2005年06月18日

怪文書続発・日大騒動

7e646682.jpg
 週刊文春に<日大総長選の黒幕>と書かれた常務理事陣営が「出したと思われる怪文書」が、17日の日大関係者を右往左往させた。
 怪文書はしょせん怪文書だから、その内容はここでは書かない。だが、現在製作が進行中で、近々刊行される告発書『腐敗日本大学に革命起こせ!! 壮烈日大マン孤独の闘争記』は、実在の元日大職員の口述および関係者の談話。それに裁判の過程で法廷で読み上げられた証拠資料などをもとに綴られたサスペンスドキュメントだから、その内容をここで紹介しても良いだろう。
 過去の日大総長選挙において、選挙管理の要職にある課長氏が「投票用紙をすり替えて、本来は落選だった現総長を当選させた」という、何ともオドロオドロしい暴露話が沢山ある。
 中央通信6月20日号の1面タイトルは<この告発書で「腐敗日本大学」に革命起こせ! 驚愕の事実? 総長選の悪辣さ詳報・不当解雇された『壮烈日大マン孤独の闘争記』>である。
 前文は<大学の学部が14をはじめ、短大、高校、小学校、幼稚園を含めた在学生数が約10万人というマンモス学府『日本大学』で、信じられない学校経営が行なわれている。3年ごとに行なわれる総長選では「票のすり替え、買収があった」と指摘している>
 こうした衝撃特ダネ記事のミニコミ紙『中央通信』は月1回以上刊行(6月は、5日号、20日号、24日号の3回発行)して、購読料は年間1万円(送料・消費税込み)である。年間購読したい方はFAX専用電話03-3258-3552へ。新聞の送り先・氏名・連絡先電話番号をFAX送信すれば手続き完了となる。


central_press at 16:03 │Comments(1)TrackBack(0)この記事をクリップ!日大問題 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by toraemon    2005年06月23日 14:57
日大の新総長に、小嶋勝衛・理工学部長が、投票総数の67%の得票率で、大圧勝。第11代総長に選出された。
 院政を敷くはずだった瀬在幸安総長は、まだ往生際が悪い。この選挙は無効だ、と難癖つける予定だとか。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字