

佐藤一郎「これは手厳しいですね。まあ、作者様が書きたいことと読者様が読みたいものとが必ずしも一致するとは限りませんからな。ですが、作者様は物書きとしては、はっきり言いまして素人です。個人で執筆している以上、がむしゃらにやるしかないでしょう」

シロー「それが通用するのも、最初のうちだけだろうさ」

佐藤一郎「一登場人物のわたくしといたしましては、作者様の力量が上がっていてほしいものです。そして、その展開に至ったときにはそうなって欲しいものと願っている所存です」

シロー「その姿勢がいつまで続くことやら・・・・いずれ腐れてしまうかもしれないというのに」

佐藤一郎「作者様としましては、できればこの話は最後まで続けたいものと思っているようです」

シロー「・・・・・・それで実生活にも影響を及ぼすようならば元も子もないがな」

佐藤一郎「それはわたくしどもがどうこうすることではなく、作者様ご自身の問題。作者様で解決していただくしかありません」

シロー「フム・・・・・・話としては、ここいらで区切りがいいところだろうな」

佐藤一郎「ええ。実は作者様が頭を悩ませていたことがもう一つございます」

シロー「なんだ?それは?」

佐藤一郎「はい。実は、ここでの人物紹介ですが・・・・」

シロー「ウム?真名が明らかになっているのは今のところランサーだけだろう?」

佐藤一郎「ええ。実は当初ランサーさまでいくつもりでしたが、急遽セイバー様のマスターであらせられますサラ様の紹介も考えていたようです」

シロー「それで?どちらでいくつもりだ?」

佐藤一郎「そうですね・・・・おや?たった今、ランサーさまに決まったようです」

シロー「今決まったのか!?一体、今の前振りはなんだったのだ・・・・?」

佐藤一郎「そこは気にしてはいけないことかと思います。では、早速最速のサーヴァントにして不死身の勇者、ランサー様のご紹介です」


クラス名:ランサー
真名:アキレウス
属性:秩序・中庸
マスター:シモン・オルストー
身長:187㎝
体重:73kg
イメージカラー:金(赤)
特技:武術全般、競争
好きなもの:馬鹿騒ぎ、海、一騎打ち
苦手なもの:我慢、亀

ステータス
筋力:B
耐久:C
敏捷:A+
魔力:D
幸運:E
宝具:A+

スキル
対魔力:B 魔術詠唱が三節以下のものを無効化する。大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

直感:B 戦闘時、常に自身にとって最適な展開を“感じ取る”能力。視覚、聴覚に干渉する妨害を半減させる。
勇猛:A 威圧、混乱、幻惑といった精神干渉を無効化する能力。また格闘ダメージを向上させる。
神性:B


佐藤一郎「こちらも世界的に有名な英雄の部類に入るかと思われます。何しろトロイ戦争で一躍名を馳せ、その有名は“イリアス”で語られるほど。そして皮肉にも、彼の弱点までもが有名になってしまわれたのです」

シロー「こちらも不死身の肉体の持ち主だが、その形態は本編におけるヘラクレスとは随分と違うな」

佐藤一郎「ええ。ランサー様の不死の肉体も宝具化されていらっしゃいますが、こちらはまたの機会に。ああ、そうそう。宝具といえば、この方の宝具なども含めて、色々と決めるのに随分と四苦八苦されたようです」

シロー「ああ。そういえばランサーのサーヴァントも随分と決めあぐねていた、という話だったな」

佐藤一郎「ええ。槍使いの英雄でしっくりと来る方がなかなかいらっしゃらなかったようで、それでようやくアキレウスで落ち着いたのはいいのですが・・・・」

シロー「それで宝具か」

佐藤一郎「ええ。ですが、ランサー様の宝具がなんなのか。それは後ほどのお楽しみとしていただけたら幸いです。さて、問題はまだございました」

シロー「む?まだあるのかね?」

佐藤一郎「はい。今度はマスターを誰にするか、でした」

シロー「うん?マスターはシモンとかいう男ではなかったのかね?」

佐藤一郎「こちらも難航した部類の一つです。マスターは全員決まっていたのですが、全員最初からこの設定ではありませんでした」

シロー「まあ、なんとなく想像は付くがな。大方、“Fate”という作品に感化されて“こういうやつが出てきたらな”とか妄想していたのだろう?」

佐藤一郎「ええ。そのようです。さて、問題のマスターですが、実は・・・・・・最初はつくしさんがマスターになる予定でした」

シロー「は?つくしというのは、君のところのメイドだろう?つまりはライダー陣営のはずの人物が、何故マスターに?」

佐藤一郎「それが当初つくしさんはメイドという設定ではなく、むしろ退魔に似た組織の刺客という設定でしたが、こちらも詳しくはまた後ほど」

シロー「そればかりだな」

佐藤一郎「仕方ありません。ちなみにマスターで(現時点で判明しているだけの範囲で)最初から決まっていたのはブラットフェレス様、使用魔術以外でしたらサラ様とお嬢様のお二方、それ以外はわたくしや沙織様のご家族でしたな」

シロー「ふむ。これを多いと見るべきか、少ないと見るべきかは各人の視点による、か」

佐藤一郎「まあ、そうですな。それとこれは完全に余談になるのですが、アキレウスと言えばライバルに当たるのが凄まじいまでの槍の投擲を誇るヘクトルですが、作者様の頭の中では聖剣デュランダルの伝承のせいでセイバーのクラスに割り当たってしまったそうです」

シロー「・・・・・・それはなんというか、そういう妄想は作者の勝手だろうから何も言うまい。ところで、そろそろここで区切りをつけたほうがいいのではないかね?」

佐藤一郎「そうですね。妙に長くなってしまったことですし、ここで失礼いたしましょう。それでは皆様、またお会いいたしましょう」

シロー「・・・・・・また?」



[9729] 第十三話「緩やかな時間(とき)の中での約束」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/03/05 02:24
 この幌峰総合病院に来るまで色々とあったけれど、ようやっと目的地であるこの場所に到着した。そして今、伏瀬くんのいる病室は目の前にある。不思議なことに、今日は知保志さんに会わなかった。この時間ならリハビリは終わっているはずなんだけれど、もう帰ったのかな?わたしはドアを空けて部屋の中に入ろうとした。

 「へえ~・・・・真悟君も大変だったね」
 「大変なんてもんじゃねえさ。それこそ文字通り目が回りそうになったんだぜ」
 「そうなんだ・・・・昨日は賑やかだったんだね」
 「あのなあ~・・・・賑やかなんてもんじゃねえぞ!お前はあの時店にいなかったからわかんねえだろうがな、ありゃ、戦場どころかヘタすりゃ地獄だったぜ・・・・・・・・」

 ドアを開くと、白い印象の少年のそばにはお茶らけた印象のクラスメートがいた。
 そこには、車椅子の見知った少女がいた。
 どうりで病院入っても見かけないと思ったら、ここにいたんだ。よく考えたら、誰とでも打ち解けられる性格をしているから、そこの二人ともすぐに仲良くなったもんね。そのおかげで時間さえあればここに来るようになったんだから。

 「あ。野々原さん。やっぱり君だったんだ」

 わたしが入ったのに気付いたのか、伏瀬くんがニコニコした顔でこちらを見てきた。

 「あ、うん。邪魔だった?」
 「そんなことないよ。そうだよね、勇夫くん?」
 「うん。君だったらいつでも大歓迎だよ。と言っても、僕に何ができるってわけじゃないんだけれど」

 車椅子に乗った知保志さんの言葉に伏瀬くんが困ったような顔をして同調する。

 「おっ!野々原、お前それ、もしかしてあのパン屋で買ったやつか?」
 「う、うん。そうだけど」

 わたしが手にしている袋に誰よりも先に食いついてきたのは門丸くんだった。どうやら昼間の疲労は大分回復していたみたいだ。
 わたしは伏瀬くんたちのそばにいき、手ごろな台の上に袋を乗せて、そこからパン屋で買ったタマゴサンドを取り出した。

 「おおっ!今日はタマゴサンドか。これ、地味にうまいんだよな~。それじゃ、いただき・・・・」
 「ダメでしょ。これは勇夫君のお見舞いなんだから、先に食べちゃ」

 門丸くんがタマゴサンドに手を伸ばそうとした瞬間、知保志さんがそれをピシャリと咎める。門丸くんが少ししょんぼりしているところ、伏瀬くんは穏やかな顔と声で言った。

 「いいよ。僕を気にしないで、食べて」
 「いいのか!?さっすが伏瀬!話がわかるな~。そんじゃ改めて、いっただっきま~す!」

 今度は遠慮なく門丸くんはタマゴサンドに手をかけ、それを口に運んでガブリと一口食べた。

 「よかったら知保志さんも食べてよ」
 「え?でもなんか勇夫君に悪い気がするけど・・・・あ。だったら沙織ちゃんが食べたら?」
 「あ。いいよ、わたしは。気にしないで」
 「そう・・・・?」

 そう言って知保志さんは半ば渋々ながらもタマゴサンドを食べることにしたようだ。別にわたしが食べるために買ってきたわけじゃないし。それにしても三切れ買ってきてよかった。
二人が食べているので、病室は少し静かになった。でも珍しいことに、伏瀬くんからわたしに話しかけてきた。

 「野々原さん・・・・なんだか、顔がすっきりしているね」
 「そ、そう?」
 「うん、そうだよ。昨日会ったときよりも、ずっとすっきりした顔になっているよ」
 「そ、そうなんだ・・・・」

 たしかに、昨日は聖杯戦争のことで色々と悩んでいて、迷っていた。でも、今は悩むことなんてないし、迷いもしない。わたしは、わたしの身近な人たちを守るって決めたから。でも、そのことを伏瀬くんたちに言えないのが正直申し訳ない気がする。

 「沙織ちゃん、やっぱり何か悩んでいることあったんだ。どうりで何か思い悩んでいる感じがするなって思ったんだ」

 やっぱり、と言うべきか、知保志さんもわたしの昨日の様子になにか思うところがあったようだ。一度疎遠になったとはいえ、そこはやはり小学校からの知り合い。そのあたりの見る目は侮れない。

 「沙織ちゃん。私に遠慮するのは構わないんだけど、困っていることがあったらちゃんと誰かに言わないと」
 「ご、ごめん・・・・・・でも、もう大丈夫だから」
 「本当に?」
 「うん。本当」
 「何?野々原、お前ひょっとして竹中たちのこと気にしてたのか?」

 今度は門丸くんが知保志さんに続いた。どうやら門丸くんはわたしが何に悩んでいるのか勘違いしていたようだ。

 「気にすんなって。だいたい、あれお前のせいじゃねえんだし、それにあいつらがいなくなってせいせいしている連中のほうが多いって」
 「ちょっと、信吾君!いくらなんでもそれはないでしょ!」
 「そんなの、クラスのヤツらが言ったのであって、オレが言ったわけじゃねえよ!むしろ薄情なのはあいつらのほうだぞ!なんせ、竹中たちがいなくなった日のあいつらときたら、陰でひそひそ言いたいこと言いまくりやがって・・・・・・とにかく!オレが言いたいのは、とりあえず気にすんなってことだよ」

 知保志さんに咎められ、門丸くんは最初のうちはまくしたてたものの、次第にバツが悪くなっていったみたいだ。でも、門丸くんは門丸くんなりに心配してくれていたんだと思う。

 「さて、と。少し長居しすぎちまったかな、っと」

 そう言うと、門丸くんは椅子から立ち上がった。ただ、その動作が少し鈍い感じがしたから、やはり昨日の焼肉屋の一件の疲れがまだ残っているみたいだ。具体的にそこで何が起きたのか、わたしにはよくわからないけれど。

 「そう?僕は別に構わないんだけど」
 「う~ん。門丸君は別にいいとして、私はそろそろ行かないと、お母さんを待たせちゃうし」
 「お~い。オレは“別にいい”って、どういうことよ~?」

 そう言いつつも、門丸くんは知保志さんの車椅子を押すべく、彼女の後ろへ回った。そういえば、よく考えたら二人ともわたしより先にこの病室へいたんだっけ?

 「それじゃあ、時間あったらまた来るね」
 「んじゃ二人とも、ごゆっくり~」
 「うん。それじゃあね」

 門丸くんが片手をひらひら振りながら、知保志さんの車椅子を押して病室から出て行くのを、わたしと伏瀬くんは見送った。二人が去った後の病室は、先ほどの賑やかさがウソみたいに静かになった。まあ、わたしと伏瀬くんだけだったら大体こんな感じなんだけれど。

 「なんていうか、ごめんね。わたしじゃあまり話す話題が少ないから、居心地悪いよね?」
 「ううん。そんなことないよ。野々原さんがいてくれるだけでも僕は助かるよ。むしろ誰もいなくなる夜のほうが落ち着かないよ」

 たしかに、ここの病室ってどういうわけか伏瀬くん一人だけしかいないから、一人きりだと結構寂しいかも。というか、夜の病院って何か怖い気が・・・・

 「でも、丁度いいや。野々原さん。僕、野々原さんに話したいことがあるんだ」
 「わたしに?」

 なんだろう?伏瀬くんから話を振ってくるなんて珍しいこともあるんだ。

 「実は僕、大分前に新しい友達ができたんだ」
 「友達?」
 「うん。もちろん、知保志さんのことじゃないよ。僕と同じ境遇の、本当は寂しがり屋で臆病で、だけどとても優しい心を持った友達なんだ」

 なんて言うか、初耳だ。門丸くんからもそんな話、聞いたことないし。“同じ境遇”って、ひょっとしてこの病院に入院している人か通院している人かな?

 「・・・・いい人なんだね」
 「うん。でも・・・・」
 「どうしたの?何か困ったことでもあるの?」

 わたしがそれを聞くと、伏瀬くんは辛そうにうつむいてしまった。わたしは前言撤回しようとする前に、伏瀬くんが話し始めた。

 「うん。その友達は今、僕のために色々無理をしてくれているんだ。本当は、その友達にとってやりたくないことのはずなのに、無理してやっている。それに似たようなことを昔やっていたせいで苦しんでいたはずなのに、僕のために・・・・」
 「・・・・何か、事情があるんだね?」
 「うん。だから、野々原さん・・・・」

 伏瀬くんは、わたしに向き直って言った。

 「僕の友達に会ったら、今やっていることを止めてほしいんだ。もう、これ以上僕のために苦しまなくて済むように・・・・」
 「伏瀬くん・・・・・・」

 本当に、その友達のことを自分以上に大切に思っているんだね・・・・そんな伏瀬くんの頼みを、わたしは断るわけにはいかなかった。

 「わかった。その友達のことは、わたしが何とかしてあげる。だから安心して、ね?」
 「ありがとう・・・・野々原さん・・・・・・・」

 そのときの伏瀬くんの顔は、本当に安心しきったような顔だった。それは、見ているとこっちまで安心してしまうような顔だった。
 その友達のことを伏瀬くんに聞くべきだったのかもしれないけれど、わたしはなぜかそうしなかった。たぶん、これはわたしなんかが土足で踏み込んでいいような話じゃないと思ったんだと思う。
 それにその友達のことは、伏瀬くんには悪いかもしれないけれど、後回しになりそうな気がしてきた。何しろ、この病院に近くには“困った”で済まないほどの性質の悪いものが潜んでいるからだ。



 「しかし、すまんのう。こんなときに沙織さんがおらんで」
 「いえ、そんなことはありませんよ。むしろ、うちの沙織がお世話になったようで」

 住居に上がった絹やこのか、シローを出迎えたのは空也といつの間にか先に戻っていたアサシンの二人であった。なお、作務衣を着たアサシンはここに住み込んで神社の仕事をしているということになっている。絹たちがここへ来たのも、自分たちの家族である沙織に会いに来たのだが、その沙織はまだ帰ってきていない。帰ってきたのは、鉄平だけだった。

 「それとこれ、うちで作ったものなんですけれど、沙織の大好物なんです。そちらのお口に合えばよろしいのだけれど・・・・」
 「いや、これはありがたい。これで晩のおかずを作る手間が省けたというものじゃ」
 「でも、これだけじゃ足りないんじゃないのかしら?」
 「ううむ・・・・別に心配いらんと思うが・・・・仕方ない。とりあえず他にも何か作っておくかのう」
 「それでしたら、手伝いましょうか?」
 「いやいや。そこまでしていただくのは申し訳ない。どうかゆっくりしていってくだされ」
 「いえいえ。沙織を待っている間、ヒマですから、どうかご遠慮なさらず」
 「しかし・・・・・・」

 そんなやり取りをしながら年寄り二人は廊下の向こうへ行ってしまい、その場にはこのかとシロー、鉄平とアサシンだけが残された。そして鉄平は、シローはもちろんのこと、このかからも距離を置いていた。そのこのかはというと、自分より背の高い鉄平を見上げる形で彼をねめつけていた。

 「・・・・・・本当にねえちゃんと何にもないんだよね?」
 「だから、さっきも言っただろ?本当に何にもないんだって」
 「・・・・・・本当?」
 「本当だって」

 あの後、このかが祖母に柔らかくたしなめられてから鉄平は、自分と沙織は学校の先輩、後輩という間柄であり、普段はそんなに親しい間柄ではないこと、この場所に泊まりこむようになった理由を聖杯戦争のことを省いて説明したが、このかは半ば納得していない様子だった。それで、先ほどからこの押し問答のようなやり取りが行われていた。
 はっきり言って、鉄平は子供という存在が苦手だ。だからと言って嫌いというわけではないが、“嫌い”と“苦手”は全く別次元の問題だ。自分の本心を包み隠さずあらわす子供に対して、色々と隠し事をする性分の鉄平のなんと相性の悪いことか。今、鉄平の目の前にいるこの子供に対しては全く別の問題も絡んでくるのだが。
 そういうことで、鉄平は正直辟易していた。

 「・・・・・・アサシン。後は、頼んだ・・・・」
 「む?」

 とうとう鉄平は自分のサーヴァントに丸投げしてしまった。鉄平は重い足取りで自分の部屋へ向かっていく。

 「コラー!逃げるなー!やっぱりねえちゃんになんかしたかー!!」

 聞こえない、聞こえない。鉄平はそう念じながらノロノロと進んでいく。ほとんど相手にされなかったこのかは近くにいたアサシンをきっと見据える。アサシンもアサシンで丸投げされたこともあって、少々困惑気味だった。

 (さて、どうしたことやら・・・・)

 さりとて、己が身はサーヴァント。それ以上でもそれ以下でもない。自らが成すべきことはたった一つ。主に与えられた使命を遂行することのみ。たとえ、それがどんな形のものであろうとも・・・・



 途中でアーチャーさんと合流したわたしは、楼山神宮へ帰る途中だった。どこで、どういうタイミングで言われたのかは忘れたけれど、アーチャーさんからこんなことを言われた。

 「サオリ。言うまでもないと思うが、しばらくあの病院に近づかないほうがいいと思うぜ」

 そのときのアーチャーさんの顔はいつになく真面目なものだった。バーサーカーのことがある以上、迂闊にあの病院には近づけないだろうし、それにバーサーカーを倒したとしても、あの大男の背後にいるキャスターが何をするかわかったものではない。だから、最悪でも聖杯戦争が終わるまではあの病院には立ち寄らないことに決めていた。もともと、今日病院へ見舞いに行ったのもこういうことになると思ったからだ。だから、伏瀬くんの頼みもそれら全てが終わってからになると思う。そういうことなので、わたしは心の中で伏瀬くんに謝った。あの心優しい彼に全てを打ち明けられないのが本当に申し訳ない。
 そしてアーチャーさんはそれを言ってからずっと、あの顔のままだった。それが話しかけづらい雰囲気を醸し出し、ここでも沈黙が空気を支配していた。まあ、それがなくてもわたしは話しかけることはほとんどないんだけれど。
 そんな重苦しい空気の中、わたしたちは神宮の敷地の中へと入り、それからしばらく歩いて住居の前へ・・・・

 「・・・・・・・・え?」

 そこで、わたしは信じられない光景を目の当たりにしていた。
 住居の前にこのかとシローの姿があった。これだけでも十分驚くべきことだ。それで、このかたちのそばにいる人物は誰か?
 先輩?
違う。
 空也さん?
違う。
 こんな消去法なんてしなくても目の前に広がっている光景を見れば一目瞭然なんだけれど、信じられない。信じることができなかった。
 結局、誰なのか?
言うまでもなくアサシンだ。
では、何がわたしをこの現実を受け入れ難いものにしているのか?少しずつ整理してみることにした。
 このかとシローは今、何をやっている?
アサシンに迫ろうとしている。
 何でそんなことをしている?
アサシンの足元にある物を足で捕ろうとしている。
 それで、アサシンは何をやっている?
自分の足元にある物をこのかたちから遠ざけようとしている。
 それじゃあ、その足元にある物は?
ボールだ。
 そのボールの色は?
白と黒の二色。その上、ちょっぴり幾何学的な模様。
 名称は?
サッカーボール。
 結局、何をやっているの?
サッカー。
 隣にいるアーチャーさんの様子は?
 真顔が崩れかけている。

 「・・・・・・・・く、くふ、ふ・・・・こふ、ぷ・・・・・ぐ、く・・・・」

 ラストクエッション。どうしてアーチャーさんの息遣いがおかしい?
 答えは数秒後。

 「くは、は・・・・・・はははあはははははははははっははっはっははははっははあははは!!!!!!!!!!!!」

 アンサー。単に笑いを堪えていただけ。

 「ひ~っひっひっひ!ひーっ!何だ、アレ!アサシンの野郎がサッカーとかって!ありえないだろ!」

 たしかに、今は作務衣を着ているけれど、昔の忍者が現代の女の子と犬を相手にサッカーをしている光景って、かなりシュールだよね・・・・これが現代に蘇った、王様になった女の子ならまだ絵になるけれど、これじゃどこからどう見ても子供の相手している近所のおじさんにしか見えない・・・・ていうか、多分手加減しているんだろうけど、何気にうまいし。
 ん?王様になった女の子って、誰のこと・・・・?
 とりあえず、アーチャーさん。笑いすぎ。というか、ずっと笑うの我慢していたんだ、この光景がわかっていたから・・・・
 そんな素振りは一切見せなかったはずなのに、ボールを保持しているアサシンがアーチャーさん目掛けて思いっきりシュート。でもそこは腐ってもアーチャーさん。見事アサシンのシュートをキャッチした。でも、気のせいだろうか。二人の間に交わされている目線が静かに火花を散らしているような気がするのは・・・・

 「あ!ねえちゃ・・・・・・ん・・・・?」

 アサシンがシュートを放った方向、つまりわたしたちのいるほうにこのかが顔を向けると、このかはその顔をぱっと輝かせた、と思いきや途端に胡散臭げな顔になってしまった。どうしたんだろう?今、このかの目線の先にいるのは・・・・アーチャーさん?
 あれ?このかってばどうしたの?なんだか、見る見るうちに顔が真っ赤になっていっているんだけど・・・・?しかも、シローは呆れたような感じでこのかを見つめてるの?なんて思っていたら、このかが急に体をワナワナと奮わせ始めたけど、何?どういうわけかアーチャーさんをまるで、仇でも見るような目で見ているし。

 「おまえかああぁぁああ!ねえちゃんに手を出したのはあああぁぁぁああああ!!!!」

 はい?いきなり何を言っているの、この子は?それと、何でアーチャーさんに向かって突進してきているの?あ。跳んだ。これが走り幅跳びだったら、結構いい記録行くだろうな・・・・・・って、このかの進行方向にアーチャーさんがいるんですけど!?でも別に心配する必要はなかった。いつの間にかサッカーボールを手放したアーチャーさんはうちの妹を見事にキャッチした。

 「う~!放せ~!放せってば~!!」
 「おい、ちびっ子。元気なのはいいが、その年でそういうこと想像するもんじゃないぜ。まあ、サオリのやつがベッドに包まっていて、その下さらしていないだけまだマシだが」

 は?ベッド?その下?何!?何の話なの!?ていうか、このか!一体、何想像していたの!? 頭の中でわたし、どうなっていたの!?

 「うそ!?あたしの頭の中読まれた!?まさか、エスパー!?」
 「ん。まあ、似たようなもんだな」
 「・・・・・・はっ!まさか・・・・それでねえちゃんをたぶらかして!?」
 「安心しろ。オレとサオリは(まだ)そこまでいってないさ」
 「そこまで!?まさか、まさか・・・・・・ウソダ、ウソダソンナコトーッ!」
 「だから、何でそういう中途半端にませた発想するんだよ。痛っ!おい、本気で蹴るな、叩くな!」

 すると、このかはまた何かを想像したのか、アーチャーさんをポカポカと殴る蹴るをし始めた。でも、この光景は傍から見るとジタバタしているようにしか見えないのに、やられているアーチャーさんは本気で痛そうにしている。それにしても、うちの妹は一体、何を想像していることやら・・・・・・
 そんな中、シローがトコトコとわたしのほうへやってきた。そしてアサシンも同じく近寄り、声をかけた。

 「随分とはつらつとした娘だな」
 「え、ええ。なんだかいきなりうちの妹が迷惑をかけたようで、吸いません」
 「いや。あれは多少喧しすぎるほうやもしれぬが、健やかであることに越したことはない。慎ましさなどはこれから身につければよい」
 「はぁ・・・・・・」

 なんていうか、アサシンがこういうことを言うのって、すごく珍しい。アサシンってば物事に対して無関心というか、ドライというか・・・・とにかく、そんな印象があったから、さっきこのかとシローと一緒にサッカーをしていたことも含めて意外だった。

 「どうした?某の如き男がこのような戯れをしていること自体が滑稽か?」
 「い、いえ!そんなこと、ありません!ただ、意外に思っただけで・・・・!」
 「・・・・そうか。だが、あまりサーヴァントに対して深く踏み入らないほうがいい」
 「・・・・・・え?」

 わたしはその言葉の意味を聞こうとした。アサシンもその意味を答えようとした。どちらが先だったか、わからない。けど、一つだけ言えることがある。

 「このやろー!待て、コラー!!!」
 「ハッハッハッ。逃げるやつに“待て”って言ってもあんまり意味はないぜ?」
 「逃~が~す~か~!!!」

 それらはこのやり取りによって断ち切られてしまった、と。いつの間にか地面に降り立ったこのかはアーチャーさんと追いかけっこを始めていた。ていうかアーチャーさんは完全にこのかで遊んでいる。その証拠に、逃げ方もどこか挑発的だし・・・・

 「・・・・・・餓鬼か、あやつは」
 「・・・・・・どうも、すいません」
 「まあ、いい。そういえば、主の身内がもう一人、来ておったが」
 「え?おばあちゃんが?」

 そんなアーチャーさんに呆れつつ、アサシンは話題を変えた。たしかに考えてみれば、バーサーカーたちの魂喰いが原因の失踪事件のことがあるから、このか一人じゃ危険だろうから、きっとおばあちゃんもついてきたんだろうな。それに、このかにもおばあちゃんにもシローにもしばらく会えなかったわけだし。

 「それならば、早くあがったほうがよいのではないのか?いつまでもそこに立っているわけにもいかないだろう」
 「そ、そうですね。それじゃあ、アーチャーさんたちを呼んできます」

 とりあえず、まずはやや暴走しているこのかから止めなきゃ。そうしてわたしの後ろにシローがついてくる形でこのかに近寄った。

 「このか。もうそれぐらいにして、家の中に入ろうよ」
 「ねえちゃん!本当にあいつから何にもされてない?」
 「う、うん。特にひどいことはされていないよ」
 「本当?」
 「うん。本当だって」
 「本当に本当?キスされたりしてない?覗かれたりしてない?抱かれたりしてない?」
 「うん。そんなことされて、ない・・・・・・・・」

 本来、ちゃんと言い切るべき場面でわたしはそれができず、ついには顔を赤くしてしまった。というのも、最後の最後でわたしは思い出してしまったからだ。アーチャーさんにお姫様抱っこされたときのことを、それも二度・・・・
 わたしがそんな様子だから、案の定このかはアーチャーさんをねめつけた。

 「やっぱりねえちゃんに手を出したな~!!!こうなったら目に物を見せてやる!行け、シロー!!」

 しかし、シローはいうことを聞かなかった。それどころか、口を大きく開けてあくびをする始末・・・・

 「ウワ~ン!この薄情者~!!」
 「どうした?目に物を見せるんじゃなかったのか?」
 「アーチャーさん!それ以上うちの妹を煽らないでください!!」

 それから、妙にアーチャーさんに対して敵愾心を抱くこのかをなだめることができたのは数分後のことだった。それまでのやり取りを見ていられなかったのか、アサシンはやれやれといった感じで助け舟を出してくれた。本当にありがとうございました。


 アーチャーさん、このか、シロー、アサシン、そしてわたしの五人(四人と一匹?)は玄関に上がった。とりあえず、おばあちゃんに顔を合わせなくちゃ。

 「そういえば、おばあちゃんはどこに?」
 「さて、な。一応空也殿と夕飯の支度をしようとしておったから、台所のほうにいるのではないのか?」
 「そうですか。ありが・・・・」
 「ここからはもうワシ一人でも大丈夫じゃから、もう休んでいなされ」
 「そう。それじゃ、お言葉に甘えちゃおうかしら」

 わたしが言い終わらないうちに、奥のほうから声が聞こえてきた。それから間もなく、声の主の一人が奥から出てきた。その姿を見て、わたしは思わず大きな声を出した。

 「おばあちゃん!」
 「あら、沙織」

 いきなりわたしがいた上に大声を出したせいか、おばあちゃんは多少驚いていた。気付けば、わたしは思わずおばあちゃんのそばまで駆け寄っていた。

 「沙織、久しぶりね。元気にしてた?」
 「うん!それとおばあちゃん、ごめんなさい。おばあちゃんたちになんの断りもなく、勝手に他所の家に泊り込んだりして・・・・」
 「いいのよ、沙織。私はそれほど気にしていないわよ」
 「おばあちゃんが気にしていなくても、あたしは気にするよ!!」

 おばあちゃんの言葉にこのかは頬を膨らませて抗議する。まあ、このかがさびしい気持ちもわかるけど。

 「いいじゃないの、このか。こうやって沙織に会えたんだから・・・・・・あら?」

 おばあちゃんは途中で言葉を切って、視線をある方向へと向けた。それはわたしの後ろだ。その視線の向かっている先にいるのは・・・・・・アーチャーさん?

 「あなたは・・・・・・?」
 「あっ!おばあちゃん、聞いて!きっとお姉ちゃんが帰らなくなったのは、こいつのせいだよ!」
 「あのな、ちびっ子。まだそれを言うか?」
 「そう、あなたが・・・・・・」
 「・・・・・・え?」

 どうしたの、おばあちゃん?なんだか神妙そうな顔をして?まさか、このかの言い分をそのまま、信じちゃったの?

 「気のせいだろう。主が帰ってくる前までは、鉄平がその容疑者になっていたのだから」

 いつも通り、心の中を読まれたわたし。ていうか、このか。先輩とかアーチャーさんにどんな印象持っているのよ・・・・

 「沙織。久しぶりなのに悪いけれど私、ちょっとこの方とお話をするわ。夕飯までまだ時間はあるでしょうし、それまでゆっくりしてちょうだい」
 「・・・・・・ぬ?」
 「・・・・・・え?」

 えええええええええええええええええ!?まさか、本当に、このかの言い分を信じちゃったの!?わたしと、先輩やアーチャーさんはそんなんじゃないんだって!アーチャーさんにはお姫様抱っこされたけど。それも二回。

 「ほら!正義は必ず勝つ!」

 なぜか誇らしげに胸を張るこのかを、シローは冷ややかな目で見上げていた。

 「まあ、なんでもいいけどな。とにかく、エスコートを受ければそれに答えるのが男ってもんだ。そういうわけだ、サオリ。しばらくこのばあさんと一緒にいるぜ」
 「は、はあ・・・・・・」

 そう言ってアーチャーさんはそのまま、おばあちゃんの後についていった。それよりもおばあちゃん、一応ここ他所の家なのに、なんでこうも勝手知ったる我が家みたくすいすいと歩いていけるんだか・・・・まあ、おばあちゃんの順応力が高いだけなのかもしれないけれど。
 とりあえず、このかはわたしといられるのが嬉しそうで何よりだけど、これからどう時間を潰そうか?



 絹とアーチャーの二人はとある一室へと入っていった。そこは客間のようだが、何も使われていないせいか、他の部屋に比べて質素である。

 「まあ、とりあえず楽にして下さいな」

 絹は手ごろな場所で正座し、アーチャーも絹に向かい合う形で胡坐をかいた。

 「それで?ばあさん、一体あんたはオレと何を話したいんだい?」
 「そうね・・・・・・それじゃあ、あなたから見て沙織のことをどう思っているのかしら?」

 絹がしばらく顎に手を当てて、それから話を切り出した。それでアーチャーは、この老婆の意図が、少なくとも自分のマスターである少女のやかましい妹のものとは違うことを察した。

 「そうだな・・・・・・端的に言えば、おとなしくて気立てのいい女、ってとこか?」
 「それで、他には何かないかしら?」
 「他に・・・・・・?ま、さっき言ったことは裏を返せば、お人好しすぎるってことにもなるな。はっきり言わせてもらうが、オレとサオリはあってからそんなに時間は経っていない。けど、それぐらいはわかる。あいつの場合、少し度が過ぎているような気がするんだが・・・・」

 アーチャーは自分が召喚されてから今日に至るまで、沙織の日常を自身の目で見て、耳で聞いてきた。彼が沙織に抱いた印象というのは、先ほど彼が口にしたとおりだ。人がいいのも悪いことではないし、控え目なのも本人の気質にもよることなのだ。ただ、大抵そういう人間は、自分の本心を口に出さず、どんな嫌な頼みごとでもそれを引き受けてしまう。主体性に乏しいこともある。沙織はその典型的なパターンだ。
 沙織が聖杯戦争を戦い抜く決意をしてからまだそんなに時間が経っていないので、学校生活においても若干それらの傾向がある。もっとも、沙織は人間関係に恵まれているほうなので、場合によっては引沼や門丸といった彼女と親しい仲の者が助け舟を出すこともあるのだが。

 「・・・・・・確かに、あなたの言う通りね」

 すると、絹は何か遠くを眺めるかのように視線を宙へとやった。その様子は昔を懐かしんでいるようにも見られる。

 「あの子は、この街に住み着く前からおとなしくて、素直で、優しい子だったわ。あ。もちろん今でもそうよ」
 「ああ。それはわかっている」
 「でもね、ここに来てからあの子、それがいやに目立つようになっちゃったのよ。なんて言ったらいいのかしら・・・・自分のことよりも他人のことを優先させているって言ったほうがいいのかしらね?もちろん、それが悪いことだとは思わないわ。でも、あの子がなんだか無理しているように見えるのよ・・・・」

 絹の言っていることはアーチャーにも大体は理解できた。沙織は他に比べて利他的な傾向にあるのだ。だからこそ、沙織はああいう性格なのだろう。それが災いしてか、沙織は嫌なことでも口に出さず、それを自分のうちに封じ込めて引き受けているのだ。やはり人間たる者、多少なりとも妥協するものだが、沙織の場合は必要以上にそうしているように思えてならない。その結果、そういったものの積み重なりによって、当人を自滅へと追いやってしまうことも珍しくはない。
 そして一瞬、目の前にいる老婆がアーチャーには何か哀しげに見えてしまった。

 「人間って、不便なものよね。その人の中にある想いだとか、考えだとか・・・・・・願いも口にしなきゃわからないもの。沙織は人と競ったり、比べたりするのが好きじゃない子だから、今でも無理しているんじゃないかって思うの。今も、昔も、一緒に暮らしているっていうのにこんなことにも気付けないなんて・・・・保護者失格ね」
 「ばあさん・・・・・・」
 「あら、やだ。ごめんなさい。お話しましょうって言い出したのに、これじゃ私ばかりが喋っているわね。気分を悪くされたかしら?」
 「いや、そんなことはないさ。それよりもばあさん・・・・・・」

 アーチャーは絹を見据えて言った。

 「あんた、オレにどうしてほしいんだい?」

 絹もその視線をアーチャーにしっかりと向けている。今のこの老婆はもう、悲しさを醸し出していない。そして絹は、両手をそっと床に置き、頭を下げた。

 「どうか、孫娘をお願いいたします」

 絹の顔は伏せられていて、窺うことができない。しかし、この老婆は自分の孫が何か、尋常ならざることに巻き込まれていることに気付いているのだろう。いや、むしろこの街で今起こっていることを見通しているのかもしれない。アーチャーは心拍数や僅かな呼吸など、五感を使って感じ取ることはできるが、考えを完璧に読み取ることまではできない。あくまで、それらから心理や思考を推理するにとどまっている。
 しかし、絹が何を知っていようと、何を思っていようと、アーチャーの答えは一つしかなかった。

 「安心しな、ばあさん。いつになるかはわからないが、サオリは必ずあんたらの元へ帰す。しばらくはあのちびっ子も寂しい思いをするだろうが、全てが終わるまで待ってくれ」

 アーチャーが言い終えると絹は顔を上げ、そして元の姿勢に戻した。その顔には、先ほどの憂いなどなく、元通りの穏やかな顔になっていた。

 「ええ、わかりました。このかには私から言って聞かせますので、それまではどうぞ、沙織のことをよろしく頼みます」
 「ああ、言われるまでもないさ」

 アーチャーが言うと、絹はハッとなったかのように立ち上がった。

 「あら、もう空也さんは食事の支度を終えたかしら?とりあえず空也さんに聞いてみましょう」

 そういうと、絹は戸の前まで足を進めると、その前で止まってしまった。

 「・・・・・・沙織といるのが、あなたのような人でよかったわ・・・・」

 そう呟くように絹が言うと、戸を開けて部屋の外へ出て行き、そして戸を閉めたのを、アーチャーは最後まで見やった。



 「やったー!!またあたしが一位だー!!!」

 このかはありったけの声で高らかに自分の勝利を口にするとともに、手にしていたハンドル型のコントローラーを天高く掲げ、そして勢いのままグッとガッツポーズを決める。そう、わたしたちは今テレビゲームで遊んでいた。

