日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの社会ページです。

  • 日刊スポーツIDについて


ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画特集


2009年3月30日

着エロかポルノか…この裁判は長そうだ

 先週、森法務大臣が、全国のレンタルビデオ店約5000点で広報用DVD2本を無料で貸し出すことを発表しました。

 気になる2つのタイトルは、「裁判員制度~もしもあなたが選ばれたら」と「総務部総務課山口六平太 裁判員プロジェクトはじめます!」です。1つは、中村雅俊が初監督した作品で、もう1つは人気キャラクターを起用した広報DVD。初のアニメ作品です。

 裁判員制度をみんなに知ってもらうための作品なんだから、配布すればいいと思うんだけどね。ただ、東京地裁では「評議」「裁判員」「審理」の最高裁が作ったDVDを無料配布してるんだけど、1階ロビーに置いてないからか、もらっていく人を見たことないですね。無料レンタルがちょうどいいのかもしれません。
 古い作品だけど、まだ見てない方はお近くのレンタルビデオ屋さんへ。

 さて、今週の傍聴記なんだけど、年度末は裁判員らしい裁判(審理をしっかりやる)が少ないもので、その中から報道された事件となると、ってなわけで、非常に短い傍聴記3本立てです。

 まずは、3月23日に行われた神崎修一被告人(逮捕当時41)の初公判。罪名は、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に係る法律違反。
 08年6月、芸能プロダクション「ピンキーネット」社長の神埼らは無職の16歳少女をモデルに、貸しスタジオ内で児童ポルノを製造したとして逮捕、起訴された事件ですね。水着を身につけるなどして、胸や下半身を露出しない映像は「着エロ」とも呼ばれますが、児童ポルノとして摘発されるのは異例。モデルになった無職の少女が「恥ずかしい姿を撮られた」と警察に相談し発覚したと伝えられました。

 着エロ初摘発と話題になった事件なので、傍聴席はかなりの数が埋まっていました。起訴されたのは、被告人は少女が18歳未満と知りながら、撮影現場に派遣したという内容。これに対しての罪状認否です。

 被告人 「結果的に18歳に満たない被害女児に嫌な思いをさせてしまいました。しかしながら、DVDは私が考えていた内容とは違っていました」

 と、客観的な事実を認めた上で、故意はないと無罪主張です。
 その後の弁護人の主張によると、被告人がDVDの撮影内容を知らなかったこと、そもそも本件のDVDが児童ポルノにあたるのかを立証していくようです。
 今後、DVDを撮影した監督を呼ぶことなどを決めて閉廷でした。「芸術か? ポルノか?」を争った裁判はあるけど、「着エロか? ポルノか?」を争うのは、日本の裁判史上初。結果が気になる裁判ですね。ただ、この裁判が長引きそうになるのがわかると、裁判官が面倒くさそうな顔をしていたのが気になるが。

 2つ目は、3月24日に行われた松内純隆被告人(逮捕当時34)の控訴審初公判。罪名は日米相互防衛協定等に伴う秘密保護法違反。
 特別防衛秘密にあたるイージス艦機能の中枢データを含むファイルを漏えいしたとされる事件です。調べによると、松内は特防秘のファイルが入ったCDを、広島県にある第1術科学砲術科の教官に隊内の配達便で送り、特防秘を漏えいしたとされる。外交問題にも発展した大事件の控訴審初公判です。被告人は1審で否認していたものの、結果は懲役2年6月執行猶予4年の判決を言い渡されたので、控訴していたわけです。
 法廷は東京地裁で一番大きいところを用意したためか、傍聴希望者が少なく、抽選は定員割れでした。あまり注目されてないようです。
 そして、

 裁判長 「弁護側から控訴趣意書が出されてますが、検察官ご意見を」
 検察官 「本件控訴は理由がなく、棄却されるべきと思料します」
 裁判長 「証拠についでは」
 検察官 「いずれも不必要と」

 と、おなじみのやり取りがあって、スタート。
 今度は弁護人に対して、

 裁判長 「えーー、被告人質問と証人29人を予定していますけど、裁判所としてはこんなに必要なのか、と」
 弁護人 「短時間でもかまいませんので。(無理なら)立場の違う人から5人ほどですね、短時間で構いませんので、複数お願いしたいなと考えております」

 と、弁護人が29人も証人を出そうとしていることが明らかになりました。この裁判も長引きそうです。それにしても、なんで弁護人は、こんなにも申し訳なさそうにしてるのやら。

 裁判長 「裁判所としては、証人1人を聞いて、それで複数必要なのか判断したいです。それでは証人を1人選んでください」

 これは弁護人にとっては大変重要は決断を迫られたわけです。その証人次第では、他の証人が呼べなくなるんです。
 弁護人数人が、花いちもんめで欲しい人を相談するように真剣に証人を選びだしたところで閉廷でした。
 証人が多数採用されたら、判決まで何か月かかるのやら。

