47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  【PR情報】
  •  ニュース詳細     

  •  2009年春闘での賃上げの必要性を訴える連合の高木剛会長=2日、東京都内のホテル

    連合、8年ぶりベア要求  物価上昇に見合う賃上げを

     連合は2日、東京都内で中央委員会を開き、定期昇給に相当する賃金カーブ維持分に加え、物価上昇分に見合うベースアップ(ベア)を求める2009年春闘の方針を決めた。連合のベア要求は8年ぶり。

     高木剛会長は「金融危機で実体経済が悪化、雇用問題が深刻化する中、個人消費拡大による景気回復のため賃上げが必要だ。賃金や雇用の要求に応え得る企業の基礎体力は十分にある」と訴えた。

     方針は、08年度の消費者物価上昇率の見通しを1%台半ばと想定。デフレによる物価下落が続いた昨年までと異なり、物価上昇で賃金が目減りする恐れが強いとしてベア要求を決めた。

     統一要求基準の数字は示さず、要求の参考値としてモデル賃金を産業と企業規模別に明示。業種が近い産業別労組ごとに共闘する連絡会議をつくり、要求実現を目指す。

      【共同通信】

    ソーシャルブックマークへ投稿: ソーシャルブックマークとは
    ロード中 関連記事を取得中...