 「・・・・・・それで、何で俺まで巻き込むんだよ?」

 そして現在地は先輩の部屋。部屋の本棚にはマンガとか何かの雑誌とか置いていたり、他にもテレビやラジオなどが置いてあったりと、意外にも普通の高校生らしい部屋をしていた。これを見ると、わたしの部屋って物がなさすぎるような気がしてきた・・・・
 ちなみに今やっているゲームは有名キャラクターが集結したレーシングゲームで、参加しているのはわたし、先輩、このか、そしてなぜかアサシンまでもプレイしていた。

 「いいじゃん、別に。みんなでやったほうが楽しいじゃん」
 「それは、そうなんだろうけど・・・・」

 どういうわけか、先輩はこのか相手だとどうも喋り方がぎこちない。そして、若干わたしたちから遠ざかっているような気がする。原因は多分、わたしんとこの飼い犬だ。シローは完全に観戦モードに入っているけれども、なぜか先輩の近くに居座っている。先輩が遠ざかろうとすればするほど、シローはジリジリと先輩に近づいてくる。しかも絶妙な位置にいるからかなり性質が悪い。長らくシローと一緒にいるわたしだからこそ、わかることがある。それは、シローは確信犯であるということだ。それは、あの顔を見ればわかる。

 「それにしてもおっちゃんってば意外とやるね~。やり始めより上達してっているよ」

 そう。それはわたしもかなり意外だった。最初アサシンはゲームへの参加を渋っていたけれど、結局このかに押し切られる形で参加する羽目に。昔の人にゲームは無理かと思われた。しかし実際は、最初のうちはうまく動作できなかったのが、段々とコツを掴んできたのか、普通にプレイできてきた。多分、画面だけ見ればプレイヤーの正体が忍者だなんて誰も思わないだろう。
 それにしてもアサシンって、意外と順応力が高いような・・・・

 「よ~し!もう一回やるぞ~!!」

 すると、先輩の部屋に誰かがコンコンとノックをしてきた。

 「どうぞ」
 「お邪魔します」

 先輩に促されて入ってきたのは、なんとおばあちゃんだった。

「もう夕飯の支度が済みましたよ」
 「あ、わかりました。わざわざ知らせに来てくださって、ありがとうございます」
 「いいえ。それとこのか、今日の夕食はここで食べましょう。空也さんもいいって言っていたわ」
 「ホント!」

 おばあちゃんの言葉にこのかは目をキラキラと輝かせる。

 「ねえちゃんと一緒にゴハン食べるの久々だな!それで!?今日ゴハン食べ終わったらねえちゃん一緒に帰るよね!?」
 「えー、と・・・・・・」

 このかの屈託のない笑顔を前にして、わたしはキッパリと“帰れない”とは言えなかった。しかし、このかはわたしが何を言いたいのかわかったのか、次第にその表情を曇らせてしまう。

 「・・・・・・どうして・・・・?」

 まだゲームがつきっぱなしであるためか、テレビから軽快な音楽が流れてくる。それとは裏腹に、このかの声は今にも泣き出しそうだった。

 「どうして家に帰ってこないの!?やっぱりあいつがねえちゃんに何かしたからなの!?それともあたしと一緒にいるのがイヤになったの!?あたし、ねえちゃんがいなくてもちゃんと宿題やってるよ!シローの散歩だって、家の手伝いだってちゃんとやってるよ!だから、だから・・・・・・家に帰ってきてよ、ねえちゃん・・・・・・・・・!!」

 このかの語気がだんだんと弱まっていくと、その顔を伏せ、肩を震わせてしまった。先輩やアサシンがゲームとテレビの電源を切ると、わたしたちに声をかけずに部屋から出て行ってしまった。このかのそばに近寄って見上げるシローも、いつもの嫌味な雰囲気もなかった。そんなこのかに、おばあちゃんは柔らかな声で言った。

 「このか。沙織はね、今はやらなくちゃいけないことがあるの。それが終わるまでは、どうしても家に帰ることができないのよ。今日まで沙織がいなくてもいい子にしていられたんだから、もうしばらくの間我慢できるわよね?」

 このかは何も言わなかった。けれど、肩の震えは止まっていた。わたしはこのかの前に立ち、このかの目線に合わせるようにしゃがみこんだ。

 「このか、みんなに何も言わないでここに泊まったことと家に帰らないこと、それに理由をきちんと話せないこと、本当に悪いと思っている。今はまだ帰れないけれど、全部済んだら必ず帰ってくるって、約束する。だから、そんな顔しないで」

 そうしてこのかは、徐々にその顔を上げていった。

 「・・・・・・本当に?」
 「うん」
 「もういなくなったり、しない」
 「もちろん。ちゃんと帰ってくるから、安心して」
 「・・・・・・わかった。じゃあ、ねえちゃんが帰ってくるまで、待ってるからね」

 このかのその言葉に安心したのか、おばあちゃんは先程よりも柔らかな笑顔で言った。

 「それじゃあ、話も済んだことだし、皆さんを待たせては悪いからもういきましょうか」
 「うん!あ~、なんか急におなかが減ってきたよ~」
 「ワン!」

 そして、そこにはいつも通りのこのかがいた。シローが一声鳴くと、わたしたちはその部屋から出て行った。
 それから、久々の家族との食事、それにアーチャーさんたちを加えたそれは和やかな空気に包まれていた。そして食事が終わり、一段落がつくと、おばあちゃんたちは家路についた。そのおばあちゃんたちをアサシンが送っていった。
 そして夜が更ける。聖杯戦争の時間だ。



~タイガー道場~

佐藤一郎「皆様。本作品をごらんいただき、真にありがとうございます。では、今回も藤村様とイリヤスフィール様に代わりまして、この佐藤一郎とシロー様でお送りいたします」

シロー「正直、このような茶番に付き合うのも馬鹿馬鹿しいが、彼女たちがまだ映画に出演している以上、この場にいるのも仕方ないだろう」

佐藤一郎「はい。それでは早速話に移りたいと思いますが、今回も前回に引き続き幕間的な話となっております」

シロー「何か色々とフラグが乱立しているような印象がするのだが?」

佐藤一郎「まあ、それもきちんと回収するつもりでいるようです。そして前回もそうですが、今回も登場人物の意外な一面が描かれていますが、如何だったでしょうか?」

シロー「ウム。確かに、こういう側面は幕間的な話ならでは、だな」

佐藤一郎「はい。今後もそういったことを色んな形で描けたらな、と思っているようです」

シロー「フム。どこまで実行できることやら。まあ、期待しないで待っておこう」

佐藤一郎「さて。ここからは前回僅差でランサー様に敗れ去れました、サラ・エクレール様の紹介に移りたいと思います。それでは、どうぞ」


氏名:サラ・エクレール
性別:女性・十代前半
サーヴァント:セイバー
身長:154㎝
体重:42kg
イメージカラー:薄紫
特技:ガーデニング、薬草の扱い、??
好きなもの:花、ハーブティー、美食
苦手なもの:都会、害虫


佐藤一郎「では、ここで軽く説明いたします。沙織様が二番目に遭遇したマスターで名門エクレール家の跡取り娘にございます。聖杯戦争参加の動機は基本的に戦いに勝ち残ることで、聖杯自体には何の興味も持っていない、とのことです」

シロー「説明の途中で申し訳ないが、特技の中に“??”とあるが、これは何かね?」

佐藤一郎「ああ。そちらはまだ本編では登場していない、あるいはここで記した場合何か差し障りのありそうなものはこうして“?”で表記することにしましたので、そこはご了承下さい」

シロー「そういえば、サラの使う魔術が第九話で草花に関する魔術とされていたが?」

佐藤一郎「はい。サラ様は当初からセイバーのマスターとして登場の決まっていた方でして、後は行使する魔術を決めるだけでした。それで色々と考えているうちに、“そういえば、花の魔術ってよくね?”みたいな考えに至ったようです」

シロー「それはいいのだが、彼女の苗字である“エクレール”に意味は?」

佐藤一郎「はっきり言いまして、言葉の響きだけで選んだようです」

シロー「・・・・・・その言葉の意味は、知っていたのか?」

佐藤一郎「知っていたらしいですよ」

シロー「・・・・・・・・・・・・・」

佐藤一郎「そんな目をしないで下さいませ。とりあえず跡付け的に何かそれっぽいものを付け加えようかな、と試行錯誤していらっしゃるのですから」

シロー「下手な付け加えはちぐはぐなものになると知れ」

佐藤一郎「苦言、ありがとうございます。ちなみに花に関する魔術に決めたきっかけはとある心無い13人の11番目の方の属性から。エクレールという苗字に決めたのは某赤いレプリロイドが主人公のゲーム第4段に出てくるペガサス型の敵から。サラという名前はどこかの手強いSRPGに出てくる同名のキャラからとられました」

シロー「随分とゴテゴテな元ネタだな・・・・ところで、彼女の登場シーンがどこか本編におけるイリヤスフィールの初登場シーンを彷彿とさせるのだが?」

佐藤一郎「はい。確かに、そちらも参考にしていらっしゃるようです。事実、設定的にイリヤスフィール様と遠坂凛様を足して2で割ったようなキャラだとしていますので」

シロー「はたして、そのキャラ付けは上手くいっているのかね?」

佐藤一郎「それは、各人の判断に委ねます。感想掲示板に触発されたこともありますが、彼女の掲げる“Noblesse Oblige”も含めまして、是非とも伸ばしていきたいと思っているようです」

シロー「あんまりそこを気にしすぎるのもどうかと思うがね」

佐藤一郎「しかし、本筋を曲げるようなことはしないはずですので、よっぽどひどいことにならない限りそこは大丈夫でしょう。ちなみに、サラ様は凛様やルヴィアゼリッタ様に匹敵する魔力の持ち主、との設定です。そして、それを是非活かしたく思っているようです」

シロー「フム。大体、語るべきものは全て語ったようだな。伏せたほうがよさそうなのも含めて」

佐藤一郎「はい。そこは敢えて晒すことで作者様自身にお灸を吸える意味合いも込めております」

シロー「やりすぎて自虐に走らないようにな」

佐藤一郎「はい。さて、次回はいよいよ序盤の山場を迎えるわけですが、そこは本編におけるセイバールートのライダー様との決戦に当たる部分ですので、力を入れたいと思っているようです」

シロー「どうやら、この調子を保てるのならば、月に2回のペースで更新できそうだな」

佐藤一郎「そこは実生活との折り合いもちゃんとつけてのことです。さてさて、それでは皆様。ご機嫌よう」

シロー「ああ。それから最後に私から一つ、言っておきたいことがある。前回、ランサーの紹介でイメージカラーが抜けていたので、それをつい先日追加したところだ。報告が遅れたこと、すまなく思う。では、私からは以上だ」



[9729] 第十四話「火蓋は檻の中」 ※残虐描写あり
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/03/25 02:44
 闇は平等である。闇の届かぬ場所などないに等しく、闇は遍くを包み込み、闇は何もかもを暗きに染める。闇を恐怖の檻と見るか、それとも安寧の薄衣とするかは各人を取り巻く状況にもよるだろう。
一つ言えるのは、この幌峰総合病院とてその例外ではない、ということだ。白を基調としたこの建物も他と同様に闇に覆われ、その中には夜勤の医師や看護師たちがいるだろうが、この周辺は静寂を保っている。そして病院の屋上に、闇と同化している影があった。アサシンである。気配を絶った彼を見つけ出すことなど、高度なレーダーを備えていても容易ではないだろう。

 (ここには、バーサーカーの影も形もなし、か・・・・ここへ来れば、何か掴めると思ったのだが・・・・)

 夕食を終え、沙織の身内を家へ帰した後、アサシンや彼のマスターである鉄平は彼女から放課後にサラと会ったことを聞かされた。サラのバーサーカーに関する話を聞かされた彼らは当初、サラの言っていることを鵜呑みにしなかったが、よくよく思い返してみれば昨日、鉄平たちがバーサーカーに遭遇したのも病院にいる沙織を迎えに行く途中であったので、あながち信用に欠ける情報ではないと判断した。奇しくも、沙織が聖杯戦争に身を投じるきっかけとなったバーサーカーの襲撃のあった公園。そこは病院から歩いて数十分程度の距離に位置していたのだ。
 また沙織の願いで、魂喰いを繰り返すバーサーカーやキャスターから倒すこととなった。沙織としては、これ以上の凶行を止めたい一心であろう。そこで、鉄平はアサシンを病院へと偵察に向かわせた。そして、今に至る。

 (これ以上、長居はできぬな・・・・むしろ、これでもいすぎたくらいだが)

 アサシンは念入りに、病院内部やその周辺を数度探ってみた。しかし、やはりバーサーカーの姿は確認できなかった。加えて、アサシンは先日のようなキャスターの罠を最大限警戒していたのだが、それも仕掛けられている様子がなかった。

 (しかし、何もバーサーカーを見つけなくとも、奴を蹴落とす方法などいくらでもあるのだが・・・・)

 はっきり言って、アサシンというサーヴァントはバーサーカーとは絶望的に相性が悪い。これは、間諜に特化したアサシンと戦闘能力が大幅に強化されたバーサーカーとの差であろう。くどいようだが、アサシンの持ち味は暗躍でこそ大きく発揮される。その際たる例が、敵マスターの暗殺である。暗殺術に優れた英霊に一度狙われたともなれば、並みの人間であれば一溜まりもない。
 ただし、ここでのアサシンの目的はあくまでも偵察である。ただ、沙織がサラから聞いた情報を聞く限り、アサシンにはバーサーカーのマスターがどこへいるかもおおよその見当がついている。これは鉄平やアーチャーも同じであろう。そのマスターを見つけて、屠ることなどアサシンにとっては造作もないことである。

 (しかし・・・・・・)

 できるだけ、余計な犠牲を出したくないと考えているのか、沙織はマスターを殺すことだけは止めてほしいと言ってきたのだ。これには鉄平もアサシンも面食らってしまった。アーチャーも最初のうちは彼らと似たような反応だったが、すぐに沙織の考えに賛同したような形をとった。

 (つくづく、甘いものだ・・・・・・)

 戦いとは、そう生易しいものではない。古今東西の戦記物などでは、様々な信念がぶつかり合い、物語を引き立てる。しかし、実際はそんな煌びやかな綺麗事の全く行き届かない、どす黒く醜悪な暗部が必ず潜んでいる。そういったものは必ず、表沙汰にはされず、闇の中へと捨て置かれるものだ。アサシンもそういった汚い部分を数多く目にしてきた。
 沙織がそういったことを言うのは、その闇を知らないからだ。故に、アサシンは彼女を甘いと見る。そして、その言い分をそのまま受け入れてしまっている自分や鉄平も・・・・

 (さて、一先ずは現状を報せに戻らねば、な。だが・・・・・・)

 アサシンはひとまずこれまでの調査の報告をマスターである鉄平に報せようとしたが、その前に彼はアーチャーの元へ赴こうと考えていた。アーチャーも、その超越した感覚を用いてバーサーカーの居所を遠方から探っている。なお、アーチャーまで離れてしまっては沙織たちのそばにはサーヴァントがいなくなるので、彼女から距離を置くわけにはいかなかったので、彼女たちからほとんど離れていない場所で探査しているはずだ。とはいえ、沙織たちはまだ楼山神宮の敷地内にいるのだが。

 (彼奴の首尾は如何なるものだろうか・・・・?)

 アサシンは一瞬のうちに、病院からその姿を消した。


 アーチャーは、神宮からやや離れた森林の木々の上に立っていた。ここからでも十分沙織たちの様子を窺うことができ、敵を狙撃できる絶妙な位置でもある。ここで、アーチャーはバーサーカーやキャスターの居場所を探っていた。もし、病院に彼らがいなかった場合のことを考えて、だ。

 「・・・・・・随分と早かったな」

 アーチャーはアサシンが自分のすぐそばまで近寄ってきているのを感じ取った。はるか遠くの、針の落ちる音を正確に聞き分けられるこの男の前では気配遮断も形無しである。

 「相変わらず出鱈目な神経をしているな。で?バーサーカーたちを見つけたのか?」
 「いや。こっちもまだ捉えていない」
 「そうか・・・・・・」

 アーチャーの超感覚を以ってしても、いまだにバーサーカーたちの発見には至っていない。だがアサシンから見て、それとは別にアーチャーには何か気にかけているものがわずかにあるように思えた。これはアサシンの経験による洞察力である。

 「・・・・何かあったのか?」
「ああ・・・・実は、少しばかり気になることがあってな・・・・」
 「気になること・・・・?」
 「ああ・・・・・・」

 どういうわけか、いつもの彼らしくなく、アーチャーはどこか歯切れが悪かった。これにはアサシンも予想の範疇を超えていた。

 「まあ、こいつは確信がないからなんとも言えないんだが・・・・」
 「構わぬ。その是非は主の話を聞いた後に判断する。状況が状況ゆえに、できるだけ手早く、簡潔に話せ」
 「ああ、悪いな。実はだな・・・・」



 やっぱり、この街ってよく冷えるなあ。たしか、最初の夜のときも同じくらいの気温だったはずだけれど、あのときは正直それどころじゃなかったし、それに今はアーチャーさんたちを待っているだけだから余計肌が冷たく感じちゃうからなあ。

 「野々原さん」

 振り返ってみると、先輩が両手に何かを持ってこっちにやってくる。あれは・・・・・・コップか何か?なんだか湯気が出ているけど。

 「これ、甘酒。おっさんが温めてくれたから、飲むといいよ」
 「あ、ありがとうございます」

 先輩から甘酒の入ったコップを受け取って、それを一口。あ~・・・・あったまるなあ~・・・・・・・

 「そういえば、野々原さん。一ついい?」
 「なんですか、先輩?」
 「君は、なるべくならマスターたちの命を奪うようなことはしないでほしいって言ったよね?」
 「は、はい」

 それは、アーチャーさんたちがここを出て行く前の話だ。部屋で今晩の方針について話し合っていたところ、アサシンからそれとなくマスターの暗殺をほのめかすようなことを言ったので、わたしが反対した。正直、いくら殺し合いだからって、誰かが誰かを殺すなんてことはいやだったからだ。とりあえず、今日はバーサーカーの討伐ということで話は落ち着いたけれども。

 「意地悪なことを言うようで悪いけれど、それって裏を返せばサーヴァントはどうなってもいい、ってことにならないかい?」
 「そっ・・・・!そんなこと・・・・・・!!」

 “そんなことない”と言おうとした。むしろ、そう言いたかった。でも、途中で言葉が詰まってしまって言えなかった。多分、わたしはサーヴァントを“強大な力を持つ召喚獣”くらいにしか思っていなかったのかもしれない、わたしによくしてくれているアーチャーさんも含めて。
 それに、わたしは神奈さんやサラにあれだけのことを(自分からすれば)嘯いていたけれど、実際に戦うのはわたしではなくて、アーチャーさんだ。それについて、正直申し訳なく思っているし、逆に感謝もしている。でも、これはわたしのサーヴァントがアーチャーさんだからこそ成り立っていることだ。もしわたしが喚び出してしまったのが、ライダーやキャスター、バーサーカーみたいなのだったら?
 そして、急にライダーや神奈さんのことを思い浮かべてしまったせいで、不意にこんなことを言ってしまった。

 「・・・・・・どうしてサーヴァントって、わたしたちのために戦ってくれるんでしょうね?」
 「サーヴァントは、俺たちのために戦っているわけじゃない。結局はサーヴァントも自分自身のために戦っているだけなんだ」
 「え?」
 「聖杯はあらゆる願いを叶える代物だ。それは過去の英雄であるサーヴァントも喉から手が出るほどほしいものさ。だからサーヴァントはマスターと組んで戦う。そして、そこには信頼も何もあったものじゃない。ただ利害関係が一致しているだけだよ」

 わたしは、わたしが思っている以上に何も知らないことに内心呆れてしまった。それによく考えてみれば、あのライダーが神奈さんにおとなしく従うはずもない。それに願いに関することだって、あの時シモンが“ランサーの望みは戦い”みたいなことを言っていたのだから。

 「・・・・・・やっぱり、マスターとサーヴァントでも信用しちゃダメ、ってことなんですか?」

 そんなわたしの心中を察してか、先輩は先程よりも声を和らげて言った。

 「といっても、全部がそうっていうわけでもないけどね。実際、アサシンも聖杯を求めているわけじゃないし、多分アーチャーだって同じだろ?だったら、野々原さんは野々原さんがやるべきことを考えてればいいんだよ」

 先輩がわたしを安心させようという言葉に、わたしは少しホッとした。でも、それでも納得できないものが、わたしの中で悶々としていた。そして、わたしはそれをつい、口に出してしまった。

 「でも、誰かが誰かを蹴落とすのって、やっぱりイヤです」
 「野々原さん・・・・・・」

 先輩はコップの中に残った甘酒を一気に飲み干してから言った。

 「それは仕方ないことだよ。願いや望みを叶えるってことは、誰かのそれを踏み台にしなきゃならないこともあるんだよ。誰もが一位になれるわけじゃないし、合格できるわけじゃない。ましてや、誰でも主役になれるってわけじゃないんだから」

 そのとき、わたしは手に持っていたコップを落としてしまった。コップから少しばかり残っていた甘酒がこぼれてしまい、それが地面に染みていく。

 「野々原さん?」
 「あ、大丈夫です。別になんでもありませんから、ええ」
 「そう・・・・?」

 そしてここで一呼吸置いて、わたしは言う。

 「そうですよ。それにああ言いましたけどわたし、やっぱりバーサーカーやキャスターたちのやっていることは許せません。それだけははっきりしています」
 「そう・・・・・・ゴメン。なんだか迷わせるようなことを言って」
 「え?いいえ、そんなことはありません。むしろ、わたしのほうが勝手にそういう方向に話を持っていったわけですから・・・・」
 「まあ、そこはお互い様にしておこうか。それよりも、おっさんに頼んでまた甘酒持ってこようか?」
 「え?いいんですか?それじゃあ、お言葉に甘えて・・・・・・」

 またしても、わたしの言葉は途中で途絶えてしまった。

 「野々原さん?どうしたの?」
 「な、なんでもない、と思いますけれど・・・・」

 なんだか体が妙に冷えるような気がした。それは外の空気の冷たさではないことだけははっきりしていた。これは、バーサーカーに初めて遭遇したときや、ライダーやランサーが現れる前のときに感じる悪寒が若干弱まったような感じだった。



 時間を少々巻き戻す。アーチャーはアサシンに自分が“気になっていること”を話した。

 「なるほどな・・・・・・」
 「それで、あんたはどう思うんだ?」

 アサシンは何か考え込むように顎に手を当て、そして間を空けてから言った。

 「確かに主が先刻言ったように、何の確証もないようだな。ならば、今はそれを気に掛けるよりも、これからのバーサーカー戦に心を向けた方がいいのではないのか?」
 「まあな。一応教えたからな」
 「承知した。では、そろそろ鉄平たちの元へ向かわせてもらうぞ。件の病院にバーサーカーの気配もキャスターの罠もなかったことを伝えねばならぬのでな」
 「ああ。悪かったな」

 アサシンがアーチャーの下を去ろうとしたそのときだった。

 「待った!」

 アーチャーはアサシンを引き止めた。

 「何事だ、今度は・・・・・・・!?」

 アサシンはアーチャーの尋常ならざる様子を感じ取った。アーチャーは何かを必死に探っているようだった。

 「バーサーカーか?」
 「いや、今の時点でどうだかわからねえ。けど・・・・・・」

 アーチャーは続けて言った。

 「血の臭いだけじゃなく、火の臭いや悲鳴まで聞こえてきやがる」



 「引沼さん、もうそろそろ上がったら?」
 「あ、はい。でも、ここの片づけを終わらせたらすぐに上がります」
 「そう?でも、近頃は何かと物騒だからね。切りのいいところで切り上げて、もう上がっちゃいなよ。後はこっちがやっておくからさ」
 「そうですか。でも、そんなに時間はかからないと思いますので、大丈夫ですよ」
 「そう。だったらここは任せるよ。片づけが終わって、帰る支度ができたらいつもの出入り口までおいで。戸締りはやっておくからさ」
 「わかりました」
 「それじゃ、お疲れ」
 「はい。お疲れ様です」

 引沼亜美は洋菓子屋でアルバイトをしていた。そこはケーキ各種だけではなく、シュークリームやエクレアなどといった洋菓子の定番も多く取り揃えており、また出来たてをこの店で紅茶やコーヒーを味わいながら楽しめるのも魅力の一つだ。味もさることながら、幌峰ではちょっとは名の知れた店でもあり、地元のテレビでも何度か取り上げられるようになってからはここを訪れる客も多くなった。
もともとそういうのがなくても、この店は人の集まりがいい。なにしろ、街の中心部に位置する幌峰ステーションに店舗を構えているからだ。ここ、幌峰ステーションは通常の列車だけではなく地下鉄とも繋がっており、バスターミナルをも備えている。また、駅の両隣に位置するように大手百貨店とも連結していることで、ここは駅としてだけではなく、ショッピングやグルメをも楽しむこともできるのだ。

 「さて、と。それじゃあ、早いとこ終わらせるとしますかね」

 店の営業自体は八時で終わる。だからと言って、店の仕事も終わるわけではない。後片付けはもちろんのこと、材料などの保全や朝の作業をスムーズに行うための仕込みなど、やることは山ほどあるのだ。そして亜美は基本的に販売の仕事が主だが、最近では週に一~二回ほど仕込みを任されることもあった。とはいえ、亜美はアルバイトとして働いているため、あくまで補助の域を出ないが、それでも亜美からすればこの上なく喜ばしいことであった。
というのも、学校ではスポーツ万能でならしている亜美は、実はお菓子作りが趣味で、ときおり部活で自作のお菓子を持っていくこともある。実際それで他の部員や先輩たちから好評を得たこともある。ただ、店の仕事が重労働であることには変わりないが、亜美にとってはやりがいを感じる仕事であるのだから。
 ともあれ、店長が去った後、亜美は残った仕事に手をつけるのだった。


 「ふう。少し時間オーバーしたけど、これでも早いほうかな?」

 後片付けを終え、亜美は更衣室で着替えを終えていた。そもそも、亜美がこの店のアルバイトを希望したのも、本人がお菓子作りに興味を持っていたのはもちろんだが、ここの制服が可愛かったことも大きな要因だ。引沼亜美という人間は、学校ではそのサバサバした気風のよさと面倒見のよさ、そしてボーイッシュな外見から男女の人気も高く、また彼女の所属しているバスケ部の先輩たちからの期待も大きく、同じ部員たちからの信頼も厚い。しかし、少女マンガや恋愛小説をこの上なく愛読していたり、オシャレで可愛らしい服を陰で好んで着たり、先ほどのお菓子作りと相俟って自身も大の甘い物好きであったり、そのくせホラー物やゴキブリといったものが大の苦手だったりと、その本質が乙女全開していることはあまり知られていない。
 なので、ここはある意味亜美にとっては秘密の花園といえる場所であるの“だった”。

 「なのに・・・・まさかああいう風に知られるなんて・・・・・・・・」

 亜美は不意に思い出してしまい、ガックリと項垂れてしまった。
 それは、彼女がいつも通り仕事をしているときだった。そのときはここの仕事にも大分慣れてきて頃でもあった。

 『いらっしゃいませ』

 とびきりの営業スマイルと作った声、そしてフリフリのエプロンにプリティな制服を身に纏った亜美の視線の先には、いた。同級生の野々原沙織と門丸真悟の二人が。脳がそれを認識した瞬間、亜美は営業スマイルのまま凍りついてしまった。
 空いた時間を見つけて、その二人を店の裏まで呼び出すと、一人は意外そうな顔をして、もう一人は腹を抱えながら大爆笑をしていた。はっきり言ってしまえば、そのときの亜美の理性は崩壊しており、彼女が二人に対して泣きそうになりながら、このことを内密にしてほしいと頼み込んだことだ。これには、大笑いしていたほうはかなり気まずそうにしていた。もっとも、こっちのほうは軽い性格のお調子者なので、いつクラス中、いや学校中に知られるか気が気でならない。しかし現時点では、この二人以外に自分の本当の趣味や将来の夢(パティシエール)を知っている者はいない。これでも、門丸真悟は義理堅いのだ。なので、そのことを知られる心配は全くない。

 「さて、と。これ以上店長を待たせちゃ悪いし、そろそろ帰ろう」

 亜美が更衣室の出入り口まで来て、部屋の明かりを消したそのときだった。

 ガシャン!!

 「え!?なに!?」

 突然店の外から聞こえてきた轟音に亜美はうろたえてしまった。車か何かがぶつかったような大きな音が聞こえてきたが、亜美にはそれが何なのかまったく見当もつかなかった。

 「一体、何なの・・・・・・?そうだ!店長!!」

 今、店長が店の出入り口で自分を待ってくれているはずだ。店長なら、外で何があったか知っているはずだ。まずは店長の元へ急ごうと、足早に更衣室から出て行った。
 この時点で、亜美は気づかなかった。自分が店に残って、後片付けをしたのが“ある意味”幸運だったと。


 店の外に出た亜美は、必死に店長の姿を探していた。

 「店長!どこですか、店長!!」

 しかし、店長は出入り口にいるはずなのに、どこにも姿が見当たらない。そして亜美はもう一つ、何か違和感を覚えていた。それが何なのか瞬時にはわからなかったが、店長を探しているうちにそれにようやく気がついた。
 それは、駅が真っ暗であるということだ。この時間なら、まだ列車も地下鉄も走っているはず。だから構内のコンコースも地下街も普通に通れるはずなのだ。にもかかわらず、この日の運営が終わってしまったかのように、あたりが暗闇に包まれている。
 亜美が戸惑っている中、暗がりの中で壁にもたれかかり、その場に座り込んでいる人影が見えた。そして亜美は、ようやく暗さに目が慣れてきたのか、それが誰なのかわかった。

 「あ、店長!よかった、探しましたよ。一体ここで、何が・・・・・・?」

 亜美は、何か妙な感覚に捕らわれてしまった。ここにいるのは自分がよく知っている店長だ。それは間違いない。なのにどうして、このような形容しがたい何かが自分に纏わりついているのか、全くはっきりしなかった。しかもよく見てみれば、店長は水溜りのようなものの上に腰を落としている。これが何なのか、全くわからなかった。わからなかったのだが・・・・とにかく目を凝らしてよく見てみる。

 「!?!」

 その瞬間、亜美は目を大きく見開き、息を呑んでその場にしゃがみこんでしまった。どうりで何の反応もないと思った。亜美の体は小刻みに震え、脳が拒否しているにもかかわらず視点は店長“だった物”に向けられていた。血溜まりの中にいる人間の形をしたそれは、顎から上がごっそりなくなっていた。亜美が見ている前でそれは、口のあった場所から血を滴らせながら、ビクンビクンと体を痙攣させていた。



 ひょんなことから、突然アーチャーさんとアサシンの二人が戻ってきた。どういうわけか、二人の様子はどこか急いでいるような感じだった。

 「アサシン!何かわかったのか?」
 「いや。某ではなく、アーチャーめが先にバーサーカーの居所と思しき場所を掴んだようだ」

 アサシンはちらりとアーチャーさんのほうに目をやると、アーチャーさんが説明を始めた。

 「バーサーカーの居場所、というよりは何か異変が起きている場所が分かっただけなんだがな。けど、そこから僅かに血の臭いやおびただしい数の悲鳴が聞こえてきたから、多分そこで間違いないと思うぜ。ただ・・・・」
 「ただ?」
 「どういうわけか、火の臭いまでしてきやがる。どうも、そこが火に囲われているみたいでな」

 火?わたしが襲われたときもそうだけれど、今までのバーサーカーの襲撃で火なんて使われたことなんてあったっけ?

 「多分、バーサーカーの能力か、あるいはキャスターの魔術によるものかもしれないな」
 「どっちにしろ、キャスターのヤツは高みの見物と洒落込んでいるだろうがな」
 「それで、その場所はどこだ?」
 「ああ。南西の方角に、だいたい5~6キロ先ってとこだな」

 南西に5、6キロ・・・・?なんでだろう。ものすごく、嫌な予感がする。この予感がせめて、外れてほしいと思ったのに・・・・

 「・・・・・・特徴は?例えば、近くにどんな建物があるか、とか」
 「ん?現場は随分とわかりやすいもんだ。何しろ、平べったい建物に、その両脇はやたら無駄に高いビル。そして、何よりもその建物の中に線路が続いているぜ」

 こういう予感に限って、当たってしまう。死刑宣告に等しいアーチャーさんの言葉を聞いて、わたしは背筋が冷える思いがした。それは、決して冷たい空気のせいなんかじゃない。

 「幌峰、ステーション・・・・・・」
 「ん?どうした、サオリ?なんか顔色が悪いぞ」
 「そこ・・・・・・そこの中にあるお店、引沼さん・・・・わたしのクラスメートのアルバイト先があるんです」
 「ヒキヌマ・・・・・・って、確かあんたの。それじゃあ、今日そこにそいつがいるのか?」

 わたしはただ、コクコクと頷くしかなかった。

 「幌峰ステーションか。確かに、そこなら人が大勢いるから魂喰いには絶好の場所だな」
 「しかし、解せぬ」

 先輩が納得しているところ、アサシンが割ってきた。

 「いくら奴の魂喰いが露呈していたといえども、これまでは人知れず遂行してきたはず。だのに、いくらなんでもこれでは人目に付きすぎる」
 「だが、どっちみち行ってみなきゃ何も始まんないだろ?そういうわけだ、行くぜ」

 そういうと、アーチャーさんはそこへしゃがみこんでわたしに背を広げた。それを見たアサシンと先輩は怪訝そうな顔をした。

 「どういうつもりだ?」
 「どういうつもりって、そりゃお前、今からサオリを背負ってその駅に行くに決まってるだろ?」

 さも当然のように言うアーチャーさんに、アサシンはその眉をひそめながら言う。

 「はっきり言う。主のマスターまでついてきては、ただの足手まといにしかならぬ。ならば、ここに残ったほうがまだ安全だ」
 「確かに、うちのマスターは未熟だ。そいつは認める。それも、感覚共有もまともにできないぐらいにな」
 「わかっているのならば、何故・・・・?」
 「あのな、相手はバーサーカーだぜ?いざ令呪が必要ってときに、サオリの知らない間にオレがお陀仏になってたんじゃ話にならないだろ?」

 たしか、マスターとサーヴァントってどんなに離れていても、お互いに見たり聞いたりといったことを通じ合えるんだっけ?でもわたしの場合、それがおぼろげにしかわからない、というよりもほとんど共有できていない状態なので、アーチャーさんの言っていることもわかる。
 それに、わたしは先輩たちに反対されること覚悟で一緒についていくつもりでいた。やっぱりわたしが無力なのはわかっているけれど、ここで何も知らぬ存ぜぬを通すことなんてできそうにないからだ。それだけに、アーチャーさんがわたしの気持ちを汲み取ってくれたのが嬉しかった。
 そして今度は、先輩が口を開いた。

 「けど、逆に野々原さんが危険な目に遭うかもしれないんだよ?」
 「だが、今サオリの友達が一番危ない目に遭っている。そんな状態でサオリがここに残ると思うか?オレからすれば、サオリを置いてって、そのサオリが一人でここを抜け出すことのほうがよっぽど危険だと思うがね」

 もし、本当にわたしがここに残ることになったとして、わたしがそういう行動を取らないとは言い切れなかった。今でもかなり切羽詰っているのだから。先輩はしばらく難しい顔をしてから口を開いた。

 「そこまで言うんだったら、もう何も言わない。ただ、最後に一言だけ言わせてもらう。野々原さんを危険な目に遭わせるな」
 「言われなくたってわかってるさ」

 先輩にそう言ったアーチャーさんは、わたしに視線を向ける。

 「さあ、サオリ。早く乗った、乗った」
 「あ、はい・・・・・・アーチャーさん、ありがとうございます。それと先輩、アサシン、ごめんなさい・・・・」
 「何、気にするなよ」
 「別に、野々原さんが謝るようなことでもないよ」

 アサシンだけは何も言わず、そして私はアーチャーさんの背に乗り、それからアーチャーさんは一気に跳躍し、木々の上を駆け抜けた。冷たい風が肌を切るような感覚がしたけれど、正直今はそれどころじゃなかった。
 引沼さん、どうかわたしたちが着くまで、無事でいて・・・・・・!



