最終更新: 2010/05/13 21:42

スーパーニュースニュースJAPANスピークスーパーニュース WEEKEND新報道2001

宮崎・口蹄(こうてい)疫被害 71カ所で感染や感染の疑い確認 処分の対象は7万7,000頭超

宮崎県の東国原知事が、家畜伝染病「口蹄(こうてい)疫」の県内最大の被害地に足を運んだ。宮崎県では、11日も感染の疑いがある牛が新たに見つかっている。
東国原知事は、「動物がですね、やっぱ死んでいく姿を見ると...」と述べた。
口蹄疫の発生が続く宮崎・川南町を視察に訪れた東国原知事は、豚が殺処分される現場を目の当たりにし、言葉を詰まらせた。
東国原知事は、「想像を絶するようなですね、せい惨さっていうか、なんか壮絶でしたね」と述べた。
川南町では11日、新たに口蹄疫感染の疑いのある牛や豚が3カ所確認され、さらに、えびの市でも1カ所確認された。
川南町の職員は、「なんとかこれで食い止めないと、うちの町はもうなくなってしまうんですよというぐらい感じております。非常に危機感を持っております」と話した。
これまで、宮崎県内で感染や感染の疑いが確認されている施設は、71カ所。
処分の対象となる牛や豚は、7万7,000頭を超えた。
東国原知事は、「いつ終わるとも知れないようなですね、そういう終わりのない戦いみたいな感じで、現場の疲弊とかね、焦燥感、あるいは絶望感というのがですね、ひしひしと今、伝わってくるような状況でしたね」と述べた。
口蹄疫の発生からもうすぐ1カ月。
口蹄疫による家畜の損失分を、国が全額補償する方針を明らかにした赤松農水相は、「率直な地元の声というのをしっかりと受け止めながら、責任を持ってまん延防止に全力を尽くしてまいりたい」と述べた。
口蹄疫の感染拡大は、収束のめどが立っていない。

(05/12 01:08 テレビ宮崎)


[ high / low ]

「社会」の最新記事

最新記事