ここから本文です
[PR]

<ロシア宇宙庁>「2032年に小惑星が地球に衝突」

12月30日22時12分配信 毎日新聞

 【モスクワ大木俊治】インタファクス通信によると、ロシア宇宙庁のペルミノフ長官は30日、地球に近接する小惑星アポフィスが2032年にも地球に衝突する恐れがあるとして、近く衝突回避のための専門家会議を開き対策に乗り出すことを明らかにした。ロシアのラジオ局とのインタビューで語った。

 同長官によると、すでにロシアの専門家から「(小惑星の)破壊や核爆発を伴わない」特殊装置を使って軌道をそらす計画案が寄せられているという。

 衝突した場合の影響は不明だが、1908年にロシアのシベリア上空で爆発し半径約30キロにわたって森林を炎上させたとされる「ツングースカ隕石(いんせき)」の3倍以上の規模になるとの見方も出ている。

 アポフィスは04年に発見され、一時は米航空宇宙局(NASA)が2029年に地球に衝突する可能性を指摘。その後、29年には地球上約3万2500キロを通過するが衝突はしないと修正されたが、その後の軌道予測は困難とされる。

【関連ニュース】
今週の本棚・本と人:『モマの火星探検記』 著者・毛利衛さん
的川博士の銀河教室:066 「日本の宇宙」10大ニュース
社説:野口さん出発 露の発想にも学びたい
野口聡一宇宙飛行士:「きぼう」でガーデニング実験開始

最終更新:12月30日22時23分

毎日新聞

 

この話題に関するブログ 2件

主なニュースサイトで ロシア の記事を読む

PR
ブログパーツ

海外トピックス

注目の情報


nikkei BPnet for Yahoo!ニュース

nikkei BPnetnikkei BPnetの注目コラムをYahoo!ニュースの読者のために厳選しました。
最新のコラムを読む

PR

注目の商品・サービス

  • プロが使う「情報収集ツール」の活用法
PR