 館内は今、騒然としていた。嘘か真か知らないが、駅構内を巡回している警備員によると、突如何もない空間から覆面を被り、斧を持った大男が出現したという。そしてその大男が暴れだしたという報告を最後に、その警備員とは連絡が取れなくなってしまった。
 そして現在、二人の警備員が東側の百貨店五階の通路を駆け抜けていた。この辺りはカジュアルな服や靴を取り扱っている店舗が多く、ここから階下を眺めることができる。ただし、時間も時間であるため、どの店舗も閉まってはいるのだが。

 「しかし、何がどうなっているんですかね?新手のテロですか?」
 「わからん!わからんが、何か尋常じゃないことが起きているのだけは確かだ!」

 あちこちで警報がけたたましく鳴り響いている中、二人の警備員はそんなやりとりをした。少なくとも、二人ともこれは自分たちの手に負えるようなものではないことだけは理解しており、外に救援を要請したが、どういうわけか外とは連絡が付かなくなってしまっている。とりあえず、警備室には経験の浅いアルバイトの者を残して、自分たちは館内に残っている客たちの避難誘導に専念することにした。
 そのためにはまず、まだ連絡のつく同僚から、走りながら現状を聞くことにした。

 「こちら置田!そちらの避難誘導は完了しましたか!?」
 『いえ、それが・・・・来客の避難誘導、失敗しました!』
 「!?どういう意味だ!」

 置田と呼ばれた警備員は、思わず声を荒げてしまった。

 「失敗とは、どういうことだ!?」
 『その・・・・・・自分が誘導した来客は全て・・・・全滅しました』
 「何!?言っている意味がわからん!まさか、他に大男の仲間がいるのか!?」
 『いえ、違います・・・・!』
 「なら、どうしてだ!」

 自分が大声を出しているせいでもあるかもしれないが、少なくとも相手の方は何か怯えているようにも聞こえてくる。そして、相手方はゆっくりと説明を始めた。

 『自分は、お客様方を・・・・自分が安全だと思うルートに誘導しました。現に、そこは大男が暴れている場所からは、かなり遠かったはずです。それで、後はお客様を外に出すだけでした・・・・』
 「ならば、どうして!?」
 『わかりません・・・・・・!』
 「わかりません!?」

 置田は思わず鸚鵡返しに言ってしまった。

 『ドアが開いたら、突然そこから炎が押し寄せてきて・・・・それで、お客様全員を、呑み込んでしまったのです・・・・・・・・!!』

 それを聞いた瞬間、置田の顔は一気に青ざめてしまった。

 『自分はたまたま、ドアから離れたところで誘導していただけです・・・・・・!それなのに、いきなり目の前でお客様方が火だるまになって、もうわけがわかりま・・・・・うわああああああああああああああああ!!!!!!!』

 会社から支給された無線機から絶叫が響き渡るのを最後に、後はザーという音がするだけだった。そして置田は手から通信機を落としてしまった。もはやここで起きていることは、置田の長い職歴に照らすことのできない、理解の範疇を超えたものだった。
 置田がふと横を向くと、同僚の警備員が自分に向けて凍りついたような顔を見せていた。

 「おい、沢田。どうしたんだ?」
 「ば、化物・・・・・・」
 「何?」

 置田は自分の後ろを振り返ったが、そこには何もなかった。

 「化物おおおおおぉぉぉぉおおおおお!!!!!」
 「な!?」

 いきなり沢田と呼ばれた警備員が、いつの間にか手にしていた警棒で置田を殴りつけたのだった。思わぬ攻撃で、置田は倒れてしまう。

 「お、おい!沢田!落ち着け!オレだ!わからないのか!?」
 「ひ、ひいいいぃぃぃぃいいいいい!バ、化物が何か言ってやがる!化物が!化物があああああああ!!!!」

 沢田は地面に倒れている置田を何度も警棒で叩きつける。その一打、一打に死ね、死ねと念じながら。
 どれほど打ち据えたのかは定かではないが、倒れている置田はぐったりとしているのか、ピクリとも動かなくなってしまった。その前に立っている沢田は荒い息を吐きながら、置田を見下ろしていた。しかし、その視点はどこか焦点が定まっていなかった。

 「は・・・・はは・・・・・・やった、やったぞ!!化物を倒した、倒したぞ!」

 乾いた笑いを浮かべながらも、沢田は大声で勝利宣言をした。だが、すぐにその表情は凍り付いてしまう。

 「そうだ・・・・!この化物が生き返って、俺を襲ってきたりでもしたら・・・・!!」

 先ほどからわけのわからないことばかり口にする沢田。念のために言っておくが、置田は倒れてはいるものの、死んでなどいない。単に気を失っているだけにすぎない。そんな置田を前に、沢田は何かを躊躇しているかのように立ち尽くしている。

 「・・・・くそっ!こうなったら、腹を括るしかない!」

 そう言って、沢田は置田を引きずり、そしてガラスの仕切りの前までたどり着くとその場で置田をどうにかして抱え上げ、そのまま置田を吹き抜けへと落としてしまった。階下は暗くてよく見えないが、しばらくもしないうちにぐしゃりと何かが潰れるような音が僅かに聞こえてきた。

 「よし・・・・!これで一安心だ・・・・!これでもう、化け物が襲ってくる心配はなくなった・・・・ひゃは、ひゃはははははは・・・・・・!」

 沢田はただ、壊れたように笑いながら、吹き抜けから下を見下ろしていた。

 「とにかく、早くここから逃げないとな。いつ他の化物が襲ってくるかわかったもんじゃねえ」

 そう言って、沢田はその場から走り出した。それからふと、沢田は足を止め後ろを振り返った。その瞬間、沢田の顔は驚愕に包まれていた。

 「ひ、ひいいぃぃぃぃいいい!!?!?む、虫がこんなに!!?!」

 しかし、沢田の前方、いや、その周囲には虫の一匹さえいなかった。ただ、闇が広がっているだけだ。

 「く・・・・・・来るな!こっちへ来るな!!!」

 沢田はジリジリと後ずさりしながら、いるはずもない虫に向けて声を張り上げている。仮にそんな虫がいたとしても、その言葉が通用するとは思えないのだが。
 そんな時、沢田はいきなり全身に妙な浮遊感を感じた。

 「あ・・・・・・・・」

 いつの間にか、仕切りを越えてそのまま落下してしまったらしい。それに気付いたときには、沢田の体は一階の床に激突してしまっていた。

 「あ、あが・・・・・・いぎ、ぎぃ・・・・」

 沢田は体中から骨が何本も突き出ている上におびただしい量の血を流しており、手足はありえない方向にひん曲がっており、割れた頭からは脳漿が、片方の眼窩からは眼球が飛び出している。顎も変形してしまい、痛みのあまりに絶叫どころか、まともに呼吸することすらままならない。そのうえ、その耐え難き激痛により沢田の思考回路は完全に機能しなくなってしまった。
 沢田が、その苦痛に満ちた命を手放すのに随分と時間がかかってしまった。



 駅構内でバーサーカーが暴れまわっている中、館内にいる人間たちはパニックを起こしていた。出入り口はおろか、非常口から逃げ出そうとしても、外から炎が脱出しようとする人間を容赦なく焼き尽くす。それに、どういうわけか内部にいる人間同士で殺し合いまでしている始末だ。
 そんな地獄絵図を、構内のどこかの高みから見下ろしている二つの人影があった。

 『イヤハヤ、ナントモ滑稽ナ光景ダ。ホンノ少シ、不特定多数ノ人間ノ思考ニ干渉シテ幻ヲ見セタダケデコノ有様ダ』

 人影の一つが喋ったが、どういうわけかしわがれた声、あどけなさの残る声、低めの声、高めの声、様々な種類の声が重なって聞こえてくる。

 「人間ナド愚カ以外ノ何者デモナイ。恐怖ニ煽ラレレバ、スグニ恐慌スル」

 もう一つの人影はぶっきらぼうでいて、目の前で起きている惨劇に全く関心のなさそうな口ぶりで物を言っていた。

 『ダガ、ソノオカゲデ我々ハ暇ニナラズニスムノダガネ。人間ガイルカラコソ、我々ハ死ヌホド退屈ナ思イヲセズニイラレルノダヨ』
 「ソノ人間ノセイデ、我ラガ腹立タシイ契約ヲ結バサレル羽目ニナルノダガナ」
 『ヤレヤレ・・・・君ハソレバカリダナ。ダガ、ソレモ事実ナノガナントモ度シ難イ限リダ』
 「オレ以外ニモ、ソウ思ウ者ハ大勢イル」
 『ソレモ然リ』

 重なった声の主はただ、肩をすくめるばかりだ。

 『サテ、ソロソロ行コウカネ。我々ノ仕事ハマダ終ワッテハイナイ』
 「フン・・・・下ラン。ソモソモコノ茶番モ大掛カリスギルノダ」
 『ソウイウモノダヨ』

 二つの人影は去ろうとしている。そのうちの一つ、無骨な声の男は何かに乗ろうとしている。男の持っている“何か”に照らし出されたそれは、馬ほどの大きさを持つ大蛇が鎌首をもたげながら舌をチロチロとさせていた・・・・



 亜美はただ、ひたすら走っていた。当惑しながらも、ただ走るしかなかった。

 「はぁ・・・・はぁ・・・・い、一体なんなの、これ・・・・・・!?」

 亜美は自分の置かれている状況について、整理してみた。あの後、東側のコンコースのある広場へ向かってみると、そこには覆面を被り、いくつもの小さな髑髏を連ねた首飾りをした大男が斧を持って暴れ狂っていた。亜美は人目見て、その大男が店長を殺した犯人だとすぐにわかった。そして、その危険性も・・・・
 大男が大暴れしているせいで、構内はパニックになっていた。とにかく外に出ることが先決だ。そう思って一番近い出入り口に向かったのだが、そこで脱出しようとして、燃え盛る炎に焼かれている人たちを目の当たりにしてしまった。他の出入り口や非常口に向かってみても、同じような状況で、それが脱出を不可能なものにしていた。
 しかも、どういうわけか中に留まっている人々がお互いに殺し合いをしているのだ。その狂気をはらんだ叫びに亜美はすくみながらも、どうにかその場から逃げ出すことができた。
 そういう意味で、亜美は本当に運がいい。何しろ、一歩間違えれば自分も火炎に焼かれていたかもしれなかった上に、狂気と幻影に囚われた人間たちに襲われることもなかったからだ。今、彼女は人気のない通路に一人いた。とにかく、亜美は逃げる以外助かる手立てはなかった。

 「でも・・・・どこに逃げればいいの・・・・・・・?」

 今の亜美は、普段の気質はすっかりなりを潜めてしまい、弱々しくなっていた。逃げる以外できることはない。だが、もはやどこにも逃げ場などなかった。しかも亜美はさっきからなんともいえない感覚に襲われていた。それをうまく言い表すことはできないのだが、この駅がまるで、街から切り離された異空間の中に隔離されたように思えて仕方ないのだ。
 亜美は完全に絶望していた。もはや助かる道など無いのだと・・・・

 「もう、ダメかも・・・・・・」

 ヘロヘロと、後ろの壁に寄りかかろうとした、そのときだった。

 「きゃあ!」

 いきなり爆発したかのような衝撃が壁を襲い、その壁とともに亜美は吹き飛んでしまった。一瞬で瓦礫の山が出来上がり、亜美はその下敷きとなってしまった。

 「あう、う・・・・・・」

 か細い声を出しながら、亜美は後ろから重い足取りが一歩一歩踏みしめるのを感じ取った。その足音を耳で聞いてのことか、地面や瓦礫から伝わる振動を肌で感じてのことかはわからない。
 そうして、亜美の視界に全ての元凶である大男の姿が映った。大男は腰巻一丁で、その腰巻や大男最大の特徴である覆面は粗末なボロ布だった。首に巻かれている首飾りの髑髏の数も思ったよりも多く、多分十数個あるようだった。そして手にしている斧はファンタジー物に出てきそうな戦斧で、その中心に位置するかのように赤い宝石がはめられていた。そして、その宝石と同じような輝きのその目は狂気に満ちていた。

 (あたし・・・・・・本当にもう、ダメかも・・・・・・・・・)

 諦観によって虚ろになっていた亜美の目は、自分の存在に今気付いたのか、こちらに向き直った大男の目と合ってしまった。

 「■■■■■■・・・・・・」

 地鳴りのような低い唸り声を上げる大男は死神となって亜美の前に立ちはだかり、彼女のこの世とのつながりを断つべく、手にしている斧を振り上げた。
 しかし、その斧は振り下ろされることなく、逆に大男の後ろに落ちてしまった。

 「おい、デクの坊。女の扱いがなっちゃいないぜ。その上、随分とやりすぎたみたいじゃないか・・・・悪いが、あんたはもうここまでにしてもらうぜ」

 誰かの声が聞こえた・・・・大男の標的はその声の主に変わったのか、大男は亜美の前から去っていった。代わりに、また別の誰かが近づいてきたが、意識が朦朧としていて誰だかはっきりとわからなかった。だが、聞こえてくる声には聞き覚えがあった。誰よりもお人よしで、危なっかしくて、おとなしくて・・・・そのくせに誰よりも頑固で、心優しい友人に・・・・

 (何やってるんだい、こんなところで・・・・危ないから早く、逃げなよ・・・・・・)

 それでも安心してしまったのか、とうとうその意識を手放してしまった。



~タイガー道場~

佐藤一郎「皆様。この作品をごらんになり、真にありがとうございます」

シロー「・・・・・・」

佐藤一郎「司会進行はこのわたくし、佐藤一郎とこちらにいらっしゃいますシロー様でお送りいたします」

シロー「・・・・・・・・・・・・」

佐藤一郎「今回のお話はバーサーカー戦のプレストーリーといったところですが、ちゃんとした戦闘は次回お送りできると思います。ですので、それまではどうか気長にお待ち下さい」

シロー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

佐藤一郎「おや?どうかされましたか、シロー様?先ほどから随分と微妙なお顔をされていらっしゃいますが・・・・?」

シロー「・・・・できれば聞くまいと思っていたのだが、このままこうしていても埒が明かないので、敢えて聞くが、なぜまだ私たちはこの場にいるのだ?」

佐藤一郎「と申しますと?」

シロー「とぼけるな。すでに映画の公開は終了しているはずなのに、なぜこの場を取り仕切っているのがあの二人ではなく私たちなのだ?」

佐藤一郎「ああ。それでしたら、藤村様は映画の打ち上げに最後まで参加していらっしゃったせいで、現在二日酔いにつき自宅で休みを取られていらっしゃいます」

シロー「全く・・・・・・どこにいても世話の焼ける・・・・・・・・ん?“藤村様は”?ということはイリヤスフィールのほうは別の理由なのか?」

佐藤一郎「ええ、そうですが」

シロー「ならば、そっちはなんだ?まさか二次会か三次会はアインツベルン城で行ったせいでその後始末に負われている、といったところか?」

佐藤一郎「まさか、そんなはずないじゃありませんか。何しろ、イリヤスフィール様は映画で心臓をズギュルッポンッとされてしまいましたのに、どうして打ち上げに参加できましょうか?」

シロー「・・・・・・・・は?意味がわからん」

佐藤一郎「ええ。ですから、ギルガメッシュ様に心臓をズギュルッポンッとされましたので、現在その蘇生手術を受けている最中ですので、今回は不参加でした」

シロー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

佐藤一郎「おや?余計に微妙なお顔になられましたが、何か?」

シロー「・・・・・・いや、このままこの問答を続けても切りがない上に、どこから突っ込んでいいのかもはや見当もつかん。それにこれ以上このことを考えるだけ無駄な労力だと今、はっきりした」

佐藤一郎「はい。ご理解ありがとうございます」

シロー「で?次回から本格的な戦闘シーンが始まるとさっきその口で言ったが、うまく描写できるのか?」

佐藤一郎「そうですね。作者様もそのためにハードアクション小説と謳っている“メギド”や“傭兵代理店”という小説をお読みになられまして、感銘を受けたようで」

シロー「そうか。それで?その文章を物にできるほどに読み込んだのか?」

佐藤一郎「さあ?どうなんでしょうかね?」

シロー「・・・・本当に大丈夫なのか?」

佐藤一郎「まあ、そこは書き始めてみないと何とも言えないところですな。さて、それはそれとしまして、先ほどあげた二つの小説ですが、内容も秀逸な上に読みやすいので、ぜひ一度手にとってみてはいかがでしょうか?」

シロー「とりあえず、面白いかどうかわからなければ軽く眺める程度でも違うだろう」

佐藤一郎「そういうことです。それでは、今回はこれで・・・・」

シロー「うん?今回は随分と短いな?」

佐藤一郎「ええ。変に長くやるのも悪い意味でぐだぐだになってしまいますし、それに今回は被害に遭われた沙織様の同級生の方の紹介でもしようかと思っていたようですが、やはり他のサブキャラの皆様とあわせて紹介する方向になりましたので」

シロー「書くことがなければ随分とあっさりするものだな」

佐藤一郎「そういうものです。それでは皆様、ご機嫌よう」



[9729] 第十五話「怒号に包まれて」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/03/26 02:15
 アーチャーさんに背負われ、わたしはバーサーカーたちがいると思われる幌峰ステーションへ向かっていた。アーチャーさんはビルの屋上を飛び移って移動していたために、夜の街の風景や明かりが次々と通り過ぎていく。ふと、あの夜もアーチャーさんに抱えられて、こうやって街の上を駆け抜けていったのを思い出した。その日と今では違うことが二つある。一つは、お姫様抱っこかおんぶの違い。そしてもう一つは、バーサーカーから逃げるか、こちらから向かっていくかの違いだ。

 「そろそろ駅が近くなってきたと思うんですけど・・・・・・?!あれは・・・・!?」

 駅が近づくにつれて、建物が見えてくるはずだった。しかし、たしかに駅の建物が見えてきたのだけれど、そこに火の手が上がっているのが見えた。たしか、アーチャーさんの話では火の臭いもしたって、言っていたっけ。

 「どうも駅の周りが火で囲われているみたいだな・・・・しかもご丁寧に周りには人っ子一人いない上に、駅の異変に気付いているやつもいないときたもんだ」
 「そっ・・・・・・それって、どういうことなんですか!?」
 「つまり、あそこは外界から完全に隔離された、いわば陸の孤島ってわけだ。これだけの範囲で人払いの結界だけじゃなく、あそこに意識を向けないよう念入りに魔術を施されているみたいだぜ。まったく、たいしたもんなんだか、えげつないんだか・・・・」

 アーチャーさんの言葉を聞いて、わたしは胸が塞がる思いがした。そして、炎の壁に囲われてしまっている駅が視界に入ってきた。

 「さて、あの目障りな火は逃亡防止用の罠だ。あそこから出ようとすれば容赦なくあいつが襲い掛かってくるって寸法だ。つまり、一度入れば二度と出られなくなるってわけだが、心の準備はできてるかい?」

 アーチャーさんの念を押すような言葉に、わたしはすぐ返した。だって、答えは一つしかないんだから。

 「大丈夫です!お願いします!!」

 わたしの言葉に、アーチャーさんは満足そうな声で返した。

 「よし。それじゃあ、しっかりしがみついていろよ!落ちても知らないぜ!!」

 その言葉を聞いて、わたしはアーチャーさんを後ろから抱きしめるように、腕にしっかりと力を入れる。それから数秒もしないうちに足も踏ん張ることになってしまった。だって、アーチャーさんが手を放すなんて思ってもみなかったんだから、内心冷やりとした、冗談抜きで。
 自由になったアーチャーさんの手には、いつの間にか弓矢が握られていた。アーチャーさんは弓に矢を番え、それを目いっぱい引き絞って矢を放った。同じような動作で矢を次々と放つ。放たれた何十本という矢は風となって駅の上部にある窓ガラスを次々と突き破っていった。

 「ゆ・・・・・・弓を使うんならそう言ってください!!」
 「悪い、悪い。けどオレはちゃんと“しっかりしがみついていろよ”と言ったぜ。それにこれもあんたのためにやっていることなんだぜ?」
 「ど、どういうことですか?」
 「あんた、オレがあのまま窓ガラスを身一つで突き破って突入するとでも思っていたんだろ?」
 「え、ええ・・・・そう思っていましたけど・・・・・・」
 「オレは別に大丈夫なんだが、問題はあんたさ。ああやった場合、落下とともに窓ガラスの破片が次々とあんたの体を傷付けていって、地面に降り立つころにはなます切りみたいなことになっていたぜ」
 「え・・・・・・?」

 そう言われて、ハリウッド映画のような突撃シーンを思い浮かべていたわたしの体は、かなり冷や汗が溢れ出していた。

 「ま、オレの体が盾になっている可能性もあったんだろうが、あんたが無傷ですむ保証もなかったからな。とにかく、そういうわけだ」
 「・・・・ありがとうございました」
 「どういたしまして。さて・・・・」

 それからのアーチャーさんの声はさっきとはうってかわって引き締まっていた。

 「そろそろ行くとするぜ!」

 そしてわたしたちは炎の障壁を飛び越えて、割れた窓から駅の中へと飛び行った。
 駅の内部へと着地したわたしたちを向かえたのはまず、しんと静まった真っ暗な闇だった。中に漂う色々な異臭が、アーチャーさんから降りたわたしの鼻をつく。

 「ああ、サオリ。あんまりこの臭いの元を考えたり、床に転がっているものに対して目を凝らして見ようとしないほうがいいぜ。多分、あんたの頭と心が対処できないだろうからな」
 「・・・・・・はい」

 なんとなく想像はついていた。やっぱり助かっている人はいない。そんな考えがわたしの頭を支配した。
 しかし、それもすぐに打ち消されてしまった。誰かが近づいてくる気配がしたからだ。人だった。多分、サラリーマンだろう。それを見たわたしは一安心した。

 「よかった・・・・・・!まだ、無事な人がいたんだ・・・・・・・・!!」
 「サオリ、下がっていろ」
 「え?」

 わたしがアーチャーさんの言うことを半分も理解できないうちに、生存者の声がかすかに聞こえた。

 「・・・・バケモノ」
 「え?」
 「バケモノが、まだいやがる・・・・」

 何、それ?言っている意味がわからない。でも、その人の目はどこか血走っていた。

 「死ね、バケモノ・・・・・・死ね!死ねええええぇぇぇぇええええええ!!!」

 そう絶叫しながら、わたしたちに向かってくるその人の振り上げた手には、割れたガラスの破片が握られていた。
 しかし、アーチャーさんのハイキックがカウンター気味にその人の顔面に命中し、呆気なく吹っ飛んだ。

 「ったく。バケモノって、おまえなあ・・・・それ相手にそんなもんで向かっていくもんじゃないだろ」

 そう呆れたような口ぶりをしたアーチャーさんは、わたしに向き直って言った。

 「ああ、安心しろよ。ある程度手加減はしているからまだ生きてはいるぜ。鼻は折れたかもしれないけど。けど、生き残りのやつらも錯乱しているみたいだから、気をつけたほうがいいぜ」
 「は、はい・・・・・・」

 なんだか余計にこの駅の中にいる引沼さんのことが心配になってきた。こんな状況で、引沼さんは果たして大丈夫なんだろうか・・・・?

 「さて、あっちから生臭い臭いがするから・・・・・バーサーカーはあっちのほうだ。さっさと行くぜ・・・・ん?」

 アーチャーさんが向いた方向にはまばらに人が、それぞれ手に獲物を持ってこっちに向かってきていた・・・・

 「バケモノ・・・・!」
 「化け物・・・・・・!」
 「化物・・・・・・・・死ね!」
 「ちっ!こいつらも頭が変になってやがる!仕方ねえ!!」

 出来の悪いホラー映画や下手なゾンビの群れよりもよっぽどおっかない人たちを前にして、アーチャーさんは弓を構えた。

 「あ、アーチャーさん!?」
 「安心しな!誰一人殺しはしないさ!!」

 そう言ったアーチャーさんは矢を継ぐことなく、弓一つで狂人と化した人々に突っ込んでいった。狂わされた人々はそれぞれ何かを手に持っていたけれど、それらを振るう前に倒されていった。何しろアーチャーさんはリズムよく弓で突く!弓で払う!そんな感じで次々と向かってくる人たちを鞭のように繰り出される弓の打撃で返り討ちにしたのだから。そしてアーチャーさんが駆け抜けた後には、襲い掛かってきた人たちが蹲っている姿だけが残された。それは、あっという間のことだった。

 「この辺りには、もうこの手の連中はいないみたいだな・・・・とにかく、急ぐぜ。こいつらが起きたとしても正気に戻っている保証もないし、それにあんたの友達のこともあるからな」

 そうして、わたしはアーチャーさんの後ろについていった。その途中で、昏倒している人たちのそばを通り過ぎながら、わたしは心の中から謝った。生きているその人たちや他に死んでしまっている人たちの区別なしに・・・・



 鉄平とアサシンは街の通りを疾走していた。目的地は沙織たちと同じく敵がいると思われる幌峰ステーションだ。幸い、時間帯のおかげで人も車も見かけることはなく、止まることなく進むことができた。もっとも、鉄平たちは人通りが少なく、かつ駅まで最短で到着できるルートを選んでいたことにもよるのだが。

 「それにしても、野々原さんたちはもう駅に着いたんだろうか?」
 「さて、な。だが、そちらの方がこちらとしても好都合。何しろ、その分敵がアーチャーたちに集中している分、こちらも動きやすくなるのだからな」
 「・・・・・・そうだな」

 アサシンが言うように敵が先行したアーチャーたちに目が向いているほど、自分たちの持ち味である暗躍がしやすくなる。そうしてバーサーカーの撹乱、もしくはキャスターの捜索、場合によっては戦闘を念頭に入れて行動をとるつもりだ。

 「鉄平よ。おそらくは、これから向かう場所にはキャスターの罠が張り巡らされていることも十分に考えられる。故に、主はその罠に対する対処のみを考えよ。無理に戦闘だけは行うな」
 「わかっているさ、それぐらい。むしろ、巻き込まれたら全力で逃げたいぐらいだよ」
 「そうだ。それでいい」

 鉄平はそこそこ腕の立つ使い手だ。しかし、それはあくまで人間のレベルでの話だ。いくら鉄平が“魔”相手に戦えたとしても、それとサーヴァントでは隔たりがある上に、その若さゆえの経験の浅さもある。鉄平もそこを十分承知しているが、自分の身はある程度自分で守れるぐらいの強さを持っていることも確かだ。

 「とにかく、この分なら十分もかからないうちに駅まで・・・・・・」
 「む!鉄平!!」
 「アサシン、どうした!?」
 「・・・・・・いや、もう遅かったか」

 アサシンが何かに感づくと同時に、その顔は若干歪みを見せる。
 突然、強烈な光を浴びせられ、鉄平は目を瞑ってしまう。目が慣れたころには、それがライトによるものだとわかった。自分たちの前に現れたのは、赤いバイクに乗った赤いヘルメットの男、シモン・オルストーだった。その近くには、黄金の鎧を纏った戦士、不死身の勇者ランサーが控えていた。

 「お前・・・・・・!シモン・オルストー・・・・・・・・!!」
 「へえ。おれの名前知ってたのか。あとから来たおまえらには名乗った覚えはないんだけどな」
 「お前らのことや、あのときのことは野々原さんから聞いたよ。アキレウスをサーヴァントにしているんだってね?」
 「ノノハラ・・・・?ああ、あのアーチャーのマスターの女か。なんだ、おまえら組んだのか?」

 鉄平に言葉を返すシモンには、自分のサーヴァントの正体を知られてしまったことに対してはそれほど気にしている様子もないようだった。すると、ランサーが前に進み出て、自分が持っている槍の穂先をアサシンに向けた。

 「なら、オレの望みも聞いているよな?だったら、しばらく付き合えや」
 「・・・・・・何?」

 ランサーの言葉にアサシンはいぶかしむ。ランサーやそのマスターであるシモンの目的も沙織からだいたい聞いている。だが、問題は何故このタイミングで?

 「悪いけど、お前らなんかに付き合っている暇なんかないんだ、こっちは。急いでいるから、どいてもらうよ」
 「そうつれないこと言うなよ。どうせ行ったってほとんどすることねえだろ?それに、あの周りは火に囲まれていて、地上からの侵入は無理だわ、あれ」

 どうやら、シモンたちは鉄平たちがどこへ行くのか、その目的を知っているようだ。それを知っていて、戦いを仕掛けようというのだ。

 「お前だって、サーヴァントの能力が常識を超えていることぐらい知っているだろう?だったら、それぐらいどうとでもなるはずだ」
 「まあ、そりゃそうだがよ。けどもう一度だけいうが、どうせ行ってもすることないだけだろうがな。あそこにゃサーヴァントが三体もいるんだ。おれたちが着くころにはもう事態は収まっているさ」
 「だったらなおさら、そこを無理矢理にでも通してもらう・・・・!」

あくまでも邪魔しようというシモンに鉄平は腸が煮えくり返っていた。それ以前に、向こうがその何らかの意図を隠していることに対しても、鉄平の苛立ちに火を注いでいる。

 「そうそう。それでいいんだよ。こっちの時間潰しに付き合ってもらうぜ」

 シモンがバイクから降りてヘルメットを脱いで、指を鳴らしながら鉄平の前に立ちはだかる。

 「して、ランサーよ。主はこの方針に関してどう思っているのだ?」
 「ん?んなもんどうだっていいだろ」

 意外にも、ランサーの回答は実に素っ気ないものだった。

 「確かに、バーサーカーのやっていることは気にくわねえし、それにどうも引っかかるもんがあるけどよ、今そんなもん気にしても仕方ねえことだしな。それにサーヴァントは基本、マスターに従うもんだろ?もっとも、これがあの業突く張りだったら即行でボイコットするけどよ」

 最後の一言を口にしたランサーの顔はどこか苦々しげだった。とりあえず、今のマスターとの関係は良好なほうであろう。さらにランサーは付け加えた。

 「ついでに言っておけば、今アーチャーの野郎がバーサーカーとドンパチやってるみたいだからよ。それなら今のところは、これ以上被害も大きく出ることはないだろうさ。丸投げしているみたいでカッコつかないがな」

 ランサーがそう言い終えると、アサシンが問うた。

 「・・・・それで、仮にアーチャーが斃れたとすれば主はどうするつもりだ?」
 「あん?どういう意味だ?」
 「主はアーチャーとの戦いを切望していたはず。故にこのまま、バーサーカーめにみすみすやられるのを黙って見ているつもりか?」
 「・・・・・・まあ、万が一にもあの化け物相手にアーチャーが遅れをとるとは思えねえが、そうなったらそうなったで勝ったヤツと戦えばいいだけの話だ。これぐらいでやられるようなヤツと戦っても仕方ねえよ」

 ある意味では、ランサーの言っていることも合理的である。短絡的に考えれば、勝ったほうが強いということになる。元来、戦いの勝敗のみで強い弱いを測ることは難しい。当人たちを取り巻く環境次第では、その優劣も大きく変化するのだから。もっとも、単にランサーが割り切った考え方の持ち主であるだけかもしれないが。そうでなければ、ランサーはその“業突く張り”に愛想をつかして戦場に戻るようなことがなければ、かの戦役やその主役である勇者の名声も大きく違っていただろう。

 「おい。前置きはそれぐらいでいいだろ?さっさと始めようぜ?急いでんだろ?早くしないとお仲間がやられるかもしれねえからなあ」
 「そういうわけだ。ま、せいぜい間者相手に時間を潰すとさせてもらうぜ」

 鉄平は歯噛みして顔を歪ませた。よく考えてみれば、これは単なる足止めというわけではなさそうだ。場合によっては、これは二組ものサーヴァントとマスターを蹴落とすことにもなる。鉄平は他からの妨害が入ることもある程度は考えていたが、それがキャスター以外のものから受けることまでは予想もしていなかった。
 鉄平とシモンが互いに睨み合う。

 「ほら、ぼうず。とっととおっぱじめようぜ!」

 そんな中、シモンはそう言いながらおもむろに、羽織っていた皮のジャケットを脱ぎ始めた。が、その言葉が言い終わらないうちに、ジャケットを鉄平に目掛けて投げつけ、そして大きく反動をつけ、ジャケットで覆われた顔面にパンチを入れた。
 それが合図となったのか、ランサーも踏み込んで、アサシンに渾身の突きを見舞った。しかし先ほどまでアサシンの立っていた場所にはその姿はいつの間にか消えており、槍の穂先が空を切った。と同時に、ランサーは大きく旋回し、薙ぎ払う。一瞬のうちに自分の背後にアサシンが回りこんでいたからだ。
アサシンは地に伏すような姿勢で槍の薙ぎ払いをかわし、そのままランサーに向けて直進していった。狙いはアキレウスであるランサー最大の弱点である踵、アキレス腱と呼ばれる場所だ。アサシンの目前にそこが迫ると、腰にしていた忍刀を抜き放つ。しかし刃はアキレス腱に届くことはなかった。直前で、アサシンは上からランサーの左手にしていた盾で押しつぶされるように殴りつけられたからだ。
そして今度は、右手の槍を引っ込めるようにして短く持ち直し、そのまま盾を持った左腕を引いて槍を突き下ろす。だが自身の体を押さえていた盾が離れたことで、アサシンは一瞬で横へ転げ、ランサーと距離をとって体勢を立て直した。

 「へえ・・・・意外といい反射じゃねえか」

 兜の影でよくは見えないが、明らかにランサーの声は楽しげだ。

 「しかし、マスターのことを気にしていない・・・・というか気にする必要はないってか」

 ランサーが横目でちらりとシモンたちのほうに目をやった。
 どうやら鉄平は、ジャケットを投げつけられた後で、後ろに飛び退くことでシモンのストレートを回避したようだ。その証拠に、指紋と鉄平の距離は先程よりも大きく広がっている。

 「主こそ、鉄平を甘く見ないほうがいい。たかだか喧嘩自慢のゴロツキ如きに遅れをとるような男ではない」
 「言うねえ・・・・けど、テメエのほうはどうなんだ?オレはあくまで時間潰しに戦って“やって”いるが、時間はどれぐらいもつんだ?」

 相変わらず声は先程と同じく楽しそうにしている、がしかし油断しているわけでは決してない。その証拠に、僅かに見える口元は口調ほどに緩んでいない。むしろ、その引き締まった口は本気で倒しにかかっていることの何よりの証明だ。

 「それに、言葉を返すようだが、オレのマスターもなめないほうがいいぜ。あいつは、ただの“喧嘩自慢”ではあっても“ゴロツキ”・・・・みてえなもんだがあれでもれっきとした“魔術師”だ。あの小僧もなかなかやるようだし、先も見てみたいが・・・・死ぬぜ?」
 「・・・・・・ならば、主を屠った後に、主のマスターも屠るまでだ」
 「アサシンごときがオレを屠るとは、身の程知らずが・・・・・・!!まあ、いい。おしゃべりがすぎた・・・・いくぜ」
 「うむ」

 アサシンとランサー。鉄平とシモン。ここにもう一つの戦いが展開する。



 駅の中に入ってから五分も経っていないというのに、わたしの不安は徐々に大きくなっていく。もうすでに引沼さんのアルバイト先も通り過ぎてしまった。

 「もうそろそろバーサーカーのやつの近くまで来ているぜ。それとそいつの近くに、人の気配もする。多分、そいつがあんたの友達だろうが、まだ生きている」

 そんなわたしをアーチャーさんが気遣ったのか、近くにバーサーカー、そして引沼さんがいることを伝えた。わたしは一瞬安心した。けれど、近くにバーサーカーがいるとなると、もう抜き差しならない状況になっていることだけははっきりした。

 「■■■■■■・・・・・・」

 すると、向こうから聞き覚えのある、地獄から響くような唸り声が聞こえてきた。あの声だけは、忘れようがない。何しろ、ある意味でわたしを聖杯戦争へと引き入れた張本人なのだから・・・・

 「まずいな・・・・!あの野郎、あんたの友達を殺しにかかろうとしているぜ・・・・・・!」
 「そ、そんな・・・・・・!!」
 「そんな顔するもんじゃないぜ。ここならちょうどいい・・・・いくぜ」

 そう言ってアーチャーさんはそこで立ち止まり、弓矢を構えた。泊まったその場所から、斧を振り上げているバーサーカーの姿があり、そしてその前には瓦礫の山があった。その下に引沼さんがいるのが見えてしまい、わたしの心の中には安心感と罪悪感が混在した。
 そして、アーチャーさんの放った矢がバーサーカーの体に吸い込まれるように突き刺さり、そして手にしていた斧が後ろにガシャンと落ちてしまう。
 バーサーカーの視線がこっちに向いてきた。

 「おい、デクの坊。女の扱いがなっちゃいないぜ。その上、随分とやりすぎたみたいじゃないか・・・・悪いが、あんたはもうここまでにしてもらうぜ」

 アーチャーさんはあからさまな挑発の言葉を、バーサーカーへ向けて投げつけた。

 「■■■■■■・・・・・・!!」

 バーサーカーが唸る。その唸り声とその目には明らかな敵意が含まれていた。

 「サオリ。わかっていると思うが、オレがあいつを引きつけておく。その間にあんたはあそこで寝ている友達を、あの寝心地の悪そうなベッドから引きずり出しておきな。その後は安全なとこで避難していてくれ」
 「そ、それはわかりましたけど、大丈夫なんですか・・・・?」
 「まあ、なんとかなるさ」

 アーチャーさんは口元に笑みを浮かべていた。それに対して、向こうにいるバーサーカーは後ろに落ちた斧を再び手にして、片足で何度も足踏みをしていた。

 「来るぞ!!」
 「え?キャッ?!」

 アーチャーさんの声が聞こえてきたのとほぼ同じタイミングで、わたしはアーチャーさんに横へと突き飛ばされた。

 「■■■■■■■■■■■■ーーーーーーーー!!!!!」

 その直後、わたしの目の前でバーサーカーが通り過ぎた。アーチャーさんはバーサーカーが突っ込んでくることがわかったから、わたしをああやって飛ばして、自分はバーサーカーを引きつけたんだろう。たしかに、ここであのバーサーカーと戦えるのはアーチャーさんしかいないのはわかるけれど、それでもあんな化け物じみた敵と戦えるアーチャーさんにただ、ただわたしは驚嘆する以外なかった・・・・

 「・・・・そうだ!ボケッとしている場合じゃなかった!」

 早くあそこの瓦礫の下敷きになっている引沼さんを助けないと・・・・!
 わたしは足早に引沼さんの下へ駆け寄った。引沼さんのそばまでやってきたわたしは、彼女が頭から血を流していて、荒い息を吐いていた。そして、体の半分近くが瓦礫に埋まっていた。

 「引沼さん!しっかりして!!引沼さん!!」

 引沼さんの薄く開かれた目がこっちを向くと、一瞬だけその口元が緩んだように見えた。そして引沼さんの瞳は完全に閉ざされてしまい、体中の力が抜け切ったかのようにガックリとなってしまった。
 それでも、引沼さんの口から僅かに呼吸している音が聞こえてきたため、強張りかけたわたしの体が弛緩した。
 大丈夫、引沼さん。必ずわたしが・・・・わたしたちが助けてみせるからね。



 バーサーカーを沙織たちから引き離すことに成功したアーチャーは、現在沙織たちだけではなく、バーサーカーとも離れ離れの状態になって、西側の改札口のあるコンコースにいた。ここに至るまで、アーチャーは突進してくるバーサーカーに矢を何発も射たが、バーサーカーはそれにお構いなしに突っ込んできたので、その突進をギリギリで飛び退くことで回避し、それによってバーサーカーとの距離を稼いでいた。
 そして現在、沙織たちの位置から大分離れ、かつバーサーカーの注意が完全にこちらに向いてきたので、いったん体勢を立て直すべく、バーサーカーから逃れる形でここに辿り着いた。

