47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  •  ニュース詳細     
  • 94万頭の大半を目視検査へ 口蹄疫で宮崎県

     口蹄疫問題で宮崎県は21日、県内で飼育されている牛や豚計約94万頭の大半を対象に、22日から8月11日にかけて、獣医師による目視検査を実施すると明らかにした。県内で最後に残る宮崎市の発生農場を中心とする家畜の移動、搬出制限区域は、当初の予定通り、今月27日午前0時に解除する。

     県は今後、県内全域での目視検査で家畜に異常がないことを確認し、川南町などの感染多発地域で排せつ物を堆肥にする処理が終わる8月27日に安全宣言を出す方針。

     県畜産課によると、目視検査は獣医師が計約7700カ所の農場を巡回し、家畜の健康状態を確認する。宮崎市などは既に、安全性調査の一環として目視検査を進めている。今月初めに解除となった日向市も目視検査を実施済みで、今回の対象からは除く。

      【共同通信】