47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  【PR情報】
  【PR情報】
  •  ニュース詳細     

  •  記者会見で事実上の政界引退を表明する森山真弓元法相=8日夜、宇都宮市

    森山氏、出馬への意欲は「ない」  事実上の引退表明

     衆院選の栃木3区での立候補を辞退した自民党の森山真弓元法相(81)は8日夜、宇都宮市で記者会見し「(比例名簿に登載は)ないと思う。自分から求めていくことはしない」と述べた。さらに今回の衆院選で立候補する考えはあるかとの問いに「そんなことはない」として、事実上の政界引退を表明した。

     自民党の菅義偉選対副委員長は同日、比例代表での公認について森山氏が「73歳定年制」に抵触することを踏まえ「最初から比例代表は党の内規に基づいて公認していない」と明言した。

     森山氏は東大卒。旧労働省婦人少年局長などを経て1980年の参院選で初当選し3回連続当選、96年に衆院に転じた。第1次海部内閣では女性初の官房長官に就任し、大相撲の土俵への女性立ち入り禁止に抗議して名をはせた。文相(当時)や法相なども歴任した。

     森山氏は西川公也氏と交代で栃木2区と比例代表北関東ブロックで立候補してきたが、今回は西川氏が栃木2区から立候補する。

      【共同通信】
    ロード中 関連記事を取得中...


    ソーシャルブックマークへ投稿: ソーシャルブックマークとは