 「しかしあいつ、なんか必要以上に凶暴化していないか?」

 アーチャーは最低でも二度、バーサーカーと遭遇している。一度目は沙織に召喚された、あの日の夜の公園で。二度目はライダーやランサーと対峙し、七騎のサーヴァントが一箇所に集結したとき・・・・それらの印象によって、バーサーカーの腕力はおそらく全サーヴァントでも随一、しかしその半面鈍重で命中率も限りなく低いというのがアーチャーの見立てだ。
 もちろん、それでもバーサーカーが凶暴であることには変わりない。しかし、ここにいるバーサーカーは今まで以上にその凶暴性が強まったようにアーチャーは感じた。現にこのコンコースも、死体や元は人間“だった”肉片が散乱している上に、壁や床、ここに置かれているオブジェもバーサーカーの斧の餌食になったのか、大きく削り取られていた。
このことから、バーサーカーがここでメチャクチャに暴れたものと推察できるが、二度の遭遇でこれほどまでに暴れたことはなかったはず。もちろん、そのたった二度でバーサーカーの全てを推し量れるなどという虫のいい話はないことはアーチャーにもわかっている。もっとも、バーサーカーというサーヴァントは理性を奪われた英霊がつくクラスで、それを代償として“狂化”することによって莫大な力を得るのが常だ。
 つまり、今までバーサーカーは狂化しておらず、この場でようやく狂化したと考えるのが普通だ。

 「・・・・もっとも、それだけじゃないんだろうが、な・・・・」

 アーチャーはそんなことを呟いたが、今アーチャーがなすべきことはバーサーカーの凶暴化の理由を探ることではなく、そのバーサーカーを斃すことだ。サーヴァント同士が遭遇すれば必死を意味することはアーチャーにも十分わかっている。
 だが、問題はどうあの凶悪な怪物を仕留めるか、だ。狭い通路ならばアーチャーの矢も決して外れることはない、もっとも自分の矢が外れるなどとはアーチャー本人は露ほども思っていない、がしかしあの様子を考えるに生半可な攻撃ではバーサーカーを倒せないことはすでに証明された。加えて、今アーチャーがいるこのコンコースもちょっとした広場という感じだ。この空間はどちらかといえば、大振りな攻撃がほとんどのバーサーカーにとって有利であることは確かだ。

 「まあ、手なんていくらでもありそうなもんだけどな」

 そう言って、アーチャーはロックされた自動ドアのほうに目をやった。その先には、大手百貨店に続いていた。


 バーサーカーがアーチャーのいたコンコースに到着したのは数分後のことだった。しかし、すでにアーチャーの姿はなく、バーサーカーは大げさな動作でアーチャーの姿を探した。
 そして、バーサーカーは破られた自動ドアが目に入った。ほとんど本能的に、そこに敵が逃げ込んだと認識したのか、バーサーカーはその自動ドアに向けて突っ走った。

 「■■■!■■■■■■■■■!!」

 バーサーカーは自分より小さいそのドアをほとんど無理矢理突き通り、自動ドアのあったその場所に大きな穴ができた。
 バーサーカーは再びアーチャーの姿を探す。このフロアは、化粧品や宝石類など、婦人用の小物を取り扱っている店が並んでいる。もちろん、シャッターが閉まっていたりカバーがかけられていたりするのだが。
 すると、バーサーカーの頭上から数本の矢が降り注ぎ、それらがバーサーカーの背に刺さる。バーサーカーが後ろに振り返って見上げると、一階と二階は吹き抜けとなっていて、二階の欄干からアーチャーが弓を構えて立っていた。

 「デクの坊!オレはこっちだ!!」

 声高らかに言ったアーチャーは矢を弓につがえ、それを放つ。さらにもう一本、同じように放つ。二本の矢はそれぞれ微妙に込める力を微妙に変えていたが、そのどちらも狙いはバーサーカーの頭、とくに眉間だ。
 矢は吸い込まれるようにバーサーカーの頭部へと向かっていった。しかし、矢がバーサーカーの頭に刺さることはなく、逆にバーサーカーがブンブンと頭を振るうと同時に矢は二本とも弾かれてしまった。

 「おいおい、マジかよ!?」

 アーチャーは百発百中を信条としていただけに、これは軽くショックを与えた。しかしすぐに“弾かれたのなら、弾いた部分に当たったのだから問題なし”という考えに切り替わった。

 「しかし、あのボロっちい覆面の下はどうなっているんだか・・・・」

 もちろん、その下はバーサーカーの素顔ということになっているが、アーチャーがあの覆面の下にあるものを想像するその前に、バーサーカーは斧を持った腕を振りかぶった。

 「■■■■■■■■■■■■!!!!」

 バーサーカーはアーチャーのいる欄干に向けて、斧を投げつけてきた。斧は回転しながら放物線を描き、アーチャーの立ち位置へと迫っていく。

 「やべえ!!・・・・なんて言うと思ったかよ!」

 アーチャーはひらりと身を翻して欄干から飛び降り、数秒後にはその欄干に斧が突き刺さると同時に、明かりのない店内に轟音が響き渡った。
 斧が刺さっている場所にはヒビが入っていた。バーサーカーはその場でしゃがみこんでから斧の刺さっているその場所へと一気に飛び上がった。バーサーカーは右腕で斧を掴み取り、左腕で欠損していない欄干に手をかける。バーサーカーが斧を引き抜くと同時に、突き刺さっていたその場所はガラガラと音を立てて崩れ去った。その後でバーサーカーは欄干をよじ登って二階に降り立った。
 二階は婦人服売り場となっており、カバーがなければ色とりどりの服が店舗に飾られ、客の目を奪っていたことだろう。ここはコンコースや一階とは違って、遮蔽物も多く隠れ場所にはうってつけだ。要するに、バーサーカーは狙撃を得意とするアーチャーのフィールドに引きずり込まれたということだ。

 「と言っても、狂化しているあんたにはそんなこと考える脳みそもないだろうがな!!」

 どこからともなく矢が飛来し、バーサーカーの体に先程よりも深く刺さる。バーサーカーが飛んできた方向に振り向いたときには、アーチャーは移動しながら矢を放ってきた。今度も先程よりも深かった。そしてすぐにアーチャーを見失ってしまった。
バーサーカーはそれにも構わずアーチャーのいそうなところに突撃するも、またしても矢を受けてしまう。アーチャーのいそうな売り場に到達したバーサーカーはめっぽうやたらに斧を振り回す。しかし売り場の空間が狭いために、思うように斧を振るえない。それでも壁やカバーのかかった商品棚は破壊され、値段の安さ高さなど関係なしに服が次々と価値のない布へと変わり果てていく。この破壊活動により、アーチャーの隠れ場所が半減していくので、ある意味効果的といえなくもない。

 「おい!なに一人で面白おかしく暴れてんだ!?」

 いつの間にか売り場から出ていたアーチャーはそう囃し立てながら、バーサーカーに次々と矢を見舞う。それらは寸分違わずバーサーカーの体により深く突き刺さる。それでもバーサーカーは身じろぎ一つせず、敵意を剥き出しにした目でアーチャーを睨みつける。

 「■■■■■■■■■■■■ーーーーーーーーー!!!!!!!!」

 バーサーカーが怒りの咆哮を上げ、アーチャーが姿を消した方向へ突撃していくが、その直後に四方から時間差で矢が連続でバーサーカーに襲い掛かってくる。だが、暗闇の中でアーチャーの姿を見つけ出すことはできず、バーサーカーはただ怒り狂って斧を振り回し、自分の周囲にあるものを粉砕するばかりであった。


 「ここまで予想通りの反応をされると、逆に呆れてくるな・・・・」

 アーチャーはバーサーカーから大分離れた位置の物陰から、暴れ狂っている敵の様子を伺っている。

 「しかし、攻撃は通ることは通るんだが、いかんせん効いている様子がないんだよな・・・・」

 アーチャーの矢は正確無比にバーサーカーの体を突き刺している。おまけに射れば射るたびにその加減を強めてもいる。しかしいくら射ても、バーサーカーにまともなダメージがあるようには見えない。現に、数えるのが億劫になるほどの矢が刺さっているにもかかわらず、バーサーカーの勢いは変わらない。
 アーチャーはふと、見上げるようにして顔を上げる。

 「やっぱり、宝具しかないよなぁ。どう考えても・・・・」

 一体、何を持って英雄と断ずるのか?やはりその人物がいかなる武勇を残したかであろう。それを成し遂げるには、個人の実力は当然としよう。他に必要なものがあるとすれば、そのうちの一つにあげられるのは強力な武器であろう。そうした武装や伝承が“宝具”という形となってサーヴァントの切り札として難局を打破する。しかし宝具とサーヴァントは表裏一体、どちらかの名が明らかとなれば、なし崩し的にもう片方の名前が割れてしまう。それはつまり、相手方にそのサーヴァントの対策を練られてしまうことを意味する。

 「ま、いずれにしても使わなきゃバーサーカーを倒すなんて無理な話だよな。それにこの格好じゃ、どのみちオレの真名も知られたも同然だしな」

 アーチャーは溜め息混じりにそうぼやく。しかしそうは言っても、あの狂戦士はこの場で倒さなくてはならない相手であることには変わりない。

 「そうと決まれば、さっさと場所移すか」

 近くには、この百貨店から出るための連絡通路がある。その先には別の百貨店へと続いている。アーチャーはそれを隔てているドアに向けて矢を引き絞った。


 ガシャアァアン!!

 何かが割れる音が聞こえて、バーサーカーはそっちに振り向いた。無論、バーサーカーはそこへ向かって突き進む。案の定、ガラス戸の自動ドアが割られていた。バーサーカーは一階のときのようにそこに体をぶち当て、無理矢理ドアの外へ出る。
 橋のようになっているその通路は、下のコンコースを見下ろせる形となっており、それはここより上の階層の通路も同じだった。もっとも、橋のようになっているのはこの二階の通路だけなのだが。また出入り口が近いためもあって、巨大なガラスの窓から駅の外を見渡すこともできる。
 バーサーカーがアーチャーの姿を求めている中、四階の割れたガラスの仕切りの向こうからアーチャーが弓を構えていた。現在アーチャーがいる位置は、バーサーカーのいる通路を見下ろせる位置にある。
 アーチャーは息を殺すようにしてバーサーカーを伺っている。本来ならば、バーサーカーが姿を見せたのと同時に宝具で狙い撃ちにしたかったのだが、バーサーカーの出現が思った以上に早かったため、体勢を整えることができなかったことによる。

 「とりあえず、これぐらいでいいか」

 これまで散々轟音が鳴り響いたこともあり、アーチャーの聴覚は重度ではないにせよダメージがいくらか残っていたことも攻撃が遅れた要因の一つでもある。アーチャーが宝具を発動しようとした、そのときだった。

 「・・・・・・・・!?!何かの気配がする・・・・!これは、キャスター、か・・・・?」

 アーチャーはこれまでバーサーカーに集中していたので気がつかなかったが、この駅に妙な気配を感じ取った。状況から考えれば、バーサーカーの背後に潜んでいるキャスターというのが妥当な線だ。しかし、キャスターというには、どこか妙な感じがしてなぜかそう断ずることができない。バーサーカーのマスターという可能性もあるが、少なくともこれは人間のものではないことだけは確かだ。
 しかし、この正体不明の気配によって、戦局は大きく変化していった。

 「・・・・・・!?しまった!!バーサーカーのやつ、もうここまで来やがった!」

 気付けばバーサーカーはアーチャーを見つけたのか、上の階の連絡通路をよじ登ってアーチャーのいる階の通路まで到達しようとしていた。三階から上の通路は二階のそれとは違って、ガラス戸で仕切られ、そこから下の階を見下ろすことができる。つまり必然的に壁を登るような形になるのだが、手で掴めるような凹凸がないに等しい。よく見れば、壁にヒビが多く入っているので無理矢理手を突っ込んだり、斧をピッケル代わりにして登っていたりしていた。
 そうこうしているうちに、とうとうバーサーカーは四階に降り立ってしまった。バーサーカーが移動している間は、確実に仕留めることのできる絶好のチャンスだった。にもかかわらず、アーチャーはそれをしなかった。というのも最後に狙撃してから、謎の気配を感じ取ったせいで一瞬だけ戸惑ってしまった。その戸惑いがバーサーカーに猶予を与えてしまうこととなったのだ。

 「・・・・けど、どっちにしてもやることは変わらないけどな」

 こうしている間にもバーサーカーは迫ってくる。バーサーカーがここに踏み込めば最後、アーチャーは袋の鼠となる。だが、それはバーサーカーにとどめをさす最大のチャンスでもある。自分の持つ宝具と弓の技量さえあれば、一撃でバーサーカーを倒すことができるとアーチャーは確信していたからだ。

 「さて、と。ここで気を取り直さないとな・・・・」

 アーチャーは深呼吸をし、来るべき敵を迎え撃つ準備を整える。

 「・・・・・・ん?なっ・・・・!?」

 そこには信じがたい光景が広がっていた。店内のほとんど、というよりもアーチャーの視界の先にある空間が捻じ曲がっていたのだ。

 「こいつは・・・・キャスターの仕業か!?」

 だとすれば迂闊だった。あのときバーサーカーを倒していれば、この局面において余計な介入をされずにすんだのだから。そして、アーチャーがキャスターと思しき気配の探索をほとんどしなかったのも、その気配は霞がかかっているようで掴みきれなかったからだ。それがこうして、また超越した感覚による探知が仇となってしまった。

 「・・・・・・くそが!」

 今、自分が見ているこれは幻覚だ。おそらくは、これのせいで駅にいた人間の多くがこれに取り殺され、殺し合いを演じることとなってしまったのだろう。幻を振り払うべく、アーチャーは自分の額を思いっきり殴りつけた。
 そうして、視界は正常に戻った。その視界には目の前で突っ込んできているバーサーカーの姿があった。

 「ぐっ!!」

 またもやバーサーカーに機会を与えてしまっていた。脳天を前面にして突っ込んできたバーサーカーの突進をアーチャーは受けてしまったが、ギリギリで後ろに飛んだため深手を負わずにすんだ。しかし圧力が強すぎたのか、吹き飛んだアーチャーは割れたガラスからそのまま下へ落ちていく。

 「■■■■■■■■■■■■ーーーーーーーーーー!!!!!!!」

 バーサーカーはその場で雄叫びを上げた後に、アーチャーに追撃すべく、自らも飛び降りた。

 「・・・・・・くそったれ!勝ち鬨はまだ早いっての!!」

 アーチャーは空中で弓を引き絞り、矢を放った。しかし矢が向かう先にバーサーカーはいない。その先にあるのは、窓ガラスだ。矢は窓を突き破った、と同時に割れた場所から竜の吐息のごとき炎が噴出した。その火炎は時間差で堕ちてきたバーサーカーを包み込み、バーサーカーは火達磨となって悶えながら、体勢を崩して落下していく・・・・



 嵐が過ぎ去ったかのように、無人の雑貨店に静寂が戻る。割れた仕切りの下では炎が収まっていたが、火炎がガラスの穴のあたりでくすぶっている。
 商品棚の脇から、人影がゆらりと現れる。暗くてよくは見えないが、かすかに見えるその姿は昔の学者を思わせる、ゆったりとした服装で、何かの書物が右手に携えられている。

 『ヤレヤレ・・・・・・我ガ主カラハ“戦イニハ一切ノ手出シヲスルナ”ト言ワレタガ、アマリニモ一方的ナ展開ダッタノデ、ツイ手出シシテシマッタヨ』

 その人影からは、いくつもの声が重なって店内に響く。

 『我ガ同輩タル魔獣大長ニ言ワセレバ、非常ニ簡易ナ計算問題ヨリモ、アリキタリナ表現ノ連続シカナイ詩ヨリモ非常ニ退屈ナモノダ。ヤハリ一進一退ノ攻防アッテコソノ戦イ・・・・ラシイカラナア』

 人影はそんなことを呟くと、くるりとその場から背を向ける。

 『サテ、休憩時間ハ終ワリダ。ソロソロ次ノ仕事ニ取リ掛カラネバ。全ク以ッテ、扱キ使ワレル身モ楽デハナイモノダヨ』

 そう言って、人影はその場から幽鬼のように闇の中へと姿を消した。



 わたしは引沼さんを背負って、駅の中を当てもなく彷徨っていた。引沼さんの上にあった瓦礫はかなり重かったけれど、どうにか頑張ってどかせられるものはどかしてどうにか引沼さんを救出することができた。多分、今までの人生で一番体を使ったと思う。
アーチャーさんは安全な場所へ隠れろと言ったけれど、はたしてそんな場所がここに存在するのだろうか?まだ生きている人たちがいるとして、もちろんそういう人たちがいてほしいわけだけれども、その人たちが気を狂わされてわたしたちを襲ってこないとも限らない。それにバーサーカーの背後にはあのキャスターがいるんだ。多分、駅の中にも罠とかがありそうだ。だから、ここには安全な場所なんてないと思う。
 けれど、こうしてうろついていても危険であることには変わりない。最低限でも危険から遠い場所さえあれば、そこでどうにかやりすごせるかもしれないんだけど・・・・
 それにしても、なんだろう?サーヴァントの出現と同時に感じる悪寒、きっとサーヴァントの気配に似た何かはすることはする。バーサーカー以外にももう一体、きっとキャスターのものだと思うけれど、それとは別に嫌な悪寒がわたしの体中を走っている。少なくとも、これはサーヴァントのものとは違う。それは、サーヴァントたちとは違う怖さがあって、掴みどころがなくて、それでいてとても不気味な感じ。それが、わたしの体にまとわりついていた。
 ん?あっちのほうは、たしか駅の南口だよね?なんかやけに明るいような気がするけれど、何?・・・・・・!まさか、誰かがここから出ようとして、駅の周りを取り囲んでいる炎に焼かれたんじゃ・・・・!?それにしてもあの明かり、段々大きくなって・・・・違う!大きくなっているんじゃない!こっちに向かってきているんだ!
 だんだんドタドタした音とともにこっちに近づいてくるそれをよく見ると・・・・アーチャーさんにバーサーカー!?なんで!?なんでバーサーカーの体がところどころ燃えていて、アーチャーさんがバーサーカーの頭にくっついているの!?
わたしは引沼さんを背負ったまま、急いでその場からすぐさま離れた。ダンプカーのように突っ込んできたバーサーカーは柱にぶつかって、ようやくその突進が止まった。その進路はちょうどさっきまでわたしが立っていたところだ。下手をすればわたしがあれにぶつかって吹き飛んでいたかもしれない。柱にぶつかった衝撃とともにアーチャーさんの呻き声が微かに聞こえてきた。

 「アーチャーさん!?」
 「よお、サオリ・・・・悪い。少しドジっちまったみたいだ・・・・・・」

 アーチャーさんは苦しい表情と声をしながらも、いつも通りの軽い口調で答えた。でもアーチャーさんの体はバーサーカーの頭にくっついたままで、そのバーサーカーは柱に頭突きするように何度も何度もアーチャーさんの体を強く打ちつけた。そのたびにアーチャーさんの苦悶の声が聞こえてくるようだった。

 「■■■!■■■■■■!!!」

 アーチャーさんの体ごと頭突きを繰り返すバーサーカーが唸っている中、アーチャーさんの声をわたしは聞き逃さなかった。

 「なるほどなあ・・・・頭を狙った矢を“こいつ”で弾いていたってわけか・・・・そろそろその汚いボロ袋を取りやがれ!このデカブツ!!」

 わたしのいる位置からではよく見えないけれど、アーチャーさんが微妙に動いたような気がした。

 「■■■■■■■■■■■■■■■!?!!?」

 その瞬間、今度はバーサーカーが絶叫しながら、物凄い勢いで目を押さえつつ頭を振り始めていた。当然のことながらバーサーカーの頭にくっついているアーチャーさんはそれに振り回され、そしてその反動でようやくバーサーカーから離れ、わたしたちのところへ吹き飛んできた。

 「アーチャーさん!大丈夫ですか!?」
 「あ、ああ。なんとかな・・・・・・あれだけ啖呵切っておいてこのざまだ」

 アーチャーさんはお腹を押さえながら、顔には笑みを浮かべて返した。よく見たら、そのお腹のほうから血が流れている・・・・!

 「アーチャーさん・・・・!その傷・・・・・・!?」
 「ああ・・・・あんたも見てただろ?さっきバーサーカーのやつに刺されてな。抜けにくい上に野郎があんまりにもしつこいもんだから、つい目を小突いちまった・・・・」
 「め、目・・・・・・?」
 「そうだ・・・・いくら狂化しているっていっても、さすがに目玉まではそうはいかなかったみたいだな・・・・さすがに潰れやしなかったが、とにかくざまあ見ろってんだ・・・・」

 な、なんだか言葉だけ聞いていると、アーチャーさんのほうがよっぽど悪く思えてくるような・・・・これでも、アーチャーさんのほうがダメージ大きそうなんだけど・・・・・・・・ちょっと待って!今、アーチャーさんはなんて言った!?バーサーカーに、“刺された”・・・・!?

 「ほら。こいつを見な」

 そんなわたしの考えを読み取ったのか、アーチャーさんは自分の手に持っているものをわたしに見せた。これって・・・・バーサーカーの覆面?

 「まさか、あの下に何か仕込んでいたんですか!?」
 「まあ、見てなって。いよいよバーサーカーの素顔の御開帳だ」

 わたしがバーサーカーのほうに目をやると、覆面を脱がされたバーサーカーが押さえていた手をよけてこっちに向き直ってきた。

 「・・・・・・・・・・え?」

 思わず、わたしは自分の目を疑ってしまった。これまで、バーサーカーのことを怪物“みたいな”サーヴァントだと思っていたけれど、それは間違いだった。なぜなら、バーサーカーは怪物“そのもの”だからだ。

 「■■■■■■■■・・・・・・・・」

 バーサーカーの覆面の下の素顔、牛の頭であるそれから生えているその角の片方はアーチャーさんの血で染まっていた。そして、肉食獣のような血走った目がわたしたちを捉える。

 「■■■■■■■■■■■■■■■!!!!!!!」

 この鋼鉄の迷宮を振るわせるほどまでに大きな怒号を放つその口には、何もかもを噛み砕きそうな鋭い牙が剥き出しになっていた・・・・



~タイガー道場~

佐藤一郎「皆様。今回もこの作品にお付き合いくださり、まことにありがとうございます。前回に引き続きまして司会進行はこのわたくし、佐藤一郎とこちらにいらっしゃいますシロー様でお送りいたします」

シロー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

佐藤一郎「おや?シロー様?如何なされましたか?今まで以上に不機嫌な顔をされていらっしゃいますよ」

シロー「・・・・・・もうこれ以上、口にするのも億劫だが、一応聞こう。いつもこの空間にいるあの二人はまだ帰ってこないのか?」

佐藤一郎「ええ。藤村様は、本業は教師ですから学校での業務に追われていらっしゃいます。一応、学校があんなこと(集団不登校)になりましたからなあ」

シロー「・・・・・・それで?もう一人の方は?」

佐藤一郎「ええ。イリヤスフィール様の方は今、リハビリの最中ですが・・・・一応、念のため、確認を取ってまいります」

(佐藤一郎、懐から携帯電話を取り出し使用開始)

プルルルル・・・・・・
 プルルルル・・・・・・

ガチャリ

???『この駄犬。どこで油を売っているのですか?頼んでおいた買い物を十秒以内に終わらせなさいとあれほど口を酸っぱくして説明して差し上げたのに、その頭ではそんな簡単なことも覚えられないのですか?いい加減にしなければ去勢しますよ?』

佐藤一郎「申し訳ございません。わたくし、ランサー様ではなく佐藤一郎にございます」

???『・・・・・・貴方でしたか?それで、何か御用でしょうか?』

佐藤一郎「ええ。実は、藤村様の代理でイリヤスフィール様のその後の経過を伺いたいと思いまして・・・・」

???『そうですか。安心してください。イリヤスフィールは無事に改ぞ・・・・いえいえ、手術を終えました。今は知っての通り、順調に調きょ・・・・もといリハビリに励んでいる毎日ですので、心配はいりませんよ』

佐藤一郎「そうでしたか。いえ、それだけわかれば十分です。お時間いただき、真にありがとうございます。お礼といってはなんですが、後ほどメールでランサー様の居所をお教えいたしますので」

???『そうですか。ご協力、感謝いたします。では、貴方に神のご加護がありますように』

佐藤一郎「これはもったいないお言葉を・・・・では、これで失礼いたします」

ガチャリ

ツー・・・・
ツー・・・・

佐藤一郎「はい。イリヤスフィール様は元気にお過ごしとのことです」

シロー「待て。今、誰と何を話していた。というよりも、誰に何を頼んだ?」

佐藤一郎「さて。本題に戻りますが、今回でバーサーカー様の正体がほぼ判明いたしました」

シロー(スルーしたな・・・・)

佐藤一郎「しかし、真名はまだ判明には至っていませんので、ステータスは次回に持ち越しということでご了承ください」

シロー「ふむ。まあ、あの特徴だけでは完全に正体が割れたわけではないからな。もっとも、ほとんど判明したようなものだがな」

佐藤一郎「とりあえず、バーサーカー様の正体に関しては次回のお楽しみということでご容赦ください」

シロー「それで、今回の戦闘描写は作者としてはどういう感触だ」

佐藤一郎「ええ。アサシン様とランサー様の戦いは作者様本人の主観によるものですが、ある程度の手ごたえを感じたそうです。ただ・・・・」

シロー「ただ?」

佐藤一郎「メインであるはずのアーチャー様とバーサーカー様の戦いはどうも四苦八苦したようですな」

シロー「そういえば、その戦いは基本的にアーチャーが物陰に隠れてバーサーカーを狙撃して、がほとんどだったな」

佐藤一郎「ええ。流石にアルトリア様のほうのセイバー様とエミヤ様であらせますアーチャーさまとの戦いのような描写はさすがに厳しいものがありますからね。まあ、こちらのバーサーカー様の戦闘スタイルのコンセプトが佐島時×なので少し荷が重いかと」

シロー「なんだ?最後の発言は?」

佐藤一郎「とはいえ、ここはストーリー序盤の山場。前回でも書きましたが、ぜひとも力を入れておきたいところ。レベルが低ければ、勢いと熱意と妄想でカバーという次第です」

シロー「いや。妄想でカバーするな」

佐藤一郎「とまあ、今回の話に関することはこんなところですかね」

シロー「ふむ。では、ここでお開きというわけか」

佐藤一郎「いえいえ、とんでもございません。実は、今回からご感想のお返事をここで返すことにしたようですよ」

シロー「そうか。これはこれで随分と思い切ったことをするな」

佐藤一郎「はい。それとお返事はちゃんと作者様の言葉で記すので、どうぞご安心ください。それでは、どうぞ」


確かに少しばかり派手にやりすぎてしまいました。でも、これにはちゃんと理由がありますので。もっとも、それがちゃんと辻褄が合うかどうかは少し不安な面もありますが。それと今回の感想でモヤモヤとしていたものが大分振り払えましたので、お礼を言わせてください。
ありがとうございます。
今回は感想に助けられる形となりました。
それと、サブの皆さんもちゃんと活躍させたいなあ・・・・


シロー「“モヤモヤとしていた”・・・・?」

佐藤一郎「これは今後の展開にかかわる話ですので、多くは言えません。ただ、本筋だけは曲げていませんので、どうかご安心ください」

シロー「それにしても、“派手に”どころの話ではないな、今思えば。下手をすれば第4次のキャスターよりも性質が悪いぞ、これは」

佐藤一郎「そこはお返事にもありますように、いずれ理由が明かされますので」

シロー「これで半端な理由だったらただでは済まないだろうな・・・・」

佐藤一郎「これは手厳しい。ああ。それと、前回と第一話のタイトルの横に“残虐描写あり”の注意を書き足しましたので、ここにご報告いたします」

シロー「本来なら前回報告してから付与するつもりだったが、それ自体忘れてしまって今に至るというわけだ。これをもってこの不手際を詫びさせてほしい」

佐藤一郎「それと作者様も近頃、加筆・修正をしたいと考えているようですが、いかがでしょうか?」

シロー「む?どういうことだ?」

佐藤一郎「ええ。それは以前から指摘された部分などをそうしたいと思っているようですが作者様ご自身の未熟さを晒す意味もこめてそういった部分は放置していらっしゃいまし、勝手に変えたりするのも問題だろうと考えていらっしゃいますので。それに、そういうことに手を出すとなるとしばらく更新が滞ることもありえますからね」

シロー「パソコンを開いては高確率で脱線するような人間が何を・・・・」

佐藤一郎「とにかく、できればでよろしいので、これに関するご意見をお願いいたします」

シロー「おそらく、今手を出すにしても誤字修正などがほとんどになると思う。そして、そのタイミングはバーサーカー戦終了後か、もしくはもう一山終えてからになるはずだ」

佐藤一郎「では長くなりましたが、今回はここで仕舞いとさせていただきます。それでは皆様。ごきげんよう」

シロー(それはそれとして、イリヤのほうは無事なんだろうか・・・・ものすごく不安なのだが・・・・・・)

追記

佐藤一郎「感想掲示板のほうに“名前の明記はやめてほしい”という旨の書き込みがありましたので、一先ずは名前だけ削除いたしました。作者様に代わりまして、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします」



[9729] 第十六話「闘争乱立」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/04/10 02:32
 幌峰ステーションから十数キロ先にある中央公園、その名のとおりこの街のほぼ中心に位置しており、観光客で賑わいを見せるだけでなく、市民の憩いの場所として長く親しまれている。そのまたほぼ中央に位置している百年記念塔は、街のシンボルでもあり、住民たちにも親しまれているスポットだ。これは文字通り、街ができて百年を迎えたことを記念して作られて時計塔である。時間ごとに鳴り響く鐘は市民に愛される存在であり、また面白いことに、この塔自体が日時計となっているのも注目すべき点だ。その内部は街全体を見渡せる展望室だけでなく、観光客向けの土産物屋やレストランなども設けられたことで、街での人気名所第一位の座を守り続けている。
 夜が更けつつあるこの時間では、当然のことながらどの店も営業を終了している。しかし、塔の一角にあるレストランの座席に一人で着いている人物がいた。暗がりの中で、ゆったりとした姿勢でイスに座っているその男の、四本の指に色とりどりの宝石をたたえた指輪をはめている右手で、香ばしい香りとともに湯気が立ち上るコーヒーカップを口元へ運び、その香りを存分に堪能する。熱々としたコーヒーの入ったカップに口をつけると、その苦みを反芻するかのようにゆっくりと喉元へ流し込んだ。

 「ほう・・・・ここで、ようやくバーサーカーの正体が明らかとなったか。まあ、タイミングとしては程好いところか」

 この時代には似つかわしくない、神官のような服を纏った男、キャスターはゆったりとした姿勢で窓を眺めていた。しかし彼が眺めているのは、窓から見下ろせる夜景などではない。彼が駅に放った使い魔を通して送られる構内での様子、特にアーチャーとバーサーカーとの一戦を映像として窓に投影されていた。その様子はまるで映画鑑賞でもしているかのようだった。
 古より蘇りし魔術師であるキャスターがこの現代にて、今口にしているこのコーヒーという飲み物がいたく気に入っていた。その苦みがキャスターの嗜好に合っていたし、何よりも飲めば頭が冴える感覚がするのも大きな理由だ。そして砂糖を一切入れず、ミルクで味を調える飲み方が彼のこだわりである。そのミルク独特のまろやかさがコーヒーの苦みを引き立たせるからだ。
 コーヒーを飲み干したキャスターは、いったんカップをソーサーに置くと新たにコーヒーを注ぐべくポットに手をかけようとした。しかしそのポットはキャスターの手に触れる前にひとりでに割れてしまい、テーブルクロスが闇に侵食されるかのようにコーヒーの液体が染み込んでいく。
 キャスターの顔から薄ら笑みが消えた。

 「おやおや。王ともあろう者が、人のコーヒータイムを邪魔して良いものかの?」

 キャスターが振り返ってレストランの入り口のほうに視線を送ったその先には、ライダーが腕組みをして近くに四、五人の鮮血兵を控えさせて立っていた。

 「貴様の都合など知ったことか。そんな泥水を啜りながら呑気にしていた貴様が悪い」
 「やれやれ、この至高なる味の程が理解できぬとは・・・・漢族が貴様らを夷狄と蔑むのもわかるような気がしてきたのう」

 ライダーの不遜な物言いに対して、キャスターはただ肩をすくめるのみだった。

 「そんなことはどうでもいい。それよりも貴様、随分と大胆な真似をしたものだな」
 「はて?何のことかのう?」
 「とぼけるな」

 ライダーはキャスターの言葉をばっさりと切り捨てた。

 「貴様が今眺めているそれだ。そいつのせいで神奈の奴、出遅れたと言ってずいぶんと癇癪を起こしていたからなあ。俺としてはあそこで何人死のうが知ったことではないが、あれでもあいつはこの街を統べる者だ。それゆえ、貴様の勝手に我慢ならなかったのだろう。もっとも、俺としてはいい迷惑だがな」
 「それは、それは。お互い苦労するのう」
 「で?貴様、一体どういうつもりだ?」

 ライダーはあからさまな敵意のこもった目でキャスターを睨みつける。だが、そのキャスターは相変わらず薄ら笑みを浮かべていた。

 「それよりも、どうも貴様もそのマスターも大きな誤解をしておるようだ」
 「何?」
 「ワシはただ、バーサーカーのマスターの代わりにあれを預かる者として、最低限のことを果たしておるつもりじゃ。何しろ、バーサーカーというクラスは魔力を食う上に制御が難しいからのう。ゆえにワシがバーサーカーの制御を買って出たのじゃが、生憎こちらが目を放した隙に暴走してしまったので、一旦転移の魔術を使って奴を人目に付かない所へ移動させようとしたのじゃ」

 そこで一度キャスターは言葉を切って、それから続ける。

 「しかし、慌てて行使したのがまずかったのか、移動先がどうも都合の悪い場所だったようでのう。その結果、ああいうことになったのでワシはどうにか四苦八苦しながらもバーサーカーをあの駅に拘束することができたのじゃよ。いやはや、あそこにいた者たちにも、そしてお前のマスターにも悪いことをしたと思っておるよ」
 「・・・・戯言を」

 ライダーはその敵意を決して緩めることはせず、キャスターを見据えて問い詰める。

 「貴様ほどの魔力の持ち主が、バーサーカーを制御できぬはずも、そして転移先も誤るはずもなかろう。そしてあの駅の有り様で、よくもそんな白々しい言葉をよく吐けるものだな」
 「ワシの言う事が、白々しいと・・・・・・?」
 「貴様が何を企んでいようが、そんなことは俺にとってはどうだっていい。だがこれだけは聞いておこう、キャスターよ」
 「ほう。ワシに答えられることなれば何なりと」
 「貴様、最初からバーサーカーを切り捨てるつもりだったろう?」

 一瞬、暗いレストランが沈黙に包まれ、ライダーとキャスターが静かに睨み合っている。最初に口を開いたのは、キャスターのほうだった。

 「・・・・・・して、その根拠は?」
 「簡単なことよ。貴様がこれまでやってきたことといえば、獲物を逃がさないようにすることと、そして今に至ってはあの混乱の演出だけだろうが」
 「・・・・すまんが、ワシにわかりやすく説明してくれんかの?」

 ライダーの怒気を逆撫でするような口調で話すキャスターに構わず、ライダーは続ける。

 「貴様は先ほどこう言ったな、“バーサーカーのマスターの代わりにあれを預かる者”と。にもかかわらず、アーチャーとの戦闘に突入している奴の援護など一切せず、貴様はのんびりとあの泥水を啜っていた。つまりは、奴の手助けをするつもりなど、初めからないのだろう?」
 「・・・・・・ふ、く、くっくっくっ・・・・・・・・」

 すると突然、キャスターが含み笑いを始めた。

 「さすがは覇道王。かの征服王と並び証されるだけあるのう。そうじゃ、貴様の言う通りじゃ。これは聖杯戦争、最後の一組になるまで戦い抜くもの。にもかかわらず、何が悲しくて、このワシがあのような愚鈍な輩の面倒を見なければならないのじゃ?」

 キャスターは先ほどの卑屈さから強気な態度に一変したのを見て、ライダーは呆れたように言う。

 「随分と開き直りが早いな、貴様・・・・」
 「態度や姿勢はところどころで変えていくもの、周りを取り巻く状況が時とともに変わっていくのと同様じゃ」
 「確かにな。だが、一つだけ解せぬことがある」

 ライダーは言葉を区切り、語気をさらに強める。

 「バーサーカーを始末したいのであれば、何故あそこまでやる必要がある?あんな事態だ、神奈だけでなく他のマスターやサーヴァントも敵に回すことぐらい、貴様ならわかりきっているだろうに」
 「・・・・・・それを、ワシが言うと思うか?それに、ワシの企みなど知ったことではなかったのか?」
 「やはり、何かあるようだな・・・・」

 今度はライダーがキャスターに向けて、薄ら笑みを浮かべた。

 「それにじゃ。貴様と同じ事を言うようじゃが、駅で何人の人間が死のうとワシの知った事ではない。それに、貴様が生涯で殺し、あるいは死に追いやってきた人間どもに比べれば、まだ可愛いほうじゃろうに」
 「そうだな。貴様のやっていることなど、俺に言わせれば目くそ鼻くそにすぎぬ」

 ライダーの顔から笑みが消え、瞬く間に自分の短弓を手に取り、目にも止まらない速さで矢を放った。その矢はキャスターの頬をかすめた。

 「だが、軽率だったな。俺がこれまで蹂躙してきた奴らを軽々しく口にすること、俺の覇道への侮辱と知れ。そしてこれ以上貴様の耳障りな屁理屈を聞く気もない。そのことを悔やみながら逝ね」
 「フン、戯言を・・・・それにしても貴様お得意の勧誘はこのワシにはせんのか?」
 「する必要はない。貴様が気に食わん。それだけで敵対する理由は十分だ」
 「思ったよりも短絡的な男じゃな、貴様」

 ライダーはキャスターの言葉を気にすることなく続ける。

 「それにあえてもう一つ加えるとするならば、俺が王である以上、貴様もセイバーも俺が倒すべき俺の敵だ。王は、この世に俺一人で十分だ」

 その言葉を聞いた瞬間、キャスターの笑みで緩んでいた口元が真一文字に引き締められ、その目を細めた。

 「・・・・・・どうあっても、ここでワシを打ち滅ぼしたいようじゃな・・・・よかろう。これより我が知恵の深淵を以って、貴様を跡形もなく呑みこんでくれよう」

 キャスターが手のひらをライダーたちに向けると、ライダーたちのいる空間が歪んできた。するとライダーらは間髪を入れず、二手に別れるように側面に飛び退いたその直後、ライダーたちのいたレストランの入り口が大爆発を起こした。
 騎兵と魔術師、二人のサーヴァントの戦いが、爆炎を開戦の狼煙として勃発した・・・・