 3つ目は3月26日に行われた上鈴木広行被告人(逮捕当時41)の判決公判。罪名は昏睡強盗、窃盗、窃盗未遂。東京歌舞伎町のスナックで、男性を酔わせて現金を奪った事件ですね。これは上鈴木が女装して客を呼び込み、共犯者が酒を作ったり、客を装って酒を勧めたりして、こん睡状態にしていたと伝えられましたね。女装で呼び込んだと言うのがセンセーショナルだったのか、大きく報じられた事件です。

 初公判が07年9月20日で、先週やっと判決となったわけです。実に長い裁判でした。被告人が否認していたのが、長引いた理由の1つなんだけど、実はこの裁判は異例づくしだったんです。

 被告人は初公判で、罪状認否して、第2回公判から出廷を拒否。しかし、裁判官は再三の呼び出しに応じないということで、被告人が不出頭のまま審理を続けたのです。なので、被告人はいないままで、1年以上もの間、10数人の証人尋問が行われる異例の裁判となりました。

 その間、弁護人が被告人と面会できないなどの理由で4人も変わったのも異例。被告人が初公判から1年以上も経って2度目の出廷をした時は、罪を認めたというのも異例。被告人がいない間に4件の追起訴があったので、被告人質問終了後に罪状認否が行われたのも異例。とにかく、変な裁判だったのです。

 そのうわさが広まったのか、この裁判は人気が高く、傍聴席がすぐに埋まっていたんです。傍聴できないことが何回あったことやら。それが、26日の判決公判では、傍聴人がたったの6人。司法記者も1人もいません。この飽きっぽい世間の流れって、いったい…。
 白髪交じりのポニーテールに、シャネルのフリースをはおって入廷してきた被告人に対して言い渡されたのは、懲役10年(未決拘留日数400日算入)の実刑でした。
 裁判官は前科が4犯あること、平成17年に出所して2年余りで同種犯行をしたなどの判決理由として述べていました。どうやら、1年以上の不出頭は判決に関係ないようです。判決理由に含まれるかと思ったんだけどねぇ。

 毎年のことだけど、年度末と年度初めは裁判が極端に少ないですね。春休みで傍聴する時間も作れる人もいるはずなのにね。裁判所は傍聴をさせたがっているのか、させたくないのか。
 とういうことで、今週は裁判がほとんど行われないので、次回の更新は4月13日です。

注目の裁判

3月30日(月)被告人・黒沢博史、篠崎進:背任(判決)
<埼玉県国民年金基金の背任事件> 08年11月、埼玉県国民年金基金の常務理事、黒沢博史(当時62)らが、同基金の発注事業で、受注業者に水増しした見積書を作成させ、同基金に損害を与えたとして背任容疑で逮捕された。

3月31日(火)被告人・三橋歌織:殺人、死体遺棄(控訴審初公判)
<夫を殺害しバラバラにした事件> 06年12月、主婦の三橋歌織(当時32)は、夫で外資系会社社員の三橋祐輔さん(当時30)を自宅で殺害、遺体を切断して捨てた。経済的に有利な条件で祐輔さんと離婚しようと計画していたが、祐輔さんから切り出され、過去の暴力への怒りやプライドを傷つけられた悔しさなどが抑えられなくなり、殺害を決意したとされる。

3月31日(月)被告人・佐々木孝夫、阪口修司ら:独占禁止法違反(不当な取り引き制限)(初公判)
<建材用亜鉛めっき鋼板をめぐる価格カルテル事件> 08年12月、日鉄住金鋼板の佐々木孝夫・元専務(当時64)、日新製鋼の小脇修・元建築建材販売部長(当時53)、淀川製鋼所の阪口修司・元鋼板部長(当時61)らを公正取引委員会の追加告発を受け、独禁法違反(不当な取引制限)罪で東京地検特捜部から在宅起訴された。

3月31日(月)被告人・後藤広一:銃刀法違反など
<大量の拳銃や実弾を密輸した事件> 06年1月、指定暴力団稲川会系松田組幹部、後藤広一は、松田組組長、松田真知被告らと共謀し、拳銃11丁、実弾220発などを密輸したとして逮捕された。1審で懲役30年、罰金300万円の判決を受けた。


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

阿曽山大噴火コラム「裁判Showに行こう」
阿曽山大噴火(あそざん・だいふんか)
 本名:阿曽道昭。1974年9月12日生まれ、山形県出身。大川豊興業所属。趣味は、裁判傍聴、新興宗教一般。チャームポイントはひげ、スカート。99年にオウム裁判をきっかけに裁判ウオッチに興味を持ち、その後は裁判ウオッチャーとして数多くの裁判を傍聴。自称「インディーズ司法記者」。主な著書に「裁判大噴火」「被告人前へ。」(河出書房)。

最近のエントリー


社会ニュース

記事バックナンバー


政治ニュース

記事バックナンバー


経済ニュース

記事バックナンバー


国際ニュース

記事バックナンバー



社会ニュースランキング



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

便利ツール

Windows Vista用ガジェット
球団別最新情報、写真ニュース、スコアが表示されます。阪神、ソフトバンク、日本ハム、オリックス、広島に加え、レッドソックス松坂大輔専用ガジェットも。
  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 社会
  3. コラム
  4. 阿曽山大噴火コラム「裁判Showに行こう」

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/PA SportsTicker Inc

ここからフッターナビゲーションです