2006年03月16日

アスベスト利権を許すな。

財団法人・日本建築センターは

アスベスト利権の温床

 全国でアスベスト撤去に伴う公共工事が行なわれているが、特定の会社が国交省の外郭団体と結託して仕事を有利に進めようとしていることが明らかとなってきた。

 その外郭団体とは財団法人・日本建築センターであり、この財団法人が技術審査証明を与えることになっており、この技術審査証明がなければ、アスベスト撤去工事の入札に参加できない、という怪情報が業界で飛び交っている。

 調査をするとそれは全くの虚偽情報で、どこの役所においてもこの財団法人日本建築センターの参加企業でなければいけないという所は存在しない。現在調査続行中なので、そのような条件をつけているところがあればご一報願いたい。

 この財団法人日本建築センターへの入札参加資格は意図的にハードルが高く設定されており、新規の業者の参加を事実上阻んでいる。

 これはどう考えても時代の流れにそぐわない、構造的利権の温存であり絶対に許せるものではない。重ねて申し上げるが、この財団法人・日本建築センターなる団体の登録業者しか、入札参加資格がないなどという話を聞いたら、是非連絡頂きたい。

 我々は現在この財団法人・日本建築センターとその参加企業についての情報収集を行なっております。

ブログランキング   ←ご支援クリックお願いします。



central_press at 10:47 │Comments(0)TrackBack(0)clip!環境問題 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