 けっこう距離は開いているはずなのに、唸り声がここまで聞こえてくる・・・・その主であるバーサーカーは、牛の頭を丸出しにしてアーチャーさんと睨み合っていた。

「ア、 アーチャーさん。あれって、まさか・・・・・・!?」
「そうさ、あんたの思っている通りさ。“ミーノスの牡牛”の名とともに語り継がれる迷宮伝説の恐怖の主人公、ミノタウロス。それがあいつ、バーサーカーの正体だ。まあ、真名って意味だったら、アステリオスって名前のほうがそうなんだろうが」

 わたしはただ、口をポカンと開けて呆けたようにしていた。無理もないかも。何しろ目の前にいるのが、ある意味ではチンギスカンやアキレウスよりも有名な怪物なのだから。
 するとわたしは、あることに気付いて思わず声を大にして言った。

 「で、でもおかしくないですか!?サーヴァントって昔の英雄がなるものなんですよね!?なのに、どうして英雄でもなんでもない、怪物のミノタウロスがサーヴァントとして召喚されているんですか!?」
 「英雄、つーか英霊ってのも一括りじゃないってことさ」

 アーチャーさんはバーサーカーの角に刺されたお腹を庇いながらも、いつもの調子と態度で喋っていた。

 「英霊にも色々いてな、何も世間一般の英雄的行為でそうなったヤツ以外にも、そいつのやった悪行が善を呼び込んだり、そいつ自身が恐怖の的になったり・・・・そういう連中は“反英雄”ってカテゴリに分類されるわけさ。現にあいつの場合、怪物ミノタウロスって存在が英雄テセウスをもたらしたわけだが、野郎が正規の反英雄かどうか少し疑問だけどな」

 わたしは自分から聞いておきながら、目の前にいる牛の怪物を恐れおののいていたせいで、アーチャーさんの言うことを話半分ぐらいにしか聞いていなかった。でも、あのバーサーカー、ミノタウロスみたいなのがサーヴァントとして現代に蘇ったことだけは確かだ。

 「いいか、サオリ」

 アーチャーさんが真剣な表情でわたしに話しかけてきた。無論、今度はちゃんと聞けるようにしている。

 「オレがあの牛野郎を引き付けておく。あんたはその間に友達を連れてできるだけ遠くへ逃げな。それぐらいはわかるよな?」

 わたしはその言葉に刻々と頷いた。さらにアーチャーさんは続ける。

 「それとこいつが一番重要なことだ、よく聞けよ。友達を助けたきゃ、オレがあんたの目の前でどんなことになろうとも、絶対に悲鳴をあげたり、オレのそばに近づいたりするなよ」

 その言葉を聞いてわたしは一瞬、顔面蒼白になったような感覚がした。なぜなら、それはアーチャーさんを見捨てて逃げろって言っているようなものだから・・・・

 「安心しな。オレがあんな牛にやられると思うか?オレはあんたの弓になると誓った男だぜ?だったら、オレのこと信じてくれてもいいだろ?な?」

 そう言ってアーチャーさんは無邪気な笑顔を浮かべながら、ウインクをしてきた。それを見たわたしはただ、ただ頷くしかなかった。いや、頷かなきゃ・・・・この人の思いに応えなきゃと思った。

 「それでいい。それでこそ最高の女・・・・もといオレのマスターだ」

 アーチャーさんは向かいにいる敵に向き直った。その敵は、何度も足踏みをしていた。

 「さあ、行きな!」

 アーチャーさんのその言葉と共に、わたしは気を失っていて動けない引沼さんを懸命に運んでこの場から離れた。それと同時にバーサーカーが闘牛のように突進してきた。アーチャーさんはそれに矢を恐るべき速さで次々と射掛けるものの、バーサーカーは全く気にも留めなかった。
 引沼さんを運んでいるわたしの目に、アーチャーさんがバーサーカーに衝突され吹き飛んでいくのが見えた。バーサーカーは標的をすぐにわたしたちのほうに変えようとしたけれども、アーチャーさんは空中からバーサーカーに矢を放った後で、グシャリという音を立てて地面に落ちた。その執拗な攻撃に苛立ったのか、バーサーカーは再びアーチャーさんに突進してきた。
 わたしがもう少し早く動くことができたなら、こんな光景を目にしなくてすむのに・・・・そう思いながら、わたしは目を瞑ろうとしたけれども、何かがそれを拒んだ。
 ようやっとのことで暴風圏から脱出すると、先ほどまでわたしたちのいた場所からはバーサーカーの怒号しか聞こえなくなった・・・・



 「全く、どうなっているのよ!もう!!」

 幌峰ステーション地下街のとある一角、サラ・エクレールは駅にいた人間の治療に当たっていた。彼女は自分が築き上げた、何重にも編まれた茨の障壁と自分特製の花粉や蜜で生成した靄の結界、侵入すればたちどころに深い眠りに着いてしまう、を張り巡らせていた。その中で彼女は、助けられるだけの人間をここに連れ込んで傷を治し、そして今日ここであったことを一切思い出さないように記憶操作をも施した。

 「仕方なかろう。あの混乱の中では動きもほとんどとれず、しかも中にはこちらに襲いかかってくる者もいたほどだ。それに、このような者達を救うのも、高貴なる者の務めではないのか?」

 不機嫌そうにしているサラに、セイバーはそう言って諭す。現に彼らがここに到着した時点では、まだ駅の中は混乱の真っ最中で、殺し合いをする者や発狂して襲撃する者さえいた。そうした人間の相手をしている間に、気付いたらこういうことになっていたという寸法だ。ちなみに、彼女たちが一番乗りだったりする。

 「そりゃまあ、そうだけれど・・・・ここの人たちを見捨てた日には寝目覚めも悪そうだし、仮にそんなことをしたら、末代までの恥よ。けれども、戦いに来たはずがこうして人命救助をするなんて思ってもみなかったわ」

 サラは文句を言いつつも、負傷者の治癒に当たっている。これでもこの少女はここに到着したときよりも大分ましになっているものだ、とセイバーは思った。それもそのはず、サラたちがこの駅に着いたときには、中には凄惨な光景が広がっていた。いくらサラが優秀な魔術師だといえども、まだ年若い娘。魔術師としての経験も少なく、まだ成熟しきっていないのだ。そんな少女が、あのような地獄絵図を目の当たりにしてしまえばどうなるか、想像に苦しくない。幻覚によって狂わされた人間たちが襲い掛かってきたときも、セイバーが彼らに当て身を食らわせなければどうなっていたことか。
 そして今に至るまで、数少ない生存者の救出をしているうちにサラのモチベーションもどうにか元に戻りつつある。このような文句を言っていればほとんど問題ないだろう。

 「それよりもセイバー。確認するけれど、本当にキャスターは何にも仕掛けてこないのよね?」
 「うむ。あくまで予測の域でしかないが、おそらくはこれ以上何もないだろう。奴は我らのうちのいずれかにバーサーカーを討ち取らせ、あわよくばその上で我らの戦力を削る算段でいるのだろう」
 「そう・・・・どっちにしても気に入らないわね」
 「全くだ」

 サラの魔力を込めている腕に力が入る。彼女は正義を振りかざすつもりなど毛頭ないのだが、少なくともこの惨劇の張本人に怒りを覚えていた。魔術師というものは、魔術を秘匿した上でその探求を行う者。そのためならばどのような犠牲も厭わないのだが、サラの怒りはそれとは違う。まだまだ若輩であるがゆえだろうし、それは彼女の気質でもあるのだが。くわえて、この殺戮の下手人であるとはいえ、協力関係にあるバーサーカーを見捨てる気でいるキャスターが気に食わないのだ。
そして、それはセイバーも同じである。彼はむしろ、自らの手でこの非道を働いた輩どもを成敗したいと思っているようだ。しかし彼とてサラのサーヴァント。敵地のど真ん中であるこの場所でマスターである彼女を置き去りにしてバーサーカーに向かっていく真似など彼にはできない。もっとも、彼女がそういう命令をすれば話は別なのだが。

 「ああ、もう!ここの管理人は何やっているのよ!?本当だったらこれ、あっちがやるべきことでしょう!!」

 苛立ちがピークに達した少女は怒りの矛先を、ある意味見当違いな方向へと向けたのだった。



 駅からどれほど離れているのか、人気のない道路で激しくぶつかり合っている二つの人影、睨み合ったまま動かない二つの人影、“動”と“静”二対の対決が繰り広げられていた。
そのうちの一方である睨み合いをしている二人、狩留間鉄平とシモン・オルストーの二人は互いの出方を伺っているようだ。一見すると、徒手空拳のシモンよりも日本刀を手にしている鉄平のほうが有利のように思える。しかし仮にもシモンは魔術協会から派遣された魔術師だ。知識はあるものの、魔術への耐性を持たない鉄平にとっては油断ならない相手だ。しかもこうして対峙しているということは、何らかの戦闘用の礼装を保持していると見ていいだろう。
 だというのに、当のシモン本人はオーソドックスなファイティングポーズをとっているだけだ。鉄平は一瞬、自分の考えすぎとも思ってしまうほどだ。

 「どうした?かかってこいよ」

 しかし鉄平はシモンの言葉に耳を貸さない。

 「おいおい、びびったのかよ。それとも何か?妖怪退治はできても、人殺しはできませんってか?」

 明らかに挑発だ。鉄平はそれに一切応じず、それに比例するかのようにシモンの顔に険しさが増す。

 「・・・・・・さっきからだんまりを決め込みやがって。なめてんじゃねえ!!!」

 痺れを切らしたのか、シモンが鉄平に向かって直進し、そのまま大振りのパンチを打った。しかし鉄平がそれをあっさりと左に回りこんでしまったので、パンチが当たることはなかった。そうして鉄平は刀を振り上げ、そのままシモン目掛けて一気に振り下ろした。だが、その一閃はガキンという音とともに防がれてしまった。そして大きく見開かれた鉄平の目は驚愕に満ちていた。鉄平の刀を受け止めた“それ”は、なんとシモンの“腕”そのものだった。しかも肌が露になっているので、何かを仕込んでいるとも思えない。
 刀と腕、この奇妙極まりない鍔迫り合いの最中、シモンが空いているほうの腕でフック気味のパンチを放ったことで、鉄平は後ろに飛び退き間合いを開けた。

 「今のは・・・・・・」

 時間は数秒かそこら程度だったが、戦闘という極限状態においては状況を一転させるのに十分過ぎる時間である。そういう時間があったおかげで、鉄平は頭を落ち着けることができた。

 「今の音や手応え・・・・・・金属のものだな」

 鉄平の言葉を聞いて、シモンはしてやったという顔をした上で待ってましたと言わんばかりに口を開いた。

 「Melt Down.」

 シモンが何か、呪文を詠唱した途端に、彼の両腕が赤く変色すると同時にそこからおびただしいまでの熱気が立ち上る。

 「Shape Shift, Reformation.」

 そしてその変化はすぐに現れた。シモンの腕が肩当と篭手が備わっただけに思えるが、先程よりも腕が一回り太くなっている。そしてそれは明らかに人間のものではないことは確かだ。

 「随分と変わった腕をしているな。まさかどこかのマンガみたいに、禁忌に手を出してそうなった、とか言うんじゃないんだろうな?」
 「んなわけあるか。単純におれん家のゴーレムの暴走で腕が二本ともなくなっただけだよ。その代わり、そのゴーレムの腕が今のおれの腕ってわけだが」
 「ゴーレムの腕・・・・?そんなものが義手みたいになるのか?」
 「今はそんなこと、どうだっていいだろ?それよりもおまえがここを切り抜けられるかどうかが大事なんじゃねえの?」
 「・・・・・・確かにな」

 シモンが過去にどういう経緯で腕を失い、今の鉄平にはそれどころではなかった。鉄平は頭の中にかすかに残っている疑問を打ち消し、刀を構え直してシモンを見据える。

 「そうそう、それでいいんだよ。そういうわけで、戦闘再開だ!」

 するとシモンは広げた掌を鉄平に向けて、それで彼を掴もうとでもいうのか、そのまま突っ込んでくる。無論鉄平はさっきと同じ要領で回避するも、シモンはそれに追い討ちをかけるかのように突き出していた腕を振るうのだった。これも後ろ跳びで鉄平はどうにかかわすことができた。
 ギリギリかすったのか、鉄平の服が少し破れてしまった。しかも破れ目から焦げ臭い臭いがする。

 「これ、魔術っていうより異能だろ・・・・」

 鉄平はシモンの魔術らしきものがどういったものかを看破した。どうもシモンは熱を操作しているらしく、それで腕を変形させたり、一箇所に熱を集中させたりできるようだ。
 追撃してきたシモンは拳を振り下ろす。鉄平はこれを難なく回避できた。しかし先ほどまで彼の立っていた場所にシモンのパンチが炸裂したことで、アスファルトの地面が大きく砕けてしまった。動作があまりにも大振りだったので、鉄平はその隙にシモンに斬りかかる。だがまたしてもシモンの腕に阻まれてしまった。向こうもそれなりに戦闘経験が豊富なようだ。
 次の瞬間、鉄平はいつの間にか視界が天に向いてしまい、背中より強い衝撃を受け、息が詰まってしまった。迂闊にも、鉄平はシモンの腕ばかりに集中しすぎて、足による攻撃、今の足払いまで注意が向かなかった。

 「こいつはけんかだ!パンチでもキックでも・・・・刃物も魔術もありのルール無用のけんかだぜ!!」

 立ち上がったシモンが倒れている鉄平を踏みつけるべく、上げた足を一気に下ろす。しかし突発的とはいえ、倒れた際に頭を打たなかったおかげで鉄平は転げ回ってシモンの連続の踏み付けを避けた。そしてほぼ本能的に転がった反動を利用して立ち上がった。

 「ぐっ・・・・・・かはぁあっ!!」

 ようやく体内にたまっていた息を一気に吐き出し、それから鉄平は呼吸を整えた。鉄平の視線の先にいるシモンは、挑発的な目線を彼に送っていた。

 「思ったよりもやるじゃねえか・・・・あの反応、ちょっとやそっとでできるようなものじゃねえ。だが、こっちもこれまでと思われちゃ、困るな」
 「なに・・・・・・?」

 先程よりも呼吸が安定してきたとはいえ、鉄平は息も絶え絶えだった。

 「Melt Down.」

 シモンが先ほどの呪文を詠唱し始め、鋼鉄の豪腕が赤い熱を帯びた。

 「Shape Shift, Acute Blade!」

 すると腕が見る見るうちに、文字通り鋭い剣のような形に変形していった。手のあった場所である切っ先には指があったため、それが握ったり閉じたりという動作が行われている。

 「こっちはいろいろと変形できるんだ。なめてかかると痛い目見るぜ?」
 「くそっ・・・・・・!お前、本当に魔術師かよ・・・・?!ほとんど異能者だろ!?」

 鉄平とシモン。しばし睨み合いが行われた後、一気に間合いを詰め、お互いの刃で打ち合い、火花を散らす。
 打ち合いを演じているのは、彼らのサーヴァントであるアサシンとランサーとて同じだ。
ランサーは右腕に槍、左腕に盾を構えているので、ほとんど片腕で槍を繰り出している形となっているが、それでも凄まじいまでの突きと薙ぎを次々とアサシンに見舞う。しかし、突風や旋風となって襲いくるランサーの攻撃をアサシンは逆手持ちの忍刀一振りでこれらを捌いていた。そのさまはまさしく、柳そのものであった。
 ランサー最大の弱点である踵の腱。それが判明しているからといってそうやすやすと狙えるわけでもない。そこに目を向けすぎていては、他への警戒がおざなりになってしまうし、あからさまに攻撃しようとしてもそれが決まるわけでもない。要するに隙がないのだ。ランサーの武技は、最大の弱点をも補ってあまるほど強大なものなのだ。
 しかしアサシンとて、防戦一方というわけではない。これまでにも、本当に針の穴ほどの隙をついて反撃を試みているのだ。しかしそのせっかくの機会も、ランサーによってそのことごとくが潰されてしまっていた。しかもランサーの攻撃も繰り出せば繰り出すたびに加速していっている。それにもかかわらず、アサシンはランサーの怒涛の攻撃を防ぎきっている。
 このとめどない打ち合いの中、ランサーは独楽のように身を反転させ槍を水平に薙ぎ払う。しかしそこへすかさず、アサシンが振り抜かれようとしている槍に向けて何かを放り投げた。それは野球ボールほどの大きさの玉だった。それが槍にぶつかった瞬間に炸裂すると同時に、大量の煙がランサーとアサシンの周囲を覆いつくした。

 「なっ・・・・・・目晦ましか!?」

 一瞬のうちにアサシンの姿を見失ってしまったランサーだが、戦闘体勢を元に戻すのにそれほど時間がかからなかった。

 「この程度でオレを煙に巻けるとでも思ったか!」

 彼はすぐさま、煙に歪が生じている箇所を見つけ、そこに向けて渾身の突きを放った。案の定、その歪の向こうにアサシンがいたが、アサシンはするりとランサーの槍をすり抜けるように前進し、低く地に沈むかのような姿勢へと移行した。狙うべきは一つ。

 「クソが!」
 「ぬっ!?」

 ランサーはアサシンの頭部側面目掛けて膝蹴りを水平に打つが、寸前のところで一気に沈み込むと同時にランサーに刃を食い込ませ、そのまま斬り裂く。しかし思わぬ反撃により、当初の狙いである弱点の踵ではなく太腿を切り裂く結果となってしまった。手応えはあったが、沙織たちの話のとおりにランサーの傷を負った箇所は瞬く間に回復してしまった。
 結果はともあれ、アサシンは低い大勢から一気に飛び上がり、軽業師のような早業で煙の中へと姿を消した。

 「猪口才な!」

 ランサーが槍を大きく旋回させると、煙は一気に四散した。そしてアサシンはランサーの間合いの外に立っていた。

 「今の一撃、悪くなかったぜ。あれでちゃんと狙い通りにいっていたんならオレを斃せたかもな」
 「・・・・・・・・・・・」
 「なんだ?不思議そうな顔しやがって・・・・別にほめているわけじゃねえぞ」
 「いや。主のことだから、てっきり怒りをぶちまけるとばかり思っていたのでな」
 「ん?別にどうということはないぜ。戦場じゃ騙し討ちも定法中の定法。はめられたヤツから死んでいくだけの話だ。それはオマエのほうが一番よくわかっているだろ?」

 ランサーという男はもっと感情的な男かと思われたが、意外にも割り切っている部分はあるようだ。確かに、盟友パトロクロスの仇であるヘクトルを討ち取った後、彼の亡骸を散々辱める真似をしておきながら、あまりの仕打ちに嘆くトロイ王プリアモスに同情してその息子の亡骸を返還するといった、全く真逆の残虐性と人間性が同居しているのだから。そういう意味で、戦士としての“静”と“動”を併せ持っているのだろう。
 それだけに、アサシンは彼に関して一つの疑問を抱いていた。

 「一つ、問おう」
 「なんだ?せっかくの戦いに水を刺すつもりか?」
 「どう捉えようとも主の勝手だ。話を進めさせてもらうが、主の望みは戦いそのものだそうだな」
 「それがどうした?」
 「主はかのトロイの戦役にて、数々の武勲と栄誉を手にした身の筈。にもかかわらず、何故これ以上の戦を求めるのだ」

 兜の下に隠れてよく見えないが、あからさまにランサーの顔が険しくなっている。

 「・・・・・・まさか、本当に水を刺しやがるとはな。ふざけやがって・・・・」
 「やはり、その不死の体の故か?」

 ランサーの不死の肉体、宝具“この身に満つる悲嘆(コープス・ステュクス)”には一つの由来がある。彼の母親である海の女神テティスが息子の死を恐れて、彼を不死身にすべくその体を、冥府を流れる川のうちの一つであるステュクス川に浸し、結果彼は文字通りの不死身となった。しかしその際にテティスが掴んでいた箇所は不死身とならなかったために、そこをトロイ戦争の原因の一旦である王子パリスに射抜かれて死ぬこととなる。これが後にアキレス腱と呼ばれることになる。

 「バカ言え。この体は、お袋が良かれと思ってオレにやったことだ。それを感謝こそすれ、どうして恨みに思えるんだよ?」

 どうやら違っていたようだ。その不死ゆえに満足のいく戦いができなかったと思われたが、当てが外れてしまった。そのせいでアサシンの疑問は深まった。

 「ならば、一体・・・・?」
 「あの戦い、オマエらがトロイ戦争と呼ぶソイツがどうして起こったか、知っているか?」
 「無論だ」

 トロイ戦争。アキレウスが活躍し、それをホメロスが謳い上げた伝説の戦・・・・この詩、“イリアス”は征服王イスカンダルに深い感銘を与え、また失われたトロイへの情熱を燃やすシュリーマンの飽くなき原動力となったように、後世に多くの影響を与えている。
 事の起こりはこうだ。ペレウスとテティス、アキレウスの父母となるこの二人の結婚に神々が祝福を与え、宴席を設けた。ただ一柱呼ばれなかった不和の女神エリスはこの扱いに怒りを覚え、アフロディテ、ヘラ、アテナの三柱のうちのいずれかに黄金の林檎を与えるといった。しかし誰がこの輝かしい林檎にふさわしいか一悶着となってしまい、当初はゼウスにその審判を委ねたものの、彼はそれを避け、トロイの王子パリスにそれを押し付けてしまった。女神たちはこの若き王子に各々の条件を出すことで黄金の林檎を手にしようとした。結果、パリスに選ばれたのは美の女神アフロディテだった。アフロディテの出した、“世界一の美女を与える”という条件によりパリスはそれに該当する絶世の美女、ヘレネを娶った。しかしヘレネはメネラオス王の妻だった。突然妻が強奪されたことにより激怒したメネラオスは兄弟のアガメムノンの助けもあって、妻を取り戻すべくトロイに出兵する。
 これが神代最大規模の戦いのうちの一つ、トロイ戦争である。

 「一体、それが主の動機とどう繋がりがある?」
 「わからねえか?オレたちが神々のいいように躍らされていたってことに・・・・!ヤツらは自分らの不始末を他所に押し付けるだけじゃなく、あろうことかオレたちの命がけの戦いをダービー代わりにして楽しんでいやがった・・・・!だが、一番気に入らねえのはあの色ボケ親父だ!!」
 「・・・・・・大神ゼウスか」
 「そうだ。元はといえば、ヤツの不始末から出たサビだ。しかも事が起こったら起こったで、人間のちょうどいい数減らしだとよ。そのくせ、オレが生まれる前に、散々お袋に色目を使っておきながら、お袋との間に生まれる子が自分の地位を脅かすと知った途端にキッパリと諦めたのも気に入らねえ。わかるか?野郎の身勝手さが?それのせいでオレたちが振り回される羽目になった・・・・!!それは、オレたちの誇りを踏みにじったも同然だ・・・・・・・・!!!」

 怒りに震えるランサーは声を荒げる。ランサーの神々、特にオリンポス十二神に対する怒りは並々ならぬものを感じた。彼からすればゼウスは自分たちを弄んだ元凶、そしてかの太陽神は場合によっては自分の息子の仇でもあるのだ。もっとも、それは息子の自業自得ともいえるが。
 鉄平とシモンが打ち合う金属音だけが響き、怒りを発散させたおかげか、ランサーはさきほどよりも落ち着いた声で言った。

 「だがよ、そんなオレにもチャンスがかかったんだ」
 「それが、聖杯戦争か」
 「そうだ。それなら神々の余計な茶々もねえ。もちろん魅力はそれだけじゃねえ。不死の因果を断つ武具の持ち主、オレの再生が追いつかねえほどの技の使い手・・・・そんな連中とぶつかるかもしれねえんだ。疼くなって言われても無理な話だ」

 静かながらも、狂喜に近いものを含んだランサーの言葉。それが終わった直後に、ランサーは盾を背に担ぎ、槍を両手で構え直した。

 「そういうテメエこそ、何者だ?不意打ちとはいえ、オレよりも先に一撃を叩き込んだんだ。そしてテメエのあの技量はどう考えてもアサシン程度のものじゃねえ。あれは、おそらくはランサーかセイバーのクラスに匹敵するそれだぜ」

 対するアサシンは、無形の位に近い、自然体でランサーに臨んでいた。

 「・・・・主ほどの男が言葉で問うか?某が・・・・・・・・俺が何者か知りたくば、その槍で語れ」

 その言葉に満足したのか、ランサーの口元が裂けんばかりの笑みで浮かんでいた。

 「いいぜ!それでこそ全力を出すに値するってもんだ!最初は他愛ない時間潰しぐらいにしか思っていなかったが、本当に時間が過ぎていくのも忘れるぐらい楽しめそうだぜ・・・・・・!!さて、オレをがっかりさせるなよ?」

 槍と影の対峙、その上空で鳥が一羽旋回していた・・・・



 否。それは鳥に非ず。ハンググライダーのような器具を用いてつくしが幌峰の夜空を滑空していた。彼女はその出自ゆえ、夜目が非常に利く。

 「はあ~・・・・めんどくさ~・・・・・・誰かが余計なことしたせいでこっちの仕事増えたよ~・・・・・・しかもお嬢から手抜きするなって言われたし・・・・・・めんどくさ」

 いかにもかったるそうな口調で愚痴をこぼすつくしは今、いつものメイド服ではなかった。闇に溶け込まんばかりの色合いをした山伏を思わせる衣服、これが彼女本来の服装である。
 そもそも、何故彼女がこんな時間に単独飛行をしているのかというと、原因はバーサーカーらの駅での凶行にあった。それの勃発後に探知したために、彼女の主である神奈は後手に回ってしまったことに激しく憤った。おまけにライダーが勝手にいなくなったこともそれに拍車をかけた、もっとも感覚共有で彼がキャスターの下へ向かっていることを知り、また彼から鮮血兵数隊を任されていたこともあって、そこまで怒りが激化することもなかったのだが。そうして執事の佐藤一郎が操縦するヘリコプターに主とともに搭乗し、幌峰ステーションの上空まで飛行した。そしてつくしにはあるもののために降下、後に滑空しながら彼女に任せられた任務を果たすことだったが、降下直前にもかかわらず彼女は眠っていた。これには神奈も一郎も大いに呆れ果てたが、開かれたヘリのドアから寝返りを打ったつくしが落下、しかしそれと同時に目を覚ましたつくしはメイド服を脱ぎ捨て、グライダーの装着を完了していた。
 そして、現在に至る。

 「ま、いっか。どーせこれで最後だし、これ終わったらさっさと寝なおそっと」

 そう言って、彼女はグライダーの後部に繋がれているもの、凧状で下に何かの数字のようなものが描かれている石がぶら下がっているそれを結んでいる糸を、札状の紙を投げつけて切り離した。糸の切れた凧はそのまま空中に浮遊、一郎特製の制御装置を取り付けられているため、安定を失うことなくそのままぷかぷかと浮かんでいた。
 つくしはそれを確認すると、装着している発信機に向かって応答した。

 「あ~、こちらつくし~。全部設置し終えたから、もう戻るよ~」



 「お嬢様。つくしさんから連絡入りました。どうやら霊石の設置をすべて完了した模様です」
 「そう。わかったわ。それじゃ、すぐに術式を発動させるから、所定の位置まで移動して」
 「かしこまりました、お嬢様」

 佐藤一郎はヘリコプターを転換させる。つくしは神奈の魔力の込められた絵の具の力を十全に発揮できる霊石を駅周辺の特定の場所に空中から設置していたのだった。場所によっては高度や地形のせいでヘリコプターが入り込むには難しい箇所もあったために、より小回りの利くつくしのグライダーに委ねたのだった。
 そうして数分もしないうちに、神奈たちの乗ったヘリは所定の場所まで移動し終えた。ここからは、炎の壁に囲まれている幌峰ステーションがよく見える。それが目に入ったのか、神奈は苦虫を噛み潰したような顔をした。

 「よくも、ここまで好き勝手やってくれたわね・・・・・・!」
 「お嬢様。術の発動直前ですので、どうかお心を乱されぬように」
 「わかっているわ、爺」

 一郎に諭され、神奈は深呼吸をしてから、詠唱を始めた。

 「我、天よりの秘法をかのサモスの賢人を祖とせし探求者たちの意思を継ぎし者なり」

 詠唱とともに、神奈の魔力がうねり始めた。

 「天舞う息吹、地伏す蛇龍・・・・それらの恩恵、今ここに集い給え」

 そして地上から魔力が立ち上り、それらが空中の霊石に収束していく。

 「我が意、秘められし言の葉を持って今示さん」

 霊石に込められた魔力が溢れ出し、他の霊石へと繋がろうとしている。

 「空に渦巻きし奔流、その力にて邪なる因果断たんとす」

 輝かんばかりの魔力が、巨大な数秘紋となって幌峰ステーションの上空に形成された。

 「これを以って、その洗浄の光輝を体現せよ!!」

 夜なお暗い幌峰に、眩いばかりの魔力が駅全体を包み込んだ・・・・



 その光景は、地上からでも窺うことができた。魔力が収まると、駅を覆っていた炎の壁が消え失せていた。おそらくは、駅の中に立ち込めていた何とも言い難い狂気の根源も絶たれたことだろう。

 「おっ!どうやら、うまくいったみたいだな」

 戦闘の最中だというのに、シモンは飄々とした口調で言った。もっとも、鉄平もあまりにも突然のことであったために、戦いの手を止めていた。そして、アサシンもランサーも・・・・盛り上がろうとしていたランサーが不機嫌そうな顔をしたが、どうやら戦闘はほぼ中断と見ていいようだ。

 「ランサー!盛り上がりそうになっているところで悪いが、そろそろ切り上げろ!!」
 「・・・・・・ちっ!仕方ねえ」

 ランサーは渋々ながらもシモンに従って武器を収めた。一応戦意がなくなったと判断したアサシンもそれに倣った。

 「・・・・どういうつもりだ?」

 鉄平は当然の疑問をシモンに投げかけた。いつの間にか、シモンの腕が普通の人間の腕の状態に戻っている。

 「言っただろ?時間潰しだってな」

 シモンはそれにさも当たり前といわんばかりの口調で続ける。

 「バーサーカーもキャスターも今まで好き放題やってきたが、なかなか尻尾を出さなかったからな。そこでこの騒動だ。こいつのせいで管理人のお嬢ちゃんの逆鱗に触れちまったってわけだ。一応他のマスターとも一時休戦のつもりで呼びかけたんだが、これが意外にも捕まらなくてな・・・・それでたまたま連絡のついたおれが協力することになったわけだ。まあ、結果的におまえらはバーサーカーたちに敵対しているみたいだし、しかもセイバーたちもあの中でボランティアしているみたいだしな」

 鉄平は構内にいる残り一体のサーヴァントがキャスターだと思っていただけに、セイバーたちがあの中にいること自体が驚きだった。確かに、セイバーのマスターであるサラの性格を考えればそれも当然かもしれないが。
 鉄平は後で知ったことだが、神奈は駅周辺に鮮血兵を配備し、魔力による浄化の後に構内に突入、バーサーカーと敵対しているサーヴァントの援護を行いつつ、生存者の救助を目的としていたらしい。少なくとも、バーサーカーやキャスターに対する包囲網がほぼ出来上がっているようだ。

 「そういうわけだ。さっさと行くとしようぜ?基本的にやつらに対抗するやつらはみんな味方みたいなもんだからよ」

 確かに、鉄平たちとシモンらの目的は同じだろう。それだけに、鉄平は一つ腑に落ちないことがあった。

 「とりあえず、俺たちの目的もわかっていたってことだよな?」
 「ああ」
 「それにもかかわらず、駅に仕掛けられた魔術を解除している間の暇潰しだけのために俺たちに喧嘩売ってきた、と?」
 「まあ・・・・悪く言えばそうなるな」
 「それは別にいい。見方によっては俺たちの力量を測っていたっていう解釈もできるからな。で、もしもその暇潰しのせいで俺たちがやられたらどうするつもりだったんだ?」

 すると、シモンの目線があらぬ方向に泳いでいた。これで、何も考えていなかったことだけははっきりした。
 鉄平に睨みつけられて、シモンは慌てたように取り繕った。

 「と、とにかくだ!一応共同戦線が確立したことだし、これでこのことは水に流そうぜ!?そういうわけだから、改めてよろしく頼むぜ!!」

 そう言って、シモンは右手を差し出した。握手でも求めているのだろう。そして鉄平も右手を差し出した・・・・ように見えたが、鉄平の突き出された右拳はシモンの右手の横を通り過ぎ、シモンの顎にクリーンヒット!思わぬ攻撃をくらってしまったシモンはそのまま後ろに倒れこんだ、ゴッという鈍い音を立てて・・・・
 それを見ていたランサーは額に手を当てて呆れていた。

 「あーあ、だから言ったんだよ。向こうがきれるからやめとけって」
 「ほう。ちゃんと言ったのか?」
 「ああ。一応な」
 「で?ちゃんと行動に移すことで、それを止めたのか?」
 「いや、全然。どうせぼんやり待ってたってヒマだろうしな」

 今の発言で、サーヴァントのほうも本気で止めようとしなかったことが浮き彫りとなった。というよりも、止める気もなく悪乗りしていたのだろう・・・・ランサーが寒気を感じた瞬間、アサシンは蹴り上げた。そのとき、うっそうと生い茂るジャングルにそびえるように立っているヤシの木、そこになっている黄金色のヤシの実二つが見事に割れた・・・・・・どこからか、鐘が鳴った。
 仰向けに倒れ魚類のように口をパクパクとさせているシモン、股間に痛覚が残留しているためにそこを押さえてうずくまっているランサーを置いて(ちゃんとヤシの実は再生している)、鉄平とアサシンは駅へと向かっていった。
 暗い夜空の下にありながら、二人の心は非常に晴れやかなで清々しいものだった。



 「炎が・・・・・・消えた?」

 わたしは駅のホームに上がり、電車の中の座席に引沼さんを寝かせていた。思ったとおり、ホームには人の姿もほとんどなく、電車も止まっているものがほとんどだった。今日の運行はもう終わっているはずだから、多分もうここに電車がくることはないだろう。それにしても、引沼さんを連れて階段を上がるとき、本当にきつかった・・・・きっと、今までの人生の中で一番体力を使った瞬間かもしれない。現に上りきった後はしばらく動けなかったし。
 ともかく、電車の中で応急手当を済ませたわたしは、その中で息を潜める。人気のなくなったホームといっても、いつどうなるかわかったものじゃない。だから隠れる意味もこめて、このホームに移動した。
 今頃、アーチャーさんは命懸けであのバーサーカーと戦っているはず。大丈夫だと思いたいけれど、心配になってくる。先輩たちは、どうしているんだろう・・・・?炎も消えたし、駅の中にも入りやすくなっただろうな・・・・

 ジリリリリリリリリ・・・・・・!!!

 え?な、何?

 『間もなく、5番ホーム、紬山線、木野代行きの列車が発車いたします。閉まるドアにご注意ください』

 な!?ど、どういうこと!?!この電車は動かないはずだし、運転手の人もいないことも確認したのに・・・・・・!ああ!ドアが閉まっちゃった!!電車も動き出している・・・・・・!!!
 何が・・・・一体、何がどうなっているの!?!



~タイガー道場~

佐藤一郎「皆様。今回も・・・・」

シロー「ちょっと待ってもらおうか」

佐藤一郎「おやおや、シロー様。人が挨拶している最中に話しかけるとは、いただけませんなあ」

シロー「そんなことはどうだっていい。だが、ここの主が長期不在で、しかも我々が長く居座っていること自体が問題だと思うのだが」

佐藤一郎「ああ、そういうことですか。確かに、この状況では看板に偽りありの状態ですからね。少々お待ちください」

(佐藤一郎、一時退場)

ガチャガチャガチャ・・・・

とんっ、とんっ、とんっ!

(佐藤一郎、再登場)

佐藤一郎「お待たせいたしました。さて、これで文句はないでしょう」


~タイガー道場/えくすとら~

シロー「問題だらけだろうが!勝手に他所の看板をいじるな!!」

佐藤一郎「何を仰いますか。これは、藤村様とイリヤスフィール様のお二方による“タイガー道場”が“Fate/Extra”への出演を祈願しての命名なのですぞ」

シロー「そもそも、割り込める余地があるのか・・・・?というよりもだな、私はここで好き勝手するほうが問題だと言っているのであって・・・・」

佐藤一郎「さて、前回申しましたように、今回は角がチャームポイントのサーヴァント、バーサーカー様についてお話したいと思います」

シロー「(やはり無視したか・・・・)では、まずはステータスから見てもらおう」


クラス名:バーサーカー
真名:アステリオス
属性:混沌・狂化
マスター:???
身長:203cm
体重:173kg
イメージカラー:青銅
特技:なし
好きなもの:なし
苦手なもの:閉所、暗所、人間

ステータス
筋力:A+
耐久:A-
敏捷:C
魔力:D
幸運:E
宝具:B

スキル
狂化:A 筋力と耐久を2ランク、その他を1ランクアップさせるが、理性の大半を奪われる

怪力:A 一時的に筋力を増幅させる。魔物・魔獣のみが持つ攻撃特性。使用することで筋力を1ランク向上させる。持続時間は“怪力”のランクによる。
戦闘続行:D
神性:E-


佐藤一郎「ミノタウロスという名前でおなじみの牛の頭を持つ世界的に有名な怪物でございます。バーサーカーという名前から斧使いのイメージが先行してしまったために、早い段階から登場の決まっていたサーヴァントの一体となりました」

シロー「それで、何故バーサーカーが“斧使い”なのだ?」

佐藤一郎「それは某手強いシミュレーションのイメージからです」

シロー「・・・・確か、あれにも斧を使わないバーサーカーが初期のものにいたはずだが?」

佐藤一郎「そこは気にしない方向でお願いいたします。この方で難産だったのが、宝具でした」

シロー「確かに、バーサーカーの宝具といわれてもぱっと出てくるものではないからな」

佐藤一郎「色々とアイディアが浮かんでは消えました。そして、結果的にどういうものが生まれたのか、それは後のお楽しみということでご容赦ください」

シロー「その割には、バーサーカーも今戦っているアーチャーも今回そんなに出てこなかったな」

佐藤一郎「はい。実は、当初マスターやサーヴァントを全員出す予定は一切ありませんでした。それがだいたい一ヶ月ほど前にふとしたきっかけ(こちらに関しましてはお察しください)でインスピレーションが沸いて出てきてしまったために書くこととなりました」

シロー「初めのうちはどうするつもりだったのだ?」

佐藤一郎「シモン様とランサー様は通常通りに狩留間様とアサシン様と対戦なされまして、後はキャスター様とライダー様が対峙するという形でした。そうして次回の展開にもっていくつもりだったようです」

シロー「そうなると、本来であれば守桐神奈やセイバー組の出番はなかったわけか。確かに、彼女らの性格を考えればこのまま黙って見ているわけもないか。だが、今回の場合は少し焦点があっていないのではないのか?」

佐藤一郎「まあ、そこは思いついたものは仕様がないということで勘弁願います」

シロー「仕様がないで済ますな」

佐藤一郎「他にもいい方法があったのでしょうが、今となっては後の祭りにございますからなあ。それにこういう格言もございます。“これは、これで、イイ”と」

シロー「格言でもなんでもないだろう。というかなんだ?そのトラックのバック走行で連続大量殺人でも始めそうな喋り口調は?それとむしろ頭冷やせ」

佐藤一郎「そうですね。そういうわけですので、ランサー様の動機を上手く書けたかどうかを気にしつつ、今回はここでお開きとさせていただきます」

シロー「む?前回から始まろうとしていたアレは・・・・?」

佐藤一郎「それでは皆様。ごきげんよう」

シロー(なかったことにしたか・・・・)



[9729] 第十七話「疾走する戦場」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/04/30 03:11
 「はあ・・・・・・はあ・・・・・・ったく!思ったよりもしぶといヤツだな・・・・」

 柱の物陰にて隠れているアーチャーは荒い息を吐いていた。今、彼の数メートル先でバーサーカーがアーチャーの姿を求めていた。
 猛牛よろしく暴れ狂う牛頭の狂戦士、バーサーカー相手にアーチャーは宝具発動の暇さえ与えられず、後退を余儀なくされた。だが、おかげでバーサーカーの注意は完全に自分に向いており、沙織たちを遠くへ逃がすことができた。

 (さて・・・・これからどうするもんかね・・・・?)

