47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  【PR情報】
  【PR情報】
  •  ニュース詳細     
  • ネット向け広告費が新聞上回る 09年、全体の下げ幅過去最悪

     電通が22日発表した2009年の日本の広告費によると、インターネット広告は前年比1・2%増の7069億円だった一方、新聞広告が18・6%減の6739億円となり、1947年の調査開始以来初めて媒体別でネット向けが新聞を上回った。

     09年の全体の広告費は11・5%減の5兆9222億円となり、2年連続で前年実績を下回った。下げ幅は過去最悪。景気低迷で企業が広告宣伝費を抑制したことが響いた。

     ネット広告は、携帯電話向けのモバイル広告に加えて、パソコンで検索結果に連動して表示される広告がけん引した。広告費で新聞広告を抜き、首位のテレビ広告に次ぐ存在となり、成長ぶりを裏付けた。

     主な媒体別でみると、トップのテレビ広告は10・2%減の1兆7139億円で、新聞、雑誌(3034億円)やラジオ(1370億円)を含めたマスコミ4媒体の減少率はいずれも10%を超えた。広告主である企業がコスト削減の姿勢を強める中で、09年は衆院選、エコポイント制度導入などの広告宣伝にとってプラス材料はあったが、押し上げ効果にはつながらなかった。

     4媒体が扱った全21業種のうち、20業種で広告費が前年割れだった。消費者金融を含む金融保険、自動車などの業種で減少が目立った。増加したのは、衆院選関連で広告費が増えた官公庁だけだった。

      【共同通信】