 直接バーサーカーにまともなダメージを与えられ、かつ勝負の決め手となるのはやはり宝具だ。アーチャーの宝具はそのクラスのとおり射撃兵装によるものなので、接近されてしまえば一貫の終わりである。今ならば、遠方からバーサーカーに宝具を浴びせることも可能だ。ここでは慎重な行動が要求されるだろう。
 先ほど気がついたことだが、どうやらこの場にセイバーたちもいるようである。ただ、アーチャーはそこから感じ取れる動きから彼らが基本的にそこから動くことはないだろうものと考えていた。

(それにしても、あいつのあれは・・・・)

 アーチャーはバーサーカーの素顔が露呈された後の戦いの最中に、その首筋に刻まれているある文様が目に入った。その鈍く怪しい小さな光を放っていた刻印はどこか不気味さを醸し出していた。

 (まあ、あれが何なのか・・・・だいたいの察しはつくがな。そうなると、色々と面倒なことになりそうだ・・・・)

 しかしそれの正体をアーチャーはすぐに見抜いていた。それもそのはず、それはある人物に関わるものであり、その人物の正体を示すものだからだ。そしてそれによってアーチャーは逆に戦慄してしまった。もしかすれば、この一件は単なる狂乱では済まない可能性がでてきたからだ。

 (けど、今はそんなことを考えている暇はないか。問題は、あいつをどう仕留めるか、だからな)

 アーチャーはいまだに自分の姿を捜し求めている狂戦士を陰から見やり、身構えていた。相手がどんな思惑を持っていようと、今この場ではあの怪物の凶行を止めること、それがアーチャーのなすべきことであり、また彼のマスターである少女の目的だからだ。

 (とにかく、あいつを倒したら早くサオリを安心させないとな・・・・)

 アーチャーがバーサーカーの隙を窺いつつ、自分のマスターのことを考えていたそのときだった。どこからか鳴り響いてきたベルの音が彼の耳に入ってきた。この時代に招かれたアーチャーにとっては聞きなれないそれは、機械的な音。

 (なんだ?この音は・・・・?なんだか妙な胸騒ぎがするんだが・・・・・・)

 アーチャーはスキルとしての“直感”は持ち合わせていない。しかし、彼の持つ“超感覚”による超越した感覚器官による情報によって総合的に培われる“勘”さえあれば、直感のスキルがなくとも不自由などしない。それが彼の第六感となって働きかけるのだから。そして今、その勘が警鐘を鳴らしていた。

 (くそっ・・・・!サオリ、オレが行くまで無事でいれよ・・・・・・!!)

 アーチャーはバーサーカーの動きに警戒しながら、音の出所へ向けて全速力で向かっていった。そして、そこはそう遠くない、アーチャーの後方に位置する改札口の向こう、そこから先の階段を上った先にあるホームから聞こえてきた。


『間もなく、5番ホーム、紬山線、木野代行きの列車が発車いたします。閉まるドアにご注意ください』
 「なっ・・・・・・!?」

 アーチャーが到着したときには、列車は今にも動き出そうとしていた。彼は初めて目の当たりにする大型の鉄の箱に驚かされてはいたが、それ以上になんとも名状しがたいこの異常性を肌で感じ取っていた。なぜなら、今この場は交通機関としての機能を失ってしまっているからだ。このとき、アーチャーは駅全体を囲っていた炎の障壁が消失していることに気付いたが、今はそんなことを気にしている余裕などなかった。
 そして、アーチャーの視覚が、列車の窓の向こうで困惑の表情を浮かべている沙織の顔を捉えた。

 「サオリ!!」

 アーチャーは走行を始めた列車に向かって走り出した。しかし、そのとき唸り声のように聞こえてくる空気を切る音がアーチャーの背後から迫ってきていた。

 「くそっ!」

 アーチャーはその場に屈みこむように伏せて避けた。寸前のところで、アーチャーはそれに当たらずに済んだ。そして後ろからの飛来物が列車に突き刺さる。その正体は言わずもがな、巨大な戦斧だった。

 「■■■■■■■■■■■■ーーーーーーーー!!!!!!!!」
 「くそったれが!しつこいんだよ!!」

 後方に目をやると、バーサーカーが突進せんばかりの勢いで階段を駆け上がってきていた。アーチャーが移動していたのが見えたのだろう、それを追ってきたのだ。当然、斧の刺さった列車にも衝撃が伝わり、それによって沙織はようやく列車の外にアーチャーとバーサーカーがいることに気付いたようだ。

 「今はあんたなんかに付き合っている場合じゃないんだよ!!」

 アーチャーは沙織の乗せられた列車に向かって飛び掛り、その屋根の縁にしがみついた。

 「さて、ここからどうするかだが・・・・」

 しかし状況はアーチャーに思案させる時間を与えてくれなかった。アーチャーが列車の屋根の上によじ登ると、車両全体を震動が襲った。バーサーカーまでもが列車に飛びついてきたのだった。

 「やっぱこうなるのかよ・・・・・・!!」

 苦虫を噛み潰したような顔をするアーチャーをよそに、現代を走る鋼鉄の牛馬は戦場となって闇を駆け抜け始める・・・・



 「アサシン!あれを見ろ!!」

 遅れをとってしまった鉄平たちはようやく幌峰ステーションの近くまで辿り着いたのも束の間、駅から一台の列車が発進したのが目に入った。

 「鉄平よ!あの列車にはアーチャーとバーサーカーがおるようだぞ!!」
 「は?!一体どういうことだよ!?何でこの状況で電車なんて走るんだよ!?」
 「詳しいことは某にもわからぬ。だが、少なくともこのままでは引き離されてしまうのがオチだろう」

 鉄平が当たり前のような疑問をアサシンにぶつけても、これまた当たり前のように答えが返ってなかった。

 「クソ!これも全部、あのバカ二人が余計な邪魔をしてきたからだ!!」
 「鉄平!それに関して否定する必要はないが、少しは落ち着け!無用な怒りは思考を狭めるだけだ」

 憤慨する鉄平をアサシンが諌めると、鉄平の張っていた肩の力が抜けていった。

 「・・・・アサシン、悪かった」
 「謝る必要はない。主自身も言ったことが、これも全てあの地獄の果てまで阿呆な大馬鹿二人組のせいだ。気に病む必要は一切ない」

 必要以上に全責任を先ほど遭遇した二人にアサシンは押し付けた。今頃、一人はグロッキー状態になりながらバイクを押して、もう一人は槍を杖代わりにして、しかも無傷な股間の痛覚残留で内股気味に移動していることだろう。

 「鉄平よ。これよりあの列車を追うつもりだが、ついてこれるか?」
 「これぐらい、どうってことはないさ。むしろこれぐらい序の口だ」
 「よかろう。ならば、行くぞ」
 「ああ」

 アサシンの問いに力強く返事をする鉄平。文字通り疾風のように駆け出した二人は、夜の闇に溶け込むようにして、その場から姿を消していった・・・・



 「お嬢様!あれをご覧ください!!」

 一方、上空でもつくしを回収し終えたヘリコプターが線路上を走る列車の陰を捉えた。つくしが眠りこけている中、それを見た神奈はまたしても言い知れぬ怒りを覚えた。駅を襲っている魔術を解除した矢先に、今度は突如列車が走り出したのだ。しかもその上にサーヴァントがいるのだから。

 「弱りましたな、お嬢様。これではどう取り繕えばよろしいやら」
 「爺。今はそんなことよりも、あそこでサーヴァントが戦闘を始めた場合のほうがよっぽど問題だわ」
 「・・・・確かにそうですな。サーヴァントの皆様はとてつもないお力を持った方々。それがあんな場所で戦った日には、どうなることやら」

 サーヴァントは一種の兵器である。その兵器同士がぶつかるゆえに“戦争”。そしてこの状況を例えるなら、列車から機関銃を乱射しながらお互いに破壊力満載のダイナマイトを数え切れないほど爆破させているようなものだ。しかしながら、サーヴァントという兵器の力を言い表すならば、今述べたような例えでは足りないほどだ。

 「お嬢様。今更お尋ねする必要もないかと存じ上げますが、このままあの列車を追跡してもよろしゅうございますね?」
 「ええ。頼むわ、爺。いざとなればライダーを令呪で呼び寄せてでも、あの戦いを止めるわ」
 「かしこまりました、お嬢様」

 佐藤一郎は自らが操縦するヘリを旋回させた後に、そのまま列車の追尾を開始した。その様子は地を這うヘビを追う鷹のようでもあった。



 所変わって、ここは中央公園の百年記念塔、その一角にあるレストラン。ライダーとキャスターが対決しているこの場は、燃え盛る炎で部屋全体が明るく照らし出されていた。しかもキャスターの魔術によって、防火設備も完全に無効化されてしまっている。
 ライダーの手勢は、自身のそばに兵士が一人いるのを除いて、ほとんど散り散りになってしまっている。それもそのはず、キャスターは恐るべき巨大な炎の鉄槌、うねりを見せる蛇の大群の如きプラズマの矢が繰り出していたからだ。無論、ライダーたちも遠巻きに矢を次々と放っていたが、それらは全てキャスターに届くことなく、魔術の障壁によって防がれていた。

 「ほう・・・・これが神代の魔術というものか。その凄まじさ、噂以上だな」
 「ふっ、感心しておる場合か。仮にもワシを屠るつもりの男が、この程度で音を上げるとでも言うのか?」

 キャスターの周囲に燃える炎が渦巻き、それが大型の蛇竜の姿を形成していった。蛇竜はその牙を剥き出しにして、カウンターの陰に潜むライダーたちに襲い掛かっていった。しかし蛇竜がカウンターに衝突して炎上する頃には、ライダーたちはその毒牙から逃げ押せることができたのだった。

 「だが、術の威力に比例してその発動が遅すぎる。その証拠に俺も含めて誰一人として屠られていないようだ」
 「しかし、貴様もこのワシに傷一つを負わせることができておらぬではないか。もっと手駒を増やしたらどうじゃ?貴様の宝具ならば、それも簡単じゃろう?」

 舌戦においてもお互いに一歩も譲る気配のない二人のサーヴァント。ライダーたちが矢継ぎ早の速さでキャスターに矢を射掛けるが、矢はキャスターに近づくにつれて、そのスピードを落としていき、そしてキャスターに刺さることなく落ちていった。そのキャスターの両手の間の空間で魔力が不気味な輝きを帯びながら渦巻く。

 「じゃが、ザコでは話にならん。貴様が連れているそやつらも、おそらくは上位の隊長クラスと見受けるが、もっとマシな奴はおらんのか?例えば、四駿四狗のメンバーだとか、貴様の血統を受け継ぐ子や孫だとか、じゃ」

 キャスターの放つ稲光が枝分かれしてライダーたちに矢となって襲いくる。

 「もっとも、そやつらを呼び出せれば、の話じゃがな」

 キャスターはライダーの持つ鏃の宝具“鹿妃の骨矢”によって現界する “大いなる鮮血兵団”の特性を見破っていた。ライダーは自身の配下となる鮮血兵を魔力の許す限り無尽蔵に召喚することができる。これによって大陸を震撼させた騎馬軍団を再現することが可能としているのだ。また最大の特徴として、全ての鮮血兵がライダーの支配下にありながらもそれぞれが自分の意思を持っていることにある。これによって、戦闘においても臨機応変に行動をとることによって戦略の幅を広げているのだ。
 しかし、彼らはライダーに肉体と意思を与えられていながらも、彼らは英霊でもなければ亡霊ですらない。鮮血兵はいわゆるゴーレムに近い存在だ。そこがライダーの宝具の限界でもある。それが、彼の下で目覚しい活躍を遂げた将兵や一族の召喚を不可能なものにしている。
 雷撃が穿たれた場所、ライダーたちのいた場所から炎が立ち上るのを見て、キャスターはその顔を満面の笑みで浮かべさせていた。

 「どうじゃ、思い知ったか!これが天に唾せし者の末路!神をも恐れぬ愚昧なる破壊者の最後よ!!」

 今にも高笑いをしそうなまでに勝ち誇っているキャスターはその両腕を広げて、天を仰いでいた。だが、キャスターの袖を一本の矢が刺さり込む。

 「いちいち喚くな。五月蝿い」

 炎の中から、ライダーが姿を現した。辛うじて回避できたようだが、彼の衣服がやや焦げ付いてしまっている。ライダーの姿を確認したキャスターの顔から表情が消えた。ライダーの手の者たちも無事だったのか、炎や燃えているテーブルの陰からその姿を現した。

 「ふん・・・・ただでさえワシに押されておったというのに、この少ない手勢でどうワシを下すつもりじゃ!?」
 「貴様なぞ、これぐらいで十分だ。そしてよく見させてもらった」
 「・・・・・・そうか。ならば貴様の策、見せてもらおうぞ!!」

 そう言ってキャスターが両腕を掲げると、魔力とともに空気までもが渦巻いている。そしてそれは凝縮された暴風となった。

 「どうした!?早く見せねば八つ裂きにされようぞ!!」

 そうしてキャスターは巨大な旋風を放ち、それは室内の炎をも巻き込んで火炎の嵐となった。だがキャスターが攻撃に転じたと同時に、ライダーたちもキャスターに大量の矢を射掛けた。これにもさすがのキャスターも目を点にしてしまった。だがキャスターが咄嗟に避けようとして体を捻らせた拍子に、炎の嵐がライダーたちの放った矢をことごとく焼き尽くしていった。またライダーたちもギリギリのところでその場から飛びのき、風の刃から逃れることができた。

 「フン・・・・・・悪運の強い奴め。だが、これでわかったろう?我らは図らずも貴様の放つ神代の魔術の威力に萎縮してしまっていた。それゆえ、我らは貴様の攻撃を避けていたがゆえに、今まで貴様に届きもしない攻撃ばかり繰り返してきた。しかし、貴様に攻撃を加えるチャンスがあるとすれば、それは貴様が攻撃を放つ瞬間よ。このときばかりは、さしもの貴様でも防御魔術を行使することはできまい」

 不敵な笑みを浮かべるライダーを前にしているキャスターは、先ほど見せた驚きなどとうに消え失せていた。

 「・・・・なるほどな。策と呼べるほどの代物でもない単調なものじゃが、こういったものが逆に厄介よな。そして、よくぞそこまで見ていたものだ、とだけ言っておこう。まあ、あそこまで逃げ回っていれば当たり前の話じゃがのう」
 「だったら、今度は貴様に末期の言葉を言わせてやろう。それも、絶望と後悔に満ちた言葉でな」
 「身の程知らずめが・・・・よかろう。少しでも予定調和が崩れねば、我が知恵も振るい甲斐がないというもの。向こうも本格的になってきておるようじゃし、ワシも気を引き締めてかからねばな」

 睨み合うライダーとキャスター。しかし、キャスターがコーヒーを飲みながら眺めていた駅の映像がまだ写されていた。ただし、その光景は駅の構内ではなく、失踪する列車の上だった。



 古き時代の人間であるアーチャーは当然のことながら、生まれて初めて電車に乗ったことになる。ただし、きちんと車内にいるのではなく彼は車両の屋根の上に立って、しかも目の前には神代における恐怖神話の怪物が立ちはだかっていた。

 「まいったな・・・・ほとんど逃げ場はなしってわけか」

 長さの割には、およそ人間数人分が横に並んだぐらいの幅しかない狭い車両、つまりアーチャーの狙いもほとんど外れることはないが、逆にそれはバーサーカーにもいえることだ。しかも狭い通路とは違ってここは屋外であるため、バーサーカーの怪力を存分に発揮できる。もっとも、この足場の狭さがバーサーカーにどう影響するかはアーチャーにも予見できない。
 速度を上げて疾走している列車から飛び降りてもサーヴァントからすればなんら問題はない。しかし車内には沙織やその友人の引沼がいる。アーチャーは半ば人質をとられた形となってしまっているのだ。
 もっとも、アーチャーには最初から逃げるつもりなどないわけだが。

 「どっちにしても、ここいらで決着をつけようじゃないか」

 幸い、先ほどバーサーカーが投げ飛ばした斧は車両に突き刺さったまま放置されているので、今の時点でバーサーカーは徒手空拳となっている。しかしその肉体から繰り出される攻撃はアーチャーにはどれも致命傷になりうる。おそらくは、バーサーカーの攻撃、特に斧によるそれに耐えられるサーヴァントはこの中にはいないだろう。もっとも、ランサーでもバーサーカーの一撃には耐えられないだろうが、あの槍使いは不死身の肉体の持ち主なのでそれほど問題でもないのだが。ただ、その恐るべき攻撃力の割には、恐ろしいぐらいに命中率が低いのが幸いだ。
 位置関係としては現在、アーチャーが沙織の乗っている車両、先頭から二番目の上に立っており、バーサーカーの斧は最後尾の車両に突き刺さっていた、しかもバーサーカーはそのはるか前、アーチャーの立っている車両の次にいる。

 「■■■■■■■■■■■■ーーーーーーー!!!!!!」

 バーサーカーが妙に姿勢を低くして、口を大きく広げて咆哮をあげた。それが戦闘再開の合図となって、バーサーカーはお決まりの突進、頭の角を前に出してアーチャーに向かって突っ込んできた。バーサーカーが一歩一歩踏み出すたびに、地震が起きているかのように列車が揺れている。

 「くそったれ!!」

 アーチャーが毒づきながら、横へと飛び退く。バーサーカーの突進を避けることができた。しかしそれによって電車から飛び降りる形となってしまった。しかしアーチャーは間髪入れずに、列車の壁に向けて自分の持っている突剣を突き刺し、列車からの落下を防いだ。

 「チクショウ・・・・!思ったよりもやりにくい場所だな・・・・・・!」

 バーサーカーが動くたびに列車が揺れるのでは、アーチャーの狙いがつけにくい。それでも、そんな状況でもアーチャーにはバーサーカーに命中させられる自信があるのだが。もっとも、これからのバーサーカーの動きは直線的なものが多くなるのでしっかり狙いを定めれば、確実に仕留めることができるだろう。だが問題は距離だ。この限られた足場で一気に間合いを詰められてしまえば、そこでアーチャーの敗北がほぼ確定となってしまう。
 しかし、何も悪いことばかりでもないようだ。やりにくいのは向こうとて同じのようだ。突進を終えたバーサーカーはまた先ほどのようなほぼ前屈みで中腰の体勢をとっていた。格闘技にて、似たような構えはあるにはあるのだが、長い年月を迷宮の中で過ごしてきたあの怪物にそのような心得があるとは思えない。その証拠に、バーサーカーの攻撃はほとんど単調な力任せなものなのだから。では、何がバーサーカーにそうさせているのかといえば、答えは彼の頭上にあった。架線である。バーサーカーの図体はほとんど架線をつきぬけてしまうために、あのような体勢にならざるを得ないのだ。
 とはいえ、それでもバーサーカーの怪力は健在だ。不自然な体勢のおかげで幾分かは力が落とされているものの、一発でも攻撃を受けてしまえば致命傷は避けられない。

 「やっぱり、一筋縄じゃいかないみたいか・・・・・・ん?」

 剣にぶら下がっているアーチャーはふと、窓の中から沙織がこちらを向いているのが目に入った。突然の列車の発進に加え、たびたびこの列車が揺れているのだ。おまけに外で戦っているため、そこで何が起きているのか窺うことはできない。そのせいか、沙織の表情に不安がありありと浮かんでいた。
 そしてアーチャーは口元にふっと笑みを浮かべる。

 「安心しな、サオリ。こんなふざけた戦い、さっさと終わらせたら、ちゃんとそこから出してやるからな。だからもう少し我慢してくれよ」

 列車のどの窓も閉め切られているので、アーチャーの声が沙織に届いたかどうかは怪しい。しかし、アーチャーのその屈託のない笑みに沙織はほんの僅かだが、安心感を覚えたようだ。
 そうして沙織を安心させたアーチャーは顔を上げ、その目つきは鋭いものになった。

 「■■■■■■■■■・・・・・・・・・!!!!」

 バーサーカーが唸りながら、列車の屋根の上からこちらを覗き込んでいる。おぞましい牛の頭をした獣は、アーチャーを掴むべくその手をギュンと伸ばした。

 「そんなんでオレを掴めるわけがないだろ!!」

 アーチャーは反動をつけ突剣をバネのようにしならせて、そこから一気に高く飛び上がった。それで高く飛び過ぎないように、アーチャーは架線を掴んで抑制したことで、鉄棒を用いたような回転を見せた。アーチャーの足が頂点に達すると、そこで彼は架線から手を離し、その瞬間に体を捻らせることで体勢を整えるとすぐに架線に着地した。それを目で追っていたバーサーカーは自分の頭上にいるアーチャーを見上げる形となっていたが、アーチャーはすぐにバーサーカーから離れるように架線の上を駆け出した。

 「どうした?オレを狙っているんじゃなかったのか?」

 自分の挑発が狂っているあの怪物に届いているかどうかは判断に窮するところだが、それでもバーサーカーはほとんど四つん這いに近い体勢でアーチャーを追う。地面の上を走るのと変わらない速さで駆けるアーチャーは矢を三本つがえると、それらをバーサーカーの進行方向へと放つ。だが、その程度ではバーサーカーの勢いを止めることなどできやしなかった。その突進する猛牛が自分に近づいてくると、アーチャーは体操選手のようにその場から跳び上がり、体を反転させながらバーサーカーの後方へと着地した。そのバーサーカーの向かっている先には、列車の発車直前に刺さった本人の武器である斧があった。

 「よーし、いい子だ。そのまま気にとられていろ」

 バーサーカーは今、自分の斧にしか目がいっていない。アーチャーが架線上にいるのもバーサーカーに斧へ注意を向けやすくするためだった。そうすればその分だけバーサーカーの隙が大きくなる。バーサーカーが背を向けている今、アーチャーは宝具を発動しようとした。
 しかし斧を目前にしたバーサーカーは意外な行動に出た。両腕で掴んだのは斧ではなく、頭上にある架線だった。この瞬間、アーチャーは宝具を発動させずにバーサーカーの動きに全神経を傾けた。その動きに不穏なものを感じたからだ。バーサーカーは両足を屋根から離し、体重を両腕で支えていると、その直後に架線から手を放し、音を立てて地面に着地した。このとき、大きな揺れが列車を襲った。

 「くそっ!同じ徹は踏まないってか!?」

 バーサーカーであるミノタウロス、アステリオスの最後は不意打ちをくらって絶命したという、意外にも呆気ない死に様だったという。バーサーカーにアーチャーの意図が読めたかどうか知らないが、本能的に不穏なものを感じ取ったのだろうか。
 揺れが収まったころには、バーサーカーはすでに斧を手にしており、その刃を水平にしつつ先ほどのような低姿勢で突進を始めた。

 「■■■■■■■■■■■■ーーーーーーー!!!!!」
 「ちぃっ!結局振り出しどころか、こっちが不利になりやがった!!」

 今から宝具を発動するにはギリギリかもしれない。バーサーカーの攻撃を回避できることは回避できるが、それがいつまでも持つとは思えない。それに車内には沙織がいる。戦いを長引かせるわけにはいかなかった。
 アーチャーが苦虫を噛み潰しているかのような顔をしていると、何か強大な魔力が列車を追跡しているかのように近づいてきているのを感じた。

 「今度は何なんだよ!?」

 バーサーカーとアーチャーとの距離がほぼ数メーターに達したそのとき、その魔力が自分たちの間に割って入ってきた。ガキン、という金属音が響くと同時にバーサーカーの突進が止まった。
 セイバーが、渾身の力をこめてバーサーカーの攻撃を受け止めたのだった。

 「随分とてこずっておるようだな、アーチャーよ」
 「あんた・・・・!?どうして、ここに・・・・・・・・!?」

 アーチャーの驚きはもっともなものだった。何しろ、セイバーの介入はないものと踏んでいたのだから。
 鍔迫り合いの末、両者ともに弾かれて距離がある程度開いた。しかしセイバーの剣とそれを手にしている腕が若干震えているところを見ると、力ではバーサーカーのほうが上のようだ。

 「どうして、か。見てのとおり、令呪によってここへ飛ばされてきたのだが?」
 「いや、それはなんとなくわかるが、オレが聞きたいのはあんたがなんで、令呪で飛ばされてここにきたのかってことだよ」
 「フム・・・・・・とりあえず要点だけ話そうか」

 セイバーは短めな顎鬚をさすりながら話し始めた。

 「そなたも気付いていようが、我々は故あって駅に侵入、その後に被害に遭った者たちの救助に当たっていた」
 「その辺りは気配でわかった」
 「しかし、これ以上バーサーカーどもの凶行を看過できぬものとした。そなたとバーサーカーがぶつかり合っているのを魔力で察したのでな。そして、そなたの助太刀をすべく、我がマスターにその旨を話した」
 「・・・・で、あのお嬢ちゃんはなんて答えたんだ?」
 「“言うのが遅すぎるわよ!”と怒鳴ってきた直後に、令呪により参上したという次第だ」
 「ハハ・・・・まあ、らしいといえばらしいか。けど、大丈夫なのか?あんたがここにいる間はお嬢ちゃん、無防備になるんじゃないのか?」
 「少なくとも我らの近くにライダーの鮮血兵がいた。どうも敵対の意思なしと見て結界を解除、それからは被害者たちを屋外へと運搬した。少なくとも今は安全な場所で引き続き救護を行っておるよ」
 「・・・・なるほどな」

 アーチャーはこれでセイバーもこちらに敵対する意思がないと見た。これだけの情報を与えたのだ、少なくとも共闘の意思ありと判断できる。もっとも、この主従の性格を考えてもこちらの油断を誘うような真似だけはしないことだけはわかっていたのだから。ともかく、無事な人間がいることを早く自分のマスターに伝えたい。そのためには、目の前にいる敵を打倒する必要がある。
 この思わぬ共闘者は、話すべきことは全て終えたとして、敵意を剥き出しにしている狂戦士へと刃を向ける。

 「さて、バーサーカーよ。貴様に言葉が通じるとも思えんが、敢えて言わせてもらおう。貴様の・・・・いや。貴様らの蛮行、ここまでとさせてもらう。もはや一切の慈悲や赦しはないものと思え」

 セイバーは腰を落とし、バーサーカーに向けていた剣を構え直した。

 「■■■■■■・・・・」

 対するバーサーカーは唸り声を上げ、斧を両手で握っていた。

 「■■■■■■■■■■■■!!!!」

 すると、バーサーカーが咆哮したその直後、バーサーカーは斧を横に振るいながらセイバーに向かって突っ込んでくる。そして迎え撃つセイバーは身動き一つとらず、バーサーカーを待ち構えていた。バーサーカーの斧がセイバーに近づきつつあると、ついにセイバーはその剣を振るった。セイバーの剣はバーサーカーの斧をいなす。さらにもう一撃を受け流す。次々とバーサーカーの繰り出す攻撃をセイバーは見事に防ぎ切っていた。そのバーサーカーもセイバーの見えない圧力に圧迫されてか、今までのように突き抜けることができず、そこから進むことができないでいた。

 「さすがは最優のサーヴァント。ほとんどあの攻撃をものともしてねえや」

 激しい金属音が鳴り響く中、二人の打ち合いは常に最高潮そのものであった。それもそのはず、セイバーもバーサーカーほどではないが、かなり大柄だ。頭のてっぺんが架線に触れるかどうかはギリギリのところなのだから。そして怪物バーサーカーとここまでの戦いを演じられるのも、“セイバー”というクラスの能力や数値のおかげともいえる。もちろん、これらを大いに活用できているセイバーの力量も高いことを示している。
 この分ならば、アーチャーも心置きなく後方からの狙撃に集中できるというものだ。

 「・・・・・・ん?ちょっと待てよ」

 ここでふと、アーチャーはあることに気付いた。サーヴァントの中でもトップクラスの体格を誇るバーサーカーとセイバー。そして二人の足元から聞こえてくる、金属音で掻き消えてしまうほどの僅かなイヤな音。
 アーチャーは思いっきり嫌な予感がした。

 「お、おい。マジかよ・・・・」

 この後の展開は簡単に読めてくる。この展開はアーチャーにとって非常にまずい、しかし場合によっては好機ともいえるものだ。それでも彼の本心からいえば、これだけは絶対に避けたい事態だ。彼は声を大にして二人の戦いを止めたかった。

 「むううううううううううううううん!!!!!」
 「■■■■■■■■■■■■■■■■■■!!!!!!」

 しかしこの状況では、どうしても二人の耳に届くとも思えない。ましてやもう一人のほうは言葉が通用するかどうかさえも怪しい上に、敵対関係にあるのだ。下手に止めようものならば、こちらの身が危うい。
 加えて、突如やってきた協力者に関しても同じことがいえるし、それにおそらくはこのような戦いの中断を由としないだろう。アーチャーは少なくとも、“騎士”という生き物がどういうものかを知っているのだから。
 そして、ここから狙撃するにはセイバーが妨げとなっていてバーサーカーを狙えない。狙おうにも、時間がなさすぎる。

 「・・・・・・くそったれが」

 こうなってしまっては、アーチャーは毒づくしかなかった。



 駅から発車してどれくらいなんだろう。もう通りかかる駅も停車することなく進行しているし、悪いことにこの場に時計もないから時間もわからない。アーチャーさんも窓からこっちに顔を見せてからそれっきりだ。ときどき列車に揺れが襲ってくるたびに不安がこみ上げてくる。
 座席に寝かせている引沼さんはまだ目を覚ます気配がない。でも、引沼さんには悪いけれど、逆にまだ気を失ったままでいたほうがいいかもしれない。わたしたちがあそこに着くまで、引沼さんの身に何があったのか知らないけれど、きっと物凄い怖い目にあったことだけはわかる。そんな目にあったのに、いきなりこんな暗い列車の中にいたらパニックを起こしかねない。
 ノンストップで走っている列車の中にあって、もうどれぐらい時間が経っているのかわからなくなってきた。上のほうで多分、アーチャーさんがバーサーカーと戦っているんだろうけれど、本当に列車の外で何が起こっているのかさえもわからない。わからないことだらけのこの車内は、一種の無人島のような空間となっていた。
 それにしても、上から聞こえてくる戦いの音がいっそう激しくなっているような・・・・

 ガコオォン!!!

 「きゃあ!?」

 大きな音とともに天井が突き破れてしまい、それと同時に二つの人影が列車の中に降り立った。背中を向けている一人はいうまでもなくバーサーカーだけど、もう一人がセイバーだとわかるのに少し時間がかかってしまった。
 それもそうだ。何しろ暗くて顔がよく見えなかったし、それにここにいるはずのない人物がこうして敵と戦っているのだから、脳の処理が追いつかなかったせいだ。
 落下してきた二人の距離が開いているみたいだ。

 「やっぱり、こうなっちまったか」

 すると、二人に続いてアーチャーさんが飛び降りてきて、バーサーカーの背後、つまりわたしの近くに着地した。

 「アーチャーさん!大丈夫ですか!?」
 「ああ、なんとかな」
 「それにしても、どうしてセイバーが・・・・?」
 「あのお嬢ちゃんがよこしたんだとさ。考えていることはだいたいあんたと一緒みたいだ」

 そうだったんだ・・・・なんだか、サラにまた借りができちゃったな。

 「ま、なんにしてもこれで背後取ったりっていう形になったわけだ。狂っているとはいえ、下手にオレとセイバーのどっちかに手を出したりすりゃ、自分がただじゃすまないっていうことを理解できる脳ミソはあるみたいだな」

 そういえばそうだ。今、バーサーカーを挟み込むようにしてセイバーとアーチャーさんの二人が立っている。こういう形になった以上、この戦いはほとんどアーチャーさんたちが優位だ、それは素人目から見ても明らかだった。
 それなのに、どうしてアーチャーさんは浮かない顔をしているんだろう・・・・?

 キキィィィィィィイイイイイ!!!!!!
 ガシャアアアアァァァァァアアアアン!!!!!!

 「きゃっ!」
 「なっ―――――――!?」
 「■■■!?!」
 「くっ!よもやこの場面で!!」

 カーブに差し掛かった際に列車は音を立てて横倒しになってしまい、車内の空間に秩序が失われてしまった。外での戦いがどんなものだったかわたしにはわからないけれど、それでも結構揺れていたはずだ。むしろ今まで倒れたり列車が崩壊したりしなかっただけでもたいしたものだと思った。
 けれど、事態は急転する。
 わたしは、目にしてしまった。倒れた衝撃でバーサーカーの手から斧が抜けてしまったところを。そして、その先には、座席から転げ落ちる引沼さんの姿が。
 その先に待ち受ける未来は、明白だった。




 ―――ダレカガ、シヌノハイヤダ




 蒼白になった頭の中は、一つの思いに支配され、それがわたしの体を動かした。



 思い返せば、倒すチャンスはいくらでもあったんじゃないか。現に、バーサーカーがセイバーと打ち合いをしているときや列車の中に落ちた瞬間を狙えば倒せたはずだ。この列車が倒れたときなんかそう思って後悔したな。
セイバーの奴はまだ剣をどっかに突き刺して凌いでいたからまだいい。けど、あろうことかバーサーカーの野郎の斧が列車に揺られて思いのほかあっさりとヤツの手から抜けやがった。さらに悪いことに、斧が吹っ飛んだ先にサオリの友達がいた。そのせいでサオリは、オレが考えられるだけでも最悪の行動をとろうとしていた。
ほとんど動きがとりにくい中にあっても、オレはどうにかしてサオリに手を伸ばそうとした。




―――間に合ってくれ!!




 だがしかし、オレのそんな願いも、オレの手も届くことはなかった。



 自分でも、あんな状態でよく動けたなと思う。でも動いてしまった。そのとき、自分やその周りが非常にゆっくり動いているように思えた。そういえば、このかが前に見ていたテレビ番組で、戦闘中に周りがスローモーションのように動いていたり、逆に止まっていたりといった場面があったのを思い出した。でも、この場合は動いているわたしもゆっくりしたものに感じたけれど。
 それでもわたしは、引沼さんの前でその身をさらす。バーサーカーの手から抜けた斧が、わたしの体にその刃を深くめり込ませた。
 ああ、やっぱりこうなっちゃった。思っていたよりも恐怖感とか、頭が真っ白になって何も考えられなくなったとか、そういうことはなかった。これで三度目になるからだろうか。一度目は災害で死に掛けて、二度目は自分から死にに・・・・誰かのために身を呈するというのは意外にも、これが始めてだったりする。正直、引沼さんが助かってよかった。けれど、誰かを救えたという自己満足にも似た感慨は沸かなかった。現に、アーチャーさんなんていつもじゃ考えられないような顔をしているのが見えちゃったし・・・・
 そして、世界は動き始めた。



~タイガー道場/えくすとら~

佐藤一郎「皆様。今回もこの作品にお付き合いいただき、真にありがとうございます。司会進行はこのわたくし、佐藤一郎でお送りさせていただきます。どうぞ、よろしくお願いいたします・・・・・・・・」

(間)

佐藤一郎「おや、シロー様?どうかされましたか?」

シロー「どうかした、とは?」

佐藤一郎「いつものシロー様であれば、“なんだ。まだ我々はこんな茶番を続けているのか?全く、時間の無駄もいいところだな”といった感じの皮肉を仰るかと思われましたが」

シロー「正直、いちいち構うのも億劫になった」

佐藤一郎「然様ですか」

シロー「それに、だ。どうにも先ほどから落ち着かないのもその理由の一つともいえるかも知れんな」

佐藤一郎「ああ、なるほど。それでしたら、あとで説明するといたします。それより今回は、宝具の紹介を始めたいと思っております」

シロー「ほう・・・・そういえば、最低でも二つは出てきたはずだが、まずはどちらから説明するのだ?」

佐藤一郎「ええ。今回は情熱の赤い血潮がイメージカラーのライダー様の主力であらせます騎馬軍団“大いなる鮮血騎団”の紹介に移りたいと思います」

シロー「その詳細は、これだ」


名称:大いなる鮮血騎団(イェケ・ケシクティ)
使用者:ライダー
ランク:A
種別:対軍宝具
レンジ:1~99
最大捕捉:1000人
右手の掌に、鏃の宝具“鹿妃の骨矢(コアイ・マラル)”で刺し傷を作り、そこから流れ出た血によって現界する、生前のライダーの配下だった騎馬軍団。それを構成する鮮血兵は基本的にライダーの支配下にあるが、ある程度の自立した意思を有する。また、ライダー自身の騎馬もこれによって生成。一般兵卒から隊長格までその戦力差はまちまちだが、騎馬戦を得意としている。ただし、これはあくまで“再現”であるため、実際のライダーの配下たちとはまったくの別人であり、また実在した人物、特に名を残した人物の再現はさすがのライダーといえど不可能である。ちなみに、宝具は騎兵召喚に用いる“鹿妃の骨矢”のほうで、量にもよるが、血一滴で100騎の騎兵の生成を可能とする。


佐藤一郎「一応ライダーさまの宝具も実は何気に難産だったりします。と言いましても、先ほど見直しましたところによりますと、こちらは形状以外のものでしたらほぼ原型どおりだったようです」

シロー「“こちら”か。宝具の名前を見てもしや、とも思ったがやはりか・・・・」

佐藤一郎「ええ。シロー様のご想像通りです。そちらのほうも、後ほどのお楽しみ、ということで」

シロー「ちなみにここだけの話だが、若干よその掲示板の影響もあるようだ」

佐藤一郎「しっ!黙っていれば気付きませんのに!!」

シロー「ああ、すまん。つい口が滑ってしまった。見てのとおり、この体は犬でできているのでな。基本的に何も隠すことなどないから口も軽くなってしまうというものだよ」

佐藤一郎「それはそれで仕方ありませんね・・・・」

シロー「あと余談だが、作者の頭の中ではイスカンダルと比べた場合は火力では向こう、機動力ではこちらが上回っていると思い込んでいるようだ。勝敗を左右するのは両者の戦術次第、とのことだ」

佐藤一郎「まあ、お二方とも広大な領土を有した上に、後世まで強い影響をお与えになられた方々。まともにぶつかればそれこそ大戦争ですな」

シロー「それで、本編に関する話題に切り替えるが、随分と思い切ったことをしたな。列車の上での戦闘やら、最後のシーンやら・・・・」

佐藤一郎「はい。まず、戦闘シーンに関しましては、以前に赤いレプリロイドが主人公のゲームの第二弾をやったときに、黒豹の姿をしたボスとの戦闘場面にて、“電車の上でのバトルって、クールじゃね?”と思ったことがきっかけなんだとか」

シロー「それにしては、あまりそのシーンを活かしきれていないな」

佐藤一郎「と言いますと?」

シロー「これがシエルやメドゥーサのような空中戦を得意とするキャラクターならばまだ見栄えがあるだろう。だが、パワー重視のバーサーカーでは列車の疾走感を表せないと思うが?」

佐藤一郎「まあ、そこは大目に見てやってください。何しろ、執筆中でキャラを動かしにくかったそうで、しかもそのことに気付いたのはその最中だったのですから」

シロー「まあ、実際列車の上で戦闘などまともにできそうにないがな。現に上は架線やら何やらでゴテゴテとしているのだからな」

佐藤一郎「それと最後のシーンですが、決して意味もなくやっているわけではありませんよ。色々思うところはあるのかもしれません。ですが、このように本編でも危機的状況を迎えているわけですが、決して沙織様方が脱落するようなことはありませんので、そこはご安心ください」

シロー「そこまで言っていいものか・・・・・・ん?ちょっと待て。今なんて言った?本編“でも”・・・・?」

佐藤一郎「ああ、それですか。それでしたらシロー様。こちらをご覧ください」

シロー「ん?望遠鏡・・・・?一体外に何が・・・・・・・・・・あれは、ヘラクレスの頭のように見えるが・・・・?む?だんだん近づいてきているぞ・・・・よく見ればあの上にイリヤスフィールと藤村大河の姿が・・・・・・」

佐藤一郎「お分かりになられたでしょう。何故、先ほどから落ち着かないのかが」

シロー「・・・・ああ、十分に分かった。だが、これも当然の成り行きだろう。何しろ、他所に土足で上がって我が物顔で居座っているようなものだからな」

佐藤一郎「ええ。それで、実際問題どういたしましょうかね?」

シロー「そんなもの簡単だ。これでお役御免ならば、早々にここから立ち退けばいいだけの話だ」

佐藤一郎「それなんですが・・・・」

シロー「なんだ?」

佐藤一郎「実はこの空間、決して伝説になれない緑の勇者における仕掛けを解かないと脱出できないダンジョンの小部屋に似た状況と言いますか。もっといえば口(“くち”と読みます。というよりもむしろ読んでください)ックマンのボス部屋に似た状態になりましたと言いますか・・・・」

シロー「要するにここから出られないのだな」

佐藤一郎「はい。仰るとおりで」

シロー「・・・・・・・・・・・・・・・」

佐藤一郎「イヤですね。そんなネロア様を前にしたアルクェイド様みたいな目でわたくしを見つめないでくださいよ。恥ずかしい」

シロー「そもそもこうなった原因は何なのかわかっているのだろう?」

佐藤一郎「はい。ですが、こちらもただぐだぐだと雑談に興じていたわけではございません。こうなることを予測して、ちゃんと対策も練りました」

シロー(何故、素直に明け渡そうとしないのだ、この男は・・・・?)

佐藤一郎「目には目を、歯には歯を、バーサーCARにはバーサーCARを。というわけでバーサーCAR零式発進です」

シロー(バーサーCARとは、随分とまた陳腐な真似を・・・・)

ゴウン
 ゴウン
  ゴウン・・・・・・
ガチャーン・・・・・・・

バーサーCAR零式「Aaaaaaaaaaarrrrrrrthurrrrrrrr!!!!!!」

シロー「って、バーサーCARってそっちか!?」

佐藤一郎「言ったでしょう。バーサーCAR“零”式と。ではバーサーCAR零式、発進」

バーサーCAR零式「Aaaaaaaaaaaaaaaaa―――――――!!!!!!」

バーサーCAR零式、本家バーサーCARへ全速前身。

佐藤一郎「さて、バーサーCAR零式も無事発進しましたことですし、向こうのバーサーカー戦もクライマックスを迎えました。それでこのあとは今までの話の手直しをするかどうか迷っていらっしゃるようです。ですが、どうか温かい目で見守ってやってください」

シロー「あー・・・・この場面でこういうことを言うのもあれだが、我々は先ほどのバーサーCARに乗ってここから脱出したほうがよかったのではないのかね?」

佐藤一郎「それでは皆様、ごきげんよう」

シロー「やはり無視か・・・・あ、向こうで両者もろとも大破したぞ」



[9729] 第十八話「一矢」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/05/08 03:02
 事故や災害というものは突発的に起こるものだ。それらは前もって予測できるようなものではない。現代においては予報などで事前に知らされることも多くなり、また予防策も多く知らされている。しかし、それでもそれらの被害が後を絶たないのは、いきなり襲い掛かってこられてしまうからである。だから、防ぎようがない。
 では、この場合はどうなのだろうか?列車が脱線し横倒しになった。普通に考えれば、それだけで大事故であるのは間違いない。そして現在、その中で何が起きていたのか。一般には知られることのない魔術師の儀式、聖杯戦争。その一端が倒れた列車の中でも繰り広げられていた。
セイバー、アーチャー、バーサーカー・・・・この三人の英霊、そして彼らを従えるマスターと呼ばれる存在。この場ではアーチャーのマスターしかいないが、サーヴァントという名でこの世に蘇った英霊にとって、マスターの存在は必要不可欠だ。なぜなら、サーヴァントがこの世に留まるにはマスターから供給される魔力が必要なのだから。では、そのマスターが死亡すればどうなるか?答えは明白だ。サーヴァントは自然と消滅するのみである。
 そういう意味で、アーチャーは自身のマスターに手を伸ばそうとした。もちろん、それは彼自身がマスターである少女を守ると決意したからである。アーチャーのマスターである少女、野々原沙織はその体にバーサーカーの斧、列車が倒れた際に握っていた手から抜け出てしまったその刃が深く食い込む。その凶刃から聖杯戦争に巻き込まれた友人を守るために、自分の身を晒して・・・・
 アーチャーの手が届く前に、沙織の体は地面へと仰向けに倒れる。
 このとき、アーチャーは自分のはるか後ろでセイバーが目を見開いているのを感じ取った。彼もアーチャーと同じくバーサーカー打倒を目的としてこの場に現れた。それだけに、この状況が彼にとっても信じられないものだったのだろう。
 このときのアーチャーの思考は誰にもわからない。だが、それからしばらくもしないうちに更なる異変が起ころうとしていた。



 沙織がバーサーカーの斧に倒れる前に時間を戻す。神奈は佐藤一郎の操縦するヘリコプターに搭乗してサーヴァントたちのいる列車を追っていた。このとき、ちょうどセイバーが列車の戦いに参戦したころだった。

 「おやおや。エクレールのお嬢様も大胆なことをいたしますなあ」
 「何はともあれ、これでバーサーカーの打倒も早くなりそうね」

 神奈はこの土地を任された管理人であることも手伝って、一族の悲願である「」の到達よりも街の治安を第一に考えて行動しており、ライダーから預けられた鮮血兵たちにも本来ならば敵対関係にあるはずのサラの支援に回らせている。何しろ、そのサラが駅で救護活動を行っていたためである。これが済んだあとで、助かった人間の記憶操作を施すつもりだ。無論、それは魔術の隠蔽のためでもあるが、神奈自身は体験していないが少なくとも今日あの駅は地獄だった。そんな記憶をいつまでも持たせるのは酷だと考えているからでもある。

 「こんな事態ばかりなら、もうこれからは聖杯の解体を本格的に視野に入れて動くべきね・・・・」
 「そう仰ると思いましたが・・・・それもそれで茨の道ですな」
 「わかっているわ。けれど、根源の到達は何も私の代で成さなくても、次代に託せばいいだけの話だもの」
 「まあ、そこがお嬢様らしいといいますか、なんといいますか・・・・」

 佐藤一郎は少し口を濁してしまった。神奈の魔術師としての心構えやその魔力は決して他の魔術師たちと比べても劣っているわけではない。根源への到達の意味さえ十分理解している。しかし、彼女の場合、魔術師としての矜持よりも街への愛着心が強いようである。この聖杯戦争は彼女の一族が根源へいたるためにザルツボーゲンへ土地を提供したのだが、どうも一族の悲願よりも街の安寧を第一に考えて動いている。そして、今回駅で起こった凶行を機に、彼女の比重は聖杯解体へと大きく傾くことになったことだろう。
とはいえ、それこそ茨の道である。ランサーのマスター、シモン・オルストーは魔術協会の意を受けて聖杯の回収を目的にこの地を訪れている。いきなり解体となれば彼も魔術協会もすぐに納得できるものではないだろう。
 そしてアサシンのマスターである狩留間鉄平。彼は純粋に聖杯を求めている。その力を使って意識を失った姉にかけられた呪いを解くことを目的としている。少なくとも彼ならば聖杯を悪用することもないだろうし、彼の事情もよく知っているだけに、率直に言えば彼ならば聖杯を譲ってもいいとさえ考えている。しかしすぐに聖杯を解体するとなれば彼との対立も避けられない。そうなれば彼と手を組んでいるアーチャーとも激突する可能性もある。
 だが、この二人よりもさらに厄介なのが自分のサーヴァントであるライダー・覇道王チンギスカンに他ならない。彼もまた鉄平と同様に聖杯を求めているが、鉄平が“他”のために使おうとしているのに対し、ライダーはあくまで“己”のために聖杯を用いようとしている。その目的は肉体を得て、生前自分が果たせなかった世界制覇を今度こそ成し遂げようというのだ。そうなれば世界が今以上に混乱することは目に見えている。
 一番の難敵が、他のマスターやサーヴァントではなく自分のサーヴァントであることが皮肉な話だ。

 「しかしながらお嬢様。その憤りによる決意はもっともでございますが、ここは一つ、それが早計とならないよう冷静におなりください。あのお二方さえ打倒すれば、少なくともこのようなことはもう起こりはしないのですから」
 「・・・・・・何が最良なのか、よく考えてみるわ」

 下界の列車の屋根が陥没し、サーヴァント三騎が車内に入ったころ、後部座席で眠っていたつくしがいきなり起き上がったのだ。

 「おや、つくしさん。ここでお目覚めとは珍しいですね」
 「・・・・・・・・ん~・・・・なんかさぁ、寝つきが悪くてさぁ~・・・・・・」
 「いつも隙さえあれば、立ったままだろうが仕事中だろうがところかまわず居眠りするあなたが何を言っているの・・・・」

 寝ぼけ眼のつくしに苦言を呈しているところで、つくしはハッとなった。何の前触れもなくつくしが目を覚ますときは決まって何かよくないことが起こる前兆である。
 そして、それは起こった。

 「お嬢様、こちらを」
 「これは・・・・・・?」

 つくしに気をとられていると、いつの間にやら列車がカーブで横倒しになっていた。サーヴァントならば、この程度は問題ではないだろう。
 しかし、神奈はつくしが起きたことによりこれだけでは済まないことを肌で感じ取っていた。そして、そのときだった。

 「爺!早くここから離れてちょうだい!!」
 「は・・・・・・?何が何なのかわかりませんが、かしこまりました」
 「とにかく急いで!できれば速度を上げて!なるべく遠くへ!!」

 神奈の魔術師としての勘が警鐘を鳴らしていた。そうしてヘリコプターはその場から離脱。その直後、神奈は列車からおびただしいまでの魔力が溢れ出るのを肌で感じ取った。それは、沙織がバーサーカーの斧に刺さってからのことだが、彼女は沙織が列車の中にいることまでは知らなかった。



 「なあ、アサシン。ここはどこだ?」
 「さて、な。少なくとも我らは市内を走っていたことだけは確かだ。それも、列車を追って」
 「だよな・・・・一応外にいたんだよな?」
 「ああ」
 「なのに、何でいきなり室外にいるんだ?」

 鉄平の疑問はもっともだった。自分とアサシンは沙織やアーチャー、バーサーカーが乗っていると思われる列車を追って走っていた。いきなりセイバーと思われる魔力が列車に到達したときは肝を冷やしたが、敵対する気はないことが判明して一応安心した。
 問題はそこからだ。いよいよ列車に追いつこうとしたとき、いきなり膨大で禍々しい魔力が自分たちに迫ってきたのだ。その魔力が自分たちを包み込んだ次の瞬間には、自分たちは見たこともない通路に立たされていた。
 そこは石造りの大きな回廊で、ジメジメとした暗い雰囲気を醸し出していた。その光景はまるで、RPGに出てくる地下迷宮、俗に“ダンジョン”と呼ばれる場所のようでもあった。

 「一体全体、何がどうなって・・・・」
 「鉄平よ。これはおそらく固有結界、もしくは宝具の類かと思われる」

 固有結界とは、魔術師にとっての秘奥である“魔法”に近い大魔術。宝具とは英霊の持つ武装でその英霊の切り札でもあり、諸刃の剣でもある。

 「現に、この空間に引きずりこまれてから、某の力が落ちている。それがどれほどかまでは判断に窮するが」
 「確かに・・・・いわれて見れば、こっちも気力がどんどんと削がれているような気がするよ」
 「いや・・・・削がれているというよりは吸い取られている、と言ったほうが正しいかもしれぬ」
 「少なくとも、この状態での戦闘は危険ってことに変わりはないんだよな?」
 「ああ。そのとおりだ」

 アサシンは他のサーヴァントに比べて戦闘力が特別高いわけではない。そして鉄平もサーヴァントに敵う戦力ではない。この状況は、二人にとってマイナスの方向に働いている。

 「とにかく、なるべく戦闘は避けること。アーチャーか沙織を見かければ、沙織を優先的につれて離脱を図ること。ただの人間である彼女には、ここはきつかろう」
 「そうだな・・・・とにかく、ここで立ち止まっているわけにもいかないな」
 「ああ。急ぐぞ」

 二人の影は回廊の闇の奥へと溶け込むように消えていった・・・・



 「向こうもいよいよ大詰めを迎えてきたようじゃのう」

 炎が燃え盛る室内にて、ライダーらと対峙しているキャスターが自分自身で窓に投影した映像を横目で見つつ上機嫌で喋った。

 「何が面白いのだ・・・・何も映っておらんではないか」

 ライダーはそんなキャスターに呆れた眼差しを送った。彼は窓に駅や列車の様子が映されていたことに気づいていたが、今その映像は砂嵐で乱れていた。というよりもほとんど映像として成り立っていない。

 「まあ、ここいらで休憩と行こうではないか」
 「何をふざけたことをぬかしておるのだ、貴様は?」
 「とりあえずはワシの話を聞け。貴様も知りたくはないか?バーサーカーの真名とその宝具を?」

 ライダーはキャスターに向けていた弓を下ろす。一応は彼の話を聞くつもりはあるようだ。他の鮮血兵たちもそれに倣って戦闘体勢を一時的に解く。

 「まずはバーサーカーの真名、奴の名は雷の忌み仔アステリオス。まあ、愚昧なる貴様にはミノタウロスという名のほうが馴染み深いじゃろう」
 「ふん、ミノタウロスか・・・・そうなると、その宝具は奴の名とともに知られる迷宮伝説、というのが妥当なところか。くだらん・・・・・・」
 「まあ、ここからが奴の宝具の面白いところじゃ。じゃが、その前に貴様に一つ、問題じゃ。ミノタウロスといえば、奴を幽閉した迷宮も世界的に有名じゃが、その迷宮にミノタウロスの餌となる少年少女が何人送られたかのう?」
 「・・・・・・小童が七人、小娘も七人。全部で十四人。それが宝具の発動条件か」
 「然様」

 キャスターは変わらず講釈を続けるように話す。

 「流石のワシでもきっちり、少年七人少女七人と数えられているかどうかは疑問じゃが、奴の斧に十四人分の生き血を吸ったとき、奴の真の力、“魔宮の幻牢(ラビュリントゥス)”を呼び起こし、その場を迷宮伝説の恐怖を現代に再現するのじゃ」

 嬉々として語るキャスターとは対照的に、ライダーはさもつまらなそうに聞いていた。

 「なるほどな・・・・“ラビュリントゥス”とはもともと両刃の斧の“ラブリス”が語源。あの斧が宝具発動のための寄代、というわけか・・・・だが、単に迷宮の再現だけではちと面白みにかけるな。おそらくは、他に何かあるのだろうが、そんなことは今の俺にはどうでもいいことだ」

 ライダーは弓を構え、矢を放つ。しかし矢はキャスターの魔術によって防がれてしまった。

 「今、重要なのは貴様を殺せるかどうか、だ」
 「やれやれ・・・・話し甲斐のない奴よな、貴様。せっかく貴様に迷宮の中ではどうなるかとかあそこから出る方法とか、そういったことを話す気でいたのに、それが全て台無しになってしまったわい。理解力と勘は申し分ないのに、もったいない」
 「貴様に褒められて喜ぶ奴など媚を売る奴ぐらいだろう。俺は今、貴様がくだらないお喋りをしている間にさっさと葬り去ればよかったと後悔しているところだ」
 「その割には随分と饒舌じゃな・・・・まあ、一つの小休止だと思え」
 「戯けが・・・・・・」

 ライダーや鮮血兵たちが一斉に矢を弾幕のように放つ。しかしキャスターはそれらを苦もなく、魔術で防ぐ。しかし、先ほどとは違ってキャスターは自分から攻撃に転ずることができなくなっていた。そうしてしまえば、ライダーたちの矢が自分を貫くかもしれないからだ。もちろん、それで自分が敗れるとは露ほどにも思ってもいないが、万が一ということもある。
 キャスターは、自分最大の武器が一撃で城塞をも破壊するほどの威力を持つ神代の魔術ではなく、自分が願って手にすることのできた知恵であると自負している。幸い、この部屋にはいくつか致死的な威力を持つ罠を張っている。上手く誘導すれば、ライダーの戦力をいくらか削ることができるだろう。もちろん、ここでライダーを葬り去ることができるのがベストだが、それは高望みだというもの。
 確実に、そして徐々に敵を疲弊させ、あるいは減らすこと。そういった臆病なまでの慎重さが知恵者に与えられた特権でもある。この程度のことなどキャスターは苦でもない。
 まずは、あの辺りにいる鮮血兵の近くには自分が張った罠の一つがある。そこに上手く誘き寄せ、発動さえすれば敵への牽制になるだろう。キャスターは心の中でほくそ笑んでいた。



 バーサーカーの宝具が発動したその直後、突然沙織に突き刺さっていた斧から膨大な魔力が溢れ出し、それらが突風のように自分たちを襲ってきたと思えば、あたり一体の景色が横倒しになった列車の内部などではなく、どこかの石造りの建物の回廊に一変していた。
 その場には、アーチャーや沙織だけではなく、セイバーや引沼、そして当然のことながらバーサーカーもいた。そして相変わらず引沼は気絶したままだった。

 「なんだ、こりゃ?」
 「おそらくは、これがバーサーカーの宝具なのだろう」
 「宝具か、なるほどな・・・・」

 突然のことに面食らってしまったアーチャーの疑問にセイバーが答える。アーチャーも一時期が動転しそうになったが、皮肉にもバーサーカーの宝具の発動で幾分か落ち着く結果となってしまった。そうして彼は気付いてしまったのだから、宝具発動の引き金となったのが、沙織がバーサーカーの斧に刺さった瞬間だということに。
 何かが自分の頭上を飛び越えた。バーサーカーだった。彼は沙織のそばで着地し、彼女に刺さっていた斧の柄を掴んで、それを引き抜いた。斧の抜けた傷から、血が噴水となって噴き出た。

 「■■■■■■■■■ーーーーー!!!」

 バーサーカーの咆哮が回廊に轟き、再び手にした斧を横に振るう。しかしアーチャーはすぐさま沙織や引沼を抱えながらもそれを回避することができた。アーチャーはぐったりしている沙織に目をやった。沙織はその体にあまりにも大きな傷が刻まれているものの、確かに彼女の口から微かな呼吸が聞こえた。アーチャーは沙織の命が潰えていないことに少ないながらも安堵した。しかし、その傷からは血が溢れ出している。
 アーチャーは顔を上げ、斧を振りかざしているバーサーカーをねめつける。その目には、明確な敵意が宿っていた。しかし、その斧が振り下ろされることはなかった。すかさずセイバーが間に入ってバーサーカーを切り伏せたからだ。

 「アーチャー。あれを睨んでいる暇がそなたにはあるのか?」
 「・・・・・・わかっている」
 「はたして、そうか?今のそなたはバーサーカーをこの手で葬り去ってやりたいという思念に囚われている。激情は結構だが、果たしてそれで倒せるような相手ではないと思うが?」
 「二度も言わせるな。それぐらい自分でもわかっているんだよ・・・・!」

 アーチャーは先ほどと変わりのない口調だが、その声にはその目同様の怒りがこめられている。しかし、彼は辛うじて声を抑えていた。

 「正直、色んな感情がオレん中で暴れまわっていて、今にも体が張り裂けそうなんだよ。はっきり言って、今すぐあいつをあんたの言うようにこの手で葬り去ってやりたいが、こんなんじゃそれもできやしねえよ・・・・・・!」
 「・・・・その感情は、バーサーカーに対する憤りか?」
 「・・・・半分。もう半分は、オレ自身の不甲斐なさへの、だ」

 アーチャーは口の端が裂けるほどに強く歯軋りした。その一方で、セイバーの攻撃を受けて倒れていたバーサーカーが、立ち上がった。だがバーサーカーに倣う形でアーチャーも沙織と引沼の二人を抱える形で立ち上がる。アーチャーは言う、先程よりも落ち着きを幾分か取り戻した口調で。

 「悪いが、オレはサオリたちをどこか安全な場所まで運ばなきゃならねえ。こんな場所で寝かせるわけにもいかねえからな。だからそれまでは、あんたがあいつの相手をしてくれ。そうすりゃ、オレの頭も十分冷えるかもしれないからな」
 「・・・・どうしても自らの手でバーサーカーを倒さねば気が済まぬようだな。だが、仮に身がそなたの主張を聞き入れたとして、身に何か益はあるのか?」
 「オレがあいつを倒すには、どうしても宝具が必要だ。敵対サーヴァントのうちの一体の宝具がもう一個拝めるんだ。あんたにとっても、あのお嬢ちゃんにとっても、悪い話じゃないと思うけどな」

 セイバーはアーチャーの言葉に眉を顰める。それでも、バーサーカーへの注意は怠っていない。

 「・・・・・・それが何を意味するか、そなたはわかっているのか?敵となりうる者に対して、その名を明かすということはこの戦において狂気の沙汰としか思えぬ」
 「あんただって、オレが何者かぐらいは検討ついているんだろ?こんな格好だ、正体がばれているも同然だ」

 セイバーはしきりに唸っているバーサーカーへと対峙する。

 「・・・・・・五分だ」

 しばらく間を置いてから、セイバーは言った。

 「五分で彼女らの避難を完了させよ。それ以上は待てぬ、ゆえにそのときは遠慮なく奴をこの剣にて征伐させてもらう」
 「・・・・・・ああ。悪いな」

 二人のやり取りは、それで終わった。それでアーチャーは沙織と引沼の二人を抱えながらそこから去っていった。
 そして残されたセイバーとバーサーカーは互いに睨み合う。この空間は先ほどの列車の中よりは広く、バーサーカーが思いっきり斧を振るうには十分すぎるほどだった。

 「・・・・さて、ここは気を引き締めねばな」

 セイバーは先ほど以上に警戒心を強めていた。この空間に移り変わってから、自身の全てのステータスやスキルが下がっているのを感じ取った。それだけでなく、自身の魔力でさえも搾り取られている感覚もした。おそらくは、これがバーサーカーの宝具の特製なのだろう。そして、連日のように伝えられていた失踪者の中には、ここで命を落とした者もいるはずだ。

 「■■■■■■・・・・」

 バーサーカーは再度、斧を振り上げる。

 「その攻撃はもはや見切った。もう通用は・・・・・・?」

 セイバーは何か違和感があって、目を凝らして見た。それは見間違いなどではなかった。バーサーカーの全身の筋肉が、やや膨張していた。
 セイバーは全力でその警鐘を鳴らした。バーサーカーの斧が振り下ろされ、セイバーは後ろへと一気に飛び退いた。振り下ろされた斧の一撃が炸裂したその床には、大型の力士が二人ほど並べられそうな巨大な穴が開いた。

 「ぬうっ・・・・・・!よもや、この局面にて“怪力”を発揮したか・・・・・・!!」

 サーヴァントの持つ“怪力”はメドゥーサやミノタウロスなどの怪物として後世に伝えられている者どもの持つ恐るべき力を発揮するスキル。このバーサーカーの一撃に関して言えば、たった一撃でも受けてしまえば、死体とは呼べないほどの無惨な肉塊に成り果てるだろう。この一撃を耐えられる英霊など、おそらくは片手で数えられるぐらいしかいないに違いない。

 「■■■■■■■■■■■■■■■ーーーーーーーーー!!!!!!」

 その後もバーサーカーは斧をメチャクチャに振り回しながら前進する。セイバーは後退を余儀なくされ、回廊のいたるところには巨大な穴や溝がいくつも出来上がった。

 「こうなってしまっては、背に腹は変えられん・・・・・・!!」

 セイバーは意を決した。もはや五分どころの話ではない。その時間も先ほどのバーサーカーとの打ち合いから計測したものだが、このままではアーチャーが来る前にこっちがやられてしまう。やはり手加減など純粋な殺し合いの場には不要なものなのだ。
 そして、セイバーの剣から魔力が溢れ出す。セイバーの剣の刀身からまばゆいまでの輝きが放たれる。

 「さて、鬼が出るか、蛇が出るか・・・・・・!!」

 バーサーカーとの間合いが完全に開いているにもかかわらず、セイバーはその場で剣を振り抜く。剣から光の塊が飛び出してきた。その輝きは、アメジストをも上回る紫色の煌きだった。その光の塊はバーサーカーの胸部に炸裂し、バーサーカーは後ろに飛ばされた。その威力はクレーンの鉄球に勝るとも劣らないほどだ。

 「では次だ!」

 さらにセイバーは剣を振るう。今度はオパールのような黄金色に輝く光弾だ。それが倒れているバーサーカーに命中。今度はバーサーカーの体に電流が走った。バーサーカーから苦悶の声が響く。

 「うむ・・・・攻撃は一級品だが、守りに関しては粗末としか言いようがないな」

 それでもバーサーカーのダメージは微々たるものだが、全く効果がないわけではなかった。なにしろ、これまでセイバーの放っていた攻撃は自身の宝具を開放していたのだから。
だからと言って、セイバーは宝具を完全に開放したわけではない。現にこれまでバーサーカーに浴びせていた攻撃も、ランクで言えばCの対人宝具クラスの攻撃なのだから。セイバーはこの攻撃を“虹輝剣爛(ルミナス・レギア)”と名付けていた。威力は決して見劣りするものではないが、どのような効果を持つ攻撃が放たれるか、セイバー自身にも予測がつかないのが玉に瑕だ。
もっとも、この宝具の真の力はこれと比較にならないほどの威力を持っているのだが、それはまた別の話。
 立ち上がるバーサーカーにさらに“虹輝剣爛”の一撃を見舞う。今度はバーサーカーの体に、立ち上る炎とともに刀傷が広がった。

 「貴様を屠るは身の役目ではないが、そこで二度と立ち上がれぬよう倒れ伏して、貴様にふさわしい末期のときを待っているがいい!!」

 セイバーは剣を振るうべく構えを取るが、対するバーサーカーは振りかぶった勢いに任せてセイバーに向けて斧を投げ飛ばした。それはアーチャーとの対決で見せた放物線を描いた投擲ではなく、フリスビーさながらに水平に飛んできた。
 セイバーはとっさに後ろに倒れこんでそれを避ける。

 「危ないところであった。身ともあろう者が、この程度の攻撃を予測できぬとは・・・・・・むっ!?」

 顔を起こしたセイバーは、バーサーカーがこっちに突進してくるのが見えた。それは角を前面に出した、これまでどおりの突撃。しかしセイバーにとっては初めて目の当たりにする攻撃。しかしながら、そのスピードはアーチャーのときの比ではなく、仮に先ほどの列車と真正面からぶつかっても、最低でも先頭車両を粉々にするぐらいは造作もないに違いない。

 「いかん!!」

 セイバーはバーサーカーの突進が視界に入った直後に、横へ転げた。その僅か数秒後にはバーサーカーはセイバーのすぐ横を通り過ぎた。だが、その風圧でセイバーはより勢いをつけて地面を転がることとなってしまい、壁に背中を激突させてしまう。とはいえ、あのままだったのならば確実にその肉体をバーサーカーに踏み砕かれていたことだろう。

 「とはいえ、この状況はあまりよろしいものではないな・・・・」

 ゆっくりと立ち上がるセイバーの視界には、バーサーカーが先ほど自分に投げつけた斧の元へと到達し、それを拾い上げているところだった。
 こちらにくるりと振り向いてきたその顔は、牛の大口を開けてその目を敵意でぎらつかせていた。セイバーの額から、冷や汗が一筋流れ落ちる。



 薄暗い回廊の中を行く影一つ。その影が辺り一帯をうかがうような素振りを見せると、その場でしゃがみこんで、何かを下ろした。

 「・・・・大体この辺でいいか」

 この場所ならば、今バーサーカーとセイバーが戦っている地点からかなり離れている。他にも迷宮の中を彷徨っている者たちがいるが、おそらくはバーサーカーの宝具の発動に巻き込まれた部外者たちだろう。なので、とりたてて問題にはならないものと判断したアーチャーはそこに引沼と沙織の二人を寝かせた。沙織の傷ついた体をアーチャーが応急手当のために、自らのマントでその傷口を包んでいた。

 「・・・・・・セイバーも少し押されてきたか。少し急がないとな・・・・」

 バーサーカーの宝具により形成された迷宮の影響で、アーチャーの超感覚の精度も若干落ちてしまっていた。しかし、それでも彼の持つ感覚が常人以上であることには変わりない。

 「・・・・悪いな、サオリ。こうなっちまったのも、さっさとバーサーカーを仕留められなかったオレの責任だ。あいつを倒したらそれで許されるわけでもないが・・・・それでも今はあいつを倒さなきゃならないのは確かだ」

 セイバーがバーサーカーに破れるとは考えにくいが、万が一ということも十分ありうる。おまけにこの宝具はどうも、内部にいる者たちの魔力を吸い上げているようだ。それがいつまで続くか全く見当もつかないが、沙織が大怪我を負っている今、そんなに時間をかけていられるはずもない。おそらくは、この宝具を発動したバーサーカーを倒しさえすれば自然と解除されるに違いない。脱出できる確証はないが、ほかに手立てはない。そうでなくとも、バーサーカーは倒さねばならない相手の一人であることに変わりはない。

 「サオリ、ちょっと行ってくる。それまでは不安になるかもしれねえが、これだけは許してくれよ・・・・」

 顔だけ見れば、沙織は眠っているようにしか見えない。しかし、彼女は今、生きるか死ぬかの瀬戸際だ。黄泉への迎えが来る前に、早くしなければと思いつつも、焦りに駆られないよう自制している。アーチャーは立ち上がり、闇の奥へと足を勧めた・・・・



 「ぬう・・・・っ!!やはり、五分とは言わず、三分と言えばよかったか・・・・」

 バーサーカーとセイバーの戦いは横から見ている分には互角のように思える。しかし、心理的にセイバーは追い詰められていた。斬り込もうにも、一歩踏み違えばバーサーカーの斧の餌食となってしまい、一瞬で木っ端微塵となるだろう。なおかつ、バーサーカーの攻撃を剣で捌こうものならば、剣ごと粉々に砕かれてしまう。かといって、先ほどのように離れた上での戦いとなれば、斧の投擲か突進のどちらかがセイバーに襲い掛かってくるだろう。
 だが、運命の女神はセイバーを見捨てたわけではない。これらの攻撃をつかず離れずの距離で上手く凌いでいた。だからといって、防戦一方というわけではない。台風圏のごとき猛攻の隙間をついてどうにか“虹輝絢爛”を放ってはいた。しかし、その攻撃のどれもが決定打とはなりえなかった。
 勝機はないわけではない。その手段は一つ。だが、それではアーチャーとの約束をたがえることとなる。
 そして今もなお、バーサーカーの振り回す斧の攻撃をセイバーはギリギリ見切って回避していた。このままではジリ貧になるのは誰の目から見ても明らかだった。

 「■■■■■■■■■!!!」

 バーサーカーが斧を振り上げた瞬間、突如としてその動きを止めてしまった。これにはさしものセイバーも呆気に取られてしまった。

 「・・・・・・遅すぎるぞ」

 しかし時間としては五分以内なので、遅いことはない。セイバーの視界には、アーチャーの姿があった。遠くからといえども、身に纏っている服や頭に被っている帽子の何もかもが緑一色で統一されていた。その出で立ちは、現代の幻想小説に登場するエルフを髣髴とさせていた。
 肩に刺さった矢に構わず、バーサーカーはアーチャーのいるほうへと振り向いた。

 「バーサーカー・・・・いや、ミーノスの牡牛アステリオス。あんたが何を思って現世へ蘇ったのか、キャスターやあんたのマスターが何を望んでいるのかは知らない。だが、あんたは少しやりすぎだ。おとなしく“座”へ帰って反省していろ・・・・・・!!」

 アーチャーはすでに矢を弓に番えていた。対するバーサーカーはアーチャーの姿を確認すると、セイバーのことはもはや捨て置いて、闘牛のように足踏みを始めた。
そのセイバーはもはや手出しする気などなかった。しかし、もしもの場合を考えていつでも背後から斬りかかれるよう身構えていた。それが約束を反故にするものであることも、騎士道に反する行為であることも十分承知していた。だが、ここでアーチャーが倒されたとすれば、バーサーカーへの勝利が難しいものとなってしまう可能性もある。しかもそれだけ時間もくうだろう。そうなれば、この迷宮で魔力を吸い尽くされ、何がどうなっているかわからぬまま朽ち果てていく者たちも出てくるはずだ。

 (・・・・アーチャーが、身がいる中で宝具を用いるのもわかるな)

 もちろん、宝具を使えば状況をひっくり返すことなど容易い。もはや出し惜しみなどしているヒマなどない。
 その一方で、アーチャーが弓を構え、矢を強く引き絞る。しかし、先に出たのはバーサーカーだった。バーサーカーが一歩踏み出したその瞬間、アーチャーの矢に光が集束していった。その光は手に触れた瞬間に弾けそうな脆さでありながら、どこか温かみがあって、若々しい、そんな感じの光だ。

 「これは、もしや・・・・・・!」

 一歩、一歩・・・・・・突進するバーサーカーはその光を追っているようでもあり、その光景は、この状況では少しおかしな例えになるが、まるで虫捕りに興じる児童のように思えた。
バーサーカーとアーチャーの距離がどんどん詰まっていく。その距離が半分ほどまでに迫ったそのとき、アーチャーの矢に眩い光が帯びていく。しかしその光は、セイバーの剣の荘厳さを醸し出す光とは違う、どこか牧歌的でありながら神秘的なものを感じさせた。
 この光を見たセイバーが連想したものは“森”だった。

 (森にまつわる、緑衣の弓使い・・・・!アーチャー、やはり、そなたは・・・・・・・!!!)

 ここに、一人の男の物語がある。その男はある意味では、“英雄”と呼ぶにふさわしくないのかもしれない。なぜならば、その男は“無法者”、彼は法を犯し、金品を強奪していた、いわば盗賊の類だからだ。しかし人々はその男を好ましく思っていた。なぜならば、その対象となっているのは私欲の限りを尽くす悪人に分類される輩で、逆に弱者からは決して奪わず、また自身の仲間も決して見捨てる真似はせず、そのために大勢の仲間からも慕われていた。また無法者といえども、彼は敬虔なる愛国者でもあった。
 彼の死は非業なものであったのかもしれない。だが、彼の名やその生き様は人々の心に焼き着いていた。語り継がれる彼の物語は多岐に渡る。
 一つだけ変わらないものは、その男が義に生きたこと。その男の名は、彼が根城とした森の名とともに広く知れ渡っている・・・・

 バーサーカーがいよいよ、アーチャーの目前にまで迫ってきた。しかしアーチャーは決して動じず、バーサーカーを見据える。

 「“深き森精の一矢(シャーウッド)”!!!」

 最大限まで絞られた弓弦が鳴り、森の精の力を纏った矢はバーサーカーの眉間一直線に向かって放たれる。
 矢は吸い込まれるようにバーサーカーの眉間に深く突き刺さる。

 「■■■■■■■■■■■■―――――――――――!!??!!?!!!!」

 仰け反るバーサーカーの口から響く叫びは、地獄から吹き荒ぶ魔風を思わせた。
 ノロノロと後ずさるバーサーカーは手にしていた斧を落とし、力なく膝を着いてしまった。
 この戦いの勝利は辛くも、アーチャー、緑林の義士ロビン・フッドの手によっておさめられたのだった。



 百年記念塔におけるライダーとキャスターの戦いは、ライダーの配下の鮮血兵の数人がキャスターの罠にはまり消滅したといえども、均衡を保っていた。
 そのとき、窓の映像の砂嵐が収まったのがキャスターの目に入った。そしてライダーも何事かとキャスターの視線に釣られたことで、戦いの手はまたもや止まってしまった。
 映像には、横倒しになった列車の中で、膝立ちになってほうけたように見上げているバーサーカーの姿が映されていた。そして、その眉間に矢が深々と埋め込まれたところを見ると、その勝敗は明らかであった。

 「ふん・・・・・・狂化しているといえども所詮は退治されるだけの獣。やはりサーヴァントの一体や二体を仕留めるまでにはいたらなかったか・・・・」

 先ほどの上機嫌にライダーに話していたときとは打って変わって、キャスターは吐き捨てるように言った。

 「ならばもういいだろう。貴様も同じ目にあうがいい。もっとも、貴様の場合は矢一本ではなく我らの射る矢でハリネズミのようにしてやるつもりだが?」
 「まあ待て」

 口元を笑みで歪ませながら、キャスターはライダーを手で制す。

 「遺言は聞く気はない」
 「そう言うでない。これぐらいの後始末、すぐに済むから気を急くでない」
 「後始末・・・・・・?」

 ライダーが怪訝そうな顔をすると、キャスターはパチンと指を鳴らした。



 「おい、ここは・・・・・・」

 案の定、バーサーカーに宝具を浴びせたその直後に、迷宮は消え去った。だが、どういうわけか自分やセイバーにバーサーカーはおろか、離れた場所に避難させた沙織と引沼の姿まであった。

 「どうやら、やつの宝具が解除されれば元いた場所に戻るようだな」
 「そうかい。何の意味があるのか知らないがな・・・・」

 理由はわからないが、逆にアーチャーにとってはありがたかった。迷宮が解除された場合、沙織たちの位置がどうなるかまでは思い至らなかったからだ。もっとも、バーサーカーを倒すことに集中していたため、考えもしなかったのだが。
 ともあれ、これで一段落といったところだろう。バーサーカーの背後に潜むキャスターの動向が気になるが、これで少なくとも魂喰いが頻発することはないだろう。
これで沙織も一安心・・・・と言いたいところだが、その沙織は瀕死の重傷を負っている。もはや一刻の猶予もないだろうことは明らかだった。すぐに治療に専念させねばならない。その辺りは空也がどうにかしてくれるかもしれないが、はたして鉄平はこれをどう思うか・・・・彼は沙織のことを気にかけていただけに、このことを知ればショックを受けるだろう。もっとも、気落ちするか自分に怒りをぶちまけるかはわからないが、そのどちらになってもアーチャーはそれを受け止めるつもりでいる。
そしてバーサーカーはまだ肉体は残っているが、あの分では抵抗する力も戦意も残っていないだろう。サーヴァントは死を迎えれば、その肉体は消滅する。バーサーカーは明確な敵だったが、何故だかその死を見届けねばならない気がした。

 「・・・・・・ん?」

 バーサーカーのほうに目をやったアーチャーは、ある意味では信じられないものを見てしまった。バーサーカーがその目から涙を流し、その力の入っていない口が弱々しく動いていた。

 (・・・・・・なんて、言っている・・・・?)

 アーチャーは耳を澄ませてバーサーカーの口から声が僅かに聞こえてきた。バーサーカーは死を迎える瞬間に、その特性たる狂化が解ける。そのため、バーサーカーたるミノタウロス、アステリオスも何か言い残そうとしている。
 そして、アーチャーはその最後の言葉を聞いた。

 (・・・・守れ、なかった・・・・?)

 聞こえてきたのは、思わぬ言葉。その意味をアーチャーが知る由もなく、また考える暇も与えられなかった。
 突如として、車内が明るくなった。照明がついたのではない。列車が出火したのだ。

 「なっ・・・・・・!?」

 炎は尋常ならない勢いで一気に燃え広がり、車内は炎の海と化し、アーチャーたちの周囲を包み込む。

 「くそ、何がどうなって・・・・・・!!!」

 バーサーカーに勝利した僅かな気の緩みと、バーサーカーの言葉の意味を考えあぐねていた直後にできた気の緩み。この二つの緩みが油断となってしまった。幸い、沙織と引沼の二人は自分のそばにいたおかげで、すぐに抱え上げたからまだいいが、今自分たちは炎に取り囲まれてしまっている。セイバーは問題ないとして、自分だけの脱出ならばまだしも、沙織たちもいる中での脱出は一人のときより困難なものとなってしまっている。だがしかし、ここでモタモタしている暇などないのも事実だ。
 そのとき、アーチャーは背後から何者かが炎を通り越してこちらに近づいてきている気配を感じた。その気配の主がセイバーではないとわかり、警戒を強める。

 「くっ・・・・!バーサー、・・・・・・・・・?」

 ここでアーチャーの言葉は途切れ、張り詰めていた気が途端に緩んでしまう。背後から現れたのは、確かにバーサーカーであった。その肉体や、その牛の頭は見間違えようもない。現に戦いの最後で自分の放った矢が見事に刺さったままなのだから。だが、その体を炎に焼かれながらも、その目は敵意に燃えておらず、むしろ逆に穏やかな目をしていた。
 バーサーカーはぬっと手を伸ばし、二人の少女を抱えているアーチャーを掴みあげ、それを自分の懐に寄せる。

 「あんた、まさか・・・・・・・」

 バーサーカーは身をかがめ、炎の中を進んだ。そうして辿り着いた場所は、セイバーとバーサーカーが屋根の上で戦闘していたときにできた穴だった。

 「アーチャー!これは、一体・・・・・・!?」

 セイバーにとっても、バーサーカーがアーチャーらを救出した光景が信じがたいものに映っていた。
 それから、バーサーカーはその穴へ向けて、アーチャーらを投げ飛ばした。

 「お、おい!!」

 幸い、陥没した天井にできた穴の周辺には炎は燃え広がっていなかった。しかも投げたときの力がそれほど強くなかったおかげもあって、アーチャーは空中で姿勢を整え、着地することができた。沙織と引沼の二人とも、服や体にすすは着いていたものの火傷の一つも負っていなかったのは不幸中の幸いだった。
 それから程なくして、セイバーが屋根にできた穴からこちらに駆け寄ってきた。

 「セイバー。バーサーカーは?」
 「もうじき消えるだろう。一応はそなたを助けたのだ。礼は言っておいた」
 「そうか・・・・・・」

 バーサーカーも自分の最後は理解できているのか、燃え盛る列車から出てくる気配はなかった。炎の勢いは激しいにもかかわらず、夜の闇をほのかに照らすに留まっていた。

 「なあ、セイバー・・・・」
 「礼など不要だ」
 「そうかい・・・・けど、あいつ、本当に伝承どおりの化け物だったのかねぇ・・・・?」
 「さて、な。だが、それでヤツの仕出かしたことが帳消しになるとも思えんがな」
 「そんなことぐらいわかっているさ・・・・」

 ミーノスの牡牛と呼ばれ、怪物と蔑まれたあの大男が何を思っていたのか、なんともいえない顔をしてぼうぼうと燃える列車を見つめる二人にはわからず、それを知る術すらも残されていない。
 アーチャーの胸の中で、何かが疼いた。



 キャスターが指を鳴らしたその直後に、列車が炎に包まれている光景が映し出された。キャスター本人は薄ら笑いを浮かべている。

 「これで、後始末はお仕舞いじゃ」
 「なるほどな。バーサーカーごと他の奴らも始末しようという腹積もりだったか」
 「まあ、そうなれば一番なのじゃが、相手は曲がりなりにも三騎士に数えられるクラスに据えられた英霊。この程度で葬り去れるとも思えんが、まあ片方のマスターが重傷を負ったようじゃからのう。七騎のうち二騎が脱落。一騎は消え、その上でもう一騎はほぼ行動不能となるに違いない。成果としては上々じゃ」

 キャスターは薄笑いを浮かべたまま、続ける。

 「それに、こうしておけば貴様のマスターも大助かりじゃろう」
 「その心は?」
 「正体不明のカルト教団、駅でテロ行為。列車にて逃亡を図るも事故で炎上し全員死亡。その犯行の犠牲者は・・・・時間帯から考えて三桁まで達するのは非常に厳しいが、それでも相当な数が死んでおるじゃろうな。まあ、いずれにしろ明日の朝刊が見ものじゃ。喧しい新聞記者どもや低俗なワイドショーのレポーターどもがハイエナのように群がってくる様が目に見えているようじゃよ」
 「明日のことを考えている暇があるのか、貴様に?貴様もあのバーサーカーと同じように炎の中で朽ち果てるがいい」
 「ほざけ。さて・・・・この辺りでワシも本気を出させてもらうとするか!!」

 キャスターの魔力が今まで以上に溢れ出さんまでの高まりを見せた、がその瞬間にキャスターが一瞬だけ顔を歪め、その魔力が段々と抑制されていく。

 「ちっ、ブラットめ・・・・余計な手出しを・・・・・・!!」

 忌々しげに下を打つキャスターだが、その顔から表情が消えていく。

 「とはいえ、ワシとしたことが少し頭に血が上らせすぎたようじゃな。これは大いに猛省すべき点じゃ。じゃが・・・・」

 キャスターの顔に再び笑みが浮かぶ。

 「ライダーよ。貴様も命拾いしたものじゃ」
 「命拾いだと・・・・?」
 「そうじゃ。今死ぬか、後で死ぬか。違いはそれぐらいのものじゃ。ここで一つ確かになったことは、仮庵の門前にて貴様が果てることじゃ。それも、裏切りの槍を墓標としてな」
 「ほう・・・・」

 ライダーもキャスターに負けず劣らずの酷薄な笑みを浮かべる。

 「今日の余興はそれなりに楽しめた。この礼はいずれさせてもらおう」
 「そういわずに今すぐ礼を受け取りたい。貴様の命でな」
 「そうしたいのは山々じゃが、こちらも色々と入用なのでな。では、ここいらで失礼させてもらおうぞ」

 すると、鮮血兵の一人が長刀を抜いてキャスターに斬りかかろうと駆けるが、キャスターの肉体が闇に包まれ、それが晴れた後にはキャスターの影も形もなくなっていた。鮮血兵の刃の行き場が失ってしまった。

 「仮庵の門前、裏切りの槍が俺の門前、か。くだらん・・・・」

 口とは裏腹に、ライダーはなおも酷薄な笑みのままだった。それは、至上の獲物を見つけた獣さながらだった。

 「貴様もセイバーも俺にとっての障害だ。これぐらいでなくては張り合いがないわ」

 笑みを浮かべる口はまさしく獣の口元そのものである。そして、握り締める自らの拳に目をやる。

 「これらの障害を駆逐した後に、残る者どもも蹂躙しつくす・・・・そうして聖杯を手にし、我が肉体をこの手に・・・・!そして、この世を我が覇で覆いつくさん・・・・・・!!」



 自分は醜悪そのものだった。それは周りの見る目からも明らかであったし、自分でもそう思っていた。母がどう思っているかは知らない。本当の父親が何者なのかは当時の自分が知る由もない、けれど母の夫である男、その男が自分の父親に当たる男の自分の見る目は今でも忘れない。おそらくは、自分が生まれた瞬間も、こういう顔をしていたのだろう。
 他もその男と似たような顔をしながらも、自分に余計な手出しをしてきた。石を投げつけられるのも、当たり前になった。そのたびに、そいつらに目に物を言わせてきた。どういうわけか、自分の腕力はそういった連中よりもはるかに強いようだ。周りが危害を加えてはそれを叩き伏せる、それが日常となっていた。
 あの男もそれが何年も続いたのを知ったのか、気がつくと自分は薄暗い回廊の中にいた。その男が自分のことをどう思っていたのか、そんなことぐらいはわかりきっていた。わかりきっていたはずだが、体の中で何かが疼き、それが全身を駆け巡った。その日から、ここが自分だけの宮殿となった。
 時折、ここにも他人が入り込むようになった。外で何があったのかはそのときの自分が知る由もない。興味も関心もない。ただ、そいつらが自分を目前にしたとき、あの男と同じ顔をしていた。そいつを散々殴りつける。ひたすら殴りつける。おそらくは、外で自分を虐げたやつら以上に叩きつけたのだろう。気がつけば、そいつはピクリとも動かなくなってしまった。そして、自分の中で何かが燃え出し、口から涎が溢れ出た。いつの間にか、動かなくなったそいつの体を一心不乱に貪っていた。ここで口にできるものといえば、ネズミとかコケとかここを漂う虫とか、そういったものばかりだった。だから、久々にご馳走にありつけた。外ではここまではしなかった。きっと、この中に居座る闇と周りに対する自分への態度が、自分を完全な怪物にした。だから、罪悪感も沸かない。外から来る連中が自分を見て怯え、そうして自分が感情のまま殴り殺し、食事を済ませる。そういったことが何年も続いた。
 自分は死んだ。どうして死んだのかは覚えていない。一つはっきりしているのは、自分も外から来た連中にそうしたように、殺されたということだ。どうやって殺されたのかは知らない。知るつもりもない。しかし、それでホッとした自分がいたことも確かだ。ようやく、あの薄暗い闇の宮殿から出ることができたのだから。


 時間の感覚もなくなった。だというのに、どこかからか自分を招く何かを感じた。何の導くままに呼び寄せられる自分。そのとき、自分の中に怒りの感情が芽生えた。その何かを感じれば感じるほど、自分の中の怒りが段々と強まってくる。
 そうして、自分は再びこの世へと招かれてしまった。
 やはり薄暗かった。ただし、ここはあの宮殿ではない。部屋だ。あの宮殿の回廊に比べれば、ずっと狭い。その部屋にいくつもの寝台が並べられていた。しかし使われていたのは一台だけ。その中に一人寝ているヤツがいる。そいつは自分の宮殿の入ってきた連中と同じぐらいの年をしていた。
 そいつは起き上がった。そいつの体は、こちらが掴むだけで折れてしまいそうな、そんな弱々しい印象。けれど、連中やあの男とは違うものがあった。

 「やあ・・・・・・」

 自分の姿を目前にしているというのにもかかわらず、そいつは笑顔だった。初めて目にする、柔らかい笑み。そいつは、羊のような印象さえあった。
 それでも、こちらの怒りを収めるには至らなかった。

 「ご、ごめんなさい!そ、そういうつもりはなかったんです!ただ、なれたらいいなって思ったら君を呼んじゃったみたいで・・・・き、君にしてみれば物凄い迷惑だったかもしれないけれど、僕もいきなりでビックリしているし、正直どうしたらいいのか全然わからないし・・・・」

 怯えている。怯えているが、今までのやつらとはどこか違っていた。むしろ、謝る意味もわからない。だが、謝られたのも初めてかもしれない。

 「あ。できれば怒鳴らないでくれると助かるんだけど。夜遅くまでいる先生とかに見つかると、すごく困るから」

 ここがどういう場所かも一応はわかっている。幸い、今まで唸っているだけだったのだから。しかし理性がない今ではあまり意味はないが。それにしても、ここで頼み事などするものだろうか、普通?とはいえ、それに従ってしまう自分も自分だが・・・・

 「あ、あの・・・・・・」

 おずおずとそいつは声をかける。まだ怒りはくすぶっている。隙あらば、その首をへし折ってやるつもりだ。

 「こ、これからも、よろしくお願いします・・・・」

 どういうわけか、ペコリと頭を下げてきた。今、自分がどういう状況に立たされているのかわかっているのだろうか?そしてそいつは、上目遣いでこちらを見てきた。

 「で、できれば、友達として・・・・」

 完全に意味がわからなかった。自分以外の誰かが自分と同じように喚び出されたとしても、そう思うに違いない。

 「・・・・・・・・ダメ?」

 怒りは完全に行き場を失ってしまった。そもそも、自分がどういう存在で、かつ自分が返答できないことをわかっているのだろうか・・・・?こういうのをズレているというのか。
 だが、不思議と悪い気はしなかった。むしろ、どこか安心するように思えた。


 それからというものの、自分は基本的に姿を消していた。夜に人気がなくなれば、そいつは自分に色々と話しかけてきた。ほとんどはそいつ自身やそいつの友達とやらの話がほとんどで、こちらとしては、あまり関心はない話題ばかりだった。ただ、聞いている以外することもなかったし、どう動けばいいのか正直わからないというのもあった。
 あるとき、そいつは不意に話し始めた。それは今までのような呑気なものではない。

 「僕、君が羨ましいって思うんだ・・・・」

 羨ましい・・・・どういう意味だ?

 「だって君って、体も大きいし、力も強そうだし、角だって立派だし、それから、ええと・・・・・・」

 褒めているのだろうか?しかし最後の一つは褒める点としては間違いという気がしてくるのは何故だ?つくづく気の抜けるヤツだ。

 「つまり、何でもそれで思い通りにできそうだなって・・・・」

 思い通りに・・・・?確かに、自分に向かってくる連中は叩き伏せた。それは簡単なことだった。だが、あの闇の宮殿での日々を思い出せば、それだけ怒りが込み上げてくる。そういう意味で、思い通りになったといえるのか?
 今、こいつの体を引き千切りたい衝動に襲われた。しかし、そうすることはなかった。

 「・・・・・・僕には、無理だよ」

 そいつは顔を伏せ、そいつの体以上に弱々しい声で喋った。

 「確かに、ありのままの自分になれば思い通りにできるかもしれない。でも、怖いんだ・・・・そんなことしたら、僕が僕でなくなりそうで・・・・それに、僕が本当は何者か、みんな知ったらみんないなくなっちゃうかもしれない・・・・」

 そいつは今にも泣き出しそうだった。そうして、そいつは顔を上げた。

 「もしも神様がいて、僕が神様に一つお願いできるとしたら、こうお願いするつもりなんだ。僕を・・・・普通の人間にしてくださいって」

 何故、自分がこいつに対して敵意を抱かないのか、それがようやくわかった。そして、何故こいつが自分を召喚することができたのかも。
 こいつは、自分と“同じ”存在だからだ。かつての自分はあの闇があろうがなかろうが、いずれは怪物に成り果てたかもしれない。こいつも同じく、常に自分の中に闇を抱えている。こいつはその闇に怯えている。そして、いずれは・・・・・・

 「でも、それが叶っちゃったら、君と同じじゃなくなるかもしれないから、もう一緒にいられないかもしれないね。だから、今はちょっと迷っているんだ・・・・」

 もし、もし自分が今この場で言葉を話せるとすれば、こう言っていたに違いない。

 ―――そんなことは、ない

 このとき、自分がこの場にいる意義を見出した。それは、こいつのためにこいつの願いを叶えさせること。そしてそれは、自分の願いでもあった。
 生まれて初めてだった、誰かのためにこの身を捧げるということは。こう思えるようになったのは、こいつがいたからだった。だから、何がどうなっても構わない。こいつが、この白い檻の中から出られるのだったら・・・・


 事態は動き出す。自分たちの元へ来たやつがいた。そいつは、自分の敵とも言える存在。だが、そいつに戦意はなく、むしろ逆に何故自分たちがこの世へ招かれたかの説明を始めた。その男の説明を聞いていたそいつは、思ったよりも理解が早かった。やはり、これがどういうことなのか、うすうす感じ取っていたのだろう。

 「どうじゃ?ここは一つ、ワシと手を組まぬか?」

 その利点を、男はそいつにクドクドと回りくどい説明をしていた。そいつは顔をうつむけているだけで、何も答えない。こちらも話は聞こえていたが、ほとんど理解できるはずもない。だが、そいつの切り出した条件だけは理解できた。男と組めば、そいつの抱えている闇を少しでも和らげるというものだ。代わりに、男の指示通りに街の人間を襲うこと。
 無論、そいつは拒んだ。だが、自分は自然と男の前へ進み出た。

 「ほう・・・・狂っている割には物分りがいいのう」

 男が感心しているのをよそに、そいつは何度も自分を引きとめた。だが、今はそいつの言うことを聞いている場合ではない。何しろ、そいつの闇が日増しにひどくなって、そいつを蝕んでいる。そいつの願いを聞いたときもそれがひどい状態だった。それから今まではごくたまに発生していたものが、段々と間隔が短くなっている。時間がないのは明らかだった。それに、この男を含めた六人を倒さなければそいつの願いは叶わない。それには動く必要があるからだ。
 もはや、そいつのためにもう一度自分が怪物に戻ることに何の躊躇いはなかった。そいつの声が遠く聞こえる。

 「交渉成立。では、早速・・・・」

 そう言って、男は自分に手を伸ばしてきた。その手が自分の首筋にそいつに服従する証が刻まれた。
 それからは、夜な夜な街の人間を襲い、それを自分の力にしていた。男は意外にも約束はしっかりと守っていた。自分がそうするたびに、男はそいつにちゃんとした治療を施した。そいつの苦痛は和らぎ、ほとんど発作も起こすことはなくなっていた。男の見立てでは、とりあえず数年ほどは問題ないという。だというのに、そいつはいつも悲しげな顔をしていた。
 どのみち、願いが叶えば自分は消え去る運命。そいつの心の痛みまでは取り去ることはできない。我慢を強要する気はないが、そいつの願いさえ叶えば、広い外でのびのびと生きられる、普通の人間として。
 それからも、男の指示に従ってきた。そのたびにそいつに治療が施され、そいつの顔が曇っていく。
 運命の時がやって来た。
 敵の中に、かつて自分が襲おうとした、そいつの友人の一人がいた。そいつが傷つき倒れたとき、そいつの悲しんでいる顔が見えたようだった。
 そして、断罪の矢が打ち込まれる。その直後、周りが炎に包まれる。わかっていたとはいえ、男は最初から自分を切り離すつもりだった。そうして自分は最後の力を振り絞り、自分に矢を射た男、その男が守ろうとした二人を炎の中から逃した。多分、あいつだったならば、こうしていたはずだった。
 燃え盛る炎の中、思い浮かんだのはあいつの泣き顔。そして、結局自分はあいつを苦しませていたんじゃないかとさえ思ってしまった。そして、もうそいつは願いが叶わなくなってしまった。

 ―――守れなかった

 その思いとともに、意識と肉体が霧散していった―――



~タイガー道場/えくすとら~

佐藤一郎「皆様、本日もこの作品を・・・・と挨拶したいところですが、今回は事情により省略させていただきます」

シロー「珍しいな。どうしたというのだ?」

佐藤一郎「ええ。帰ってきました」

シロー「そうか。だが前回で爆散したと思ったが?」

佐藤一郎「シロー様、こちら」

シロー「うん?上・・・・・・ああ」

♪なんかボス敵が出てきそうなBGM

(BGMに乗って二人の人影が天井を突き破って降下)

???「タイガ~~~~~~~~~ど~~~~~~~じょ~~~~~~~~~!!!!!」

???「リターンズ!!“Extra”にタイガー道場あるかな?なんてちょっぴり気になっちゃう編!!!!」

佐藤一郎「ああ、藤村様。イリヤスフィール様。お帰りなさいませ」

タイガ「うむ!ただい・・・・・・って言うと思ったかあ!」

(タイガ、ロリブルマに竹刀で一撃)

ロリブルマ「イタっ!!・・・・・・って、どうして自分を殴るんすかあ!?」

シロー「ああ、これは一応快気祝いだ。受け取るといい」

ロリブルマ「え?ワーイ!そういえばこれ、ちょうどセラも欲しがっていたやつなんだよね~」

タイガ「おお!弟子一号よ、まずはお姉さんにもちょっとだけ・・・・って、敵から何受け取ってんじゃい!?!」

(タイガ、ロリブルマに竹刀で強打)

ロリブルマ「痛い!!」

佐藤一郎「嫌ですねえ、敵だなんて。わたくしどもはただ、留守を預かっていただけですよ?」

タイガ「預かっていたって・・・・ほとんどこのコーナー占領しているだけじゃねーかい!しかも爺やと犬って、一体どこに需要のある人選か!?」

ロリブルマ「そーだ、そーだ」

タイガ「しかもこの看板はなんじゃい!?」

佐藤一郎「え?“タイガー道場/えくすとら”ですが?」

タイガ「誰もタイトルなんぞ聞いとらんわい!弟子一号!!」

ロリブルマ「押忍!!」

タイガ「早速言って、看板の改修を行うがいい!!」

ロリブルマ「りょーかいっす!ししょー!!」

(ロリブルマ、一時退場)

タイガ「ふっふっふっ・・・・さて、お主らの横暴、そこまでとさせて・・・・」

シロー「それにしても、思ったよりも早く仕上がったものだな」

佐藤一郎「ええ、悲しいことに作者様にただでさえいっぱいある無駄な時間が、GWとなって余計いっぱいできましたから」

タイガ「・・・・って、ムシすんじゃねえ!!おねえちゃんは寂しいと死んじゃうのよ!?しかも何気に作者の現在の状況を示唆する発言はやめなさい!!!」

佐藤一郎「いや~」

タイガ「爺やが照れても何にもならんっつーの!」

(ロリブルマ、再登場)

ロリブルマ「ししょー!看板の改修、完了したっす!!」

シロー「ああ、ご苦労だったな」

タイガ「おまえが言うな!・・・・まあ、そんな態度も今のうちよ。これまで働いてきた無礼千万の数々、新たな看板の名の下に・・・・」



~イリヤちゃんのドキドキ☆お悩み相談室
 あなたの色んなこと、解決してア・ゲ・ル❤~



タイガ「ここに成敗して・・・・・・って、なんじゃこりゃあ!?!」

ロリブルマ「え?イリヤちゃんのドキドキ☆お悩み相談室~あなたの色んなこと、解決してア・ゲ・ル❤~だけど?」

タイガ「誰も看板のタイトルなんぞ聞いとらん!つーか、二度も言わすなあ!それよりも!!わたしの道場の看板は!?」

ロリブルマ「え?あっち」

タイガ「む?あっちとは・・・・?」

佐藤一郎「ああ、盛大に燃えていますね」

シロー「ああ。先ほどから作中の場面が思い起こさせるようだな」

タイガ「これが秋だったらみんなで焼き芋でもやって・・・・ってなにするだあ!!」

ロリブルマ「何って?道場乗っ取り」

シロー「サラッとストレートに答えたな」

タイガ「平然と“当たり前のこと聞かないでよ”みたいな言い方するんじゃねえ!!」

ロリブルマ「え~?だって、“Fate/Extra”に私が出てきそうもないし、それにタイガとそいつら二人が潰しあってくれれば自動的に道場は私のものになるかな~、なんて」

佐藤一郎「さりげなくわたくしどもまで葬り去るつもりでしたとは・・・・いやはや。さすがは悪魔っ娘の二つ名は伊達ではありませんな」

タイガ「感心すんな!おのれ~・・・・・・!!弟子一号の分際で~・・・・もはや許るさん!!!!」

リングアナウンサー(CV:シュタットフェルトでも紅月でもない人)
「ラウンドワン、ファイト」

(タイガとロリブルマ、戦闘開始)

シロー「おい・・・・戻ってきて早々に、勝手に仲間割れを始めたが、いいのか・・・・?」

佐藤一郎「まあ、いいんじゃないんですか?それよりも、今回で序盤の山は越えたわけですが・・・・」

シロー「・・・・いい加減、そのスルーにも慣れてしまった自分が悲しい」

佐藤一郎「どんな形であれ、作者様もホッと一息ついておられる様子です」

シロー「まあ、確かに先ほど言ったように時間ができたおかげでもあるが、今回は妙に筆の進みが早かったからな」

佐藤一郎「まあ、後はセイバー様とバーサーカー様がぶつかって、アーチャー様が宝具を使って、当初爆発するはずだった列車を炎上させて、キャスターを退場させて、それから最後のシーンという流れでしたからな」

シロー「確か、今回で苦労したものといえば、アーチャーが宝具を発動させるシーンだと聞いたが?」

佐藤一郎「ええ。書く前から“ただ宝具を打つだけのシーンなんて、迫力ないよな・・・・”みたいな感じに怖気づいていましたからね」

シロー「だが運のいいことに、とあるマンガでとある狩人が、自分に襲い掛かってくるシベリアンタイガーを狙撃するシーン、それもほぼ眼前まで迫ってきているシーンを思い出したそうだ」

佐藤一郎「ええ。それに似た描写が上手くできているかな?という心配はありますが、おかげで執筆も早くなりました」

シロー「では、ここでようやく明らかになったアーチャーのステータスを見てみることにしよう」


クラス名:アーチャー
真名:ロビン・フッド
マスター:野々原沙織
身長:184cm
体重:71kg
イメージカラー:緑
特技:悪戯、弓術
好きなもの:自然、女
苦手なもの:女の涙

ステータス
筋力:C
耐久:D
敏捷:B
魔術:B
幸運:A
宝具:B+

スキル
単独行動:C マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。ランクCならば、マスターを失っても一日現界可能
対魔力:C 第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。大魔術、儀礼呪法などは防げない

仕切り直し:C 戦闘から離脱する能力。また不利になった戦闘を戦闘開始ターンに戻す
超感覚:B 人並みはずれた視聴覚などの感覚器官。また射撃ダメージや制度、索的能力を上昇させる
精霊使役:B 自然霊の力を借りることができる


佐藤一郎「ご存知、イギリスが誇るヒーローの一人で、その名はアーサー王に匹敵するものでしょう」

シロー「作者がサーヴァントとして登場させたかった人物の一人だな」

佐藤一郎「ええ、それなんですが・・・・」

シロー「どうかしたのかね?」

佐藤一郎「ここだけの話ですが、当初は女体化させて登場させよう、とも考えたそうですよ」

シロー「にょ、女体化・・・・・・」

佐藤一郎「当初は男性が主人公の予定でして、性格的には鉄平様のご学友に近いものでして、しかも何か魔術か異能を使うはずでした。それが何なのか、もう記憶の彼方に吹き飛びましたが」

シロー「・・・・・・そ、それでどうして今の形になったのだ?」

佐藤一郎「結局女性として登場させる勇気が息絶え、だったらマスターは女の子にしようということになりました」

シロー「そうして、野々原沙織が誕生したわけか・・・・」

佐藤一郎「ええ。ですが二人に共通しているのは、以前は“とある街”に住んでいてそこが未曾有の災害に襲われたこと、そこから無事生き延びて妹と祖母と一緒に暮らしている、等です。家族の設定は、今と変わりはありません」

シロー「・・・・ちなみに、アーチャーが女性として登場していた場合は、どうなっていた?」

佐藤一郎「勝気な女の子になっていたかもしれません。しかし主人公が沙織様となって、いつの間にかクールガイとなりましたが」

シロー「服装は“ロードス島戦記”に登場するエスタスのイメージで、戦闘スタイルとしては一応剣術も使えるのだが、弓の比重が大きい。そして“仮面ライダークウガ”の影響でペガサスフォームのイメージも取り込まれたそうだ」

佐藤一郎「それが“超感覚”というスキルの誕生になりました。ただしスタイル的には“クウガ”本編のペガサスフォームというよりも“仮面ライダーディケイド”で一時見せたアクションできるペガサスフォームという形です」

シロー「たしか、そのネーミングも難産だったな」

佐藤一郎「ええ。色々考えた挙句、“超感覚”という名前に落ち着きました。そして先ほどまで“心眼(偽)”のスキルが存在していたのですが、“某ゾルディック家クラスの感覚があるのに必要ないんじゃないのか?”と作者様が思い至ったために、そのスキルは削除されました」

シロー「後で作者が、弓術に接近戦で弓を用いて適を迎え撃つ技があるのを知って、アーチャーに剣を使わせたのは失敗だったかもしれないと思ってしまったそうだ」

佐藤一郎「まあ、ロビン・フッド様も一応剣は使えますからな。問題はないでしょう。まあ、それはそれとして、まだ語りたいことはあるでしょう。しかし、これ以上は長くなりそう(というよりも何を話していいかわからない状態)になるので、この話はここまでとさせていただきます」

シロー「さて、問題の手直しに関してだが、これは時間の合間を見てボチボチとやっていくそうだ」

佐藤一郎「やはり話を進めたいという気持ちがお強いようですね。ただ、話はここで一時中断させていただきますが?」

シロー「む?どういうことかね?」

佐藤一郎「実は作者様が少しやってみたいことがあるようでしてな。それを次の更新で実行しようという魂胆です」

シロー「それが何なのか、次回の更新を楽しみにしてもらえると、こちらとしても嬉しい限りだ。それが蛇足とならないように心がけるつもりだ」

佐藤一郎「それでは、色々と気になることがございますが、今回はここでお開きと・・・・」

シロー「ところで、あの二人は・・・・?」

ロリブルマの体のどこかにあるディケイドライバー的な何か(CV:ダメットさんの保証人っぽい人)
「ふぉうむらいどう。イリヤ。プリズマ」

ロリブルマ「イヤアアアアアア!?!?!なんか勝手に変身しちゃったあ!?」

タイガ「・・・・・・・・・・プッ!だ、ダメだわ・・・・・・リアルで見ると、何かおかしなものが・・・・・・・」

ロリブルマ「うわ~~~~ん!!タイガなんか、二度消滅しちゃえ~~~~~~!!!」

タイガ「んぎゃああああああああ!!!二度も消滅できないわよ!!ていうか、簡単に消えてたまるかい!!」

佐藤一郎「・・・・・・いやあ、お元気ですなあ」

シロー「もはや我々のことなど眼中になさそうだな・・・・というか、以前言っていたイリヤスフィールに施された手術って・・・・」

???(CV:平行世界の保健室の先生、この人に似ているけど・・・・本人?)
「それでは皆さん、またお会いしましょう」

佐藤一郎「あ。お別れのセリフとられました」



[9729] 外伝「王の闘い~焼肉編~」
Name: 黒魔将軍◆fc524a20 ID:835c6937
Date: 2010/06/06 05:30
「ライダー。貴様の言うこと全ては盗人の屁理屈でしかなく、王のものでは断じてない。貴様が成してきたこと全ては略奪の上で成り立っていると知れ」
 「フン。戯言を抜かすな、セイバーよ。かく言う貴様も貴様が盗人と罵る俺とやっていることは大して変わりはなかろうよ。いや、偽善で塗り固めている分だけ貴様のほうが、なおさら性質が悪い」

 話だけ聞けば、この二人、セイバーとライダーは喧々諤々と互いに言葉をぶつけ合っているのだけれど、正直私は頭を抱えたくなってきた。というよりも実際時間が経てば経つほど、頭に鈍い痛みがしてきている。そんな私とは裏腹に、二人の舌戦は熱気を帯びていた。はっきり言って、口だろうが剣だろうが、そのどちらでやりあおうが私は一向に構わない。もともと私が身を置いているのはそういう世界なんだから。
 でも、どうせやるなら場所を移しなさいよ。ただでさえ熱の帯びている場所なのに、余計暑苦しくなるじゃないの。
 ああ、もう!いい加減鬱陶しくなってきた。というよりも時間の経過でひどくなって言っているのは私の頭痛だけじゃない。私の、腹の虫の居所も悪くなっていっている。もし、今の私が場をわきまえずに何か一言言えるとしたら、こう言うつもりだ。
 いい加減にしろ、と。



 話は数時間前にまで遡るわ。
 今日の夕方、私の誇るサーヴァント、セイバーを含む七人のサーヴァントが一堂に集結した。あわや一触即発という状態にさえなりかねなかったが、事なきを得た。
 私はセイバーとともに、日の暮れている街の通りを足早に歩いていた。というよりも、私としては早くこの街から抜け出したかったというのが本音だ。はっきり言わせてもらうと、私は街、というよりも都会そのものが嫌いだ。
 だって、そうでしょ?見渡す限りコンクリートだらけだし、空気も濁っているし・・・・だから、私は都会というものに何の価値も見出せない。それでも、歩道の脇にある街路樹やたまに見かける花屋があるだけでもまだこの街はマシなほうだ。それに街中にも植物園があるのも救いだと思う。それでも、それらで私の都会の毒で苛立っている気分を鎮めることは難しいだろう。
 だから、拠点である別荘もそういった場所からなるべく遠く、かつ緑の多い場所を選んだ。さあ、早く帰ってハーブの香りに包まれながら優雅に夕食といきましょう。問題は、何を作るかだけれども。

 「サラよ」

 そんなことを思っていると、セイバーが不意に私に話しかけてきた。
 今、セイバーは霊体化しているのではなく、実体を持って私の横を歩いている。もちろん、戦いのときみたいな鎧姿などではなく、コートを羽織った姿となっているため、一見すると刑事のように見える。
 ところで、さっきから気になっていたんだけれど、何で鼻をヒクヒクさせているのかしら?

 「先ほどからなにやら芳しい臭いがするのだが?」
 「臭い?そんなものするのかしら?」

 これでも、草花の扱いはお手の物なので鼻には自信はある。ただ、セイバーの言うその“芳しい臭い”がどこからするのか、そもそもそんな匂いが漂っているのかさえもわからなかった。

 「ふむ・・・・・・この鼻を通じて舌を刺激し、この腹の底から沸き立つ至福に満たさんとするこの想い・・・・・・間違いない、これは肉の香りだ」
 「に、肉・・・・?」
 「決めたぞ、サラ。今宵はこの肉にて宴を開こうぞ」
 「・・・・・・・・は?」

 いきなり何言っているのよ?そりゃ、サーヴァントは基本的に食事を取らないことぐらいは知っている。でも、このサーヴァントに限って言えば例外だ。とにかく、食に関する関心が異常に高い。でも、この英霊は私の故郷の礎を築いた人物だから納得できる。でも、“私の故郷”というと語弊があるけれど、とにかくそれだけ影響力が強い。事実、このセイバーの生前の食に関するエピソードもそれなりに知られているのだから。